FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  映画 >  【映画】LIFE!/ライフ

【映画】LIFE!/ライフ

EigaLife_000_org.jpg
 <あらすじ>

  歴史ある雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター
 ・ミティ(ベン・スティラー)は、毎日地下鉄に乗って通勤
 し、変化のない日々を過ごしている。
  片思いの同僚女性・シェリル・メルホフ(クリステン・
 ウィグ)とも会話もできない臆病者で、彼の唯一の
 楽しみは、むなしい現実から逃避するため刺激に
 満ちた空想をすることだった。

  そんなある日、「LIFE」が廃刊されることになり、
 その最終刊の表紙に使用する25番の写真のネガが
 見当たらないことに気付いたウォルターはカメラマン
 のショーン・オコンネル(ショーン・ペン)を探すため
 一大決心をしてニューヨークからグリーンランド、
 アイスランド、ヒマラヤへと踏み出す。


<感想>

 テレビCMを観ると、てっきり冴えないオジサンが空想することで、宇宙飛行士・スポーツ選手・医者・パイロット・ハリウッドスターのような憧れの職業に変身できるけど、結局は平凡が一番だぁ、ってオチになるストーリーかと勝手に想像していたら大違いでした。

 誰でも空想するでしょう・・・
 別に悪いことではないです・・・
 イマジネーションが豊かってでも言うのでしょうか・・・

 でも、ウォルターのように空想している時間は、他人からはボォーッとしているようにしか見えないので、ええ年したオッサンが何やってるんだか、だから結婚できないんだって思われても仕方がないかもしれません。

 監督・主演のウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、空想ばかりしている頃は顔つきも眼も死んでいますが、冒険をする頃から空想することもなくなり、一歩一歩進むごとに、顔も締まり、眼も輝きだし、カッコいいオジサンに変身していく過程が頼もしくなって応援したくなります。

 物語の前半に出てくる、『ウォルター得意のスケボー』、『ショーンからもらった財布』、『ママの大切なピアノ』、『ママ得意のオレンジケーキ』、『出会い系サイトのe-Harmony』がネガを探すためには、重要なアイテムになっていくので、大自然や空想アクションの迫力映像だけでなく、ストーリーとしてもいい流れになっています。

 自分に置き換えたとして、大冒険まではしなくても、あと一歩進めば、もう一押しすれば、また違う生活をおくれるかも?って前向きになれる作品でした。

 ちなみに最終刊の表紙は・・・ウルッときちゃいますよ!
 そして、冴えなくても地味でも、いい仕事をしていれば、ちゃんと見てくれている人はいてくれるんだぁ・・・って。

 
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/04/15 21:00 ] 映画 | TB(0) | CM(2)
あっ
これ、観たかったんです
ベン・スティラー、地味に大好き
[ 2014/04/17 13:20 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
おかめパッチ さん

こんばんは

もうすぐ終わっちゃいますよ!
早く行ってくださいね!
[ 2014/04/18 22:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム