FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >   >  大沢在昌 >  新宿鮫Ⅶ 灰夜(大沢在昌)

新宿鮫Ⅶ 灰夜(大沢在昌)

本日、読了。

大沢在昌では20冊目。

新宿鮫シリーズでは7作目。


 <あらすじ>

  目覚めたとき、鮫島は闇に包まれた檻の中にいた。
  元同僚・宮本の自殺から6年。彼の郷里で行われる7回忌法要
 に参列するため、鮫島は東京を発った。
  しかし、宮本の旧友・古山と酒を酌み交わした夜、何者かの
 襲撃を受け拉致されてしまう。古山のはからいで解放された
 ものの、身代わりに古山が監禁される。
  麻薬取締官、県警の刑事、地元の暴力団、北朝鮮工作員。
  背後にうごめく巨大な影。頼れる者のない見知らぬ土地で、
 一晩語り合っただけの古山を救うべく、熱き男が奔走する。


<感想>

 今回の舞台は新宿ではなく鹿児島。
 明記されていませんが誰でも推測できてしまいます。

 しかも恋人の晶までも登場しないので、新宿鮫ではなく鹿児島鯨にしてもいいぐらいです。

 鮫島は新宿鮫の原点である自殺した元同僚キャリアの宮本の7回忌のために鹿児島を訪れているわけですが、宮本の旧友と会ったりしたので、おぉ!いよいよ宮本の過去や、鮫島に押し付けた手紙の内容が暴かれるのかと期待しましたが、まだまだ秘密のようです・・・残念。

 麻薬取締官・県警の刑事・県警の公安・鹿児島の暴力団・福岡の暴力団、北朝鮮工作員が『しゃぶ』と『北朝鮮資金』に複雑に絡んで、しかも鮫島が動物用の檻に監禁されたりと相変わらずオモシロイのですが、事件関係者が全員死んでしまったことと刑事も関係しているということで事件そのものが無かったことのように有耶無耶になってしまったことが何ともスッキリしない感じです。

 でもそうでもしないと鮫島が敵対する上層部キャリアたちに揚げ足をとられるかもしれないので、仕方ないのかなぁと思えば納得したようなしないような・・・。


大沢在昌 読了リスト1
【大沢在昌 読了リスト2】
 雪蛍
 北の狩人
 新宿鮫VI 氷舞
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/02/26 21:00 ] 大沢在昌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム