FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >   >  篠田節子 >  神鳥[イビス](篠田節子)

神鳥[イビス](篠田節子)

本日、読了。

篠田節子では8冊目。


 <あらすじ>

  27歳で謎の死を遂げた明治の日本画家・河野珠枝の『朱鷺飛来図』。

  彼女が死の直前に描いたこの幻想画の、妖しい魅力に魅せられた
 女性イラストレーター・谷口葉子とバイオレンス作家・美鈴慶一郎の
 男女コンビ。
  実は、この絵をよく見ると美しさの中に恐怖の構図が仕組まれていた。
 この画に隠された謎を探りだそうと河野珠枝の足跡を追って佐渡へ、
 そして奥多摩へ。
  その奥多摩の山中で二人が遭遇したのは時空を超えた異形の恐怖
 世界だった。


<感想>

 朱鷺と牡丹を描いた「朱鷺飛来図」の描写から物語は始まるので、この女性日本画家の波乱万丈の生涯を描いたストーリーかと思ったら・・・

 季節によって美しさの変わる朱鷺と牡丹が咲くことは同じ季節には存在することはなく、しかもリアリズム画家の彼女が幻想的な絵を描くなんておかしい・・・

 なんかオモシロくなってきます。そして、

 この絵をよくよく見ると目の錯覚によって見えるのは、なんと巨大な朱鷺が人を襲って食べている地獄絵図!

 キャッー!美しさもグロテスクも目に浮かんでしまいました。

 さてこの絵は何か?現実か?どこにあるのか?と葉子と慶一郎は旅をして恐ろしい事実を知ってしまうわけですが、無事帰ることができた二人同様、私も読了後は夢に出てきそうでした。

 とはいっても、見た目は悪く不潔な美鈴慶一郎が、婚期を逃し実家で弟夫婦と同居して肩身の狭い葉子に対して軽い下ネタでアプローチしている場面や、彼を仕方なく実家に連れてきたときの彼女の家族が「彼氏を連れてきたぁ!」と勘違いしたときの対応は、はぐれ刑事純情派の安浦刑事の家での連れ子の二人の娘との会話のようで、怖く重くなりがちな題材を緩急の効いた作品に仕上げています。
 

【篠田節子 読了リスト】
 贋作師
 聖域
 夏の災厄
 ゴサインタン―神の座          第10回山本周五郎賞
 絹の変容                  第3回小説すばる新人賞
 ブルー・ハネムーン
 アクアリウム
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/02/18 21:00 ] 篠田節子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム