FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >   >  山本一力 >  いすゞ鳴る(山本一力)

いすゞ鳴る(山本一力)

本日、読了。

山本一力では6冊目。


 <あらすじ>

  土佐からは奉納船を携え勢子船で伊勢参りに向かう荒くれ鯨漁師たち。

  安政の大地震の傷も癒えぬ江戸からは、豪商・伊勢屋の一行が
 七日船で伊勢を目指す。

  お伊勢参りという庶民の夢を先導する御師の見識と器量が人の
 縁を豊かに結んでゆく。「伊勢で出会う江戸のこどもは、いずれ土佐に
 来る」と土佐の御師・鯨慶の予言が成就する時、現れた景色とは・・・。


<感想>
 今回は、伊勢講(お伊勢参り)のお話です。

 庶民にとって一生に一度は行きたいお伊勢参りは知っていましたが、今回初めて知った存在は御師(おんし)。
 御師とは各地に居るようで、伊勢講のためのツアーコンダクターみたいなもんだろうと読み進んでいくと、それだけではないようで、もう一つの顔は霊能師だそうです。
 今まで読んできた山本一力作品では、リアリティのある庶民の職業が多かったのですが、霊能師はSFチックなんで、個人的にはワクワクさせないですねぇ。

 それでも土佐の鯨漁師・船大工、江戸では水売り・両替商の生活を知ることができたので、そのあたりは一力作品の楽しみではあります。

 伊勢には何回か行ったことありますけど、これほど重要なことであるならば、次に行くときには気持ちを改めた方がよさそうです。

 あと、相変わらず食べもののシーンが秀逸で、クジラがメチャクチャ美味しそうに書かれてます。子どもの頃は家でハリハリ鍋や鯨の竜田揚げとかありましたけど、最近では居酒屋の鯨ベーコンぐらい・・・いいなぁ。

 ちちみに「いすゞ」とは伊勢神宮内を流れる「五十鈴川」のことです。ウィキペディアによると「いすゞ自動車」もこの川が由来だそうです。


【山本一力 読了リスト】
 かんじき飛脚
 だいこん
 あかね空                    第126回直木賞
 深川駕籠                    深川駕籠シリーズ1
 欅しぐれ
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/03/13 21:00 ] 山本一力 | TB(0) | CM(2)
おはようございます
はじめまして。
訪問ありがとうござます。
なんちゃって風水ですが
お暇な時又来てください・・・
[ 2013/03/14 08:54 ] [ 編集 ]
Re: おはようございます
もんてらす さん

ご訪問ありがとうございます。
またお越しください。
[ 2013/03/14 21:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム