FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >   >  島田荘司 >  龍臥亭事件(島田荘司)

龍臥亭事件(島田荘司)

本日、読了。

島田荘司では31冊目。

御手洗シリーズの8作目。


 <あらすじ>

  御手洗潔が日本を去って一年半、横浜馬車道に住む御手洗
 の友人で推理作家の石岡のもとに、二宮佳世という若い女性
 が訪れ、「悪霊祓いに岡山県の山奥に一緒に行ってほしい」
 と言う。
  なんとその理由は、大きな樹の根もとに埋められた人間の
 手首を掘り出すためだった…。
  三月末、石岡と佳世は、霊の導くままに、姫新線の寂しい
 駅に降り、山中に分け入り、龍臥亭という奇怪な旅館にたどり
 着いた。
  これが、身の毛もよだつ、おぞましい、不可解な大量連続
 殺人事件に遭遇する幕開きだった。



 <感想>

  ここ最近の御手洗潔シリーズの通り、本筋の事件とは別に昔話
 のような長編物語が含まれています。
  龍臥亭で起こる連続殺人が小出しで、しかも複雑で多すぎる
 ので正直なところ、上巻は疑問が膨れるばかりでダルいです。

  ただこの連続殺人が戦前に起きた『津山事件』という実際の
 殺戮事件をモデルにして、犯人も同じ『都井睦雄』が登場し、
 200ページにも及ぶ彼の誕生から事件までのストーリーが生生しく、
 読み応えがあります。

  はっきり言って本筋よりも都井睦雄物語のほうが完成度が高い
 です。


 本筋のトリックよりも驚いたのが、御手洗潔シリーズといいながらも、彼が登場するのが電報と手紙だけで、助手の石岡が事件を解決してしまったことです。
 更にビックリしたのが、都井睦雄の血を引く『ミチ』という女性が、なんと加納通子、つまり別シリーズの主人公・吉敷竹史刑事の元妻です。
 最後の最後でこれが明かされたので、結局は犯人は誰やったっけ?と忘れてしまいそうになってしまいました。

島田荘司 読了リスト1
【島田荘司 読了リスト2】
 水晶のピラミッド     御手洗シリーズ5
 飛鳥のガラスの靴   吉敷竹史シリーズ13
 眩暈            御手洗シリーズ6
 アトポス          御手洗シリーズ7
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/12/05 21:00 ] 島田荘司 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム