おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >   >  生島治郎 >  密室演技(生島治郎)

密室演技(生島治郎)

本日、読了。

生島治郎では6冊目。

志田司郎シリーズでは4作目。

IkushimaJiroMisshitsuengi_org.jpg
 <あらすじ>

  冷雨が降り続く底冷えのするある日、私立探偵・志田司郎の
 事務所に浅田美津代と名乗る妖艶な女性が現れた。
  夫が悪い女にひっかかり、そのヒモから二百万円の手切れ金を
 要求されているという。
  志田の役目は、その金を脅迫者に届けること。
  だが、簡単にみえるこの仕事には二重、三重の罠が張り巡ら
 されていた・・・

 など短編連作5編。

密室演技

<感想>

私立探偵の志田司郎とは
 ・儲からなくて
 ・タバコ臭くて
 ・いつも暇そうで
 ・事務所は埃だらけで
 ・元刑事で
 ・コーヒー飲んで
 ・昼寝して
とイメージ通りのベタな私立探偵なんです。
 更に、金欠のクセして、下らない見栄を張って依頼を断ったり、気に入らない依頼者だと目の前の法外な報酬に手をつけなかったりして、何のために探偵やっているんだぁ!ってツッコミたくなります。

 6つの短編には、不動産屋の社長夫人、覚醒剤中毒の俳優、覗き趣味のある推理小説家、全盛期を過ぎた歌手、風俗業を営む主婦、出所したばかりの老いぼれヤクザ と胡散臭い依頼人ばかりで、元刑事という特性を活かしてアッサリ解決して、これまたアッサリ犯人が認めてしまうアッサリした短編集です。

【生島治郎 読了リスト】
 黄土の奔流            黄土シリーズ1
 追いつめる             志田司郎シリーズ1
 あの墓を掘れ           志田司郎シリーズ2
 夢なきものの掟          黄土シリーズ2
 友よ、背を向けるな        志田司郎シリーズ3
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/02 21:00 ] 生島治郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム