おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  映画 >  【映画】天才スピヴェット

【映画】天才スピヴェット

予定が合わなかったので仕方なく、アバター以来の3Dで観てきました。

MovieSpivet_000_org.jpg
 <あらすじ>

  天才だが、それゆえに周囲との溝を感じる10歳の少年T・S・
 スピヴェット(カイル・キャトレット)。
  そんな彼にスミソニアン学術協会から、最も優れた発明家に
 授けられるベアード賞受賞を知らせる電話が。
  授賞式に出席するため、彼はたった1人でアメリカ北西部の
 モンタナからワシントンD.C.へ旅立つことに。
  さまざまな出来事や人々と出会いながら、牧場を営む
 カウボーイの父親(カラム・キース・レニー)、昆虫博士の母親
 (ヘレナ・ボナム=カーター)、アイドルを目指している姉
 (ニーアム・ウィルソン)、事故によってこの世を去った双子の
 弟へ思いをはせるスピヴェット。
  やがて彼はワシントンに到着し、授賞式に臨む。
  大陸横断の冒険の中で、スピヴェットは様々な人と出会い
 ながら本当に大切なものに気付いていく。

 <感想>

  ・10歳の天才科学者T・S・スピヴェット
  ・アメリカ北西部のド田舎のモンタナの牧場に住んでいる

MovieSpivet_001_org.jpg
  ・父がカウボーイ、母が昆虫博士
  ・モンタナから列車でワシントンD.C.までの一人旅
 と期待感満載の設定。
  ということは、無賃乗車の列車旅で数々のピンチに遭遇するけど、
 天才科学者ゆえの方法で乗り切って、少年がたくましく成長しながら
 ゴールするんだろうかなぁと思ってたら、まったく違う内容でした。

  弟の銃による事故死が自分の責任だと思っているが、家族の
 誰もがそのことには触れず、それがドンドン自分を追い込んでいき、
 家出同然で列車の乗り込んで、さぁ今から盛り上がるぞー!と
 なったけど、『世界の車窓から』のごとく美しい光景を楽しめるだけで、
 着いちゃいます。
  でも、旅で出会う靴を磨くおじいさん、ホットドック屋のおばさん、
 トラック運転手と大人顔負けの会話をしつつも、子どもらしさを忘れて
 いないシーンが好きですね。

  最後にカウボーイのお父さんが迎えに来て、おんぶされたT・Sが
 カウボーイハットを被ることで家族が一つになれて、ちょっとウルっと。

  おそらく、何回も観ることで、良さが伝わってきそうな作品でした。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/12/16 21:00 ] 映画 | TB(0) | CM(2)
こんにちは!
私も今日見に行こうかと思っているところなんです!
が、ここにきて金欠でして・・・
映画館で見るか、DVDまで待つか悩んでおります・・・(=へ=)
うーんでも面白そうですよねぇ・・・
[ 2014/12/17 09:30 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
COCUE さん

こんばんは

もうすぐ上映期間終わりでしょうから急いだほうがいいですよ。
予想とは違う3Dの使い方していますし、女性好みの映画ですから。
[ 2014/12/17 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム