FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >   >  生島治郎 >  友よ、背を向けるな(生島治郎)

友よ、背を向けるな(生島治郎)

本日、読了。

生島治郎では5冊目。

志田司郎シリーズでは3作目。
TomoyoSewomukeruna_org.jpg

 <あらすじ>

  私立探偵・志田司郎のもとに老婦人・藤村琴の依頼が
 舞い込む。

  サンパウロで行方不明になった、息子・幹夫の捜索依頼
 だった。しかし、その直後より、志田の行く手を阻止するか
 のように脅迫者が暗躍しはじめる。
  どうも事件の背後には新興宗教の巨大組織が関与して
 いるらしい。
  やがて、依頼人とともにニューヨーク経由でブラジルに
 飛んだ志田に組織の巧妙な罠が待ち受けていた・・・

友よ、背を向けるな

<感想>

 ブラジルへ日系移民として渡って農場を経営している70歳を越えた藤村琴のキャラクターがストーリーをオモシロく はたまた ややこしくしてくれています。

 金持ちで強情で口が悪くて、用心のために拳銃を持ち歩いているけど、意外と面倒見が良く、頼りになるので、慕う人も多いおばあさんです。
 イメージは、映画『天空の城ラピュタ』の海賊の女傑ドーラ またはその声を担当した 初井言榮 がいいかもしれません。今なら、夏木マリでしょうか?

 新興宗教の妙霊講がブラジルでやっている麻薬の密輸や人身売買などの悪行を志田司郎が一歩一歩と黒幕に近づくのを、敵が妨害するというよくあるパターンなんで、おぉ、あと一歩でボス登場かぁ、というところで悪役幹部の小島を藤村琴が射殺してしまい、糸口が切れ・・・あれれ?

 急にトーンダウンしてサスペンスからホームドラマっぽくなって幹夫が失踪して理由ってそれ!?ウソでしょ!
 ネタバレですけど、理由は親子喧嘩。
 そのために何人も死んだり、ブラジルの留置所にぶち込まれたりしたのに~!?

 しかも幹夫が見付かったので、探偵の仕事は終了~ということで、黒幕のことは放ったらかし。

 サンパウロを舞台にして、安ホテルや留置所の悲惨さがおもしろく描かれているので、ゴール手前までは、楽しめる作品でした。


【生島治郎 読了リスト】
 黄土の奔流            黄土シリーズ1
 追いつめる             志田司郎シリーズ1
 あの墓を掘れ           志田司郎シリーズ2
 夢なきものの掟          黄土シリーズ2
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/10/08 21:00 ] 生島治郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム