FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  映画 >  【映画】グランド・ブダペスト・ホテル(The Grand Budapest Hotel)

【映画】グランド・ブダペスト・ホテル(The Grand Budapest Hotel)

 ウェス・アンダーソン監督のことはよく知らないのですが、ストーリーが面白そうなので観てきました。
GrandBudapestHotel_000_org.jpg

<あらすじ>

 1932年、品格が漂うグランド・ブダペスト・ホテルを仕切る 名コンシェルジュ の グスタヴ・H (レイフ・ファインズ) は、究極のおもてなしを信条に大勢の顧客たちをもてなしていた。
 しかし、常連客の マダムD(ティルダ・スウィントン) が殺されてしまい、彼女は遺言で「リンゴを持つ少年」の絵をグスタフに譲ろうとした。そのことで彼は莫大な遺産争いに巻き込まれてしまい、更に、マダムDを殺した罪まで着せられてしまう。
 グスタヴは信頼するベルボーイの ゼロ(トニー・レヴォロリ) と一緒にホテルの威信を維持すべく、ヨーロッパ中を駆け巡り……。

GrandBudapestHotel_001_org.jpg

<感想>

 現代の 作家(トム・ウィルキンソン) が、若い頃<1960年頃>の 自分(ジュード・ロウ) が グランド・ブダペスト・ホテル の オーナーの Mr.モスタファ(F・マーリー・エイブラハム) からホテルを買った経緯を聞くために、モスタファ が新米の ロビーボーイの頃<1930年頃>の 自分(トニー・レヴォローリ) と 名コンシェルジュ の グスタヴ・H(レイフ・ファインズ) との思い出を語るという、文章で説明しても長くなってしまう、昔のそのまた昔という始まりに、ちょっとタイプとちゃうかなぁと思いながら観始めてます。

 ところが、観ているうちに、「これは三谷幸喜やんかぁ」ということに気付いたころには、ポンポンと流れる早い展開と緩急のある笑いに、どっぷりと映画に惹き込まれてました。

  題するのであれば 『大富豪遺産相続連続殺人冤罪事件』 とテンコ盛りなストーリーで ドラメディというドラマ+コメディのジャンルだそうなので惨い殺し方をするんだけど、ついつい笑ってしまいます。

 仮想の国ズブロッカ共和国が舞台ですが、ホテル名からもポーランドやハンガリーが ドイツとソ連の強国に挟まれて争いの絶えない暗い時代であっても、一流のコンシェルジュがいれば、それも乗り切れそうになり、なかでも、グスタヴ・Hが刑務所から脱走して、世界の一流のコンシェルジュたちの助けを借りて逃げ切るシーンがテンポがよく一番好きです。

 だらだらと垂れ流されるエンドロールのはずが、小さくアニメでオジサンがコッサクダンスを踊り出して、最後まで楽しめますので、お見逃しなく!
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/06/21 21:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム