FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2019年09月
月別アーカイブ  [ 2019年09月 ] 

≪ 前月 |  2019年09月  | 翌月 ≫

【高知東部旅行記⑱】高知帰りに岡山ご当地グルメのえびめし/えびめしや(岡山市北区)

室戸でキンメ丼 を食べてから、午後は室戸岬観光の予定でしたが
大雨の影響により観光は終了して岡山駅まで戻ってきました。
翌朝早くから仕事の人もいるので、ココでみんなとは解散です。

EbimeshiMannari_001_org.jpg EbimeshiMannari_000_org.jpg
さて夕食を岡山 or 大阪で食べることになり
娘が以前に 秘密のケンミンSHOW で紹介されていた
岡山名物をまだ食べたことがないというので
岡山ICに向かう途中にある えびめしや 万成店 で夕食です。

EbimeshiMannari_002_org.jpg
エビフライやチキン南蛮、ポークカツなどの洋食メニューもありますが
もちろん店名にもなっているえびめしを注文します。

EbimeshiMannari_005_org.jpg
えびめしワンタンスープセット

コールスローはもれなくついてくるようで
なんやコールスローかぁと仕方なく食べてみると、
これがシャキシャキしてかなり美味しい!

EbimeshiMannari_003_org.jpg
隣りのグループが頼んでいたので ワンタンスープ

EbimeshiMannari_004_org.jpg
ワンタンがいっぱい入ってメチャクチャ美味しい!

コールスローとワンタンスープだけでも結構満足できます。

EbimeshiMannari_006_org.jpg
さてさてメインの えびめし

実を言いますと、過去に2回えびめしを食べたことがあり
どちらも「う~ん?」「これが名物?」と
首をかしげる評価だったんですが・・・

EbimeshiMannari_007_org.jpg
ソースのようでソースでないなんとも言えない色・・・
どのような味なのか伝えられない感じ・・・
エビは入っているけどエビ味ではないし・・・

なんかわからんけど美味しい!
3回目にして美味しい!と思いました。

岡山名物も美味しく食べることができ
この後、3時間かけて大阪へ戻ったのでした。

以上で、高知東部旅行記はおしまいで~す。

☆今までの「えびめしや」☆
えびめし(青江店)
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/09/30 23:00 ] 旅行・おでかけ 岡山 | TB(0) | CM(0)

【高知東部旅行記⑰】刺身・照り焼き・お茶漬けを楽しめる室戸キンメ丼/花月(高知:室戸)

雨が降り始めた モネの庭 を後にして、国道55号線を室戸岬に向かって
走っているとワイパーフル稼働なぐらい大雨です。

MurotoKagetsu_010_org.jpg MurotoKagetsu_011_org.jpg
で、室戸市内に入りまして 料亭 花月 でランチです。

私たちは予約してきましたが、予約のないお客さんは
断られて、大雨が一層寂しさを演出して帰ってました。

2Fに案内されると、大広間ではお客さんでいっぱいです。
忙しいとは思いますが店員さんたちの接客はいい感じです。

MurotoKagetsu_000_org.jpg
ほとんどの人が同じモノを食べてまして・・・

MurotoKagetsu_001_org.jpg
室戸キンメ丼

MurotoKagetsu_002_org.jpg
今までいろんな海鮮丼を見てきましたが
ここまで美しいのは芸術的でしょう。

MurotoKagetsu_003_org.jpg
刺身はキンメダイ・ハマチ・マグロ

MurotoKagetsu_004_org.jpg
奥には キンメダイの照り焼き

MurotoKagetsu_005_org.jpg
脂がのってウマぁ~!

MurotoKagetsu_006_org.jpg
甘くてウマぁ~!

MurotoKagetsu_007_org.jpg MurotoKagetsu_008_org.jpg
〆は キンメ鯛茶漬け

刺身・照り焼きを残すべきなのか?ごはんだけでいいのか?
悩んで見た目から照り焼きかなぁ~としましたが
そんなことはどうでもよくてキンメダイの出汁がメチャクチャ美味しい!

ごはんがなくなっても出汁だけ飲んでました。

MurotoKagetsu_009_org.jpg
食べ終わってからメニューの裏に書いているのがまさに裏メニュー!
キンメダイだけを食べたい人、もっとキンメダイを食べたい人
におススメのメニューでした。

この後、室戸岬を観光する予定だったのですが、
水平線が見えないくらい雨が激しかったので、
景色を楽しむどころではないだろうと判断して、
高知旅行を強制終了して岡山まで折り返すことにしました。

これで、旅行は終了したのですが、
次は解散後に食べた岡山名物の夕食です。
関連記事
[ 2019/09/29 16:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(4)

【高知東部旅行記⑯】雨が降るモネの庭と幸せを運ぶブルービー(高知:北川村)

旅行三日目は馬路温泉を出発しまして、今回の旅行の
メインと言ってもいい北川村にある モネの庭 からスタートです。

園内は 花の庭 ・ 水の庭 ・光の庭 と分かれており

KitagawaMonet_000_org.jpg
KitagawaMonet_005_org.jpg
KitagawaMonet_006_org.jpg
KitagawaMonet_004_org.jpg
まずは、よくパンプレットでも見かける 水の庭 から

美しい庭の喜んで写真を撮っていたら
ところが急に雨が降り出して・・・

KitagawaMonet_007_org.jpg
ギャラリーショップに退避しまして、
モネの名画を鑑賞したり、お土産を買ったりして

KitagawaMonet_003_org.jpg KitagawaMonet_001_org.jpg
雨が止むまで休憩しておこうと、手作りパン工房

KitagawaMonet_002_org.jpg
酸っぱくて甘い ゆずかけソフト

KitagawaMonet_008_org.jpg
店員さんに「雨でもブルービーはいますか?」と聞くと
「小雨なら見かけた従業員もいるようですよ」とのこと。

小雨どころか、ちょうど雨のやみ間だったので
花の庭 にあるブルービー出現スポットに行ってみると

KitagawaMonet_009_org.jpg
いたぁ~!!

KitagawaMonet_010_org.jpg
会えたので、きっと幸せを運んで来てくれるでしょう!

雨でもなんとか目的は達成できたので
次は、室戸市で キンメダイのランチ です。
関連記事
[ 2019/09/28 09:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(4)

【高知東部旅行記⑮】馬路温泉で風呂あがりに ごっくん馬路村(高知:馬路村)

高知県東部の海沿いの国道55号線から安田川沿いに20kmほど走りまして
高知旅行二日目の宿は 馬路温泉 です。

宿は川沿いにありロケーションは抜群で部屋・温泉・食事なども
素晴らしいので充分にブログネタとしては成立しますが
今回は、馬路村の有名なドリンクだけにしときます。

UmajiDrink_000_org.jpg
高知県内のお土産売り場に行けばどこでも売っていて
だいたい130円~150円で「どうせ馬路村に行くから
そこで飲もう!」と我慢していました。

すると、さすが本場の中の本場の馬路村では110円といちばん安い!

UmajiDrink_001_org.jpg
ということで、夕食前の風呂あがりに ごっくん馬路村

UmajiDrink_002_org.jpg
朝風呂のあとは、機関車の前で ごっくん馬路村

UmajiDrink_003_org.jpg
ロビーのテラスでも ごっくん馬路村

ちなみに、馬路村は人口が1000人に満たない小さな村ですが
ゆずの産地 であり、ロビーの写真によると歌手のゆずも訪れたことがあるようです。

次は、今回の旅行のメインの モネの庭 です。
関連記事
[ 2019/09/26 21:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(2)

【高知東部旅行記⑭】洞窟の向こうにある神秘的な伊尾木洞シダ群落(高知:安芸)

岩崎弥太郎の生家・野良時計 からクルマで10分ほど走ると

AkiIokidou_001_org.jpg AkiIokidou_000_org.jpg
国道55号線沿いに 伊尾木公民館 があります。
この公民館で観光客向けに何かイベントがあるわけではなく
伊尾木洞シダ群落 に行くための無料の駐車場になってます。

AkiIokidou_002_org.jpg AkiIokidou_003_org.jpg
駐車場からの道案内もしっかりしており徒歩3分で・・・

AkiIokidou_005_org.jpg
伊尾木洞 に到着です。
ココに入って行くわけなんですが、その前に・・・

AkiIokidou_006_org.jpg AkiIokidou_004_org.jpg
え~コウモリが住んでいるの~
こんなに歩かなあかんの~
水辺やから濡れるや~ん
と女性陣から大ブーイング!

地図を見ながら、歩くのはトンネルの出口までで、
そこから折り返すし、そのトンネルも50mほどで・・・
と心の中でコイツら面倒臭いなぁと思いながら説得して

AkiIokidou_007_org.jpg
さぁ、探検へGO!

AkiIokidou_008_org.jpg
とは言っても、やっぱりコウモリが出たらどうしようと考えていると
折り返してきたカップルとすれ違ってちょっと安心して・・・

AkiIokidou_009_org.jpg
トンネル出口のシダ群落

国道からちょっと歩いただけなのに別世界です。
さすがにこの世界に入ると女性陣もワぁ~!って言うしかありません。

AkiIokidou_010_org.jpg
高さ5mのシダの生い茂る奥の世界はどうなってるんやろう?って
知りたくなるのでもうちょっと先へ進んだんですが
誰も一緒に来てくれず、トンネルを折り返してしまいました。
かといって一人で奥へ進む勇気もないので、私も退散です。

次は、旅行二日目の宿は 馬路温泉 です。
関連記事
[ 2019/09/25 11:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(0)

【高知東部旅行記⑬】岩崎弥太郎と野良時計、そして弘田竜太郎って誰?(高知:安芸)

焼きナスのアイス で休憩してから、クルマで15分ほど走ると

AkiIwasakiYataro_000_org.jpg
三菱グループ創始者の 岩崎弥太郎 というか
龍馬伝で演じた香川照之さんにしか見えません。

AkiIwasakiYataro_003_org.jpg
整備された駐車場はあるし、生家は入場無料で
ボランティアガイド(もちろん無料)の方もいるので
薄っすらしか岩崎弥太郎のことを知らなくても
なるほど!ほぉ~!そうなんやぁ~とそれなりに楽しめます。

AkiIwasakiYataro_004_org.jpg
庭には弥太郎が少年の頃に自ら組んだ日本列島

AkiIwasakiYataro_005_org.jpg
岩崎家の家紋の「三階菱」と土佐藩主の山内家の家紋「三ツ柏」
を組み合わせて三菱のマークができたそうです。

AkiIwasakiYataro_002_org.jpg
庭には久しぶりに見るセミの抜け殻

生家からクルマで5分ほど走ったところにあるのが

AkiIwasakiYataro_007_org.jpg
野良時計

家ごとに時計のなかった時代に農作業をしていても
遠くから時間を知ることができたそうです。

AkiIwasakiYataro_008_org.jpg
ホントはヒマワリと一緒に撮りたかったんですが、ちょっと遅かった・・・

話は変わりまして、安芸市出身の 弘田竜太郎 という作曲家がいるそうで
市内の名所などに彼が作曲した曲碑が10基あり・・・

AkiIwasakiYataro_001_org.jpg AkiIwasakiYataro_006_org.jpg
岩崎弥太郎生家にあるのが 春よ来い
野良時計にあるのが 鯉のぼり

他にも『雀の学校』『靴が鳴る』など誰もが知る童謡の作曲家だったので
私が無知でした・・・失礼しました。

次は、伊尾木洞シダ群落 です。
関連記事
[ 2019/09/23 23:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(0)

【高知東部旅行記⑫】意外とイケますよ~!焼きナスのアイス/安芸グループふぁーむ(高知:安芸)

安芸タイガース球場 から少し西へ戻りまして

AkiGroupFarm_002_org.jpg AkiGroupFarm_000_org.jpg
安芸グループふぁーむ で休憩です。

AkiGroupFarm_001_org.jpg
焼きナス ・ 焼きいも ・ かぼちゃ ・ しょうが ・ 青のり・・・
う~ん冒険するべきか無難にイチゴ・ゆず・ミルクにするべきか。

まぁ、そんなこと言いながら初めから決めてたんですが・・・

AkiGroupFarm_003_org.jpg
焼きナスのアイス

完全に焼きナスです・・・でもアイスです。
香ばしさも感じられて、かなり美味しいです。

次は、岩崎弥太郎の生家 に行きます。
関連記事
[ 2019/09/22 16:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(2)

【高知東部旅行記⑪】キャンプはやってないけど安芸タイガース球場(高知:安芸)

廣末屋でニラ塩焼きそば を食べてから、
東へクルマで20分ほど走りますと・・・

AkiTigersStadium_002_org.jpg AkiTigersStadium_000_org.jpg
安芸市営球場 こと 安芸タイガース球場

AkiTigersStadium_003_org.jpg
阪神タイガースのキャンプ地として知られており
毎年キャンプの頃になると行きたいなぁとは思っていますが
なかなか行く機会がなく、真夏にやって来てしまいました。

AkiTigersStadium_007_org.jpg
グラウンドでは履正社が夏季キャンプをしていたようです。
甲子園で優勝したあの履正社と同じなんですが
ホームページを見るとちょっと違うみたいです。

AkiTigersStadium_004_org.jpg
バース・掛布・岡田~
1985年 吉田監督バンザーイ!

AkiTigersStadium_005_org.jpg
赤星・金本・今岡・アリアス・矢野~
2003年 星野監督バンザーイ!

AkiTigersStadium_006_org.jpg
ジェフ・藤川・久保田(JFK)~
2005年 岡田監督バンザーイ!

AkiTigersStadium_001_org.jpg
やっぱりキャンプ中に来るべき場所ですね~

次は、焼きナスのアイス で休憩です。
関連記事
[ 2019/09/21 09:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(0)

【高知東部旅行記⑩】地元名産のニラがふんだんに入ったニラ塩焼きそば/廣末屋(高知:香南)

旅行二日目は 桂浜 ・ 桑の川の鳥居杉 ・ リョーマの休日 と楽しんでから

KonanHirosue_001_org.jpg KonanHirosue_000_org.jpg
13時頃に 廣末屋 に行ってみると、「ちょっといっぱいなのでお待ちください」

KonanHirosue_002_org.jpg
しばらくして「暑いのでおクルマでお待ちください、メニューもどうぞ」
車内で注文してから、クルマで待っていたら、呼びにきてくれ、
人数が多かったのでバラバラになって私はカウンターに座ります。

KonanHirosue_003_org.jpg
鉄板ではおばさんが焼きそばを3人前作っています。

KonanHirosue_006_org.jpg
おばさんの後ろには大量のニラ

KonanHirosue_004_org.jpg
すると、ニラをドバーッっと!

KonanHirosue_005_org.jpg
もう何かわからないニラ山を炒めまして

KonanHirosue_008_org.jpg
ニラ塩焼きそば(大盛り)

天かす・糸唐辛子・刻み海苔で仕上げてくれたので
かなり見映えよくなっています。

KonanHirosue_009_org.jpg
それでもほぼ緑というかほぼニラです。

KonanHirosue_010_org.jpg
焼きそばというよりほぼニラ炒め時々焼きそばって感じですが
シャキシャキしてメチャクチャ美味しい!

KonanHirosue_007_org.jpg
途中でレモンを絞ってくださいね・・・

KonanHirosue_011_org.jpg
爽やかにはなりますが、レモン無しのほうが好みですね。

次は、阪神タイガースの聖地 に行きます。
関連記事
[ 2019/09/19 21:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(6)

【高知東部旅行記⑨】ローマの休日ではなくリョーマの休日/トリトン(高知:南国)

山奥にある 桑の川の鳥居杉 から、再びポツンと一軒家のような
山道を走り下りまして、信号も対向車もある普通の道を走って

NankokuTritonRyoma_005_org.jpg
南国市にある 農園レストラン トリトン にやってきました。
ここでランチです!って言いたいところですが、
お店の方には申し訳ありませんが・・・

NankokuTritonRyoma_000_org.jpg
目的は リョーマの休日像

NankokuTritonRyoma_001_org.jpg
NankokuTritonRyoma_002_org.jpg
NankokuTritonRyoma_003_org.jpg
厳しい龍馬もいいですが、緩~いリョーマもいいのではないでしょうか。
でも、こんな格好をしていても何か考え事をしているようです。

桂浜の龍馬 は海の向こうの世界に目を向けているのかもしれませんが
寝そべっている休日のリョーマが見ているのは・・・

NankokuTritonRyoma_004_org.jpg
なぜか ロンドンバス です。

次は、ホントにランチで ニラ塩焼きそば です。
関連記事
[ 2019/09/18 11:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(6)

【高知東部旅行記⑧】杉が繋がってできた神々しい桑の川の鳥居杉(高知:南国)

桂浜 からクルマで北へ1時間ほど走ります・・・

NankokuKuwanokawa_001_org.jpg
といっても、後半の30分は舗装も微妙で対向車が来ないことを
祈りながら走るまさに ポツンと一軒家 のスタッフ気分です。
昨日の 轟の滝 も同じような険しい山道でしたがそれ以上です。

・・・といっても私ではなくプロドライバーの妹が運転してますけど。

NankokuKuwanokawa_002_org.jpg
そんなこんなで目的地の 桑の川の鳥居杉 に到着しました。
(助手席に座ってただけですが)

一応、数台駐車できるスペースはあります。

NankokuKuwanokawa_004_org.jpg NankokuKuwanokawa_003_org.jpg
誰もいないような神社なんですが狛犬が出迎えてくれます。

階段を上がって、石の鳥居をくぐると・・・

NankokuKuwanokawa_005_org.jpg
また鳥居があります。
2本の杉に橋を繋げているのではなくて・・・

NankokuKuwanokawa_006_org.jpg
一本の枝が横に伸びた 生きた鳥居 なんです。

NankokuKuwanokawa_000_org.jpg
高さ40m、樹齢約300年も生きている鳥居は神々しくもあります。

NankokuKuwanokawa_007_org.jpg
枝をよく見ていくと もののけひめシシ神 がいましたぁ!

次は リョーマの休日 です。
関連記事
[ 2019/09/16 23:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(4)

【高知東部旅行記⑦】龍馬と水平線とアイスクリン/桂浜(高知)

八乃森でモーニング を食べてから南へクルマで30分ほど走りますと
高知のド定番な観光スポットの 桂浜 に8年振りにやってきました。

8年前に比べるとキレイなお土産屋さんが建ってるなぁ~
外国人でも坂本龍馬がわかるんかなぁ~とか思いながら歩いていくと・・・

KochiKatsurahama_002_org.jpg
後ろ姿もかっこいい~

KochiKatsurahama_000_org.jpg
ご存知、坂本龍馬

KochiKatsurahama_001_org.jpg
アップで!

KochiKatsurahama_003_org.jpg
KochiKatsurahama_004_org.jpg
KochiKatsurahama_006_org.jpg
KochiKatsurahama_005_org.jpg
南半球のオーストラリアのキャンベラまでは
遥か先の7,800kmもあります。
あのヨットはどこまで行くのでしょうか?

KochiKatsurahama_008_org.jpg KochiKatsurahama_007_org.jpg
日陰のない桂浜は朝から暑くて汗もかいて疲れたので
ご褒美は高知名物の アイスクリン

次は、神秘的な 杉の鳥居 を目指します。
関連記事
[ 2019/09/15 16:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(2)

【高知東部旅行記⑥】高知でのモーニングはスープカレー&フライドチキン/八乃森(高知)

高知旅行二日目です。

どうも調べてみると、高知のモーニングも凄いらしいというので
ホテルは素泊まりにしておいて、パスタカフェ 八乃森 にやってきました。

日曜日だったこともあり、混むかもしれないと考えて
オープンの8時前に行ってみると、もう10人ぐらい並んでいます!
でもお店は広いので7人でも座ることができました。

KochiHatinomori_000_org.jpg KochiHatinomori_001_org.jpg
モーニングなのにメニューが多い!
トースト・サンドイッチ・パンケーキ・和食と
選ぶのに悩んでいると、朝から食べたことないなぁ~

KochiHatinomori_002_org.jpg
ということで、トマトの入ったスープカレー & スパイシィーフライドチキン

ランチじゃないですよ!モーニングですよ!

KochiHatinomori_003_org.jpg
普通に美味しいスパイシィーフライドチキンの
向こうに見えるの頂上にガーリックチップののったライス

KochiHatinomori_004_org.jpg
さぁ、朝からスープカレーなんですが

KochiHatinomori_006_org.jpg
トマトの入ったスープカレー というよりも カレーが強めなミネストローネ
って感じなので、朝から食べるにはちょうどいい感じです。

KochiHatinomori_005_org.jpg
いつまでも冷めることがなさそうなアイスコーヒーを
飲みながら、本日の予定を確認したり・・・

KochiHatinomori_008_org.jpg KochiHatinomori_007_org.jpg
帰るころには行列ができていた大人気のモーニングでした。

次は、高知定番の 桂浜 です。
関連記事
[ 2019/09/14 09:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(6)

【高知東部旅行記⑤】珍しい高知名物をいっぱい食べてみた/大吉(高知)

高知市内のホテルにチェックインしてから一泊目の夕食は 居酒屋 大吉 です。
8年前にも来たことがあって、好印象だったので予約してやってきました。

KochiDaikichi_001_org.jpg KochiDaikichi_000_org.jpg
しか~し!鰹のタタキだけでなく、ウツボの唐揚げ・青のりの天ぷらを
楽しみにしてたんですが、なんと売り切れ!
19時にお店に入ったのに他にも売り切れが多かったので
前日の台風が影響していたのかもしれません・・・

それでもまだまだ気になるメニューが多いので
7人で少量多品種で頼んでみました。

KochiDaikichi_002_org.jpg
やっぱりまずかこれから カツオの塩タタキ
大阪で食べるカツオのタタキとは大違いの美味しさです。

KochiDaikichi_003_org.jpg
中身じゃなくて皮がマグロの マグロギョーザ
肉汁ジュワーでメチャクチャ美味しい!

KochiDaikichi_013_org.jpg KochiDaikichi_014_org.jpg
どちらも鰹の珍味で
鰹のトロの カツオはらんぼ塩焼(左)
鰹の心臓の カツオちちこ塩焼(右)

KochiDaikichi_004_org.jpg
お店の人気ナンバー1の 手作りいか団子

KochiDaikichi_005_org.jpg
高知県民が大好きらしい山菜料理の イタドリ煮物

KochiDaikichi_006_org.jpg
コラーゲンたっぷりな マグロ目玉煮

KochiDaikichi_011_org.jpg KochiDaikichi_012_org.jpg
揚げ物からは
珍しい マンボウ天ぷら(左)
懐かしい くじら竜田揚げ(右)

KochiDaikichi_007_org.jpg
くじら珍味盛合わせ は うねす・さえずり・皮

KochiDaikichi_009_org.jpg
イヌゴロシという別名がある マグロ尾びれ

KochiDaikichi_008_org.jpg
〆はカツオのタタキを巻いた 土佐巻き

KochiDaikichi_010_org.jpg
高知名物を堪能したので散歩がてらに
日本三大がっかり名所の はりまや橋・・・

旅行二日目は 喫茶店のモーニング からスタートです。
関連記事
[ 2019/09/12 21:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(10)

【高知東部旅行記④】古民家カフェでかき氷、そして世界一長い雲梯/古古(高知:香美)

轟の滝 に行ってから、先ほど満車だった ラフディップ(RUFDiP)
行くとさっきよりも、もっと混んでます・・・残念。

もうこれはあきらめるしかないけど、カフェに行きたいなぁ、
かき氷が食べたいなぁという欲望は抑えられないので、
クルマで移動しながらスマホで検索したり、道路沿いを探したりして・・・発見!

KamiKoko_002_org.jpg KamiKoko_001_org.jpg
茶房 古古(ココ)

閉店間際だったけど「大丈夫ですかぁ?」
「いいですよ、バス停の駐車場に停めてください」

KamiKoko_000_org.jpg
バス停を目印にしてたけど、想像とは違って
手作りなイタリアンなバス停でした。

KamiKoko_004_org.jpg KamiKoko_005_org.jpg
まるで時間が止まっていたかのような雰囲気で女性陣は大喜び!
Eテレの ハルさんの休日 にも出ていたそうです。

KamiKoko_003_org.jpg
ラフディップではかき氷を食べそこなっているので・・・

KamiKoko_007_org.jpg
ラズベリー

KamiKoko_006_org.jpg
冷たくて美味しいのはもちろんですが
それ以上に一口食べるたびにココから離れる時間が
近づくのが惜しい気分になってきます。

KamiKoko_008_org2.jpg KamiKoko_009_org2.jpg
奥さんたちは アールグレイ
やっぱりラテアートは アンパンマン

古古で癒されてから、高知市内のホテルに向かいますが
途中にある香南市の 桜づつみ公園 に寄りまして・・・

KamiKoko_010_org.jpg KamiKoko_011_org.jpg
世界一長い雲梯(102m)

雲梯はモンキーバーと言うらしい・・・
しかも今はサンシャインワーフ神戸の雲梯(150m)が世界一みたい・・・

KamiKoko_012_org.jpg
とかいろいろ思ってしまいますが、童心に帰って挑戦です。
でも400本もバーがあるのに、一番軽い娘の3本ぐらいが最高でしたぁ。

次は、高知市内の 居酒屋 大吉で夕食 です。
関連記事
[ 2019/09/11 11:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(8)

【高知東部旅行記③】落差82mで3段滝壷の轟の滝(高知:香美)

龍河洞 から物部川沿いに東へ走って、ラフディップ(RUFDiP)
かき氷を食べようとしたら、第二駐車場まで満車なので、旅程の順番を
入れ替えて、アンパンマンミュージアム の前を通り過ぎて・・・

KamiTodoroki_009_org.jpg
轟の滝 を目指します・・・なぜかオタフクソース

KamiTodoroki_008_org.jpg
ところがなかなかの厳しい山道で ポツンと一軒家 のスタッフの気分になります。
プロドライバーの妹が運転していましたが「こんな道嫌や~」とか言いながらも
プロ根性に火がついて対向車に気を付けて・・・

KamiTodoroki_001_org.jpg
轟の滝の駐車場に到着です。
滝の茶屋は営業はしていませんでしたが、
駐車場は意外に広くキレイに整備されています。

KamiTodoroki_002_org.jpg
龍河洞リューくん に続いて、ココにはやなせたかし先生の
キャラクターの 瀧のシブキちゃん がいます。

KamiTodoroki_003_org.jpg
日本の滝百選で高さ80mの 轟の滝

KamiTodoroki_000_org.jpg
なんと言っても特徴的なのが上段の滝壺で
美しいグリーンで直径15mもあるそうです。

KamiTodoroki_004_org.jpg
その下の滝壺からも大量の水が流れているので
これはもっと見てみた~い!

そこで地図を見ると展望所から滝下に向かって遊歩道が・・・

KamiTodoroki_005_org.jpg
あるんですが前日の台風で階段までも滝になってます。
でも行けなくもなさそうなので気を付けながら下りますと・・・

KamiTodoroki_006_org.jpg
右下に写っている妹が小っちゃ~い!
メチャクチャ水しぶき浴びて気持ちいい~!!

KamiTodoroki_007_org.jpg
(妹が運転しましたが)ココまで来た甲斐がありましたぁ。
対岸に渡れる橋までは来ましたが、どんどん進んでいくと
帰れなくなりそうになるので、Uターンして戻ると超汗だく!

次は、目的のお店ではないけど かき氷 で休憩です。
関連記事
[ 2019/09/09 23:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(4)

【高知東部旅行記②】暑い夏は涼しい日本三大鍾乳洞の龍河洞で(高知:香美)

南国のククサ で野菜いっぱいのランチを食べてから、
クルマで30分ほど東へ走りますと・・・

KamiRyugadou_001_org.jpg KamiRyugadou_002_org.jpg
日本三大鍾乳洞の 龍河洞 に到着です。
駐車場から順路通り進み、お土産屋さんに目立つのは
塩けんぴと土佐打ち刃物・・・どちらにも興味がないので素通りして
階段もありますが楽してエスカレーターで昇ると・・・

KamiRyugadou_003_org.jpg
龍河洞の入り口に到着です。

KamiRyugadou_004_org.jpg
観光コース(赤)・冒険コース(黄)がありますが、
もちろん一般的な観光コースを選択です。

ちなみに冒険コースは事前予約をして専用の探検服に
着替えて、とかなり気合を入れないといけないようです。

では、歩行距離1km、気温19℃の洞窟に入ってみましょう!

KamiRyugadou_000_org.jpg
洞窟サンゴが咲き乱れている 石花殿(せっかでん)

KamiRyugadou_005_org.jpg
洞内で最も天井が高い 千仭の間(せんじん)

KamiRyugadou_006_org.jpg
高さ11mで洞内最大の 記念の滝

KamiRyugadou_007_org.jpg
高さ11mで石の芸術晶の 天降石(左)
高さ6mの鍾乳石の 絞り幕(右)

KamiRyugadou_008_org.jpg
サボテンの丘

KamiRyugadou_009_org.jpg
鍾乳石の裏側を見ることができる 裏見の滝

KamiRyugadou_010_org.jpg
高さ6m・幅4mで玉を綴ったような 玉簾の滝(たますだれ)

KamiRyugadou_011_org.jpg
約2000年前の弥生人が使っていた土器が炭酸カルシウムに包まれ
化石のように鍾乳洞と一体化した 神の壺

で、出口までたどり着くと、そこはビルの20Fに相当する高さだそうです。
しかし、洞内は涼しいのですが、垂れてくる水滴が多いので
皆さんビチャビチャで汗をかいたかのようになってます。

KamiRyugadou_012_org.jpg
駐車場まで戻ると やなせたかし先生の出身地でもあるので
香美市のイメージキャラクターの 龍河洞リューくん がいました。

次は、もっと山奥に進んで 轟の滝 です。
関連記事
[ 2019/09/08 16:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(4)

【高知東部旅行記①】テラス席でお花畑のようなカフェランチ/ククサ(高知:南国)

8月末に一族7人で高知東部へ旅行してきました。
広島・姫路・大阪から岡山駅に集合してしゅっぱ~つ!

瀬戸大橋を渡って四国に上陸し、延々と南下すると
ナビはこんなところにお店があるのか?と思う農道へ誘導します。

NankokuKuksa_012_org.jpg
お店はまだ見えないけど第二駐車場があったので、
そこに停めて、地図通りに住宅地を歩いていくと・・・

NankokuKuksa_001_org.jpg NankokuKuksa_000_org.jpg
ありました~ カフェ ククサ

NankokuKuksa_011_org.jpg
というか知り合いのお宅にお昼ごはんを食べにきましたぁ~
のような気分です。
NankokuKuksa_004_org.jpg NankokuKuksa_003_org.jpg
7人だと店内の空席には座れないのでテラス席であれば・・・
まぁ日陰だし少し風もあったので、座ると扇風機を用意してくれ
クーラー部屋ほど涼しくはないですが、自然な快適さを感じられます。

NankokuKuksa_002_org.jpg
ランチは一択で 玄米 or 白米、それとドリンクを選べます。

NankokuKuksa_005_org.jpg
日替わりランチ

NankokuKuksa_006_org.jpg
このセットが7個並んでいるので
テーブルがお花畑のようになってます。

NankokuKuksa_008_org.jpg
激旨チキンカツ、トマトのマリネ、きゅうりの白和え、
茄子の煮物、南瓜の煮物、野菜サラダ

NankokuKuksa_007_org.jpg
大根・ナイラゲ・人参の酢の物、ゴーヤとシーチキン・玉ネギサラダ、
厚揚げと切り昆布の煮物、もやし・人参の胡麻和え、
ピーマンの甘辛炒め、蓮根の煮物

野菜を中心とした健康的なランチなので女性陣は喜び
ボリュームもあって男性陣も満足できます。

NankokuKuksa_009_org.jpg
更に、小さなデザート&ドリンクまで付いてきます。

しかも小さなデザートではなく、しっかり一人前サイズで
美味しい手作りでバナナ入りのロールケーキです。

コーヒーがおススメなようで、飲んでみますと
ミルク派の私がブラックでも飲んでしまうぐらい美味しい!

NankokuKuksa_010_org.jpg
よ~く見ると、テラス席では少し風が吹いているので
飛ばないようにミントをケーキに刺しているお気遣い付きです。

次は、日本三大鍾乳洞の 龍河洞 です。
関連記事
[ 2019/09/07 09:00 ] 旅行・おでかけ 高知 | TB(0) | CM(2)

煮穴子と出汁巻きの あなたま重定食/炭火 ざく(大阪:西天満)

先日のランチは あなごや 炭火ざく です。
JR東西線「北新地駅」から東へ徒歩5分のところにあります。

1Fにもカウンターがあり席も空いていましたが
すぐに2Fに案内され、テーブル席が約20席用意されています。

NishitenmaZaku_001_org.jpg
店名通り、あなごランチが数種類用意されており
煮穴子、あなご天ぷらをどのように組み合わせるかで選べます。

NishitenmaZaku_003_org.jpg
煮穴子が食べたかったので あなたま重定食

NishitenmaZaku_004_org.jpg
分厚めな出汁巻き 2切れ、煮穴子 1本でご飯が見えないくらい
表面が覆い尽くされ、食べる前にテンションが上がります。

重箱の両角には三つ葉とワサビがあるのもポイントです。

NishitenmaZaku_005_org.jpg
口の中で溶けてしまうような煮穴子は美味しく
出汁巻きと一緒に食べたり、別々に食べたり。

でも甘いタレは飽きてくるので、そんなときには
ワサビを少しつけて気分が復活です。

NishitenmaZaku_002_org.jpg NishitenmaZaku_000_org.jpg
夜は穴子三昧のコースもあるようなので
穴子好きな人にはたまらない食事になりそうです。
関連記事
[ 2019/09/05 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

ラーメン屋「まんねん」のオムチャーハン専門店/オムちゃん食堂(大阪:天満)

先日のランチは オムちゃん食堂 です。
JR環状線「天満駅」から北へ徒歩4分のところにあり
向かいにはお寿司屋さんの 春駒 があります。

TenmaOmuchan_001_org.jpg
梅田・心斎橋にある ラーメン屋「まんねん」 で提供している
オムチャーハン専門店だそうです。

オムチャーハンは9種類あって、セットメニューで
餃子・唐揚げ・サラダ・スープが選べます。

TenmaOmuchan_004_org.jpg
オムチャーハン(Aセット)

TenmaOmuchan_003_org.jpg
スープ単品なら150円、スープ&サラダなら170円ですが
スープだけでええけどなぁ、20円だけの差やしなぁと迷って
Aセット(スープ&サラダ)にしましたが
+20円でこのサラダならお得やんかぁ~
やっぱりラーメン屋さんだけあってスープは
ラーメンスープで美味しいです。

TenmaOmuchan_005_org.jpg
とろとろタマゴを見てるだけで美味しさが加点されます。

TenmaOmuchan_006_org.jpg
やっぱり美味しい~

TenmaOmuchan_007_org.jpg
オムチャーハンなので中身のご飯は当然ながらチャーハン


TenmaOmuchan_002_org.jpg TenmaOmuchan_000_org.jpg
お店を出ても向かいの春駒は相変わらず行列ですが
こちらは並ばなくても美味しいので行列が嫌ならいかがでしょうか。
関連記事
[ 2019/09/04 11:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

ようやく買えたニューヨークパーフェクトチーズ(東京:羽田空港)

毎回、羽田空港に来るのは夕方なので

NewyorkPerfectCheeseHanedaAP_000_org.jpg
ニューヨークパーフェクトチーズ はいつも売り切れ~

NewyorkPerfectCheeseHanedaAP_001_org.jpg NewyorkPerfectCheeseHanedaAP_002_org.jpg
しかし、12時頃に空港にいることになったので
ダメ元でお店に行ってみると商品は並んでいます・・・でも行列。
店員さんによると昨日は13時に売り切れたらしい。

NewyorkPerfectCheeseHanedaAP_003_org.jpg
こういう機会はもうないかもしれないので並びまして・・・

NewyorkPerfectCheeseHanedaAP_004_org.jpg
ニューヨークパーフェクトチーズ

NewyorkPerfectCheeseHanedaAP_005_org.jpg
いかにも高級そうなパッケージです。

NewyorkPerfectCheeseHanedaAP_006_org.jpg
保冷剤を入れてくれましたが、ちょっと溶けていまいましたぁ。

ラングドシャでクリームとチーズ、チョコレートを巻いて
甘さと塩気いい感じで混ざって、メチャクチャ美味しい!

これはお土産でもらうとテンションが上がってしまう逸品です。
関連記事
[ 2019/09/02 23:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(6)

モーニングのオープンタマゴサンドはお菓子付き/珈琲家族(東京:恵比寿)

東京出張のモーニングは 珈琲家族 です。

EbisuCoffeeFamily_000_org.jpg EbisuCoffeeFamily_002_org.jpg
恵比寿駅から西へ徒歩3分のところにあるんですが
入口階段を見過ごしてしまうビルのB1Fにあります。

EbisuCoffeeFamily_003_org.jpg EbisuCoffeeFamily_004_org.jpg
昔ながらの喫茶店でゴチャゴチャとモノが置いて
あるようにも思いますが、妙に落ち着ける雰囲気です。

EbisuCoffeeFamily_001_org.jpg
モーニングは3種類で写真が載っているのは1つだけ、となると
写真のモノを頼んでしまいます・・・

EbisuCoffeeFamily_005_org.jpg
Aセットの オープンサンド(タマゴ)& アイスコーヒー

EbisuCoffeeFamily_006_org.jpg
見た目から美味しさが伝わる オープンタマゴサンド
・・・横に何かある?

EbisuCoffeeFamily_008_org.jpg
なんと、ハムサンドのおまけつき!
マスタードが効いて美味しい!

EbisuCoffeeFamily_009_org.jpg
タマゴサラダとベーコンを一緒に焼いていて
熱々でメチャクチャ美味しい~!!

EbisuCoffeeFamily_007_org.jpg
しかも、お菓子付き!
更にこのお店の雰囲気にピッタリなルマンド!

お店を出たら、とても暑い日だったので
塩分+タブレットを舐めながら仕事に向かうのでした。
関連記事
[ 2019/09/01 16:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(8)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム