FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2019年07月
月別アーカイブ  [ 2019年07月 ] 

≪ 前月 |  2019年07月  | 翌月 ≫

【大分旅行記①】雪舟が描いた 沈堕の滝 と 朽ちた 沈堕発電所(大分:豊後大野)

7月の中頃に大分に二泊三日で旅行してきました。
天気予報では三日間はず~っと雨!さてどうなることやら。

BungoOhnoChinda_001_org.jpg
大分空港でレンタカーを借りると「高速は一部キリで通行止めです」と
出だしから聞きたくない情報を得てしまいましたが、出発~!

予想通り途中で高速を降ろされたり、渋滞に巻き込まれたり
大雨でワイパーがフル回転したりしましたが、

BungoOhnoChinda_000_org.jpg
予定より少し遅れて 沈堕の滝 に到着です。

運よくギリギリ傘が必要のない微雨になってました。

BungoOhnoChinda_008_org.jpg
幅97m、高さ17m

BungoOhnoChinda_009_org.jpg
雨が降っていたこともありおそらく
いつもより凄い水量なんでしょう。

BungoOhnoChinda_005_org.jpg
もっと滝に近づくために公園に行くと、雨でも先客が一組あり
更に滝のほうに向かうと なんともあやしそうな建物があります。

BungoOhnoChinda_002_org.jpg
沈堕発電所跡

発電所としては約100年前に役割を終えているようです。

BungoOhnoChinda_004_org.jpg
雨で滑りやすくなっている石の上を慎重に渡って中に入ると
ラピュタのロボット兵が歩いているような雰囲気です。

BungoOhnoChinda_003_org.jpg
この発電所跡近くから見ると更に凄い迫力です。

BungoOhnoChinda_007_org.jpg
ずっと見ていたのは実は 雄滝 で発電所跡の隣には
雌滝(幅4m、高さ18m)もあります。

BungoOhnoChinda_006_org.jpg
そしてこの絶景を約600年に描いたのが 雪舟 「鎮田瀑図」 です。

次は、豊後牛の焼肉ランチ です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2019/07/31 11:00 ] 旅行・おでかけ 大分 | TB(0) | CM(6)

冷たい田舎そばには納豆入りで/一山(大阪:淀屋橋)

先日のランチは そば処 一山(いちやま) です。
淀屋橋駅から南へ徒歩6分のところにあります。

交差点にあるので入口が2つあり、12時前には
満席になる人気のお店のようです。

Yodoyabashi1yama_002_org.jpg
他の人の注文を聞いていると単純に注文しているのではなく
細かな要望を伝える人が多いようなので
「そんな蕎麦ある?」って思ってしまいます。

Yodoyabashi1yama_003_org.jpg
初心者なので 冷たい田舎そば(納豆入り)【大】

ちょい盛りは大、更に多いのが大大 だそうで
誰もが 大 or 大大 って注文してます。

Yodoyabashi1yama_004_org.jpg
メインのトッピングは納豆で他には生卵・大根おろし・
わさび・刻みノリ・ネギが乗ってます。

何も考えずにグチャグチャに混ぜまして・・・

Yodoyabashi1yama_005_org.jpg
納豆のぬめりでズルズルと吸い込まれていきます。
まぁ、この組み合わせだと納豆嫌いでもない限りは
誰もが好きになってしまうでしょう。

食べやすくて美味しいので 大大大 でもイケそうです。

Yodoyabashi1yama_001_org.jpg Yodoyabashi1yama_000_org.jpg
蕎麦湯で〆てドンブリもきれいになりました。
関連記事
[ 2019/07/29 23:00 ] お食事処 そば | TB(0) | CM(2)

古希のお祝いは3尾の大海老フライだからebi3/阿成の隠(兵庫:姫路)

母親の古希のお祝いで何が食べたいのか聞くと
以前に行った 阿成の隠(あなせのかくれ) がいいとのこと。

あんまりお祝いっぽくないけど、本人の希望ということで
予約して8人でランチにやってきました。

HimejiAnase_100_org.jpg
前回、お前は誰やねん?とか思いながら あやこ を食べて
とにかく海老フライが美味しかったので、
じゃあ、海老フライばっかりにしよう!

HimejiAnase_103_org.jpg
とは言ってもやはり、コチラではこの豪華な 前菜 から

一段目:
自家製豆腐 冷奴 ・ とうもろこし、黒枝豆入り巾着煮 ・ 白菜の浅漬け

二段目:
茄子と豚バラ肉のオイスター煮 ・ 蓮根入り里芋まんじゅう
・ 万願寺ししとうとこんにゃくの甘辛炒め煮


三段目:
モロヘイヤとおくらのせ揖保の糸 ・ フルーツトマトと大葉の和風マリネ
・ ゴーヤ、ツナ、玉子のマヨネーズ和え


ビジュアルも味もいいのでこれだけでいいんじゃないかと思う
前菜なので、メインへのハードルがかなり上がってしまいますが・・・

HimejiAnase_106_org.jpg
ホントのメインの ebi3

HimejiAnase_105_org.jpg
大きな海老フライが3尾

HimejiAnase_104_org.jpg
横から見ると、モノ凄い迫力です。

HimejiAnase_107_org.jpg
頭から尾っぽまでほぼ全部バリバリと食べることができ
メチャクチャ美味しい~!!

HimejiAnase_108_org.jpg
デザートはマンゴーソースのプリンとホットコーヒー

HimejiAnase_101_org.jpg HimejiAnase_102_org.jpg
92歳の私のおばあちゃんが食べていたつくね和風あんかけハンバーグが
美味しそうだったので、次はそれにしてみよう!

☆今までの「阿成の隠」☆
あやこ
関連記事
[ 2019/07/28 16:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

鶏の唐揚げ麻婆ソースは11時45分までに入れば50円引きだったのに~!/竹ちゃん(大阪:北浜)

先日のランチは 居酒屋 竹ちゃん です。
「北浜駅」から南へ徒歩4分の堺筋沿いにあります。

KitahamaTakechan_007_org.jpg KitahamaTakechan_005_org.jpg
11時45分までに入れば50円引きの看板に
目が留まったので時計を見ると 11時46分!・・・ガ~ン

う~ん、でも日替わりが気になる・・・

KitahamaTakechan_001_org.jpg
で、ひょっとしたら50円引きになるかもしれないと
淡い期待をしながら 鶏の唐揚げ麻婆ソース定食

KitahamaTakechan_003_org.jpg
大きなお椀には甘い味噌の豚汁
具材はほぼ大根ですが、美味しいので・・・まぁええかぁ。

KitahamaTakechan_002_org.jpg
麻婆ソースがかかった大きな唐揚げ3個

KitahamaTakechan_004_org.jpg
麻婆味はほぼゼロですが、唐揚げ自体が
熱々&ジューシーで美味しいので・・・まぁええかぁ。

KitahamaTakechan_006_org.jpg KitahamaTakechan_000_org.jpg
お会計では期待むなしく710円のままでしたぁ~
ボリュームもあって美味しいので、次は11時45分までに入ろう!
関連記事
[ 2019/07/27 09:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(4)

きな粉の中でかくれんぼしている黄金わらび/ツバメヤ(愛知:名古屋駅)

鯛茶漬けを食べた 鯛茶福乃 の前にある ツバメヤ 大名古屋ビルヂング店
名古屋出張のお土産を買うことにしました。

TsubameNagoyaST_001_org.jpg
わらび餅 or どら焼き が名物なようで、並んでいる間にどっちにしようかなぁ~と
決めることができずに順番が来てしまい、思わず前の人と同じモノを買ってしまった・・・

TsubameNagoyaST_003_org.jpg
黄金わらび

「賞味期限は明日までです~」とのこと。

TsubameNagoyaST_004_org.jpg
商品名の由来になっていると思われる
黄金に輝くきな粉が箱いっぱいに入っています。

ひょっとしたら きな粉 しか入ってないかも・・・

TsubameNagoyaST_005_org.jpg
では、お宝探しスタート!

この感じは ゴマに埋もれた団子の 胡麻団 を思い出します。

TsubameNagoyaST_006_org.jpg
おぉ~出て来ましたよ~!!

TsubameNagoyaST_007_org.jpg
思ってたよりデカ~い!
あまり持ち上げすぎるとちぎれそうです。

とろけるような柔らかさで美味しい~!!

TsubameNagoyaST_008_org.jpg
ちなみに、この大きなわらび餅が10個入っています。
きな粉はそれ以上に多いですが・・・

TsubameNagoyaST_002_org.jpg TsubameNagoyaST_000_org.jpg
じゃあ、次は どら焼き だぁ~
関連記事
[ 2019/07/25 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

一品勝負の福乃鯛茶漬け/鯛茶福乃(愛知:名古屋駅)

名古屋駅周辺でディナーを食べることになり、駅前の
大名古屋ビルヂング B1Fの 鯛茶福乃 に入ってみました。

NagoyaST_Fukuno_001_org.jpg
夕方だったのでメニューは一品のみです。

NagoyaST_Fukuno_002_org.jpg
注文したらすぐに登場の 福乃鯛茶漬け

福乃鯛茶漬けの食べ方に従いまして・・・

NagoyaST_Fukuno_003_org.jpg
え~こんだけ?と思う少しの鯛の切り身ですが
ギュッと詰まった山なのでほぐすと、そこそこな量になります。

この鯛の切り身をごまだれと薬味と和えまして

NagoyaST_Fukuno_005_org.jpg
ご飯にのっけて鯛どんぶり~
そりゃあ美味しいですわなぁ。

NagoyaST_Fukuno_004_org.jpg
次に実山椒で炊いた鯛そぼろを

NagoyaST_Fukuno_006_org.jpg
ご飯にふりかけて、ひじきのサラダと一緒に食べて
朝ごはんに欲しいなぁ~と思います。

NagoyaST_Fukuno_007_org.jpg
〆はごまだれ和えの鯛の切り身をご飯にのせたら
急須の鯛だし緑茶を注ぎまして

NagoyaST_Fukuno_008_org.jpg
鯛茶漬けを美味しくいただくんですが
ちょっとモノ足りないのでテーブルに置いている
ごまだれを追加すると、美味しさアップします。

ご飯がお替りできるので「さっきよりもご飯多めで!」
二回戦まで食べるとお腹も満足できます。

NagoyaST_Fukuno_009_org.jpg NagoyaST_Fukuno_000_org.jpg
メインは鯛茶漬けなんですが、鯛どんぶりの方が好きかなぁ。
関連記事
[ 2019/07/24 11:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

極太麺のイタリアンまぜそば は マゼボナーラ/まな屋(愛知:北名古屋)

名古屋出張のランチは 極太麺 まな屋 です。

12時頃に着くと、L字カウンター14席は満席で
食券を買ってから店内の待合席に座って待機します。

KitaNagoyaManaya_001_org.jpg
まぜそば専門店でベースとなるのは
濃厚醤油だれ・潮香る塩だれ・イタリアンまぜそば
となれば、これは珍しいイタリアンでしょう!

KitaNagoyaManaya_002_org.jpg
で、 またの名を マゼボナーラ

ランチは追い飯付きで

KitaNagoyaManaya_003_org.jpg
どうみてもカルボナーラ

KitaNagoyaManaya_004_org.jpg
やっぱりカルボナーラ

『まぜそば』の美味い食べ方 に従って
よく混ぜる!とにかく混ぜる!

KitaNagoyaManaya_005_org.jpg
美味しそうなカルボナーラではなくマゼボナーラ

KitaNagoyaManaya_006_org.jpg
もちもちな極太麺でメチャクチャ美味しい~
・・・でもお箸で食べると 洋麺屋 五右衛門 みたい。

KitaNagoyaManaya_007_org.jpg
ほぼカルボナーラなんやけど何か足りない・・・
そうや~!黒胡椒!

KitaNagoyaManaya_008_org.jpg
こんなに調味料があるのに無~い!
試しに普通の胡椒をかけてみたけど、違~う!

KitaNagoyaManaya_009_org.jpg
〆は 追い飯 投入~

KitaNagoyaManaya_010_org.jpg
立派なリゾットの完成
濃厚で美味しい~!!

KitaNagoyaManaya_011_org.jpg KitaNagoyaManaya_000_org.jpg
ブログには載せていないけど、本町のラパスにも
久しぶりに行ってみたくなったイタリアンなまぜそばでした。
関連記事
[ 2019/07/22 23:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

マツコも食べたかき氷「れもんなみるく」/奈良の氷屋ヒノデさん(奈良:大和郡山)

ちかみちらーめん で冷やし油そば を食べてから
一緒にいた同僚が「暑いですねぇ、奈良はかき氷が有名みたいですよ」
「そういえば、マツコの知らない世界で奈良のかき氷が紹介されてたでぇ」
YamatokoriyamaHinode_009_org.jpg YamatokoriyamaHinode_010_org.jpg
ちかみちらーめん からクルマで北へ10分ほど走って
スイムピア奈良 にやってきました。

いくら暑いからと言って、仕事中に泳ぎに来たわけではありませんので・・・

YamatokoriyamaHinode_002_org.jpg YamatokoriyamaHinode_000_org.jpg
その施設内にある 奈良の氷屋ヒノデさん が目的です。

YamatokoriyamaHinode_008_org.jpg
このお店が マツコの知らない世界 で紹介されてたんです。
でも、失礼ながらこんな施設のこんなお店で大丈夫なのかぁ?

YamatokoriyamaHinode_001_org.jpg
7種類ぐらいありそうに思いますが、土日限定であったり
売り切れであったりするので、選べるのは3種類。

YamatokoriyamaHinode_004_org.jpg
ということで、マツコも食べた れもんなみるく

YamatokoriyamaHinode_003_org.jpg
雪山の頂上にはレモン

YamatokoriyamaHinode_005_org.jpg
少し酸っぱいレモン、甘いミルクシロップで
ゆるふわな氷が口の中で溶けてしまい、メチャクチャ美味しい!

YamatokoriyamaHinode_006_org.jpg
途中でレモンを絞ると更に美味しくなります。

YamatokoriyamaHinode_007_org.jpg
食べ進んでいくと、お宝発見!ビスケット!

かき氷と言えば、ガリガリワシャワシャだと思っていたので
この夏の間にまた来てもいいかもしれません。
関連記事
[ 2019/07/21 16:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

胡瓜ゴロゴロなサッパリ冷やし油そば/ちかみち(奈良:川西町)

先日のランチは ちかみちらーめん です。
近鉄橿原線「結崎駅」から西へ徒歩18分のところにあります。

以前は よりみち喫茶店 の敷地内で屋台営業していたそうで
今は同じ敷地内での実店舗での営業になったようです。

KawanishiChikamichi_002_org.jpg
大きくは 塩・醤油・つけ麺・油そば とあり、
更に中細麺・平打麺まで選ぶとなると迷います。
KawanishiChikamichi_003_org.jpg KawanishiChikamichi_004_org.jpg
そんなときに下の方を見ると、暑い夏にはええなぁ~

KawanishiChikamichi_006_org.jpg
ということで 冷やし油そば

KawanishiChikamichi_007_org.jpg
底に貯まったタレとよく絡むように混ぜ混ぜしまして
煮干し風味で甘酸っぱくサッパリとしてます。

冷やし中華よりもコッテリ
そうめんよりも食べ応えあり
普通の油そばよりもサッパリ
なんで夏にはいいと思います。

乱切りのキュウリの存在感が大きいので、
食後はボリボリボリボリの音が耳に残ります。

KawanishiChikamichi_005_org.jpg KawanishiChikamichi_008_org.jpg
セルフでスープ割りをすると、冷やし油そばとは
全然違ったイメージの不思議とホットするスープに変身です。

KawanishiChikamichi_000_org.jpg KawanishiChikamichi_001_org.jpg
煮干しの出汁で炊いたたまごかけごはんを
食べとけばよかったぁとちょっと後悔・・・
関連記事
[ 2019/07/20 09:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

ふわとろカニ身あんかけ炒飯 & 熱々な小籠包/ライオン飯店(大阪:天満)

先日のランチは ライオン飯店 です。

JR環状線「天満駅」から北へ徒歩5分のところにあり
斜め向かいには 以前に三枝スペシャルランチを食べた シレーナ があります。

TenmaLion_001_org.jpg
厨房からは油の弾ける小気味いい音が聞こえてくるので
「から揚げもええんかなぁ」とか考えましたが
やはり看板ランチのカニ身入りあんかけ炒飯を注文します。

セットは 小籠包 or エビ蒸し餃子も選べるので、どちらも捨てがたく迷っていたら、
『当店の人気料理ベスト10』が目に入ったので、2位だった小籠包に決定です。

TenmaLion_004_org.jpg
しばらくして、カニ身入りあんかけ炒飯
・・・小籠包は少しお待ちください、とのこと。

TenmaLion_003_org.jpg
いつもはスルーしてしまうスープが、
ほんの少しのネギとタマゴが彷徨っているスープではなく
具沢山で見るからに美味しそうで、飲むとこれはいい感じです。

TenmaLion_005_org.jpg
で、小籠包もやってきて カニ身入りあんかけ炒飯セット

TenmaLion_002_org.jpg
炒飯には、タップリカニ身の入った卵白餡がドバーっと
かけられた魅力的なビジュアル

TenmaLion_007_org.jpg
ふわとろでメチャクチャ美味しい~!!

TenmaLion_006_org.jpg
湯気がモーモー立っている 小籠包

TenmaLion_008_org.jpg
生姜と一緒にジュワードバーとスープが
口の中で弾けて、ハフハフしながらウマ~!!
TenmaLion_009_org.jpg TenmaLion_000_org.jpg
夜のメニューを眺めるとかなり魅力的なので
大人数で来てアレもコレも食べたくなるお店でした。
関連記事
[ 2019/07/18 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

サクサクなパイのベイクドショコラが美味しすぎる~/ラ・メゾン白金(東京:羽田空港)

東京出張のお土産を買うために、羽田空港をウロウロしまして

LaMaisonHanedaAP_000_org.jpg LaMaisonHanedaAP_001_org.jpg
羽田空港限定・・・
白金・・・
高級感がありそう・・・
値段も手頃や~ん

LaMaisonHanedaAP_002_org.jpg
ラ・メゾン白金ベイクドショコラ

LaMaisonHanedaAP_003_org.jpg
どうやって開けるんやろうと箱をグルグル回したら
横にスーッとスライドさせれば出てきましたぁ。

LaMaisonHanedaAP_004_org.jpg
個別包装された6個入り

LaMaisonHanedaAP_005_org.jpg
ミルク・ビター・ストロベリーが各2枚入ってます。

LaMaisonHanedaAP_006_org.jpg
パイ生地で厚めの焼きショコラを挟んでます。
上からミルク・ビター・ストロベリー

LaMaisonHanedaAP_007_org.jpg LaMaisonHanedaAP_008_org.jpg
パイ生地はサクサク、焼きチョコからはいい香りがしてメチャクチャ美味しい~!!!

高級感もあるので、誰にでも喜ばれるようなお土産です。
関連記事
[ 2019/07/17 11:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(4)

モーニングはビーフカレーパン&きなこあげぱん/イースト・イースト(東京:大塚)

東京出張のモーニングは イースト・イースト(EAST YEAST)大塚駅前店 です。

ホットドッグ、チーズドッグ、朝のマフィンなどのモーニングセットがありますが
どれも気分ではなかったので、好きなパン+100円ドリンクセットにします。

OtsukaEastYeast_001_org.jpg OtsukaEastYeast_002_org.jpg
お店に入ると目の前にあるのが2種類のカレーパン。
どうやら人気商品らしいので1個取りまして、
もう1個は甘い系にしようと揚げパンをゲット。

OtsukaEastYeast_003_org.jpg
ビーフカレーパン&きなこあげパン

OtsukaEastYeast_004_org.jpg
見た目はオーソドックスなカレーパン

OtsukaEastYeast_006_org.jpg
揚げたてから少し時間がたって感じでまぁまぁ温かい。
トロっとしたカレーがたっぷり入って、辛さは控えめ。
はっきりわかる牛肉も入って美味しく人気があるのもわかります。

OtsukaEastYeast_005_org.jpg
デザートは きなこあげぱん
ふんわりして甘すぎず何個でも食べられそうなあげぱんです。

OtsukaEastYeast_007_org.jpg OtsukaEastYeast_000_org.jpg
この2つを食べただけでもこのお店が美味しいのがわかるので
もし、大塚に泊まることがあればモーニングに寄りたいお店です。
関連記事
[ 2019/07/15 23:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(2)

深いコクのある真っ黒なハヤシライス/グリル・エス(神奈川:横浜,馬車道)

横浜出張のランチは グリル・エス です。
みなとみらい線「馬車道駅」から南へ徒歩4分のところにあります。

オープン直後にお店に入ると、あっという間に満席になってしまいました。

BashamichiS_000_org.jpg
ランチメニューのなかからだとオムライスを頼む人が多いようです。
オムライスというより気分はハヤシライスとなり注文すると

BashamichiS_001_org.jpg
誰よりも早く ハヤシライス の登場

BashamichiS_002_org.jpg
ソースポットに入った真っ黒なハヤシソース

BashamichiS_003_org.jpg
美味しいなぁというよりも深いなぁって言葉が先に思いつきます。
当然ながらメチャクチャ美味しいです!

BashamichiS_004_org.jpg
いくら美味しくても味を変えたいなぁって半分ぐらい食べたころに
持ってきてくれた らっきょ & 福神漬け

これでリセットされて更に美味しさを楽しめます。
BashamichiS_005_org.jpg BashamichiS_006_org.jpg
これだけの美味しさなら1,200円も仕方がないのかなぁとは思いますが
敢えていうのであれば、ライスを1.5倍ぐらいにして欲しい~!!
関連記事
[ 2019/07/14 16:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

ゲストハウスの食堂で甘辛そぼろ茶漬け/とろとろ食堂(大阪:谷町六丁目)

先日のランチは とろとろ食堂 です。
地下鉄「谷町六丁目駅」から徒歩5分の空堀商店街にあります。
Tani6Tolotolo_002_org.jpg Tani6Tolotolo_001_org.jpg
2Fがドミトリー、B1Fが個室となっているゲストハウスで
その1Fが とろとろ食堂 になっており宿泊に関係なく利用できます。

Tani6Tolotolo_003_org.jpg Tani6Tolotolo_000_org2.jpg
メニューは お茶漬け or お粥 がそれぞれ2種類

Tani6Tolotolo_004_org.jpg
週替わりの 甘辛そぼろ茶漬け

Tani6Tolotolo_005_org.jpg
甘辛そぼろだけでなく三つ葉・うずら卵・刻み海苔ものってます。

Tani6Tolotolo_006_org.jpg Tani6Tolotolo_007_org.jpg
おかずは、手羽元と大根の煮物 に
出し巻きたまご・キャベツと塩昆布の和え物・漬物

Tani6Tolotolo_008_org.jpg
優しい味付けの出汁に甘辛そぼろが溶けると
ちょうどいい味付けになります。

Tani6Tolotolo_009_org.jpg Tani6Tolotolo_010_org.jpg
途中に七味山椒を加えるとこれまた
味が締まって、更に美味しくいただけます。

Tani6Tolotolo_012_org.jpg Tani6Tolotolo_011_org.jpg
ランチでなくてもカフェでもいいみたいなので
食後には座敷でお昼寝をしたくなるようなゲストハウス食堂です。
関連記事
[ 2019/07/13 09:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

月曜・木曜はコーヒーサービスの酢豚定食/富美(兵庫:明石)

先日のランチは 富美(フーメイ) です。
JR神戸線「朝霧駅」から北西へ徒歩10分のところにあります。

近くには以前に食べた エビカレー丼の あづまや があります。

1Fが駐車場で2Fがお店になります。
大衆中華というよりもちょっと高級な雰囲気です。

AsagiriFumei_002_org.jpg
ランチは10種類ぐらいあって、人気は酢豚、
ボリュームがあるのは唐揚げ、こだわってるのは麻婆豆腐と
書いてあるので、この3つがおススメのようなので・・・

AsagiriFumei_003_org.jpg
人気No.1 の 酢豚定食

AsagiriFumei_004_org.jpg
かなり期待をさせてくれる輝き

AsagiriFumei_006_org.jpg
豚肉の弾力と程よい甘酸っぱさで
メチャクチャ美味しい!

AsagiriFumei_005_org.jpg
意外にも麻婆ナスっぽい小鉢もお気に入りです。

AsagiriFumei_007_org.jpg
たまたま行った月曜・木曜はコーヒーサービス
だったので、遠慮なくいただきました。

AsagiriFumei_001_org.jpg AsagiriFumei_000_org.jpg
隣りのおじさんの 豚まん が凄く美味しそうだったので
ちょっと気になってます・・・
関連記事
[ 2019/07/11 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

冷しぶっかけうどん&鯛ちくわの天ぷら、更にTKG/重己(大阪:堺筋本町,船場センタービル)

先日のランチは うどん処 重己 です。
船場センタービル4号館 B2Fにあります。

SembaShigemi_000_org.jpg
ランチは 温かい かけうどん or 冷たい ぶっかけうどん
卵かけごはん or じゃこごはん を選択できます。

SembaShigemi_003_org.jpg
で、お昼のセット

SembaShigemi_005_org.jpg
刻みネギ・生姜・大根おろしをトッピングしまして
グニュンとゴムのように伸びるうどんで
ぶっかけにしては濃いツユです。

メニューによるとざるうどんのツユだそうなので
都度食べるのが面倒な人向けな美味しい ぶっかけうどん です。

SembaShigemi_004_org.jpg
フワフワな 鯛ちくわ はいつものちく天よりもワンランク上です。


SembaShigemi_006_org.jpg
これだけでも充分なボリュームなんですけど、
出汁醤油を一周かけまして TKG

SembaShigemi_002_org.jpg SembaShigemi_001_org.jpg
こう言っちゃなんですが、船場センタービルにある飲食店らしくない
本格的な讃岐うどんを食べられるお店でした。
関連記事
[ 2019/07/10 11:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

口当たりなめらかなクラシックプリン/白十字(岡山駅)

出張・プライベートを合わせて岡山には何度も来ていますが
特に意味なくスルーしていた 白十字 一番街店 に寄ってみました。

Hakujuji1bangai_000_org.jpg
白十字と言えば、ワッフル・ブッセが有名なことは
知っていましたが、今日はプリンな気分かなぁ・・・

Hakujuji1bangai_001_org.jpg
クラシックプリン

Hakujuji1bangai_002_org.jpg
極々よく見かける、どこにでもあるようなプリンです。

Hakujuji1bangai_003_org.jpg
お皿に出してカラメルと一緒に食べて欲しいそうなのですが
家で食べるだけでなんで、そのままでええわぁ~

Hakujuji1bangai_004_org.jpg
それでもカラメルを底からすくいあげて食べますと
予想以上の滑らかな口当たりにビックリ!
そして、これまた予想以上にメチャクチャ美味しい!

今まで白十字をスルーしていたことにちょっと後悔です。
関連記事
[ 2019/07/08 23:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(4)

コスパとボリューム抜群なジャンボモダン焼き/やよい(岡山:岡山駅)

OkayamaYayoi_002_org.jpg OkayamaYayoi_001_org.jpg
岡山出張のランチは お好み焼き やよい です。
岡山駅から南へ徒歩14分のところにあります。

OkayamaYayoi_003_org.jpg
12時過ぎに着くと、約20席は満席ですべて男性。
鉄板ではサイズ感がおかしいお好み焼きが大量に焼かれています。

OkayamaYayoi_000_org.jpg
時間がかかるので、ということで
待っている間に注文しておきます。
OkayamaYayoi_005_org.jpg OkayamaYayoi_004_org.jpg
5分ほどで着席すると、どれもモダン焼きです。

でも途中から、モダン焼き以外が料理され出して
モダン焼き(小)& ドライカレー
モダン焼き(小)& 焼きそば
モダン焼き(小)& そばめし
と常連さんは組み合わせで頼んでいるようです。

OkayamaYayoi_006_org.jpg
で、ぶた玉入り モダン焼き

一応サイズ比較でコップと並べていますが
お皿は大家族でみんなで取り分けるサイズなので異常なサイズです。

OkayamaYayoi_007_org.jpg
麺はうどん or そばを選べるので そば
マヨネーズが欲しければ、+50円です。

OkayamaYayoi_008_org.jpg
甘めのソースでモチっとした生地に
パリパリのそばで見た目以上に美味しいです。

OkayamaYayoi_009_org.jpg
フーッ、やっと半分食べました。

ふと壁の注意書きを読むと
一枚を3人で食べる方は固くお断りします。

それでもなんとか完食です。
これで 600円 ですから凄いコストパフォーマンスです。

でも、やはりハーフ&ハーフがよさそうです。

OkayamaYayoi_010_org.jpg
食べているときに、近所のおばあさんが入ってきて
タッパから冷たいご飯を出してきて「これでやきめし作って」

え~、そんなのありなんやぁ!
関連記事
[ 2019/07/07 16:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(2)

軟骨が入ったコリコリのリング状地鶏ハンバーグ/めしどき(大阪:富田林)

先日のランチは 大衆食堂 めしどき です。
錦織公園南側の外環(国道170号線)沿いにあります。
TondabayashiMeshidoki_002_org.jpg TondabayashiMeshidoki_001_org.jpg
L字型の建物の繋ぎ目の角にあるお店でカウンター4席、テーブル4卓あり
日曜だったこともあり、テレビでは上沼恵美子さんが喋りまくってます。

TondabayashiMeshidoki_000_org.jpg
約30種類の定食はご飯・お味噌汁・キャベツが食べ放題、
更に食べ放題ではないけど500円定食までもあります。

TondabayashiMeshidoki_003_org.jpg
イチ押しの 地鶏ハンバーグ定食

TondabayashiMeshidoki_004_org.jpg
熱々の鉄板と同じ形の地鶏ハンバーグ

TondabayashiMeshidoki_005_org.jpg
リング状のハンバーグの中央には半熟卵とネギ

TondabayashiMeshidoki_006_org.jpg
柔らかいハンバーグを想像してたら、強い弾力があるので
スプーンで切るように食べますと、軟骨がコリコリしてメチャクチャ美味しい!

TondabayashiMeshidoki_007_org.jpg
更に、ハンバーグの中央の穴から溢れ出たスープが
美味しいのでご飯が進むので食べ放題な理由がわかります。

TondabayashiMeshidoki_009_org.jpg TondabayashiMeshidoki_008_org.jpg
夜も定食があるようで魅力的なメニューが多いので
お腹をペコペコにして来たくなるお店です。
関連記事
[ 2019/07/06 09:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

毎日ある日替わりランチのミンチカツ定食は600円でお得です/神戸一(兵庫:神戸,兵庫)

HyogoKobe1_012_org.jpg HyogoKobe1_000_org.jpg
先日のランチは 神戸一(こうべいち) です。
JR神戸線「兵庫駅」から北へ徒歩2分のところにあります。
HyogoKobe1_003_org.jpg HyogoKobe1_002_org.jpg
テーブル3卓、カウンター7席で小さな店内なのに
お店の中央には3段の階段があり、雰囲気は喫茶店です。

HyogoKobe1_001_org.jpg
終日やっている日替りランチは600円で
よく見るとミンチカツは毎日600円のようです。

HyogoKobe1_004_org.jpg
で、ミンチカツ定食

HyogoKobe1_006_org.jpg
ミンチカツよりもお味噌汁を覆っている薄揚げに
興味をひかれたので、手作りで優しく美味しいです。

HyogoKobe1_005_org.jpg
まん丸で肉厚なミンチカツ

その前に・・・
HyogoKobe1_007_org.jpg HyogoKobe1_008_org.jpg
マカロニサラダ・トマト、そしてキャベツサラダが
メチャクチャ大盛りで食べるのが結構大変です。

しかもメニューにはキャベツの大盛りは50円ってあるので
追加で頼む人がいるんだろうかぁ?

HyogoKobe1_009_org.jpg
ようやくメインのメンチカツに手をつけまして
ほどよい肉肉しさで柔らかくて美味しいです。
HyogoKobe1_010_org.jpg HyogoKobe1_011_org.jpg
食べながらメニューを見ていると、チキンカツ定食700円、コロッケ定食700円
なのに冷やっこ定食700円とは凄い豆腐なんやろうか?

単品でも、とんかつ300円、冷やっこ300円なので
やっぱり超こだわりの豆腐なのかもしれません。
関連記事
[ 2019/07/04 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

大洋軒プロデュースのからあげマウンテン/堂島グラッチェ(大阪:福島)

先日のランチは イタリア大衆食堂 堂島グラッチェ 福島店 です。
JR環状線「福島駅」から南へ徒歩2分の細い路地にあります。

DojimaGrazieFukushima_000_org.jpg
イタリア大食堂なんで、もちろん3種類のソースのパスタがありますが
イタリアとはあんまり関係なさそうな鶏のからあげ、玉子春巻き定食もあります。

DojimaGrazieFukushima_001_org.jpg
注文すると、お水とスープ が運ばれてきます。
厨房から聞こえるパチパチと揚げる音を聞いていると・・・

DojimaGrazieFukushima_002_org.jpg
鶏のからあげ定食

DojimaGrazieFukushima_003_org.jpg
以前に食べた同じ福島にある 大洋軒のからあげマウンテン です。
大きなサイズが5個もついています。

DojimaGrazieFukushima_004_org.jpg
衣はサクサク、鶏肉はジューシーでアツアツ
更にタレとネギがマッチしているのでメチャクチャ美味しい!

DojimaGrazieFukushima_005_org.jpg
5個食べきれんわぁって人には3個のヘルシー定食もありますので。
関連記事
[ 2019/07/03 12:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

半分小倉のせのカイザートーストでモーニング/BUCYO Coffee KAKO(愛知:名古屋駅)

名古屋出張のモーニングは BUCYO Coffee KAKO です。
各線「名古屋駅」から南東へ徒歩10分のところにあります。

KAKO系列では 柳橋店 に続いて2店舗目です。
BucyoKako_003_org.jpg BucyoKako_004_org.jpg
柳橋店とはお店の雰囲気はまったく違って、
こちらはオシャレなカフェになっていて
女性店員3名で明るく出迎えてくれます。
また、地元客だけでなく観光客も多いようです。

BucyoKako_002_org.jpg
やっぱり小倉やろうなぁ~
半分でええやろうなぁ~
カイザーって何?
とか思いながら・・・

BucyoKako_005_org.jpg
小倉モーニング(半分小倉、カイザートースト)

BucyoKako_006_org.jpg
半分にしてよかったと思えるぐらいの
山盛りの小倉に生クリーム

BucyoKako_007_org.jpg
小倉無しのパンに半分小倉のさらに半分をわけまして
サクッとモチっとカイザーうまぁ~!
甘すぎずスッキリの小倉粒餡うまぁ~!

BucyoKako_001_org.jpg BucyoKako_000_org.jpg
こんな美味しい小倉トーストを出すお店であるのであれば
14時30分以降のスパゲティーセットが美味しそうな写真だったので
ちょっと気になります・・・でも食べに来れんなぁ。

☆今までの「KAKO」☆
自家製あんジャムトースト(柳橋店)
関連記事
[ 2019/07/01 23:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム