FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2019年04月
月別アーカイブ  [ 2019年04月 ] 

≪ 前月 |  2019年04月  | 翌月 ≫

いちご・ばなな・栗・つぶあん・ホイップクリームが入ったふるーつ大福/養老軒(岐阜駅)

岐阜での仕事が終わって、お土産を探してみると
11月~5月限定の大福があるらしいというので

YorokenGifuST_002_org.jpg YorokenGifuST_000_org.jpg
岐阜駅にある あんカフェ養老軒 に寄りました。

YorokenGifuST_001_org.jpg
生どらやきと大福が数種類あり、生いちご大福にも
興味は惹かれましたが、初めてなので定番を買います。

YorokenGifuST_003_org.jpg
ふるーつ大福

YorokenGifuST_004_org.jpg
大福とは思えないぐらいふわふわでメチャクチャ柔らかい

サンプルでは大福の断面には入っているフルーツがきれいに見えますが
さて、実際にはどうなるだろうかと軽く触ってココにありそうなんで・・・

YorokenGifuST_005_org.jpg
見えたのは栗とつぶあんだけでしたぁ。
実際には いちご・ばななも入って、それらをいっぱいのホイップクリームで
包んで軽くて甘さ控えめでメチャクチャ美味しい~!!

YorokenGifuST_006_org.jpg
他の期間限定は、生いちご・栗きんとん・丸ごと巨峰とあるようなので
それぞれの季節に岐阜に来ることがあれば食べたくなる逸品でした。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/04/29 23:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(6)

カニ・ツナ・エビ三兄弟のクリームコロッケ定食/さんか亭(岐阜:各務原)

岐阜出張のランチは さんか亭 です。
名鉄各務原線「六軒駅」から北へ徒歩12分のところにあります。

KakamigaharaSankatei_002_org.jpg
本日のランチは食後のドリンク or デザートまでがついて1080円と
お得なんですが、メニューを見るとお店のおススメはどう考えても
クリームコロッケなんでしょう。

KakamigaharaSankatei_003_org.jpg
ということで、さん具クリームコロッケ定食

秘かに大きな大根がゴロゴロ入ったお味噌汁がお気に入りです。

KakamigaharaSankatei_004_org.jpg
「左からカニ・ツナ・エビです」と丁寧に説明してくれます。

KakamigaharaSankatei_005_org.jpg
おぉ~カニやん
おぉ~ツナやん
おぉ~エビやん

とか心の中で呟きながら3種のクリームコロッケを
熱々で美味しく食べられるなんて贅沢でええなぁ。

KakamigaharaSankatei_001_org.jpg KakamigaharaSankatei_000_org.jpg
ところでクリームコロッケのなかで一番の値段の高い
ダブルクリームコロッケ定食とはどんなんやろう?
関連記事
[ 2019/04/28 16:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(4)

うなぎミックス丼には出汁に入った明石焼き/げんてん(大阪:肥後橋)

先日のランチは げんてん です。
地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」から西へ徒歩4分のところにあります。

HigobashiGenten_000_org.jpg
遅めのランチだったので先客はおらず、
ねぎトロ丼・たこミックス丼は売り切れとのこと。

HigobashiGenten_002_org.jpg
まぁなんでもええかぁと うなぎミックス丼

HigobashiGenten_003_org.jpg
うなぎミックス丼といってもうなぎメインではなくて
マグロ:うなぎ:イクラ = 8 : 1.5 : 0.5 って割合です。

HigobashiGenten_006_org.jpg
可もなく不可もなく、それなりに美味しいです。

HigobashiGenten_004_org.jpg
なぜか椀物は 出汁に使った 明石焼き が3個
夜の居酒屋メニューを見ると明石焼きが名物のようです。

HigobashiGenten_005_org.jpg
明石焼きはフワフワで出汁もしっかりして、予想外に美味しい。

HigobashiGenten_001_org.jpg
気持ち的にはまぐろ丼よりも明石焼きがメインになったランチでした。
関連記事
[ 2019/04/27 09:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

桜が咲いて屋形船に乗って握り寿司つき点心ランチ/梅寿司(兵庫:姫路)

先日のランチは 梅寿司 です。
JR山陽本線「英賀保駅」から南西へ徒歩11分のところにあります。

AgahoUme_001_org.jpg
お寿司屋さんに入ったはずなのに 点心?
中華料理とお寿司のフュージョンなのか?

AgahoUme_002_org.jpg
点心(寿司入り)

豪華なのか?器ばっかりなのか?
なんかよくわからないんで解剖していきましょう。

AgahoUme_005_org.jpg AgahoUme_006_org.jpg
まずイジらないといけないのが 桜と屋形船
近くの夢崎川では桜が満開だったので、ぴったりな演出です。

屋形船に乗っているのは 小鉢が2品で ひじき と ワカメ&アサリ

AgahoUme_007_org.jpg AgahoUme_009_org.jpg
鯛のお造りの下には謎の箱があって
中には海老・タケノコ・高野豆腐・枝豆

まだまだ続きます・・・

AgahoUme_008_org.jpg
海老・しいたけ・さつまいも・湯葉・ブロッコリーの天ぷら
揚げ出し豆腐のようなお餅

AgahoUme_004_org.jpg
赤だし・肉団子入りの茶碗蒸し

AgahoUme_003_org.jpg
そして、鯛・サーモン・ハマチ・穴子の握り寿司

紹介するのも大変ですが、食べるのも大変です。
メチャクチャ美味しい~!!ってほどでもないですが
これだけ楽しめるので満足度は高いです。

AgahoUme_010_org.jpg
更に コーヒー&デザート(桃のゼリー)までついてます。

AgahoUme_011_org.jpg AgahoUme_000_org.jpg
法事などでも利用している人たちもいたので
ちょっとした集まりに重宝できそうなお店でした。
関連記事
[ 2019/04/25 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

アジフライとじゃこエビフライと豚バラ生姜焼き定食/林ライス(大阪:堺)

先日のランチは 銀シャリ食堂 林ライス です。

南海本線「堺駅」から北西へ徒歩3分の駅近なんですが
知る人ぞ知るような通りにあります。
私は南海電車の情報誌 NATTS に載っていたのでやってきました。
SakaiHayashiRice_002_org.jpg SakaiHayashiRice_001_org.jpg
1Fにはカウンター8席、テーブル3卓で2Fにも席があるようです。

SakaiHayashiRice_000_org.jpg
店名通りのハヤシライスも気にはなりますが
お肉系の定食から選ぶことにします。

SakaiHayashiRice_007_org.jpg
部屋とYシャツと私のようなフレーズの
アジフライとじゃこエビフライと豚バラ生姜焼き定食

SakaiHayashiRice_006_org.jpg
ご飯がついつい進んでしまう濃い味付けの 豚バラ生姜焼き

SakaiHayashiRice_008_org.jpg
メインのように目立っているシャキシャキの野菜サラダ
小鉢は ポテトサラダ に コンニャクのすき焼き風煮込み

SakaiHayashiRice_005_org.jpg
3種のフライ盛り合わせ

SakaiHayashiRice_009_org.jpg
アジフライも小魚のフライも特筆するほどでもないですが
これなんやろう?と食べてみて、メニューを見直すと
じゃこエビフライかぁと串に刺さった6尾のじゃこエビが
B級感たっぷりで美味しいです・・・2尾は食べちゃってます。

SakaiHayashiRice_004_org.jpg SakaiHayashiRice_003_org.jpg
奥さんの チキン南蛮定食
娘の 豚ばらピリ辛中華風サラダの定食
どちらも野菜タップリで健康的です。

SakaiHayashiRice_011_org.jpg SakaiHayashiRice_010_org.jpg
次は、林ライスでハヤシライスにしてみたくなる駅近な穴場店です。
関連記事
[ 2019/04/24 12:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

【静岡旅行記⑪】やっぱり待たなあかん!げんこつハンバーグ/さわやか(静岡:島田)

寸又峡温泉で 夢の吊橋晴耕雨読カフェ と楽しんで
旅行最後のネタは 炭焼きレストランさわやか 島田店 で夕食です。

以前に書いた私の さわやか のブログを読んだ娘が、静岡に行くのであれば
どうしても さわやか のハンバーグを食べたいということでやってきました。

しかし、17時40分にお店に着くとナント50分待ち!
待つことは覚悟してましたが、予想以上です。
SawayakaShimada_002_org.jpg SawayakaShimada_003_org.jpg
それでも、ちょっと早めに席に座ることができ
さぁ何を食べようかと考えることもなく決まってます。

SawayakaShimada_004_org.jpg
紙のランチョンマットで油跳ねをガードしますと
店員さんがげんこつサイズのハンバーグにナイフをいれて

SawayakaShimada_005_org.jpg
半分に切り、ギュッギュッとおさえて

SawayakaShimada_007_org.jpg
オニオンソースをかけてくれて完成

SawayakaShimada_006_org.jpg
げんこつハンバーグ&単品ライス

セットもあるんですがサラダもスープもコーヒーも
どれも気分ではないので、単品ライスにしました。

SawayakaShimada_009_org.jpg
ハンバーグはレアです。

SawayakaShimada_008_org.jpg
肉肉しくてメチャクチャ美味しい!
前回食べて期待のハードルが上がっていても
それを超えて美味しいです。

静岡にしかないというのもハンバーグ同様レアなお店がいいポイントです。
SawayakaShimada_001_org.jpg SawayakaShimada_000_org.jpg
この後、大雨のなか3時間半かけて大阪に帰りました。

これで一泊二日の静岡旅行記はおしまいで~す。

☆今までの「さわやか」☆
げんこつハンバーグ(浜松高丘店)
関連記事
[ 2019/04/22 23:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(4)

【静岡旅行記⑩】足湯カフェでスティックチーズケーキ/晴耕雨読(静岡:寸又峡温泉)

夢の吊橋 を渡ってから、晴耕雨読 で休憩です。
と言っても 寸又峡温泉 でカフェっぽいのはココしかないのかも?

SumatakyoSeikouudoku_001_org.jpg
フードの種類は少なく、甘いモノが食べたかったので
自ずとチーズケーキ or ジェラートの二択になります。

SumatakyoSeikouudoku_003_org.jpg
注文後、足湯に入り夢の吊橋で疲れた足を癒します。

SumatakyoSeikouudoku_004_org.jpg
足湯は通りに面しており、雨が降り出してきました。
夢の吊橋では降っていなかったのでギリギリセーフです。

SumatakyoSeikouudoku_005_org.jpg
ホットコーヒー & ジンジャーティー
スティックチーズケーキ

SumatakyoSeikouudoku_006_org.jpg
美味しそうではあるけど一人一本もいらんなぁということで

SumatakyoSeikouudoku_007_org.jpg
仲良く3人で分け、甘めなのでこれぐらいでいい感じで
足湯でほっこりし、エメラルドグリーンの美しさを思い出し
帰りはあの山道を走らなあかんのかぁと考えるのでした。

SumatakyoSeikouudoku_002_org.jpg SumatakyoSeikouudoku_000_org.jpg
ちなみに、コチラは宿泊もできるそうです(1日2組のみ)

次は、旅行最後のネタで さわやかハンバーグ です。
関連記事
[ 2019/04/21 16:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(0)

【静岡旅行記⑨】エメラルドグリーンの湖を渡る夢の吊橋(静岡:寸又峡温泉)

桜えび尽くしなランチ を食べてから 寸又峡温泉 に向かいます。

藁科川沿いに国道362号線を北上して大井川鐵道「千頭駅」を目指しますが
途中からまさに ポツンと一軒家 にたどり着きそうな山道なのに
対向車は来るのでかなり疲れながらも、なんとか「千頭駅」に到着します。

帰りもこの道を通らなあかんのかぁ?と想像するだけで気が重くなりましたが
地図を確かめると帰りのルートは大井川沿いなのでひと安心です。

さぁ、ココからは大井川沿いを北上して、前には路線バスも走っているので
後をつければ楽ちんやぁと運転してたら途中の「奥泉駅」がバスの終点・・・

そこからは支流の寸又川沿いを走ることになり
するとまたもや ポツンと一軒家 ルートに・・・さっきよりマシやけど。

SumatakyoTsuribashi_000_org.jpg
で、なんとか 寸又峡温泉 に到着です。

走っているときにはあまりクルマを見なかったのですが駐車場は
ほぼ満車で意外と人が多く賑わってます・・・皆さんどこから来たの?

SumatakyoTsuribashi_001_org.jpg
温泉街というよりも住宅街っぽい雰囲気です。
SumatakyoTsuribashi_013_org.jpg SumatakyoTsuribashi_002_org.jpg
でも道路脇では温泉が湧き出ていますし
ひょっとしたら獣が出て来そうで、やっぱり観光地みたいです。

進んでいくと 環境美化募金案内所 ではおばさんが立っていて
気持ちを募金すると寸又峡イラストマップがもらえます。

SumatakyoTsuribashi_003_org.jpg
気づいてはいましたが、かなり山奥まで来てしまいました。

SumatakyoTsuribashi_005_org.jpg SumatakyoTsuribashi_004_org.jpg
天子トンネル を通り抜けると・・・

SumatakyoTsuribashi_006_org.jpg
おぉ~エメラルドグリーンや~ん!

SumatakyoTsuribashi_007_org.jpg
初耳なチンダル現象ということが影響してこのような色になるそうで
その名も チンダル湖(大間ダム湖) というらしい。

SumatakyoTsuribashi_008_org.jpg
この湖にかかる 夢の吊橋 を渡るんですが・・・

SumatakyoTsuribashi_009_org.jpg
店員は10名なんです・・・大丈夫なんだろうか?

SumatakyoTsuribashi_010_org.jpg
とは言いつつも人数が減ったので、では渡ってみましょう。

SumatakyoTsuribashi_011_org.jpg
渡れるのは2枚の板のみと狭く、しかも他の人も一緒なのでかなり揺れます。
静かな山奥でワーワー!キャーキャー!が響きます。

SumatakyoTsuribashi_012_org.jpg
橋の中央から眺めるエメラルドグリーン

ようやく90mの橋を渡り切って、楽しいのはココまで!

帰路は橋の終点から急階段を上っていくんですが、これがメチャクチャきつい!
やっぱり吊橋を折り返したほうがいいんじゃないか?
実はエレベータがあるんじゃないか?
と弱音を吐きながら上りきって・・・

SumatakyoTsuribashi_014_org.jpg
上流にある 飛龍橋 近くから見る夢の吊橋

次は、寸又峡温泉にある 足湯カフェ で休憩です。
関連記事
[ 2019/04/20 09:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(6)

【静岡旅行記⑧】桜えび尽くしな桜えび定食/ごはん屋さくら(静岡市清水区由比)

旅行2日目は、薩埵峠(さった峠) ・ 桜えび天日干し場 と富士山の
見えるスポットに行ってみましたが、やっぱり富士山は見えず・・・

これで、1日目の 三保の松原 ・ 日本平夢テラス もダメだったので4連敗。
結局、この2日間で富士山だけでなく太陽さえも見ることができず残念です。

YuiSakura_001_org.jpg YuiSakura_000_org.jpg
気を取り直して、由比駅前の ごはん屋さくら でランチです。

YuiSakura_002_org.jpg
しかし、11時で駐車場はほぼ満車で待ちリストに記入すると7番目です。
11時30分に店内の待ち席に案内されメニューを見ることができました。

今年の駿河湾産の桜えびは高いようで、メニュー+300円で
台湾産桜えびならメニュー通りだそうです。

YuiSakura_004_org.jpg YuiSakura_003_org.jpg
で、11時40分に席に座ることができました。

水ではなく 超絶美味しい静岡のお茶・・・ホンマに美味しい!
そして壁中がイチローだらけ

YuiSakura_005_org.jpg
ご陽気でフレンドリーなお姉さんが持ってきてくれた
桜えび定食

YuiSakura_007_org.jpg
生桜えび ・ 釜揚げ桜えび

YuiSakura_006_org.jpg
桜えびの佃煮 ・ 青さのお吸い物にも桜えび

YuiSakura_008_org.jpg
桜えびのかき揚げ

YuiSakura_010_org.jpg YuiSakura_009_org.jpg
かき揚げはそのまま食べても香ばしくて美味しいですが
お好みでかけるのも 桜えび髭塩と見事なまでの桜えび尽くしのランチでした。

次は山越えをして 寸又峡温泉 です。
関連記事
[ 2019/04/18 21:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(2)

【静岡旅行記⑦】静岡三昧な夜/しずおかばっかぁ(静岡駅前)

静岡名物を食べられる居酒屋を予約しようとすると
人気の 海ぼうず は4名以上でないと予約できないそうなので
3名でも予約できるお店ということで しずおかばっかぁ で夕食です。

Shizuokabakka_003_org.jpg Shizuokabakka_002_org.jpg
赤ナマコなどの 3種盛りのお通し

誰もお酒を呑めないので静岡ソフトドリンクということで
日本平ソーダ(青蜜柑) ・ 三ケ日ソーダ(みかん) ・ 藤枝ソーダ(藤色)

Shizuokabakka_004_org.jpg
やはり静岡といえば、黒いスープで青海苔&だし粉のかかった
静岡おでん 5種盛り

Shizuokabakka_005_org.jpg
ステーキのような 焼津南まぐろホホ塩焼

Shizuokabakka_006_org.jpg
脂ののった 焼津かつおハラモ焼

Shizuokabakka_007_org.jpg Shizuokabakka_008_org.jpg
静岡に住むペルー人のガルシアさんが作った
ガルシアチーズとベーコンのアヒージョ

Shizuokabakka_009_org.jpg Shizuokabakka_010_org.jpg
骨はバリバリ唐揚げにしてくれる
活きアジのレアフライ

Shizuokabakka_011_org.jpg
孤独のグルメで食べていたのを思い出したので
世界遺産有東木(うつろぎ)のわさび飯

Shizuokabakka_012_org.jpg Shizuokabakka_013_org.jpg
自分ですり下ろして、鼻がツーン!

Shizuokabakka_014_org.jpg
〆は一面が削り粉の 富士宮風焼きそば

Shizuokabakka_001_org.jpg Shizuokabakka_000_org.jpg
静岡名物ばかりでもうおなかいっぱいです。

次は、2日目は 薩埵峠(さったとうげ) からスタートなんですが・・・
関連記事
[ 2019/04/17 12:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(2)

【静岡旅行記⑥】世界で一番濃い抹茶ジェラート/ななや(静岡市葵区)

三保の松原 でも 日本平 でも富士山が見えず
とうとう静岡駅近くのホテルにチェックインするのですが

NanayaShizuoka_001_org.jpg NanayaShizuoka_000_org.jpg
その前に ななや 静岡店 で休憩です。

本当は夕食後に食べたかったのですが
19時までの営業ということでやってきました。

NanayaShizuoka_002_org.jpg
上段が抹茶以外のジェラート
下段が7段階の抹茶ジェラートで右に行くほど濃くなっていきます。

テイクアウトしてホテルの冷凍庫で保存しておいて
夕食後に食べることも考えましたが、この日に泊まる
ホテルには冷蔵庫しかないようなのでココで食べることにします。

NanayaShizuoka_003_org.jpg
和紅茶ジェラート&静岡抹茶ジェラート No.3

NanayaShizuoka_004_org.jpg
静岡抹茶ジェラート No.6&ほうじ茶ジェラート

NanayaShizuoka_005_org.jpg
No.3(左)とNo.6(右)でこんなに濃さが違います。

ちなみに、世界で一番濃いのはNo.7なのですが、No.1~6までが
同じ値段でNo.7は急に高くなるのでNo.6にしました。

NanayaShizuoka_006_org.jpg
No.3でもおぉ~濃いぃなぁと思いますが
No.6は比べモノにならないくらい濃い~~~
でも、不快ではなく甘さを超える苦さが快感になってきます。

次は、ホテルにチェックインしてから 静岡名物だらけの夕食 です。
関連記事
[ 2019/04/15 23:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(4)

【静岡旅行記⑤】富士山は見れないので お茶たいやき/ほいほい亭(静岡市清水区)

久能山東照宮 に行って、石垣いちごスイーツ を食べてから
三保の松原 に行ってみると富士山は見えず・・・
多分無理だろうけど、 日本平 でも残念な結果に。

このまま帰るのは寂しいので・・・

NihondairaHoihoitei_003_org.jpg NihondairaHoihoitei_000_org.jpg
日本平夢テラス と駐車場の間にある
月日星 内の ほいほい亭 に寄りまして

NihondairaHoihoitei_001_org.jpg
この次もスイーツを食べる予定があるので
3人で1個の お茶たいやき

NihondairaHoihoitei_002_org.jpg
小豆餡ではなく生地にお茶が練りこまれており
お茶の香りがするのかどうかは微妙ですが
たい焼きとしては充分に美味しいです。

次は、静岡駅前の ななや で 抹茶ジェラート です。
関連記事
[ 2019/04/14 16:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(4)

【静岡旅行記④】富士山はどこへ消えた?

今回の旅行の目的は 生しらす・桜えび・富士山 でした。
生しらす・桜えびはクリアできたのですが、1泊2日の旅行中は
ず~っと曇り空だったので富士山だけでなく太陽さえも見えず。

それでも富士山が見える絶景スポットには行ったので
富士山が写っているつもりでご覧ください。

FujisanNG_000_org.jpg
世界遺産の 三保の松原

FujisanNG_001_org.jpg
ひょっとしたら?と行ってみた 日本平夢テラス

FujisanNG_002_org.jpg
2日目の朝の 薩埵峠(さった峠)

FujisanNG_003_org.jpg
やっぱりダメだった 桜えび天日干し場

実は静岡県には富士山はないんじゃないか?
これは富士山を消すイリュージョンじゃないか?
とバカなことを考えてしまう2日間でした。

次は、日本平夢テラス での お茶たいやき です。
関連記事
[ 2019/04/13 09:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(2)

【静岡旅行記③】久能山東照宮で石垣いちごパフェ/久能屋(静岡市駿河区)

久能山東照宮 に行ったときにクルマを停めた
お土産屋さん&いちご農園の 久能屋 で休憩です。

ShizuokaKunouya_002_org.jpg
石垣いちごのスイーツがズラリと並んでいます。

ちなみに何も買わないと駐車場代は500円で
その代金もこの券売機で買うようです。
ShizuokaKunouya_003_org.jpg ShizuokaKunouya_004_org.jpg
お土産売り場の横には食堂のようなイートインスペースがあり、
静岡出身だけあって まるちゃん も久能いちごを食べているようです。

ShizuokaKunouya_005_org.jpg
奥さんは いちごジャムのパンケーキ&ホットコーヒー
娘は いちごクリームソーダ
私は いちごパフェ


ShizuokaKunouya_006_org.jpg ShizuokaKunouya_009_org.jpg
ソーダからもイチゴの香りがして美味しいらしいのですが
少し時間が経つとびっくりするぐらい泡があふれてきてました。

ShizuokaKunouya_007_org.jpg
イチゴだらけなパフェ

ShizuokaKunouya_008_org.jpg
思ってたよりもやや酸っぱめでしたが
イチゴが満開で春らしいパフェです。

ShizuokaKunouya_000_org.jpg ShizuokaKunouya_001_org.jpg
次は、富士山が見えない 三保の松原 です。
関連記事
[ 2019/04/11 21:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(0)

【静岡旅行記②】家康が眠る久能山東照宮(静岡市駿河区)

用宗漁港で生しらす丼 を食べてから、国道150号線を東へ走っていると
左手に多くのイチゴのビニールハウスが見えてきて、目的の交差点を曲がると
明らかにどこの観光地にもいるお土産屋さんの駐車場のおじさんが
「ロープウェイと階段のどっちで上がりますか?」
予想していなかった質問に戸惑いつつ、おじさんのお土産屋さんの名前を
見ると、東照宮の後に休憩するつもりだったお店だったので
「階段です」
「じゃあ、ココに停めて」

ロープウェイと言えば通過させてくれたのか?
奥に行けば公共の無料駐車場があったのか?は不明ですが・・・

KunozanToshogu_004_org.jpg
では、久能山東照宮 スタート~

KunozanToshogu_005_org.jpg
ちょっと階段を上がるだけだと思ってたら、これがなかなか着きません。

KunozanToshogu_009_org.jpg
もうココで着いたやろうと思われる場所を振り返ると絶景
・・・なんですが、まだだったようで、
更に階段を上がっていくと料金所があり

KunozanToshogu_000_org.jpg
そこから見上げると、ようやく 楼門 があります。

KunozanToshogu_010_org.jpg KunozanToshogu_014_org.jpg
門には 東照大権現 の額が掲げてあり
その下には、平和の象徴らしい がいます。

KunozanToshogu_006_org.jpg KunozanToshogu_001_org.jpg
楼門をくぐると、徳川家康が38歳のときの手形

家康の身長は155cm、体重60kgだそうなんで、
私よりも小さい手でした・・・私にはマスカケ線はありませんが。

KunozanToshogu_002_org.jpg
桜の満開まではもう少し

KunozanToshogu_013_org.jpg

KunozanToshogu_003_org.jpg
やっと国宝の 御社殿 に到着です。

KunozanToshogu_011_org.jpg
境内も含めて至るとところに 葵の御紋

KunozanToshogu_012_org.jpg
鮮やかな彫刻は400年前に彫られたそのままだそうです。

ちなみに、ここままでで 1,159段 で更に40段上りますと・・・

KunozanToshogu_007_org.jpg
家康の神廟

凛とした雰囲気でココだけ空気が変わったかのように感じます。

KunozanToshogu_008_org.jpg
出世願望はないんですが、せっかくなので。

次は、クルマを停めたお土産屋さんで イチゴスイーツ の休憩です。
関連記事
[ 2019/04/10 12:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(2)

【静岡旅行記①】用宗漁港で生しらす丼/どんぶりハウス(静岡市駿河区)

3月末に静岡市内近辺を1泊2日で旅行してきました。

MochimuneDonburiHouse_006_org.jpg
7時前に自宅を出発したけど近畿道の事故渋滞に引っかかってしまい
予定よりも1時間ほど遅れた12時前に用宗漁港に到着しました。

MochimuneDonburiHouse_002_org.jpg MochimuneDonburiHouse_000_org.jpg
その漁港内にある どんぶりハウス でランチです。

MochimuneDonburiHouse_001_org.jpg
ココに来た目的は 生しらす を食べることなので
釜揚げしらす や まぐろ漬け はアウトオブ眼中です。

MochimuneDonburiHouse_003_org.jpg
お店の横にあるテントに座りまして 生しらす丼(ご飯大盛り)

MochimuneDonburiHouse_004_org.jpg
ご飯の中央にちょこんと置かれてぐらいかと思ってたら
ご飯が隠れてしまうぐらいの生しらす・・・目だらけ!

MochimuneDonburiHouse_005_org.jpg
臭みがまったくなくプリプリしてメチャクチャ美味しい!
並みサイズでも600円ですからお得感もあります。

次は、家康の眠る 久能山東照宮 です。
関連記事
[ 2019/04/08 23:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(0)

ベイクドチーズのタルト&ショコラのタルト/ウチヤベイクショップ(大阪:谷町六丁目)

今回は ウチヤ ベイク ショップ 谷六 ポルトハウス
実家に帰ったときのお土産を購入です。

UchiyaBakeShopTani6_002_org.jpg UchiyaBakeShopTani6_000_org.jpg
14時20分ごろに行ってみると、お店が閉まっていましたが
ガラス越しに覗くと商品は置いてあるようです。
ふと貼り紙に気付くと、休憩中で14時30分には再開するとのこと。

UchiyaBakeShopTani6_001_org.jpg
で、時間通りに店員さんが戻ってきました。
しかし、目的のたまごのタルトはなく、
3種類のタルト+カヌレから選ぶことになります。

UchiyaBakeShopTani6_003_org.jpg
7人分の2種類のタルト

UchiyaBakeShopTani6_004_org.jpg
完熟ブルーベリーののった ベイクドチーズのタルト

UchiyaBakeShopTani6_005_org.jpg
生チョコの食感の ショコラのタルト

UchiyaBakeShopTani6_006_org.jpg
サクサク生地に濃厚だけどスッキリした味わいでめちゃくちゃ美味しい~!!

こうなるとやっぱり たまごのタルトが気になります。
関連記事
[ 2019/04/07 16:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(4)

とれとれ市場でコスパのいい大えび天丼/魚稚(兵庫:相生)

実家に帰ったときのランチは 魚稚(うおわか) 相生水産物市場店 です。

テラス席では海鮮バーベキューを楽しんでいる人がたくさんいます。

AioiUowaka_000_org.jpg
今回の目的は、店内で食べるドンブリです。

海鮮丼系・天丼系とあり、コチラの名物は アナゴ天丼 なのですが
メニューにはないようで、アナゴを食べたければミックス天丼だそうです。

海鮮丼の気分ではなかったので、あなご+大エビのミックスにするか
大エビのみにするのか、コレは悩みます・・・

AioiUowaka_003_org.jpg
大えび天丼

AioiUowaka_005_org.jpg
大きなえび天 x2+ 大葉天 x1

AioiUowaka_006_org.jpg
それにしてもデカい!

無理やり伸ばしていたり、造り物っぽかったり、衣ばかり・・・
ではなくて、すべてプリプリした身で食べ応えもあって美味しい~!!

AioiUowaka_004_org.jpg
更に、サーモンの刺身が3切れついているのも嬉しい!

AioiUowaka_002_org.jpg AioiUowaka_001_org.jpg
ミックスはアナゴ天 x2 + 大きなえび天 x2+ 大葉天 x1 だったので
いろいろ食べたければミックスでもよさそうです。
関連記事
[ 2019/04/06 09:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

鉄板一面に広がる巨大ハンバーグ/アウル(大阪:淀屋橋)

先日のランチは キッチンバー アウル(OWL) です。
各線「淀屋橋駅」から南へ徒歩9分のところにあります。

タバコを吸いますか?相席になるかもしれませんけど・・・
などビジネス街のランチタイムにはよくあるフレーズで
がっつりサラリーマンだけかと思ったら男女比率は半々ぐらいです。

YodoyabashiOwl_007_org.jpg YodoyabashiOwl_008_org.jpg
とにかくハンバーグが名物らしいので注文します。
・・・と一息つく間もなく

YodoyabashiOwl_001_org.jpg
グツグツしながら登場の OWL特製ハンバーグランチ

YodoyabashiOwl_002_org.jpg
選べるソースはデミグラスソース

YodoyabashiOwl_003_org.jpg
・・・とソースの紹介するより以前にデカい!
鉄板一面がハンバーグ!そしてデミグラスソースなので
茶色ばっかりで彩りが悪~い!

この一面シリーズで思い出すのが
宇治の シエルの クリームコロッケ
新橋の すいす の メンチカツ
名古屋の ひょうたんや の わらじフライ
天満橋の 天しんLAN満 の ジャンボミンチカツ

YodoyabashiOwl_004_org.jpg
しかも、柔らかくてスパイシーで美味しいや~ん!

YodoyabashiOwl_005_org.jpg
ハンバーグの下にはパスタが敷かれてます。

YodoyabashiOwl_006_org.jpg YodoyabashiOwl_000_org.jpg
大きなハンバーグは嬉しいですが
ハンバーグとライスの比率がまったく合っていないので
大盛りライスがちょうどいい感じになると思います。
関連記事
[ 2019/04/04 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(4)

ほのか・さちのか・かおり野 の きらきらいちごゼリー/花いちご(岡山駅)

岡山出張で岡山エキナカのお土産売り場に
OkayamaHanaichigo_101_org.jpg OkayamaHanaichigo_100_org.jpg
5年前 に買ったなぁ、久しぶりに買ってみるかぁ」

OkayamaHanaichigo_102_org.jpg
岡山らしい桃太郎の紙袋に入れて帰って来まして

OkayamaHanaichigo_104_org.jpg OkayamaHanaichigo_103_org.jpg
しっかりとした高級そうな真っ黒な箱を開けると
花いちご3種類のいちごゼリー

OkayamaHanaichigo_105_org.jpg
今回は ほのか ・ さちのか ・ かおり野

OkayamaHanaichigo_106_org.jpg
きらきら

OkayamaHanaichigo_107_org.jpg
キラキラ

OkayamaHanaichigo_108_org.jpg
1カップにイチゴは4個入ってます。

OkayamaHanaichigo_109_org.jpg
プルンプルンなゼリーと甘酸っぱいイチゴは
メチャクチャ美味しい!

5年前 に食べて美味しいことはわかってて
期待するハードルが上がっていても、それ以上に美味しい!!

☆今までの「花いちご」☆
あきひめ ・ 紅ほっぺのいちごゼリー
関連記事
[ 2019/04/03 12:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(3)

ワンプレートでもボリューミーな日替わりランチ/懐古喫茶 Sakuraumi(岡山:高島)

岡山出張のランチは 懐古喫茶 桜海(Sakuraumi) です。
JR山陽本線「高島駅」から南へ徒歩16分のところにあります。

テーブル8卓・カウンター4席で 懐古 というだけあって
オシャレすぎずレトロすぎない落ち着いたカフェです。

TakashimaSakuraumi_000_org.jpg
ランチは2種類。
カレーを食べたいかどうかで選択するだけだったので

TakashimaSakuraumi_003_org.jpg
今日の気分は Aランチ

TakashimaSakuraumi_004_org.jpg
どちらも大きな チキン南蛮・エビクリームコロッケ

TakashimaSakuraumi_005_org.jpg
チキン南蛮の下には隠れるように ハンバーグトマトソース

ワンプレートランチなので男性にはちょっと物足りない感じなんだろうなぁ
と思いながら、食べていると、いやいや舐めてたらイカンです。

かなりボリュームあります。
しかも、どれも手作りっぽくて美味しい!

TakashimaSakuraumi_006_org.jpg
食後のドリンクまでつきます。
TakashimaSakuraumi_002_org.jpg TakashimaSakuraumi_001_org.jpg
突出したような特徴があるわけではないですが
近所にあれば通って居座ってしまうようなカフェでした。
関連記事
[ 2019/04/01 23:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム