FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2017年12月
月別アーカイブ  [ 2017年12月 ] 

≪ 前月 |  2017年12月  | 翌月 ≫

今年もありがとうございました。

今年も皆さんからたくさんの拍手やコメントをいただきました。
そこで拍手の多かったTOP20を紹介して、締めくくりたいと思います。
来年もまたよろしくお願いいたします。
ではよいお年を!

第1位
 新名古屋名物!海老どてランチ/海老どて食堂(愛知:名古屋駅)
第2位
 【南九州旅行記⑥】吊り橋の目の前には大迫力な関之尾滝(宮崎:都城)
第2位
 【南九州旅行記⑳】神秘のパワースポット高千穂峡(宮崎:高千穂町)
第4位
 【南九州旅行記⑪】ふたたび、クレープの自動販売機/マロンマロン(鹿児島:天文館通)
第5位
 上うな丼には肝吸い&肝焼き/うなぎ 三谷(三重:津)
第5位
 300gのワイルドステーキは800円/たまやん(熊本:山鹿)
第7位
 【ガスBBQと廃校カフェ①】ガスグリルでスマートバーベキュー/BBQ Garden UDASUN(奈良:宇陀)
第8位
 【南九州旅行記①】甘酢で煮込まれたジューシーなチキン南蛮/アデン(宮崎)
第8位
 鳥取限定 鳥取二十世紀梨ゼリー/宝製菓(鳥取駅)
第10位
 お造り も 天ぷら も 能登産豚 も美味しすぎる~/えん家(石川:金沢)
第11位
 【紅葉と黒壁①】深紅の絨毯は立ち入り禁止!/鶏足寺(滋賀:長浜)
第12位
 【倉敷旅行記⑧】美観地区で桃いっぱいなパフェ/くらしき桃子(岡山:倉敷)
第13位
 目の前で揚げてくれる天ぷら定食/天ぷらの山(大阪:箕面)
第13位
 【倉敷旅行記①】角煮&うずら&キャベツの入った大きな豚まん/山珍(岡山:岡電「県庁通り」)
第15位
 立ち食いそば屋でドーンと元祖 厚肉そば/豊しま(東京:飯田橋)
第15位
 うなぎ丼の中盛りは蓋が閉まらんぞー!/新玉亭(三重:津)
第17位
 わらびもち にはタップリのきな粉と黒蜜を/美濃忠(愛知:名古屋駅)
第17位
 【紅葉と黒壁⑥】サクサクな鶏天のとり天ぶっかけうどん/うどん和 KAZU(大阪:八尾)
第19位
 接客もノリもいい店員さんのいる居酒屋さん/一丁目SAKABAかんすけ(山梨:甲府)
第20位
 汲み上げ豆腐のような かご盛りチーズケーキ 白らら/銀のぶどう(東京:羽田空港)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/12/31 01:00 ] おうち | TB(0) | CM(4)

カフェオレとストロベリーのラ・ガナシュ・プティ/資生堂パーラー(東京:羽田空港)

お土産を買うために売り場をウロウロしていたら
ShiseidoParlourGanache_000_org.jpg ShiseidoParlourGanache_001_org.jpg
「空港限定です、お一つどうぞ」と試食させてもらったので

ShiseidoParlourGanache_002_org.jpg
ラ・ガナシュ・プティ

ShiseidoParlourGanache_003_org.jpg
さすがに32個入りは買えないので6個入り

ShiseidoParlourGanache_004_org.jpg
左が カフェオレ、右が ストロベリー

サクッとクランチを噛むと上品なガナッシュが口に広がって
カフェオレとストロベリーのそれぞれの味を楽しめますよ。
関連記事
[ 2017/12/29 18:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(4)

天丼 でも かき揚げ丼 でもなく 天ばら丼/金子屋(東京:溜池山王)

東京出張のディナーは 日本橋天丼 金子屋 赤坂店 です。
溜池山王駅からすぐのところにあります。

日本橋の 金子半之助 に前から行きたいとは思っていましたが
たまたま泊まったホテルから比較的近くに支店があることを知りやってきました。

KanekoAkasaka_004_org.jpg
天丼は松竹梅とありますが、初めて聞く 天ばら丼 しかないでしょうと注文します。
KanekoAkasaka_002_org.jpg KanekoAkasaka_003_org.jpg
カウンターにはいろいろとモノが置いてあって
湯呑には予め黒豆が2粒入っており、自分で注いで 黒豆茶
KanekoAkasaka_005_org.jpg KanekoAkasaka_006_org.jpg
赤い壺が 沢庵、黒い壺が がりごぼう(ガリ&ゴボウ)
そして 原了郭黒七味

メニューには、お土産用の がりごぼう(500円)って書いてあるけど、店内では食べ放題みたい・・・

KanekoAkasaka_007_org.jpg
天ばら丼(上)& 味噌椀

KanekoAkasaka_008_org.jpg
(上)だと 穴子天 がついてくるので、もう蓋が閉まりません・・・

KanekoAkasaka_009_org.jpg
全景

KanekoAkasaka_011_org.jpg
横から・・・

KanekoAkasaka_010_org.jpg
天ばら丼とは、ひと口サイズの海老・イカ・小柱が
それぞれ天ぷらになりバラバラの状態を言うようで
更に舞茸天、シシトウもあり・・・

KanekoAkasaka_014_org.jpg
更に更に、タマゴ天まで入っています。

KanekoAkasaka_013_org.jpg
玉子焼きを作ろうとして失敗してスクランブルエッグになって
しまったと言い訳するように、かき揚げの失敗作ではなく
ひと口サイズの天ぷらの丼 つまり 天ばら丼 は食べやすい!
そして、美味しすぎる!

KanekoAkasaka_012_org.jpg
口直しに がりごぼう もいいんですが
細かく刻まれた三つ葉が表面を覆っている味噌椀が香りがよくてお気に入り!
KanekoAkasaka_000_org.jpg KanekoAkasaka_001_org.jpg
店内は小気味よい三味線のBGMが流れ、いかにも関東風な雰囲気がしていいので
「江戸っ子だねぇ、あたぼーよー!」が似合うなぁって思いながら食べていたのに・・・

途中から入ってきたサラリーマン2人組が大阪弁丸出しで、
見事に私の心地いい気分をぶち壊してくれたディナーでした。

それでも、天ばら丼の美味しさは変わりませんがね。
関連記事
[ 2017/12/28 12:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

クリスマスはお気に入りのイタリアンで/マンジャパスタ(大阪:羽曳野)

娘のちょっとしたお祝いがあったので、娘のリクエストに応えて
クリスマスディナーは マンジャパスタ(Mangia Pasta) 羽曳野店 です。
HabikinoMangiapasta_304_org.jpg HabikinoMangiapasta_305_org.jpg
いつも通りの 2名用の マンジャーレ にして
更に冬限定メニューからも選んでみました。

HabikinoMangiapasta_302_org.jpg HabikinoMangiapasta_307_org.jpg
ドリンク工房 では、好きな組み合わせでドリンクを作れるので
まずは、グレープフルーツヨーグルト

HabikinoMangiapasta_306_org.jpg
柔らかい鶏もも肉に刻み海苔がいいアクセントになっている
鶏もも肉の和風サラダ胡麻ドレッシング

HabikinoMangiapasta_308_org.jpg HabikinoMangiapasta_309_org.jpg
塔ストの選べるフレーバーは 明太子マヨネーズ
久しぶりに食べる明太子マヨネーズはやっぱり美味しい!

HabikinoMangiapasta_311_org.jpg
贅沢!海の幸をふんだんに使った和風仕立てパスタ

HabikinoMangiapasta_310_org.jpg
いくら・海老・あさり・イカ・タコ・ムール貝と豪華な海鮮です。

HabikinoMangiapasta_312_org.jpg HabikinoMangiapasta_314_org.jpg
要望に応じて目の前で切り分けてくれ6枚になった
カキとベーコンほうれん草のクリームピザ

HabikinoMangiapasta_313_org.jpg
見ての通り牡蠣祭りになって美味しい~!!

HabikinoMangiapasta_315_org.jpg HabikinoMangiapasta_316_org.jpg
やっぱり目の前でこのパフォーマンスを見たいので

HabikinoMangiapasta_317_org.jpg
パルミジャーノ・レジャーノのチーズリゾット

かなり濃くてコッテリなので、3人で分けると
ちょうどいいボリュームで美味しい!!

HabikinoMangiapasta_303_org.jpg HabikinoMangiapasta_318_org.jpg
最後は デザート工房 で好きなデザートを3つ選ぶんですが
今回は好みがかぶってしまって
クリームブリュレ x3 ・ モンブラン x2 ・ オレンジムース x1
HabikinoMangiapasta_301_org.jpg HabikinoMangiapasta_300_org.jpg
ちなみに17時頃に予約せずに行ったら、すぐに座れましたが
17時半頃に来た人たちは待つことになっていたので予約が無難です。

☆今までの「マンジャパスタ」☆
見て楽しい!食べて美味しい!イタリアン
楽しくイタリアンを食べるならコチラ!
パスタもピザもリゾットも食べたいので
関連記事
[ 2017/12/27 05:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(0)

ひよ子のフィナンシェは あまおうピィナンシェ/ひよ子(福岡空港)

福岡空港でお土産を選んでいると、お土産リストを見ながら買っている老夫婦が

HiyokoPinancier_000_org.jpg
「あ~これこれ!頼まれてたやつ!」と言っていたので・・・

HiyokoPinancier_001_org.jpg
マネして ひよ子あまおうピィナンシェ

HiyokoPinancier_002_org.jpg
福岡空港限定の5個入り

HiyokoPinancier_003_org.jpg
「おーハート型かぁ」と写真を撮っていたら
娘が「ちゃうで~!」

HiyokoPinancier_004_org.jpg
そりゃそうだぁと ひよ子 でしたぁ

HiyokoPinancier_005_org.jpg
しっとりしたフィナンシェに、あまおう苺のフォンダンが
たっぷりコーティングされて、【ひよ子】に【あまおう】と
博多感が満載で可愛く美味しいお土産です。
関連記事
[ 2017/12/25 23:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

孤独のグルメの井之頭五郎も食べたごぼう天うどん/みやけうどん(福岡:博多,呉服町)

福岡出張のランチは みやけうどん です。
地下鉄「呉服町駅」から徒歩5分のところにあります。
GofukumachiMiyake_007_org.jpg GofukumachiMiyake_006_org.jpg
かなり年季が入ったお店で、昭和というより戦前?大正?って感じです。
GofukumachiMiyake_002_org.jpg GofukumachiMiyake_010_org.jpg
仙台の 牛たん 萃萃(すいすい) に続いて 孤独のグルメ 巡礼シリーズ
でもないですが、井之頭五郎(松重豊さん) もやってきています。

韓国人の観光客もこのポスターの写真を撮ってます・・・知っているのでしょうか?

GofukumachiMiyake_003_org.jpg
うどん or そば を選んで(そばを頼む人がいるのか?)
トッピングを何にするのか?・・・だけ

GofukumachiMiyake_004_org.jpg
ごぼう天・丸天うどん
いなり 2ヶ


丸天がキレイにごぼう天に隠れてしまってますが・・・

GofukumachiMiyake_005_org.jpg
テーブルには一味と大量のネギ

GofukumachiMiyake_008_org.jpg
ヴィジュアルは特徴のないうどんなんですが、出汁がメチャクチャ美味しい!

GofukumachiMiyake_009_org.jpg
更に、えっ!何っ!
やわやわうどんがこれまた美味しい!
GofukumachiMiyake_001_org.jpg GofukumachiMiyake_000_org.jpg
なるほど!福岡のうどんが美味しいとわかる一杯でした。
関連記事
[ 2017/12/24 16:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(6)

人形小路で 地鶏もも焼き & とり刺 & 水炊き/あほう鳥(福岡:中洲川端)

NakasuAhodori_000_org.jpg
ココは中洲にある 人形小路 という裏路地

あほう鳥 中洲店 に予約してやってきたんですが、
この路地を歩いてみるとどうやら2店舗あるみたい・・・
でもホームページには1店舗しか存在しないので、そこで名前を告げると
「あぁ、あっちですねぇ」
NakasuAhodori_002_org.jpg NakasuAhodori_001_org.jpg
で、もう1店舗に行くと「お待ちしてましたぁ」
どうやら同じ中洲店が離れて存在しているようです。

店名の如く鶏系の料理を中心としていろいろあるようで
どれもこれもかなり魅力的です。

NakasuAhodori_003_org.jpg
で、下戸な私はオシャレなガラス瓶の ジンジャーエール でかんぱ~い!!

NakasuAhodori_004_org.jpg
ももタタキ・胸刺・ササミの昆布〆・レバーとり刺 四種盛り

NakasuAhodori_005_org.jpg
ももタタキ ⇒ ポン酢&柚子胡椒
胸刺 ⇒ 刺身醤油&わさび大根
ササミの昆布〆 ⇒ とろろ昆布醤油
レバー ⇒ ローズソルト&ごま油&韓国のり

とそれぞれの食べ方にこだわりがあって
「コレはどれやったっけ?」とか言いながら
ワイワイガヤガヤと美味しく楽しめます。

NakasuAhodori_006_org.jpg
弾力が抜群の 地鶏もも焼き(大)
NakasuAhodori_007_org.jpg
ココにも鶏が入っている 自家製鶏燻製のクリームバジルパスタサラダ
NakasuAhodori_008_org.jpg NakasuAhodori_009_org.jpg
同席していた福岡出身の同僚が久しぶりの博多だったそうで
博多に来るとどうしても食べたくなるというので
皮・白レバー・豚バラ・砂ずり・ボンジリ

この中では柔らかくレアな白レバーがお気に入り!

NakasuAhodori_010_org.jpg
鍋は、もつ鍋・豚しゃぶ・水炊き があるので今夜の気分は
博多 水炊き

NakasuAhodori_011_org.jpg
沸騰してきたら、つくね から投入して野菜も入れて・・・

NakasuAhodori_012_org.jpg
出来上がり~

NakasuAhodori_013_org.jpg
博多では もつ鍋 も食べますが、やはり家庭とは全く違う
濃厚スープの水炊きはサイコー!!

何を食べても美味しいし、食べていないメニューも多いので
また来るに違いないお店でした。
関連記事

150gの肉厚ロースのスパイスとんかつカリー/渡邊カリー(大阪:北新地)

先日のランチは 渡邊カリー(渡邊咖喱) です。
北新地駅・西梅田駅のどちらからでも徒歩5分のビルの3Fにあります。
KitashinchiWatanabeCurry_004_org.jpg KitashinchiWatanabeCurry_003_org.jpg
オープンの1分前ぐらいに行くと既に3人待ちで、オープンすると
カウンター8席・テーブル12席の半分ぐらいが埋まってしまいましたぁ。

入ってすぐに目立つのがカウンターにドーンと パクチー
漬け物のように食べ放題かと思ったら、
キッチンに置ききれないのでココに置いているようです。

これだけのパクチーを目の前にすると
日暮里の 深せん でのパクチー炒め飯 を思い出します。

KitashinchiWatanabeCurry_002_org.jpg
他のお客さんたちは、暗唱しているかのようにスラスラと注文していってますが
私は初めてなので、メニューを指しながら人気のカレーを中辛・ライス中盛りで注文します。

注文の最後は決まって、誰もが
「パクチーは大丈夫ですか」
「大丈夫です」

KitashinchiWatanabeCurry_005_org.jpg
ちょうどコンロの前に座ったので、見ているだけでお腹が鳴りそうで
「アレが例のトンカツかぁ」

KitashinchiWatanabeCurry_006_org.jpg
サラダ付きの スパイスとんかつカリー(中辛・中盛)

KitashinchiWatanabeCurry_007_org.jpg
メチャクチャ食欲をそそるビジュアルと香り

KitashinchiWatanabeCurry_008_org.jpg
桜色の断面が見えるようにカットされたロースカツ

KitashinchiWatanabeCurry_009_org.jpg
白・赤・ピンク・緑・黄・茶 とキレイな彩りなんですが
パクチーとキャベツのピクルス以外は何か不明です。

KitashinchiWatanabeCurry_010_org.jpg
シャバシャバカレーは名前の通りスパイシーで食べれば食べるほど
胃がカレーを要求してくるように止まらない美味しさです。

KitashinchiWatanabeCurry_011_org.jpg
メニューによると衣にオリジナルスパイス&粉チーズをブレンドしているそうで
メチャクチャ美味しい!
カレーと一緒に食べてもいいですが、これだけでも味わったり。
KitashinchiWatanabeCurry_001_org.jpg KitashinchiWatanabeCurry_000_org.jpg
隣りの常連さんっぽい人が頼んでいた羊のドライキーマも
かなり美味しそうだったので、次はコレかなぁ。
関連記事
[ 2017/12/22 01:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

てづくりどうぶつえん と 鬼まんじゅう/浪越軒(愛知:名古屋駅)

名古屋のお土産を買うために、名古屋駅にある
名古屋タカシマヤ のB1Fをブラブラとしまして
NamikoshikenJR_000_org.jpg NamikoshikenJR_001_org.jpg
あぁ、よく見かけるのはこれかぁ
鬼まんじゅうもあるんやぁ

ということで・・・

NamikoshikenJR_002_org.jpg
てづくりどうぶつえん
鬼まんじゅう


NamikoshikenJR_003_org.jpg
てづくりどうぶつえん

Handmade Zoo なんで知らなかったら 動物園ミニチュアキットのようにも見えます。

NamikoshikenJR_004_org.jpg
やっぱり、ミニチュアキットやぁ!

NamikoshikenJR_006_org.jpg
ではなくて、どんなに機嫌が悪い人でもこれを見るとニッコリしてしまいそうな
お饅頭で、中には餡が入って・・・味はごく普通なので目で楽しみます。

NamikoshikenJR_005_org.jpg
左から 皮なし・黒(黒糖)・皮付き鬼まんじゅう

さつま芋の甘みがあってモッチリ食感なので、コチラは舌も喜びます。
関連記事
[ 2017/12/20 12:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

鰆の味醂粕漬け は美味しすぎる~!/鈴波(愛知:名古屋,栄)

SuzunamiHonten_010_org.jpg SuzunamiHonten_011_org.jpg
名古屋出張のランチは 鈴波 本店 です。
地下鉄「栄駅」から南へ徒歩4分のところにあります。
SuzunamiHonten_004_org.jpg SuzunamiHonten_003_org.jpg
お店に入ると手前が売店で、奥に進むと 膳処「鈴波」 があります。
30席以上のテーブルはお孫さんがいるような女性で大半埋め尽くされています。

SuzunamiHonten_002_org.jpg
席に着くと注文する前に、このようにセッティングされて
客層を考えても、ちょっとお高そう・・・
SuzunamiHonten_000_org.jpg SuzunamiHonten_001_org.jpg
メニューを見ると、8種類の定食・御膳があるのですが
これが一番お安い定食で、選べる小鉢はブロッコリーは売り切れとのこと。

SuzunamiHonten_005_org.jpg
鈴波定食

SuzunamiHonten_006_org.jpg
本日の魚は 鰆(さわら)

写真だけでも美味しそう~

SuzunamiHonten_007_org.jpg
選べる小鉢は ひじき煮、お漬物、丹波黒豆
ご飯のお供が揃っているので、もちろんご飯はお替りできます。

SuzunamiHonten_008_org.jpg
香りの豊かさと濃厚な旨味がメチャクチャ美味しくて
この欠片だけでもご飯一杯食べられてしまいそうです。
もちろん「ご飯、お替りお願いします~!」

SuzunamiHonten_009_org.jpg
「お口直しの梅カシスです」
梅カシス?メニューを見ると 梅粕酢 でしたぁ。

  

あまりにも鰆の味醂粕漬けが美味しかったので売店で値段を見ると
一切れが756円だったので、お土産にするのはやめときましたぁ。
関連記事
[ 2017/12/18 23:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(6)

エアーズロックなロビコネチーズ丼/ロビコネ(愛知:名古屋,久屋大通)

RobiconneHigashisakura_007_org.jpg
栄と久屋大通の間にある 名古屋テレビ塔

実は当ブログでは 名古屋市内観光ポタリング 以来の2回目の登場です。

このすぐ近くにある ロビコネ 東桜店 でディナーです。

RobiconneHigashisakura_001_org.jpg
ローストビーフ専門店だそうで、普通・和風・チーズ・カレー・定食と
種類があって、入り口で食券を買いまして・・・

RobiconneHigashisakura_002_org.jpg
ロビコネチーズ丼(大)

RobiconneHigashisakura_003_org.jpg
この塊は何?
エアーズロック?

RobiconneHigashisakura_004_org.jpg
なかなか美しい~!

RobiconneHigashisakura_005_org.jpg
半熟タマゴがトロ~ンとなるのかと思ったら結構固まっていたので、
落ちるまでしばらく待ってパシャ!

円筒形のご飯に丁寧にピッチリとローストビーフを巻きつけているので
ハッキリ言って、お箸でもスプーンでも食べ難い!

で、申し訳ないですが、ローストビーフを一枚一枚脱がして
ご飯だけの丸裸にして、チーズ&タマゴを絡めて美味しく食べま~す!
RobiconneHigashisakura_006_org.jpg RobiconneHigashisakura_000_org.jpg
見て美しい、食べて美味しいローストビーフ丼でした。
関連記事
[ 2017/12/17 16:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(4)

立ち食い寿司で ネタの大きい特上にぎりセット/魚路(兵庫:姫路)

先日のランチは 魚路(ととろ) です。
JR姫路駅の高架下にあります。
HimejiTotoro_000_org.jpg HimejiTotoro_001_org.jpg
以前にこのお店の前をクルマで通ったときに、突如現れた大行列に驚いて
調べてみると、美味しそうだったのでメモっておいてやって来ました。

ただいま平日の11時・・・それでも9番目です。
しかも並んでいるのは全員おばちゃん・・・しかも騒がしい。
HimejiTotoro_004_org.jpg HimejiTotoro_003_org.jpg
きっかり11時30分にお店が開き、ぞろぞろと入店します。
後ろを振り返ると全員で30人ぐらいいます。

立ち食い寿司でカウンターに立てた第一陣は12人

HimejiTotoro_002_org.jpg
次から次から注文が始まりますが、誰もがセットを頼むのかと思ったら
単品だけの人もいたり、セット+単品もいたり。

HimejiTotoro_005_org.jpg
注文が入ってから握り始めてるので、いくら第一陣に入ったと言っても
後半組なので、なかなか順番は回ってきません。
おばちゃんたちは昼間っから酒盛りを始めていますが
私はガリとお茶で空腹に耐えます。

HimejiTotoro_006_org.jpg
で、11時53分 特上にぎりセット(ランチは赤だし付)

HimejiTotoro_007_org.jpg
サーモン大トロ ・ ハマチ大トロ ・ 赤貝
ヒラメ ・ 本マグロ大トロ ・ 極上ヤリイカ


HimejiTotoro_008_org.jpg
車海老(頭付き) ・ 玉子

HimejiTotoro_010_org.jpg
そして、一段高いところにある 極上一本穴子

HimejiTotoro_009_org.jpg
どのネタも大きく、特に穴子は一本!
もちろんメチャクチャ美味しい!

隣りのおばちゃんが一口食べるたびに「あ~幸せ~」
と言っていたので「ホンマですね~」と心の中で応えておきました。

次は、本日のおススメなども単品で追加しよーっと!
関連記事
[ 2017/12/16 09:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(6)

黄金と紫芋の焼きいもスイーツの博多ぽてと/二鶴堂(福岡空港)


福岡出張みやげを買うために空港のお土産売り場を見ていると・・・

NikakudouPotato_000_org.jpg
大人気らしいから今回はこれかなぁ~

NikakudouPotato_001_org.jpg
ということで 二鶴堂博多ぽてと詰合せ

NikakudouPotato_002_org.jpg
詰合せとは 博多ぽてと・博多 紫芋ぽてと

NikakudouPotato_003_org.jpg
小袋から出すとプ~ンと焼きいものいい香りで
思っていたよりも少し小さめで真ん丸

NikakudouPotato_004_org.jpg
しっとり柔らかく素朴な美味しさ・・・
つまり、スイートポテトです。

冷蔵庫で冷やしても、トースターで温めても美味しいらしいので
2個目は冷やして食べると・・・こっちのほうが好みですね!


☆今までの「二鶴堂」☆
博多バームスティック
関連記事
[ 2017/12/15 01:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

シシリアンライスってなんじゃー!/やまぼうし(佐賀:三瀬)

佐賀で仕事を終えた後、福岡空港まで行くので、
であればココでしかないモノを食べられるようなお店を
道中にないか探して みつせ茶処 やまぼうし でランチです。
SagaYamaboushi_004_org.jpg SagaYamaboushi_005_org.jpg
ホンマにこんなところにお店があるんかなぁと不安になりながら
県庁所在地のなのに何もない山道を走って走って
お店に入ると、テーブル4卓・カウンター5席のなかなかいい雰囲気です。

SagaYamaboushi_000_org.jpg
こちらに来た目的は、佐賀ご当地グルメの シシリアンライス
えっ!あなたは聞いたことがない?
まぁ、私も知りませんでしたが・・・

SagaYamaboushi_003_org.jpg
シシリアンライス以外にもメニューはあるのですが、もうこれしかないでしょう!

SagaYamaboushi_006_org.jpg
シシリアンライス

SagaYamaboushi_007_org.jpg
シシリアンライスって何でしょうか?

聞いたことあるようなないような名前ですが
起源は諸説あったり、名前の由来も不明と謎だらけだそうです。

でも、プレート皿に温かいライスを敷いて、その上に炒めたお肉と
生野菜をのっけてマヨネーズをかけるのが基本計だそうです。

SagaYamaboushi_008_org.jpg
で、こちらはブルーベリー園も経営されているので
ブルーベリーがふんだんに散りばめられて
お花畑のようなシシリアンライスが、より華やかに演出されます。

SagaYamaboushi_009_org.jpg
ご飯・生野菜・お肉・・・そしてブルーベリー
なんなんだこの組み合わせは?って思うかもしれませんが
冷たいブルーベリーが違和感なく、寧ろ甘味と酸味が合って美味しくなってます。

SagaYamaboushi_010_org.jpg
ブルーベリー園をしているならとデザートは
完熟ブルーベリーパフェ

ブルーベリーアイス・ブルーベリーソース・ブルーベリーゼリー
ブルーベリーヨーグルトケーキ・完熟ブルーベリー とブルーベリーだらけ!

ちなみに、こんだけブルーベリーなんでシシリアンライスよりもお高いです。
SagaYamaboushi_001_org.jpg SagaYamaboushi_002_org.jpg
シシリアンライスにブルーベリーは美味しかったのですが
といっても家でご飯にブルーベリージャムを試したくなるわけでもないですが。

長崎: ツル茶ん の トルコライス、金沢:グリル オーツカ の ハントンライス
と私によっては変わった名前ライスの 三部作になりましたぁ!
関連記事
[ 2017/12/13 12:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(4)

生でも食べられる新鮮なラム肉を食べまくり~/ひつじ家。(福岡:天神南)

福岡出張でのディナーは ひつじ家。です。
以前にもつ鍋も食べた 楽天地 の近くにあります。
TenjinHitsujiya_003_org.jpg TenjinHitsujiya_002_org.jpg
予約をせずに行くと、店員さんがしばらく考えて「20時まででもいいですか?」
それでも90分ぐらいあったので「いいですよ」と言いながらも
「わざわざ博多に出張してジンギスカンを食べる?ええんかなぁ?」と思いつつ座ります。

TenjinHitsujiya_004_org.jpg TenjinHitsujiya_012_org.jpg
突出しの キムチ&モヤシ
おススメっていうことで キュウリのつまみ ・ ロシア漬け

ロシア漬けなんて初めて聞いたけど・・・ピクルスでした。

TenjinHitsujiya_005_org.jpg
特製生ラムの刺身

TenjinHitsujiya_006_org.jpg
ホンマに生で食べていいのか?

クセもなく甘みもあって、美味しいや~ん!!

TenjinHitsujiya_008_org.jpg TenjinHitsujiya_009_org.jpg
肩ロース ・ ネギ塩ロース の生ラムジンギスカン

TenjinHitsujiya_010_org.jpg
「生でも食べられますんで、レアでどうぞ~」

TenjinHitsujiya_011_org.jpg
おっ、これは美味しい!
これでも充分満足だったんですが・・・

TenjinHitsujiya_014_org.jpg TenjinHitsujiya_015_org.jpg
追加した ハニーガーリック ・ 壺漬け肩ロース
柔らかさが加わって、こっちのほうがもっと美味しい!

TenjinHitsujiya_013_org.jpg
チーズメインなのか冷奴メインなのかが気になったので チーズ冷奴
賽の目のチーズ・・・だけでした。

TenjinHitsujiya_016_org.jpg
羊以外も食べてみたくなったので、最後は
豚ホルモン ・ ソーセージ ・ 森のきのこの盛り合わせ

特に長~~~いソーセージがジューシーで超ウマぁ~!
TenjinHitsujiya_000_org.jpg TenjinHitsujiya_001_org.jpg
結局は20時までの時間制限なくなり、ゆっくり過ごせた生ラムのディナーでした。
関連記事
[ 2017/12/11 23:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

【紅葉と黒壁⑥】サクサクな鶏天のとり天ぶっかけうどん/うどん和 KAZU(大阪:八尾)

滋賀県の長浜市での 鶏足寺の紅葉びわこ食堂のとりやさい鍋
黒壁スクエアでの食べ歩き(①③) と楽しんでから
一気に南下してきまして、アリオ八尾 近くの うどん和 KAZU でディナーです。

YaoKazu_002_org.jpg YaoKazu_003_org.jpg
寒い日だったので 鍋焼きうどん でも良かったのですが
メニューを見ているうちに暖まってしまったので冷たいうどんを注文すると
「注文を受けてからうどんを茹でるので10分お待ちください」とのこと。

YaoKazu_004_org.jpg
とり天ぶっかけうどん

YaoKazu_006_org.jpg
赤いトマト、黄色いレモン、緑の大葉・カイワレ・ネギと
キレイな彩りです・・・信号みたい。

YaoKazu_005_org.jpg
とり天は5個

YaoKazu_008_org.jpg
衣がサクサクで中はジューシーと理想的な とり天で
イメージとしては上質なチキンナゲットのようです。

出汁にとり天を浸して食べるのも美味しいですが
このサクサク感を壊さないためには
可能なら別盛りで頼んだほうがいいかもしれません。

YaoKazu_007_org.jpg
心地よく伸びのあるうどん
YaoKazu_001_org.jpg YaoKazu_000_org.jpg
外に出るとやっぱり寒かったぁ~
この季節は鍋焼きですかねぇ。

これで、(鶏足寺の紅葉) と (長浜の黒壁スクエア)の一日はおしまいです。
関連記事
[ 2017/12/10 16:00 ] 旅行・おでかけ 大阪 | TB(0) | CM(0)

【紅葉と黒壁⑤】黒壁スクエアで食べ歩き③/芋きんつば&チーズマヨせんべい(滋賀:長浜)

アーケードの 長浜大手通り に入ると目立つのが

NagahamaKurokabe3_000_org.jpg NagahamaKurokabe3_001_org.jpg
海洋堂フィギュアミュージアム黒壁ケンシロウ大魔神

2年前に 四万十の海洋堂 に行ったのでココはスルーで。

NagahamaKurokabe3_008_org.jpg NagahamaKurokabe3_009_org.jpg
で、その向かいにあるのが 芋平 大手門店

NagahamaKurokabe3_010_org.jpg
ガラスの向こうでは芋きんつばをせっせと焼いていて
見ているだけでも美味しそうです。

NagahamaKurokabe3_011_org.jpg
芋きんつば(安納芋)

温か~いというより、やや熱め(コレは嬉しい!)。
しっとりなめらかで甘~くて美味しい~!
NagahamaKurokabe3_003_org.jpg NagahamaKurokabe3_004_org.jpg
続いて斜め向かいにある 長浜煎餅堂

その場でトッピングして出来立てのお煎餅にしてくれるので
注文すると・・・

NagahamaKurokabe3_005_org.jpg
チーズマヨをタップリとお煎餅に塗って

NagahamaKurokabe3_006_org.jpg
バーナーでゴーッ!!

NagahamaKurokabe3_007_org.jpg
チーズマヨせんべい

もちろん熱々で超B級なコンビネーションは美味しいので
もう1枚!って追加したくなります。

長浜大手通りから北へ歩いているくと、超怪しくて日本ぽくない
フリーマーケットエリアがあって、その一番奥にあるのが

NagahamaKurokabe3_013_org.jpg
高さ8メートルの 巨大万華鏡「天の華」

NagahamaKurokabe3_002_org.jpg
ハンドルバーをクルクル回すとちゃんと万華鏡です。


NagahamaKurokabe3_012_org.jpg
万華鏡の隣りにいる 豊臣秀吉
・・・こんな秀吉には日本統一は出来ないはず。

これで長浜食べ歩きはおしまいで、最後は 八尾でうどん のディナーです。
関連記事
[ 2017/12/09 09:00 ] 旅行・おでかけ 滋賀 | TB(0) | CM(2)

【紅葉と黒壁④】黒壁スクエアで食べ歩き②/黒いソフト&金時いもパイ(滋賀:長浜)

グッテンマーマで近江牛カレーぱん を食べてから

NagahamaKurokabe2_000_org.jpg
黒壁スクエアの中心に向かってプラプラと歩いていきますと

NagahamaKurokabe2_004_org.jpg
美味しそうに食べ歩く人たちが何を食べているのかが気になる私・・・
(柿を食べている人はいませんが)

NagahamaKurokabe2_005_org.jpg
この地域の象徴的な 黒壁ガラス館

NagahamaKurokabe2_003_org.jpg
このガラス館から更に北国街道を進むと 常夜灯門

NagahamaKurokabe2_002_org.jpg
ガラス館の奥にある 黒壁ガラススタジオ では花瓶のようなモノを製作中。
徐々に形になっていくので、じーっと見入ってしまいます。
NagahamaKurokabe2_007_org.jpg NagahamaKurokabe2_006_org.jpg
で、黒壁ガラス館の横にある 96CAFE(クロカフェ) で休憩です。

NagahamaKurokabe2_008_org.jpg
寒い日ではあったんですが、ココはやはり・・・

NagahamaKurokabe2_009_org.jpg
黒いソフトクリーム

黒いとイカスミ・ゴマなどを想像しそうですが、竹炭入りのチョコレートで
かなり濃厚で見た目のインパクトだけでなく、かなり美味しいです。

NagahamaKurokabe2_011_org.jpg NagahamaKurokabe2_010_org.jpg
お次は、その向かいにある なべかま本舗
もちパイ にするか 金時いもパイ にするか・・・

NagahamaKurokabe2_012_org.jpg
金時いもパイ

サクサクで おイモ そのままの甘さの美味しさです。

ちなみに、黒壁スクエア食べ歩きシリーズは びわこ食堂でとりやさい鍋
食べた後なので、1個を3人でシェアして少しずつ食べております。

NagahamaKurokabe2_001_org.jpg
次は、長浜大手門通り で 芋きんつば&チーズマヨせんべい の食べ歩きです。
関連記事
[ 2017/12/08 01:00 ] 旅行・おでかけ 滋賀 | TB(0) | CM(0)

【紅葉と黒壁③】黒壁スクエアで食べ歩き①/近江牛カレーぱん(滋賀:長浜)

鶏足寺の紅葉びわこ食堂でのとりやさい鍋 に続いて長浜駅にやってきました。

NagahamaKurokabe1_003_org.jpg
まずは駅西の長浜城 ・・・ではなく長浜城址にできた 長浜城歴史博物館
ウィキペディアによると長浜の「長」は信長の一字をもらって「今浜」から改名したそうです。

NagahamaKurokabe1_001_org.jpg
こちらの紅葉も見頃です。

NagahamaKurokabe1_000_org.jpg
この後行く 黒壁スクエア に比べれば人もまばら・・・

NagahamaKurokabe1_002_org.jpg
遠くに見えるのは竹生島のクルーズ船でしょうか?

10年以上振りに長浜駅にやってきましたが、記憶にある古びた平和堂もなく
すっかりキレイに様変わりしていることにビックリ!

NagahamaKurokabe1_004_org.jpg
相変わらず人気の 鳥喜多 の行列の前を過ぎると
私がイメージする長浜の象徴の 長浜タワー
NagahamaKurokabe1_009_org.jpg NagahamaKurokabe1_008_org.jpg
この横の通りから 黒壁スクエア に入りますが
近江牛!揚げ立て!カレーぱん!
(カレーぱんなのに結構いいお値段)
NagahamaKurokabe1_007_org.jpg NagahamaKurokabe1_006_org.jpg
ということで早速入り口の グッテンマーマ(Guten Mama) につかまってしまいます。

NagahamaKurokabe1_005_org.jpg
揚げ立てなんでフライヤーから持ってきてくれるのかと思ったら
棚に並んでいるので「揚げ立てじゃないかも?」と
少し躊躇しましたが持ってみるとあったか~い!

NagahamaKurokabe1_010_org.jpg
近江牛のカレーぱん

NagahamaKurokabe1_011_org.jpg
ホンマに近江牛が入っているのか?
おまえに近江牛がわかるのか?
などいろんな疑問・愚問がありますが
カレーぱんとしてメチャクチャ美味しい!

ちなみに、黒壁スクエア食べ歩きシリーズはびわこ食堂でとりやさい鍋を
食べた後なので、1個を3人でシェアして少しずつ食べております。

次は、黒壁ガラス館あたりで 黒いソフト&金時いもパイ です。
関連記事
[ 2017/12/06 12:00 ] 旅行・おでかけ 滋賀 | TB(0) | CM(0)

【紅葉と黒壁②】白菜マウンテンな とりやさい鍋/びわこ食堂(滋賀:長浜)

鶏足寺の紅葉 を観てから無料シャトルバスで発着所である 北近江リゾート へ戻り
そこからクルマで4分のところにある びわこ食堂 でランチです。
NagahamaBiwakoSyokudo_006_org.jpg NagahamaBiwakoSyokudo_007_org.jpg
11時30分頃に着くと大きな駐車場の1/3はバイクが占領しており
店内は数卓空いていますが、どうやらツーリング軍団の予約席みたいで
それでもなんとか座ることができましたぁ。
その後、一般客がどんどんやってきますが待つことになっています。

NagahamaBiwakoSyokudo_000_org.jpg
鍋だけだと思っていたら焼肉もあるようです。
さすがに周りは鍋!鍋!鍋!
もちろん名物を注文。

ガスコンロが設定されて・・・

NagahamaBiwakoSyokudo_001_org.jpg
とりやさい鍋(3人前)

冷蔵庫に余っている白菜をありったけ盛り付けた?

コンロに火がつけられ、特に食べ方を教えられることもなく
グツグツ煮える鍋からはみ出る白菜を鍋に戻したり
勝手に火力調整したり、完全に自己判断で作業していると・・・

NagahamaBiwakoSyokudo_002_org.jpg
雪が融け始めましたぁ

NagahamaBiwakoSyokudo_003_org.jpg
でクタクタになって完成!・・・たぶん

NagahamaBiwakoSyokudo_004_org.jpg
白菜の下には鶏肉と味噌が仕込まれており
おそらく白菜の水分だけでできた鍋は
白菜の甘みがタップリでシンプルに美味しい!

卓上の一味を振りかけると更に美味しくなります。

ちなみに、とりやさい鍋という名前なんですが
99.9%が白菜で残りがニンジン、鶏肉は数個です。

NagahamaBiwakoSyokudo_005_org.jpg
お味噌の販売もしているので自宅でも味わえるようです。

次は、長浜駅前の 黒壁スクエアで食べ歩き です。
関連記事
[ 2017/12/04 23:00 ] 旅行・おでかけ 滋賀 | TB(0) | CM(2)

【紅葉と黒壁①】深紅の絨毯は立ち入り禁止!/鶏足寺(滋賀:長浜)

11月末に長浜(木之本町)の 鶏足寺 に行ってきました。

9時過ぎに長浜に着いたのですが、人気の紅葉スポットなので、
周辺駐車場はすぐに満車になることを予想して
北近江リゾート から出発している無料シャトルバスに乗って鶏足寺に向かいます。

9時頃出発のバスにはお客さんは5名ぐらいで寂しい感じでしたが
案の定、鶏足寺の第一駐車場は満車だったので、バスの選択は間違ってなかったようです。

誰もが同じ方向に向かうのでその群れに従って、駐車場から住宅地を通り、
己高閣・世代閣(ここうかく・よしろうかく) を抜けて鶏足寺を目指します。

NagahamaKeisokuji_000_org.jpg
NagahamaKeisokuji_002_org.jpg
NagahamaKeisokuji_003_org.jpg
NagahamaKeisokuji_004_org.jpg
NagahamaKeisokuji_001_org.jpg
NagahamaKeisokuji_006_org.jpg
NagahamaKeisokuji_008_org.jpg
NagahamaKeisokuji_009_org.jpg
NagahamaKeisokuji_005_org.jpg
メインスポットの 深紅の絨毯

立ち入り禁止なんですが、注意書きを知らずに入ってしまう人も時々いたり・・・

NagahamaKeisokuji_010_org.jpg
最後は、花より団子じゃなくて 紅葉より団子で。

次は、びわこ食堂で とりやさい鍋 のランチです。
関連記事
[ 2017/12/03 16:00 ] 旅行・おでかけ 滋賀 | TB(0) | CM(2)

峠の丸太小屋で鉄板ハンバーグ&パイ釜焼きスープ/ワイルドダック(兵庫:加東)

一応は調べては来たものの、ホンマにこんなところにあるのかなぁと
かなり不安になって峠を越えたところにある・・・
KatoWildduck_011_org.jpg KatoWildduck_004_org.jpg
小さな森の喫茶店 ワイルドダック(Wild Duck) でランチです。
KatoWildduck_003_org.jpg KatoWildduck_002_org.jpg
何も無い山道を不安な気持ちで走ってきた気分をほぐしてくれるような
温かな雰囲気の店内で、果物やら自家製のハチミツも販売しています。

KatoWildduck_001_org.jpg KatoWildduck_000_org.jpg
定食とランチの大きな違いはパイ釜焼きスープが付くかどうかなので・・・

KatoWildduck_005_org.jpg
伝統のハンバーグスペシャルランチ

ちなみに、奥さんはスペシャルランチを頼んだんですが
本日のおすすめグリルがカレーソースのハンバーグで
私の『伝統の・・・』とソース以外は何も変わらなかったので
何がスペシャルだったのか?ちょっとわかりません。

KatoWildduck_006_org.jpg
熱々の鉄板にはハンバーグがドーンと占めているのではなく
何やらゴチャゴチャしているように見えるように・・・

KatoWildduck_007_org.jpg
こんにゃく・豆腐・トウモロコシ・カボチャ・目玉焼き・
玉ねぎ・じゃがいも・インゲン・チンゲンサイ と
お馴染みから珍しい脇役まで出演者が多い~!

KatoWildduck_010_org.jpg
さてさてお味ですが、盛り付けのインパクトに期待しますが
いたって普通です・・・もちろん美味しいですよ。

KatoWildduck_008_org.jpg
実は、こっちが楽しみだった パイ釜焼きスープ

KatoWildduck_009_org.jpg
サクサクとパイを崩してスープに沈めて美味しい~!

パイ釜焼きスープ付きのパイ釜焼きスープもあるようなので
寒い朝に食べたくなるかも・・・遠いけど。
関連記事
[ 2017/12/02 09:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

和菓子屋のモンブラン~小波~/鎌倉五郎(東京:羽田空港)

羽田空港に着いて出発までには時間があったので
いつも通り飛行機はANA(第二ターミナル)なのですが
お土産を買いに第一ターミナルに行ってみよう!

第一ターミナルにしか売っていないものが多くあり、かなり迷っていたら
(当然、第二ターミナル限定もありますが)

KamakuragoroHanedaAP_000_org.jpg
鎌倉五郎 羽田空港店 の前を通ると
「和菓子屋のモンブランって何?」

これはかなり美味しそう~!

5時間分の保冷剤を入れてくれて、「水平に持って機内持ち込みにしてください」とのこと。
そのように持って帰るように指示されると仙台の ロワイヤルテラッセの生パイ を思い出します。

KamakuragoroHanedaAP_001_org.jpg
で、和菓子屋のモンブラン~小波~

KamakuragoroHanedaAP_002_org.jpg
タップリの栗ペーストの上には雪が積もり
金箔が9ヶ所に散りばめられています。

そして、予め薄っすらと9等分できるように線が入っています。

KamakuragoroHanedaAP_003_org.jpg
中にはホイップクリームがギッシリ詰まっています。

KamakuragoroHanedaAP_004_org.jpg
ベースはスポンジケーキではなく、サツマイモと栗のきんとん、
ホイップクリームの中には刻んだ密漬けの渋皮栗がいっぱい入っています。

これを美味しくないという人がいるでしょうか?
これを嫌いな人がいるでしょうか?
これを独り占めしたくない人がいるでしょうか?

次は、こっそり買って機内で食ってやろう!
関連記事
[ 2017/12/01 01:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム