FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2017年10月
月別アーカイブ  [ 2017年10月 ] 

≪ 前月 |  2017年10月  | 翌月 ≫

カリッカリな一口サイズの鉄板餃子/鉄なべ(福岡:博多,天神)

福岡出張のディナーは 鉄なべ 中州本店 です。
以前にもつ鍋を食べた 楽天地 のすぐ近くにあります。
TetsunabeNakasu_002_org.jpg TetsunabeNakasu_003_org.jpg
2階もあるようですが、1階はL字型カウンターのみで
がっつり食べて飲んで居座るというよりは
一人で餃子とビールだけの人や二人で餃子&ご飯の人もいたりします。

TetsunabeNakasu_010_org.jpg
だからメニューをよ~く見ると食べたいと思うモノは限られてくるかなぁ。

TetsunabeNakasu_000_org.jpg
毎度毎度ですが、博多なんで ごまさば

TetsunabeNakasu_001_org.jpg
お店の人気商品だということで 昭和のポテトサラダ
特筆ことはないんですが安心できる美味しさです。

TetsunabeNakasu_004_org.jpg
麺を入れたくなる 味噌だれホルモン炒め

TetsunabeNakasu_005_org.jpg
いよいよメインの 焼き餃子(2人前)

TetsunabeNakasu_006_org.jpg
カリカリ・熱々の一口サイズで特製ダレを付けて
肉汁ジュワータイプではありませんが、パクパク食べられるので
もう2人前頼んでしまいましたぁ!

TetsunabeNakasu_007_org.jpg
水餃子(2人前)

スープ自体に味が付いていて、このお店に限っては
焼き餃子よりも水餃子のほうが好みかもしれません。
TetsunabeNakasu_009_org.jpg TetsunabeNakasu_008_org.jpg
今回は同僚と飲むだけでしたが、やっぱり餃子には
白ごはんなんで、次は一人でそうしよう!
関連記事
スポンサーサイト

300gのワイルドステーキは800円/たまやん(熊本:山鹿)

熊本出張のランチは TAMAYAN(たまやん) です。

YamagaTamayan_000_org.jpg YamagaTamayan_001_org.jpg
肉系のランチが200g~300g、価格は800~1000円、更に数量限定と
ガッツリ男性には魅力的なラインナップです。

こちらはお好み焼き屋さんでもあるので、
もちろんお好み焼き・焼きそばのランチも用意されています。

YamagaTamayan_004_org.jpg
さらに、もれなく ドリンクバー までもついているので
ファミレスよりもお得かもしれません。

YamagaTamayan_005_org.jpg
で、ワイルドステーキ

YamagaTamayan_006_org.jpg
300gのお肉がドドドドーン!

YamagaTamayan_007_org.jpg
予想通りではありますが、お箸で簡単に切れるわけでもないので
ナイフでギコギコ切りまして、「わぁ、口の中で脂が溶ける~」ってこともなく
ムシャムシャ、ガミガミと「ワイルドだろう~?」って
思いながら結構美味しく食べられます。

ボリュームがあるので途中からは「もう少し、もう少しで完食できる」って思いながら。

YamagaTamayan_008_org.jpg
かなり疲れるので、食後はホットコーヒーで。
YamagaTamayan_003_org.jpg YamagaTamayan_002_org.jpg
近くにあってワイルドにお肉が食べたかったら寄ってしまうようなお店でした。
関連記事
[ 2017/10/29 16:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(4)

ケーキハウスのランチはデザート食べ放題/リバージュ(大阪:堺,鳳)

先日のランチは リバージュ(Rivage)鳳店 です。
JR阪和線「鳳駅」からでも「富木駅」からでも徒歩10分の26号線沿いにあります。
RivageOotori_101_org.jpg RivageOotori_100_org.jpg
2年前に和泉市の 西福寺にポタリング をして、
お土産に オランダシュー を買って以来の訪問です。

お店に入って手前は、ケーキなどのテイクアウトコーナーになっており
奥に進むと50席以上ある大きなレストランがあります。

RivageOotori_102_org.jpg
ランチは5種類あり、どれもちょっとお高め・・・
しかし今回の目的は、メインにこだわりはなく おまかせプチデザート付き にすること!

RivageOotori_103_org.jpg
まずは、スープ

RivageOotori_104_org.jpg
続いて、やわらかロースカツサンドランチ

確かに柔らかく美味しいですが、スープ・サラダ・ドリンク が付いて
このお値段だと・・・ちょっとどうなんでしょう。

しかし、ココからが おまかせプチデザート付き のはじまりはじまり~!!

RivageOotori_106_org.jpg
スポンジの上を生クリームで覆いブルーベリー&ラズベリーのカップケーキ
ホットコーヒーはお替りできるのでデザート用に追加で。

RivageOotori_107_org.jpg
お替りくださ~い!と。
クリームブリュレの下にはグレープフルーツとキウイで
ベースは同じくスポンジケーキ

RivageOotori_108_org.jpg
次は、ソフトクリームで選べるソースはベリーで。

RivageOotori_109_org.jpg
まだイケそうなので、チョコソースにバナナトッピング
その下にはやっぱりスポンジケーキ

どうやら4種類しか用意されていないようで
ココからはお好きなデザートを選べますよ・・・

RivageOotori_110_org.jpg
ということで最後は、クリームブリュレ

食べ放題だから元を取ろう!とかいう浅ましいことは考えないのですが
おまかせプチデザート まで食べれば、この価格でも納得できるランチでした。

☆今までの「リバージュ」☆
オランダシュー
関連記事
[ 2017/10/28 09:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

ソルト&カマンベールクッキー と 蜂蜜&ゴルゴンゾーラクッキー/東京ミルクチーズ工場(東京:羽田空港)

羽田空港でお土産を買うために第二ターミナルの 東京食賓館 に来てみると

TokyoMilkCheeseHaneda_000_org.jpg
東京ミルクチーズ工場 では カマンベールチーズにミルク・塩

TokyoMilkCheeseHaneda_001_org.jpg
昭和の洋食屋のショーケースでナポリタンのフォークが浮いているように
蜂蜜がタラータラーっと

すると店員さんが「試食どうぞ~」
「おぉ、美味しい~」
「違う味もどうぞ」
「おぉ、ゴルゴンゾーラが凄い」

TokyoMilkCheeseHaneda_002_org.jpg TokyoMilkCheeseHaneda_003_org.jpg
ということで買ってしまいましたぁ・・・牛のマーク

TokyoMilkCheeseHaneda_004_org.jpg TokyoMilkCheeseHaneda_005_org.jpg
包装紙から出しても・・・牛
箱を開けても、また箱で・・・牛

TokyoMilkCheeseHaneda_006_org.jpg TokyoMilkCheeseHaneda_007_org.jpg

蜂蜜&ゴルゴンゾーラクッキー
ソルト&カマンベールクッキー


牛マークのシールでも色違いで区別されています。

TokyoMilkCheeseHaneda_008_org.jpg
ちょっと豪華に20枚入り

TokyoMilkCheeseHaneda_009_org.jpg
見分けがつきませんが、左が ゴルゴンゾーラ、右が カマンベール

TokyoMilkCheeseHaneda_010_org.jpg
ソルト&カマンベール は、塩味がずっーと続いて、最後にカマンベール
蜂蜜&ゴルゴンゾーラ は、蜂蜜の後に強烈なゴルゴンゾーラが登場

とどちらも違った楽しみ方と美味しさがあって
チーズが大好きな人にはタマらないお土産になるでしょう。
関連記事
[ 2017/10/27 01:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

揚げたての海鮮かき揚げ蕎麦にはトッピングのせ放題/さだはる(東京:新橋)

先日のランチは 蕎麦 さだはる 西新橋店 です。
新橋駅から西へ徒歩8分のところにあります。

ShimbashiSadaharu_001_org.jpg ShimbashiSadaharu_002_org.jpg
昼は立ち食い蕎麦、夜は居酒屋さんのようです。
そして、名物は海鮮かき揚げだということで券売機で買いまして・・・

ShimbashiSadaharu_005_org.jpg
天ぷらそば(冷)

ShimbashiSadaharu_004_org.jpg
どうやらコチラでは、天かす・大根おろし・わかめ・ネギがのせ放題で
更に、生たまご or 温泉たまご までついてくるという大盤振る舞い!

ShimbashiSadaharu_006_org.jpg
ということで、大根おろし・わかめ・ネギ & 生たまごなので
お店によっては わかめ月見そば とも言えるでしょう。

ShimbashiSadaharu_007_org.jpg
トッピングで天かすをのせなかったのは、もちろん
ばかデカイ海鮮かき揚げがあったからで、しかも揚げ立てサクサク!

ShimbashiSadaharu_008_org.jpg
そして、頼んでもないのに そばも大盛り~!!
ShimbashiSadaharu_003_org.jpg ShimbashiSadaharu_000_org.jpg
立ち食い蕎麦にしては少々お高めですがこれなら納得でしょう。
関連記事
[ 2017/10/25 12:00 ] お食事処 そば | TB(0) | CM(4)

パスタもピザもリゾットも食べたいので/マンジャパスタ(大阪:羽曳野)

先日のディナーは マンジャパスタ(Mangia Pasta) 羽曳野店 です。
HabikinoMangiapasta_202_org.jpg HabikinoMangiapasta_203_org.jpg
何度も来ていますが、店員さんがメニューを説明してくれるというので
大人2人、子ども1人だとカリーナ(3名用)はボリュームあり過ぎというので
いつも通り マンジャーレ (2名用)にして好きなモノを追加することに。
HabikinoMangiapasta_205_org.jpg HabikinoMangiapasta_206_org.jpg
まずは、ドリンク工房 (つまりドリンクバー)で自由に組み合わせて
HabikinoMangiapasta_207_org.jpg HabikinoMangiapasta_214_org.jpg
ヨーグルト&ぶどう、ヨーグルト&グレープフルーツ、白ぶどう

今回のオリジナルドリンクの傑作は レモンフローズン&ヨーグルト

HabikinoMangiapasta_208_org.jpg
5種類から選べるサラダは シェフの気まぐれ彩り野菜サラダ(自家製ドレッシング)

ごく普通の野菜サラダなんですが、おそらくネーミングに魅かれて
周りのテーブルはだいたいこのサラダを頼んでました・・・美味しいですけど。

HabikinoMangiapasta_209_org.jpg
コースとは別注文の 塔スト

HabikinoMangiapasta_210_org.jpg
今回のフレーバーは メープルシロップ
ココに来ればコレを食べないと始まりませ~ん。

HabikinoMangiapasta_211_org.jpg
いかと京都九条ねぎの明太子クリームソースパスタ

毎回パスタのボリュームが少なめかなぁと思っていたので
久しぶりにやってくると+200円で大盛りを選べるようになってましたぁ。

HabikinoMangiapasta_212_org.jpg
シェフの気まぐれ具沢山ピッツァ

HabikinoMangiapasta_213_org.jpg
人数に合わせて目の前で切り分けてくれるので、今回は6枚切りにしてもらいました。
店内の目立つ場所にある薪釜で焼く外パリ中モチのピッツァは超ウマぁ~!

コース以外では塔ストだけでなく、もう一つ食べないと心残りになってしまうと注文すると・・・

HabikinoMangiapasta_215_org.jpg
店員さんが「最後の仕上げを後ろの空いているテーブルでしますね」
「(いやいや、この仕上げを見ることも楽しみなんで)このテーブルでお願いします」

HabikinoMangiapasta_216_org.jpg
パルミジャーノ・レジャーノのチーズリゾット

一人で全部食べるのは重たくてできないですが、3人で分けると丁度いいボリュームで
チーズの濃厚さと、少し芯の残ったご飯の組み合わせが美味しすぎます。

HabikinoMangiapasta_204_org.jpg
最後は、デザート工房 から好きな3つのデザートを選べるので

HabikinoMangiapasta_217_org.jpg
スイートポテト・クリームブリュレ・モンブラン・プリン などを
3個 ×2人前 = 6個 ÷3人 = 2個 ×3人 で仲良く分けます。
HabikinoMangiapasta_201_org.jpg HabikinoMangiapasta_200_org.jpg
やっぱりパスタやピザなどの単品じゃなくて
リゾットなども含めていろいろ食べたいときには満足できるお店です。


☆今までの「マンジャパスタ」☆
見て楽しい!食べて美味しい!イタリアン
楽しくイタリアンを食べるならコチラ!
関連記事
[ 2017/10/23 23:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(0)

うなぎ丼の中盛りは蓋が閉まらんぞー!/新玉亭(三重:津)

先日のランチは 新玉亭 です。
近鉄名古屋線「津新町駅」から北東へ徒歩11分のところにあります。

うなぎ好きな同僚に勧められてやってきました。
TsuShintamatei_000_org.jpg TsuShintamatei_001_org.jpg
4階建てと建物も大きいですが、駐車場も広い。
一人では入り難いなぁと思いつつ入店すると
一人でも安心なカウンター席に通されました。

TsuShintamatei_002_org.jpg
特上丼が2,800円・・・う~ん、悩むなぁ
うなぎ屋さんということで仕方がないので、
今日はキヨブタで2,000円をリミットにして
中盛がなかなか凄いというので・・・

TsuShintamatei_003_org.jpg
中丼(中盛)

店員さん 「大盛りの写真を持って来ましょうか?」
私 「・・・いえ、大丈夫です」
店員さん 「中盛を完食したら次ですね」
私「・・・???」

TsuShintamatei_004_org.jpg
蓋を開けるのが恐ろしい・・・

TsuShintamatei_005_org.jpg
きゃあー!!

太陽の光具合もあって、神々しい~!!

TsuShintamatei_006_org.jpg
中丼なのでウナギは3切れ

TsuShintamatei_007_org.jpg
蓋って全体を撮るとこんな感じ~

TsuShintamatei_008_org.jpg
さぁ、食べますよ~

TsuShintamatei_009_org.jpg
ご飯の表面だけかと思ってたら、中にもタレが染みこんでます。

明らかに、ご飯とウナギの比率がおかしいので
 タレごはん→タレごはん→タレごはん→タレごはん→タレごはん→うなぎ
→タレごはん→タレごはん→タレごはん→タレごはん→タレごはん→うなぎ
→タレごはん→タレごはん→タレごはん→タレごはん→タレごはん→うなぎ

を繰り返して・・・

TsuShintamatei_010_org.jpg
器の上に盛り上がっていた山をウナギ1枚を使って除去して
ようやく普通のうなぎ丼になりましたぁ・・・あと2/3残ってま~す!

と美味しさよりも苦しみのほうが上回って、完食~!!

次は、並盛りにして美味しさだけを楽しもうっと!
関連記事
[ 2017/10/22 16:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(12)

プルンプルンな赤&白ワインゼリーの ぶどうの雫/桔梗屋(山梨:甲府)

甲府駅の セレオ のお土産売り場をグルグル回っても、
「う~ん、ピンとこんなぁ~」
「まぁ、今回は無しにしようかなぁ」
と諦めかけていたところに・・・

KikyouyaJelly_000_org.jpg
キラキラと輝いていたので・・・

KikyouyaJelly_001_org.jpg
ぶどうの雫

KikyouyaJelly_002_org.jpg
買うときによく確かめなかったので裏面を見ると
「あぁ、また 桔梗屋 かぁ」
信玄餅アイス桔梗信玄餅桔梗信玄餅万寿 に続いて4品目!

甲府のお土産を桔梗屋が支配しているのか?
私の好みと桔梗屋の戦略が一致してしまっているのか?

KikyouyaJelly_003_org.jpg
赤ワインと白ワインの6個入り

KikyouyaJelly_005_org.jpg
袋を開けるとプ~ンと漂うワインの香り
キラキラ・プルンプルンと美しい~!!

KikyouyaJelly_004_org.jpg
小学生の娘には苦手のようですが
下戸な私でも酔うことなく美味しく食べられます。

ゼリーに入っているブドウも美味しそうに食べていたら
奥さん「これ食べられるんやったらレーズンも食べられるやろう?」
私  「全然違うわぁ!」
奥さん 「一緒やん!」
私  「ちゃうわぁ!」

多分・・・全然違うので、レーズン嫌いの人でも美味しく食べられますし
更に、ワイン好きな人も甘いモノが苦手な人にも好まれるお土産です。


☆今までの「桔梗屋」☆
信玄餅アイス
桔梗信玄餅
桔梗信玄餅万寿
関連記事
[ 2017/10/21 09:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(4)

喉越しなんか関係ない 肉天ぷら 吉田のうどん/源さん(山梨:甲府)

甲府出張のランチは うどん屋 源さん です。

ナビがないと絶対にたどり着けないような場所にありながら
駐車場も広く、座敷4卓・テーブル4卓もお客さんでいっぱいです。

KofuGensan_001_org.jpg KofuGensan_002_org.jpg
メニューを見て、これにしよう!と決めたものの
水はセルフらしいけど、誰も注文を取りに来ない・・・

周りのお客さんを見ると、テーブルに置いてある紙に
食べたいモノを書いて、厨房まで持っていくのがルールらしい。

KofuGensan_003_org.jpg
出来上がったら、店員さんが持ってきてくれて
肉天ぷらうどん(味噌味)

KofuGensan_004_org.jpg
以前に せんしゅう で食べたので個性的なビジュアルは経験済みではありますが
ドッサリのお肉 に 天ぷら

KofuGensan_005_org.jpg
キャベツは せんしゅう よりも控えめ

KofuGensan_006_org.jpg
ズルズルすすれないし
喉越しなんか関係ないし
ガシガシ、クチャクチャ噛んでアゴが疲れるし
と文句ばかりですが、これはこれでアリだと思ってしまう不思議なうどんです。
KofuGensan_007_org.jpg KofuGensan_000_org.jpg
うどん屋さんなのにラーメンを食べている人がいたり
うどんで作った焼き餃子を頼んだら、今日はやっていなかったので
次は、うどん屋さんで ラーメン+焼き餃子 で。
関連記事
[ 2017/10/20 01:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(4)

接客もノリもいい店員さんのいる居酒屋さん/一丁目SAKABAかんすけ(山梨:甲府)

甲府出張のディナーは 一丁目SAKABAかんすけ です。
JR甲府駅から南へ 奥藤本店・小作 を通り過ぎた平和通り沿いにあります。

人気のあるお店かわからないので、とりあえず事前に予約して
予約後に「やっぱり30分早くしたいのですが~」
「すみません、満席なので難しいですねぇ」
「じゃあ、そのままの時間でお願いします」

随分時間が経ってから、見知らぬ番号から着信があり
「席が空いたので予約変更できますよ」
「では、30分早くお願いします。」
と頼んでもいないのに臨機応変に対応してくれてこれだけでポイントアップ!

KofuKansuke_005_org.jpg
ということで30分早く飲み会が始まり
まだ何も頼んでないんですけど・・・鶏辛鍋
どうも突出しらしく、300円/人なんで小鉢とかより嬉しいかも。

KofuKansuke_007_org.jpg
前菜の盛り合わせ

馬サラミ・えだペペ・サーモンのカルパッチョ・ポテトサラダ
きゅうりのラー油漬け・彩り野菜のピクルス・
レバパテ(バケット添え)・天使のクリームチーズ

KofuKansuke_002_org.jpg KofuKansuke_004_org.jpg
バーナーで炙っている写真を撮っていると
「私も可愛く撮ってくださいね」と女性の店員さん。

で海無し県で 炙り〆サバ

KofuKansuke_003_org.jpg KofuKansuke_006_org.jpg
甲府名物も食べなあかんでぇということで
馬刺し・とりもつ

KofuKansuke_008_org.jpg
明らかに納得できないメニューがあったので
「海の無い山梨で 甲斐サーモンって何?」
「実は・・・ニジマスなんです。」

なんかよくわからんけど、甲斐サーモンのバター包み焼き

KofuKansuke_010_org.jpg KofuKansuke_011_org.jpg
「富士桜ポークって地元の豚?」
「たぶん・・・富士山の麓の豚ですかねぇ」
「そんなこと誰でも思うわぁ~」

全然納得いかんけど、
富士桜ポークのステーキ・フランクのソーセージ4種盛り

KofuKansuke_009_org.jpg
「馬サラミは、馬という漢字を使っていて
 旨タンは、馬ではないということは、牛?」
「う~ん、わかんないです」
「じゃあ、確認してきて~」
「確認したら、馬っす!」
「じゃあ、頼もう!」

旨タンと馬サラミ 地元チーズ添え

とオッサンたちの面倒な会話にも付き合ってくれ
どれも美味しく満足して、〆も甲府名物にしようと・・・

KofuKansuke_012_org.jpg
さて、これは何でしょう?

KofuKansuke_013_org.jpg
カルボナーラほうとう でしたぁ

どこか田舎臭い ほうとう がオシャレに大変身!
KofuKansuke_000_org.jpg KofuKansuke_001_org.jpg
下戸な私には興味がありませんが、呑める同僚は
種類の多いワインにも満足しているようでした。
関連記事

肉!肉!肉!なガッツリ焼肉ランチ/肉バル2986(大阪:堺東)

先日のランチは 肉バル2986 です。

南海高野線「堺東駅」から西へ徒歩5分のところにあり
斜め向かいにはガレットを食べた マルチズンズン があります。
SakaiHigashi2986_005_org.jpg SakaiHigashi2986_006_org.jpg
店内は奥に長くランチタイムでも照明が暗めなお店です。
でも、店員のお兄さんたちは元気です。

SakaiHigashi2986_002_org.jpg SakaiHigashi2986_003_org.jpg
とにかく肉!肉!肉!
さぁ、なんでも来い!のようなメニュー

SakaiHigashi2986_004_org.jpg
まずは、ランチに必ずついてくる サラダ・スープ

SakaiHigashi2986_007_org.jpg
そして、ご飯がてんこ盛りな 焼肉ランチ

SakaiHigashi2986_008_org.jpg
ジュージュー音を立てる熱々の鉄板

普通は 肉:野菜 =5:5 のような比率で出てきそうですが
9.5:0.5 の肉だらけに焼肉
野菜と言えば、炒めた玉ネギと生ネギをパラパラ

SakaiHigashi2986_009_org.jpg
濃いタレで焼いた焼肉はご飯が進んで進んで止まりませ~ん。
SakaiHigashi2986_001_org.jpg SakaiHigashi2986_000_org.jpg
ガッツリ肉ばかりを食べたい人にはタマラナイランチなお店でした。
関連記事
[ 2017/10/16 23:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

イチゴに白いヒゲの博多ぱいおう/伊都きんぐ(福岡空港)

ItokingFukuokaAP_107_org.jpg
福岡空港前にある大きな看板が記憶のどこかにあったので
空港のお土産売り場を見ていると・・・

ItokingFukuokaAP_100_org.jpg ItokingFukuokaAP_101_org.jpg
「あ~アレかぁ、チョコもあるんやぁ~」

ItokingFukuokaAP_102_org.jpg
ノーマル&チョコのセットがなかったのでノーマルな
博多ぱいおう

ItokingFukuokaAP_103_org.jpg
パイ王(ぱいおう)なので、イチゴには白いヒゲ

ItokingFukuokaAP_104_org.jpg
16人の王様

ItokingFukuokaAP_105_org.jpg
あまおうの風味が強すぎず弱すぎず
嫌味のない丁度いい感じで

ItokingFukuokaAP_106_org.jpg
サクサクの心地よい食感で美味しくいただける
博多らしい あまおうのパイです。

☆今までの「伊都きんぐ」☆
あまおう苺入りどら焼き どらきんぐエース
関連記事
[ 2017/10/15 16:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

讃岐のコシと博多のゴボウ天のぶっかけうどん/侍.うどん(福岡:博多)

福岡出張のでランチは 侍.うどん です。
博多駅から南へ徒歩14分のところにあります。
HakataSamurai_003_org.jpg HakataSamurai_002_org.jpg
カウンター6席・テーブル14席のキレイなお店で
看板には「麺はロック」
一見強面の店主はちょんまげではなく鉢巻です。

HakataSamurai_004_org.jpg HakataSamurai_005_org.jpg
隣りのおばさんが食べているカレーうどんが
美味しそうだったのですが、今日の気分はカレーではないので

HakataSamurai_006_org.jpg
侍.ぶっかけ(明太子トッピング)

HakataSamurai_007_org.jpg
初めて見る箸袋の 御手茂沓(おてもと)

HakataSamurai_008_org.jpg
博多なんで、やっぱりゴボウ天がワサワサ。
そして、タップリの豚肉

HakataSamurai_009_org.jpg
チクワ天・ブロッコリー天に
追加の明太子は1本(半腹)がドーン!

HakataSamurai_010_org.jpg
やや平打ちなうどん は博多なのにコシがあります。

大阪で食べる讃岐うどんとも遜色なく美味しいので
どこにお店を出しても流行りそうなのはわかります。

なんですが、メニューの説明を見ると
「9種の具材をのせたぶっかけ」

ゴボウ・豚肉・チクワ・ブロッコリー
後は薬味やけど
ネギ・ゴマ・大根おろし・レモン
う~ん、足りない・・・まさか出汁?
HakataSamurai_001_org.jpg HakataSamurai_000_org.jpg
ちなみにお会計は、両でも文でもなく円ですので。
関連記事
[ 2017/10/14 09:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

黒白赤から選んだのはユッケジャンの赤いもつ鍋/極味や(福岡:西新)

福岡出張でのディナーは もつ鍋 極味や 西新店 です。
KiwamiyaNishijin_001_org.jpg KiwamiyaNishijin_000_org.jpg
地下鉄空港線「西新駅」からすぐのビルの2階にあり
1階には以前お土産に買った むっちゃん万十 があります。

今回はお客さんに勧められたのでやって来ました。

食べログの評価を見る限りでは、それほど高くはありませんでしたが
平日でもお客さんでいっぱいだったので、念のため予約して正解でした。

ちなみに、極味や系列では唯一のもつ鍋屋さんだそうで
予約のときにも、「もつ鍋ですけど間違いないですか?」って確認されます。

KiwamiyaNishijin_002_org.jpg
もつ鍋は 特濃黒・黒・白・赤 から選べて、いつもであれば、
焼きあごと炙りもつとうワードから特濃黒にするのですが
お客さんおススメは 赤もつ鍋 ということなので、じゃあそれで。

ちなみに、後からお客さんに聞くと何度もこのお店には来ているが
赤しか食べたことがないらしい・・・比較してないのか~い!

KiwamiyaNishijin_003_org.jpg
?????・・・
メニューには焼肉はないけど・・・
それにこんなもの頼んでないけど・・・

KiwamiyaNishijin_004_org.jpg
実は、お通しの ホルモンの鉄板焼き でしたぁ
お通しがコレっていうことはこのお店は正解でしょう!

赤もつ鍋と一緒に頼んだサイドメニューが
先にドドドドーっと出てきたので、まずはこちらから。

KiwamiyaNishijin_005_org.jpg
お煎餅のようなパリパリチーズを割って混ぜて食べる シーザーサラダ
KiwamiyaNishijin_006_org.jpg KiwamiyaNishijin_007_org.jpg
香ばしくてジューシーな 燻製漬込手羽先
天ぷらでええんちゃあうん?って思いながら 季節野菜のフリット
KiwamiyaNishijin_008_org.jpg KiwamiyaNishijin_009_org.jpg
お客さんのもう一つのおススメの クリームチーズチャンジャ

この時点でそこそこお腹が膨れてきたので、店員さんに
「もう、もつ鍋を食べれないかもしれません」と伝えたら・・・

KiwamiyaNishijin_010_org.jpg
赤もつ鍋

KiwamiyaNishijin_011_org.jpg
さぁ、煮えてきましたよ~

KiwamiyaNishijin_012_org.jpg
ジャジャーン!完成!!

KiwamiyaNishijin_013_org.jpg
ユッケジャンの甘辛いもつ鍋を初めて食べましたが
これがメチャクチャ美味しい!
いつもなら具材を追加するのですが、サイドメニューを食べ過ぎたので・・・

KiwamiyaNishijin_014_org.jpg
選べる〆からこれまた初めての 揚げちゃんぽん
麺がほどよくスープを吸っていい感じです。

KiwamiyaNishijin_015_org.jpg
このままユッケジャンの口のままお店を出るのは辛いので
デザートは 極味やプリン

生クリームでなめらかさとカラメルのほろ苦さが美味しい~!!

赤もつ鍋は美味しいので病みつきにはなりそうですが
一度は特濃黒もつ鍋も試してみたくなります・・・
関連記事

すき身&なかおちを200gを使用した まぐろ丼/大久寿し(大阪:平野)

先日のランチは 大久寿し(だいきゅうすし) です。
JR関西本線「平野駅」から西へ徒歩9分の25号線沿いにあります。
HiranoDaikyu_003_org.jpg HiranoDaikyu_004_org.jpg
カウンター7席・座敷2卓をご夫婦で切り盛りされているようです。

HiranoDaikyu_002_org.jpg
さて、ランチはいろいろと揃っていますが
こちらにはテレビでも紹介されたことがあるイチオシがあるというので・・・

HiranoDaikyu_005_org.jpg
にゅうめん・小鉢(切り干し大根)のついた マグロ丼定食

HiranoDaikyu_006_org.jpg
秘伝の醤油ダレに漬けた すき身&なかおちを200gも使っているので
ご飯が見えないのでマグロだけ?って疑ってしまいます。

HiranoDaikyu_007_org.jpg
食べても食べてもマグロ!マグロ!なんで
脂ノリまくりの部位だと途中で断念しそうですが
脂がは程よい具合なので最後まで美味しく丼をいただけます。
HiranoDaikyu_000_org.jpg HiranoDaikyu_001_org.jpg
もちろん、まぐろ丼は美味しいですが
意外と にゅうめん もお気に入りのランチでした。
関連記事
[ 2017/10/11 12:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

わらびもち にはタップリのきな粉と黒蜜を/美濃忠(愛知:名古屋駅)

MinochuNagoyaST_000_org.jpg
名古屋駅のお土産を見ていると、涼しそうなディスプレイに魅かれたので

MinochuNagoyaST_001_org.jpg
美濃忠垂水の蕨(わらび)

MinochuNagoyaST_002_org.jpg
330gの蕨もち に きな粉・黒蜜が 2個ずつ入っています。

しかも、買ったときから数えても賞味期限が7ヶ月とメチャクチャ長い!

MinochuNagoyaST_003_org.jpg
「冷やしてお召しあがりください。」とのことなので充分に冷やしてから
スーっと切っていきまして・・・

MinochuNagoyaST_004_org.jpg
まぁ、涼しそう~!!

MinochuNagoyaST_005_org.jpg
きな粉をかけて、黒蜜かけて

MinochuNagoyaST_006_org.jpg
どちらも予想以上にたっぷりあったので全部使ってしまうと
ちょっと盛り過ぎてしまったぁ~!

やや硬めのわらびもちを食べるのは初めてですが、素朴に美味しくいただきましたぁ。
関連記事
[ 2017/10/09 23:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

ジュージュー!鉄板!チーズ焼きスパゲッティー/チェスティーノ(愛知:名古屋,今池)

名古屋出張でのランチは チェスティーノ(Cestino)デリスクエア今池店 です。
地下鉄「今池駅」9番出口から徒歩1分のところにあります。

CestinoImaike_002_org.jpg
名古屋だから あんかけパスタ かなぁと思いながらも
お店の名物だという鉄板ナポリタンを注文。

CestinoImaike_003_org.jpg
セットなので サラダ自家製パン が付いてきます。
意外にもサラダは瑞々しく、ドレッシングもさっぱり美味しく
自家製パンもモチモチして、お替りしたくなるぐらい良い感じなので、
このお店は当たりなのかも?

CestinoImaike_004_org.jpg
チーズ焼きスパゲッティー

CestinoImaike_005_org.jpg
パスタの山には白い雪のようにチーズが積もり、
その周りを黄色い海がグツグツしてます。

CestinoImaike_007_org.jpg
更に、粉雪(粉チーズ)を降らせまして

CestinoImaike_006_org.jpg
モッチリ太麺をパクっと食べると初めは甘いソースなんですが
チリの辛さが程よくやってきて、これはウマ~い!

なんかもう、これはイタリアンではなく日本食でしょう。

CestinoImaike_008_org.jpg
ホットコーヒーでのんびりと。


CestinoImaike_001_org.jpg CestinoImaike_000_org.jpg
+100円でミニカレーを追加できるようなので、これも気になるなぁ。
関連記事
[ 2017/10/08 16:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(6)

リーズナブルな味噌煮込みうどんもあるんや~/山本屋町田(愛知:名古屋,丸の内)

名古屋出張でのディナーは 山本屋町田 です。
地下鉄「丸の内駅」から徒歩2分のところにあります。
MarunouchiMachida_005_org.jpg MarunouchiMachida_006_org.jpg
お店に入った途端に大きな声で「いらっしゃい!どうぞ!」と
L字カウンター8席、テーブル8席のカウンター席に案内されます。

この対応だけで間違いなさそうなお店です。
MarunouchiMachida_004_org.jpg MarunouchiMachida_003_org.jpg
名古屋の味噌煮込みうどん と言えば、不当に値段が高い!イメージがあるのですが
隣りの常連さんの会話によると 山本屋総本家 の血筋のお店なのに
嬉しい価格設定になっています。

であるのであれば、煮込みうどんが出来る前に一品を頼もうと・・・

MarunouchiMachida_007_org.jpg
特製味噌おでん四種

MarunouchiMachida_008_org.jpg
大根・玉子・こんにゃく・豚肉?みたいなものと
私の好きなおでんの具ベスト3も嬉しいですが、
初めて食べる味噌おでんが、中まで染みてメチャクチャ美味しい!

MarunouchiMachida_009_org.jpg
で、一番ノーマルな 普通煮込

グツグツ煮えたぎる鍋を持ってきてくれ
カウンターに置いてから、店主が蓋をのせてくれ

MarunouchiMachida_010_org.jpg
今度は私が蓋をとっても、やっぱりグツグツ

MarunouchiMachida_011_org.jpg
その蓋を取り皿にして食べま~す!
山本屋総本家がどんなのだったかまったく覚えてませんが
間違いなく名古屋の味噌煮込うどんであって、美味しい~!!

ちなみに何が普通なのかですが、どうやら
肉・玉子無しの野菜・かまぼこ・薄揚げのみが普通なようです。

MarunouchiMachida_012_org.jpg
やっぱりこの味噌でご飯を食べたいので注文して
おでんの玉子と一緒に〆ま~す!!
MarunouchiMachida_001_org.jpg MarunouchiMachida_000_org.jpg
お客さんが少ない時間帯だったからなのか
帰りにも元気に外までお見送りしていただき、ホテルに向かうのでした。
関連記事
[ 2017/10/07 09:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(4)

米じゃなくてパスタのパエリアなんてあるんやぁ/ファロ デル ポニエンテ(大阪:淀屋橋)

先日のランチは ファロ デル ポニエンテ(FARO d EL PONIENTE) です。
淀屋橋駅すぐの 淀屋橋odona 1F にあります。

YodoyabashiPoniente_000_org.jpg
数種類のパエリアが選べて、しかも炭水化物は 米 or パスタ
これはもう食べたことないパスタしかないでしょう!

ということで「15分ほどお時間をいただきます」とのこと。
YodoyabashiPoniente_003_org.jpg YodoyabashiPoniente_004_org.jpg
その間に、ウサギになってしまいそうなぐらいのボリュームのあるサラダと
冷たいけどお替り自由なパンを食べて

YodoyabashiPoniente_005_org.jpg
小声でしかも早口で説明されたよくわからないスープを飲んで

YodoyabashiPoniente_006_org.jpg
バルセロナ風パスタのパエリア

YodoyabashiPoniente_007_org.jpg
素麺のようでもありますが、細いパスタがポキポキ折られて入ってます。
見ようによっては梅蘭の焼きそばにも見えなくもないかも?

YodoyabashiPoniente_008_org.jpg
海老・イカ・アサリと具だくさんで
パエリアと言えばパエリア
パスタと言えばパスタ
と両方を味わえますが・・・
美味しいんですけど、個人的にはパエリアは米がええかなぁ。

YodoyabashiPoniente_009_org.jpg
デザートはパイナップルのシャーベット
YodoyabashiPoniente_001_org.jpg YodoyabashiPoniente_002_org.jpg
う~ん、やっぱり次は、米のパエリアにしよう!
関連記事
[ 2017/10/06 01:00 ] お食事処 エスニック | TB(0) | CM(0)

蜜に漬けたあんずと白あんの羽二重餅の名前は あんず餅/高木屋(石川:金沢駅)

金沢のお土産を買うために、いつも通り金沢駅の あんと をブラブラしまして
KanazawaTakagiya_101_org.jpg KanazawaTakagiya_100_org.jpg
ストレートな名前が美味しそう~

KanazawaTakagiya_102_org.jpg
ということで あんず餅

KanazawaTakagiya_103_org.jpg
今回は6個入り

冷やしてお食べください、とのこと。

KanazawaTakagiya_104_org.jpg
フルーツ大福はいろいろとありますが、あんずって初めてかもしれません。
やや歯応えのある あんず と 羽二重餅の柔らかさ
蜜に漬けた あんず のフルーティさ と 白あんの甘さ
とベストマッチで美味しいです。

 

☆今までの「高木屋」☆
紙ふうせん
関連記事
[ 2017/10/04 12:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

これも金沢B級グルメだという・・・とんバラ/宇宙軒食堂(石川:金沢)

昨夜、いたる 本店 でディナーを食べたときに、近くに のど黒めし本舗 いたる
あることを教えてもらったので、午前中の仕事が終わって、タクシーで急いで行って
KanazawaUchuken_001_org.jpg KanazawaUchuken_000_org.jpg
待ち名簿に名前を書いて、12時のオープンを待ったんですが、ギリギリ第一陣に入れず
席が空くまで待つと午後の仕事に間に合わないので
KanazawaUchuken_003_org.jpg KanazawaUchuken_002_org.jpg
タクシーに乗っているときに、前を走っていたタクシーが停まったお店が
近かったこともあり、そこまで歩いて 宇宙軒食堂 でランチです。
KanazawaUchuken_005_org.jpg KanazawaUchuken_006_org.jpg
こちらも人気店のようですが、1組待ちだけだったのですぐに座れました。
中央の鉄板ではおじさんがゴーグルをつけてひたすらお肉を焼いています。

KanazawaUchuken_004_org.jpg
一応メニューとしては、トンカツ・エビフライ・コロッケ・カレー・うどんもあるんですが
右を見ても左を見ても食べているのは誰も同じで・・・

KanazawaUchuken_007_org.jpg
とんバラ定食W

KanazawaUchuken_008_org.jpg
Wにすると肉が大盛り

KanazawaUchuken_009_org.jpg
ただ豚肉を焼いているだけや~ん!とは思ったのですが
秘伝のタレに漬けて食べると、脂の旨味もあってメチャクチャ美味しいや~ん!
ご飯に合うや~ん!

ただの味噌汁かと思っていた 豚汁もウマいや~ん!

とんバラもにも満足できたんですけど、
次こそは のど黒めし本舗 いたる にチャレンジするぞー!
関連記事
[ 2017/10/02 23:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

メチャクチャ脂が乗ってる『がんどぶり』ってなんじゃー!/いたる(石川:金沢)

金沢に出張でやってきたんですが、ちょっと遅い時間だったので
であれば、人気店の いたる に電話してみると「今なら1卓空いています」
ItaruHonten_007_org.jpg ItaruHonten_006_org.jpg
ということで、いたる 本店 で遅めのディナーです。

ItaruHonten_000_org.jpg
突出しは ばい貝

ItaruHonten_001_org.jpg
日本海おさしみの桶盛り 中おけ

ItaruHonten_002_org.jpg
がんどぶり・真鯛あぶり・かじきまぐろ・生たこ・甘エビ と
香林坊店 で食べたときよりも盛りが凄いです・・・なんとなくですが。

ItaruHonten_003_org.jpg
で、がんどぶり・・・って何?
お店の人に聞くと出世魚の鰤のちょっと前らしい。

これが脂が乗って、メチャクチャ美味しい!

ItaruHonten_004_org.jpg ItaruHonten_005_org.jpg
一番だし巻き玉子 ・ ジャガホク と魚貝に関係なくても美味しい!

ItaruHonten_008_org.jpg
刺身がメチャクチャ美味しいので がんどぶりあら煮付け

もータマラン!

ItaruHonten_009_org.jpg ItaruHonten_010_org.jpg
ドイガミさんの厚揚げ焼き ・ 白海老の唐揚げ

ItaruHonten_011_org.jpg
程よい酢加減の サバの浅〆

ItaruHonten_012_org.jpg
最後は、豆がいっぱいの ダダチャ豆のかき揚げ

何度来ても何を食べても大満足できるお店でしたぁ!

☆今までの「いたる」☆
冬の金沢の魚に満足してお腹いっぱ~い
関連記事
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム