FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2017年08月
月別アーカイブ  [ 2017年08月 ] 

≪ 前月 |  2017年08月  | 翌月 ≫

【南九州旅行記⑯】ただいま復興中!がんばれ熊本城!

鹿児島の むじゃき で白熊 を食べて、仙巌園 に行ってから
九州自動車道を北上し、旅行3県目の熊本にやってきました。

2016年4月に起きた熊本地震により、天守閣などが大きな被害を受けて
復興中の 熊本城 を観るためにやってきました。

最近、出張で何度か熊本には来ていますが、熊本城には約10年振りです。

城彩苑 の観光案内所で確認したところ、「城の周囲をグルッと歩く 加藤神社
までのルートになります」 ということなので地図を貰って出発しま~す!

KumamotoCastle_005_org.jpg
二の丸広場 を通って時計回りに進みます。

KumamotoCastle_002_org.jpg
KumamotoCastle_003_org.jpg
KumamotoCastle_004_org.jpg
KumamotoCastle_007_org.jpg
KumamotoCastle_006_org.jpg
KumamotoCastle_008_org.jpg
KumamotoCastle_000_org.jpg
写真を撮りながら 加藤神社 に到着。

KumamotoCastle_009_org.jpg
KumamotoCastle_010_org.jpg
KumamotoCastle_001_org.jpg
天守閣は2019年、城全体では20年後の復活のために、がんばっている熊本城でした。

次は、城彩苑でメロンソフト を食べて休憩です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/08/30 12:00 ] 旅行・おでかけ 熊本 | TB(0) | CM(4)

【南九州旅行記⑮】黒豚カツオムライス&プリン白熊/天文館むじゃき(鹿児島:天文館通)

鹿児島市内の偉人像めぐり をした後は、ちょっと早いのですが
KagoshimaMujyaki_001_org.jpg KagoshimaMujyaki_014_org.jpg
天文館むじゃき 本店 でランチ&デザートです。

KagoshimaMujyaki_013_org.jpg
鉄板焼き・喫茶店・レストラン・和食と各フロアごとに異なる形態になっていますが
名物のデザートはどのフロアでも共通だそうです。

今回の目的はデザートでランチはなんでもよかったので
みんなが好きなタイプを選べるだろうと・・・

KagoshimaMujyaki_003_org.jpg KagoshimaMujyaki_004_org.jpg
2Fの カジュアルレストラン Mujyaki に入りました。
周りを見るとデザートだけを食べている人も多いようです。

やっぱり、昨日食べられなかった 黒豚 のメニューが気になります。
(ちなみに昨日は急遽、桜島で 椿油ちゃんぽん を食べました)

KagoshimaMujyaki_005_org.jpg
と思っていると、いい感じのメニューがあるじゃないですかぁ!

KagoshimaMujyaki_006_org.jpg
ということで 黒豚カツオムライス

KagoshimaMujyaki_007_org.jpg
黒豚カツにはソースがかかりまくって
更に硬くて・・・ちょっと残念

KagoshimaMujyaki_008_org.jpg
タンポポオムライスなので、いまにもはち切れそうなタマゴに切れ目を入れて・・・

KagoshimaMujyaki_009_org.jpg
パカーンと花が開くようになるのかと思ったら、
少し固まり過ぎていて、人力で開いてみましたぁ。

KagoshimaMujyaki_010_org.jpg
ボリュームたっぷりで、お味はそこそこです。

KagoshimaMujyaki_002_org.jpg
でデザートですけど、このお店にやってきたメインの目的なんです。
やっぱり、白熊って名前が入ったほうがええよなぁ~
大きいので3人でシェアです。

KagoshimaMujyaki_011_org.jpg
帽子をかぶった プリン白熊

KagoshimaMujyaki_012_org.jpg
たっぷりのフルーツに練乳!
そりゃあ美味しいでしょう!

その後、仙巌園 に行ったのですが、恐ろしく暑いし、桜島も見えんし・・・

KagoshimaMujyaki_000_org.jpg
ネタとしてはこの写真だけでおしまいです。

次は、再建中の熊本城 です。
関連記事
[ 2017/08/28 23:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(2)

【南九州旅行記⑭】城山展望所に行けなかったので偉人像めぐり(鹿児島)

旅行3日目は、指宿温泉から鹿児島市内に戻ってきました。

指宿まで行ったのであれば、知覧特攻平和会館 に行きたかったのですが
この日の宿泊地は熊本市内だったこともあり、今回は見送りました。

でまずは、城山展望所 に向かう山道をクルマで上がっていると大渋滞!
渋滞になることを予想して朝早めに来たんですが、とんでもなく混んでます!

駐車場手前のトンネルにさえも入ることができなかったし
この日は桜島が霞んでキレイに見えなかったこともあり、城山は断念しました。

代わりに、以前に 出張で見た桜島 をどうぞ!
(鹿児島王将ネタの最後にあり、キレイに撮れてますので)

では、時間が余ったので鹿児島市内の偉人の銅像を周ってみました。

KagoshimaIjin_003_org.jpg
やっぱり、西郷隆盛

KagoshimaIjin_004_org.jpg
その隣にあるのが西郷隆盛像を見下ろすことができる K10カフェ
今回は寄りませんでしたが、以前に カフェから見下ろした写真 です。

KagoshimaIjin_005_org.jpg
西郷隆盛の向かいにいるのが、小松帯刀

隆盛の写真を撮っている人は多いんですが、帯刀も明治維新でも重要な役割で活躍したのに、
帯刀の像に気づく人は少ないようです・・・やっぱり地味だからなのか。

KagoshimaIjin_000_org.jpg
西郷隆盛・小松帯刀とくれば、大久保利通

ピサの斜塔のように銅像が傾いているわけではなく写真が失敗しているだけですので。

KagoshimaIjin_002_org.jpg
像としては新しいらしいのですが、大河ドラマで有名になった 篤姫

KagoshimaIjin_001_org.jpg
これは昨日、維新ふるさと館に行った後に撮った 鹿児島中央駅前の
薩摩スチューデント

このなかには、大阪の発展に尽力した 五代友厚 もいます。

次は、むじゃき でランチ&デザート です。
関連記事
[ 2017/08/27 16:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(2)

【南九州旅行記⑬】知林ヶ島までの砂の道のあとは、砂蒸し風呂へ(鹿児島:指宿)

維新ふるさと館 のあとは、薩摩半島を南下しまして
指宿市の 知林ヶ島 にやってきました。

Chiringashima_000_org.jpg
正確には知林ヶ島に渡るための砂浜に着いたところなので
まだ知林ヶ島にはたどり着けてません。

3年前に行った 小豆島のエンジェルロード と同じく潮の満ち引きによって
知林ヶ島へ続く砂道を渡るためにやってきたんですが・・・

Chiringashima_002_org.jpg
クルマを停めた駐車場が遠くて、目的の砂の道(砂州)が遠い~

干潮時間を調べてやってきたのですが、この長い砂浜の距離を計算していませんでしたぁ

Chiringashima_001_org.jpg
早くしないと砂の道が消えてしまうので、
砂浜を夏合宿に来ている運動部の学生のように走ります。

Chiringashima_003_org.jpg
走っても走っても・・・
いったい、私たちは何をしているのやら・・・自問自答

Chiringashima_004_org.jpg
ようやく見えてきましたぁ!

Chiringashima_005_org.jpg
しか~し、ヤバい~

Chiringashima_006_org.jpg
あっという間に消えましたぁ~
知林ヶ島までは行けるでしょうが、帰れるかどうか不安なので止めときましたぁ。

Chiringashima_007_org.jpg
ハートの左半分と右半分は違う場所に立つオブジェでして
ちょうどいい場所に立つと砂の道と一緒に撮れて幸せになれそうな
Chirin's Heart (チリンズハート)

Chiringashima_008_org.jpg
帰りはキャンプ場の隣りの舗装された道を歩いて帰ることができましたぁ。
駐車場ももっと近い場所にあったみたいです。

予想外に汗だくになり疲れ果ててから、指宿温泉のホテルに着いたので・・・

Chiringashima_010_org.jpg
もちろん、家族でホテル内の 砂蒸し風呂 に入りましたぁ

Chiringashima_009_org.jpg
お風呂からあがったあとは、指宿温泉サイダー を飲んで旅行二日目は終了です。

明日は、鹿児島市内の 偉人像めぐり からスタートです。
関連記事
[ 2017/08/26 09:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(4)

【南九州旅行記⑫】20年ぶりにやってきました 維新ふるさと館(鹿児島)

クレープの自動販売機 で休憩してから 維新ふるさと館 にやってきました。
Ishinfurusatokan_007_org.jpg Ishinfurusatokan_006_org.jpg
ここ最近、出張では鹿児島には来ていましたが、
維新ふるさと館 に来たのは約20年振りです。

Ishinfurusatokan_003_org.jpg
他に観光する場所がないので、しかたなくコチラにきたわけではなく
どうしてもまた来たかった・・・というのが理由です。

Ishinfurusatokan_001_org.jpg
まぁ、20年も前のことなので同じ内容なのかはわかりませんが
明治維新を題材にしたドラマ、おそらく 『維新への道』 なのでしょう。

 
この内容に凄く感動し、号泣してしまい、その足で本屋さんで
司馬遼太郎の 『翔ぶが如く』 を買ってしまいました。

Ishinfurusatokan_004_org.jpg Ishinfurusatokan_005_org.jpg
で、もう一度、西郷隆盛・大久保利通 が活躍する
『維新への道』 を観た~い!と思ってきたんですけど・・・

Ishinfurusatokan_000_org.jpg
ガガーン!!!

仕方がないので  『薩摩スチューデント、西へ』  を観ることに。
ちなみに普段は2つのドラマを交互に上映していますので。

Ishinfurusatokan_002_org.jpg
薩摩藩士がイギリス人を斬り殺してしまった 生麦事件 がきっかけとなり
薩英戦争 になってしまい、薩摩がボコボコにされたことまでは知っていましたが
このドラマは、その後の物語になっています。

薩英戦争で敗北した薩摩藩は、そこでメゲずに講和交渉でイギリスに留学生を
派遣することを提案しました。つまり、大胆にも戦った相手から学ぶことにしたのです。

イギリスまでの航海で様々な国に立ち寄り、いろんな文化を知り
イギリスに着いてからも、最先端の技術の習得をした19人の若い薩摩藩士のお話しです。

その中には、
・朝ドラの あさが来た でディーン・フジオカが演じた 五代友厚
・サッポロビールの前身となる開拓使麦酒醸造所を設立した 村橋久成
・東京大学の前身の開成学校の初代校長の畠山義成
・カリフォルニアでワイン王となった長沢鼎
ほかにも、後に外交官・文部大臣などになって近代日本に重要な人物が参加していました。

期待していなかったんですけど、コチラもメチャクチャいい話でした。



本も出ているようです。
その後、本屋に行ったのではなく、鹿児島中央駅に向かい・・・

Ishinfurusatokan_008_org.jpg
薩摩スチューデント に会って来ました。

出張で何度かこの像を見ていて、誰やろう?って思っていましたが
こんな偉業を成し遂げた若者たちだったとは知りませんでしたぁ。

次は、旅行2日目の 宿泊地の指宿温泉 に向かいます。
関連記事
[ 2017/08/25 01:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(0)

【南九州旅行記⑪】ふたたび、クレープの自動販売機/マロンマロン(鹿児島:天文館通)

黒神埋没鳥居椿油ちゃんぽん有村溶岩展望所 と桜島で過ごして
桜島フェリー に乗って15分で鹿児島市内に到着です。
・・・といっても、桜島も鹿児島市内なのですが。

まずは、以前 私が 出張で食べたクレープの自動販売機
ブログを読んだ娘がどうしても行きたいというので

KagoshimaCrepe_100_org.jpg
やってきました ふたたび クレープの自動販売機

KagoshimaCrepe_101_org.jpg
クレープは全部で7種類あります。

KagoshimaCrepe_102_org.jpg
お金を入れてボタンを押すとガチャン!と音がして
ビンに入ったクレープが出てきますので、ビンだけ黄色い箱に返します。

KagoshimaCrepe_103_org.jpg
生キャラメル
マスカルポーネチーズ


KagoshimaCrepe_104_org.jpg
包装フィルムから出しまして・・・

KagoshimaCrepe_105_org.jpg
これはもう立派なクレープです!
お手軽に食べられるので近くにあれば嬉しいですね。

娘にとっては旅行のお楽しみを一つクリアできて満足のようでした。

次は、20年ぶりに 維新ふるさと館 です。
関連記事
[ 2017/08/23 12:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(2)

【南九州旅行記⑩】ゴツゴツ溶岩原の有村溶岩展望所(鹿児島:桜島)

黒神埋没鳥居 の向かいにある 椿の里で椿油のちゃんぽん
食べてから時計回りに桜島を10分ほど走ったところにあるのが
SakurajimaArimura_001_org.jpg SakurajimaArimura_002_org.jpg
有村溶岩展望所

日差しが強く、しかも陽を遮る場所も少ないので
クルマを降りたくもないのですが、折角ココまで来ているので
がんばって階段を上がります!

SakurajimaArimura_003_org.jpg
遊歩道はキレイに整備されていますが、周りは溶岩だらけ

SakurajimaArimura_004_org.jpg
大人の私よりも全然デカい!

SakurajimaArimura_005_org.jpg
残念ながら、振り向くと錦江湾は海と空の境目もわからないぐらい曇ってます。

SakurajimaArimura_007_org.jpg
遥か向こうには、唯一の日陰の展望台があります。

SakurajimaArimura_006_org.jpg
じゃあ、暑いのでオアシスを目指そう!

SakurajimaArimura_000_org.jpg
ギリギリ見えてる 桜島
ちなみに今回の旅行では、このときが一番見えた桜島でした。

SakurajimaArimura_008_org.jpg
溶岩原の緑色が場所によって違うのは、大正溶岩・昭和溶岩など
年代の違う溶岩の上に異なる植生によるからだそうです。

SakurajimaArimura_009_org.jpg
その後、クルマを降りることなく、高速道路の料金所のように
簡単な手続きを済ませ、桜島フェリー で鹿児島市内に向かいました。

次は、クレープの自動販売機 で休憩です。
関連記事
[ 2017/08/21 23:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(2)

【南九州旅行記⑨】桜島の椿油を使ったチャンポン/椿の里(鹿児島:桜島)

黒神埋没鳥居 の見学が終わったのが11時20分。
SakurajimaTsubakinosato_000_org.jpg SakurajimaTsubakinosato_001_org.jpg
垂水の マミーズカフェ でおススメいただいた 椿の里 は鳥居の目の前にあります。

お店の情報を調べると11時30分にオープンのようですが
次の予定があるので、もしオープンが遅れるのであれば諦めようと思いながら
待っていると、11時30分になると同時に暖簾が出されました!

SakurajimaTsubakinosato_003_org.jpg
カウンター8席、座敷2卓のお店を女性お一人で切り盛りされているようで
メニューは椿ちゃんぽんのみ!

SakurajimaTsubakinosato_002_org.jpg
カウンターに座ったので目の前には 椿油 の瓶詰がドーン!

SakurajimaTsubakinosato_005_org.jpg
ちょっと気になったのが、ちゃんぽん しかないのにコショーの種類が多い!
更に、粉チーズまであります・・・合うのか?実はパスタもあるのか?

SakurajimaTsubakinosato_004_org.jpg
まずは、キュウリの漬物

ピリ辛で美味しいので思わず「ご飯ください」って言いたくなります。
でも、メニューは 椿ちゃんぽん のみ・・・

椿油のメチャクチャいい香りが店内に広がってきて・・・

SakurajimaTsubakinosato_006_org.jpg
椿ちゃんぽん

SakurajimaTsubakinosato_007_org.jpg
キャベツ・ピーマン・モヤシ・カイワレ・エビ と
とにかく具だくさんなのは嬉しいですが、
何よりも眼でも楽しめるカラフルな彩り!

SakurajimaTsubakinosato_008_org.jpg
濃厚なのにアッサリしてもたれないようなスープも美味しい!

ボリュームもあるので満足できます。
正直なところ、猛暑で食べたい料理ではなかったんですが
地元の方のおススメに従って正解でした。

SakurajimaTsubakinosato_009_org.jpg
そして、マミーズカフェ に紹介されてきたことを伝えると
サービスで イチゴのかき氷 をいただきました。

次は、桜島の溶岩展望所 です。
関連記事
[ 2017/08/20 16:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(2)

【南九州旅行記⑧】103年前の桜島大噴火で埋没した鳥居(鹿児島:桜島)

垂水の マミーズカフェで あっちん を食べた後、いよいよ 桜島 に初上陸です。

SakurajimaTorii_000_org.jpg SakurajimaTorii_001_org.jpg
上陸して少し走ると 埋没鳥居の駐車場があり
親切にいろいろ説明が書いてあって100円のようです。

SakurajimaTorii_002_org.jpg
で矢印通りに進んで

SakurajimaTorii_003_org.jpg
80mほど歩くと

SakurajimaTorii_009_org.jpg
アスファルトで整備された駐車場があり
しかも無料!更にトイレ付!

SakurajimaTorii_004_org.jpg
と余談はココまでで、その向かいにあるのが 黒神埋没鳥居

あらら、見事に埋まってます。
地上には鳥居の1mが顔を出して2mが地下に埋まっているそうです。

SakurajimaTorii_005_org.jpg
1914年(大正3年)の桜島大噴火で埋没したそうです。

SakurajimaTorii_008_org.jpg
これは鳥居なので、黒神中学校の横の通路のような参道を進むと

SakurajimaTorii_006_org.jpg
本殿?がありまして
中を拝見させていただきますと・・・

SakurajimaTorii_007_org.jpg
物置のようになっているので、埋没鳥居だけを見れば充分のスポットのようです。

次は、マミーズカフェ でおススメいただいた 椿油ちゃんぽんです。
関連記事
[ 2017/08/19 09:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(2)

【南九州旅行記⑦】焼き立てサツマイモにソフトクリームを乗せれば あっちん/マミーズカフェ(鹿児島:垂水)

都城の 関之尾滝 から桜島方面にレンタカーで1時間走ると 鹿児島県に入って
道の駅たるみず で休憩!とはならずに、事前に調べていたこの向かいにある
TarumizuMommy_000_org.jpg TarumizuMommy_004_org.jpg
赤い建物の マミーズカフェ(MOMMY'S CAFE) で休憩です。
TarumizuMommy_001_org.jpg TarumizuMommy_002_org.jpg
カレーも美味しいということだそうですが、食べたかったスイーツを注文します。

TarumizuMommy_003_org.jpg
小さなお店ではありますが、可愛く飾られてテーブルもちゃんとあります。

TarumizuMommy_005_org.jpg TarumizuMommy_006_org.jpg
マンゴーキッズシェイク
季節のみかんシェイク


TarumizuMommy_007_org.jpg
そして、あっちん

TarumizuMommy_008_org.jpg
焼き立てサツマイモにソフトクリームをタップリと乗せているので、
サツマイモの熱さとソフトクリームの冷たさ、それに2つの異なる甘さと
いいことだらけでメチャウマぁ~!!

ホームページによると 鹿児島弁の「アツアツちんたか(冷たい)」が由来だそうです。

店主のおキレイなマミーさんとお話ししたところ、「この後、桜島の黒神埋没鳥居に
行くのであれば、鳥居の前に椿油を使ったちゃんぽんのお店があるので、是非!」
ということなので、次は、黒神埋没鳥居椿油ちゃんぽん です。
関連記事
[ 2017/08/18 01:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(0)

【南九州旅行記⑥】吊り橋の目の前には大迫力な関之尾滝(宮崎:都城)

旅行2日目は宮崎から鹿児島の指宿まで移動します。

MiyakonojoSekinoo_002_org.jpg
宿泊した宮崎市内のホテルからクルマで西へ走ること1時間で
道の駅じゃなくて 滝の駅せきのお に到着。

朝早かったこともあり、お店もオープンしておらず駐車場にも誰もいません。
さて、人気がないのか?時間が早いだけなのか?・・・ちょっと不安になります。

帰るわけにはいかないので、駐車場の地図を確かめると
そこそこ歩かないといけないようです・・・ますます不安になります。

誰も歩いていない歩道を進んで行くと・・・・ゴーゴー

MiyakonojoSekinoo_000_org.jpg
おぉ、関之尾滝 だぁ!

MiyakonojoSekinoo_001_org.jpg
吊り橋を渡りましょう!

MiyakonojoSekinoo_003_org.jpg
グワァー!ゴワァー!

MiyakonojoSekinoo_004_org.jpg
メチャクチャ凄い迫力で、クソ暑い夏にはタマらない清涼感です。

MiyakonojoSekinoo_005_org.jpg
吊り橋を渡って向こう岸の上流を歩いて行くと、変わった岩が目立ちはじめ
岩が小石で削られてできる穴で 甌穴(おうけつ) と言うそうです。

MiyakonojoSekinoo_006_org.jpg
もっと上流に向かうと何かありそうですが、折り返すために途中の橋を渡って

MiyakonojoSekinoo_007_org.jpg
下流を見ると、この先にはあの凄い滝です。

MiyakonojoSekinoo_008_org.jpg
緑生い茂る小路を進んで 男滝・女滝 という
小さめの滝(のようなモノ)を見ながら駐車場に戻りました。

駐車場に戻るとクルマが数台増えてましたぁ・・・ちょっと安心です。

次は、垂水市のカフェで あっちんを食べて 休憩です。
関連記事
[ 2017/08/16 12:00 ] 旅行・おでかけ 宮崎 | TB(0) | CM(2)

【南九州旅行記⑤】堀切峠で日向夏&えびソフト/道の駅フェニックス(宮崎)

鵜戸神宮 から日南海岸を北上しまして、

MiyazakiPhoenix_008_org.jpg
道の駅フェニックス で休憩です。

MiyazakiPhoenix_004_org.jpg
自分の重みで地面に落下することを防ぐためにネットに吊られている
完熟みやざきマンゴー
MiyazakiPhoenix_006_org.jpg MiyazakiPhoenix_005_org.jpg
このマンゴーの隣りにあるソフトクリームの販売コーナーで

MiyazakiPhoenix_003_org.jpg
やっぱりマンゴーかなぁとも思いましたが・・・

MiyazakiPhoenix_007_org.jpg
プレミアム日向夏ソフト(左)
えびソフト(右)

・・・ピントがぼけてる

さて、どっちが美味しいでしょうか?
もちろん、スッキリ日向夏ソフト!

えびソフトは悪くはないんですけど、香ばしいえびせんを食べているようです。
ちなみに、宮崎も伊勢海老の産地だそうです・・・確かに専門店の看板を多く見ました。

MiyazakiPhoenix_000_org.jpg
で、ここは 堀切峠

MiyazakiPhoenix_001_org.jpg
青島 でも見た 鬼の洗濯板 がココにもあります。

MiyazakiPhoenix_002_org.jpg
その後ホテルに到着し、夕陽が沈む青島を眺めて一日目は終了で~す。

旅行2日目は、都城の 豪快な 関之尾滝 からスタートです。
関連記事
[ 2017/08/14 23:00 ] 旅行・おでかけ 宮崎 | TB(0) | CM(6)

【南九州旅行記④】海辺の洞窟に建つ鵜戸神宮(宮崎:日南)

青島 から日南海岸を30分ほど南下しまして 鵜戸神宮 にやってきました。

駐車場の地図を見ると本殿までは少し歩くようです。
(・・・実際には少しじゃなかったんですけど)

NichinanUdo_000_org.jpg
先が見えない階段を上がり
NichinanUdo_001_org.jpg NichinanUdo_002_org.jpg
トンネルをくぐって、野生猿の出没に注意していると

NichinanUdo_003_org.jpg
鮮やかな朱色の 楼門

NichinanUdo_004_org.jpg
今年の干支は酉

NichinanUdo_005_org.jpg
それにしても素晴らしい景色です。

NichinanUdo_014_org.jpg NichinanUdo_006_org.jpg
鵜戸神宮の神使の ウサギ
大きな 運玉 を見ながら進んでいくと

NichinanUdo_007_org.jpg
本殿に到着し、洞窟内の御本殿にお参りし裏にまわると
NichinanUdo_009_org.jpg NichinanUdo_008_org.jpg
御乳岩 があり、分かり難いですが矢印のあたりの膨らみがお乳だそうです。
親切にも見やすいように立ち位置を示す足型もありますので。

NichinanUdo_010_org.jpg NichinanUdo_011_org.jpg
おちちあめ・お乳水・・・もうなんでもアリ?
NichinanUdo_016_org.jpg NichinanUdo_012_org.jpg
亀石 に向かって男性は左手、女性が右手で「運玉」を投げ入れると
願いが叶うそうですので・・・

NichinanUdo_013_org.jpg
家族3人で5玉を分けあって順番に投げましたが、なかなか入らず
私が最後の1投・・・桝形の窪みには入りませんでしたが、
縄の輪の中には入ったので、願いはギリギリ叶いそうです!

NichinanUdo_015_org.jpg
帰りに神門を通ると、奥さんが「ここにもお乳あるで~!」

次は、日南海岸を北上し、堀切峠にある道の駅フェニックス で休憩です。
関連記事
[ 2017/08/13 16:00 ] 旅行・おでかけ 宮崎 | TB(0) | CM(4)

【南九州旅行記③】鬼の洗濯板に囲まれた青島(宮崎)

駐車場で なんじゃこら大福 を食べてから、青島 をブラブラします。

MiyazakiAoshima_009_org.jpg
駐車場のおばさんの「歩道橋の道を曲がってくださいね」
という指示に従って曲がると澄んだ青い空
MiyazakiAoshima_010_org.jpg MiyazakiAoshima_011_org.jpg
左に久しぶりにお目にかかる 二宮金次郎 を見て
右の 宮交ボタニックガーデン青島 を通り過ぎると

MiyazakiAoshima_000_org.jpg
青島 が見えてきましたぁ

MiyazakiAoshima_001_org.jpg
弥生橋 を渡りますと

MiyazakiAoshima_003_org.jpg
鬼の洗濯板

あまりにも整然と並んでいるので人工っぽいですが波に浸食されて作られた天然記念物で
これが青島周囲一帯にあるんですから凄いですねぇ。

MiyazakiAoshima_002_org.jpg
こんな奇岩もところどころにあったりして
いよいよ、向こうにある鳥居をくぐりますと・・・

MiyazakiAoshima_004_org.jpg
青島神社

どうみても南国リゾート地に来ているような雰囲気で

MiyazakiAoshima_006_org.jpg
振り向くと・・・ホンマに日本?

MiyazakiAoshima_005_org.jpg
神社にあるのが絵馬で飾られている 祈りの古道

MiyazakiAoshima_007_org.jpg
うだるような暑さの道のりをまた歩いて折り返すのが嫌なので
誘惑に負けて乗りたくなるような トゥクトゥク・・・誘惑に勝ちましたぁ!

MiyazakiAoshima_008_org.jpg
お土産屋さんで買った 南男猿(なんおさる)

蘇鉄(ソテツ)で作られた「難を去る」という御守りで
旅行の間はクルマにぶら下げて守ってもらいましたぁ。

次は、更に南下して海辺の洞窟に建つ 鵜戸神宮 です。
関連記事
[ 2017/08/12 09:00 ] 旅行・おでかけ 宮崎 | TB(0) | CM(4)

【南九州旅行記②】イチゴ・クリームチーズ・栗が入った なんじゃこら大福/日高(宮崎)

ビストロ アデンで チキン南蛮 を食べた後、クルマで12分ほど南西へ走って

MiyazakiHidaka_000_org.jpg
宮崎駅近くにある お菓子の日高 本店 にやって来ました。
MiyazakiHidaka_001_org.jpg MiyazakiHidaka_002_org.jpg
ネーミングもさることながらビジュアルも
「なんじゃこりゃ」なデザートが目的です。

それ目的なサラリーマンも何人かいたのでお土産にするのでしょう。

MiyazakiHidaka_004_org.jpg
お店にはイートインスペースがないので、次の目的地の青島まで走って

MiyazakiHidaka_005_org.jpg
駐車場に停めて、オープン

なんじゃこら大福
なんじゃこらシュー


MiyazakiHidaka_007_org.jpg
なんじゃこらシュー が成人男性の拳を遥かに超える大きさなので、
なんじゃこら大福 の大きさが目立ちませんが、一般的な大福よりも全然大きいです。

MiyazakiHidaka_003_org.jpg
そのままカジっても なんじゃこら大福 のビジュアルがお伝えできないので
店内の写真をお借りしますと イチゴ・クリームチーズ・栗 が入って
まさに なんじゃこら な全部入り大福!
イチゴ大福・チーズ大福・栗大福を一度に味わえちゃいます。

MiyazakiHidaka_006_org.jpg
ついでに買ったんですが、バカデカ過ぎます!

MiyazakiHidaka_008_org.jpg
小倉生クリーム・カスタード・イチゴ・栗・クリームチーズ と入って
普通サイズの2倍らしいですが、どう見ても3倍はあります。

ちなみに、この2つを1人で食べるのは不可能なので
3人で分け合って美味しく食べましたぁ~

次は、クルマを降りて 青い空と青い海の青島 です。
関連記事
[ 2017/08/11 01:00 ] 旅行・おでかけ 宮崎 | TB(0) | CM(2)

【南九州旅行記①】甘酢で煮込まれたジューシーなチキン南蛮/アデン(宮崎)

7月末に宮崎~鹿児島~熊本~宮崎と南九州をグルッと旅行してきました。

MiyazakiAden_001_org.jpg MiyazakiAden_002_org.jpg
約20年振りに宮崎にやって来ました~

宮崎ブーゲンビリア空港 に着いて、初めに気づいたのがトイレのマーク!
さすが日本のハワイ!

MiyazakiAden_000_org.jpg
レンタカーで市内を走ると、やっぱりハワイ

MiyazakiAden_003_org2.jpg MiyazakiAden_004_org2.jpg
空港からクルマで15分北へ走って、まずは ビストロ アデン(ADEN) でランチです。

MiyazakiAden_005_org.jpg
○○風とオリジナリティがありそうで美味しそうなメニューがズラリ。
まぁ、それでも「宮崎なんでぇ」ということで・・・

MiyazakiAden_008_org.jpg
娘の チキン南蛮 アデン風

MiyazakiAden_009_org.jpg
宮崎だからでも、本場だからでもなく、今まで食べたチキン南蛮とは
ちょっと違って、甘酢で煮込まれているそうです。
これがまた、メチャクチャ美味しい!

MiyazakiAden_006_org.jpg
肉厚でジューシーな奥さんの ポークジンジャー ピカタ風

MiyazakiAden_007_org.jpg
私の チキンカツ アデン風

MiyazakiAden_010_org.jpg
切るとチーズトロ~リでチキンが大葉で包まって美味しい~!

どれもこれも一手間入っている美味しい洋食屋さんでした。

ちなみに、旅行中にラジオを聞いていると、チキン南蛮は同じ宮崎県でも
北部にある延岡市が発祥だそうです。

次は、大きな なんじゃこら大福 のデザートです。
関連記事
[ 2017/08/09 12:00 ] 旅行・おでかけ 宮崎 | TB(0) | CM(4)

てんこもりな天粉盛ぶっかけうどん/天粉盛(大阪:津守)

先日のランチは 手作りうどん 天粉盛(てんこもり) です。
南海汐見橋線「津守駅」から東へ徒歩2分のパチンコ屋さんの駐車場にあります。
TsumoriTenkomori_005_org.jpg TsumoriTenkomori_004_org.jpg
カウンター11席ぐらい、テーブル1.5卓?と微妙な構成で
トイレの扉が一石二鳥になって、誰もが戸惑うような造りになっています。

テーブルには無料の天かす、うどん屋さんには珍しく
携帯用充電コンセントまであります。

TsumoriTenkomori_003_org.jpg TsumoriTenkomori_002_org.jpg
多いメニューから、ぶっかけ・釜揚げ・カレーに絞り込んで、迷いに迷いまして・・・

TsumoriTenkomori_006_org.jpg
天粉盛ぶっかけうどん(冷)

「すだちを絞って、ツユをかけてお召し上がりください」とのこと。

TsumoriTenkomori_007_org.jpg
牛肉のしぐれ煮
ブロッコリー天
刻みネギ・カイワレ・胡麻

TsumoriTenkomori_008_org.jpg
ナス天・鶏天
刻み海苔・大根おろし・すだち

TsumoriTenkomori_009_org.jpg
ちくわ天・エビ天・ニンジン天・サツマイモ天
とトッピングがてんこ盛り!

TsumoriTenkomori_010_org.jpg
ビヨーンと伸びる麺が気持ちよくてサイコー!!
しかも大盛りにしなくても充分満足できるボリュームもあります。

TsumoriTenkomori_011_org.jpg
サクッと軽く揚がっているので、これだけ天ぷらがあっても
重たくないので、最後まで美味しくいただけます。
TsumoriTenkomori_001_org.jpg TsumoriTenkomori_000_org.jpg
隣りのお兄さんが「梅わかめうどん」って頼んだので
「え~!そんなうどん頼む人初めて見たぁ」と呟く私でしたぁ。
関連記事
[ 2017/08/07 23:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

鳥取限定 鳥取二十世紀梨ゼリー/宝製菓(鳥取駅)

鳥取駅のお土産売り場をウロウロしまして

Tottori20CJelly_000_org.jpg
これは夏らしくて、いかにも鳥取!

Tottori20CJelly_001_org.jpg
ということで、鳥取限定 鳥取二十世紀梨ゼリー
Tottori20CJelly_002_org.jpg Tottori20CJelly_003_org.jpg
透明なドーム型のパッケージも涼しげで
文言を読んでも美味しそうです。

Tottori20CJelly_004_org.jpg
12個入り

Tottori20CJelly_005_org.jpg
冷蔵庫で冷やしてから食べま~す。

果汁がタップリで美味しく、まるで梨を丸ごと食べているようです!

梨好きならおススメです!
関連記事
[ 2017/08/06 16:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

穴子一本付 特撰天丼にはサービスで たまご天/我天(鳥取駅)

鳥取出張でのランチは 我天(がてん) です。
鳥取駅前の サンロード商店街 にあり、同僚おススメということでやってきました。
TottoriGaten_000_org.jpg TottoriGaten_002_org.jpg
天丼の種類は多く、更に定食もあって
しかもランチではたまご天がサービスということらしい。

TottoriGaten_004_org.jpg
特撰に穴子一本が付いて、平日は180円引きであるならばと
穴子一本付 特撰天丼(たまご天サービス)

TottoriGaten_005_org.jpg
この盛り付け方では何が何やらよくわかりませんが
海老天2本、白身天、烏賊天、ナス・カボチャ・シシトウの野菜天

TottoriGaten_006_org.jpg
更に、穴子一本天!!
そして、たまご天 と超盛りだくさん!

これがまた、メチャクチャうまい!
今まで食べた天ぷらの中でも上位に入る美味しさです!

天ぷらの衣が美味しいので、天かす丼でも満足できてしまいそうです。
TottoriGaten_003_org.jpg TottoriGaten_001_org.jpg
鳥取駅前に来たのであれば、外せないお店かもしれません。
関連記事
[ 2017/08/05 09:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

岩がき・モサエビ・白いか・鳥取牛と鳥取食べまくり~/ぐらっちぇ(鳥取駅)

鳥取出張のディナーは ご馳家 ぐらっちぇ本店 です。

鳥取駅から北東へ徒歩6分のところにあり、
お客さんのおススメということで予約してやってきました。

TottoriGurattye_002_org.jpg
せっかくの鳥取なんで 白いか を含められるのか聞いたところOKということで
まずは、おまかせ5種盛りあわせ

TottoriGurattye_003_org.jpg
店員さんおススメの 大江の卵 を5個も使った 出し巻き卵

大きな卵焼きの迫力にもビックリですが、
「皿一面にはチーズが敷き詰められてる~!」って思ったら、お皿の柄でしたぁ~

TottoriGurattye_004_org.jpg
ネーミングがいいので 初夏かおる1口イカ寿司

TottoriGurattye_005_org.jpg
鳥取の夏はやっぱり、岩がき(夏輝)

ちょっとわかりにくいので・・・

TottoriGurattye_006_org.jpg

では、アップでドーン!
それでもジュレが邪魔をしてわからないので・・・

TottoriGurattye_007_org.jpg
メチャクチャ デカ~い!!
豪快にひと口でバクっと頬張るとドドドドーンと日本海が押し寄せてきます。

TottoriGurattye_008_org.jpg
こちらも鳥取で忘れてならない モサエビ
塩焼きと唐揚げにしてもらいましたぁ。
香ばしくて美味しい!

TottoriGurattye_009_org.jpg
白イカ&白ネギのバター醤油いため

刺身もいいけど炒めたイカもネギもウマ~い!!

TottoriGurattye_010_org.jpg
鳥取牛の焼きしゃぶ

脂が甘くてタマラ~ン!!

TottoriGurattye_011_org.jpg
ようやく〆は うなぎ棒ずし

フワッとトロッととろけてサイコーッ!!
TottoriGurattye_001_org.jpg TottoriGurattye_000_org.jpg
何度か鳥取には来ていますが、こんなに堪能できたことはないので
次も鳥取の夜はココになったしまうでしょう!
関連記事

天ぷら6種とお造り3種の魚が美味しい定食/はりまや(大阪狭山,金剛)

先日のランチは はりまや です。
南海高野線「金剛駅」から西へ徒歩2分のところにあります。
KongoHarimaya_001_org.jpg KongoHarimaya_005_org.jpg
テーブル11卓・L字カウンター11席と奥に広いお店で
かなりキレイな店内で、高級感が漂いまくってます。

KongoHarimaya_000_org.jpg
しかし、ランチはお得な定食が揃っていて
他の人が頼んでいた赤カレイの煮付けが
大きくてメチャクチャ美味しそうだったんですが・・・

KongoHarimaya_002_org.jpg
お得そうだったので はりまや定食

KongoHarimaya_003_org.jpg
刺身はマグロ・タイ・イカ

KongoHarimaya_006_org.jpg
マグロ・タイは分厚く切られ弾力もあって美味しい~!!

KongoHarimaya_004_org.jpg
写真に写っていないけど、意外と多く6種もあって
海老・ニンジン・カボチャ・ナス・ピーマン・サツマイモ

KongoHarimaya_007_org.jpg
熱々で上品な揚げ方なので、アッサリ食べられま~す。
KongoHarimaya_008_org.jpg KongoHarimaya_009_org.jpg
どうやら鯖の棒ずしが有名なお店のようなので
お好きな方は行ってみてはいかがでしょう。
関連記事
[ 2017/08/02 12:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム