おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2017年04月
月別アーカイブ  [ 2017年04月 ] 

≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

【こんぴら・直島旅行記⑮】主役は はまち と わかめ のおまかせ定食/びんび家(徳島:鳴門)

一日目に こんぴらさん、二日目に 直島 と行った旅行の
最後は、鳴門の びんび家 でディナーです。

NarutoBinbi_002_org.jpg
19時半に着くと駐車場はいっぱいで、なんとか停められました。
しか~し!お店の前には30人待ちの行列。

ここで帰るわけにはいかないので、待つこと15分で座れました。

NarutoBinbi_004_org.jpg
メニューを見て、
奥さん 「びんび定食は12,500円もするで~!!」
娘 「・・・3,500円やけど」

まぁ、確かに見間違うような表記やけどね。

NarutoBinbi_005_org.jpg
ガラスケースの煮魚の山盛り具合が凄かったので
かなり気にはなったのですが・・・

NarutoBinbi_008_org.jpg
おまかせ定食

NarutoBinbi_009_org.jpg
厚切りの ハマチの刺身

NarutoBinbi_011_org.jpg
各地に出張に行って何度も刺身を食べてますが
BEST3に入るぐらいメチャクチャ美味しい~!!

冗談のようですが、口の中で動いているように
錯覚してしまうので、まだ生きているのかも?

NarutoBinbi_006_org.jpg
イカ・エビ・ナス・インゲン・サツマイモ の
天ぷら は揚げ立てでもないので、それなり・・・

NarutoBinbi_010_org.jpg
そんな天ぷらよりも遥かに美味しいのが
大きなお椀に入った わかめの味噌汁

わかめがいっぱい入っているというよりも具はわかめのみ!
まぁ、鳴門ですから!
甘めの味噌汁は、すご~~~~~く美味しい!!

NarutoBinbi_007_org.jpg
娘の 海の幸カレー

周りでは海老フライを食べている人も多かったので
これを食べたら納得の美味しさです。
NarutoBinbi_001_org.jpg NarutoBinbi_000_org.jpg
これで、1泊2日の香川(こんぴら・直島)旅行記はおしまいで~す。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/04/28 01:00 ] 旅行・おでかけ 徳島 | TB(0) | CM(2)

【こんぴら・直島旅行記⑭】なんでもかんでもアートな直島(香川:直島)

宮浦港家プロジェクトベネッセアートサイト
と芸術家の作品がいっぱいありますが、どうも直島全体がアートに感化されているようです。
ということでアート直島番外編。

NaoshimaExtra_000_org.jpg
家プロジェクトはいしゃ を観た後だったので、
「これもアートっぽいなぁ」と近づくと 直島町役場

NaoshimaExtra_007_org.jpg
その裏にあるのが三分一博志が設計した 直島ホール

NaoshimaExtra_008_org.jpg
屋内にはこんな感じで光が入ってきます・・・

NaoshimaExtra_001_org.jpg NaoshimaExtra_002_org.jpg
街中にある 乳母車植木鉢

NaoshimaExtra_003_org.jpg
門柱の空き缶までも、アートっぽく見えてきます。

そして、草間彌生の 赤かぼちゃ黄かぼちゃ にちなんで・・・

NaoshimaExtra_005_org.jpg
レンタサイクル

NaoshimaExtra_006_org.jpg NaoshimaExtra_009_org.jpg
バス

NaoshimaExtra_010_org.jpg
レンタカー

NaoshimaExtra_004_org.jpg
そして、こんなところにも!

ということで、直島で過ごしたアートな一日は終了です。
最後は、帰阪する途中の鳴門でのディナーです。
関連記事
[ 2017/04/26 12:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(0)

【こんぴら・直島旅行記⑬】アートであり銭湯でもある I♥湯(香川:直島)

ベネッセアートサイト直島 から4kmを自転車で走って、宮浦港に到着。
午前中には、草間彌生の 赤かぼちゃ を観ましたが、このエリアのもう一つの作品と言えば・・・

NaoshimaMiyanoura_003_org.jpg
直島銭湯「I♥湯」

本村エリアの 家プロジェクトはいしゃ と同じ 大竹伸朗 の作品です。
NaoshimaMiyanoura_005_org.jpg NaoshimaMiyanoura_004_org.jpg
船などのスクラップで出来てはいますが、ちゃんと銭湯でもあるので
ひとっ風呂浴びたかったのですが、時間がなかったので止めときました。

NaoshimaMiyanoura_002_org.jpg
宮浦港で 赤かぼちゃ の次に目立つのが
直島諸島の「28番目の島」をコンセプトにした
直島パヴィリオン 【藤本壮介】

NaoshimaMiyanoura_006_org.jpg
フェリーの出発までまだ時間があるので
岡山玉野産みかんソルベ瀬戸内産レモンソルベ
で瀬戸内海気分を感じながらサッパリします。

NaoshimaMiyanoura_000_org.jpg
名残惜しいですが、赤かぼちゃにお別れを告げ直島を後にします。

NaoshimaMiyanoura_001_org.jpg
夕日に映える 瀬戸大橋

次は、おまけのような直島ネタをもう一つ。
関連記事
[ 2017/04/24 23:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(0)

【こんぴら・直島旅行記⑫】自転車を降りて、黄色いカボチャ~地中美術館(香川:直島)

ランチの あいすなお家プロジェクト のある本村エリアから

NaoshimaBenesse_009_org.jpg
爽やかな風を感じながらレンタサイクルを走らせまして

NaoshimaBenesse_002_org.jpg
ベネッセアートサイト直島 には自転車では
入れないので入り口の つつじ荘 近くに駐輪します。

ちなみに、ココは村木賢吉の おやじの海 の発祥地だそうです。

NaoshimaBenesse_000_org.jpg
駐輪場からすぐに目につく人だかり

NaoshimaBenesse_001_org.jpg
宮浦港の 赤かぼちゃ に続いて
同じ 草間彌生黄色いかぼちゃ ・・・作品名は 南瓜 だそうです。

ここから30分に1本走っている無料の場内シャトルバスに
7分ほど乗って、終点の地中美術館のチケットセンターに到着。

こちらで館内の説明を受けたり、チケットを買ったりしまして

NaoshimaBenesse_003_org.jpg
センターから地中美術館に向かう途中にあるのが、
クロード・モネの雰囲気を立体的に感じられる 地中の庭

NaoshimaBenesse_004_org.jpg
で、地中美術館 に到着するわけですが、当然ながら撮影禁止です。
モネや安藤忠雄の作品は コチラ でどうぞ!

ちなみに、ここでも外国人が多いんですが、なんとなくですが
アメリカ・中国からではなくフランス・韓国からが多いように思えました。

NaoshimaBenesse_010_org.jpg
帰りのシャトルバスで、この陽気にはピッタリな 小夏ドリンク で喉を潤します。

このまま終点の つつじ荘 に乗るのではなく、ベネッセハウスミュージアム下
に途中下車しまして、道々にあるアート作品を観ながら つつじ荘に向かいます。

NaoshimaBenesse_005_org.jpg
三枚の正方形 【ジョージ・リッキー】

NaoshimaBenesse_006_org.jpg
茶のめ 【片瀬和夫】

NaoshimaBenesse_007_org.jpg
腰掛 【ニキ・ド・サンファール】

娘が持っているのは、さっきの小夏ドリンクです。

NaoshimaBenesse_008_org.jpg
らくだ 【ニキ・ド・サンファール】

次は、レンタサイクルで約4km走ってフェリーが出発する宮浦港に戻ります。
関連記事
[ 2017/04/23 16:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(0)

【こんぴら・直島旅行記⑪】古い家屋を改修した家プロジェクト(香川:直島)

直島東部の本村エリアには、角屋・南寺・護王神社・石橋・碁会所・はいしゃ
NaoshimaHouseProject_005_org.jpg NaoshimaHouseProject_004_org.jpg
家プロジェクト してあり、見学には共通チケットが必要になります。

しかし、どれもアート作品なので屋内での写真撮影は禁止です。
よって、私には文章だけで芸術性を伝えるのは難しいので
ブログでは写真撮影可能な箇所が多かった作品のみにしときます。

NaoshimaHouseProject_012_org.jpg
角屋 【宮島達男】

築約200年の家屋を改修して、暗い部屋には水が張られた池があり
そこでは125個のカラフルなデジタルカウンターが動作しています。

案内人のおじいさんによると、元々の持ち主が手放すときに話が
回り回ってベネッセまで伝わって、ここが家プロジェクトの
第1弾となりアート直島が始まったそうです。

NaoshimaHouseProject_001_org.jpg
はいしゃ 【大竹伸朗】

あいすなおでランチ を食べる前に入り、ここで共通チケットを買いました。

NaoshimaHouseProject_003_org.jpg
食堂か駄菓子屋さんっぽい看板ですが、かつてはホントに歯医者さんだったそうです。

NaoshimaHouseProject_002_org.jpg
屋内にはいるのは、巨大な自由な女神。
さて、どうやってこの家に入れたんでしょう?

NaoshimaHouseProject_011_org.jpg
護王神社 【杉本博司】

NaoshimaHouseProject_006_org.jpg
本殿の前には白石が敷き詰められて

NaoshimaHouseProject_008_org.jpg
本殿に上がる階段はなんとガラスなので、神秘的な雰囲気を演出しています。

NaoshimaHouseProject_007_org.jpg
この神社を守っている・・・猫?
これも演出でしょうか?

NaoshimaHouseProject_010_org.jpg
神社の下には一度に入れる人数制限のある 石室 があり
懐中電灯を借りて細い通路を進むと奥にもガラスの階段があり
地上の階段と続いているなんとも神秘的な空間になっています。

NaoshimaHouseProject_009_org.jpg
石室の出口からは真っ青な瀬戸内海を眺めることができ
次は、この海岸線をレンタサイクルを漕いで ベネッセアートサイト直島 です。
関連記事
[ 2017/04/22 09:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(2)

【こんぴら・直島旅行記⑩】モチモチ玄米には呉汁といっぱいの野菜のおかず/あいすなお(香川:直島)

レンタサイクルを借りてから、直島アート巡りで、ホントは先に 家プロジェクトの
はいしゃ を観たのですが、まずは、玄米心食あいすなお でのランチから。
NaoshimaAisunao_007_org.jpg NaoshimaAisunao_008_org.jpg
古民家を改装したお店で、カウンター9席、座敷3卓、テーブル1卓で
店内から眺める庭までもちょっとアートっぽく見えます。

ちなみに、向かいには 島宿あいすなお というゲストハウスがあります。

NaoshimaAisunao_002_org.jpg
高松の 文月でタマゴホットサンドのモーニング を食べ過ぎたのですが
こちらのメニューであれば胃にも負担をかけずにすみそうです。

NaoshimaAisunao_003_org.jpg
あいすなおセット

NaoshimaAisunao_005_org.jpg
圧力鍋でじっくり炊いているという モチモチ玄米
小鉢は お豆腐のキノコあんかけ

NaoshimaAisunao_006_org.jpg
瀬戸内の郷土料理で大豆がたっぷり入った 呉汁(ごじる)

NaoshimaAisunao_004_org.jpg
お野菜いっぱいおかずプレート
ほっこりした雰囲気で食べられる健康食です。
NaoshimaAisunao_000_org.jpg NaoshimaAisunao_001_org.jpg
次は、本村エリアの 家プロジェクト です。
関連記事
[ 2017/04/21 01:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(2)

【こんぴら・直島旅行記⑨】瀬戸内海の現代アートな『直島』に上陸(香川:直島)

高松の 文月でタマゴサンドのモーニング を食べてから、高松港に到着。

NaoshimaRedPumpkin_003_org.jpg
港で目立っている 大巻伸嗣の Liminal Air -core-

高さ8mのカラフルな2本の柱は、
これから現在アートの船出かぁって気分にさせてくれます。

NaoshimaRedPumpkin_004_org.jpg
クルマも積めますが、今回は奥さんと娘は直島でレンタサイクルを借りて
私は、クロスバイクを持ち込みです。
(ず~っとサボっているので、こういうときこそ使わないと!
 ちなみに、前回乗ったのは昨夏の 出雲ポタリング です。)

NaoshimaRedPumpkin_000_org.jpg
いよいよ出発で~す!

NaoshimaRedPumpkin_001_org.jpg
昨日は雨のなか、こんぴらさん などに行きましたが
今日は絶好のサイクリング日和です。

NaoshimaRedPumpkin_002_org.jpg
航行途中で、娘が 鬼ヶ島 を発見!
桃太郎伝説のある岡山と香川の県境にある 女木島(めぎしま) の愛称です。

NaoshimaRedPumpkin_005_org.jpg
赤い物体が見えてきたので、直島に到着~!!

NaoshimaRedPumpkin_006_org.jpg
フェリーから見えるので、上陸すると誰もがやってくるのが
草間彌生赤かぼちゃ

NaoshimaRedPumpkin_007_org.jpg
さぁ、直島での現代アート巡りスタート~!
関連記事
[ 2017/04/19 12:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(2)

【こんぴら・直島旅行記⑧】超ボリューミーなハムとたまごのホットサンド/文月(香川:高松)

旅行2日目は 珈琲美人 文月(フヅキ) のモーニングから始まります。
TakamatsuFuzuki_002_org.jpg TakamatsuFuzuki_003_org.jpg
優雅な気分になれる店内で、店員さんの接客が必要以上に
丁寧なので、こっちがかしこまってしまうぐらいです。


店員さんの 「いらっしゃいませ~」 が、ファミリーレストラン(お笑いコンビ)の
原田さんのギャグの 「いらっしゃーせー」 とソックリだったので
その声が聞こえるたびに娘と顔を見合わせてニヤリとしてました。

TakamatsuFuzuki_000_org.jpg
土日祭日はモーニングはやっていないようです。
じゃあ、単品で頼むしかないので・・・

TakamatsuFuzuki_005_org.jpg
ハムとたまごのホットサンド

TakamatsuFuzuki_006_org.jpg
スッゲー!・・・この切り方!
しばらく見つめてしまいました。

TakamatsuFuzuki_010_org.jpg
横から見ると、2枚の食パンを斜めに切って
タマゴサラダの面積を最大限に見せています。

マスタードが効いて、メチャクチャ美味しい!

TakamatsuFuzuki_007_org.jpg
更に、大盛りサラダ、コーン、胡麻ドレッシング、ヨーグルト

TakamatsuFuzuki_008_org.jpg
野菜サラダだけでなく、マカロニ&スパゲティサラダまで
付いているので、野菜いっぱい食べられてヘルシーかもしれませんが
朝から食べ過ぎでしょう・・・美味しいからいいですが。

TakamatsuFuzuki_009_org.jpg
濃いめで香りがいいコーヒー
これを飲めば、食べ過ぎてもホッコリできます。
TakamatsuFuzuki_001_org.jpg TakamatsuFuzuki_004_org.jpg
次は、いよいよ 直島に上陸です。
関連記事
[ 2017/04/17 23:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(0)

【こんぴら・直島旅行記⑦】フルーツがいっぱいのったタルト専門店/かにわしタルト店(香川:高松)

もり家 で大きなかき揚げ のうどん を食べ過ぎたのに、
TakamatsuKaniwashi_001_org.jpg TakamatsuKaniwashi_000_org.jpg
娘の希望でホテルへ行く途中にある かにわしタルト店 にちょっと寄り道です。

情報では駐車場があるはずなのに見付からず、お店の周りを
クルマで2回ほどまわって交差点に駐車場を発見して
お店に入るとお客さんでいっぱいで、しかもサラリーマンが何故か多い。
おそらく家族に頼まれたのでしょう。

ところで かにわし って何?
オーナーは川西さんなのであだ名でしょうか?
TakamatsuKaniwashi_002_org.jpg TakamatsuKaniwashi_003_org.jpg
ガラスケースには約15種類のタルトが色とりどりに並び
季節がらイチゴ系が多く更に鮮やかな色合いになっています。

しかも、切り分けられているのでいろんな種類を買いやすくなっています。

で、ホテルにチェックインしてから・・・

TakamatsuKaniwashi_004_org.jpg
デザートのお時間~

TakamatsuKaniwashi_005_org.jpg
奥さんは チョコバナナタルト
私も娘もバナナが苦手なので奥さん一人で食べてました・・・

TakamatsuKaniwashi_006_org.jpg
娘は berry berryタルト
美味しかったようでまったく分けてくれません・・・

TakamatsuKaniwashi_007_org.jpg
私は かにわし厳選 いちごのタルト

サックリしたパイ生地はもちろん美味しいですが、
それ以上に、イチゴの素材の良さが際立って
甘酸っぱさが口から鼻まで広がって美味しい~!!

今はテイクアウト専門店ですが、5月からはカフェが併設されるようです。

これで、食べてばかりの1日目は終了で
明日は、喫茶店での タマゴサンドのモーニング からスタートです。
関連記事
[ 2017/04/16 16:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(2)

【こんぴら・直島旅行記⑥】デカくて分厚い 特上瀬戸のかき揚げおろしうどん/もり家(香川:高松)

さぬきうどんアイスを食べた道の駅 滝宮 から
クルマで東へ30分移動して、もり家 でディナーです。

TakamatsuMoriya_007_org.jpg
うどん県副知事の要潤さん。
ひらパー兄さんの岡田准一さんもそうですが
どちらも地元のためにがんばってます。

TakamatsuMoriya_003_org.jpg TakamatsuMoriya_002_org.jpg
大きなかき揚げが名物だというので・・・

TakamatsuMoriya_004_org.jpg
更に進化した 特上瀬戸のかき揚げおろしうどん(中:1.5玉)

TakamatsuMoriya_005_org.jpg
小学生の娘の顔の大きさとほぼ同じぐらいあり、更に重い!

普通のかき揚げに瀬戸内産タコ と 宇和海産ちりめん が
いっぱい入って、中央には海老がドーンと目立ってます。

揚げ立てで美味しいで~す!!・・・が重量だけでなく、胃にも重たい。

TakamatsuMoriya_006_org.jpg
モッチモチなうどん

こちらも美味しいことに代わりがないんです・・・が
かき揚げが重たいので 小 にしとけばよかったぁ。
TakamatsuMoriya_001_org.jpg TakamatsuMoriya_000_org.jpg
なんか食べてばっかりですが、1日目の最後は 食後のデザートで かにわしタルト です。
関連記事
[ 2017/04/15 09:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(0)

【こんぴら・直島旅行記⑤】超こってり!さぬきうどんアイス/道の駅 滝宮(香川:綾川町)

こんぴらさん観音寺の上戸でうどん
TakinomiyaIce_001_org.jpg TakinomiyaIce_000_org.jpg
日本で一番小さい香川県を西へ東へ移動して 道の駅 滝宮 にやって来ました。

1泊2日の香川旅行で1日目が雨になってしまい、急遽1日目と2日目の
予定を入れ替えたので、こんな移動になってしまいました。

TakinomiyaIce_007_org.jpg
中国(唐)の麺の打ち方を持ち帰った空海から
弟子である 智泉大徳(ちせんだいとく) が伝授されて
智泉の故郷である滝宮の両親にうどんをもてなしたことで
滝宮は「うどん発祥の地」と言われているそうです。

TakinomiyaIce_002_org.jpg
そこで売られているのが、さぬきうどんアイス
さっぱり・純こってり・超こってりの3グレードあります。
TakinomiyaIce_004_org.jpg TakinomiyaIce_003_org.jpg
もう、チャレンジャーになるしかないでしょう!と・・・

TakinomiyaIce_005_org.jpg
さぬきうどんアイス(超こってり)

美味しいのか?合うのか?といった野暮なことは言わずに
うどん県らしい「いりこ」入りはオモシロいので、一度は試すべきでしょう。

TakinomiyaIce_006_org.jpg
もちろん、うどんも入っていますので!

次は、超デカいかき揚げ のうどん のディナーです。
関連記事
[ 2017/04/14 01:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(0)

【こんぴら・直島旅行記④】燧(ひうち)のいりこは日本一/上戸(香川:観音寺)

こんぴらさんにお参り して、かまたまソフト・嫁入りお入りソフト を食べてから
KanonjiJoto_001_org.jpg KanonjiJoto_000_org.jpg
西へ移動しまして 西端手打 上戸(せいたんてうち じょうと) でランチです。

KanonjiJoto_009_org.jpg
生憎の雨なのでお店の前の景色は灰色の空と海ではありますが
この遥か向こうの伊吹島周辺を 燧灘(ひうちなだ) というそうです。

KanonjiJoto_002_org.jpg
かけうどんを注文すると

KanonjiJoto_003_org.jpg KanonjiJoto_004_org.jpg
うどん玉が入ったどんぶりを渡されて「10秒~15秒温めてください」
ということで自分で温めまして

出汁をドバーっとセルフで入れて

KanonjiJoto_005_org.jpg
かけうどん(中2玉)

お店に着いたのが14時頃だったので、天ぷらはほぼ売り切れで
カボチャ天2個、シメジ天1個、おにぎり2個、アゲ2枚だけ・・・

シメジ天をトッピングすると、あまりにも寂しいので、
お店の方が奥から白天を出してきてくれました。

KanonjiJoto_006_org.jpg
まず、いりこ出汁が風味よくメチャクチャ美味しい!
そして、モチっとした極太麺もタマラ~ン!!

KanonjiJoto_007_org.jpg
見た目はあんまりですが、シメジ天 は噛めば噛むほど
美味しい・・・と思っていたら

KanonjiJoto_008_org.jpg
それ以上に 無料の いりこの唐揚げ が香ばしくて美味しい~!!

こんぴらさん からわざわざ観音寺まで来た理由は

KanonjiJoto_010_org.jpg
娘が観たことがないというので 銭形砂絵 のためにやって来ました。
これを見たのでお金に不自由しなくなる・・・そうです。


でも、雨でもう一つの景色だったので、以前私が出張で来た時に
たこ判を食べたときの銭形砂絵 をどうぞ!

次は、小さな香川県を東へ移動して、今度は うどん入りのうどんアイス です。
関連記事
[ 2017/04/12 12:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(2)

【こんぴら・直島旅行記③】かまたまソフト と 嫁入りおいりソフト(香川:琴平町)

雨のなか、御本宮までの785段の石段を上って
当然ながら、また785段を下りて疲れたぁということで

KonpiraSoftCream_000_org.jpg
まずは、しょうゆ豆本舗 表参道店 で休憩です。

KonpiraSoftCream_001_org.jpg
金箔を貼ったソフトクリームもあるのですが
やはり、うどん県らしい人気№1を食べようと・・・

KonpiraSoftCream_002_org.jpg
かまたまソフト

ソフトクリームなのに、ネギ&醤油 の組み合わせは
ビックリですが、意外にも合うや~ん!

KonpiraSoftCream_003_org.jpg KonpiraSoftCream_006_org.jpg
続いて、表参道をもう少し歩いて 四国の旬 では

KonpiraSoftCream_004_org.jpg
クリームは和三盆・しょうゆ・希少糖ミルクから選んで
トッピングはおいり・和三盆ドーナツから選べるて注文すると

KonpiraSoftCream_005_org.jpg
店員さんがパラパラパラ~っとおいりをふりかけてくれて

KonpiraSoftCream_007_org.jpg
嫁入りおいりソフト(和三盆・しょうゆ)

万能調味料の醤油はソフトクリームにも合うなんて~!
個人的には、私はこっちのほうが好きですね。

次は、西へ移動して、いりこ出汁が美味しいうどん のランチです。
関連記事
[ 2017/04/10 23:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(4)

【こんぴら・直島旅行記②】笑顔でしあわせ。こんぴらさん!!(香川:琴平町)

善通寺の熊岡菓子店で石パン を買ったあと、
1日目のメインスポットの こんぴらさん にやって来ましたぁ。
Konpira_000_org.jpg Konpira_001_org.jpg
残念ながら・・・雨

Konpira_002_org.jpg
では、785段先の 御本宮 を目指しましょう!

Konpira_003_org.jpg
365段 瓦葺きの見事な 大門

Konpira_004_org.jpg
大門を過ぎると飴を売っている 五人百姓 がいる
はずだったんですが雨のためにお休みのようです。

Konpira_005_org2.jpg
代わりに咲き始めた桜を観ることができました。

Konpira_015_org.jpg
431段から振り返った150mの石畳・・・桜もチラホラ
3500本の桜らしいので満開だとかなりキレイなんでしょう。
Konpira_009_org.jpg Konpira_006_org.jpg
黄色の看板が目立つ 桜馬場西詰銅鳥居

その鳥居の横にいるのが、初穂料と道中の食費を首に巻いた袋に入れて、
飼い主の代わりに「こんぴら参り」をした犬の こんぴら狗

Konpira_007_org.jpg Konpira_008_org.jpg
神馬 月琴号(12歳)
トウカイ・スタント号(25歳)

トウカイ・スタントはナント人間年齢だと100歳!
しかもお父さんは菊花賞で勝ったホリスキーだそうですが・・・スタント自身は7戦0勝のようです。

Konpira_011_org.jpg
この最後の階段がキツイ!!!

Konpira_012_org.jpg
着きましたぁ~ 785段 御本宮

景色がキレイなはずなんですが、雨のため灰色一色・・・

Konpira_013_org.jpg
雨のなか、こんなに階段を上がったので、
きっとご利益もあるはずだと信じて 幸福の黄色い御守

Konpira_010_org2.jpg Konpira_014_org2.jpg
帰りに 旭社 に寄って、大雨のこんぴら参りは終了です。
晴れだったら、更に奥の1368段の厳魂神社 を目指したかも?

次は、下山して 2種類の変わりソフト で休憩です。
関連記事
[ 2017/04/09 16:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(4)

【こんぴら・直島旅行記①】石パンはハード系ではなく超ハード/熊岡菓子店(香川:善通寺)

娘が春休みだったので1泊2日で香川県に行ってきました。

1日目に 直島、2日目に こんぴら を予定していましたが
1日目が雨になってしまい、それだと直島のレンタサイクルが
辛くなるので、急遽1日目と2日目を入れ替えて回って来ました。
ZentsujiKumaoka_001_org.jpg ZentsujiKumaoka_000_org.jpg
この日のメインは こんぴらさん なのですが、
その前に善通寺前の 熊岡菓子店 にちょっと寄り道です。

ZentsujiKumaoka_002_org.jpg
昭和の香りがプンプンするようなお店で、
善通寺を参拝した人たちがどんどんやってきます。

ZentsujiKumaoka_003_org.jpg
ガラスケースに入った手前が数種類の○○パン、奥がお菓子のようです。
お世辞にも、「わぁ~美味しそう!」とは言い難い・・・

数種類買ってから、ここまで来て 善通寺 に参らなかったら
バチが当たりそうなので・・・

ZentsujiKumaoka_004_org.jpg ZentsujiKumaoka_005_org.jpg
高さ45mの 五重塔 と 樹齢1000年の 大楠

ZentsujiKumaoka_006_org.jpg
薬師如来坐像のいる 金堂

ZentsujiKumaoka_007_org.jpg
五百羅漢 がなかなかユニークでこちらの方に睨まれてしましまいたぁ。

ZentsujiKumaoka_008_org.jpg
で、旅行から帰ってきた翌日の朝ご飯

ZentsujiKumaoka_010_org.jpg
煎餅のように硬い 角パン(左)

普通には絶対に噛めないので口の中でしばらくコロコロと転がして
柔らかくしてから噛むと予想以上に美味しい 石パン(右)

ZentsujiKumaoka_009_org.jpg
でべそ な へそまん(左)・・・唯一柔らかくて安心
これも硬いけどポキッと割れる生姜風味な 小丸パン(右)
ZentsujiKumaoka_011_org.jpg ZentsujiKumaoka_012_org.jpg
別のケースに入っていた クルミバターケーキ
苦手なレーズンが入っていたので、それだけで個人的にはちょっと・・・

次は、大雨のなか こんぴらさん の階段を上がります。
関連記事
[ 2017/04/08 09:00 ] 旅行・おでかけ 香川 | TB(0) | CM(4)

食べ応え抜群の特大海老かつめし/ラッキー食堂(兵庫:加古川)

先日のランチは ラッキー食堂 です。
鶴林寺 から東南へ徒歩7分の250号線沿いにあります。

KakogawaLucky_006_org2.jpg
土曜日の11時45分頃に着いて普通の食堂かぁと座っていたら
12時を過ぎると約30席はすぐに満席になり、次から次から入ってくる
お客さんは待ち時間が30分はかかるということで帰っていきます。

かつめし専門店ではなく、カレー・うどん・ラーメン・おでんと
名前通り食堂のようです。

ところが、満席だったからなのか待つこと50分!
(餓死しそうでしたが、よく待ちましたぁ)

KakogawaLucky_000_org2.jpg
エビかつめし3尾(特大)A

エビかつに目がいってしまいますが、
レタス&キャベツ、ポテトサラダもボリュームたっぷりです。

KakogawaLucky_001_org2.jpg
加古川名物のかつめしは牛・豚を食べたことがありますが海老は初めてです。
しかも特大エビカツがご飯を覆い尽くしています。

KakogawaLucky_002_org2.jpg
どうせ開いて叩いて薄く大きく見せかけているだけでしょう?

KakogawaLucky_007_org2.jpg
肉厚でプリプリでウマいじゃないかぁ!
しかも3尾も!コレはもータマランなぁ!

KakogawaLucky_003_org2.jpg
そして、食後のコーヒーまで付くなんてぇ!
KakogawaLucky_005_org2.jpg KakogawaLucky_004_org2.jpg
50分も待っている間に他のテーブルで食べていた おでん が
空腹には傷口に塩を塗られているようだったので、次は頼もう!
関連記事
[ 2017/04/07 01:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(2)

赤黒白の三種の酢豚ランチ/華顔(大阪狭山)

先日のランチは 中華ダイニング 華顔(かげん) です。

南海高野線「金剛駅」から西へ徒歩15分の国道310号線沿いにあり
すぐ近くには 讃岐うどん いってつ があります。
OsakaSayamaKagen_001_org.jpg OsakaSayamaKagen_002_org.jpg
テーブル4卓・カウンター5席で清潔感の感じられる店内です。

OsakaSayamaKagen_000_org.jpg
日曜日だったので、週替りランチはやってないということで
麻婆豆腐・酢豚・エビ・鶏から選びます。

OsakaSayamaKagen_004_org.jpg
三種の酢豚ランチ

OsakaSayamaKagen_005_org.jpg
赤酢豚(トマト)・黒酢豚(黒酢)・白酢豚(リンゴ酢)
一度に食べられる贅沢な一皿です。
しかも、酢豚もそうなんですが、厚みのある豚肉も弾力があって美味しい~!!

OsakaSayamaKagen_006_org.jpg
これだけでもご飯一杯たべられそうな
サイドメニューは 鶏と豆腐の酢醤油煮・春巻き

OsakaSayamaKagen_003_org.jpg OsakaSayamaKagen_007_org.jpg
奥さんは 三種の海老ランチ
娘は 二種の麻婆豆腐ランチ

こんなに手の込んだ料理を一人で作っているんですから大変そうです。

OsakaSayamaKagen_008_org.jpg
夜の料理もそれほど高くなく美味しそうだったので、また来てもいいかも。
関連記事
[ 2017/04/05 12:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(2)

まろやかな こし餡の揚まんじゅう/御門屋(東京:品川駅)

東京出張のお土産を買いに 品川の エキュート へ。

MikadoyaShinagawa_000_org2.jpg
いろいろ眺めていると「おひとつどうぞ~」と試食を
させてくれたので 御門屋 エキュート品川店
看板商品だという 揚げまんじゅうを買うことに。

MikadoyaShinagawa_001_org2.jpg
セット売りもありましたが、少しだけ買うと持ちやすい
かわいらしい手提げ袋に入れてくれました。

MikadoyaShinagawa_002_org2.jpg
揚まんじゅう【こし餡】
揚まんじゅう【 胡麻 】


MikadoyaShinagawa_003_org2.jpg
砂糖をまぶしたアンドーナツも大好きですが
上品な甘さのこちらも美味しい!
平べったく軽い饅頭なので何個でも食べてしましそうです。

MikadoyaShinagawa_004_org2.jpg
更に胡麻の強い風味が加わったて、こちらも負けず劣らず!

おそらくアンコ嫌いな人にお土産に持って行っても喜ばれるでしょうね。
関連記事
[ 2017/04/03 23:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

地球でここでしか食べられないらしい 極UMA海老つけ麺/UMA TSUKEMEN(東京:西武立川)

11時半に八王子で仕事が終わって、15時までに大崎に行かなければならない。
でも、ここまで来たからには、前から気になっていたお店に行きたい!

時間を調べて・・・イチかバチか行ってみよう!

TachikawaUMA_001_org.jpg
電車の乗り継ぎが悪く、西武立川駅前の UMA TSUKEMEN に到着したのが12時半。
運悪く3人待ち。先にチケットを買って、外で待つことに。
TachikawaUMA_003_org.jpg TachikawaUMA_004_org.jpg
「ヤバいなぁ、間に合わんかも?」って思っていたら10分ほどで店内に入れましたぁ!
ここの名物のつけ麺を食べるときの注意事項を確認して、更に待つこと10分・・・

TachikawaUMA_005_org.jpg
極UMA海老つけ麺・MEGAチャーシュー(ホイル焼)

TachikawaUMA_006_org.jpg
釜飯の釜にドーム状のパイ生地、そして海老がいっぱい!

TachikawaUMA_008_org.jpg
そのまま食べてください、とのことなので
パイ生地にブスっと箸を刺して、エビが香ばしく美味しい~

じゃあ次は、つけ麺を食べようと思ってもパイを食べないと
つけ汁を使えないので、しばらくパイをパクパクと。

TachikawaUMA_009_org.jpg
つけ汁とご対~面~!!

ココにも海老がいっぱい!

TachikawaUMA_010_org.jpg
パイ生地に惑わされていましたが、全粒粉の太麺は弾力があり、麺だけでも美味しい!

TachikawaUMA_011_org.jpg
麺が無くなったのでパイを漬けて、また違う美味しさで。

TachikawaUMA_007_org.jpg
玉ネギが敷いているMEGAチャーシュー

チャーシューはつけ汁にも入っているのでまぁ、これは余分な注文でした。
・・・海老のホイル焼きなら嬉しかったんですけど。
TachikawaUMA_002_org.jpg TachikawaUMA_000_org.jpg
なんやかんやで落着きのないランチでしたが、ギリギリ15時に大崎に着くことができましたぁ。
関連記事
[ 2017/04/02 16:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

たかが『いなり』、されど『いなり』/豆狸(東京:蒲田)

出張で来た東京で中途半端に客先での仕事が終わったけど
大量に溜まったメール処理をしたいので、
早々にホテルにチェックインして仕事しよう!・・・仕方なくですけど。

ならば、ホテルで簡単に夕食を済ませるために
コンビニで何か買おうと思って蒲田駅の改札を出ると
MamedaKamata_003_org.jpg MamedaKamata_002_org.jpg
いなりずし専門店?・・・豆狸(まめだぬき)?・・・まめだ?
おぉ、随分前に マツコの知らない世界 で紹介していた『いなり』のお店かぁ

とは言うものの、いなりずしかぁ・・・回転寿司でも避けてるしなぁ
でも確かに私にとっても知らない世界やったから、食べてみよう!
MamedaKamata_001_org.jpg MamedaKamata_000_org.jpg
ということで 豆狸(まめだ)蒲田駅構内店 です。
バラ売りもありますが、よくわからないので10個セットを購入。

後々、調べると 阪急うめだ本店 らしい。
なんで大阪本店のお店を蒲田で買ってしまったのか・・・

MamedaKamata_004_org.jpg
いなり詰合せ(4種10個入り)

甘酢生姜が2つ付いてきます。

MamedaKamata_005_org.jpg
右上3つが 豆狸いなり
左上1つが 五目いなり
黒いのが 黒豆狸いなり

どうやら小さいめのいなりは3個、大きめのいなりは2個入りのようです。

豆狸いなりは、基本的な いなり のようでゴマが香ばしく
それの大きなのが五目いなりですが、わずかにゴボウの食感を感じるのみ。

黒豆狸は色からちょっと構えてしまうような味を
期待してしまいますが、意外にもちょっと甘め。

MamedaKamata_006_org.jpg
左下1つがもう1つの 五目いなり
右下3つが わさびいなり

このワサビが超お気に入り!
いなりにワサビなんてぇ~って思いますが
甘いいなりにツーンとわさびがめちゃくちゃ合います!

これからは、回転ずしでも いなり にワサビを付けて食べてしまうかも・・・
関連記事
[ 2017/04/01 09:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム