おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2017年02月
月別アーカイブ  [ 2017年02月 ] 

≪ 前月 |  2017年02月  | 翌月 ≫

お土産もいいけど、ザクザクはすぐ食べよう/クロッカンシューザクザク(東京:蒲田)

東京から大阪へ帰る前に蒲田に寄ったら、JR改札前に
ZakuzakuKamata_002_org.jpg

美味しそう!としか思えないディスプレイ!

ZakuzakuKamata_001_org.jpg ZakuzakuKamata_000_org.jpg
ちなみにココは クロッカンシューザクザク 蒲田店 です。

ZakuzakuKamata_006_org.jpg
これはどう見てもその場で食べなアカンやろうと
口に入れるとゴツゴツした感触で
噛むとザクザク感がたまらなくて超美味しい!

ZakuzakuKamata_003_org.jpg
お土産であっても2時間以内であればザクザク感はあるらしく
それ以上の場合は冷蔵庫に保存して本日中にお召し上がりくださいとのこと。

ZakuzakuKamata_005_org.jpg
ちなみに長さは約21cm

しかしながら、家までは2時間で着けず・・・
ザクザクを味わいたければトースターで温めればいいみたいやけど・・・

ZakuzakuKamata_004_org.jpg
そのままでいいやぁ(私は出来立て食べたし)
ザクザク感はかなり減り、フニャフニャが増しているけど
これしか知らないであれば、文句ない美味しさです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/02/27 23:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

胡麻ダレでも食べられる 2色2枚もりそば/さ竹(東京:恵比寿)

出張での夕食は時間も遅かったということもあり さ竹 恵比寿店 です。
恵比寿駅西口から徒歩1分のところにあります。

SatakeEbisu_000_org.jpg SatakeEbisu_001_org.jpg
東京ではよく見かける券売機で食券を買うセルフのお蕎麦屋さんです。

実は何回か来たことがあって、初めて来たときに
店員さん3人がすべて東南アジア系で
「xx番の方どうぞ~」と流暢な日本語で呼ばれ、
蕎麦を食べている日本人の隣りには白人グループもいたりと、
なんなんだぁ、ココは!?とビックリしました。

SatakeEbisu_002_org.jpg
ここで食べるのはいつもコレで
2色2枚もりそば(胡麻ダレ付き) & かき揚げ

SatakeEbisu_004_org.jpg
2枚もりそばだから麺つゆが2つ・・・じゃなくて

SatakeEbisu_005_org.jpg
1つは 麺つゆ で、もう1つが 胡麻ダレ

SatakeEbisu_006_org.jpg
もりそばを胡麻ダレで食べるなんてぇ~!

メチャクチャ美味しいわけではないんですが時々食べたくなるんです。

SatakeEbisu_007_org.jpg
太い蕎麦に胡麻ダレは結構重たいので、麺つゆでリフレッシュしながら平らげます。

SatakeEbisu_003_org.jpg
そして、立体的な かき揚げ

SatakeEbisu_010_org.jpg
麺つゆに付けるとジュワっと音がしそうな
揚げ立てサクサクで、これもお気に入りです。

SatakeEbisu_009_org.jpg SatakeEbisu_008_org.jpg
う~ん、立ち食いじゃないこういう気軽に入れるお蕎麦屋さんが大阪にも欲しい~
関連記事
[ 2017/02/26 16:00 ] お食事処 そば | TB(0) | CM(2)

九州駅弁グランプリ準優勝の桜島灰干し弁当/樹楽(鹿児島中央駅)

鹿児島から福岡へ移動するので鹿児島中央駅で駅弁を買うことに。
SakurajimaHaiboshi_000_org.jpg SakurajimaHaiboshi_001_org.jpg
どれも美味しそうなのではありますが、灰干し という名前が気になったので

SakurajimaHaiboshi_002_org.jpg
九州新幹線の中で 桜島灰干し弁当

SakurajimaHaiboshi_003_org.jpg
はっきり言って食べ盛りのオッサンには足りないボリュームでは
ありますが、見た目から美味しそうなのが伝わる盛り付けです。

SakurajimaHaiboshi_004_org.jpg
キレイなピンク色の 花蓮根
本日の青味は インゲン
寅焼(玉子焼)
きんぴら

SakurajimaHaiboshi_005_org.jpg
梅干し
椎茸旨煮
からあげ
豚しぐれ煮
桜島鶏 柚子胡椒焼

と鹿児島の美味しいモノがギッシリ詰まってます。

SakurajimaHaiboshi_006_org.jpg
桜島灰干しとは・・・?

魚の上下に桜島の火山灰ではさむことにより、天日にさらさずに
干物にする特殊製法だそうで、桜島火山灰が水分を吸収するそうです。

何の魚なのかは分かりませんが、美味しいことに違いはありません。
関連記事
[ 2017/02/25 09:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

上司おススメの寿司屋でおまかせコース/すし馨(鹿児島:高見馬場)

上司がどうしても行きたいお店があるというので
すし馨 で鹿児島出張のディナーです。
KaoruTakamibaba_001_org.jpg KaoruTakamibaba_000_org.jpg
どう見ても自分の選択肢には入らないというか
入れることができない高級感タップリ~!

KaoruTakamibaba_004_org.jpg
おまかせコースだということで・・・

KaoruTakamibaba_002_org.jpg
前菜3種盛り蟹味噌サラダ

蟹味噌が贅沢に使われていてメチャうまぁ~!!

KaoruTakamibaba_003_org.jpg
刺身盛り合わせ

醤油は選べるので九州と言えば甘口で。
どれがどれかは忘れましたが中央が鹿児島産のかじき

KaoruTakamibaba_005_org.jpg
赤魚のあんかけ

これがまためちゃくちゃ美味しい!

KaoruTakamibaba_006_org.jpg
白子を天ぷら or 焼きポン酢のどちらにしますか?ということで
おススメだという 焼き白子ポン酢

甘くてネットリしてウマ~い!

KaoruTakamibaba_007_org.jpg
鹿児島産の のどぐろの干物

あまりにも美味しいので骨も頭もバリバリ食べてしまいました。

さぁ、ここからお寿司スタート

KaoruTakamibaba_008_org.jpg
トロタク が美味しいのは当然なんですが・・・
生姜が甘くて激ウマ!
人気のようで、こればかり食べる人もいるそうです。

KaoruTakamibaba_010_org.jpg
アラの入った白味噌の甘めの味噌汁
これを飲みながら・・・

KaoruTakamibaba_011_org.jpg
おまかせ にぎり5貫

シャリがホロッと崩れて魚も甘くてどれも美味しいなかでも
エンガワがメチャクチャうまい!

KaoruTakamibaba_013_org.jpg
デザートではないけど、「食べますか?」ということで 玉子焼き
やっぱり、美味しくてもう感服!

でも、どうしても心残りがあったので・・・

KaoruTakamibaba_012_org.jpg
生姜 を切らずにもらいました。
どこで買えるのか聞いたところ、
業者から仕入れて市販品ではないそうです・・・残念。

お会計をすると、なかなか凄いコストパフォーマンスでした。
関連記事

天むす & チキン味噌 & カキフライ・・・なんだこの組み合わせ!/播磨の里(兵庫:相生)

実家に帰ったときのランチは 播磨の里 相生店 です。

山陽自動車道「龍野西IC」から南へクルマで3分の国道2号線沿いにあります。
お店は相生店ですけど、住所はたつの市揖保川町にあります。

HarimanosatoAioi_100.jpg
定食だけでなく、単品メニューも豊富なようで
写真からでもボリュームがありそうなのがわかります。

白ごはん よりも 天むす
エビフライ・ハンバーグ・コロッケ よりも カキフライ と
消去法で選んでいくと・・・

HarimanosatoAioi_103.jpg
B定食 <<カキ>>

HarimanosatoAioi_104.jpg
天むすチキン味噌・・・名古屋みたい

美味しいんですけど、フライにフライ

HarimanosatoAioi_105.jpg
冬なので、更に産地なので カキフライ

もう一つ フライ・・・
HarimanosatoAioi_102.jpg HarimanosatoAioi_101.jpg
フライは好きですが3種類もあると口をサッパリさせる
逃げ場がないのはちょっと辛いなぁ。

あぁ~!キャベツが大盛りなのはそのためかぁ~

☆今までの「播磨の里」☆
 ・大エビ & カキフライ定食
関連記事
[ 2017/02/22 12:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

香り豊かな 海煎堂 白えび十割煎餅/あいば食品(富山駅)

東京から金沢出張へ行くときに ちょっと理由があって
羽田空港⇒富山空港⇒富山駅⇒金沢駅になってしまいました。
AibaToyama_000_org.jpg AibaToyama_001_org.jpg
金沢のホテルでの朝食のために ますのすし を買ったときに
ついでにお土産売り場を見ると 白えび 関係の商品が多い。

AibaToyama_002_org.jpg
2日ほど持ち歩くので日持ちがして軽いのがええなぁということで
白えび十割煎餅(18枚入り)

AibaToyama_003_org.jpg
日本海の玉手箱
モンドセレクション銀賞
富山湾産白えび100%使用

と期待できます。

AibaToyama_004_org.jpg
軽く白い素焼きで袋から出すとエビのいい香りが広がって、メチャクチャ美味しい!
もう口の中では海老が躍っています。

AibaToyama_005_org.jpg
これだけ薄いので香ばしさだけでなくサクサクした食感も楽しめますよ。
関連記事
[ 2017/02/20 23:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

金沢のお土産は 紅鮭と小鯛の笹寿し/芝寿し(石川:金沢駅)

金沢出張のお土産を買うために金沢駅の あんと をウロウロしたけど

Shibazushi100bangai_002_org.jpg
結局入り口にある 笹寿し に戻ってきちゃいました。
Shibazushi100bangai_000_org.jpg Shibazushi100bangai_001_org.jpg
海の幸をふんだんに使った美味しそうな弁当がたくさんありますが
やっぱり 笹寿し がええかなぁ、ということで・・・

Shibazushi100bangai_003_org.jpg
自宅での翌日の朝ごはんは 笹寿し(10ヶ入)

Shibazushi100bangai_005_org.jpg Shibazushi100bangai_004_org.jpg
紅鮭小鯛 の2種類です。

Shibazushi100bangai_006_org.jpg
紅鮭にはレモン、小鯛には昆布が一緒に包まれており
いい感じの酢加減でパクパク美味しく食べて
あっという間になくなっちゃいましたぁ。

おそらく誰もが好きになってしまう名物ですね。
関連記事
[ 2017/02/19 16:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(4)

柚子と生姜の効いた味噌ラーメン・・・その前に野菜ジュースを/大河(石川:金沢)

金沢のお客さんに金沢駅周辺でおススメのランチを聞いてみると
「並んでますけど、是非食べてください」
KanazawaTaiga_000_org.jpg KanazawaTaiga_011_org.jpg
ということで、金沢駅から徒歩4分の 麺屋 大河 に行ってみると
オープン5分前でも7人待ち!
KanazawaTaiga_005_org.jpg KanazawaTaiga_004_org.jpg
11時30分の時間通りに開店すると13席あるカウンター奥から順番に
座っても、第一陣になれなかった残念なお客さんもまだまだいます。

KanazawaTaiga_002_org.jpg
初めてだったので、ノーマルに味噌らーめんを注文。

KanazawaTaiga_003_org.jpg KanazawaTaiga_001_org.jpg
すぐに持ってきてくれるのが 特製野菜ジュース

説明書きによると血糖値の急上昇を抑える効果があるそうです。

KanazawaTaiga_006_org.jpg
20分ほど待って 味噌らーめん

KanazawaTaiga_007_org.jpg
柚子の香りがよくて、これは美味しい!
更に生姜を混ぜると、これまた美味しい!

KanazawaTaiga_008_org.jpg
トッピングはモヤシ・ネギ・ミンチ。
美味しすぎてちぢれ麺をズズズーっと無心で食べるだけ!

チャーシューが肉厚ジューシーで美味しいので
これならば、味玉・メンマ・肉がセットのお得盛りを追加しとければよかったぁ。

KanazawaTaiga_009_org.jpg KanazawaTaiga_010_org.jpg
〆は 大河特製十味 をふりかけますと、また香りに厚みが出てきて
飲み干さないともったいなくなってしまいます。

12時05分にお店を出るとまだ20人ほどお腹を鳴らす人たちが並んでいましたぁ。
関連記事
[ 2017/02/18 09:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

金沢のホテルでの朝食は富山の ますのすし/源(富山駅)

自宅は大阪なんですが、今回の金沢出張は東京から行くことになりました。

MinamotoToyama_002_org.jpg
しかし、夕方まで東京で仕事して21時に 香林坊のいたる に行くためには
北陸新幹線では間に合わず、羽田から小松空港だと飛行機のタイミングが
合わないので、これは諦めるしかないかぁ~と調べてみると 富山空港 経由なら
ギリギリ行けるぞ!ということで、空港 からバスで 富山駅 に到着

MinamotoToyama_003_org.jpg
新幹線の切符も買って、少し時間があったので、お土産売り場を覗くと
やっぱり、源 の ますのすし が気になる~
まぁ、金沢駅にも売ってるけど、ここは本場なんでねぇ。

MinamotoToyama_001_org.jpg MinamotoToyama_000_org.jpg
でも、ここで買ってもいつ食べるのか?
消費期限としてはお土産でもいいけど持ち歩くのはデカいしなぁ。

ふと、隣りを見ると小さいモノもあって、そうやぁ!ということで・・・

MinamotoToyama_004_org.jpg
香林坊の いたる で金沢の魚を満喫した翌日の
ホテルの朝食は ますのすし(小丸)

ホテルに朝食が付いていなかったのが幸いでしたぁ。

MinamotoToyama_005_org.jpg
小丸なので、朝食に食べるにはちょうどいいサイズになっています。

MinamotoToyama_006_org.jpg
小丸でも独特の木製の曲物は変わりません。

MinamotoToyama_007_org.jpg
笹を一枚一枚開いて、約30年振りにご対面

MinamotoToyama_008_org.jpg
キレイなサーモンピンクというよりもオレンジ色

MinamotoToyama_009_org.jpg
同梱のプラスチックナイフで8等分しまして

MinamotoToyama_010_org.jpg
マスの脂に適度な塩で全体的に甘みを感じつつ
噛むほどに美味しさが広がって、なんとも贅沢な朝です。
関連記事
[ 2017/02/17 01:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

冬の金沢の魚に満足してお腹いっぱ~い/いたる(石川:金沢)

金沢に何度も出張している同僚によると一度は いたる
行ったほうがいいと勧めてくれるけど、どうも予約ができないらしい。

しかし、21時以降であれば一巡目が終了するので比較的入りやすいかも?
という情報をもらって、幸いにも金沢への移動の関係で出張での
食事が21時スタートになったので、お店に行ってみると
運よく1卓空いていたので、いたる 香林坊店 でディナーです。

ItaruKorinbo_002_org.jpg
突出しは ばい貝

以前に行った とっくりや では信じられないくらい大きかったので
金沢ではこういうものだと思っていたら、普通に安心できる大きさです。

ItaruKorinbo_003_org.jpg
日本海おさしみの桶盛り 中おけ

モチロン寒ブリも入って、ウマぁ~!!

ItaruKorinbo_004_org.jpg
コリコリした なまこトロロ 【左】
まったりねっとり 白子ポン酢 【右】

ItaruKorinbo_005_org.jpg
能登宮本水産の 殻付きカキ 蒸し牡蠣

ItaruKorinbo_007_org.jpg
持ち上げるとビローンと長くてズズズーっとウマぁ~!!

ItaruKorinbo_006_org.jpg
揚げ立て熱々な 五郎島金時芋 丸揚げ天ぷら

ItaruKorinbo_008_org.jpg
お店の黒板メニューには げんげんぼう とも書いてあり同じ魚だそうで
店員さんにどの食べ方おススメか聞いて げんげ天ぷら

ItaruKorinbo_009_org.jpg
噛み千切ろうとするとヌル―っとグロい物体が出てくるので
一口で口に放り込むと、ゼラチン質であっさりしてます。

ItaruKorinbo_010_org.jpg
ブリのアラ煮じゃなくて ブリのモツ煮 だったので頼んでみました。
これが大ヒット!
白ごはん、くださ~い!・・・って言いたくなります。

ItaruKorinbo_011_org.jpg
オリジナル揚げ盛り(北陸団子・鰯の梅春巻き・鶏の梅ぢそ揚げ)

北陸団子は凄い弾力のさつま揚げです。

ItaruKorinbo_012_org.jpg
金沢冷麺

盛岡冷麺のようにB級グルメで金沢冷麺があるのか聞いてみると
オリジナルだそうで、冷麺でもウドンでもソバでもない不思議な
弾力のある麺で冷やしソバのようにしていただきます。
トッピングは刻み海苔、トロロ、そして金時草。
ItaruKorinbo_001_org.jpg ItaruKorinbo_000_org.jpg
他にも 香箱の酔っぱらい蟹・鶏皮湯豆腐 なども食べたかったんですけど
もうお腹が限界だったので、またの機会に(21時以降で)。
関連記事

安旨なお好み焼き・焼きそば 更に 串かつ/だるまや(大阪:松原,河内天美)

先日のランチは だるまや 別館 です。

近鉄南大阪線「河内天美駅」から南西へ徒歩2分のところにあるんですが
クルマで行こうとしたところ、お店周辺は細い路地だらけで
どうやったらたどり着けるのかわからなかったので、
仕方なくコインパーキングに停めました。

MatsubaraDarumaya_003_org.jpg MatsubaraDarumaya_002_org.jpg
お好み焼き、焼きそば、ねぎ焼き、串かつ と
大阪らしい粉もんだらけのメニューが並びます。

しかも、豚玉 360円、焼きそば 360円、串かつ 40円~
と超激安!
ただし、串かつ は5本以上の注文になります。

MatsubaraDarumaya_004_org.jpg
こんなメニューなのでテーブルには左から
青のり・粉かつお・二度漬け禁止の串かつソース・串入れ・お好みソース

MatsubaraDarumaya_005_org.jpg
でまずは、豚ヒレ・えび・れんこん

何も言わなければ、5本になってしまうので全部で15本

MatsubaraDarumaya_006_org.jpg
一口サイズで衣も軽く、熱々でサクッと美味しい~!

MatsubaraDarumaya_007_org.jpg
中央に玉子が落とされている ミックス焼きそば(大)

MatsubaraDarumaya_008_org.jpg
えび・いか・豚肉・キャベツが入って、
黄身にそばを絡めながら食べてウマぁ~!!

MatsubaraDarumaya_009_org.jpg
冬季限定の かき玉(左)
薄焼き玉子ののった 全部入りの 大名焼き(右)

MatsubaraDarumaya_010_org.jpg
自分でソースを塗って、キャベツが甘くて ウマぁ~!!

MatsubaraDarumaya_011_org.jpg
熱々の鉄板に お好み焼き・焼きそば・串かつ と
大阪に住んで長いですが、こんな組み合わせで食べるのは初めてです。

MatsubaraDarumaya_012_org.jpg
もう少し、お腹に余裕があったので うずら・さつまいも を追加
MatsubaraDarumaya_001_org.jpg MatsubaraDarumaya_000_org.jpg
これだけ食べて家族3人で1人あたり約900円ですからね、安~~い!!
関連記事
[ 2017/02/13 23:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(4)

あまおうがタップリ詰まったカタラーナ/西通りプリン(福岡:博多駅)

福岡出張のお土産を買うために、博多駅の マイング
スイーツコーナーをグルグルと回って

NishiPuriMing_000_org.jpg
西通りプリン の 目に留まったショーケース


メチャクチャ美味しそうに輝いているカタラーナが7種類

安納芋・チョコラーナ・ミックスベリー・マンゴー・あまおう
・アサイー、そしてフルーツいっぱいの 麗しのカタラーナ

NishiPuriMing_001_org.jpg
やっぱり福岡土産なので あまおうのカタラーナ

NishiPuriMing_002_org.jpg
カタラーナ好きな娘はこのビジュアルにお祭り騒ぎ!

ちなみにサイズは、7cm x 21cm x 3cm の 420g

NishiPuriMing_003_org.jpg
濃いあまおうは冷たくて美味しい!
カタラーナもクリーミーで美味しい!

でも、一緒に食べると見事に打消し合ってしまって
モノ足りなく感じてしまいます・・・

それぞれ別々に食べると最後まで、冷たく甘く美味しく満足できるでしょう!!
二度美味しいということで・・・
関連記事
[ 2017/02/12 16:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

水炊き・鶏刺し・胡麻鯖の堪能コース/大和(福岡:博多,中洲川端)

福岡出張の数日前に水炊きを食べよう!ということになり
いつもながら私が時間と場所と予算を考慮して、何軒か満席と断られて
NakasukawabataYamato_001_org.jpg NakasukawabataYamato_000_org.jpg
博多水炊き 大和 でディナーです。

中洲川端駅から南へすぐの ゲイツビル(Gate's) の7Fにあるのですが
このフロアは楽器屋さんなどの音楽系のお店が数店舗あり
更にボルダリングジムまであって、食事ができるお店が
こちらだけなので、大丈夫かなぁ~とかなり不安のまま入店です。

NakasukawabataYamato_002_org.jpg NakasukawabataYamato_003_org.jpg
単品もありますが、3つあるコースのうち 堪能コース であれば
水炊き以外にもひと通りの博多名物を味わえるので注文。

テーブルの上にはボトルが置いてあるので、
「これはドリンクサービスですか?」
「・・・ポン酢です」

どう見てもお酒に見えてしまうので、間違って飲んだ人もいるそうです。

まずは、さっぱりと 梅風味の本日のサラダ

NakasukawabataYamato_004_org.jpg
湯引き・砂肝・レバーの地鶏刺し

NakasukawabataYamato_007_org.jpg
地鶏のたたき

どちらも凄い弾力でメチャクチャ美味しい!

NakasukawabataYamato_005_org.jpg
そして、やっぱり 胡麻鯖

NakasukawabataYamato_006_org.jpg
刻み海苔で分かり難いのでアップで!
こちらは切り身が大きい!

NakasukawabataYamato_008_org.jpg NakasukawabataYamato_009_org.jpg
いよいよメインの 博多水炊き

まずは、もも肉・むね肉が入っている鍋を温めまして

NakasukawabataYamato_010_org.jpg
沸騰したら スープ として飲みま~す!
ちょっと味が足りなければ塩を少々。

これだけでも充分満足できます。

NakasukawabataYamato_011_org.jpg
ミンチ・豆腐・野菜を投入しまして煮立ったら

NakasukawabataYamato_012_org.jpg
大きな 骨付きもも肉

ウマぁ~!!!

もう一回、肉や野菜を追加注文してお腹いっぱいになって

NakasukawabataYamato_013_org.jpg
〆は 玉子雑炊 で。

NakasukawabataYamato_014_org.jpg
デザートは 柚子シャーベット で。

いつも食べている水炊きと何が違うのか・・・メチャクチャ満足できたディナーでした。
関連記事

カキフライ&刺身の豪華定食/なぎさ亭(兵庫:姫路,山陽網干)

先日のランチは なぎさ亭 です。
山陽網干駅から南へクルマで8分の海沿いにあります。

HimejiNagisa_002_org.jpg
駐車場には 網干かき の幟が風になびいています。
HimejiNagisa_001_org.jpg HimejiNagisa_000_org.jpg
12時半に着くと7組待ち。
サラリーマンというよりはおじいちゃん・おばあちゃんと
一緒に来ている家族連れが多い様子。

HimejiNagisa_003_org.jpg
20分ほど待ってカウンターに着席

さて、左にはカキ鍋を食べるおばさん、
右にはカキフライを食べるお兄さん、
その向こうにはカキフライ&刺身のおじさん

メニューと皆さんの食べているモノを比べて
値段を抑えるべきが、欲望を満たすべきか・・・

HimejiNagisa_004_org.jpg
欲望に負けてしまって、なぎさ定食

品数が多すぎてお盆に乗り切らな~い!!

HimejiNagisa_005_org.jpg
カキフライ は6個

HimejiNagisa_007_org.jpg
タルタルソースではなくケチャップにつけまして
大振りではありませんが身が締まって美味しい~

HimejiNagisa_006_org.jpg
もう一つの主役の 刺身 はハマチが特に美味しかった~!!

HimejiNagisa_008_org.jpg
帰るときに入り口を見ると カキ鍋売り切れ!
じゃあ、次はコレで!
関連記事
[ 2017/02/10 01:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

大きくて分厚いキンメダイの甘辛い煮付けは900円/渚(大阪:北浜)

先日のランチは 釣茶屋 渚 です。
北浜駅から西へ徒歩5分の土佐堀通沿いにあります。

KitahamaNagisa_001_org.jpg
釣りができるかどうかはわかりませんが、窓から淀川を眺めることができ
ランチタイムはサラリーマン・OLでいっぱいで相席は当たり前です。

魚を煮付け・塩焼き・お造りから選ぶことができ
ほとんどの人は煮付けを頼んでます。

KitahamaNagisa_003_org.jpg
ということで、キンメダイの煮付定食

KitahamaNagisa_005_org.jpg
しじみの赤だし に とろろ、それに冷奴と漬け物があるので
メインがなくてもご飯1杯食べられそうです。

KitahamaNagisa_004_org.jpg
大きく、しかも厚みがハンパなく立派な キンメダイ

KitahamaNagisa_006_org.jpg
甘辛い味付けで超ウマぁ~!!
ご飯がいくらあっても足りませ~ん!!
KitahamaNagisa_002_org.jpg KitahamaNagisa_000_org2.jpg
更に、これで900円なのが凄い!
他の魚も気になるのでまた来るでしょう。
関連記事
[ 2017/02/08 12:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

あまおう苺入りどら焼き どらきんぐエース/伊都きんぐ(福岡空港)

福岡出張のお土産を選ぶのに空港をウロチョロして

ItokingFukuokaAP_000_org.jpg
あまおう苺を使ったスイーツでは、絶対に負けません!!
そういう気持ちでやっております!


そういう気持ちなら覗いてみると 伊都きんぐ というお店らしい。
ItokingFukuokaAP_002_org.jpg ItokingFukuokaAP_001_org.jpg
これは確かに美味しそう!
しかもいいお値段!

ItokingFukuokaAP_003_org.jpg
人気ランキング3位の

ItokingFukuokaAP_004_org.jpg
どらきんぐエース

ItokingFukuokaAP_005_org.jpg
あまおう苺のムースがこれ以上は入らんやろうと思えるぐらい
たっぷり詰められて、モチモチの生地ともピッタリで超うまァ~!!

次は、人気ランキング1位の 博多あまび にしてみよう!
関連記事
[ 2017/02/06 23:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

なんじゃこりゃー!!徳上おまかせ海鮮丼/海輪亭(福岡:南区,高宮)

福岡出張でお客さんが「まぁ、凄いですから」と
連れてこられた 海輪亭 でランチです。

FukuokaKairintei_002_org.jpg FukuokaKairintei_001_org.jpg
とにかくココは魚だそうで、定食もいいんですけど、海鮮丼がおススメで、
しかも一番高い丼がとにかく凄いそうなので、じゃあそのまま従いまして・・・

FukuokaKairintei_006_org.jpg
徳上おまかせ海鮮丼

なななな!なんじゃこりゃー!!

FukuokaKairintei_004_org.jpg
パフェなのか
サグラダ・ファミリアなのか

FukuokaKairintei_005_org.jpg
よこから見ると ピサの斜塔?

FukuokaKairintei_007_org.jpg
刺身の大群が鯉の滝登りをしているかのように

FukuokaKairintei_008_org.jpg
頂上は盛られているというよりウチワエビに張られています。

FukuokaKairintei_009_org.jpg
結局、ジェンガのように崩れるスリル満点だと食べにくいので別皿にわけて食べます。

FukuokaKairintei_010_org.jpg
会えないと思っていたご飯とご対面!!

FukuokaKairintei_011_org.jpg
ウチワエビにも身がギッシリ!

味の感想が聞きたい?
ここまでして不味かったらバカでしょう!
FukuokaKairintei_003_org.jpg FukuokaKairintei_000_org.jpg
夜メニューを見ると

極上おまかせ海鮮丼
特上おまかせ海鮮丼
特々おまかせ海鮮丼
おまかせ海鮮丼

それぞれ何が違うんやろう?
夜の『特上』と昼の『徳上』は何が違うんやろう?

チャレンジするしかないのか・・・
関連記事
[ 2017/02/05 16:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(12)

200gの赤身肉ステーキは特製にんにくソースで/ゼロカフェ(大阪:緑橋)

先日のディナーは DINING BAR ZERO cafe(ゼロカフェ) です。
地下鉄「緑橋駅」から南へ徒歩5分の今里筋沿いにあります。
MidoribashiZero_003_org.jpg MidoribashiZero_002_org.jpg
外から見るよりも店内は想像以上に広く、なんとなくですが食べる前から、
当たりを予感してしまう雰囲気で、後からどんどんお客さんで結構埋まっていきます。

そういうお店なので、あれやこれやとメニューから選びたいのですが
今回はクーポンでやって来ました。

MidoribashiZero_004_org.jpg
まずは、ミネストローネ

おっ、美味しいや~んと底からすくい上げると・・・

MidoribashiZero_005_org.jpg
目玉焼きが沈んでましたぁ!

メインを『赤身肉ステーキ』『ローストビーフ』から選べるというので

MidoribashiZero_007_org.jpg
赤身肉ステーキ

MidoribashiZero_006_org.jpg
白菜のサラダ・キャベツのサラダ・ポテトサラダ・キッシュ

MidoribashiZero_008_org.jpg
ポテトフライが添えられている200gの赤身肉ステーキ
はやっぱり凄い迫力!

MidoribashiZero_009_org.jpg
にんにくソースにつけて食べま~す!

特別柔らかいわけではないですが、
牛肉をタップリ食べられると嬉しいもんです。

MidoribashiZero_010_org.jpg
こんなにガッツリ食べると疲れるので
クーポンとは別料金で ホットコーヒー
MidoribashiZero_000_org.jpg MidoribashiZero_001_org.jpg
次はクーポンなしでもリピートしたくなるお店でした。
関連記事
[ 2017/02/04 09:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

サックサク生地の東京チョコレートワッフルサンド/アンデル(羽田空港)

東京出張のお土産を何にしようかと、とりあえず ANA FESTAに入って

TokyoChocolateWaffleSand_001_org2.jpg
どれも美味しそうなんですが、何か売れてるみたいなので
TokyoChocolateWaffleSand_002_org.jpg TokyoChocolateWaffleSand_003_org.jpg
豪華な包装の 東京チョコレートワッフルサンド

TokyoChocolateWaffleSand_004_org.jpg
キレイに並んだ10枚入り

TokyoChocolateWaffleSand_005_org.jpg
表を見るとただの葉っぱのようなワッフルですが
TokyoChocolateWaffleSand_006_org.jpg TokyoChocolateWaffleSand_007_org.jpg
もう1枚のワッフルをチョコレートでコーティングしてます。

サクサクした食感と甘過ぎないチョコレートは誰もが好きになれる美味しさです。
関連記事
[ 2017/02/03 01:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

特大かきフライ2個 と 銀むつの煮付け/わぶ(東京:新宿)

東京出張でのランチは わぶ です。
JR新宿駅南口から西へ徒歩7分のところにあります。
ShinjukuWabu_000_org.jpg ShinjukuWabu_007_org.jpg
実は7~8年前にも来たことがあって予想通りやっぱり行列!!

とは言いながらも、私は開店直後だったので並ばずに座れて
これは帰るときのちょうどランチタイムの真っ只中にパシャっと!

ShinjukuWabu_001_org.jpg
愛想のいいおばさんに案内されて満員の相席でメニューから
「かきフライのみ で」
「ココは初めて?」
「2回目です」
「4個も食べられる?大きいよ!」
「・・・じゃあ、魚は何ですか?」
「焼魚が鯖・鮭・ほっけ、煮魚が銀むつのカマ です」
「銀むつ で!」

ShinjukuWabu_002_org.jpg
ということで、かきフライ+煮魚

ShinjukuWabu_004_org.jpg
大きな かきフライ が2個

ShinjukuWabu_005_org.jpg
持つと予想通りの重量感

ShinjukuWabu_006_org.jpg
濃厚な牡蠣にタルタルソースをタップリつけて食べると超ウマぁ~!!

大きな牡蠣ではなく、何個かをまとめて1つの大きなフライにしています。
普通サイズのカキフライがたくさんあるよりも、私はこっちのほうが嬉しい!

ShinjukuWabu_003_org.jpg
そして、銀むつのカマの煮付け

主役のカキフライに負けないぐらいこちらも美味しいので
これだけでもご飯一杯は食べてしまいそうです。

ところで、このお店です冬のこの時期に かきフライ以外を
食べている人がいるのかなぁ?
関連記事
[ 2017/02/01 12:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム