おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2017年01月
月別アーカイブ  [ 2017年01月 ] 

≪ 前月 |  2017年01月  | 翌月 ≫

【台湾旅行記⑳】喉の奥が強烈にピリピリする黒糖薑母茶/士林夜市(台北:剣潭)

士林夜市で小龍包 などの夕食を食べてから、ブラブラ歩いていると

ShilinTea_000_org.jpg
「お土産にはお茶がええんちゃあうん?」ということで

ShilinTea_001_org.jpg
お店に近づくといろんなお茶を試飲させてくれて、一番インパクトのあった・・・

ShilinTea_002_org.jpg
黒糖薑母茶

ShilinTea_003_org.jpg
15粒が別々に入っているので、取りだすとカレー粉みたい。

ShilinTea_004_org.jpg
カップに熱々のお茶を注いで

ShilinTea_005_org.jpg
しばらく待つとドンドン溶け出して

ShilinTea_006_org.jpg
もうちょっと待って引き上げると、随分溶けて
黒糖で固められているのは生姜・なつめ・龍眼だそうです。

ShilinTea_007_org.jpg
おぉースゲっー!
今までに飲んだ生姜湯とは比べものにならないぐらい喉が刺激されます!

寒いときでも
風邪をひいたときでも
疲れたときでも
財布が寂しいときでも
雨の日に傘を忘れても

元気になれそうです。



ちなみに、同じメーカーかどうかはわかりませんが、Amazonでも売っているようです。

以上で、台湾旅行記は完全に終了で~す。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/01/30 23:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(2)

【台湾旅行記⑲】三寶飯とは北京ダック&油鶏&ソーセージ/新東陽(台湾桃園国際空港)

西門の UC TABLE で朝食を食べてから、台北駅に移動して

HsinTungYangTaoyuanAP_001_org.jpg
國光客運の高速バス乗り場に行くと凄い行列!
この日は25日の日曜日だったので、どの国の人も翌日から仕事だったからなのかなぁ~

ちなみに、12月なのに半袖の人もいるぐらい暑いです。

HsinTungYangTaoyuanAP_000_org.jpg
並んでいると、私たちの前に並んでいた日本人が
「ココは乗車の列でチケットは別ですよ」と教えてくれたので
列の前に行くとすぐに買えました。それでも乗車するまでに30分かかって・・・

桃園空港に着いて、荷物を預けて、すでに11時過ぎです。
12時15分の搭乗時間までランチはできるだろうと

HsinTungYangTaoyuanAP_002_org.jpg
地下のフードコート(美食広場)に行きまして

HsinTungYangTaoyuanAP_003_org.jpg
新東陽 のメニューを見てもよくわから~んけど

HsinTungYangTaoyuanAP_005_org.jpg
3番の 三寶飯ってやつ

ごはん・4種類の野菜に煮卵がワンプレートになってスープとデザートがつきます。

HsinTungYangTaoyuanAP_004_org.jpg
北京ダック・油鶏・ソーセージ ということですが
まぁそれなりに美味しい・・・かなぁ。

HsinTungYangTaoyuanAP_006_org.jpg
では食後に、タピオカミルクティー を頼んでみると
売り切れで準備するまでに30分かかります、とのこと・・・残念。

まだまだ時間があるだろうと思っていたら、既に搭乗が始まっていて
最後の方に乗り込むことができて、無事帰国できましたぁ・・・翌日から仕事です。

こんなにお手軽に行けるのであれば
まだまだ体験できていない台湾料理を食べに来るでしょう!

以上で、台湾旅行記はおしまい・・・と言いたいところですが
最後は、黒糖薑母茶のお土産ネタ を1つだけ追加です。
関連記事
[ 2017/01/29 16:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(0)

【台湾旅行記⑱】収穫はエリンギフライの美味しさがわかったこと/UC TABLE(台北:西門)

XimenUCtable_000_org.jpg XimenUCtable_001_org.jpg
旅行最終日はホテルのクーポンを使って UC TABLE で朝食です。
XimenUCtable_004_org.jpg XimenUCtable_003_org.jpg
今までの期待する台湾らしいお店ではなく日本にもありそうな雰囲気のお店です。

XimenUCtable_002_org.jpg
"伊人"って意味は何やろう?
イタリア人かと思ってもメニューはイタリアンでもないし
Google翻訳だとイラク人になるし・・・

と気にはなるけど、カウンターで注文します。

XimenUCtable_005_org.jpg
エッグベネディクト(&ホットコーヒー)

XimenUCtable_006_org.jpg
この状態だと ポーチドエッグ ちゃうかなぁ?

XimenUCtable_007_org.jpg
ウィンナーとポテトフライだと思うでしょう?
実はまだ隠れているモノがありまして、
ポテトのうちの半分は実は エリンギフライ でしたぁ!

このエリンギフライがお気に入り!

こんなに美味しいのであれば、十分でエビの唐揚げではなくて
エリンギにしておけばよかったぁ!

XimenUCtable_008_org.jpg
パンもお替りしたくなるぐらい香ばしくて美味しい!

XimenUCtable_009_org.jpg
向かいにあるのは2日目に朝食の 美而美(MEI&MEI) があります。

この後、12時過ぎのフライトなので、台北駅からバスに乗って
帰国前に桃園空港でランチ します。
関連記事
[ 2017/01/28 09:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(0)

【台湾旅行記⑰】地下美食区で小龍包に海老チャーハン/士林夜市(台北:剣潭)

象山自然歩道 から台北101の夜景を観てから

象山駅(シャンシャン) ⇒ [MRT淡水信義線] ⇒ 剣潭駅(チェンタン)
ShilinNightMarket_000_org.jpg ShilinNightMarket_001_org.jpg
と移動して、士林夜市(シーリンイエシー) にやって来ました。
台湾最大の夜市だけあってかなりの賑わいです。

ShilinNightMarket_002_org.jpg
この群れのなかで食べ歩きをするのもいいのですが、象山で登山して(犬にも追いかけられ)
疲れていたので、座って食べようということで 地下美食区 に入ります。

ShilinNightMarket_011_org.jpg
どこも同じようなお店だったので、こちらのお店に入ることに。

ShilinNightMarket_003_org.jpg
日本語メニューがあるし、少し日本語ができる店員さんに注文して・・・

ShilinNightMarket_004_org.jpg
あっさり薄味の ワンタンめん(メニューではクンタンめん)

ShilinNightMarket_005_org.jpg
小龍包(メニューでは小龍湯包)

ShilinNightMarket_006_org2.jpg
そう言えば、今朝も 永和豆漿(トウジャン) で食べたばかりです何度食べても美味しい!

ShilinNightMarket_007_org.jpg
海老チャーハン(メニューでは海老えびチャーハン)

"海老えび"という名前でも海老が2倍入っているわけではないです。

ShilinNightMarket_008_org.jpg
大きな シシャモフライ(メニューでは柳葉魚)

ShilinNightMarket_009_org.jpg
サザエ

ShilinNightMarket_010_org2.jpg
サザエというよりもバイ貝・・・美味しいんでいいですけど。

やっぱりこのまま帰るのはもったいないので、
この後、お土産を買ったりしてホテルに帰りました。

明日の旅行最終日は ホテル近くでのモーニング からです。
関連記事
[ 2017/01/27 01:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(0)

【台湾旅行記⑯】登山して夜景の台北101を観て・・・犬に追いかけられ/象山自然歩道

台北101 の Cafe Lugo でイチゴのワッフル を食べて体力を蓄えてから、

台北101/世貿駅 ⇒ [MRT淡水信義線] ⇒ 象山駅

Taipei101Xiangshan_000_org.jpg
と移動すると、台北101 がよく観えます。

じゃあ、もっとキレイに台北101を観るぞ~!

Taipei101Xiangshan_005_org.jpg
と象山駅から20分ほど歩いた松徳路の奥にある 象山自然歩道 を登ります。
Taipei101Xiangshan_006_org.jpg Taipei101Xiangshan_007_org.jpg
自然歩道を昇っていくと象だらけの広場で、
そこから冬なのに汗をダラダラ流して、更に昇ると

Taipei101Xiangshan_008_org.jpg
人がいっぱい!!

Taipei101Xiangshan_001_org.jpg
頂上から撮影すると 台北101 が ぜ~んぶ観えます!

Taipei101Xiangshan_003_org.jpg
竹の節は縁起8個あり、更に1節には8階と縁起のいい数字になっています。

Taipei101Xiangshan_002_org.jpg
貨幣をイメージしたオブジェ

休憩を兼ねて日が暮れるまで待ちまして・・・

Taipei101Xiangshan_009_org.jpg
台北101の夜景

Taipei101Xiangshan_004_org.jpg
キレイな夜景が観れたので、下山するのですが象山駅へは2つのルートが
あるということなので、ではもう1つのルートから帰ることにして、いざ進み始めると
急に人が少なくなりましたが、前を歩く人がいたので付いていくと駐車場?

うん?イメージと違うなぁ・・・
前を歩いていた人はスクーターに乗ってどこかへ行ってしまいました。

でも道はあるので歩いていくと下がったり上がったりして、なかなか地上に向かわな~い!
しかも、この道はスマホの地図にも載っていな~い!

不安なになっていると脇道が 大きな犬が吠えながら出てきましたぁ!
野良犬ではなくて、ヒモに繋がれていない番犬のようです。

小雨が降っていたので、思わず傘を犬に向けて「わぁー!」
叫ぶと犬はピクっとして、こっちを向いたまま動かなくなりました。

その間に、犬を見ながら私たちは後ずさりして、小走りで逃げ
しばらく先に、広い上り坂細い下り階段 の分岐点があり、
早く地上に戻りたかったので500mある下り階段を降りていくと、
ようやくスマホの地図で表示できる道に戻ることができ、なんとか象山駅に戻ることができましたぁ。

冒険もほどほどにしておかないと・・・反省です。

次は、士林夜市で夕食 です。
関連記事
[ 2017/01/25 12:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(4)

【台湾旅行記⑮】誰もが食べているのでつられてイチゴのワッフル/Cafe Lugo(台北:台北101/世貿)

圓山駅近くの 老牌張猪脚飯 でランチをしてから

圓山駅 ⇒ [MRT淡水信義線] ⇒ 台北101/世貿駅

Taipei101Lugo_000_org.jpg
と乗って、クリスマスイブの 台北101

高さ509.2m(地上101階)もあるので、高速エレベーターで展望台に上がってもいいのですが、
この後ちょっとした登山をしなければならないので、
1階~4階まで「高級ブランドばっかりやなぁ~」と言いながら、グルッと回って
Taipei101Lugo_002_org.jpg Taipei101Lugo_001_org.jpg
地下1階の Cafe Lugo で休憩です。

クリスマスイブということもあってなのか向かいの
鼎泰豊(ディンタイフォン) はランチタイムでもないのに70分待ち。

こっちのCafe Lugoも満席ですけど、タイミングよく1卓を確保して
コーヒーでも飲んで時間潰し&体力を温存していたら
周りの老若男女は必ずと言っていいほどワッフルを食べています。

それが、たまらなく美味しそうなので、

Taipei101Lugo_003_org.jpg
カウンターのガラスケースを見ると、「こりゃあ凄いなぁ」ということで・・・

Taipei101Lugo_005_org.jpg
イチゴのワッフル

Taipei101Lugo_004_org.jpg
周りの人たちは1人で食べていますが、私たちは3人でシェアします。

Taipei101Lugo_006_org.jpg
やっぱり、美味しいわぁ~
旅行3日目の疲れを回復して、これからの山登りのエネルギーも確保できそうです。

猫村の猴硐(ホウトン)猫カフェのアイスクリームワッフル
美味しかったので、台湾ではワッフルも美味しいのかも・・・?

次は、台北101を撮影するために象山自然道の山登り です。
関連記事
[ 2017/01/23 23:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(2)

【台湾旅行記⑭】豚のくるぶしの煮込み と 金針菜のスペアリブスープ/老牌張猪脚飯(台北:圓山)

忠烈祠(ツォンレイスー)でイケメン衛兵式 を見てから、バスで移動したけど乗るバスを
間違えてしまい途中下車して、ちょっと長めに歩いて 老牌張猪脚飯 でランチです。

Wi-Fiを借りていて良かったぁ~

YuanshanChangPork_000_org.jpg
やったー!日本語で書いている~!

ひと通り食べたいモノを考えて、いざ注文するときになって
日本人だということを伝えると、少し日本語を話してくれたけど
アレは?コレは?と早口でススメられることに圧倒されて・・・

YuanshanChangPork_001_org.jpg
こうなっちゃいましたぁ~・・・3人分です。

メチャクチャ美味しそうです!!!

YuanshanChangPork_002_org.jpg
【上】 煮卵
【下】 豚足の煮汁かけご飯

美味しいのでこの組み合わせだけでも満足できます。

YuanshanChangPork_003_org.jpg
【上】 煮込みメンマ
【下】 豚のくるぶしの煮込み

どの部位でするかで迷ったけど食べたことないので くるぶし。
トロットロで超ウマぁ~!

同じような味付けのなかで味を変えるのにメンマを頼んで正解!

YuanshanChangPork_004_org.jpg
意味がよくわからずに頼んだ 金針排骨湯

YuanshanChangPork_005_org.jpg

金針菜にはクセがなく食べることができますが
このスープがメチャクチャ美味しい!
YuanshanChangPork_007_org.jpg YuanshanChangPork_006_org.jpg
ランチの前には「お腹いっぱいであんまり食べられへん」と言っていた娘は
かなりお気に入りだったようで誰よりも食べてました。

次は、台北101のカフェ で休憩です。
関連記事
[ 2017/01/22 16:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(4)

【台湾旅行記⑬】ガチャーン!ガチャン!見応えのある衛兵交代式/忠烈祠

MartyrsShrine_001_org.jpg
故宮博物館 からタクシーで 忠烈祠(ツォンレイスー) にやって来ました。

MartyrsShrine_002_org.jpg
大門 には衛兵が微動だにせず立っています。

MartyrsShrine_013_org.jpg MartyrsShrine_014_org.jpg
この忠烈祠は国のために殉難した烈士を追悼するところだそうです。

MartyrsShrine_003_org.jpg
既に1時間ごとに行われる 衛兵交代式 が始まっていて、

MartyrsShrine_004_org.jpg
大殿での交代が終わって、中央広場を通って大門に向かいます。

MartyrsShrine_005_org.jpg
先頭の衛兵がリーダーのようです。

MartyrsShrine_006_org.jpg
後ろ姿からでもわかるようにスタイルの良さが目立ちます。
Wikipediaによると陸海空軍から高卒以上で犯歴がなく、
身長175~195cm、体重65kg±1kgの条件の兵士で構成されているそうです。

MartyrsShrine_007_org.jpg
ガチャンガチャンと軍靴を鳴らしながら行進していきます。

MartyrsShrine_008_org.jpg MartyrsShrine_009_org.jpg
交代の5人が大門に到着すると、大門の衛兵もパフォーマンスが始まり
7人で銃を振り回す儀式を行います。

MartyrsShrine_010_org.jpg MartyrsShrine_011_org.jpg
銃をガチャガチャ、ブンブンと激しく振り回すので途中でマガジンかグリップが外れてしまって、
交換の銃も用意されているようで、左から二人目が銃を交換している世話係です。

MartyrsShrine_012_org.jpg
行進のため服装が乱れてしまっているので、世話係が整えてあげています。

MartyrsShrine_015_org.jpg
大殿 にも立っている衛兵も見に行ってみると

MartyrsShrine_016_org.jpg
なんとなくですけど、こちらの衛兵は新人みたいで目をキョロキョロさせていました。

MartyrsShrine_000_org.jpg
毎日毎日、このような衛兵交代式を行っているので、
中央広場には衛兵たちの行進の道筋がついています。

私が大門の黒服の世話係にバス停の場所を聞いてときに横に並んだら
スタイル・顔の大きさ・イケメンなど同じ人間とは思えないそうでした・・・奥さん談

確かに男の私も照れてしまうぐらいイケメンでしたが。

次は、ランチにトロットロの豚足を食べに行きます。
関連記事
[ 2017/01/21 09:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(2)

【台湾旅行記⑫】ホンモノの白菜とニセモノの角煮/故宮博物館

台湾旅行3日目は 西門(シーメン)の 永和豆漿(トウジャン) で朝ご飯を食べてから

西門駅 ⇒ [MRT板南線] ⇒ 台北駅 ⇒ [MRT淡水信義線] ⇒ 士林駅 ⇒ [バス] ⇒
NationalPalaceMuseum_001_org.jpg NationalPalaceMuseum_000_org.jpg
と乗り継いで 故宮博物館 にやって来ました。

NationalPalaceMuseum_002_org.jpg
大きな門から建物までが遠~い!!

NationalPalaceMuseum_003_org.jpg
観光客の少ないオープン直後に行くことが、おススメというので、ただいま9時です。

NationalPalaceMuseum_004_org.jpg
日本語ガイドも借りて、いざ入館!

何は無くとも、302室に直行しまして・・・

NationalPalaceMuseum_005_org.jpg
白菜、白菜と思いながらフラッシュをオフにして撮っていると
なんかイメージと違うなぁと思っていたら、隣のケースに・・・

NationalPalaceMuseum_006_org.jpg
ありましたぁ、翠玉白菜

次は同じ狭い部屋にある 角煮 を探すとどこにもないので
他の部屋の美術品を鑑賞することに。

NationalPalaceMuseum_008_org.jpg
あまりにも可愛い赤ちゃんなので見入ってしまった 白磁嬰児枕

借りた日本語ガイドにはゲームなどいろいろな機能があったので
触っていると「うん?今展示していないモノがある・・・」

NationalPalaceMuseum_007_org.jpg
334. 肉形石清 はお留守のようです。

であるならば・・・

NationalPalaceMuseum_009_org.jpg
お土産物屋コーナーの 肉形石清 で観たつもりに。

次は、地下のインフォメーションでタクシーを呼んでもらって 忠烈祠 です。
関連記事
[ 2017/01/20 01:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(0)

【台湾旅行記⑪】朝食は豆漿・油條・小龍包っぽいものなどなど/永和豆漿(台北:西門)

台湾旅行3日目です。
ちなみに、2日目は、猫村の猴硐(ホウトン)ランタンの十分(シーフェン)
湯婆婆の屋敷の九份(ジォウフェン) と大移動しましたが、3日目は台北市内のみです。

ホテルのクーポンには、豆漿(トウジャン) のお店がなかったし、
行動予定から7時には食べたかったので台湾旅行3日目の朝食は 永和豆漿 です。
YongheDoujiang_002_org.jpg YongheDoujiang_004_org.jpg
テーブルが数卓しかないのに、地元民や観光客っぽい人でいっぱい。

さて、注文はどのようにするのだろうか?と店先を見ると
自分で紙に注文を書く台が設置されていました・・・これは助かる。

YongheDoujiang_000_org.jpg YongheDoujiang_001_org.jpg
とは言っても、やっぱり何かわから~ん!!
写真と文字だけで想像しながら注文。

YongheDoujiang_003_org.jpg
テイクアウトの人もイートインの人もコナンのトランプを渡されて待ちます。

YongheDoujiang_005_org.jpg
で、小さなテーブルに3人で座ることができて
イートインのはずなのに、ナイロン袋に入って渡された
【左】培根蛋餅
【右】童生餐(A:鍋貼)

つまり、【左】ベーコンとタマゴのクレープみたいなモノと
【右】焼き餃子で、提供の仕方はアレですが美味しい!

YongheDoujiang_006_org.jpg
【左】豆漿加蛋
【右】招牌豆漿(熱い、小サイズ)

いわゆる豆乳なんですが、甘くて日本の豆乳とはまた違った感じで飲みやすいです。

YongheDoujiang_007_org.jpg
油條 だけだと味気ないので

YongheDoujiang_008_org.jpg
タマゴの入った 【左】豆漿加蛋 に浸して食べると、これまた美味しい!

YongheDoujiang_009_org.jpg
湯包

YongheDoujiang_010_org.jpg
名前は違いますが、小龍包なんでしょう・・・きっと。
美味しいので何でもいいですけど。

次は、故宮博物館に白菜と角煮 を見に行きます。
関連記事
[ 2017/01/18 12:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(2)

【台湾旅行記⑩】初めての台湾の夜市は寧夏夜市(台北:中山)

九份 で 千と千尋の神隠しの湯婆婆の屋敷 を見て、
名物の 魚のつみれ汁・タロイモ団子のお汁粉 を食べてから

九份 ⇒ [バス] ⇒ 金爪石 ⇒ [バス] ⇒ 忠孝復興駅
⇒ [MRT板南線] ⇒ 台北駅 ⇒ [淡水信義線] ⇒ 中山駅
NingxiaNightMarket_000_org.jpg
と乗り継いでただいま20時。
寧夏夜市(ニンシャーイエシー) にやって来ました。

朝から、西門(シーメン)猴硐(ホウトン)十分(シーフェン)九份(ジォウフェン)
と移動して4食も食べているので軽く流すように見て食べようということで・・・

NingxiaNightMarket_004_org.jpg NingxiaNightMarket_003_org.jpg
お姉さんが美味しそうに包んでいたので

NingxiaNightMarket_001_org.jpg
赤肉蒸餃

NingxiaNightMarket_002_org.jpg
何か足りないような気もするけど、まぁええかぁ

NingxiaNightMarket_006_org.jpgNingxiaNightMarket_005_org.jpg
焼いている姿が美味しそうなんですが、名前からは何も想像できませんが・・・

NingxiaNightMarket_007_org.jpg
海鮮貝

NingxiaNightMarket_008_org.jpg
貝などの海鮮がいっぱい入ったグラタンみたいなモノでしたぁ~

NingxiaNightMarket_009_org.jpg
寒い日でしたが、娘が台湾なのでアレを食べたいというので

NingxiaNightMarket_010_org.jpg
マンゴーシャーベット

NingxiaNightMarket_011_org.jpg
フワフワな氷は超美味しい~!!
けど、寒い~!!

このままホテルに帰る予定でしたが、寒いので身体の中から
温かくしたかったので、ホテル近くの 全家(ファミリーマート)

NingxiaNightMarket_012_org.jpg
買った 関東煮

チクワや白い団子の2つは想像できる範囲内の味なのでOKなんですけど

NingxiaNightMarket_013_org.jpg
もち米を豚の血で固めた 新米血糕
世の中に好きな人がいるとは思えない無味無臭でモサっとした食感です。

次は、台湾3日目の朝食は豆漿(トウジャン) です。
関連記事
[ 2017/01/16 23:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(0)

【台湾旅行記⑨】名物の 魚のつみれ汁 と タロイモ団子のお汁粉(新北:九份)

千と千尋の神隠しの湯婆婆の屋敷 のモデルっぽいところを
撮影してから 九份(ジォウフェン) でも軽く食事です。

ちなみに、本日4食目【 西門(シーメン)猴硐(ホウトン)十分(シーフェン)
ですが、西門以外は一つだけ頼んで3人でシェアしているのでお腹にはまだまだ余裕はあります。

JiufenFood_000_org.jpgJiufenFood_001_org.jpg
まずは、店先で調理している姿が美味しそうな 九份傳統魚丸

JiufenFood_002_org.jpg
う~ん、何かよくわかんね~!
でも、別のメニューで写真もあったのでお決まりの名物を注文。

JiufenFood_003_org.jpg
【左】 綜合魚丸湯 ・ 【右】 特製乾麺

JiufenFood_004_org.jpg
イカや鰯などどれも味が違う蒲鉾のように硬めのつみれが4個入って、スープは非常に薄味です。

JiufenFood_005_org.jpg
いわゆる 汁無し肉味噌麺 ですね。

どちらもそれなりに美味しいんですけど、なぜ名物なんやろう?

JiufenFood_006_org.jpg
人気店なので、私たちと相席していたのは食事中のお店のおばちゃん
JiufenFood_010_org.jpg JiufenFood_007_org.jpg
次は、こちらも人気店の 阿柑姨芋圓

JiufenFood_008_org.jpg
おそらく、上が冷たいタイプで下が熱いタイプなんだろう・・・
綜合がミックスで、後は1種類の豆しか入っていないんだろう・・・
JiufenFood_009_org.jpg JiufenFood_011_org.jpg
と勝手に解釈して、温かい1番を注文して
受け取ってから奥の座席に向かう途中には
おばちゃんたちがひたすら団子を作っています。

JiufenFood_012_org.jpg
芋圓(綜合湯)

全然美味しそうに見えませんが・・・

JiufenFood_013_org.jpg
すくい上げるといっぱいの団子と豆が沈んでます。
薄めのお汁粉みたいで、好みが分かれそうですが、私は好きですね。

さて、九份から台北の 忠孝復興駅 までバスで帰るんですが、
高速を通ることもあり、立ち席はなく満席になると乗れないのでバス停は行列です。

そこで、少しお金はかかりますが(といっても15元だけ)、
敢えて駅とは逆向きの金爪石行きのバスに乗って、
始発の 金爪石バス停 から悠々と座って帰ることができました。

次は、寧夏夜市 で本日5食目を食べます。
関連記事
[ 2017/01/15 16:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(0)

【台湾旅行記⑧】ココが 千と千尋の神隠し の 湯婆婆の屋敷 かぁ(新北:九份)

十分(シーフェン)台湾のナイアガラに行って、ランタンを上げて
犬がヨダレを垂らすほどの食べ歩き をしてから

JiufenScenery_004_org.jpg
十分駅 ⇒ [台鉄平溪/深澳線] ⇒ 瑞芳駅(ルイファン)⇒ [バス] ⇒

JiufenScenery_000_org.jpg
と乗り継いで 九份(ジォウフェン) にやって来ました。

ただ、台湾のバスの運転手はお客さんを乗せていることを
忘れているのかと思ってしまうぐらい運転が荒い!!!

JiufenScenery_001_org.jpg
さすがに人気のある観光地だけあって 基山街 はもの凄い人だかり。
猫村の猴硐(ホウトン)ランタンの十分(シーフェン)
比べて日本人が急に多くなったように感じます。

JiufenScenery_003_org.jpg
九份と言えばの有名な建物があるので、豎崎路 を下りますと

JiufenScenery_002_org.jpg
ジャジャジャジャーン!!

観光案内看板には 千と千尋の神隠し湯婆婆の屋敷 って
書いてありますが、実際にはモデルではないらしい・・・

実際のところ、ココがベストな撮影スポットなのですが
向かいの2階にあるお店の入り口の階段であるために、
お店の人に追い出されることになって

JiufenScenery_005_org.jpg
夕暮れ時には、ちょっと低い場所からパシャっと!

次は、九份での食事編 です。
関連記事
[ 2017/01/14 09:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(4)

【台湾旅行記⑦】犬もヨダレを垂らす十分老街で食べ歩き(新北:十分)

十分大瀑布を観て、ランタンを上げて から本日3回目の食事です。
と言っても、3人でシェアしているので食べ過ぎ~!ってほどでもないので。
ShifenFood_001_org.jpg ShifenFood_000_org.jpg
行列が出来ているので覗いてみると、どう見ても美味しそうな照り

ShifenFood_002_org.jpg
雞翅包飯(鳥の手羽ご飯入り)

ShifenFood_003_org.jpg
超スパイシーで中にはご飯入り

ShifenFood_004_org.jpg
3人で順番に回し食べしている目の前には、犬が行儀よく
食べ物の行方を追いながら ヨダレをタラタラ 垂らしています。

きっとこの美味しさを知っているのでしょう!

そして、この犬&3人の光景は通り過ぎる観光客が国籍を問わず笑っていました。
ShifenFood_006_org.jpg ShifenFood_005_org.jpg
あぁ、こっちも美味しそう~ということで

ShifenFood_007_org.jpg
ソーセージを鶏皮で巻いている 雞腿捲(チキンロール)
ShifenFood_009_org.jpg ShifenFood_008_org.jpg
なんじゃコレは~!と引き付けられて寄ると
スルメイカのフライのようですが、ちょっと食べ難そうだったので

ShifenFood_010_org.jpg
香ばしい エビの油揚げ
ShifenFood_012_org.jpg ShifenFood_011_org.jpg
最後は喉が渇いてきたので、涼しげな飲み物探していると

ShifenFood_013_org.jpg
金桔檸檬・・・ほぼ無味でちょっと期待外れ

次は、九分に移動して 千と千尋の神隠しの湯婆婆の屋敷 です。
関連記事
[ 2017/01/13 01:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(0)

【台湾旅行記⑥】台湾のナイアガラを観てからランタン飛ばそう(新北:十分)

候硐(ホウトン)の猫村 で癒されて、猫カフェで休憩 してから

ShifenLantern_010_org.jpg
候硐駅 ⇒ [台鉄平溪/深澳線] ⇒ から3駅目の 十分駅(シーフェン) に到着

ShifenLantern_004_org.jpg
駅を降りると線路沿いというか線路の上では、願い事が書かれた
ランタン(天燈) が上げられています。

私たちもすぐにランタン上げをしたかったのですが、おそらく駅に着くと誰もが同じことをして
混雑するだろうと思われたので、先にもう一つのメインスポットに行くことにしました。

ShifenLantern_001_org.jpg
この後、十分でも何かを食べることにしているので
線路沿いの屋台では何が売っているのか確かめたり

折角、願い事を書いているのに縁起でもなくランタンが燃えて
打ち上げに失敗している寂しそうな観光客の姿を見たりして
十分老街を抜けると 十分大瀑布 の案内看板

ShifenLantern_002_org.jpg
更に歩くと橋に向かって大勢の人が歩いています。

ShifenLantern_000_org.jpg
更に更に更に歩くと 台湾のナイアガラ こと 十分大瀑布

こんな小さい台湾にも大きな滝があるんやぁって思ってたら
台湾は九州と同じ大きさらしいことにビックリ!

ShifenLantern_003_org.jpg
ナイアガラから十分老街に戻っていると空にはいっぱいのランタン!!
さて、どこに飛んでいくんでしょう?

ShifenLantern_006_org.jpg
ランタン業者はいくつもありますが、どれも同じ価格のようで
単色(一色)か 四色 を選びます・・・八色もありました。

ShifenLantern_007_org.jpg
選択竿のようなところにランタンを下げてくれるので願い事を書きます。

ShifenLantern_011_org.jpg
4面に願い事を書くと各面ごとに写真撮影をしてくれて

ShifenLantern_008_org.jpg
「3・2・1」とカウントダウンをして空に放ちます。

ShifenLantern_005_org.jpg
願いが叶いますように!

後でスマホを確かめると30枚ぐらい撮ってくれていました。

ShifenLantern_009_org.jpg
このローカル線は1時間に1本しか電車は走りませんが、
そのときには、当然ランタンを中止して退避しなければなりません。

しか~し!通過する警告笛が鳴るのが電車が通る直前すぎて
逃げ遅れそうになる観光客もいたりするのでご注意を!
地元のおじさんに怒られますので・・・

次は、十分で本日3回目の食事(食べ歩き) です。
関連記事
[ 2017/01/11 12:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(0)

【台湾旅行記⑤】猫カフェでアイスクリームワッフル/Hide & Seek(新北:猴硐)

HoutongHideSeek_003_org.jpg HoutongHideSeek_002_org.jpg
猫村&廃坑を散策 してから猫村にある Hide & Seek で休憩です。

HoutongHideSeek_000_org.jpg
というか、カフェは何軒かあるのですが、ちょっと早い時間だったのでココしか開いてませんでした。
HoutongHideSeek_006_org.jpg HoutongHideSeek_005_org.jpg
もちろん店内は猫の飾りだらけで、クリスマス前でもあったので更にカワイらしくなっています。

HoutongHideSeek_004_org.jpg
今日はアチコチに寄って全部で5回食事をする予定だったので、
3人でシェアをして少しずつ食べるのでスイーツとドリンクを注文。

HoutongHideSeek_007_org.jpg
すると、待っている間にどうぞと 猫たちの写真集をドッサリ!
そして、日本の旅行誌にコチラのお店が載っていて「コレ私!」と
お店のおばあちゃんが自慢をして厨房に戻っていきます。

HoutongHideSeek_008_org.jpg HoutongHideSeek_012_org.jpg
【左】アイスモカ
【中】ハニーグレープフルーツティ
【右】ウィンター・メロン・レモン(冬瓜檸檬)


冬瓜檸檬がスッキリして美味しい~!!

HoutongHideSeek_001_org.jpg
このお店の看板猫は 班班・・・読み方わからず

HoutongHideSeek_009_org.jpg
アイスクリームワッフル

HoutongHideSeek_010_org.jpg
クリームが猫になっちゃってます。

HoutongHideSeek_011_org.jpg
おばあちゃんが作っていたので期待していなかったのですが
失礼ながら、メチャクチャ美味しいニャー!!

HoutongHideSeek_013_org.jpg
お店に飾ってあったオブジェが猫村の雰囲気をうまく表現していて
欲しいと思ったのですが残念ながら売り物ではないみたいです。

次は、十分に移動して 台湾のナイアガラ & ランタン上げ です。
関連記事
[ 2017/01/09 23:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(2)

【台湾旅行記④】アッチもコッチも猫でいっぱ~い(新北:猴硐)

西門の美而美でハンバーガー のモーニングを食べてから

西門駅 ⇒ [MRT板南線] ⇒ 台北駅 ⇒ [台鉄宜蘭線] ⇒
HoutongCat_006_org.jpg HoutongCat_005_org.jpg
と乗り継いで1時間後に 猴硐(ホウトン)駅 に到着。

駅ではいきなり猫のオブジェがお出迎え

HoutongCat_004_org.jpg
駅の北側一帯が 猫村 なので早速散策すると、

HoutongCat_002_org.jpg
そこはまるで 猫の楽園 のようです。

HoutongCat_003_org.jpg
HoutongCat_016_org.jpg
バイクにも乗るし、店番もするし・・・

HoutongCat_011_org.jpg HoutongCat_007_org.jpg
HoutongCat_000_org.jpg
HoutongCat_017_org.jpg
HoutongCat_010_org.jpg
HoutongCat_001_org.jpg HoutongCat_013_org.jpg
HoutongCat_009_org.jpg
HoutongCat_008_org.jpg
猫たちに癒されてから、駅の反対側に行くとそこは 廃坑

HoutongCat_012_org.jpg
猫村と言いますが、廃坑側には 犬 もいます・・・かと言ってこっちは犬村ではないですが。

HoutongCat_014_org.jpg
廃線になった トロッコ橋

橋を渡るとトロッコに乗って廃坑の中にも入ることができるのですが、それはキャンセルで。

HoutongCat_015_org.jpg
その橋からの景色を眺めると、とんでもない田舎に来てしまったぁ。
言葉の通じない海外やのに無事帰られるのだろうかぁ、ちょっと心配。

次は、もう少し時間があるので、猫カフェのアイスクリームワッフル で休憩です。
関連記事
[ 2017/01/08 15:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(6)

【台湾旅行記③】ホテルのクーポンでエビと玉子のハンバーガー/美而美(台北:西門)

MeiMeiXimen_008_org.jpg
私たちが泊まったホテルがある通り・・・
昨夜はこの通りは真っ暗で、ホテルには目印になる
ような大きな看板もなく、よくたどり着けたものです。

ちなみに、カジュアルな雰囲気のキレイなホテルですので。

そのホテルでは近くの3店舗で使えるクーポン(50元/人 x 3泊分)をくれました。
それが日本にもあるようなお店だったら使うつもりがなかったのですが、
どうやら台湾っぽいお店もあるというので使うことに。
MeiMeiXimen_001_org.jpg MeiMeiXimen_002_org.jpg
クーポンの地図の文字が潰れていたので解読にしくくておそらくココだろうと思って、
お店の人にクーポンを見せるとOKって感じだったので 美而美 でモーニングです。
ホームページから MEI & MEI と読むみたいです。

MeiMeiXimen_007_org.jpg
メニューを見ると・・・何もわから~ん!!

固まっていると「Japanese?」って聞かれたので「Yes」

MeiMeiXimen_000_org.jpg
すると日本語メニューを出してくれて、心の中でバンザ~イ!!

MeiMeiXimen_006_org.jpg
周りを見ると日本人はゼロで、さて皆さんはどこの国の方々でしょう?

MeiMeiXimen_003_org.jpg
まずは、家で使っているようなマグカップに入った
ホットコーヒー(小) ・ ミルクティー(小) ・ チョコレートミルク
これは(小)ではないだろうと思うぐらいデカい!

そして、ちょっと甘くて、ちょっと温め・・・
更に、ホットなのにストローで飲みます。

MeiMeiXimen_004_org.jpg
エビと玉子のハンバーガー

家族3人とも違うハンバーガーを頼んでいたので
どれやろう?って思っていると、店員さんがメニューを指してコレ!って教えてくれました。

MeiMeiXimen_005_org.jpg
海老というよりも海老餅のようなモノが挟んであって
ほんのり海老の風味がする感じで、まぁこんなもんかなぁ。

次は、台鉄に乗って 猫村の猴硐(ホウトン) に行きます。
関連記事
[ 2017/01/07 09:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(4)

【台湾旅行記②】悠遊カードを買ってから煮込みそうめんの麺線/阿宗麺線(台北:西門)

茶葉蛋を食べて 國光客運の高速バスに乗って約60分で台北駅に到着。

MRTの窓口で 悠遊カード を買おうとすると、ここでも 売り切れ!
桃園空港のカウンター、コンビニのHi-Lifeに続いて、これで 3連敗!!!

AzongMianxianXimen_000_org.jpg
なんでや~?と疑問に思いながらもコイン型の切符( トークン )を
買って、MRT板南線に乗ってホテルのある西門駅に移動します。

AzongMianxianXimen_001_org.jpg
で、西門駅のカウンターでようやく 悠遊カード を買うことができましたぁ!
しかも、日本語のできるお兄さんだったのでチャージまでスムーズに完了!

AzongMianxianXimen_006_org.jpg
西門駅の地上に出ると、台湾の渋谷や原宿と言われているようですが
大阪だと難波の高島屋やマルイのあたりみたい~

AzongMianxianXimen_002_org.jpg
既に21時半頃でようやく 阿宗麺線 でディナーです。
もの凄い行列ですが、回転がメチャクチャ速そうです。

AzongMianxianXimen_007_org.jpg
大碗(Large)・小碗(Small)の二択で・・・

AzongMianxianXimen_003_org.jpg
レジ横でチャチャチャっと盛り付けてくれまして

AzongMianxianXimen_004_org.jpg
パクチーがトッピングされている 麺線(大碗)

AzongMianxianXimen_005_org.jpg
座席はないので、誰もがお店の周りで立って食べます。

レンゲでフニャフニャの麺と豚の大腸の煮込みを一緒に食べますと、
鰹節の出汁がメチャクチャ効いている日本人好みの美味しさです!
ただ、レンゲだとちょっと食べにくいですけど・・・

この後、ゴロゴロスーツケースを引いてホテルにチェックインして1日目の終了です。

明日は、台湾スタイルのお店で朝食 からスタートです。
関連記事
[ 2017/01/06 02:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(0)

【台湾旅行記①】初めての台湾での食事は茶葉蛋/Hi-Life(台湾桃園国際空港)

2週間ほど前のクリスマスに初めて 台湾(主に台北) に行ってきました。
しばらくは台湾の旅行記にお付き合いください。

HiLifeTaoyuanAP_001_org.jpg
当初は国内旅行を計画していましたが、数か月前に台湾に行った同僚の話を思い出して
試しに台湾で調べてみると費用がほとんど変わらなかったので、台湾に変更。

LCCだと何もない 関空 の第二ターミナルだと思っていたら、Jetstar は第一ターミナルで
それだけでもちょっと嬉しく、出発まで タリーズコーヒー を飲んで待機~

予定通りの時間で台湾に向かってしゅっぱ~つ!!

HiLifeTaoyuanAP_002_org.jpg
約3時間で 桃園空港 に着いて入国審査はスムーズに済んだものの
預けていた荷物がターンテーブルから出てくるのが、やっぱり遅かったので、
その間に関空でレンタルした グローバルWiFi のセッティング。

HiLifeTaoyuanAP_004_org.jpg
その後、元(NTD)に両替して、空港カウンターで MRT/バス/台鉄で使う
非接触ICカードの 悠遊カード(Easy Card) を買おうとすると Sold Out!

仕方がないので、コンビニでも買えるということでB1Fに
あるコンビニの Hi-Life でも Sold Out!

20時頃だったからなのかわかりませんが、売り切れって~?

HiLifeTaoyuanAP_003_org.jpg
するとレジの前に台湾で食べようと思っていた 茶葉蛋 があったので

HiLifeTaoyuanAP_006_org.jpg
台北に着いてから夕食を食べる予定なので2個購入
HiLifeTaoyuanAP_005_org.jpg HiLifeTaoyuanAP_000_org.jpg
國光客運 の空港バスのチケットを買って

HiLifeTaoyuanAP_007_org.jpg
並んでいる間にいただき~す!

お茶で煮たゆで卵で、ほんのりいい香りがするので
食べることを渋っていた娘もパクパクと美味しそうに食べてました。

次は、台北駅に着いて悠遊カードを買おうとしたんですけど・・・
関連記事
[ 2017/01/04 18:00 ] 旅行・おでかけ 台湾 | TB(0) | CM(4)

【おでかけ】初詣は赤穂御崎の伊和都比売神社(兵庫:赤穂)

IwatsuhimeJinja_000_org.jpg
今年の初詣は 伊和都比売神社(いわつひめじんじゃ) です。

IwatsuhimeJinja_001_org.jpg
赤穂御崎 の先端にあります。

IwatsuhimeJinja_002_org.jpg
ゴチャゴチャと人が多いところも疲れるし、誰も居ないのも寂しいので
縁日は出ていませんが、ほどよい人数でのんびりできます。

IwatsuhimeJinja_003_org.jpg
境内から少し離れた海側に鳥居があり、瀬戸内海を一望できますし

IwatsuhimeJinja_004_org.jpg
岬から鳥居越しに見る境内

IwatsuhimeJinja_005_org.jpg
鳥居から見る瀬戸内海

今年一年もいいことがありますように!
関連記事
[ 2017/01/03 12:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(0)

あけましておめでとうございます。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Ganjitsu2017_000_org.jpg

関連記事
[ 2017/01/01 00:00 ] おうち | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム