おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2016年12月
月別アーカイブ  [ 2016年12月 ] 

≪ 前月 |  2016年12月  | 翌月 ≫

今年もありがとうございました。

今年も皆さんからたくさんの拍手やコメントをいただきました。
そこで拍手の多かったTOP20を紹介して、締めくくりたいと思います。
来年もまたよろしくお願いいたします。
ではよいお年を!

第1位
 【出雲旅行記⑥】美しすぎる宍道湖の夕日(島根:松江)
第2位
 口の中でとろけてしまう唐芋レアケーキ ラブリー/フェスティバロ(鹿児島空港)
第3位
 【出雲旅行記⑪】山芋・生卵・天かすの入った三色割子そば/八雲(島根:松江)
第4位
 【浜松旅行記⑧】遠州焼き と バラエティかき氷/ぬのはし(静岡:浜松)
第4位
 【モンブランとコスモス③】十三重石寶塔・かんまん石がある境内に咲くコスモス/般若寺(奈良)
第6位
 栗むし羊羹 の名前は 月よみ山路/松葉屋(石川:金沢駅)
第7位
 ランチのリベンジに 玄界・ブリカマ塩焼き定食/梅山鉄平食堂(福岡:渡辺通)
第8位
 空港に売っていないマルセイバターケーキ、ついでにマルセイバターサンドも/六花亭(北海道:札幌)
第8位
 新食感の わらびういろ と 紅茶わらびういろ/餅文総本店(名古屋駅)
第10位
 【出雲旅行記③】恵比寿様の総本社の美保神社(島根:松江)
第10位
 サンダーバードに乗って あわびめし/潮屋(石川:金沢駅)
第12位
 雰囲気のいい喫茶店でオムレツベーコンサンド/ニューYC(大阪:梅田,新梅田食道街)
第12位
 元祖は津市発祥でエビ天が隠れている天むす/元祖 天むすの千寿(愛知:名古屋駅)
第12位
 【モンブランとコスモス②】栗をそのまま感じるモンブラン/ラ・ペッシュ(奈良:吉野郡大淀町)
第15位
 【出雲旅行記⑦】山陰の旨いもんがこれ1つで味わえる♪のどぐろ定食/さくら川(島根:松江)
第16位
 羽田空港国際線ターミナルで高級『牛重』/吉野家(東京:羽田空港)
第16位
 枝豆の冷製スープと鉄板イタリアン/タナカ(愛知:名古屋,上飯田)
第16位
 【モンブランとコスモス①】大きな大きな きこりむすび/古都屋(奈良:香芝)
第19位
 赤ナポリタン・白ナポリタン・黒ナポリタン/東京ナポリタン(宮城:仙台)
第20位
 【ガラスの茶室としだれ梅⑤】釜揚げうどん に タルタルとり天 と 卵かけ麦めし/鈴庵(奈良:広陵町)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/12/31 01:00 ] おうち | TB(0) | CM(4)

初めての山梨なのでお土産は定番の桔梗信玄餅/桔梗屋(山梨:甲府駅)

KikyouShingenmochi_001_org.jpg KikyouShingenmochi_000_org.jpg
甲府駅のおみやげ売り場を見ると、信玄餅○○ だらけ。
KikyouShingenmochi_002_org.jpg KikyouShingenmochi_003_org.jpg
桔梗屋桔梗信玄餅(5個入り)

ちなみに、一緒に買った プレミアム信玄餅アイス
スーパーあずさ車内で食べちゃいました。

KikyouShingenmochi_004_org.jpg
ひとつひとつキレイに包装されています。

KikyouShingenmochi_005_org.jpg
確か、随分前の ジョブチューン で出演者たちが
食べ方にビックリしていたので、桔梗屋のホームページ を見ると
黒蜜のかけ方がいろいろとあるようです。

KikyouShingenmochi_006_org.jpg
ということで、3個入りのお餅の中央の一つを持ち上げて
空いたスペースに黒蜜を貯める方法
(娘との共同作業です)


KikyouShingenmochi_007_org.jpg
お餅ときな粉を包んでいた風呂敷にすべて出して
黒蜜をかけて食べる方法

食べ方としては、どちらもお好みではありますが
長~く愛されているのがわかる安心できる美味しさですね。

☆今までの「桔梗屋」☆
信玄餅アイス
関連記事
[ 2016/12/30 01:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(4)

スーパーあずさに乗ってプレミアム信玄餅アイス/桔梗屋(山梨:甲府駅)

甲府での仕事が終わって、奥藤(おくとう)でランチ も食べたし
大阪に帰ろう!って言いたいところですが、夕方に東京で仕事・・・

KikyouyaPremiumIce_000_org.jpg
山梨土産と言えば、信玄餅なのでそれは買ったけど
電車の中でデザートにピッタリなアイスが冷凍庫にギッシリ!

青いのが 桔梗信玄餅アイス
赤いのが プレミアム桔梗信玄餅アイス

KikyouyaPremiumIce_001_org.jpg
信玄餅も食べたことないし、桔梗信玄餅アイスも食べたことないけど
桔梗屋プレミアム桔梗信玄餅アイス

KikyouyaPremiumIce_002_org.jpg
スーパーあずさに乗り込んで早速オープン!
うん?餅?
しかも きな粉!?


KikyouyaPremiumIce_003_org.jpg
残念ながら宣伝写真のようにトローンとした餅にはなりません。
そして、平べったい餅をめくると黒蜜が詰まってます。

お餅・黒蜜・きな粉・アイスと不思議な組み合わせは意外と合ってます。

それにしても普通の信玄餅を食べたことがないのに
先に変化球のアイスを食べてもよかったのかどうか・・・
関連記事
[ 2016/12/28 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(6)

甲府鳥もつ煮 と 手打ちそば のセット/奥藤(山梨:甲府)

OkutouKofuST_000_org.jpg
昨日は 正面から見た武田信玄 でしたが横から見るとドッシリ座ってます。
メチャクチャ威厳ありそう~!!

で、仕事が終わって甲府を離れる前に 奥藤(おくとう)本店 甲府駅前店 でランチです。

OkutouKofuST_004_org.jpg OkutouKofuST_003_org.jpg
甲府鳥もつ煮 と 手打ちそば がそれぞれ名物のようなので
両方をそれぞれ味わえるモノにしようと・・・

OkutouKofuST_005_org.jpg
甲府鳥もつセット

OkutouKofuST_006_org.jpg
昨夜も小作 で食べましたが、こちらが発祥だという 甲府鳥もつ煮
甘辛いタレと歯応えがタマランなぁ~!!

OkutouKofuST_007_org.jpg
そして、もりそば

正直なところ お蕎麦 なんてそれほど大きく変わらんやろう・・・
「ウマッ!」と思わず独り言を発してしまいました。

頼むときにメニューの 甲府鳥もつ丼 と迷っていたので、であれば・・・

OkutouKofuST_008_org.jpg
別皿の鳥もつ煮をご飯にのっけて即席の 甲府鳥もつ丼

甲府鳥もつ煮、バンザーイ!
さすが、B1-グランプリ優勝!!

OkutouKofuST_009_org.jpg
そう言えば、ちょっと前にそば湯論争なんてありました。
私としては、あれば飲むけど無くても何とも思いませんけど。
OkutouKofuST_002_org.jpg OkutouKofuST_001_org.jpg
甲府名物を満喫したので、次は電車の中でデザートを食べようっと!
関連記事
[ 2016/12/26 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(6)

甲州名物の ほうとう に とりもつ煮 & 馬刺し/小作(山梨:甲府)

甲府に宿泊することになったので甲府出身の同僚がおススメする
小作 甲府駅前店 でディナーです。

KosakuKofuST_004_org.jpg
どうしても食べなければならないモノが3品あるというので
まずは、とりもつ煮

ネットリした甘辛さは歯応えもいいので、ウマぁ~!

KosakuKofuST_002_org.jpg
そして、馬刺し

しっかりした旨味が感じられてこれもウマぁ~!



もちろん、ほうとう もなんですが約15種類もあることにビックリ!
豚、猪はいいとしても熊までもあります。

KosakuKofuST_006_org.jpg
ひとつは少し贅沢して 鴨肉ほうとう

KosakuKofuST_007_org.jpg
野菜いっぱいで大きな大きなカボチャが溶けかかっているので
出汁は甘めでホッコリできる美味しさです。
無骨な麺が田舎らしく、期待以上に美味しい!

KosakuKofuST_005_org.jpg
人気そうだったので カレーほうとう

KosakuKofuST_003_org.jpg
モツ系ばっかりやなぁと思いながらも 馬もつ煮

KosakuKofuST_008_org.jpg
海の無い山梨で海鮮もいかがなもんだろうかと 旬鮮 海サラダ

KosakuKofuST_009_org.jpg
ところが、豊富な種類の海鮮だらけ~!
しかも美味しい!

KosakuKofuST_010_org.jpg
甲州ワインビーフの カルビ串
甲州地どりの ぼんじり串

最後は甲州攻めの肉!肉!で終了!
KosakuKofuST_001_org.jpg KosakuKofuST_000_org.jpg
ほうとうのボリュームが凄すぎて
まだまだ甲府を食べ切れていない名物尽くしでした。
関連記事

47都道府県完全制覇の記念ランチ/MATSU(山梨:甲府)

人生で初めて山梨県に上陸しましたぁ~
これで 47都道府県完全制覇!
KofuMatsu_000_org3.jpg
で、甲府駅前の 武田信玄
KofuMatsu_002_org.jpg KofuMatsu_001_org.jpg
レンタカーを走らせて適当に見つけた キッチン MATSU でランチです。

KofuMatsu_003_org.jpg
定食・丼・麺となんでも揃っているようで
折角の47都道府県制覇記念のランチなので、豪華そうにみえる・・・

KofuMatsu_004_org.jpg
MATSU定食

KofuMatsu_005_org.jpg
さば塩 に 竜田揚げ

KofuMatsu_006_org.jpg
更に、煮込み

780円でこんなにバラエティに食べられるのであれば毎週でも来てもいいようなお店です。

KofuMatsu_007_org4.jpg
いつもと違う山梨県側から見た 富士山
関連記事
[ 2016/12/24 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(14)

オムレットが1個40円なんて~!/シロヤ(福岡:博多駅)

福岡出張のお土産を何にしようかぁ~?
ShiroyaHakataST_002_org.jpg ShiroyaHakataST_003_org.jpg
博多駅をブラブラ見て回っていると、人だかり。
ShiroyaHakataST_000_org.jpg ShiroyaHakataST_001_org.jpg
パン屋さんのようで覗いてみると、見間違いか?と思うぐらい安い!
どうやら小倉が本店のパン屋さんで シロヤ というらしい。

では、買ってみよう!

ShiroyaHakataST_004_org.jpg
バタークリームパン 2個 190円
オムレット 5個 200円
サニーパン 3個 280円

しめて、670円(しかも税込)

ShiroyaHakataST_005_org2.jpg
フワフワ生地にタップリの生クリームのオムレット
これで40円とはなかなかのクオリティです。
美味しさのなかに懐かしさも感じる味です。

ShiroyaHakataST_006_org2.jpg
練乳がタップリ浸み込んだサニーパン
素朴な味のバタークリームパン

どれも初めて食べるけど、どこかで食べたような
また食べたくなるような、大人気のパン屋さんでした。
関連記事
[ 2016/12/23 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(4)

ランチのリベンジに 玄界・ブリカマ塩焼き定食/梅山鉄平食堂(福岡:渡辺通)

福岡での仕事が終わって、ようやくご飯の時間・・・
どうしても今夜は魚が食べた~い!ということで 梅山鉄平食堂 でディナーです。
地下鉄「渡辺通駅」から北へ徒歩4分のところにあります。

Umeyamateppei_100_org.jpg
魚は魚でも刺身でも煮付けでもなく、気分は『焼き』で。
注文したら「少々お時間をいただきます」

Umeyamateppei_101_org.jpg
で20分後に、玄界・ブリカマ塩焼き定食

Umeyamateppei_102_org.jpg
魚の出汁の効いた味噌汁飲んで、ウマぁ~!
小鉢のひじきと・・・

Umeyamateppei_104_org.jpg
自家製のふりかけをタップリかければ、
これだけでご飯がなくなってしまいそうです!

Umeyamateppei_103_org.jpg
忘れてはならない ブリカマ!
デカい!

Umeyamateppei_105_org.jpg
身をホジホジとホジくりだして、ウマい!ウマい!

実は何で焼き魚が食べたかったかというと
ランチに博多駅で焼き鯖を食べたんですけど
ベチャベチャして最悪だったので、
コチラでブリカマを食べたら、そんなことは忘れてしまいそうです。
Umeyamateppei_107_org.jpg Umeyamateppei_106_org.jpg
また来てしまうなぁ~!!

☆今までの「梅山鉄平食堂」☆
天然鯛あら炊き定食
関連記事
[ 2016/12/21 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

元祖は津市発祥でエビ天が隠れている天むす/元祖 天むすの千寿(愛知:名古屋駅)

名古屋での仕事を午前中に済ませて、
すぐに大阪に帰らなければならなかったので
名古屋らしいお弁当を新幹線で食べることにしようと
SenjuEsca_004_org.jpg SenjuEsca_005_org.jpg
名古屋駅地下の 天むす千寿と御福餅本家エスカ店 にやって来ました。

天むす・松阪牛肉まん・御福どら焼き と天むす以外にも
いろいろ扱っている店舗のようです。

SenjuEsca_000_org2.jpg
でも、目的はコレ!

SenjuEsca_001_org2.jpg
若草色の包装紙の 元祖 めいふつ 天むす

ちなみに賞味期限は当日20時です

SenjuEsca_002_org2.jpg
更に開けると 『元祖』と本店『津市大門』
包装紙とこれが本家と分家の見分け方らしい。

ということで天むすは名古屋発祥ではなく、本当は津市 だそうで、
分家は名古屋の 上前津に本店 を構えているということです。

SenjuEsca_003_org2.jpg
以前に食べた 地雷也 のように、天むすと言えば
海老天が入ってますよ~と露骨にアピールしているイメージですが
元祖では何も入っていないおにぎりにしかみえません。

SenjuEsca_007_org2.jpg
天むすにピッタリな きゃらぶき が数本添えられています。

SenjuEsca_006_org2.jpg
スパイシーな海老天だと思い込んでいたら
おにぎりはちょうどいい塩加減でフックラし、
余計な味付けのない海老天とバッチリ合っています。

小さなおにぎりなので、いつもなら一口でパクパク食べてしまう私ですが
5個しかないので二口でじっくり惜しむように味わうのでした(新幹線にて)。

名古屋駅には分家 もあるそうなので、次はそっちも食べてみよう!
関連記事
[ 2016/12/19 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

レンゲが刺さる鶏と豚骨のドロドロラーメン/大岩亭(愛知:安城)

出張で愛知の東端まで行くことがあったので、
ココまで来ればアレを食べよう!というかチャレンジしよう!
ということで 大岩亭 でディナーです。

JR東刈谷駅から南東へ徒歩11分のところにあります。
AnjoOoiwatei_002_org.jpg AnjoOoiwatei_003_org.jpg
平日の18時過ぎなのに、既に4人待ち。
もう次来る可能性は低いので待つことに。

店主の掛け声というかハァーイ!という奇声にビックリしながら
待つこと30分ようやく座れることができました。

AnjoOoiwatei_000_org.jpg AnjoOoiwatei_001_org.jpg
オバサンの丁寧な接客によると
既にギョウザは売り切れ~
仕方がないので特鳥ラーメンを注文。

ちなみに、太っ腹にもご飯はセルフで無料です。

しかも、お店の看板商品の特鳥が18時50分に売り切れで。
今待っている10人のお客さんに提供できるかどうか微妙らしい。

AnjoOoiwatei_004_org2.jpg
で注文してから40分後にようやく出てきた
ねぎラーメン特鳥(麺硬め)

AnjoOoiwatei_005_org.jpg
ななナンダ?これ?

AnjoOoiwatei_006_org2.jpg
レンゲが刺さります。
微動だにしません・・・

まず、スープを・・・
豚骨味のバリウムやないか~い!

AnjoOoiwatei_007_org2.jpg
麺と食べると悪くない、寧ろ美味しい。
でも、後半は汁をできるだけ削ぎ落として食べてますけど。

AnjoOoiwatei_008_org.jpg
沼から掘り起こすとチャーシュー

ほぼ汁は残して終了。

ご飯にこの汁をかけて食べる人もいるらしいですが
まったくそこまで到達できません。
AnjoOoiwatei_010_org.jpg AnjoOoiwatei_009_org.jpg
会計のときに、オバサンが
「いかがでしたか?」
「きつかったです・・・」
「ヤッパリね、あはははは」
関連記事
[ 2016/12/18 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(4)

海老・イカ・ホタテが泳ぐ 海カレー/ビストロ Be屋(大阪:富田林)

先日のランチは ビストロ Be屋n(べーやん)です。
近鉄長野線「富田林西口駅」から北へ徒歩4分のところにあります。
TondabayashiBeyan_003_org.jpg TondabayashiBeyan_004_org.jpg
カウンター10席の店内には猫グッズだらけ。
猫の鳴き声が時々聞こえるのでホンモノを
探していたら入り口の人形でした。

TondabayashiBeyan_002_org.jpg
ココに載っているのは定番メニューで、
これ以外にも店内のアチコチにはカレーに
関係ないメニューもあったりして選ぶのもちょっと大変。

TondabayashiBeyan_006_org.jpg
海カレー(スープ付)

無料だというのでライスは大盛りで。

TondabayashiBeyan_007_org.jpg
カレーに目を奪われますが、お皿も猫

TondabayashiBeyan_008_org.jpg
この楽しそうなビジュアルなのに『海カレー』とは
もうちょっと名前を考え直したほうがええんちゃうかなぁ?
とは思いながら海を泳ぎ、島を崩して、もうちょっと辛さが欲しいので

TondabayashiBeyan_005_org.jpg
そんなときには辛味調整スパイスをパッパッと振りかけて
お腹いっぱいで終了と思っていたら・・・

TondabayashiBeyan_009_org.jpg
ミニコーヒー に 柿 と 洋梨のコンポート

これで750円とはスゲー!!
TondabayashiBeyan_001_org.jpg TondabayashiBeyan_000_org.jpg
海カレーがこんな感じであるのであれば
メニューが文字だけなんで他のカレーの実物も気になる~!!
関連記事
[ 2016/12/17 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

慎重に持って帰らなければならない 生パイ/ロワイヤルテラッセ(宮城:仙台駅)

仙台出張のお土産を買いに仙台駅にやってきました。
RoyalTerrasseSPAL_001_org.jpg RoyalTerrasseSPAL_000_org.jpg
何点か候補はあったのですが、「なんだ、この真っ白!」に
見惚れてしまったので ロワイヤル テラッセ エスパル店 に決定!

1個から買えるのは嬉しく、1時間の保冷剤は無料ですが
大阪までなんで3時間にしても100円とはありがたい!

「横にせずにお持ち帰りくださいね!」
と丁寧に包装してくれた店員さん。

RoyalTerrasseSPAL_004_org2.jpg
で、横にせずに持ち帰った・・・つもり。
ちなみに消費期限は翌日です。

RoyalTerrasseSPAL_005_org2.jpg
生パイ 6個

初めて見た人は「こういうもんなんだぁ」とは思うでしょうけど
私は『ガガガガーン!』なんで
奥さんと娘に、真っ白な頃の思い出の写真を見せて「ホラ、キレイやろう!」

RoyalTerrasseSPAL_006_org.jpg
崩れかけても美しいビジュアル

RoyalTerrasseSPAL_007_org2.jpg
中身を見ようとナイフを入れると、バキッ!と更に崩れて・・・残念。

それでも、小舟のようなサクサクの生地、
甘さ控えめなカスタードクリームはトロ~リ、
フレーク状の生地と粉砂糖のサラパラ感と
いろんな食感を楽しめて、超ウマぁ~!!

RoyalTerrasseSPAL_008_org.jpg
食べ終わるとフレーク生地と粉砂糖がかなり落ちて・・・
もったいないので粉薬のように美味しく流し込みましたぁ~
RoyalTerrasseSPAL_002_org.jpg RoyalTerrasseSPAL_003_org.jpg
しかも、1個120円ですから、これはおススメです!
関連記事
[ 2016/12/16 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(4)

出てくるのが超~はやい!牛たん定食 1.5人前/旨味太助(宮城:仙台,勾当台公園)

仙台での仕事が終わって、日帰りやから帰らなあかんけど
やっぱり牛たん食べとかんと、しっくりこんなぁ~

ということで中途半端な時間やけど開いているお店を調べると
有名なお店が開いてるや~んと 旨味太助 でディナーです。

SendaiUmamiTasuke_000_org.jpg
座るやいなや、「お食事ですか?1人前と1.5人前のどちらにします?」
とゆっくりメニューを見る間もなく「1.5人前で」
SendaiUmamiTasuke_005_org.jpg SendaiUmamiTasuke_006_org.jpg
すると、目の前でおじさんが牛たんを焼き始めて
「はい、ご飯です」
『はやくない?』

おばさんがスープの仕上げの味見をして
「はい、スープ」
『はやくない?』

SendaiUmamiTasuke_001_org.jpg
であっという間に 牛たん定食 1.5人前

『早過ぎる!でも目の前でちゃんと炭火で焼いてたんで、まぁええかぁ』

SendaiUmamiTasuke_002_org2.jpg
ドドドーンと1.5人前

SendaiUmamiTasuke_004_org2.jpg
どんぶりの麦飯を覆い尽くしてしまうぐらい大きな牛たん

肉厚なのでこの歯応えがタマランなぁ
仙台にやって来たぁ~ってようやく実感・・・もうすぐ帰るけど。

SendaiUmamiTasuke_003_org2.jpg
ネギたっぷりでテールがゴロンと入ったスープは
何度か食べたスープのなかで一番美味しい!
SendaiUmamiTasuke_007_org.jpg SendaiUmamiTasuke_008_org.jpg
牛たん専門店ではなく、うなぎ丼 や 牛はらみ もあるので
どんなモノなのか気になりながら、帰阪するのでしたぁ。

SendaiUmamiTasuke_009_org.jpg
もちろん、仙台空港で ずんだ茶寮ずんだシェイク を飲んでから!
関連記事
[ 2016/12/14 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(2)

宮城近海の白身魚を漬けた 仙台づけ丼/あさひ鮨(宮城:仙台,八乙女)

日帰り仙台出張のランチは あさひ鮨 仙台店 です。
地下鉄南北線「八乙女駅」から東へ徒歩5分のところにあります。

仙台らしいモノを食べようと色々探していたら
お客さんへ行く途中にあったのでやって来ました。

AsahizushiSendai_003_org.jpg
こだわりのランチメニューには目的のアレがないなぁ~と思っていたら・・・

AsahizushiSendai_000_org.jpg
別のメニューにありました。

特製味噌ダレ or 醤油ダレ

漬けやったら醤油やけど、味噌が先に載ってるし・・・
板前さんに「どっちがおススメですか?」
「お好みですねぇ」
「じゃあ、どっちが好きですか?」
「醤油です」

AsahizushiSendai_001_org.jpg
ということで、仙台づけ丼(特製醤油ダレ)
アラ汁に漬物・トマトのシロップ漬けといろいろ付いてきました。

AsahizushiSendai_002_org.jpg
仙台づけ丼の仙台って何?って思ってたら
どうやら宮城近海で獲れた白身魚を漬けたらこう呼ぶようで
「とは言っても づけ丼 でしょう?」

ところが、ウマいや~ん!
期待以上や~ん!
やっぱり、酢飯がええや~ん!
AsahizushiSendai_005_org.jpg AsahizushiSendai_004_org.jpg
仙台づけ丼が美味しいのかこのお店が美味しいのかわかりませんが
特製味噌ダレってのも気になるなぁ。
関連記事
[ 2016/12/12 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

メニューの写真よりも立派な 大穴子天丼/五福(大阪:富田林)

先日のランチは 天ぷら海鮮 五福 富田林店 です。
近鉄長野線「川西駅」から北へ徒歩11分の外環沿いにあります。
5fukuTondabayashi_004_org.jpg 5fukuTondabayashi_003_org.jpg
焼肉 五苑 系列のお店で、日曜日の12時頃になると
家族ずれでほぼ満席になってしまうぐらい人気があるようです。

かけ醤油・甘露醤油、塩・蟹塩、海鮮なぶらふりかけ
と調味料にもこだわりがありそうで期待が持てます。

5fukuTondabayashi_002_org.jpg
天ぷらがメインではありますが、海鮮丼もあります。
また、夜だと居酒屋メニューもあるようです。

5fukuTondabayashi_007_org.jpg
いつもと同じアングルだとメインが撮れなくなってしまいました。
ちなみに主役にような中央の徳利は天丼のタレです。

5fukuTondabayashi_005_org2.jpg
大穴子天丼(汁もの付き)

ご飯は無料で大中小と選べますが、ボリュームが
ありそうなお店であることを察知したので"中"で。

5fukuTondabayashi_006_org.jpg
大穴子 と 長なす がダブルセンター
でもなんか違和感が・・・メニューの写真よりも立派過ぎる!

5fukuTondabayashi_008_org.jpg
縁の下で支えているのが 南瓜・半熟玉子・いか
大穴子に隠れていますが しし唐 もいます。

まだ違和感が・・・あぁコレかぁと

5fukuTondabayashi_009_org.jpg
タレをかけると天丼っぽくなりました。
塩で食べたい人はタレは不要ですね。

5fukuTondabayashi_010_org.jpg
揚げ立てで熱くて美味しいのはいいんですが、
こんなにボリュームのある天ぷらですとご飯"中"は全く比率が合いませ~ん!
天ぷらが余ってしまいますので考えながら食べることをおススメします。
5fukuTondabayashi_000_org.jpg 5fukuTondabayashi_001_org.jpg
天ぷらを美味しく食べさせてくれるお店であるのであれば
福岡のひらお神戸のまきの大和郡山のゑびすや京都のからり
のように美味しい漬け物が食べ放題であると更に嬉しくなるのかと。
関連記事
[ 2016/12/11 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

行列に並ばなくても買えた N.Y.キャラメルサンド/N.Y.C.SAND(東京:羽田空港)


HanedaNYCSand_000_org.jpg HanedaNYCSand_001_org.jpg
羽田空港でいつも行列なので、
敢えて避けていた N.Y.C. SAND に今日は並んでいない!

HanedaNYCSand_002_org.jpg
であれば買っちゃおうと、N.Y.キャラメルサンド

HanedaNYCSand_003_org.jpg
4個~40個まで選べますが、結構お高いので8個入り

HanedaNYCSand_004_org.jpg
高温を嫌うということで冷蔵庫で冷やしまして・・・

香ばしいクッキーにサンドされたキャラメルはトロトロと
口の中で溶けて、チョコレートとのバランスもよくて超ウマぁ~!

娘曰く、今までのお土産ベスト5に入るそうです。
関連記事
[ 2016/12/10 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

鯛めしとジャコ天の宇和島満喫ランチ/宇和島(東京:新橋)

「新橋駅」から西へ徒歩4分のところの 舞浜 に行ってみたら少し待つようだったので、
ShimbashiUwajima_002_org.jpg ShimbashiUwajima_000_org.jpg
諦めて他を探そうとして向かいの店名が
宇和島 ?」
「ということは 鯛めし かぁ?」

ShimbashiUwajima_001_org.jpg
店先の見てみると「やっぱり~!」

ShimbashiUwajima_003_org.jpg
ということで、Aランチ(名物 鯛めし)

ShimbashiUwajima_004_org.jpg
注文が入ってから揚げ直した ジャコ天
小鉢と言ってもそこそこ大きい あら大根

ShimbashiUwajima_005_org.jpg
で、鯛めし

味噌汁も魚の出汁がよく効いてます。

ShimbashiUwajima_006_org.jpg
鯛の切り身がメチャクチャ入っていることにバンザ~イ!

ご飯にドッサドッサのっけて、出汁をドバドバかけて
味わいつつも一気に食べちゃいま~す!

ウマぁ~!

ご飯が一回だけお替りできるので、鯛めし 2回戦~!

昨夏に旅行で行った 宇和島の有明 を思い出したランチでした。
関連記事
[ 2016/12/09 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

栗むし羊羹 の名前は 月よみ山路/松葉屋(石川:金沢駅)

金沢のお土産を買うために金沢駅の あんと をウロウロしまして
Matsubaya100bangai_001_org.jpg Matsubaya100bangai_000_org.jpg
いろいろなお店の商品を扱っている 百番銘華 にあるのが
日本一の栗むし羊羹

Matsubaya100bangai_002_org.jpg
ということで、松葉屋栗むし羊羹 月よみ山路

Matsubaya100bangai_003_org.jpg
竹皮を開きますと、栗だらけ~!!

Matsubaya100bangai_004_org.jpg
竹皮に包んだまま蒸しているので竹皮にもベッタリ羊羹がひっついて
ちょっと開けにくいですが、手作りということであれば、そんなことはどうでもいい。

削ぐようにこの羊羹も食べると、甘さ控えめで美味しい!

Matsubaya100bangai_005_org.jpg
どこを切っても栗!栗!栗!

弾力のある食感の餡とゴロゴロ入った栗のバランスが
ばっちりでメチャクチャ美味しい~!!

また金沢に来ないと買えないのかぁって調べてみると、ネットでも売ってるし
梅田・阪急、難波・高島屋でも売っているようです・・・
関連記事
[ 2016/12/07 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

サンダーバードに乗って あわびめし/潮屋(石川:金沢駅)

金沢での仕事が終わったので、帰阪の電車の中で駅弁を食べようと
金沢駅の あんと を物色するとどれも美味しそうで選ぶのが難しい。
Ushioya100bangai_000_org.jpg Ushioya100bangai_001_org.jpg
あわびめし・さざえめし・たこめし・・・これはいい感じ!
潮屋 にしよう!ということで

Ushioya100bangai_002_org.jpg
あわびめし

Ushioya100bangai_003_org.jpg
サンダーバードが走り出すまで我慢しまして、オープン!

Ushioya100bangai_004_org.jpg
あわび は薄~いですが、あわび感は充分あります。

しかし、あわびメインで味わうつもりだったのですが
あわび煮汁&いしる の炊き込みご飯が美味しい~!!

あっと言う間に食べてしまったので、次の停車駅に着く前に寝てしまいましたぁ~

関連記事
[ 2016/12/05 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

能登直送 七尾の煮魚定食/魚菜屋(石川:金沢駅)

出張でやって来ました金沢。

まずは、腹が減っては戦ができぬということで
金沢駅の あんと にある 魚菜屋 でランチです。
KanazawaSakanaya_002_org.jpg KanazawaSakanaya_000_org.jpg
海鮮丼はメチャクチャ美味しそうですが、お値段が厳しい。
平日ランチはお手頃価格ですが、写真がないので決めてに欠ける。

KanazawaSakanaya_001_org.jpg
定食メニューは海鮮丼と平日ランチの間の価格帯で写真もある。
「この写真通りの料理の品数なんですか?」と疑った質問をして・・・

KanazawaSakanaya_005_org.jpg
能登直送 七尾の煮魚定食

KanazawaSakanaya_006_org2.jpg
説明してくれたけど、メジナ・ソイバチメ・カレイ とあと一つ覚えられず・・・
濃厚な味付けでご飯が進みまくります。

KanazawaSakanaya_007_org3.jpg KanazawaSakanaya_008_org3.jpg
刺身 と さわらの塩焼き
KanazawaSakanaya_004_org.jpg KanazawaSakanaya_003_org.jpg
両隣のテーブルのおじさんたちは、メニューで海鮮丼を眺めていましたが
この煮魚を見てしまうと、それぞれに「同じやつ・・・」って言ってました。
関連記事
[ 2016/12/04 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

フワフワでボリューム満点なコッペパン/ゆうきぱん(大阪:高槻)

先日のランチは ゆうきぱん です。

阪急京都線「高槻市駅」から西へ徒歩4分の
アーケードの 高槻センター街 の細い脇道にあって
向かいには人気の らーめん 鱗 高槻店 があります。

TakatsukiYuukipan_008_org.jpg
テレビでよく紹介されている岩手の盛岡の 福田パン で修業されたそうです。
デザート系の おやつこっぺ 、惣菜系の おかずこっぺ が定番で
更にいろいろとトッピングできるので自分だけのコッペパンが売りになっています。
TakatsukiYuukipan_001_org.jpg TakatsukiYuukipan_000_org.jpg

注文すると目の前でチャチャチャと、具材を挟んだり塗ったりしてくれて
さぁ、食べよう!と思ってもテイクアウト専門なんです。

じゃあ、食べる場所を探すか?ってことはなく
仕事中でこの後モノレールことになっていたので
阪急「高槻市駅」から移動して、モノレール「南茨木駅」でランチです。
モノレールの駅ナカはゆっくりできる待合室があるんで便利です。

TakatsukiYuukipan_002_org.jpg
で、惣菜系からは コンビーフ、デザート系からは あんマーガリン

TakatsukiYuukipan_003_org.jpg
給食で食べていたようなコッペパンとは比べものにならないぐらいデカイ!

TakatsukiYuukipan_004_org.jpg
コンビーフはポテトサラダ付きなんです。
パンがフワフワなことにビックリ!
具材もタップリでかなり食べ応えがあります。
さすがにコレばっかり食べてると飽きるので・・・

TakatsukiYuukipan_005_org.jpg
デザートにする予定だった、あんマーガリンと交互に食べます。
2個で足りるかなぁと思っていましたが、
充分お腹を満たすことができますし、美味しさだけでなく
なぜか懐かしく独りでニヤッとしまっているランチでした。
TakatsukiYuukipan_007_org.jpg TakatsukiYuukipan_006_org.jpg
さぁ、次はどの組み合わせにしましょう?ってリピートしたくなりますよ。
関連記事
[ 2016/12/03 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(2)

熊本県民のソウルフード『ちくわサラダ』/ヒライ(熊本:玉名)

熊本出張での仕事が終わり、前々から食べたかった
おべんとうのヒライ 菊水店 でおやつです。

九州自動車道「菊水IC」すぐのところにあります。

HiraiKikusui_002_org.jpg
熊本出身の同僚がヒライについて語るには
コンビニが出来る前からヒライが身近にあった。
ヒライが全国区でないことにビックリした。
今でもお弁当はヒライで買うことが多い
などなど・・・
HiraiKikusui_000_org.jpg HiraiKikusui_001_org.jpg
惣菜も豊富で、なかでも一番目立つところにあるのが
ちくわサラダ、もう一つは 大葉チーズ in ちくわサラダ

店員「温めますか?」
私 「どっちがお好みですか?」
店員「私は温めた方が好きです」

HiraiKikusui_003_org2.jpg
ということでイートインスペースで温めてもらった ちくわサラダ
ちなみにもう一本は同僚のモノです。

HiraiKikusui_004_org2.jpg
空洞のチクワじゃないんで重い!

HiraiKikusui_005_org2.jpg
中にはタップリのポテトサラダ!
醤油をかけまして、これはウマい!

もし、中高生を熊本で過ごしたら部活帰りに食べてるなぁ~!
HiraiKikusui_006_org.jpg HiraiKikusui_007_org.jpg
実は、ちくわサラダを食べたのは初めてじゃなくて、
白鷺の 新徳島拉麺 まる徳ラーメン で食べて以来なんです。
そのときも美味しかったけど、本場はまた格別ですね。
関連記事
[ 2016/12/02 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム