おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2016年09月
月別アーカイブ  [ 2016年09月 ] 

≪ 前月 |  2016年09月  | 翌月 ≫

ジャイアンツ内海投手プロデュースの居酒屋/うつ海(福井:敦賀)

出張でやって来ました福井県の敦賀。
敦賀に着いたのが22時前だったのでほとんど開いているお店もなく
ホテルの従業員に聞いてもチェーン店しかないかも?
ってことだったのでチャチャチャっと調べまして
TsurugaUtsumi_003_org.jpg TsurugaUtsumi_002_org.jpg
酒楽家 うつ海 でディナーです。
読売巨人軍・内海哲也投手プロデュースのお店で
店主に聞くと同じ敦賀気比高校野球部だったそうです。

ちなみに、私はタイガースファンなので全く興味はないですけど
同僚はジャイアンツファンなので、少しテンションが上がってます。

TsurugaUtsumi_004_org.jpg TsurugaUtsumi_012_org.jpg
突出し漬け物盛り合わせ

TsurugaUtsumi_005_org.jpg TsurugaUtsumi_010_org.jpg
牛すじ煮込みみょうがの塩こぶあえ

TsurugaUtsumi_006_org.jpg TsurugaUtsumi_008_org.jpg
甘エビごぼう唐揚げ

TsurugaUtsumi_007_org.jpg
名前から名物っぽかったので うつ海のメンチカツ
TsurugaUtsumi_011_org.jpg TsurugaUtsumi_009_org.jpg
イカのしょうゆバター焼アジフライ

TsurugaUtsumi_013_org.jpg
甘いモノが欲しかったので さつま芋スティック
TsurugaUtsumi_000_org.jpg TsurugaUtsumi_001_org.jpg
キレイなお店で、夜遅くまでお客さんも多いので
ジャイアンツファンであってもなくても、美味しく過ごせるお店でした。
関連記事
スポンサーサイト

北海道にしかない 甘納豆の赤飯 を カツゲン と一緒に(北海道:札幌)

札幌のお客さんと呑んだときに
「札幌の赤飯て甘納豆って知ってますか?」
「カツゲンって飲んだことありますか?」
そういう話は大好物なのでメチャクチャ興味津々に
「それはどこで売ってますか?」
「札幌のスーパーならどこでもありますよ」
KatsugenSekihan_001_org2.jpg KatsugenSekihan_000_org.jpg
ということで夕方にイトーヨーカドーに行ってみるとアリましたぁ~
カツゲンはいっぱいありましたが、赤飯は残りわずか。

KatsugenSekihan_002_org.jpg
北海道みやげは パックの赤飯おにぎり赤飯
そして、ソフトカツゲン

KatsugenSekihan_003_org.jpg
マミーをスッキリさせたような感じなので
マミーが濃いなぁって人にはちょうどいい感じ

KatsugenSekihan_004_org.jpg
赤飯に甘納豆って!て思ってましたが
これが超美味しい!アリです!
いや・・・これからは小豆の普通の赤飯が物足りなくなるかも。
関連記事
[ 2016/09/27 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(8)

空港での朝食は握り立てのわさび昆布と筋子のおにぎり/鮭乃丸亀(北海道:新千歳空港)

せっかくの札幌出張なのに、急遽午前の便で帰阪することになったので
空港で少しでも北海道気分を味わおうと 鮭乃丸亀 で朝食です。

MarugameChitose_005.jpg
ガラスケースには見るからに美味しそうな おにぎり たち。
眺めていると、奥から店員さんが
「ご注文いただいてから握りますよ、店内でも食べられますよ」

機内で食べることも少し考えていたので、持って帰ります、と注文。

すると、奥のキッチンのチラチラ見え隠れする場所で握りはじめてくれて

MarugameChitose_000_org.jpg
鮭筋子 & わさび昆布

もう少しで機内に案内されるけど、
腹減るし、温かいし、美味しそうやし、ということで

MarugameChitose_001_org.jpg
わさび昆布から

頂上だけでなく、御飯の中にもしっかり入っていて
優しくフワッとした握り具合がウマ~い!

MarugameChitose_002_org.jpg
頂上の筋子を食べてしまうと、もう具無しかぁ?とか不安になったけど

MarugameChitose_003_org.jpg
中にも筋子!

MarugameChitose_004_org.jpg
もっと食べるといっぱい!バンザ~イ!
MarugameChitose_007.jpg MarugameChitose_006.jpg
おにぎりでも北海道気分が味わえた朝食でした。
関連記事
[ 2016/09/25 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(6)

夏の4ヶ月だけ営業している浜名湖産のうなぎ屋さん/うな信(兵庫:姫路,飾磨)

先日のランチは 浜名湖うなぎ うな信 です。
山陽電鉄「飾磨駅」から北へ徒歩5分のところにあります。
HimejiUnashin_000_org.jpg HimejiUnashin_001_org.jpg
13時頃に行ってみると
「蒸してから焼きますんで30分ほどかかりますが」
時間に余裕があったので「いいですよ~」

テーブル8席(3卓)の空いていた最後の1卓に座ります。
夏季以外は 笑寶堂 というたい焼き屋さんだそうです。

HimejiUnashin_008_org.jpg
うなぎの大きさによって、並・上・特上とあり
うな肝串は無いようです。
うなぎの大きさと欲望と財布と相談して 上 を注文。

HimejiUnashin_009_org.jpg
楽しみでしかないこの一文
当店の鰻は全て浜名湖産活漫です

とはいうものの、妹尾和夫が喋りまくっているABCラジオが放送されている
店内はうなぎの匂いが充満して空腹で30分待つのは地獄だぁ~!!

HimejiUnashin_002_org.jpg
うな重(上) ~ うなぎ七分身

小鉢 に 香の物 、肝の入っていないお吸い物
肝はメニューからも消されているし、元々 肝吸い
とも書かれていないので、肝の入荷が難しいのでろうと勝手に解釈。

HimejiUnashin_003_org.jpg
ドドドーンと七分身!

今夏の 浜松旅行うなぎパイ餃子かき氷うなぎボーン では
食べられなかったウナギにまさか姫路でお目にかかれるとは!

HimejiUnashin_005_org.jpg
フワフワで柔らかくてウマぁ~!!!
HimejiUnashin_007_org.jpg HimejiUnashin_006_org.jpg
隣りの男性の特上は うなぎ一匹 だけあって迫力満点だったので、
来夏も営業しているんであれば、次はそれにしよう!
関連記事
[ 2016/09/24 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(4)

【出雲旅行記⑬】縁結びの聖地『鏡の池』で縁占い/八重垣神社(島根:松江)

今回の旅行では、金持神社美保神社出雲大社 と巡って来ましたが

MatsueYaegaki_002_org.jpg
締めくくりは松江に戻って 八重垣神社 にやって来ました。

MatsueYaegaki_003_org.jpg MatsueYaegaki_004_org.jpg
かわいいのか?崩れているのか?
いったい何が起きたのか気になってしまう狛犬

MatsueYaegaki_005_org.jpg
八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した 素盞嗚尊(すさのおのみこと)
その妻の 櫛稲田姫(くしなだひめ) を祀っています。

午前中に素盞嗚尊には 出雲大社 でもお会いしました。

MatsueYaegaki_006_org.jpg
杉の途中から松が生えている 連理の杉松

MatsueYaegaki_008_org.jpg MatsueYaegaki_010_org.jpg
乙女椿(左) と 子宝椿(右)

こちらの神社には、根本は2本あるのに途中からつながって
1本になっている夫婦椿が3本あります。
ちなみに、もう1本は一番大きくて鳥居の前にあります。

MatsueYaegaki_007_org.jpg
では、こちらの神社で有名な占いをやってみましょう!
まずは、占い用紙を買って、神社の奥にある 佐久佐女の森 に移動します。

MatsueYaegaki_009_org.jpg
森の中にある 鏡の池 では占い用和紙に10円玉か100円玉を
載せて池に浮かべる良縁占いができます。
和紙が15分以内に沈むと良縁が早く、30分以上かかると縁が遅いといわれ
更に近くで沈むと身近な人と遠くで沈むと遠方の人と結ばれるというものです。

MatsueYaegaki_000_org.jpg
これが私

早く沈んでくれ~!と祈りながらドキドキ・ワクワクします。

MatsueYaegaki_001_org.jpg
5分ぐらいで沈みましたぁ!

1人で来ていた見知らぬ男性は私より先から始めていましたが
まったく沈む気配がなかったので、沈んだかどうか気にはなりますが・・・

ということで、1泊2日で4つの神社にお参りした出雲旅行はおしまいで~す。
関連記事
[ 2016/09/23 21:00 ] 旅行・おでかけ 島根 | TB(0) | CM(0)

【出雲旅行記⑫】ぜんざい発祥の出雲で抹茶セット/morikame(島根:出雲)

八雲で出雲そば を食べたばかりですけど、出雲発祥のスイーツが
あるというので、坂の下cafe morikame(モリカメ) でデザートです。
IzumoMorikame_002_org.jpg IzumoMorikame_001_org.jpg
神門通りから脇に入った馬場通りにあって
昭和初期まで営業していた『森亀旅館』を改装したカフェで
なんとなく歴史を感じさせる空間ではあります。

IzumoMorikame_003_org.jpg
出雲では10月は神無月(かんなづき)ではなく神在月(かみありづき)で
神々が集まる「神在祭(かみありさい)」で振る舞われていた
『神在(じんざい)餅 』が訛って『ぜんざい』となったそうです。

IzumoMorikame_004_org.jpg
抹茶がセットになった 小椀ぜんざい

IzumoMorikame_000_org.jpg
実は、お餅が2個の 出雲ぜんざい&珈琲 を頼んだんですけど
いろいろ手違いがあって、お餅が1個のコレになっちゃいました。

IzumoMorikame_005_org.jpg
注文間違いがあったりしましたが、小豆の一粒一粒がはっきりわかる
汁は少なめのぜんざいはおそらく今まで食べたぜんざいで一番美味しいかも?

IzumoMorikame_006_org.jpg
帰りに娘がスヌーピーのティッシュケースを貰いましたぁ
(お詫びかも?)

最後は、今回の旅行で巡る4つ目の神社の 八重垣神社 にお願いしに行きます。
関連記事
[ 2016/09/21 21:00 ] 旅行・おでかけ 島根 | TB(0) | CM(4)

【出雲旅行記⑪】山芋・生卵・天かすの入った三色割子そば/八雲(島根:松江)

出雲大社の参拝 が終わって少し早いけど、
IzumoYakumo_001_org.jpg IzumoYakumo_000_org.jpg
出雲大社駐車場の前にある 八雲 本店 でランチです。

IzumoYakumo_002_org.jpg
出雲そばと言えば割子らしいので、おススメを注文。

IzumoYakumo_004_org.jpg
三色割子

蕎麦湯をお猪口に入れて一緒に持ってきてくれます。

IzumoYakumo_003_org.jpg
二段目・三段目が気になるので・・・

IzumoYakumo_005_org.jpg
それぞれに、山芋・生卵・天かすとトッピングされています。

IzumoYakumo_006_org.jpg
食べ方に従って、徳利から出汁を「さっとひとまわし」しまして

IzumoYakumo_007_org.jpg
超暑い日にはふさわしい名物をズズズ~と!

ここからが変わってまして、残った薬味と出汁を二段目の割子に
移して、更に徳利から出汁を追加して、そばを食べます。

IzumoYakumo_008_org.jpg
そして、蕎麦湯で〆ます。

IzumoYakumo_009_org.jpg
出雲らしく縁結びの箸置き

ランチを食べたばかりなんですが、次は、デザートに 出雲ぜんざい を食べに移動します。
関連記事
[ 2016/09/19 21:00 ] 旅行・おでかけ 島根 | TB(0) | CM(6)

【出雲旅行記⑩】縁結びの最強スポット出雲大社

道の駅 大社ご縁広場 から神門通り を歩いてきて

IzumoOyashiro_003_org.jpg
勢溜の大鳥居(二の鳥居) で一礼してくぐります。

IzumoOyashiro_004_org.jpg
話題にもなったとおり ポケモンGO は禁止です!

下り参道~三の鳥居をくぐり、松の参道を歩きますと

IzumoOyashiro_000_org.jpg
神話『因幡の白兎』の 御慈愛の像

昨日、大国主大神の奥さんと子どものいる 美保神社 には行ってきましたし
4年前には鳥取の 白兎神社 にもポタリングしたことを思い出します。

IzumoOyashiro_005_org.jpg
向かいにある ムスビの御神像

幸魂・奇魂(さきみたま・くしみたま)のおかげをいただいて
縁を結ぶ『えんむすびの神』となったそうです。

IzumoOyashiro_006_org.jpg
凛々しいお顔

IzumoOyashiro_007_org.jpg
銅の鳥居(四の鳥居) の向こうはいよいよ神域です。

IzumoOyashiro_001_org.jpg
拝殿大国主大神(おおくにぬしのおおかみ) にごあいさつ

IzumoOyashiro_008_org.jpg
八足門(やつあしもん) で神様に最も近づいてお参り

IzumoOyashiro_009_org.jpg
昨日の 美保神社 でも確かめた通り、男神なので、御本殿の屋根の
千木 は地面に垂直に切られ 鰹木 は奇数の3本になっています。

IzumoOyashiro_010_org.jpg
御本殿の北側の 素鵞社(すがのやしろ)

八岐大蛇(やまたのおろち)退治で有名な 素戔嗚尊(すさのおのみこと) が祀られています。
午後からはご夫婦で祀られている八重垣神社にもお伺いします。

IzumoOyashiro_011_org.jpg
実は神様は西向きに鎮座しているらしいので
御本殿西側の 御神座正面拝礼所 からもお参り。

IzumoOyashiro_002_org.jpg
で、ようやく日本最大級の 注連縄神楽殿 とご対面。

次は、ちょっと早いけど 出雲そばのランチ です。
関連記事
[ 2016/09/18 21:00 ] 旅行・おでかけ 島根 | TB(0) | CM(2)

【出雲旅行記⑨】出雲大社古代高層神殿から神門通りを通って出雲大社まで(島根:出雲)

稲佐の浜まで走った早朝ポタリング から帰ってきて、
2日目の団体行動は 道の駅 大社ご縁広場 からスタートです。

出雲大社の駐車場に停めずに、わざわざココに来た理由が2つあって

IzumoShinmonDori_004_org.jpg
1つ目は、吉兆館にある 出雲大社古代高層神殿

IzumoShinmonDori_005_org.jpg
松江工業高校が製作したそうで、約4.9m(縮尺1/10)あって
実際には15階建てのビルに匹敵するらしい。

IzumoShinmonDori_000_org.jpg
ポタリングでお墓には行ってきた大社ご縁広場前にある 出雲の阿国像

IzumoShinmonDori_002_org.jpg
その向かいには 国引き神話

八束水臣津野命(ヤツカミズオミツヌノミコト)が
出雲の国を広げるために海の向こうの余っている土地を引き寄せています。

IzumoShinmonDori_006_org.jpg
近寄って見上げると勇ましいお姿

道の駅 大社ご縁広場に来た2つ目の理由は、

IzumoShinmonDori_001_org.jpg
出雲大社には4つの鳥居があるので参拝を
宇迦橋の大鳥居(一の鳥居) からスタートしたかったから!

IzumoShinmonDori_003_org.jpg
ということで暑いけど 神門通り をブラブラ歩きまして

IzumoShinmonDori_007_org.jpg
次は、勢溜の大鳥居(二の鳥居) から 出雲大社 を参拝します。
関連記事
[ 2016/09/17 21:00 ] 旅行・おでかけ 島根 | TB(0) | CM(2)

【出雲旅行記⑧/輪行ポタ】旧大社駅~出雲大社~稲佐の浜(島根:出雲)

前日の夕方から 宍道湖うさぎ宍道湖の夕日のどぐろの夕食
慌ただしく過ごし疲れているけど、旅行2日目は、
5時30分にひとりで静かに起きて、早朝ポタリングからスタートです。
普段サボってしまっているので、昨年の 四万十旅行 以来1年振りのポタリングです。

IzumoPottering_002_org.jpg
浜山公園を越えて、和風木造駅舎の 旧大社駅

約90年前に建てられて、出雲大社に似せているそうです。

IzumoPottering_003_org.jpg IzumoPottering_004_org.jpg
9時~なので誰もいないはず?って思ったら人形でした。
今も当時の雰囲気がそのまま残っているようです。

IzumoPottering_005_org.jpg
少し北に走ると高さ23mの 宇迦橋の大鳥居(一の鳥居)

IzumoPottering_006_org.jpg
そのまま、ほぼ人のいない神門通りを走って 勢溜の鳥居(二の鳥居)

この後で、家族で来るんですけど一足お先に。
お参りはせずに海の方面へ向かいまして・・・

IzumoPottering_007_org.jpg
歌舞伎の始祖の 出雲の阿国の墓

IzumoPottering_001_org.jpg
更に西へ走ると、国譲り・国引きの神話で知られる 稲佐の浜

IzumoPottering_000_org.jpg
ここで一際目立つのが 弁天島
前を歩く釣り人が浦島太郎っぽい

IzumoPottering_008_org.jpg
陽が昇り始めたけど、まだまだ涼しく、次は東へ東へ走りまして

IzumoPottering_009_org.jpg IzumoPottering_010_org.jpg
島根ワイナリー出雲ドーム

Izumo_Data_org.jpg
 涼しいなかを1時間ほど気持ちよく走って、
 ホテルに帰ってシャワーを浴びて
 朝食バイキングを食べました。

 2日目の団体行動は
 出雲大社前の神門通り から スタートです。

 走行時間:1時間6分
  距 離 :19.9km
    (2016年累計:19.9km/1日)
 最高速度:34.96km/h
 平均速度:18.06km/h

 ※データは I-O DATA 旅レコ(GPSロガー) GPSLOG
   計測しています。

<↓クリックすると拡大します>
Izumo_Route_org.jpg
関連記事
[ 2016/09/15 21:00 ] 旅行・おでかけ 島根 | TB(0) | CM(0)

【出雲旅行記⑦】山陰の旨いもんがこれ1つで味わえる♪のどぐろ定食/さくら川(島根:松江)

宍道湖うさぎ宍道湖の夕日 の後は、1日目最後のイベントで
島根県立美術館から北へクルマで10分の 海鮮料理屋 さくら川 でディナーです。

MatsueSakuragawa_002_org.jpg
店員さんが、夜の定食メニューをひと通り説明してくれまして
限定メニューを聞いてみるとまだ残っているというので
松江に来たのだから のどぐろ定食 を注文。

MatsueSakuragawa_004_org.jpg
刺身7種舟盛り

ちなみに奥は だんだん御膳 の 和牛石焼きプレート です。

MatsueSakuragawa_003_org.jpg
ウニ・カンパチ・・・超豪華ぁ~!!

MatsueSakuragawa_005_org.jpg
舟盛りよりもメインの のどぐろ煮付

フワッとした白身に脂がのってウマぁ~!

MatsueSakuragawa_006_org.jpg
サザエの壺焼き と サラダ

MatsueSakuragawa_007_org.jpg
肝までギュルギュル~

MatsueSakuragawa_008_org.jpg
島根和牛しぐれ煮宍道湖産しじみ酒蒸し

MatsueSakuragawa_009_org.jpg
〆は残しておいた のどぐろの身 と煮汁 を加えた
めちゃくちゃ贅沢な のどぐろ出汁茶漬け

最高に美味しい~!!
MatsueSakuragawa_001_org.jpg MatsueSakuragawa_000_org.jpg
この後、出雲のホテルにチェックインしたら22時・・・・あぁ、疲れたぁ~

でも明日は、出雲の早朝ポタリング からスタートです。
関連記事
[ 2016/09/13 21:00 ] 旅行・おでかけ 島根 | TB(0) | CM(0)

【出雲旅行記⑥】美しすぎる宍道湖の夕日(島根:松江)

島根美術館で宍道湖うさぎ にお祈り してから
袖師地蔵・嫁ヶ島の夕日スポット まで小走りします。

なにしろ1日目のメインスポットで、
夕日は沈むことを待ってくれませんから!

ShinjikoYuhi_000_org.jpg
ShinjikoYuhi_001_org.jpg
ShinjikoYuhi_002_org.jpg
ShinjikoYuhi_003_org.jpg

一日目の最後はようやく のどぐろの夕食 です。
関連記事
[ 2016/09/11 21:00 ] 旅行・おでかけ 島根 | TB(0) | CM(6)

【出雲旅行記⑤】縁を結ぶ12匹の宍道湖うさぎ/島根県立美術館(島根:松江)

美保神社 で 白いか を食べてから、ダイハツのタントカスタムのCMで
有名なベタ踏み坂を思ったほどワクワクすることもなく超えて

ShinjikoUsagi_002_org.jpg
島根県立美術館宍道湖うさぎ

ShinjikoUsagi_000_org.jpg
湖から2匹目のウサギが大人気らしく

ShinjikoUsagi_001_org2.jpg
宍道湖七珍のシジミを供えて

ShinjikoUsagi_003_org.jpg
西を向いて撫でると幸せが舞い降ります。

ShinjikoUsagi_004_org.jpg
次は、陽が沈み始めたので 宍道湖の夕日 です。
関連記事
[ 2016/09/10 21:00 ] 旅行・おでかけ 島根 | TB(0) | CM(2)

【出雲旅行記④】高浜虚子も蜂もおススメの干し白イカ/美保関観光センター いしくら(島根:松江)

事前情報では美保神社の周りでは
干された白イカがいっぱい舞っているはずなんですが・・・

MihonosekiIshikura_000_org.jpg
平日だったからなのか、イカの屋台はすべてお休みで
唯一干してあったのが・・・これだけ・・・

「なんかちゃうなぁ、寂しいなぁ」とは思ったけど
青石畳通りで高浜虚子 もイカを詠んでたし

MihonosekiIshikura_002_org.jpg
ハエじゃなくてハチにとっても美味しいみたいなので
「1枚いくらですか?」
ビックリしてしまう法外な値段!
「じゃあ、1枚だけ」

MihonosekiIshikura_001_org.jpg
干しているイカを焼きはじめてくれて

MihonosekiIshikura_005_org.jpg
姿焼きを想像していたけど・・・裂かれた 白いか

香ばしくて柔らかくて、こりゃウマいわぁ~
食べといてよかったぁ!

MihonosekiIshikura_006_org.jpg
大人数で1枚の干しイカをシェアしていたらかなのか
サービスで イカ耳 をいっぱい焼いてくれましたぁ。
MihonosekiIshikura_004_org.jpg MihonosekiIshikura_003_org.jpg
次は、ベタ踏み坂を渡って 宍道湖ウサギ を撫でに行きます。
関連記事
[ 2016/09/08 21:00 ] 旅行・おでかけ 島根 | TB(0) | CM(2)

【出雲旅行記③】恵比寿様の総本社の美保神社(島根:松江)

鳥取の金持神社 で億万長者になる権利を手に入れた後は、

MatsueMihoJinja_000_org.jpg
北へどんどん走って、島根県に入って美保湾を右手に見ながら、

MatsueMihoJinja_001_org.jpg
島根半島の美保関にある 美保神社 に到着です。

MatsueMihoJinja_002_org.jpg
コチラは全国3385社ある恵比寿様の総本宮だそうです。

MatsueMihoJinja_005_org.jpg
出雲大社の大国主命(おおくにぬしのみこと)の子と妻が美保神社の
神様になるので、出雲大社 ⇒ 美保神社の順で両参りするのが良いらしいですが、
スケジュールと場所の都合で今回は逆回りになっちゃいました。
出雲大社は明日行くことになっています。

MatsueMihoJinja_003_org.jpg
男神は千木(ちぎ)が垂直に、女神は水平にカットされています。
鰹木(かつおぎ)が奇数なのが男神、偶数なのが女神になるので
つまり、左が子どもの事代主神(ことしろぬしのかみ)こと えびす様
右が妻の三穂津姫命(みほつひめのみこと)ということになります。

MatsueMihoJinja_004_org.jpg
えびす様なので、糸だけでなく竹竿もついた絵馬
そして稲をくわえた鯛を釣りあげて、すごく縁起がよさそうです。

MatsueMihoJinja_006_org.jpg
美保神社の横にあるのが 青石畳通り

MatsueMihoJinja_008_org.jpg
雨が降ると石畳が青く色が変わるそうなのですが残念ながら快晴!
でも暑さはまったく感じさせない風が吹き込んできます。

与謝野鉄幹・晶子夫妻、西条八十などの歌人も訪れたことがあるそうです。

MatsueMihoJinja_007_org.jpg
この青石畳通りに入る前に、どうしようか迷っていたんですが
高浜虚子も詠んでいるので、次はコチラの 名物の白いか で休憩です。
関連記事
[ 2016/09/06 21:00 ] 旅行・おでかけ 島根 | TB(0) | CM(4)

【出雲旅行記②】これで億万長者になれるぞぉ!/金持神社(鳥取:日野町)

やまな食堂 で ひるぜん焼そば を食べてから

KanemochJinja_000_org.jpg
西へ40分ほどクルマでグネグネ走っても、やっぱりそこにあるのは緑鮮やかな山々

KanemochJinja_001_org.jpg KanemochJinja_002_org.jpg
突然出てきたような、金持神社

『かねもち』じゃなくて『かもち』神社と読みます。

でも、Webは『かねもち』ですけど
http://kanemochi-jinja.net/

KanemochJinja_003_org.jpg
さぁ、ここがお金持ちになれる入り口です。

KanemochJinja_004_org.jpg
90段の階段も平気!平気!
ちなみに、苦しそうなのは父親・・・

KanemochJinja_009_org.jpg KanemochJinja_008_org.jpg
階段途中には、鳥取県銘木100選のチャンチン(左)とサワラ(右)の木
どちらも樹齢約600年で、チャンチンは目薬に使われていたそうです。

KanemochJinja_005_org.jpg
しっかりとお参り!

KanemochJinja_006_org.jpg
拝殿には日野町出身の濱田壽峰氏の『龍神之図』
なんと筆を使わず手・指・爪だけで描いているそうです。

KanemochJinja_007_org.jpg
株価・宝くじなど・・・
たくさんの人たちの願いの金運招福の絵馬

KanemochJinja_010_org.jpg
折角なので縁起物をと母親が買った 黄色いハンカチ

次は、ようやく島根県に入って、島根半島にある美保神社 に行きます。
関連記事
[ 2016/09/04 21:00 ] 旅行・おでかけ 鳥取 | TB(0) | CM(0)

【出雲旅行記①】親鶏&高原キャベツの味噌ダレひるぜん焼そば/やまな食堂(岡山:真庭)

8月の終わりに一族9名で出雲に行ってきたので、しばらくは旅行記にお付き合いください。

まずは、姫路でレンタカーを借りて、両親たちを拾って、
広島からやってくる妹を岡山駅でピックアップして北へ北へ目指します。

米子自動車道の蒜山ICで下りて、岡山最北の真庭市の やまな食堂 でランチです。

ManiwaYamana_006_org.jpg
12時過ぎに着くと満席で「ちょっと時間かかりますけど外でお待ちください」と。
暑いし外で待つのは嫌やし、他のお店に行くの面倒やし・・・
と待っていると後ろに列ができ始めて、動くのも勿体なくなってきたら
「席空いたのでどうぞ~」
実際のところ待ったのは10分ぐらいでした。

ManiwaYamana_000_org.jpg
ご当地グルメのひるぜん焼きそば の一品勝負だと思ったら、ホルモン焼きそば、
ソース焼きそば、モーニングサービスのあさぜん焼きそば、定食が4種類とあります。

目的はひとつだったので・・・

ManiwaYamana_002_org.jpg
ひるぜん焼そば(大盛り)

ManiwaYamana_003_org.jpg
ひるぜん(蒜山)の定義としては、歯応えのある親鶏、蒜山高原のキャベツ

ManiwaYamana_004_org.jpg
太麺に甘辛い味噌ダレ は一味変わった焼きそばで
美味しいんですけど、大盛りは・・・飽きる!

ManiwaYamana_005_org.jpg
ということで、テーブルにあった
異常に辛い一味で辛さだけでなく美味しさも倍増します。
ManiwaYamana_007_org.jpg ManiwaYamana_001_org.jpg
ちなみに、母親が食べたホルモン焼きそばは同じ味噌ダレでした。
そして、ひるぜん焼そばは2011年のB-1グランプリ in 姫路 で優勝したことがあるそうです。

次は、鳥取県に入って 億万長者になれる金持神社 に行きます。
関連記事
[ 2016/09/03 21:00 ] 旅行・おでかけ 岡山 | TB(0) | CM(0)

喜久福とは抹茶・ずんだ・ほうじ茶の生クリーム大福/喜久水庵(宮城:仙台)

SendaiKikusuian_000_org.jpg SendaiKikusuian_001_org.jpg
仙台駅でお土産を買うために売り場で物色していると
試食で配られていて「おぉ、美味しい!」ということで
SendaiKikusuian_002_org.jpg SendaiKikusuian_003_org.jpg
喜久水庵喜久福

生クリーム・ほうじ茶・ずんだ・抹茶の4種入り
SendaiKikusuian_004_org.jpg SendaiKikusuian_005_org.jpg
包装紙を開くと箱は抹茶色?ずんだ色?
小分けされた8個入り

SendaiKikusuian_006_org.jpg
抹茶(手前)、ほうじ茶生クリーム(奥)

ほうじ茶の大福なんて初めて食べましたが、家族の中でも大人気!

SendaiKikusuian_007_org.jpg
ずんだ生クリーム(手前)、生クリーム(奥)

仙台と言えば ずんだ なので、つぶつぶ感がタマらなーい!

冷凍すれば1ヶ月ぐらいは保存できるそうなので
個人的には ほうじ茶生クリーム をいつでも冷凍庫に置いておきたくなります。
関連記事
[ 2016/09/01 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム