おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2016年08月
月別アーカイブ  [ 2016年08月 ] 

≪ 前月 |  2016年08月  | 翌月 ≫

赤ナポリタン・白ナポリタン・黒ナポリタン/東京ナポリタン(宮城:仙台)

仙台のランチなので 牛タン を食べるつもりでいたら
同僚が「美味しいナポリタンがあるんで行きましょう!」と
「なんで仙台でナポリタンやねん!」
SendaiTokyoNapolitan_005_org.jpg SendaiTokyoNapolitan_000_org.jpg
「しかも、仙台で 東京ナポリタン って!」と言いながらも
さくら野百貨店 仙台店 のB1Fにあるコチラでランチです。

SendaiTokyoNapolitan_001_org.jpg
赤ナポリタン・肉ナポリタン・白ナポリタン・黒ナポリタンと
早口言葉のようなメニューではありますが、
ランチタイムでは 赤/肉ナポリタンのどちらか。

SendaiTokyoNapolitan_002_org.jpg
カウンターには調味料がいっぱ~い

SendaiTokyoNapolitan_003_org.jpg
目玉焼きと赤ウィンナーの赤ナポリタン

SendaiTokyoNapolitan_004_org.jpg
粉チーズで大雪を積もらせまして・・・
ケチャップソースがパスタとは思えないぐらいの極太麺に絡んで
懐かしくも新しくもあって、めちゃくちゃ美味しい!

ちなみに、カゴメの2013年ナポリタンスタジアムで優勝した
日本一のナポリタンソースだそうです・・・わかるような。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/08/30 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(6)

豪快な七種の刺身盛り と めかじきまぐろの醤油三日漬け/海鮮屋(宮城:仙台)

出張でやって来ました仙台。
仙台に何回も来ている同僚おススメの 海鮮屋 でディナーです。

SendaiKaisenya_002_org.jpg
出張の間に牛タンを1回はどこかで食べるので
今夜はそれ以外の仙台っぽいモノで攻めてみようとまずは、突出し

SendaiKaisenya_003_org.jpg
宮城の定義山名物の 三角揚げ
というか厚揚げやーん!って思っていたら
分厚い薄揚げで揚げ方も違うそうで、
周りはサクサク、中身はフワッとしています。

SendaiKaisenya_004_org.jpg
何とも言えない大人な味の ほや酢

SendaiKaisenya_005_org.jpg
熱々サクサクな 季節の野菜のかき揚げ

SendaiKaisenya_006_org.jpg
そして、こちらのお店に来たら絶対頼むという 豪快!!七種盛り

ド迫力な盛り付けでこれで2500円はお得過ぎるでしょう!

SendaiKaisenya_007_org.jpg
メニューによると、まぐろ・ほたて・ぼたん海老・ひらめ

SendaiKaisenya_008_org.jpg
かんぱち・たい・いさき

とあって、「コレがコレで、ウマいわぁ~」と味わっていると
黒い皮の刺身が超~美味しい!でもメニューと合わない?
店員さんに聞くと厨房に聞いてくれて「スズキです、メニューに入っていないですね」

SendaiKaisenya_009_org.jpg
ということで スズキの刺身 を単品で!

SendaiKaisenya_010_org.jpg
三元豚のスペアリブ
骨をしゃぶりながら魚だけでなくお肉も美味しい~

SendaiKaisenya_011_org.jpg
店員さんからコレも美味しいですよ、と勧められたので
三日漬け炭火焼き めかじきまぐろ(醤油漬け)

さっき食べたスペアリブと似ていますが、これがめちゃくちゃ美味しくて
「すいませ~ん、白ごはんくださ~い」
SendaiKaisenya_001_org.jpg SendaiKaisenya_000_org.jpg
食べに食べまくったので、翌日の朝食をキャンセルしてしまった仙台の夜でした。
関連記事

ナムルがワゴンサービスの焼肉ランチ/くらべこ(大阪狭山)

先日のランチは 焼肉 くらべこ です。
国道310号線の亀の甲交差点の少し北にあります。

SayamaKurabeko_000_org.jpg
サンマルクの跡に出来て2年ほど経っているとは思いますが
奥さんがママ友たちとランチしたときにサービス券を
もらってきたので初めてやってきました。

SayamaKurabeko_003_org.jpg
まずは、キムチ・モヤシ・ひじき のセットから。
これは食べ放題でワゴンサービスで持ってきてくれます。

SayamaKurabeko_004_org.jpg
限定ランチセット

ちなみに、焼肉セットは1480円~、ピビンバなどはは1000円以下の
価格設定なので、この限定ランチはかなりお得なセットになっています。

SayamaKurabeko_005_org.jpg
塩タン・カルビ・ハラミ・とりもも が2枚ずつ。
野菜は玉ネギ・キャベツ

SayamaKurabeko_006_org.jpg
柔らかいお肉は、上品な味付けでなかなか美味しい!
ランチにはちょうどいいぐらいのボリュームです。

SayamaKurabeko_007_org.jpg
ワゴンサービスで持ってきてくれた
チャプチェ・ゼンマイ・キュウリキムチ

何回も来てくれて、ごはんもお替りできるので、
ナムルだけで何杯でも食べられますよ!

SayamaKurabeko_008_org.jpg
更にこのセットにはドリンクが付いているので アイスコーヒー
SayamaKurabeko_002_org.jpg SayamaKurabeko_001_org.jpg
なんとなくですけど、お店の高級っぽい雰囲気や
高めの価格設定、ワゴンサービス、食後アンケートの内容など
を踏まえるとサンマルク系列のお店かもしれません。
(確証はありませんが)
関連記事
[ 2016/08/27 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(4)

【浜松旅行記⑩】郷に入っては郷に従え な 亀山みそ焼きうどん/亀とん食堂(三重:亀山)

浜松から帰るディナーは 亀とん食堂 です。

亀山ICから以前に行った 亀八食堂 は相変わらず満車やなぁと
思いながら、見過ごしてしばらく走るとあります。

入るやいなや
「牛と豚のホルモン混ぜると美味しくないからやめとき!」
「クルマやったらビールださせんで~!」
「大人3人やったら足りんで~!」
と店主の怒鳴っているような説明にビビります!!

KameyamaKameton_004_org.jpg
これはヤバいなぁ、ということで、店主の注意している内容を思い出しながら
「カルビ2、ミノ1、牛ホルモン1、めし小3、うどん玉2」

特に何も言われなかったので、この注文はセーフのようです。

KameyamaKameton_005_org.jpg
キャベツに肉、味噌ダレがドドドーンと運ばれてきて
「肉はどうでもええから、キャベツを混ぜて~!
 キャベツから水が出てくるまでガンガン混ぜて!」

家族3人で必死に混ぜます というか 混ぜさせられるような?

KameyamaKameton_006_org.jpg
どうやら店主の娘とうちの娘がほぼ同い年のようで
うちの娘には、別人のように超優しく接してくれるので
キャベツから水が出てきだしたら、仕上げてくれます。

説明によると水を出すことで、蒸し焼きにしているそうです。
こんな説明は亀八食堂ではしてくれなかったので
コチラでこの労働の意味を知ることができました。

KameyamaKameton_007_org.jpg
「うどん入れて~!」の号令のもと、また混ぜ混ぜしまして・・・

KameyamaKameton_008_org.jpg
完成!
「肉から食べて~」

KameyamaKameton_000_org.jpg
『は~い、隊長』と心の中で返事して
あぁ~美味しい!
苦労してようやくここまでたどり着きました。

KameyamaKameton_001_org.jpg
労働の後の うどん もたまりませんなぁ~
KameyamaKameton_003_org.jpg KameyamaKameton_002_org.jpg
初めてだと店主のキャラクターに面食らってしまいますが
次からは要領を得ているので、「そうそうこの喋り方!あぁ、あの人注意されてるわぁ~」
と寧ろ面白がって食べられそうです。

以上で1泊2日の浜松旅行記はおしまいで~す。
関連記事
[ 2016/08/25 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(0)

【浜松旅行記⑨】うなぎの骨だから うなぎボーン/京丸(静岡:浜名湖SA)

ぬのはし で 遠州焼きとかき氷を食べてゆっくり休んで
あとは、大阪に帰るだけなので、

KyomaruUnagiBone_002_org.jpg
最後にサービスエリアで浜名湖を見納め。
KyomaruUnagiBone_001_org.jpg KyomaruUnagiBone_000_org.jpg
ついでに自宅用にお土産を買おうとプラプラして
真っ先に吉田ヒロの まゆげボーン が思いついた・・・

KyomaruUnagiBone_003_org.jpg
京丸うなぎボーン(醤油味) を買ってみました。

ちなみに、一緒に写っているのは、うなぎパイファククトリー
工場見学記念にもらった うなぎパイミニ

KyomaruUnagiBone_004_org.jpg
香ばしくてポリポリと何本でも食べ続けて
やめられないとまらない・・・って感じです。

こんなに美味しいのであれば、塩味やわさび味も買っとけばよかったぁ。

最後は、亀山名物のみそ焼きうどん のディナーです。
関連記事
[ 2016/08/23 21:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(0)

【浜松旅行記⑧】遠州焼き と バラエティかき氷/ぬのはし(静岡:浜松)

楽器博物館 のあとは、ちょっとお茶をすることにして
ここでも浜松っぽいモノをということで ぬのはし で休憩です。
HamamatsuNunohashi_004_org.jpg HamamatsuNunohashi_005_org.jpg
テーブル3卓、カウンター7席、座敷4卓、テラス1卓は
ご近所の家族連れで賑わっていほぼ満席です。
しかも、お店の三方の窓が全開でクーラーはなく
家庭用扇風機が2台静かに回っています。

初めは暑いなぁと思いましたが、徐々に慣れてくるもんです。

HamamatsuNunohashi_002_org.jpg HamamatsuNunohashi_003_org.jpg
メニューはお好み焼き・焼きそば、そして かき氷

当然ながら誰もが かき氷 を食べてますが、
私たち同様、地元民ではない人たちが頼んでいるのが・・・

HamamatsuNunohashi_006_org.jpg
二つ折りで出てきた 遠州焼き

HamamatsuNunohashi_007_org.jpg
お好み焼きじゃねぇかぁって思いますが
大きなタクアンがゴロゴロ入っているので
お好み焼きを食べているのにポリポリ感を味わえます。

HamamatsuNunohashi_008_org.jpg
そして、レインボーな バラエティー

HamamatsuNunohashi_009_org.jpg
一番高い 宇治茶ミルク金時

HamamatsuNunohashi_010_org.jpg
フワフワな氷は口のなかでスーッと溶けて、超ウマぁ~
この2つを並べて3人でシェアして涼を楽しみましたぁ。
HamamatsuNunohashi_001_org.jpg HamamatsuNunohashi_000_org.jpg
安いので学校帰りとかにチョコチョコ寄ってしまいそうなお店でした。

次は、浜名湖サービスエリアで うなぎの骨 を買います。
関連記事
[ 2016/08/21 21:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(6)

【浜松旅行記⑦】1300点の世界中の楽器が大集合!/楽器博物館(静岡:浜松)

石松餃子 でランチしてから、浜松駅前の 楽器博物館 にやってきました。

HamamatsuGakkihaku_013_org.jpg
お馴染みな楽器からなんじゃこりゃって思ってしまう
モノまであってその一部を紹介していきます。
HamamatsuGakkihaku_001_org.jpg HamamatsuGakkihaku_000_org.jpg
ラッシャン・バスーン

セルパンという蛇のようにグネグネ曲がった金管楽器を改良して
ファゴットのような形状に持ちやすくして、竜頭のベルをが特徴。

HamamatsuGakkihaku_002_org.jpg
よく知るトロンボーンの形状を忘れてしまいそうな
テナー・バルブ・トロンボーン
HamamatsuGakkihaku_004_org.jpg HamamatsuGakkihaku_003_org.jpg
水面や泥に打ちつけて鳴らすパプアニューギニアの 水太鼓泥太鼓

HamamatsuGakkihaku_005_org.jpg
海に浮かぶブイじゃなくて、シェケレ というケニアの打楽器

HamamatsuGakkihaku_006_org.jpg
巨大なクワイのようなケニアの アブ
さてどうやって演奏するのでしょうか?
HamamatsuGakkihaku_011_org.jpg HamamatsuGakkihaku_010_org.jpg
ポケットに入れて持ち運びできる小型ヴァイオリンの キット

HamamatsuGakkihaku_007_org.jpg
コチラでは休日にはイベントがあるようで、この日は
「クラヴィコードのお話と演奏」

HamamatsuGakkihaku_009_org.jpg HamamatsuGakkihaku_008_org.jpg
チェンバロ(左)、クラヴィコード(右)、そしてピアノと
同じ鍵盤楽器のように思えますが、鍵盤を押さえることで
弦に動作が伝わるので、弦楽器とも言えるし
この3つの楽器は、弦を爪で弾いたり、ハンマーで叩いたり、
突き上げたりする構造の違いがあって、打楽器とも言えるそうです。

ピアノはオーケストラにも負けないような迫力のある音量を出すことが
できますが、クラヴィコードは人に聴かせるのではなく
自分で楽しむ楽器で非常に繊細に静かな音が鳴ります。
ってなことを館長がわかりやすく説明して、宮本先生が演奏してくれました。

HamamatsuGakkihaku_012_org.jpg
近ければ、毎回違うイベントに参加するだけでも楽しめる博物館でした。

次は、レインボーかき氷 と 沢庵入りのお好み焼き で休憩です。
関連記事
[ 2016/08/20 21:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(2)

【浜松旅行記⑥】円型焼きでモヤシのせの浜松餃子/石松餃子(静岡:浜松)

ぬくもりの森 で癒された後は、石松餃子 本店 でランチです。

餃子消費量の日本一を宇都宮と争っていることもあり
混むことが予想されたので、ちょっと早めに行ったつもりで11時30分。

店舗前の駐車場はいっぱいで、警備員さんの「先に整理券を取ってください」で
奥さんだけ降ろし、なんと第三駐車場に案内されました。

この時点で順番は12番目。
11時オープンなので第一陣が食べ終わりだしたので、
涼しい店内で待つこと30分、ようやく呼ばれます。

IshimatsuHonten_002_org.jpg
メニューには餃子15個で円型の写真が載っていますが
店内の張り紙を見ると20個~みたいなので・・・

IshimatsuHonten_003_org.jpg
餃子20個(ご飯セット)

相変わらずよく食べるなぁ、って思われますけど
別に10個頼んで、3人でシェアしてますので。

IshimatsuHonten_004_org.jpg
以前に、浜松駅近くの 福みつ で食べたときには
円型ではなかったので、中央にもやしののった
この形を見れただけでも満足です。

IshimatsuHonten_005_org.jpg
ホテルで朝食バイキングを食べたので、ランチが入るスペースは
厳しいかも?って思っていたら、キャベツと豚肉の甘みで
ジューシーさも感じながら、意外にもパクパク食べられちゃいます。

3人であっという間になくなっちゃいましたぁ~
IshimatsuHonten_001_org.jpg IshimatsuHonten_000_org.jpg
帰る頃には70分待ちの大人気の餃子屋さんでした。

次は、浜松駅前の 楽器博物館 です。
関連記事
[ 2016/08/18 21:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(0)

【浜松旅行記⑤】おとぎ話の世界のような『ぬくもりの森』(静岡:浜松)

旅行二日目は ぬくもりの森 にやってきました。
今回の旅行は、娘の「ここに行きた~い」から計画したので
言わばメインスポットになります。

であるはずだったのですが、行った日と時間帯が悪かったのか
雑貨屋さんで買い物はしたものの、
定休日の店舗もあって、時間を持て余してしまったので
方針変更して森を娘とパシャパシャ撮ったのでご覧あれ!

HamamatsuNukumori_010_org.jpg
HamamatsuNukumori_002_org.jpg
HamamatsuNukumori_005_org.jpg
HamamatsuNukumori_008_org.jpg
HamamatsuNukumori_007_org.jpg
HamamatsuNukumori_000_org.jpg
HamamatsuNukumori_001_org.jpg
HamamatsuNukumori_004_org.jpg

HamamatsuNukumori_006_org.jpg
HamamatsuNukumori_009_org.jpg
HamamatsuNukumori_003_org.jpg
ちなみに、予想以上に森は狭いので。

次は、日本一を争っている浜松名物のランチです。
関連記事
[ 2016/08/17 21:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(0)

【浜松旅行記④】大河ドラマ「おんな城主 直虎」ゆかりの龍潭寺(静岡:浜松)

うなぎパイファクトリー から浜松市内を30分北上した
ところにあるのが 龍潭寺(りょうたんじ)

真田丸で長野の上田、和歌山の九度山が人がいっぱいでしょうけど
今年はそれほど注目されていない龍潭寺の駐車場はほどほどに埋まり、
HamamatsuRyotanji_001_org.jpg HamamatsuRyotanji_002_org.jpg
大門(山門)をくぐって、くそ暑い日でも
涼しげな緑の小路を静かに歩くことができます。

HamamatsuRyotanji_003_org.jpg
2017年の 大河ドラマ 『おんな城主 直虎』 なので
井伊家ゆかりの龍潭寺は人でいっぱいになることでしょう。

HamamatsuRyotanji_004_org.jpg
とは言っても、安政の大獄・桜田門外の変の井伊直弼は知っていても
直虎も徳川四天王の直政もよく知りませんでしたけど・・・

HamamatsuRyotanji_005_org.jpg
立派な懸魚(げぎょ)のある本堂を入って左に曲がって

HamamatsuRyotanji_006_org.jpg
うぐいす張りの廊下はいくら静かに歩いても音が鳴り、忍びを知らせるしかけになっています。

HamamatsuRyotanji_007_org.jpg
廊下の奥には左甚五郎の一刀彫の龍
HamamatsuRyotanji_009_org.jpg HamamatsuRyotanji_008_org.jpg
ちゃんと大河ドラマの宣伝もしています。
直虎と虎松(24代直政)

ちなみに、直虎(柴咲コウさん)と虎松(菅田将暉さん)です。

HamamatsuRyotanji_010_org.jpg
井伊家の墓所
一番左が直政、右から二番目が直虎です。

HamamatsuRyotanji_012_org.jpg
龍潭寺のメインの小堀遠州作・池泉鑑賞式庭園
縁側にのんびり座って庭を眺めながら庭の案内放送に耳を傾けます。

これで見学が終わりじゃなくて、龍潭寺を出て少し歩くと

HamamatsuRyotanji_000_org.jpg
田んぼの中に何かあります。

HamamatsuRyotanji_011_org.jpg
『井伊家発祥の井戸』で、この井戸の傍らに
捨てられていた井伊共保(ともやす)が井伊家の祖となったそうです。

これで、『おんな城主 直虎』の予習はできたので
旅行一日目は終了で浜名湖畔に泊まります。

二日目は ぬくもりの森 からスタートです。
関連記事
[ 2016/08/16 21:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(0)

【浜松旅行記③】うなぎパイのミルフィーユ と うなぎパイV.S.O.P.の紅茶パフェ/UNAGI PIE CAFE(静岡:浜松)

うなぎパイファクトリーの見学 が終わったので、疲れてもないけど
工場の2Fにある うなぎパイ カフェ(UNAGI PIE CAFE) で休憩します。
UnagipaiCafe_002_org.jpg UnagipaiCafe_003_org.jpg
手すりを支えているのは ナマズっぽい うなぎ
天井を見上げると うなぎパイ のライト

うなぎパイを使ったスイーツが何種類かありまして・・・

UnagipaiCafe_005_org.jpg
うなぎパイのミルフィーユ仕立て ~夏のレモンカード~

UnagipaiCafe_006_org.jpg
自家製ジェラートとレモンカードとうなぎパイミニが積み上げられ
どうやって食べればええんやろう?って思っていたら・・・

UnagipaiCafe_007_org.jpg
店員さんがうなぎパイでアイスをすくってお食べください、とのこと
当然ながら美味しいですよ、うなぎパイとは関係ないですけど
特に爽やかなレモンカードが・・・

UnagipaiCafe_008_org.jpg
奥さんは うなぎパイV.S.O.P.の紅茶パフェ

V.S.O.P.とはブランデーとマカダミアンナッツの
入った最高級うなぎパイだそうです。

UnagipaiCafe_004_org.jpg
娘は うなくんの似顔絵と自分のネーム入りの うなくんプレート
UnagipaiCafe_000_org.jpg UnagipaiCafe_001_org.jpg
次は、2017年の大河ドラマ 「おんな城主 直虎」で賑わうであろう龍潭寺 に向かいます。
関連記事
[ 2016/08/15 21:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(2)

【浜松旅行記②】無料で楽しめてお土産もある うなぎパイファクトリー(静岡:浜松)

豊橋の 砂場 でカレーうどん を食べてから、浜名湖を通り過ぎて
UnagipaiFactory_006_org.jpg UnagipaiFactory_005_org.jpg
うなくん がお出迎えの うなぎパイファクトリー(春華堂)へやって来ました。

UnagipaiFactory_007_org.jpg
その向かいには巨大うなぎパイの赤いトラック

UnagipaiFactory_008_org.jpg
ガイドツアーを予約してもしなくても申込み書に記入すると

工場見学記念の うなぎパイミニ(ナッツ・ハチミツ入り)を
人数分くれます・・・無料見学なのに。
で、勝手に見学スタート!

UnagipaiFactory_000_org.jpg
細長いパイが焼かれて、どんどん膨らんでいって

UnagipaiFactory_001_org.jpg
ハケで秘伝のタレが塗られていきます。

UnagipaiFactory_002_org.jpg
次から次から流れていって
UnagipaiFactory_003_org2.jpg UnagipaiFactory_009_org2.jpg
検品して梱包されます。

なにしろ、うなぎパイの年間生産量が約8,000万本で
距離にすると地球の直径とほぼ同じ長さらしいので
機械化されてるわなぁって思ってたら・・・

UnagipaiFactory_004_org.jpg
うなぎパイシアターでうなくんと小春ちゃんの工場見学によると、
うなぎパイの生地は職人の手作業によることにビックリ!

UnagipaiFactory_010_org.jpg
ちなみに、うなぎパイと言えば『夜のお菓子』ですが
家族で「うなぎパイ」を囲んで楽しいひとときを過ごしてください、
という意味だそうで、てっきり違う意味だと思ってましたが、
世間の『夜の』コピーの勘違いを逆手にとって、『夜の』栄養たっぷりの
マムシドリンクの配色を真似たパッケージにしているそうです。

更に、かくし味はガーリックだそうです。
UnagipaiFactory_011_org.jpg
そして、見学最後のお土産コーナーには
いろんな味の うなぎパイ・しらすパイの試食までできて
これで無料なので申し訳ないので、結局お土産を買っちゃいますけど。

次は、うなぎパイカフェ でゆっくりします。
関連記事
[ 2016/08/14 21:00 ] 旅行・おでかけ 静岡 | TB(0) | CM(2)

【浜松旅行記①】カレーうどんの底には とろろご飯/砂場(愛知:豊橋)

浜松に1泊旅行に行ってきたので、今日からしばらくは旅行記になります。

7時30分に自宅から、西名阪⇒名阪⇒東名阪⇒伊勢湾岸⇒東名と
乗り継いで、11時30分にまずは 砂場 大清水店 でランチです。

豊橋鉄道渥美線「大清水駅」から北へ徒歩6分のところにあります。

SunabaOshimizu_000_org.jpg
ボリュームのあるランチもあったりするのですが
わざわざここに来たのは理由があるので、コレを注文。

SunabaOshimizu_001_org.jpg
豊橋カレーうどん

SunabaOshimizu_002_org.jpg
カレーうどんとは思えないオシャレな盛り付け

SunabaOshimizu_003_org.jpg
豊橋カレーうどんの注意事項「器の底へ箸をさして混ぜないように」して
マイルドなカレーうどんを食べ進めます。

SunabaOshimizu_004_org.jpg
トマトやナスだけでなく、ウズラとカマンベールチーズの串揚げ。

SunabaOshimizu_005_org.jpg
さぁ、うどんを食べ終わったので、残った具だけ食べよう!・・・じゃなくて。
ここから豊橋カレーうどん 第二章!

SunabaOshimizu_006_org.jpg
レンゲで底からすくい上げると とろろご飯 が出てくるので
カレーとろろごはん を楽しめます。

SunabaOshimizu_007_org.jpg
女性だけにサービスされていたスイカを娘からもらってお口直し。
SunabaOshimizu_009_org.jpg SunabaOshimizu_008_org.jpg
いつもカレーうどんを食べるときには白ごはんを頼んでいたので
これなら1回の注文、1つの丼で2度美味しい名物でした。

次は、ようやく浜松に入って、夜のお菓子のうなぎパイの工場 に行きます。
関連記事
[ 2016/08/13 21:00 ] 旅行・おでかけ 愛知 | TB(0) | CM(0)

パンケーキとプリンがコラボしました/東京パステッロ(東京:羽田空港)

羽田空港でお土産を買おうと SMILE TOKYO で物色していると
HanedaPastello_001_org.jpg HanedaPastello_000_org.jpg
人気の2つのスイーツを組み合わせたモノがあったので・・・
HanedaPastello_002_org.jpg HanedaPastello_003_org.jpg
プリンパンケーキ(8個入り)

HanedaPastello_004_org.jpg
分かってはいても、パンケーキの間にプリンが挟まれてます。

HanedaPastello_005_org.jpg
そして、時間が経つとカラメルが流れ出して、プリンを演出。
フワフワのパンケーキにほろ苦いカラメルのプリン。

ビジュアルもかわいいので誰にでも喜ばれそうなスイーツです。
関連記事
[ 2016/08/11 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

皮はモッチリ、肉汁プッシャーな特製ジャンボ餃子/開楽(東京:池袋)

先日のディナーは 開楽 です。
池袋駅東口から東へ徒歩2分のところにあります。

IkebukuroKairaku_000_org.jpg IkebukuroKairaku_001_org.jpg
21時頃でもお一人様が多いようでカウンター席はほぼ埋まってます。
接客は予想通り中国人女性。
餃子専門店ではなく中華屋さんで麺類・丼・定食とありますが
私の目的は餃子を何個食べるかだけなので・・・

IkebukuroKairaku_002_org.jpg
Bセット(ジャンボ餃子5個+半チャーハン)

IkebukuroKairaku_004_org.jpg
巨大な餃子が5個も!
娘は写真も見て「これバナナ?」

IkebukuroKairaku_003_org.jpg
大きさが分からないのでカラシ袋と比べてみましたぁ。

IkebukuroKairaku_005_org.jpg
これだけ大きいとお箸で持ち上げながら写真を撮るのも大変!

IkebukuroKairaku_006_org.jpg
噛むと肉汁がプッシャー!皮はモッチリ!
マイルドな味のシャキシャキ餃子なので
ジャンボでももっと食べられるかも?って箸がすすみます。

IkebukuroKairaku_008_org.jpg IkebukuroKairaku_007_org.jpg
食べ慣れている皮パリパリ・にんにくガツンな餃子ではないですが
モッチリ餃子を安くいっぱい食べられるのは嬉しいお店です。
関連記事
[ 2016/08/09 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(2)

黒豆がゴロリと入った絶品ジェラート/赤松パーキングエリア(兵庫:神戸)

仕事で姫路に行った後、同僚が以前から気になっていた
ジェラートがあるというので、中国道の 赤松パーキングエリア(上り) に寄ることに。

姫路から大阪に帰るのであれば普通は中国道の赤松PA
なんて通らないんですけどわざわざ大回りです。

AkamatsuPA_Gelato_000_org.jpg
ハンバーガーなどのテイクアウトコーナーの一角に
西山牧場の手作りジェラートがありました。

AkamatsuPA_Gelato_002_org.jpg
ゆめメロン、ブルーベリー、黒豆、牧場ミルク
チョコチップ、抹茶、メープルナッツ

AkamatsuPA_Gelato_001_org.jpg
ということで、黒豆ジェラート

甘さスッキリで、黒豆ゴロゴロ
これはおススメです。
関連記事
[ 2016/08/07 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

5種類の手を加えた季節限定はもづくし丼/みのり家(兵庫:姫路)

先日のランチは みのり家 です。
山陽電鉄「白浜の宮駅」から南へ徒歩15分のところにあります。

HimejiMinoriya_006_org.jpg
天晴水産 が経営しているそうで、1Fは海産物の販売で

HimejiMinoriya_001_org.jpg
2Fが みのり家 になっています。
しかし、しらす漁がお休みだったので
目的の 生しらす丼 はやっておらず!

さぁ、困った!何にするか?とふと見上げると・・・

HimejiMinoriya_007_org.jpg
はもづくし丼が1100円!
コレに決めたぁ!

HimejiMinoriya_003_org.jpg
ということで、はもづくし丼

HimejiMinoriya_004_org.jpg
湯引き
野菜蒸し
刺身
旨煮
あぶり

こんなにいろんな調理したハモを食べたことも
たっぷりハモを食べたことも初めてなんで大感激!

HimejiMinoriya_002_org.jpg
あまりにも美味しそうだったので、坊勢鯖の刺身 を追加

甘くて歯応えもあってウマぁ~!

鯖の刺身と言えば九州だと思っていたので、
こんな近くにあるやないか~い!

ちなみに、坊勢島(ぼうぜじま)とは姫路の目の前の家島諸島の島の一つだそうです。
HimejiMinoriya_005_org.jpg HimejiMinoriya_000_org.jpg
次こそは生しらす丼か?それとも他にも限定丼があるのか?
楽しみになってしまうお店でした。
関連記事
[ 2016/08/06 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

「あまおう」の美味しさがギュッ!詰まった あまおうゼリー/さかえ屋(福岡空港)

SakaeyaAmaouJelly_000_org.jpg SakaeyaAmaouJelly_001_org.jpg
福岡出張のお土産を選んでいるとひときわ目立ったのがコレ!
SakaeyaAmaouJelly_003_org.jpg SakaeyaAmaouJelly_002_org.jpg
あまおうゼリー

SakaeyaAmaouJelly_004_org.jpg
何個入っているんやろう?と思うような箱なんですが
贅沢にスペースを使って、イチゴの形をしたパッケージで5個入り
SakaeyaAmaouJelly_005_org.jpg SakaeyaAmaouJelly_006_org.jpg
直径6,5cm、厚さ2cmで重さは80g

SakaeyaAmaouJelly_007_org.jpg
果肉は入っていない真っ赤なゼリーはトマトっぽくも見えますが・・・

SakaeyaAmaouJelly_008_org.jpg
期待以上にイチゴの美味しさがいっぱいで夏にはピッタリです。


☆今までの「さかえ屋」☆
なんばん往来
関連記事
[ 2016/08/04 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

60種類の定食から選んだ天然鯛あら炊き定食/梅山鉄平食堂(福岡:渡辺通)

福岡出張でのディナーは 梅山鉄平食堂 です。
地下鉄「渡辺通駅」から北へ徒歩4分のところにあります。
Umeyamateppei_000_org.jpg Umeyamateppei_001_org.jpg
19時に行ってみると、カウンター9席・テーブル16席はほぼ満席。

Umeyamateppei_004_org.jpg
メニュー多い!
じゃあ選ぶとするかぁ・・・多過ぎる!
全種類食べるのに毎日通って2ヶ月はかかりそう!
Umeyamateppei_002_org.jpg Umeyamateppei_003_org.jpg
左の女性二人組も右のカップルも美味しそうな魚
それは何でしょう?って聞かれんしなぁ。

まったくまとまらないので絞り込もう!
刺身・焼物・煮物・揚物・肉・野菜・汁物から、今日の気分は煮魚。
更に、その中の絶品・美味・花印から選んだのが・・・

Umeyamateppei_005_org.jpg
天然鯛あら炊き定食

Umeyamateppei_006_org.jpg
このビジュアルですから美味しいに決まってます。
問題は骨との戦いだけで、こうなったらムキになって
ひたすら食べてる姿は蟹を食べるときぐらい無口です。
(1人で食べてますが)

そうこうしているうちに周りの注文が耳に入ってきて
「そんなメニューあったっけ?」
「それも美味しそうだぁ~」
と心にも余裕が出てきたりして。
Umeyamateppei_007_org.jpg Umeyamateppei_008_org.jpg
ひじきのサラダ と 柚子風味の味噌汁
それに自家製の 梅山ふりかけ も
ご飯をすすめてくれるのでもちろんお替わり~

Umeyamateppei_009_org.jpg
猫も悔しがるほどキレイに食べてしまった格闘のあと。
(食後の骨の山なのでモザイクしてみました)
関連記事
[ 2016/08/02 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム