おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2016年03月
月別アーカイブ  [ 2016年03月 ] 

≪ 前月 |  2016年03月  | 翌月 ≫

ラゾーナ川崎 で 豆腐チャンプルー/波照間(神奈川:川崎)

先日のランチは 波照間 ラゾーナ川崎店 です。
川崎駅前のラゾーナ川崎の4Fにあります。
KawasakiHateruma_002_org.jpg KawasakiHateruma_007_org.jpg
「めんそ~れ~」と出迎えてくれ、三線のBGM流れているので、すっかり沖縄気分にひたれます。

KawasakiHateruma_001_org.jpg
チャンプルー・沖縄そば・タコライスなどの沖縄料理の
何をメインにするかで、決めて今日の気分は・・・

KawasakiHateruma_003_org.jpg
豆腐チャンプルー定食

KawasakiHateruma_004_org.jpg
ふわふわな島豆腐にキャベツやモヤシなど具だくさん!
ちょっと濃いですけど、ご飯のおかずにはピッタリ!

KawasakiHateruma_006_org.jpg
選べるご飯は、しっかりした味付けの ジューシー(沖縄風炊き込みご飯)

奥の小鉢は もずく酢。
個人的には、沖縄と言えば もずくの天ぷらが好きですけど。

KawasakiHateruma_005_org.jpg
アーサのお吸い物 はこれはこれで美味しいんですけど
注文したあとで+250円でソーキそばに変更できたことを知ってガッカリ。

漬物はいいとして、デザートは 白玉ぜんざい と
沖縄のような演出で〆ることができます。
KawasakiHateruma_000_org.jpg KawasakiHateruma_008_org.jpg
白玉ぜんざい も美味しかったので、豆乳クリームぜんざい や
ポーポーアイスのようなデート目的でも来たくなるような都会の沖縄でした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/03/31 21:00 ] お食事処 沖縄(料理) | TB(0) | CM(2)

思い出横丁で 元祖 天玉そば/かめや(東京:新宿)

梅田や難波の混雑さには平気でも、新宿駅となると
複雑さと混雑さが何度来ても苦手で圧倒されてしまうのですが
ShinjukuKameya_000_org.jpg ShinjukuKameya_002_org.jpg
西口から北へ2分ほど歩くと 思い出横丁
正式には 新宿西口商店街 で、通称は ションベン横丁っていうらしい。
ShinjukuKameya_003_org.jpg ShinjukuKameya_001_org.jpg
思い出横丁に入っですぐの かめや 新宿店 でディナー です。

L字カウンター8席は満席。他のお客さんを真似て料金は先払い。
アジア系の観光客もいて、店員のおっちゃんがが英語で対応中。
外国人用のガイドブックにも紹介されているんでしょうか?

ShinjukuKameya_004_org.jpg
頼むモノは決まっているので、先払いして注文。
隣りのおじさんが「ネギ多めで」「プラス20円です」とのこと。
ShinjukuKameya_006_org.jpg ShinjukuKameya_009_org.jpg
茹でおきのそば と 揚げまくっている かき揚げ

ShinjukuKameya_005_org.jpg
天ぷら・温泉玉子そば 略して 元祖 天玉そば

ShinjukuKameya_007_org.jpg
デカくて分厚くて迫力満点の かき揚げ
フワッとした食感で出汁を浸み込ませて更に美味しく

ShinjukuKameya_008_org.jpg
とろ~りと温泉玉子

メチャクチャ美味しい!というわけでもないですけど、新宿駅の昭和レトロな雰囲気で
このボリュームであれば、400円という安さもあって気軽に寄ってしまうんでしょうねぇ。

食べながら、振り返ると21時を過ぎているというのに10人ぐらい行列している人気店でした。
関連記事
[ 2016/03/29 21:00 ] お食事処 そば | TB(0) | CM(4)

キューズモールに移転後、初めて行ってみた老舗洋食屋さん/マルヨシ(大阪:天王寺)

先日のディナーは グリル マルヨシ です。
ViaあべのWalk あべのキューズモール 隣接)の1Fにあります。

TennojiMaruyoshi_003_org.jpg TennojiMaruyoshi_004_org.jpg
あべのキューズモールが出来る前の、歴史を感じる店舗の
ときに、行ったことがあるので約15年振りです。

TennojiMaruyoshi_002_org.jpg
マルヨシと言えば、ロールキャベツではありますが
セットがかなりお得そうだったので Bセット を注文。

TennojiMaruyoshi_006_org.jpg
洋食の王道セット(ライス&カップスープ付き)

ライス or パン を選べるんですが、初めはパンを頼んだら
店員さんがいかにもよく食べそうな私を見て、
「ライスだったらお替わりできますけど」ってススメてくれるので
「じゃあ、ライスで」

TennojiMaruyoshi_007_org.jpg
程よく柔らかい ハンバーグ
初めて食べる シナモンコロッケ

TennojiMaruyoshi_008_org.jpg
薄めでしっかり揚がっている チキンカツ

TennojiMaruyoshi_009_org2.jpg
これらが、ポテトサラダ・キャベツサラダ・ケチャップパスタと
うまく合って、すべてが一体とまとまった美味しさです。

TennojiMaruyoshi_005_org.jpg
娘の おこさまオムライス

ふわふわたまごのオムライス・ハンバーグ・ポテト
・サラダ に パンナコッタ、更に オレンジジュース

う~ん、オッサンも食べたくなる組み合わせです。
TennojiMaruyoshi_001_org.jpg TennojiMaruyoshi_000_org.jpg
キューズモールになっても人気で、隣りのカップルが食べていた
ぷち贅沢コース は食べ切れるのかなぁ?って心配してしまうぐらい豪華でした。
関連記事
[ 2016/03/27 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(6)

京都の街中にある港町のごはん処で贅沢めし/雑魚や(京都:烏丸御池)

KarasumaOikeZakoya_000.jpg
烏丸御池駅からでも四条烏丸からでも徒歩5分の六角通にある京町家。
KarasumaOikeZakoya_004.jpg KarasumaOikeZakoya_005.jpg
いかにも京都らしい雰囲気の 夢処 漁師めし 雑魚や でランチです。
随分前に行った沖縄料理の あーぐうる の斜め前にあります。
KarasumaOikeZakoya_007.jpg KarasumaOikeZakoya_006.jpg
奥には中庭。カウンター11席、座敷や個室もあるようです。
店員さんは漁師っぽい派手な柄のシャツ?

KarasumaOikeZakoya_001.jpg
ランチは漁師めしの丼、雑魚やめしの定食
とそれらを組み合わせた 贅沢めし
ほとんどの人が注文していた・・・

KarasumaOikeZakoya_008.jpg
夢盤 贅沢めし

中心に丼で周辺におかずのオリジナルプレートになっています。

KarasumaOikeZakoya_009.jpg
ご飯の上にどーんとマグロのたたき

KarasumaOikeZakoya_010.jpg
本日のメインは サゴシの幽庵焼き
大きな切り身でかなり美味しく、食べ応えもあります。

梅肉添えの冷奴
牛スジの大根おろし

KarasumaOikeZakoya_011.jpg
胡麻ダレの鯛の刺身
どんぶり用のタマゴ
湯葉の和え物

こんなにおかずがあるのかぁと思っていたら・・・

KarasumaOikeZakoya_012.jpg
桜海老の茶碗蒸しまで付いています。

KarasumaOikeZakoya_013.jpg
ワサビと醤油を混ぜたタマゴをかけまして
木製のさじでパクパクというよりガツガツと食べまして
当然ながらマグロは美味しんですが、
パプリカとズッキーニの食感がかなりお気に入りです。

ドンブリのご飯を全部食べると・・・

KarasumaOikeZakoya_014.jpg
ご飯と鯛出汁を追加してくれ
更に残しておいた鯛のお刺身を一切れ入れた鯛茶漬け
KarasumaOikeZakoya_002.jpg KarasumaOikeZakoya_003.jpg
これで1000円ですから帰る頃には待つ人が出てくるのもわかりますね。
関連記事
[ 2016/03/25 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

旨辛タイ料理のパックホラパ/アジアン食堂 蓮華堂(大阪:針中野)

先日のランチは アジアン食堂 蓮華堂 です。
近鉄南大阪線「針中野駅」から北へ徒歩2分の高架沿いにあります。

斜め向かいには以前に、明太とろろぶっかけうどん を
食べた 讃岐麺屋 あうん があります。
HarinakanoRenge_003_org.jpg HarinakanoRenge_002_org.jpg
カウンター4席・テーブル3席は、12時半頃になると
あっという間に満席になって、次から次からお客さんがやってきます。

HarinakanoRenge_000_org.jpg HarinakanoRenge_001_org.jpg
炒め物とカレーは料理を選んで、ポーク・チキンなどの具材を選びます。
他には、炒め物に唐揚げとドリンクの付いた定食もあります。

厨房でメチャクチャ美味しそうな炒める音が聞こえてきて・・・

HarinakanoRenge_004_org.jpg
唐辛子マークが3個ついた パックホラパ(シーフード)

HarinakanoRenge_005_org.jpg
エビ・ホタテ・イカがこれでもか!ってぐらい入っていま~す!

HarinakanoRenge_006_org.jpg
喉を刺激する辛さに何度もムセてしまいますが
シーフードと野菜のボリュームが凄く
いかにもタイ料理っぽい旨辛な美味しさに大満足です。
HarinakanoRenge_008_org.jpg HarinakanoRenge_007_org.jpg
他のお客さんとの話によると、この日が最終日らしく
5月中旬から心斎橋に移転オープンするそうです。

この美味しさとボリュームなら心斎橋でも行ってしまいますね。
関連記事
[ 2016/03/23 21:00 ] お食事処 エスニック | TB(0) | CM(0)

ただいま一番人気のお土産、焼き立てチーズタルト/きのとや(北海道:新千歳空港)

今回の出張土産は きのとや です。
KinotoyaChitose_002_org.jpg KinotoyaChitose_003_org.jpg
噂通りの大人気でなかなかの行列で
時間に余裕が無いと買えないので、この日はチャンス!
KinotoyaChitose_000_org.jpg KinotoyaChitose_001_org.jpg
店頭一杯に並んでいるチーズタルトがどんどん無くなって行って
「大丈夫かなぁ」「1個だけこの場で食べようかなぁ」とか考えて・・・

KinotoyaChitose_004_org.jpg
裏のオーブンから出て来たばかりの 焼き立てチーズタルト

「崩れやすいのでお気をつけて」と店員さんが言ってくれて、
手荷物検査のときも係員も分かっているようで
倒さないように機械に通してたんで「知ってるんやぁ」

KinotoyaChitose_005_org.jpg
2階建てのアパートみたい・・・

KinotoyaChitose_006_org.jpg
さぁいよいよ食べてみましょう!

KinotoyaChitose_007_org.jpg
オーブンで温めて写真のようにとろ~りってなることを期待したけど
そこは残念ながら、ややトロって感じで。
でも、さすがにサクっとしたタルトに濃厚チーズは超ウマぁ~

次は、出来立てを食べてやろう!
関連記事
[ 2016/03/21 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

ふんわり手作り!明太バターおにぎり/朝市食堂(北海道:新千歳空港)

帰阪する前に小腹が空いたので 朝市食堂 でディナーです。
これから出発するのに到着ロビーの1Fにあります。
札幌のお客さんに「おススメですよ」と教えていただいたので早速。
ChitoseAsaichiShokudo_002_org.jpg ChitoseAsaichiShokudo_003_org.jpg
別の入り口には定食を食べられる食堂もありますが、こちらはおにぎりコーナー

ChitoseAsaichiShokudo_005_org.jpg
サンプルだけでも美味しそうで、しかも組み合わせにないモノでも作ってくれるみたい。

ChitoseAsaichiShokudo_004_org.jpg
注文すると、おばさんが握り始めてくれます。
この後姿から美味しさ間違いないでしょう!

ChitoseAsaichiShokudo_007_org.jpg
空港の待合席に座りまして 明太バターおにぎり

ChitoseAsaichiShokudo_006_org.jpg
ギリギリの柔らかさとご飯の温もりが手に伝わってきます。

ChitoseAsaichiShokudo_008_org.jpg
で、ガブっと ムムムっ!頂上に少しの明太子かと思いきや
全体にタップリ~!ウマぁ~!
口の中でホロッ崩れる感じがまたいい!
ChitoseAsaichiShokudo_000_org.jpg ChitoseAsaichiShokudo_001_org.jpg
次は飛行機の中で食べてもいいかも。
周りの人にジロジロ見られそうですけど。
関連記事
[ 2016/03/19 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(4)

急須に入って北海道が詰まった特製鍋焼うどん/うどん亭(北海道:札幌,琴似)

超寒い雪の札幌にいるけど ラーメンでもスープカレーでもなくて
温かいモノを食べようとJR琴似駅から南西へ徒歩5分の うどん亭 でランチです。

KotoniUdontei_000_org.jpg
13時少し前でも座敷・テーブル合わせて約40席はほぼ満席で
人気だという鍋焼うどんは半数ぐらいの人が注文しているようです。

KotoniUdontei_001_org.jpg
順番に作っているみたいで結構待って 特製鍋焼うどん

KotoniUdontei_002_org.jpg
表面に見えている具材だけでも、エビ・ホタテ・ワカメ と豪華なんですが
更に、竹の子・かまぼこ・ほうれん草・しいたけ・ネギ・鶏肉・玉子焼きと
さすが北海道!っていうぐらい盛りだくさんです。

KotoniUdontei_003_org.jpg
やっぱり違和感なのが、超デカい急須!
まぁ後々、このスタイルが役に立つことがわかるんですけど。

KotoniUdontei_004_org.jpg
鍋焼きうどんに漬物かぁ。口休め?って
思ったら、山盛りの細かく刻まれたネギでしたぁ

KotoniUdontei_005_org.jpg
何よりも出汁が美味しい!
柔らかすぎないうどんも美味しい!
具だらけなのも嬉しい!

KotoniUdontei_007_org.jpg KotoniUdontei_006_org.jpg
そして、美味しい出汁は急須の注ぎ口からドバドバドバ~っと
具が詰まらずに一緒に取り皿に出せるので最後まで美味しく食べられます。
関連記事
[ 2016/03/17 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(4)

空港店はいつも行列なので本店24時なら並ばず食べられた/えびそば一幻(北海道:札幌,東本願寺前)

出張でやってきた札幌。
新千歳が大雪のため、大阪伊丹からの直行便は間引いての欠航で
間引かれた私は満席のため他の便に乗ることもできず
どうしても今日中に行きたいのであれば、羽田経由なら行けるかも?
と条件付きで振り替えてなんとか札幌のホテルにチェックインしたのが24時前。

羽田で待っている間に軽くは食べたけど、札幌まで来て何も食べないのは
疲れてても納得できずに眠れなくなってしまうので
雪が凍って滑りやすい道をテクテク10分ほど歩いて
えびそば 一幻 総本店 でディナーというか夜食です。
1genHonten_009_org.jpg 1genHonten_010_org.jpg
新千歳空港店はいつも行列であきらめてたのですが
総本店の24時なら並ばずに座ることができました。
それでも人気店だけあってカウンター16席は半分ぐらい埋まってます。

1genHonten_007_org.jpg 1genHonten_008_org.jpg
味付けを えびみそ・えびしお・えびしょうゆ から選んで
スープを そのまま・ほどほど・あじわい から選び
更に、太麺・細麺 から選べるというシステムになっています。

さすがに、この時間だと えびおにぎり は売り切れでした。

1genHonten_000_org.jpg
えびしお(そのまま・太麺)& ギョーザ

1genHonten_001_org.jpg
持ってきてくれたときから香りが凄いので、なにはなくとも、まずスープ!
エビそのまま飲んでる?食べてる?ような感覚になるぐらいエビだらけ~!
塩なのでスッキリかと思っていたら、超濃厚なエビスープです。

1genHonten_003_org.jpg
デフォルトが太麺だそうで、美味しい海老を一緒に引き揚げて口の中は大漁です。

1genHonten_004_org.jpg
更に中央にある炒ってあるエビ粉を混ぜると、
すっかりエビに慣れたはずなのに、新たなエビが追加されて、最後までエビだらけ。

1genHonten_002_org.jpg
エビとは関係のない普通のギョーザで
口の中をリセットするには丁度いい感じです・・・美味しいですよ。
1genHonten_005_org.jpg 1genHonten_006_org.jpg
外観の写真を撮っていたら豪快に滑って転んだんですけど
超美味しい えびそば だったので、まぁいいでしょう。
関連記事
[ 2016/03/15 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

【ガラスの茶室としだれ梅⑤】釜揚げうどん に タルタルとり天 と 卵かけ麦めし/鈴庵(奈良:広陵町)

木津川の マフィン ジック(Muffin Gic) でマフィンを買ってから、釜揚うどん 鈴庵 でディナーです。
近鉄大阪線「五位堂駅」から北へクルマで7分の畿央大学の向かいにあります。

18時頃に行ってみると、駐車場は最後の1台にギリギリ停めることができ
カウンター9席、テーブル4卓もほぼ満席で最後のテーブル1卓に座ることができました。

KoryoSuzuan_000_org.jpg
他にも単品のメニューや月限定のうどんもあったりするんですが、今回はセットから選んでみました。

KoryoSuzuan_007_org.jpg
注文して待つ間にテーブルに置いてある うどんがし が超美味しい~!
これは砂糖でしたがきなこ・カレーもあって販売もしているようです。
更に、娘にはお水ではなくオレンジジュースを持ってきてくれます。

KoryoSuzuan_001_org.jpg
私の とり天セット

KoryoSuzuan_003_org.jpg
選べるうどんは、店名通り 釜揚げうどん
もっちりして美味しいので、これだけでも充分満たされます!

KoryoSuzuan_002_org.jpg
選べるソースは タルタルソースのとり天

自家製タルタルがこれまた美味しく、しかも大きな塊が3個も!

KoryoSuzuan_006_org.jpg
更に、卵かけ麦めし でメインが3つもあるようなセットに大満足です。

KoryoSuzuan_004_org.jpg
奥さんの ぶっかけうどん&イカ天丼

KoryoSuzuan_005_org.jpg
娘の ざるうどん&かきあげ丼
KoryoSuzuan_009_org.jpg KoryoSuzuan_008_org.jpg
3人ともランチに山科の 中国料理ちゅん でお腹いっぱいになって、「もう何も食べられへんわ~」
とか言いながらも、ディナーでも食べ過ぎてしまった一日でした。
関連記事
[ 2016/03/13 21:00 ] 旅行・おでかけ 奈良 | TB(0) | CM(4)

【ガラスの茶室としだれ梅④】豪華なデコレーションの大きな大きなマフィン/マフィン ジック(京都:木津川)

城南宮でしだれ梅を観たあと、奈良経由で堺の自宅まで下道をトロトロと走って
帰るので、まずは、木津川の マフィン ジック(Muffin Gic) で明日の朝ご飯を仕入れます。
KizugawaGic_004_org.jpg KizugawaGic_003_org.jpg
16時30分ぐらいに着くと、広い駐車場にはクルマがいっぱい。

KizugawaGic_002_org.jpg
カフェを利用するお客さんで待っている人もいたりするけど
KizugawaGic_000_org.jpg KizugawaGic_001_org.jpg
18時閉店ということもあって、テイクアウトコーナーには
マフィンが少ししか残っておらず・・・残念。

KizugawaGic_005_org.jpg
少ないなかから、ゆずレモン・黒ゴマきなこ・ナッツナッツ

KizugawaGic_006_org.jpg
豪華なデコレーションでかなり大きく、美味しそうな例えじゃないけど
山奥深くに生えている見たことないキノコみたい。

KizugawaGic_007_org.jpg
説明書通りに、電子レンジで40秒温めて、縦にカットして
カットした面を下にしてトースターで2~3分焼いて、いただきま~す!

甘すぎない生地のマフィンを3人で分けても、結構ボリュームのあるモーニングでした。

朝から京都の ガラスの茶室しだれ梅 と見て回った最後は、奈良でうどんの夕食です。
関連記事
[ 2016/03/12 21:00 ] 旅行・おでかけ 京都 | TB(1) | CM(2)

【ガラスの茶室としだれ梅③】150本のしだれ梅が咲き誇る春の山/城南宮(京都南IC)

将軍塚青龍殿で ガラスの茶室 を観た後、30分ほど南下して
京都南ICすぐ近くの 城南宮 にやってきました。
JonanguUme_010_org.jpg JonanguUme_009_org.jpg
行った日は しだれ梅と椿まつり が始まった翌週ぐらいだったので6分咲きぐらいでした。

娘も私のお古のデジカメでパシャパシャ撮っていて
うまく撮れていたので、私と娘の共作です。

どっちがどっちなのかはご想像ください。


JonanguUme_011_org.jpg
JonanguUme_002_org.jpg
JonanguUme_003_org.jpg
JonanguUme_004_org.jpg
JonanguUme_000_org.jpg
JonanguUme_001_org.jpg
JonanguUme_005_org2.jpg
JonanguUme_006_org.jpg
JonanguUme_008_org.jpg JonanguUme_007_org.jpg
あとは奈良経由で自宅に向かってひたすら下道を走るだけなので
まずは、明日の朝食用に専門店でマフィンを買います。
関連記事
[ 2016/03/10 21:00 ] 旅行・おでかけ 京都 | TB(0) | CM(7)

【ガラスの茶室としだれ梅②】天空の大舞台のガラスの茶室/将軍塚青龍殿(京都:山科)

山科の 中国料理 ちゅん で満腹になり過ぎてから、
クルマで西へ10分ほど走って、東山ドライブウェイを上がると
何の看板もないけどクルマが20台ほど停まっているのでココに駐車。

さてさて、目指す目的地はどっち?
人がまばらにあっちこっちから現れてくるし、案内板もないし・・・

ShogunzukaGlass_000_org.jpg
こっちかなぁと行ってみると京都タワーを中心として、京都市内を一望できるけど何もない。

ShogunzukaGlass_001_org.jpg ShogunzukaGlass_002_org.jpg
もう一方の通りの遥か奥に何かが見えたので進むと朽ちかけた山門
受付を済ませて、順路通りに従って 青龍殿 に入って 青不動明王 にご挨拶

青龍殿の横を抜けると・・・

ShogunzukaGlass_003_org.jpg
ガラスの茶室 -光庵

ShogunzukaGlass_004_org.jpg
青龍殿の大舞台に設置されています。

ShogunzukaGlass_005_org.jpg
ガラスを通して京都市内を一望でき

ShogunzukaGlass_007_org.jpg
茶釜以外はぜ~んぶガラス

ShogunzukaGlass_006_org.jpg
吉岡徳仁(としおかとくじん) の作品で4月上旬まで展示されているそうです。

ShogunzukaGlass_008_org.jpg
木造の大舞台はこんな構造で清水寺の舞台の約4.6倍(1046㎡)あるそうです。

ShogunzukaGlass_011_org.jpg
展望台から見える青龍殿とガラスの茶室
手前にあるのが将軍塚で世の中に異変があるときには、この塚が鳴動するらしい。
ShogunzukaGlass_010_org.jpg ShogunzukaGlass_009_org.jpg
花が咲いていれば華やかなことが想像できる庭園なので、その頃にまた来てもいいかもしれません。

次は、城南宮の しだれ梅 を観に行きます。
関連記事
[ 2016/03/08 21:00 ] 旅行・おでかけ 京都 | TB(0) | CM(0)

【ガラスの茶室としだれ梅①】オードブルじゃないです、日替わり定食です/中国料理 ちゅん(京都:山科)

山科の 青蓮院 の ガラスの茶室 の展示がもうそろそろ終わってしまうので
締め切り間際の駆け込み需要で混雑する前に行ってきました。

まずは、中国料理 ちゅん でランチです。
各線「山科駅」から西へ徒歩10分の京都薬科大学前の三条通りにあります。

国道一号線から細い路地を北上してお店を目指したら、偶然見つけた駐車場に停めました。
おそらく誰もわからんやろうなぁ~って場所です。
駐車場は多分2ヶ所で京都薬科大学南校舎の北西角がわかりやすく
私が停めたのは、和食さと横の人しか通れない細い路地を入った駐車場。

YamashinaChun_007_org.jpg
今日のランチ、まかない食(まぐろ丼・高菜丼)、日替わり定食の
他にも中華定番の品々が揃っています。

YamashinaChun_000_org.jpg
娘は バンビーノの スンシーススンシーシーに
出てくる料理を知らなかったそうなので 天津飯

隣りのコップと比べてもわかるように軽~く2人前はあります。
当たり前のように店員さんも一緒に取り皿を3つ持ってきました。

YamashinaChun_001_org.jpg
私はオードブルじゃなくて 日替わり定食

YamashinaChun_002_org.jpg
山盛りご飯に

YamashinaChun_003_org.jpg
肉団子の甘酢

YamashinaChun_004_org.jpg
鳥の唐揚げ・エビフライ
更に、白身魚フライが隠れてます。

YamashinaChun_005_org.jpg
新子とワカメ、リンゴ入りのポテトサラダ

YamashinaChun_006_org.jpg
娘が味の変わらない天津飯を持て余したので、餡をもらって即席の中華丼
YamashinaChun_009_org.jpg YamashinaChun_008_org.jpg
お味はソコソコですが、ボリュームが少ないと
寂しくなることに比べたら、嬉しい・・・ですね?

次は、腹パンパンの状態で 将軍塚のガラスの茶室 に向かいます。
関連記事
[ 2016/03/06 21:00 ] 旅行・おでかけ 京都 | TB(0) | CM(8)

博多のお土産は 九州由来菓子「なんばん往来」/さかえ屋(福岡:博多駅)

SakaeyaNanban_004_org.jpg SakaeyaNanban_003_org.jpg
帰阪する前にお土産を買おうと博多駅をウロチョロして
博多通りもん・めんべい・ひよ子がやたら目立つんですけど・・・

SakaeyaNanban_000_org.jpg
さかえ屋なんばん往来

SakaeyaNanban_001_org.jpg
パッケージもいかにも南蛮っぽく、これは4個入り

SakaeyaNanban_002_org.jpg
アーモンドとバターの香りがするシットリしたスポンジ生地を
512層のパイ生地で包んで、スポンジの中央下にはラズベリージャムと
サクサクでありシットリもあり、ほんのり甘いなかなかの逸品です。

それにしても博多駅だけじゃないけどお土産の種類が多すぎます・・・
関連記事
[ 2016/03/05 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

炊きたて羽釜ごはん には 焼きたて玉子焼き/椒房庵(福岡:博多駅)

先日のランチは ごはん家 椒房庵(しょぼうあん) です。
JR博多シティ アミュプラザ博多 9F(くうてん)にあります。

HakataShoboan_000_org2.jpg
ちょっとお高めのランチですが、どれも博多らしくもあり美味しそうで、そのなかから人気№1を注文します。
HakataShoboan_008_org.jpg HakataShoboan_009_org.jpg
カウンターに座ったので目の前には大きな羽釜が3つ
美味しそうな炊き立てごはんが次々よそわれていきます。

その横では、注文が入る度に、玉子焼きが焼かれていきます。

HakataShoboan_002_org.jpg
まずは、出汁に浸かって冷たく甘~いトマト

HakataShoboan_003_org.jpg
焼きたて玉子焼き御膳

HakataShoboan_004_org.jpg
小鉢が豊富で博多らしく明太子 に 高菜
更に ひじき と 大根おろし、それに梅干まで。

HakataShoboan_006_org.jpg
どーん と玉子焼き!何個使っているんでしょう!

HakataShoboan_005_org.jpg
横から見てもフワフワ感が伝わります。

HakataShoboan_007_org.jpg

茅乃舎だし が入って、熱々を炊きたてご飯と一緒に、超うまぁ~!
明太子や高菜もあって「すいませ~ん、お替わり!」
HakataShoboan_010_org.jpg HakataShoboan_001_org.jpg
博多では 銀だらみりん も美味しい思い出があるので、次はそっちもいただくかも。
関連記事
[ 2016/03/03 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

生姜のパンチが効いた肉ごぼう天うどん/元祖肉肉うどん(福岡:博多,薬院)

先日のディナーは 元祖肉肉うどん 薬院店 です。
薬院駅からでも渡辺通駅からでも徒歩3分のところにあります。
NikunikuUdonYakuin_003_org.jpg NikunikuUdonYakuin_008_org.jpg
店内の3箇所に分かれたカウンターが12席、テーブル2卓とあり
お水は歯医者さんのようなステンレスのコップ、
辛さの番付表があるデンジャー辛子と個性的な雰囲気がプンプンです。

NikunikuUdonYakuin_002_org.jpg
肉肉うどんの『肉肉』、肉○○うどんの『肉』とあるので
「肉の量が違うんですか?」と聞くと「同じです」とのこと。

他にも えび天丼、からあげなどのついた定食もあったりします。

NikunikuUdonYakuin_004_org.jpg
やっぱり博多なんで 肉ごぼう天うどん

NikunikuUdonYakuin_005_org.jpg
牛スジ肉がゴロゴロと

NikunikuUdonYakuin_006_org.jpg
そして、中央には大量の生姜
常連さんは生姜やネギを多め(少なめ)と注文しています。

NikunikuUdonYakuin_007_org.jpg
材木のように立て掛けられている ごぼう天

サクサクした歯応えで熱々でもうタマラなく美味しい!!

NikunikuUdonYakuin_009_org.jpg
真っ黒な出汁は、甘辛くても美味しく
更に生姜を溶いて飲むとこれはクセになる!

NikunikuUdonYakuin_010_org.jpg
ツルツルの麺はどんどん吸い込まれていってこれもGOOD!!
NikunikuUdonYakuin_000_org.jpg NikunikuUdonYakuin_001_org.jpg
うどん屋さんなのに100円でうどん or そばの替え玉が出来たり
美味しい出汁にご飯を投入して〆たりできるらしく・・・大阪に欲しい~!
関連記事
[ 2016/03/01 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム