FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2015年08月
月別アーカイブ  [ 2015年08月 ] 

≪ 前月 |  2015年08月  | 翌月 ≫

古民家で究極のとろさば丼/とろさば料理専門店 SABAR(京都:四条烏丸)

SabarKarasuma_000_org.jpg SabarKarasuma_001_org.jpg
地下鉄「四条駅」・阪急「烏丸駅」から南西へ徒歩7分のところにある古民家
SabarKarasuma_002_org.jpg SabarKarasuma_003_org.jpg
引き戸を開けるとこれまた京都らしい雰囲気
ガラスケースには鯖の棒寿司のサンプル

とろさば料理専門店 SABAR(サバー)京都烏丸店 でランチです。
SabarKarasuma_006_org.jpg SabarKarasuma_004_org.jpg
座敷や中庭もあって京都らしい雰囲気満載のお店は
13時頃でもほぼ満席で賑わっています。

SabarKarasuma_005_org.jpg
さて、どんな とろさば がお好きでしょうか?とランチは6種類
とろさば寿司・とろさば塩焼き も捨て難いのですが・・・

SabarKarasuma_008_org.jpg
ハードルをグーンと上げる名前の 究極のとろさば丼定食

SabarKarasuma_009_org.jpg
立体的に盛られた美しさ

SabarKarasuma_010_org.jpg
熱々のサバ唐揚げというかフリッター
噛むとホロッと崩れてウマ~!

更に、船場風せんべい汁・冷奴・とろろ

SabarKarasuma_011_org.jpg
とろさば は厚切りで食べ応えがあり、軽く酢で〆られてウマ~!

〆のオススメの食べ方は出汁茶漬けだそうなので
「すみません、出汁くださ~い」
この雰囲気なら趣きのある急須を期待していたら
今までのこの演出は何だったんだぁ~ってツッコミたくなるような
昔から大衆食堂にありそうなポットでジャーと入れられて・・・

SabarKarasuma_012_org.jpg
究極のとろさば出汁茶漬け

ポットの出汁でも美味しいモノは美味しい!

SabarKarasuma_007_org.jpg
世界のとろさばメニューがあって、夜も楽しめそうです。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/08/31 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(4)

チャーハンにニラレバとギョウザは私の鉄板中華/龍王(神奈川:横浜)

先日のディナーは 中華一 龍王 です。
横浜駅すぐの 西口五番街 にあります。

YokohamaRyuo_002_org.jpg
平日の20時過ぎに行ってみると4人待ち。
飲んでいる人もいるけど食事の人も多いようなので待ちながら
大きなガラスショーケースを見ながらアレにするか?コレにするか?

YokohamaRyuo_003_org2.jpg YokohamaRyuo_004_org2.jpg
15分ほどで座ることができ、当然ながら相席そしてお店は喫煙OK。

メニューが多いのも困ったもんで、じゃあと王将に行くと頼む定番にしてみようと・・・

YokohamaRyuo_007_org.jpg
チャーハン、ニラレバ炒め、ギョウザ

YokohamaRyuo_005_org.jpg
ちょっと期待ハズレの半チャーハン
でも”半”のはずなのにボリュームは充分1人前

YokohamaRyuo_006_org.jpg
もやしシャキシャキのニラレバ

YokohamaRyuo_008_org.jpg
餡がギッシリ、ニンニクたっぷりのギョウザ
YokohamaRyuo_000_org.jpg YokohamaRyuo_001_org.jpg
チャーハン以外はかなり美味しかったので
週一でも通えそうな人気の大衆中華屋さんでした。
関連記事
[ 2015/08/30 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

分厚~い!!ポークジンジャー/TARBOU80(東京:恵比寿)

先日のディナーは TARBOU80(ターボー80) です。

恵比寿駅から北へ徒歩9分のところにあり、斜め前には以前食べた
スープカレーの YELLOW COMPANY(イエローカンパニー) 恵比寿店 があります。

ちなみに ”エイティ” ではなく ”はちじゅう” だそうです。
EbisuTarbou80_004_org.jpg EbisuTarbou80_003_org.jpg
テーブル9卓で、喫茶店のような食堂のような、なかなかパンチの効いたお店です。

EbisuTarbou80_002_org.jpg
雑然とした店内と適当に書いたようなメニューを
見てしまうと価格もホンマかぁ?と思いながらも人気メニューを注文。

意外と時間がかかっているなぁと思っていると
厨房から「すみませ~ん、もうすぐ出来ますんで~」と。

EbisuTarbou80_005_org.jpg
生姜のメチャクチャいい香りと登場の ポークジンジャー

スープとサラダは明らかにオマケ的な存在。

EbisuTarbou80_006_org.jpg
「ポークジンジャーって豚の生姜焼き」やろうと思っていたので
ポークステーキだったことにビックリ!

EbisuTarbou80_007_org.jpg
更に分厚すぎる肉厚にもビックリ!!

EbisuTarbou80_009_org.jpg
そして、タマネギをよけるともう1枚の豚肉があってビックリ!!!

EbisuTarbou80_008_org.jpg
付け合せはニンジン・ダイコン・ブロッコリー と じゃがいも

フォークとナイフでザクッと切って、少し甘めのソースに絡めてウマぁ~!!!
脂身を噛めば噛むほどウマぁ~!!!

EbisuTarbou80_010_org.jpg
食べ終わって帰ろうかと思ったら忘れていた アイスコーヒー

EbisuTarbou80_001_org.jpg EbisuTarbou80_000_org.jpg
高いなぁと思ってましたが、これなら納得してしまう
生姜焼きじゃなくてポークジンジャーでした。
関連記事
[ 2015/08/29 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

上玉焼きチーズカレーうどん に つぼ漬け食べ放題/らんぷ若蔵(大阪:寝屋川)

先日のランチは らんぷ若蔵 です。
京阪「寝屋川市駅」から線路沿いに北へ徒歩5分のところにあります。
NeyagawaWakazou_004_org.jpg NeyagawaWakazou_005_org.jpg
2箇所に分かれたカウンター15席ぐらい、テーブル2卓で
12時少し前に行くと先客は半分の入り。
NeyagawaWakazou_003_org.jpg NeyagawaWakazou_002_org2.jpg
暑い日だったので、冷たいぶっかけ気分だったのですが
『 チーズカレー 』が美味しそうだったので注文。

NeyagawaWakazou_006_org.jpg
サービスランチを頼まないと つぼ漬け食べ放題 にならないのか
と思ったら、カウンターに備え付けなので、お得でもない感じ。

NeyagawaWakazou_007_org.jpg
上玉焼きチーズカレーうどん(ご飯付き)

ちなみに小皿は食べ放題の つぼ付け用

NeyagawaWakazou_008_org.jpg
温泉玉子・薄揚げ・ネギ、そして焼きチーズ
これは食欲をそそるビジュアル

NeyagawaWakazou_009_org.jpg
チーズがからみまくったやや細めのうどん はコシというよりもなめらかで優しい食感。
カレーは辛さやスパイス感ではなくマイルドで出汁が効いた美味しさ。
でも、肉系のモノは入っていません。

NeyagawaWakazou_010_org.jpg
〆はもちろん ご飯を投入。
玉子を潰して、チーズと食べるとカレーライスというより
カレー多めな玉子かけご飯になって2度目の完食。
NeyagawaWakazou_000_org.jpg NeyagawaWakazou_001_org.jpg
ところで『 上 』 って何でしょう?
関連記事
[ 2015/08/28 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(2)

刺身はつくのか?つかないのか?お肉と魚の日替わり定食/だんらん(岡山:岡電「清輝橋」)

先日のランチは 食じまん だんらん です。
岡電「清輝橋」から南西へ徒歩13分のところにあります。
SeikibashiDanran_002_org.jpg SeikibashiDanran_003_org.jpg
オープン前の12時前に行ってみると、「支度中」と札が出ていますが
大きなガラステーブル5卓、カウンター5席の店内にすでに2組ほど着席。

SeikibashiDanran_004_org.jpg
おばさんがお水と手拭きを持ってきてくれ、そのまま奥へ。
「刺身どうするか聞いてくれへんなぁ」と思いながら、まぁまぁ待って。

SeikibashiDanran_005_org.jpg
ガラステーブルなので、食器を置くたびにコツンコツンと大きな音を立てて
日替り定食

何も言わなかったというか、聞いてくれなかったので 刺身はありません。
後から来た常連さんっぽい人は自ら「刺身付きで!」って言っていました。

SeikibashiDanran_006_org.jpg
トンカツ に カボチャとごぼう天の煮物

SeikibashiDanran_007_org.jpg
鯖と豆腐の煮付け と 大量のキャベツ

いろんなおかずを楽しめて、結構ボリュームのある定食です。
SeikibashiDanran_000_org.jpg SeikibashiDanran_001_org.jpg
刺身はつくのか?つかないのか?ハラハラしたランチでした。
関連記事
[ 2015/08/27 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

夏には冷やし汁なし坦々麺/鶏魚Kitchen のぶ(大阪:天満橋)

先日のランチは 鶏魚Kitchen のぶ です。
京阪・地下鉄「天満橋駅」から東へ徒歩1分のところにあります。
TenmabashiNobu_001_org.jpg TenmabashiNobu_002_org.jpg
1階はカウンター6席、2階にも席があるようです。
席に座ると店員さんがお水をコップに入れていたので
私に出してくれるのかと思ったら自分で飲んでましたぁ・・・
お水はセルフでってことです。

TenmabashiNobu_000_org.jpg
タイプの違う まぜ麺 が5種類。
海鮮のづけ や 天玉ぶっかけ ってうどん?

TenmabashiNobu_003_org.jpg
で、冷やし汁なし坦々麺

TenmabashiNobu_006_org.jpg
どっかの遺跡から発掘してきたような大きな器

TenmabashiNobu_004_org.jpg
鶏ミンチ・メンマ・ネギとシンプルな盛り付け

TenmabashiNobu_005_org.jpg
グチャグチャに混ぜまして、ゴムのような麺を
ピリ辛な味付けで、坦々麺にしてはアッサリし過ぎなので
冷やし中華に近い坦々麺だと思うと夏にピッタリ!

TenmabashiNobu_007_org.jpg
〆は冷やし坦々ご飯で。
これも美味しいんですけど、生卵をトッピングすれば
マッタリしてもっと美味しくなりそうです。
TenmabashiNobu_008_org.jpg TenmabashiNobu_009_org.jpg
まぜ麺と言えば、台湾まぜそばのスパイシーなイメージが
強かったので、たまにはアッサリしたまぜ麺もいいもんです。
関連記事
[ 2015/08/26 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

サクサク軽いデカメンチ/洋食すいす(東京:新橋)

先日のディナーは 洋食すいす です。
新橋駅から西へ徒歩5分のところにあります。
ShimbashiSwiss_002_org.jpg ShimbashiSwiss_004_org.jpg
なんとも怪しげな階段を降りまして
18時半頃だとテーブルが14卓ぐらいあるお店にはお客さんが7人。
その後もお一人様がポツポツと階段を降りてやって来ます。

ShimbashiSwiss_005_org.jpg
メニューをすぐに片付けられてしまったんでレジのメニューを遠くからパシャ。
他の人の注文を聞いていると 帆立貝フライ・サラダ・ポークしょうが焼き は
やってなかったり、売り切れていたり・・・
でも、目的のモノはもう決まっていたんで注文。

後から頼まれた他のお客さんのオムライスに抜かされて登場した・・・

ShimbashiSwiss_008_org.jpg
メンチカツ(L)

うーん、彩りが悪い。

ShimbashiSwiss_007_org.jpg
フォークやナイフと比べてみてもわかるように超デカイ!
ちなみに、厨房には「デカメンチ」で通ってます。

なんとなく、宇治の シエル の クリームコロッケ を思い出します。

ShimbashiSwiss_006_org.jpg
メンチカツと同じ大きさに敷き詰められている千切りキャベツとパセリ1つ
白いご飯
白いお皿
茶色いメンチカツ
薄緑のキャベツ
濃緑のパセリ

やっぱり、彩りが悪いなぁ。

ShimbashiSwiss_009_org.jpg
肉厚ではりますが、軽くサクサクとフォークだけでも切れます。
ブログを書きながら違和感あるなぁと思ったら、大阪ではミンチカツ!

ShimbashiSwiss_010_org.jpg
ミンチがギッシリ隙間なく詰まっているわけではなく、
適度に空気も入っているので意外と軽く
見た目だけのインパクトだけでなく、美味しさにも満足できます。
ShimbashiSwiss_001_org.jpg ShimbashiSwiss_000_org.jpg
メンチカツ ⇒ キャベツ ⇒ ライス のローテーションは
飽きるでの漬物やお味噌汁があると嬉しいなぁ。
関連記事
[ 2015/08/25 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

ホテルの部屋で名古屋めし?の 天むす/地雷也(愛知:名古屋駅)

出張で夕方に名古屋駅にやって来たけど、
「お店でウマイもん食うぞぉ~」という気力もなく
「コンビニで何か買ってホテルで食べるかぁ」という気分でもないので
「じゃあ、ホテルの部屋で名古屋めしを食べよう」と・・・
JiraiyaJRNagoya_003_org.jpg JiraiyaJRNagoya_000_org.jpg
名古屋駅にある 地雷也 ジェイアール名古屋タカシマヤ店 にやって来ました。

JiraiyaJRNagoya_001_org.jpg
店舗内で天むす をせっせと作っていることを見ることができます。

JiraiyaJRNagoya_002_org.jpg
天むす だけまたは おかずと組み合わせた お弁当などもあって、新幹線で食べる人も多いようです。

JiraiyaJRNagoya_004_org.jpg
で、ホテルにやって来まして、六角形の容器に入った・・・

JiraiyaJRNagoya_005_org.jpg
天むす 10個入り

お茶碗2膳分の量らしいです。

JiraiyaJRNagoya_007_org.jpg
中央には きゃらぶき

JiraiyaJRNagoya_006_org.jpg
一口でパクッと食べられるサイズで
スパイスの効いた海老天とご飯のバランスもいい逸品です。

三重県発祥なんで 名古屋めし と言えるかどうか怪しいですが
ホテルで仕事をしながら名古屋気分を味わえるにはいいかも。
関連記事
[ 2015/08/24 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(6)

【おでかけ】岩田が投げて、梅野が打って、勝ったぁ~/阪神 vs. DeNA(京セラドーム大阪)

昨日は 7-2 で勝ったんですけど、その一日前の一昨日に、今年初めての阪神戦に行ってきました。
KyoceraDomeTigers2015_013_org.jpg KyoceraDomeTigers2015_014_org.jpg
甲子園だとダイエーですが、京セラドームなのでイオンで食糧を仕入れて
でも、缶だけじゃなくペットボトルも持ち込み禁止なのが少々面倒。

KyoceraDomeTigers2015_000_org.jpg
タイガースは 岩田、ベイスターズは 砂田

KyoceraDomeTigers2015_001_org.jpg KyoceraDomeTigers2015_002_org.jpg
狩野・江越 には今日だけでなくこれからも活躍して欲しいところ。

KyoceraDomeTigers2015_003_org.jpg
背水の陣で望む 岩田 は相変わらずハラハラした立ち上がり。

KyoceraDomeTigers2015_004_org.jpg
シートとユニフォームがブルーなので
隠れているようで目立たないけど迫力のあるDeNA応援団

KyoceraDomeTigers2015_005_org.jpg
2回裏:梅野 がタイムリーツーベース

KyoceraDomeTigers2015_006_org.jpg
鳥谷 が追加点で

KyoceraDomeTigers2015_007_org.jpg
3点先制、でも 岩田 なのでメチャクチャ不安

KyoceraDomeTigers2015_015_org.jpg
今回のイチオシはイカフライ

KyoceraDomeTigers2015_008_org.jpg KyoceraDomeTigers2015_009_org.jpg
4回表には1点返されたけども、なんとか切り抜けて、福原・呉昇桓 と継投して・・・

KyoceraDomeTigers2015_011_org.jpg
勝ったぁ~!!

KyoceraDomeTigers2015_010_org.jpg
お疲れ様~

KyoceraDomeTigers2015_016_org.jpg
呉昇桓 はやっぱり点を取られたけど、まぁええかぁ~

KyoceraDomeTigers2015_012_org.jpg
もちろんヒーローは 岩田梅野
両選手にとってもチームにとっても大きな1勝でしょう!

翌日も勝ったんで、巨人戦の悪夢が嘘のようです。
関連記事
[ 2015/08/23 21:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(0)

【富岡・軽井沢旅行記⑭】ジューシーなハーブ入りソーセージのホットドッグ/腸詰屋(長野:軽井沢)

旧軽井沢をポタリング していてレンタサイクルを返す前にランチにしようと
ChoudumeyaKaruizawa2nd_000_org.jpg ChoudumeyaKaruizawa2nd_003_org.jpg
軽井沢本通りを南下して 腸詰屋 に向かっていると予想よりも全然近くにも 腸詰屋?

ChoudumeyaKaruizawa2nd_001_org.jpg
どうやら 腸詰屋 2号店 みたいでメニューもホットドッグのみ。
期待していたメニューとは違うけど、
モーニングで フレンチトースト をたっぷり食べたので、まぁええかぁと。

ChoudumeyaKaruizawa2nd_002_org.jpg
ソーセージを袋から出して

ChoudumeyaKaruizawa2nd_004_org.jpg
どんどん焼けてきまして
ChoudumeyaKaruizawa2nd_006_org.jpg ChoudumeyaKaruizawa2nd_005_org.jpg
テラス席がいっぱいだったので、店内に陣取りまして

ChoudumeyaKaruizawa2nd_007_org.jpg
バリアンタハーブ(ハーブ入りソーセージ)

ChoudumeyaKaruizawa2nd_008_org.jpg
実は、3人とも同じハーブ入りソーセージにしました。
なぜかというと1泊目のホテルのモーニングで出てきたソーセージが
ハーブ入りでメチャクチャ美味しかったので、期待を込めて。

ChoudumeyaKaruizawa2nd_009_org.jpg
ホテルで食べたほどのハーブの香りは感じられませんでしたが
肉汁がジュワーと口に広がる感じは期待以上の美味しさです。

この後、旧軽銀座でお土産を買って、レンタサイクルを返しました。
最後に、スーパーつるや でもお土産を買って7時間かけて無事帰阪しました。

これで2泊3日の旅行記はおしまいで~す。
関連記事
[ 2015/08/22 21:00 ] 旅行・おでかけ 長野 | TB(0) | CM(2)

【富岡・軽井沢旅行記⑬】テニスコート通りでジェラート/リビスコ(長野:軽井沢)

旧軽井沢をポタリング している途中で
KaruizawaLibisco_003_org.jpg KaruizawaLibisco_002_org.jpg
テニスコート通りの リビスコ(Libisco) でちょっと休憩。
天皇・皇后両陛下のロマンスの場所として有名なテニスコート近くにあります。
KaruizawaLibisco_000_org.jpg KaruizawaLibisco_001_org.jpg
ジェラートは9種類。

KaruizawaLibisco_004_org.jpg
私は オブセ牛乳

KaruizawaLibisco_005_org.jpg
奥さんは ロイヤルミルクティ

KaruizawaLibisco_006_org.jpg
娘は 白雪かぼちゃ

自転車で閑静な別荘地帯を走り回って、いつもと違って爽やかな汗を
かいたような気分で食べるジェラートはそりゃタマランでしょう!
関連記事
[ 2015/08/21 21:00 ] 旅行・おでかけ 長野 | TB(0) | CM(0)

【富岡・軽井沢旅行記/輪行ポタ⑫】涼しい旧軽井沢をグルッと一周

カフェ・ル・プティ・ニ・トロワ でフレンチ・トースト を食べた後、午前中は、旧軽井沢をポタリングします。

私はクロスバイクを積んで来たので、奥さんと娘はレンタサイクルを借りることに。
旧軽井沢銀座の近くの有料駐車場は1,000円みたいで、安い駐車場を
レンタサイクル屋さんのおばちゃんに教えてもらったら1日250円だったのでラッキー!
KaruizawaPottering_000_org.jpg KaruizawaPottering_002_org.jpg
右も左も大きな別荘だらけの旧ゴルフ通りを南へ走って

KaruizawaPottering_001_org.jpg
明治天皇がご来軽のおり、炊飲にお茶に供せられた 御膳水

私たちが泊まったホテルと全然違うなぁと ホテル鹿島ノ森 の横を抜けて

KaruizawaPottering_003_org.jpg
スワンレイクの愛称の 雲場池

この池はさっき行った御膳水に繋がっています。
ここではたくさんのサイクリストが散策しており

KaruizawaPottering_004_org.jpg
池の奥には、R's Pond Cafe
休憩にはまだ早いので優雅に泳ぐ鴨を見ながら池を一周して

KaruizawaPottering_006_org.jpg
雲場池通りを東へ走って、矢ヶ崎公園

KaruizawaPottering_005_org.jpg
ブランコ乗ったり、鉄棒で逆上がりしたりして

KaruizawaPottering_007_org.jpg
ささやきの小径 を北へ走って

KaruizawaPottering_008_org.jpg
創業120年の 万平ホテル

ココは 旧三笠ホテル と違ってちゃんと営業してます。
軽装の親子が気軽に散策する雰囲気でもなかったので、トイレだけ借りました。
ホテルの裏に幸福の谷があるらしいのですが見つけられず、北へ走って

KaruizawaPottering_009_org.jpg
天皇・皇后両陛下のロマンスの場所として有名な テニスコート

ココでようやく、テニスコート通りの リビスコ でジェラートを食べて休憩。
KaruizawaPottering_010_org.jpg KaruizawaPottering_011_org.jpg
旧軽銀座を人ごみとは逆方向に走って、
宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーによって創設された軽井沢最古の教会の
軽井沢ショー記念礼拝堂 とその奥にある ショーが軽井沢に建てた最初の別荘。

KaruizawaPottering_012_org.jpg
更に進むと 二手橋
レンタサイクルはこれ以上は進めないので折り返して、

KaruizawaPottering_013_org.jpg
三角屋根と尖塔が特徴的な 聖パウロカトリック教会

この後、軽井沢本通りを南下して、腸詰屋 でランチして
旧軽銀座に戻って、お土産を買って3時間のポタリングは終了です。

Karuizawa_Data_org.jpg
 木陰が多い別荘地帯を中心に走ったので、涼しくて
 避暑地の軽井沢に来たぁ~って気持ちになれました。

 データを見るといつもと違って軽井沢の標高が
 900m~1000mなのでだから涼しいんでしょうねぇ。
 といっても期待していたよりも暑いですけど。

 走行時間:1時間47分
  距 離 :13.7km
    (2015年累計:89.2km/3日)
 最高速度:22.02km/h
 平均速度:7.64km/h

 ※データは I-O DATA 旅レコ(GPSロガー) GPSLOG
   計測しています。

<↓クリックすると拡大します>
Karuizawa_Route_org.jpg
関連記事
[ 2015/08/20 21:00 ] 旅行・おでかけ 長野 | TB(0) | CM(0)

【富岡・軽井沢旅行記⑪】モーニングはカフェでフレンチトースト/ル・プティ・ニ・トロワ(長野:軽井沢)

KaruizawaLePetitNid3_007_org.jpg KaruizawaLePetitNid3_008_org.jpg
旅行最終日は カフェ・ル・プティ・ニ・トロワ のモーニングからスタートです。
KaruizawaLePetitNid3_009_org.jpg KaruizawaLePetitNid3_010_org.jpg
覚え難い名前ですが、ル・プティ・ニ(Le petit nid)は『小さな鳥の巣』
トロワ(trois)『3』というフランス語で、なぜ『3』?はお店のブログによると
早稲田 ⇒ 目白 ⇒ 軽井沢 と移転してきたからだそうです。
KaruizawaLePetitNid3_005_org.jpg KaruizawaLePetitNid3_006_org.jpg
この日は観光客というよりも常連さんや別荘からやってきている人が多いようです。

KaruizawaLePetitNid3_004_org.jpg
名物のフレンチ・トーストは予約しないといけないというので、電話予約すると
「フレンチ・トーストの予約は受け付けました。でもお席は予約できませんので、
7時~9時は混むこともあって出来るだけ早くお越し下さいね」

朝っぱらから並ぶのも待つのも嫌やなぁということで
予約時間よりも早く行くと結構空いていました。
よく考えてみれば、いくら夏休みと言えども、平日の朝だったもんで。

KaruizawaLePetitNid3_000_org.jpg
奥さんは お店の入り口で焙煎していい香りだった ホットコーヒー、娘はホットティー
それぞれ銘柄は忘れちゃいましたが、ポットで出してくれます。

KaruizawaLePetitNid3_001_org.jpg
私は、暑くなりそうな日なので アイスコーヒー

フレンチ・トースト用には ブルーベリージャムメープルシロップ
これだけでも美味しそうです。

KaruizawaLePetitNid3_002_org.jpg
しばらく待って、お皿も熱い フレンチ・トースト の登場

KaruizawaLePetitNid3_003_org.jpg
触らなくても食べなくてもフンワリフワフワ感が伝わってきます。

KaruizawaLePetitNid3_011_org.jpg
たっぷりソースをかけて、ウマぁ~!柔らか~い!
朝からこんな贅沢してええんやろかぁ~!!

しばらく、この雰囲気に浸っときたいんですけど、
まだまだやることがあるんで重い腰を上げて、次は 旧軽井沢をサイクリング です。
関連記事
[ 2015/08/19 21:00 ] 旅行・おでかけ 長野 | TB(0) | CM(4)

【富岡・軽井沢旅行記⑩】駒ヶ根名物ソースかつ丼 の後は 教会でサマーキャンドルナイト(長野:軽井沢)

野鳥の森ネイチャーウォッチング が終わると、激しい夕立だったので
その間にホテルにチェックインを済ませ、しばらくして夕食にしようと
MeijiteiKaruizawa_000_org.jpg MeijiteiKaruizawa_001_org.jpg
軽井沢・プリンスショッピングプラザ明治亭 軽井沢店 にやって来ました。

MeijiteiKaruizawa_002_org.jpg MeijiteiKaruizawa_003_org.jpg
10年以上前に長野のどこかで食べたソースかつ丼が
かなり美味しかった記憶があるので期待が膨らみます。

MeijiteiKaruizawa_004_org.jpg
エビロース丼

お味噌汁 と 漬物はもちろん野沢菜付き

MeijiteiKaruizawa_005_org.jpg
ロースカツもエビフライも起立して、食欲をそそる盛り付け

MeijiteiKaruizawa_006_org.jpg
裏側で支えているのは大量のキャベツ
ひょっとしてご飯を忘れたのか?と思うぐらいキャベツだらけ

甘めのソースにカツそしてキャベツとご飯
これらの相性はバッチリでウマ~い!!

MeijiteiKaruizawa_007_org.jpg
持ち上げるとデカ~い海老フライはちょっと衣が厚め。

かなり長く激しい雨だったので 軽井沢高原教会サマーキャンドルナイト
中止なんやろうなぁと調べてみると、雨でも決行するらしく、運よく雨が上がったので、行ってみると・・・

MeijiteiKaruizawa_008_org.jpg
教会の庭には星空のように無限のランタン

MeijiteiKaruizawa_009_org.jpg
ランタンツリー

MeijiteiKaruizawa_010_org.jpg
教会は自由礼拝(ただし撮影禁止)で、ロウソクを灯すことができます。

礼拝を終えると、絆がいつまでも続きますようにと 三つ撚りの糸 をいただけます。

MeijiteiKaruizawa_011_org.jpg
撮影としては失敗ですけど、ランタンが音符のようになったのでオマケ。

これで1日目よりも断然涼しく感じた2日目は終了。
最終日は 軽井沢らしいカフェでのフレンチトーストのモーニング からスタートです。
関連記事
[ 2015/08/18 21:00 ] 旅行・おでかけ 長野 | TB(0) | CM(0)

【富岡・軽井沢旅行記⑨】野鳥の森ネイチャーウォッチング/星野エリア(長野:軽井沢)

ペンション星の子でワンコインランチ を食べた後、星野エリアに移動し
ピッキオ(picchio)野鳥の森ネイチャーウォッチング に参加します。

PicchioNatureWatching_000_org.jpg
午後の部は13:30スタートで、なんとかギリギリ間に合ってセーフ。
人数が多かったので2班に分かれてガイドさんと一緒に2時間森の中を歩きます。

別料金で双眼鏡をススメられますが、「この時期、野鳥は少ないので必要ないと
思いますけど、どうされます?」と良心的な対応だったので「じゃあ、ヤメときます」
PicchioNatureWatching_001_org.jpg PicchioNatureWatching_002_org.jpg
誰もが知る まつぼっくり
手のひらあるのが 森のエビフライ、さて何でしょうか?
リスが まつぼっくり を食べた残りでしたぁ

PicchioNatureWatching_003_org.jpg
草むらの つゆむし をつかまえて ミルビン(拡大観察びん)に入れて観察。
ミルビンはお土産コーナーにも売ってま~す。

PicchioNatureWatching_004_org.jpg
娘は普段は気持ち悪がって近寄らない トカゲ にも触ったり

PicchioNatureWatching_005_org.jpg
石の下にはトカゲの白い卵が4個。カラダに比べて意外と大きことにビックリ!

PicchioNatureWatching_009_org.jpg
トンボ池 はカエルの産卵場所で おたまじゃくし だらけ
こんだけいっぱいいても生存率は 2/1500 だそうです。

PicchioNatureWatching_008_org.jpg
前足後ろ足の生えた おたまじゃくし をミルビンで観察
娘も腰がひけながらも おたまじゃくし を両手ですくい上げてました。

PicchioNatureWatching_006_org.jpg PicchioNatureWatching_007_org.jpg
ちなみに、軽石が多く滑りやすく、遊歩道沿いには沢もあるので、ココは軽井沢!・・・らしい。

PicchioNatureWatching_010_org.jpg PicchioNatureWatching_011_org.jpg
臭~い 熊の手(実物)熊の爪跡

PicchioNatureWatching_012_org.jpg
ネイチャーウォッチングのメインどころは ムササビ 観察
こんなに大きなムササビが

PicchioNatureWatching_013_org.jpg PicchioNatureWatching_014_org.jpg
高い木の上の巣でお休み中っていうのを、仕掛けられたライブカメラ映像で見ることができます。
お母さんと2匹の子どもが幸せそうに寝ていました。

PicchioNatureWatching_015_org.jpg
2時間のウォッチングが終わったので、ハルニレテラス沢村辛口ジンジャーエールで休憩。

この後、凄い夕立だったので、その間にホテルにチェックインしてショッピングプラザで ソースかつ丼の夕食 です。
関連記事
[ 2015/08/17 21:00 ] 旅行・おでかけ 長野 | TB(0) | CM(4)

【富岡・軽井沢旅行記⑧】ペンションでワンコインランチ/星の子(長野:軽井沢)

白糸の滝 から南下して 星の子 でランチです。

KaruizawaHoshinoko_005_org.jpg
軽井沢町役場・軽井沢病院の北側にあるんですが、
ナビがないと絶対にたどり着けないような場所のペンションです。
KaruizawaHoshinoko_006_org.jpg KaruizawaHoshinoko_001_org.jpg
テーブル7卓は12時前には満席で、同じくペンション前の駐車場も満車なので、
しょっちゅう駐車場の場所をたずねるお客さんがやって来ます。

KaruizawaHoshinoko_003_org.jpg KaruizawaHoshinoko_004_org.jpg
ちょー暑い日ですけど、雰囲気を味わうためなのか?テラス席で食べてる人もいます。

KaruizawaHoshinoko_000_org.jpg
ナント軽井沢なのに 500円ランチ です。

KaruizawaHoshinoko_002_org.jpg
更に、コーヒー・紅茶がセルフでついてます。

KaruizawaHoshinoko_008_org.jpg
ヒレカツ1/2 & からあげ1/2 ランチ

KaruizawaHoshinoko_009_org.jpg
からあげ5個、ヒレカツ2枚でワンコインであれば、充分なボリュームと美味しさです。

KaruizawaHoshinoko_007_org.jpg
娘は 自家製和牛ハンバーグ

もちろん、500円!!

11:30~オープンですが、駐車場に限りがあるので早めに行った方が無難です。

次は、星野エリアで 野鳥の森を探検 します。
関連記事
[ 2015/08/16 21:00 ] 旅行・おでかけ 長野 | TB(0) | CM(0)

【富岡・軽井沢旅行記⑦】白糸の滝 と メープルシロップ豆腐(長野:軽井沢)

西洋文明の薫り漂う 旧三笠ホテル に行ってから
有料の 白糸ハイランドウェイ を走ると・・・

KaruizawaShiraitoFall_000_org.jpg
川沿いを歩くだけで涼しくなり

KaruizawaShiraitoFall_001_org.jpg
滝が流れ落ちる音がいっそう避暑地っぽさを演出してくれて

KaruizawaShiraitoFall_002_org.jpg
人で溢れかえる 白糸の滝

KaruizawaShiraitoFall_003_org.jpg
他の人の記念撮影の 隙を狙って

KaruizawaShiraitoFall_004_org.jpg
滝だけ撮ると軽井沢っぽくなります?

KaruizawaShiraitoFall_005_org.jpg
あっさり見終わったので、「じゃあ、何か食べよう」と
駐車場のある 白糸の滝 売店 に戻って

KaruizawaShiraitoFall_007_org.jpg
おだんご・五平餅・イワナの塩焼きとかの気分ではなく

KaruizawaShiraitoFall_006_org.jpg
ちょっと面白そうな 湧水とうふ

KaruizawaShiraitoFall_008_org.jpg
だし醤油・岩塩なんて当たり前なので メープルシロップ と ブルーベリー

甘いソースをかけるだけでスイーツのようになって
甘くて冷たくて美味しい・・・でも、家でも出来るなぁ~

次は、中軽井沢まで戻って、ペンションでワンコインランチ です。
関連記事
[ 2015/08/15 21:00 ] 旅行・おでかけ 長野 | TB(0) | CM(0)

【富岡・軽井沢旅行記⑥】軽井沢の鹿鳴館と言われる旧三笠ホテル(長野:軽井沢)

MikasaHotel_000_org.jpg
私たちが泊まったのは、レイクニュータウン
レイクガーデン付近をプラプラして、軽井沢2日目スタートです。

MikasaHotel_001_org.jpg
アウトレットモール・旧軽銀座を横目に過ぎ、
三笠通りの一番奥の無料駐車場に停めます。

MikasaHotel_002_org.jpg
駐車場から涼しい通りを少し南へ歩いたところにあるのが・・・

MikasaHotel_004_org.jpg
旧三笠ホテル
MikasaHotel_005_org.jpg MikasaHotel_003_org.jpg
ホテルの営業は今から100年以上前の明治39年(1906)で
昭和45年(1970)まで営業していました。

岡田時太郎の設計で、すべて日本人によって建てられています。
MikasaHotel_011_org.jpg MikasaHotel_009_org.jpg
創業者は山本直良・・・て誰?って思いますが
作曲家・指揮者の山本直純のおじいちゃんだそうです。

MikasaHotel_006_org.jpg
ホントはこれだけの大きな建物のホテルらしいのですが、
この場所に中心部のコの字型の一部を移築したそうです。

MikasaHotel_007_org.jpg
電灯によるシャンデリア照明、英国製のカーペットの ホテルロビー

MikasaHotel_010_org.jpg
初めの利用者は外国人ばかりだったそうなのでトイレは洋式

MikasaHotel_012_org.jpg
家具などの調度品には笠が3つと、ホテルのイニシャルMとHがデザインされています。
MikasaHotel_008_org.jpg MikasaHotel_013_org.jpg
特に冷房が効いているわけではないですが、こういう場所にあるだけで
なぜか涼しく感じてしまい100年前にタイムスリップしたようになります。

次は、有料道路を更に北に走り、白糸の滝 です。
関連記事
[ 2015/08/14 21:00 ] 旅行・おでかけ 長野 | TB(0) | CM(2)

【富岡・軽井沢旅行記⑤】中盛りじゃない超大盛りの野菜天ざる蕎麦/佐久の草笛(長野:佐久)

深夜に7時間運転して、猛暑のなか 富岡製糸場を歩き回った こともあり、
軽井沢・プリンスショッピングプラザで ミカド珈琲のモカソフト を食べて
早めにホテルにチェックインし、長めの休憩をして体力回復。

で、ホテルの近所にも蕎麦屋はあったけど、
フラフラと走って流れ着いた 佐久の草笛 でディナーです。
SakuKusabue_008_org.jpg SakuKusabue_009_org.jpg
入り口には石臼の粉挽きと蕎麦打ち室
SakuKusabue_004_org.jpg SakuKusabue_003_org.jpg
広い広い店内を奥に進み着席。

SakuKusabue_002_org2.jpg
くるみ蕎麦が有名だそうなのですが、冷たい蕎麦と
天ぷらを食べたかったので、注文すると・・・
「大盛り、中盛りも出来ますよ」と甘い言葉。
大盛り600円増し は厳しいので 少し遠慮して「中盛りで」

SakuKusabue_006_org.jpg
野菜天ざる蕎麦(中盛り)

SakuKusabue_005_org.jpg
中盛りちゃうの?
どうやら700gもあるらしい。

普通に美味しいけど、ボリュームあり過ぎて食べ切るのが精一杯。

SakuKusabue_007_org.jpg
ナス・カボチャ・エリンギ・かまぼこ・大葉・サツマイモの天ぷら
SakuKusabue_001_org.jpg SakuKusabue_000_org.jpg
軽くすませるつもりがガッツリになってしまった信州蕎麦でした。

軽井沢2日目は 旧三笠ホテル からスタートです。
関連記事
[ 2015/08/13 21:00 ] 旅行・おでかけ 長野 | TB(0) | CM(0)

【富岡・軽井沢旅行記④】軽井沢・プリンスショッピングプラザでモカソフト/ミカド珈琲(長野:軽井沢)

おぎのやで峠の釜めし を食べて、碓井峠を越えて

MikadoKaruizawaSP_005_org.jpg
軽井沢・プリンスショッピングプラザ にやって来ました。

MikadoKaruizawaSP_006_org.jpg
しか~し!避暑地ちゃうや~ん!メチャクチャ暑いや~ん!

MikadoKaruizawaSP_004_org.jpg
それでも、購買欲旺盛な奥さんは広大な敷地を歩き回ると言うので

MikadoKaruizawaSP_007_org.jpg
私と娘は木陰で寛ぐことに。
ココは超~涼しい!!
MikadoKaruizawaSP_001_org.jpg MikadoKaruizawaSP_000_org.jpg
さすがの奥さんも「もう疲れたぁ」ということで
ミカド珈琲 軽井沢・プリンスショッピングプラザ店 で休憩です。

MikadoKaruizawaSP_002_org.jpg
席のあるカフェスペースは満席なので、テイクアウトコーナーで注文。
お姉さんも大忙し~!!

MikadoKaruizawaSP_003_org.jpg
ミカド珈琲と言えば、コレらしいので モカソフト

つまり、コーヒー風味のソフトクリーム
大人の私と奥さんは美味しい~!と思っていたら
娘がコーヒーが苦手なことをスッカリ忘れていて、
クリームの大半を食べてあげて、コーンを中心に食べてました。

今日はもう限界!という意見が一致したので、早々にホテルにチェックインしました。
関連記事
[ 2015/08/12 21:00 ] 旅行・おでかけ 長野 | TB(0) | CM(0)

【富岡・軽井沢旅行記③】これが 峠の釜めし かぁ~!!/おぎのや(群馬:安中)

猛暑のなか 世界遺産の富岡製糸場 を見学して、大とろ牛乳の変わったスイーツ を堪能してから
OginoyaDriveIn_000_org.jpg OginoyaDriveIn_001_org.jpg
おぎのや ドライブイン横川店 でランチです。

OginoyaDriveIn_010_org.jpg
確かにココは おぎのや ではあるけど、予定ではこんな雰囲気じゃなかったなぁ
と思ったら、目指していた本店は1本北の横川駅前でしたぁ~

OginoyaDriveIn_002_org.jpg
誰もが 峠の釜めし を食べているのかと思ったら
全然関係ないモノを食べる人も多いのがビックリ!

OginoyaDriveIn_003_org.jpg
もちろん、峠の釜めし(野菜ラーメン付き)
OginoyaDriveIn_005_org.jpg OginoyaDriveIn_006_org.jpg
特徴的な容器も?が?有名

OginoyaDriveIn_007_org.jpg
しいたけ・あんず・タケノコ・生姜の甘酢漬け・うずらの卵
鶏肉の照り焼き・栗・ゴボウ・グリンピース

OginoyaDriveIn_009_org.jpg
ギッシリ詰まった具材の下には炊き込みご飯
全体的に甘めで、きっと駅弁で食べると電車に揺られながら
景色も含めてタマランやろうなぁと想像してしまう美味しさです。

OginoyaDriveIn_008_org.jpg
梅干し・ゴボウ・キュウリ、ナス・ワサビ漬けと漬物も盛りだくさん

OginoyaDriveIn_004_org.jpg
懐かしい醤油味の野菜ラーメン
ボリュームが凄いので釜めしセットでは食べ切れません。

その後、お腹いっぱいになって、中山道を西へ進み碓井バイパスを避けて

OginoyaDriveIn_011_org.jpg
碓氷第三橋梁(通称「 めがね橋」)

OginoyaDriveIn_012_org.jpg
国内最大の4連の煉瓦アーチ橋で長さ91m、高さ31mです。
橋は遊歩道になっているらしいんですが、暑くて暑くてそんな元気無~し。

いよいよ、碓井峠を越えて 軽井沢に入ってショッピング です。
関連記事
[ 2015/08/11 21:00 ] 旅行・おでかけ 群馬 | TB(0) | CM(2)

【富岡・軽井沢旅行記②】牛乳とコラーゲンの少し凍ったスイーツ/大とろ牛乳(群馬:富岡)

猛暑のなか 富岡製糸場 を見学しながらも、いくら水分補給をしていても
見学後はやっぱり「冷たくて甘いモノが欲しい~!!」ということで

OotoroMilk_006_org.jpg
スナック恵美理・・・ではなく 大とろ牛乳 富岡販売所 で休憩です。
富岡製糸場から東へ徒歩1分のところにあります。
OotoroMilk_002_org.jpg OotoroMilk_001_org.jpg
急造で仮設っぽいですけど、それよりも大とろ牛乳って何?

OotoroMilk_000_org.jpg
ゴクゴク飲む牛乳ではないようです。

OotoroMilk_004_org.jpg
大とろ牛乳(プレーン)

日陰にあるベンチで涼みながら、シャリっとした口あたりで
ヨーグルトのようなスムージーのようなシェイクのようで
初めて味わう冷たく甘い美味しさです。

OotoroMilk_003_org.jpg
きなこ・黒ゴマ・コーヒー・ココアとお好きなモノをどうぞと

OotoroMilk_005_org.jpg
黒ゴマで味を変えて。

休憩して気力が回復出来たので、またもや炎天下を歩いて駐車場まで戻り
次は、軽井沢に向かう途中の 峠の釜めし でランチです。
関連記事
[ 2015/08/10 21:00 ] 旅行・おでかけ 群馬 | TB(0) | CM(0)

【富岡・軽井沢旅行記①】世界遺産!富岡製糸場(群馬:富岡)

とある金曜日。仕事を無理矢理終わらせて、大急ぎで家に帰って
7時間かけてクルマを運転してやってきました 上州富岡駅
ここで一足先に東京の義姉の家に滞在していた奥さん&娘と合流します。

TomiokaSilk_000_org.jpg
それにしても、なんて斬新な駅なんでしょう!!

ということで、夏の旅行は関西からはちょっと縁遠い群馬の富岡・長野の軽井沢で~す。
TomiokaSilk_016_org.jpg TomiokaSilk_017_org.jpg
奥さんたちと無事合流し、駅北の駐車場に停めて、街をあげて
歓迎している雰囲気に癒されながら炎天下を10分ほど歩きます。
TomiokaSilk_001_org.jpg TomiokaSilk_002_org.jpg
で、世界遺産!富岡製糸場

世界遺産になった頃のニュース映像の混雑さを予想していたけど
開場の9時過ぎということもあって、比較的のんびり入場。
TomiokaSilk_003_org.jpg TomiokaSilk_008_org.jpg
自由勝手にプラプラ散策もいいんですけど、
200円で解説員によるガイドツアーがあるので参加することに。

TomiokaSilk_004_org.jpg
まずは、シンボルの 東繭倉庫

ただのレンガ倉庫っぽいですが、高さ104.4m、幅12.3m、高さ14.8mは
木で骨組みを造り、長いレンガと短いレンガを交互に積み上げる
『フランス積み』という工法をだということを丁寧に説明してくれ
こりゃぁ、ガイドをしてもらわないと建物を見ただけでは分からんなぁ~

TomiokaSilk_005_org.jpg
明治五年に建物は完成しているので、当時の建設時の写真を見ると
大工さんたちは ちょんまげ です。

TomiokaSilk_006_org.jpg
繭から生糸を取る作業が行われた 操糸場

TomiokaSilk_007_org.jpg
広い空間を保つためにトラス構造という三角の建築工法を用いて
更に電灯が無いので自然光を取り入れるために多くのガラス窓が使われています。

TomiokaSilk_009_org.jpg
当初はこんな様子で女工さんたちが働いていました。

TomiokaSilk_010_org.jpg
そして、昭和62年3月まではニッサンHR型自動操糸機が稼動してました。

TomiokaSilk_011_org.jpg
製糸場の指導者として雇われていたフランス人 ポール・ブリュナ が家族と暮らしていた住居。
TomiokaSilk_013_org.jpg TomiokaSilk_014_org.jpg
資料館では 座操り の実演中。

TomiokaSilk_015_org.jpg
これが、お蚕様。

ちなみに、数え方を知ってますか?

小さいモノは一匹二匹、大きなモノ・大事なモノは一頭二頭
で、『様』が付くくらい敬っているので一頭二頭だそうです。

TomiokaSilk_012_org.jpg
この紋所が目に入らぬか!と 世界遺産登録証明書

次は、製糸場を出てすぐに、甘くて冷たい大とろ牛乳 で休憩です。
関連記事
[ 2015/08/09 21:00 ] 旅行・おでかけ 群馬 | TB(0) | CM(2)

豚肉の生姜焼きと生卵がトッピングされたスタミナカレー/バーグ(神奈川:横浜,高島町)

先日のランチは カレーとハンバーグの店 バーグ 戸部店 です。
地下鉄ブルーライン「高島町駅」から西へ徒歩2分のところにあります。
BurgTobe_000_org.jpg BurgTobe_001_org.jpg
お店の前に停まっているクルマを見てもいかにも、ガッツリが大好きな人が集まりそうなお店です。
BurgTobe_007_org.jpg BurgTobe_008_org.jpg
L字カウンター12席ぐらい、テーブル5卓は、ほぼ野郎ばっかりでいっぱい。
更に、お持ち帰りの電話もジャンジャンかかってきています。

BurgTobe_002_org.jpg
カレーだけでなく定食もありますが、お店の名物を食べにきたので

BurgTobe_003_org.jpg
スタミナカレー(生卵)・・・大盛りで。

BurgTobe_006_org.jpg
うーん、隣のおじいさんのスタミナカレーが「あれ?こんなもん?」って思うぐらいのサイズだったので、
じゃあ大盛りで!って頼んだら、迫力ありすぎて、ちょっと後悔・・・

BurgTobe_005_org2.jpg
豚肉の生姜焼きに生卵!だからスタミナーカレー!
ちなみに生卵が苦手な人は目玉焼きも選べます。

BurgTobe_004_org.jpg
一口目、甘い?・・・でも、すぐおぉ辛い!
かなり濃厚でルーが口のなかでまとわりつきます。

カツカレーもいいですけど、生姜焼きの方が断然好みですね。

30倍の辛口カレーは救急車が必要になるくらい辛いらしいので
救急車に乗りたい人はいかがでしょうか?
関連記事
[ 2015/08/08 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

日本三大魚醤の極上さばいしる定食/越後屋権兵衛(東京:浜松町)

先日のランチは 越後屋権兵衛 です。
浜松町駅から西へ徒歩3分のところにあります。

HamamatsuchoEchigoya_002_org2.jpg
メインは魚系の定食で一部お肉もあります。
魚と言ってもお刺身ではなく焼き魚のみのようです。

入り口で注文し、料金は先払い
HamamatsuchoEchigoya_004_org.jpg HamamatsuchoEchigoya_003_org.jpg
私は2番目だったので番号札は角の2番
カウンター6席・テーブル7卓はあっという間に埋まります。

HamamatsuchoEchigoya_005_org.jpg
極上さばいしる定食

HamamatsuchoEchigoya_006_org.jpg
「いしる」とは、能登地方の魚醤だそうです。
もう見ただけで美味しそうなのがわかります。

HamamatsuchoEchigoya_007_org.jpg
身はふっくらして脂ものっていて、超ウマぁ~!
骨も尻尾の一部だけなので食べやすく、鯖が喜ぶくらいキレイに平らげました。
HamamatsuchoEchigoya_001_org.jpg HamamatsuchoEchigoya_000_org.jpg
すべての魚を食べ尽くしたくなるぐらい毎日通いたくなるようなお店でした。

見送りも「お暑い中ありがとうございました。失礼します」
関連記事
[ 2015/08/07 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

ホットサンド専門店のチキン&ミートソースサンド/STOOP(大阪:心斎橋)

先日のランチは sandwich garage STOOP(ストゥープ) です。
地下鉄「心斎橋駅」から東へ徒歩2分のところにあります。

ShinsaibashiStoop_002_org.jpg
お店に入ると左手にサンドイッチの具材が並んだガラスケースがあり、そこで注文します。
お好みの具材を2つ選ぶシステムだそうです。

スープやサラダが付いてハーフサイズのサンドイッチのセットが
お得なようですが、フルサイズのサンドイッチが食べたかったので
人気No.1のモノを注文。ドリンクは200円引きとのこと。

レタス・キュウリ・トマト・辛子マーガリンがもれなく入るそうで
「苦手なモノがありますか?」「大丈夫です」
ShinsaibashiStoop_003_org.jpg ShinsaibashiStoop_004_org.jpg
白い大きなトレイを渡され、テーブル09卓、ソファ2卓の
店内を奥に進み、しばらく待機します。

ShinsaibashiStoop_005_org.jpg
チキン&オリジナルソース(ポテト付き)アイスコーヒー

ShinsaibashiStoop_008_org.jpg
うーん、こういうビジュアルですと喫茶店のモーニングのようで
食欲がまったく湧きませんが・・・

ShinsaibashiStoop_006_org.jpg
ジャジャジャーン!
断面を見て前言撤回!

ShinsaibashiStoop_007_org.jpg
ここで初めてオリジナルソースがミートソースだと知ります。(聞けばいいんですけど)
野菜もタップリ!ミートソースもタップリ!
女性だと充分でしょうが男性でも軽めのランチにはピッタリです。
ShinsaibashiStoop_001_org.jpg ShinsaibashiStoop_000_org.jpg
メニューをじっくり見ると、エビカツ&ポテトサラダっていう組み合わせが好みなので次はコレでしょう。
サブウェイが好きな人であればいかがでしょうか。
関連記事
[ 2015/08/06 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(0)

閉店していたイタリアンが港近くで引き継がれていた/トラットリア イ ポルチーニ デル ポルト(大阪:弁天町)

先日のランチは トラットリア イ ポルチーニ デル ポルト です。
JR・地下鉄「弁天町駅」から南へ徒歩9分の住宅街にあります。
BentenchoPorcini_004_org.jpg BentenchoPorcini_003_org.jpg
弁天町近くでランチをするお店を探していたら
「あれ?聞いたことある名前・・・潰れたはずちゃうかったっけ?」と。
調べてみると あびこ・杭全で流行っていた トラットリア イ ポルチーニ
修行された方のお店だとか、で港区に移転したので デル ポルト(港の)。

トラットリア イ ポルチーニ にはご陽気なイタリア人のおじさんが
接客していましたが、ジャポネーゼ(日本人)の男性お二人のようです。

BentenchoPorcini_002_org.jpg
ランチはスパゲティ・ペンネ・リゾットから選び
サラダ・バケット・デザートは追加できるようになっているので
最低限のモノしか必要のない人にとっては有難いシステムになっています。

BentenchoPorcini_005_org.jpg

まずは、オリーブオイルの香りが漂う 冷製じゃが芋のポタージュ

BentenchoPorcini_006_org.jpg
娘の 小柱とブロッコリーのクリームソーススパゲティ

普通盛りでも結構なボリュームやなぁと思っていたら・・・

BentenchoPorcini_007_org.jpg
私の大盛り。+100円しただけで2倍のボリューム!!
おそらくシェフはかなり体格がいいので、彼の理想の大盛りなんでしょう!
嬉しいですけど。

BentenchoPorcini_008_org.jpg
シンプルな組み合わせで、期待通りの美味しさです。

BentenchoPorcini_009_org.jpg
アイスコーヒーでゆっくりと。
BentenchoPorcini_000_org.jpg BentenchoPorcini_001_org.jpg
夜も期待できそうなので、久しぶりに夜に来てもいいかも。
関連記事
[ 2015/08/05 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(2)

チャーシューだらけチャーハン/仙台や(東京:渋谷)

先日のディナーは 中華料理 仙台や です。
渋谷駅から南へ線路沿いに徒歩10分のところにあります。
ShibuyaSendaiya_004_org.jpg ShibuyaSendaiya_005_org.jpg
カウンター5席・テーブル6卓でテレビも灰皿もある典型的な大衆中華のお店です。

ShibuyaSendaiya_002_org.jpg ShibuyaSendaiya_003_org.jpg
どれもこれも美味しそうですが、ある目的のモノを食べにきました。

ShibuyaSendaiya_006_org.jpg
それは、チャーシューチャーハン

ShibuyaSendaiya_007_org.jpg
チャーシューだらけ

ShibuyaSendaiya_008_org.jpg
どこを食べてももれなくチャーシューが付いてきます。

ShibuyaSendaiya_009_org.jpg
チャーハンにチャーシューがのっているのか?
チャーシューにおまけでチャーハンがついてきたのか?

とにかく美味しく嬉しくなってしまうチャーハンです。

ShibuyaSendaiya_000_org.jpg ShibuyaSendaiya_001_org.jpg
隣りのお兄さんの大盛りカツ丼は罰ゲームのように
食べ切れないほどのサイズだったので、次は大盛りにしてみよう!
関連記事
[ 2015/08/04 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

ゲートシティ大崎の隣りで刺身てんこ盛り定食/大松(東京:大崎)

先日のランチは 大松(おおまつ) です。
ゲートシティ大崎から山手通りを挟んだ向かいにあります。

OhsakiOhmatsu_000_org.jpg
ランチメニューは8種類。

入り口で食券を買うと、食券の女性 ⇒ フロアの女性 ⇒ 厨房と
伝言ゲームのように注文が伝わっていき、注文してからわずか20秒で・・・

OhsakiOhmatsu_002_org.jpg
おさしみ定食
OhsakiOhmatsu_001_org.jpg OhsakiOhmatsu_004_org.jpg
ここで店内を見渡すと、12時前にはほぼ満席になり
注文伝言ゲームがBGM代わりに店内に響き渡っています。

OhsakiOhmatsu_003_org.jpg
マグロ・カツオ・タラ・ヒラメ・ヒラマサの5種類のお刺身
立派な盛りですねぇ~

OhsakiOhmatsu_006_org.jpg
サービスで上からも!

お味は・・・スーパーのお刺身のほうが美味しいかも。
でも、900円でてんこ盛りのお刺身なんでお得ではあります。

OhsakiOhmatsu_005_org.jpg
意外とお気に入りだったのが、大根9:ニンジン1:豚1の
ピリ辛な豚汁
OhsakiOhmatsu_007_org.jpg OhsakiOhmatsu_008_org.jpg
食べながら、よく聞こえたのは ハヤシライス・フライ盛り合わせ
だったので、常連さんたちは食べ尽くすとココに落ち着くのでしょうか。
関連記事
[ 2015/08/03 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

主役は かつ丼の ざるそば セット/あした葉 なかや(大阪:高槻)

先日のランチは あした葉 なかや です。
阪急京都線「高槻市駅」から西へ徒歩5分の高架沿いにあります。
TakatsukiNakaya_001_org.jpg TakatsukiNakaya_000_org.jpg
ごく一般的なお店だろうと入ってみると
TakatsukiNakaya_007_org.jpg TakatsukiNakaya_002_org.jpg
いきなり敷き詰められた化粧砂利、そしてきれいな板張り。
「うん?靴を脱ぐ?」とちょっと考えて他のお客さんの足元をみて
そのまま着席。テーブル8卓あり、奥の部屋にも更にありそうです。

TakatsukiNakaya_005_org.jpg TakatsukiNakaya_006_org.jpg
うどん屋さんなのか?お蕎麦屋さんなのか?

TakatsukiNakaya_004_org.jpg TakatsukiNakaya_003_org.jpg
壁にはうどん・そば・米・玉子・出汁にこだわってますよ~と
産地も明記されて、何でも来い!って感じです。

TakatsukiNakaya_008_org.jpg
50円しか違わない ミニかつ丼 はどれぐらい違うのか気にはなりますが、
かつ丼 に 半玉のざるそば のセット

TakatsukiNakaya_009_org.jpg
衣に出汁がしっかりしみこんで、豚の脂身が美味しく
噛めば噛むほど旨味が溢れてきます。
沖縄県産生豚らしい・・・

TakatsukiNakaya_010_org.jpg
小皿で出てきた上品さが伝わるような蕎麦
キュッと締まって喉越しもいいので、
「お替わり~」って言いたくなるのも我慢しました。

じゃあ、次はうどんも食べてみましょう。
関連記事
[ 2015/08/02 21:00 ] お食事処 そば | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)