FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2015年07月
月別アーカイブ  [ 2015年07月 ] 

≪ 前月 |  2015年07月  | 翌月 ≫

ニュー新橋ビルで炭火焼き豚丼/豚大学(東京:新橋)

ShinbashiButadaigaku_000_org.jpg ShinbashiButadaigaku_001_org.jpg
先日のランチは 豚大学 です。
以前に がっちりマンデーで 儲かる「雑居ビル」で紹介されていた
新橋駅前の ニュー新橋ビル にあります。
ShinbashiButadaigaku_005_org.jpg ShinbashiButadaigaku_004_org.jpg
入り口が2つあり、L字カウンター12席には野郎ばっかり。

ShinbashiButadaigaku_002_org.jpg
豚丼のサイズが小・中・大・特大
それに何を付けるかでセットもできます。

あんず棒アイス 30円 が気にはなりますが、14時~らしくあきらめましょう。

ShinbashiButadaigaku_006_org.jpg
で、豚丼(大)

ShinbashiButadaigaku_007_org.jpg
なかなか見事な盛り付けで、中央の菜の花が映えます。

ShinbashiButadaigaku_008_org.jpg
まぁまぁ肉厚で香ばしさも良くこれは美味しい!
当然ながら甘たるいニンニクタレは飽きてくるので

七味をかけて、美味しさを持続させながら満腹終了。

ShinbashiButadaigaku_003_org.jpg
お茶漬けもできるんやぁ~、でもこれも14時~。

豚大学 五か条:

               第一条  かき込むべし ・・・なるほど
               第二条  残すべからず ・・・まぁそうでしょう
               第三条  トッピングを楽しむべし ・・・半熟卵付ければ良かったかなぁ
               第四条  元気になって帰るべし ・・・元気になったけど昼から眠たくなりそう



第五条 また、来るべし
関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/07/31 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

冷やしまぜそば はじめてました。/用心棒(東京:東大前)

YojinboHongo_010_org.jpg
我が母校・東京大学・・・って言ってみたい。
YojinboHongo_001_org.jpg YojinboHongo_000_org.jpg
東京メトロ南北線「東大前駅」すぐの 用心棒 本号 でディナーです。
YojinboHongo_003_org.jpg YojinboHongo_004_org.jpg
19時過ぎに行くと、外には4人、店内には3人待ち。
呼ばれるまで店内にも入れないので傘を差して待つことに。

YojinboHongo_002_org.jpg YojinboHongo_005_org.jpg
10分後に店内に入ることを許され、食券を買います。
ラーメン・まぜそば、そして季節限定の 冷やしまぜそば。

立っている間に麺の量を聞かれ、更に10分で座れます。
座って周りを見渡すと年齢層が明らかに違って、みんな若く
やっぱり東大生なのか受験のときのように誰もが自分より賢そうに見えてきます。

YojinboHongo_006_org.jpg
冷やしまぜそば(普通)・・・それでも麺300g

YojinboHongo_008_org.jpg
無料トッピングは 野菜マシ・ニンニク・

YojinboHongo_007_org.jpg
ショウガ・辛たま(辛く味付けしたタマネギ)

YojinboHongo_009_org.jpg
冷水で締められた太麺は歯応えバッチリ!

コッテリ重たくなりがちな まぜぞば を大量の野菜とともに
美味しく順調に食べ進むんですけど、口の中の味は生姜でいっぱい!
まぁそれはそれで悪くないんですけどね。

でも食後、時間が経てば経つほど、ニンニク臭くなってしまう私でした。
関連記事
[ 2015/07/30 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

クッキー風味のサクサクのオランダシュー/リバージュ(大阪:堺,鳳)

クロスバイクで和泉市の 西福寺 に行った後、遠回りして紀州街道を北上し
RivageOotori_000_org.jpg RivageOotori_001_org.jpg
お土産を買いに リバージュ(Rivage) 鳳店 にやって来ました。
ただいま、8時45分。お店は9時~なので隣りのコンビニで時間潰し。
RivageOotori_002_org.jpg RivageOotori_005_org.jpg
で、9時になると、5組ほどのお客さんが雪崩れ込むように入店。
洋菓子も売ってますが、イートインでモーニングの人もいるようです。

RivageOotori_003_org2.jpg
なんでワザワザ9時に来たかというと 1日2回(9:00, 16:00)に
焼き上がる オランダシュー が目的なんです!

しか~し、本日は完売しました。
「早過ぎるやろう!誰が買い占めた~」
念のため店員さんに聞いてみると・・・

RivageOotori_004_org.jpg
焼き上がったばかりなので、ディスプレイ前だったようです。

RivageOotori_006_org2.jpg
折角の出来立てなので その場で食べてみると
サクッとしたクッキーとたっぷり入った軽いカスタードがメチャうまぁ~!
思わずお土産のシュークリームにも手を付けそうになります。

RivageOotori_007_org2.jpg
自宅で オランダシュー 3個

写真を撮っているときに、こぼれたクッキーの破片を娘が食べて
「コレ、メチャクチャ美味しい~!」

RivageOotori_008_org2.jpg
おやつの時間まで待って、家族には内緒で2個目のオランダシューを堪能しました。
関連記事
[ 2015/07/29 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

【ポタ】クワバラ、クワバラ/西福寺(大阪:和泉)

くそ暑いある休日、何も予定がないので思い立ったように約半年振りのポタ。
久しぶり過ぎて「何を用意すればよかったっけ?」と前夜に準備。

Saifukuji_000_org.jpg
自宅を出発して、1時間ほどで 西福寺 に到着。
前々から 雷耳の寺 っていう看板が気になっていたのでやって来ました。

Saifukuji_002_org.jpg
どこから入っていいのか分かりにくくグルッと回って、多分ここが入り口。
Saifukuji_006_org.jpg Saifukuji_007_org.jpg
緑生い茂る境内に青空。
観音菩薩像とどこにでもあるようなお寺ですが・・・

Saifukuji_004_org.jpg
今回の目的は 雷井戸


昔、境内の井戸に雷が落ちたとき、村人が井戸に蓋をして雷を閉じ込めました。
逃げ場をなくした雷は苦しみもがいて、許しを乞いました。
哀れに思った村人たちは、「ここは桑原という所だ。今後この地には絶対落ちない
と誓うなら許してやろう。」といい、雷もそれを誓ったので蓋を取って逃がして
やりました。それ以来、この地には雷が落ちないといわれています。
また、雷鳴がしてくると「クワバラ、クワバラ」というのは、これに由来するそうです。

Saifukuji_005_org.jpg
で、これが雷を閉じ込めた蓋

Saifukuji_003_org.jpg
だから絵馬も雷様

Saifukuji_001_org.jpg
ということでここの地名は和泉市桑原

Saifukuji_Data_org.jpg
 この後、鳳の リバージュ(Rivage) で看板商品のお土産を
 買って、帰りましたが、こんだけ暑いと3時間が限界です。

 走行時間:2時間12分
  距 離 :38.4km
    (2015年累計:75.5km/2日)
 最高速度:35.09km/h
 平均速度:17.04km/h

 ※地図は泉北2号線以西ですが、 走行履歴は自宅が
   起着点ですのでデータは一致していません。

 ※データは I-O DATA 旅レコ(GPSロガー) GPSLOG
   計測しています。


<↓クリックすると拡大します>
Saifukuji_Route_org.jpg
関連記事
[ 2015/07/28 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(8)

2ヶ月連続の会員限定感謝祭でじゃがいも黒毛和牛俵ハンバーグステーキ/寛屋(大阪:堺,なかもず)

年に1回の 平日限定 炭焼き俵バーグオール半額感謝祭 のはずが
KanyaNakamozu_401_org.jpg KanyaNakamozu_400_org.jpg
何故か2ヶ月連続送られてきたので、お言葉に甘えまして
なかもず駅 から ときはま線 を南へ徒歩15分のところにある 寛屋 堺百舌鳥店 でディナーです。
KanyaNakamozu_404_org.jpg KanyaNakamozu_403_org.jpg
先月はお店はお客さんがいっぱいでテンテコ舞いだったけど、この日はゆっくりと食べられそうです。

KanyaNakamozu_402_org.jpg
今回はトッピングから食べたことがないモノを選択。

KanyaNakamozu_405_org.jpg
和風セットだったので、ゴマ油が美味しい 大根サラダ
会員特典の食前酒の 口当たりが優しい 梅ゼリー

KanyaNakamozu_406_org.jpg
何度も来ているので慣れたもんで、紙エプロンを敷いて、木製プレートをセット。

KanyaNakamozu_407_org2.jpg
いつもより熱々感がモウモウと!

KanyaNakamozu_408_org2.jpg
手際よく最後の仕上げをしてくれて

KanyaNakamozu_409_org2.jpg
タレをかけて、油のハネがおさまるまでしばらく待って

KanyaNakamozu_410_org.jpg
じゃがいも黒毛和牛俵ハンバーグステーキ(和風セット)

KanyaNakamozu_411_org.jpg
何度見てもヨダレが垂れてくる肉の塊。

KanyaNakamozu_412_org.jpg
ホクホクで甘いジャガイモ
それ以上にカボチャの方が異常なぐらい甘かったですけど。

KanyaNakamozu_413_org.jpg
柚子胡椒をつけて、十穀米と一緒に!ウマ~い!


果たして、2ヶ月連続で感謝祭の案内が送られてきたけど、
きっと手違いがあったんでしょうねぇ・・・ありがたいですけど。

☆今までの「寛屋」☆
 ・炭焼き俵バーグセット
 ・サラダバーになっていたハンバーグ屋さん
 ・平日限定!俵バーグ全品半額フェア
 ・ハンバーグ&クリームコロッケに4つのバー
 ・お食事ご招待券で炭焼き俵ハンバーグ
 ・会員様限定感謝祭!俵バーグ全品半額フェア
 ・炭焼き若鶏&黒毛和牛俵ハンバーグステーキ
 ・炭焼き俵バーグ & 三元豚の串カツ
 ・会員限定感謝祭でエッグとチーズ黒毛和牛俵ハンバーグステーキ
関連記事
[ 2015/07/27 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

群馬三大うどん と なまずの天ぷら/うどん本丸(群馬:館林)

出張でやって来ました日本で一番暑い?群馬県館林
TatebayashiHonmaru_000_org.jpg TatebayashiHonmaru_001_org.jpg
館林って言っても何も思い浮かばず、位置関係もわからず。
駅の案内を見ると、つつじ分福茶釜 が有名だそうで・・・
TatebayashiHonmaru_002_org.jpg TatebayashiHonmaru_012_org.jpg
そして、もう一つ 桐生・水沢・館林 は群馬三大うどん らしいので
東武伊勢崎線「館林駅」から東へ徒歩11分の うどん本丸 でランチです。
TatebayashiHonmaru_006_org.jpg TatebayashiHonmaru_007_org.jpg
手前がうどんの販売所で奥にレストランがあります。

TatebayashiHonmaru_003_org.jpg TatebayashiHonmaru_004_org.jpg
当然ながら、うどん なんですけど、なまず? がどうしても気になる!

TatebayashiHonmaru_005_org.jpg
まずは、お茶と一緒に タヌキ顔の落雁

TatebayashiHonmaru_008_org.jpg
なまず天ざるうどん

TatebayashiHonmaru_011_org.jpg
館林うどんの特徴はよくわかりませんが、喉越しのいいツルツルのうどん

TatebayashiHonmaru_009_org.jpg
手前が味噌味の天ぷら はそのまま食べて
大葉・カボチャ・ナスの天ぷらはツユで

TatebayashiHonmaru_010_org.jpg
そして、なまずの天ぷら

館林の 正田醤油 をかけて食べます。
柔らかくクセもなく、結構美味しいので
これならウナギの代用になろうとしているのも分かるなぁ。

ちなみに館林は小麦の産地で 日清製粉 の創業の地でもあるそうで。
関連記事
[ 2015/07/26 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

年季の入ったお店で抜群に美味しい天丼/豊野丼(神奈川:横浜,阪東橋)

先日のディナーは 豊野丼 です。
地下鉄「阪東橋駅」から東へ徒歩5分の 横浜橋商店街 の入口にあります。
BandobashiToyonodon_002_org.jpg BandobashiToyonodon_003_org.jpg
お世辞にもキレイとは言えない小さなお店はL字カウンター8席。
そして気難しいそうなおじさんの店主。

BandobashiToyonodon_001_org.jpg
これだけでなく、会員メニューには、鱧天丼 や スルメイカ天丼 とかもあったり・・・

注文すると、目の前で手際よく揚げている姿を眺めていると

BandobashiToyonodon_004_org.jpg
あっという間に 豊野丼

「しじみのお味噌汁はいかがですか」と隙をつかれたように、ススメられて「お願いします」

BandobashiToyonodon_005_org.jpg
見事な盛り!

海老3尾・ナス・シイタケ・カボチャ・シシトウ

肉厚なナスの美味しさとてんぷらの衣の柔らかさにビックリ!
そして、エビも大きくプリプリ!
スパイシーな風味が食欲をそそります。
ボリュームもかなりあるので、大盛りにしなくてよかったぁ。
BandobashiToyonodon_006_org.jpg BandobashiToyonodon_000_org.jpg
帰るころには、お見せの雰囲気とおじさんにも慣れてきて
「ありがとうございましたぁ、忘れ物ないように~」
関連記事
[ 2015/07/25 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

真っ黒イカスミコロッケ・・・歯は黒くなりません/はなせ(大阪:茨木)

先日のランチは はなせ です。
JR茨木駅・阪急茨木市駅からそれぞれ徒歩13~15分のところにあります。
IbarakiHanase_012_org.jpg IbarakiHanase_003_org.jpg
座敷10席と細い中央通路のU字カウンター10席
高級感もありながら、落ち着ける雰囲気です。
IbarakiHanase_008_org2.jpg IbarakiHanase_004_org.jpg
カウンターの下には食器がギッシリ!
こんな和風なお店のBGMはジャズ。

IbarakiHanase_002_org2.jpg
ランチはオムレツ・カレー・コロッケの3種類
イカスミが美味しそうなので歯が黒くなるのか黒くならないのか・・・

IbarakiHanase_005_org.jpg
まず、サラダ・前菜・香の物・ふりかけ
もうこの雰囲気だけでこのお店は正解でしょう!

IbarakiHanase_009_org.jpg
メインが登場して、真っ黒イカスミコロッケセット

ハイ、大正解!!

IbarakiHanase_006_org.jpg
薄いお餅の変わったサラダやなぁと思って食べると大根。

IbarakiHanase_007_org.jpg
めはり寿司・マグロフライ・カボチャサラダ
もうこれだけでも満足です!

IbarakiHanase_010_org.jpg
イカスミコロッケ

IbarakiHanase_011_org.jpg
お箸を入れるとサクッと崩れて、もちろん、真っ黒!
カレー味で柔らかく、口の中で溶けてしまい、ウマぁ~!!

IbarakiHanase_013_org.jpg
食後は、ホットコーヒー
青い時計は つまようじ
IbarakiHanase_000_org.jpg IbarakiHanase_001_org.jpg
これで1,000円ですからネ、近所に欲しいお店です。
関連記事
[ 2015/07/24 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

かしわ天ざるうどん & 野菜天ざるうどん/さぬきうどんのたぬき(奈良:葛城)

ある夏の日、奥さんがお出かけしたので、こんなときには、残された私と娘の二人は
近所のプールに行くんですが、ジャンボスライダーを滑りたくなったで、
ちょっと遠出して、橿原市総合プールまで行くことに。
KatsuragiTanuki_000_org.jpg KatsuragiTanuki_001_org.jpg
で、その前に さぬきうどんのたぬき でランチです。
近鉄南大阪線「磐城駅」から北へ徒歩3分のところにあります。
KatsuragiTanuki_009_org.jpg KatsuragiTanuki_010_org.jpg
11時半に着くとカウンター14席、テーブル2卓はほぼ満席。
3人以上じゃないとテーブルは遠慮して欲しいそうで、2人だったので自然とカウンターに。

KatsuragiTanuki_003_org.jpg KatsuragiTanuki_002_org.jpg
他にもメニューがいっぱいありますが、ちょっと気になったモノと頼んだモノだけ載せてみました。

まずは、わかめ&きつね&温泉玉子うどん と かやくごはんの 明日香美人

日本酒のような名前ですが、お店の前の道が明日香まで続いていること と
お店の女性スタッフが全員美人だから!・・・なるほどその通り!

KatsuragiTanuki_004_org.jpg
注文したらメチャクチャ早く登場の かしわ天ざるうどん(大盛)・・・何か違和感が。

KatsuragiTanuki_005_org.jpg
つけ汁が2つも?娘の分も?って思いましたが大盛りだからみたい!

KatsuragiTanuki_008_org.jpg
あっさりしたツユに少々固めの麺はあっさりと美味しく。

KatsuragiTanuki_007_org.jpg
胡椒がよく効いた熱々のかしわ天が5個

KatsuragiTanuki_006_org.jpg
娘は、野菜天ざるうどん で普通盛りだったので つけ汁は1個

ししとう・カボチャ・ニンジン・ナス・サツマイモ と
そして、こちらにも かしわ天 とボリュームあり過ぎで
小学生の娘には食べきれず、私もお手伝い。

隣りの女性は、かしわ天&野菜天のミックスを頼んだら
ナント!私と娘が頼んだ天ぷらを合わせたボリュームのまま出てきたので超ビックリ!
写真は大嘘で、そんな少なくないボリュームじゃないので要注意です。

KatsuragiTanuki_011_org.jpg
お腹一杯になって、この後、橿原市総合プールで今年の初泳ぎを楽しみました。
関連記事
[ 2015/07/23 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(2)

15年振りに行くとホワイト餃子の名前が変わって・・・/カリットギョウザ黄金(愛知:名古屋,黄金)

先日のランチは カリットギョウザ黄金(こがね) です。
近鉄名古屋線「黄金駅」から東へ徒歩5分のところにあります。

実は15年ぐらい前に来たことがありまして、そのときは
ホワイト餃子という店名で行列までして食べた記憶があります。
KarittoGyozaKogane_000_org.jpg KarittoGyozaKogane_001_org.jpg
やって来たけど、暖簾も無いので閉まっているのかと思って店内を覗くと
お客さんがチラホラ見えたので、床が油でツルツル滑るのに気をつけながら着席。

KarittoGyozaKogane_002_org.jpg
そもそも餃子としては普通じゃないけど、ノーマルなホワイト餃子に
3分の2サイズのスマイル餃子ってモノもあります。

KarittoGyozaKogane_003_org.jpg
タレは自分で作るのでオススメの配合は
醤油:ラー油:酢 = 5:3:2 だそうなので、待っている間に用意しまして・・・

KarittoGyozaKogane_004_org.jpg
大阪に住んでいるとホワイト餃子は身近には食べられないので
欲張って、餃子20個定食

KarittoGyozaKogane_005_org.jpg
頼んだのはいいけど、20個も並ぶと逆に食欲減退・・・

KarittoGyozaKogane_006_org.jpg
とは言いながらも、皮はカリッと餡には野菜タップリで、やっぱり、うまいわぁ~とパクパク。
食べても食べても減らないので、焼き餃子は10個にして水餃子を追加すればよかったぁ~と後悔。
ニンニクや唐辛子で味を変えて完食。
KarittoGyozaKogane_008_org.jpg KarittoGyozaKogane_007_org.jpg
う~ん、大阪でも食べたいなぁ~
関連記事
[ 2015/07/22 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(2)

八丁味噌ダレで鉄板ホルモン焼き/スタミナとん(愛知:名古屋,八田)

先日のディナーは 八田駅すぐ近くにある とんちゃん専門店 スタミナとん です。
HattaStaminaTon_003_org.jpg HattaStaminaTon_004_org.jpg
テーブル9卓には家族・カップル・労働者、お一人様もいたりしてかなり賑やかです。
HattaStaminaTon_001_org.jpg HattaStaminaTon_002_org.jpg
二度焼き(追加焼き)はしないので、一度に頼まなければならない。
でも自分がどれだけ食べるか分からんなぁ~

「大将おまかせが4皿ですよ」
「じゃあそれで!」
「生ビール(中)か ご飯・味噌汁 がつきますけど」
「ご飯(大)で」

HattaStaminaTon_005_org.jpg
私の鉄板に大量の肉と野菜

HattaStaminaTon_006_org.jpg
チャチャチャチャっと仕上げてくれて

HattaStaminaTon_007_org.jpg
あっという間に 大将おまかせ とん焼き(ご飯・味噌汁つき) の完成

HattaStaminaTon_008_org.jpg
とんちゃん・きも・心臓 あとは何の部位か分からんけど
自家農園の野菜もタップリ~!お腹グーグー!

HattaStaminaTon_009_org.jpg
濃い八丁味噌ダレにホルモンとご飯、もうタマリマセンなぁ~
下戸でもメチャクチャ満足できますわぁ~
HattaStaminaTon_010_org.jpg HattaStaminaTon_000_org.jpg
近所に欲しいお店がまた増えましたぁ~
関連記事
[ 2015/07/21 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

5種類のソースのふんわり柔らかいお好み焼き/竹家(大阪:富田林)

先日のディナーは 竹家(たけや) です。
近鉄長野線「喜志駅」から西へクルマで6分の梅の里という高級住宅地にあります。
TondabayashiTakeya_003_org.jpg TondabayashiTakeya_004_org.jpg
18時に行くと、テーブル5卓、カウンター6席はほぼ満席。
お好み焼き屋というよりも和風モダンなオシャレな雰囲気です。
TondabayashiTakeya_006_org.jpg TondabayashiTakeya_005_org.jpg
刻み海苔・刻み鰹節、そして4種類のソースに和風醤油
それに、マヨネーズや一味など調味料が豊富に用意されてます。

TondabayashiTakeya_002_org.jpg
どれにしましょうかねぇ~と相談したいんですけど、
クーポンでやって来たので、見るだけ~!

TondabayashiTakeya_007_org.jpg TondabayashiTakeya_008_org.jpg
いかネギ玉 と とうふネギ玉 の ネギ焼 は和風醤油で。
豚玉 と いか玉 のお好み焼き は普通のソースで。

で食べてたら・・・

TondabayashiTakeya_010_org.jpg
ミックス焼きそば(2人前)も来ちゃったので
私たちの鉄板はとても賑やかに!!

TondabayashiTakeya_009_org.jpg
お好み焼きはふんわり柔らかで
とうふネギ焼きは一面に豆腐が敷き詰められてビックリ!
TondabayashiTakeya_000_org.jpg TondabayashiTakeya_001_org.jpg
時々通る道でお店の存在は知っていて、完全にスルーしていましたが、
お好み焼きを食べたくなったら、また来ちゃうかも。
関連記事
[ 2015/07/20 21:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(0)

重量1kgの富士山もりそば を食べる勇気はないので 葱鮪つけ天そば/味奈登庵(神奈川:横浜,関内)

先日のディナーは 味奈登庵 関内店 です。
関内駅から南東へ徒歩5分のところにあります。

MinatoanKannai_002_org.jpg
入り口には券売機
名物は重量1kgの 富士山もりそば らしく、しかも500円
う~ん興味あるけど、途中で下山しそうなのでやめとこう。

MinatoanKannai_005_org.jpg
券を買ったけど・・・
MinatoanKannai_003_org.jpg MinatoanKannai_004_org.jpg
席で待っていればいいのか?厨房に渡せばいいのか?躊躇していると、
どうやら券を買ったら自動で厨房に注文が伝わるので
勝手に座って番号が呼ばれたらいいみたい。私は15,16番。

お店の雰囲気からすぐ出てきそうなんですが、そこそこ待って・・・

MinatoanKannai_006_org.jpg
葱鮪つけ天そば(大盛り)

MinatoanKannai_008_org.jpg
期待通りの立派な盛りなんで、富士山ってどれくらいなんでしょう?

MinatoanKannai_009_org.jpg
ツルツルヅルヅルとまぁこんなもんかと。

MinatoanKannai_007_org.jpg
時間がかかっていたのは揚げたてだから
パリパリサクサクで超ウマぁ~!!

MinatoanKannai_010_org.jpg
出汁につけて、これまたウマぁ~!!

MinatoanKannai_011_org.jpg
厨房には蕎麦湯も置いてあるのでセルフで取りに行って〆もバッチリ。
MinatoanKannai_000_org.jpg MinatoanKannai_001_org.jpg
気軽にお安く食べられるお蕎麦屋さんはええなぁ~
関連記事
[ 2015/07/19 21:00 ] お食事処 そば | TB(0) | CM(0)

ネギ塩ふっくらハンバーグ & クリーミィなマッシュポテト/Grill マッシュ(東京:恵比寿)

先日のランチは Grill マッシュ です。
JR恵比寿駅から東へ徒歩7分のところにあります。
EbisuMash_003_org.jpg EbisuMash_002_org.jpg
テーブル21席のこじんまりしたお店は12時前には満席です。
テイクアウトする人も多いようです。

EbisuMash_000_org.jpg EbisuMash_001_org.jpg
数量限定のレアな大人の極上ハンバーグ は14:00~だそうなので
定番の6種類のソースと週替わりのソースから選び、サイズを注文。
そして、名物だという店名と同じモノも注文。

EbisuMash_004_org.jpg
サラダ・アイスコーヒーの手前にあるのが
マッシュポテト(100g)

EbisuMash_005_org.jpg
マッシュポテトって味気ないポテトサラダだと思っていたので
クリーミィでなめらかなので、デザートでもイケそう。

EbisuMash_006_org.jpg
ネギ塩ソースハンバーグ(240g)

EbisuMash_007_org.jpg
大きさ・切り方がバラバラのてんこ盛りのネギ

EbisuMash_008_org.jpg
ふっくらハンバーグとこのソースは激ウマぁ~
ネギ好きなので特にネギ塩ソースはネギ塩丼でも食べたいくらい。
240gはかなりのボリュームです。
EbisuMash_009_org.jpg EbisuMash_010_org.jpg
マッシュポテトにチーズをトッピングしたり
柚子の和風おろし か ガーリック醤油ソースにするかと
いろいろと次への楽しみが広がる人気のお店でした。
関連記事
[ 2015/07/18 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(4)

皮・餡から手作りの水餃子と高菜粥/中国茶館 無茶空茶(大阪:なにわ橋)

NishiTenmaMuchakucha_000_org.jpg
京阪中之島線「なにわ橋駅」から北へ徒歩6分のところにある
築100年の明治末期に建てられた日本家屋。
NishiTenmaMuchakucha_002_org.jpg NishiTenmaMuchakucha_004_org.jpg
中国茶館 無茶空茶(むちゃくちゃ) でランチです。

NishiTenmaMuchakucha_001_org.jpg
ランチは3種類で麻婆豆腐・水餃子・坦々麺から選びます。
こうなると麻婆豆腐鍋焼き御飯&水餃子 とか 坦々麺&水餃子 の
組み合わせも欲しいなぁって思うのは私だけ?

NishiTenmaMuchakucha_003_org2.jpg
冷たいジャスミン茶 と ドライフルーツ

こういう場合ドライフルーツっていつ食べるんやろう?
突き出しだから食前?甘いもんだから食後?

NishiTenmaMuchakucha_006_org.jpg
水餃子と高菜粥

NishiTenmaMuchakucha_005_org.jpg
高菜の香りがプ~ンと漂い、お粥自体はかなりあっさりめ。
その分混ぜる薬味次第でいろいろ楽しめます。

NishiTenmaMuchakucha_007_org.jpg
湯気がモウモウとあがって登場の水餃子
ハイ!食べる前に美味しいこと確定!

NishiTenmaMuchakucha_009_org.jpg
ツルッとモチッとし皮に具がタップリ入って肉汁ジュワ~!
ウマ~い!しかも8個も!だから結構ボリュームもありま~す!

NishiTenmaMuchakucha_008_org2.jpg
油ギトギトにならなかった中華の後は、ドライフルーツで。
NishiTenmaMuchakucha_010_org.jpg NishiTenmaMuchakucha_011_org.jpg
手前の部屋はカウンター5席・テーブル2卓ですが、
奥にも部屋があるようで中庭も見えるので、次は奥に座って楽しみたいですね。
関連記事
[ 2015/07/17 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

八百屋さんの たっぷり野菜と海の幸のちゃんぽん/菜々家(大阪:堺,百舌鳥八幡)

MozuNanaya_000.jpg
南海高野線「百舌鳥八幡駅」から西へ徒歩7分の国道310号線沿いにある大きな看板。
正直なところ、こういう主張が強い外観はあんまり好きではないんですが。

MozuNanaya_013.jpg
八百屋「菜々や」がやっているお店であるならば興味津々。
ということで 長崎ちゃんぽん 菜々家(ななや) でディナーです。
MozuNanaya_005.jpg MozuNanaya_004.jpg
確かココは ラーメンむさし だったはずで(行ったことないですが)
おそらくそのまま使われてるんでしょうけど、ちゃんぽん だけあって長崎っぽい。

MozuNanaya_001.jpg MozuNanaya_002.jpg
ちゃんぽん は あさり・トマトなど9種類に中華そば、
そして ちゃーめん って何?調べると かた焼きそば だそうで。

更に、平日ならお得なセットもあるというので・・・

MozuNanaya_010.jpg
菜々家ちゃんぽんふわふわ玉子ミニ天津飯セット

MozuNanaya_006.jpg
八百屋さんだけあって野菜が主役のようです。

MozuNanaya_007.jpg
とうもろこし・水菜・パプリカ・もやし・白菜・ニンジンなどなど

MozuNanaya_008.jpg
こちらは、ホタテ・アサリ・エビ・ウズラ・さつま揚げなどの海鮮コーナー

MozuNanaya_009.jpg
チャーシューコーナー

MozuNanaya_012.jpg
ちゃんぽん独特の麺を唐アク麺というらしく、やっぱりチャンポンはコレじゃないと!
今まで食べたチャンポンとは違い上品なあっさりスープで、更に胡椒の辛さもない。
インパクトが弱いですが、その分野菜や海鮮の味を美味しく感じられるチャンポンです。

MozuNanaya_011.jpg
全然、ミニじゃない天津飯
もう腹がはちきれそうです!

MozuNanaya_003_2.jpg
どうやら、このあっさりスープを濃くしたい要望があったんでしょう。
濃厚豚骨ちゃんぽんもあって、その場合、普通の麺になるそうです。
その上、冷やしちゃんぽん!これは食べたことないので気になりますねぇ。
関連記事
[ 2015/07/16 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

トッピングだけでなくルーまでも燻製にしたカレー/くんかれ(東京:人形町)

先日のディナーは 燻製カレー くんかれ 人形町本店 です。
東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」から西へすぐのところにあります。
KunkareNingyocho_003_org.jpg KunkareNingyocho_004_org.jpg
テーブル6席・カウンター8卓あり、カレー屋さんというよりは
静かなバーのようで、更にスパイシーな香りは全くしてきません。

KunkareNingyocho_002_org.jpg
ベースのカレー・辛さ・燻製の強さ・ライスの量を選んで
更にトッピングを何にするのかと選択肢が広いメニューになっています。

注文後、機械でゴォーとすると急に燻製のいい香りが漂ってきます。

KunkareNingyocho_005_org.jpg
で、燻製全部のせカレー

スタンダード(中辛)、燻製の強さ(普通)、ライスの量Lサイズ(300g)
の組み合わせ。300gってこんなもんか?やや少なめ?

KunkareNingyocho_006_org.jpg
ベーコン・チキン

KunkareNingyocho_007_org.jpg
チーズ・エッグがそれぞれ2個

まず、ルーだけ食べてみるとビックリ!ルーも燻製されています!
だから何を食べてもカレーの美味しさと燻製の美味しさをが鼻に口に広がります。
特にベーコンとチーズがお気に入り
KunkareNingyocho_000_org.jpg KunkareNingyocho_001_org.jpg
で、ふと探してみると福神漬けやラッキョのような薬味は
ありませんでした・・・どうせなら燻製しているモノを期待していたんですけど。
関連記事
[ 2015/07/15 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

中味そば と ポーク玉子/沖縄そば やんばる(東京:新宿)

先日のディナーは 沖縄そば やんばる です。
新宿駅から東へ徒歩4分のところにあります。
YanbaruShinjuku_003_org.jpg YanbaruShinjuku_004_org.jpg
ごちゃごちゃした繁華街に突然出没したような南国は
厨房を大きくグルリと囲んだカウンター席だけでほぼ満席です。
当然ながら、BGMは三線で演奏の沖縄音楽です。

YanbaruShinjuku_002_org.jpg
沖縄そば と 沖縄料理の定食が1,000円以下なのでお得なのは百も承知なのですが
どうしても食べたい そば があったので、沖縄料理と単品で注文。

YanbaruShinjuku_005_org.jpg
昨年末に沖縄旅行したときに あやぐ食堂 で食べた中味こと豚の内臓がストライクだったので
まずは、中味そば

YanbaruShinjuku_006_org.jpg
グロテスクではありますが、タマらなく美味しいというより
嬉しくなります。もちろん沖縄そばも美味。

YanbaruShinjuku_007_org.jpg
かなり遅れて登場の ポーク玉子

思ったよりもペチャンコで味も無いのでケチャップが無いと
ちょっと?かなり味気ない・・・チャンプル系にしとけばよかった。
YanbaruShinjuku_001_org.jpg YanbaruShinjuku_000_org.jpg
気軽に沖縄料理を味わえるので、人気があるのもわかりますね。
関連記事
[ 2015/07/14 21:00 ] お食事処 沖縄(料理) | TB(0) | CM(0)

ポーク&チキンカツカリー と 肉ねぎ温泉玉子カリー/煌カリー(大阪:本町)

先日のランチは 煌カリー(きららカリー) です。
地下鉄「堺筋本町駅」から南へ徒歩6分のところにあります。

以前行ったことのある いずみカリー堺筋本町店 が独立されたようです。
SakahonKirara_002_org.jpg SakahonKirara_005_org.jpg
人気があるお店なんで、入店するまでに20分待ち。
テーブル&カウンター13席は満席ですが食べているのは2人だけ。

SakahonKirara_004_org.jpg SakahonKirara_003_org.jpg
いずみカリーと同じく美味しそうなメニューが多いですが
クーポンで決まってるので、しばらく・・・じゃなくて30分待って。

SakahonKirara_006_org.jpg
まずは、シンプルに ビーフカリー

スパイス感と辛さもちょうどよくかなり美味しいのですが
小学生の娘にとっては、ちょっと厳しいようでした。

SakahonKirara_008_org.jpg
Wカツカリー

何がダブルかというと、ポークカツとチキンカツ
どうやら注文ごとに揚げていたので30分かかったようです。
待った甲斐があってめちゃウマぁ~

SakahonKirara_007_org.jpg
肉ねぎカリー(温泉玉子トッピング)

このビジュアルは100点ですね、味もですけど。
SakahonKirara_000_org.jpg SakahonKirara_001_org.jpg
独立しても変わらず美味しいカレーでしたぁ~
関連記事
[ 2015/07/13 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

1時間30分並んで ダブル牛かつ とろろ麦飯セット/もと村(東京:渋谷)

MotomuraShibuya_002_org.jpg
ただいま19時40分
渋谷駅から南東へ徒歩6分の橋の真ん中
私の前には10人ほど並んでいます。
お店は地下なので見えない階段にも並んでいるようです。
MotomuraShibuya_001_org.jpg MotomuraShibuya_000_org.jpg
5分で1歩前進、更に5分でまた1歩前進。
25分で短い橋を渡り切ることができました。
牛かつ もと村 渋谷店 を目指して、まさに牛歩のごとく。

MotomuraShibuya_004_org.jpg
更に15分でようやく階段を降りる位置まで来ました。

MotomuraShibuya_003_org.jpg
そこに店員さんが注文を取りに来て、もうこうなったら
ガッツリ食べてやろうと一番高いヤツを注文。
MotomuraShibuya_006_org.jpg MotomuraShibuya_005_org.jpg
並び始めて1時間30分、ようやく座ることができました。
カウンター9席には右も左も若い女性ばかり。

MotomuraShibuya_007_org.jpg
すぐに出てきた ダブル牛かつ とろろ麦飯セット

MotomuraShibuya_012_org.jpg
丁寧に食べ方を説明してくれ、ワサビか岩塩と
2種類のタレで食べてください、ソースはキャベツ用です。

MotomuraShibuya_009_org.jpg
スッキリというかサッパリとした衣の 牛かつ が2枚
結構細く切り分けられています。

MotomuraShibuya_008_org.jpg
キレイなレア

MotomuraShibuya_010_org.jpg
ワサビとタレをつけて

MotomuraShibuya_011_org.jpg
とろろご飯と一緒に!ウマ~い!
クニュっとした食感と噛めば噛むほど旨味が出てきます。

ワサビも美味しいけど、個人的には岩塩がお気に入り!


MotomuraShibuya_013_org.jpg
お替わり一杯無料ということで、もう1枚の牛かつ が残ってるので
至福のひととき 第2ラウンドスタート!

美味しいのはいいけど、並ぶのは何とかならんかなぁ~
関連記事
[ 2015/07/12 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(4)

三度にわたって楽しめる! 天まぶし/天吉屋(東京:新宿)

先日のディナーは 天吉屋 新宿店 です。
JR新宿駅から西へ徒歩9分の新宿野村ビルのB2Fにあります。
TenkichiyaShinjuku_002_org.jpg TenkichiyaShinjuku_001_org.jpg
高級感がありそうに見えて、食堂っぽい感じ。
平日の19時半にお客さんは半分くらい。

TenkichiyaShinjuku_000_org.jpg
天吉丼 と 天まぶし が二枚看板だそうなので、食べたことないモノを注文。

TenkichiyaShinjuku_003_org.jpg
2種類の漬物と天丼のたれを準備して待っていると
お店の雰囲気からチンしたような天ぷらが出てくるのかと
ネガティブに考えていたら、パチパチと油が跳ねるいい音が
三味線のBGMを掻き消し出したので一安心。

TenkichiyaShinjuku_004_org.jpg
天まぶし

店員さんが食べ方の指南書に補足するように丁寧に説明してくれます。
ちなみに、お櫃のご飯はお替わりできます。

TenkichiyaShinjuku_005_org.jpg
海老四本・真鱈と大葉の包み揚げ・キス・インゲン

TenkichiyaShinjuku_006_org.jpg
イカと玉ねぎのかき揚げ・ナス・海苔 となかなかの盛り具合!

TenkichiyaShinjuku_007_org.jpg
まずは、天つゆに海老天をつけての 天ぷら定食
ダブルの海老が嬉しく、サクッと美味しい!

TenkichiyaShinjuku_008_org.jpg
次は、真鱈・インゲン・海老・海苔の天丼
天つゆ から タレ に変わるだけなのに違った美味しさ!

TenkichiyaShinjuku_009_org.jpg
最後は初体験の 天茶漬け

かき揚げとご飯が1対1で鰹出汁をかけて、薬味はワサビと刻み海苔

コレは天ぷらの食べ方としてはアリでしょう・・・私は。
TenkichiyaShinjuku_010_org.jpg TenkichiyaShinjuku_011_org.jpg
家でも余った天ぷらを翌日にしてしまうかもしれません、ワサビ必須です。
関連記事
[ 2015/07/11 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

鳥取にはスタバが出来たけど、日本一のスナバも人気/すなば珈琲(鳥取駅)

TottoriSunaba_010_org.jpg
鳥取での出張が終わり、じゃあ大阪に戻ろうかぁとならずにそのまま東京に移動。
でも14時55分発の便を乗り損ねたので18時40分までたっぷり待つことに。
そして、鳥取駅には名探偵コナンの砂像

TottoriSunaba_000_org.jpg
休憩で立ち寄ったイオンから見えた、47都道府県で唯一出店していなかった
鳥取県にようやくできた スタバ が見えたので
TottoriSunaba_001_org.jpg TottoriSunaba_002_org.jpg
「鳥取にはスタバはないけど、日本一のスナバがある。」で有名になった
スタバとそれほど離れていない場所にある すなば珈琲 鳥取駅前店 で時間つぶし。
TottoriSunaba_003_org.jpg TottoriSunaba_004_org.jpg
入り口には鳥取なんでやっぱり砂像。
観光客・地元客でお客さんいっぱい!

TottoriSunaba_008_org.jpg TottoriSunaba_009_org.jpg
時間潰しだったんで、コーヒー以外のメニューをパラパラめくると、
昨晩、鳥取の居酒屋で食べた名物のエビを使ったサンドがあったので

TottoriSunaba_005_org.jpg
もさホットサンド

TottoriSunaba_006_org.jpg
居酒屋で食べたほどの もさえび の甘味は少ないですが
普通に美味しいホットサンドとして小腹を満たしてくれます。

TottoriSunaba_007_org.jpg
ホットコーヒーはお替わり自由
その間もお客さんがどんどんやってきます。

TottoriSunaba_011_org.jpg
その後、ようやく最終便で鳥取砂丘コナン空港から羽田へと向かうのでした。
関連記事
[ 2015/07/10 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

ダブダブにはお櫃ごはん/ニューハマヤ(大阪:淀屋橋)

NewHamayaKitahama_011_org.jpg
淀屋橋駅から東へ徒歩4分のところにある 緒方洪庵の敵塾
絵を教えていたのかぁって思ったらそれは尾形光琳で緒方洪庵はお医者さんだそうで。
NewHamayaKitahama_001_org.jpg NewHamayaKitahama_000_org.jpg
で、その隣の隣にある ニューハマヤ 北浜店 でランチです。
と言っても、知らないと入ろうとは思えない殺風景な外観。
NewHamayaKitahama_003_org.jpg NewHamayaKitahama_005_org.jpg
カウンター席にはお茶碗とお箸

NewHamayaKitahama_004_org.jpg
よーく見ると鉄板には山積みの肉?

NewHamayaKitahama_002_org.jpg
ただこの言葉を言いたくて「ダブダブで」

NewHamayaKitahama_006_org.jpg
すると、鉄板で卵を焼き始め、山積みから肉を取り出してもう1回焼いて

NewHamayaKitahama_010_org.jpg
ダブダブ

何より嬉しいというかビックリなのは1人ずつのお櫃

NewHamayaKitahama_009_org.jpg
「よかったらどうぞ」と醤油がかけられた漬物
普段はあるのかどうか知りませんが・・・

NewHamayaKitahama_007_org.jpg
フワフワトロトロのスクランブルエッグ

NewHamayaKitahama_008_org.jpg
辛いというかしょっぱい焼肉

もうご飯を何杯でも食べてくれ~っと言っているようなもんで
もうちょっとだけ、もうちょっとだけと思いながら、三杯たべちゃいましたぁ~

トリプルを頼んでいる人もいたので、次はソレもいいかも。
関連記事
[ 2015/07/09 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(2)

味噌もつ鍋 には 芋焼酎/おおやま(福岡:博多駅)

OoyamaHakataST_000_org.jpg
博多デイトス 1F の ほろよい通りに ある おおやま 博多駅店 でランチです。

OoyamaHakataST_003_org.jpg
もつ鍋ランチだけでなく、牛タン鉄板焼き、ミスジステーキもあります。
一番人気という みそ味のもつ鍋に〆はちゃんぽんめんを選択。
OoyamaHakataST_004_org.jpg OoyamaHakataST_011_org.jpg
テーブル32席にはサラリーマンもいれば、旅行客もいて、観光気分の人はビール!
ということで私は芋焼酎・・・ただの水です、仕事中です、下戸です。

OoyamaHakataST_006_org.jpg
もつ鍋定食(味噌味、ちゃんぽんめん)

博多三大珍味の おきうと、めんたいこ 付き
あと一つの珍味って何?

OoyamaHakataST_005_org.jpg
これだけアップにすると何人前だぁ~!と言いたくなりますが、もちろん小鍋に1人前。
「5分で出来ますんで」ということで待っていると

OoyamaHakataST_007_org.jpg
おぉ、グツグツと煮えてきましたぁ~!!

OoyamaHakataST_008_org.jpg
出来ました~!!

OoyamaHakataST_009_org.jpg
う~ん、ニンニクがよく効いてウマ~い!!
この後仕事でお客さんに会うけど、そんなもんしら~ん!!
プニュプニュサイコー!

OoyamaHakataST_010_org.jpg
〆はちゃ~ん!ぽ~ん!め~ん!
「美味しいんで追加したろう!」って思ったけど、鍋いっぱいで結構なボリュームです。
OoyamaHakataST_001_org.jpg OoyamaHakataST_002_org.jpg
ニンニク臭いまま仕事に行きま~す。
関連記事
[ 2015/07/08 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

柚子胡椒で食べる博多ひとくち餃子/テムジン(福岡:博多,天神)

先日のディナーは 餃子のテムジン 親富孝通店 です。
地下鉄「天神駅」から西へ徒歩6分のところにあります。

TemjinOyafukou_008_org.jpg TemjinOyafukou_007_org.jpg
「博多名物のひとくち餃子を食べたいなぁ」って思っても
呑めない私にはなんとなく入り難い。
でも 餃子定食 700円 ってあるので地下に降りてみることに。
TemjinOyafukou_002_org.jpg TemjinOyafukou_003_org.jpg
カウンター5席、座敷3卓、テーブル6卓には酔っ払っている
サラリーマンたちがチラホラと。

TemjinOyafukou_001_org.jpg
餃子定食が無い?
「餃子定食って何が付いてますか?」
「焼き餃子1人前とご飯とスープと冷奴です」

ひとくち餃子は小さいらしいので別に頼むけど余分な
サイドメニューは不要なので、メニューを見て
めし 220円+焼餃子 480円 = 700円
ということで定食がお得だとわかったので注文。

TemjinOyafukou_004_org.jpg
餃子定食 + 焼餃子(1人前)

TemjinOyafukou_005_org.jpg
キレイに整列した餃子が20個

TemjinOyafukou_006_org.jpg
柚子胡椒で食べるのが特徴らしいのでタレに溶かして
ひとくち餃子をひとくちでパクっと。
中身はアッサリ、皮はモチっと、柚子胡椒がピリっと。

胃も重たくならないので、いつまでも食べ続けてしまいそうになって
20個もあっという間になくなっちゃいました。
TemjinOyafukou_000_org.jpg TemjinOyafukou_009_org.jpg
他のひとくち餃子のお店はどうなんやろう?
関連記事
[ 2015/07/07 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(2)

会員限定感謝祭でエッグとチーズ黒毛和牛俵ハンバーグステーキ/寛屋(大阪:堺,なかもず)

KanyaNakamozu_300_org.jpg KanyaNakamozu_301_org.jpg
年に1回の平日限定 炭焼き俵バーグオール半額感謝祭があったので
なかもず駅 から ときはま線 を南へ徒歩15分のところにある 寛屋 堺百舌鳥店 でディナーです。
KanyaNakamozu_304_org.jpg KanyaNakamozu_303_org.jpg
金曜日に大急ぎで会社から帰ってきて、お店に着くと19時。
空席はあるけどフロアが回っていないようで5組待ち。30分で着席。

KanyaNakamozu_302_org2.jpg
ノーマルな俵バーグ320gをガッツリでも良かったんですが
今夜はトッピングにしてみることに。

KanyaNakamozu_305_org.jpg
和風セットの 大根サラダ と 会員特典の食前酒の 梅ゼリー

KanyaNakamozu_306_org.jpg
いつも通り紙エプロンを敷いて、木製プレートをセット。

KanyaNakamozu_307_org.jpg
まだチーズは溶けていない熱々の鉄板が運ばれてきて

KanyaNakamozu_308_org.jpg
店員さんがレアに仕上げにくれて

KanyaNakamozu_309_org.jpg
ソースをかけて、油が跳ねまくって

KanyaNakamozu_310_org.jpg
トローっとチーズの エッグとチーズ黒毛和牛俵ハンバーグステーキ

KanyaNakamozu_311_org.jpg
柚子胡椒をつけて、ウマ~
ハンバーグというより、肉肉肉肉肉!

KanyaNakamozu_312_org.jpg
麦ごはんをお替わりして、目玉焼きご飯にして、
今夜も大満足で、ごちそうさま~


☆今までの「寛屋」☆
 ・炭焼き俵バーグセット
 ・サラダバーになっていたハンバーグ屋さん
 ・平日限定!俵バーグ全品半額フェア
 ・ハンバーグ&クリームコロッケに4つのバー
 ・お食事ご招待券で炭焼き俵ハンバーグ
 ・会員様限定感謝祭!俵バーグ全品半額フェア
 ・炭焼き若鶏&黒毛和牛俵ハンバーグステーキ
 ・炭焼き俵バーグ & 三元豚の串カツ
関連記事
[ 2015/07/06 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

メチャクチャ美味しい骨付き唐揚げ/とりなご(東京:恵比寿)

先日のランチは とりなご 恵比寿店 です。
JR恵比寿駅から東へ徒歩9分のところにあります。
TorinagoEbisu_003_org.jpg TorinagoEbisu_004_org.jpg
カウンター10席、テーブル5卓のスッキリとキレイなお店です。

TorinagoEbisu_002_org.jpg
京都の福知山に本店があって 鴨すき が美味しいお店のようですが
ランチには鴨はなくて鶏のいろんなランチが並んでいます。

TorinagoEbisu_005_org.jpg
名物だという からあげ(骨付き)ランチ

小鉢はポテトサラダ

TorinagoEbisu_006_org.jpg
超~デカイ!
ランチでご飯と一緒に食べるようなサイズではありません。
大きなのが2ピース、小さいのが1ピース

TorinagoEbisu_007_org.jpg
これが・・・メチャクチャうま~~~~~~い!
タレがしっかり浸み込んで風味が豊かでジューシーで
指が脂まみれになっても気にしてられないくらい、骨までしゃぶりつきます!

大きさは白いヒゲのおじさんの某有名チェーン店のサイズですが
食べると味はそれを遥かに凌ぐ美味しさです。

店内の雑誌に掲載されたお店の記事によるとこの唐揚げは
1ピース・・・・432円もするらしい!!
TorinagoEbisu_001_org.jpg TorinagoEbisu_000_org.jpg
じゃあ、鴨すき もきっと美味しいんでしょうねぇ~
関連記事
[ 2015/07/05 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(4)

ウィンナーコーヒーじゃないですよ!白いカレーうどん/初代(東京:恵比寿)

EbisuSyodai_013_org.jpg EbisuSyodai_000_org.jpg
先日のディナーは 酒彩蕎麦 初代(ショダイ) です。
JR恵比寿駅から西へ徒歩2分のところにあります。
EbisuSyodai_001_org.jpg EbisuSyodai_002_org.jpg
超高級そうなお店に入るとカウンター席が空いていたので
座ろうとすると「すみません、予約席でして・・・」と
どうやら超人気店のようで、4席しかない待合席は満員でその横に立って待つことに。

で、15分後に一人だったことが幸いして運よく座れることに。

EbisuSyodai_012_org.jpg
名物はコレ!でもこの雰囲気でコレだけ食べるのは申し訳ないというか
コレだけ頼むのは勇気が必要だったので、もう一品注文することに。

EbisuSyodai_004_org.jpg
飲み物を頼まなかったので お茶・・・ガラスの向こうでは職人さんが

EbisuSyodai_003_org.jpg
蕎麦作りの真っ最中!
面白かったので、じーっと眺めているといつの間にか15分経って

EbisuSyodai_005_org.jpg
そば屋の唐揚げ
”そば屋の”って付くだけで何でも美味しそうに感じてしまうのは何故でしょう?

EbisuSyodai_006_org.jpg
もちろん揚げたて!熱々でジューシーで肉汁が
ジュワーっと口に広がりウマ~!!

で更に15分ほど待って・・・

EbisuSyodai_008_org.jpg
ウィンナーコーヒー じゃなくて 初代のカレーうどん

EbisuSyodai_009_org.jpg
やっぱりウィンナーコーヒーじゃないのか?
「上の方はジャガイモのムースなのでよくかき混ぜてお食べください」

EbisuSyodai_010_org.jpg
てっきり白いカレーかと思ったら、ムースの下はいつもの色
ムースの効果もあってマイルドな辛さの少ないカレーうどん

よく考えたらカレーにはジャガイモなのでよく合って当たり前か!

EbisuSyodai_007_org.jpg EbisuSyodai_011_org.jpg
食べている間にお蕎麦が完成!
でも食べているのはカレーうどん
ココはお蕎麦屋さん!
関連記事
[ 2015/07/04 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

ごま香る坦々つけ麺を食べるつもりがフルコースになっちゃったぁ/花雷(京都:長岡京)

長岡京で坦々つけ麺といえば国道171号線沿いの 風来坊 が超有名ですが
ブログを始める前に何度か食べたことがあるので
そこから西へわずか徒歩6分の うどんダイニング 花雷(はならい)
同じ坦々つけ麺でもうどんバージョンを食べにランチでやって来ました。

JR京都線「長岡京駅」から東へ徒歩6分のところにあります。

NagaokakyoHanarai_002.jpg
玄関を開けると真っ黒な下駄箱。靴を脱いで畳から製麺室の前を通ると
この時点で「このお店はなんかやってくれそう~」な気配。
NagaokakyoHanarai_005.jpg NagaokakyoHanarai_006.jpg
L字カウンター9席、テーブル3卓はどの席も掘座卓になっていて
落ち着いた雰囲気で「かなり期待できそう~」

NagaokakyoHanarai_003.jpg NagaokakyoHanarai_004.jpg
看板メニューは ごま香る坦々つけ麺 で、もちろん単品もあるけど、
少しアップして からあげ・ごはん・温泉玉子の付いた定食にしようかと思ったら、
もう少しアップすると うどんの実 などが付いてくる えらべるランチ があったのでコレ!

NagaokakyoHanarai_007.jpg
まずは、紅芋・じゃがいも・カボチャ・レンコンなど5種のチップと
自家製白みそドレッシングの 根菜チップのサラダ

パリパリのチップスに白みそドレッシングが美味しく、このお店当たり~!!

NagaokakyoHanarai_008.jpg
桜海老とグリンピースの月替りのキッシュ

NagaokakyoHanarai_009.jpg
5種類から選べる丼は えび天あん丼

海老天は揚げたてサクサクで薬味は三つ葉・刻み海苔・ワサビ
お茶碗サイズがちょうどいいボリュームでもう満足なんですが・・・

NagaokakyoHanarai_013.jpg
名物 うどんの実・・・って何?

うどんをのばした もっちり皮で包んだシュウマイのようで小籠包のようで。
黒七味をふって超熱い肉汁がジュワーとあふれて口の中が火傷しそうになります。

NagaokakyoHanarai_010.jpg
で、ようやく ごま香る坦々つけ麺

NagaokakyoHanarai_011.jpg
うどんが長~~いのでハサミ付き

NagaokakyoHanarai_012.jpg
ゴマの風味が口から鼻に抜けて、ピリ辛でめちゃウマぁ~!

「お腹に余裕があれば、おじやセットもできますんで~」
と言われるとこの美味しいつけ汁を残したくはなかったので・・・

NagaokakyoHanarai_014.jpg
おじやセット を頼んで

NagaokakyoHanarai_015.jpg
ごま香る坦々おじや(温泉玉子付き)

もう大大満足~!!!
NagaokakyoHanarai_000.jpg NagaokakyoHanarai_001.jpg
夜もかなり期待できそうなお店でしたぁ。
関連記事
[ 2015/07/03 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(2)

密室演技(生島治郎)

本日、読了。

生島治郎では6冊目。

志田司郎シリーズでは4作目。

IkushimaJiroMisshitsuengi_org.jpg
 <あらすじ>

  冷雨が降り続く底冷えのするある日、私立探偵・志田司郎の
 事務所に浅田美津代と名乗る妖艶な女性が現れた。
  夫が悪い女にひっかかり、そのヒモから二百万円の手切れ金を
 要求されているという。
  志田の役目は、その金を脅迫者に届けること。
  だが、簡単にみえるこの仕事には二重、三重の罠が張り巡ら
 されていた・・・

 など短編連作5編。

密室演技

<感想>

私立探偵の志田司郎とは
 ・儲からなくて
 ・タバコ臭くて
 ・いつも暇そうで
 ・事務所は埃だらけで
 ・元刑事で
 ・コーヒー飲んで
 ・昼寝して
とイメージ通りのベタな私立探偵なんです。
 更に、金欠のクセして、下らない見栄を張って依頼を断ったり、気に入らない依頼者だと目の前の法外な報酬に手をつけなかったりして、何のために探偵やっているんだぁ!ってツッコミたくなります。

 6つの短編には、不動産屋の社長夫人、覚醒剤中毒の俳優、覗き趣味のある推理小説家、全盛期を過ぎた歌手、風俗業を営む主婦、出所したばかりの老いぼれヤクザ と胡散臭い依頼人ばかりで、元刑事という特性を活かしてアッサリ解決して、これまたアッサリ犯人が認めてしまうアッサリした短編集です。

【生島治郎 読了リスト】
 黄土の奔流            黄土シリーズ1
 追いつめる             志田司郎シリーズ1
 あの墓を掘れ           志田司郎シリーズ2
 夢なきものの掟          黄土シリーズ2
 友よ、背を向けるな        志田司郎シリーズ3
関連記事
[ 2015/07/02 21:00 ] 生島治郎 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)