FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2015年06月
月別アーカイブ  [ 2015年06月 ] 

≪ 前月 |  2015年06月  | 翌月 ≫

豚肉とキャベツの熱々博多鉄板焼肉/まんぷく亭(福岡:博多,中洲川端)

以前に食べた南福岡駅前での びっくり亭 でのインパクトが強烈だったので、
調べてみると福岡には同じような系統のお店がいろいろあるということで
NakasuKawabataManpukutei_000_org.jpg NakasuKawabataManpukutei_002_org.jpg
出張先でのディナーは 上川端商店街 にある まんぷく亭 です。
NakasuKawabataManpukutei_004_org.jpg NakasuKawabataManpukutei_005_org.jpg
テーブル9卓で焼肉屋というよりは食堂って感じで、仕事帰りのサラリーマンが多いようです。
NakasuKawabataManpukutei_003_org.jpg NakasuKawabataManpukutei_001_org.jpg
メニューはいたってシンプルで
鉄板焼肉 と ごはん のサイズをそれぞれ選ぶだけで
夜だと 鉄板+ビール の ほろ酔いセット が人気のようです。

NakasuKawabataManpukutei_006_org.jpg
にんにくのタマラナイ香りとともに 鉄板焼肉(1.5人前)+ ごはん(大)
NakasuKawabataManpukutei_011_org.jpg NakasuKawabataManpukutei_008_org.jpg
ちゃんと例の油寄せの 木の棒 もテーブルに用意してあり
店員さんも私が初めてだと悟ったのか、黙って鉄板の下に置いてくれました。

NakasuKawabataManpukutei_007_org.jpg
熱々鉄板に湯気がモウモウ!

NakasuKawabataManpukutei_009_org.jpg
さぁ食べますよ~!

NakasuKawabataManpukutei_010_org.jpg
びっくり亭に比べるとニンニクはやや弱めで
焦げがやや多めですが、これはこれでウマ~い!!
特大ごはんに鉄板2人前でもイケたんちゃ~う~ん、
って思うぐらい胃袋に吸い込まれていきます。

NakasuKawabataManpukutei_012_org2.jpg
食後にはガムをいただきました。
う~ん、クセになる・・・
関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/06/30 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(4)

今年は裏メニュー?夏限定の冷やしサラダ麺/純情屋(大阪狭山)

Junjoya15_100_org.jpg Junjoya15_101_org.jpg
久しぶりに1等賞(1,080円)が当たったので、
国道310号線の「茱萸木南」交差点にある 純情屋 でディナーです。
Junjoya15_105_org.jpg Junjoya15_104_org.jpg
さてさて、カウンターばかりの店内を見渡してもアレがない?
Junjoya15_102_org.jpg Junjoya15_103_org.jpg
メニューを見ても、定番メニューしかない?
アレ?確か、サラダ麺始めたよ~ってメールが来てたはずなんやけど。
と、おっちゃんに聞いてみると
「メール送ってるやろう?やってるで~」
「でも壁に何も貼ってませんけど・・・」
「面倒くさいから貼ってないね~ん」

Junjoya15_106_org.jpg
まずは、6種類から選べる 特製ギョーザ
娘セレクトの 海老シソ・明太子・カレー
期待を裏切らない美味しさです。

Junjoya15_107_org.jpg
ということで、冷やしサラダ麺(麺大盛り2倍)

Junjoya15_108_org.jpg
この鮮やかな色合いはどう見てもサラダでしょう!

Junjoya15_109_org.jpg
黒ごまベースのドレッシング風つけ汁につけて、
サッパリと美味しく夏が来ますよ~!
それに、今日の太麺はいつもよりキリリと締まっていい感じ。

そして、トマトが甘~~い!!

美味しいけど、アレが欲しいなぁと思っていたら
「ゴメン、ラー油忘れてたぁ」

Junjoya15_110_org.jpg
ラー油を入れると、ピリ辛になって美味しさ増し増しで~!!


☆今までの「純情屋」☆
 ・担担つけめん&チャーハン
 ・黒ゴマ担担つけめん&チャーハン&特製ギョーザ
 ・カレーつけ麺
 ・チャーシュー丼&特製ギョーザ
 ・チャーハン&チャーシュー丼&特製ギョーザ
 ・焼きラーメン(しょうゆ&塩味あんかけ)&チャーハン
 ・焼きラーメン(塩味レモン&ソース)&チャーハン&特製ギョーザ
 ・味噌つけめん&塩つけめん
 ・サラダ麺
 ・カレーつけ麺&サラダ麺&チャーハン
 ・バラ肉カレーつけめん
 ・バラ肉チャーシュー(お持ち帰り)
 ・坦坦つけめん & チャーシュー丼 & チャーハン
 ・カレーつけ麺&チャーシュー丼&特製ギョーザ
関連記事
[ 2015/06/29 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

焼き鳥屋さんで 鶏もつ煮 と コロッケ と 白ごはん/美濃路(愛知:名古屋,久屋大通)

先日のディナーは やきとり家 美濃路 久屋大通店 です。
地下鉄「久屋大通駅」「栄駅」からそれぞれ徒歩3分のところにあります。
MinojiHisayaOodori_005_org.jpg MinojiHisayaOodori_004_org.jpg
以前に同僚と飲んだときに、味・値段・雰囲気が良かったので
アルコール無しで食事にやって来ました。一人だったので、カウンターに座ります。

MinojiHisayaOodori_002_org.jpg MinojiHisayaOodori_003_org.jpg
焼き鳥屋さんなんですが、前回特に気に入った料理を頼んでみましょう。
と言っても、定食じゃないからバラバラに出てきて・・・

MinojiHisayaOodori_006_org.jpg
まずは、冷奴コーラ

MinojiHisayaOodori_007_org.jpg
ライス(大)鶏もつ煮

MinojiHisayaOodori_008_org.jpg
このテカリ!ビールに合いそうでしょう!
下戸な私には白ごはんとの相性がバッチリ!ウマ~い!

MinojiHisayaOodori_009_org.jpg
揚げたての 牛肉コロッケ
何もつけなくてもこれだけでもスパイシーでウマ~い!

MinojiHisayaOodori_010_org.jpg
ほとんど食べ終わった頃にやってきた 貝汁
もっと早く欲しかったぁ~
MinojiHisayaOodori_001_org.jpg MinojiHisayaOodori_000_org.jpg
平日なら焼き鳥などが食べ放題もやっている大人気のお店でした。
関連記事

まぐろフライ には まぐろ丼/鮪小屋(名古屋駅)

先日のディナーは 鮪小屋本店 エスカ店 です。
映画戯言日記 の ゆたかーん!さんのご紹介で行ってきました。

EscaMaguro_002_org.jpg
店名通り、マグロだらけで一品もあり居酒屋使いのサラリーマンも多いようです。
オススメいただいたのは唐揚げ?フライ?って思い出せなかったので

EscaMaguro_003_org.jpg
フライ定食

注文後、確認すると鮪唐揚をオススメいただいたようです。

EscaMaguro_004_org.jpg
2本の串は ねぎま・・・もちろんマグロ
熱々でサクッとして、マグロとネギからジュワっとめちゃウマっ!

EscaMaguro_005_org.jpg
更には鮪フライと薄~いイワシフライ

EscaMaguro_006_org.jpg
小皿には小さなサイコロ状のマグロ

EscaMaguro_007_org.jpg
刺身で食べるのだろうと思って、こんな風に配置すると

EscaMaguro_008_org.jpg
まぐろ丼の完成!
フライを白ごはんで食べるのかと思っていたので
まぐろ丼も食べられて、ちょっと得した気分です

EscaMaguro_001_org.jpg EscaMaguro_000_org.jpg
次は、フライもいいけど鮪唐揚げにしてみよう!
関連記事
[ 2015/06/27 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(4)

自家製生パスタのきんぴらごぼうの和風カルボナーラ/ひより(滋賀:南草津)

JR南草津駅でランチを食べることになり、駅直結の フェリエ南草津 3Fに移動し、
とんかつ・ラーメン・お好み焼き とオッサン好みのお店があるんですけど、
そんな気分じゃないので 和カフェ&自家製生パスタ ひより 南草津店 でランチです。

HiyoriMinamikusatsu_001_org.jpg HiyoriMinamikusatsu_002_org.jpg
カウンター6席、テーブル15卓くらいの店内はやはり女性率99%

ランチパスタは4種類でドリンクやデザートを付けてセットを選べるようです。

HiyoriMinamikusatsu_003_org.jpg
まずは、豆乳スープとグラスに入ったサラダ を
注文するとすぐに持ってきてくれます。

HiyoriMinamikusatsu_004_org.jpg
しばらくして、きんぴらごぼうの和風カルボナーラ

HiyoriMinamikusatsu_005_org.jpg
豆乳のクリームソースに生パスタのカルボナーラ
トッピングはきんびらごぼう と 黄身
ちょっとずつ普通のカルボナーラとは違います。

HiyoriMinamikusatsu_006_org.jpg
きんぴらごぼうが入るだけで和風っぽくなって
シャキシャキな食感が意外とよく合ってます。

HiyoriMinamikusatsu_007_org.jpg HiyoriMinamikusatsu_000_org.jpg
白玉ぜんざい や 京生麩のみたらし のスイーツを食べてマッタリしたかったんですが、
平日のサラリーマンはスタスタと次の仕事場へと向かうのでした。
関連記事
[ 2015/06/26 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(0)

駅前の巨大な人形と巨大なハンバーガー/Berry's cafe(大阪:南茨木)

MinamiIbarakiBerrys_000_org.jpg
阪急京都線「南茨木駅」前ある巨大な人形
東日本大震災から再生・復興への夢と希望を与えるために
地元出身の ヤノベケンジ が製作した Sun Child(サン・チャイルド) というらしい。
ヤノベケンジと言えば、昨夏の小豆島旅行 でも彼の作品に出会ったなぁ。

MinamiIbarakiBerrys_012_org.jpg
で、駅から南へ1分ほど歩くとこちらのマンションの2階にある
ちょっとわかりにくい Berry’s cafe (ベリーズカフェ) でランチです。
MinamiIbarakiBerrys_004_org.jpg MinamiIbarakiBerrys_005_org.jpg
カウンター10席、テーブル5卓のアメリカンなお店で
こういう雰囲気だとBGMがガンガンに流れていそうですけど、かなり小さめ。

MinamiIbarakiBerrys_001_org.jpg MinamiIbarakiBerrys_002_org.jpg
ハンバーガーだけでなく、プレートランチに
サンドイッチとフードメニューは充実しています。

MinamiIbarakiBerrys_003_org.jpg
ドリンクは別らしく コーラ
お水は なみなみ に注がれてきました。

MinamiIbarakiBerrys_006_org.jpg
厨房からジュージューとハンバーグやベーコンを焼く音が聞こえてきて
もれなく フライドポテトがついてきた ベーコンチーズバーガー

MinamiIbarakiBerrys_007_org.jpg
コレ!実はメチャクチャ 丸いんです!じゃなくて デカイんです!

MinamiIbarakiBerrys_009_org.jpg
コーラのコップと比較するとこんな感じ~

MinamiIbarakiBerrys_008_org.jpg
大きなバンズだけでなく、高さもドドドドーン!

こういうときは、ガブっとかぶりついて
ただひたすらモクモク、ムシャムシャ・・・
美味しいけど、減らんなぁ~重いなぁ~疲れたなぁ~
とか思いながら腹いっぱいに完食!

MinamiIbarakiBerrys_011_org.jpg MinamiIbarakiBerrys_010_org.jpg
どうやら、店名の ベリーズバーガーだと
更にエッグ・アボガドが付いた全部入りでお得なようです。
関連記事
[ 2015/06/25 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(8)

目の前の鉄板カウンターで焼いてくれるホルモン定食/天神ホルモン(福岡:博多駅)

福岡での仕事が終わったので、新幹線に乗る前に
博多1番街の 天神ホルモン 博多1番街店 でディナーです。
TenjinHorumon_002_org.jpg TenjinHorumon_003_org.jpg
コの字カウンターが2台あって、それぞれの鉄板では、シェフが忙しそうに焼き焼き中。

TenjinHorumon_001_org.jpg
ホルモン・サガリなどをどのように組み合わせるかで、初めてなんで、元祖 を注文。

目の前では誰の分を焼いてるんやろうと思っていると

TenjinHorumon_004_org.jpg
ステーキソース・塩だれ・とろみぽん酢 と アルミホイル がセッティング

TenjinHorumon_005_org.jpg
で、元祖 ホルモン定食

TenjinHorumon_007_org.jpg
タマらなく美味しそうな5種類のミックスホルモン

TenjinHorumon_008_org.jpg
3種類のソースは、ステーキソースが一番お気に入りで

TenjinHorumon_006_org.jpg
大盛り無料のご飯・・・

TenjinHorumon_009_org.jpg
と一緒にバクバク、ウマ~!!
ご飯が止まら~ん!!
TenjinHorumon_010_org.jpg TenjinHorumon_000_org.jpg
呑める人はビールが欲しくなるんでしょうねぇ。
関連記事
[ 2015/06/24 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

銀だらみりん!銀だらみりん!銀だらみりん!/味の正福(福岡:博多,天神)

MasafukuAcros_000_org.jpg
地下鉄「天神駅」から東へ徒歩5分のところにある アクロス福岡
そこの地下2階にある 味の正福 アクロス店 でディナーです。
MasafukuAcros_005_org.jpg MasafukuAcros_006_org.jpg
カウンター4席・テーブル10卓は おひとりさま・カップル・ご婦人・オッサンでいっぱいです。

MasafukuAcros_003_org.jpg MasafukuAcros_004_org.jpg
定食は魚系と肉系。目的は決まってたんですが、でも見れば見るほど迷うなぁ~

注文してすぐ持って来られると「おいおい、早いやろう~」って思いますが
そこそこ待っていると、「きっと焼いてるんやろうなぁ~」とか思ってると
MasafukuAcros_007_org.jpg MasafukuAcros_008_org.jpg
「もうすぐ出来ますんでぇ」と持ってきてくれた・・・何?
二段重ねの器をバラすと ふりかけ高菜

MasafukuAcros_009_org.jpg
で、銀だらみりん定食 に・・・

MasafukuAcros_010_org.jpg
味噌汁を 貝汁 に変更して

MasafukuAcros_011_org.jpg
玉子焼き(ハーフ) を追加したスペシャル定食!!

MasafukuAcros_012_org.jpg
これが 銀だらみりん かぁ、テッカテカやんけぇ

MasafukuAcros_013_org.jpg
なんと下に隠れてました。切り身は2個!

MasafukuAcros_014_org.jpg
身がホロっとはずれ、甘くて肉厚でメチャクチャうま~い!
しかも皮までうま~い!

貝汁 に 玉子焼き、ふりかけ に 高菜

何杯ご飯を食べさせたいんやぁ~

もちろん「お替わり~」
「サイズは?」
「大盛りで!」

ドンブリで持ってきてくれました!
(高校生ちゃうぞ!嬉しいけど)

銀だらみりん、最高に美味しい!
MasafukuAcros_001_org.jpg MasafukuAcros_002_org.jpg
おそらく常連さんたちは、胡麻さば・ぶり胡麻って
頼んでいたので、きっとソレも美味しいんでしょうねぇ。
関連記事
[ 2015/06/23 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

チーズがとろ~りな3種類のもちもちピザ/モルト・ボーノ フィオーレ(大阪:河内長野)

先日のディナーは モルト・ボーノ フィオーレ店 です。
河内長野駅から北へ徒歩12分の外環と国道310号線の交差点にあります。
MoltoBuonoKawachinagano_010_org.jpg MoltoBuonoKawachinagano_002_org.jpg
近畿圏内に20店舗ほどあって駐車場も店内も広いお店です。

MoltoBuonoKawachinagano_001_org.jpg
パスタやロングバケットなどいろいろ食べたいのですが
今回は6種類のピザから3種類選べるクーポンでやって来ました。

ピザのサイズを書いていないので、「ピザだけというのも寂しいので
足りなかったら、追加で頼んでみよう!」と気軽な気持ちでいたら・・・

MoltoBuonoKawachinagano_003_org.jpg
まずは、ジンジャーエール

MoltoBuonoKawachinagano_004_org.jpg
1枚目:木之子チーズ

予想以上にデカイ!
これが3枚出て来るのか?大人2人・子ども1人で食べ切れるのか?

MoltoBuonoKawachinagano_005_org.jpg
とろ~りチーズにたっぷりキノコのプニプニの食感でウマ~!

MoltoBuonoKawachinagano_006_org.jpg
2枚目:サラミ・オリーブ・アスパラと具だくさんな カプリチョーザ

MoltoBuonoKawachinagano_007_org.jpg
まだ1枚目、2枚目も食べ終わっていないのに
3枚目:ジェノバポテト

MoltoBuonoKawachinagano_008_org.jpg
ポテトにバジリコと白身魚。これが一番のお気に入り!

さすがに、こんなにたくさんのピザは食べ切れないので、「お持ち帰りできますか?」

MoltoBuonoKawachinagano_009_org.jpg
3種類のミックスピザ 1枚になって翌日の昼食になりました。
ちなみに、お持ち帰りの容器は無料でした。

MoltoBuonoKawachinagano_000_org.jpg
次は少しずついろんなモノを食べに来よう!

☆今までの「モルト・ボーノ」☆
 ・クリームパスタ&はちみつバケット(西中島店)
関連記事
[ 2015/06/22 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(0)

讃岐うどん と キーマカレー が出会っちゃいましたぁ/銭形(大阪:豊中,服部天神)

先日のランチは 手打ちうどん 銭形 です。
いつの間にやら改称された阪急宝塚線「服部天神駅」から西へ徒歩3分のところにあります。

HattoriZenigata_005_org.jpg HattoriZenigata_004_org.jpg
何故かわかりませんが、入り口には高知産フルーツトマトを販売中?
理由は後から知ることになります。

カウンター7席、テーブル4卓、更に2階には座敷もあって
魔法のレストラン や せやねん!などTV番組にもよく出ているみたいです。

HattoriZenigata_002_org.jpg HattoriZenigata_003_org.jpg
鰹節・大根おろし・トロロと3種類の薬味で食べる 三つ盛り生醤油うどん
気にはなるのですが、もう一つの看板メニューを注文。

それにしても 唐盤 ってなんでしょう?

HattoriZenigata_006_org.jpg
キーマカレーうどん(白小ライス付き)

HattoriZenigata_007_org.jpg
カレーうどんは珍しくもなんともなく
家で食べるカレーライスの翌日のカレーうどんも当たり前ですが
コシのある讃岐うどん に キーマカレー とは初めてかも?

国産唐辛子に8種類のスパイス、そして 高知産のフルーツトマトを
で甘味を加えて・・・とかなり本格的なキーマカレーだそうで。

なかなか美味しく!
なかなかオモシロい!

HattoriZenigata_008_org.jpg
もちろん 第2ラウンドは キーマカレーライス
こっちの組み合わせはシックリできます・・・

HattoriZenigata_000_org.jpg HattoriZenigata_001_org.jpg
となると、もう一つの 三つ盛り生醤油うどん も食べなあかんなぁ。
関連記事
[ 2015/06/21 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(4)

烏骨鶏を掛け合わせた冠地鶏の唐揚げ/とよの本舗(兵庫:神戸,旧居留地・大丸前)

先日のランチは 冠地鶏とかぼす平目 とよの本舗 です。

地下鉄海岸線「旧居留地・大丸前駅」から東へ徒歩4分のところにあります。
三宮駅・元町駅からでも6~7分で歩けます。
3nomiyaToyonohonpo_001_org.jpg 3nomiyaToyonohonpo_007_org.jpg
細い階段を上がったビルの2階にあります。
3nomiyaToyonohonpo_003_org.jpg 3nomiyaToyonohonpo_002_org.jpg
カウンター7席・テーブル5卓で、ちょっとした隠れ家っぽくて、お客さんは来るのだろうかと
ちょっと心配しましたが、13時を過ぎても後から後からやってきます。

3nomiyaToyonohonpo_000_org.jpg
だから5種類あるランチのうち おばんざい5種 と 自家製カツ玉 は売り切れ
う~ん、だったらお店の名前に付いているモノを注文

3nomiyaToyonohonpo_004_org.jpg
冠地鶏の唐揚げ定食

3nomiyaToyonohonpo_005_org.jpg
冠地鶏とは大分県で烏骨鶏を掛けあわせた全国唯一の地鶏だそうです。

3nomiyaToyonohonpo_006_org.jpg
脂身は少なめで弾力はナカナカ凄くジューシー!
これだけじゃなくて、ツナと塩昆布の炊き込みご飯、お味噌汁に
カボチャの煮付けとほうれん草のナムル とどれも安心できる美味しさです。

3nomiyaToyonohonpo_009_org.jpg 3nomiyaToyonohonpo_008_org.jpg
夜だと 冠地鶏・かぼす平目 のいろいろな料理があるので
ちょっと興味をそそられるお店でした。
関連記事
[ 2015/06/20 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

謙虚に立川ナンバーワン!でか盛り唐揚げ丼/ひなたかなた(東京:立川)

出張が続くこの数ヶ月、この日は東京都立川市。
立川ってこんなところにあるんやぁ・・・
TachikawaHitanaKanata_000_org.jpg TachikawaHitanaKanata_001_org.jpg
ちょっと調べてみると、オモシロそうなお店があったので
JR立川駅から北へ徒歩3分の ひなたかなた でランチです。

オープンちょっと過ぎて行ってみるとお店は3階のはずなのに、細い階段には行列が出来ています。
「これはヤバイなぁ」って思っていると、どうやら準備に遅れているようで、まだ開いていないらしい。
TachikawaHitanaKanata_004_org.jpg TachikawaHitanaKanata_005_org.jpg
で、あっという間にレコードジャケットが壁一面に張られた
カウンター5席・テーブル8卓は老若男女でいっぱいに。お水はジョッキで。

TachikawaHitanaKanata_002_org.jpg
名物・立川№1・テレ朝でました・大人気 とか色々殺し文句が
書いてあるんですが、ほとんどの人が頼んでいるモノを注文。

TachikawaHitanaKanata_003_org.jpg
厨房には大量の唐揚げ!こんなに誰が食べるんやろうと思いますが
これが一瞬で消えます!
そして、すぐに衣を付けた鶏肉を油に投入し、揚げてと
揚げても揚げても追いつかない状況を眺めながら・・・

TachikawaHitanaKanata_006_org.jpg
でか盛り唐揚げ丼

ソースは おろしポン酢 or マヨネーズ が選べて
この状況を考えると もちろん おろしポン酢。

でも、サラダのドレッシングもポン酢だったので、カブってるじゃねぇ~かぁ!

TachikawaHitanaKanata_007_org.jpg
ちなみに、これは普通盛り
大盛りが無料なので、隣のパワフルなお兄さんの大盛り唐揚げ丼は
食べる前にギブアップ宣告してしまいそうになります。

ドンブリの向こうの厨房では、次の唐揚げを揚げています。

TachikawaHitanaKanata_008_org.jpg
唐揚げに押し潰されそうになりながら、ご飯は見えないながらも底で支えてくれています。

TachikawaHitanaKanata_009_org.jpg
さすがに食べ難いので、別皿に分けます。
ちなみに拳骨サイズの唐揚げは8ゲンコツ。

TachikawaHitanaKanata_010_org.jpg
何も付けなくても、熱々サクサクで、ジューシーでウマイ!
おろしポン酢に付けて食べても、ウマイ!
ウマさよりも胃袋が気になるんですが、不思議と完食しちゃいましたぁ~

ちなみに、隣のパワフルなお兄さんは負けてしまったようで、パックに入れてお持ち帰りしてました。
帰る頃には、階段には戦いに挑む人たちが20人待ってました。
関連記事
[ 2015/06/19 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(4)

なぜ蕎麦にラー油を入れるのか/壬生(東京:池袋)

先日のディナーは 壬生(みぶ) です。
池袋駅から北へ徒歩10分のところにあります。
IkebukuroMibu_003_org.jpg IkebukuroMibu_004_org.jpg
カウンター5席・テーブル2卓・テラス席というか外にも2卓あって、
お蕎麦屋さんというより、台湾屋台のような感じ。この後、あっという間に満席になります。

IkebukuroMibu_002_org.jpg
普通のお蕎麦屋さんではお見かけしないようなメニューが多く
他には定食や一品モノもあり居酒屋のように使っている人もいるようで。

IkebukuroMibu_006_org.jpg
肉そば (全て同一料金なので

IkebukuroMibu_007_org.jpg
茹で豚にネギ・白胡麻・刻み海苔がてんこ盛りと楽しくなるようなビジュアル。

IkebukuroMibu_008_org.jpg
蕎麦を下から引っこ抜いて、ラー油が浮かぶ つけ汁で食べますと、ウマぁ~!!

蕎麦にラー油?って思ってましたが、コシというか硬い蕎麦に良く合います。
豚肉・ネギ・海苔と一緒に食べるとまた格別!!

IkebukuroMibu_005_org.jpg
後半戦は生卵・天かすを投入するので、

IkebukuroMibu_009_org.jpg
テーブルに置いてある兵器をぶち込んで

IkebukuroMibu_010_org.jpg
これまた、ウマぁ~い!!
そのまま休憩することなく登頂!
IkebukuroMibu_011_org.jpg IkebukuroMibu_012_org.jpg
セルフサービスの そば湯 と 魚粉 を
ラー油入りのつけ汁に加えて、クールダウン。

IkebukuroMibu_000_org.jpg IkebukuroMibu_001_org.jpg
おそらく、蕎麦好きの人からすれば邪道すぎるとは思いますが
うどん・つけ麺 が好きな人であれば、きっと大好きな一杯です。
大阪には無いんかなぁ?
関連記事
[ 2015/06/18 21:00 ] お食事処 そば | TB(0) | CM(2)

超~お得な煮あなご丼セット/竹乃里(兵庫:姫路,夢前川)

先日のランチは あなごや 竹乃里 です。
山陽電鉄「夢前川駅」から西へ徒歩2分のところにあります。
YumesakigawaTakenosato_002_org.jpg YumesakigawaTakenosato_001_org.jpg
BGMは懐かしい曲が流れるUSENで
L字カウンター9席に、奥には座敷が1卓(6人)があるようです。

YumesakigawaTakenosato_000_org.jpg
ランチタイムは穴子丼が3種類。
焼く か 煮る か 蒸す か

YumesakigawaTakenosato_003_org.jpg
タレがたっぷりですよ~という文句に誘われて 煮あなご丼セット

YumesakigawaTakenosato_004_org.jpg
軽く山椒がかかり、柔らかくフンワリな穴子
ご飯もボリュームがあり、ウマ~い!!

YumesakigawaTakenosato_005_org.jpg
焼き穴子の吸い物 と 小鉢はジャガイモの煮物 と しんなりした和風サラダ
それぞれが ひと手間 かかってます。

これで終わりかなぁと思ったら・・・

YumesakigawaTakenosato_006_org.jpg
ナント!自家製焼きプリン と ホットコーヒー

これで1,000円なら凄いんちゃいますかぁ!?

YumesakigawaTakenosato_008_org.jpg YumesakigawaTakenosato_007_org.jpg
夜は居酒屋のような一品メニューもありますが、
穴子屋さんだけあって、穴子の煮こごり、穴子寿司、穴子の天ぷら、
穴子のひつま茶漬け、穴子の天むす、穴子のだし巻き
とリーズナブルに穴子まみれにもなれそうなお店でした。
関連記事
[ 2015/06/17 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

真っ黒な 鶏カツ黒ルーライス とはいったい何なんだぁ!/ダル食堂(大阪:北新地,堂島地下センター)

先日のランチは ダル食堂(Daru) です。
JR東西線「北新地駅」から徒歩3分の堂島地下センター(ドーチカ)にあります。

DoticaDaru_002_org.jpg DoticaDaru_003_org.jpg
ランチタイムはテーブル9卓はサラリーマンやOLでいっぱいで、
賑やかな内装ではありますが、ごちゃごちゃし過ぎていないので居心地は悪くありません。

DoticaDaru_001_org.jpg
蝦夷鹿煮込み、炙りハラミジュージュー焼き、牛ステーキライスなど
ネーミングだけでも興味津々、他の人に運ばれているモノを見ても
がっつり好きの人にはタマらないボリュームです。

ですが、目的はひとつだったので・・・

DoticaDaru_004_org.jpg
鶏カツ黒ルーライス

DoticaDaru_005_org.jpg
私 「(大)は凄いですか?」
店員「ええ、かなり・・・」
私 「じゃあ、(並)で」

で(並)でもかなりのボリュームです。

DoticaDaru_007_org.jpg
鶏カツを食べるとあまりの熱さにビックリ!
こういうタイプはそこそこの温かさが多いので、これは嬉しい!

DoticaDaru_006_org.jpg
さてさて、ちょっとスパイシーでピリ辛ではあるが、
カレーではない。
シチューでもない。
イカスミでもない。
果たしてこれは何やろう?
俺は何を食べているんやろう?

とブツブツ言いながら、いつの間にか完食。

DoticaDaru_000_org.jpg DoticaDaru_008_org.jpg
どうやら、紅虎餃子房の 際コーポレーション グループらしく
コッテリガッツリで食欲をそそるメニューなのも納得です。
関連記事
[ 2015/06/16 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(2)

チキンレッグ&プレミア舞茸の薬膳スープカレー/ピカンティ(北海道:札幌)

とうとう札幌まで出張するハメになってしまいました。

PicanteSapporo_012_org.jpg
出張メンバーを考えると北海道グルメを楽しむような感じでもないので、
合流する前に味わっておこうと、スープカリィ ピカンティ(PICANTE) 札幌駅前店 でディナーです。

札幌駅・大通駅のどちらからでも徒歩5分で、日本三大がっかり名所の 時計台 のすぐ近くにあります。
PicanteSapporo_004_org.jpg PicanteSapporo_003_org.jpg
2席ずつに分かれた小さなカウンターが5個、テーブルが4卓あり、ほぼ満席です。

PicanteSapporo_002_org.jpg
奥にあるレジで先払いで注文するシステムで

             STEP1 : スープをあっさり系(シャンバラ)、濃厚系(アユルヴェーダー系)
             STEP2 : メイン具材(野菜はもれなくついてきます)
             STEP3 : 辛さのレベル
             STEP4 : ライスの量
             STEP5 : トッピング
と順番に選んでいきます。

PicanteSapporo_005_org.jpg
濃厚系の チキンレッグ アーユルヴェーダー薬膳スープカレー(プレミア舞茸トッピング)

PicanteSapporo_006_org.jpg
大盛りにしたら、なだらかな黄色い山に!

PicanteSapporo_007_org.jpg
スパイシーで標準の中辛(2番)はちょうどいいぐらいで
大きなピーマン・カボチャ・レンコン・ニンジン・ナスの
良さを引き立たせてくれて、かなり美味しい!!

PicanteSapporo_009_org.jpg
更に、ウズラの卵とジャガイモも発見!!

PicanteSapporo_008_org.jpg
ホロホロと食べられるチキン

PicanteSapporo_010_org.jpg
ドッカーン!とトッピングのプレミア舞茸

愛別町矢部舞茸園の幻味舞茸というブランドらしく
こんなに大きな塊の舞茸を食べるのは初めてで食感がタマリマセ~ン!

PicanteSapporo_011_org.jpg
これは、スープカレー専用なのか?
PicanteSapporo_000_org.jpg PicanteSapporo_001_org.jpg
オモシロい名前の星空の旅人ラッシー や カタラーナもあったので
もうちょっと札幌感を味わっとけば良かったぁと思えるお店でした。
関連記事
[ 2015/06/15 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(4)

三度美味しい・・・いやいや四度!美味しい神戸うどん/でん(兵庫:神戸,元町)

先日のランチは 神戸うどん でん です。
JR・阪神「元町駅」から南へ徒歩2分のところにあります。
MotomachiDen_011_org.jpg MotomachiDen_003_org.jpg
1階右手には寝かせているうどん玉。
そして正面には、新幹線のような配色の階段。
これを上がるとカウンター7席の店内になります。

MotomachiDen_002_org.jpg
うどんは3種類ですが、もちろん名物のうどんを注文。
待つ間に長文の食べ方を何回か読み返します。

MotomachiDen_004_org.jpg
神戸うどん(大盛り)

更に食べ方を説明してくれますので、もう一度予習をします。

MotomachiDen_005_org.jpg
意外と食べる機会が少ない細いうどん
ところで神戸うどんって何?

MotomachiDen_006_org.jpg
まずは、徳利の出汁を半分入れて 釜揚げ で食べま~す!
う~ん美味しい!細いうどんもいいもんだぁ!

MotomachiDen_007_org.jpg
次に大分県産卵 『蘭王』 を投入して、釜玉で食べま~す!

MotomachiDen_008_org.jpg
出汁が濃くて多めなので、卵が入るとすき焼き風に。

ちなみに、卵をトロロに変更することもできます。

MotomachiDen_009_org.jpg
そして、後から出されるスジ煮込みをうどんが入っていた大きなドンブリに
残していた徳利の出汁とともにいれると ぼっかけうどん になっちゃいましたぁ!

コレでも充分満足できます!

MotomachiDen_010_org.jpg
が更におまけ!ランチタイムには無料で白ご飯が付いてくるので
釜玉で残った出汁に放り込んで 卵かけ御飯 で〆ることができま~す!

MotomachiDen_001_org.jpg MotomachiDen_000_org.jpg
この食べ方が 神戸うどん というのだそうで。
これはハマリますよ!
関連記事
[ 2015/06/14 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

品数が多くてヘルシーな豚肉とポテトのロールカツ/キッチンYes(京都:長岡天神)

NagaokaTenjinYes_009_org2.jpg
阪急京都線「長岡天神駅」から北へ徒歩2分のところにあるこちらのビル。
テナントの看板は出ているけど、さてお店はどこにあるでしょうか?
鼓月、Kodakが目立ってお店が見つからないのですが
細い階段を上がった2階にある キッチンYes でランチです。

NagaokaTenjinYes_000_org.jpg NagaokaTenjinYes_001_org.jpg
テーブル7卓で12時直前だと近所のおっちゃん、おばちゃんたちが
占領してランチとお喋りを楽しんでいます。
外からはミラーなので見えませんが中からは通りがよく見渡せます。

NagaokaTenjinYes_008_org.jpg
ランチは4種類あって、食べたことのないモノを注文。
お二人で丁寧に料理されているので、そこそこ待って・・・

NagaokaTenjinYes_003_org.jpg
豚肉とポテトのロールカツ定食

NagaokaTenjinYes_004_org.jpg
この華やかな盛り付けにはテンションが上がるでしょう~!!

NagaokaTenjinYes_005_org.jpg
ブロッコリー、梅ソースの??、ニンジン、煮豆、ふろふき大根

NagaokaTenjinYes_006_org.jpg
キャベツ・カイワレなどのサラダ、カボチャサラダ・パスタ

NagaokaTenjinYes_007_org.jpg
そしてメインのウィンナーを巻いた 豚肉とポテトのロールカツ

と凝った料理で盛りだくさん!!
しかもヘルシーなのにボリューム満点!!

NagaokaTenjinYes_002_org2.jpg
毎日食べても健康的で飽きない料理なので、
近所の人たちが集まるのも納得してしまうお店でした。
関連記事
[ 2015/06/13 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

月見照り焼きロティサリーチキン/The AVERY'S(エイヴァリーズ)(大阪:本町)

先日のランチは The AVERY'S(エイヴァリーズ) です。
地下鉄「本町駅」から南西へ徒歩5分のところにあります。
HommachiAverys_002_org.jpg HommachiAverys_005_org.jpg
テーブル10卓・カウンター5席ぐらいで、照明は酒樽
テレビは付いていますが、音声無しでBGMはガンガンの洋楽。

HommachiAverys_001_org.jpg
ステーキ・ハンバーグ・ローストビーフとありますが
ロティサリーチキン専門店って謳ってるのでチキンを注文。
HommachiAverys_003_org.jpg HommachiAverys_004_org.jpg
嬉しいことにドリンクバー付き。
まずは、パインから・・・というかジュース系がパインしかないのも珍しい。

HommachiAverys_006_org.jpg
月見照り焼きロティサリーチキン

お味噌汁だけ注文したらすぐに持ってきてくれたので
全部揃ってから写真撮って飲むと結構ぬるい。

HommachiAverys_007_org.jpg
山口県の長州どりを使ったチキンは、熱くて持てませ~ん。
でも、骨から簡単に外れるようになっているので
慣れれば、甘い照り焼きソースと一緒に食べて美味しい!
何がロティサリーなのかわかりませんが。

HommachiAverys_008_org.jpg
月見タマゴはチキンよりも照り焼きソースと一緒にライスに
乗っけたほうがB級的に美味しくなります。

HommachiAverys_009_org.jpg
食後はアイスコーヒーで。
HommachiAverys_000_org.jpg HommachiAverys_010_org.jpg
こうなると丸ごと一羽のロティサリーチキンが気になりますねぇ。
関連記事
[ 2015/06/12 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(2)

皿うどん というよりは 焼きチャンポン/元祖ぴかいち(福岡:博多駅)

福岡での出張が終わったので、新幹線に乗る前に
博多駅から南西へ徒歩8分の 元祖 ぴかいち でディナーです。
HakataPika1_002_org.jpg HakataPika1_006_org.jpg
カウンター6席・テーブル4卓でテーブルにはお店特製の 辛し高菜 は食べ放題。

HakataPika1_003_org.jpg HakataPika1_004_org.jpg
ラーメン・チャンポン・皿うどん と酢豚など中華料理が少し。
目的は決まっていたので、それを注文。

HakataPika1_005_org.jpg
フロアのおばちゃんが立っている場所に一番近いカウンター席に座ると
私の目の前の穀物酢を使って餃子のタレを小皿に作ってくれます。
でも、他のお客さんが餃子を注文するたびに、
このお酢を使うので、「代わりに作りましょうか?」って言いたくなります。

HakataPika1_007_org.jpg
まずは、餃子

ちょっと小さめでパクッと食べると辛~い!
2個目は何も付けずに食べると肉汁が美味しく
味わえたのでラー油が原因だったようです。

HakataPika1_008_org.jpg
で、皿うどん・・・っぽいもの

うん、皿うどん?
お馴染みの あんかけタイプではない?

HakataPika1_009_org.jpg
製麺室もちゃんとあって自家製のツルツル麺には
ホタテ・海老・貝・チクワ・イカ・カマボコ・野菜もたっぷりで
皿うどん ではなく まさに 焼きチャンポン で
ドストライクの超ウマぁ~!!!

HakataPika1_010_org.jpg
折角なんで辛し高菜を食べてみましたが
今回頼んだ料理には合わないようでした。

HakataPika1_001_org.jpg HakataPika1_000_org.jpg
大阪にも焼きチャンポンが食べられるお店はあるんでしょうかねぇ。
関連記事
[ 2015/06/11 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

揚げたて天ぷらだけでなくアレもコレも食べ放題/天ぷら ひらお(福岡:博多,天神)

出張でやって来ました博多。敢えてラーメン以外を食べようと

HiraoTenjin_000_org.jpg HiraoTenjin_001_org.jpg
地下鉄空港線「天神駅」から西へ徒歩5分のTOHOシネマのある天神東宝ビル

その1階にある 天ぷら ひらお 天神店 でディナーです。

HiraoTenjin_005_org.jpg HiraoTenjin_006_org.jpg
天ぷらをセッセと揚げている厨房を囲むカウンターには
お客さんがいっぱいで若い女性でも一人で黙々と楽しんでます。

HiraoTenjin_003_org.jpg
何をメインに食べたいかで選べる定食で
いろんなものを食べたかったので お好み定食 を注文。

HiraoTenjin_007_org.jpg
まず、ご飯・お味噌汁・大根おろし入りの天つゆ がセッティング

HiraoTenjin_009_org.jpg
4つのビンには何が入っているのでしょ?

HiraoTenjin_008_org.jpg
ゆず入り いかの塩辛・もやしのナムル・大根の煮物・カボチャの煮物 がナント!食べ放題!

隣のおじさんは「ご飯は後からでいいからまずビール」と言って
これらを おつまみ にして美味しそうにビールを飲んでました。

HiraoTenjin_010_org.jpg
揚げるたびに少しずつ持ってきてくれ、えび・白身魚・豚

HiraoTenjin_012_org.jpg
なす・イカ・ピーマン・かぼちゃ で完成

HiraoTenjin_011_org.jpg
揚げたてサックサクの天ぷらといかの塩辛などがあって
もしご飯がお替り自由なら延々と食べ続けてしまいそうになります。

HiraoTenjin_004_org.jpg HiraoTenjin_002_org.jpg
神戸の まきの や 大和郡山の ゑびすや などリーズナブルな
揚げたて天ぷらのお店は福岡でも大人気でした。
関連記事
[ 2015/06/10 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

覆面作家の愛の歌(北村薫)

本日、読了。

北村薫 では 8冊目。

『覆面作家』シリーズ では 2作目。


 <あらすじ>

  ペンネームは覆面作家 ― 本名・新妻千秋。

  天国的美貌でミステリー界にデビューした新人作家の正体は
 大富豪の御令嬢。
  しかも彼女は現実に起こる事件の謎までも鮮やかに解き明かす、
 もう一つの顔を持っていた!

  春のお菓子、梅雨入り時のスナップ写真、そして新年のシェークスピア…。
  三つの季節の、三つの事件に挑む、お嬢様探偵の名推理。


<感想>

 覆面作家の新妻千秋に会ってみた~い!

 20歳で五つ星!の美貌で、しかも電話するとお手伝いさん→執事→千秋と取り次がないといけないほどのご令嬢。

 これだけだったら、見るだけでもいいかなぁって思いますが、その上に電話では対人緊張症気味、豪邸から一歩外に出ると言葉遣いも変わって、借りてきた猫からサーベルタイガーに大変身してしまうような内弁慶ではなく外弁慶なんです。
 それで推理力が抜群ですから、そんな人は逆にいろいろ観察して、振り回されてもイイかもって思ったり。

 3つの短編のそれぞれの冒頭に数カットのイラストがあり、読む前には何のことかイメージしにくいですが、読後に見直すと、あぁあのシーンねぇ、と自分の思い出のように共感できることに一票挙げたくなります。
 いかにも映像化しやすそうな内容やなぁって調べると、ともさかりえ主演でドラマ化されているようで、イメージに近いかも。

【北村薫 読了リスト】
 空飛ぶ馬                  『円紫さん』シリーズ1
 夜の蝉                   『円紫さん』シリーズ2
                        第44回日本推理作家協会賞短編部門
 秋の花                   『円紫さん』シリーズ3
 覆面作家は二人いる          『覆面作家』シリーズ1
 六の宮の姫君              『円紫さん』シリーズ4
 冬のオペラ
 スキップ                  時と人 三部作1
関連記事
[ 2015/06/09 21:00 ] 北村薫 | TB(0) | CM(0)

生春巻き から始まる フェットチーネのパスタコース/MJ CAFE(大阪:河内松原)

先日のディナーは MJ CAFE です。
近鉄南大阪線「河内松原駅」から北西へ徒歩5分のところにあります。

MatsubaraMJ_202.jpg
3度目の訪問です・・・全部クーポンですけど。
メニューを見てもわかるように、クーポンが無くても
来たくなるようなフードメニューが充実しています。
MatsubaraMJ_203.jpg MatsubaraMJ_204.jpg
この日はテラス席もある店内は予約でいっぱいのようです。

MatsubaraMJ_205.jpg
ジンジャーエール で乾杯

MatsubaraMJ_206.jpg
前菜は、生はるまき・生ハム・豆腐サラダ
豆腐サラダもエスニック風なので、東南アジアに来た感じに。

MatsubaraMJ_207.jpg
チキンと野菜の南蛮漬け だけでなく 野菜サラダ に 野菜スープ と野菜尽くし!

MatsubaraMJ_208.jpg
フェットチーネのトマトソース
モチモチのフェットチーネとシャキシャキの蓮根の対比がオモシロく
これを目当てに食べに来てもいいぐらい美味しい!

ここでクーポンは終了。
でも最後に甘いモノが欲しいよなぁということで・・・

MatsubaraMJ_209.jpg
深煎り豆を使用しているという 自家製コーヒーゼリー

苦くて甘くて冷たくて と今日のディナーに合ってます!
MatsubaraMJ_201.jpg MatsubaraMJ_200.jpg
次こそはクーポン無しで来よう!

☆今までの「MJ CAFE」☆
 ・地場野菜を使って前菜盛りからペペロンチーノまで
 ・焼きたての香ばしいふわふわワッフル チョコレート
関連記事
[ 2015/06/08 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(4)

雑居ビルのなかの南国タイでランチしてきましたぁ/熱帯食堂(大阪:高槻)

NettaiTakatsuki_013_org.jpg NettaiTakatsuki_000_org.jpg
JR高槻駅からでも阪急高槻市駅からでも徒歩3~4分の雑居ビル
入り口には タイのごはん・バリのごはん 熱帯食堂

NettaiTakatsuki_012_org.jpg
自転車が停まって、雑然としたフロアのエレベーターに乗ると

NettaiTakatsuki_002_org.jpg
丁寧な案内

NettaiTakatsuki_011_org.jpg NettaiTakatsuki_003_org.jpg
で4階に着くと、寝そべるガネーシャ
入り口を覗くと、そこはもうタイ
「サワディクラップ」「サワディーカー」とご挨拶。
数年前にプーケットに行ったことを思い出します。

NettaiTakatsuki_004_org.jpg NettaiTakatsuki_005_org.jpg
店内はかなり広くほとんど女性で子育てやら旦那の悪口で盛り上がり中。
錫のコップと水入れ、そしてタイ料理にかかせない数種類のソース

NettaiTakatsuki_001_org.jpg
他にもエビバーガー、週替り麺、カレー、ナシチャンプルといろいろあって、
どれもこれも美味しそうな中から、週替りおかずランチを注文。

NettaiTakatsuki_006_org.jpg
週替りおかずランチの バビパンガンSET

NettaiTakatsuki_008_org.jpg
タイ土産で買ったことありそうなお箸

NettaiTakatsuki_009_org.jpg
左の辛い薬味はお肉用、右の甘いのは揚げもの用です、と説明してくれ

NettaiTakatsuki_007_org.jpg
スパイシーな炙られた豚肉はほどよい硬さで辛い薬味を付けて
コーンの揚げものは何も付けなくても美味しいけど、甘くして
一気に南国にやって来た気分になって、なかなかの美味しさです。

NettaiTakatsuki_010_org.jpg
更に、100円追加でデザート&ドリンクがつけられるので
ジャスミンティー と 甘~い白玉

ボリュームもあって、美味しく、雰囲気もいいので人気があるのもわかります。
もちろん帰りは手を合わせて「コップンカー」
関連記事
[ 2015/06/07 21:00 ] お食事処 エスニック | TB(0) | CM(0)

エスプーマらーめん & エスプーマチャーシュー丼/ふく流らーめん 轍(大阪:本町)

先日のディナーは ふく流らーめん 轍(わだち) です。
地下鉄四つ橋線「本町駅」から西へ徒歩2分のところにあります。

HonmachiWadachi_004_org.jpg HonmachiWadachi_003_org.jpg
21時前でもL字カウンター11席はほぼ満席で
タイミングによってはちょっと待つ人もいるようです。

HonmachiWadachi_002_org2.jpg
日曜&夜用もニューだと
味玉ふく流らーめん・味玉煮干醤油らーめん・まぜにぼ とあります。

メニューを眺めてると、化学調味料は使ってませんだけでなく、中国産も使ってません、と。

HonmachiWadachi_006_org.jpg
味玉ふく流らーめんレアチャーシュー丼

ちなみに 味玉ふく流らーめん は本日最後から2杯目でしたぁ~

HonmachiWadachi_007_org.jpg
真っ白な表面は柚子エスプーマ
味玉・刻みネギ・水菜 と少し覗くレアチャーシューの色が映えます。

HonmachiWadachi_009_org.jpg
濃厚だけどまろやかなスープは超うまァ~!!
コシのある麺ともよく合ってます。

HonmachiWadachi_008_org.jpg
噛めば噛むほど旨味が溢れるレアチャーシュー

HonmachiWadachi_005_org.jpg
特製のタレをエスプーマして、更に炙っている レアチャーシュー丼
角切りのチャーシューに弾力もあって、これだけでも充分満足できてしまいます。

HonmachiWadachi_001_org.jpg HonmachiWadachi_000_org.jpg
他のメニューも食べて、全品制覇したくなるような大人気のお店でしたぁ!!
関連記事
[ 2015/06/06 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

トンカツ でも トンテキ でもなく トンプラ/とんかつ一番(京都駅)

先日のランチはJR京都駅から西へ徒歩16分のところにある とんかつ一番 です。
すぐ北には西本願寺、すぐ西には京都水族館があります。

閉店かと勘違いしてしまいそうに暖簾が内側にある入り口の扉を開くと

KyotoSTTonkatsu1ban_008_org.jpg
更に、扉が2つどちらを開ければいいのでしょうか?
正解は右のガラス戸です。

KyotoSTTonkatsu1ban_004_org.jpg
ちなみに、店内から見ると右側はキッチンのドアなので
店員さんがキッチンからフロアに移動しようとすると
ドアを2つ開けなければならないということになっちゃってます。

KyotoSTTonkatsu1ban_001_org.jpg KyotoSTTonkatsu1ban_003_org.jpg
13時を過ぎても、カウンター5席・テーブルテーブル3卓は
9割りほど埋まっているような人気店なので日替り定食は終了して
ソースかつ丼はまだ残っていたのですが、気になるメニューがあったので・・・

KyotoSTTonkatsu1ban_005_org.jpg
とん婦羅 + ライス

一品メニューなのでライスは別注文

KyotoSTTonkatsu1ban_006_org.jpg
とり天っぽいモノをイメージしていたら、から揚げ風でした。
トンカツの衣が無く、ジューシーさと弾力の良さを直接味わえる
初めての食べ方です。これはなかなかいいですよ~!

KyotoSTTonkatsu1ban_007_org.jpg
味噌汁は豚肉入りの赤だし!さすがトンカツ屋さん!!

KyotoSTTonkatsu1ban_002_org.jpg KyotoSTTonkatsu1ban_000_org.jpg
単純にトンカツを食べても美味しいんでしょうけど
変わった豚肉料理が多いのでいろいろ楽しめそうなお店でした。
関連記事
[ 2015/06/05 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

和風ビーンズソースハンバーグには パン食べ放題/(大阪:梅田)

先日のランチはケラケラ クランツ (KELLER KELLER KRANZ)です。

ローストビーフ丼を食べた 立ち喰いフレンチ ミッテラン2世 と同じ
梅田の大阪富国生命ビルのB2Fにあります。
UmedaKellerKranz_004_org.jpg UmedaKellerKranz_001_org.jpg
テーブル席が多くカウンターも10席ほどあって女子会やパーティを開けそうなお店です。

UmedaKellerKranz_002_org.jpg UmedaKellerKranz_003_org.jpg
メニューからなんとなくわかるように女性好みのお店で
メインを頼んで、数種類のパンが食べ放題とお得なシステムになっています。

UmedaKellerKranz_005_org.jpg
サラダ・スープが出され、続いてバスケットを持った店員さんがパンの説明をしてくれ、
チョコ・ミルク・クルミ・オレンジ をチョイス。パンがほんのり温かいだけで嬉しい。

UmedaKellerKranz_006_org.jpg
メインは 自家製ハンバーグ

ソースは定番のデミグラスも選べますが、日替わりの和風ビーンズ

熱々で柔らかく、照り焼きソースに大根おろしが入ったビーンズソースが
ハンバーグの焦げともいい風味になって、美味しい!

UmedaKellerKranz_007_org.jpg
お替わりのパンは、ミルク・クルミ・ホテルブレッド
こうなるとコーヒーが飲みたくるんですが、+200円だったので今日はやめときました。

UmedaKellerKranz_000_org.jpg UmedaKellerKranz_008_org.jpg
調べてみると、はまぐり出汁巻たまご定食を食べた
阪急32番街グランドビルの はまぐり庵 と同じ系列のようです。
関連記事
[ 2015/06/04 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

餃子2人前 & きゅうりのマル漬け には ライス(大)/ミスター・ギョーザ(京都:西大路)

仕事で京都に来ても、場所が中途半端すぎて、なかなか行けなかった
ミスター・ギョーザ でディナーです。
JR西大路駅から東へ徒歩12分のところにあります。

NishiojiMrGyoza_003_org.jpg NishiojiMrGyoza_002_org.jpg
ちょっと早い時間だったので、カウンター7席・テーブル2卓に
先客は酒盛りをしている2組のおっちゃんたち。

NishiojiMrGyoza_001_org.jpg
メニューはこれだけですが
時間帯もあってか、晩御飯のおかず用として近所のおばちゃんたちが
お持ち帰りコーナーに続々やってきて行列ができてました。

NishiojiMrGyoza_004_org.jpg
餃子 2人前 に ライス(大)そして スープ

NishiojiMrGyoza_005_org.jpg
こんがりキツネ色の餃子は1人前6個

NishiojiMrGyoza_007_org.jpg
味噌ダレ・酢醤油と2種類あるので、交互に楽しめ
モチっとパリッとした皮に旨味たっぷりの餡
さすが、ミスター・ギョーザ!!店名に負けない美味しさ!!

NishiojiMrGyoza_006_org.jpg
そして、箸休めの きゅうりのマル漬け
所詮、きゅうりでしょ?って思っていたら癖になります!!

NishiojiMrGyoza_000_org.jpg
近所にあれば、毎晩ギョウザがおかずに出てきそうなお店でした。
関連記事
[ 2015/06/03 21:00 ] お食事処 中華 | TB(1) | CM(2)

路地裏にあるから路地裏、激辛でもないけど激辛牛すじ煮込/路地裏(東京:品川)

品川駅でのランチは罰ゲームだと思っているので出来るだけ避けたいんですが
といっても、食べざるを得ないこともあるので、食べログで探してみることに。

ShinagawaRojiura_001_org.jpg
で、店名と料理にちょっと興味が湧いたので、目指します。
地図ではどこから入るんだぁというようなビル密集地にあるらしく
ぐるっと、とある一角を一周したら、自動販売機とフェンスの細い路地の奥に・・・
ShinagawaRojiura_006_org.jpg ShinagawaRojiura_005_org.jpg
路地裏にある 路地裏 でランチです。

ShinagawaRojiura_000_org.jpg
韓国料理居酒屋のようで、店員さん同士の会話は韓国語。
ということで、お店のイチオシメニューを注文すると

ShinagawaRojiura_002_org.jpg
1分後には並べられた 激辛牛すじ煮込定食

ShinagawaRojiura_004_org.jpg
いかにも激辛っぽい色
頼んでみたものの辛いのが得意・・・ではない。
そして辛いのが嫌いではないが・・・大好きでもない。

食べ切れるのだろうか?とか不安がよぎります。

ShinagawaRojiura_003_org.jpg
ところが、ウマイや~ん!
激辛じゃなくて、ピリ辛で旨辛や~ん!
ホロホロで柔らかいや~ん!
デカイお肉がいっぱいや~ん!

大根やコンニャクも入って、白ごはんにピッタリ!

汗を掻くこともなく仕事に向かうのでした。
関連記事
[ 2015/06/02 21:00 ] お食事処 韓国 | TB(0) | CM(2)

元祖『つけ天』の蕎麦屋はドラマ『きょうは会社休みます。』のロケ地 /角平(神奈川:横浜,平沼橋)

平沼橋・高島町・横浜駅からそれぞれ徒歩7分~9分のところにある
YokohamaKadohei_001_org.jpg YokohamaKadohei_000_org.jpg
角平(かどへい) でディナーです。
角が突き抜けるのが正式な漢字らしい。

YokohamaKadohei_003_org.jpg YokohamaKadohei_004_org.jpg
いい感じに年季の入ったお店は賑わっており、喫煙者は奥の座敷に隔離されるようです。

YokohamaKadohei_002_org2.jpg
これ以外にも普通のそばメニューもちゃんとあるんですが
『つけ天』というモノの発祥のお店だということで・・・

YokohamaKadohei_005_org.jpg
つけ天のお蕎麦大盛りの 大つけ天

YokohamaKadohei_006_org.jpg
キリっと締まっているのがわかる細く輝く蕎麦

YokohamaKadohei_007_org.jpg
気持ちよさそうに 温かいつけ汁に浸かっている大きな海老天
身はプリッとして、つけ汁を吸った衣がまた美味しい!

YokohamaKadohei_009_org.jpg
甘めのつけ汁と天ぷらの油が合わさってコクがでてウマ~い!

YokohamaKadohei_010_org.jpg
〆は天かす入りのそば湯で。

横綱の白鵬関が来店したときの写真があったので、では
ドラマの『きょうは会社休みます。』の写真もあるはずだろうと探してみると

YokohamaKadohei_008_org.jpg
レジの分かりにくい場所に 綾瀬はるか さんのサイン

 
関連記事
[ 2015/06/01 21:00 ] お食事処 そば | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)