FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2015年05月
月別アーカイブ  [ 2015年05月 ] 

≪ 前月 |  2015年05月  | 翌月 ≫

タラのオムレツのスペイン風サンドウィッチ/ガストロテカ ビメンディ(大阪:本町)

先日のランチは ガストロテカ ビメンディ(gastroteka bimendi) です。
地下鉄四つ橋線「本町駅」から北へ徒歩4分のところにあります。

HonmachiBimendi_002_org.jpg HonmachiBimendi_004_org.jpg
カウンター席がお店の3箇所ほどに点在し、テーブル席もポツポツとあって
テラスもあるのでランチどきでもカフェとして利用できるような雰囲気です。

HonmachiBimendi_001_org.jpg
ランチは6種類の具材から選ぶスペイン風サンドウィッチ

よくわからないので、とりあえず一番上を注文。

HonmachiBimendi_005_org.jpg
何とも変わった器で慎重に運んで来てくれます。

HonmachiBimendi_003_org.jpg
玉ねぎのスープ
マッタリして、これがなかなかイケてます!

HonmachiBimendi_006_org.jpg
タラのオムレツのスペイン風サンドウィッチ

HonmachiBimendi_007_org.jpg
ビローンと万願寺とうがらしがはみ出ていて

HonmachiBimendi_008_org.jpg
噛むとバリバリと音が心地よく、フワッとしたタラのオムレツと
対比になって、美味しく面白いサンドイッチです。

HonmachiBimendi_009_org.jpg
大きなサンドイッチの下には大量のフライドポテト

HonmachiBimendi_000_org.jpg HonmachiBimendi_010_org.jpg
komunakとプレートのあるドアがあったので何だろうと思っていたら
バスク語で トイレ という意味だそうで。

まったりスープとバリバリパンが美味しいお店でした。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/05/31 21:00 ] お食事処 エスニック | TB(0) | CM(0)

センスの良さを感じるポークカツレツチーズのせ焼き/手塚(京都:丸太町)

地下鉄烏丸線「丸太町駅」から西へ6分ほど歩いて

MarutamachiTeduka_008_org.jpg
屋根にアンティークな外灯がある 手づくり洋食屋 手塚 でランチです。
更にその先には、京都第二赤十字病院があります。

MarutamachiTeduka_001_org.jpg
12時半頃に行くと、テーブル9卓はほぼ満席でラスト1席を確保。
相席はしていないようで、断念するお客さんも多いようです。

「少しお時間をいただきますが、よろしいでしょうか?
時間に余裕があったので、「いいですよ」と注文。

MarutamachiTeduka_002_org.jpg
で25分後にやってきた ポークカツレツチーズのせ焼き

MarutamachiTeduka_003_org.jpg
メチャクチャ美味しそうなとろけたチーズ

MarutamachiTeduka_005_org.jpg
ポークカツレツの堤防に囲まれているたっぷりのデミグラスソース

MarutamachiTeduka_006_org.jpg
ポークカツレツに乗ったチーズではなく
ポークカツレツを優しく包み込んだチーズで
デミグラスソースをつけて食べると、めちゃウマぁ~!!

MarutamachiTeduka_004_org.jpg
黒胡椒のパスタと トウモロコシ・ベーコンのキャベツのサラダ と
メインだけでなく、こちらもキッチリ手作りです。

MarutamachiTeduka_007_org.jpg MarutamachiTeduka_000_org.jpg
ライスも食べきれないぐらい山盛りだったので、味だけでなく、ボリュームも満足できるお店でした。
ちなみに営業時間はランチの2時間半だけですので。
関連記事
[ 2015/05/30 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

なぜかイタリアンもあるインド料理レストラン/ポニーズカフェ(兵庫:たつの)

潮干狩り で実家に帰った翌日。母親が何も作りたくな~い、と言うので
であればとチャチャチャと調べて、Pony'sCafe(ポニーズカフェ) でランチです。

JR姫新線「本竜野駅」から南へクルマで6分 または
太子竜野バイパス福田ICからクルマで3分のところにあります。

TatsunoPonys_001_org.jpg
日本っぽくない壁の落書き?ペイント?

TatsunoPonys_000_org.jpg
ロッジ風のお店には、インド料理とパスタののぼり
TatsunoPonys_003_org.jpg TatsunoPonys_004_org.jpg
テーブル7卓にロフトがあって、ダーツやカラオケまであります。

TatsunoPonys_002_org.jpg
ランチのカレーセットは7種類のカレー、4種類の辛さ、
7種類のドリンクから選べるというお得なセットになっています。

写真は撮ってないですが、なぜかパスタやピザも結構な種類があります。
う~ん、インド人が作るパスタ・・・興味がありますけど今回は遠慮しときましょう。

TatsunoPonys_005_org.jpg
2種類のカレーがついた Cセット

TatsunoPonys_007_org.jpg
極薄クラッカーの パパド
ネパール風ポテトサラダの アルアチャール
娘に大半を奪われたお馴染みの タンドリーチキン

TatsunoPonys_006_org.jpg
キーマほうれん草チキン はそれぞれ中辛で。

TatsunoPonys_008_org.jpg
ロッジ風やしイタリアンまであるしとハードルを下げてしまったので、
その反動もあってか、なかなかウマいや~ん。店員さんもカッコいいや~ん。

TatsunoPonys_009_org.jpg
Cセットはナン食べ放題なので、お替わりしたらこれまた大きなナン。
みんなでシェアしてなんとか食べ切ることができました。

TatsunoPonys_010_org.jpg
ドリンクは、甘~~~い ラッシー

幹線から少しそれた微妙な立地なので、誰も来ないのかなぁと思ってたら
どんどんお客さんがやってきたので、知っている人は知っている人気店のようです。
関連記事
[ 2015/05/29 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

【潮干狩り2015 ③】手ごねのザクザク・ドーナツ/hanauta(大阪:阿波座,京町掘)

潮干狩り で実家に帰ったときのお土産は hanauta(ハナウタ) のドーナツです。
地下鉄「阿波座駅」から北へ徒歩6分の東西に長い靭公園の西端近くにあります。
AwazaHanauta_005_org.jpg AwazaHanauta_006_org.jpg
ガラスケースにはドーナツだけでなくスコーンもあり
どれも美味しそうなので選び難い・・・
もう面倒なので、何種類あるか数えて「全部1個ずつください」

AwazaHanauta_000_org.jpg
どれがどれやらわからないので
プレーン・シナモンシュガー・はちみつ

AwazaHanauta_001_org.jpg
イチジク・野菜・アーモンド・

AwazaHanauta_002_org.jpg
あん・バニラミルク・くるみ

AwazaHanauta_007_org.jpg
潮干狩り で貝をザクザク掘っている合間に
ザクザクのドーナツを美味しくいただきました。
たぶん、これはアーモンド。
AwazaHanauta_004_org.jpg AwazaHanauta_003_org.jpg
フワフワのまん丸なドーナツもいいですけど
ザクザクで不揃いなドーナツもクセになりますね。
関連記事
[ 2015/05/28 21:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(2)

【潮干狩り2015 ②】炊きたての釜飯を食べたければ15分待ちましょう/おやじの台所 森崎(兵庫:太子町)

新舞子での潮干狩り の後、北へクルマで25分ほど走って おやじの台所 森崎 でランチです。
国道179号線の東出交差点を南へ100mのところにあります。

TaishiMorisaki_008_org.jpg TaishiMorisaki_009_org.jpg
L字型カウンターと個室にできる座敷が2箇所。
と結構大きな店内を高齢のご夫婦でされているようです。

TaishiMorisaki_002_org.jpg
釜めし だけでなく、定食・ぞうすい・ドンブリ・一品とあります。
注文後15分~20分かかるということで待ちましょう!
逆にすぐに出されたら舌打ちしてしまいますけどね。

TaishiMorisaki_003_org.jpg
天ぷら釜膳

TaishiMorisaki_004_org.jpg
エビ・ホタテ・ウズラ・シメジ・カボチャ・ニンジン・キヌサヤ・・・と
覚えられないぐらい具の種類もボリュームもいっぱいで
主役でありながら主張しすぎないアッサリふっくらでウマ~い!

TaishiMorisaki_005_org.jpg
エビ2尾・カボチャ・レンコン・キヌサヤの揚げたての天ぷら

TaishiMorisaki_006_org.jpg
更に小鉢2品・茶碗蒸し・デザートまで付いてますからね。

TaishiMorisaki_007_org.jpg
デザートの前に釜飯茶漬けでまた違った美味しさを味わえます。
TaishiMorisaki_001_org.jpg TaishiMorisaki_000_org.jpg
幹線から少し入ったところに、こんなお店があるなんてぇ~
関連記事
[ 2015/05/27 21:00 ] 旅行・おでかけ 奈良 | TB(0) | CM(2)

【潮干狩り2015 ①】新舞子海水浴場(兵庫:たつの)

今年も行ってきました 新舞子 での潮干狩り。

Shiohigari2015_000_org.jpg Shiohigari2015_001_org.jpg
全部で6人で行きましたが、実際に掘るのは私と娘だけ。
ちなみに有料の休憩場に入ると海に入らなくても、休憩料だけでなく入浜料も
払わないといけないので、いつも通り、松林横でゴザを敷いて陣取ります。

この日は10:30スタートで、10分ぐらい前になると行列が出来始めます。

Shiohigari2015_004_org.jpg
で、曇り空のもと、スタート!

Shiohigari2015_006_org.jpg
今年も大漁!大漁!・・・と言いたいのですが

Shiohigari2015_002_org.jpg
30分ガンバッた娘は2個

Shiohigari2015_003_org.jpg
「今年はアカンわぁ~」と40分でギブアップした私
「それなら私が獲ったるわぁ」と奥さんが出陣して・・・

Shiohigari2015_007_org.jpg
15分で完敗

Shiohigari2015_005_org.jpg
持ち帰るために、娘に海水を汲んで来てもらって

Shiohigari2015_008_org.jpg
実家で砂出しして

今年の成果は 683グラム
昨年は3.9kg だったんですけど)

Shiohigari2015_009_org.jpg
翌日、酒蒸しで美味しくいただきました。
関連記事
[ 2015/05/26 21:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(2)

牛タン&豚しゃぶ定食はガッツリ300g/壱庵(大阪:本町)

地下鉄「本町駅」から北へ徒歩3分の瓦町通りにあるビルの
Honmachi1an_008_org.jpg Honmachi1an_009_org.jpg
奥の奥にある 壱庵 でランチです。

Honmachi1an_002_org.jpg
カウンター6席・テーブル2卓のお店で
ランチはステーキ屋さん、夜は馬肉専門店だそうですが
今回はクーポンでやってきました。

Honmachi1an_004_org.jpg
牛タン&豚しゃぶ定食

呑める大人は生ビールが付いてくるんですが、下戸なのでソフトドリンクはコーラ

Honmachi1an_006_org.jpg
牛タン150g

Honmachi1an_005_org.jpg
豚しゃぶ150g

Honmachi1an_003_org.jpg
同じ厚さで同じ大根おろしソースですが、食べ比べると全然違うなぁと
漬物・キムチと一緒にパクパクと。

メニューによると生卵もお替わり自由らしいんですが、誰も頼んでないし、
店員さんもメチャクチャ忙しそうでオススメするような雰囲気じゃないので

Honmachi1an_007_org.jpg
フライドガーリックまみれにしてガッツリしときました。
Honmachi1an_000_org.jpg Honmachi1an_001_org.jpg
ステーキ定食が200gで1000円、300gで1300円、400gで1600円、1ポンドで1800円。
1ポンドって何グラム?って思って調べると453g・・・400gと変わらんや~ん!
関連記事
[ 2015/05/25 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(2)

とってもお得な 魚のソテー&野菜とベーコンのスパゲッティのハーフランチ/イル・ブルスケッタ(岡山:岡電「西川緑道公園」)

先日のランチは イル・ブルスケッタ(Il Bruschetta) です。
岡電「西川緑道公園駅」から南へ徒歩4分のところにあります。

OkayamaIlBruschetta_003_org.jpg OkayamaIlBruschetta_002_org.jpg
テーブル13席だけでなくテラス席も数席あり、いかにも女性が好きそうなインテリアですが
ゴチャゴチャでもなく殺風景でもないのでオッサンでも好感が持てます。

OkayamaIlBruschetta_001_org.jpg
ランチは4種類。
魚もパスタも食べられるという欲張りなハーフランチを注文。

OkayamaIlBruschetta_004_org.jpg
ほんのり温かいバケット
カレー風味のマカロニサラダ
カボチャのソテー
サラダ、スープ

これだけあると、手抜きのモノもあるんですけど、
どれも美味しい!このお店は当たり確定です!!

OkayamaIlBruschetta_005_org.jpg
トマトソース or にんにくオイルが選べて、いつもならにんにくオイルなんですが
この後、仕事でお客さんと密室に籠る可能性があるので、トマトソースで。

野菜とベーコンのスパゲッティ

まったりとしたトマトソースとモチっとしたパスタ。
はい、美味しい!!

OkayamaIlBruschetta_006_org.jpg
魚のソテー クリームソース

クリームソースの下にはソテーした魚、そしてライス。
その通り!美味しい!!

OkayamaIlBruschetta_007_org.jpg
実はこんな盛り付けなんで、ちょっとお間抜け~
お互いのソースが混ざらないようにすると仕方がないですけどね。

あぁ、食った食った~満足満足~と帰ろうとしたら
「すいません、デザートすぐに持ってきますね~」

OkayamaIlBruschetta_008_org.jpg
メロンシャーベット&パンナコッタ

もう参りましたァ~

OkayamaIlBruschetta_009_org.jpg OkayamaIlBruschetta_000_org.jpg
これで950円ですから大当たりのイタリアンランチでしたぁ!!!!!
関連記事
[ 2015/05/24 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(0)

トンカツ定食にはドンブリサイズの炊き込みご飯/富錦亭(京都:河原町)

KawaramachiFukintei_011_org.jpg
阪急京都線「河原町駅」から徒歩7分の
富小路通(とみのこうじどおり)と 錦市場 が交差するあたり

その位置関係から名前を付けたのだと思われる
オレンジのテントの 富錦亭(ふうきんてい) でランチです。

ちなみに斜め向かいには お造り&天ぷら定食を食べた ト一 があります。

KawaramachiFukintei_004_org.jpg KawaramachiFukintei_003_org.jpg
奥に長く、テーブルが5卓。
熱帯魚と一緒に飾っているのは生タマゴ。

KawaramachiFukintei_002_org.jpg KawaramachiFukintei_001_org.jpg
16時までやってるランチは5種類あり、すべて730円

KawaramachiFukintei_005_org.jpg
でなんとなく、トンカツ定食

KawaramachiFukintei_008_org.jpg
ご飯とお味噌汁の器、デカッ!深ッ!

KawaramachiFukintei_006_org.jpg
炊き込みご飯はお茶碗いっぱいではなく、ドンブリ8分目といった感じ。
香ばしく、おこげの風味もあって、なかなか美味しい!
しかも、2杯目からは白ごはんだけれども、お替り自由!

KawaramachiFukintei_007_org.jpg
ギュっと身が詰まって、弾力があり、
脂身は少なくてコンガリ揚げって、これもGOOD!

KawaramachiFukintei_009_org.jpg
そして、味噌風味のソースがまた美味しい!

KawaramachiFukintei_000_org.jpg KawaramachiFukintei_010_org.jpg
ご飯とお味噌汁の温度をもう少し上げてもらえると、更に満足できるランチでした。
関連記事
[ 2015/05/23 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

そう言えば、牛肉の生姜焼きって食べたことがなかったなぁ/江戸堀BEEF(大阪:肥後橋)

先日のランチは 江戸堀BEEF(ビーフ) です。
地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」から西へ徒歩6分のところにあります。
もちろん、住所は江戸堀。

EdoboriBeef_002_org.jpg EdoboriBeef_003_org.jpg
カウンター10席、テーブル7卓×2席あり、サラリーマン、OLで賑わっています。

EdoboriBeef_004_org.jpg
カウンターにはかわいい牛

EdoboriBeef_001_org.jpg
ランチは牛だけでなく豚も合わせて5種類あり、
お店の名物だという ありそうでなかったモノを注文。

EdoboriBeef_005_org.jpg
まずは、イタリアンのような 前菜3種盛り

EdoboriBeef_006_org.jpg
牛生姜焼定食

ご飯は おかわり自由 で、赤だしのお椀がメチャクチャ重い!

EdoboriBeef_007_org.jpg
4枚の大きな薄切り牛肉が黒光りしてお皿を覆い
簡単に噛み千切ることはできませんが、
噛めば噛むほど肉汁が口いっぱいに広がり、めちゃウマぁ~!

EdoboriBeef_008_org.jpg
牛肉の下には、大量の焼きキャベツ&タマネギ
牛肉と同じタレで味付けされているので、ご飯が止まりませ~ん!

EdoboriBeef_009_org.jpg EdoboriBeef_000_org.jpg
こうなると 牛と豚の食べ比べをしたくなるので
牛生姜焼き&豚生姜焼きの合い盛りっていうのがあってもいいかも。
関連記事
[ 2015/05/22 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(4)

石原裕次郎さんも来たことがある味噌カツ丼発祥のお店/叶(愛知:名古屋,栄)

名古屋での出張が予定よりも早く終わったので、
前から行きたかった 味処 叶 でディナーです。

地下鉄「栄駅」から南西へ徒歩6分の細い路地にあります。
SakaeKanou_003_org.jpg SakaeKanou_004_org.jpg
カウンター3席、テーブル3卓の年季の入った小さなお店で
壁に張られた有名人のサインや写真を見ていると
三浦友和さんは2階席で写真を撮っているようにも見えます。

SakaeKanou_002_org.jpg
味噌カツ丼だけでなく、味噌えび丼、
ご飯と別盛りのカツライス、エビフライライスもあります。

どうやら味噌カツ丼発祥のお店で、当時は料理の名前が無く
「お味噌のカツ丼で宜しいですか?」って感じで注文されていたそうです。

創業者の杉本利資さんは昭和32年に石原裕次郎さんとフランキー堺さんが来店されたことが
すごく自慢だったそうです、とかいう 味噌カツの誕生秘話 を楽しく読んでいたら・・・

SakaeKanou_005_org.jpg
元祖味噌カツ丼 & あさり味噌汁

SakaeKanou_007_org.jpg
味噌だらけの分厚いカツ!
中央に輝くタマゴ!

SakaeKanou_008_org.jpg
超コッテリで食べきれるのかぁって少し不安がよぎりましたが
意外にもコッテリ感が少なく、カツも柔らかく、これはウマい!

ちょっと高いけど大盛りにすりやぁ良かったぁ~!!

SakaeKanou_006_org.jpg
味噌に味噌かぁ!なんですが
あさり味噌汁も頼んで正解!
SakaeKanou_000_org.jpg SakaeKanou_001_org.jpg
びっくりなのが昭和24年創業なのに、味噌カツ丼っていうメニューになったのが
2007年で、それまで「お味噌のカツ丼で宜しいですか?」だそうで・・・
関連記事
[ 2015/05/21 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

和牛炭焼カルビ重(タレ) & テールスープ(塩)/昇家(愛知:名古屋,久屋大通)

先日のランチは 昇家 泉店 です。
地下鉄「久屋大通駅」から北へ徒歩6分のところにあります。
ShoyaIzumi_004_org.jpg ShoyaIzumi_003_org.jpg
手前にはカウンターとテーブル席があり
奥には座敷があるようで、更に予約客もいたりしています。

注文が入りだすと、厨房がファイヤー状態になり、お肉が焼かれまくっています。

ShoyaIzumi_001_org.jpg
焼肉・焼肉重 どちらにするか?
更にどの肉にしようか?

ShoyaIzumi_005_org.jpg
和牛炭焼カルビ重 & テールスープ

ShoyaIzumi_006_org.jpg
たれ or 塩 が選べるので たれ
これはヨダレもんでしょう!

ShoyaIzumi_009_org.jpg
ご飯の上に食感の残る玉ネギ、そして、カルビがギッシリ!
大盛り or 肉1.5倍 とかにしようかと思ったんですが、これでも充分満足できます!

ShoyaIzumi_007_org.jpg
こちらはテールスープ
味噌の赤 or 塩の白 を選べて、お肉とは逆に 塩 で。

ShoyaIzumi_008_org.jpg
すくい上げると 細かいテールがまぁまぁ入って
美味しいんですけど、このサイズでこの値段はちょっと高いよなぁ~

ShoyaIzumi_000_org.jpg ShoyaIzumi_002_org.jpg
昭和初期の木造一軒屋を改装しているそうで
塩タン も ミックスホルモン も気になるので
次はテールスープをやめて、ご飯大盛り&肉1.5倍で頼んでやろう!
関連記事
[ 2015/05/20 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(4)

ココが 台湾まぜそば 発祥のお店なんやぁ~/麺屋はなび(愛知:名古屋,高畑)

夕方に名古屋に到着。後はホテルにチェックインするだけなので
じゃあ、時間があれば行こうと思っていた 麺屋はなび 高畑本店 でディナーです。

HanabiTakabata_001_org.jpg HanabiTakabata_000_org.jpg
ところが、平日なのに!夜の7時半なのに!店内外含めて20人ぐらい待ってます。
・・・もう来ることはないので待つことに。

HanabiTakabata_002_org.jpg
20分後に店内に入ることができ、食券を買います。
まぜそばだけでなく普通のラーメンもあるようです。
じゃあ、座れるかなぁと思ったら、次は店内待合席に座ることに。

さらに20分待って、ようやく座れたら・・・

HanabiTakabata_004_org.jpg
ちゃんと、すぐに出てきた 元祖 台湾まぜそば(麺大盛:300g)

HanabiTakabata_005_org.jpg
ピリ辛の台湾ミンチの上には輝く卵黄・刻み海苔・魚粉と
「ニンニク入れますか?」、「もちろん!」

HanabiTakabata_006_org.jpg
ネギ・ニラと匂いというか臭いのキツい具材だらけ~

HanabiTakabata_007_org.jpg
レンゲとお箸でグルングルン、グニョングニョンに混ぜまして
モチモチの太麺の食感が最初に美味しく
ピリ辛がどんどん襲って来ますが、火を噴くギリギリ手前で耐えます。

HanabiTakabata_008_org.jpg
それでも、犬山の台湾カレー のときにもお世話になった 自家製昆布酢
入れるとまろやかになって甘味が出て違う美味しさに生まれ変わります。

HanabiTakabata_009_org.jpg
最後は、無料の 追い飯
何故か、もれなくお箸が回収されます。

このレンゲ一杯分の量がちょうどいい感じで完食。

HanabiTakabata_003_org.jpg HanabiTakabata_010_org.jpg
帰る頃には、更に増えて20人ぐらい待っていて
サザンがガンガン流れている大人気の発祥のお店でした。
関連記事
[ 2015/05/19 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

鶏ごぼうのセイロ蒸しご飯 & 海老天そば/大乃家(大阪:長堀橋)

先日のランチは 南船場 大乃家 です。
地下鉄「長堀橋駅」から北東へ徒歩4分のところにあり
すぐ近くには、3年前に行ったことのある 七弐八製麺 があります。

NagahoribashiOnoya_001_org.jpg NagahoribashiOnoya_003_org.jpg
今回は13時以降に有効なクーポンでやってきたのですが
次から次へとやってくるクーポン客でテーブル8卓は満席になってます。

お蕎麦をメインとして、せいろ蒸しご飯 更には ドンブリから
具とご飯を別々に盛った 台抜き(だいぬき) もあります。

そば or うどん しか選択肢のないクーポンだったので・・・

NagahoribashiOnoya_005_org.jpg
茶碗蒸しとフルーツの付いた 鶏ごぼうセイロセット

NagahoribashiOnoya_006_org.jpg
甘めの出汁がセイロ内に行き渡り、
ふっくら熱々なご飯、具材もたっぷりです。

NagahoribashiOnoya_007_org.jpg
海老天・海苔天のお蕎麦
こういうタイプの定食だとフニャフニャ蕎麦だろうと期待していなかったら
細めのシッカリした蕎麦で出汁も予想よりもいい感じ。

NagahoribashiOnoya_004_org.jpg
娘の かもなんば蕎麦(おにぎり付)

コチラには柚子胡椒が添えられていたので
出汁に少し入れてみると、美味しさが倍増!
NagahoribashiOnoya_002_org.jpg NagahoribashiOnoya_000_org.jpg
セイロ蒸しご飯も いいけど、次は 台抜き を食べに来てもいいかも。
関連記事
[ 2015/05/18 21:00 ] お食事処 そば | TB(0) | CM(0)

立ち喰いフレンチでローストビーフ丼/ミッテラン2世(大阪:梅田)

先日のランチは 立ち喰いフレンチ ミッテラン2世 です。
梅田の大阪富国生命ビルのB2Fにあります。
UmedaMitterrand2nd_002_org.jpg UmedaMitterrand2nd_001_org.jpg
立ち喰いフレンチのお店で、『立ち喰い』 ではなく 『フレンチ』 に
引かれたのか女性客が意外に多い。

UmedaMitterrand2nd_003_org.jpg
ランチはローストビーフ丼のみ・・・ではなく
前菜/小皿料理も注文できるようです。

UmedaMitterrand2nd_004_org.jpg
いつもなら迷わずラージサイズなんですが
レギュラーサイズの ローストビーフ丼

塩辛いスープが付きます。

UmedaMitterrand2nd_005_org.jpg
梅田の シャーロックホームズ、三宮の レッドロック
寺田町の 肉タレ屋 と食べて来ましたが、盛り付けはフレンチっぽい

UmedaMitterrand2nd_006_org.jpg
食べるお客さんも立って
ローストビーフも立ってます。

UmedaMitterrand2nd_007_org.jpg
ドンブリではなく深皿を立って食べると
お箸なのかスプーンなのかどっちも微妙やなぁとか思いながら
赤ワイン&醤油ソースはほどよい濃さで
期待通りの美味しさ!そして、ボリュームも充分あります。

UmedaMitterrand2nd_000_org.jpg UmedaMitterrand2nd_008_org.jpg
+100円で食後のコーヒーも付けられるんですが
また立って飲むのかぁと考えると寛げないんでやめときました。
関連記事
[ 2015/05/17 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

自分だけのスペシャルメニューは ロースカツ&ポークの味噌焼き/ 味の店 一番(大阪:堺,なかもず)

先日のディナーは とんかつ 味の店 一番 です。
なかもず駅から南へ徒歩6分の 中百舌鳥太鼓どおり商店街 にあります。

約10年ぶりにやって来ました。

NakamozuAji1ban_002_org.jpg
お店は古いんですが、ガラスのショーケースはメチャクチャきれい!美味しそう!

NakamozuAji1ban_004_org.jpg NakamozuAji1ban_005_org.jpg
近くに府大があることもあり、平日の20時30分ぐらいでも、
カウンター7席・テーブル5卓は、ほぼ満席で賑わっています。

NakamozuAji1ban_003_org.jpg
夜なのに680円~で定食が食べられるとは、嬉しい!ですが
好きな2品を組み合わせる スペシャル盛り合わせ から選んで・・・

NakamozuAji1ban_006_org.jpg
ロースカツ&ポークの味噌焼き

無料だったので、ご飯は大盛りで。

NakamozuAji1ban_007_org.jpg
大きくサクッとロースカツ には辛子を付けて

NakamozuAji1ban_008_org.jpg
甘い味噌に浸った ポークの味噌焼き

NakamozuAji1ban_009_org.jpg
山盛りのキャベツ もあるので
大盛りのご飯もあっという間になくなっちゃいます。

NakamozuAji1ban_001_org.jpg NakamozuAji1ban_000_org.jpg
夜でも安くてガッツリ食べられるので
近所に独り暮らしでもしていれば、毎日通ってしまいそうな人気のお店でした。
関連記事
[ 2015/05/16 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(2)

黒酢ドリンクから始まる 牛肉の細切りマーラー炒め/華家(岡山:大元)

先日のランチは 中国海鮮料理 華家(はなや) です。
JR宇野線「大元駅」から北へ徒歩14分の住宅街にあります。

1Fから手前にカウンター、奥にもテーブル?があるようで
私は2Fに案内され、座敷だけでなくテーブルも靴を脱いで着席します。

OmotoHanaya_002_org.jpg
ランチは5種類あって、メインを何にするかで選べるようになっています。

OmotoHanaya_003_org.jpg
テーブルには自家製の ザーサイ
山椒が効いてて舌が痺れまくります。
でも実質食べ放題なので、ついつい手が伸びます。

OmotoHanaya_004_org.jpg
で、華ランチ

OmotoHanaya_007_org.jpg
お!昼間からビールか?となりそうですが、食前酒の 黒酢ドリンク

サラダと選択できるので、サラダを注文したんですが間違って出てきました。
折角なので、何かの縁だと思って代えてもらわずに飲むことに・・・う~ん、酸っぱい!

選べるごはんは おこわ
デザートの マンゴープリン

OmotoHanaya_005_org.jpg
メインは 牛肉の細切りマーラー炒め

ザーサイでビリビリ、マーラーでピリピリ、黒酢でサッパリと口の中が結構忙しい!

OmotoHanaya_006_org.jpg
前菜の棒棒鶏?、小鉢はタコの酢の物、点心はシュウマイ、たまごスープ と
バリエーション豊かな 華のようなランチです。

OmotoHanaya_001_org.jpg OmotoHanaya_000_org.jpg
12時を過ぎると10人ぐらい待っていた人気の中華料理屋さんでした。
ちなみに、ザーサイはお持ち帰りが出来るようです。
関連記事
[ 2015/05/15 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

海老穴子天丼には おかずしょうが がよく合います/日本橋 からり(京都駅前)

KarariYodobashiKyoto_010_org.jpg
ココは京都駅前にある 京都ヨドバシ

6Fの Yodobashi The Dining(ヨドバシ・ザ・ダイニング)にある
日本橋 からり 京都ヨドバシ店 でランチです。

築地銀だこ でお馴染みの 株式会社ホットランド が経営しているそうです。

KarariYodobashiKyoto_008_org.jpg
京都にある和食屋さんらしく、琴の音楽が流れ
私の席から離れてますけど、目の前で職人さんが天ぷらを揚げています。

KarariYodobashiKyoto_001_org.jpg KarariYodobashiKyoto_006_org.jpg
天ぷらは 丼 or 膳 を選べ、そば・うどん もあるようです。
海老も穴子も食べたかったので・・・

KarariYodobashiKyoto_002_org.jpg
海老穴子丼

ご飯・赤だし はお替り無料です。
丼だったので、大盛りで!

KarariYodobashiKyoto_003_org.jpg
フワッと優しく美味しそう~!

KarariYodobashiKyoto_004_org.jpg
玉葱 2個、穴子、ピーマン

KarariYodobashiKyoto_005_org.jpg
海老、茄子、舞茸 と種類も豊富でツユもタップリで美味しい!
でも、流石に重たくなるんですが・・・

KarariYodobashiKyoto_007_org.jpg
漬物かと思って、フタを開けると おかずしょうが
これが抜群に美味しいので、天丼の美味しさ、復活!

こんな逸品があるのなら 膳にして おかずしょうが だけで、あと3杯はイケそうです!

KarariYodobashiKyoto_009_org.jpg KarariYodobashiKyoto_000_org.jpg
レジに おかずしょうが が売っていて、今回はヤメましたが
どこかで 日本橋 からり を見かけたら買ってしまうかも。
関連記事
[ 2015/05/14 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

ニンニク好きにはタマラないローカルな焼肉/びっくり亭(福岡:博多,南福岡)

福岡での仕事が終わり後は帰るだけなので、
前から気になっていたお店に足を延ばしてみることに。

MinamiFukuokaBikkuri_001_org.jpg MinamiFukuokaBikkuri_000_org.jpg
JR鹿児島本線「南福岡駅」から線路沿いに徒歩1分のところにある
びっくり亭 本家 でディナーです。
お店に入る前からもうニンニク臭~い!

MinamiFukuokaBikkuri_003_org.jpg MinamiFukuokaBikkuri_004_org.jpg
カウンター6席、テーブル3卓、座敷6卓で
カウンターには 激辛味噌がたっぷり置いてあります。

MinamiFukuokaBikkuri_002_org.jpg
お店には焼肉と書いてますが、タン・カルビ・ロースなんてものはなく
一人前・一人半前・二人前・三人前 を選ぶだけ。
フロアから厨房には「○○枚」って伝えるだけ。

MinamiFukuokaBikkuri_005_org.jpg
待つ間に地元客がぞろぞろやってきて、焼肉一人半前 + 御飯(大)

待っているときに、たまたまメニュー裏の おいしい召し上がり方 を
読んでいたので、隣のおじさんを見習って・・・

MinamiFukuokaBikkuri_006_org.jpg
木の棒で鉄板を傾かせます。
ちゃんと激辛味噌の横に置いてました。
(ちなみに誰も説明してくれませんので)

MinamiFukuokaBikkuri_007_org.jpg
肉多めの野菜炒め定食?焼肉定食?って感じなんですが
食べてびっくり!メチャクチャ旨いやないかぁ~い!
弾力のある豚肉にシャキシャキのキャベツのこのタレ!
自分自身がニンニクに汚染されて、御飯が足らんぞぉ~!!

MinamiFukuokaBikkuri_008_org.jpg
オススメの激辛味噌なんですが、個人的にはノーマルが好きですね。

MinamiFukuokaBikkuri_010_org.jpg
傾けていた鉄板に溜まった油

MinamiFukuokaBikkuri_009_org.jpg
店員さんがアチコチでジーと立って黙々と何をしているんやろう?
って見てみると、ニンニクの皮剥きをしてました。

ニンニク皮むきを中断して店員さんがお会計をしてくれたので
店先でお釣りの千円札を思わず嗅いでしまいました。
臭くなかったですが、私がニンニクマンになってしまっていたので真実は?
関連記事
[ 2015/05/13 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

焼き鯖定食一本勝負!/真(まこと)(福岡:博多,天神)

TenjinMakoto_000_org.jpg
地下鉄「天神駅」から東へ徒歩5分のところにある 水鏡天満宮
左の煉瓦はその名の通り 赤煉瓦文化館 とか言うらしい。

TenjinMakoto_001_org.jpg
その間の細い路地を 博多名物うまかもん通り とベタな名前
テクテク歩くとなんとなく焼き魚の匂いがしてくるような。

TenjinMakoto_004_org.jpg
店頭には大きな看板
11時オープン直後に行くとすでに8割りぐらい埋まっています。
指定された席に座って、お茶・冷奴・漬物が出されますが
注文は聞かれません。なぜなら1種類しかないから。

カウンターだったので、どんどん焼かれる鯖から火があがり
いい香りが店中に広がり、お腹がグーグー鳴り出して

TenjinMakoto_005_org.jpg
焼き鯖定食 の登場

TenjinMakoto_006_org.jpg
所詮、焼き鯖でしょう?って思ってましたが
いつもと見た目が全然違~う!

TenjinMakoto_008_org.jpg
脂がのって、身も柔らかく
ご飯とめちゃくちゃ合います。

「すいませ~ん、お替り!」って言いたくなるんですけど
ご飯が止まらなくなりそうだったので、ちょっとやめときました。

TenjinMakoto_007_org.jpg
細かい薄あげの浮いたお味噌汁は結構甘め

なんかこの組み合わせは、山本一力の だいこん を思い出すような美味しさです。

TenjinMakoto_003_org.jpg TenjinMakoto_002_org.jpg
お会計のときに初めて 900円 ということを知りました。
11時半に帰る頃には平日なのに20人近く待っている大人気のお店でした。
関連記事
[ 2015/05/12 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

山菜とベーコンの濃厚クリーム生パスタ/タマヤンチーノ(大阪:我孫子町)

先日のランチは パスタバール タマヤンチーノ(pasta bar tamayancino) です。
JR阪和線「我孫子町駅」から東へ徒歩2分のところにあります。
AbikoTamayancino_003_org.jpg AbikoTamayancino_002_org.jpg
テーブル4卓、カウンター3席の小さな店内は、気軽に立ち寄れそうな雰囲気です。

AbikoTamayancino_004_org.jpg
今回はクーポンでやって来ました。
本日の具材は 山菜とベーコン だそうで
ソースをクリーム・オイル・トマトから選べるということで
こういうときは、我が家は決まって クリーム。
フロアから厨房には「白3つ」とコール。

AbikoTamayancino_005_org.jpg
まずは、テーブルの粉チーズをかけ放題の サラダ
コーンの入った蒸しパンで独特な味の 自家製手作りパン

AbikoTamayancino_006_org.jpg
山菜とベーコンのクリームパスタ

AbikoTamayancino_007_org.jpg
生パスタのモッチモチの食感は心地よく
濃厚なクリームソースはかなり美味しく
ボリュームも申し分なし!

AbikoTamayancino_008_org.jpg
クーポンは食後のドリンク付き
AbikoTamayancino_000_org.jpg AbikoTamayancino_001_org.jpg
夜のメニューを見ると油かすたっぷりのホルモンチーノってのもあって
気軽に面白そうな生パスタを食べるには便利なお店でした。
関連記事
[ 2015/05/11 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(0)

【天から降る滝と河童の兄弟④】もち麦は蕎麦にあらず饂飩にあらず/もちむぎのやかた(兵庫:福崎)

河童の河太郎と河次郎 に会った後、この池の隣にある もちむぎのやかた でディナーです。

FukusakiMochimugi_001_org.jpg
お店の前の緑の一角が もちむぎ畑 になってます。
もち麦とは大麦の一種で福崎町の名産になっているそうです。
FukusakiMochimugi_004_org.jpg FukusakiMochimugi_005_org.jpg
入り口には もちむぎ麺・もちむぎカステラ などのお土産コーナー
奥には、座敷8卓・テーブル8卓のレストランコーナー。

FukusakiMochimugi_003_org.jpg
和御膳・冷たい麺・温かい麺など16種類。
もうちょっと懐かしくなってしまった黒田官兵衛の定食もあります。

FukusakiMochimugi_006_org.jpg
私の 五種麺

FukusakiMochimugi_007_org.jpg
山菜とろろ

FukusakiMochimugi_008_org.jpg
とびっこざる

FukusakiMochimugi_009_org.jpg
更に 海老天ぷら と5つの麺ではなく5つのトッピング

FukusakiMochimugi_010_org.jpg
モチモチツルツルした食感と喉越しは、うどん でも そば でもなく これからの季節にはピッタリ!

FukusakiMochimugi_012_org.jpg
奥さんは、温かい すじ麺

FukusakiMochimugi_011_org.jpg
娘は、冷たい ざるとろろ麺

FukusakiMochimugi_000_org.jpg FukusakiMochimugi_002_org.jpg
健康にもいいみたいなので、ご興味のある方はオンラインショップもありますので。

これで、渋滞を避けるコースを選んで帰宅しゴールデンウィークのイベントは終了しました。
関連記事
[ 2015/05/10 21:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(0)

【天から降る滝と河童の兄弟③】柳田國男 と 河童の河太郎と河次郎(兵庫:福崎)

養父市で天滝 に行ってから、播但道沿いの下道を南下してやってきました福崎町。
と言っても福崎町で知ってることは中国自動車道の福崎ICだけだったんですが
調べてみると、ちょっと興味が出てきたので寄り道することに。

FukusakiKappa_002_org.jpg
題名しか知りませんが 遠野物語 が有名なので
てっきり岩手出身だと思っていた民俗学者の 柳田國男 の出身地だそうです。

FukusakiKappa_003_org.jpg
柳田國男の生家

4帖半2間と3帖2間の田の字型の間取りに
両親、兄夫婦、國男、2人の弟の7人で住んでいたそうです。

FukusakiKappa_004_org.jpg
「私の家は日本一小さい家だ。この家の小ささという運命から、私の民族学への志の源を
発したといってよいのである」と自叙伝 故郷七十年 で述べているそうです。

FukusakiKappa_005_org.jpg
時間も遅かったので記念館・資料館は遠慮して、鯉のぼりが泳ぐ辻川山公園の隣にある池に行くと・・・

FukusakiKappa_001_org.jpg
河童の河太郎(がたろう)

弟の 河次郎(がじろう) と川へ水遊びにきた子どもの足を掴んで水へ引きずり込み
『 尻子玉 』 を抜いていたら、誰も川に遊びに来なくなりました。
兄弟は反省し、柳田國男先生に謝ろうと生家のあるこの池で毎日毎日待っていたそうです。
しかし、何年も待ち続けると河太郎は頭のお皿の水がなくなって固まってしまいました。

で、弟の河次郎は?

FukusakiKappa_000_org.jpg
お皿が乾かないように池の中でスタンバイしています。
毎時0分、30分になると・・・

FukusakiKappa_007_org.jpg
何やらブクブクと

FukusakiKappa_006_org.jpg
泡が激しくなってきて

FukusakiKappa_008_org.jpg
出てきますよ~

FukusakiKappa_009_org.jpg
おぉ~おぉ~

FukusakiKappa_010_org.jpg
キャ~!!!
リアルすぎる~!!!

FukusakiKappa_011_org.jpg
隙あらば 『 尻子玉 』 を抜こうとしているのかもしれません。

ちなみに、河太郎と河次郎の物語はフィクションだそうです・・・

次は、ちょっと早いけど 蕎麦でも饂飩でもないディナーです。
関連記事
[ 2015/05/09 21:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(6)

【天から降る滝と河童の兄弟②】落差98メートルの名瀑『天滝』(兵庫:養父)

たけうちでランチ の後、クルマで西へ25分走って レストハウス天滝 に到着。
ここからもう少しクルマで上がって天滝近くの駐車場にも停められますが

YabuTentaki_000_org.jpg
たかだか1kmだけのことなので、のんびり歩くことに。
YabuTentaki_001_org.jpg YabuTentaki_012_org.jpg
10分ほどで登山口駐車場に到着。
入山は無料ですが、協力金と言うことで3人で100円チャリーン。
では、片道1.2km(約40分)の天滝を目指します!

YabuTentaki_002_org.jpg
天滝までには7つの滝がありまして、岩と岩の間をすべり落ちる 岩間の滝

YabuTentaki_004_org.jpg
右が雄で左が雌の 夫婦滝

YabuTentaki_003_org.jpg
実は10年前にMBSのちちんぷいぷいで上泉雄一アナが実況しながら天滝を
目指すという放送を観て感動した母親にお願いされて一緒に来たことがありますが
ほとんど何も記憶には残っておらず・・・

YabuTentaki_005_org.jpg
昔は太鼓を打つ音に聞こえたという落差10mの 鼓滝
これで10mなら天滝はどれだけ凄いんやろ~?

YabuTentaki_006_org.jpg
この看板が見えると、あと50mガンバればいいということで

YabuTentaki_007_org.jpg
落差98メートルの 天滝

YabuTentaki_009_org.jpg
その名の通り 天から降るかのごとく雄大~!

YabuTentaki_010_org.jpg
更に嬉しいことに水しぶきの岩場まで近づけるので

YabuTentaki_011_org.jpg
おぉぉぉ~水しぶきを浴びながらカシャカシャ!

「こんにちは~」とすれ違う人と挨拶しながら
再び40分歩いて下山し、次は河童に会いに行きます。
関連記事
[ 2015/05/08 21:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(0)

【天から降る滝と河童の兄弟①】肉と魚と野菜のシェフの気まぐれランチ/たけうち(兵庫:養父)

ゴールデンウィークの前半は 滋賀県の信楽方面 でしたが
後半は兵庫県北部へ Let's Go!

養父ICから大屋川沿いに東へクルマで6分ほど走って、「この辺かなぁ」と探していると
県道6号線の1本北側の道に見つけた 肉と野菜と魚の料理 たけうち でランチです。
YabuTakeuchi_004_org.jpg YabuTakeuchi_003_org.jpg 
凝った家具・調度品が飾られたテーブル4卓・カウンター5席には
8割ぐらいのお客さんが優雅にランチ中。なぜ 『優雅に』 なのか・・・

YabuTakeuchi_009_org.jpg
お店の中庭と緑の山々と青空が見事に調和した景色を眺めることができるので。

YabuTakeuchi_002_org.jpg
ランチは5種類で、おそらくほとんどのお客さんが注文していると思われる・・・

YabuTakeuchi_005_org.jpg
シェフの気まぐれランチ

YabuTakeuchi_006_org.jpg
大きな 但馬牛のミンチカツ
春キャベツの胡麻酢和え

YabuTakeuchi_007_org.jpg
お皿にいっぱいの イカの旨煮
甘~い 玉ねぎフライ

YabuTakeuchi_008_org.jpg
ウドの酢の物
ホタルイカの佃煮
葉山椒のしょうゆ付け

キノコだらけの お澄まし

これだけおかずが付いて1,100円ですからね!
特に イカの旨煮 と 玉ねぎフライ がお気に入り!
ちなみに、ご飯のお替りは有料なんです~
YabuTakeuchi_000_org.jpg YabuTakeuchi_001_org.jpg
名前通り 肉と魚と野菜 がしっかり美味しく食べられたランチでした。

次は、天から降る滝 を見るために少し山を登ります。
関連記事
[ 2015/05/07 21:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(2)

喫茶店とは思えない スペシャルコンプリートハンバーガー/萩(京都:西大路)

先日のランチは 喫茶 萩 です。
JR西大路駅から北西へ徒歩9分の八条通りから少し入った川沿いにあります。

NishiojiHagi_009_org.jpg NishiojiHagi_003_org.jpg
中央には大きなU字カウンター、その横にカップル席?が3卓
更に隣りには2つの小部屋があり、テーブルが6卓ほどあります。

NishiojiHagi_001_org.jpg NishiojiHagi_002_org.jpg
フードメニューはハンバーガーが6種類ぐらい
他にはトンカツやエビフライ、パスタなどもあります。
でも売りはハンバーガーのようなので・・・

NishiojiHagi_004_org2.jpg
スペシャルコンプリートセット

NishiojiHagi_005_org.jpg
たまご・ベーコン・チーズの全部が入っていて
柔らかいハンバーグがボリューミーでガッツリ!バクバク!
香ばしいバンズとともにコンプリート!!

NishiojiHagi_006_org.jpg
セットにはポテト・サラダがついて
・・・フォークでなくお箸で食べます。

NishiojiHagi_007_org.jpg
更に、ドリンクもついているので、メチャクチャ高いわけでもありません。

NishiojiHagi_000_org.jpg NishiojiHagi_008_org.jpg
駐車場もあり、テイクアウトもできるので、
本格的なハンバーガーを食べたくなったら、いかがでしょうか?
関連記事
[ 2015/05/06 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(4)

焦がしにんにく油がタマラない熊本ラーメン/黒亭(熊本:市電「二本木口」)

鹿児島 からレンタカーで大移動して、熊本でも仕事を終え

KumamotoKokutei_000_org.jpg
レンタカーを返しにやってきた熊本駅

ホントは馬刺しが食べたいんですが、呑めない私が独りでも気兼ねなく
食べられるお店が分からなかったので、じゃあラーメンかぁということで
熊本ラーメンの超有名店 黒亭(こくてい) でディナーです。

市電「二本木口」から東へ徒歩3分のところにあります。
KumamotoKokutei_006_org.jpg KumamotoKokutei_005_org.jpg
お店に入った瞬間に「クセ~(いい意味で)」
平日でも出張や観光客っぽい人がチラホラと。

KumamotoKokutei_003_org.jpg KumamotoKokutei_004_org.jpg
6種類のラーメンから何にしようかなぁ・・・と

KumamotoKokutei_007_org.jpg
玉子入ラーメン & 黒亭の豚そぼろ丼(小)

KumamotoKokutei_010_org.jpg
焦がしニンニクがタマらんなぁ
熊本ラーメンと言えば、コレコレ!

KumamotoKokutei_009_org.jpg
キクラゲとモヤシのシャキシャキとした食感。
2個も入った玉子もちょっとずつ麺に絡めながらウメぇ~!!

何も言わなくても、麺はちょっとかため
そして、博多ラーメンよりも少し太め。


KumamotoKokutei_008_org.jpg
チャーシューの余り肉で作っているという 豚そぼろ丼
(小)でちょうどいい腹具合で美味しいんですが
食べ終わった後に、ラーメンの卵黄を1つこっちに回せば良かったぁと後悔。

KumamotoKokutei_001_org.jpg KumamotoKokutei_002_org.jpg
10年ぐらい前に出張で熊本によく来ていたときに
熊本ラーメンを1日に何杯も食べまくっていたことを思い出したひとときでした。
関連記事
[ 2015/05/05 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

真っ茶色に揚がった香ばしいロースカツ/味のとんかつ 丸一(鹿児島:市電「高見馬場」)

出張でやって来ました!約20年振りの鹿児島!

KagoshimaMaru1_000_org.jpg
空港にあった南さつま市の吹上浜砂の祭典の宣伝砂像

超早起きして大阪を出発して、午前中に仕事を終わらせ、さぁランチ!
鹿児島と言えば黒豚かなぁ?ということで、味のとんかつ 丸一 でランチです。

市電「高見馬場駅」から東へ徒歩2分のビルのB1Fにあります。
地下に降りただけでなんとなく美味しそうな脂の香りがしてきます。

KagoshimaMaru1_003_org.jpg
「ロースランチ・ロースカツ・上ロースカツと何が違うんですか?」
と店主に聞いてみると
「三段階あって・・・」その後、邪魔が入ってしまったので中断して
「初めてなら、ロースランチかなぁ・・・」

結局違いが聞けなかったのですが

KagoshimaMaru1_004_org.jpg
ロースカツランチ定食

KagoshimaMaru1_006_org.jpg
「ソースはトンカツとキャベツにかけてね」と店主。

KagoshimaMaru1_005_org.jpg
揚げ過ぎ?って思ってしまうぐらい超日焼けしたキツネ色です。
でも、食べる前から香ばしさが伝わってきて嬉しくなります。

KagoshimaMaru1_007_org.jpg
衣とは対照的にうっすらピンク色
肉の弾力がすごく、脂が甘くて
噛めば噛むほど美味しさがあふれ、いつまでも噛んでいたくなります。

さらに、ボリュームもたっぷり~!!

KagoshimaMaru1_002_org.jpg KagoshimaMaru1_001_org.jpg
もし、また来ることがあれば、ロースカツ・上ロースカツにチャレンジしたくなりますねぇ。

この後、レンタカーで 熊本 に大移動です。
関連記事
[ 2015/05/04 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(2)

【料亭麺屋と桃源郷美術館④】リーズナブルな揚げたて天ぷら/ゑびすや(奈良:大和郡山)

成田ふれあい牧場でジェラート を食べてから、名阪国道を通って帰るので
寄り道して 天ぷら食堂 ゑびすや でディナーです。

郡山ICから北へクルマで3分の国道24号(奈良バイパス)沿いにあります。
YamatokoriyamaEbisuya_002_org.jpg YamatokoriyamaEbisuya_006_org.jpg
コの字カウンター16席が2ブロックあります。

YamatokoriyamaEbisuya_005_org.jpg
いつもなら迷わずスペシャル定食ですが、ちょっと気になった 豚トリオ定食 を券売機で購入。

YamatokoriyamaEbisuya_007_org.jpg
まずは、ご飯・お味噌汁・温泉卵・天ぷらつゆ がセッティング
YamatokoriyamaEbisuya_003_org.jpg YamatokoriyamaEbisuya_004_org.jpg
食べ放題の キムチ・自家製ゆず大根・千切沢庵
つゆだけでなく、カレー塩・塩・一味 も用意されています。

YamatokoriyamaEbisuya_008_org.jpg
第一陣は 豚チーズ・豚アスパラ・豚 と豚トリオ

YamatokoriyamaEbisuya_009_org.jpg
第二陣の なずび・なんきん・ピーマン が来て完成

YamatokoriyamaEbisuya_010_org.jpg
目の前で揚げてくれた天ぷらが食べられるんですから、美味しいに決まってるでしょ!
ご飯が大盛りですし、漬物も食べ放題だし。
YamatokoriyamaEbisuya_000_org.jpg YamatokoriyamaEbisuya_001_org.jpg
季節限定には、ハモ・フグ・カキ もあるようなので
それらもリーズナブルで食べられるならありがたいお店です。
関連記事
[ 2015/05/03 21:00 ] 旅行・おでかけ 奈良 | TB(0) | CM(6)

【料亭麺屋と桃源郷美術館③】牧場で搾乳された生牛乳のジェラート/ジェラート工房うらら(滋賀:甲賀,甲南)

MIHO MUSEUM(ミホミュージアム) からクルマで東へ25分ほど走って

KougaNarita_007_org.jpg
成田ふれあい牧場 で休憩です。

KougaNarita_006_org.jpg
牧草が広がり、期待通りの牧場の景色なんですけど

KougaNarita_000_org.jpg KougaNarita_005_org.jpg
ちょっと角度を変えると新名神高速
藤棚の下には小さなプールに浮かぶ行き先のないボート

KougaNarita_013_org.jpg KougaNarita_008_org.jpg
そこの敷地内にある ジェラート工房うらら で休憩です。

KougaNarita_009_org.jpg
成田牧場で搾乳された生牛乳を使ったジェラートが
10種類あって、シングル/ダブルと選べます。

KougaNarita_010_org.jpg
私は季節限定の いちごみるく

イチゴの果肉が入ってミルクの味が、しっかりと感じながらもスッキリとして
陽気な牧場で食べると美味しさ倍増です!

KougaNarita_012_org.jpg KougaNarita_011_org.jpg
奥さんは メープルウォールナッツ
娘は オレンジヨーグルト

KougaNarita_001_org.jpg
牧場は無料開放されているので、ちょうど牛さんたちがお食事中

KougaNarita_004_org.jpg
両側でモクモクと食べている通路を歩くには威圧感が凄く
ウロチョロしたてら、牛さんのご機嫌を損ねたようで
娘が足に鼻水を飛ばされてしまい、かなりいい臭いがしてましたぁ~

KougaNarita_002_org.jpg
ウサギさんもお食事中

KougaNarita_003_org.jpg
あとは帰るだけなので寄り道して、ディナーは 大和郡山のゑびすやで天ぷら です。
関連記事
[ 2015/05/02 21:00 ] 旅行・おでかけ 滋賀 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)