FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2015年03月
月別アーカイブ  [ 2015年03月 ] 

≪ 前月 |  2015年03月  | 翌月 ≫

モーニングで賑わう喫茶店でカツサンドウィッチ/ブラジリアン(和歌山:日前宮)

先日のランチは 珈琲館 ブラジリアン です。
わかやま電鉄貴志川線「日前宮駅」から西へ徒歩5分のところにあります。

WakayamaBrazilian_004_org.jpg WakayamaBrazilian_005_org.jpg
11時30分頃に行ってみると、駐車場はほぼ満車
広い店内もほぼ満席で、ご近所の人たちの憩いの場になっているようです。

WakayamaBrazilian_003_org.jpg WakayamaBrazilian_002_org.jpg
喫茶店ではありますが、フードメニューは充実しているようで
ポークカツセット、エビロールサンド と気にはなりますが・・・

WakayamaBrazilian_006_org.jpg
人気メニューだという カツサンドウィッチ

サンドイッチも魅力的ではなんですけど、
ますは、コーヒーのいい香りが鼻をくすぐります。

WakayamaBrazilian_007_org.jpg
ソースに少しのマスタードにレタスを挟んだホットサンドで
衣がサクサクして、これはなかなか美味しい!

WakayamaBrazilian_000_org.jpg WakayamaBrazilian_001_org.jpg
12時近くになると、あれだけ居たお客さんが潮が引いたように
あっといなくなったので、みんなモーニングだったようです。

こうなると、エビロールサンドも気になるなぁ~
関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/03/31 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(0)

焼鳥屋が放つ珠玉の濃厚鶏塩白湯そば/頭(大阪:堺,北野田)

KitanodaKashira_000_org.jpg
南海高野線「北野田駅」から東へ徒歩3分の かしわ屋 頭(かしら)

KitanodaKashira_011_org.jpg KitanodaKashira_010_org.jpg
そこから駅へ1分ほど歩くと、この焼鳥屋さんが今年の2月から始めたラーメン屋さん 頭(かしら)
こちらでランチです。

KitanodaKashira_009_org.jpg KitanodaKashira_008_org.jpg
カウンター6席のこじんまりしたお店かと思ったら

KitanodaKashira_001_org.jpg KitanodaKashira_007_org.jpg
2階にはテーブルが4卓あり、大きな窓から外を見下ろす景色も悪くなく
窓際には呼びボタンまでちゃんとあります。

KitanodaKashira_002_org2.jpg
鶏塩で白湯、黒、赤、ネギ、つけそば を選べるようになっています。

KitanodaKashira_005_org.jpg
濃厚鶏塩白湯そば にランチセットの 鶏ギョーザ + ライス

KitanodaKashira_004_org.jpg
濃厚!濃厚!って文字が目立つのでちょっと構えていたら
意外にもスッキリしてまろやかなスープです。

おそらく糸唐辛子と白髪ネギに隠れるように入っている
大量の生玉ネギと炒めた玉ネギが目立っているからなんでしょう。

KitanodaKashira_006_org.jpg
太いメンマ と プリっとした鶏チャーシュー

KitanodaKashira_003_org.jpg
やや焦げ気味の鶏ギョーザ
これにライスがついて+200円ですからお得でしょう!

夜はどうかはわかりわかりませんが、折角すぐそこに焼鳥屋さんがあるので、
サイドメニューでそちらのメニューが一部でも食べられたらオモシロいかも。
関連記事
[ 2015/03/30 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

スモークサーモンとほうれん草のキッシュパイ/ブラッスリー・コントワール(京都:西大路)

先日のランチは フレンチ居酒屋 ブラッスリー・コントワール(Brasserie Comptoir) です。
JR京都線「西大路駅」から南へ徒歩1分の西大路通り沿いにあります。

NishiojiComptoir_002_org.jpg NishiojiComptoir_001_org.jpg
L字型カウンター10席、テーブル2卓(4席)のキレイな店内に入ると爽やかに出迎えてくれます。
この後、どんどんお客さんがやってきて、ランチでも予約している人もいました。

ちなみに、コントワールとはカウンターという意味だそうです。

NishiojiComptoir_000_org.jpg
ランチは4種類ですけど、サラリーマンのおっさんとしては
下3つのチキンカツ、ハンバーグ、メンチコロッケに目がいってしまいます。

NishiojiComptoir_003_org.jpg
ところが、カウンターには何か見知らぬ料理が・・・興味がわく存在だったので
「これがキッシュですか?」
「そうです」
「じゃあ、キッシュ!」

NishiojiComptoir_004_org.jpg
スモークサーモンとほうれん草のキッシュパイ

大きな四角いキッシュかと思っていたら斜めに半分の三角でしたぁ。
カウンターに4枚のキッシュがあったので、半分にするので、だから限定8食だったのね!

ちなみに、コンソメスープは美味しいんですけど、スプーンの小ささに思わず苦笑い。

NishiojiComptoir_005_org.jpg
キッシュはタルトっぽいものだと勝手に思い込んでいたので、パイで食べるのは初めてです。

NishiojiComptoir_008_org.jpg
ひと口食べるとサクッと!
中からサーモン・ほうれん草・チーズ・タマゴが出るわ出るわ!
いやぁこれは美味しい~!

NishiojiComptoir_006_org.jpg
スペインオムレツ・ポテトサラダに

NishiojiComptoir_007_org.jpg
コーンとナッツがトッピングのレタスと野菜たっぷりで
若い女性が食べるときっと似合うだろうなぁ~って思ってしまうオッサンでした。

NishiojiComptoir_009_org.jpg
コーヒーを飲みながら、周りのサラリーマンたちを見ていると
サーモンのメンチカツコロッケを頼んでいる人が多く、それも美味しそう~!

NishiojiComptoir_010_org.jpg
正直なところ西大路駅周辺にはあまり期待していなかったんですけど
男性も女性も満足できるお店でした。
関連記事
[ 2015/03/29 21:00 ] お食事処 フレンチ | TB(0) | CM(2)

穴子がドンブリからはみ出てますよ~/鎧(岡山:北長瀬)

先日のランチは 鎧(よろい) です。
JR山陽本線「北長瀬駅」から南へ徒歩19分のところにあります。

KitanagaseYoroi_003_org.jpg KitanagaseYoroi_008_org.jpg
カウンター6席、座敷16席でかなり流行っているお店のようです。
目の前では次から次から天ぷらが揚がり、お客さんの話し声よりも
天ぷらがパチパチ揚がる音が一番大きく店内に響いています。

店員さんたちが鎧を着ていれば面白かったんですけど、
動きにくいので鎧のTシャツを着て合戦中!!

KitanagaseYoroi_000_org.jpg
どの天ぷらの組み合わせにするのかと定食か丼にするのかで迷います。
コレを入れるとアレがないし、この組み合わせだと定食しかないし・・・

ということで、ちょっと思い切りまして、おすすめ だという・・・

KitanagaseYoroi_004_org.jpg
海老穴子丼(吸物・漬物つき)

思わず「えっ?」と唸ってしまいました。
追い打ちをかけるように「ご飯が足らなければ言ってくださいね」と。

KitanagaseYoroi_005_org.jpg
メニューには 野菜1 って書いてますが
白ネギ・パプリカ・菜の花 と3つも入ってます。

KitanagaseYoroi_006_org.jpg
海老天が3尾

KitanagaseYoroi_007_org.jpg
そして、ドンブリからかな~りはみ出ている穴子天
単品だと900円なので、そりゃあ高いわぁ~!

サクッと揚がった天ぷらは優しく仕上がっていて、なかなかの美味!
タレもたっぷり、ボリュームたっぷり!
しかも穴子は口のなかで溶けちゃいます!

さすがにご飯のお替りをお願いするスペースはお腹にはありませんでしたぁ~

KitanagaseYoroi_001_org.jpg KitanagaseYoroi_002_org.jpg
後で店内を見回すと カキ・フグ(丼・定食)、シャコ(丼・定食)も
あったので、これも良かったなぁ~、次のお楽しみに!

いいお店のいい天ぷらに出会っちゃいましたねぇ!
関連記事
[ 2015/03/28 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

店名は「洋食とビール」じゃなくて・・・/ フレンドシップ(大阪:森ノ宮)

先日のランチは 洋食とビール じゃなくて・・・

MorinomiyaFriendship_000_org.jpg MorinomiyaFriendship_001_org.jpg
フレンドシップ です。
JR・地下鉄「森ノ宮駅」から西へ徒歩3分の中央大通り沿いにあります。

ちなみに、『店名は○○じゃなくて・・・』シリーズでは
京都・西大路のぶたじるの かどや 以来です。

あとブログを書いていて気付いたんですけど、カレーうどんの 得正 グループみたいです。

MorinomiyaFriendship_008_org.jpg MorinomiyaFriendship_004_org.jpg
カウンター7席、テーブル6卓、更にガラスの向こうにも席があるようで
12時を過ぎるとあっという間にいっぱいになりました。

MorinomiyaFriendship_003_org.jpg MorinomiyaFriendship_002_org.jpg
他のお客さんを見ていると日替わり(豚ヘレカツ&プレーンオムレツ)を頼んでいる人が
多いようですが、A~C定食を見ると、アレも食べたいコレも食べたいと絞りきれなかったので

MorinomiyaFriendship_005_org.jpg
C定食

立ち食いそば並みに早く出てきたので、作り置きばっかりで
ちょっと失敗か?と不安がよぎります。

メインのボリュームが凄いので、ご飯はちょっと釣り合わないぐらい少なめ。
でも、付け合せはスパゲティ、ポテトサラダ、キュウリ、トマト、キャベツといっぱい!

MorinomiyaFriendship_006_org.jpg
まずは、ハンバーグ

スミマセン、前言撤回です。メチャクチャ!ウマ~い!
熱々で柔らかく、スパイシーで濃厚なデミグラスソースとバッチリ!

MorinomiyaFriendship_007_org.jpg
こちらは、揚げ物三兄弟

手前の エビフライ は 軽~くサクサクでタルタルと抜群

中央の 白身フライ は、噛むとジュワーと汁が滴り落ちで、
揚げすぎていないので、初めて食べるジューシーな魚のフライ

奥の エビクリームコロッケ は、優しく持ち上げないと壊れそうに柔らかくかなり濃厚

ご飯は少なくて充分でしたぁ~

ちなみに、洋食とビール ですけど、流石に平日のランチでビール飲んでいる人はおらず、
ビールの種類が豊富に揃っているのかと思ってみたら、アサヒ、コロナ、ハイネケン。
下戸な私にはどうでもいいことですけど。
関連記事
[ 2015/03/27 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

松阪で焼肉と言えば、鶏焼肉らしいので・・・/とりいち(三重:松阪)

松阪(正確には多気なんですけど)での仕事も終わり
ちょっと早いけど夕食でも食べようと、調べてみると松阪は鶏焼肉も有名らしいので
松阪ICからクルマで南へ4分のところにある とりいち でディナーです。

MatsusakaTori1_005_org.jpg MatsusakaTori1_004_org.jpg
さすがに早い時間だったので、座敷8卓、テーブル4卓には家族が1組。
久保田早紀の『異邦人』や岡村孝子の『夢をあきらめないで』と
年季の入ったお店には合うようなBGMが流れています。

MatsusakaTori1_002_org.jpg MatsusakaTori1_003_org.jpg
実は、初めて体験するひとり焼肉。
肝は無かったみたいで、あんまり食べたことがないモノをチョイスして・・・

MatsusakaTori1_006_org.jpg
下から、ひね・クビ・皮
塩コショウ・タレを選べるので、クビだけ塩コショウで。

MatsusakaTori1_008_org.jpg
ごはん(大) と 手羽元まで入って野菜もタップリ~な 鶏スープ

MatsusakaTori1_007_org.jpg
いざ、焼き焼きスタート!

MatsusakaTori1_011_org.jpg
脂が結構多いので、炎も上がって

MatsusakaTori1_009_org.jpg
1枚が大きな皮はタレにつけて、ウマ~い!!

MatsusakaTori1_010_org.jpg
クビはレモン汁で、ウマ~い!!

MatsusakaTori1_012_org2.jpg
ちなみに、キャベツはセルフで食べ放題!!

MatsusakaTori1_000_org.jpg MatsusakaTori1_001_org.jpg
ひとりで乗せて、ひっくり返して、焦がさないように
腹いっぱい焼肉を食べたけど、鶏なので重くありませ~ん!!・・・財布にも優しいし。
関連記事
[ 2015/03/26 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

松阪牛を食べたいけど、予算が合わないときには 牛丼/洋食屋 牛銀(三重:松阪)

出張でやってきました三重県松阪市。
と言っても社内規定が変わって出張手当が出ない距離なんですが。

MatsusakaGyuginYosyoku_000_org.jpg
そりゃあ、松阪牛でしょう!ということで、松阪駅から西へ徒歩13分の 牛銀(ぎゅうぎん)

MatsusakaGyuginYosyoku_002_org.jpg MatsusakaGyuginYosyoku_003_org.jpg
牛銀本店 はちょっとというか全然無理なお値段なので・・・

MatsusakaGyuginYosyoku_010_org.jpg MatsusakaGyuginYosyoku_009_org.jpg
その隣りの 洋食屋 牛銀 でランチです。

MatsusakaGyuginYosyoku_001_org2.jpg
高いモノは高いけどお手頃のモノもあるので、かな~り安心できます。

MatsusakaGyuginYosyoku_004_org.jpg
きっと高級なお店だろうから若干気構えてたんですが
1階はカウンター7席で2階にはテーブルもあるようで
店員さんも雑談をしてたりして、普通のお店やんかぁ~!

MatsusakaGyuginYosyoku_005_org.jpg
それでも、やっぱり高級そうな 牛丼(上)

MatsusakaGyuginYosyoku_006_org.jpg
シャキシャキ感の残ったネギと玉ねぎを卵でとじて

MatsusakaGyuginYosyoku_007_org.jpg
タマゴはフワフワで胡椒が少し効いて・・・
うん?タマゴと牛肉?・・・牛丼じゃなくて他人丼や~ん!

MatsusakaGyuginYosyoku_008_org.jpg
とは言いつつも、大きい4切れの松阪牛がご飯を覆って、軽~く噛み切れて、めちゃウマぁ~!!

隣りの何度か来ているようなサラリーマンは、ハヤシライスやオムライスを食べていたので、
きっとそれにも松阪牛は入っているんやろなぁと思いながら仕事に向かうのでした。
関連記事
[ 2015/03/25 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(4)

M・L・LLサイズどれもすべて同じ料金のカルボナーラ/パスタモーレ(京都駅)

先日のランチは パスタモーレ(PASTA MORE)京都駅店 です。
JR京都駅の八条口のアスティ京都 1F にあります。

PastaMoreKyoto_000_org.jpg
Mサイズ(普通)、Lサイズ(普通×1.4)、LLサイズ(普通x2)と
店頭にはお得感満載の大きな看板

PastaMoreKyoto_001_org.jpg
そして実物大のLLサイズの巨大さがわかるショーケースで
京風ペペロンチーノ・トマト・クリーム・和風と20種類ぐらいあります。

PastaMoreKyoto_002_org.jpg
ファミレスっぽい雰囲気で、パスタ屋さんにしてはサラリーマンが多く
テーブルには、飽きてしまうだろう予防策として粉チーズのタバスコ

PastaMoreKyoto_004_org.jpg
無難に選んでしまった カルボナーラ

普通に見えるでしょう?ではズームアウト~

PastaMoreKyoto_003_org.jpg
テーブルとほぼ同じサイズのLLサイズのお皿
特に何が良いというわけでもなく、普通に美味しく食べ進んでいけます。
途中までは・・・

PastaMoreKyoto_005_org.jpg
ここで、粉チーズ大量投入!
で、最後まで美味しく完食。

PastaMoreKyoto_007_org.jpg PastaMoreKyoto_006_org.jpg
ほとんどのお客さんがサラダやドリンクのセットを頼まずに
がっつりパスタだけを楽しんでました。
関連記事
[ 2015/03/24 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(2)

手際が良すぎることに感心してしまうパスタ食堂カフェ/potto(大阪:心斎橋)

疲れをいやす駆け込み寺 ほぐし庵 禅(ZEN)にやって来ましたぁ・・・

PottoShinsaibashi_000_org.jpg
のではなくて、この看板が主張し過ぎているのであまり目立たないですが、
1階にあるガラス張りの 自家製ミートソースpotto(ポット) でディナーです。

地下鉄「心斎橋駅」から北へ徒歩4分のところにあります。

PottoShinsaibashi_003_org.jpg PottoShinsaibashi_005_org.jpg
コの字カウンター12席には、コップとお水。
さらに、それぞれ電源と引き出しがあって、引き出しを開けると
紙ナプキンやスプーンにフォークなどが用意されています。

PottoShinsaibashi_001_org.jpg
牛1頭から0.2%しか取れない貴重な「千本筋」を使用した自家製ミートソースが
売りのお店のようで、パスタだけでなくミートソースライスやミートソーストースト
なんてもものまでありますが、今回はクーポンでやってきました。

ただ、今回のクーポンは全部で4品なんですが、それぞれを数種類から選べて
しかも家族3人でバラバラに頼んだので、シェフも作るの大変やろうなぁと
カウンター内の丸見えのキッチンを見ていると・・・

PottoShinsaibashi_006_org.jpg
凝った料理を作っているわけではないですが、システム化されたキッチンで
二人が恐ろしいほどの手際の良さで接客をしながら次から次へと
美味しそうな料理を産み出している光景を見ているだけでも楽しくなります。

PottoShinsaibashi_012_org.jpg
ピンクグアバジュース・アサイージュース・マンゴージュース

PottoShinsaibashi_007_org.jpg
箕面ソーセージ (手前)・生ハムとオリーブ (奥)

PottoShinsaibashi_009_org.jpg
4種チーズと生ハムと半熟卵のクリームソース(フェットチーネ)

PottoShinsaibashi_010_org.jpg
半熟卵は自分でトッピングして、モチモチパスタを堪能!!

PottoShinsaibashi_008_org.jpg
海老とカニの風味が強烈な オマール海老と紅ズワイガニのクリームソース(スパゲッティ)

PottoShinsaibashi_011_org.jpg
ニョッキの食感がおもしろい 焼きタラコとクラムチャウダー(ニョッキ)

PottoShinsaibashi_013_org.jpg
キャラメルとマカデミアナッツ (手前)
ニラアイス (左)・ハチミツとマカデミアナッツ (右)

PottoShinsaibashi_014_org.jpg
お店の看板の自家製ミートソースを食べなかったのは
ミートソースのお土産付きだからでしたぁ~。しかも6人前(3袋×2人前)!!

PottoShinsaibashi_002_org.jpg PottoShinsaibashi_004_org.jpg
どうやら 本店 は豊中(桃山台)にあるようで、クーポンを買わなくても、
18時までやっているランチもお得でしたし、夜もお安いようです。
そしてフレンチトーストがまた興味をそそるお店でしたぁ~
関連記事
[ 2015/03/23 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(0)

ホンマは1480円で食べて欲しい!!黒毛和牛ローストビーフ丼/肉タレ屋(大阪:寺田町)

先日のランチは 浪速焼肉 肉タレ屋 です。

JR環状線「寺田町駅」から北へ徒歩3分の国道25号線沿いにあり
斜め向かいには ウチにしかない天丼があります! の たま天 があります。

L字カウンター11席に奥には座敷が数卓ある焼肉屋さんで、11時30分頃に行ってみると、
先客は若い女性ばかり4名。食べるよりも、喋るのが忙しそう。

TeradachoNikutareya_002_org.jpg
ランチメニューは1つのみで、「サイズはどうしますか?」と
ジョッキで水を持ってきてくれながら、私が座る前に聞かれます。
決めていたんでいいですけど・・・

ちなみに、ローストビーフと言えば
三宮の レッドロック、梅田の シャーロックホームズ を思い出します。

TeradachoNikutareya_003_org.jpg
ホンマは1480円で食べて欲しい!!黒毛和牛ローストビーフ丼(特盛)

「ホンマは1480円で食べて欲しい!」のは並盛 880円なので
特盛だと「ホンマは何円で食べて欲しいのか?」気にはなります。

原価率67%、黒毛和牛A4ランク・・・らしいです。

TeradachoNikutareya_004_org.jpg
ドンブリからはみ出る数えきれないローストビーフ

TeradachoNikutareya_005_org.jpg
レタス・ネギ・タマネギ・大根おろし・黄身
バラエティに飛びすぎて何と一緒にローストビーフを食べればええんやろう?

TeradachoNikutareya_007_org.jpg
目立ち過ぎている色鮮やかな中央の黄身
いつ潰すべきか?と思いつつ
タレのかかったローストビーフと野菜を一緒にアッサリとうまいなぁ~

TeradachoNikutareya_008_org.jpg
で、潰してしまえ~!

ローストビーフだけでなく、美味しいタマゴかけごはんにもなってお得気分!
いろんな野菜のおかげで、味に飽きることなく最後まで美味しくいただけます。

TeradachoNikutareya_006_org.jpg
そして、赤だしの具は スジ肉!
ちょっとビックリですけど、これもなかなか美味しい!

TeradachoNikutareya_001_org.jpg TeradachoNikutareya_000_org.jpg
わさび醤油も頼めば可能みたいなので、次はコレも試したい
長い長い長い名前のローストビーフ丼でした。
関連記事
[ 2015/03/22 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(4)

初めての きつね丼 と 原了郭の黒七味をかけて ぶっかけそば/にし村(京都:向日)

先日のランチは そば処 にし村 です。

阪急京都線「東向日駅」と「西向日駅」のどちらからでも
徒歩12分の 向日町競輪場 の東側にあります。
MukoNishimura_004_org.jpg MukoNishimura_003_org.jpg
テーブル大小8卓の気軽に入れそうな お蕎麦屋さんで
12時30分だと8割ぐらい埋まってました。

MukoNishimura_001_org.jpg
各お蕎麦をどのご飯モノと組み合わせるかで
メニュー以外のモノもある蕎麦は温かい・冷たいを選べるようです。

MukoNishimura_005_org.jpg
で、日替わりで100円引きだった きつね小丼定食

MukoNishimura_006_org.jpg
人生で初めて食べる きつね丼
甘い薄揚げにネギ と素朴で優しくて、しかも美味しい!

MukoNishimura_007_org.jpg
ネギ・海苔・大根おろし・胡麻がトッピングされた 冷たい ぶっかけそば

MukoNishimura_008_org.jpg
更に ちくわ天 も付いて、キュッっと締まったお蕎麦を
冷たく少し甘い出汁と一緒に食べて、これだけでも美味しいですけど・・・

MukoNishimura_002_org.jpg
テーブルには 原了郭黒七味 があるじゃないですかぁ!

長堀橋の つけ麺 二代目みさわ 以来のご対面です。

これをかけると 美味しいぶっかけそば が 超美味しいぶっかけそば にパワーアップ!

MukoNishimura_000_org.jpg MukoNishimura_009_org.jpg
お手頃価格で原了郭の黒七味もあるなんて、いいお店じゃないですかぁ!
関連記事
[ 2015/03/21 21:00 ] お食事処 そば | TB(0) | CM(0)

大阪近代長屋でスパイシーカレー/げしとうじ(大阪:南田辺)

MinamiTanabeGeshiToji_014_org.jpg
ココはJR阪和線「南田辺駅」から南西へ徒歩4分の住宅街
大阪近代長屋 というらしい・・・

MinamiTanabeGeshiToji_000_org.jpg MinamiTanabeGeshiToji_013_org.jpg
その一番左にある白い暖簾の 喫茶とカレー げしとうじ でランチです。

MinamiTanabeGeshiToji_012_org.jpg
きっと店主の名前で勝手に漢字をあてて「下師藤次さんとは変わった名前やなぁ」と
思っていたら 夏至冬至 だそうで。

MinamiTanabeGeshiToji_011_org.jpg
暖簾をくぐると 亀 と 椅子の植物 と 宙吊り自転車

MinamiTanabeGeshiToji_002_org2.jpg MinamiTanabeGeshiToji_003_org.jpg
更に引き戸を開けると思わず「ごめんくださ~い」と言ってしまい
卓袱台3卓とソファ1卓に公務員のようなお兄さんが「お好きな席にどうぞ~」
MinamiTanabeGeshiToji_005_org.jpg MinamiTanabeGeshiToji_004_org.jpg
奥には中庭があり、玄関から近所のおばちゃんが「醤油貸して~」って入ってきそう。
各席には英語の本が置いてあり私には英語の勉強のような本とピザの作り方。

MinamiTanabeGeshiToji_001_org.jpg
フードメニューは トースト・サンドイッチ・カレー
カレー新作の チーズほうれん草 も追加されています。

カレーは同時に3皿までしか作れないそうなので、待っているといい香りが部屋を包みます。

MinamiTanabeGeshiToji_006_org.jpg
で、チキン野菜ミックスカレー

MinamiTanabeGeshiToji_008_org.jpg
ピクルスは玉ねぎ・パプリカ・きゅうり・大根
ちゃんとお箸が用意してあるので食べやすいです。

MinamiTanabeGeshiToji_007_org.jpg
鶏肉だけでなく、大根・シメジ・茄子・ほうれん草・サツマイモ・厚揚げ
と盛りだくさんで・・・

MinamiTanabeGeshiToji_009_org.jpg
後から持ってきてくれた 忘れられていた シシトウ

辛さもありますが、それよりも喉を刺激するようなスパイシーさが
襲ってきて、胃が熱くなって、めちゃウマぁ~

MinamiTanabeGeshiToji_010_org.jpg
サービスだというヨーグルトと 甘さを選択できる チャイ(甘さ控えめ)

近代長屋とスパイシーカレーにご興味がある方は是非どうぞ!
関連記事
[ 2015/03/20 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(6)

浜松に来たら餃子だけじゃなくて、やっぱりウナギも!/うな炭亭(静岡:浜松)

HamamatsuUnasumi_000_org.jpg
浜松での仕事も終わり、戻ってきました浜松駅
これは、金色の 出世大名 家康くん

浜松に来たら餃子だけじゃなくて、やっぱりウナギも食べな大阪には帰られん!
と思っていたんですが、私用でどうしても新大阪に20時には着かなければならなく
計算すると18時の新幹線に乗らなければならない!

そんな私に最適な16時30分から営業している うな炭亭 でちょっと早いディナーです。
浜松駅から南へ徒歩5分のところにあります。

入るとかわいいお孫さんがお出迎え。お孫さんのオモチャもいっぱいなので食堂っぽい雰囲気。
そのままエレベーターで2階に上がると

HamamatsuUnasumi_005_org.jpg HamamatsuUnasumi_006_org.jpg
座敷11、テーブル2とちょっと格式が上がった感じになります。

HamamatsuUnasumi_007_org.jpg
こんな早くから うなぎ を食べる人もいないので(しばらく)貸し切り!!

HamamatsuUnasumi_003_org.jpg HamamatsuUnasumi_004_org.jpg
予算が許されるのであれば、食べたいモノはいくらでもあるんですけど
おススメのメニューを注文すると、期待を裏切るように結構早くでてきた・・・

HamamatsuUnasumi_008_org.jpg
うなぎまぶし

HamamatsuUnasumi_009_org.jpg
フタを開けるとポワーンとウナギのいい香り~
このまま がっつきたくなる 欲求を抑えて・・・

HamamatsuUnasumi_011_org.jpg
まずは、そのまま食べまして~

HamamatsuUnasumi_012_org.jpg
次に、薬味のネギ・ゴマをたっぷりかけて まぶし丼 で食べまして~

HamamatsuUnasumi_013_org.jpg
最後は、カツオ風味のあっさり出汁で うなぎ茶漬け で〆ま~す!

HamamatsuUnasumi_010_org.jpg
デザートは グレープフルーツ
これも結構、美味しかったぁ~

HamamatsuUnasumi_002_org.jpg HamamatsuUnasumi_001_org.jpg
あぁ~次はいつ食べられるんでしょう~
関連記事
[ 2015/03/19 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

餃子購入額 日本一の浜松で餃子ランチ/福みつ(静岡:浜松)

出張でやってきました静岡県浜松市

HamamatsuFukumitsu_009_org.jpg
浜松のゆるキャラの 出世大名 家康くん・・・ちょんまげ は うなぎ

浜松に来たからには何が何でも浜松餃子を食べようと思って
調べてみると浜松駅に一番近い むつぎく は月曜日はお休み。

で、もう少し範囲を広げた 福みつ でランチです。
遠州鉄道「八幡駅」から東へ徒歩16分のところにあります。

ちなみに執念のランチだったので、そのために予定より早く浜松に着いて
浜松駅から片道25分歩きましたけど。

HamamatsuFukumitsu_003_org.jpg HamamatsuFukumitsu_004_org.jpg
「空いている席どうぞ!」と元気な掛け声。
ゆったりとしたテーブル15卓ぐらい
11時過ぎなのにすでに先客5組、お持ち帰りのお客さんまでいます。

HamamatsuFukumitsu_002_org.jpg
餃子しか無~い!

10個~50個まで表示があるので、数が増えるとお得になるのかなぁ
と計算してみると、いくら増えても1個56円でした。

他のお客さんに、どんどん餃子が運ばれてきて、
美味しそうな匂いに私のお腹も鳴り出して・・・

HamamatsuFukumitsu_005_org.jpg
餃子定食(大)

餃子なので中華スープかと思いきや
カツオ出汁のお味噌汁(豆腐と薄揚げ)、これが美味しい!!

HamamatsuFukumitsu_006_org2.jpg
(大)なので餃子20個
一口サイズぐらいを勝手に想定していたらガッツリ20個

HamamatsuFukumitsu_007_org.jpg
適当に酢・醤油・ラー油を混ぜて

HamamatsuFukumitsu_008_org.jpg
しっかりとした皮に餡はキャベツメインで
シャキシャキと旨味たっぷりでウマ~い!!!

20個も食べられるかなぁと思いながらも、難なく完食!

HamamatsuFukumitsu_000_org.jpg HamamatsuFukumitsu_001_org.jpg
11時30分を過ぎるころにはほぼ満席になったので、さすが餃子日本一の浜松でした。
関連記事
[ 2015/03/18 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(2)

テキーラマエストロ のいるお店で ハニーマスタードチキン/Ritz(近鉄奈良)

ランチタイムに近鉄奈良駅にいます。
何も調べていなかったので、とりあえず、観光客だらけの商店街を南へ歩いてみましょう。

NaraRitz_010_org.jpg
すると、もちいどのセンター街なら町長屋 という細い路地を見付け

NaraRitz_002_org.jpg NaraRitz_001_org.jpg
その奥に、いかにも美味しそうな雰囲気を醸し出していた Ritz(リッツ) でランチです。

NaraRitz_004_org.jpg NaraRitz_003_org.jpg
私は下戸なので全く興味はありませんが、テキーラマエストロがいらっしゃるそうで
見付けにくい場所にありながらも、カウンター4席、テーブル3卓は半分以上埋まっています。

NaraRitz_000_org.jpg
おススメは 日替りRitz か 日替りタコス だそうで
枚数は違うけど、どちらにもタコスは付くようです。

NaraRitz_005_org.jpg
カウンターから見てると、注文が来るたびに揚げてたので、
そこそこ時間がかかって 日替りRitzプレート

NaraRitz_006_org.jpg
メインは ハニーマスタードチキン

持ってきてくれた瞬間にお酢が鼻を突き、
あまりの強烈さに思わず顔を背けてしまいますが
ひと口食べてみると、熱々でジューシーで甘くてピリ辛で メチャクチャウマ~い!
おそらく、記憶にある唐揚げのなかではベスト3に入るかもしれません。

NaraRitz_008_org.jpg
メキシコ料理と言えば タコス
うーん、メキシカン!

NaraRitz_009_org.jpg
ライス、ビーンズ・ディップ、キャベツと残ったので
チリソースと混ぜて 即席タコライス

NaraRitz_011_org.jpg
思わぬところで出会ったメキシコ料理でした。
ちなみに、この路地をそのまま東へ歩くとすぐに 猿沢池 がありますので。
関連記事
[ 2015/03/17 21:00 ] お食事処 エスニック | TB(0) | CM(0)

具だくさんのカツサンド と 目玉焼き付きのカツカレー/ホテイヤ(大阪:駒川中野)

先日のディナーは ホテイヤ(HOTEIYA) です。
地下鉄谷町線「駒川中野」駅から徒歩4分の 駒川商店街 を入ってスグのところにあります。
KomagawaHoteiya_004_org.jpg KomagawaHoteiya_003_org.jpg
カウンター6席・テーブル2卓のウッド調の店内で、ほっこり落ち着ける雰囲気です。

KomagawaHoteiya_002_org.jpg
今回は、お店の看板メニューをお得に食べられるクーポンでやってきました。

KomagawaHoteiya_005_org.jpg
まずは、ガラス瓶に入った レモンスカッシュコーラ

KomagawaHoteiya_006_org.jpg
特品Aカツサンドセット(フライドポテト付)

KomagawaHoteiya_010_org.jpg
トンカツ・トマト・タマネギ・サラダ菜とどんだけ積むんだぁ~
食べやすいように8つ切りにしてくれて、つまようじで食べます。

野菜が多いので、サッパリ美味しい~

KomagawaHoteiya_007_org.jpg
特品Bカツサンドセット(フライドポテト付)

KomagawaHoteiya_009_org.jpg
トンカツ・キャベツとシンプルな構成で、こちらもひと口サイズにしてくれて
ちなみにどちらのカツサンドもマスタードの有無を聞いてくれます。

KomagawaHoteiya_008_org.jpg
特製ホテイヤカツカレー(目玉焼き付)

まず甘く、次に辛さが来て、最後に辛酸っぱさと変化する
サラサラカレーで、目玉焼きがあるだけで嬉しくなっちゃいます。

クーポンにはスイーツまで付いているので・・・

KomagawaHoteiya_011_org.jpg
白玉入りの ホテイヤパフェ

KomagawaHoteiya_012_org.jpg
超厚切りの もちもちパンのフレンチトースト バニラアイス添え
KomagawaHoteiya_000_org.jpg KomagawaHoteiya_001_org.jpg
モーニングはトーストだけでなく朝カレー やっていても気になるし、
京橋にアウトドアをコンセプトにしている ホテイヤロッヂ という系列店もオモシロそうです。
関連記事
[ 2015/03/16 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(4)

名物は ソリレス刺身 & 地鶏もも焼き、それと 鶏スープ鍋/闘鶏(大阪:心斎橋)

先日のディナーは 闘鶏(しゃも)八幡筋店 です。
地下鉄「心斎橋駅」から南へ徒歩9分のところにあります。
ShamoHachiman_002_org.jpg ShamoHachiman_003_org.jpg
名物を中心に鶏料理だけで攻めてみましょう。

ShamoHachiman_004_org.jpg
ソリレス刺身

どこの部位かはわかりませんが、希少らしい。
ニンニク醤油と食べると甘みと歯応えが絶品!

ShamoHachiman_005_org.jpg
鶏スープ鍋(2人前)

ぐつぐつ煮込んでいる間に・・・

ShamoHachiman_006_org.jpg ShamoHachiman_007_org.jpg
ニンニクチップが別盛りの 地鶏もも焼き

写真を撮っていると「焦げるんで早く~」と店員さんに注意されてしまったので
ニンニクチップをパラパラかけて、これで完成かと思いきや

ShamoHachiman_008_org.jpg
焦げる対象はタマネギだったので、かきまぜて完成!
これがプリッとしてウマいわぁ~、店員さんありがとう!

ShamoHachiman_011_org.jpg
鶏スープ鍋が完成!
まったりスープをポン酢で食べて最高~

ShamoHachiman_009_org.jpg ShamoHachiman_010_org.jpg
焼鳥盛合わせ を 2人前頼んだら
まずは、、続いて、タレ

部位が何かもわかるし、美味しいんでいいですけど、
できれば部位の説明をしてくれると嬉しいかなぁ。

ShamoHachiman_012_org.jpg
スープを追加して、ラーメン
ん~んタマラン!

ShamoHachiman_013_org.jpg
和風クリームチーズ
名前からもチーズに鰹節?だけっぽいですが・・・

ShamoHachiman_014_org.jpg
醤油と混ぜると鶏肉登場で、ウマ~い!

ShamoHachiman_015_org.jpg
またまたスープを追加して、〆は 雑炊 で!

ShamoHachiman_000_org.jpg ShamoHachiman_001_org.jpg
何を食べても美味しい人気の鶏屋さんでしたぁ~
関連記事
[ 2015/03/15 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(2)

何かよーわからんけど、カキフライ と もつ焼き を食べてきた/ARANISHI(京都:九条)

9joAranishi_000_org.jpg 9joAranishi_001_org.jpg
先日のランチはココです!見えますか?

生ホルモン の横にあるのが ARANISHI(アラニシ) の入口。
地下鉄烏丸線「九条駅」から東へ徒歩9分の河原町通り沿いにあります。

9joAranishi_002_org.jpg
食欲という言葉を忘れてしまいそうなディスプレイ。
螺旋階段を2階にあがりまして・・・

9joAranishi_006_org.jpg 9joAranishi_005_org.jpg
テーブルは4卓あるけど、一つは物置っぽく
知り合いの家の散らかったリビングのようです。

なんとなくお肉屋さんの荒西商店が片手間にやってる感はあるような・・・

9joAranishi_003_org.jpg
それでも、メニューがちゃんとあることにホッとします。
日替わりは570円なので、かなり激安!

9joAranishi_004_org.jpg
そしてお肉屋さんで気になりすぎるこの一品

9joAranishi_007_org.jpg
ということで冬に洋食屋さんなので カキフライ & もつ焼き

9joAranishi_008_org.jpg
なんとそこそこ大きなカキフライが7個もついて700円ですから!

9joAranishi_010_org.jpg
別皿のタルタルソースと一緒に食べて、お店の下がりきったイメージが
一気に駆け上がって、大満足できます。
謝ります、スミマセンでした。

9joAranishi_009_org.jpg
6種類以上のホルモンがコッテリとタレで焼かれて・・・

9joAranishi_011_org.jpg
ご飯がすすみまくります!
こんなに豪華な食事で1,100円ですから、凄いですね。

ホルモン好きにはたまらない レバーフライ や 煮こごり などもあって
探せばあなどれないお店はまだまだあるもんです。
関連記事
[ 2015/03/14 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

海老ふりゃ~食べくらべ定食/海老どて食堂(名古屋駅)

ランチは名古屋めし のつもりだったのに 犬山でお好み焼き をたべるハメになってしまい
(美味しかったのでいいんですけど)
すっかり日が暮れた名古屋駅に戻ってきました。

「今度こそ!名古屋めしを食うぞ」とエスカ地下街にやってきて

EscaEbidote_003_org.jpg EscaEbidote_004_org.jpg
前回の出張で 山本屋本店で味噌煮込みうどん を食べたときに気になっていた
この特大エビフライがディスプレイされている 海老どて食堂 でディナーです。

EscaEbidote_005_org.jpg
天井には大きな海老フライ でなはくて 海老ふりゃ~

EscaEbidote_001_org.jpg
海老ふりゃ~ の大きさ か 組み合わせ で選ぶか
どて味噌 につけて食べるか と観光客の心をくすぐるメニューです。

EscaEbidote_006_org.jpg
注文すると、最初にやって来ました・・・さて何でしょう?
「海老ふりゃ~につけるタルタルソースなのでゆで卵を潰して混ぜてお待ちください」
と演出も素晴らしい!

EscaEbidote_007_org.jpg
で、とんかつ屋さんで胡麻を磨り潰すみたい~って思いながら待ちます。

EscaEbidote_008_org.jpg
海老ふりゃ~食べくらべ定食 の登場

心を込めてタルタル作ったのにソースあるや~んって思ったら
「ソースはキャベツにかけてお使いください」とのこと。

EscaEbidote_009_org.jpg
大きな ひらき海老フライ

EscaEbidote_010_org.jpg
長~~い 海老フライ

EscaEbidote_011_org.jpg
心のこもったタルタルソースをたっぷりつけて
ガブッと!ウマ~い!!しかも、すっごい肉厚!!

EscaEbidote_000_org.jpg EscaEbidote_002_org.jpg
どちらも食べ応え充分で、尻尾までバリバリ食べて満足で~す!
でも、う~ん・・・名古屋めし は高いなぁ~
関連記事
[ 2015/03/13 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(12)

お好み焼きを頼むと おにぎり・サラダ・味噌汁・ドリンク・デザート がついてきた/佳味(愛知:犬山)

出張で愛知県犬山市にやってきました。

事前にランチを調べてみると、台湾まぜそばの 麺屋はなび 監修の 台湾カレー
なるものがあったので、名鉄犬山線「木津用水駅」で下車したら、臨時休業!!

お店の前にあるのは ドトール、Hotto Motto(ほっともっと)・・・

まだ約束の時間までは余裕があって、比較的大きい幹線だったので
仕事の目的地に向かって歩けば、何かあるだろうと
孤独のグルメのごとく、スマホに頼らずに東へ進むことに・・・

まず、焼肉 味楽 を発見。古そうな建物だからこそ美味しそうなんですが、
表にメニューが無い焼肉屋に入るのは、チャレンジ過ぎるので却下。
井之頭五郎(松重豊)だったら入るんやろぉなぁ~
InuyamaYoshimi_012_org.jpg InuyamaYoshimi_011_org.jpg
次に発見したのが、お好み焼き 佳味(よしみ)

大阪でも広島でもない犬山で大阪人がお好み焼き?
一応、目を凝らして、もっと先を眺めてもお店が無さそうなので、入ることに。

テーブル3卓、座敷2卓は賑わっており、「一人です」と告げると
「相席をお願いするかもしれませんが」「いいですよ」と座敷に。

InuyamaYoshimi_000_org.jpg
ランチは ボリュームランチ か 福玉ランチ
名前だけに釣られて ボリュームランチ! の お好み焼き で具材は イカ。

InuyamaYoshimi_001_org.jpg
「自分で焼きますか?」

家では焼きますけど、お店で自分の焼き加減次第で美味しさが
変わるなんてあり得ない!と思っているので・・・

「お願いします、焼いてください。」

InuyamaYoshimi_002_org.jpg InuyamaYoshimi_003_org.jpg
で、焼いてくれます。

InuyamaYoshimi_004_org.jpg
おにぎり・ミニサラダ・オレンジジュース の登場
小さい子どもだったら、これだけでも充分です。
しかも、おにぎりは1回だけお替りできちゃいます!

InuyamaYoshimi_005_org.jpg
焼き始めよりも、かなりふっくらしてきましたぁ~

奥に見えるのは相席のご婦人お二人の福玉ランチ
そちらは海老入りなので、尻尾はカリカリに焼いてくれるみたいです。

InuyamaYoshimi_006_org.jpg
ソース・マヨネーズ・かつお・青海苔まで仕上げてくれて

InuyamaYoshimi_007_org.jpg
完成!
お味噌汁(もちろん赤だし)とお替りの おにぎり

InuyamaYoshimi_008_org.jpg
しかも、4分割までしてくれて至れり尽くせり!

InuyamaYoshimi_009_org.jpg
粉が少なめでフワッフワ~!美味しいや~ん!

InuyamaYoshimi_010_org.jpg
最後はデザートの バニラアイス

まさか犬山市でお好み焼きを食べるとは思いませんでしたが、いいお店に出会えたようです。
関連記事
[ 2015/03/12 21:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(0)

とり玉サンド は ウインナーコーヒー とご一緒に/蝸牛庵(大阪:北浜)

先日のランチは 蝸牛庵(かぎゅうあん) です。
北浜駅から南西へ徒歩8分、淀屋橋駅からでも南東へ徒歩10分のところにあります。

KitahamaKagyuan_004_org.jpg KitahamaKagyuan_003_org.jpg
11時40分頃に行ってみると、テーブル10卓、カウンター6席の
想像以上に奥に長い店内にはお客さんはポツポツ。
でも「12時過ぎると混んでくるので、そのときは相席お願いします」と。

KitahamaKagyuan_002_org.jpg
これは迷います。
今日の気分は、「タマゴは欲しいけど、カツは要らんなぁ」
「ハーフ&ハーフはないのかなぁ」と思いつつ注文。

KitahamaKagyuan_005_org.jpg
ナント!こちらのレギュラーコーヒーは ウィンナーコーヒー
乳脂肪27%とか書かれると躊躇しますけど、ドバッーと投入。
まろやかに深みというか重みのあるコーヒーを味わえます。

KitahamaKagyuan_006_org.jpg
とり玉サンド

KitahamaKagyuan_007_org.jpg
濃厚なテリ鶏とまろやかなかタマゴが肉厚に挟まれて
ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!と4つの山

KitahamaKagyuan_009_org2.jpg
トローっとフワーっとメチャうまぁ~
しかもボリュームたっぷりなので、
2山食べるとほぼ満足できてしまいます。

KitahamaKagyuan_008_org.jpg
付け合わせはポテトチップスとヨーグルト

KitahamaKagyuan_001_org.jpg KitahamaKagyuan_000_org.jpg
これで ドリンク含めて 850円ですからねぇ。
人気があるのも分かります。
関連記事
[ 2015/03/11 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(0)

揺るぎない安定感のオムライス/さか井食堂(京都:亀岡)

KameokaSakai_002_org.jpg
亀山城址 付近にはこんな札が所々あって、これは 丹波亀山城高札所跡

亀岡市にある亀山城・・・ちょっとややこしいですけど
どうやら、1869年に三重県亀山市と混同するため 、亀岡に改称したらしい。

この札跡にある さか井食堂 でランチです。
JR山陰本線「亀岡駅」から南へ徒歩15分のところにあります。

KameokaSakai_005_org.jpg KameokaSakai_004_org.jpg
座敷2卓、テーブル6卓のキレイなお店で11時30分過ぎで
地元客で半分は埋まり、出前の電話がジャンジャンかかってきています。

壁には亀岡のゆるキャラらしい 明智かめまる
(亀山城を築城したのが明智光秀だそうです)

軍師官兵衛や信長協奏曲などで、明智光秀は登場しますが
どうもいいイメージがないので、イメージアップを図るために
亀岡観光協会では大河ドラマに誘致しようとしているみたいです。

KameokaSakai_003_org.jpg
で、メニューですけど、こんなにあると何にすればいいのでしょうか?
メニューをめくっていくと、写真付きメニューが4つだけありまして、
そのなかで一番目立つのが・・・

KameokaSakai_006_org.jpg
この写真・・・で注文!

メニューを厨房に伝えるときに
「オムライス入りましたぁ~」と他とは全然違う言い方なので、
「おぉ~、来やがったかぁ!」とでも厨房では思っているのかも?

でも、食堂 = すぐ来る と思いきや、他のお客さんを見ても
まぁまぁ待つようで、作り置きではなく、ひとつひとつ作っているようです。

KameokaSakai_007_org.jpg
お待ちかねの オムライス

KameokaSakai_008_org.jpg
写真とソックリ、期待を裏切らないビジュアルです。

KameokaSakai_009_org.jpg
流行りのフワトロでもデミグラスでもなく
薄焼きタマゴにチキンライス、グリーンピースも入って
真っ赤なケチャップがかかって
懐かしくもあるけど、よくまとまって安心できる美味しさです。

ちなみに、豆抜きも出来るようなんで、
それを私に入れてくれ~って言いたくなりますけど。

KameokaSakai_010_org.jpg
豆腐がいっぱいのお味噌汁
お箸がなくスプーンしかないので、気分はミソスープ。

KameokaSakai_001_org.jpg KameokaSakai_000_org.jpg
左のおばさんの 鍋焼きうどん も美味しそうですし
右のお兄さんの焼きそば定食の玉子スープが
ドンブリサイズなので、コレもなかなか魅力的です。
関連記事
[ 2015/03/10 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

道頓堀を見下ろしながら超隠れ家カフェでスモーク料理/プロモ カフェ(大阪:難波)

NambaPromo_002_org.jpg
なんば駅から北へ徒歩5分の道頓堀沿いにある1階にお地蔵さんが居るビル

目的のお店はこのビルにあるらしいのですが、看板が小さくあるだけで、
見付けるのは難しく、更にエレベーターを探すのも一苦労してしまいます。

NambaPromo_011_org.jpg
で、5階に上がって東を見ると騒々しい道頓堀を静かに見下ろせるので、思わず「おぉ~!」と。

NambaPromo_012_org.jpg
西を向いたこっちの夜景はまた違った雰囲気です。
で、こんな道頓堀を一望できる promo cafe(プロモカフェ) でディナーです。

NambaPromo_004_org.jpg NambaPromo_000_org.jpg
テーブル3卓、ソファ1卓で壁一面がガラス張り~
メニューを見ると、スモーク料理を中心としたお店のようで、今回はクーポンでやって来ました。

NambaPromo_003_org.jpg
まずは、フレッシュオレンジジュース & フレッシュグレープフルーツジュース

NambaPromo_005_org.jpg
ほうれん草とスモークベーコンのサラダ

「スモークベーコンは塩辛いので、野菜と一緒にお食べください」とのこと。
醤油ドレッシングがいい香りでウマぁ~い!

NambaPromo_006_org.jpg
グツグツ煮えたぎる タコ・ホタテ のアヒージョ
もちろん、タコもホタテもスモークされてます。

NambaPromo_007_org.jpg
プリップリの 焼き牡蠣

NambaPromo_008_org.jpg
スモークチキンと青梗菜のペペロンチーノ
青海苔がふりかけてあるので、潮の香りがしてウマぁ~い!

NambaPromo_009_org.jpg
変わった味のアイスやなぁと思いながら食べてると
奥さんが「桜餅!」

NambaPromo_001_org.jpg NambaPromo_010_org.jpg
超隠れ家で道頓堀の夜景とスモーク料理はいかがでしょうか?
関連記事
[ 2015/03/09 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(4)

11時45分までに入ると100円引きの牛サイコロステーキ定食/ごいちや(大阪:本町,船場センタービル)

この日はランチをゆっくり食べる時間は無さそうだと思っていたら
御堂筋線から中央線に乗り換える時間に少し余裕が出来たので

Semba51ya_000_org.jpg
ココに来れば何とかなるだろうと船場センタービル10号館B1Fの 船場茶屋小路

Semba51ya_006_org.jpg
とりあえずグルッとまわってみようと、パッと目に入ったのがなんとも美味しそうな写真
コレを見ていると、お兄さんが
「11時45分までに入ると100円引きです」
「コレも?」
「いえいえ、指定料理だけです」
「指定料理?」
「牛サイコロステーキ か チキンカツ です」

Semba51ya_008_org.jpg
他のメニューも見て、ちょっと考えて「じゃあ」と入ると・・・

Semba51ya_002_org.jpg Semba51ya_001_org.jpg
L字カウンター11席には、お兄さんの上手な客引きに
まんまと引っかかってしまったお客さんが5人ほど。
その後、お兄さんはお客さんをどんどん釣り上げてきていました。

お店の名前は 食彩酒房 ごいちや

Semba51ya_003_org.jpg
で、ご飯とお味噌汁がお替りできる 牛サイコロステーキ定食

Semba51ya_005_org.jpg
サイコロにも負けず劣らず目立ったのが 人参・サツマイモなど色とりどりのサラダ

Semba51ya_004_org.jpg
メインの 牛サイコロステーキ
これが超~やわら~い!
噛むとギュッと肉汁があふれてめちゃウマぁ~

ちなみに、12時頃にはチキンカツは売り切れてました。

Semba51ya_007_org.jpg Semba51ya_009_org.jpg
バラエティに富んだ他の肉系の定食も美味しそうなんで、また来るかも。
関連記事
[ 2015/03/08 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(2)

ドロドロ鶏豚骨ラーメン & こってり豚軟骨丼/頑固麺(京都:藤森)

先日のランチは 頑固麺 です。
京阪本線「藤森駅」から西へ徒歩6分のところにあります。

12時30分頃に行ってみると3人待ち。
超超超超超寒い日でもココまで来たので待つことに、
でも排気口からの温かい空気が列に直撃するので少しだけ寒さを凌げます。

FujinomoriGankomen_001_org.jpg
どんな頑固おやじが登場するのかと思いきや
キレイなお姉さんに、元気なお兄さんたちだけで
丁寧な接客をしてくれ指示通りに、まずは食券を買います。

鶏豚骨 or 煮干し鶏豚骨 であとはトッピングをどうするかですけど、
寒さで思考回路が麻痺しているので、定番にしときましょう。

FujinomoriGankomen_004_org.jpg
鶏豚骨ラーメン豚軟骨丼

FujinomoriGankomen_002_org.jpg
どう見てもメチャクチャ濃厚そうです!!
具材はチャーシュー、ネギ、メンマ。
ちょっと変わったところで刻みタマネギも入って、
これが濃厚スープには嬉しい存在になっています。

FujinomoriGankomen_003_org2.jpg
明らかにチャーシューはドロドロスープに浮いてます。

FujinomoriGankomen_007_org.jpg
オォー何度も濃厚ドロドロスープにはお目にかかってますけど
これはウマ~い。ついつい飲み続けてしまいます。
『頑固のこだわり』 によると、豚やら鶏やら野菜を
ドロドロになるまで煮込んだスープだそうです。

FujinomoriGankomen_006_org.jpg
ラーメンで麺が美味しいって思うことは少ないですけど
この中太ストレート麺がまた美味しくスープがタップリ絡みます。

FujinomoriGankomen_005_org.jpg
スープに続いて、こっちも濃厚で、更にお茶碗かと思いきや
小ドンブリサイズもあって、美味しいんですけど
ドロドロ鶏豚骨、コッテリ豚軟骨のダブル攻撃に
胃が悲鳴を挙げそうになりました。

FujinomoriGankomen_008_org.jpg FujinomoriGankomen_000_org.jpg
学生が多いようで、13時過ぎても行列の人気のお店でした。
関連記事
[ 2015/03/07 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

ルーの増量もコーヒーも無料なんて知らなかったぞ! カキフライカレー/ダール(大阪:谷町四丁目)

ちょっと早い時間だったので、バビルの塔 に入れるかも?って行ってみたら
やっぱり行列で、並ぶ時間もなかったので、ココはあきらめたけど
カレーはあきらめられなかったので、サクッと食べられそうな
カレーショップ ダール(Dhall) でランチです。
地下鉄「谷町四丁目駅」から西へ徒歩6分のところにあります。

Tani4Dhall_007_org.jpg Tani4Dhall_004_org.jpg
40席はありそうな長いU時型カウンター。先客はおひとり。
トランペットでも吹きそうなおじさんがテキパキとお店の準備中。

Tani4Dhall_002_org.jpg
こんな感じでメニューを眺めると、季節的なモノを注文
「辛口とマイルドどっちにしますか?」と聞かれます。

Tani4Dhall_003_org.jpg
この福神漬けとキュウリ・キャベツのピクルスを見てるだけでお腹が鳴りそうになります。

Tani4Dhall_005_org.jpg
カキフライカレー(大:辛口)

Tani4Dhall_006_org.jpg
メチャクチャ特徴があるわけではないですが、美味しく飽きずに毎日でも食べられそうです。

カキフライも揚げてる様子はなかったけど、大きくて温かくて悪くない。
適度な辛さなので、汗をかくこともなく終了。

Tani4Dhall_000_org.jpg Tani4Dhall_001_org.jpg
で帰りにふと入り口に、
セルフコーヒー無料・・・しまったぁ!
お店の看板を見てみると
ルーの増量無料・・・またもや、しまったぁ!
関連記事
[ 2015/03/06 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

抹茶だし茶漬け & 抹茶ミニパフェ/抹茶庵けんしん(滋賀:草津)

JR草津駅から南へ徒歩10分ほどの住宅街っぽい場所でランチをすることになったが
調べても何もない。ちょっと戻って、先日行った ベーカリー&カフェ 脇本陣
を再訪するのもいいけど、ココは冒険心を出して、気になったら入ってみようと・・・

KusatsuKenshin_011_org.jpg
明らかにオッサン向きではないですが、何か気になるお店
店頭のメニューを見ると、なんか良さそう。

KusatsuKenshin_001_org.jpg KusatsuKenshin_002_org.jpg
奥に広くゆったりとした店内には、テーブル7卓で、先客は、よくしゃべる女性2組

KusatsuKenshin_000_org.jpg
メニューを見ながら、爽やかなお兄さんに「何がおススメですか?」
「どれもですが、抹茶庵なんで・・・」

注文後、スマホで調べて 抹茶庵けんしん だと知りました。

KusatsuKenshin_010_org.jpg KusatsuKenshin_009_org.jpg
更に奥には小さな中庭。
冷た~いほうじ茶 と カラフルな和紙に包まれた つまようじ
となると和楽器の曲が流れてそうですけど洋楽

KusatsuKenshin_004_org.jpg
抹茶だし茶漬け

KusatsuKenshin_005_org.jpg
鯛の切り身が2切れの上には味噌、、ちりめんじゃこ、梅干し、あさつき、刻み海苔、大葉
これに急須に入った抹茶だしを注ぎますと・・・

KusatsuKenshin_006_org.jpg
抹茶の真緑になるのかと思ったら、そうもでない色ですけど
全部注ぐとちょうどご飯が浸かるようになってます。

当然ながら、メインの2切れの鯛を大事に食べますが
予め種を取ってあった酸っぱいだけじゃない梅干し と ツーンとくる薬味のワサビ が
美味しいので、「ご飯をお櫃で持ってきて~」って言いたくなります。

KusatsuKenshin_007_org.jpg
いい香りの 豆挽きホットコーヒー抹茶ミニパフェ

KusatsuKenshin_008_org.jpg
濃い~抹茶アイス に モチモチの茶だんご
こんなに美味しいのであれば、ミニじゃなくて普通サイズにしとけばよかったぁ

KusatsuKenshin_003_org.jpg
茶そばも美味しそうですし、抹茶フォンデュも気になるけど、
オッサン独りでのシチュエーションを想像すると、キツイなぁ。
関連記事
[ 2015/03/05 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

ご当地B級グルメの焼豚玉子飯がカレーになっちゃったぁ/デリー(愛媛:松山駅)

松山での出張を終え、これから夕方までに岡山に移動しなきゃならいので

MatsuyamaDelhi_011_org.jpg
やって来ました JR松山駅
MatsuyamaDelhi_000_org.jpg MatsuyamaDelhi_001_org.jpg
この駅舎内にある カレーショップ デリー でランチです。

MatsuyamaDelhi_003_org.jpg MatsuyamaDelhi_006_org.jpg
U字というよりJ字カウンターが13席で
出張帰りや近所の働くおじさんが気軽に入れる雰囲気です。

MatsuyamaDelhi_005_org.jpg MatsuyamaDelhi_002_org.jpg
定番以外にも、
金沢カレーのようにキャベツが盛られた大きなエビカツが1本入ったカレー
豚ロースカツのデリー風トルコライスなどオリジナルカレーもあって

MatsuyamaDelhi_004_org.jpg
更に、今治名物の 焼豚玉子飯 ともコラボしちゃってます!
同じ構内の 麺小町 松山店 のチャーシューを使っているそうです。

MatsuyamaDelhi_007_org.jpg
でやっぱり、焼豚玉子カレー

MatsuyamaDelhi_008_org.jpg
焼豚の上に目玉焼き、そしてタレーがタラーッと

MatsuyamaDelhi_010_org.jpg
いろんなモノが混ざり合って美味しそうにしか見えまセ~ン!

MatsuyamaDelhi_009_org.jpg
甘さのなかに、少しの辛さが後からやって来る懐かしいカレーで
おそらく観光客相手のメニューでしょうけど、ちょっと得したようなカレーでした。

この後、特急しおかぜ で3時間かけて岡山に移動です。
関連記事
[ 2015/03/04 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(8)

松山伝統の味 幻のかめそば/じゅん(愛媛:松山)

出張で広島の福山に行き、夕方に高速バスで愛媛の松山に移動しました。
高速バスで3時間かかり、20時30分頃にホテルでチェックイン。

「予約していた○○ですけど」
「スミマセン、お名前がありませんが・・・もう一度お名前を」
「○○です」
「やっぱりありませんねぇ」

念のため、スマホに転送していた予約メールを見ると

「おぉ、予約日を1日間違ってる~!」
「あぁ、明日のご予約ですねぇ、じゃあキャンセルしますねぇ、
それと・・・すみません、あと本日満室なんです」
「え~私はこれからどうすればいいんでしょう?」
「近くのホテルに電話してみますんでお待ちください」

問い合わせてくれるのは嬉しいんですけど高いホテルだったらどうしよう?と不安になりつつ、
問い合わせてくれること3軒目で空室がありました!
しかも同じようなレベルのホテルを近い順に問い合わせてくれていました。

歩いて6分ほどの代わりのホテルに無事チェックインし、ようやく夕食に向かうことに。
呑めない私でも夜遅くまで開いていて、ココにしかないお店として見つけていたのが

MatsuyamaJun_000_org.jpg MatsuyamaJun_001_org.jpg
かめそば じゅん

市電「大街道電停」から南東へ徒歩5分のところにあります。

MatsuyamaJun_006_org.jpg MatsuyamaJun_005_org.jpg
カウンター7席の前にはには おでん鍋。
更に、奥には座敷が10席あるようです。

MatsuyamaJun_012_org.jpg
もちろん単品もあるんですけど、何も考えずにお店の名物を食べられるセットが
あるので、下戸な私は Cソフトドリンクセット

ちなみに、あとは ぎょうざ と めかぶ ぐらいしかメニューはありません。

MatsuyamaJun_002_org.jpg
ドリンクは コーラ
注文してから、愛媛のポンジュース にしとけばよかったぁ~とちょっと後悔。

MatsuyamaJun_003_org.jpg
おまかせ おでん3本

愛媛なので じゃこ天、そして コンニャクタマゴ
想像通り期待通りの美味しさでアッサリしてます。

MatsuyamaJun_004_org.jpg
鰹節とネギがどっさりの とうふおでんハーフ
おでんに厚揚げは食べますけど、豆腐は初めてです。

MatsuyamaJun_007_org.jpg
最後は かめそば

第一印象・・・美味しそうに見えますか?

MatsuyamaJun_008_org.jpg
真っ白な鰹節の上には ちりめんじゃこ

やっぱり・・・美味しそうに見えますか?

MatsuyamaJun_009_org.jpg
麺を掘り出すと長い麺もあれば短い麺もあり
硬い麺もあれば柔らかい麺もあり、具はキャベツだけ
出来損ないか?って思いますが、噛めば噛むほど美味しく
鰹節 と ちりめんじゃこ も噛むほど旨味が増して

めちゃウマぁ~!クセになります!

ソース焼きそばのようにクドくなくアッサリして何なんだこの味は!
噛み続けていつまでも口の中に残しておきたくなります。

MatsuyamaJun_011_org.jpg MatsuyamaJun_010_org.jpg
秘密のケンミンSHOW、ありえへん∞世界 でも紹介されたようで
飲んだ後、〆にラーメンを食べるように かめそば を食べる人もいるそうです。
関連記事
[ 2015/03/03 21:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(4)

女王様のオムライス & 自家製フレンチトースト/Yokomachi(大阪:天満)

TenmaYokomachi_001_org.jpg
ココはJR環状線「天満駅」から北へ徒歩6分の超有名な中華料理の 双龍居
(5年ほど行ってませんが)ある 池田町中央通り商店街 の東端。

TenmaYokomachi_002_org.jpg
その角を北に向くと何も無さそうな住宅街なんですが・・・

TenmaYokomachi_003_org.jpg TenmaYokomachi_000_org.jpg
少し歩いたところにある YOKOMACHI でディナーです。

TenmaYokomachi_004_org.jpg TenmaYokomachi_005_org.jpg
カウンター7席、テーブル2卓でお店というよりは
知り合いのお宅にお邪魔したような雰囲気で今回はクーポンでやってきました。

TenmaYokomachi_006_org.jpg
メインは 女王様のオムライス

TenmaYokomachi_007_org.jpg
何が『女王様』なのかはわかりませんが、気品があるといえばあるのかも?

TenmaYokomachi_008_org.jpg
フワフワとろっとろの玉子なのは間違いありません!

TenmaYokomachi_009_org.jpg
こういうスタイルだと、あまりお見かけしないマヨネーズ

TenmaYokomachi_010_org.jpg
トマト・茄子・インゲン・玉ねぎ・シメジ・エリンギ・パプリカ・鶏肉などなど
具だくさんで不思議な甘めのトマトソースに、めちゃウマぁ~!

この贅沢さが女王様なのかも?

シャカシャカとかき混ぜる音で小さな店内が騒がしくなり、甘い香りが漂いだして・・・

TenmaYokomachi_011_org.jpg
デザートは 自家製フレンチトースト & オーガニックコーヒー

TenmaYokomachi_012_org.jpg
外はカリッと中はフワッとで、これまた絶品!

TenmaYokomachi_013_org.jpg
奥さんの ふわふわパンケーキ

わざわざ行列に並んで食べるパンケーキ専門店よりも
はるかに美味しくフワフワ~・・・安いし。

オムライスだけでなく、スイーツも美味しい隠れ家でした。
関連記事
[ 2015/03/02 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(5)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)