FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2015年01月
月別アーカイブ  [ 2015年01月 ] 

≪ 前月 |  2015年01月  | 翌月 ≫

冬の寒い日はあったか~い 1個60円の たい焼き/二万翁(兵庫:尼崎)

たまに阪神尼崎駅に来ることがあって気になるのは、

Amagasaki2Manou_005_org.jpg
駅北側のハトだらけの中央公園と

Amagasaki2Manou_000_org.jpg
よく人が並んでいるたい焼き屋の 二万翁
たまたまこのときは違いますが、いつもは何じゃコレ?って思うぐらい並んでます。
となると気になるので・・・

Amagasaki2Manou_001_org.jpg
60円は安すぎませんか?

Amagasaki2Manou_002_org.jpg
この光景はたまりませんなぁ~

Amagasaki2Manou_003_org.jpg
噴水をバックに たい焼き(あんこ)

Amagasaki2Manou_004_org.jpg
粒あんがギッシリというわかではないですが、
モチッとした生地の食感も楽しめるたい焼きで
甘さ控えめなので、パクパクっと2~3個食べてしまいそうです。

ココに来るびに誘惑に負けてしまうかもしれません・・・
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/01/31 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

大きな大きな牡蠣入り味噌煮込うどん/山本屋本店(愛知:名古屋駅)

岐阜での仕事が終わったので、新幹線に乗るため名古屋駅にやって来ました。
さぁ、どの 名古屋めし を食べましょうか?

超激寒だったので、温まろうと 煮込うどん 山本屋本店 エスカ店
YamamotoyaHontenEsca_006_org.jpg YamamotoyaHontenEsca_004_org.jpg
いかにも出張帰りのサラリーマンがどんどん入ってきます。

YamamotoyaHontenEsca_002_org.jpg YamamotoyaHontenEsca_003_org.jpg
うどん と言いながらも、やっぱり いいお値段です。
とは言いながらも季節がらこんな写真を見せられると歯止めが・・・きかない。

YamamotoyaHontenEsca_005_org.jpg
まずは、食べ放題の白菜・キュウリ・大根の漬物を食べて待つこと少々・・・

YamamotoyaHontenEsca_008_org.jpg
で、グツグツとやってきましたぁ!
「フタをお皿にして食べてください」と

YamamotoyaHontenEsca_009_org.jpg
ごたいめ~ん!
食欲をそそるビジュアルの 牡蠣入り味噌煮込うどん

YamamotoyaHontenEsca_010_org.jpg
そして中には、大きな大きな牡蠣がゴロゴロと。
レンゲに2個乗せるのも厳しいぐらいデカい!

YamamotoyaHontenEsca_011_org.jpg
少々固めのうどん、う~んタマラン!
プリップリの牡蠣、う~んタマラン!
濃厚な味噌スープ、う~んタマラン!

YamamotoyaHontenEsca_012_org.jpg
もちろん、ご飯を頼んで、牡蠣玉味噌ごはん
漬物と一緒にガガガガッ~と食べて

YamamotoyaHontenEsca_007_org.jpg
漬物をお替り~、ご飯もお替り~

YamamotoyaHontenEsca_013_org.jpg
ダブル牡蠣味噌ごはん
もう食べられませ~ん!

YamamotoyaHontenEsca_001_org.jpg YamamotoyaHontenEsca_000_org.jpg
そう言えば、7~8年前にも郊外で味噌煮込みうどんを食べたことがありますが、
あれは 山本屋本店 だったのか? 山本屋総本家 だったのか?
関連記事
[ 2015/01/30 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(6)

豪快☆牛ハラミのグリル焼きと山盛りポテト/マーチングリル プー(名鉄岐阜)

仕事でやって来ました岐阜市!
JRから名鉄に乗り換えるので名鉄岐阜駅前付近で
事前に探していたお店に向かうも何故か見つからず。

GifuMartinGrillPoooh_000_org.jpg
仕方がないので、適当に探そうと偶然目についた店頭のメニューを見ていると
店内のキレイな女性店員と目が合ってニッコリされてしまったので入ることに。

お店の名前は マーチングリル プー(MARTIN GRILL poooh)
名鉄岐阜駅から北西へ徒歩5分のところにあります。

GifuMartinGrillPoooh_004_org.jpg GifuMartinGrillPoooh_003_org.jpg
じっくりメニューを見なかったので何屋さんかわからずに入りましたが
テーブル間隔が若干狭い店内は、12時を過ぎるといっぱいになり
天井には名言・格言みたいなモノが書いてあります。

GifuMartinGrillPoooh_001_org.jpg GifuMartinGrillPoooh_002_org.jpg
改めてメニューを見ると、ハンバーガーをメインとして
パスタ・タコライス・ステーキとあるようで
どれもこれも美味しそうなネーミングですけど、一番魅かれたモノを注文すると・・・

GifuMartinGrillPoooh_005_org.jpg
こんなに頼んだっけ?

「ミネストローネ にお好みでスープにつけてください」と パン、
更に、サラダ・小鉢(キッシュ・トマト・かぼちゃサラダ・みかん)
その上、マグカップコーヒー まで一遍に持ってきてくれました。

ちなみに、後からメニューを見直すと、こちらでは何も言わなければ、
ドリンクは料理と一緒に持ってくるそうです。

これで驚いちゃダ~メ~!

GifuMartinGrillPoooh_006_org.jpg
豪快☆牛ハラミのグリル焼きと山盛りポテト

もうコレはアホでしょう!

GifuMartinGrillPoooh_007_org.jpg
数えられないぐらいの牛ハラミ!を

GifuMartinGrillPoooh_008_org.jpg
ネギ・ブロッコリーと一緒にライスと美味しく食べると

GifuMartinGrillPoooh_009_org.jpg
残ったのは山盛りポテト!
少し食べてみると、美味しいですけど、どうしましょう?

残します?・・・そんな選択肢は私には無いので
肉汁とポン酢の付いたポテトをひたすら食べ続けましたぁ~

GifuMartinGrillPoooh_010_org.jpg
腹いっぱい!というよりアゴが疲れたぁ。
最後は みかん でサッパリと!

GifuMartinGrillPoooh_012_org.jpg GifuMartinGrillPoooh_011_org.jpg
夜だとお酒を飲みながらガヤガヤと美味しく過ごせそうなお店でした。
ハンバーガーもいいですけど、スーパータコライスの 何がスーパーなのか気になる~!
関連記事
[ 2015/01/29 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(6)

かわいい一軒家カフェで ゆで豚ときのこの香味ソース/喫茶ムギ(京都:西大路御池)

本日は、こちらのかわいらしいお宅にお邪魔します。

NishiojiOikeMugi_000_org.jpg
もちろん知り合いの家にお昼ご飯をご馳走になりに来たわけでもなく
見ず知らずの家に突撃!隣りのお昼ご飯!とやってきたわけでもなく

NishiojiOikeMugi_001_org.jpg
喫茶 ムギ

地下鉄東西線「西大路御池駅」から東へ徒歩7分の住宅街の姉小路通りにあります。
嵐電「西大路三条駅」、JR・地下鉄「二条駅」からでも同じくらいの場所です。

NishiojiOikeMugi_002_org.jpg NishiojiOikeMugi_003_org.jpg
おっさんの私でも、ええやんかぁ~と唸ってしまう、
カウンター5席、テーブル3卓のほっこりできそうなお店です。

NishiojiOikeMugi_005_org.jpg NishiojiOikeMugi_004_org.jpg
ランチだと、今週の定食 と エビとココナッツミルクのカレー の2品から選ぶようです。
メニューを見直すと 本日のおばんざい盛 ってのもあるので、ちょっと気になります。

NishiojiOikeMugi_006_org.jpg
ということで、今週の定食

メイン皿 と 五穀米 に スープ
第一印象合格でしょう!ええんちゃいますかぁ!

NishiojiOikeMugi_007_org2.jpg

メインは ゆで豚ときのこの香味ソース
奥はカレー味の じゃがいものサブジ

NishiojiOikeMugi_008_org.jpg
たたきごぼう
にんじんサラダ
りんごドレッシングのレタス

この美味しさと濃過ぎない味付け、そこそこのボリュームで
週替わりという定食ならば、毎週来てしまうでしょうねぇ!

カウンターにあったドーナツも美味しそうだったので
休憩でやって来ても、満足できそうなお宅でした。
関連記事
[ 2015/01/28 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(4)

こっちは渤海(志水辰夫)

本日、読了。

志水辰夫では8冊目。


 <あらすじ>

  「ソ連領沿海州に住んどる超能力者を、ひそかにワシントンに連行して
 欲しいんやけど」CIA関西支部の秘密依頼を受けたのはサギ師の岩内亮。
  はりきった彼は美人局の美女や頼りにならない部下、そしてなぜか怪犬
 一匹を連れて勇躍ソ連に向かった。

  乗るはイカ釣り船。

  帰りがけにうまく船を沈めて、保険金をだまし取ろうという作戦だが…。



<感想>

 あっちが上海 の続編です・・・といっても内容を覚えてませんが、今までのところ志水辰夫にハズレはないのできっとオモシロかったんでしょう。

 さて、渤海(ぼっかい)ってどこにあるんでしょうか?
 中国と朝鮮半島に囲まれているのが黄海(こうかい)、その奥の中国の天津市があるのが渤海(海域)なんですけど、この話ではソ連が舞台になっています。
 今から1000年以上前に日本海沿岸の北朝鮮からロシアにかけて渤海国というのがあったそうで、しかも、渤海国は渤海(海域)には面していないそうです。
 ちょっと違いますけど、北海道にある北広島市、東京都にある東久留米市みたいにちょっとややこしい。

 まず、『はじめてお読みになる方へ』という長い前置きというか言い訳。

 あなたは偉い。たが相当もの好きだ。
 難産の末に世に出たものの一度もスポットライトを浴びることなく、いつの間にやら忘れさられた。

 と酷評された作品のようで、かなり自虐しています。

 でも、志水辰夫はオモシロいに決まっている!設定も興味深いし!表紙のトボけた犬も憎めないし!とかなり期待しながら読んだところ、筑波能朋(チクバノトモ)、常盤兼成(トキワカネナリ)など登場人物全員がフザケタ名前で読み難く、くだらな過ぎるギャグのオンパレードで、ストーリーが全く頭に入らず、酷評された理由が良くわかりました。

 ストーリーのパターンや雰囲気は山田孝之主演のドラマ 『 勇者ヨシヒコ 』 に似ているので、あの緩い低予算深夜ドラマ風に映像化されれば、丁度ハマりそうな酷い作品でした。

 


【志水辰夫 読了リスト】
 飢えて狼
 裂けて海峡          第2回日本冒険小説協会大賞 優秀賞
 あっちが上海
 尋ねて雪か
 背いて故郷          第39回日本推理作家協会賞 長編部門
                   第4回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞
 狼でもなく
 オンリィ・イエスタデイ    あっちが上海の続編
関連記事
[ 2015/01/27 21:00 ] 志水辰夫 | TB(0) | CM(2)

久しぶりのカレーつけめんはごつごつチャーシュー入り/純情屋(大阪狭山)

Junjoya_200_org.jpg
11ヶ月ぶりにお目にかかる 一等お食事券
1,000円だったのが消費税に合わせて1,080円になってました。

ということで、先日のディナーは 純情屋 です。
国道310号線の「茱萸木南」交差点にあります。 

Junjoya_201_org.jpg Junjoya_202_org.jpg
冬なんで 焼きラーメン をやっているのでは?とちょっと期待してましたが
レギュラーメニューだけのようなので、久しぶりもあってお気に入りを注文することに。

Junjoya_206_org.jpg
相変わらず麺に対してカレーが多すぎる カレーつけめん

Junjoya_207_org.jpg
やっぱりココの極太麺はサイコー!で、ミンチ肉たっぷりのカレーにもよく合います。

Junjoya_208_org.jpg
必ず入っている 温泉タマゴ と いつもよりも大きな塊のバラ肉チャーシュー

あっという間に麺を食べてしまうと、たっぷりカレーが余っているので、
もちろん、お替り可能な ライスを注文して・・・

Junjoya_209_org.jpg
温たま乗せカレーライス、ごつごつチャーシューを添えて

こうなったら、カレーライスというメニューがあってもいいかも?

Junjoya_203_org.jpg
奥さんはお気に入りの チャーシュー丼

隣のコップと比較してもわかるように、超デカいドンブリで
しかもこのドンブリはつけ麺のドンブリよりも更にひと回りデカい!

Junjoya_204_org.jpg
こっちもバラ肉チャーシューだらけに、キムチにメンマもちろん温泉タマゴも!

Junjoya_205_org.jpg
娘のリクエストで エビとシソ葉、チーズ、明太子のギョーザ を2個ずつ。
皮がプックリ膨れていかにも美味しそうでしょう・・・その通り!

Junjoya_211_org.jpg Junjoya_210_org.jpg
そう言えば、ちょっと前に関西テレビの よ~いドン!となりの人間国宝さん に出演されてました。
ちなみに、おっちゃんの娘さんは 後町有香(ごちょうゆか) さんだそうで芸能活動をされているそうです。

☆今までの「純情屋」☆
 ・担担つけめん&チャーハン
 ・黒ゴマ担担つけめん&チャーハン&特製ギョーザ
 ・カレーつけ麺
 ・チャーシュー丼&特製ギョーザ
 ・チャーハン&チャーシュー丼&特製ギョーザ
 ・焼きラーメン(しょうゆ&塩味あんかけ)&チャーハン
 ・焼きラーメン(塩味レモン&ソース)&チャーハン&特製ギョーザ
 ・味噌つけめん&塩つけめん
 ・サラダ麺
 ・カレーつけ麺&サラダ麺&チャーハン
 ・バラ肉カレーつけめん
 ・バラ肉チャーシュー(お持ち帰り)
 ・坦坦つけめん & チャーシュー丼 & チャーハン
関連記事
[ 2015/01/26 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

北摂で根室名物のチキンエスカロップ定食/いててや(大阪:高槻)

先日のディナーは 定食専門店 いててや です。
阪急京都線「高槻市駅」から南へ徒歩3分の国道171号線沿いにあります。

TakatsukiIteteya_003_org.jpg TakatsukiIteteya_004_org.jpg
L字型カウンター約15席に思わずキョロキョロしてしまうような店内。
動いているのか動いているのかわからない数々の時計、ところで今は何時や?
タイガース・ネコ・ゾウ・ジャズがお好きなようです。

TakatsukiIteteya_002_org.jpg TakatsukiIteteya_010_org.jpg
夜でも食べられるという約35種類の定食

目的は決まっていたので、「チ」って言った瞬間に食い気味に「チキンエスカロップね」
思わず他に「チ」が始まる定食がないのか探してしまいました・・・ありません。

TakatsukiIteteya_005_org.jpg
チキンエスカロップ定食

ご飯のドンブリサイズにちょっとビックリ!
メニューを見ると中ごはん(-20円)、小ごはん(-40円)、
逆にもっと欲しい人は大盛りごはん(+60円)ってあります。

TakatsukiIteteya_006_org.jpg
チキンエスカロップの向こうには
ちょっと荒めの大盛り野菜サラダにリンゴ

TakatsukiIteteya_007_org.jpg
さてさてエスカロップとは?
北海道の根室の名物だそうで、バターライス(またはケチャップライス)に
ポークカツ(または豚カツ)をのっけてデミグラスソースをかけたモノらしく
兵庫県の加古川の かつめし に似ているようです。

しかし、ライスは別やし、チーズたっぷりやし、チキンやし
何かと違いますけど、これがチキンエスカロップです!

TakatsukiIteteya_008_org.jpg
トローとチーズに分厚いチキンカツにデミグラスソースをからめて
ウマいに決まっているでしょう!

TakatsukiIteteya_009_org.jpg
チキンエスカロップはもちろんですけど、脇役でも嬉しかったのが
マカロニケチャップと冷めた揚げ餃子

こんなにおかずが多いとドンブリご飯でも苦も無く完食!

TakatsukiIteteya_000_org.jpg TakatsukiIteteya_001_org.jpg
独り暮らしっぽい男性客が多いみたいで、私も近くに
住んでいたら、週一で通ってしまいそうなお店でした。

それに、若鶏の水炊きセットがめちゃくちゃ気になる~!
関連記事
[ 2015/01/25 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(6)

三枝スペシャルを食べにいらっしゃ~い/シレーナ(大阪:天満)

JR天満駅を降りて、いかにも天満らしい細い路地を北上し

TenmaSirena_014_org.jpg
ぷららてんま の北側の怪しい通路を通って

TenmaSirena_013_org.jpg
途中の更に更にディープさが増した暗い通りを抜けたところにある
TenmaSirena_000_org.jpg TenmaSirena_001_org.jpg
目的のお店 シレーナ でランチです。

ちなみに北側から歩いて来ると、これほど不安な気持ちにならなくてもたどり着けますので。
TenmaSirena_006_org.jpg TenmaSirena_005_org.jpg
大小7つのテーブルがあり、場所がら関テレ系の有名人のサインが多く飾られ
関西テレビ の よ~いドン!となりの人間国宝
ABCラジオ の 桑原征平 粋も甘いも でも紹介されているようです。
やっぱり、どちらも関テレ絡み。
TenmaSirena_002_org.jpg TenmaSirena_003_org2.jpg
パスタにオムライス、オムレツ、定食とありますが・・・

TenmaSirena_004_org.jpg
どうしても気になるのがコレ!
店内を見回すとこのサインを書いたときの師匠の写真が飾ってあります。
高いけど、折角なんで・・・

TenmaSirena_007_org.jpg
三枝スペシャル・・・今なら、文枝スペシャル

TenmaSirena_011_org.jpg
スプーン・ナイフ・フォークの3点セットでいただきま~す!

なんでも、それぞれの料理をテレビ局に出前してもらうと
3皿になるので、1皿にまとめてもらったのが始まりとか・・・

TenmaSirena_008_org.jpg
一番人気だというナスを辛いトマトソースで メランザーネ

これだけでもボリューム充分です。

TenmaSirena_009_org.jpg
トマトソースに埋もれてしまいそうな棒状の ミラノ風チキンカツレツ

TenmaSirena_012_org.jpg
中にはチーズ!

TenmaSirena_010_org.jpg
コチラではサラダと言えば、コールスローサラダ
と一皿で三度楽しめて、ボリュームもタップリ~!

12時を過ぎると常連のおじいちゃん達がお店のおばあちゃん目当てに
続々とやって来るお店に いらっしゃ~い!
関連記事
[ 2015/01/24 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(4)

トロトロトロトロトロ~だし巻&豚しょうが焼き定食/にしな(兵庫:三木,広野ゴルフ場前)

先日のランチは お食事処 にしな です。
神戸電鉄粟生線「広野ゴルフ場前駅」・「緑が丘駅」から北へクルマで8分のところにあります。

MikiNishina_201_org.jpg
ドーンと壁一面のメニュー

MikiNishina_208_org.jpg
そして、左を向いてもバーンとメニューばっかり

更に残りの壁・ガラスにまで貼ってあるので
貼れるスペースがある限りメニューを増やし続けるスタンスかもしれません。

さあ何を食べますか?
メチャクチャ決断力のある人でさえも迷うでしょう!

名物は だし巻 らしく、これと組み合わせれば、どんな定食でもできるようです。

MikiNishina_202_org.jpg
ということで、だし巻&豚しょうが焼き定食

さて、メニューのどこに書いてあるでしょうか?
(・・・といっても写真の文字が潰れてみえませんが、
中央の時計から2つ下のピンクの紙の更に2つ右の紙の左から3つ目でしたぁ)

ちなみに、私がこれを食べていると
後から入ってきて右隣に座ったサラリーマンは・・・だし巻&豚しょうが焼き定食
その後、左に座った建設業っぽい人も・・・だし巻&豚しょうが焼き定食
美味しそうだったのか?選ぶのが面倒だったのか?

MikiNishina_204_org.jpg
初めてみる形状の だし巻
フワフワトロトロどころじゃなくて、トロトロトロトロトロ~

MikiNishina_206_org.jpg
一緒に出てきた醤油につけて
だし巻 というよりも和風オムレツと言ってもいいぐらい
柔らかく優しくそして美味しく喉を流れていきます。

MikiNishina_203_org.jpg
期待通りの美味しさで、つゆだくなのでキャベツにも浸み込ませてパクパク
MikiNishina_205_org.jpg
お味噌汁じゃなくて結構なサイズの うどん

MikiNishina_207_org.jpg MikiNishina_200_org.jpg
MBSの浜ちゃん&ロンブー淳の ごぶごぶ で NGK近くの 信濃そば
全品制覇ってやってますけどいくら若手芸人を連れてきてもコチラだと先が見えませんね。
関連記事
[ 2015/01/23 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

法善寺横丁近くのレトロ喫茶店でホットエッグサンド/アラビヤコーヒー(大阪:難波)

NambaArabiya_000_org.jpg
ここは難波の繁華街、この先には法善寺横丁。

NambaArabiya_001_org.jpg NambaArabiya_002_org.jpg
そして、こんなところにレトロな喫茶店。
今夜は アラビヤコーヒー でディナーです。

NambaArabiya_005_org.jpg NambaArabiya_003_org.jpg
超有名なお店なので、今更説明するまでもないですが
私がコチラを知ったのは、何かのテレビ番組で戦後間もない頃に
存在した女子プロ野球選手を探すって内容だったと思います。
もう取材を受けていたおばあさんはいらっしゃらないそうですが
ガラスケースには野球のボールがいっぱい飾ってあります。

NambaArabiya_004_org.jpg
喫茶店なので、コーヒーにトーストと特に問題ないですが
メニューをよーく読むと

お食事のみの注文は、ご遠慮ください。
お一人様ドリンク一杯注文頂きますようお願い致します。


食事は頼まなくてもいいから、ドリンク頼め!とはやっぱり喫茶店です。

NambaArabiya_006_org.jpg
カウンターに座っていたので、目の前で淹れてくれた ブレンドコーヒー

お店のロゴの入ったカップ・ソーサ・灰皿・シールは店内・通販で買えるそうです。

NambaArabiya_007_org.jpg
注文後、シャカシャカと掻きまわす音が聞こえていた
アラビヤサンド

NambaArabiya_008_org.jpg
刻んだハムの入った玉子焼きを挟んで
ソースはケチャップがベース、マスタードはちょっと強め
お店の雰囲気な合ったフワフワでアツアツな美味しいホットサンドです。

NambaArabiya_009_org.jpg
周りの華やかなネオンに圧倒されて見落としがちですが
夜でもお客さんが多い昔ながらの喫茶店でした。
関連記事
[ 2015/01/22 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

町屋で旅人のスパイスカリー/ジプシーハウス(京都:二条)

2joGypsyHouse_000_org.jpg
JR・地下鉄「二条駅」から南西へ5分ほど歩くと、何もない住宅街

2joGypsyHouse_001_org.jpg
更に近づくと、何かありそう・・・

2joGypsyHouse_002_org.jpg 2joGypsyHouse_012_org.jpg
いかにも京都っぽい雰囲気の ジプシーハウス(GYPSY HOUSE) でランチです。

2joGypsyHouse_010_org.jpg 2joGypsyHouse_011_org.jpg
手前の土間にはカウンターとソファ
奥には座敷が2間あり、1間に卓袱台1卓とゆったりくつろげます。

誰も写ってませんが、13時過ぎに行ってみると、先客女性2組がそれぞれ楽しくおしゃべり中。

2joGypsyHouse_003_org.jpg
3種類のカレーをどのような組み合わせで選ぶかのようで
今週の旅人カリーを説明していただきましたが、定番の2種類を選んで・・・

2joGypsyHouse_004_org.jpg
ジプシーカリーセット

ジプシー秘伝のドリンクだというので マサラチャイ を別注文。

2joGypsyHouse_006_org.jpg
ハーブチキンマサラ (香草を混ぜ込んだとり肉)

2joGypsyHouse_005_org.jpg
サグパニール (青菜ペースト+自家製チーズ)

2joGypsyHouse_007_org.jpg
これらを ターメリックライスナパティ で食べるんですけど
ところでナパティって何?

どうやらチャパティとナンを融合させたオリジナルだそうです。
だから、きっとこんな食感・味だろうと予想して食べてみると
食べたことあるようで・・・ちょっと違って・・・でも悪くないなぁ。

2joGypsyHouse_008_org.jpg
そして、ターメリックライスはお替わり自由
カレーのボリュームがたっぷりなのでありがたいサービスです。

さてさてカレーのお味ですが、辛さよりもスパイス感がいっぱいで
シャープさではなく、マイルドなカレーです。
自分では感じませんでしたが、奥さんによると翌日になっても
私からスパイシーな香りが漂っていたそうです。

2joGypsyHouse_009_org.jpg
食後は、お店イチオシの ホットマサラチャイ
喉が痛くなるくらい刺激的にスパイシーです。

男性2人がカレーと同じく、優しく丁寧な接客で
女性ならいつまでもペチャクチャおしゃべりしてしまいそうな店でした。
関連記事
[ 2015/01/21 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

尾道ラーメンのお店で台湾まぜそば/中華そば そのだ(大阪:玉造)

先日のディナーは 中華そば そのだ です。

極楽うどんTKUラーメン人生 JET600麺喰い メン太ジスタ 源さん など
麺激戦区のJR玉造駅から東へ徒歩2分の裏通りにあります。

TamatsukuriSonoda_004_org.jpg TamatsukuriSonoda_003_org.jpg
L字型カウンター7席ほどの尾道ラーメンのお店で、広島の観光キャンペーンのスローガンといえば
有吉弘行の おしい!広島県 だと思っていたら、今はPerfumeの 泣ける!広島県 だそうで。

TamatsukuriSonoda_002_org.jpg
尾道ラーメンも気にはなるんですけど、今回は・・・

TamatsukuriSonoda_005_org.jpg
台湾まぜそば

オレンジの黄身に、ピリ辛ミンチ・ニラ・ネギ・メンマ・
刻み海苔・ニンニク・チャーシューと彩り鮮やかな盛り付けで
もったいないんですけど・・・

TamatsukuriSonoda_006_org.jpg
グチョングチョンに混ぜまして

TamatsukuriSonoda_008_org.jpg
思っていたほど辛くもなく、濃厚ダレが、ウェーブのかかった
平打ち麺にからまってモチモチ感が継続していきます。

TamatsukuriSonoda_007_org.jpg
おぉ、ウマッ!と唸ってしまったプルンプルンの厚切りチャーシュー

そう言えば、追いメシ付きやったぁ、と思い出して
具材が残るように食べ方を変えて、「すいません、追いメシ」

TamatsukuriSonoda_009_org.jpg
と、餃子のタレ皿に盛られたというか張り付けられた追いメシ

TamatsukuriSonoda_010_org.jpg
投入して、メニューにもあった台湾丼の完成!

TamatsukuriSonoda_000_org.jpg TamatsukuriSonoda_001_org.jpg
私が帰る頃に通い慣れてそうな、女性が一人で入ってきて
夜限定のチャーハンセット(中華そば+半チャーハン)を
迷わずに頼んでいる仕草が、ココの夜はコレでしょう!ってオーラを出して、
更に作り始めたチャーハンがいい香りだったので、私も次はコレで!
関連記事
[ 2015/01/20 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

ケバブはサンドだけじゃなくて 焼きそば・ピラフ・丼まで/DonerDoner(大阪:東大阪,河内小阪)

先日のランチは DonerDoner(どねるどねる) です。
近鉄奈良線「河内小阪駅」から北へ徒歩6分の大阪商業大学の前にあります。

KosakaDonerDoner_003_org.jpg KosakaDonerDoner_002_org.jpg
店内はカウンター5席、外にはテーブル2卓の白いキレイな小さなお店です。
フライパンの隣りにはケバブを焼くグリルがちゃんとあります。

KosakaDonerDoner_000_org.jpg KosakaDonerDoner_001_org.jpg
ケバブサンドだけじゃなくて ケバブ焼きそば・ケバブピラフ 更には ケバブ丼 まで
ありますが、今回はケバブサンドのクーポンでやって来ました。

ケバブサンドは、オリジナル・中辛・ホット・タルタル とソースを選べます。
テイクアウトも出来ますが、店内で食べることに、待つこと暫し・・・

KosakaDonerDoner_004_org.jpg
ケバブサンド(L)

ソースはオリジナルソース、選べるソフトドリンクはコーラ

この写真だとちょっとどうだろうって思うビジュアルなんですけど

KosakaDonerDoner_005_org.jpg
アップにすると、美味しそうに見えてきました!

KosakaDonerDoner_006_org.jpg
手に持つと、予想以上のビッグサイズで重量もあり
かなり厚切りのトマトが2枚に ケバブも山盛りです。

KosakaDonerDoner_007_org.jpg
ガブッとかぶりつくと、キャベツ更に奥にはまた ケバブと三層構造
そして、主張しすぎないソースがいい感じで、めちゃウマ~!!
もっとスパイシーさがあってもいいですが、ボリュームは文句ありません。

KosakaDonerDoner_008_org.jpg
更に、ベルギーチョコのジェラート
おまけのデザートかと思っていたら、これも濃厚で美味しい。

KosakaDonerDoner_010_org.jpg KosakaDonerDoner_009_org.jpg
お店のフェイスブック によると、オープンしたばかりなのに
2015年1月に閉店してしまうそうなので、美味しいケバブを食べたい方はお急ぎを!
関連記事
[ 2015/01/19 21:00 ] お食事処 エスニック | TB(0) | CM(0)

【冬の沖縄旅行記⑮】超人気の老舗ステーキ食堂/ジャッキー ステーキハウス(那覇:旭橋)

ようやく、この沖縄旅行記の最後のネタです。

中本鮮魚天ぷら店 でおやつを食べてから、安里駅近くのホテルに帰り少し休憩して
ホテルから国際通りをプラプラとお土産を物色しながら
「国際通りのお土産が一番安いやんけぇ~」と言って、徒歩30分で着いた・・・

AsahibashiJackSteak_000_org.jpg AsahibashiJackSteak_002_org.jpg
ジャッキー ステーキハウス (JACK'S STEAK HOUSE)

AsahibashiJackSteak_001_org.jpg
人気店なので、当然ながら行列。待ち順は10番目。
でも、やがて空席 の黄信号なので、もう少しで座れるだろうと

AsahibashiJackSteak_004_org.jpg AsahibashiJackSteak_005_org.jpg
待つこと25分で着席。
高級ステーキ屋さんというよりは、沖縄の大衆食堂。

AsahibashiJackSteak_003_org.jpg
中本鮮魚天ぷら店 でおやつを食べたのでみんなが
ステーキを食べるのはやめて、いろいろ頼んでみようと・・・

AsahibashiJackSteak_006_org.jpg
まず、スープとサラダ

とんこつスープのようなお粥のような何ともコメントしづらいスープと
ドレッシングだらけのサラダ・・・うーん、どちらも要らな~い!!

AsahibashiJackSteak_009_org.jpg
私の ニューヨーク ステーキ(Lサイズ)

あまりにも私の好みとかけ離れているスープは塩コショーで
整えて食べられる領域まで近づけてみました。

AsahibashiJackSteak_010_org.jpg
おススメのミディアムレア
こういうビジュアルは大好きです!

AsahibashiJackSteak_011_org.jpg
薄くて脂身もそこそこあるけど、安いんでいいかぁと思いつつ
ソースを付けて食べても美味しいですけど
塩だけで食べるのが一番美味しかったぁ~!

AsahibashiJackSteak_007_org.jpg
娘の ハンバーグ ステーキ

肉肉しいハンバーグはいいんですけど、付け合わせの
スパゲティーは良いところが見付かりませ~ん!!これも要らな~い!!

AsahibashiJackSteak_008_org.jpg
奥さんの ステーキサンド

お肉以外でこのお店の美味しいモノが見付かりましたぁ~
パンです!娘もハンバーグにパンを選んでましたが、フワフワしたパンが良かったので、
スープやスパゲティーが足を引っ張っていたのをチャラにしましょう。

帰る頃には、更に増えて20人ぐらい待っていましたが
やがて空席 の黄信号のままだったので、果たして機能しているのだろうか?

この後、国際通りで買い忘れたお土産を買いながらホテルまで30分歩きました。

旅行最終日(4日目)は帰るだけだったので、これで冬の沖縄旅行記はおしまいで~す。
関連記事
[ 2015/01/18 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(2)

【冬の沖縄旅行記⑭】猫に追いかけながら揚げ立て天ぷら/中本鮮魚店てんぷら店(南城:奥武島)

斎場御嶽(せーふぁうたき) から西へクルマで20分走ると

OuNakamoto_000_org.jpg
橋の向こうに見えるのは 奥武島(おうじま)

OuNakamoto_007_org.jpg OuNakamoto_008_org.jpg
橋を渡ったところにある 中本鮮魚店てんぷら店 でおやつです。
観光客だけでなく地元の人たちで行列が出来て、
それを虎視眈々と見つめているのが

OuNakamoto_001_org.jpg
猫!

OuNakamoto_003_org.jpg
ネコ!猫!ねこ!

OuNakamoto_009_org.jpg
全部!って言いたいところですが
おやつなので3人で3個だけに厳選しましょう。

OuNakamoto_002_org.jpg
ちょっとお店を覗くとサインだらけで、誰のかよくわからない中で
唯一分かりやすく示しているのが、先日亡くなられた 菅原文太 さん!

OuNakamoto_004_org.jpg
で、まずは あげパン(黒糖)

揚げ立てを出してくれるので、ちょっと待ちますが
これは激ウマ!熱々サクサクで甘さも絶妙!
また袋に落ちて溜まったカスを口に流し込むとタマラ~ン!

調子に乗って、奥武島の景色をバックに撮っていたら
ハーメルンの笛吹き男の如く、ニャーニャーと私の後ろにネコの大行列~
慌てて車内に避難して

OuNakamoto_005_org.jpg
沖縄と言えば もずくの天ぷら

OuNakamoto_006_org.jpg
前日に 金武(きん)町 に行ったときに食べ損ねたので、田イモ
これもウマウマ~!

もうちょっと買って、晩御飯にすることも考えてましたが
ここは我慢してホテルに帰って、ちょっと休憩してから、次は ステーキのディナー です。
関連記事
[ 2015/01/17 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(0)

【冬の沖縄旅行記⑬】琉球王国最高の聖地”斎場御嶽”(南城市)

カフェくるくま でカレーと景色を堪能してから、ニライ橋・カナイ橋を渡って

Sefautaki_000_org.jpg
がんじゅう駅 南城

世界文化遺産の 斎場御嶽(せーふぁうたき) に行くとためには
ココに駐車して、入場券を買わなければならないのでやって来ました。

実は8年前にも来たことがあって、そのときには
斎場御嶽のすぐ近くに駐車で来て、入場無料だったんですけど・・・

Sefautaki_001_org.jpg
で、道の駅からテクテク歩いてようやく 斎場御嶽
この前に 緑の館 で2~3分ほどDVDで予習させてもらえます。

Sefautaki_002_org.jpg
いかにも雰囲気のありそうな緑の道を歩きますと

Sefautaki_003_org.jpg
御嶽内の参道入り口の 御門口(ウジョウグチ)

Sefautaki_004_org.jpg
ココに置いてある六個の 香炉 はこの先にある 拝所 の数を示していて、決して触ったらダメ!!

Sefautaki_005_org.jpg
参道を歩いて、初めにある拝所が
祭祀的な機能を持つ格式の高い場所の 大庫理(ウフグーイ)

Sefautaki_006_org.jpg
ココにも 香炉

Sefautaki_007_org.jpg
更に奥に進むと、国王のために食事を作る厨房を指し、
「豊穣の寄り満つる所」と理解された 寄満(ユインチ) 

ちょっと戻って、違う参道を進むと

Sefautaki_011_org.jpg
巨大な岩が迫る広い場所に着きます。

Sefautaki_008_org.jpg
二本の鍾乳石から滴り落ちる「聖なる水」を受ける
シキヨダユルアマダユル という壺

パワーが凄そうで近づくのもおこがましい。

Sefautaki_009_org2.jpg
そして、斎場御嶽と言えば、三角岩

大きな岩が二枚寄り添う姿に圧倒されて
聖地であることをを実感させられます。

Sefautaki_010_org.jpg
三角岩をくぐると、向こうに見えるのは 久高島

Sefautaki_012_org.jpg
がんじゅう駅に戻り、その奥にある 知念岬公園 からは
ニライ橋・カナイ橋 を一望できます。

次は、クルマで奥武島に渡って 中本鮮魚店の天ぷら です。
関連記事
[ 2015/01/16 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(2)

【冬の沖縄旅行記⑫】太平洋を一望しながらタイ風カレー/カフェ くるくま(南城:知念)

ガンガラーの谷 で癒されて、クルマで東へ20分ほど走って
NanjoCurcuma_002_org.jpg NanjoCurcuma_004_org.jpg
クルマを停めたらすぐに店内かと思ったら、敷地が広くて
おみやげショップ、化石陳列エリアを抜けて、どこにあるんやぁ~
と言いながらようやく見付かった カフェ くるくま でランチです。

NanjoCurcuma_005_org.jpg NanjoCurcuma_006_org.jpg 
他のカレーやカレー以外のメニューがまだまだあるので、選ぶのも結構大変。
辛さのレベルが唐辛子の数で表記してあるので子どもでも安心です。

出てくるまでに、しばらく時間がかかるだろうと

NanjoCurcuma_000_org.jpg
広い庭で遊んだり

NanjoCurcuma_001_org.jpg
絶景を眺めていたら、思っていたより全然早く持ってきてくれた・・・

NanjoCurcuma_009_org.jpg
私の くるくまスペシャル

NanjoCurcuma_010_org.jpg
どれも同じように見えますが、左から
ポークカレー【5辛:辛口】、ビーフカレー【3辛:中辛】、チキンカレー【0辛:甘口】

NanjoCurcuma_012_org.jpg
まずは、甘口のチキンカレーから食べて、ウマ~!
コブミカンの葉の香りがいい感じです。
ビーフはちょうどいい辛さなんですけど、ポークには辛すぎて撃沈!

NanjoCurcuma_013_org.jpg
パリパリチキンも美味しくて

NanjoCurcuma_014_org.jpg
タピオカの甘いデザートでクールダウンして、素晴らしいスペシャルです。

NanjoCurcuma_008_org.jpg NanjoCurcuma_007_org.jpg
辛さも含めてカレーとしては、私と同じの
奥さんの なんくるビーフカレー
娘の チキンカレー

景色だけだと思っていたら、本格的なカレーをいただけるお店でした。

NanjoCurcuma_003_org.jpg
次は、ニライ橋・カナイ橋 を渡って、沖縄の聖地・斎場御嶽 へ向かいます。
関連記事
[ 2015/01/15 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(0)

【冬の沖縄旅行記⑪】語りはじめた森の賢者 ガンガラーの谷(南城市)

沖縄旅行3日目は、ガンガラーの谷 からスタート。

Gangala_000_org.jpg
沖縄に何度か来てますが、ガンガラーの谷?って初耳で・・・
どうやら6年前に出来たそうで、場所は8年前に行ったことのある おきなわワールド の向かい。

Gangala_001_org2.jpg Gangala_002_org2.jpg
ツアーじゃないとガンガラーの谷には入れないので予約して
集合場所は ケイブカフェ(Cave Cafe) もちろん洞窟。

ガイドのお姉さんが「みなさん、どちらからお越しになりましたかぁ」とか
聞いたり、ツアーの説明をしてくれて、約30人でしゅっぱーつ!
ちなみに、1人ずつにサンピン茶入り水筒をくれます。

携帯はオフ!トイレは済ませておくこと!カメラ・ビデオは大歓迎です!

Gangala_003_org.jpg
まずは、さて何でしょう?
名前は クワズイモ・・・その名のごとく毒性があります。

Gangala_007_org.jpg
こうすればおわかりでしょう!トトロの傘だったんです!

Gangala_004_org.jpg Gangala_005_org.jpg
ここは イナグ洞

良縁や安産などを願う民間信仰の場所で、女性を意味してます・・・なぜ女性?

洞窟内は立ち入り禁止なので、ガイドさんが写真を見せてくれました。
おっぱい と お尻 に似た石があるそうで・・・

Gangala_006_org.jpg Gangala_008_org.jpg
その奥に見えるのは イキガ洞、こちらは男性だそうで。
1家族に1つカンテラが渡されて、ごつごつした洞窟にはいりますと

Gangala_009_org.jpg
まぁ、ご立派!・・・みんな、ペタペタと触ってお祈り

Gangala_010_org.jpg
崖から落ちてきた大きな岩を通路の左側の小さな岩が支えています。
よーく見てもらうと凄い光景です。

ちなみに、ガンガラーとは、その昔、大きな穴に向かって
石を放り投げていて、その跳ね返る音が「ガラガラ~、ガラガラ~」で ガンガラー

Gangala_011_org.jpg
ガンガラーの谷のシンボル 大主(ウフシュ)ガジュマル

Gangala_012_org.jpg
宮崎駿の映画に出てきそうです。
これは何かいるでしょう?いやいますよ!

Gangala_013_org.jpg
終点の 武芸洞

Gangala_014_org.jpg
ここは屋根もあり、入り口が双方にあるので風通しもよく
約2万年前に日本人のルーツと言われている 港川人(みなとがわじん) が住んでいたそうで
実際に、ココで棺に入った身長150cmの人骨が見付かったそうです。

Gangala_015_org.jpg
でこの洞窟を出ると 途中で登って展望した ツリーハウス があり
ココはどこだろう?と思うと道向かいの おきなわワールド でした。

次は、絶景を眺めながら カフェくるくま で カレーランチ です。
関連記事
[ 2015/01/14 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(4)

【冬の沖縄旅行記⑩】タコライス発祥の地にやってきました/キングタコス(金武町)

瀬底島の fuu cafe(ふーかふぇ) で休憩してから、名護の 道の駅 許田 に寄って、
クルマで南下してたら、金武(きん)町に着くとスッカリまっ暗~

キャンプハンセンの第1ゲート付近を中心にかつては栄えていたようで
夜でも、アメリカらしい派手な建物は確認はできますが、
流行っているかどうかは微妙で、目立つのはTATOO(刺青)屋さんばかり。

KinKingTacos_001_org.jpg
金武町発祥のタコライスのお店は2店舗しかないのかと思っていたら
アクティブパーク内の地図によると10店舗はあるようです。

KinKingTacos_000_org.jpg
元祖 タコライス 発祥の店 そして キングタコス1号店 と
しつこいぐらい訴えているのが、公園に近い方の パーラー千里

行列は出来ているものの、店内で食べている人は少ないようです。
では、もう一軒のお店に行ってみましょう。

KinKingTacos_002_org.jpg
こちらはもっと行列の キングタコス 金武本店

KinKingTacos_005_org.jpg KinKingTacos_004_org.jpg
私たちが訪れる数日前に亡くなられたタコライス発案者の儀保松三さんが
パーラー千里もキングタコスも創業されたそうなので、どっちでもいいみたいです。

KinKingTacos_003_org.jpg
タコス・タコライスだけでなく、ハンバーガー・サンドウィッチもあるようです。

KinKingTacos_007_org.jpg
タコライスタコス・・・どっちがどっちなのかわかりません。

KinKingTacos_008_org.jpg
タコライスとはタコスミートだけらしいので、正確には タコライスチーズ野菜
赤・緑・黄・茶・白と何じゃこのはみ出した盛り~

KinKingTacos_011_org.jpg
お好みでケチャップやチリソースをかけまして
バクバク食べても食べても減らな~い!

KinKingTacos_009_org.jpg
タコライスと見分けがつかない タコス

KinKingTacos_010_org.jpg
ボリュームはあるけど、レタスが多いので、意外とアッサリしてます。
どっちも同じ味ですけど、発祥のお店で食べていると感慨深いものがあります。

KinKingTacos_006_org.jpg
で、名前が気になったので チキンバラバラ

つまり、フライドチキンだそうで、大きな塊が5ピース

KinKingTacos_012_org.jpg
これも美味しい!
某白髪メガネおじさんのチキンとは好みが分かれるでしょうが
見た目無骨でシンプルな味付けは、いい感じです。
更に凄いのが、これで800円ですから!(メガネおじさんのお店だと1,200円)

キングタコスでの食事が終わって奥さんが笑いながら
「今日の晩御飯、なんかワイルドぉ~」

これで長い2日目の行程が終了で、3日目は本当南部の ガンガラーの谷 から始まります。
関連記事
[ 2015/01/13 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(4)

【冬の沖縄旅行記⑨】瀬底島にある海の近くの森のカフェ/fuu cafe(本部町)

古宇利島でハートロック と アダム&イブの家 を観てから、クルマで西へ30分走ると

SesokoFuu_002_org.jpg
瀬底大橋 を渡って、離島から離島へ移動です。
かなり怪しい雲行きになってきました。

SesokoFuu_003_org.jpg
島内をナビ通りに走ると、すぐ近くに瀬底ビーチがあるのに、突然、森が出現します。
この奥にある fuu cafe(ふーかふぇ) で休憩です。
では、森の中に踏み込んでみましょう。

SesokoFuu_006_org.jpg
大きな瓶 の横を通ると

SesokoFuu_000_org.jpg
緑の広がる庭とロッジ風の建物

SesokoFuu_001_org.jpg
じゃあ、海を観ようとしても、観えずに一面の鮮やかなグリーン。
でも、今朝から散々ブルーは観ているので、まぁいいかぁ。

SesokoFuu_007_org.jpg SesokoFuu_008_org.jpg
天井の高い店内はほぼ満席。
休憩というより、食事をしている人が多いようです。

SesokoFuu_009_org.jpg
娘は、シークワーサーシェイク
これは激ウマです!コレにすればよかったぁ~!

SesokoFuu_011_org.jpg
私は、キャラメルシフォンケーキアメリカンコーヒー

SesokoFuu_012_org.jpg
フワッとしたシフォンに甘さ控えめで、いいですよ~!

SesokoFuu_010_org.jpg
奥さんは チーズケーキアメリカンコーヒー

雰囲気とロケーションだけのカフェかと思ったら、これもなかなか美味しい!

SesokoFuu_005_org.jpg SesokoFuu_004_org.jpg
ブランコで遊んだりしながら、緑に癒されて
体力も回復できたので、次は 金武町発祥のタコライス のディナーです。
関連記事
[ 2015/01/12 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(2)

【冬の沖縄旅行記⑧】恋の島・神の島 といわれる 古宇利島(今帰仁村)

今帰仁城跡 からクルマで東へ20分ほど走ると・・・

Kourijima_000_org.jpg
ココは 屋我地島(やがじしま)

今から全長約2kmの 古宇利大橋 を渡って向こうに見える 古宇利島(こうりじま) へ向かいます。

古宇利島に着くと、古宇利オーシャンタワー で絶景を眺めることもできますが
素通りしまして、島を半周したぐらいなところにあるのが

Kourijima_001_org.jpg
ティーヌ浜

カフェなら何か買えば無料でもええんちゃぁう~んとか思うけど
ほぼ強制的に有料駐車場に停めます。

Kourijima_002_org.jpg
と言いながらも、整備された道を歩き

Kourijima_003_org.jpg
見えてきました ハートロック

Kourijima_004_org.jpg
柔らかく深い砂浜を歩いて

Kourijima_005_org.jpg
まぁ~キレイなハート



こちらの嵐のCMで有名になったらしいです。

これだけで古宇利島を後にするのもモッタイないので、
ガイドブックに載ってたり載ってなかったりで、
場所もハッキリ分かり難い場所を写真を頼りに探して・・・

Kourijima_007_org.jpg
ココ!(ちなみに標識など示すモノは何もありません)
遠くに見えるのは古宇利大橋

Kourijima_006_org.jpg
沖縄版のアダムとイヴ の住居跡・・・らしい

この洞窟に住んでいた・・・らしい、でも住み心地はよさそうです。

次は、ちょっと戻って別の離島の 瀬底島のカフェ で休憩です。
関連記事
[ 2015/01/11 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(0)

【冬の沖縄旅行記⑦】やんばるの地に佇む世界遺産・今帰仁城跡

山原そばで三枚肉&ソーキそば を食べてから、クルマで20分走って

Nakijinjo_001_org.jpg
やってきました 世界遺産・今帰仁城跡(なきじんじょうあと)

ちなみに、この今帰仁城跡を含めた首里城跡など9つの史跡群で
構成したのが 琉球王国のグスク及び関連遺産群 というのだそうです。

Nakijinjo_000_org.jpg
まず、波打つような城壁に目を奪われます。

Nakijinjo_002_org.jpg
見学は今帰仁城の正門である 平郎門 からスタート!

Nakijinjo_003_org.jpg
石畳道には緋寒桜の木。桜はまだまだと思うかもしれませんが1月~2月には見頃になるそうです。

Nakijinjo_004_org.jpg
石畳道から進んで 七五三の階段 を登った 大庭(ウーミャ) からの眺め

Nakijinjo_005_org.jpg
城兵達の武闘訓練の場 と 想定されている 大隅

Nakijinjo_006_org.jpg
真冬なのに、花が咲き、ハチとテントウムシがなかよく遊んでます。

Nakijinjo_007_org.jpg
主郭 から見える 城主に仕える人たちが住んでいたという 志慶真門郭(しじまじょうかく)

Nakijinjo_008_org.jpg
主郭から志慶真門郭へ降りる途中からの絶景

Nakijinjo_009_org.jpg
志慶真門郭から見上げる主郭

Nakijinjo_010_org.jpg
防衛のためになかなか歩き難い造りになってますけど
帰りは大庭から 旧道 を通って帰ってみると、ちょっと大変!

Nakijinjo_011_org.jpg
ポカポカ陽気で疲れたので、シークヮーサー入り四季柑 ですっきり。
そして、この製造元の 沖縄バヤリース が2014年12月に解散したことにビックリ!

次は、橋を渡って 古宇利島ののハート岩 に向かいます。
関連記事
[ 2015/01/10 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(4)

【冬の沖縄旅行記⑥】ソーキそば & 三枚肉そば/山原そば(本部町)

備瀬のフクギ並木 で癒されてから、クルマで20分ほど山道を走って

MotobuYanbaru_001.jpg
山原そば にオープン前の10時55分に着くと、なんと16人待ち
第一陣で座れるかどうかが気になりながら、11時にオープン!

MotobuYanbaru_004.jpg MotobuYanbaru_005.jpg
座敷6卓、テーブル3卓が徐々に埋まっていって、なんとか座敷に座れることに。
真冬なのに 普通の扇風機 と 扇風機型ヒーター

MotobuYanbaru_003.jpg
メニューは これだけ
3人にはちょうどいいので、一つずつ頼むことに。
でも、周りのお客さんは(小)を頼む人が何故か多い・・・

MotobuYanbaru_006.jpg
娘の三枚肉とカマボコが1枚の 子供そば
大人の女性ならこれだけでも満足できそうなボリュームです。

MotobuYanbaru_007.jpg
私が 大きなソーキが5個の ソーキそば

MotobuYanbaru_008.jpg
奥さんは 三枚肉4枚の 三枚肉そば

どちらも、ちょっと後悔してしまうぐらいボリュームあり過ぎです!

MotobuYanbaru_009.jpg
もちろんお肉をシェアして、ソーキ&三枚肉そばで食べます。
カツオ風味のスープとこのしっかりした麺がいいですねぇ。

MotobuYanbaru_010.jpg
甘い三枚肉

MotobuYanbaru_011.jpg
骨付のままかぶりつくソーキ

MotobuYanbaru_000.jpg MotobuYanbaru_002.jpg
軽く済ませるはずのランチが予想外のボリュームで
帰るときにも行列は減ることはありませんでした。

次は、世界遺産のお城跡 に向かいます。
関連記事
[ 2015/01/09 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(0)

【冬の沖縄旅行記⑤】備瀬のフクギ並木(本部町)

世界に2つしかない塩辛い川の塩川 に行ってから、
8年前に行ったことのある 美ら海水族館 を見過ごして

BiseFukugi_001_org.jpg
やって来ました 備瀬(びせ)のフクギ並木
今回の旅行で最初に行こう!と決めた場所です。

BiseFukugi_013_org.jpg
この並木を散策するには、水牛車、レンタサイクルとありますが
ゆっくりと徒歩でまわりたいので、そのために早起きしてきました。

BiseFukugi_000_org.jpg
フクギは 福木 と書き、ちょっとオメデタイ名前の木々に
備瀬地区の住宅は防風林として囲まれています。

BiseFukugi_003_org.jpg
テンションをあげつつ癒されながら歩くんですけど
9時頃の住宅地を歩くので、静かにします。


BiseFukugi_002_org.jpg
かわいらしく飾っている家に出会うたびに
奥さんは「若い夫婦がこの場所に憧れて移住してきたに違いない」
という設定で妄想してました。

古民家の雑貨屋さんや民宿もあるので、ここで泊まるのもいいかもしれません。

BiseFukugi_004_org.jpg BiseFukugi_006_org.jpg
シーサーや石敢當が守ってくれてます。

BiseFukugi_008_org.jpg
強い風や日差しから守ってくれている先には・・・

BiseFukugi_007_org.jpg
碧い海

BiseFukugi_009_org.jpg
終点は備瀬崎、遠くには伊江島

BiseFukugi_010_org.jpg
この岬を守る猫

BiseFukugi_011_org.jpg
透き通る海

BiseFukugi_012_org.jpg
帰りは海岸沿いに歩いて、約1時間30分の散策を終えると
観光バスがやって来ていたので、静かに散策したければ、お早めに。

次は、山の中にある 山原そば でランチです。
関連記事
[ 2015/01/08 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(0)

【冬の沖縄旅行記④】世界に2つしかない しょっぱい川は 塩川(本部町)

旅行2日目は、7時30分に那覇のホテルを出発し、1時間ほどクルマで走って

MotobuShiokawa_000.jpg
やって来ました 天然記念物 塩川
ちょっと興味があったので寄り道。

MotobuShiokawa_001.jpg MotobuShiokawa_007_org.jpg
係員もいなければ、お土産屋さんもなく、あるのはこの石碑と説明看板のみ。

説明文によると、この川は海岸線より約150mの陸地内部にあって、
海面上1.29m~1.42mの岩場から、常時海水を湧水している世界でも珍しい川で
世界でも、この 塩川 とプエルトリコの二ヶ所しかない貴重な川だそうです。

この湧出機構については岩塩層説、サイフォン説、地下空洞説など
いろいろあるが、確定的なものは未だないそうです。

MotobuShiokawa_002.jpg
ということで奥に進んでみましょう。

MotobuShiokawa_003.jpg
流れているのか流れていないのかわからない川を発見。更に進むと・・・

MotobuShiokawa_005.jpg
勢いよく流れています。普通の水にしか見えないので・・・

MotobuShiokawa_004.jpg
実際に舐めてみましょう!
確かに塩辛い!でもここは川!不思議です!?

MotobuShiokawa_006.jpg
すぐそばには海があるので、やっぱりこっちの方が全然塩辛~い!

奥さん「これだけのためにココに来たん?」
私「・・・まさかぁ」

ということで次は、美ら海水族館の向こうにある 備瀬のフクギ並木 で癒されます。
関連記事
[ 2015/01/07 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(0)

【冬の沖縄旅行記③】中味汁 & ゆし豆腐 & そーめんちゃんぷる/あやぐ食堂(那覇:首里)

首里城のライトアップ を観た後、ディナーは あやぐ食堂 です。
ゆいレール「首里駅」から北へ徒歩4分のところにあります。

SyuriAyagu_003_org.jpg SyuriAyagu_004_org.jpg
座敷4卓、テーブル4卓、カウンター2席は満席で、観光客というよりは地元客が多いようです。
で、こんなにあるメニューから何を選べばいいのやら・・・

SyuriAyagu_002_org.jpg
って悩んでいると観光客向けっぽい おすすめメニュー

SyuriAyagu_010_org.jpg
あっという間に3品とも登場で、私の 中味汁定食

どの定食にも もれなく さしみ が付いて、小鉢は揚げ出し豆腐

SyuriAyagu_011_org.jpg
豚のなんかわからん内臓がコレでもかっ!ってドンブリに
溢れるぐらい入って、モツ好きにはタマラン逸品です。
すまし汁なので、意外にもあっさりとしてるけど
食べても食べても減らな~い!

SyuriAyagu_005_org.jpg
奥さんの ゆし豆腐定食

こちらには さしみ と チキンカツ

SyuriAyagu_007_org.jpg
これまた、ドンブリいっぱいに ゆし豆腐だらけというか
ゆし豆腐だけしか入っていない!と言っても過言ではありません。

SyuriAyagu_008_org.jpg
娘は そーめんちゃんぷる定食

SyuriAyagu_009_org.jpg
少しスパムが入ってますけど、これまた そうめん一色!

SyuriAyagu_000_org.jpg SyuriAyagu_001_org.jpg
3人で飽きないようにシェアしながら、ものすごいボリュームで
しかも600円という安さの沖縄感いっぱいの定食を完食しました。

その後、近くの地元スーパーの りうぼう に寄ってみると

SyuriAyagu_013_org.jpg SyuriAyagu_014_org.jpg
なかみ汁 も ゆし豆腐 もちゃんと売っていましたぁ。

SyuriAyagu_012_org.jpg
そして、スパムの種類の多さと安さのあまり
中国人のオムツのように買占めようとする奥さん。

これで1日目は終了、明日は早起きして本島北部の しょっぱい川 からスタートです。
関連記事
[ 2015/01/06 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(0)

【冬の沖縄旅行記②】瀬長島の夕陽と飛行機・・・おまけで首里城(豊見城・那覇)

Jef(ジェフ)豊見城店 で ぬーやるバーガー & ゴーヤーリング
遅いランチ という名の おやつ を食べたら、もうすっかり夕方。

Senaga_000_org.jpg
ちょっとだけ寄り道して 沖縄アウトレットモールあしびなー
あれ?沖縄って独立して、中国に占領されたっけ?って
勘違いしてしまうぐらい中国人の多さにビックリ!!

Senaga_002_org.jpg
次にやってきたのが、雨が止んだけど、
生憎の曇り空と風がビュンビュン吹いている 瀬長島

Senaga_001_org.jpg
島で異様に目立つ米軍が駐留していた頃のガードレール跡

Senaga_003_org.jpg
少しだけ夕日が見えそうで・・・

Senaga_004_org.jpg
まぁ、これで良しとしますかぁ!

で、ちょっと移動しまして

Senaga_005_org.jpg
何か来ますよ!

Senaga_006_org.jpg
飛行機です!

Senaga_007_org.jpg
来ましたよ!

Senaga_008_org.jpg
近いぞ!下から撮るぞ!

Senaga_009_org.jpg
あっという間に過ぎちゃいましたぁ~!
かなりの頻度で飛んでくるので、何回も挑戦しましたけどダメでした。

そんなことをしている間に、夕焼け空が真っ赤っかになってましたぁ~

夕日も飛行機も中途半端になってしまった瀬長島を後にして
夕食を食べるために那覇市内へクルマで移動すると大渋滞につかまり、
すっかり真っ暗になってしまって・・・

Senaga_010_org.jpg
龍潭(りゅうたん)から 首里城 のライトアップ

この後、首里城に近い あやぐ食堂 で沖縄料理三昧です。
関連記事
[ 2015/01/05 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(0)

【冬の沖縄旅行記①】ぬーやるバーガー & ゴーヤーリング/ジェフ(豊見城)

奥さんが、3泊4日ホテル代往復航空券付きで、2万円という激安プランを
見つけてしまったので、クリスマス前の連休に行ってきました。

沖縄は8年振りですが、ピーチ(LCC) は初めてで、関空に着いて、
第1ターミナルに行くと、LCCは第2ターミナルということに気付き
スーツケースをガラガラと引いて折り返して、送迎バスで移動することに。

JefTomigusuku_001_org.jpg JefTomigusuku_000_org.jpg
沖縄でのランチは15時頃の予定なので、軽く食べておこうと思ったら
第2ターミナルには選択権がなくて、PRONTO で ベーコンチーズマフィン。

で、PEACHに乗ってピーチ(たまたま持参)

JefTomigusuku_002_org.jpg
那覇に到着しましたぁ!

めんそーれ という文字が目に飛び込んできて
三線の音楽が流れて、ご陽気になれるのかと思いきや
LCCターミナルという名の殺風景な貨物ターミナルで
出迎えてくれたのはニッポンレンタカーの鈴木ちなみ

ここから送迎バスでメインのターミナルに移動し、
更に、レンタカー会社に送迎してもらうと渋滞で・・・

JefTomigusuku_005_org.jpg JefTomigusuku_004_org.jpg
ようやく16時にレンタカー会社に近い Jef(ジェフ)豊見城店 に到着。

JefTomigusuku_003_org.jpg
沖縄だけに4店舗しかないお店だそうで、やって来た目的は2つ。

JefTomigusuku_006_org.jpg
ここでガッツリ食べてしまうと、夜ごはんが食べられないので
3人でランチというよりはおやつ感覚で。

JefTomigusuku_007_org.jpg
クラムチャウダー と コンソメスープ
まぁ、これは沖縄らしくもないし特にどうってこともなく。

JefTomigusuku_008_org.jpg
そして、○○○バーガー と ○○○リング

JefTomigusuku_011_org.jpg
「ゴーヤーバーガーとぬーやるバーガーの違いは何ですか?」
「ゴーヤーバーガーにポークが入ってぬーやるバーガーです」

ということで、ぬーやるバーガー

ゴーヤー入りオムレツにチーズとスパムも入って
思ったほど濃くなく、ゴーヤの苦い苦い攻撃も少なく
マヨネーズソースもよくマッチして、これは美味しい!

JefTomigusuku_009_org.jpg
「セットのポテトとゴーヤーリング と交換できますか?」
「SならOKです」
で、ゴーヤーリング

苦味も少なく、あぁ沖縄に来ましたぁって気分になれます。

JefTomigusuku_010_org.jpg
で、そんな沖縄フードと一緒に飲むのは
飲むサロンパスこと ルートビア

娘はひと口飲んで「おぇー!」って言ってましたが
癖になったようで、結局ほとんど飲んでました。

次は、ちょっと買い物してから、瀬長島で夕陽と飛行機 を観に行きます。
関連記事
[ 2015/01/04 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(2)

【おでかけ】初詣は魚吹八幡神社(兵庫:姫路,網干)

メチャクチャ混んでいると待ち時間が大変やし
誰も来ていないと、正月早々寂しすぎるので
屋台も出ていて、87歳の足の若干悪いおばあちゃんでも
駐車場から拝殿まで近い神社・・・

AboshiUsuki_000_org.jpg
ということで 網干にある 魚吹八幡神社(うすきはちまんじんじゃ)

AboshiUsuki_001_org2.jpg
立派な楼門です。

AboshiUsuki_002_org.jpg
お参りするので拝殿まではちょっと長い行列を並びます。
これぐらいなら全然問題ありません。

AboshiUsuki_003_org.jpg AboshiUsuki_004_org.jpg
龍も獅子もこれまたご立派!

AboshiUsuki_007_org.jpg
で二拝二拍手一拝でお参りをすると、江戸時代の力持ちの
三ノ宮卯之助(さんのみやうのすけ)

AboshiUsuki_008_org.jpg
冬風のすさんで寒くて寒くてタマラナイので
たき火で温まっていると、福みくじ?

AboshiUsuki_005_org.jpg
どうやら 景品付きおみくじらしい・・・
特に欲しいモノはないけど、引いてみましょう!

AboshiUsuki_006_org.jpg
見事!六番 中吉 の 雪の宿

ちなみにお言葉は、禍を転じて福と為す でしたぁ。
関連記事
[ 2015/01/03 21:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(0)

【お取り寄せ】花畑牧場のカタラーナ(北海道:中札内村)

年末にお歳暮で実家に 花畑牧場カタラーナ を送っていたら
帰省したときに私自身はこのことはスッカリ忘れていましたが
「どうせ写真を撮りたいんやろう?」と母親が開封もせずに
冷凍保存していたので、ご要望に応えて急遽ネタにしました。

HanabatakeCatalana_000_org.jpg
業務用のカタラーナが2つ

HanabatakeCatalana_001_org.jpg
1つで500gもあります。

HanabatakeCatalana_002_org.jpg
15cm×15cmもあるんで、かなりの迫力!

HanabatakeCatalana_003_org.jpg
キャラメリゼしたカラメルがカスタードプリンに
浸み込んで、もう美味しそうです。

HanabatakeCatalana_004_org.jpg
超デカサイズなんですけど、8人で分けると少しだけ・・・
甘さ、苦さ、半解凍の冷たさ
お・お・お・お・美味し過ぎる!
食べた誰もが大絶賛です!

   
関連記事
[ 2015/01/02 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)