FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2014年12月
月別アーカイブ  [ 2014年12月 ] 

≪ 前月 |  2014年12月  | 翌月 ≫

今年もありがとうございました。

今年も皆さんからたくさんの拍手やコメントをいただきました。
そこで拍手の多かったTOP20を紹介して、締めくくりたいと思います。
来年もまたよろしくお願いいたします。
ではよいお年を!

第1位
 100円の回転寿司が当たり前だと思っているあなたへ/十円寿し(愛媛:今治)
第2位
 明倫小学校で 赤味噌オムハヤシ/前田珈琲(京都:四条烏丸)
第3位
 そば肉卵お好み焼き & 豚ホルモン焼き/八誠(広島:広電「中電前」)
第4位
 【潮干狩り2014 ①】新舞子海水浴場(兵庫:たつの)
第5位
 東横堀川を眺めながら すき焼き定食/大阪食肉ホルモンセンター(大阪:堺筋本町)
第6位
 見て楽しい!食べて美味しい!イタリアン/マンジャパスタ(大阪:羽曳野)
第6位
 ふわふわ玉子&牛焼肉カレー/マーヤカレー(兵庫:神戸,三宮)
第8位
 超~お得な蕎麦セット/蕎麦茶屋 壷中(岡山駅西口)
第8位
 今年も利用させてもらいましたハッピーバースデー特典/アンゴリーノ つつじ(大阪:堺,美原)
第10位
 京町家で おばんざい/ここら屋(京都:京都市役所前)
第10位
 週一営業のカレー屋さんでスリランカチキンカレー/カレー週イチ(大阪:本町)
第10位
 ふんわり優しいエッグサンド/ルマン(兵庫:宝塚)
第13位
 炭焼き若鶏&黒毛和牛俵ハンバーグステーキ/寛屋(大阪:堺,なかもず)
第13位
 ボリューミー な ナシチャンプル/R3(滋賀:南草津)
第13位
 たこ焼き を買ったつもりなのに、それはシュークリームだったぁ/虎屋(広島:福山)
第13位
 【丹波のコスモス①】大人気の黒豆だらけの黒豆パン(兵庫:篠山,西紀サービスエリア)
第13位
 うどん屋さんで懐かしい昭和のライスカレー/讃々(兵庫:川西)
第18位
 【ロス&ベガス旅行記⑦】ダウンタウンディズニーで四角い巨大ピザ/ネイプルズ
第18位
 【小豆島旅行記①】巾着袋の中には三段重ねの信玄弁当箱/創作料理 野の花(香川:小豆島)
第20位
 前菜6種盛り合せ に パニーニ & パスタ 更に デザート & ドリンク までついて 1,000円/ビネリア ドッポドマーニ(大阪:阿波座)
第20位
 地場野菜を使って前菜盛りからペペロンチーノまで/MJ CAFE(大阪:河内松原)
第20位
 魚の風味が押し寄せる ひやかけうどん/うだま(大阪:梅田,大阪駅前第3ビル)
第20位
 【小豆島旅行記⑧】日本三大渓谷美 寒霞渓
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/12/31 05:00 ] おうち | TB(0) | CM(2)

サクッとした甘いプレーンナンは食べ放題/ニューモーティマハル(大阪:松原,河内天美)

先日のランチは ニューモーティマハル(NEW MOTI MAHAL) です。
近鉄南大阪線「河内天美駅」から西へ徒歩13分のところにあります。

約50席ある広いお店で、休日のランチタイムに行ってみると
約8割埋まっていて、インド料理屋さんにしては珍しく
賑やかで活気があることにちょっとビックリ!

MatsubaraNewMontiMahal_000_org.jpg MatsubaraNewMontiMahal_001_org.jpg
7種類あるランチから、さて何にしようかなぁ、と選ぶ必要もなく
クーポンでやってきたので、必然的にCセット。
カレーの辛さ(1~6)とソフトドリンクだけ注文します。

MatsubaraNewMontiMahal_002_org.jpg
結構豪華な Cセット

選べるドリンクは ラッシー

MatsubaraNewMontiMahal_003_org2.jpg
スープ手羽元

タンドリーチキンの間違いじゃないかと思ってメニューを見直すと
タンドリーチキンも手羽元もどちらもあるようで、スパイシーで脂身も多く私好みのお味です。

MatsubaraNewMontiMahal_004_org3.jpg
チキンカレー と日替わりの カボチャカレー

ナンをこれらにつけながら食べてみるとカレーは美味しいけどナンは
まぁこんなもんかなぁと、ブログネタとしてはボツかなぁ。

では、せっかくナン食べ放題だというので・・・

MatsubaraNewMontiMahal_005_org.jpg
家族3人で2枚お替わり!・・・すると

MatsubaraNewMontiMahal_006_org.jpg
えっー1枚目と全然違~う!
熱々で甘くてサクッとして、めちゃウマ~!

MatsubaraNewMontiMahal_008_org.jpg MatsubaraNewMontiMahal_007_org.jpg
お店の人たちは接客も元気で愛想もいいですが
特にインド人の女性店員の方は日本語も上手でおキレイですよ。
関連記事
[ 2014/12/30 09:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

チキン・豚・エビのトリプルミックス丼/どんぶりころころ(兵庫:神戸,三宮)

先日のランチは どんぶりころころ です。
三宮のさんプラザのB1Fにあります。

3nomiyaDonburikorokoro_003_org.jpg 3nomiyaDonburikorokoro_004_org.jpg
カウンター8席だけの小さなお店ですが
11時オープン直後に行ってみると既に先客ありで私は4番目。
カウンターには巨大なタクアンがドンドンドーンと置かれています。

3nomiyaDonburikorokoro_001_org.jpg 3nomiyaDonburikorokoro_002_org.jpg
チキン・豚・エビをいろいろ組み合わせたドンブリを
和風・中華・和風カレー・ソースと4種類の味で提供しているお店です。
この日はお肉屋さんの都合で すじ肉 が入荷していないそうですが
やはり、ココは欲張りな・・・

3nomiyaDonburikorokoro_005_org.jpg
トリプルミックス丼(中華味)

中華はあんかけになっていて、ご飯大盛りサービスらしいのですが
調子に乗って大盛りにしなくてよかったぁ、と見た瞬間に思いました。

3nomiyaDonburikorokoro_006_org.jpg
豚カツと味付けされたチキンカツ、そして手前の細長いのがエビカツ
しかもカツが2段重ねで餡の下に埋もれています。

3nomiyaDonburikorokoro_007_org.jpg
溢れんばかりの餡にタクアンを乗っけて、レンゲでいただきま~す!
カツ!カツ!カツ!どこを食べてもカツ!
こんなの初めてですが、ご飯を食べたくてカツを除けて探すハメになって
最終的にはカツばっかりがドンブリに居座ることになります。

うーん、でも揚げ立ててで美味しいからいいかっ!

味に飽きてくれば、ラー油・七味を追加。
普通盛りでもギブアップ寸前まで追い込まれるので女性は小盛りがおススメ。
ホントに大盛りにしなくてよかったぁ。

3nomiyaDonburikorokoro_000_org.jpg 3nomiyaDonburikorokoro_008_org.jpg
店頭には『小学生以下のお子様連れはご遠慮ください』と書いてあるので
ちょっと嫌な感じはありますけど、その通りご遠慮したほうがよさそうです。
でもどうしてもお子様と食べたい方はお持ち帰りもあるようなので、そちらでどうぞ!
関連記事
[ 2014/12/29 13:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(6)

一風堂のセカンドブランド 博多特濃とんこつラーメン/シロマルベース(大阪:梅田)

梅田駅から扇町通りを東に歩いて太融寺を過ぎたところにある
ShiromaruBaseDoyama_000_org.jpg
ライブハウスの Zeela にやってきました・・・のではなくて

ShiromaruBaseDoyama_001_org.jpg ShiromaruBaseDoyama_002_org.jpg
同じビルの2Fにある シロマルベース(SHIROMARU BASE) 堂山店 でディナーです。

ShiromaruBaseDoyama_004_org.jpg
1985年に博多一風堂が創業した時の「ポタージュより濃いスープを作ろう」として
完成させた豚骨スープで。今では一風堂の「白丸元味」」の原型になっているそうです。

ShiromaruBaseDoyama_003_org.jpg
自分で注文票にチェックしていく分かりやすいシステムになっています。

ShiromaruBaseDoyama_008_org.jpg
シロマルベース(特濃)スタミナめし

スタミナめしが少し遅れて出てきたので
ラーメンを少し混ぜてしまってますけど・・・

ShiromaruBaseDoyama_007_org.jpg
これが混ぜる前のシロマルベース

一風堂には10年以上も行ってないんで、白丸元味と何が違うのかわかりませんが
なめらかで濃い~!そして豚骨の旨みを味わえ、濃すぎないのがいい感じです。

ShiromaruBaseDoyama_010_org.jpg
バリカタの細麺
もう少し硬めが好みなので、はりがねでも良かったかも。
写真撮ってた時間が悪いんでしょうけどね。

ShiromaruBaseDoyama_009_org.jpg
そして意外にも高評価の豚バラとタマネギのスタミナめし
生姜が効いて、めちゃウマで頼めるならこれだけでもいいかも。

ShiromaruBaseDoyama_011_org.jpg
紅生姜に胡麻、ニンニククラッシャーとあるので

ShiromaruBaseDoyama_012_org.jpg
全部入れて、ニンニクもグシャっと潰して、ウマいなぁ。
ちなみに翌日はまったくニンニク臭くありませんでしたので。

ShiromaruBaseDoyama_005_org.jpg ShiromaruBaseDoyama_006_org.jpg
大きなコの字型カウンターで清潔感もあるので女性でも
濃い豚骨食べたくてニンニククラッシャーを使い方はどうぞ。
関連記事
[ 2014/12/28 17:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

口の中でとろける穴子の棒寿司/楠(兵庫:西明石)

JR山陽本線「西明石駅」から北へ徒歩5分のところにあるのが

NishiAkashiKusunoki_011_org.jpg
旬彩和遊 楠(しゅんさいわゆう くすのき)

扉も重厚そうで中も見えなくて、これはちょっと入り難そうです。

NishiAkashiKusunoki_001_org.jpg NishiAkashiKusunoki_002_org.jpg
入口にひっそりと置いてあるメニューを見てみると
御膳はまぁお高いでしょう、でも定食は1,050円から
日替わりの あじフライ定食 も1,000円なので問題なさそうです。

NishiAkashiKusunoki_005_org.jpg NishiAkashiKusunoki_004_org.jpg
カウンター6席、テーブル14席、更に個室まであって、目の前では板前さんが黙々と調理中。
水槽にはフグが泳いでいて、客層が おばさまたち ばかりで
ランチに来ましたというよりはお食事会に来ましたって感じ。

NishiAkashiKusunoki_006_org.jpg
でやってきましたメニューは せいろそば定食 なんですけど
超寒~い日なので、冷たい せいろさば はご遠慮いただいて
メニューには書いてないけど、温か~い わかめそば定食

NishiAkashiKusunoki_007_org.jpg
小鉢三品に温かいというか熱くて出汁が美味しい わかめそば
寒くて固まった足のつま先まで解凍されそうです。

NishiAkashiKusunoki_008_org.jpg
そして、穴子の棒寿司

柔らかくて、口の中でとろけて、ウマー!!!

NishiAkashiKusunoki_009_org.jpg
美味しいので、こっちからのサービスショット!
明らかにこれが主役でしょうから穴子棒寿司定食の方がいいのでは?

NishiAkashiKusunoki_010_org.jpg
更に、コーヒー まで付いてきます。
取っ手のないカップと混ぜるのは茶せんで。
BGMは水槽のブクブク音とおばさまたちのどうでもいい会話。

NishiAkashiKusunoki_000_org.jpg NishiAkashiKusunoki_003_org.jpg
ちなみに、12時30分を過ぎるとおばさまたちで満席になり
後から入ってきた 右隣も左隣どちらのおばさまも せいろそば定食を頼んでました。
もちろん、温か~いおそばで。
関連記事
[ 2014/12/27 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

メインは 唐揚げ ではなく、実はシウマイ/華正樓(神奈川:新横浜)

八王子への出張が無事終わり、なんやかんやとメールや電話してたら18時。
新横浜なんで ラーメン博物館?とも考えたけど
ランチに八王子で 納豆らあめん 食べたんでやめとこう。

KaseirouShinyokohama_000_org.jpg
で、良さそうなお店があったので、やってきました・・・というか新横浜駅上の
キュービックプラザ新横浜3Fにあるタカシマヤ フードメゾン新横浜。

KaseirouShinyokohama_001_org.jpg
そこにある 華正樓(かせいろう) 高島屋新横浜店
中華のお土産もの屋さんにしか見えませんが・・・

KaseirouShinyokohama_007_org.jpg
その奥にはカウンター5席、テーブル10席のイートインスペースがあり
鏡張りなので、一見メチャクチャ広そうに見えます。

KaseirouShinyokohama_002_org.jpg
夜ですけどセットでも単品でもお手頃価格で楽しめそうで
期間限定メニューには 干炸鶏(かんざぁちぃ)と、
小さく鶏の唐揚げって書いてあるけど、美味しそうな漢字や~ん、
ちょっと何か違うんちゃあう~ん?期待してまうや~ん・・・

KaseirouShinyokohama_003_org.jpg
で、干炸鶏(かんざぁちぃ) こと 鶏の唐揚セット

KaseirouShinyokohama_005_org.jpg
鶏の唐揚げには七味入りの塩、キャベツには甘~いドレッシング

KaseirouShinyokohama_004_org.jpg
揚げ立てではないですけど、9個もついてます。
うーん、干炸鶏(かんざぁちぃ) という大げさな名前というよりは
皆様毎度おなじみの 鶏の唐揚!可もなく不可もなく・・・

しか~し!

KaseirouShinyokohama_006_org.jpg
大きな シュウマイ じゃなくて シウマイ
柔らかくて肉の旨味がタップリでメチャウマ~~!!

またデザートの杏仁豆腐がボリュームありすぎ~

思わず お土産で焼賣(シウマイ)を買おうとしたけど高かったのでやめときました。
でも、次来るのであれば、シウマイ と 白ごはん だけでも大満足できそうです。
関連記事
[ 2014/12/26 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(2)

ラーメンのトッピングは何にしましょうか?もちろん、納豆!/大安(東京:八王子)

仕事上の大人の事情でやって来ました八王子。
東京都といいながらも、新横浜から乗り換えるとは思わなかった・・・

ホントは別のお店を目当てにしてたんですが、完全に時間を読み間違えて
待ち合わせ時間まで残り25分!立ち食いそばでもいいかぁと思いながらも
駅近くのお店を急遽調べてみると、かな~り興味あるモノを発見!

JR八王子駅から徒歩3分で線路沿いなんで賑やかかと思いきや
裏通りっぽい雰囲気のところにある らあめん 大安 でランチです。

8ojiTaian_003_org.jpg 8ojiTaian_004_org.jpg
13時を過ぎてもL字カウンター10席はほぼ埋まって、誰もが一心不乱にすすってます。

8ojiTaian_002_org.jpg
大きく分けて らあめん か ざる
後は何と組み合わせるか?
チャーシュー? メンマ? いやいや違うでしょう、もちろん・・・

8ojiTaian_005_org.jpg
納豆らあめん

8ojiTaian_007_org.jpg
澄んだ醤油ラーメンで、見ただけで美味しそうなのがわかります。

8ojiTaian_006_org.jpg
片や、溶き卵が泡立ってるのが納豆の陣地
ホンマかぁ?と疑ってらっしゃると思いますので

8ojiTaian_009_org.jpg
ジャジャジャジャーン!ご対~面~!

8ojiTaian_008_org.jpg
納豆陣地から麺をリフトしましょう!
ドローと麺に玉子と納豆が絡んでます!

ところが、納豆パスタみた~い!イケるや~ん!

しかも、納豆に侵されていない平和地域を食べてみると
普通にアッサリ中華そばとして美味しいや~ん!
また刻まれた柚子がいいや~ん!
麺もプリプリや~ん!
肉厚チャーシューもウマいや~ん!
ボリュームあり過ぎや~ん!

難点としては、スープに沈んだ納豆をすくいあげるのが大変なので
穴アキレンゲでもあれば嬉しいなぁと。

8ojiTaian_001_org.jpg 8ojiTaian_000_org.jpg
この後、待ち合わせ時間になんとか間に合い、2時間ほど商談しながらも
「口の中の納豆をコーヒーで流した~い」と思い続けるのでした。
関連記事
[ 2014/12/25 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(4)

お客さんが創作できる67,200分の1のオリジナルパスタ/ボノ(大阪:梅田)

先日のランチは ワインと熟成肉のイタリアン ボノ(Buono) です。
梅田の阪急東通商店街にあります。

UmedaBuono_001_org.jpg
ソースも具材も選べる生パスタ
お好みの素材を選んでつくるあなただけの67,200分の1のオリジナルパスタ
ONLY FOR YOU

他のお店を予定してたんですけど
ちょっとこれは気になります、入ってみましょう!

13時過ぎだったので、お客さんは数人。
ビートルズ風のBGMがガンガンに流れています。

店員さんがいろいろ説明してくれますが、何を喋っているのか
聞きとり難くく、結局メニューを読んでみることに。
しかし、対応が悪いわけではないので誤解なく。

UmedaBuono_002_org.jpg
テーブルにはパスタ。本日はこの5種類のようです。
「店内で詳しく説明します!!」・・・してくれませんけど。

UmedaBuono_003_org.jpg
手順は
①パスタは13種類あるようですが、本日のパスタ5種類から選ぶ。
②ソースをトマト・トマトクリーム・クリーム・ジェノベーゼ・ペペロンチーノ・アラビアータから1つ選ぶ。
③お肉 or 魚介を鶏肉・海老・ベーコン・イカ・サルシッチャ・サーモンから1つ選ぶ。
④野菜をレンコン・ほうれん草・温卵・カボチャ・マッシュルームなど16種類から2つ選ぶ。

これで終了!

追加トッピングでチーズや生ハムがありますけど、もう面倒くさい!って方には
厚切りベーコンとほうれん草のカルボナーラなど5種類の定番メニューも用意されています。

こんなややこしいオーダーを厨房まで伝えるのは大変なので、お客さんが
キチンと整理されたオーダーシートに記入して店員さんに渡します。

UmedaBuono_004_org.jpg
でまずは、前菜3種サラダ、そして食べ放題の パン
これも説明してくれるんですけど、何を言っているのかわからず・・・

パスタ以外は気にかけてなかったんですけど、よく出来ています。
特にほんのり温かいパンが美味しい!

そして・・・

UmedaBuono_005_org.jpg
海老とアボガドとキノコMIXのペンネクリームソース

美味しいパンはもちろんお替わり!

UmedaBuono_006_org.jpg
いつも頼むパスタよりも、自分がかかわった割合が多いので、ミョーに愛着が湧いてきます。
自画自賛ではないですけど、彩りもよく海老も思ってたよりも大きくて
なかなかいい出来じゃないでしょうか?

さてさて、お味なんですが、ソースには細かく刻まれた薬味が入っていて
美味しいんですけど、なにしろ塩辛い というか 塩辛すぎる!
たまたまかもしれませんが、それが残念。

UmedaBuono_007_org.jpg UmedaBuono_000_org.jpg
注文してからも、コレとコレの組み合わせの方が良かったかなぁ~
あぁ~こんなパスタもあったのかぁ~、と想像が膨らむお店でした。
関連記事
[ 2014/12/24 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(2)

うどん屋さんで懐かしい昭和のライスカレー/讃々(兵庫:川西)

先日のランチは 手しごと讃岐うどん 讃々(さんさん) です。
能勢電鉄妙見線「平野駅」から西へ徒歩14分の商店街にあります。

もう少し西には 能勢の 三草山にハイキング したときに寄った
パン屋さんの ピエール(Pierre) があります。

KawanishiSansan_004_org.jpg KawanishiSansan_005_org.jpg
日曜日の13時頃行ってみると、カウンター7席、テーブル2卓、座敷4卓は満席で
しかも入口が表だけでなく裏にもあるので、待つときはサッサと店員さんに名前を
告げなければなりません。ということで15分ほど待って着席。

おでんコーナーの横には、おにぎり と いなりずし と思ったら おむすび と きつねずし

KawanishiSansan_001_org.jpg KawanishiSansan_003_org.jpg
店主のおすすめ「つけ麺」だそうで、冬用の白味噌うどんも温まりそうです。

KawanishiSansan_002_org.jpg
そして、ミョーに気になってしまう ライスカレー

KawanishiSansan_009_org.jpg
ということで、カツカレーセット(ミニうどん付)

KawanishiSansan_012_org.jpg
ステンレス皿と茹でたまご、福神漬が懐かしさを演出しています。
ビーフたっぷりでコクが深く辛味の少ないドロっと系です。
揚げ立てのカツも美味しくいただけます。

KawanishiSansan_011_org.jpg
ぜ~んぜん ミニじゃないレギュラーサイズの ぶっかけうどん
しかも天かす・ネギ・ゴマ・刻み海苔・ワカメ・薄揚げと具だくさん!
カレーが辛味を抑えているので、うどんの美味しさを損なうことはありません。

KawanishiSansan_006_org.jpg KawanishiSansan_007_org2.jpg
奥さんの 辛さがズドーンとやってくる 辛味牛つけ麺
義姉の 辛いけど甘さと深さも感じられる 辛味噌つけめん

KawanishiSansan_008_org.jpg
店主おすすめ!というだけあってメチャウマで
〆はもちろん、ぶっこみメシ で雑炊風に食べて腹いっぱ~い!

KawanishiSansan_010_org.jpg
娘は冬の定番 白味噌うどん

KawanishiSansan_013_org.jpg
体に染み渡るような味噌の甘みの美味しい出汁が娘には超お気に入りのようで
しかも、豚バラ軟骨のトロトロ煮込みがデカ~い!

KawanishiSansan_014_org.jpg KawanishiSansan_000_org.jpg
味だけでなく接客もいいので、人気があるのがわかるようなうどん屋さんでした。
関連記事
[ 2014/12/23 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(2)

中庭のある「和」の空間カフェでブランチ/よつば珈琲(大阪:堺,深井)

ある休日。中途半端な時間にいろんな用事があったのでブランチをしようと
FukaiYotsuba_012_org.jpg FukaiYotsuba_000_org.jpg
やってきました よつば珈琲

泉北高速「深井駅」から北へ徒歩10分の泉北1号線から少し入ったところで
少し南には結婚式場の アンジェリカ ノートルダム があります。

FukaiYotsuba_001_org.jpg
お店の中央には、どこかのお寺にありそうな美しい中庭があり
その周りにテーブル・カウンター席があり、誰もが優雅に過ごしています。

FukaiYotsuba_002_org.jpg FukaiYotsuba_003_org.jpg
8:00~14:00まではモーニング。
と言っても、全部で9種類と写真以外にもトースト・シナモントースト・
ガーリックトースト・健康サラダセット とあります。

12:00からのランチだとオムライス・ロコモコ・パスタなどがあるようです。

FukaiYotsuba_007_org.jpg
私の ミックストーストセット

FukaiYotsuba_008_org.jpg
どちらかというとホットサンドの方が好きなので
タマゴ・トマト・ハム・胡瓜 の2つの山がメチャクチャ美味しそうです。

FukaiYotsuba_009_org.jpg
コーヒーだけでなく、スープ・サラダ・ゆで卵・オレンジ・ヨーグルト
と豪華なモーニングセットです。

セットはどれも同じ構成なので、メインだけアップすると・・・

FukaiYotsuba_006_org.jpg
奥さんは 一番人気だというフワフワな 気まぐれフレンチトースト

FukaiYotsuba_005_org.jpg
娘はチーズたっぷりの ピザトーストマリナーラ風

3人でシェアしたら・・・

FukaiYotsuba_010_org.jpg
メチャクチャ美味しそうなメインになりましたぁ

モーニングを食べることはあんまりないので、ちょっと嬉しくて

FukaiYotsuba_011_org.jpg
ツルツルのゆでたまご~

もう少しのんびり過ごしたいなぁと思いましたが
待っているお客さんもいたので、後ろ髪を引かれながら退散しました。

FukaiYotsuba_013_org.jpg
で、ふと振り返ると瓦には 四つ葉 と えべっさん
関連記事
[ 2014/12/22 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(6)

メキシカンソースのオムライス/PAO(奈良:平城)

先日のランチは レストラン&カフェ PAO(パオ) 押熊店 です。

近鉄京都線「平城駅」からクルマで北へ10分のところにあり、
隣りの「高の原駅」からでもクルマで西へ10分でいけます。

すぐ近くには、先日行った 薬膳スープカリイの アジャンタ があります。

PaoOshikuma_005_org.jpg PaoOshikuma_007_org.jpg
13時過ぎに行ってみると、ほぼ満席で唯一空いていた席をなんとか確保。
しかも、99%女性。
更に何を喋ることがあるのか、あちこちの会話が盛り上がり過ぎて、BGM不要。

よくよく店内を見渡すとウッディな造りで外から観るよりも奥に広く
窓ガラスの向こうも緑がいっぱいで森の中にポツンといるように錯覚してしまいそうです。

PaoOshikuma_002_org.jpg
黒米を使ったランチが多いのですが、この時間は黒米が売り切れのようで
代わりに白米になってしまうそうなので、であれば関係なさそうな・・・

PaoOshikuma_003_org.jpg
オムライス

プレーン・ホワイトソース・デミグラス・カレー・トマトなどの6種類のソースから選べるので、
あまりお見かけしない メキシカンソース
他にもしょう油オムライスや期間限定の創作オムライスもあるようです。

そして、ランチにはサラダは付きますが、オムライスのサイズは単品よりも4/5サイズらしい。
ちなみに、ドリンクは別料金でアイスコーヒー。

PaoOshikuma_004_org.jpg
メキシカンなチリソースのいい香りが漂い、フワッとしたタマゴの頂上にはハラペーニョ

PaoOshikuma_006_org.jpg
超~辛いのだろうとかなり身構えて食べてみると
0.5辛ぐらいで、まったく問題なく、美味しくいただけます。
もちろんハラペーニョは激辛なので要注意!

PaoOshikuma_000_org.jpg PaoOshikuma_001_org.jpg
私が食べ終わっても、女性たちは会話が盛り上がったままで帰る気配もなく
おそらく私が去るのを待っていた座席待ちをしているお客さんがいるぐらい人気のお店でした。
関連記事
[ 2014/12/21 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(4)

冬季限定!1日15食限定!カキの玉子とじ定食/ゑん(大阪:本町,船場センタービル)

SembaCBEn_004_org.jpg
コチラは船場センタービル10号館B1Fにある 船場女将小路

SembaCBEn_006_org.jpg SembaCBEn_005_org.jpg
そこにある ゑん でランチです。

SembaCBEn_000_org2.jpg
カウンター10席、テーブル20席あって、船場センタービルらしく
お隣さんとは微妙に譲り合って座ります。

12時15分頃に行くと、ラスト1席のカウンターが空いていて
1日限定15食しかないメニューもまだ有ります、ということで2重にラッキー!

落ち着いて周りを見てみると、日替わりのフエダイのフライや
地鶏もも肉のトマト煮込みを頼んでいる人が多いようです。

SembaCBEn_001_org.jpg
で登場の カキの玉子とじ定食

ナムルっぽい味付けのモヤシとほうれん草 と 煮豆、漬物と味噌汁が付きます。

SembaCBEn_002_org.jpg
ふわふわな巨大玉子とじ
中にはネギとタマネギ、そして頂上にもドッサリ
たとえ中にカキが入ってなくても満足できてしまいそうです。

SembaCBEn_003_org.jpg
でもね、カキが入っちゃってるんですねぇ~
それも(たぶん)10個、ちょっと小ちゃいけど、まぁいいでしょう。

これをレンゲですくってガツガツ食べちゃいま~す!
しかもご飯お替わり自由!
最後はつゆだくの玉子とじカキ丼で流し込むように・・・ごちそうさま!

お店の雰囲気や他のお客さんの様子から、きっと何を食べても美味しいお店のようですね。
関連記事
[ 2014/12/20 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

2大スター夢の競演!海老天・エビフライカレーうどん/みくりやうどん(滋賀:湖南)

先日のランチは みくりやうどん です。
JR草津線「甲西駅」から国道1号線を南東へクルマで5分のところにあります。

KonanMikuriya_001_org.jpg KonanMikuriya_008_org.jpg
690円、890円とお得な定食がありますが、やはり名物だという・・・

KonanMikuriya_002_org.jpg
海老天・エビフライのカレーうどん定食

KonanMikuriya_004_org.jpg
何と言ってもこれでしょう!
カレーに刺さっている 海老天 と エビフライ
海老料理の2大スターが仲良く競演中。

KonanMikuriya_005_org.jpg
しかも、頭から尻尾まで デカ~い!長~い!真っ直ぐ~!

KonanMikuriya_006_org.jpg
ドロッとしたカレーは出汁がしっかりして
見た目だけじゃなくて、美味しさもバッチリ!

うどん中心に食べていって、後半はもちろんお約束で・・・

KonanMikuriya_007_org.jpg
2大スターがアンコールで カレー丼 にも登場!
ステージが狭すぎて、はみ出ちゃってます。

そして、地味なエキストラのはずなんですけど・・・

KonanMikuriya_003_org.jpg
大盛りの野菜サラダ
セリフもなくて、ストーリーにはほとんど関係ないんですけど、目立ってます。

KonanMikuriya_009_org.jpg KonanMikuriya_000_org.jpg
三元豚のカツ丼も気になりますし、わがまま定食の
カレーうどん と カレー丼 の組み合わせもある意味で夢の競演かも?
関連記事
[ 2014/12/19 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

路地裏にひっそりとあるイタリアンバル/SOL(大阪:梅田)

先日のディナーは SOL(ソル) です。

梅田の阪急東中通商店街から細い路地を入ったところにあって
ちょっと奥には 綿菓子ラーメンBird(バード) があります。
UmedaSOL_004_org.jpg UmedaSOL_003_org.jpg
1Fにはカウンター・テーブル、2Fにはテーブル・ソファとあり
ゆっくり寛げ過ぎる雰囲気なので、騒がしいお客様も一部にはいたり・・・

UmedaSOL_002_org.jpg
一応、店員さんにおススメは?って聞くと、それにならって

UmedaSOL_005_org.jpg
まずは、前菜盛り合わせ

自家製野菜のピクルス
合鴨のくんせい バルサミコソース
とびっこと青ネギのクリームチーズ
サラミ
若鶏のエスカベッシュ
スペインオムレツ


メニューと見比べながら、コレはこれで・・・とやっていると
オムレツ?無いなぁって喋ってたら、オムレツは載ってなくて
焼いているのではなく蒸すオムレツだそうです。

UmedaSOL_006_org.jpg
チーズたっぷりの 生ハムといろいろハーブのサラダ

UmedaSOL_007_org.jpg
グツグツとオイルが煮立っている カキのアヒージョ

UmedaSOL_008_org.jpg
プリップリの大きな牡蠣がゴロゴロ入って
牡蠣オイルにラスクを浸して、ウマーい!

UmedaSOL_009_org.jpg
牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

UmedaSOL_010_org.jpg
見た目はコッテリしつこい感じでそうけど
簡単に切れるホホ肉とブロッコリー、マッシュポテトと
ソースと一緒に食べると、ウマ~い!

UmedaSOL_011_org.jpg
魚卵のプツプツ食感がおもしろい たっぷり魚介のペスカトーレ
ホントにエビにムール貝がいっぱい入っていて、ソースがメチャウマぁ!

UmedaSOL_012_org.jpg
デザートは バニラアイス チョコレートソース

UmedaSOL_000_org.jpg UmedaSOL_001_org.jpg
2Fに居たんですが、女性店員が1人で大人数の酔っ払い相手に
キビキビと対応していたのには好感が持てる隠れ家でした。
関連記事
[ 2014/12/18 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(2)

情報が少ない焼肉屋さんにイチかバチかの飛び込みランチ/山屋(岡山駅西口)

OkayamaYamaya_001_org.jpg OkayamaYamaya_010_org.jpg
コチラは岡山駅西口から徒歩3分のところにある 焼肉ハウス 山屋
実は前々から気にはなっていたんです。

OkayamaYamaya_000_org.jpg
店先には、お昼ランチしてます。
サラダ・焼肉1品・ライス・ワカメスープ 560円~

情報はコレだけで、お店は磨りガラスなので店内が見えない。
焼肉屋さんは、もし間違えばランチにとんでもない出費になってしまうので
なかなか入る勇気が出ないですけど、この日は思い切って突撃!

OkayamaYamaya_003_org.jpg
12時を少し過ぎてたけど、なんとなく予想していた通り
2階席もありそうなテーブル6卓の店内には誰もいない。

更に誰も出迎えてくれないので、奥のキッチンまで歩いて行って「いいですかぁ?」と。
ちなみに、愛想・対応が悪いわけではないので誤解なく。

その後、お客さんが堰を切ったように入ってきました。

OkayamaYamaya_002_org.jpg
テーブルのメニューには詳しい情報が載ってました・・・ホッ!と安心。
聞いてみると、豚はロース、ミックスはホルモン系のようなので・・・

OkayamaYamaya_005_org.jpg
サービスランチA


サラダ・豚ロース・でっかいワカメスープ
ご飯(大中小)選べるので、大!

これで560円!
ひとりロースター!
なかなかいいじゃないですか!

OkayamaYamaya_004_org.jpg
ペラペラじゃない豚ロース8枚
なかなかいいじゃないですか!

OkayamaYamaya_006_org.jpg
前半戦スタート!
燃え上がる炎!
なかなかいいじゃないですか!

OkayamaYamaya_007_org.jpg
炎が強すぎて、ちょっと焦げ気味
なかなかいいじゃないですか!

OkayamaYamaya_008_org.jpg
タレつけてバクバクっと!
なかなかいいじゃないですか!

OkayamaYamaya_009_org.jpg
ご飯(大)で豚ロース8枚だとご飯が余ってアンバランスなので
可能であれば、追加で安いお肉を頼めばもう完璧です!
関連記事
[ 2014/12/17 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

【映画】天才スピヴェット

予定が合わなかったので仕方なく、アバター以来の3Dで観てきました。

MovieSpivet_000_org.jpg
 <あらすじ>

  天才だが、それゆえに周囲との溝を感じる10歳の少年T・S・
 スピヴェット(カイル・キャトレット)。
  そんな彼にスミソニアン学術協会から、最も優れた発明家に
 授けられるベアード賞受賞を知らせる電話が。
  授賞式に出席するため、彼はたった1人でアメリカ北西部の
 モンタナからワシントンD.C.へ旅立つことに。
  さまざまな出来事や人々と出会いながら、牧場を営む
 カウボーイの父親(カラム・キース・レニー)、昆虫博士の母親
 (ヘレナ・ボナム=カーター)、アイドルを目指している姉
 (ニーアム・ウィルソン)、事故によってこの世を去った双子の
 弟へ思いをはせるスピヴェット。
  やがて彼はワシントンに到着し、授賞式に臨む。
  大陸横断の冒険の中で、スピヴェットは様々な人と出会い
 ながら本当に大切なものに気付いていく。

 <感想>

  ・10歳の天才科学者T・S・スピヴェット
  ・アメリカ北西部のド田舎のモンタナの牧場に住んでいる

MovieSpivet_001_org.jpg
  ・父がカウボーイ、母が昆虫博士
  ・モンタナから列車でワシントンD.C.までの一人旅
 と期待感満載の設定。
  ということは、無賃乗車の列車旅で数々のピンチに遭遇するけど、
 天才科学者ゆえの方法で乗り切って、少年がたくましく成長しながら
 ゴールするんだろうかなぁと思ってたら、まったく違う内容でした。

  弟の銃による事故死が自分の責任だと思っているが、家族の
 誰もがそのことには触れず、それがドンドン自分を追い込んでいき、
 家出同然で列車の乗り込んで、さぁ今から盛り上がるぞー!と
 なったけど、『世界の車窓から』のごとく美しい光景を楽しめるだけで、
 着いちゃいます。
  でも、旅で出会う靴を磨くおじいさん、ホットドック屋のおばさん、
 トラック運転手と大人顔負けの会話をしつつも、子どもらしさを忘れて
 いないシーンが好きですね。

  最後にカウボーイのお父さんが迎えに来て、おんぶされたT・Sが
 カウボーイハットを被ることで家族が一つになれて、ちょっとウルっと。

  おそらく、何回も観ることで、良さが伝わってきそうな作品でした。

関連記事
[ 2014/12/16 21:00 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

超濃厚魚介極太つけ麺の救世主は 玉ねぎフルーツ酢づけ/麺や よかにせ(大阪:十三)

急に、十三で夜ごはんを食べることになったけど、
十三に気になっているようなお店もなかったので
ラーメンばかり食べていた数年前の記憶を頼りにやってきた・・・
13Yokanise_010_org.jpg 13Yokanise_000_org.jpg
麺や よかにせ

阪急「十三駅」から西へ徒歩3分のところにあります。

13Yokanise_002_org.jpg 13Yokanise_004_org.jpg
L字型カウンター8席、厨房に背を向けるようにカウンター5席
元気な店員さんの声が響きわたるお店です。
写真にはお客さんが居なさそうですけど、
この後、おひとり様サラリーマンで埋めつくされました。

13Yokanise_001_org.jpg
つけ麺 か 醤油/塩ラーメン、つけ麺だと中太 or 極太 を選べて
そして、どれも 濃厚 って書いてます。
この 濃厚 にこの後、窮地に追いやられるとは!

13Yokanise_005_org.jpg
極太麺だったので12分待って
濃厚魚介極太つけ麺 + 麺W盛り + よかにせ盛り

13Yokanise_007_org.jpg
ピカピカつやつや極太麺のW盛りに圧倒!

13Yokanise_008_org.jpg
写真ばかり撮っていると薄く膜が張ってしまう濃厚つけ汁につけて
久しぶりにガツンと味わってウマぁ~!

13Yokanise_006_org.jpg
チャーシュー・煮玉子・メンマ・海苔・ネギ と豪華トッピング

極太麺・豪華トッピングを濃厚つけ汁にタップリつけて美味しく食べていると
あれれ?・・・お腹が・・・もう限界!・・・まだ麺が半分残っている!
完全に濃厚魚介つけ汁にやられましたぁ~

残すのか!?

13Yokanise_003_org.jpg
救世主!玉ねぎフルーツ酢づけ

これをつけ汁に投入!
多少和らぐもののまだ、この濃厚には勝てません。
そこで・・・

13Yokanise_009_org.jpg
極太麺にまぶして、つけ汁を少しだけ舐めるようにして、なんとか完食

何事もほどほどがいいようです。
関連記事
[ 2014/12/15 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

5種類の点心がつく点心飲茶コース/龍泉(兵庫:神戸,元町)

先日のランチは 龍泉 です。
JR・阪神「元町駅」から北へ徒歩3分の鯉川筋沿いにあります。

MotomachiRyusen_008_org.jpg MotomachiRyusen_001_org.jpg
ランチは4~5種類。
やっぱり目をひくのが、5種類の点心がついた 点心飲茶コース

MotomachiRyusen_003_org.jpg
注文して、すぐに持って来てくれたのが サラダ

次々に来るのだろうと思って、全部揃ってから写真を撮ろうと待ってたら
まあまあ経って登場の 海鮮春巻き
どう見ても、揚げ立てなので、こりゃ食べないと!

パシャっとしてから、ガブッと!
具がギッシリ、ジューシーでウマ~!

MotomachiRyusen_004_org.jpg
メインの 点心5種盛り

フカヒレ餃子
プリプリの 蒸し海老餃子
皮にほうれん草が練り込まれた ヒスイ餃子
エビ・貝柱の 海鮮焼売

どれもこれも食感・味ともに大当たり~!

そして大きなのがジューシーな肉まん(関西風だと豚まん)だろうと期待して・・

MotomachiRyusen_005_org2.jpg
割ってみると、な~んもなし
皮に豚ミンチとネギが練り込まれたパンのようです。
でも名前は、豚肉包(トンルーパオ)

MotomachiRyusen_006_org.jpg
海鮮粥と選べた ヤキメシ

好き嫌いがあるでしょうけど、これだったら海鮮粥のほうがいいかも・・・

MotomachiRyusen_007_org.jpg
デザートは 芝麻糊 って書いてあったので、胡麻団子だと思って頼もうとしたら
店員さんが「ゼリー」って言ったのでやめて、杏仁豆腐

MotomachiRyusen_000_org.jpg MotomachiRyusen_002_org.jpg
お店には餃子専門店って書いていることもあり、点心とそれ以外の満足度がちょっと違うので
ここは思い切って、ランチとしては変則的ですけど、
点心10種盛りのみ(ご飯もサラダもデザートも無し)っていうのはいかがでしょう?
関連記事
[ 2014/12/14 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

サックサク!サックサク!チキンタツタサンド/Cafe FEEL(大阪:堺,鳳)

OtoriFeel_010_org.jpg
ココはJR阪和線「鳳駅」東側にある 鳳本通商店街
OtoriFeel_001_org.jpg OtoriFeel_000_org.jpg
そして、この商店街にある Cafe FEEL(フィール) でランチです。

OtoriFeel_002_org.jpg OtoriFeel_003_org.jpg
テーブル4卓、カウンター4席とオシャレなカフェというよりも
若干散らかり気味の喫茶店って感じです。

OtoriFeel_004_org.jpg
こんな雰囲気だとフードメニューは業務用を利用して期待できないと思いますが
なかなか充実していて、サンドイッチをテイクアウトする人も多く
オムライス や 鶏から も人気商品のようです・・・でもクーポンでやってきました。

OtoriFeel_005_org.jpg
まずは、セットドリンクの私と奥さんはホット・カフェオレ、娘はグレープサイダー
ジュースが3種類しかないのにグレープサイダー置いているお店って珍しくないですか?

OtoriFeel_006_org.jpg
で登場の チキンタツタサンド(ポテト付)

初めは大きなお皿にコレだけ?って思ったんですが・・・

OtoriFeel_007_org.jpg
よくよく見ると、食べる前ですけど
これはもう合格!って言ってもいいでしょう!

OtoriFeel_009_org.jpg
チキンタツタがサックサク!
レタスはシャッキシャキ!
パンもサックサク!

香ばしくてメチャうま~!いいモノに出会えましたぁ~
でもサックサク過ぎて、全部食べると顎が疲れてしまいます!

OtoriFeel_008_org.jpg
ポテトをケチャップに付けながら食べて終了~

私も好きなんですけど某ハンバーガーチェーンのチキンタツタを食べたいけど
ニュースにある通りアジアの大国で色々あったんで行けない人にはおススメです。
関連記事
[ 2014/12/13 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(2)

草津宿本陣近くのベーカリーカフェは・・・/脇本陣(滋賀:草津)

JR草津駅からアーケード商店街を南へ歩き、旧草津川の天井川トンネルを抜けると

KusatsuWakihonjin_010_org.jpg
奇妙なオブジェ

これを素通りして、草津宿本陣 の前を少し過ぎたところにあるのが

KusatsuWakihonjin_008_org.jpg KusatsuWakihonjin_009_org.jpg
ベーカリー&カフェ 脇本陣

目的のお店が別にあったんですけど、予想と違って入りたくない
雰囲気だったので、急遽見つけたコチラでランチです。

ちなみに脇本陣とは本陣がいっぱいだったときのための予備的な施設だそうです。

KusatsuWakihonjin_000_org.jpg
入口に焼きたてパンが並び、奥に進むとイートインスペースがあり
そこで購入したパンを食べてもいいし、別にランチもあります。

KusatsuWakihonjin_007_org.jpg KusatsuWakihonjin_003_org.jpg
テーブル9卓に座敷、中庭まであり、小さな子供連れのママ友たちで
いっぱいでみんなが帰って静かになったので、パチリ!

KusatsuWakihonjin_001_org.jpg
10種類もある食べ放題用のパン
トースターで1分ほど温めて

KusatsuWakihonjin_002_org.jpg
まずは、黒糖クルミ・チョコ・クロワッサン
このなかではクロワッサンがお気に入り。

KusatsuWakihonjin_004_org.jpg
メインの えびの旨味いっぱいのえびカレーライス

冷た~いサラダと一緒に持って来てもらったホットコーヒー

KusatsuWakihonjin_005_org.jpg
さっくり熱々エビフライに結構辛いカレー!
ニンジン・ポテト・トマト・ブロッコリー・カリフラワーと野菜もいっぱい!
でも実はエビフライの次に目立っていたのはよく煮込まれたタマネギ

KusatsuWakihonjin_006_org.jpg
食べ放題でお替わりしないのは申し訳ないので(誰に?)
黒糖クルミ・クランベリー

そして、このクランベリーの甘さとモチモチさがよくてダントツキョウイチ!

ふら~っと入ったんですけど、いいお店に出会えたランチでした。
関連記事
[ 2014/12/12 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

4つのフライパンが踊る 焼きスパ!ナポリタン/ローマ軒(大阪:本町)

先日のランチは ローマ軒 大阪本町店 です。

地下鉄「本町駅」から北へ徒歩6分のところにあり、
隣りは、シチュー・ボルシチ・バターライスで有名な ゴールド です。

RomakenHommachi_009_org.jpg RomakenHommachi_003_org.jpg
夜は 居酒屋てげてげ、昼は 焼きスパのローマ軒 として営業していて
コの字カウンター約10席(ベンチなので詰め方次第)、2人テーブル3卓のお店です。

RomakenHommachi_008_org.jpg
男性が4つの鍋を駆使してもの凄い勢いで料理を仕上げ
女性店員が一人であちこち飛び回ってめちゃくちゃ忙しそうなので
いくらランチタイムで時間が無いからといって焦らずに
女性が案内してくれるまで入口で待って、座ってもすぐに注文せずに待ち
順番にお水を持って来てくれ、注文を取ってくれるので、大人しく黙って待ちます。

RomakenHommachi_001_org.jpg RomakenHommachi_002_org.jpg
メニューは4種類。
サイズを並(400g)、大盛(600g)、べらぼ~(850g)から選び
目玉焼き、ソーセージをトッピングできます。

いくら4つの鍋を使っていると言っても、タイミングによっては、そこそこ待って・・・

RomakenHommachi_004_org.jpg
ナポリタン(目玉焼きトッピング)

RomakenHommachi_005_org.jpg
珍しく大盛りにしなかったんですけど
並でも400gもあれば、結構なボリューム!

RomakenHommachi_006_org.jpg
粉チーズを振りかけまくって

RomakenHommachi_007_org.jpg
目玉焼きをトローッと潰して

太めの柔らかい麺に小エビにベーコン、小松菜、シイタケと
具材も豊富で、口の中がケチャップだけでウマ~い!

RomakenHommachi_000_org.jpg
子どもの頃の休日のテレビを観ながらの
昼ご飯を思い出すような懐かしくなるランチでした。
関連記事
[ 2014/12/11 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(2)

とってもカルディア(岡嶋二人)

本日、読了。

岡嶋二人では11冊目。

山本山シリーズでは2作目。


 <あらすじ>

  ペア探偵、織田貞夫(おださだお)・土佐美郷(とさみさと)という
 上から読んでも下から読んでも・・・の大男と小女の愉快な山本山
 コンビが、死体なき殺人事件に挑む。

  信州の田舎から久しぶりに上京してきた貞夫の友人・秋本冬樹が、
 怪しい行動をしたあと、美郷の新品の全自動カメラと共に姿を消して
 しまった。

  そして、ある社長宅のパーティで目撃者に見られたはずの死体が
 消えてしまうという事件が発生する。

  2つの事件は関係あるのか?美郷の快推理、エンジン始動!



 <感想>

 カルディアとは美郷が持つカメラのことで富士フィルム製らしい。
 1985年の作品なので、もちろんデジカメではなくフィルムカメラ。

 まぁ、今はデジカメ全盛なので富士フィルムも写真関係からほぼ撤退して、医療機器や化粧品に力を入れてますけどね。

 そして、カルディアには、プレワインディング方式といって、フィルムを入れると一旦全て巻戻して、フィルムの後ろから使用していくシステムを採用しているそうで、これが秋本の事件を事故死を他殺に変える決定打になります。
 デジカメしか使ったことない世代には思いつかないことですね。

 関連性が少なすぎる2つの事件(友人の秋本の事故死 と 社長宅での死体消失事件)を美郷が強引に関係ありそうに推理してしまって、このまま進むと読者は納得せんぞ!って思っていると貞夫がうまいこと引き戻してくれる二人の軽快なやりとりがオモシロくて、また、2つの事件を無理矢理ではなく、うまく筋道を立て、結び付け、伏線も利用して、解決してしまうのが岡嶋二人らしいところです。

 ところで、ストーリーには ”とっても” って関係なかったので、何やろう? と調べてみると、youtubeに ”とっても” 若い小泉今日子が出演していたカルディアのCMがあって、「とってもとってもカルディア」って言ってました。




【岡嶋二人 読了リスト】
 焦茶色のパステル          第28回江戸川乱歩賞
 七年目の脅迫状
 あした天気にしておくれ
 チョコレートゲーム          第39回日本推理作家協会賞 長編部門
 コンピュータの熱い罠
 99%の誘拐               第10回吉川英治文学新人賞
 そして扉が閉ざされた
 クラインの壷
 三度目ならばABC           山本山シリーズ1
 なんでも屋大蔵でございます
関連記事
[ 2014/12/10 21:00 ] 岡嶋二人 | TB(0) | CM(0)

かくし味は「瀬戸内の小魚」の尾道ラーメン/阿藻珍味(広島:福山)

阿も珍でちーいか を食べた記事で pinokoさん癌ダム4Gさん
ご紹介いただいたので、福山出張のおみやげは
AmochinmiSunste_002_org.jpg AmochinmiSunste_005_org.jpg
さんすて福山にある 阿藻珍味(あもちんみ) で買うことに。
AmochinmiSunste_004_org.jpg AmochinmiSunste_003_org.jpg
ところが尾道ラーメンと言っても約20種類もあってどれにすればいいやら?
初めてなんで、やっぱり醤油系だろうということで・・・

AmochinmiSunste_000_org.jpg
ノーマルな 尾道ラーメン濃厚こってり!尾道ラーメン

AmochinmiSunste_001_org.jpg
内容物は麺とスープのみ。

箱裏の手順通りに鍋を2つ用意して、チャチャチャチャ~と・・・

AmochinmiSunste_007_org.jpg
尾道ラーメン

チャーシュー・メンマだけでなくてネギさえもなかったので、
ちょっと寂しいですけど、休日のお昼ご飯なんで、まぁいいでしょう。

でも、尾道ラーメンらしく豚脂はちゃんとプカプカ浮いてます。

AmochinmiSunste_006_org.jpg
醤油なんでアッサリしているんですけど、コクがあってメチャうま~
麺もツルッと仕上がって、お店みた~い!

AmochinmiSunste_008_org.jpg
尾道ラーメン 濃厚

焦がし醤油が入っているので、スープは黒っぽくなって
2つを食べ比べると、私としてはこっちが好みかなぁ。

他には塩・味噌・豚骨・つけ麺などもあるので、いろいろ試したくなりますね。

☆今までの「阿藻珍味」☆
ちーいか天刺身定食
関連記事
[ 2014/12/09 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

広島焼・神戸焼・大阪焼と3種類あるお好み焼き屋さん/咲咲(広島:福山)

出張で福山に泊まることになり、お店を事前に調べたけど
ピンとこないので、ブラブラ歩いて探してみることに。
呑めないし、ラーメンという気分でもないし、チェーン店には入りたくないし
と制限をつけていくと、なかなか見つからず。

FukuyamaSakusaku_000_org.jpg
仕方がないので またもや 阿も珍でちーいか でも食べるかぁ・・・
と思いつつたどり着いた JOYふなまち商店街

FukuyamaSakusaku_001_org.jpg FukuyamaSakusaku_002_org.jpg
すると入りやすそうな緑色のお店の 咲咲(さくさく)
ふらふら歩いてきたので、随分遠く感じましたが、
福山駅から南東へ徒歩8分の意外と近くにあります。

FukuyamaSakusaku_003_org.jpg
店頭にメニューがあるので安心して突入!

FukuyamaSakusaku_004_org.jpg FukuyamaSakusaku_007_org.jpg
テーブル2卓、カウンター3席の奥に長いお店で
有吉弘行のおしい!広島県 と コテ がいっぱい。

FukuyamaSakusaku_005_org.jpg FukuyamaSakusaku_006_org.jpg
なんと 広島焼 だけじゃなくて、大阪焼・神戸焼 まであります。
大阪焼はいいとして神戸焼って何?
カリッとサクサクふわふわ、出汁の香りが 大阪焼
ふわっとしてとろとろもちもちが 神戸焼 らしい。

食べてみんと違いがわからんなぁ、とは思いますが
広島に来て神戸焼を頼むのもなんか納得できないので却下。

FukuyamaSakusaku_008_org.jpg
冬に広島にやってきたので、カキバター

FukuyamaSakusaku_009_org.jpg
バターの風味に包まれながらプリッとウマ~い!

FukuyamaSakusaku_010_org.jpg
そして、広島焼の 肉玉・そば入

紅ショウガ・青ネギ・天かすと色の三原色のようで
このまま食べてみると、ソースが甘~い!!

FukuyamaSakusaku_011_org.jpg
鰹節・青海苔・マヨネーズ・七味をかけて好みの味にして
食べても食べても そば でおかしいなぁと思ってたら
大量の蒸されて甘いキャベツが登場して広島焼の醍醐味に到達して、今夜も腹いっぱい!

じゃあ、次は神戸で神戸焼きを食べてみましょう!・・・あるのかなぁ?
関連記事
[ 2014/12/08 21:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(8)

日本三大酒どころ の伏見で 酒粕らーめん/玄屋(京都:伏見桃山)

先日のランチは 玄屋(げんや) です。
京阪本線「伏見桃山駅」から北西へ徒歩7分の伏見区役所の少し南にあります。

FushimiGenya_008_org.jpg FushimiGenya_003_org.jpg
酒蔵をイメージしたような真っ黒な店内で、L字型カウンター8席ぐらいと
テーブルが4卓あり、ここから南へ9分ほど歩くと寺田屋あるので、龍馬もいます。

FushimiGenya_002_org.jpg
何故か、先頭には醤油拉麺
こっちの方が自信があるのだろうか?って思ったりしたけど・・・

FushimiGenya_004_org.jpg
やっぱり、酒粕拉麺

ぷ~んと酒粕のいい香り~
ちなみに、私は下戸ですけど粕汁は好きです。

FushimiGenya_005_org.jpg
大根のツマと薄揚げと和風の具材
そして、チャーシューはペラペラですけど多め

FushimiGenya_006_org.jpg
細麺がどっさり入っていて、口当たりはやさしい
これはなかなかイケてます!

でも、うーん、ちょっと締まらないので

FushimiGenya_007_org.jpg
七味、胡麻を入れて、ちょっといい感じに・・・
いつもは入れないですけど、コショウも入れて、更に良く・・・

あとは、ニンニクを投入すれば、もっと良くなるはず・・・
実は、この後お客さんを迎えに行って一緒にクルマで移動するので
そうすると密室ニンニク地獄を味あわせてしまうという悪夢。
もちろん、涙をのんで撤退。

FushimiGenya_001_org.jpg FushimiGenya_000_org.jpg
ラーメンを食べたのに、ギトギトしない後味は嬉しいんですけど
きっと、辛味酒粕拉麺にして、ニンニクを投入すれば
もっと私好みになりそうな粕汁じゃなくて酒粕ラーメンでした。
関連記事
[ 2014/12/07 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

ボリュームも辛さも満点の創作韓国料理/百杏(大阪:西成,聖天坂)

先日のディナーは 創作韓国料理 百杏(ももあん) です。

阪堺線「聖天坂駅」から西へ徒歩2分のところにあり、
「岸里駅」・「天下茶屋駅」からでも徒歩7分でいけます。

ShotensakaMomoan_002_org.jpg ShotensakaMomoan_011_org.jpg
1F・2Fとあって、個室だけでなく大きな広間もあります。
ランチは500円~、夜でもリーズナブルな定食などがあって
メニューからじっくり選びたいところですが、クーポンでやってきました。

ShotensakaMomoan_005_org.jpg
まずは、初めて聞くそして食べる トルネンビラーメン

トルネンビとは石鍋のことだそうで、うどん or ラーメン、
辛さも調節できるようですが、何も言わなければラーメンに。

ShotensakaMomoan_006_org.jpg
メチャクチャ辛そうに見えますが、甘めの味噌に少しの辛さでこれがなかなかイケます!

辛そうに見えて実は辛くない感じが東三国の 耽羅(たんら) のヘジャンクを思い出します。

ShotensakaMomoan_003_org.jpg
続いてドーンと キムチ鍋

もやし・薄揚げが別皿で、火を通す前とはいえボリュームが
凄まじいんですけど、1人前みたいです。

ShotensakaMomoan_004_org.jpg
グツグツ煮込んで

ShotensakaMomoan_009_org.jpg
もやし・薄揚げを投入して完成!

美味しいんですけど辛いのなんの!当然、娘はギブアップ!
奥さんと二人で汗をかきながら、食べても食べても減らず・・・
トルネンビのスープと混ぜて辛さを緩和させてなんとか食べ切れます!

ShotensakaMomoan_007_org.jpg
定番の 石焼ビビンバ

ShotensakaMomoan_010_org.jpg
自分で混ぜ混ぜして、コチュジャン足して、辛さを調節できるので安心。
もちろん想像通りに美味しく、ワカメスープがまたいい!

ShotensakaMomoan_008_org.jpg
最後は、お皿いっぱいに大きな ニラチヂミ

ShotensakaMomoan_001_org.jpg ShotensakaMomoan_000_org.jpg
キムチ鍋の辛さにはまいりましたが、辛さを調節して頼めば
夜でもお得に韓国料理を楽しめそうなお店でした。
関連記事
[ 2014/12/06 21:00 ] お食事処 韓国 | TB(0) | CM(0)

隠れ家のようなお店で 『なた』 と言えば 『ロースとんかつ』/もり一(京都:烏丸御池)

KarasumaOikeMori1_000.jpg
ココは衣棚通り。
この一角だけ急に細くなり、静かなこの通りには何も無さそうなので
わざわざ通る必要もないですが、南へ歩いてみると

KarasumaOikeMori1_001.jpg
いきなり現れる もり一 でランチです。
地下鉄「烏丸御池駅」からだと徒歩7分のところにあります。

KarasumaOikeMori1_002.jpg
流行っているのか、流行っていないのかわからないガラスケース

KarasumaOikeMori1_005_org.jpg KarasumaOikeMori1_004_org.jpg
古いというより落ち着いた店内は、テーブル6卓、カウンター9席で
デジアナ変換されたテレビで放送されているのは ひるおび!
ちょっと早かったので1番のり。

KarasumaOikeMori1_003.jpg
棒・なた・おちょぼ・一本槍・はだか道中・・・
下に一般名が書かれていないと何が何やらわかりませんが、
メニュー通りに
「なた、お願いします」
すると、女性が主人に向かって
「ロース、ひとつ」

折角 なた って言ったのに ロース に言い直すなんてぇ!

とツッコみも、パチパチと揚がる音やサクサクと切る音が聞こえて・・・

KarasumaOikeMori1_006_org.jpg
なた こと ロースかつ

KarasumaOikeMori1_007_org.jpg
結構大き目で、噛むとサクサクして、甘い脂身

KarasumaOikeMori1_009_org.jpg
壺に入ったソースとカラシを付けて、ごはんと一緒にがっつきます。
やっぱり、とんかつは脂身のあるロースじゃないと!

KarasumaOikeMori1_008_org.jpg
そして、意外と目立つキャベツの山
これが瑞々しくて、ボリュームもあるので、とんかつを食べてもあっさりした食後。

こんな目立たない場所なのに、日本語を喋られない外国人が一人でやってきて、
ご主人が日本語だけで対応して、あまり伝わらなくて、結局、「ロースでいいよね、OK?」
関連記事
[ 2014/12/05 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

【紅葉狩り2014③】名物!三田牛すきやきパン/パンプキン(兵庫:三田)

花山院で紅葉狩り をした後、神戸三田プレミアム・アウトレットイオンモール神戸北
プラプラと過ごし、あとは帰るだけなので、その前に パンプキン本店 でおやつです。

神戸電鉄三田線「横山駅」から北へ徒歩9分のところにあります。

SandaPumpkin_001_org.jpg SandaPumpkin_002_org.jpg
広い駐車場はほぼいっぱいで、入り口から左に行けば
たくさんのパンが並ぶコーナー、そして右へ行けば

SandaPumpkin_007_org.jpg SandaPumpkin_008_org.jpg
テラス席も含めて約30席あるイートインコーナー
(たまたま誰も居ないときに写したんで、その後お客さんで埋まってます)

SandaPumpkin_003_org.jpg
休憩で寄ったので、3人でパン2個
子どものオレンジジュースは無料です。

SandaPumpkin_005_org.jpg
残り2個だった 三田牛すきやきパン

ちょうど がっちりマンデー!! で 日本全国ご当地パン祭り というイベントの
紹介をしていて、2014年の第五回では5位にランキングされたそうです。

SandaPumpkin_006_org.jpg
胡麻がたっぷりついたパンを開くと すき焼き

すき焼きっぽいではなく、タマゴにからめたくなるような
玉ねぎ・ゴボウ・糸こんにゃくの入った
すき焼き ですや~ん!パンに合いますや~ん!

SandaPumpkin_004_org.jpg
もう1つ買ったのが あんバターフランス

あっさりした餡子だけなら普通に美味しいだけですけど
バターと一緒に食べるとメチャうま~!

SandaPumpkin_000_org.jpg SandaPumpkin_009_org.jpg
名物以外も美味しそうなパンが多いのでランチでもお邪魔したいようなお店でした。
関連記事
[ 2014/12/04 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(2)

【紅葉狩り2014②】幸福の七地蔵のいる花山院で紅葉狩り(兵庫:三田)

木器亭(こうずきてい) でランチをした後、今回のメインの場所に行くんですが
県道49号線から標識通りに進むと、急な登り坂!これがまた長い!
歩く人もいるようで所々に休憩のためにベンチもおいてあったりします。

SandaKazanin_000_org.jpg
ということで山上にあるのが 花山院(かざんいん)
正式には、花山院菩提寺 というらしい。

ちなみに拝観無料ですが、参道維持ご協力費(つまり駐車場代)として
500円必要です。この山門前に担当者がいらっしゃいました。

SandaKazanin_001_org.jpg
山門をくぐると、パーッと色鮮やかになり

SandaKazanin_002_org2.jpg
階段ではお地蔵様がお出迎え

SandaKazanin_003_org.jpg
階段を上がっていきますと

SandaKazanin_004_org.jpg
真っ赤っかぁ~!

SandaKazanin_005_org.jpg
弘法大師像と一緒に

SandaKazanin_006_org.jpg
大雨の降る前日だったのでタイミングよくいい日でしたぁ。

SandaKazanin_007_org.jpg
標高400mもあるので、下界を見下ろすことができ
左の山が 有馬富士、右の湖が 千丈寺湖

SandaKazanin_008_org.jpg
境内には 幸福(しあわせ)の七地蔵 がいらっしゃいまして
左から祖父(舅)、祖母(姑)、父(夫)、母(妻)、子供、結び、賢者地蔵
と呼ばれて、お地蔵さまの手を握って「仲良くお願いします」と自分の役割を
全うできるようにお頼みするそうなので・・・

SandaKazanin_009_org.jpg
何人かと握手をして、最後に奥さんと娘は賢者地蔵と仲良くなりました。

SandaKazanin_010_org.jpg
そこそこ観光客も来ていて、五月蠅過ぎず、静か過ぎずに、ゆっくりできるスポットでした。
せっかく、ここまで来たので 神戸三田プレミアム・アウトレット でお買物して、
ちょっと休憩のために パン屋さんですき焼き を食べに行きます。
関連記事
[ 2014/12/03 21:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(0)

【紅葉狩り2014①】三田の山奥でブリのお造り定食 と カキフライ/木器亭(兵庫:三田)

一週間ほど前に三田の 花山院(かざんいん) に紅葉狩りに行ってきました。

SandaKouzukitei_004_org.jpg
猪名川町の方からな~んにもない山道を通っていくと、

SandaKouzukitei_001_org.jpg SandaKouzukitei_003_org.jpg
突然現れたような、木器亭(こうずきてい) でまずはランチです。

SandaKouzukitei_002_org.jpg SandaKouzukitei_011_org.jpg
カウンター6席、テーブル14席、入り口にテラス席っぽいテーブル
別に宴会場もあるようで、情報によると11時30分~営業らしいのですが
11時過ぎに着いてしまったので、行ってみると運よく開いてましたぁ!

どうやら仕出しを中心に営業されていて、仕出しの混み具合によっては
営業時間が変わることもあるそうです。

SandaKouzukitei_000_org.jpg
さぁ!どれもこれも美味しそうじゃないですかぁ!
選ぶだけでも30分ぐらいかかってしまいそうになります。

SandaKouzukitei_008_org.jpg
今の季節はコレかなぁと愛媛県産の ブリのお造り定食

ご飯・味噌汁・サラダ・小鉢・漬物・デザート と皿数多い~

SandaKouzukitei_010_org.jpg
食べる前から感想を言ってしまいそうになる分厚さ
もちろん、そう!ウマーい!

SandaKouzukitei_006_org.jpg
奥さんの タイ・ハモ・サーモン・イカ・エビの ミックスフライ定食

SandaKouzukitei_007_org.jpg
娘の いくらとサーモンの親子丼

SandaKouzukitei_005_org.jpg
あまりにもピカピカできれいなのでアップのサービスショット!

SandaKouzukitei_009_org.jpg
やっぱり冬なんで 伊勢産の カキフライ を単品で頼んでみんなでシェア

まさかこんな山奥で美味しい海の幸に出会えるとは思いませんでしたぁ!!!

満腹になったので、西へもう少し走って 花山院(かざんいん) に行きます。
関連記事
[ 2014/12/02 21:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)