FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2014年08月
月別アーカイブ  [ 2014年08月 ] 

≪ 前月 |  2014年08月  | 翌月 ≫

福で満たされる中華ビストロ で とりの唐揚げ香味ソース/福満屋(大阪:谷町四丁目)

先日のランチは 中華ビストロ 福満屋 です。

地下鉄「谷町四丁目駅」から西へ徒歩6分の本町通りの1本北の通りにあり、
斜め前には 紅茶の美味しい 森のらくだ、更に西にはカレーの バビルの塔 があります。

Tani4Fukumitsuya_003_org.jpg Tani4Fukumitsuya_002_org.jpg
手前にはカウンター7席、奥にはテーブル6席あり
ガッシリしたお兄さんが一人でされているようで
意外にも優しい声で「いらっしゃいませ~」と。

Tani4Fukumitsuya_001_org.jpg
ランチメニューはひとつだけ。
だから、「いらっしゃいませ~」と 水、お手拭き は
すぐに出てきますが、注文のやり取りはありません。
(悪い意味ではなく、必要ないのでって感じです)

でも、オープンキッチンなんで、二度揚げしてるわぁ
とか思いながら、料理している姿を楽しむことはできます。

Tani4Fukumitsuya_004_org.jpg
唯一のランチメニューで ご飯・スープ・小鉢・漬物 がついた とりの唐揚げ香味ソース

Tani4Fukumitsuya_005_org.jpg
こんなビジュアルを見せられたら、食べる前に
「美味しい!」って言ってしまうでしょう!

Tani4Fukumitsuya_006_org.jpg
柔らかくて、アツアツで、やや酸っぱいソースが
タマラなくて、やっぱり、美味しい~!

Tani4Fukumitsuya_007_org.jpg Tani4Fukumitsuya_000_org.jpg
ココは当たり!ですね。
夜に是非いってみたい!
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/08/31 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(4)

自然をいかした家具・雑貨カフェでカルボナーラ&チョコレートパフェ/MOKU(大阪:堺,深井)

先日のディナーは CAFE & LIFE STYLE MOKU(モク) です。
泉北高速「深井駅」から南へクルマで7分 または
南海高野線「北野田駅」から西へクルマで10分のところにあります。

SakaiMoku_200_org.jpg SakaiMoku_203_org.jpg
入口にはウッドデッキ、道路に面している側は一面ガラス張りなので
自然の光が入り込む開放的なカフェです。

SakaiMoku_202_org.jpg SakaiMoku_201_org.jpg
前々回はおやつタイムで ワッフル 、前回はランチで チャバタサンド を食べ
今回は、サラダ・パスタ・パフェ・デザートの ついたクーポンでやって来ました。
(ちなみに、すべて・・・クーポンです)

SakaiMoku_204_org.jpg
まずは、パストラミとチーズのミモザ風シーザーサラダ

パストラミとチェダーチーズが入っている上に、刻んだ茹でタマゴが
いっぱい散りばめられてるのでちょっと贅沢なサラダです。

選べるドリンクは コーラ

SakaiMoku_205_org.jpg
野菜たっぷりのミネスト風 と カルボナーラ が選べますが
こういう場合、我が家は決まって全員、カルボナーラ

なんか久しぶりに王道のカルボナーラを食べたので安心できる美味しさです。

SakaiMoku_206_org.jpg
最後は、チョコレートパフェ

MOKUクッキーにバニラアイス・チョコアイス、クルミと生クリーム、
そして底にはブラウニとこのカフェにピッタリなデザートです。

奥さんと娘は奥に写ってる マンゴーパフェ

SakaiMoku_208_org.jpg SakaiMoku_207_org.jpg
食後はお店の思惑通り、店内を散策して帰りました。

☆今までの「MOKU」☆
 ・プレーンワッフル
 ・グリルチキンサンド
関連記事
[ 2014/08/30 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

【ロス&ベガス旅行記⑲】格安グランドキャニオン・ツアー③(感動編)

バスに乗って6時間・・・(ホテルを出発してからだと7時間30分)

13時50分 グランドキャニオン国立公園の料金所

GrandCanyon3_000_org.jpg GrandCanyon3_001_org.jpg
料金所を入るとすぐのところで鹿が
「ようこそ、グランドキャニオンへ」

GrandCanyon3_002_org.jpg
14時00分 マーサポイント(Mather Point) 近くの駐車場に到着

ここで人生の大きな選択があります。

ココから 2.1マイル(約3.4km)先にある
ブライト・エンジェル・ロッジ(Bright Angel Lodge) まで
歩くか?または バスか?
歩くと 絶景ビューポイント があるらしい。
(事情がない限りはバスで移動の人はいないみたい)

しかし問題があり、地図が示されていないので
右に行けばいいのか左に行けばいいのかわからない。

ドライバーのおじさんに聞くと、行程書のBright Angel Lodgeに
○を付けてくれ、16時30分と書いてくれました。

でも、ブライト・エンジェル・ロッジはどこにあるんやろう?
どっちに行けばいいのかわからんけど、皆と同じ方向に歩いて行くと

GrandCanyon3_003_org.jpg
世界遺産 グランドキャニオン

GrandCanyon3_004_org.jpg
どこまでも グランドキャニオン

GrandCanyon3_016_org.jpg
左端に人間が蟻のような大きさで写っているのがわかりますか?

GrandCanyon3_006_org.jpg
途中に地図があり、Bright Angel Lodgeもありました!
茶色のルートを西へ西へ歩けばいいみたい!

GrandCanyon3_007_org.jpg
あんな先まで歩けます!

GrandCanyon3_009_org.jpg
絶景すぎるでしょ!

GrandCanyon3_010_org.jpg
割れ目にズーム!

GrandCanyon3_012_org.jpg
1番上の層でさえも2億7000万年も前だそうです!
カイバブ(Kaibab)石灰岩層という名前みたい。

GrandCanyon3_011_org2.jpg
あまり見惚れて写真ばかり撮っていると、
時間がなくなってくるので、後半はちょっと急いで。

GrandCanyon3_013_org.jpg
この景色が見えればほぼゴール
コレはお土産物屋さん

GrandCanyon_Route2_org.jpg
<↑クリックすると拡大します>
旅レコ(GPSLOG) で記録した実際の徒歩ルート

無事、16時30分までに到着したけど
やっぱり遅れる人もいたりして、 16時45分 に出発。

GrandCanyon3_014_org.jpg GrandCanyon3_015_org.jpg
帰りの上映は、ジョニー・デップ の ローン・レンジャー(The Lone Ranger)
浅野忠信も出演していた バトルシップ(Battleship)

19時30分 キングマンの カールス・ジュニア(Carl's Jr.) で30分休憩
ホテルに帰るのは遅くなることは分かっているので、
仕方なくハンバーガーを食べるとこれがメチャウマ!

22時00分 ラスベガスに到着。
ここで最後の難関。ホテルに送迎してくれるのだろうか?

ハードロックホテル → ベラージオ → TI-トレジャーアイランド
とまわって次々とお客さんが降りていきます。
どうやら各バスはホテルごとにお客さんを振り分けていたようです。

で、 22時30分 ホテルに到着し、お土産にトランプをもらいました。
(チップも忘れずに!)

ということで英語がわからなくても、何とかなって感動できるツアーでした。
GrandCanyon_Data_org.jpg
 旅レコ(GPSLOG) による
 走行データによると

 所要時間:14時間49分
 移動距離:919.1km

 つまり、1日で東京~大阪をバスで往復した
 ことになります。

 グランドキャニオンの標高は約2,100m

 そして意外にもバスはハイウェイを
 120km/hで走っていたようです。

 すべてのルートは コチラ になります。


** ** ** ** **
翌日、ラスベガス → シアトル → 成田 → 羽田 → 関空
と乗り継いで23時に帰宅し、
さらに翌朝、夢と現実の見極めがつかないまま出社するお父さんでした。

これで 大長編のロサンゼルス&ラスベガス旅行記 はおしまいで~す。
明日からは、いつもの日本ネタで~す!
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑱】格安グランドキャニオン・ツアー②(道中編)

バスに乗ってしまえば、もう安心です。
GrandCanyon2_001_org.jpg GrandCanyon2_000_org.jpg
各座席には AC電源 もあり、バス内には 無料WiFi もあります。

シートには ツアー行程書(・・・もちろん英語で) が置いてあり、

◎ どこどこで何分休憩します。
◎ グランドキャニオンに着いたら2.1マイル(約3.4km)歩けます。
◎ 格安ツアーにはチップ代が含まれていないので、帰るときに、
 ドライバーに一人につき、10~12ドル渡してください。

と、これがあるだけでかなり安心できます。

モニターには フーバーダム (Hoover Dam) の紹介DVDが流れ
8時30分 検問所にてセキュリティチェックがあります。
(係員がバスに乗り込んできますが、おとなしく座ってるだけ)

GrandCanyon2_002_org.jpg
フーバーダムに着いたころに、ドライバーのおじさんが運転しながらガイドを始めます。
何を言っているのかはわかりませんが、ウマい喋り方なのはわかります。

GrandCanyon2_003_org.jpg
中学の地理で習った
ルーズベルト大統領 ・ ニューディール政策 ・ フーバーダム
がコレです!

GrandCanyon2_004_org.jpg
8時40分 フーバーダムが一望できる場所で15分のトイレ休憩。
(ちなみに、超~汚いトイレです)

GrandCanyon2_005_org.jpg
次は、ラスベガスの歴史DVDが流れて
10時00分 キングマン(Kingman) で15分の休憩です。

GrandCanyon2_006_org.jpg GrandCanyon2_007_org.jpg
いかにもアメリカらしい雰囲気のお店で周りもアメリカらしく何もありません。

GrandCanyon2_008_org.jpg
次は、先日亡くなられた ロビン・ウィリアムズ の観たことない映画が始まり
WiFiに繋いでタイトルを調べると、『 RV 』 というらしい。
あらすじを読むとコメディー映画らしいので、映像だけでも充分楽しめます。

GrandCanyon2_009_org.jpg GrandCanyon2_010_org.jpg
12時5分 ウィリアムズ(Williams) で45分の短いランチです。
だから、ロビン・ウィリアムズの映画だったのか?

やっぱりツアー客には日本人はほとんどいないみたいです。

入口で絵葉書をもらって、人数を告げると、テーブルを指定されバフェなのでサッサと取りに行きます。
ソフトドリンクは店員さんがテーブルをまわって注文をとってくれます。

GrandCanyon2_011_org.jpg
あまり期待してなかったんですけど、意外と美味しいんです。
他にもサラダやアイスクリーム・アップルパイとかもあったりして
バスでのおやつ用にビスケットをガメときました。

GrandCanyon2_012_org.jpg
線路沿いの街なので機関車もあったり。

で、定刻出発。

どうやら毎度定刻出発できているので
「みんなが時間を守ってくれるから、時間通り出発だぜぇ~」
「イエ~ィ!」
みたいなやりとりをドライバーとお客さんで出発ごとにやっているみたい。

GrandCanyon2_013_org.jpg
ココは突如現れた田舎の都会って感じで

GrandCanyon2_014_org.jpg
ドライバーのおじさんが何度も何度も 「Route66」 と言って

GrandCanyon2_015_org.jpg
お客さんたちも「Route66(ルート66)」と合唱してました。

連呼するのが気になったので、調べてみると超有名な道路だそうで
パサディナ も通って、終点は サンタモニカ とは・・・今回の旅に縁がありました。

ここから グランドキャニオンのDVDが始まり、いよいよ近づいてきたようです。

IOデータの 旅レコ(GPSLOG) を持って行って記録してみました。
コレが全行程(移動距離:919km, 所要時間:14時間50分)になります。

<↓クリックすると拡大します>
GrandCanyon_Route1_org.jpg

次は、旅行最後のネタで 格安グランドキャニオン・ツアー③(感動編) です。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑰】格安グランドキャニオン・ツアー①(申込編)

『 プロジェクトX 』 のオープニングのように

これは、英語もままならない親子3人が格安に世界遺産のグランドキャニオンを
観たいという大いなる野望を実現させるための、不安と感動の物語である。

♪ 風の中のすばる、砂の中の銀河・・・
(中島みゆき「地上の星」)


ということで旅行の最後のイベントは
グランドキャニオン・サウスリム・バスツアー です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆ 数週間前 ◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

日本のオプショナルツアーで頼むと、『サウスリム』へはバスだと
150ドル~200ドルかかるので、もっと安いツアーはないのだろうかと調べてみると

http://grandcanyontourcompany.com/

コチラのツアーだとなんと 79.99ドル!
しかも、朝食・ドリンク・昼食 が付いて バスにはWiFi まであるという。

安いモノには裏があるはず、と更に調べると、評判は悪くなく
日本人ガイドが付かない 英語のツアー ということらしい。

実は、10年程前にもグランドキャニオンに行ったことがあって、そのときには
何も考えていなかったので、日本の旅行代理店に頼み、もちろん日本人ガイド付き。

でも記憶に残っているのは、「ココで休憩です。何時までに帰ってきてください」
という案内だけなので、日本語ガイドは必要ないのじゃないだろうか?

きっと団体行動だから、他の人と同じように行動していれば何とかなるだろう!
とポジティブに考えて

早速ネットで 日程・人数・滞在ホテルを記入して申し込むと、
自動で受け付けメールが届き、
メールには 『 48時間以内に e-Ticket を送ります 』

48時間経ちました。
・・・でも、来ない
アメリカだからなのか?
ホントは受け付けられてないのでは?

GrandCanyon1_004_org.jpg
不安になってた頃(実際には申し込んでから60時間後ぐらい)に
費用と待ち合わせ場所が書かれた e-Ticket がメールで届きました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆ ツアー の前日 (つまり、ラスベガスのホテルめぐり をした日) ◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私たちが泊まったホテルは大手チェーンで名前がメチャクチャ長い。
だからなのか e-Ticket の待ち合わせ場所は、
このホテル名っぽい名前だけど微妙に違うような・・・
もし大阪なら、帝国ホテル大阪大阪帝国ホテル は全く違うので。

でも確認しないといけない!
こんなときは昨日助けてもらったコンシェルジュに聞いてみよう!
この日の担当は、ふくよかなお姉さん。

またもやカタコトの英語で e-Ticket を見せながら、聞いてみると
お姉さんも、コレがどこの場所を指しているのかわからない様子。

すると、ピッポッパッ とツアー会社に電話して確認。
「このホテルのフロントでいいよ」と、ひと安心。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆ ツアー当日 ◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

6時25分 に玄関でピックアップの予定なので10分前から待つことに。

どんなクルマでくるのか?
クルマのサイドにツアー会社名とか書いてるのか?

いろんなクルマが入ってくるけど、全部違う感じ。
6時25分を過ぎても来ない。
見逃したのか?
場所が違うのか?

GrandCanyon1_002_org.jpg
とまたまた不安になった 6時35分、それっぽいバンが到着し
紙を持ったオジサンが降りてきたので、近づいて名前を告げると
「乗って」

これでもう大丈夫!

GrandCanyon1_000_org.jpg
アチコチのホテルでお客さんをピックアップして、
どこに連れて行かれるんだろうと思っていたら、
ミラクル・マイル・ショップス(Miracle Mile Shops) の地下駐車場。

クルマを降りると「急いで受付しろ~」と誘導係のおじさん。
受け付けで名前を告げると、胸に貼る数字の書いたシールをくれます。

今回は5台のバスツアーで、バスごとにシールの色と数字が違うので
同じ色のシールの人を見つければ、迷ってもなんとかなりそうです。

GrandCanyon1_003_org.jpg
パン1個、コーヒー、水を受け取って、自分の番号のバスに乗車

GrandCanyon1_001_org.jpg
ただいま 7時45分、いざ!しゅっぱ~つ!

次は、格安グランドキャニオン・ツアー②(道中編) です。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑯】ラスベガス でのバフェは ミラージュで/クレイビングス

ラスベガスに来たのなら、1回はバフェを食べないといけない!
(・・・決まっているわけではないですけど)

MirageCravings_000_org.jpg
ということでやって来ました ミラージュ(Mirage)

MirageCravings_001_org2.jpg
ホテル内をグルグルと歩いて歩いて疲れた頃に
クレイビングス・バフェ(Cravings Buffet)

MirageCravings_002_org2.jpg MirageCravings_003_org2.jpg
ちょっと早い時間だったので、まだお客さんは少なめ。
ソフトドリンクだけでなく、ビール&ワインまで飲み放題なんです。
でも、下戸の私には関係ないですけど。

MirageCravings_004_org.jpg MirageCravings_005_org.jpg
各国の美味しそうな料理が並んでいて、特に目を引いたのがこの 肉・海老・蟹

MirageCravings_006_org.jpg
目の前で大きなローストビーフを切ってもらって
お寿司 と ラビオリ と ニラ饅頭?

英・日・伊・中の融合です。

お寿司は日本人としてクレームをいれたい・・・

MirageCravings_007_org2.jpg
ハッキリ言って、この1枚だけでお腹が膨れます。
でも、これで終わると意味がないので(・・・何の?)

MirageCravings_008_org.jpg
盛り付けは雑ですけど シュリンプカクテル

MirageCravings_009_org.jpg
更にプリン体攻撃で 2種類のカニ
ひとつはカニ酢で、もう一つはレモンを絞って
みたいなことを書いてたような・・・

MirageCravings_010_org.jpg
最後はデザートで、ティラミス・プリン・ナタデココ

さぁ、今からラスベガス夜の部スタートやぁ!

ミラージュの火山のショーやフリーモントに行くぞ!って
意気込んでたんですが、5日間旅行の疲れがピークに来てしまい

更に翌日は早朝からグランドキャニオン・ツアーがあるので
おとなしく、DEUCE(公営バス)でホテルに帰りました。

明日からは最後のネタ、グランドキャニオン です!
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑮】パリスのクレープ屋さんでランチ/ラ・クレープリー

ラスベガスのホテルめぐり をしている途中で、
パリス(Paris) に泊まっている義姉親子と合流しました。

ParisCreperie_000_org.jpg
部屋から見える エッフェル塔

ParisCreperie_001_org.jpg
眼下にはパリスのプール、向かいは ベラージオ(Bellagio) の噴水
夜の噴水ショーはメチャクチャ見応えがありそうです。

ParisCreperie_005_org.jpg
パリスと言えば、ル・ブルーバード(Le Boulevard) にある
ル・ビレッジ・バフェ(Le Village Buffet) が超人気ですが

ParisCreperie_002_org.jpg
その向かいにある ラ・クレープリー(La Creperie) でランチ
こちらも負けないぐらい結構な行列です。

ParisCreperie_004_org.jpg
二人のシェフが大忙し~!

ParisCreperie_003_org.jpg
7種類のデザート系 と 6種類のお食事系
ディナーはバフェの予定なので軽くしようということで、それぞれ1つずつ頼んでみました。

ParisCreperie_007_org.jpg
フレッシュ ベリー(Fresh Berry)
イチゴにブルーベリー・ブラックベリー で、フワッとモチッと、これは美味しい!

ParisCreperie_006_org.jpg
シュリンプ スカンピ(Shrimp Scampi)

ParisCreperie_008_org.jpg
なかは、エビにマッシュルーム・ホウレン草 で溢れていて、これもなかなか!

大味なアメリカ料理の連続だったので、胃袋もホッとしたようです。

次は、ラスベガスなんでディナーは ミラージュでバフェ です。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑭】公営バスに乗ってラスベガスのホテルめぐり

旅行5日目、ロサンゼルス から ラスベガス に移動してきました。

LasVegasHotel_015_org.jpg
この日は、ラスベガスの個性的なホテルめぐりをすることにしましたが
ラスベガスで一番高い ストラトスフィアタワー(STRATOSPHERE TOWER)
の近くで、中心地からはずれたカジノのないホテルに泊まっていたので、
公営バス(DEUCE/SDX) で移動することにしました。

しかし、大きなバス停であれば、お得な一日券の券売機があるのは調べましたが
券売機のない小さなバス停での買い方がわかりません。

そこで思い切って、ハリウッドスターのように格好いいコンシェルジュの
おじさんにカタコトの英語で聞いてみると流れるような動作で
雑誌をビリビリ破いて、路線地図で説明してくれ

「バス内で買って、1日券は8ドルで、子どもは無料」
「でも券売機は1ドル札しか受け付けないので注意してね」

私が10ドル札を財布から出すと、「両替はフロントでね」と。

LasVegasHotel_014_org.jpg
と無事通じたことに喜んで、各駅停車のデュース(DEUCE)に乗車して
1枚1枚券売機に1ドル札を通しますけど、お札を吸い込むスピードが遅い!
2人分だったので16枚をジーコジーコと。

LasVegasHotel_000_org.jpg
でまずは、一番南にある金ピカの マンダレイベイ(Mandalay Bay)

LasVegasHotel_002_org.jpg LasVegasHotel_001_org.jpg
ショッピングモールの中を通って、隣りのエジプト風の ルクソール(Luxor)

急激にお腹がすいてきたので、そこのフードコートで見つけた
ネイサンズ(Nathan's) の パンケーキ でモーニング

ホイップ、イチゴ、アップル風味のベーコンとトッピングして
フワフワでボリュームもあるんですんけど・・・味はそれなり

LasVegasHotel_003_org.jpg
で、外に出て ルクソール の スフィンクス と ピラミッド
(外から見ないとルクソールだと実感できないのも変ですけど)

LasVegasHotel_006_org.jpg
ルクソールから見ると面白味のない建物やなぁと無視していたけど
ニューフォーコーナーの交差点で振り返ってみると
ファンタジーな エクスカリバー(Excalibur)

LasVegasHotel_004_org.jpg
その交差点北西の自由の女神の
ニューヨークニューヨーク(New York-New York)
実は10年程前に泊まってます。

LasVegasHotel_005_org.jpg
北東には、ライオンの MGMグランド(MGM Grand)
奥さんは15年前に泊まっているらしい。

LasVegasHotel_007_org.jpg
ストリップを北上し、チョコレートの M & M's、コカ・コーラグッズなら
何でも揃う ワールド オブ コカ・コーラハードロック・カフェ と寄って

LasVegasHotel_008_org.jpg
ここまですると道頓堀のカニと変わらんなぁと思いながら
ハーレー・ダビッドソン・カフェ の前を通って

LasVegasHotel_009_org.jpg
義姉親子が泊まる パリス(Paris) に到着。
ここで合流し、パリスのクレープ屋さんでランチ して
ミラクル・マイル・ショップス(Miracle Mile Shops) をプラプラ。

LasVegasHotel_013_org.jpg
空気椅子で宙に浮くおじさん

LasVegasHotel_010_org.jpg LasVegasHotel_011_org.jpg
ベラージオ(Bellagio) の巨大な鳥が飛んで、ヒマワリが咲く温室 と
ロビーの天井に飾られた手吹きガラスでできた鮮やかな花々

LasVegasHotel_012_org.jpg
ベラージオと言えば、噴水のショー

残念ながら、ショーを観たのはコレだけなんです。

この後、ミラージュ(Mirage)のバフェでディナー をしたんですけど
旅行5日間を朝から夜まで遊びまわったので疲れがピークに来てしまい

ミラージュの火山ショー、
TI-トレジャーアイランド(Treasure Island) の海賊のショーも
ストラトスフィアタワーの夜景、
フリーモントストリート(Fremont Street) を観ずに
明日がまだあるので、ホテルに帰りました。

明日は、いよいよ グランドキャニオン なんですけど
その前に、パリスのランチ(クレープ)ミラージュのディナー(バフェ) の紹介です。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑬】緊急事態発生だけど腹は減るので カルツォーネ/ホールフーズ・マーケット

オールド・パサディナ(Old Pasadena) でショッピングをした後に

全米カレッジフットボールの会場の ローズボウル(Rose Bowl) に行くと
コンサート開催日だったようで、関係車両以外は近づけなかったので素通り

WholeFoods_000_org.jpg
次に、P&G(プロテクター&ギャンブル)の2代目社長の旧リタイヤメントハウスの
ギャンブルハウス(The Gamble House) に行くと、自由見学ではなく、
ツアーに参加しなければいけないようで、しかも時間が合わなかったので写真だけで。

WholeFoods_010_org.jpg
じゃあ、次の目的地のアウトレットの オンタリオミルズ(Ontario Mills)
カーナビにセットしようとすると、サムソンの GALAXY Note2 が起動しません!
LEDは点灯しているので、充電不足かと思ってしばらく待ってもダメ!

持ってきていたタブレットをWiFiで繋いで、ナビ代わりにしようとしても
GALAXY Note2 に電源入らへんかったら意味ないやん!
「何がデザリングできるよ、じゃあ~!!」

仕方がないので、近くのスターバックスに入って、電源とWiFiを借りて
回避策を調べてみると、同じような症状にハマる人も多いようで
答えは「ドコモショップに持って行こう!」

さぁ、どうしましょう?
土地勘のまったくないアメリカでカーナビがなくなりました。

幸いスマホが通話もWiFiが出来ない環境でもGPSだけは使えることがわかったので
ココから45分かかるオンタリオミルズ(Ontario Mills)に行くという冒険はやめて
予定より早いけど、ロサンゼルス空港に帰ってレンタカーを返そう!

でも、その前に奥さんがスーパーの
ホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market) に寄りたいと言うので、
WiFi環境のある店内で空港へ帰る通り道で一番近くの店舗を調べて・・・

WholeFoods_012_org.jpg
コチラの アローヨ(Arroyo)店 に到着。

WholeFoods_013_org.jpg
どうやら、こちらのお店のオリジナルの エコバッグ は、
かなり人気らしく、コレをお土産にしたかったそうで。

WholeFoods_011_org.jpg
2階へ上がるエスカレータにはナント!買い物カート専用レーンがあることにビックリ!

WholeFoods_003_org.jpg
2階の一部には クッチーナ(CUCINA)
石窯もあるみたいなんで、ついでにコチラでランチをすることに。

WholeFoods_004_org.jpg WholeFoods_002_org.jpg
ピザ に カルツォーネ、他にもいろいろ・・・

WholeFoods_001_org.jpg
こんな釜を見たら頼まないとイケないでしょう!

WholeFoods_005_org.jpg
焼きたてでないのは残念ですけど、オーブンで温めてくれて
ペペロニ&チーズのカルツォーネ(Pepperoni and Cheese Calzone)

WholeFoods_006_org.jpg
ネジリと焼き色が美味しそうです。

WholeFoods_007_org.jpg
当然ながら、ペペロニ&チーズ
具材はピザと同じですけど、形状が違うだけなのに美味しさも違うような?

WholeFoods_009_org.jpg
食べ進んで行くと、ペペロニだらけ!
さすがアメリカ!でもこんなに多いと塩辛~い!

WholeFoods_008_org.jpg
奥さんと娘はこんなところで とんこつラーメン
久しぶりの日本食に嬉しそうでした。

WholeFoods_014_org.jpg
この後、事故もなく、迷子にもならず空港までたどり着くことができました。

明日からは、いよいよ ラスベガス編 です。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑫】オールド・パサディナ で ショッピング

パサディナ・シティホール(Pasadena City Hall) から少し南にあるのが

OldPasadena_000_org.jpg
メインストリートの コロラド通り(Colorado Blvd.)
中心とした オールド・パサディナ(Old Pasadena)

OldPasadena_001_org.jpg
ちょっと時間が早かったので、開いているお店は少ないですが

OldPasadena_004_org.jpg
オシャレな雑貨屋さんなどで買い物をし

OldPasadena_005_org.jpg
こんなオシャレなところで朝ごはんを食べたいところですが
ホテルで食べたばっかりなので、雰囲気だけ味わって

OldPasadena_006_org.jpg
犬の散歩をしているだけなのに日本と何か違うなぁ~

OldPasadena_007_org.jpg
まるでヨーロッパの街角のようです。
(行ったことないですけど)

OldPasadena_002_org.jpg
サンタモニカ もいいけどココやったら住んでもええかぁ

OldPasadena_003_org.jpg
ハリウッドディズニーランドユニバーサル・スタジオ・ハリウッド
アメリカらしく賑やかでしたが、ココは静かというか穏やかです。

OldPasadena_008_org.jpg
高級アパートがあるショッピングモールの パセオ・コロラド(Paseo Colorado) にも寄って
次は、クルマで ローズボウル(Rose Bowl)、ギャンブルハウス(The Gamble House) と
向かうんですが、緊急事態 が発生してしまいます。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑪】どこから見ても美しいパサディナ・シティホール

アメリカ旅行4日目は、ロサンゼルスの北東に隣接する パサディナ(Pasadena) です。

PasadenaCityHall_000_org.jpg
パサディナのシンボルの パサディナ・シティホール(Pasadena City Hall)

PasadenaCityHall_004_org.jpg
1927年建造だそうなので、今年で87歳ですが、お元気そうです。

PasadenaCityHall_001_org.jpg
アメリカというよりヨーロッパの田舎のようです。

PasadenaCityHall_006_org.jpg
こんなにキレイのに入場無料なんです。

PasadenaCityHall_010_org.jpg
中庭にも入れます。

PasadenaCityHall_003_org.jpg
バラもチラホラ

PasadenaCityHall_009_org.jpg
ホントにどこから見ても美しい。
いつまでも見ていたい・・・

PasadenaCityHall_002_org.jpg
静寂な渡り廊下

PasadenaCityHall_011_org.jpg
ホールの天井

PasadenaCityHall_005_org.jpg
隣りの教会

PasadenaCityHall_007_org.jpg
カタツムリの噴水

PasadenaCityHall_008_org.jpg
亀にのるカエル

PasadenaCityHall_012_org.jpg
クルマだけでなく女性モデルの撮影をしている人も

PasadenaCityHall_013_org.jpg
黒人初のメジャーリーガー の ジャッキー・ロビンソン(Jackie Robinson) と
オリンピック陸上選手 の マシュー・ロビンソン(Matthew Robinson) 兄弟

次は、オールドパサディナ へ移動です。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑩】ユニバーサル・シティウォーク の ウエスタンレストラン/サドル ランチ チョップ ハウス

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド(USH) でのランチは
パーク内のお店は混んでいたので、ゲート前にある
サドル ランチ チョップ ハウス(Saddle Ranch Chop House)
・・・と言っても、既に15時ですけど。

USHSaddleRanch_000_org.jpg
壁から馬が飛び出していたり、馬車が走っていたり、ロデオマシンがあったりして、かなり目立つ外観で

USHSaddleRanch_002_org.jpg
店内はメチャクチャ広く、夜だとお酒で盛り上がりそうなウエスタンレストランです。

USHSaddleRanch_003_org.jpg
突出し?の スコーン と トウモロコシのケーキ
何人分ですか?って聞きたくなるぐらいバカみたいなボリューム!

USHSaddleRanch_006_org.jpg
エッグベネディクト(Classic Eggs Benedict)を頼むと
ランチタイムを過ぎているのでダメ!ということで
代わりに バーベキューチキンサンド(BBQ Chicken Sandwich)

USHSaddleRanch_007_org.jpg
チーズがとろけてチキンを覆い隠してしまって
十文字のカリカリベーコン

これに、フライドポテト に サラダ という組み合わせで
サンドイッチ というのか?と思ったら・・・

USHSaddleRanch_008_org.jpg
実は、バンズがボリュームある具材の下に隠れていて
組み合わせると ジューシーな ワイルドハンバーガー でした。

USHSaddleRanch_005_org.jpg
奥さんは ナチョス(Nachos)

USHSaddleRanch_004_org.jpg
娘は 何を誉めていいのかよくわからない マカロニとチーズ

USHSaddleRanch_001_org.jpg
シェアして食べると、昨日の ディズニーランドでのランチ
同じく腹いっぱいでディナーは必要なくなりました。

明日は、ロサンゼルスの北東にある パサディナ でゆっくり過ごす
はずだったんですけど、緊急事態が発生してしまいます。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑨】ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド にしかない スタジオ・ツアー

USHStudioTour_000_org.jpg
実は、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド(USH) で真っ先に向かったのが、
スタジオ・ツアー(Studio Tour) なんです。

人気アトラクションなので、暑い日に屋外に40分ほど並びましたが、
行列には霧吹き扇風機がアチコチにあるので、結構快適です。
USHStudioTour_001_org.jpg USHStudioTour_002_org.jpg
4両編成のトラムカーでしゅっぱーつ!
各車両にはモニターがあり、ツアーのガイドをしてくれます。(もちろん英語)
USHStudioTour_003_org.jpg
閑静な街並みのようですが、撮影用に作られたセット
USHStudioTour_004_org.jpg
洞窟に入って「3Dメガネをかけろ!」と言われると・・・
USHStudioTour_005_org.jpg
キングコングと恐竜が戦い出して
360度暴れまわって、バスも揺れまくりで凄い迫力です。
USHStudioTour_006_org.jpg
人影のない メキシカン・ビレッジ
USHStudioTour_007_org.jpg
すると、雨が降り出し
USHStudioTour_008_org.jpg
荒れた道に
USHStudioTour_009_org.jpg
水が溢れ
USHStudioTour_010_org.jpg
大水害!
USHStudioTour_011_org.jpg
サンフランシスコの地下鉄にいると
USHStudioTour_012_org.jpg
突然地震が起こり、天井が割れ
トレーラーが飛び込んできて、火の海になり
USHStudioTour_013_org.jpg
追い討ちをかえるように、大洪水!
USHStudioTour_014_org.jpg
ジョーズに襲われたり
USHStudioTour_015_org.jpg
飛行機が墜落した現場にでくわして
USHStudioTour_016_org.jpg
街は大惨事!!!

もう、こんなツイてない人生は嫌だぁ~!!

45分間のツアーは盛りだくさんで、遊園地に来たというより
映画の街に来たことを体感できるので、おススメです。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑧】ハリー・ポッター のいない ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド

アナハイムのディズニーランド へ行った翌日の
ロサンゼルス3日目は ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド(USH) です。

日本だと浦安の 東京ディズニーランド に行って、
次の日に、大阪の ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ) に行くようなもんです。

ちなみに、カリフォルニアの両テーマパーク間は約36マイル(約58km)です。
そして残念ながら、コチラには ハリー・ポッター はいないんです。

USH_000_org.jpg
駐車場から ユニバーサル・シティウォーク を抜けて

USH_001_org.jpg
コチラでも巨大な地球が回ってます!
初めてUSJでコレを見たことを思い出します。

USH_002_org.jpg
48インチ(約122センチ)より低ければ利用できるアトラクションが制限され入場料が安くなります
・・・といっても数ドルですけど。娘はギリギリ通常料金でした。

USH_003_org.jpg
映写技師の像が入口でお出迎え。映画の街(テーマパーク)に来たことを実感できます。

USH_004_org.jpg USH_005_org.jpg
マネキンのような ターミネーター と始まったばかりなのにお疲れっぽい ビートルジュース

USH_006_org.jpg USH_007_org.jpg
ユニバーサルズ・ハウス・オブ・ホラー(Universal's House of Horrors)

仮装したキャラクターが出てくるお化け屋敷なんですけど
入る前から絶叫が聞こえてきて、娘が怖がるので抱っこして入ろうとすると
係員が「自分で歩かないとダメ!」ということで、手を繋ぎながら入ると
最初のキャラクターで超大泣きしてしまい、途中退場してしまいました。

ブルース・ブラザース・ショー(The Blues Brothers Show)

盛り上がったショーから退場するときは、お客さんが花道を
つくってあげ、ジェイクとエルウッドが格好よく走り抜けます。

USH_008_org.jpg
浜ちゃん と 藤原紀香 じゃなくて
シュレックフィオナ姫

USH_009_org.jpg
USJで何回も見てるけど ウォーター・ワールド(WaterWorld)
なぜなら、アメリカ人のノリのよさが実感できそうだったので・・・

コチラは、『水がかかってもいい席』 なんてモノはなく
前座で3方向に分かれた観客席ごとに盛り上げ対決をやって、罰ゲームで水をかけられたり
遅れて入って来て、のんびり歩いているお客さんに容赦なく水をかけたりして、油断できません。

USH_010_org.jpg
極め付けは、「やーい、俺にかけてみろ!」と挑発しているラテン系のオジサンに
3人の役者さんが怒って(笑いながら)観客席まで駆け上がって来て、バケツの水をかけまくって大盛り上がり!

USH_011_org.jpg
ストーリーは ディーコン がゴルフをしたり、飛行機が飛び込んで来たりとUSJと同じですけど

USH_012_org.jpg
消防法なんて関係なく、爆発力がハンパない!

USH_013_org.jpg USH_014_org.jpg
ハリウッドの特殊効果の裏側が見られる
スペシャル・イフェクトステージ(Special Effects Stage)

コレは、お料理教室 ではなくて

公開処刑!もちろん血糊で包丁にも仕掛けがあるんですけど
娘は、今までドラマや映画の血はホンモノだと思い込んでいたようで
偽物だとわかって、少し安心できたみたいです。

他にも、トランスフォーマー ザ・ライド(Transformers: The Ride)
ザ・マミー・ミュージアム(Revenge of the Mummy) などもあったんですけど
待ち時間も長く、滞在できる時間も少ないので、諦めて帰りました。

この後、ロサンゼルスの夜景を一望するために、
グリフィス天文台(Griffith Observatory) に行ってみると、
駐車場は満車で、アディショナルパーキングという名の路上駐車も
とんでもない台数の縦列駐車だったので、おとなしくホテルに戻りました。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑦】ダウンタウンディズニーで四角い巨大ピザ/ネイプルズ

どうも遊び過ぎると時間の感覚がおかしくなって、お腹が空いたのが14時頃。

DisneyNaples_005_org.jpg
ランド内は混雑しているので、隣りにある ダウンタウンディズニー に移動です。

DisneyNaples_004_org.jpg
昨夜、サンタモニカ でイタリアンを食べ損なったので、ランチは
ネイプルズ・リストランテ&ピッツェリア(Naples Ristorante e Pizzeria)

DisneyNaples_001_org.jpg DisneyNaples_000_org.jpg
1階・2階ともに天井が高く、かなり開放的な店内で、
他のお客さんの席の横を通っているときに
見た大きくて丸いピザが美味しそうだったので注文。
腹ペコだったので、一番大きいヤツに!

DisneyNaples_006_org.jpg
まずは、パンオリーブオイル
これだけでもボリュームありますけど、まぁこれは序の口です。

そして・・・

DisneyNaples_007_org.jpg
ドドドドドドーーーーーーン!

なんじゃこりゃあ!こんなの見たことない!

どうりでウェートレスが「大丈夫か?」って言ってたのはこのことかぁ!

ちなみに、これは ポルペッテ(Polpette)

DisneyNaples_008_org.jpg
また追い討ちをかけるようにパルメザン・チーズをドバァーっと削ってくれ
ミートボール、ペッパー、オニオン、トマトソースにモッツァレラ
そりゃあ、美味しいです。
でも、先々を考えると気が重くなってしまうボリュームです。

DisneyNaples_002_org.jpg
子どもがいるテーブルには風船のお兄さんが回ってきてくれてリクエストで何でも作ってくれます。

DisneyNaples_003_org.jpg
娘は女王様のかんむり

この後、ランドに戻って、コレを被ったまま ミッキーと一緒に写真 を撮ったので、
ミッキーに「いいね、コレ!」って誉められたのが嬉しかったようです。

ちなみに、ピザは9割以上は食べてしまったので、夜ごはんが入る余地はありませんでした。

明日は、テーマパーク第二弾!
ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド へ レッツゴー!
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑥】アナハイム の ディズニーランド

レドンドビーチ を散歩 した後、アナハイム(Anaheim)へ移動して
旅行2日目は1日中 ディズニーランド で楽しみました。

ハリウッド では怖がる娘たちを無理矢理連れ回した後ろめたさもあったので
この日は「そんなの日本にもあるや~ん」と心で思いながら、
意見を尊重してあげることにしました。

ホントは カリフォルニア・アドベンチャー・パーク に行きたかったんですけど・・・

AnaheimDisneyland_000_org.jpg
まずは、ランドから離れたメチャクチャ広い駐車場に停めて
トイ・ストーリー・シャトルで移動です。
期待もあり不安もあるので、サニーサイド保育園(トイ・ストーリー3の舞台)に
連れて行かれる ウッディ や バズ たちの気分です。

AnaheimDisneyland_001_org.jpg
いきなりミッキーのベンチ

AnaheimDisneyland_002_org.jpg
今日も快晴!カラッとしているので真夏だけど気持ちいい!

AnaheimDisneyland_003_org.jpg
ウォルト・ディズニーミッキーマウス がお出迎え、なんか嬉しい気分です。
シンデレラ城ではなく、こちらは、眠れる森の美女の城 でちょっと小さめ。

AnaheimDisneyland_004_org.jpg AnaheimDisneyland_006_org.jpg
なんと!イッツ・ア・スモールワールド の乗車は屋外です。
でも、すぐに人形たちが踊り歌う屋内に入りますけど。

The Sword in the Stone(王様の剣) では誰もが
必死の形相で剣を何とか抜こうとしています。

AnaheimDisneyland_005_org.jpg
雪が積もっているような マッターホーン・ボブスレー
外からでも時々、山の中を走るコースターが走るのが見えます。

AnaheimDisneyland_007_org.jpg
ハンドベルみたいな楽器を使いながら、ディズニーメドレーのキレイなハーモニー

AnaheimDisneyland_008_org.jpg
ランチの後、ミッキーとパチリ!
ちなみに、娘の冠は ランチのピザのお店 で作ってくれた風船です。

AnaheimDisneyland_009_org.jpg
ジャングル・クルーズ のメチャクチャ色っぽいスキッパー
鼻から抜けるようなセクシーボイスで案内してくれます。

AnaheimDisneyland_012_org.jpg AnaheimDisneyland_013_org.jpg
喉が渇いたので、ドリンクを買おうとしたら、ちょっと休憩で変わったモノがあったので
デカい ピクルス
酸っぱすぎて、奥さんはひと口で断念してました。

AnaheimDisneyland_010_org.jpg AnaheimDisneyland_011_org.jpg
デイビークロケットのカヌー探検 (TDLだと ビーバーブラザーズのカヌー探険)

アメリカ人パワーなのか、あまりにも速く漕ぎすぎたみたいで
蒸気船マークト・ウェイン号 に追いついてしまいました。

もっと、ココにしかないアトラクションに乗りたかったのですが
娘たちにとっては、ベタな感じが嬉しかったようです。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記⑤】レドンドビーチで爽やかな朝のお散歩

RedondoBeach_007_org.jpg
私たちが1泊目にお世話になったホテルは ロサンゼルス空港から
クルマで南へ30分ほどの レドンドビーチ(Redondo Beach) の近くだったので、
朝ごはんをサッサと済ませてビーチまで散歩してみました。
RedondoBeach_002_org.jpg
多分こっちだろうとスマホのGPSを頼りに歩きつつも不安がっていたら
RedondoBeach_005_org.jpg
偶然にも、若々しいご高齢のレディたちがペチャクチャ喋って
ウォーキングをしていたので雰囲気的にきっと、
同じ目的に違いないと決めつけて、後をついていくことにしました。
RedondoBeach_004_org.jpg
ロサンゼルス近辺と言えど、さすがにこの辺りはクルマも少なく
RedondoBeach_003_org.jpg
青い空の下、排気ガスの少ない道を進み
RedondoBeach_006_org.jpg
たまに、横断歩道のない交差点をクルマが通り過ぎるのを待っていると
メチャクチャ怖そうなドライバーのお兄さんは親切に停まってくれ
RedondoBeach_000_org.jpg
散歩するのを嫌がっていた奥さんも娘も
この景色を観てしまうと、清々しい気分になり
RedondoBeach_001_org.jpg
「今日も一日、いい日になりそうや」と言いながら
ホテルへ戻って、2日目は ディズニーランド で遊びまくります。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記④】サンタモニカ・プレイス で中東料理の ケバブ/チャーリー・ケバブ

サンタモニカ・ピアを散策 した後、調べておいた イタリアン にでも行こうと思っていましたが、
旅行初日ではこれ以上歩けないという家族の空気を察してクルマを停めた
サンタモニカ・プレイス(Santa Monica Place) の3Fにあるフードコートでディナーです。

CharlieKabob_001_org.jpg
せっかくなので、あんまり食べたことのないようなお店を探して
見つけたのが チャーリー・ケバブ(CHARLIE KABOB)
並んでいる人を見てもわかるように、中東系のお店みたいです。
CharlieKabob_000_org.jpg CharlieKabob_002_org.jpg
注文が入るたびに、奥のコンロで串料理を焼いている様子が、なかなか興味をそそるので、早速注文。

CharlieKabob_003_org.jpg
チャーリー・スペシャル(Charlie Special)

CharlieKabob_004_org2.jpg
串焼きが2本あって
1本は 牛ヒレ だけ
もう1本は サーロイン と チキン が交互に並んでます。

ウォー、アメリカで肉食ってるぞぉ~って感じで美味しいです。
(中東料理やけど)

CharlieKabob_006_org.jpg
よく見る長粒米とはまた違った形のお米とトマトの丸焼き それに 野菜もタップリ
だから、肉!肉!肉!ではなく野菜中心のヘルシーな料理を食べているような気分になります。

CharlieKabob_005_org.jpg
「コレもいるか?」みたいな感じでくれたので多分オマケのピタパン

CharlieKabob_007_org.jpg
もちろん、包んで美味しく食べました。

「あぁ、初日から動き過ぎて、更に腹いっぱいでもう動けん」と思いながらも、
レンタカーを運転して、ホテルへ帰って長い一日目の終了です。

2日目は、レドンドビーチでの朝の散歩 からスタートです。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記③】夕暮れのサンタモニカ

ハリウッド を逃げ出すように後にして、次は サンタモニカ です。

SantaMonicaPier_001_org.jpg
ホントはもう少し早くきて、サードストリート・プロムナード をプラプラする予定だったのですが、
空港&レンタカー で大幅に時間が遅れてしまったので、着いたらすっかり夕暮れでした。

SantaMonicaPier_000_org.jpg
有名な サンタモニカ・ピア のゲートまでくると周りの観光客も
スッカリ雰囲気も変わって、娘たちはキレイな夕焼けを見て落ち着いてました。

SantaMonicaPier_002_org.jpg
真夏なのに、日が暮れると結構肌寒く

SantaMonicaPier_004_org.jpg
でも、泳いでいる人もいっぱいで

SantaMonicaPier_003_org.jpg
旅行初日で疲れ切っているので、華やかなパシフィック・パークで遊ばずに

SantaMonicaPier_005_org.jpg
レトロな遊具を見て、お土産を選んで、ただいま20時30分、ようや夕食 です。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記②】娘たちがビビッてしまったハリウッド

マリナ・デル・レイでランチ をした後に ハリウッド に行きました。
まずは、ハリウッド&ハイランドセンター に駐車して、

Hollywood_000_org.jpg
ドルビー・シアター(DOLBY THEATRE) からゆっくり見て回ろうとしたら、
娘と姪っ子が上半身裸や刺青だらけ、その他モロモロの
個性豊かな外国人(自分たちが外国人ですけど)に
完全にビビッてしまい、一刻でも早く立ち去りたいと言い出したけど、
ココまで来て、そのまま帰るわけにもいかないので、サラーっと流しました。

Hollywood_001_org.jpg
ウォーク・オブ・フェイムトム・クルーズ(TOM CRUISE)

Hollywood_004_org.jpg
象が雄叫びをあげているのが

Hollywood_005_org.jpg
ハリウッド&ハイランドセンター の中央広場

Hollywood_003_org.jpg
振り返ると オォーこれが ハリウッド・サイン

Hollywood_002_org.jpg
そして、ズーム!

Hollywood_008_org.jpg
次に チャイニーズ・シアター(Chinese Theater) に移動すると
誰もが下を向いて、いろんなスターの手形足形を探しています。
いっぱいありすぎて分からないので、人だかりのある場所に行くと

Hollywood_009_org.jpg
ハリー・ポッター の3人組で左から
エマ・ワトソン (ハーマイオニー・グレンジャー)
ダニエル・ラドクリフ (ハリー・ポッター)
ルパート・グリント (ロン・ウィーズリー)

Hollywood_010_org.jpg
ジャッキー・チェン(成龍)

Hollywood_006_org.jpg
コチラは移動中の マリリン・モンロー
おそらくプロだと思うので完成度は高く、娘たちも問題ないみたいです。

ちなみに、マイケル・ジャクソンと写真を撮ってもらいました。
はいチーズ!と同時に「フォー!」って叫んでました。

Hollywood_007_org.jpg
怪盗グルーミニオン
これは、まだマシな方で、ミッキーマウス や トランスフォーマー などは
某国のテーマパークに居そうで偽物感が強すぎて娘たちも気持ち悪がってました。

そして、中心地から東へ歩いて、だんだん怪しくなってきたところにあるのが

Hollywood_011_org.jpg
ハリウッド壁画

ハリウッドの雰囲気が、娘たちにはもう限界みたいで、
写真だけ撮って、サッサと サンタモニカ に向かいました。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記①】世界一のマリーナのマリナ・デル・レイでサンドイッチ/メンドシーノ・ファームズ

自宅を出発して約20時間。(成田からだと10時間)
ようやくロサンゼルス空港に到着。

MendocinoFarms_003_org.jpg
ところが、ロサンゼルス空港は大混雑で、税関を通るまでが1時間半。
到着ターミナルも小さな場所に変更されて、
メキシコからやってきた義姉親子と落ち合うのも一苦労したので、
無料Wifiがなければどうなっていたことか!?・・・恐ろしい!

MendocinoFarms_001_org.jpg MendocinoFarms_002_org.jpg
予約していたレンタカー会社も大混雑で、何とか借りられたのが飛行機が
着陸してから3時間半後。今回借りたのが7人乗りのトヨタのシエナ

ナビは係のおばちゃんが、日本への通話も60分できるし、WiFiのデザリングも出来るし、
イイよ!とおススメするので、サムソンの GALAXY Note2を借りることに。
(これが4日後に大惨事を招くことになるとは、知る由もなく)

MendocinoFarms_000_org.jpg
そんなこんなで予定より大幅に遅れて到着したのが、世界一のマリーナの マリナ・デル・レイ
ちょっと高台じゃないとマリーナを一望できる写真が撮れないので近くのモールの噴水。

MendocinoFarms_007_org.jpg MendocinoFarms_004_org.jpg
そして、この噴水の前にある メンドシーノ・ファームズ(Mendocino Farms)
かな~り遅いランチです。

MendocinoFarms_006_org.jpg MendocinoFarms_005_org.jpg
いわゆるサブウェイ(SUBWAY)のように基本のサンドイッチを頼んで追加トッピングをするようなお店です。

MendocinoFarms_008_org.jpg
これで大人3人、子ども2人分のサンドイッチ 3個 と 超デカいサラダ

MendocinoFarms_009_org.jpg
ポークのBBQサンドイッチ

MendocinoFarms_010_org.jpg
野菜だらけのサンドイッチ (正式名は忘れました)

MendocinoFarms_011_org.jpg
THE SANTA MONICA CHINESE CHICKEN SALAD

MendocinoFarms_012_org.jpg
トルティーヤが1枚だけついています。
でも、サラダのボリュームと全然合っていませんけど。
せっかくなので、包んでみました。

予想ではコッテリ!肉!肉!みたいだったんですけど
アメリカ一食目はヘルシーなランチになりました。

次は、北上して ハリウッド に向かいます。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記:プロローグ②】長崎産アジの青唐みそ和えだし茶漬け/だし茶漬け えん(千葉:成田空港)

自宅を6時に出発して、関空で BLUE SEALアイス を食べて、そこから
羽田→(京成スカイアクセス)→成田と乗り継いで荷物を預けて、

EnNarita_003_org.jpg EnNarita_004_org.jpg
ただいま13時、ようやく だし茶漬け えん 成田空港店 でランチです。

EnNarita_007_org.jpg
盛り付けがキレイで美味しそうな定番が9種類。

EnNarita_001_org.jpg EnNarita_002_org.jpg
更に、限定が2種類。
これは悩みます・・・そんなアナタにはハーフ&ハーフまであります。

EnNarita_005_org.jpg EnNarita_006_org.jpg
入って、左がストレートカウンター、右がU字カウンターで
出国前の日本食を楽しむお客さんでいっぱいです。

EnNarita_009_org.jpg
私と奥さんは 長崎産アジの青唐みそ和えだし茶漬け

ご飯は大盛り無料、出汁はおかわり自由 と
嬉しいシステムで、もちろん、ご飯は大盛り!

EnNarita_010_org.jpg
出汁は温・冷が選べて、私は 冷 にしたので予めお茶碗に出汁が
入っていますが、奥さんの 温 は急須から自分で注ぎます。

味噌で和えたアジに冷たい出汁
この組み合わせは最高でしょう!

EnNarita_011_org.jpg
もちろん、そうです!
もう少し味噌が濃くても嬉しいですけど。

EnNarita_012_org.jpg
ごま醤油の冷奴・ひじき・漬物 と
満腹とはいかなくても国外脱出前の食事としてはいい感じです。

EnNarita_008_org.jpg
娘の 刻み菜漬けのぶぶ

ご飯大盛りで食べ切れないだろうと思っていましたが
かなり美味しかったみたいで、完食してました。

EnNarita_000_org.jpg
家を出発して約10時間、ようやく日本を旅立ちます。

明日からは、本編のはじまりはじまり~!!
まずは、マリナ・デル・レイでのサンドイッチ のランチです。
関連記事

【ロス&ベガス旅行記:プロローグ①】バニラ&紅イモ ミックスソフト/BLUE SEAL(大阪:関西空港)

今年の夏旅行は、かな~り奮発しまして、ロサンゼルス&ラスベガスへ行ってきました。
しかし、予算や日程など考慮すると、自宅→関空→羽田→成田 と
小さな日本を脱出するまでに3つの空港を経由しなければならず・・・

BlueSealKanku_000_org.jpg
というこうことで、ある日の朝7時。関空にいます。

BlueSealKanku_001_org.jpg BlueSealKanku_002_org.jpg
特に目新しいお店がありませんが、コチラは 町家小路

朝ごはんはクルマの中でオニギリを食べて、まだ7時過ぎですけど、時間もあるので、もうデザートでも。

BlueSealKanku_004_org.jpg
沖縄のアイスクリーム屋さんの ブルーシール(BLUE SEAL)

早坂好恵さんが店長ということでもちょっと知られています。
ちなみに、朝早すぎるからなのか、いらっしゃいませんでした。

BlueSealKanku_003_org.jpg BlueSealKanku_005_org.jpg
タピオカが入っていたり、、フロートのドリンクや
アイス や ソフトクリームとイロトリドリです。
沖縄らしく・・・

BlueSealKanku_006_org.jpg
バニラ&紅イモ ミックスソフト

頼むときに、カップ・ブルーシールコーン・ワッフルコーン
と選ぶことができます。コレはブルーシールコーン。

紅イモ だけだと、ベタっと甘すぎますけど、バニラが中和してくれて、朝から大正解です!

BlueSealKanku_008_org.jpg
では、エールフランスで花の都パリまで・・・ではなくて

BlueSealKanku_007_org.jpg
ANAで第二チェックポイントの羽田空港までしゅっぱーつ!

次は、成田空港でのお茶漬け のランチです。
関連記事

たこ判 とは お好み焼きなのか?たこ焼きなのか?/小前(香川:三豊)

高松の 池上製麺所 でランチをしてから、観音寺で仕事を済ませ
折角ココまで来たのだからというので、久しぶりに・・・

MitoyoKomae_000_org.jpg
銭型砂絵(寛永通宝)

説明書きによると、将軍・徳川家光の時代、寛永十年(1633年)に
丸亀藩主・生駒高俊公を歓迎するために、地元の古老たちが
一夜で作りあげて、琴弾山の展望台からは円く見えますが、
実際には東西122m、南北90m と楕円形になっているそうです。

この銭形を見た人は健康で長生きでき、お金に不自由しなくなると
いわれていますので、きっとあなたにもご利益があるでしょう。

MitoyoKomae_001_org.jpg
楕円形というので、近寄って見ましたが、何のことやらわかりません。
はたして、江戸時代にどうやって、展望台から円く見えるように造ったんでしょう?

MitoyoKomae_002_org.jpg
そして、ここからクルマで北へ15分のところにある
元祖たこ判 小前(こまえ) でおやつです。

MitoyoKomae_011_org.jpg
建物の奥には美容室があり、赤いレンガを敷き詰めた駐車場は
何が起こったのかボコボコとして歩くのもふらついてしまいそうです。

MitoyoKomae_010_org.jpg MitoyoKomae_005_org.jpg
歴史のある店内には段ボールが高く積まれ、屋根があるようでないようで
ベンチも数台あって、イートインもできます。

MitoyoKomae_003_org.jpg
で何屋さんかといいますと、誰もが知る たこ判 屋さんです。
たこ判ですよ!ご存知ない?・・・私も知りませんけど。

「たこ判、ください」
「30分かかりますけど、今は 卵たこ判 ならあります」
と予想していなかった回答。

MitoyoKomae_004_org.jpg
こちらの機械で焼くみたいで、後からお店に掛かってきた電話から
推測するところ、知っている人は、電話で予約して焼き上がった頃に取りにくるようです。

MitoyoKomae_006_org.jpg
仕方がないので、保温の発泡スチロール箱から出された・・・

MitoyoKomae_007_org.jpg
卵たこ判

MitoyoKomae_008_org.jpg
粉もん文化圏で育った私でも見たことあるような、見たことないような形で
お好み焼きを小さく分厚くしたモノなのか?
大きなたこ焼きを潰したようなモノなのか?

MitoyoKomae_009_org.jpg
正解は、お好み焼きというよりも
圧縮したキャベツ焼きで、焼き型から
回転焼き風キャベツ焼き といったところでしょうか?
もちろん美味しいですよ!
そして、一食にできるぐらいボリュームもあって
しかも120円とはお安い!
関連記事
[ 2014/08/08 21:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(2)

ルミばあちゃんの 釜たまうどん & ギョロッケ/池上製麺所(香川:高松)

先日のランチは 池上製麺所 です。
高松空港からクルマで北へ8分のところにあります。

ちょっと前に、京都市伏見区の 本格手打うどん 大河 で食べたときに、
こちらで修業されたと書いてあったので、機会があれば
行ってみようと思っていたら、意外と早く実現しちゃいました。

TakamatsuIkegami_000_org.jpg
広い敷地には、拡張に拡張を重ねたような第三?駐車場まであり、

TakamatsuIkegami_001_org.jpg
更には、プレハブの食事小屋や簡易トイレまであるので、きっと休日は賑わっているんでしょう。
ちなみに、行った日は従業員とお客さんの数が、いい勝負で、ゆっくり食事できました。

TakamatsuIkegami_003_org.jpg
釜たま系とそれ以外で並ぶレーンが分かれますが
この日はお客さんも少ないのでどうでもよさそうです。

TakamatsuIkegami_002_org.jpg TakamatsuIkegami_004_org2.jpg
好きなうどん と 玉数を伝えて、そのまま受け取り

TakamatsuIkegami_006_org.jpg TakamatsuIkegami_005_org.jpg
種類の多い揚げ物、おにぎりコーナーから適当にとって、

TakamatsuIkegami_014_org.jpg TakamatsuIkegami_010_org.jpg
のどかな風景を見渡せる席に座ると、
うどんのお持ち帰りコーナーに座っているのが ルミばあちゃん のようです。
お客さんが通るとニコニコされ、誰もいないと、すぐにウトウトされていました。

TakamatsuIkegami_007_org.jpg
釜たまうどん 大(2玉) と 揚げ物 2つ

TakamatsuIkegami_008_org.jpg
お店の指示通りに だし醤油 をかけて、かき混ぜて

TakamatsuIkegami_011_org.jpg
大河よりもひと回り太めで、大河よりも伸びは大人しめ
(弟子基準の表現もおかしいですけど)

TakamatsuIkegami_009_org.jpg
初めて食べる 金時豆の天ぷら
甘くてコレはアリです!

TakamatsuIkegami_012_org.jpg
そして、ギョロッケ

TakamatsuIkegami_013_org.jpg
魚(ギョ)のコロッケではなく、餃子をコロッケのように揚げているモノで
そりゃあ、美味しいでしょう!

TakamatsuIkegami_015_org.jpg
弟子のお店は全国に8軒あるようです。

兵庫県加西市 がいな製麺所
徳島県板野町 丸池製麺所
同じ高松市内 わらく
神奈川県横浜市 じょんならん
大阪府東大阪市 宇野製麺所
愛知県西尾市 我流
京都市伏見区 大河
北海道札幌市 まんでがん外伝

大河はこの前食べて、宇野製麺所は随分前に行ったことがあるので
あと何軒お伺いできるでしょうか?
関連記事
[ 2014/08/07 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(4)

意外とイケる 『茶碗蒸しらーめん』/丹頂(大阪:大阪港)

天保山といえば
OsakakoTancho_013_org.jpg
海遊館
OsakakoTancho_014_org.jpg
観覧車

それと、もう一つ目立つのが・・・
OsakakoTancho_010_org.jpg
玉子の家?
目玉焼きみたいなオブジェもあって怪しい雰囲気ですけど
OsakakoTancho_011_org.jpg OsakakoTancho_012_org.jpg
茶碗蒸しらーめん とコチラも目立つ 丹頂 でディナーです。
OsakakoTancho_003_org.jpg OsakakoTancho_002_org.jpg
ラーメン屋さんというより和風居酒屋で
お店の方も板前さんって感じ、でもBGMは60年代の洋楽。
OsakakoTancho_001_org.jpg OsakakoTancho_000_org2.jpg
なんでもかんでも玉子を使っていそうですが、普通のラーメンもあります。
茶碗蒸しらーめん+蒸しオムライス のセット
があれば嬉しいですが、無いみたいです。
それにしても、セット名の A, B, F, Z って何でしょう?
OsakakoTancho_008_org.jpg
ホントは時間差でバラバラに出てきたんですけど
茶碗むしらーめんセット

木蓋が写真のほとんどを占めてしまうアンバランスで
OsakakoTancho_004_org.jpg
ドンブリも縦長。では、ご対面~!
OsakakoTancho_005_org.jpg
茶碗蒸し!

サンプルでは海老が入ってますけど、残念ながら今は無いそうです。
OsakakoTancho_006_org.jpg
食べても、やっぱり茶碗蒸し!
プリンっぽく見えなくもないです。
OsakakoTancho_009_org.jpg
そして、底には、細麺のラーメンに
チャーシュー・かまぼこ、炒めたモヤシ・ニラ・キャベツ

見た目と名前の奇抜さからいろんなことを想像してしまいますが
ごく普通の和風醤油ラーメンで意外とイケてます。

正確には茶碗蒸しラーメンではなく、おだまき蒸しのラーメン版だそうで
英語では Chinese noodle in pot-steamed hotchpotch みたいです。
OsakakoTancho_007_org.jpg
ご飯・漬物・玉子焼き・餃子 と、これだけでも定食になるのに、
茶碗蒸しラーメンとセットで900円とはお得ではないでしょうか。

ちなみに、玉子焼きはビックリするぐらい味がしませんけど。
関連記事
[ 2014/08/06 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(5)

オンリィ・イエスタデイ(志水辰夫)

本日、読了。

志水辰夫では7冊目。


 <あらすじ>

  冷たい雨の夜だった、池内峻介は傷ついた女を拾った。
  彼女は江田美也子。

  公にされてはならぬ情報を握っており、政治家から追われて
 いるという。
  男と女による風変わりな物語が幕を開ける。
  冒頭は喜劇であり、やがて悲劇へとその名を変えた。

  権力をめぐる暗闇が出会うはずもなかった二人を引き寄せた
 とき、運命の歯車は軋みながら廻りはじめる―。


<感想>

 偶然、雨の日にズブ濡れの女性を助けてしまい、一緒に追手から逃げ惑う最も不運な男ジョン・マクレーンのダイ・ハードのようなアクション・ストーリーかと思いきや、80ページあたりの5章でカラクリが徐々に明かされ世の中ってコワぁ~い!

 ナント!『北風と太陽』のように、追手が北風の如く力まかせに女性を監禁して白状させようとしていたが、どうにもならないので、ワザと逃がして峻介を太陽役にさせて助けさせて吐かせようとさせてます。
 しかも、峻介ってアウトドア用品のアドバイザーでありながらも、ヒモなんで女性の気持ちを操るのに打ってつけ!

 お前は誰だ?職業は何?秘密って何?

 敵対しあう政治家やけど、スキャンダルをばらすのではなく、首根っこをおさえるため。
 それに群がる政治屋も、政治家の秘書も、誰も信じられず全員真っ黒!

 作者のあとがきによると、かなりお気に入りの作品なんだけども、世間の評価がイマイチなことに不満があるようです。まぁ、そんなことは誰にでもありますね。


【志水辰夫 読了リスト】
 飢えて狼
 裂けて海峡          第2回日本冒険小説協会大賞 優秀賞
 あっちが上海
 尋ねて雪か
 背いて故郷          第39回日本推理作家協会賞 長編部門
                   第4回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞
 狼でもなく
関連記事
[ 2014/08/05 21:00 ] 志水辰夫 | TB(0) | CM(0)

カレーの湖に映る月/喫茶ナス(京都:丹波口)

先日のランチは 喫茶ナス です。
JR山陰本線「丹波口駅」から南へ徒歩13分の京都中央卸売市場近くの七条通り沿いにあります。

TambaguchiNasu_004_org.jpg TambaguchiNasu_002_org.jpg
カウンター7席、1人~4人までの様々なテーブルが8卓で
静かな音楽が流れる昔ながらの喫茶店を おじいさんが
お一人でキビキビとした動作でされています。

TambaguchiNasu_001_org.jpg TambaguchiNasu_003_org.jpg
カレー or 定食 から選びますが、注文したあとに壁メニューを見ると、
カレーかけそば なんてモノもあるので、ちょっと気にはなります。

喫茶店のカレーなんですぐ出てくるだろうと思っていたら
油で揚げる音が始まって、待つこと15分・・・

TambaguchiNasu_005_org.jpg
ポークカツ・カレー(スープ付き)

TambaguchiNasu_006_org.jpg
ポークカツ 越しに見ても

TambaguchiNasu_007_org.jpg
福神漬け 越しに見ても

TambaguchiNasu_008_org.jpg
カレーの湖に満月を映して見ても美しい景色です。

湖を決壊させないように、中から削ぐようにご飯をすくい
始めは特に辛さ控えめなカレーやなぁと食べていると
ジワジワと辛さが増してきて、最後はジンワリ汗ばんでしまうような本格的なカレーです。

TambaguchiNasu_009_org.jpg
加古川の かつめし みたいに
ポークカツの下には茹でキャベツ

TambaguchiNasu_010_org.jpg
ランチと一緒なら+150円でドリンクが飲めるということで
アイスコーヒー
まったく観光地じゃないけど、京都らしくコースターは清水寺。
ちなみに、同僚は三千院コースター。

TambaguchiNasu_000_org.jpg
京都水族館 から西へ歩いて10分ぐらいなのでセットで行くのもいいのでは?
関連記事
[ 2014/08/04 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

天女の羽衣舞う 『 鶏soba 』/座銀(大阪:肥後橋)

先日のディナーは 鶏soba 座銀(ざぎん) です。
地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」から西へ徒歩5分のところにあり
すぐ近くには、激辛チキンカレーで有名な 肥後橋南蛮亭 があります。
HigobashiZagin_003_org.jpg HigobashiZagin_004_org.jpg
黒光りするカウンターに、板前二人。
どう見ても高級割烹でしょう(行ったことないですけど)

ラーメンを食べにきたはずですけど、ボォーっとしていると
何を食べにきたのか勘違いしてしまいそうな空間です。

ちなみに、誰も写ってませんが、18時半を過ぎると席はほぼ埋まりました。

HigobashiZagin_001_org2.jpg
夜は鶏主体のラーメン(soba)が4種類。
初めてのなので、オーソドックスっぽいモノを注文します。

HigobashiZagin_005_org.jpg
鶏soba (並)
鶏込みご飯~鶏脂仕立て~ (小)
朝引き若鶏の天ぷら (三ヶ)


すべてのメニューにサイズが設定してあるので、
いろんなモノを少しずつ注文できるようになっています。
そのおかげで豪華になりました!
しかもご飯と天ぷらのセットは50円引き!

HigobashiZagin_008_org.jpg
まず、触れなければいけないのはコレでしょう!
天女が羽衣を忘れてしまい、ラーメンの上で舞っています!

これは、香ばしいゴボウの素揚げです。

HigobashiZagin_006_org2.jpg
ゴボウだけでなくて、
穂先メンマ
鶏チャーシュー
スライスした紫タマネギ
あとは、白髪ネギ と 水菜
と凝った具材。

マッタリしてるけど濃すぎず
ドロドロしていないけど粘度もあり
メチャウマな鶏スープで、ゴクゴク飲んでしまいます。

HigobashiZagin_007_org2.jpg
ゴボウの入った鶏込みご飯はモッチリして鶏の旨味が充分あり、
辛子などの薬味も付いていますが、単体でも味付けがシッカリした若鶏の天ぷら も文句なし!

HigobashiZagin_000_org.jpg HigobashiZagin_002_org.jpg
鶏好き で 天女好き にはタマらないラーメンです。
関連記事
[ 2014/08/03 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(4)

御座候 のプルンプルンな わらび餅(兵庫:姫路)

鉄板焼ステーキ 三鷹 で米寿・古希のお祝いランチをしたあとに
女性陣が買い物をしたいというので、

LivinGozasoro_008_org.jpg
三鷹からだと南東へクルマで12分走って
こちらの モール (正式にはザ・モール姫路というらしい)へ。

LivinGozasoro_004_org.jpg
買い物が終わった頃に、母親が御座候には回転焼き以外に
美味しいものがあるというので、モール内の 姫路リヴィン店 へ。

ちなみに、普段は商品を 『回転焼き』 ではなく、『御座候』 と読んでいるんですけど、
商品名か店名かややこしいので、この記事では 『回転焼き』 としておきます。

LivinGozasoro_005_org.jpg
回転焼きを焼いている お馴染みの光景を見つつ

LivinGozasoro_006_org.jpg
目的のモノを購入。

LivinGozasoro_000_org.jpg
消費期限は当日の わらび餅

LivinGozasoro_001_org.jpg
パックを開くと、わらび餅の他には、白みつ 1袋と きなこ 2袋

LivinGozasoro_002_org.jpg
氷水で5分くらい冷やしてから食べるのがおススメらしいですけど、パックのままドバーっとかけまして

LivinGozasoro_003_org.jpg
予め切れ目が入ってますけど、モチモチすぎて
切るのに一苦労しながら、食べると
やっぱり、モチモチでプルプルでウマァー!

こうなると久しぶりに御座候の ジャンボ餃子 か
食べたことのない あんこ大好きアイス を食べたくなりますねぇ。
関連記事
[ 2014/08/02 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)