FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2014年04月
月別アーカイブ  [ 2014年04月 ] 

≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

【もくもく②】モクモクファームで大人気のバイキング/PaPaビアレストラン(三重:伊賀)

モクモクファーム と言えば、PaPaビアレストラン のバイキング!

以前はここにしかなかったんですけど、いつの間にやら市街地にもできて、
滋賀の 風の葡萄 (近鉄草津)、最近だと、梅田の モクモク (三越伊勢丹)、
あべのハルカスの お日さまのえがお と系列店があります。

MokuMokuPapa_011_org.jpg
場所は園内一番奥の いかだ池 の向こう

MokuMokuPapa_000_org.jpg MokuMokuPapa_002_org.jpg
開園間もないのにもう行列です。
ちなみにオープンまでまだ30分あります。

MokuMokuPapa_012_org.jpg MokuMokuPapa_013_org.jpg
店内の広さと待ち人数を考慮しても並ぶ必要はないので
しばらく、竹馬・輪投げ・縄跳びをして遊んで、

MokuMokuPapa_001_org.jpg
オープン時間に行って、ほぼ待つことなく店内に。

MokuMokuPapa_003_org.jpg MokuMokuPapa_007_org.jpg
天井にはぶどう棚が広がり、テラス席からは いかだ と奮闘している人達を眺めることができます。

MokuMokuPapa_004_org.jpg MokuMokuPapa_009_org.jpg
園内・県内の食材を中心とした美味しそうな料理がいっぱいなので
ついつい・・・

MokuMokuPapa_005_org.jpg
取り過ぎましたぁ。

何でも美味しいですけど、おから・白和え
豚モツサラダ・豚モツ煮込みがお気に入り。

MokuMokuPapa_006_org.jpg
もちろん、こちらのハム・ソーセージは定番
娘はハムがお気に入り

MokuMokuPapa_008_org.jpg
最後はデザートで
奥さんはラスクがお気に入り

MokuMokuPapa_010_org.jpg
食器をキレイに戻したら、くるくるコインをBOXに入れてオシマイ。

MokuMokuPapa_014_org.jpg
娘は食べ過ぎで動けずしばらく休憩。

モクモクファームのメインイベントが終了したので、
この後、園内をゆっくりいろいろ遊びまわりました。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/04/30 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(0)

【もくもく①】里山桜まつり in もくもくファーム(三重:伊賀)

ゴールデンウィーク前半に 伊賀の里 もくもく手づくりファーム に行ってきました。
コチラは3回目で、今までは ゴールデンウィーク後半の 豚のダービーレース
開かれる とんとん祭り に合わせて来てましたが、里山桜まつり は 初めてです。

Mokumoku_003_org.jpg Mokumoku_000_org.jpg
少し早めに着いたので、入口の 元気な野菜塾市場 でお買い物。
ちなみに、野菜を持って園内をウロチョロするのは大変なので
ちゃんと冷蔵庫でお取り置きをしてくれるので安心です。

その横にある 足湯 で・・・

Mokumoku_001_org.jpg Mokumoku_002_org.jpg
娘はのんびり浸かって、奥さんは 足つぼの道 で痛すぎて1歩も進めず。

Mokumoku_004_org.jpg
メインエリアでは 里山桜 が満開です!

さぁ、まずは何をするか?!
もくもくファームと言えば?
そう!有名なバイキングです。

Mokumoku_006_org.jpg Mokumoku_005_org.jpg
オープンまで少し時間があるので、縄跳びや輪投げで遊びます。
・・・竹馬を得意がっている奥さん

バイキングの詳しい内容は、明日アップ するとしまして

腹いっぱい食べた後は、まず・・・

Mokumoku_014_org.jpg Mokumoku_013_org.jpg
メインエリアに行く途中にある とんとん神社
ちゃんと、あうん(阿吽) になっている豚神様の遣いの 狛豚

Mokumoku_007_org.jpg
青・緑・ピンクが鮮やかなメインエリア全景

Mokumoku_009_org.jpg Mokumoku_010_org.jpg
風車 を作ったり

Mokumoku_008_org.jpg
芸がたどたどしく、ほのぼのしてしまう ミニブタのショー を観たり

Mokumoku_011_org.jpg
ビジュアルはどう見ても絵本を読むようには見えなくて
子ども向けかと思いきや、大人でも笑ってしまう しんちゃんの読みきかせライブ

Mokumoku_012_org.jpg
アスハレ というピアノとフルートのデュエット演奏を聴いたり

Mokumoku_016_org.jpg
伊賀上野白鳳太鼓 の迫力ある太鼓を聴いて

Mokumoku_015_org.jpg
放し飼いの豚の ひなたくん にお別れを言って
我が家のゴールデンウィーク前半のイベントは終了しました。
関連記事
[ 2014/04/29 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(0)

雑貨カフェでティースタンドのスウィーツセット/ちょこちょこcafe(大阪:岸和田)

先日の おやつ は ちょこちょこcafe です。
JR阪和線「東岸和田駅」から南東へクルマで7分の土生中学校の東にあります。

KishiwadaChoco2_003_org.jpg KishiwadaChoco2_006_org.jpg
テーブル・ソファ・カウンターが広い間隔で並び、緩い音楽が流れる開放的な店内です。
ちなみに私たちのテーブルはミシンでした。

KishiwadaChoco2_002_org.jpg
今回はクーポンなので、スイーツは決まっていて、ドリンクだけコーヒーか紅茶から選びます。

KishiwadaChoco2_004_org.jpg KishiwadaChoco2_005_org.jpg
注文してから、ハンドメイド雑貨 を見て、ちょこちょこと買っている人もいるようです。
奥さんも買おうかどうか悩んでましたけど・・・

KishiwadaChoco2_009_org.jpg
ティースタンドで登場した
ちょこちょこアフターヌーンティーセット

実は、こういうもので持ってきてもらったことが
初めてなもので、ちょっとテンションが上がってしまいます。

ちなみにコレは2人分です。

KishiwadaChoco2_008_org.jpg
フォンダンショコラ
さつま芋石畳ケーキ
かぼちゃタルト


KishiwadaChoco2_007_org.jpg
キャラメルアイス
シフォンキューブ
フルーツ(イチゴ・マンゴー)


スポンジは外カリッ、中フワッと2つの食感が楽しめ
全体的に軽い甘さなので、パクパクパクっと
娘も含めて3人で食べちゃいました。

KishiwadaChoco2_000_org.jpg KishiwadaChoco2_001_org.jpg
雑貨好きな奥さんは、何も買わなかったことが心残りみたいで
モーニングもランチもやっているようなので、また来るかも。
関連記事
[ 2014/04/28 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

消費税が8%になっても、108円のパン屋さんは大人気/憩い家製パン(京都:伏見)

先日のランチは 憩い家製パン です。

FushimiIkoiya_000_org.jpg
近鉄京都線「伏見駅」から東へ徒歩5分のイズミヤ伏見店の1Fにあります。

FushimiIkoiya_001_org.jpg FushimiIkoiya_004_org.jpg
昨年の同じような時期に行った堺の北野田にある でぃあ ふれんず と同じく
滋賀・京都を中心に展開している プティブラン(Petitblanc) の姉妹店になり、
すべて100円(税込108円)のパン屋さんです。

FushimiIkoiya_003_org.jpg FushimiIkoiya_002_org.jpg
サンドイッチ・ピザなどなんでもかんでも100円です!
ついつい100円ショップに来たような感覚で・・・

FushimiIkoiya_005_org.jpg
5個も買っちゃいましたぁ~!
こんなに買っても540円!

ちなみに、セブンイレブンでホットコーヒー(レギュラー)を買ったのでこれも100円(こちらは税込)

FushimiIkoiya_006_org.jpg
四角い アリコベール

FushimiIkoiya_007_org.jpg
少し硬めのフランスパンにはうぐいす豆がいっぱい!

FushimiIkoiya_009_org.jpg
揚げ立てが出されたのでついつい買ってしまった ゴールデンカレー
たっぷりカレーも入って、この100円には価値があります!

FushimiIkoiya_008_org.jpg
クロワッサンタマゴサンド
ハムにレタスにたっぷりのタマゴサラダが入ってこんなに豪華なのに、コレも100円!

FushimiIkoiya_012_org.jpg
これは何だと思います?

FushimiIkoiya_013_org.jpg
その名も パン屋さんのフライドチキン
チキンをパン生地で包んで、ジューシー!

FushimiIkoiya_011_org.jpg
北野田の でぃあ ふれんず でも食べた バクダン
ホイップクリームの奥には粒あんもたっぷり入ってデザート感覚です。

5個は無理だろうと思いながら、美味しく食べてしまいました。

滋賀・京都を中心として、姉妹店も含めてアチラコチラにあるので
見付けたら、きっとまた入ってしまうでしょう!
関連記事
[ 2014/04/27 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(2)

ぐつぐつ熱々!!鍋焼スープカレー/王様のスプーン(大阪:南森町)

先日のディナーは 王様のスプーン です。

地下鉄「南森町駅」から西へ徒歩7分のところにあり、
1ブロック南には魚の美味しい 鮨うろこ
1ブロック東には野菜料理の かわず があります。
O-SAMAnoSPOON_003_org.jpg
「いらっしゃいませ~」と言ってくれたのは王様ではなく
お店のホームページにも出ている店主の女性。

カウンター7席、もう一つ離れたところにもカウンター3席
更に、2人掛けテーブル4卓のお店には、
お店のレトルトカレーが並べられていて
O-SAMAnoSPOON_004_org.jpg
テーブルには福神漬けを持ってきてくれ
ごはんのおかずスパイスの 吟醸カレー も置いてあるので
食べられるのかと思ったら、ちゃんと封がしてあって宣伝用みたいです。
O-SAMAnoSPOON_002_org.jpg O-SAMAnoSPOON_001_org.jpg
ベースのルゥとして、スパイスがっつりの 王様ベース
スパイスマイルドな オニオンベース を選ぶようですが、
ゴロゴロ・ぐつぐつ に魅かれて・・・
O-SAMAnoSPOON_005_org.jpg
鍋焼スープカレー

奥の白いお皿というかドンブリには何も入っていないようですけど
大盛りライスがちゃんと入ってますので・・・
O-SAMAnoSPOON_006_org.jpg
地獄のようにグツグツしてスパイシーな強烈な香りで
お腹がグゥーと鳴りそうです・・・鳴ってませんが。
O-SAMAnoSPOON_007_org.jpg
カボチャ・手羽元2つ・ニンジン・唐辛子が積もっているジャガイモ
そして、地獄の底にはマカロニまで。

不覚にも、ひと口目はムセてしまいましたが
辛いけど辛すぎない、ちょうど私にはいい具合で
スパイシーさがよく感じられるのが嬉しく
後から辛さもやって来ます。

それと、手羽元などが食べやすいように
お箸も添えれれているのがいいですね。
O-SAMAnoSPOON_008_org.jpg O-SAMAnoSPOON_000_org.jpg
入口のドアはゆっくりと自然に閉まるので
セッカチな人は強引に閉めないように・・・壊れるらしいので。
関連記事
[ 2014/04/26 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

赤いトンネルを抜けると長い長い長~いハンバーグ./喫茶JUN(京都:烏丸)

先日のランチは 喫茶JUN です。

KissaJun_003_org.jpg
阪急「烏丸駅」・地下鉄「四条駅」から東へ徒歩4分の綾小路通りにある細長い入口に吸い込まれるように

KissaJun_012_org.jpg
赤いトンネルをくぐったところに

KissaJun_004_org.jpg KissaJun_005_org.jpg
お店はあります。

KissaJun_009_org.jpg KissaJun_011_org.jpg
「いらっしゃいませ~」と柔らかい口調でお年を召したお姉さんが
出迎えてくれ、京都でこの口調なら「おいでやすぅ」の方が似合いそうですけど、
観光客相手でもないので、「まぁいいか!」と思いながら見渡すと
漫画やスポーツ新聞を読みながら食べるサラリーマンたち。
奥には京都らしいちょっとした中庭。
いかにも、仕事中にサボれそうな ホッコリできそうな 雰囲気です。

KissaJun_002_org.jpg
ランチは4種類ありますが、この書き方だと頼むモノは・・・

KissaJun_006_org2.jpg
手作りハンバーグランチ
ごはん・お味噌汁・冷奴がつきます。

KissaJun_007_org.jpg
俵ハンバーグは見たことがあっても、三角柱ハンバーグは初めてお目にかかります。
長さ17cm、1辺の長さ5cmでエッジもしっかりしています。

KissaJun_008_org.jpg
弾力のある普通に美味しい煮込みハンバーグです。

KissaJun_010_org.jpg
喫茶店なんでコーヒーを頼んでゆっくりと サボります なごみます。

KissaJun_001_org.jpg KissaJun_000_org.jpg
常連さんも多いようなので、ついつい来たくなるような
気持ちがわかる雰囲気とハンバーグの喫茶店でした。
関連記事
[ 2014/04/25 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(2)

ごはんカフェで シーフードフライ玉子とじ/ニュースカフェ(大阪:吹田,江坂)

先日のランチは ニュースカフェ(new'S'cafe) です。
江坂駅から西へ徒歩8分の内環の1本北の通りにあります。

EsakaNewsCafe_004_org.jpg EsakaNewsCafe_005_org.jpg
ダークブラウンとクリーム色を基調とした内装で、テーブル席が約30席あり
左が喫煙、右が禁煙席となっています。
サラリーマンだけでなく、OL、ご近所の老夫婦、おばさまたちで
12時を過ぎるころにはすべての席が埋まってしまいました。
この大人数を女性3人で切り盛りされているようです。

EsakaNewsCafe_001_org.jpg EsakaNewsCafe_003_org.jpg
1ヶ月分の曜日変わりのメニュー決まっているようで、
隣りの女性の 厚揚げと大根の鶏そぼろあん も美味しそうですが・・・

EsakaNewsCafe_006_org.jpg
シーフードフライ玉子とじ にしちゃいました。
女性だけでやっているカフェとは思えないくらいボリュームたっぷりです。

EsakaNewsCafe_008_org.jpg
キャベツ・モヤシ・薄揚げが入ったお味噌汁が、ちょうどいい味付けでウマーい!

この瞬間、この日のランチが当たり!が確定しました!

小鉢は切干大根と、春雨の酢の物

EsakaNewsCafe_007_org.jpg
そして、白身魚・イカつみれ・エビカツ を玉子でとじてます。
フライでそのまま出されるよりも全然美味しく、
ご飯を3杯くらいお替わりしてしまいそうです。(・・・してませんけど)

EsakaNewsCafe_000_org.jpg EsakaNewsCafe_002_org.jpg
「夜は一品料理もありますので、お好みの定食もできます。」
と書かれると夜も来たくなりますけど、夜はこの辺りにおらんなぁ・・・
でも、近くにあれば毎日のように通ってしまうようなお店でした。
関連記事
[ 2014/04/24 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

さしみ卵を使った ふんわりスイーツ・カステラ/ネオ・クック(大阪:羽曳野)

クロスバイクで 富田林の寺内町(じないまち) に行ってから
お土産を買うために ネオ・クック(Neo Cook) に寄りました。

近鉄「古市駅」から南へクルマで3分の旧外環沿いにあります。

HabikinoNeoCook_005_org.jpg
お弁当屋さんっぽい名前のお店ですが、これでもか!とスイーツを宣伝しているお店です。


HabikinoNeoCook_007_org.jpg HabikinoNeoCook_006_org.jpg
入って左がプチ・カステラコーナーで
向いにはシュークリームやプリンなどが置いてあり、結構安いので・・・

HabikinoNeoCook_000_org.jpg
欲張って、こんなに買っちゃいましたぁ~
個数だと23個もあります!
でも軽いので自転車でも楽々お持ち帰りできました。

HabikinoNeoCook_003_org.jpg
まずは、プチ・カステラ
10個単位の販売ですけど、組み合わせは自由ということなので
プレーン・カスタード・キャラメル・チョコ を5個ずつにすると
こんなにいっぱいに。

HabikinoNeoCook_004_org.jpg
プレーンは2個おまけしてくれて カステラピラミッド

こんなに小さいのにフワフワ~
奥さんはキャラメル、娘はプレーン、私はチョコがお気に入りで
見た目は全部同じなので、次食べるときは、ロシアンルーレット風にしたら楽しいはず。

HabikinoNeoCook_001_org.jpg
ちょっと小ぶりな 皮まで美味しいシュークリーム

中にはカスタードがビッシリ詰まって、これで1個75円とはビックリ!

ホントはシュークリームを3つにしていたんですが、

HabikinoNeoCook_008_org.jpg
包んでくれている間に、アールグレイのシフォンを試食したところ、
あまりにも美味しかったので、シュークリームを1個減らして

HabikinoNeoCook_002_org2.jpg
アールグレイ・シフォン(生クリームサンド)

生クリーム無しバージョンもあります。

ふんわり柔らかくて、アールグレイのいい香りも残り
しかも、分厚いので食べごたえもあって、買ってよかったぁ。

正直なところ、プチ・カステラは縁日の屋台でぼったくられ感を持ちながら
食べるようなものだと思っていたので、考え直してまた来ま~す!
関連記事
[ 2014/04/23 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

【ポタ】戦国時代の宗教自治自衛都市・寺内町(大阪:富田林)

義姉から河内長野の ラブリーホール まで用事を頼まれる予定だったので
それに絡めてポタリングしてみようと思っていたら、急遽キャンセルに!

TondabayashiJinaimachi_000_org.jpg
でも、ルートを考えていたので、まず意味なく ラブリーホール まで行って
旧外環から南河内サイクリングラインを走り、青空を泳ぐ鯉のぼりを見つつ
金剛大橋を渡り、富田林の 寺内町(じないまち) にやってきました。

TondabayashiJinaimachi_007_org.jpg
戦国時代の末期に証秀上人(しょうしゅうしょうにん)が 興正寺別院
中心として作ったのが、寺内町でこの地域は
重要伝統的建造物群保存地区に選定されているそうです。

TondabayashiJinaimachi_004_org.jpg
興正寺別院の前は『日本の道百選』の 城之門筋

TondabayashiJinaimachi_006_org.jpg
じないまち展望広場 は名前から寺内町を見下ろせるのかと思ったら
寺内町とは反対の石川の向こうにそびえる二上山から金剛山までを展望できる広場でした。

TondabayashiJinaimachi_008_org.jpg TondabayashiJinaimachi_003_org.jpg
じないまち展望広場 横にある昔の東側の入り口の 山中田坂
町の西側にある石垣などから、寺内町が戦乱から町を守る工夫がされていたことがわかります。

TondabayashiJinaimachi_001_org.jpg
重要文化財で有料で見学もできる 旧杉山家住宅
女流歌人の石上露子という人の生家だそうです。

TondabayashiJinaimachi_002_org.jpg
魔除けの 鬼瓦
竈の煙を外に出すための 煙出し

TondabayashiJinaimachi_010_org.jpg TondabayashiJinaimachi_005_org.jpg
黒い 虫籠窓(むしこまど)葛原家住宅
その向かいにある 三階蔵(南)葛原家住宅

<↓クリックすると拡大します>
TondabayashiJinaimachi_Route2_org.jpg
寺内町は新しい家々と混在しているので、雰囲気が残っているエリアはそれほど大きくもなく
住宅内を見学しないのであれば、サクっと回れます。
でも、街並みを利用したカフェやパン屋さんなどは人気があるようなので
また違う目的で来てもいいようなところでした。
TondabayashiJinaimachi_Data_org.jpg
 地図は外環以東以南ですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:2時間14分
  距 離 :40.2km
    (2014年累計:143.2km/3日)
 最高速度:31.98km/h
 平均速度:17.97km/h

 この後、南河内サイクルラインを北上し、
 羽曳野の ネオ・クック でお土産を
 買って帰りました。

<↓クリックすると拡大します>
TondabayashiJinaimachi_Route_org.jpg
関連記事
[ 2014/04/22 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(0)

ふわふわふんわり鶏卵チキンカレーうどん/極楽うどん Ah-麺(大阪:寺田町)

先日のディナーは 極楽うどん Ah-麺(アーメン) です。
JR環状線「寺田町駅」駅から徒歩1分のところにあります。

確かこの場所は ドロ鶏パイタンラーメンを食べた
熱鶏らーめん しゅうじ 寺田町店 だったはずで、
玉造にある 極楽うどん TKU の2号店になるそうです。
AhMenUdon_003_org.jpg AhMenUdon_013_org.jpg
カウンターと厨房の間ガラスに張られた大きなうどんの写真には
ビックリで、いろんな調味料の他に食べ放題の天かすがあります。

AhMenUdon_001_org.jpg AhMenUdon_002_org.jpg
カレーうどんがメインのようで、食べたことのない 釜抜き も気になるし
麺大盛りはだけでなく、超大盛りが 1kg以上 も怖いもの見たさ・・・

更に、以前に心斎橋の スタイリッシュグリル Tyu
「蘭王」のTKG(タマゴかけご飯)が美味しかったので、
頼もうか考えましたが、今回の目的は別にあるので我慢ガマン。

AhMenUdon_004_org.jpg
鶏卵チキンカレーうどん

天ぷらも美味しそうだったので、鯛竹輪天・鶏天 をトッピング

AhMenUdon_006_org.jpg
ダイブしたくなるようで満点なビジュアル!
まずは、出汁がウマッ、次に、おぉ、スパイシー!

AhMenUdon_008_org.jpg
掘り起こすとチキンもいっぱい
剛麺過ぎない麺もカレーによく合ってます。
そして、何を食べてもタマゴのフワフワがもれなく登場!

AhMenUdon_009_org.jpg
ホントはこんな感じで出して欲しかったので、あえてネギ・生姜も全部投入。
生姜効果で香り辛味が更によくなります。

AhMenUdon_011_org.jpg
ここまで来ると ごはん(小)で〆ま~す。

AhMenUdon_012_org.jpg AhMenUdon_000_org.jpg
レジでは 天かす をご自由にお持ち帰りください、ってことだったので
遠慮なくもらって、家で美味しくいただきました。
関連記事
[ 2014/04/21 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

マ・ゴ・ワ・ヤ・サ・シ・イ七彩ご膳/ごちそう村(兵庫:明石,大久保)

先日のランチは 和食ダイニング ごちそう村 大久保店 です。
JR山陽本線「大久保駅」から徒歩7分のところにあります。
GochimuraOkubo_007_org.jpg
い川 賀茂鶴北店 に行ったところ、お休みだったようなので
急遽、近くのコチラにやってきました。

何の情報もなく、入ってから調べてみると
兵庫県の姫路・明石などの播磨地方が中心で
一部、堺・岸和田にも店舗があるようです。
GochimuraOkubo_000_org.jpg
年齢層の高い方をターゲットにしたようなメニューが多く
お客さんもお店の狙い通りになっていて
あちらこちらの半個室で井戸端会議が開かれています。

いい意味で写真の豪華さと値段が合っていないような・・・
GochimuraOkubo_001_org.jpg
マ・ゴ・ワ・ヤ・サ・シ・イ七彩(シチサイ)ご膳

メチャクチャ豪華ぁぁぁぁ!
おかず、い~っぱい!

更にこれに・・・
GochimuraOkubo_004_org.jpg
コーヒーとデザートがついて、980円!
凄~い!
GochimuraOkubo_002_org.jpg
マ・ゴ・ワ・ヤ・サ・シ・イ とは



カメ
サイ
カナ
イタケ


と栄養バランスの摂れたご膳になっています。
GochimuraOkubo_003_org.jpg
あっさりした和風だしで生姜がよく効いている 豚のハリハリ鍋
出汁が美味しくて飲み干してしまいまいした。
GochimuraOkubo_005_org.jpg
黒米 を食べながら、見本の写真とおかずが一部異なるのは
仕方がないとして、なんか違うなぁと思っていたら・・・
GochimuraOkubo_006_org.jpg
漬物が籠の下でかくれんぼしてました。
ココにいか居場所がなかったようです。

どうせ和風のファミレスのようなお店だろうと思って入ったら
あまりにもコストパフォーマンスがよかったのにビックリ!
なかもず和泉中央 にもあるのでまた行けそうです。
関連記事
[ 2014/04/20 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

とり団子粥 に 揚げパン 入れるとハッピーに!/幸福粥店(大阪:本町)

先日のランチは 幸福粥店(Happy Congee:ハッピーコンジー) です。
地下鉄「本町駅」から西へ徒歩2分の 北御堂 の北側にあります。

HappyCongee_002_org.jpg HappyCongee_003_org.jpg
カウンター6席、丸テーブル2卓、四角テーブル3卓がところ狭しとあって
屋台で食べているような雰囲気です。
赤くて四角くて長い箸、天井には赤と黄色の龍が泳いでいます。

HappyCongee_000_org.jpg HappyCongee_001_org.jpg
お粥しかないのかと思っていたら麺・丼もありますが
やはり6種類あるお粥が人気のようです。

ランチタイムはお客さんもいっぱいで、女性店員が狭い客間を
すり抜けるように右へ左へ忙しそうなので、多少遅くても待つこと数分・・・

HappyCongee_004_org.jpg
まずは、とり団子粥 の登場

HappyCongee_005_org.jpg
大きな とり団子 が3つ入っていて、サラッとしたお粥ではなく、ドロッとギッシリで
このままでも充分美味しいですけど、とり団子 や ザーサイ と一緒に食べると更に美味しい!

ところが、忙しすぎるのかお粥と食べるはずのセットの副菜がなかなか来ないので、
スマホをいじったりしながら、かなりスローペースで食べて・・・

HappyCongee_006_org.jpg
ようやく 揚げパン1切れとミニ肉まん1個 も持ってきてくれました。

ちなみに揚げパン2切れ や ミニ肉まん2個 でもできますし
気まぐれ副菜(この日は黒胡椒唐揚げ)でもOKです。

揚げパン(油条)の食べ方によると、これでお粥をすくって食べる か
小さくちぎってお粥と混ぜる 方法があるそうなので、

HappyCongee_007_org.jpg
千切ろうとすると、「アッツー!」って思わず叫んでしまいました。
お粥と混ぜて食べると、メチャうま!のバカウマです!
コクと旨味が2倍、3倍・・・・・ウマウマっ!

ミニ肉まんも美味しかったですけど、揚げパン2切れにすればよかったぁ!

HappyCongee_009_org.jpg HappyCongee_008_org.jpg
揚げパンは定期的に味や香りを変えているそうなので
しばらくして、違うお粥を食べるのも楽しみになりそうです。
関連記事
[ 2014/04/19 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

秘密の地下室で『サバの竜田揚げの照焼』/定食屋soto(京都:烏丸御池)

先日のランチは 定食屋soto(ソト) です。
地下鉄「烏丸御池駅」から東へ徒歩3分の姉小路通りにあり、斜め向かいには 新風館 があります。

TeisyokuSoto_000_org.jpg
お店は、こちらの やたいや ではなく

TeisyokuSoto_008_org.jpg
右端のこちらが入り口で

TeisyokuSoto_004_org.jpg
階段を下りると、てっきりドアがあると思ったらいきなり店内です。

地下1階にあるお店というよりも、
打ちっぱなしの天井や雰囲気から地下室にある秘密結社のようです。

TeisyokuSoto_001_org.jpg TeisyokuSoto_003_org.jpg
定番メニューに日替わり、豊富なサイドメニュー、更に、丸太町の姉妹店の
カレーショップルー (Curry shop Lue) のカレーまであります。

TeisyokuSoto_005_org.jpg
なんとなく魚系の気分だったので、日替わりの
サバの竜田揚げの照り焼き定食

選べるご飯は白米で。(十六穀米でも可)

TeisyokuSoto_006_org.jpg
見事な照りのサバの竜田揚げが4切れ

甘めのタレと竜田揚げのサクサク感で
大盛りにしなくてもボリュームのあるご飯がすすみます。
また、このネギがいいなぁ。

TeisyokuSoto_007_org.jpg
小鉢は ひじき と 冷奴 と 漬物

ただ、味噌汁がワカメ・キャベツ・ニンジン・ダイコンと
具だくさんなのはいいんですけど、塩辛い・・・かな。

他にも 今日のおかず、今日のデザート もあったり
夜でも定食が食べられるそうなので、何かと使い勝手がよく
居心地のよさそうな定食屋さんでした。
関連記事
[ 2014/04/18 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

ジャンジャン町で『500円握り寿司』と『あのね巻』/佐兵衛すし(大阪:動物園前)

先日のランチは 佐兵衛すし 本店 です。

Sahee_011_org.jpg Sahee_012_org.jpg
地下鉄「動物園前駅」から徒歩1分、南海「新今宮駅」からでも徒歩5分のジャンジャン町の入り口にあります。
ちなみに、通天閣に近い側のジャンジャン町出口には 支店 もあります。

Sahee_002_org.jpg Sahee_001_org.jpg
座ったのがカウンターの端っこで右を向けば、ケースに入った美味しそうなネタ、
左を向けば、何とも言えない洗い場。
周りにはスーツを着ているのに酒盛りをしている人たち・・・

Sahee_009_org.jpg
お得なランチと名物を注文。

Sahee_003_org.jpg
ランチセット(赤だし付き)で 500円!

Sahee_004_org.jpg
機械が握ってませんよ!作り置きじゃないですよ!
目の前で8貫握ってくれてますよ!

若干不揃い感は否めませんが、そこはご愛嬌で。
ウマいですよ!美味しいですよ!

Sahee_005_org.jpg
しかも、魚のアラに三つ葉の入った赤だし
これもバッチリ!

さすがに、育ち盛りのオッサンにはこれだけだと足りないので・・・

Sahee_006_org.jpg
作る前に改めて大将に 「『ね』やったかいな?『な』やったかいな?」
と確認された あのね巻

ちなみに、あのな巻 もあります。

Sahee_008_org.jpg
見事としか言いようがない不揃いな高さ

Sahee_007_org.jpg
これは、巻きずしの酢飯の代わりにタマゴで巻いてます。
つまり、米粒無しです。

これが、なかなかイケるんです!

よく子どもで酢飯を残して、具しか食べない子がいますが、その子の気持ちが初めてわかったようです。

Sahee_010_org.jpg Sahee_000_org.jpg
平日と言えども、観光客も多く有名な串カツ屋さんにたくさん並んでいますが
こちらのお寿司屋さんでもきっといい思い出になる・・・はず?

それにしても ビリケンさん が多過ぎる!
関連記事
[ 2014/04/17 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

駅からの細い路地を抜けるとそこはカレー屋さんだった/ワンダカレー(兵庫:神戸,塩屋)

WandaCurry_011_org.jpg
JR・山陽「塩屋駅」を降りてコンビニ横の路地を進み

WandaCurry_010_org.jpg
商店街っぽい またもや細い路地を歩き

WandaCurry_009_org.jpg
スマホの地図によると この辺りにあるはず・・・
でも見えるのは、山下洋品店?

WandaCurry_008_org.jpg WandaCurry_007_org.jpg
お店を覗くとカレー屋さんでしたぁ!
ということで ワンダカレー(Wanda Curry) でランチです。
カウンター8席はいっぱいだったので超低くて超狭いテーブルに座ることに。

WandaCurry_000_org.jpg
カレーは8種類。
聞いてみると、ミックス とは あいがけ ではないらしい。

WandaCurry_001_org.jpg
2人分のカレーがはみ出てしまうほど狭いテーブルです。
同僚は 牛すじカレー(大盛り)+ ミニサラダ

WandaCurry_003_org.jpg
私は 揚げ野菜カレー・・・・のみ

WandaCurry_004_org.jpg
揚げたナス・かぼちゃ・サツマイモ
ホクホクでウマ~い!

WandaCurry_006_org.jpg
辛くはなく・・・思ったほどスパイシーでもなく・・・
でも深みと旨味を感じるようなドロっとしたカレーです。

WandaCurry_002_org.jpg WandaCurry_005_org2.jpg
そんなときには、ラー油のような辛味の素を少し垂らすと、
見た目とイメージが一致したカレーになりました。

WandaCurry_012_org.jpg
こんな美味しいカレーのあとには甘くて冷たい飲み物が
欲しくなるので、ラッシーの代わりにのむヨーグルト!
関連記事
[ 2014/04/16 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

【映画】LIFE!/ライフ

EigaLife_000_org.jpg
 <あらすじ>

  歴史ある雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター
 ・ミティ(ベン・スティラー)は、毎日地下鉄に乗って通勤
 し、変化のない日々を過ごしている。
  片思いの同僚女性・シェリル・メルホフ(クリステン・
 ウィグ)とも会話もできない臆病者で、彼の唯一の
 楽しみは、むなしい現実から逃避するため刺激に
 満ちた空想をすることだった。

  そんなある日、「LIFE」が廃刊されることになり、
 その最終刊の表紙に使用する25番の写真のネガが
 見当たらないことに気付いたウォルターはカメラマン
 のショーン・オコンネル(ショーン・ペン)を探すため
 一大決心をしてニューヨークからグリーンランド、
 アイスランド、ヒマラヤへと踏み出す。


<感想>

 テレビCMを観ると、てっきり冴えないオジサンが空想することで、宇宙飛行士・スポーツ選手・医者・パイロット・ハリウッドスターのような憧れの職業に変身できるけど、結局は平凡が一番だぁ、ってオチになるストーリーかと勝手に想像していたら大違いでした。

 誰でも空想するでしょう・・・
 別に悪いことではないです・・・
 イマジネーションが豊かってでも言うのでしょうか・・・

 でも、ウォルターのように空想している時間は、他人からはボォーッとしているようにしか見えないので、ええ年したオッサンが何やってるんだか、だから結婚できないんだって思われても仕方がないかもしれません。

 監督・主演のウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、空想ばかりしている頃は顔つきも眼も死んでいますが、冒険をする頃から空想することもなくなり、一歩一歩進むごとに、顔も締まり、眼も輝きだし、カッコいいオジサンに変身していく過程が頼もしくなって応援したくなります。

 物語の前半に出てくる、『ウォルター得意のスケボー』、『ショーンからもらった財布』、『ママの大切なピアノ』、『ママ得意のオレンジケーキ』、『出会い系サイトのe-Harmony』がネガを探すためには、重要なアイテムになっていくので、大自然や空想アクションの迫力映像だけでなく、ストーリーとしてもいい流れになっています。

 自分に置き換えたとして、大冒険まではしなくても、あと一歩進めば、もう一押しすれば、また違う生活をおくれるかも?って前向きになれる作品でした。

 ちなみに最終刊の表紙は・・・ウルッときちゃいますよ!
 そして、冴えなくても地味でも、いい仕事をしていれば、ちゃんと見てくれている人はいてくれるんだぁ・・・って。

 
関連記事
[ 2014/04/15 21:00 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

食べても食べても減らない『肉野菜炒め』/とん平(大阪:心斎橋)

先日のランチは とん平 丼池店 です。

地下鉄「心斎橋駅」から北へ徒歩5分、「本町駅」から南へ徒歩6分の
丼池ストリートにあり、このお店の2Fは 宮崎郷土料理の どぎゃん
斜め前には ハンバーグの スタイリッシュグリル Tyu があります。

12時10分
外で4人待ち

12時15分
1人はお持ち帰りだったので、繰り上がり(ラッキー!)

12時20分
外で注文受ける

Tonpei_001_org.jpg
『ころっけ とんかつの店』って書いてるぐらいなので
やはり揚げ物が多く、でもお店の人気は野菜炒めのようなので
ハーフ&ハーフ野菜炒めセット のような
野菜炒め&揚げ物の組み合わせもあります。

Tonpei_002_org2.jpg
12時30分
席に座れる。カウンター9席のお店です。
12時33分
先に注文していた効果ですぐに登場!

肉入り野菜炒め定食

Tonpei_004_org2.jpg
お皿に目一杯盛り付けて、お肉もいっぱいでタマゴまで入ってます。

独特のいい味付けでグングンお箸が進んで

ご飯→野菜炒め→ご飯→野菜炒め・・・

ご飯が減るけど、うん?おかしい?
全然、野菜炒めが減らな~い!

Tonpei_003_org.jpg
合間に 何もつけなくても充分美味しい コロッケ
何とか食べ切れましたぁ~

Tonpei_005_org.jpg
ふとキッチンのコンロ周りを見ると野菜炒めと格闘した後がありました。
左のコンロで次の対戦が始まったようです。

Tonpei_006_org2.jpg Tonpei_000_org2.jpg
ちなみに12時35分には空席が出来始めたので
もう少し時間をズラしてから行ってもよさそうです。
しばらくするとまた食べたくなるような野菜炒めでした。
関連記事
[ 2014/04/14 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

鶏ちく天ぶっかけうどん/釜粋(近鉄奈良)

13時30分頃に猿沢池近くの三条通にある ドリンクドランク(DRINK DRANK)
行ってみると目的の ベジベジごはん は売り切れ
仕方なく近鉄奈良駅に向かいながら、お店を探すことに・・・

Kamaiki_000_org.jpg Kamaiki_008_org.jpg
ひがしむき商店街の南端っこに おでんうどん という見慣れない文字が!
惹き込まれるように、うどん釜粋(かまいき) でランチです。

近鉄奈良駅からだと南へ徒歩4分です。

おでんうどん を見てみると汁うどんにおでん3品が
入って900円で、1品追加ごとに120円・・・
うどんも入ってるけど 『おでん3品 = 900円 かぁ』
うーーんと唸ってしまい・・・

Kamaiki_003_org.jpg
無難に 鶏ちく天ぶっかけ

温冷が選べて、寒い日でしたけど、冷たい に。
(普通そんな日はおでんうどんでしょ!)

うどんは少量ずつカウンター越しにある釜で茹で
ザルに茹で置きをしているようで、うどんは器に盛って出来上がってますが、
揚げ物を奥の厨房で揚げているので、それをしばらく待つことに。

Kamaiki_006_org.jpg
茹で置きなのでちょっと期待薄でしたが、エッジが効いていて、歯応えがあってなかなかイイですよ。

Kamaiki_004_org.jpg
アツアツの大きな鶏天が二つ

Kamaiki_005_org.jpg
ちくわ天はネジレタイプでうどん屋さんでは初めてです。
ちょっと衣多めでしたが。

Kamaiki_001_org.jpg Kamaiki_002_org.jpg
釜粋のうどんは美味しかったですけど、隣りの隣りの隣りぐらいにあった
はじめ(一)のワンコインのカルビ&ハラミ丼も気になったので、メモっときましょう。
関連記事
[ 2014/04/13 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(4)

鉄板葱塩ハンバーグ & 選べる焼きそば/200℃(大阪:平野)

先日のランチは 葱塩ハンバーグ&鉄板焼 200℃(ニヒャクドシー) です。
地下鉄谷町線「平野」駅から東へ徒歩10分の南港通り沿いにあります。
200℃_010_org 200℃_011_org
入口の正面にはオープンキッチンで大きな肉塊と大量のミンチ肉、
鉄板では なんやかんや と料理しています。
フロアは赤を基調としていて、背もたれが高いので
各席が半個室のようになっています。
200℃_000_org 200℃_001_org
メニューだけだと頼み方がよくわからなかったので聞いてみると
すべて単品なので、ライス等は別だそうです。
他にはステーキやカップルセットやファミリーセットもあります。
200℃_002_org 200℃_004_org
更には、麺を3種類の 細麺・太麺・平打ち麺 から選べて
次にソースも定番からカレー・トマトと10種類から選んで、
そして、トッピングもホルモンやスルメイカなどがあるという
焼きそば が500円だというので注文。

注文すると、薬味を持ってきてくれ
特徴的なのがネギ!どこかのラーメン屋さんのようです。
200℃_005_org
まずは、選べる焼きそば

ぶっとい太麺塩ダレソース をセレクト
初めからついている具材は、キャベツ・もやし・そぼろ
200℃_006_org
ネギ・紅ショウガ・青海苔をかけて、太麺は期待通り歯応えが抜群で
お店自慢の塩ダレはアッサリ過ぎず、濃すぎずいいですよ!
200℃_007_org
そして、メインの 200℃合挽きハンバーグ

ソースは葱塩・てりやき・特製(トマトデミ)から選べるので
見た通り・・・何でしょう?

テーブル備え付けの鉄板に置かれるので湯気がモウモウと。
200℃_009_org
ご飯セットにするとこんな感じになります。
ご飯とお味噌汁はお替わり自由。
200℃_008_org
敷布団がモヤシ・掛布団はネギです。

アッサリした塩ダレにフワフワのハンバーグ
それを山盛りの生ネギと食べられるなんてウマ~い!
モチロン!いつまでも熱々で食べられますよ。
200℃_012_org 200℃_013_org
一緒にいった娘には、もれなくドリンクバーがついていたり
頼まずとも 白ごはん を持ってきてくれたりとサービスも良かったので
次は、種類の多い鉄板焼きを中心に食べてもいいかも。
関連記事
[ 2014/04/12 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

教会カフェでブランチ/フロインドリーブ(神戸:三宮)

とある休日、三宮でモーニングをすることがあり、どうせならと
ランチタイムに何度か前を通って、賑わっているのが気になっていた
フロインドリーブ(Freundlieb)生田本店 でモーニングです。

各線「三宮」「新神戸」からそれぞれ徒歩10分のところにあります。

Hreundlieb_002_org.jpg Hreundlieb_013_org.jpg
9時55分に行ってみるとお店前には20人の行列。
10時ちょうどにオープンし、爽やかな笑顔で出迎えてくれます。
1Fのパンなどのショップスペース横の階段を上がり、それぞれが自由に席を陣取ります。

Hreundlieb_000_org.jpg Hreundlieb_001_org.jpg
シャンデリアにステンドグラス、窓の形、黒白チェック柄の床に
思わず、「ワァー」って言ってしまうような教会です。

Hreundlieb_003_org.jpg Hreundlieb_004_org.jpg
休日のモーニングのメニューは無いようなのでドリンクも別になって、ちょっとお高めになります。
着席順ではなく、決まった席からどんどん注文が始まります。

Hreundlieb_005_org.jpg
まずは、買って帰ろうかと思うぐらい美味しい サービスの クッキー
10時10分には、満席になって、階段にズラーッと並んでいる待合席も徐々に埋まってきています。

Hreundlieb_006_org.jpg
オープンサンドを頼むとバスケットにパンを持ってきてくれ、この中から2つ選ぶことができます。

Hreundlieb_008_org.jpg
私の クラブハウスサンドウィッチ

Hreundlieb_009_org.jpg
チキン・ベーコン・タマゴ と見た目以上にボリュームたっぷり~

Hreundlieb_010_org.jpg
巨大なマカロニサラダ と トマト、そして、メチャウマ な スイートピクルス。
サンドウィッチにお好みでつけるマスタードマヨネーズ。

Hreundlieb_007_org.jpg
こちらは奥さんと娘がそれぞれ頼んだ ソーセージ アンド エッグ の オープンサンド
ボリュームに圧倒されてしまいます。

Hreundlieb_012_org.jpg
娘には食べ切れなかったので、私がバカみたいに盛り付けて美味しくいただきました。

Hreundlieb_011_org.jpg
そう言えば、「今日は日曜なんで日曜礼拝やぁ」なんて、つぶやきながら、ホットコーヒー

Hreundlieb_014_org.jpg Hreundlieb_015_org.jpg
モーニングのつもりが予想以上のボリュームだったので
この日は何も食べなくても一日過ごすことができました。

それと家族やカップル、女性グループが多いんですけど
男性のお一人様も多くてちょっと意外でした。
関連記事
[ 2014/04/11 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(6)

新鮮大和肉鶏 と 無農薬野菜 を堪能!/スミコウテツ(大阪:福島)

先日のディナーは 炭香T2(スミコウテツ) です。

阪神「福島駅」・JR東西線「新福島駅」から徒歩1~2分、
JR環状線「福島駅」からでも南へ徒歩3~4分のところにあります。

SumikouT2_002_org.jpg
まずは、塩多めの突出しの 枝豆
コーラでカンパーイ!

SumikouT2_003_org.jpg
ビーツの入った真っ赤な ポテトサラダ
ビジュアルだけで100点です!

SumikouT2_004_org.jpg
半熟タマゴをパカーン!トロッー!
混ぜ混ぜして、そりゃ美味しいでしょ!!

SumikouT2_005_org.jpg
大和肉鶏5種盛り

はゴマ油で
ズリ・ココロ・ササミ は醤油で
モモ は塩で

美味しい以外の言葉が見付かりません!

SumikouT2_006_org.jpg
京鴨のたたき バルサミコで

弾力とジュワーと溢れる旨味で、いやいやウマすぎます。

SumikouT2_007_org.jpg
焼き野菜5種盛合わせ

ホワイトアスパラ・ズッキーニ・レンコン・ソラマメ
中央にあるのは シルクスイート、つまりサツマイモ です。

これがメイン料理と言ってもいいぐらい野菜の美味しさ・素晴らしさを体感できます。
特に、シルクスイート は 絹のような舌触りが抜群でまさに 天然のスイートポテト やぁ!!

SumikouT2_008_org.jpg
低温調理した柔らかキモ煮

クリームチーズのようにまったりして、ここまで美味しいキモ煮は初めてかも。

もうお腹いっぱいですかぁ?
まだまだ続きますよ~!

SumikouT2_009_org.jpg
子持ちこんにゃく 生姜醤油で

こんにゃくに魚卵を混ぜ込んだ広島の名産らしいです。
天ぷらにもできるそうですが、今回は生姜醤油で。
弾力と魚卵のプチプチした食感がオモシロく
今度、どこかで見かけたら買ってしまいそうです。

SumikouT2_010_org.jpg
チューリップの 特製チキン南蛮

SumikouT2_011_org.jpg
最後は 白子の炭焼き でムニューっと!

SumikouT2_001_org.jpg SumikouT2_000_org.jpg
鶏だけなく野菜も鴨も、どれもこれも美味しく
しかも、初めて食べたような感覚になるぐらい
気持ちも 新鮮 になったようです。
こりゃぁ、再訪アリですね!!!
関連記事
[ 2014/04/10 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

黄金比ロール と 一番窯シュー それと ミルクレープ/プチ マルジュ(大阪:高石)

クロスバイクで 岸和田城の桜 を観た後、大雨のなか
お土産を買うために プチ マルジュ(Petit Marge) に寄りました。

南海本線「高石駅」から南へ徒歩6分のところにあります。

TakaishiPetitMarge_006_org.jpg TakaishiPetitMarge_007_org.jpg
事前に調べたところによると、美味しそうな いちご大福 が目的で
やってきましたが、ショーケースには痕跡もなく、
お店の人にも聞かなかったのでここから選ぶことに。

一番の問題なのは、自転車にエコバッグをぶら下げながら持ち帰るため
形の崩れやすい 柔らかい系 は できれば避けたい。
なぜなら、熊取の北泉での フワフワチーズケーキ事件 の教訓があるから。

でも、雨が降っているけど、今日は何かイケそうな気がする~♪だったので・・・

TakaishiPetitMarge_000_org.jpg
これらの3つを形崩すことも雨に濡れることもなく
無事持ち帰ることができましたぁ

TakaishiPetitMarge_001_org.jpg
まずは、黄金比ロール

『黄金比』なんて書かれると『絶対間違いない』ってハードルを上げちゃいますが
スポンジの弾力とフワフワ感、
生クリームの軽さとシュガーパウダーの繊細さ
名前負けしない美味しさです。

しかも、これは分厚いカット売りですが、1本でも930円なのでなかなかお得でもあります。

TakaishiPetitMarge_003_org.jpg
次に、一番窯シュー

ケースには無かったので、カスタードを詰め込んだばかりのモノを奥から持ってきてくれました。

シュー皮のサクサク感がハンパないです!
甘すぎないカスタードと一体になった逸品です。

TakaishiPetitMarge_002_org.jpg
最後は、ミルクレープ

イチゴ・ミカン・バナナ・キウイ とフルーツもいっぱいで
ボリュームもあるので、これだけでお腹いっぱいになってしまいます。

TakaishiPetitMarge_005_org.jpg TakaishiPetitMarge_004_org.jpg
目的の いちご大福 は買えませんでしたが、こんな所にこんないいお店がリストに一つ加わりました。
関連記事
[ 2014/04/09 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

【ポタ】岸和田城の桜(大阪:岸和田)

先週末がギリギリ桜の見頃だったので、怪しい天候のなか
岸和田城までポタってみました。

ポタリングで岸和田は何度か通過していますが、
朝ドラの カーネーション の頃に行って以来2年振りになります。

KishiwadajoSakura_001_org.jpg
まだまだ見頃で

KishiwadajoSakura_000_org.jpg
陶器市も開かれていて、駐車場待ちのクルマも多く

KishiwadajoSakura_002_org.jpg
桜だけでなく、柳もいい脇役になって

KishiwadajoSakura_003_org.jpg
写真を撮り慣れてそうなオジサンたちのポジションをマネして撮ったりしてみました。

・・・と、ここまでは良かったんですけど、
岸和田城を出発したトタンに雨が、ポツポツ・・・パラパラ・・・ザーザー
と降りしきるなか、高石駅近くの プチ マルジュ(Petit Marge)
でお土産を買って、ズブ濡れになりながら無事帰宅できました。
KishiwadajoSakura_Data_org.jpg
 地図は泉北2号線以西ですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:2時間37分
  距 離 :49.1km
    (2014年累計:103.0km/2日)
 最高速度:34.17km/h
 平均速度:18.74km/h


 無事帰ることができたんですけど、
 雨宿りもせず走っていたので
 奥さんに叱られちゃいましたぁ・・・

<↓クリックすると拡大します>
KishiwadajoSakura_Route_org.jpg
関連記事
[ 2014/04/08 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(0)

CAFE車検 で パンケーキ & アサイーボウル/CAFE TIME(大阪:箕面)

先日のランチは CAFE TIME(カフェ タイム) 箕面店 です。
新御堂筋と171号線の萱野交差点近くにあります。

MinohCafeTime_011_org.jpg
CAFE車検とは何ぞや?

MinohCafeTime_012_org.jpg MinohCafeTime_013_org.jpg
右を見るとGTNET車検センター、左を見ると整備中のクルマが並んでいて

MinohCafeTime_000_org.jpg
入口のメニューには、車検メニュー
でも、下の方にはカフェっぽいメニューも・・・?

MinohCafeTime_001_org.jpg MinohCafeTime_003_org.jpg
でも、キッチンには CAFE TIMEと・・・
ソファ・テーブル・カウンターもあって開放的なカフェになっています。

MinohCafeTime_004_org.jpg
さっきのメニューの裏を見ると、ちゃんとカフェメニューもありました。
だからカフェの制服を着た店員さんもいれば、
クルマの整備士の格好をした従業員もウロチョロしています。

なんやかんやと不思議がってましたが、実は2種類のパンケーキ と
1種類のアサイーボウルを選べる、クーポンでやってきました。

MinohCafeTime_002_org.jpg
まず、カフェラテ・アールグレイティー・パラダイストロピカルティー

MinohCafeTime_006_org.jpg
私の ミックスベリー

3枚のしっとりパンケーキに イチゴ に ベリー。
CAFE車検 って怪しい名前でかなり不安でしたが
全然ウマいじゃないですか!ちゃんとしたカフェじゃないですか!

ガソリンスタンドにあるようなちょっとした休憩所じゃないですよ!

MinohCafeTime_005_org.jpg
奥さんの キャラメルチョコバナナ

どこからどうみても、美味しそうでホンモノのパンケーキでしょ!

食券を買うサービスエリアや道の駅で休憩しているんじゃないですよ!
ホンモノのカフェです。

MinohCafeTime_007_org.jpg
娘の アサイーボウル

バナナ・イチゴ・グラノーラしか見えないので・・・

MinohCafeTime_008_org.jpg
すくってみると、冷た~いアサイー出てきて、初めてのアサイーを嬉しそうに楽しんでました。

MinohCafeTime_010_org.jpg MinohCafeTime_009_org.jpg
外を見るとクルマがビュンビュン走っているのでハワイ気分にまで
慣れませんが、食器に Bodum・Duralex・Moderno などを使った間違いなくここはカフェです。

ちなみに、クルマの用事に関係なく入れますので、いかがでしょう?
関連記事
[ 2014/04/07 21:00 ] お食事処 ハワイ | TB(0) | CM(0)

春いっぱいの 桜海老とブロッコリーのパスタ/伊晃庵(京都駅)

先日のランチは 伊酒場 伊晃庵(イコウアン) です。
JR京都駅北口から西へ徒歩5分の塩小路通沿いにあります。

KyotoIkouan_001_org.jpg KyotoIkouan_000_org.jpg
ランチのコストパフォーマンスのあまりよろしくない京都駅周辺で、
ねねの食べ歩きー 京都おいしいお店探しー
良さそうなコチラを紹介されていたので行ってみました。

KyotoIkouan_002_org.jpg KyotoIkouan_003_org.jpg
ランチは3種類で、メニューの裏を見ると1ヶ月分の日替わりパスタが
載っているので、好みのパスタがあれば、再訪しやすくなっています。

KyotoIkouan_004_org.jpg
まず、アッサジーニ(小皿の前菜)

色とりどりで華やかじゃないですかぁ!
春ですねぇ~
葉っぱだけじゃなくて、オムレツとカボチャの何か。

KyotoIkouan_005_org.jpg
そして、温めた パン

お替わり無料ですけど、お腹ペコペコな方はどうぞって感じです。

KyotoIkouan_006_org.jpg
メインの 桜海老とブロッコリーのパスタ

パスタの大盛り無料なんで、コチラはお言葉に甘えました。
ガッツリ男性にも満足できるボリュームです。

KyotoIkouan_007_org.jpg
桜海老いっぱいですよ!春ですよ!
ブロッコリーでなく菜の花であればなおグッドですけど・・・

細めのパスタにちょっと塩が強めなことは、まぁ良しとしましょう。

KyotoIkouan_008_org.jpg
なぜなら、春満開ランチだから!
関連記事
[ 2014/04/06 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(2)

ビーフカレー&麻辣キーマのあいがけ/和レー屋 丁子(大阪:北浜)

先日のランチは 和レー屋 丁子(ちょうじ) です。
各線「北浜駅」から東へ徒歩5分の松屋町筋の1本西の筋にあります。

Choji_000_org.jpg Choji_003_org.jpg
道路に置いているメニューを見ながら、

Choji_004_org.jpg Choji_001_org.jpg
12時20分
階段をあがると、お店の外では2人待ち。中にも数人いるようです。
12時35分
店内で待つことができ、カウンター5席と超小さいテーブル1卓は
もちろん満席。辛くて汗を拭きまくっている人もいます。
12時45分
ようやく座れました。

Choji_005_org.jpg
3種類の単品 か それらを組み合わせた 3種類のあいがけ があり
名前からあんまり辛くなさそうな組み合わせの あいがけ を注文。

外にいるときにはまったく感じませんでしたが、
カウンターだとスパイスの香りがもの凄く漂ってきます。

Choji_007_org.jpg
5分ほど待って あいがけ【ビーフカレー&麻辣(マーラー)キーマ】 の登場!

Choji_008_org.jpg
『和レー屋』なので、お皿でなく どんぶり です。

Choji_009_org.jpg
こちらの青ネギの方が ドロっとした ビーフカレー
シメジ・タマネギが入ってチョー辛ッ!

Choji_010_org.jpg
白ネギは 麻辣(マーラー)キーマ
コンニャク・大豆・昆布 とカレーっぽくない具材でピリピリが止まりません!

Choji_006_org.jpg
水で辛さを誤魔化そうとしますが、まさに焼け石に水なんで
それよりも、千枚漬け風のピクルス が効果バツグン!

Choji_002_org.jpg
隣りの常連っぽい女性は水も飲まずに、千枚漬けをお替わりしながら
何事もなかったかのようにメチャクチャ早く食べ終えてましたぁ。

Choji_011_org2.jpg
こういうカレーの後はどうしても冷たく甘くしたかったので
コンビニでラッシー代わりの のむヨーグルト を購入。
関連記事
[ 2014/04/05 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

W(ダブル)ハンバーグ 300gにチーズのせ/克まる(神戸:三宮)

先日のランチは 克まる です。
三宮のさんプラザのB1Fにあります。

Katsumaru_003_org.jpg Katsumaru_002_org.jpg
L字型カウンター7席の小さなお店で、センタープラザにある
我流本舗 というラーメン屋さんとは姉妹店のようです。

ハンバーグのサイズだけでなく、おろしポン酢・煮込み
更に、グリルチキンまであります。

Katsumaru_004_org.jpg
通常2名の女性でされているようで、
この日は「1人なので少々時間がかかります」
って入口に書いてましたが、
注文を受けて、成型して、焼いて、いろいろ用意して
常連さんとちょっと会話しながらでも、流れるように
作業をして待っている時間もストレスを感じないので、
かなり手際がいいようです。

焼ける頃に、紙エプロンを渡されて
「跳ねるのでテーブルに敷いて待っていてください」と。
写真付きの説明書もちゃんとあります。

Katsumaru_005_org.jpg
W(ダブル)ハンバーグ の登場

寛屋 ぐらい跳ねまくるのかと思いましたが、チョコっとだけでした。

ご飯は大盛り無料ですが、ノーマルのまま(←珍しい!)
コンソメスープもつきます。

Katsumaru_006_org.jpg
デミグラス・トマト・ガーリック からソースが選べ
いつもならガーリックですが、仕事中だったのでデミグラス。

そして、チーズトッピング。

デミグラスソースがグツグツと煮えて、しかも多いので
海というか洪水というか、『つゆだく』でなく『デミだく』になって
付け合わせのモヤシ・ニンジン・ブロッコリーは『デミびたし』です。

Katsumaru_007_org.jpg
とろけるチーズに熱々柔らかハンバーグ!
腹にズッシリとくる300gでこの値段なら
店名通り【笑顔のハンバーグ】です!

Katsumaru_001_org.jpg Katsumaru_000_org.jpg
隣りの70歳ぐらいのおじいさんは私と同じハンバーグにご飯大盛り
にしたのに、私よりも圧倒的に早く食べ終わってました。
私も早食いですけど、上には上がいるようです。
関連記事
[ 2014/04/04 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

エビ・野菜天ぶっかけうどん/うばら(大阪:上本町)

先日のディナーは 饂飩工房 うばら です。
近鉄「大阪上本町」駅から北へ徒歩5分のところにあります。
UdonUbara_005_org.jpg UdonUbara_004_org.jpg
入ってすぐ右には木製テーブルのカウンター
そして奥に進むとテーブル1卓とタイルテーブルのL字カウンター
右を向くとご主人が格闘中!
UdonUbara_002_org.jpg UdonUbara_003_org.jpg
メニューがこれだけでなく、店内にもペタペタ
書いてあって多くてかなり困ります。
ご飯でも汁系でもカレーでも気分じゃなかったので・・・
UdonUbara_006_org.jpg
エビ・野菜天ぶっかけうどん

大盛りが無料だそうなので 大盛りに。
温冷が選べるので、ちょー寒かったので 温に。
UdonUbara_010_org.jpg
細めで柔らかくて、伸びて滑らかで・・・と
誉め言葉しか思い浮かばないような麺です。
UdonUbara_007_org.jpg
まずは、海苔・茄子
アツアツ~!
UdonUbara_008_org.jpg
次に、大葉・かぼちゃ
サクサク~!
UdonUbara_009_org.jpg
最後は、エビ天が2尾
プリプリ~!バカウマァ~!!

うどんはもちろんですけど、
久しぶりにこんなに美味しい天ぷらを食べました。
UdonUbara_001_org.jpg UdonUbara_000_org.jpg
気になるメニューが多過ぎてまた来ちゃいそうです。
関連記事
[ 2014/04/03 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

自家製フォカッチャも美味しい ホタルイカのペペロンチーノ/マンマ・ディ・ブー(京都:四条烏丸)

先日のランチは トラットリア マンマ・ディ・ブー(trattoria mamma di Boo) です。

MammaDiBoo_009_org.jpg
阪急京都線「烏丸駅」、地下鉄烏丸線「四条駅」から北西へ徒歩5分の
和醸良麺 すがり と同じ細い路地にあります。

MammaDiBoo_002_org.jpg MammaDiBoo_003_org.jpg
フロアをご主人がされて、シェフは奥さんがされているようです。
1階はカウンター3席、テーブル5卓x2人 で人数によって自由自在に
テキパキとテーブルを組み合わせて対応されていました。
更に、2階にも席があって、ご主人はタッタッタッと小気味よく
あがるので、店内の雰囲気もなんとなくテンポよく流れているようです。

ちなみに4人入って来ると「クアトロ ペルソーネ(4人さーん)」って
厨房にイタリア語で声かけています。

MammaDiBoo_001_org.jpg
パスタだけで充分なので、PRANZO A に。

こういうときはクリームソース系を選んでしまうんですが
ホタルイカ に魅かれて、仕事中だけど ペペロンチーノ に。

何も考えずに遅めの時間に来ましたが、ランチは30食限定だそうで。
・・・危なかったかも

MammaDiBoo_004_org.jpg
まずは、前菜盛り合わせ

サラダだけだろうと思っていたので、ビックリ!

おそらく、こんな料理・・・のはず。
ポテトサラダ、ムール貝、パプリカの肉詰め、魚のマリネ と グリーンサラダ

MammaDiBoo_005_org.jpg
次は、自家製フォカッチャ

この写真ではまったく伝わらないんですが
香ばしくて、フワッとして、甘くて、めちゃウマ なんです。
しかもズッシリ分厚く切ってくれています。

そう言えば、カウンターにクッションみたいなものが置いてあるなぁ
って思っていたので、これが正体でした。

これはお替わりしたいぐらいです。

MammaDiBoo_007_org.jpg
そして、ホタルイカのペペロンチーノ
無料ということなんで大盛りに。

MammaDiBoo_006_org.jpg
今日はホテルイカが大漁!大漁!

プニプニしたホタルイカを噛むとワタがジュワーと
口の中に広がって、またパスタと絡まってウマい!ウマい!

MammaDiBoo_000_org.jpg MammaDiBoo_008_org.jpg
この後、仕事でお客さんに会いましたけど、
怖くて「何か臭いますか?」なんて聞けません・・・

うーん、この自家製フォカッチャはまた食べたくなりますね。
関連記事
[ 2014/04/02 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(2)

狼でもなく(志水辰夫)

本日、読了。

志水辰夫では6冊目。

 
 <あらすじ>

  東京近郊にある共同農場の農場長・尾関譲に、ベトナム人の
 ロアンから電話があった。
  「ウォーリスに狙われているので助けてほしい」という。
  ベトナム戦争当時、三人はCIAの現地工作員としての知り合い
 だった。そして、尾関は、過去のシガラミから逃れられず、
 指定された都心のホテルに向かった―。

  何かを忘れたくて、何かからそらして生きてきたこの十年間を
 振り返りながら。
  過去を忘却の淵に沈めてきた男が、今、再び過酷で非情な
 世界に舞い戻る。

<感想>

 前半は地味で、盛り上がるようで盛り上がらない超低空飛行のモチベーションで、我慢して読み続けなければなりません。

 主人公の尾関譲を含めて登場人物がCIA関係なので、人物背景や人間関係など隠し事が多いなかを読んでいくと、モヤモヤ感が徐々に溜まって、もう爆発寸前という感じになっていきます。
 でもコレは、尾関譲が、ベトナム人のロアンの電話で呼び出されて、正体不明の人物がどんどん現れて、殴られて、監禁されて、何の事件に巻き込まれたかも分からずに、耐えて耐えている姿とある意味同じかもしれません。

 しかしながら、目的がベトナム戦争でアメリカ軍が置いていった隠し資産を強奪すること、ホントの黒幕はCIA時代に師と仰ぐ人物と、事件が解明し出すと一気にストーリーが盛り上がって、やっぱり志水辰夫!って感じでホッ!


【志水辰夫 読了リスト】
 飢えて狼
 裂けて海峡          第2回日本冒険小説協会大賞 優秀賞
 あっちが上海
 尋ねて雪か
 背いて故郷          第39回日本推理作家協会賞 長編部門
                   第4回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞
関連記事
[ 2014/04/01 21:00 ] 志水辰夫 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05