FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2014年01月
月別アーカイブ  [ 2014年01月 ] 

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

『梅干しつけ麺』を侮るなかれ/つけ麺 二代目みさわ(大阪:長堀橋)

某お店に入ろうとしたら、店員さんが「いらっしゃいませ~」と言いながら
お店の外に出てきて、店前でタバコを吸いはじめました。
「吸うな」とまでは言いませんが、「そこではあかんやろ!」って
心の中で説教をして、もちろんそんなお店に入らずに・・・

何度もお店の前を通っていますが、入ったことのない
つけ麺 二代目みさわ でディナーです。

地下鉄「長堀橋」「心斎橋」のちょうど間ぐらいの
どちらからでも徒歩4分の市立南小学校の東側にあります。

2ndMisawa_001_org.jpg
まったく予備知識もなく入ったので、券売機の前に立ちながら

つけ麺はどのお店も一緒やろうし~
煮干しつけ麺は目新しくもないし~
梅干しつけ麺?コンビニのおにぎりでも梅干しは避けるやろ~

とかなり悩んで、折角なんで 梅干しつけ麺 で冒険してみることに・・・

食券を買って振り返ると店員さんが「やっと決めたかっ!」のような
待ちくたびれた顔も見せずに、爽やかに食券を預かってくれました。

2ndMisawa_002_org.jpg
待っている間に食べ方の流儀を フンフン・ナルホド と読んで
スマホで梅干しつけ麺の情報を調べてみると好みが分かれてるようです・・・

2ndMisawa_003_org.jpg
ということで、梅干しつけ麺(中盛/300g)

店員さんが「食べ方はご存知ですか?」と聞いてくれたので
流儀で予習したけど「いいえ、知らないです」と答えて再度予習をしてみました。

2ndMisawa_004_org.jpg
ちょっとつけ麺ぽっくないビジュアルで、具材から酸っぱそ~って感じが漂います。
梅干しは結構なボリュームですが、中盛(300g)にしてはちょっと少なめのような。

2ndMisawa_005_org.jpg
どこにでもあるような毎度おなじみのつけ汁でチャーシュー、メンマは沈んでいます。

2ndMisawa_006_org.jpg
では、流儀通りに淡路島産の玉ねぎ投入して魚粉と一緒に混ぜて
麺をつけて食べると、イメージ通りの美味しいつけ麺です。

2ndMisawa_007_org.jpg
じゃあ、おススメ通りに麺に梅干しを絡めて食べると、まぁ、梅干しが加わっただけで、その通りでしょう。

2ndMisawa_008_org.jpg
次は、すだちを絞って、麺に絡めて食べてみましょう。
ほほぉ~、これはさっぱり味のつけ麺でなかなかいいですよ!

そして、そこに梅干し絡め麺で食べると、すだちのサッパリと
梅干しの酸味と甘味で一気に高評価なつけ麺に大~変~身!

2ndMisawa_009_org.jpg
3つ目は黒七味をかけると、おぉ~!ガツンと来ましたねぇ!
更に梅干しを加えると、それをマイルドにしてくれます。

2ndMisawa_010_org.jpg
最後は、テーブルにあるポットからセルフのスープ割りで余韻を楽しみます。

2ndMisawa_000_org.jpg
普通でも3度楽しめるつけ麺が梅干しつけ麺だと2倍の6変化して
しかも徐々に味が盛り上がる感じることができました。

もちろん普通に見えた つけ汁 も美味しいんでしょうけど
五代庵 の梅干し と 原了郭 の黒七味 はちょっと覚えておきましょう。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/01/31 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

サックサクの厨房特製チキンカツ/小さな厨房(兵庫:神戸,西区)

先日のランチは 洋風居酒屋 小さな厨房 枝吉店 です。

第二神明「玉津IC」から南へクルマで6分の新幹線の高架を過ぎたところの
ここは神戸?明石ちゃうの?って場所にあります。

朝霧店 には行ったことがあるので、約5年振りです。

ChiisanaChuboEdayoshi_001_org.jpg ChiisanaChuboEdayoshi_002_org.jpg
テーブル4卓、カウンター4~5席はこじんまりとしていますが
窮屈なことはなく、ゆったりとしていて、12時過ぎには
近所の奥様たちや家族連れですぐに満席になってしまいました。

ランチ専用メニューにはこれ以外のものもあったと思います。
すべてに "厨房特製" と付いているのがちょっとニヤリとしてしまいます。

ChiisanaChuboEdayoshi_004_org.jpg
厨房特製チキンカツ

ライスにスープ(味噌汁)、漬物が付きます。

ChiisanaChuboEdayoshi_005_org.jpg
ポテトサラダと大盛りの生野菜サラダはドレッシングは酸っぱく
ほんのり甘くなかなか美味しいです。

そう言えば、別メニューにサラダランチってものもあったので
どんなものが出るのかちょっと気になるような・・・

ChiisanaChuboEdayoshi_003_org.jpg
大きなチキンカツが5個
しかもサックサクでまったく重たくなくメチャうまです。
噛むたびに鳴る美味しい音をお伝えできないのが残念です。

ChiisanaChuboEdayoshi_006_org.jpg
そして、食後のコーヒーがついて、790円!
素晴らしい~!

ChiisanaChuboEdayoshi_000_org.jpg
夜は洋風居酒屋で良さそうなので、行ってみたいですが
ちょっと家からは遠すぎる~
関連記事
[ 2014/01/30 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

どて焼きカレーうどん の〆は あとメシ/三佳屋(大阪:難波)

先日のディナーは 熱い心のつるつるうどん 三佳屋 です。
南海「なんば」駅から東へ徒歩3分の道具屋筋で近くには、普通の食堂 いわま があります。

Miyoshiya_009_org.jpg Miyoshiya_008_org.jpg
経営者の似顔絵看板が印象的で、以前は確か堺市内にもあったはずで、
そのうち行こうと思っていたら、いつの間にか閉店されて、
行く機会を失ってようやくの訪問になります。

Miyoshiya_000_org.jpg Miyoshiya_001_org.jpg
名物のカレーうどんだけでも7種類。
更に辛さは6段階、うどんは 普通 か 細麺 まで選べます。
もちろん、きつね や ぶっかけうどんもありますよ。

Miyoshiya_002_org.jpg
どて焼きカレーうどん 更に あとメシ 付き

Miyoshiya_003_org.jpg
カレーの海というか底なし沼のようです。
辛いもん好きの方にピッタリ という 中辛 にしましたが
個人的にはそれほどでもなかったので 中激 ぐらいがよかったかも・・・

でも、このドロドロ・トロトロ感たっぷりなダシは好きな
タイプで、更に長~い薄揚げが嬉しいですね。

カレーを食べながら、甘めの どて焼き もいいもんです。

Miyoshiya_004_org.jpg
うどんは普通のサイズを選択。
強いコシがあるわけでもなく、柔らかくフニャフニャでもない
何とも形容しがたいうどんです。

Miyoshiya_005_org.jpg
あとメシ を頼むと付属品がいっぱいで
うどんを平らげたあとは・・・

Miyoshiya_006_org.jpg
ご飯・生卵・天かすを投入して
生卵を潰して食べるとまろやかな和風カレーに大変身!

次来るのであれば、もう少し辛さをランクアップさせて、
うどん屋さんには珍しく揚げ物が 見当たらないですが、
ちくわ天・ゲソ天などをトッピングさせて食べたいですね。
関連記事
[ 2014/01/29 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(2)

疑惑(小杉健治)

本日、読了。

小杉健治では9冊目。

DSCF4941_org.jpg
 <あらすじ>

  現金輸送車が襲撃された。
  犯人に『立花じゃないか』と名前を呼ばれたことから
 当然、疑いをかけられた運転手の立花文彦は、潔白を
 主張した。
  彼は、急に病欠した同僚に代って運転手を務め、襲撃
 されたのだった。
  度重なる取調べと周囲の冷たい目に耐え切れず、
 彼は独力で真犯人を追うが、そのまま失踪してしまう。
  夫を信じる妻・伊津子もまた、孤独な戦いを挑むことに
 なり、同じ日にもう一つの事件が起きていたことを知る。

疑惑

<感想>

 主人公は33歳のバツイチ新米女性弁護士・結城静代で一応、法廷モノのジャンルに分けられるようですが、丁々発止のやり取りは殆どありません。しかし、自分が担当した事件が実は別の大きな事件のアリバイ作りのために利用されてしまう屈辱の法廷になってしまいます。

 現金輸送車の犯人が運転手に言った『立花じゃないか』

 これを文字だけの小説だとどのように解釈するか『おぉ、立花じゃないか、久しぶり!』なのか『立花じゃないか!何でコイツがココにいるんだ!』の微妙なニュアンスの違いをもっと議論するのかと期待したのですが、結構あっさりと濡れ衣のための仲間だと思わせるためということで終了。

 ミステリー小説でありながらも、
 ◆バツイチの女性弁護士は別れた検事の夫が忘れられないけど、知り合いの子持ち弁護士にプロポーズされて、しかもそれが前夫の愛情からの策略であったり

 ◆濡れ衣のままの夫が殺された未亡人は、夫が実は結婚する前に婚約していて、その婚約者が彼の兄と不倫関係にあって心中していたのを知ることになったり

 ◆看守の妻として精神的に追い込まれた彼女は、元彼が夫の刑務所に収監されて、官舎で偶然出会ってしまい、出所後に一緒に蒸発したり

 ◆彼が襲撃犯とは知らずに付き合っている女性は、その彼を殺したヤクザとも付き合ったり

 と多くの波乱万丈すぎる人生の女性たちの間を縫うように起きた事件でした。


【小杉健治 読了リスト】
 原島弁護士の愛と悲しみ
 二重裁判
 死者の威嚇
 
 土俵を走る殺意
 夏井冬子の先端犯罪
 裁かれる判事
 東京‐岐阜Σ(シグマ)0秒の罠
関連記事
[ 2014/01/28 21:00 ] 小杉健治 | TB(0) | CM(0)

北新地の握り定食は驚きの700円!/慶鮓(大阪:北新地)

先日のランチは 旬菜・すし処 慶鮓 です。
北新地の堂島上通りで つるとんたん の隣りのビルの4Fにあります。

Keisa_006_org.jpg
11時30分に狭いエレベーターに乗ってお店に入ると、
13席ある席はほぼ満席で皆さん既に美味しそうにお食事中。
私は12番目だったようです。

Keisa_001_org.jpg
目的はひとつだったので 握り定食 を注文すると、ラッキーにも本日最後でした。
直後に来た最後の席のお客さんは、残念そうに 漬け丼定食 にされていました。

Keisa_002_org.jpg
一品ずつカウンター越しに渡されて 握り定食 の完成

Keisa_003_org.jpg
握り8貫、巻2貫

北新地のこんな高そうなお店で自分が握りを食べるなんて~
しかも回ってないし~機械が握ってないし~
安いからといって、かっぱ や カニカマ なんてありませんよ~

Keisa_004_org.jpg
お味噌汁が具だくさんで美味しすぎるし~
出汁巻はフワフワで大根おろしは鬼おろし~

Keisa_005_org.jpg
しかも!しかも!しかも!
かやくめし と お味噌汁がお替わり出来るなんて~

Keisa_000_org.jpg Keisa_007_org.jpg
これで700円!
ここは北新地!
凄~い!
関連記事
[ 2014/01/27 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(4)

キャラメルスフレチーズ/パティスリー らねっと(大阪:西大橋)

先日のおやつは パティスリー らねっと(Patisserie RAINETTE) です。
地下鉄「西大橋駅」から北東へ徒歩4分のところにあります。

Rainette_007_org.jpg Rainette_006_org.jpg
カワイイ店内でカフェスペースもあって、ゆっくりしたいですが、
今回はクーポンで予約しておいたので、大人しく持って帰ることに。

Rainette_000_org.jpg
さぁ、何でしょう?

Rainette_002_org.jpg
キャラメルスフレチーズ(1ホール)

お店ではこんなことはできないので一応測ってみると
直径15cm、高さ3cm、重さ360g
(・・・だから何って感じですが)

Rainette_001_org.jpg
特徴的なのが一面に広がっているキャラメルソース

Rainette_003_org.jpg
口あたりなめらかで美味しいに決まってますよ!

翌日に食べたのでキャラメルは微かに感じる程度でしたが
ひょっとしたら当日に食べていればもっと良かったのかもしれません。

Rainette_005_org.jpg Rainette_004_org.jpg
他にも美味しそうなケーキもあり、しかも、ケーキは15時以降だと
5個1,000円らしいので、行ってみる価値はありそうなお店でした。
関連記事
[ 2014/01/26 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

かやくめし と あさりのお吸い物/弁慶(岡山:岡電「柳川」)

先日のランチは かやくめしの店 弁慶 です。
岡電「柳川」駅から北へ徒歩3分のところにあります。

Benkei_000_org.jpg
これは知っていないとなかなか入りづらい店構えです。
事前チェックしていても躊躇してしまいますが思い切って入ることに。

Benkei_001_org.jpg Benkei_012_org.jpg
右にいっぱいあるメニューは夜用で、ランチは左の1つというか2つで かやくめし に汁物を何にするか?

しかもランチ時間は 11:30~ はいいとしても
情報によると かやくめし がなくなって、12時過ぎには閉店することもあるとか・・・

Benkei_002_org.jpg Benkei_003_org.jpg
そういうこともあって、カウンター9席、座敷2卓の店内のうち
7席は予約済みのようで、漬物とお箸が準備されています。

Benkei_004_org.jpg
ということで かやくめし(あさりのお吸い物付き)

えーこれだけです、お魚もお肉も付きません。

Benkei_006_org.jpg
なぜならメインは かやくめし だから!

まず、ひと口・・・「あっ!ウマ!」

濃くもなく薄くもなく、パクパク無心で食べ尽くしてしまいます。

Benkei_005_org.jpg
そして、ビックリサイズの あさりのお吸い物

もちろんちゃんと大きな身がいっぱい入ってます。

Benkei_007_org.jpg
忘れてはいけない3種の漬物

かやくめし に あさり に 漬物 が三位一体となると、とまらなくなって・・・

Benkei_008_org.jpg
おかわり~!

なんとお替わり自由なんです!
そして食べ終わると「なんぼでも食べや~」みたいな雰囲気で
「おかわりは?」って聞いてくれるので

Benkei_009_org.jpg
お願いします!三杯目!

他のサラリーマンたちもだいたい三杯お替わりしてました。
まだまだ食べられますけど・・・やめときました。

Benkei_011_org.jpg Benkei_010_org.jpg
普通は『かやくめし』『炊き込みご飯』といいますが、私の実家では『たっこめ』だったんですけど、
これは方言なのか、実家オリジナルだったのか気になりながらもシンプルに満足のランチでした。
関連記事
[ 2014/01/25 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

男の昼メシはガッツリ!トンテキランチ/SARU BACON(大阪:吹田,江坂)

先日のランチは SARU BACON(サル・ベーコン) です。
地下鉄御堂筋線「江坂駅」から東へ徒歩3分のところにあります。

SaruBacon_001_org.jpg
木のカウンター・テーブルの店内に入ると「いらっしゃいませ~」
ととっても元気よく迎えてくれます。

超~ガッツリのサラリーマン向けランチは3種類。

左のおじさんの豚の生姜焼きのガブガブ は美味しそうですし
右のお兄さんのナポリタンにのっかった自家製フランクフルトもなかなか凄いですよ~!
といいながらも、一番人気らしい トンテキ を注文。

SaruBacon_002_org.jpg
まずは、土鍋炊きのご飯をお櫃で持ってきてくれ
しかも、お替わり自由です。
スープはコンソメ。

SaruBacon_003_org.jpg
そして、トンテキ の登場!
なんと本日ラストでしたぁ!

SaruBacon_004_org.jpg
スンゴイ肉厚のグローブです。

SaruBacon_007_org.jpg
ナイフで食べやすく解体して

SaruBacon_006_org.jpg
ご飯と一緒に食べて、
濃いソースと噛めば噛むほどあふれ出る肉汁!
しかも柔らかくて、めちゃウマぁ~!

SaruBacon_005_org.jpg
キャベツとこの甘い卵焼きがお口直しにはいい感じで更にご飯がススミます。

ということで、お櫃はキレイに空っぽ!
お茶碗に三杯食べちゃいました!
お肉だけなじゃくて、ホントにご飯も美味しいです。

SaruBacon_000_org.jpg
メニューにも書いてあるように
「腹いっぱい過ぎて、午後働く気なくなるやんかーぃ!!」
と言いたいところですが、午後から客先で2件打ち合わせを
こなして、夜になってもお腹が減らない一日でした。
関連記事
[ 2014/01/24 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(2)

町屋カフェでインドカレーとチャイと・・・おまけ/ラトナ カフェ(京都:四条大宮)

先日のランチは ラトナ カフェ(Ratna Cafe) です。
阪急「大宮駅」から北へ徒歩5分の堀川通から1本西の岩上通にあります。

Ratna_003_org.jpg Ratna_002_org.jpg
チョー寒い日に行くと、「奥の方が温いですよ」とクロスバイクの置いてある
土間っぽい部屋を抜けて、奥の暖房のある部屋に通していただきました。
更に奥は中庭になっていてトイレはそちらのようです。
BGMのインド音楽はメチャクチャ小さい音で流れています。

Ratna_001_org.jpg
カレーは6種類。一つずつ丁寧に説明していただき

内容が覚えられなかったベジタブルにするか
オーソドックスなカレーで辛くないチキン、辛いラム
サラッとしたタイプのエビ or フィッシュ

とどれにするか悩んでしまいましたが・・・

Ratna_004_org.jpg
エビカレー
ライスは玄米 or 白米 を選べたので 玄米を大盛りで。

Ratna_005_org.jpg
2種類の野菜のスパイス炒め(サブジー) と豆のカレー(ダル)がもれなくついてきます。
ダルは辛くはなく、ほんのり甘めでこういうのもカレーと言うんかぁ、結構美味しいやん。

Ratna_006_org.jpg
えびが2尾入った エビカレー
辛さよりもスパイシーさを感じ、ただサラサラなので食べ方に一苦労しました。

Ratna_007_org.jpg
そして、「インド版の梅干しのようなものです」と説明いただいた レモンの漬物?
これとカレーを交互に食べるとかなりいい感じになります。

Ratna_008_org.jpg
最後は、チャイ

「ちょっと甘くした方が美味しいですよ」ということで砂糖を2杯入れて
ゆっくり和んでいると、「年明けのサービスです」と もみじ饅頭 を出していただき
「持って帰ってもいいですよ」と言われましたが、折角なんで食べると
またこの甘さがカレーの後とこのカフェにはいい感じで。

Ratna_009_org.jpg Ratna_000_org.jpg
京都の町屋からインドに行って、なぜか広島まで寄ってしまったランチでした。
関連記事
[ 2014/01/23 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

海老!穴子!かしわ!みんな『揚げたて』天ぷら定食/まきの(神戸:西区)

伊川谷JCT近くの讃岐うどんの おがた家 に行ってみると、運悪く臨時休業!
仕方がないので次の仕事場に移動しつつ適当なお店を探していると
いつの間にやら 以前に行って 美味しかった
天ぷら定食専門店 まきの 西神戸店 の近くに居たので、ここでランチです。

JR西明石駅から東へ徒歩だと23分
または、第二神明「玉津IC」から南へクルマで6分の
神戸視力障害センターの向かいにあります。

Makino_002_org.jpg
前回食べなかった 穴子・かしわ と天ぷらには欠かせない海老が入ったセットを
探しているとありました・・・まきの定食 を注文。

Makino_004_org.jpg
まずは、大盛り無料のご飯、お味噌汁、大根おろし入り天つゆ

大根おろしが苦手な人は抜くこともできますし、抹茶塩・塩でも食べられます。

Makino_003_org2.jpg Makino_001_org2.jpg
ゆず大根・いかの塩辛をご自由にどうぞ!と
天ぷらが揚がるまでこれだけでお茶碗一杯食べてしまいそうです。

Makino_005_org2.jpg
まん丸な 野菜かき揚げ からスタート~!

Makino_006_org2.jpg
そして、手前が かしわ
海老ゲソ は2本も

Makino_007_org2.jpg
続いて、きす と お待ちかねの 穴子
こんなに大きいのにこれで半身です。

Makino_008_org2.jpg
最後は、なすかぼちゃ

次から次から揚がってきて、アツアツのまま最後まで美味しくいただけ
大盛りご飯に天ぷら8品は結構なボリュームなので、もうお腹いっぱいです。

Makino_009_org2.jpg Makino_000_org2.jpg
12時を過ぎるとお客さんも増えてきて、フライヤー1つだと間に合わないようで
2つ目も用意し始めるぐらい人気の天ぷら屋さんでしたぁ~!


☆今までの「天ぷら定食専門店 まきの」☆
 ・旬鮮海定食
関連記事
[ 2014/01/22 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

人それを情死と呼ぶ(鮎川哲也)

本日、読了。

鮎川哲也では6冊目。

鬼貫警部シリーズの5作目。

 <あらすじ>

  警察だけでなく、誰もがみんな、河辺遼吉は浮気の果てに
 心中したと断定した。…しかし、ある点に注目した彼の妻と
 妹だけは、偽装心中との疑念を抱いたのだった!
  貝沼産業の販売部長だった遼吉は、A省の汚職事件に関与
 していたという。彼は口を封じられたのではないか?そして、
 彼が死んだことで、ほくそ笑んだ人物ならば二人いる。
  調べれば調べるほどに強固さを増すアリバイと驚嘆のドンデン
 返し・・・


<感想>

 タイトルからだと結ばれない二人が心中をしてしまう哀しく切ないお話かと思いそうですが、実は汚職事件モノで官僚の腐敗した裏側を暴いていく社会派なのか!?と読み進めますが、汚職について深く掘り下げるわけでもないので、テーマがわからず、宙ぶらりんの気持ちのままストーリーは展開されます。

 更に、鬼貫警部シリーズとは言いながらも、一応この事件を担当はしますが、登場シーンは少しだけなのでちょっと寂しく、でも、肝心の犯人のアリバイを鬼貫警部らしい方法で崩すので、多少は活躍したのかも。

 実際には、殺された河辺遼吉の妹の由美と妻の照子が暴走気味に犯人への糸口をたどっていくので、2時間ドラマっぽく薄っぺらい感じになっているのが否めません。

 とは言いながらも、心中と汚職事件が実はカムフラージュで実は・・・犯人の真相の告白には、予想以上の内容だったので良しとしますかね!

 オマケですけど、犯人が由美に宛てた手紙で真相を伝えています。

 まず、文頭で

 「少し長くなりますが、なにとぞ煩雑をおいといないく、最後までお読み下さいますようお願い致します。」

 まぁ、読書もようやく真相を知ることができるので、これはいいとしましょう。
 更に中盤では

 「この話、退屈でしょうか。もしそうならば、飛ばして御読み下さっても結構です。」

 真相までもうすぐなのに、誰が飛ばすかっ!と思わずツッコんでしまいました。


【鮎川哲也 読了リスト】
 ペトロフ事件          鬼貫警部シリーズ1
 黒いトランク          鬼貫警部シリーズ2
 りら荘事件           名探偵・星影龍三シリーズ1
 黒い白鳥            鬼貫警部シリーズ3/第13回日本探偵作家クラブ賞
 憎悪の化石          鬼貫警部シリーズ4/第13回日本探偵作家クラブ賞
関連記事
[ 2014/01/21 21:00 ] 鮎川哲也 | TB(0) | CM(0)

期間限定!牡蠣塩バターつけ麺/情熱うどん 荒木伝二郎(奈良:田原本町)

先日のランチは 情熱うどん 荒木伝二郎 です。
国道24号線の「千代南」交差点を西へ曲がってすぐのところにあります。

もっと見たい、食べたい! のネットさんが紹介されていたので行ってみました。
Denjiro_000_org.jpg Denjiro_001_org.jpg
どうせ混んでいるだろうと思って11時30分前に着くことを
目標に家を出発したら、ちょっと遅れて11時40分に到着。

行列の5番目。しばらく時間がかかりそうなので、
奥さんは隣りの めぐみの郷 田原本千代店 へ買い物に。

私は店頭のMeetsで紹介されていたらしい『関西うどん店相関図』に興味津々。
師弟関係がわかりやすく、70店ぐらい掲載されています。
そのうち20店ぐらいしか行ったことがないので、まだまだのようです。
Denjiro_002_org.jpg Denjiro_003_org.jpg
30分後にようやく入店。
今回の目的はひとつだったので・・・
Denjiro_004_org.jpg
期間限定の 牡蠣塩バターつけ麺

麺は 温 or 冷 を選べたので あつもり で。
Denjiro_006_org.jpg
潮のいい香りがして、大きな牡蠣もプリプリ!
メチャうま~!
Denjiro_009_org.jpg
〆がご飯割りで。ちょっと塩味が強いので、
全部飲まずに少しだけにしときました。
Denjiro_005_org.jpg
娘のちょっと甘めで濃厚なカレーの
焼チーズカレーうどん

チーズがのって、更に焼いてと
普通のカレーうどんよりも贅沢な感じです。
Denjiro_007_org.jpg
奥さんの人気№2のデッカイちく天の
ちく玉天ぶっかけ

うどん自体を堪能できたのかコレかもしれません。
Denjiro_008_org.jpg
そして、忘れてはいけない激ウマの 唐揚げ

美味しいうどん と 唐揚げ で満腹になって
更に、奥さんとしては、隣りのめぐみの郷での買い物に満足したようでした。
(両手に重そうに大きなビニール袋を持っていたので)


☆今までの「情熱うどん 荒木伝二郎」☆
 ・ざる担担 & 情熱唐揚げぶっかけ~香味ネギソース
関連記事
[ 2014/01/20 21:00 ] お食事処 うどん | TB(1) | CM(6)

チョコとイチゴミルクのフレンチトースト/Soy Start Cafetti(大阪:心斎橋)

先日のおやつは Soy Start Cafetti(ソイ スタート カフェッチ) です。
地下鉄「心斎橋」駅から南へ徒歩5分のビッグステップの西側の通りにあります。

難波方面から行ったので、途中で Eggs 'n Things(エッグスンシングス)
心斎橋店
の大行列を横目で見つつやってきました。
SoyStart_002_org.jpg SoyStart_003_org.jpg
階段を上がるとイケメンのお兄さんが出迎えてくれ
もう一人の格好いいお兄さんと二人でされているようです。

男二人でやっているとは思えないようなオシャレでかわいい店内です。

ちなみにハート形のモノは振るタイプの呼び鈴で少し移動させるだけで
鳴ってしまってお兄さんが飛んでくる可能性があるので、
用事がないときには慎重に持つ必要があります。

SoyStart_010_org.jpg SoyStart_001_org.jpg
フレンチトーストにエッグベネディクトと10種類ほどありますが
今回はクーポンだったので、チョコとバナナ or チョコと苺ミルク の
2種類から選べて、更にソフトドリンクを20種類から選べます。
SoyStart_005_org.jpg
チョコと苺ミルクのフレンチトースト
SoyStart_004_org.jpg
フレンチトーストは食パンだと勝手に
思い込んでいたらこちらはバケットです。
SoyStart_008_org.jpg
厚めのバケットに豆乳がしっかり浸み込んで
外はカリッと中はフワッとしています。
何よりも甘すぎないので、軽~くおいし~!
SoyStart_007_org.jpg
おそらくお店のマーク
SoyStart_006_org.jpg
選べるドリンクは キャラメルラテ
SoyStart_009_org.jpg SoyStart_000_org.jpg
今回はおやつですが、チキンやハンバーグのフレンチトーストも
あるので、軽めのランチでも使えそうなお店でした。
関連記事
[ 2014/01/19 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

ご当地グルメ!たまの温玉めし/どてきりや(岡山:玉野)

先日のランチは 創作厨房 どてきりや です。
JR宇野線「宇野駅」から西へ徒歩6分のところにあります。

「どてきり」とはカニの種類のことで、
大きなハサミで「土手を切り開いて」生息している幻のカニだそうです。

Dotekiriya_000_org.jpg Dotekiriya_006_org.jpg
ホテルとマンションが一体になったアルスプラージュ(Ars Plage)の
レストランで、割烹よし将 から名前が変わったようです。

お店は細い路地にあるので、知らないと行けない場所ですが、12時半頃に行くと
カウンター10席、数室ある個室座敷も満席でかなり人気のお店のようです。

Doterikiya_004_org.jpg Doterikiya_005_org.jpg
運よくすぐに座れたので、メニューを見ると
ホテルのレストランなんで、1,500円~3,000円の会席膳が
あったりして、慶弔などにはピッタリの場所のようです。

そんななかでも1,000円以下のお得な料理もあって、
今回は玉野市のご当地グルメを食べにきたので・・・

Doterikiya_002_org.jpg
温玉めし

焼き穴子 と 鶏肉
野菜はモヤシとキュウリ
中央には温泉玉子

Doterikiya_003_org.jpg
その下には白ごはん・・・ではなく
醤油と蒲焼きのタレで味つけた甘辛い焼き飯

これらを混ぜ混ぜして食べるとウマぁ~い!
野菜が冷たいのがちょっと残念ですけど、期待以上に美味しいです。

また、お味噌汁もいい味ですよ。
Dotekiriya_001_org.jpg
今回は温玉めしが目的でしたが
隣りのおばあちゃんが食べていた1,000円のおまかせ定食が
おばあちゃんには食べ切れないだろうから手伝ってあげたくなるぐらい
豪華だったので、もし次に来るのであればコレですね。
関連記事
[ 2014/01/18 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

カルボナーラ風うどん/海賊さぬきうどん 嘉希(大阪:近鉄八尾)

先日のランチは 海賊さぬきうどん 嘉希 です。

近鉄大阪線「近鉄八尾駅」から北西へ徒歩5分で
アリオ八尾からでも西へ徒歩5分のところにあります。

以前行ったハンバーガーの 香留壇 のすぐ近くです。

ブログを始める前に平野にあった頃に行ったことがありますが
いつの間にか八尾に移転していたそうで、
こちらでは初めてで、しかも『海賊』になってました。

KinYaoYoshiki_001_org.jpg
(選)が付いているうどんは二種盛りができますし、
タイパウダーカレーうどんも気になりますが・・・

KinYaoYoshiki_003_org.jpg
イタリア人もビックリの カルボナーラ風うどん + 大盛り

KinYaoYoshiki_005_org.jpg
アップだとチーズたっぷりのカルボナーラにしか見えませんねぇ~

KinYaoYoshiki_006_org.jpg
オレンジ色の黄身をつぶすと、まぁ美味しそう!
太い剛麺をグチャグチャに混ぜると
黄身とチーズと絡まって絡まれてメチャうま~!

KinYaoYoshiki_004_org.jpg
さて、これは何でしょう?

KinYaoYoshiki_007_org.jpg
持ち上げますとビロ~ンと 一反木綿!オモシロ~い!
ところでうどんの定義って?

KinYaoYoshiki_002_org.jpg KinYaoYoshiki_000_org.jpg
他のお店にはないメニューが多いので、何度行っても楽しめそうなお店でした。
関連記事
[ 2014/01/17 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(2)

これで500円とは!超お得な鉄火丼/天満のとらやん(大阪:天満)

先日のランチは まぐろ食堂 天満のとらやん です。

JR環状線「天満」駅または地下鉄堺筋線「扇町駅」から
北へ徒歩4分の天神橋筋沿いにあります。

TenmaTorayan_002_org.jpg
12時前に入るとほぼ満席ですが、食べ終わると長居する人はいないので回転はなかなかいいようです。
他にも中トロ丼やデラックス海鮮丼もあったりしてバリエーションも豊富です。

TenmaTorayan_003_org.jpg
看板商品の 鉄火丼

これで500円!
しかも大盛り無料!
更に、味噌汁付き!

TenmaTorayan_004_org.jpg
ぶつ切りのマグロ!マグロ!マグロ!
胡麻もパラパラ。

TenmaTorayan_005_org.jpg
横からもまる見えの まぐろ!まぐろ!まぐろ!
ワサビがツーンと効き過ぎるので要注意!

TenmaTorayan_006_org.jpg
どうせ、ごはんでかさ上げしているのだろうと思ったら
やっぱり、マグロ!マグロ!マグロ!
しかも海苔まで敷いてくれて。

軽い漬けマグロなので、そのまま食べても充分OKで
もちろん、ウマ~い!安~い!おなかいっぱ~い!
しかも、500円!

TenmaTorayan_001_org.jpg TenmaTorayan_000_org.jpg
ひょっとして、お会計のときに
「こんなに凄い鉄火丼が500円なワケないでしょ!」
と法外な請求されるのかと思ったら、やっぱり500円でしたぁ~
(そりゃそうですけど!)
関連記事
[ 2014/01/16 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

ストックホルムの密使(佐々木譲)

本日、読了。

佐々木譲では6冊目。

第二次大戦三部作の完結編。

第13回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞。


 <あらすじ>

  イタリアは降伏、ドイツ(ベルリン)も陥落した第二次大戦末期、
 孤立無援の日本では、米軍による本土空襲が激化し、戦局は
 絶望への道を辿る一方だった。日本政府はソ連を仲介とする
 終戦工作を模索する。
  しかし、スウェーデンのストックホルムに駐在する海軍武官・
 大和田市郎は、瀕死の日本にとどめを刺す連合国側の極秘
 情報を入手した。
  日本が滅亡する前に、その情報を軍上層部に伝えるべく、
 日本国籍を失った賭博師・森四郎と元ポーランド情報将校・
 コワルスキという二人の密使が放たれた……。


 <感想>

  以前読んだ建倉圭介の デッドライン はアメリカが開発した
 原爆を広島に投下されることを知らせるために、アメリカのために
 戦争に参加した日系人が アメリカ → カナダ → アラスカ → 千島
 列島 → 日本と太平洋を半周するという単なる冒険小説を越えた
 ストーリーでした。
  そしてこの作品は、原爆以外にもソ連侵攻などの極秘情報を
 スウェーデン → ドイツ → スイス → ソ連 → 満州 → 日本と
 ユーラシア大陸を横断します。
  しかも、その情報を届けるのが日本旅券を剥奪された賭博師と
 元ポーランド将校で、何故日本のためにそこまでしてくれるの?
 という二人です。

 中学のときに、ポツダム宣言・ヤルタ会談・トルーマン・スターリンなど単語でしか覚えていなかったことが時代背景や各国の思惑を踏まえて出てくるので、今になってようやく理解できたような気がします(・・・恥ずかしながら)

 実在したスウェーデン公使館附武官の小野寺 信(まこと)がモデルになっているそうなので、どこまでが史実でフィクションなのかがわからないくらい惹きこまれます。

 海軍省書記官の山脇順三も言っていますが、重要な情報を提供できる人も必要ですけど、もしその情報を重要だと判断できる人がいたのであれば、もう数日早く終戦を迎えられて、広島・長崎の被害もなかったんだろうなぁと思って仕方がなくなってしまいます。


【佐々木譲 読了リスト】
 ベルリン飛行指令          第二次大戦三部作1
                      第7回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞二位
 エトロフ発緊急電          第二次大戦三部作2
                      第43回日本推理作家協会賞 長編部門
                      第3回山本周五郎賞
                      第8回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞
 五稜郭残党伝            蝦夷地三部作1
 夜を急ぐ者よ
 夜にその名を呼べば
関連記事
[ 2014/01/15 21:00 ] 佐々木譲 | TB(0) | CM(0)

サンギョプサルだけでなく韓国家庭料理も食べ放題/豊年(大阪:堺東)

先日のディナーは 韓国料理 豊年(ホウネン) です。
南海高野線「堺東駅」から西へ徒歩9分のところにあります。

調べてみると生野コリアタウンの 豊年 の系列のようです。

Hounen_002_org2.jpg
サムギョプサル か ブタカルビ の食べ放題をやっていて、今回はクーポンだったので、
サムギョプサルの食べ放題 と更に 20種類ぐらいある
一品料理までも食べ放題というかなりお得なコースになっています。

店内は簡素な造りですが、隣りとは簡易的な衝立があるので
ある意味、半個室のような感じで楽しむことができます。

Hounen_003_org.jpg
サムギョプサルを頼むともれなく付いてくる ねぎサラダ・チャプチェ・キムチ
太い春雨のチャプチェは娘がお気に入りみたいでお替わりしました。

Hounen_004_org.jpg
豚ばら肉

奥には ニンニク・味噌・唐辛子
あと、チシャゴマの葉 も付いてきます。

Hounen_005_org.jpg
ナムル・キムチと一緒に焼いて

Hounen_007_org.jpg
焼けたらネギ・唐辛子・味噌をゴマの葉で包んで・・・
ウマ~い!そりゃそうでしょ!
もちろん何回もお替わりしますよ!

では、ここからは一品の紹介を

Hounen_006_org.jpg Hounen_008_org.jpg
キンパ(海苔巻き)チヂミ

Hounen_009_org.jpg
これは何だと思います?

手作りおにぎり なんです。
ナイロンの手袋も持ってきてくれるということは
そう!セルフの手作りおにぎり!
しかも手袋が片手分しかないので・・・

Hounen_010_org.jpg
器用に握るとこんな感じに・・・ですが、これがバカウマです!

Hounen_011_org.jpg Hounen_012_org.jpg
塩味の 韓国風スイトンたまごチム(茶碗蒸し)

Hounen_013_org.jpg
〆は ラーメン
インスタントですけど、これを食べると韓国料理を食べたぁって気分
になんとなくなれるような・・・ちなみに見た目に反して激辛です。

Hounen_001_org.jpg Hounen_000_org.jpg
どれも美味しく、サムギョプサルはもちろんですけど
セルフの手作りおにぎりはまた食べたくなりますね。
関連記事
[ 2014/01/14 21:00 ] お食事処 韓国 | TB(0) | CM(0)

本町の 帯広ぶた丼 は 満開やぁ~/こころ(大阪:四ツ橋)

先日のランチは こころ です。

地下鉄「本町」「西大橋」「四ツ橋」駅から各5~7分の
オリックス劇場(大阪厚生年金会館)の北の通りにあります。

Kokoro_006_org2.jpg
別のお店目的で歩いていると、店頭でお弁当を売っているお店があり
ちらっと見ると、その横にはとんでもなく美味しそうな 豚丼 の写真!

惹き込まれるように入ると、テーブル2卓、カウンター5席にしては、
店員4名は多いなぁと思っていると、ちょっと見え難い奥にも席があるようです。

Kokoro_005_org2.jpg
2種類ある日替わりの説明を店員さんが丁寧にしてくれましたが、
ぶた丼のことしか考えてなかったので、全然聞いてませんでした・・・スイマセン。

ちょっと時間帯が早かったのでお客さんは私ひとりで、
ジュージューとお肉を焼く音・・・
写真通りの甘い香りが漂ってきて・・・

Kokoro_000_org.jpg
帯広ぶた丼(大) の登場!

Kokoro_001_org.jpg
肉厚のテッカテカの豚肉がいっぱい、花いっぱいです!
写真と違~う!なんてガッカリしませんよ!

ヨダレ垂れますよ~
ホラ!あなたも垂れてますよ~

Kokoro_002_org.jpg
山椒はわかるとしても、ナントお替わりタレまでついてきます!
しかも大盛りを頼むとご飯はお替わりできるらしい。

Kokoro_003_org.jpg
普通に食べても美味しいに決まってますが山椒を振りかけると
甘い脂とタレとピリリが合わさってバカウマぁ~~!

Kokoro_004_org.jpg
12時を過ぎると、すぐにお客さんでいっぱいになりました。

夜は串揚げや、生姜鍋・豆乳鍋をやっているようで
この豚を使った料理が出るのであれば行ってみたくなりますねぇ。
関連記事
[ 2014/01/13 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(4)

蒸し穴子とイクラのダブル丼/かじき(兵庫:神戸,県庁前)

先日のランチは 日本料理 かじき です。

地下鉄「県庁前駅」から東へ徒歩1分 または
JR・阪神「元町駅」から北へ徒歩3分の鯉川筋沿いにあります。

KenchomaeKajiki_002_org.jpg KenchomaeKajiki_003_org.jpg
13時くらいに行ってみると、暖簾は出ているけど店内は真っ暗・・・
すると奥から「どうぞ、いいですよ、いらっしゃいませ~」と
女将さんのような方が出てこられて、電気を点けてくれました。

高級そうな外観と店内ですが、カウンターにある鮮魚のガラスケースは
空っぽ、水槽には元気のなさそうなフグ、一見立派な黒いカウンターも
実はそうでもなく、所々の設備は古そうな感じです。

KenchomaeKajiki_000_org.jpg KenchomaeKajiki_001_org.jpg
そうは言いながらも、明らかに美味しそうでお得なメニューがあるので、注文して、しばし待ちます。

KenchomaeKajiki_004_org.jpg
蒸し穴子とイクラのダブル丼

「タマゴとイクラに生醤油をかけてくださいね」と教えてくれます。

KenchomaeKajiki_005_org.jpg
穴子はフワフワ、タマゴを潰してイクラと合わせてバカウマぁ~
また シソ と ワサビ がほどよく効いていい感じです。

KenchomaeKajiki_006_org.jpg KenchomaeKajiki_007_org.jpg
そして、三つ葉のいい香りのお味噌汁には魚のアラも入って
3種の漬物はポリポリパリパリして美味しいのでお味噌汁と漬物だけで
「白ごはん、お替わり~」って言いたくなります。

KenchomaeKajiki_009_org.jpg KenchomaeKajiki_008_org.jpg
不安から始まったランチですが、一転してプラス評価で終わることができ、
帰りも「ありがとうございました~」ととっても愛想よく見送っていただきました。

それにしても、蒸し穴子はめちゃウマなので
おそらく穴子が多いだろうと思われる 蒸し穴丼 を是非食べてみたいですね。
関連記事
[ 2014/01/12 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(6)

タマゴぐらい大きなカキフライ/グリル ミヤコ(大阪:弁天町)

先日のランチは グリル ミヤコ です。
各線「弁天町駅」から西へ徒歩5分のORC200を過ぎたところにあります。

Miyako_001_org.jpg Miyako_003_org.jpg
ほとんどの人が頼むモノが決まっているようで、「メニュー見ますか?」と思ってもみなかったことを聞かれて
心の中では決まっていましたが、メニューをもらって一応目を通しても目的のモノが無く、
店内をグルッと見回すと壁に貼ってありました!

1,800円?高~い!さぁどうする俺?
自問自答を繰り返し、初志貫徹で注文し、
「しばらくお時間いただきますがよろしいですか?」
「大丈夫です」

Miyako_008_org.jpg
カウンターに座っていた私は、しばらく待つならばと本を読みつつ
サラダが盛られた皿の山の向こうの厨房の従業員たちの丁寧なやりとりと
私語や罵声を飛ばさずにテキパキと動いている雰囲気を感じていると・・・

Miyako_004_org.jpg
約10分でお待ちかねの カキフライセット

あまりの迫力に隣りのサラリーマンも目を見張ってました。

Miyako_006_org.jpg
明らかに玉子サイズ!しかも、6個も!
1,800円は高~いと思いましたがこれなら、少し納得。

Miyako_007_org.jpg
中を開くとトロローンとカキが流れ出すようで、タルタルではなくソースで食べます。

「カ・キ・フ・ラ・イですけど文句あります?」
「もの足りない?」

ってこのカキフライに聞かれたら
「いえいえ、とても美味しくいただきました」
「気持ちもお腹もいっぱいです・・・でも、しばらくお会いしたくないような」

って答えるでしょう。

Miyako_005_org.jpg
こんなにボリューミーなカキフライですが、負けず劣らずキャベツやレタスの野菜も
いっぱいなので、何とか口の中をリフレッシュさせながら戦い終えました。

Miyako_002_org.jpg Miyako_000_org.jpg
しばらく、カキフライのことは忘れたいので
次は殆どのひとが頼んでいたステーキランチにしてみますか。
関連記事
[ 2014/01/11 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(4)

兵馬俑のいるお店で西安料理/朋友雑穀食府(大阪:島之内)

先日のディナーは 朋友雑穀食府(パンユウザッコクショクフ) です。

日本橋、長堀橋、松屋町の各駅から徒歩8~9分の
日本であって日本でないような雰囲気のところにあって
店員さんも他のお客さんもあまり日本語を喋っていないので
更に異国感を増長させてくれます。
PanyuZakkoku_001_org.jpg
まずは、シャキシャキ感が抜群で前菜にはピッタリな じゃがいもの千切り和え物
PanyuZakkoku_002_org.jpg
続いて トマトと玉子の炒め は優しい味で
キクラゲのコリコリが嬉しくなって、まだまだ助走段階です。
PanyuZakkoku_003_org.jpg
ピリ辛骨付き唐揚げ

大きなお皿に盛られた3分の2以上は真っ赤な唐辛子で
この唐辛子を食べてしまうとピリ辛どころか激辛になってしまうので
避けるように唐揚げを食べると激ウマです。
実はセロリも結構美味しかったぁ。
PanyuZakkoku_004_org.jpg
葱油餅

20年以上前に美味しんぼで山岡士郎が『小麦粉・水・ネギ・ごま油』
だけで作ってメチャクチャ美味しそうで、メニューにコレを
見付けてしまったので思わず注文してしまいました。

ちゃんとトグロを巻いていて、これだけの食材でこんなに美味しい
ものが出来るとは不思議です・・・自分でも作ってみますかね。
PanyuZakkoku_005_org.jpg
手作り水餃子

モッチモチの大きな餃子と底に沈んだプリプリ春雨と
あっさりめの塩味のスープとこれは美味しい!
PanyuZakkoku_006_org.jpg PanyuZakkoku_012_org.jpg
ちょっと休憩でソフトドリンク欄にまったく読めない
飲み物があったのでかなり冒険してみました。

椰女乃(メニューでは女偏に乃)・王老吉

椰女乃はココナッツジュース
王老吉は甘い紅茶というか薬臭いお茶のようです。
PanyuZakkoku_007_org.jpg
西安名物の 腰帯麺 (ビャンビャンメン)

きしめんもビックリの幅広麺の油そばで
それを持ち上げてみると・・・
PanyuZakkoku_008_org.jpg
こ~~~~~~~~~~~んなに長~~~~~~~~~~~い
4~5mはあるらしく、見た目だけじゃなくて、モチモチしてウマぁ~い。
PanyuZakkoku_010_org.jpg
こちらは対照的に短い麺の 五目スープの刀削麺

これも麺の珍しさだけではなくて、スープ自体が美味しいですね。
PanyuZakkoku_009_org.jpg PanyuZakkoku_011_org.jpg
最後は、羊肉串・鶏羽串豚肉串・豚手串

それぞれ焼く時間が違うのでバラバラに出てきました。
読んで字のごとくの素材の串で結構辛いです。
PanyuZakkoku_013_org.jpg PanyuZakkoku_000_org.jpg
腰帯麺・刀削麺・葱油餅と、どれも作っているところを
見たくなるような兵馬俑のいるお店の料理でした。
関連記事
[ 2014/01/10 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(2)

『カレーの店・・・?』でチキンのスープカリー/ROJO(岡山:北長瀬)

先日のランチは Dinning & Bar ROJO(ロホ) です。
JR山陽本線「北長瀬」駅から南へ徒歩13分のところにあります。
Rojo_000_org.jpg
ロジョではなくロホだそうで、店名の由来は知りませんが
スペイン語だと『赤』という意味みたいです。

堂々と【カレーの店・・・?】
と掲げられると入っていいものか躊躇してしまいますが、
じゃあ何屋さんなのだろうかと気にもなってしまいますね。
Rojo_001_org.jpg Rojo_002_org.jpg
ランチは、スープカリー・牛丼・さわらの塩焼き の3種類。
しかもスープカリーだけでも9種類もあります。
Rojo_003_org.jpg
Aランチの ROJO特製♪チキンのスープカリー

甘口・普通・中辛・辛口・メチャ辛 から選べて 辛口 に
ご飯は大盛り無料だそうなので、お言葉に甘えて大盛りに。

サラダはマカロニサラダ&ハム付きでちょっと豪華です。
Rojo_004_org.jpg
グツグツと煮たったまま持ってきてくれて
ジャガイモ・タマネギ・ブロッコリー・カボチャ・玉子と具だくさんで
Rojo_005_org.jpg
骨からホロホロと外れる柔らかいチキンも2個入って
香りよくスパイシーで【・・・?】って何って思うぐらい美味しいスープカレーです。

辛口にしたので、最後はちょっとノックダウンをくらってしまいそう
だったので、メチャ辛 だったら病殺だったかも・・・
Rojo_006_org.jpg
私にしては珍しく食後は紅茶、しかもチョコレートまで付きます。
これで850円とはお得ですよね。

【カレーの店・・・?】とはちょっと謙遜されていただけのようです。
関連記事
[ 2014/01/09 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

鉄板チーズハンバーグはレーズン入り/ピエロ(大阪:肥後橋)

先日のランチは グリル ピエロ です。
地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」から西へ徒歩2分のところにあります。

12時半に行くとL字型のカウンターは満席で6人待ち。
でも運よく5分ほどで座れました。

HigobashiPierrot_002_org.jpg
ランチは3種類・・・というか
ハンバーグ or 焼肉 とそれらのミックスになります。

HigobashiPierrot_007_org.jpg
見えてしまう厨房をジーっと見ていると
おばちゃんはテキパキと左から右からへと手際よく動き
おっちゃんはモクモクと火と格闘しています。

左と中央のコンロで鉄板を熱し
右のコンロで大きなフライパンでモヤシを炒め
下のオーブンでハンバーグを焼いています。

じゃあ、焼肉はどのコンロでするのか気になってしまいますね。

HigobashiPierrot_003_org.jpg
ドーンと、ハンバーグ定食

何も言わなくてもご飯は大盛り、小鉢は冷奴

HigobashiPierrot_004_org.jpg
熱々の鉄板にはチーズがトッピングされたハンバーグ
そして、ソースがグツグツと!

HigobashiPierrot_006_org.jpg
肉汁がドバッーと!
チーズがトローッと!

バカウマの超ウマ~
パクパクモグモグと食べていたら

・・・ふと甘味が

・・・何か違和感が

何とハンバーグにはレーズンが!

私にとって唯一と言っていいぐらい大嫌いなレーズンがゴロゴロと!

しかーし!この甘味が美味しさを増幅させていることには間違いなく
熱々さと濃厚さでレーズンの負のオーラが消されて・・・
もう、そんなの関係ねぇ!の如く
パクパクモグモグウマウマアツアツ

HigobashiPierrot_005_org.jpg
このハンバーグにはピッタリの付け合せは
ポテトと大量に作っていたモヤシ炒め

HigobashiPierrot_000_org.jpg HigobashiPierrot_001_org.jpg
食べ終わった後、何か足りないなぁと思ったら
味噌汁でもあればなおGOODですね!

でも、大っ嫌いなレーズンではありますが
この世の中に存在することを少しだけ認めてあげても
いいかなぁ、と思ってしまったランチでした。
関連記事
[ 2014/01/08 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

ガツンと汁なし和え麺/ラーメン荘 地球規模で考えろ(京都:伏見)

先日のランチは ラーメン荘 地球規模で考えろ です。

各駅徒歩だと、近鉄「伏見駅」から東へ4分、京阪「墨染駅」から南西へ7分、 
近鉄・京阪「丹波橋駅」から北へ10分の24号線の脇道にあります。

なんとも変わった名前ですが、
ラーメン荘 夢を語れ(京都・一乗寺)
ラーメン荘 おもしろい方へ(大阪・住道)
ラーメン荘 歴史を刻め(大阪・下新庄、寺田町
ラーメン荘 これが好きだから(兵庫・西宮)
Yume Wo Katare(アメリカ・ボストン)
と関西を中心に展開している二郎系の有名店です。

FushimiChikyukibo_000_org.jpg
こちらの系列は初めてだったので、店員さんが色々と丁寧に説明してくださり、
並が通常の2.5倍(300g)もあって少なめ(200g)にしたければ、青い洗濯バサミを挟んでください、と。

食べ残しは『ご遠慮』というよりは、『絶対禁止!』っぽく、何度も言われ、若干ビビッてしまい・・・

FushimiChikyukibo_001_org.jpg
注文すると、おしぼり・お箸・レンゲ・お水は入口にあるのでセルフで用意し、しばし待ちます。

仕上げる直前に「ニンニクいれますか?」と聞かれるので
「もちろん入れます!」と言いたかったところですが
この後、仕事で初対面の人と会わなければならなかったので
泣く泣く「・・・抜きで」
更に、食券を買うときにあれだけビビらされたので、「増し」も言えず、すべてデフォルトで。

FushimiChikyukibo_002_org.jpg
でラーメンではなく、汁なし(300g)

つまり和え麺。
久しぶりに見るジャンクスタイル!

FushimiChikyukibo_003_org.jpg
ドンブリには何やらスローガンっぽいものが。
なんなんだこの料理!

FushimiChikyukibo_004_org.jpg
一味だけでなく黒胡椒もたっぷり

FushimiChikyukibo_0デッカいチャーシューが2枚<br /><br /><a href=FushimiChikyukibo_008_org.jpg
しかも分厚く柔らかくてウマ~
お持ち帰りも出来るようです。

FushimiChikyukibo_006_org.jpg
モヤシにキャベツもいっぱい

FushimiChikyukibo_007_org.jpg
底からヨイショ!とかき混ぜて、極太ちぢれ麺がウマァ~!弾力凄~い!
黒胡椒が強めですけど、見た目ほどコッテリ感もなく、一気に完食!

FushimiChikyukibo_009_org.jpg FushimiChikyukibo_010_org.jpg
改めて、自分でもよく食べるなぁと思ってしまいました。
これなら大盛りで増し増しでも問題なかったのかも・・・
関連記事
[ 2014/01/07 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

タイグリーンカレー&タイラーメン/みうら屋 タイ食堂(大阪:梅田,新梅田食道街)

先日のランチは みうら屋 タイ食堂 です。
新梅田食道街の 釜たけうどん の向かいにあります。

UmedaMiuraya_007_org.jpg
いかにも女性が好きそうなメニューなので店内に入ってみると、やっぱり女性ばっかり!
でも新梅田食道街という場所柄なのか雰囲気はサラリーマン御用達の居酒屋風です。

さてメインをタイグリーンカレーにするかタイラーメンにするか・・・

UmedaMiuraya_002_org.jpg
タイグリーンカレーがメインの カレーセット
どう見てもお得さ満点でテンションが上がってしまうセットです。

UmedaMiuraya_004_org.jpg
まずは、タイグリーンカレー
ライスには焼いたナスがポンと。

UmedaMiuraya_005_org.jpg
スパイシーですけどココナッツミルクが入っているので
優しい感じでチキンもいっぱいでウマウマ~

UmedaMiuraya_001_org.jpg
続いて、タイラーメン

あっさり鶏ガラスープで海老やら豚ミンチなど具もいっぱいで、もちろん麺はお米
カレーとは、いい対比になって、これだけでも充分美味しいんですけど

UmedaMiuraya_006_org.jpg
辛くしたければ唐辛子
味を濃くしたければナンプラー
さっぱりしたければレモン汁

どれもちょっと入れるだけで味が大きく変わるので入れ過ぎ注意です・・・酸っぱくなり過ぎました。

UmedaMiuraya_003_org.jpg
揚げ立てなのでちょっと遅れて登場した 鳥手羽唐揚げ
アツアツ、カリカリでもうこの3品攻撃に撃沈です。

UmedaMiuraya_000_org.jpg
タイグリーンカレー&カレーラーメンのカレーカレーセットも欲しいなぁ~
・・・同じ味になりますけど
関連記事
[ 2014/01/06 21:00 ] お食事処 エスニック | TB(0) | CM(0)

おまえさん(宮部みゆき)

本日、読了。

宮部みゆきでは33冊目。

『ぼんくら』シリーズの3作目。


 <あらすじ>

  痒み止め薬「王疹膏」を売り出し中の瓶屋の主人・新兵衛が
 斬り殺された。本所深川の“ぼんくら”同心・井筒平四郎は、
 将来を期待される同心・間島信之輔(残念ながら醜男)と調べに
 乗り出す。
  検分にやってきた八丁堀の変わり者“ご隠居”源右衛門は
 その斬り口が少し前に見つかった身元不明の亡骸と同じだと
 断言する。
  二つの事件をつなぐ新兵衛の奉公先だった生薬問屋の当主
 から明かされた二十年前の因縁と隠された罪。さらなる亡骸…。
  瓶屋に遺された美しすぎる母娘は事件の鍵を握るのか。
  平四郎の甥っ子・弓之助は絡まった人間関係を解きほぐす
 ことができるのか。


 <感想>

  上下巻1200頁と事件以外にレギュラー陣の秘密のエピソードが
 かなり盛り込まれています。

  ・おでこ(三太郎)を捨てた母親・おきえの覚悟
  ・弓之助の兄の河合屋の三男・淳三郎のやんちゃぶり
  ・平四郎・政五郎のそれぞれの奥さんとのなれそめ

 などなど、そして脇役がいっぱいで新キャラクターとしてブサイク
 な同心・間島信之輔、その大叔父・本宮源右衛門が登場し、
 更におでこ(三太郎)がお徳の惣菜屋の おもん を好きになって、
 その おもん は弓之助を好きでと、ちょっと人物相関図かキャラク
 ター紹介などでまとめて欲しいぐらいです。


 じゃないと肝心の事件のほうがむしろサイドストーリーと勘違いしてしまいそうになります。

  謎解きとしては、弓之助はさすが脳みそフル回転で活躍しますが、平四郎はちょっと控えめでした。それもこれもエピソードが多過ぎるからですけどね。

 個人的には、弓之助の兄の淳三郎のような魅力的なキャラクターをどんどん登場させて、続きのシリーズを読みたいのはもちろんですが、10年後ぐらいの弓之助・おでこ・淳三郎が中心のシリーズも読んでみたくなりますね。

 どちらにしても、このシリーズはハズレなし!です。


宮部みゆき 読了リスト1
【宮部みゆき 読了リスト2】
 心とろかすような―マサの事件簿      元察犬「マサ」シリーズ2
 理由
 クロスファイア
 ぼんくら                      ぼんくらシリーズ1
 あやし~怪~
 日暮らし                      ぼんくらシリーズ2
関連記事
[ 2014/01/05 21:00 ] 宮部みゆき | TB(0) | CM(2)

火山が噴火するキラウェアパンケーキ/Kahala(大阪:心斎橋)

先日のランチは Cafe Kahala(カフェ カハラ)です。

地下鉄「心斎橋駅」から南東へ徒歩4分のところにあります。
ちなみに同じビルには、期間限定で小森純さんのカフェレストラン しぶや区 もあります。

kahala_000_org2.jpg kahala_010_org2.jpg
パンケーキ人気とクーポンを出しまくっていることもあってか11時45分に着くと15人ぐらいの行列。
30分ほどで、注文は受け付けられませんがとりあえずお座りください、と。

kahala_003_org.jpg
すぐにメニューを持ってきてくれたので、20分ほど眺めてようやく注文したら
すっかり忘れていたお水を持ってきてくれ、後はスムーズに出てきます。
(ちなみに対応が悪いわけではないので誤解なく)

kahala_004_org2.jpg kahala_005_org2.jpg
クーポンについている サラダ or スープ
娘はサラダ、私と奥さんは スープで。

kahala_006_org.jpg
ドリンクも30種類以上あって、一部以外は選べるということで ホットラテ
土日限定の アサイー&ラズベリーミックス, アサイー&グアバ
アサイーの色が濃くてどっちがどっちか飲まないとわからないですけど。

kahala_011_org2.jpg
イチオシだという キラウェアパンケーキ
更にこのクーポンはトッピングまで選べて、キウイ

kahala_009_org2.jpg
キラウェア火山の生クリーム頂上から流れ出ているのはキャラメルソース溶岩
そして火山を取り囲んでいる熱々のカスタードソース海
そこにはラズベリーとブルーベリーが浮かんでいます。

パンケーキはモッチリフワフワ、ソースは甘~く
いろんなソースをからめて、幸せな気分にひたれます。

kahala_007_org2.jpg
奥さんの チョコバナナパンケーキ
トッピングはキウイ

kahala_008_org2.jpg
娘の マンゴークリームパンケーキ
トッピングはメロン

kahala_001_org2.jpg kahala_002_org2.jpg
オッサンにはちょっと甘めですけど、腹いっぱいになったパンケーキランチでした。
関連記事
[ 2014/01/04 18:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(4)

【おでかけ】初詣は出雲大社で

今年の初詣は平成の大遷宮で話題の 出雲大社 に行ってきました。
IzumoOsaka_004_org.jpg
・・・といっても島根県はちょっと遠いので
堺の初芝にある 出雲大社大阪分祠 です。
IzumoOsaka_000_org.jpg
まずは手水でお清めして
IzumoOsaka_001_org.jpg
露店が並んで人だかりになっている参道をすり抜けて
IzumoOsaka_002_org.jpg
大きな注連縄の下でお参りをしてきました。
IzumoOsaka_003_org.jpg
ふと隣のテントに隠れるように今年の干支のお馬さんもいました。
IzumoOsaka_005_org.jpg
こんなに露店があって何も買わないのは寂しいので
たません だけ食べて帰りました。

ちなみに周辺はとんでもない初詣渋滞なので
クルマで行かないほうがいいですよ。
関連記事
[ 2014/01/03 15:00 ] 旅行・おでかけ 大阪 | TB(0) | CM(0)

名物のバラ肉チャーシューをお持ち帰りで/純情屋(大阪狭山)

先日のディナーは 純情屋 です。
310号線の「茱萸木南」交差点にあります。 
Junjoya_004_org.jpg Junjoya_003_org.jpg
といっても、今回はお店で食べたのではなく
チャーシューのお持ち帰りです。

モモ肉 or バラ肉 を1kgよりも 大きめ or 小さめ
から選んで予約しておきました。

31日の14時頃に取りに行くと、年越しそば代わりに食べにきたであろうお客さんと
チャーシューを予約しておいたお客さんで店内はごった返していました。
Junjoya_000_org.jpg
ドーンと バラ肉チャーシュー

大きめで頼んで、お金を払ったら予想よりも高かったので
重さを量ってみると1.6kg、直径11cm x 長さ17cm とド迫力の
チャーシューで、タレも200gも入ってました。
Junjoya_001_org.jpg
毎回、おっちゃんに「食べ方わかってるねぇ?」って渡されるときに言われます。

つまり「焼いてから食べてね」ってことなんで
フライパンで大量に焼いて・・・
Junjoya_002_org2.jpg
今回は、レタス・大葉・海苔・カイワレ・アボガド などで
包んで、手巻きおにぎり で食べまくりましたぁ~

まだまだ大量に残ってますけど・・・


☆今までの「純情屋」☆
 ・担担つけめん&チャーハン
 ・黒ゴマ担担つけめん&チャーハン&特製ギョーザ
 ・カレーつけ麺
 ・チャーシュー丼&特製ギョーザ
 ・チャーハン&チャーシュー丼&特製ギョーザ
 ・焼きラーメン(しょうゆ&塩味あんかけ)&チャーハン
 ・焼きラーメン(塩味レモン&ソース)&チャーハン&特製ギョーザ
 ・味噌つけめん&塩つけめん
 ・サラダ麺
 ・カレーつけ麺&サラダ麺&チャーハン
 ・バラ肉カレーつけめん
関連記事
[ 2014/01/02 12:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)