FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2013年12月
月別アーカイブ  [ 2013年12月 ] 

≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

今年もありがとうございました。

今年も皆さんからたくさんの拍手やコメントをいただきました。
そこで拍手の多かったTOP20を紹介して、締めくくりたいと思います。
来年もまたよろしくお願いいたします。
ではよいお年を!

第1位
  2×2度 美味しい カレー釜玉うどん/情熱うどん 山斗(大阪:西大橋)
第1位
  TOFU-CHAUDE は 豆腐ちゃうで!/スリーズ(大阪:堺東)
第3位
  冷やし梅塩そば & 冷やし黒豚坦々麺/和おん(大阪:阿波座)
第3位
  ツリーハウスのある湖畔カフェ/prato cafe(兵庫:小野)
第5位
  泉州産たまねぎのサラダハンバーグ & 大分県産「蘭王」のタマゴご飯/スタイリッシュグリル Tyu(大阪:心斎橋)
第6位
  『かきそば』は時価です・・・さてHow much?/堀江やぶ(大阪:南堀江)
第7位
  【天空に乗って高野山へ④】聖地・奥の院
第7位
  【天空に乗って高野山へ⑤】高野山でのおやつは胡麻豆腐/濱田屋(和歌山:高野山)
第7位
  【天空に乗って高野山へ⑧】生麩まんじゅう『笹巻あんぷ』/麩善(和歌山:高野山)
第7位
  【長崎旅行記①】長崎発祥!トルコライス/ツル茶ん(長崎:思案橋)
第7位
  【長崎旅行記⑤】ようこそ!世界新三大夜景へ(長崎:稲佐山)
第7位
  はじめ人間ゴンゴンゴーン/ギャートリブ(大阪:イオン大阪ドームシティ)
第13位
  地下街はカレー激戦区/サヴォイ(SAVOY)(神戸:三宮)
第13位
  圧巻!モーニングセット/喫茶 アメリカン(東京:東銀座)
第13位
  【『のぼうの城』の地をたずねて①】石田堤史跡公園(埼玉:鴻巣・行田)
第13位
  【おでかけ】潮干狩り2013/新舞子(兵庫:たつの)
第13位
  和牛肉汁つけ麺/讃岐うどん いってつ(大阪狭山)
第13位
  【ポタ】ちょっとノドが渇いたので『10円自販機』まで片道23kmポタってみました(大阪:野田)
第13位
  ボリュームありすぎでしょ!/サニーサイドカフェ(大阪:堺東)
第13位
  【長崎旅行記⑥/早朝散歩・前編】土佐商会~清風亭~晧台寺~眼鏡橋
第13位
  【長崎旅行記⑩】佐世保名物はまだありますよ!シュークリーム&レモンステーキ/蜂の家(長崎:佐世保)
第13位
  9種類のパン食べ放題のイタリアン/ソール・エ・フレール(神戸:三宮)
第13位
  タイ風グリーンカレーラーメン/メティ(大阪:天満)
第13位
  【ちょっと地中海まで⑧】式年遷宮!外宮のあとは内宮へ(三重:伊勢)
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/12/31 05:00 ] おうち | TB(0) | CM(0)

テイクアウト専門店のオーストラリアンミートパイ/キウイズ パイ(大阪:北堀江)

クロスバイクで 八王子神社 に行った帰りに
北堀江の キウイズ パイ(Kiwis Pie) に寄りました。

西大橋駅からでも四ツ橋駅からでも徒歩4分のところにあります。

KiwisPie_005_org.jpg KiwisPie_006_org.jpg
堀江やぶ で かきそば を食べたときに、偶然お店の前を通って
知っているようで知らないミートパイが気になっていたので行ってみました。

いろいろ検索してみると、おそらく
大津の リオ パイズ(Rio Pies) の系列のようです。

ファーストフード風の外観からてっきりカワイイ女性店員が出てくるのかと
思ったらオッチャンだったので、予想外でちょっと戸惑ってしまいました。
(どうでもいいことですけど・・・)

KiwisPie_008_org.jpg KiwisPie_007_org.jpg
家で食べたいことを伝えると温め方を教えていただきました。

メニューでは6種類ですが、ショーケースのメキシカンパイを含めて7種類、
更に、フィッシュ・アンド・チップスまであります・・・

KiwisPie_001_org.jpg
そこから3種類買いました。
ケチャップも3つ付いています。

KiwisPie_000_org.jpg
直径約11cm、重さは約165gで
思っていたよりズッシリして、
しかも思っていたより柔らかくて崩れてしまいそうです。

レンジで1分、トースターで3分で温めて・・・

KiwisPie_004_org.jpg
まずは、定番の ミートパイ

温めると生地はサクサクになって、
餡には塩胡椒がきいてウマウマです。
たっぷり肉を味わいたければコレですね。

KiwisPie_002_org.jpg
続いて、ミート&クリームチーズパイ

どのパイにもミートは必ず入っていて、トッピングが
変わるだけだそうで、濃厚なチーズとはいい組み合わせです。

KiwisPie_003_org.jpg
最後は、 マッシュポテトの入った シェパードパイ

ミートとポテトなんでコロッケ風になって
肉肉しさが中和されて、今回のなかではいちばんお気に入りですね。

おそらく初めて食べたミートパイですけど
これならハンバーガーの代わりにも充分なりそうです。
関連記事
[ 2013/12/30 09:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

【ポタ】巳年の最後は阿吽の蛇様に会いにいってみました/八王子神社(大阪:東成)

今年は巳年だったので、最後のポタリングは、森ノ宮、玉造、緑橋、今里の各駅の
中間ぐらいにある阿吽の蛇様のいる 八王子神社 まで行ってみました。

Hachioji_000_org.jpg
先日、大阪マラソン2013 をポタったときに、そのスタート地点の
大阪府庁前まで行くコースとほぼ同じルートをたどり、1時間10分ほどで到着。

Hachioji_002_org.jpg
拝殿の向かって左側奥に祀られている八王子神社末社の 八立龍王大明神

更に近づくと・・・

Hachioji_001_org.jpg
いらっしゃいましたぁ!

ホントに阿吽になってますねぇ。
トグロを巻いてますねぇ。

ここだけだとちょっと寂しいので、南東へ1kmほど走ると・・・

Hachioji_003_org.jpg
ありましたデッカイ楠木!

Hachioji_005_org.jpg
こちらは 八王子神社御旅所

御旅所(おたびしょ)って初耳ですが、
神社の祭礼のときにお神輿(みこし)を鎮座しておく場所だそうで。

Hachioji_004_org.jpg
樹齢1300年で大阪市の保存樹に指定されているそうです。
よーく見ると本殿がこの大楠に鎮座しています。

門真・三島神社の薫蓋樟(くんがいしょう) を思い出しますね。

ここから今回のコースの唯一の大きな登り坂の長堀通を西へ走り、
キウイズ パイ(Kiwis Pie) でお土産を買って
今年も事故なく無事にポタリングは終了しました。
Hachioji_Data_org.jpg
 地図は大和川以北ですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:2時間44分
  距 離 :53.9km
    (2013年累計:1,283.7km/19日)
 最高速度:31.42km/h
 平均速度:19.63km/h

 2012年は累計:1,980.0km/32日 だったので、
 距離も回数も昨年の約6割になっちゃいました。

 年初は「週1ペースで頑張るぞー!」って言ってた
 はずですが、 では来年は
 「(控えめに)月2ペースで頑張るぞー!」

Hachioji_Route_org.jpg
関連記事
[ 2013/12/29 13:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(0)

お値打ちな鯛茶漬け/番屋 燁(大阪:堺筋本町)

先日のランチは 番屋 燁(Banya‐HANA)です。
地下鉄「堺筋本町駅」から北へ徒歩5分のところにあります。

BanyaHana008_org.jpg
鯛茶漬けをランチで食べると1,500円とか2,000円しそうですけど
さすが本町!ナント980円!食べてみる価値はありそうです。

ちなみに本町あたりだとワンコインランチのお店がいっぱいなので
周辺のお店よりはちょっとお高めです。

12時過ぎだと15席あるコの字型カウンターは満席。
ちょっと狭いので隣りのお客さんとは譲り合うような感じになります。

BanyaHana000_org.jpg
鯛茶漬け定食

BanyaHana001_org.jpg
擦り胡麻をまぶした鯛の切り身が6切れ

BanyaHana009_org.jpg
お櫃のご飯とダシ
お米は店員さんの実家のもので丹波産だそうです。

BanyaHana003_org.jpg
まずは、海苔とワサビをのっけて鯛茶漬けで。

ウマぁ~!
胡麻のいい香りと鯛のいい食感!

BanyaHana002_org.jpg
バラエティに富んだ小鉢もあって飽きさせません。

BanyaHana004_org.jpg
次は、鯛丼風で。
ダシで流されないだけ、胡麻がいっそう引き立ちます。

BanyaHana005_org.jpg
最後は、全部入れて再び 鯛茶漬けで。
これで980円は凄~い!と思ったら・・・

BanyaHana006_org.jpg
デザートまであって、トマトの甘酢漬け

BanyaHana007_org.jpg
夜は居酒屋さんのようで、生うにローストビーフや鶏肝旨煮が
人気で、鯛茶漬けもあるそうなので、気になりますねぇ。
関連記事
[ 2013/12/28 17:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

ハワイアンカフェで14時までのモーニング/まるかふぇ(大阪:堺,深井)

先日のランチは まるかふぇ です。
泉北高速「深井駅」から南東へ徒歩11分のところにあります。

MaruCafe_010_org.jpg MaruCafe_005_org.jpg
この辺りは時々通ってたはずですが、いつの間にやらハワイアンカフェが
出現していて、店内はかなり開放的で純日本風のお客さんでいっぱいでした。

MaruCafe_008_org.jpg MaruCafe_009_org.jpg
ランチを食べに来たのですが、これ以外にも日替わりなどもあります。
14時までやっているモーニングのほうがこの日の気分には合うようです。

MaruCafe_004_org2.jpg
モーニングなので、まずはドリンク

 グアバネクター
 オレンジジュース
 チョコレートマカダミア


 これらに+300円するとモーニングセットになって・・・

MaruCafe_003_org.jpg
ハンバーガーモーニング

どのセットにもスープにサラダ、デザートがつきます。

MaruCafe_000_org.jpg
ランチですけどどうしてもモーニング気分になってしまって
朝からこんなに食べてもいいのかなぁと思えるぐらい食べ応えがあります。

MaruCafe_001_org.jpg
ハワイアンなんで パンケーキモーニング

MaruCafe_002_org.jpg
ホットサンドの サンドイッチモーニング

MaruCafe_006_org.jpg MaruCafe_007_org.jpg
駐車場もあるので、お手軽にハワイ気分になりながら、
休日のブランチをゆったり過ごすにはいいお店ですね。
関連記事
[ 2013/12/27 21:00 ] お食事処 ハワイ | TB(0) | CM(0)

一軒家カフェで大根クリームシチュー/ブランチェ(京都:西院)

本日のお宅訪問はこちら!

Branche_008_org.jpg
・・・ではなくて、こちらのきれいな新築でもなく、趣きのある古民家でもない、
普通の古い家っぽい ブランチェ(Branche)でランチです。

* ろぃず garden * の ろぃずさん が行かれていたので、やってきました。

京福電鉄「山ノ内駅」から南へ徒歩6分、阪急京都線「西院駅」からだと
西へ徒歩10分のちょっと奥まった路地にあります。

Branche_000_org.jpg
まずは、お宅訪問なので靴を脱ぎます。
田舎の家のように部屋がいっぱいあり、仕切りを取っ払っているのでかなり広い店内です。

そこにテーブルやら座敷やらを点々と配置していて、外観とのギャップが
大きすぎるオシャレさなので、第一印象の毒舌を反省してしまいます。

Branche_007_org.jpg
100%女性です。
赤ちゃんが何人かいたので・・・ほぼ女性です。
大人の男性は私だけだったので、誤って女性専用車両に迷い込んだようで
しばらくは肩身が狭い感じになります。

食器や雑貨などが飾れられているので、女性陣は自由に室内をうろちょろと
私もマネしてうろちょろと・・・次第に雰囲気に慣れてきました。

Branche_001_org.jpg
ランチは3種類ですけど、私の行ったときには、ごはんset or カレーset から選びます。

Branche_002_org.jpg
ごはんset

Branche_003_org.jpg
大きな大根がゴロゴロ入ったクリームシチュー
これがなかなかウマ~い!
暖房がやや緩めの室内では心から温かくなりそうです。

Branche_004_org.jpg
京都らしく、5種のおばんざい

Branche_005_org.jpg
器にも凝っていて、目でも楽しめます。

Branche_006_org.jpg
更に、デザートとたっぷりのコーヒーまで。

店員さんの素敵な笑顔にも癒されて
しばらく居ようかなぁ
帰りたくないなぁ
もう少しだけ・・・と思いつつ、
午後からの仕事に向かうのでした。
関連記事
[ 2013/12/26 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

新宿鮫VI 氷舞(大沢在昌)

本日、読了。

大沢在昌では19冊目。

新宿鮫シリーズでは6作目。


<あらすじ>

  西新宿のホテルで元CIAのアメリカ人ブライドが殺され、新宿署
 刑事・鮫島の追う日系コロンビア人・ハギモリが消えた。
  事件の鍵を握る平出組の前岡に迫る鮫島。しかし、事件に関わる
 すべてが、なぜか迅速強固な公安警察の壁で閉ざされる。
  その背後には元公安秘密刑事・立花の影がチラつく。
  捜査の過程で鮫島は、美しく孤独な女・杉田江見里と出逢い、
 惹かれていく・・・。江見里と事件の関わりが浮上するなか、その
 鮫島を幾重にも襲う絶体絶命の危機!!血と密謀にまみれた
 立花が守る、公安の奥深くに隠された秘密とは?



<感想>
 久しぶりの新宿鮫です。
 今回の敵は同業であっても仲間ではない公安です。

 公安のなかでも選りすぐりの精鋭部隊の公安総務課またの名を『桜井商事』。
 こんな組織がいかにもありそうなので、思わずネットで検索すると当然ながらありきたりの名前なので日本中のあちこちに存在してます。このなかにホントの公安の『桜井商事』があったりして・・・

 でも、いちばんのビックリは、刑事で主役で正義の味方でヒーローの鮫島の浮気ではないでしょうか?
 恋人の晶はどうするんだぁ!ってツッコんでしまいました。まぁ、晶の性格は面倒くさいのでわからなくもないですけど。

 あとは鮫島と同期の公安警視正・香田のジレンマですね。いいキャラクターになりそうです。
 鮫島のことは大嫌いだけども、正義でない警察も許せない。
 鮫島を頼りたくないけど、情報交換せざるを得ない。
 鮫島とは関わりたくないけど、助けてしまう。
 鮫島と行ったこともないカラオケボックスで待ち合わせさせられて、しかも、怪しまれないように歌もちゃんと歌ってしまう。
 こんな役が似合うのは今であれば、臨場やDOCTORSの高嶋政伸がピッタリですね。

 肝心のストーリーですが、ラスボスの元公安の政治家・京山には逃げられてトカゲの尻尾切りになってしまうのが悔しいですね。
 今後のシリーズで京山が出てくるかどうかは知りませんが、最後には追いつめて欲しいですね。


大沢在昌 読了リスト1
【大沢在昌 読了リスト2】
 雪蛍
 北の狩人
関連記事
[ 2013/12/25 21:00 ] 大沢在昌 | TB(0) | CM(0)

あべのハルカスでアサイーボウル/SURFSIDE KITCHEN(大阪:天王寺)

先日のおやつは SURFSIDE KITCHEN(サーフサイド・キッチン)です。
天王寺の あべのハルカス 14F にあります。

SurfSideKitchen_004_org.jpg
食事もできるようですが

ハワイの定番スイーツの パンケーキ と アサイー

さぁ、どっちにしましょうか?

SurfSideKitchen_001_org.jpg
まずは、ハワイなんで コナ・ブレンドコーヒー

SurfSideKitchen_002_org.jpg
食べたことがなかったので、アサイーの
ベリー・ボウル

サイズを Small と Regular が選べて Small にすると
テレビでよく紹介されているような丼のようなボウルではなく
ちょっとだけ深いお皿になっちゃいました・・・

SurfSideKitchen_003_org.jpg
それでも ストロベリー・バナナ・ブルーベリーの
きれいなトッピングを観るとすっかりハワイア~ン

冷た~く甘酸っぱ~く、そしてザクザクという食感!
なんとも不思議です。
もちろん美味しいですよ~

ボリュームとしては Small で充分ですね。

SurfSideKitchen_000_org.jpg
ひょっとしたら大阪で一番高い場所でハワイ気分になれるかもしれませんよ。
関連記事
[ 2013/12/24 21:00 ] お食事処 ハワイ | TB(0) | CM(4)

テンガロンハットのようなローストビーフカレー/カウボーイ★カレー(兵庫:神戸市西区)

先日のランチは カウボーイカレー(COWBOY CURRY) です。
神戸といってもほとんど三木市の国道175号線の「小束野北」交差点を東へすぐのところにあります。

KobeCowboy_007_org.jpg KobeCowboy_008_org.jpg
外観はロッジ風で店内もカントリー調、となると店員さんはやっぱりテンガロンハット。
田舎の幹線から更に奥まった静かな所にあるので、カウボーイ気分にはいい場所のようです。

KobeCowboy_000_org.jpg KobeCowboy_001_org.jpg
定番とToday's Specialメニューがあって、この日のおススメは特上スジカレーだそうですが・・・

KobeCowboy_002_org.jpg
数量限定の 名物!カウボーイ★カレー

KobeCowboy_003_org.jpg
テンガロンハットのようにライスの周りにローストビーフを盛り付けています。

KobeCowboy_005_org.jpg
まずは、専用のソースでローストビーフだけを食べてみると
柔らかくて口の中でとろけてしまいそうで、めちゃウマです。

KobeCowboy_004_org.jpg
この真っ黒なルーをなめてみると、ローストビーフを台無しにしてしまいそうな恐れがあったので

KobeCowboy_006_org.jpg
ローストビーフを退避させてこんな感じに・・・

カレーは甘いような苦いような辛くない不思議なカレーです。
メニューを見ると『アメリカン・ワイルド・チョコレートカレー』と!
なるほど、その通りです。

カレーはカレーで美味しいので、ローストビーフはおつまみにして正解のようです。

KobeCowboy_009_org.jpg KobeCowboy_010_org.jpg
ホルモンカレーにスジカレー・レバカツカレーと
私好みの内臓系カレーもあるので、次はこれですかね。
関連記事
[ 2013/12/23 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

情熱のナポリタン/ロマスパ(大阪:北浜)

先日のランチは ロマスパ 情熱のナポリタン です。
京阪・地下鉄「北浜駅」から徒歩1分の駅直結の北浜中央ビルの地下2階にあります。

KitahamaRomaspa_000_org.jpg
ランチ真っ只中だったので、コの字型カウンターは満席で
まず、4種類あるメニューを見て自販機で食券を買って並びます。

KitahamaRomaspa_001_org.jpg KitahamaRomaspa_003_org.jpg
カウンター内には従業員が4人
男性2人が4つのコンロを駆使してフライパンを振りまくってます。
女性1人が接客
そしてもう一人の女性が予め茹でられたスパゲティと具材を注文通りに仕分けているので、
それぞれのシステム化された作業を眺めているだけで時間は潰せます。

KitahamaRomaspa_004_org.jpg
店名にもなっている 情熱のナポリタン

大盛り にして、ちょっと贅沢に目玉焼きトッピングしました。
写真だとわかり難いですけど、結構なボリュームで、他の方の情報によると500gあるそうです。

KitahamaRomaspa_002_org.jpg
大きなタバスコと粉チーズがあるので

KitahamaRomaspa_005_org.jpg
粉チーズをドバッーと振りかけようとすると、うまい具合に目が詰まるのでなかなか大雪になりませんが
目に空気を入れるような感じで容器を前後に振ればチラチラだった雪が積もりはじめました。

同じ要領でタバスコを振るとこれは期待以上に出てきて口の中が大火事になりますので要注意です。

KitahamaRomaspa_006_org.jpg
こんなにがっつりナポリタンを食べるのは久しぶりで、子どもの頃の土日の家での昼ごはんのように懐かしい味で
粘りの強いソースからスパゲティを持ち上げて、目玉焼きを絡めつつ、口の周りを赤くしながら完食しました。

KitahamaRomaspa_007_org.jpg
お店は9:1でサラリーマンが多く、もちろんスプーンなんてものはありません。
パスタではなくフォークだけで食べる日本生まれのスパゲティでした。
関連記事
[ 2013/12/22 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(0)

とりのグリーンカレー と トートマンクン/膳部 香蔵(京都:鞍馬口)

先日のランチは 膳部 香蔵(かしわべ こうぞう)です。
地下鉄烏丸線「鞍馬口駅」から徒歩5分の烏丸通の1本西の通りにあります。

KuramaguchiKashiwabe_003_org.jpg KuramaguchiKashiwabe_002_org.jpg
カレーだけでもインド・タイ・欧風と揃ってちょっと珍しく
他にはハンバーグやトンカツなどの洋食、
更にはカツサンドなど、ただの町屋レストランではないようです。

KuramaguchiKashiwabe_004_org.jpg
3ヶ国(地域)のカレーがありますが、こんなときは
若干ハマっている缶詰のいなばのタイカレーの影響もあって

とりのグリーンカレー

セットにしたので、トートマンクン(タイ風えびのさつま揚げ)サラダ が付きます。

KuramaguchiKashiwabe_005_org.jpg
ご飯は 白米 と 雑穀米 が選べ、グリーンカレーには白米かなぁ、とこちらを選択。

鶏肉・ナス・しめじ・たけのこ・パプリカと具だくさんで、ちょっとタイカレーにしては
シャバシャバ系ですが、ココナッツミルクの甘さを少し感じつつ、辛さの目立つ美味しいカレーです。

KuramaguchiKashiwabe_006_org.jpg
セットがサラダ・ドリンク・デザートならパスだったんですが、トートマンクン という
得たいの知れないものが気になってしまったので頼んでしまいました。

甘いタレをかけてアツアツをいただきます。
揚げたての えびのさつま揚げ はそりゃぁウマいでしょ!

付け合わせは鶏のから揚げ?っぽいモノ
これまたグッド!

KuramaguchiKashiwabe_007_org.jpg
サラダもレタスの下はキャベツでポテトサラダにきんぴら?まで
丁寧に作られていて、ポイントアップ!

KuramaguchiKashiwabe_001_org.jpg KuramaguchiKashiwabe_000_org.jpg
奥には座敷まであって、居心地もよさそうですし
これは、インドも欧風のカレーも気になりますね。

ところで、『膳部』 を 『かしわべ』 と読むとは初めて知りました。
関連記事
[ 2013/12/21 21:00 ] お食事処 エスニック | TB(0) | CM(2)

玉子コロッケの創業時の名前はクロケットドゥーフ/やろく(大阪:住吉)

OsakaMarathon2013_Yaroku_Route_org2.jpg
クロスバイクで 大阪マラソン2013 を完走して、インテックス大阪から南港大橋を渡り、
南港通りに入ってから平林大橋、敷津運河を越えて やろく に寄りました。

Yaroku_003_org.jpg Yaroku_007_org.jpg
といっても昔からある 洋食やろく ではなくて、スーパー玉出を挟んで
南海の高架下にある 洋食やろく 持ち帰り専門店 です。

阪堺線「住吉駅」・南海本線「住吉大社駅」から北へ徒歩3~4分のところにあります。

Yaroku_008_org.jpg Yaroku_004_org.jpg
名前は知ってても やろく に行ったことも食べたこともないので、
本店と何が違うかわかりませんが、とりあえず名物を注文。

注文してから揚げてくれ始めました。
寒い日ですけど、待ってるお客さん用に椅子もストーブも
置いてくれてるだけでちょっと嬉しくなります。

Yaroku_005_org2.jpg
玉子コロッケ

創業当時はクロケットドゥーフというフランス語の名前だったそうです。

普通のコロッケを想像していたので、明らかにデカッ!
そして崩れそうなほどに柔らかいので優しく持って、

Yaroku_006_org2.jpg
早速、揚げたてをパクッと!
"やろく"、"玉子コロッケ"というキーワードしか知らなかったので
てっきり玉子が丸ごと入ったスコッチエッグのようなものだと勝手に思っていたら
タマゴサラダを揚げたようなコロッケは通りで柔らかいはずでした。

サクッとトローっとクリーミーで海老も入って、
ほんのりカレーの風味がして、これはいいじゃないですか!

Yaroku_000_org.jpg
もちろん、お土産用にも買って・・・

Yaroku_001_org.jpg
家族の胃袋にも美味しくおさまりました。
自分用にも買ったので、私だけ2個目ですけど。
関連記事
[ 2013/12/20 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

【ポタ】大阪マラソン 2013(大阪府庁前~インテックス大阪)

2013年10月27日に行われた第3回大阪マラソンに参加してきました・・・
ではなくて、そのコースをポタってみました。
OsakaMarathon2013_001_org.jpg
 家を出発して1時間30分かけてスタート
 地点の 大阪府庁前 に到着。

 ただいま8:30
 ではスタート!

OsakaMarathon2013_000_org.jpg
 大阪城 公園の南側を 本町通り →
 中央大通り と走ると、すぐに森ノ宮駅
 にぶつかるので、右折して玉造筋を
 南下します。
 
 ここは緩い下り坂で、日曜の朝だと
 クルマも少なく快適に走れます。

OsakaMarathon2013_002_org.jpg
 長堀通りを越えて鶴橋駅まで来たら
 右折して千日前通りを西へ。
 ここから谷町筋(谷町九丁目)までは
 そこそこの登り坂です。

 競馬新聞を持ってウィンズ道頓堀に
 向かうオッチャン達が増えた日本橋駅
 あたりにあるのが、橋下市長と揉めた
 国立文楽劇場

OsakaMarathon2013_003_org.jpg
 なんば駅からすっかりイチョウも散った
 御堂筋 を北上します。

 ガラガラの御堂筋を走ることはないので
 キョロキョロ見ていると、エルメス・
 シャネル・ティファニーなど高級ブランド
 ショップの多さにビックリ!

 こういうお店とは縁がないので読み方も
 分からないブランドもあったり・・・

OsakaMarathon2013_004_org.jpg
 淀屋橋で右折し、土佐堀通りを東へ。

 片町交差点で折り返し、北浜駅で右折し
 堺筋から中之島通りに入ります。

 中央公会堂 周辺では大阪・光の饗宴と
 いうイルミネーションの準備で忙しそう
 でした。

OsakaMarathon2013_005_org.jpg
 大阪市役所 まできたら、次は御堂筋
 を南下し難波で右折し、千日前通りを
 西へ。

 さすがの難波もまだ開いているお店も
 少ないので人も路駐もまばらです。

OsakaMarathon2013_006_org.jpg
 大正橋まで来ると、京セラドーム大阪
 がハッキリ見えていたはずなのに、
 ホームセンターが邪魔して、その隣には
 イオンもあって、どんどん影が薄く
 なってきてるような・・・

 伯楽橋西詰交差点で折り返し
 再び千日前通りを走り、3度目の難波
 まで。

OsakaMarathon2013_007_org.jpg
 難波から御堂筋を南下し、四つ橋筋に
 入ります。

 大国交差点を左折し、恵美須まで
 そして、逆光の 通天閣

 ここを折り返して、大国を通り越し、
 塩草2を左折し、なにわ筋を南へ。
 ここからクルマも人も減って走りやすく
 なりますが、高いビルもなくなって、
 向かい風が強くなってきます。

OsakaMarathon2013_008_org.jpg
 長橋交差点で左折し、しばらく走って
 26号線に入ります。
 玉出を右折して南港通り、北加賀屋を
 左折して新なにわ筋を走って、
 ようやく住之江公園まで来ました。

 ここから住之江通りを西へ、つまり海
 へ向かうので、かなりツライ走りになり、
 インテックス大阪 までの10kmが遠くて
 遠くて40分かかりました。

OsakaMarathon2013_Data_org.jpg
 地図は大阪マラソンコースのみですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:4時間57分
  距 離 :93.5km
    (2013年累計:1,229.8km/18日)
 最高速度:36.59km/h
 平均速度:18.86km/h

 では42.195kmの記録は・・・2時間55分!
 ・・・遅~い!

 手段はどうであろうと初めてフルマラソンを
 完走できたような?

 この後、南港通りを東へ走って、やろく
 お土産を買って帰りました。

<↓クリックすると拡大します>
OsakaMarathon2013_Route_org.jpg
関連記事
[ 2013/12/19 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(0)

泉州穴子しゃぶしゃぶ & 穴子天ぷら/十六夜 二丁目(大阪:阿倍野)

先日のディナーは 創作酒坊 十六夜 二丁目(いざよい) です。
地下鉄谷町線「阿倍野駅」から東へ徒歩1分の細い路地にあります。

Izayoi001_org.jpg
泉州産の魚貝・野菜などでいろいろと美味しそうなメニューがあって
"泉州"って付くだけで期待が高まるのは私だけ?

Izayoi002_org3.jpg
まずは、ちょっと豪華な 突出し

Izayoi003_org.jpg
十六夜名物!第一弾!
穴子天ぷら泉州風

たっぷりのネギと甘めのタレで食べます。
ネギのシャキシャキと穴子のプリッ感でこれは激ウマぁ~

Izayoi010_org.jpg
十六夜名物!第ニ弾!
穴子しゃぶしゃぶ

穴子のしゃぶしゃぶなんて初めて~!

Izayoi004_org.jpg
このまま食べても美味しそうに見えるぐらいテカってます。

Izayoi011_org2.jpg
泳がせるとすぐに反るので食べ頃に。
ポン酢をつけて、コリッとプリッと初めて食べる食感で、これまたバカウマぁ~

Izayoi005_org.jpg
泉州玉ねぎ天ぷら
甘くてほっこり・・・超ウマぁ~

Izayoi006_org.jpg
ジューシーな 犬鳴ポークの炙り焼き
さすが泉州のブランド豚!

Izayoi007_org2.jpg
泉州素材のブイヤベース

この日のお魚はスズキとホウボウ
更に海老に野菜にシメジとダシが美味しいので最後の一滴まで飲み干せます。

Izayoi008_org2.jpg
泉タコの和風オムレツ
明石焼きのように奥の写っているダシで食べて、またこれがタコだらけ!

Izayoi009_org.jpg Izayoi000_org.jpg
メニューを振り返ると食べ忘れた!食べたかった!
って思う料理がいっぱいあるので何度でも行けそうなお店でした。
関連記事

コロッケ だけでなく おにぎり も美味しい小さなお店/京都コロッケ家(京都:円町)

先日のランチは 京都コロッケ家 です。
JR山陰本線「円町駅」前の丸太町通り沿いにあります。
EnmachiKyotoKorokke_000_org2.jpg EnmachiKyotoKorokke_001_org.jpg
ある日、ランチタイムがすっかり終わった頃に円町付近でランチ難民になってしまいました。
周りにはチェーンの牛丼、カレー、ラーメン店があり、そこでもよかったんですが、
気分はどれでもなかったのでコンビニのおにぎりにしようと向かっていると
『コロッケ』の看板が目に入り、店内をチラっと見ると
おにぎりも置いてあったので、どうせならと入ってみました。

EnmachiKyotoKorokke_003_org.jpg EnmachiKyotoKorokke_002_org.jpg
もちろんコロッケの種類は多く、更に唐揚げもあったりします。
おにぎりを見るとコンビニのようにきっちり包装しているモノと
奥の調理場で握ったと思われるラップ包装のモノがあります。

EnmachiKyotoKorokke_010_org.jpg
おにぎり 2個 と コロッケ 2個

普段のランチに比べると腹三分目ぐらいですが・・・

EnmachiKyotoKorokke_005_org.jpg
(左)肉じゃがコロッケ (右)蓮根と海老サンドコロッケ

EnmachiKyotoKorokke_006_org2.jpg
もちろん温かく、これはもう肉じゃが以外の何物でもなく、メチャうまぁ~

EnmachiKyotoKorokke_007_org2.jpg
手でちぎったので断面が不細工になってしまいましたが、蓮根の食感がいいですね。

EnmachiKyotoKorokke_008_org2.jpg
大葉とたくあん
中まで真っ黄色でどこを食べてもたくあんと大葉のいい香りと味で、これは大ヒット!!!

EnmachiKyotoKorokke_009_org2.jpg

いかにも手で握った感じなので、口の中でホロっと崩れるのがいいですね。

こんなに美味しいならもう一つずつ買っとけばよかった・・・
関連記事
[ 2013/12/17 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(4)

月影の道 ― 小説 新島八重(蜂谷涼)

本日、読了。

蜂谷涼では1冊目。


 <あらすじ>

  会津が降伏開城した夜、見上げた空には銀の月、無残に散った
 親友の美しい顔―。

  壮絶な篭城戦を生き延びた会津藩砲術指南役の娘・山本八重は、
 薩長への突き上げるような憎しみに葛藤する。
  アメリカ帰りの牧師・新島襄と結婚した時、心に期したこととは。

  「幕末のジャンヌ・ダルク」と呼ばれ、強くひたむきに明治を駆け抜け、
 時代に挑戦し続けた誇り高き会津人としての生き様をドラマティックに
 描ききった画期的小説。



<感想>

 昨夜ようやく最終回を迎えた『八重の桜』関係では、藤本ひとみの 幕末銃姫伝 に続いて2冊目です。

 朝敵となった会津藩が薩摩藩・長州藩から城を攻められる頃から、善戦むなしく落城して、会津を追われて米沢で少し暮らして、兄・覚馬が生きていることを知って京都に移り、新島襄と出会い、八重が日清・日露戦争で看護婦として活躍する晩年までを浅~く、ざっくり、サラーッと流しています。

 どうしても気になるのは2点。

 まず、八重(綾瀬はるか)の一人目の旦那は、川崎尚之助(長谷川博己)のはずなのに、繁之助となっています。
 調べてみると、繁之助とは八重の父・権八(松重豊)の前の名前らしい。
 ひょっとしたら、繁之助が正しいのかもしれませんが、ドラマを観てから読むと違和感あり過ぎました。

 次は、中野竹子(黒木メイサ)に宛てた手紙のような感じで第一部(落城)が始まりますが、手紙に思い出を書いているのか、今 目の前で起こっていることなのか、場面転換がわかりにくいので、読み慣れるのに一苦労してしまいました。

 もし年末に、八重の桜の3時間総集編でもあるのであれば、きっとこんな感じになるだろうなぁと思う作品でした。
[ 2013/12/16 21:00 ] 蜂谷涼 | TB(0) | CM(0)

自分で味付けできるハンバーガー屋さん/ビッグベリーマン(大阪:堺,深井)

ある休日、奥さんと娘はママ友たちとお出かけ。
そんな日はいつもの私なら喜んでポタリングにも行ったりしますが
何もしたくなかったので、家でダラダラ過ごすことに。

でも、ずっと前から頼まれていた奥さんのママチャリのパンクだけ直していたら、
虫ゴムの劣化が原因だったようなので、仕方なくそれを買うために100円ショップへ。

どうせならと前から気になっていた ビッグベリーマン(BIG BELLY MAN) でランチです。
泉北高速「深井駅」から南へ徒歩15分の泉北1号線の脇道沿いにあります。

FukaiBigBellyMan_002_org.jpg FukaiBigBellyMan_004_org.jpg
初訪だとわかると、このメニュー以外にもハンバーガーやライス系もあり
ポテトがセットになっていないハンバーガーもあるなどいろいろと説明してもらえます。
更にイートインするとピクルスが無料だそうで。
ラーメン屋さんのキムチ食べ放題のようです。

FukaiBigBellyMan_003_org.jpg
変わっているのが、基本的には軽い味付けしかしていないので
ソースは自分で好きなように味付けできること。

FukaiBigBellyMan_005_org.jpg
ベーコンバーガー + コーラ

注文してからメニューを見直してみると、ソフトドリンクだけでも30種類ぐらいあり
ドクターペッパーや A&Wのルートビアにしとけばよかったぁ、とちょっと後悔。
更に、サイドメニューがオニオンリングがあったので、フライドポテトの代わりに
出来ますか?ってダメモトで聞けばよかったぁ、とまたまた後悔。

FukaiBigBellyMan_007_org.jpg
バンズは分厚く、ベーコンがベロ~ン!

FukaiBigBellyMan_008_org.jpg
クロスに盛り付けられた美味しそうなベーコン
その上にオニオンスライス
見えにくいですけど、レタスもタップリ
もちろんハンバーグにチーズと嬉しいビジュアルです。

ワサビやおろしソースと冒険したくなるようなソースがあったりしますが
こういうハンバーガーだとソースたっぷりで提供されることが多いので
折角だからBBQソースを少しだけにしておきました。

ベーコン・ハンバーグの肉汁と
レタスの瑞々しいシャキシャキ感
オニオンスライスの甘苦い味と
ガッツリだけど素材を味わえるようなハンバーガーです。

FukaiBigBellyMan_006_org.jpg
少なそうですけどハンバーガーの下にもタップリのポテト

FukaiBigBellyMan_009_org.jpg
そして、イートイン特典のピクルス
ポリポリ感が楽しい!

FukaiBigBellyMan_000_org.jpg FukaiBigBellyMan_001_org.jpg
駅からは少し歩くし、幹線の脇道やし、ちょっと不便そうですけど
泉北1号線を走ると目に付いてしまう看板でもあるので
本格ハンバーガーが食べたくなったら、行ってみてはいかがでしょう。
関連記事
[ 2013/12/15 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(2)

タイ風グリーンカレーラーメン/メティ(大阪:天満)

先日のランチは グリーンカレー専門店 メティ(Methi) 天満本店 です。
JR環状線「天満」駅から北へ徒歩30秒の天神橋筋商店街の2本東の通りにあります。

MethiTenma_002_org.jpg
グリーンカレーは共通で炭水化物をラーメンかライスを選びます。

MethiTenma_005_org.jpg
2度楽しみたいので、グリーンカレーラーメン

MethiTenma_006_org.jpg
見ただけだとホワイトシチューのようですが、めちゃくちゃエスニックのいい香りです。
具材も茄子・オクラ・キクラゲ・ネギ・チキンなどいっぱいです。

MethiTenma_008_org.jpg
麺屋棣鄂の細いストレート麺がまるでパスタのようで
ココナッツミルクとよく合ってめちゃウマ~!

MethiTenma_009_org.jpg
では第2回戦!ターメリックライスの替えメシ

MethiTenma_010_org.jpg
黄色いご飯に白いスープとやっぱり不思議な彩りです・・・

MethiTenma_011_org.jpg
それでもこれもまたまた めちゃウマ~!!!

MethiTenma_004_org.jpg MethiTenma_007_org.jpg
ラーメン も 替えメシ もあまりにも美味しかったので
すだち を投入することと 自家製ラッシー 頼むの忘れてたぁ~!

MethiTenma_001_org.jpg MethiTenma_000_org.jpg
カレーライスもラーメンもエスニックも好きであれば、一度に全部楽しめるタマラナイお店でした!
関連記事
[ 2013/12/14 21:00 ] お食事処 エスニック | TB(0) | CM(2)

お得な『揚げたて天ぷら』が食べられるお店/まきの(神戸:西区)

先日のランチは 天ぷら定食専門店まきの 西神戸店 です。

神戸と言ってもほとんど明石で、JR西明石駅から東へ徒歩23分
または、第二神明「玉津IC」から南へクルマで6分の
神戸視力障害センターの向かいにあります。

MakinoNishikobe_002_org.jpg
お店に入ると「今日は当たりの店だぁ!」と思わせる雰囲気なので
テンションがあがりながら、メニューを見てみると
どの天ぷらを食べたいのかの組み合わせで選ぶようで
穴子・かしわ・いか・海老とどれにするか迷っていると
『旬鮮魚の天ぷら』の言葉が魅力的だったので 旬鮮海定食 を注文。

MakinoNishikobe_010_org.jpg
長~~~いコの字型カウンターとテーブルを合わせて30席ぐらい。
ランチ時はほぼ満席でみんな色んな定食を頼んでいます。
それを二人のお姉さんが伝票を見ながら
次から次から揚げていき、揚げたてをすぐにお客さんに運んでと
待たせることなく熱々を提供する手際の良さにビックリです。

MakinoNishikobe_006_org.jpg
初めに、ご飯・味噌汁・天つゆ

ご飯は大盛り無料・・・もちろん大盛りで。
天つゆに大根おろしを入れていいのか聞いてくれます。

MakinoNishikobe_005_org.jpg
まずは、丸~い 野菜かき揚げ
次に、海老 が2尾

MakinoNishikobe_007_org.jpg
写真を撮ってたら 左から 鱈・ツバス・鮭

3種の魚の天ぷらなんて嬉しい~!

MakinoNishikobe_008_org.jpg
息つく間もなくカボチャ・ナス も揚がって完成!

流れるように出されて、しかも全部揚げたて!
もちろん、ウマ~い!

MakinoNishikobe_009_org.jpg
天つゆが少なくなると、何を言わなくても
大根おろしも一緒に追加してくれました。

MakinoNishikobe_004_org.jpg MakinoNishikobe_003_org.jpg
天つゆだけでなく、抹茶塩・塩 でも食べられますし、
ゆず大根 更に更に いかの塩辛 が食べ放題とはこれまたビックリ!

MakinoNishikobe_001_org.jpg MakinoNishikobe_000_org.jpg
丸亀製麺でお馴染みの とりどーる 系列のようで、
とりどーるのホームページには西神戸店しかありませんが
三宮センタープラザ店ラポルテ芦屋店 もあるようですので
阪神間で『揚げたて天ぷら』が食べたくなったらココですね。
関連記事
[ 2013/12/13 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

裏メニューの バターしめじ&チキン curry/もりやま屋(大阪:西天満)

ここはどこでしょう?
IMG_5134_org.jpg
大阪地方裁判所です(ホントです)
今から出廷します(ウソです)
塀の向こうに行ってしまうかもしれません(ウソです)
塀の中からブログが更新できるか心配です(ウソです)



そんなことはさておき、
その裁判所のすぐ西にある もりやま屋 でディナーです(ホントです)

更に西に進むといつも、おまわりさんがいっぱいいる
アメリカ総領事館があります。
IMG_5140_org.jpg
カレーを注文する前に、夜はワンドリンクオーダー制です、
と告げられます。
カレー屋さんでワンドリンクかぁ~
食後に飲みたければ飲むけどなぁ~
ルールなら仕方がないかぁ~
看板には インドカレーとうまいチャイのお店 と書いてあるので

アイスチャイ

甘~くして、食前に少し飲んで、確かに美味しい。
お楽しみは食後に。
IMG_5139_org.jpg
裏メニューと書かれると、そこから頼みたくなるので・・・
IMG_5145_org.jpg
バターしめじ&チキン curry

キャベツのピクルス付きです。
IMG_5147_org.jpg
中央にはドーンと柔らかいチキン
炒めたしめじだらけ!
更に、インゲン豆・オクラ・カボチャ まで入ってます。

辛いですけど、それよりも口から鼻からスパイシーでいっぱいです。

しめじがプリプリしていい食感です。
やっぱりキノコ系は焼いたものが断然美味しいですね。
IMG_5149_org.jpg
もっと辛さが欲しければ ホットソース を追加できます。
少し入れましたが、何も入れない方が好みですね。

食後は残しておいたアイスチャイでゆっくりと。
IMG_5136_org.jpg IMG_5137_org.jpg
結局飲みたくなるので、良かったんですけど
どうも飲まされた感が少し残ってしまうので、
やっぱりワンドリンクオーダー制じゃない方がありがたいですね。
関連記事
[ 2013/12/12 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

洋食には 黄そば も合います/とんちゃん(大阪:大国町)

先日のランチは とんちゃん です。

地下鉄「大国町駅」から西へ徒歩5分、または
環状線「今宮駅」から北へ徒歩6分のところにあります。

DaikokuchoTonchan_001_org.jpg
ほとんどの人が頼んでいるのが Aそば または Bそば。
そんなメニューはないですけど・・・

DaikokuchoTonchan_002_org.jpg
Aランチ + そば 略して Aそば

DaikokuchoTonchan_003_org.jpg
日本そばではなく中華麺を使用した そば で味噌汁やスープの代わりになっています。

高校の学食のそばや、実家近くの姫路駅のまねき食品の駅そばは
このタイプだったので、これが当たり前だったのですが、
いつの間にか 黄そば と呼ばれています。

このB級的な感じが懐かしく美味しくこれだけでも立派な一品です。

DaikokuchoTonchan_004_org.jpg
大雑把な盛り付けの Aランチ

ハンバーグ・トンカツ・エビフライだけでなく
ケチャップスパゲティとポテトサラダまで隠れるように添えられています。

どうせ 黄そば が名物で洋食は普通なのだろうと思っていたのですが
どれも出来立て揚げ立てでエビフライもプリップリでウーマイウマイ!

DaikokuchoTonchan_005_org.jpg DaikokuchoTonchan_000_org.jpg
12時40分頃に入るとほぼ満席で、すごい人気にビックリしましたが
はたして、Aランチ・Bランチ以外や そば でなく うどん を頼む人が
いるのだろうかと要らぬ心配をしてしまうお店でした。
関連記事
[ 2013/12/11 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

アクアリウム(篠田節子)

本日、読了。

篠田節子では7冊目。


 <あらすじ>

  遭難したダイビング仲間を探すため、奥多摩の地底湖に潜った
 長谷川正人は複雑に枝分かれした水中洞窟に迷い込む。
  命綱は切れて酸素の残りもわずか。死を覚悟した正人を出口へ
 と導いたのは、直接頭に入り込んできた“彼女”だった。
  体の奥に響く衝撃とともに浮かぶイメージ。
  あれは一体何だったのか。
  正体を明らかにしようと再び正人はその地へと向かう―。


<感想>
 
 『アクアリウム』 なんで家の水槽で熱帯魚を楽しんで、碧い海に潜ってトレンディドラマのような生活を送るのかと思ったら舞台は、誰も潜らない奥多摩の地底湖。
 しかもそこに居るのは得たいの知れない全長3メートルの半透明の巨大魚(つけた名前はイクティ)。これだとホラー?SF?ファンタジー?と疑ってしまいます。

 そして、そこで行方不明になった友人の純一を潜って探すわけですが、死体を発見してしまい、無事警察に死体を引き渡すので、目的達成で物語終了!と思いきや、次は、イクティの生息する地底湖を守るために奥多摩の環境破壊の原因となっているトンネル工事の反対グループに属してしまいます。

 ここからは、社会派?となり、話が変な方向に向かっていきます。
 実は、そのグループリーダーは政界に進出することが目的で、環境のことは何も考えずに派手なパフォーマンスだけが目的だということがわかり、何も進まないことがわかってしまいます。

 そして、正人が選んだ奥多摩の環境も守るための最終手段が、『トンネル爆破』 となんだか『アクアリウム』とはだいぶかけ離れた方向に行って、『ひとりテロ』なってしまっています。

 ですから、水中生物の話よりも、環境保護団体の裏のあり得るストーリーとして読むとなかなか興味深く、世の中はキレイごとばかりじゃないんだぁ、という現実にちょっと失望してしまいます。
 また、手軽に手に入る材料だけで爆弾が出来てしまうのにもちょっと驚きです。

 まだ7冊しか篠田節子を読んでませんが、彼女のジャンルの広さを感じる1冊になりました。


【篠田節子 読了リスト】
 贋作師
 聖域
 夏の災厄
 ゴサインタン―神の座          第10回山本周五郎賞
 絹の変容                  第3回小説すばる新人賞
 ブルー・ハネムーン
関連記事
[ 2013/12/10 21:00 ] 篠田節子 | TB(0) | CM(4)

ぶっかけうどん に お得な天ぷらセット/うまじ家(香川:観音寺)

先日のランチは 本格手打うどん うまじ家 です。
JR予讃線「観音寺」駅からクルマで東へ5分のところにあります。
IMG_4776_org.jpg
店頭の おすすめ定食 500円 の安さにかなり
心が揺らぎましたが・・・
IMG_4764_org.jpg IMG_4765_org.jpg
店内にてメニューを見ると、天ぷら系が魅力がありそうなので・・・
IMG_4768_org.jpg
ぶっかけ天ぷら(冷)+ 2玉
IMG_4769_org.jpg
ツヤツヤ、ピカピカ~
IMG_4773_org.jpg
2玉、多すぎる~
IMG_4774_org.jpg
冷たくなく・・・ぬるいですけど
麺の太さが・・・不揃いですけど
なんか、香川っぽくて(失礼!)
笑いながら食べてしまいます。
IMG_4771_org.jpg
そして、天ぷら

エビ3尾、ナス、大葉、カボチャ と
どれも揚げ立てアツアツです。
IMG_4775_org.jpg
エビ、デカぁー!これが3尾も!
これで 770円(うどん2玉は+100円) は安いでしょう!
IMG_4777_org.jpg
天ぷら系の定食は上の写真メニュー以外にも何種類もあって
うどん も 天ぷら も食べられるお店ですね。
関連記事
[ 2013/12/09 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

ハンバーグもいいけど、やっぱり!丸ごとトマトサラダ/東洋亭(京都駅前)

先日のランチは カフェグリル東洋亭(ポルタ店) です。
京都駅前のポルタ地下街にあります。

TouyouteiKyotoPorta_000_org.jpg
値段と内容が釣り合わないので、私の中ではランチ不毛地帯の京都駅で、
こちらには何度か来ています。
目的はメインのメニューではないあるものを食べるためで・・・

TouyouteiKyotoPorta_002_org.jpg
ランチを頼むと、もれなく付いてくる トマトサラダ

TouyouteiKyotoPorta_003_org.jpg
小豆じゃないですけど、大きな赤いダイヤのようです。

TouyouteiKyotoPorta_004_org.jpg
中を切るとトマトだけ!

酸っぱくなく、付け合わせのツナサラダと食べるとトマトとは思えないような美味しさです。
初めて食べたときには美味しすぎて感動してしまいました。

このトマトを食べることで気持ちとしては、ランチは8割終了したのですが
お腹を満たすためと言っては失礼ながら・・・

TouyouteiKyotoPorta_005_org.jpg
次は、メインの 東洋亭ハンバーグステーキ

ライス or バケット を選べて、お替わり自由です。

いつもならライスですが、隣りのサラリーマンがバケットを食べている姿が
格好良かったので、真似してみました。

これが軽くトーストしあって、意外にも美味しいのでお替わりしてしまいました。

TouyouteiKyotoPorta_007_org.jpg
パンパンに膨らんだアルミホイルを開けると・・・

TouyouteiKyotoPorta_008_org.jpg
ポップコーンではなくて、グツグツ煮込まれたハンバーグの登場!
デミグラスソースたっぷりです。

TouyouteiKyotoPorta_006_org.jpg
ジャガイモも丸ごと一個あって、ホクホクでデミグラスソースにつけても、また美味しい!

TouyouteiKyotoPorta_009_org.jpg
レジ横には、トマトサラダのソースが売ってました。
トマト専用だそうで「他の食材にはおススメできません」
がユニークで自信ありげなコメントですね。

TouyouteiKyotoPorta_001_org.jpg
以前は京都にしかなかったので、たまに京都駅に来ると、嬉しがって食べてましたが、
梅田(阪急) にも 難波(高島屋) にもできてしまったので、ちょっと複雑・・・
関連記事
[ 2013/12/08 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(2)

10円黒糖まんじゅう/茶屋まんじゅう本舗(大阪:あびこ)

クロスバイクで河南町の 弘川寺で紅葉狩り をしてから
南河内サイクルラインを北上し、まるたんで黒ごま坦々麺 を食べて
おみやげを買いに 茶屋まんじゅう本舗 に寄りました。

地下鉄御堂筋線「あびこ駅」から東へ徒歩2分のところにあります。

AbikoChayaManjyu_006_org.jpg
駅からだと鯛焼き屋さんやテレビでもお馴染みの和菓子屋さんがあったり
我も我もとアピールする看板の向こうにお店はあります。

AbikoChayaManjyu_007_org.jpg
とりあえず何でも安いというか安すぎます!
限定商品もありますが定番から・・・

AbikoChayaManjyu_000_org.jpg
(左)黒糖まんじゅう
(右)たれ入りみたらし&あん入り焼き餅ミックス

これでいくらだと思いますか?

AbikoChayaManjyu_001_org.jpg
黒糖まんじゅう(10個) 100円
たれ入りみたらし&あん入り焼き餅ミックス(10個) 130円

締めて 230円 なり~!
安~い!信じられな~い!

AbikoChayaManjyu_002_org.jpg
え~1個10円です。

AbikoChayaManjyu_004_org.jpg
100円ショップだと商品の出来が悪くても
「まぁ100円やから仕方がないか」となりますが、

これはモチモチの皮と こし餡 は10円とは思えない美味しさです。
もうちょっと払ってもいいですけど、って逆に思っちゃいます。

AbikoChayaManjyu_003_org.jpg
こちらは1個13円です。

AbikoChayaManjyu_005_org.jpg
焼き餅はつぶ餡、みたらしのたれはトローっと
こっちもお餅はモチモチ!これで13円とは頭が下がります。

消費税が上がるとどうなるんでしょうか?
ちょっと気になりますねぇ。
関連記事
[ 2013/12/07 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

雑炊は黒ごま仕立て坦々麺のあとで/まるたん(大阪:あびこ)

クロスバイクで河南町の 弘川寺で紅葉狩り をした後
南河内サイクルラインを北上し、大和川の風が強すぎるので
八尾の大正橋から下道で大和川沿いに走っていると思ったら・・・

Hirokawadera_Route2.jpg
そこは平野の加美!

慌てて南西にジグザグで走って、あびこの まるたん でランチです。
地下鉄御堂筋線「あびこ」駅から西へ徒歩2分のところにあります。

AbikoMarutan_001_org.jpg
13時半に着くと、満席でしたがすぐに空いたので待つことなく着席。

超辛よりも激辛の方が辛いんやぁ とか
叉焼坦々麺は売り切れやけど、超辛・激辛叉焼麺はある
ということは、部位が違うんかなぁと思いつつ・・・

AbikoMarutan_002_org.jpg
坦々麺(黒ごま仕立て)
初めての方は白ごまがおススメということでしたが、実は3~4年振りなんで黒ごまで。

AbikoMarutan_003_org.jpg
黒ごま の香りが強烈です。
ごま自体のマイルドさのない、粗削りな坦々麺で
中太縮れ麺にミンチもよく絡んでメチャうまです。

AbikoMarutan_004_org.jpg
そして、雑炊ごはん

AbikoMarutan_005_org.jpg
見栄えよく海苔が上にくるように投入!

ポタリングで疲れ切った身体に浸みる美味しさです。
ここから家まで頑張って走りましょう!って感じです。

AbikoMarutan_000_org.jpg AbikoMarutan_006_org.jpg
やっぱり、酸辣坦々麺が気になりますねぇ~
関連記事
[ 2013/12/06 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

【ポタ】西行の眠る弘川寺で紅葉狩り(大阪:河南町)

さて、河南(かなん)町ってどこにあるんでしょうか?

富田林の東はすぐ奈良ではなくて、北から太子町、河南町、千早赤阪村と
並んでいます。その河南町までこの秋最後の紅葉狩りにポタってみました。

Hirokawadera_000_org.jpg
瀧谷不動尊の前を通り、この日はやたらロードバイクとすれ違うなぁと
思いながら、1時間とちょっとでようやく河南町の 弘川寺 に着きました。
旅レコ によると標高は230mです。

Hirokawadera_001_org.jpg
Hirokawadera_009_org.jpg
紅葉情報によると 色あせ始め ですが、訪れている人はまぁまぁいます。

Hirokawadera_002_org.jpg
Hirokawadera_003_org.jpg
西行といっても、『さいぎょう』という読み方と歌人以外のことは知りませんが
あちこち旅をされて、この弘川寺で最期を迎えられたそうです。こちらが西行のお墓です。

Hirokawadera_006_org.jpg
本堂の裏側

Hirokawadera_005_org.jpg
Hirokawadera_004_org.jpg
西行記念館横には一面の紅葉のじゅうたん

Hirokawadera_011_org.jpg Hirokawadera_007_org.jpg
駐車場の隣りの入口を登ると棚田があるらしいので怪しい山道を進むことに・・・
でも、歩けど歩けど誰も居ない山中は怪しさが増すばかり・・・

Hirokawadera_008_org.jpg
  ただでさえ自転車でやってきて疲れてるので、
  引き返すべきかどうか迷っていると

  左へ進めば 里山の道
  右へ進めば 弘川城址への道

 の標識があったというかあってしまったので、
 もうすぐだろうと『里山の道』に行くことに・・・

  そして、気分は2時間後(実際は駐車場から
 だと20分ぐらい)に到着したのが・・・

Hirokawadera_010_org.jpg
小さな池・・・以上です。

一応、棚田もありますが、明日香の稲渕 のようでも、千早赤阪の下赤阪
のようでも、有田川のあらぎ島 のようではありませんので、悪しからず。

自分の踏み折る枝や風で揺れる木々の音を聞くたびに
誰も何も出て来ないことを祈って、オドロオドロしさを感じながら一目散に下山しました。

この後、南河内サイクルライン を北上して あびこ に向かいますが
大和川に入ると向かい風が強すぎて、大正橋から下道を走ることに・・・

Hirokawadera_Route2_org.jpg
真っ直ぐ行けばいいやぁ!と大和川沿いに走っているつもりが
記憶にある道路や線路もなく、ここにあるはずもない標識を見かけたので
現在地を確認して見ると平野区のJR加美駅近くだったことに気付き
慌てて南西にジグザグ走行をして、あびこに向かいました。
Hirokawadera_Data_org.jpg
 地図は外環以東、大和川以北のみですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:3時間52分
  距 離 :67.9km
    (2013年累計:1,136.3km/17日)
 最高速度:40.45km/h
 平均速度:17.56km/h

 そして、まるたんで坦々麺 を食べて、
 茶屋まんじゅう本舗で10円黒糖まんじゅう
 を買って帰りました。

<↓クリックすると拡大します>
Hirokawadera_Route_org.jpg
関連記事
[ 2013/12/05 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(0)

カレー釜玉うどん と 鶏野菜天丼/情熱うどん 山斗(大阪:西大橋・新町)

先日のランチは 情熱うどん 山斗(やまと) です。
地下鉄「西大橋駅」から、なにわ筋を北へ徒歩4分の新町にあります。

家族で別のお店に行く予定だったんですが、運悪く臨時定休日で
あんまり時間がなかったので、記憶にある近くのお店リストから選んでみました。

ShinmachiYamato_100_org.jpg ShinmachiYamato_101_org.jpg
前回は カレー釜玉 だったので、別のうどんにしようかと・・・

ShinmachiYamato_103_org.jpg
考えましたが、♪あの素晴しい味をもう一度~ ということで
カレー釜玉 と 鶏野菜天丼 + 麺2玉

ShinmachiYamato_104_org.jpg
はじめからタマゴは絡めてられていて釜玉うどんだけでも美味しいのに
それにカレーまでかけて、何とも嬉しい組み合わせです!

ShinmachiYamato_105_org.jpg
鶏天2個・茄子・カボチャ・ズッキーニ天 と豪華な盛り合わせです。
うどんも凄いですけど、こっちがメインでもいいぐらいです。

ShinmachiYamato_102_org.jpg
奥さんの 鶏玉天うどんランチ + 麺2玉

ナント!うどん と ご飯 が選べるお得なシステムになっています。

かけ・ぶっかけ・釜玉・生醤油 から 釜玉うどん
白・かやく・高菜・とろろ昆布 から 高菜ご飯

ShinmachiYamato_106_org.jpg
次こそは違ううどんにするかなぁ、でもやっぱりコレかなぁ。

☆今までの「情熱うどん 山斗」☆
 ・カレー釜玉うどん
関連記事
[ 2013/12/04 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

『メガ穴子天丼』は【は】ようて【や】すうておいしい【し】/食堂はやし(京都:東山)

先日のランチは 食堂 はやし です。
地下鉄東西線「東山駅」から南へ徒歩2分の東大路通り沿いにあります。

HigashiyamaHayashi_001_org.jpg HigashiyamaHayashi_003_org.jpg
一番人気はオムライスですが、ロースカツが2枚もあるトンカツ定食も気になるし
季節的にはカキフライ、キムチ鍋焼きうどんも捨てがたい・・・

HigashiyamaHayashi_004_org.jpg
メニューの写真と名前に魅かれて メガ穴子天丼

HigashiyamaHayashi_006_org.jpg
20センチもある穴子天にはノーマルな丼では小さいようで
2人仲良く身体を折り曲げて、緑の枕をお腹にのせて窮屈そうに寝ています。

HigashiyamaHayashi_005_org.jpg
フワフワ でなはく サクサク
塩胡椒 ではなく 和風あんかけ
シシトウ ではなく インゲン

と、ちょっとずつイメージとは違うタイプで見た目のボリュームほど、
コッテリではなく寧ろアッサリといただけます。

HigashiyamaHayashi_002_org.jpg HigashiyamaHayashi_000_org.jpg
テレビがついていて、スポーツ新聞を読んでるサラリーマンがいて
混んでくると何も言われなくても相席が始まって
何度行っても何を食べるか迷ってしまいそうな大衆食堂は

ようて すうておいしい
関連記事
[ 2013/12/03 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

名探偵の掟 (東野圭吾)

本日、読了。

東野圭吾では28冊目。

天下一シリーズでは1作目。


 <あらすじ>

  完全密室、時刻表トリック、ダイイングメッセ-ジ、アリバイ崩し、
 バラバラ死体に童謡殺人。フーダニットからハウダニットまで、
 ミステリに不可欠の12の難事件に挑む名探偵・天下一大五郎。

  すべてのトリックを鮮やかに解き明かした名探偵が辿り着いた、
 恐るべき「ミステリ界の謎」とは?本格推理の様々な“お約束”を
 破ってしまった短編集。


 <感想>

 いわゆるミステリ小説「あるある」です。
 名探偵・天下一大五郎と道化役の刑事・大河原番三がそれぞれの役割を『自覚しながら』謎を解いていきます。
 時々、本の世界から飛び出して、お互い役を演じつつ、密室はもう嫌だとか、もう答えを言っていいですか?とか、わざとトンチンカンな推理するのも疲れる、といった本音を語るのが面白いところです。

 天下一大五郎は松田翔太、大河原番三は木村祐一でドラマ化されていたのを観ていたので、それぞれ、ピッタリやなぁと思いながら読めます。

 建物の見取り図や時刻表を載せるのは必要か?と某有名作家や某大御所作家を批判していて大丈夫なのかちょっと心配してしまいます。

 しかし、こんなに誰もが気付いているけど敢えて言わなかったようなことや、ミステリ小説の種明かしをしてしまうとこれからどうするんだろうって思いますが、解説によるとこの作品以降、東野圭吾は大化けするようなので楽しみになります。


東野圭吾 読了リスト1
【東野圭吾 読了リスト2】
 ウインクで乾杯
 怪笑小説                  ○笑小説シリーズ1
関連記事
[ 2013/12/02 21:00 ] 東野圭吾 | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)