FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2013年11月
月別アーカイブ  [ 2013年11月 ] 

≪ 前月 |  2013年11月  | 翌月 ≫

『 かきそば 』 は時価です・・・さて How much?/堀江やぶ(大阪:南堀江)

先日のランチは 堀江やぶ です。

地下鉄「四ツ橋駅」、「西大橋駅」、四つ橋「なんば駅」から
それぞれ徒歩5~6分の立花通り(オレンジストリート)にあります。

HorieYabu_002_org.jpg HorieYabu_001_org.jpg
大衆的なお店なので各種麺類・丼とあります。
時価というのが気になりますが目的はひとつ・・・

HorieYabu_003_org.jpg
かきそば

周りでは麺類と一緒に御飯小玉(小盛りの卵かけご飯)を頼む人が
多いようですが、何しろ時価が気になるので単品で。

HorieYabu_004_org.jpg
牡蠣がいっぱいです。
1、2、3・・・多分大小10個ぐらい。
真夏の須磨海岸のごとく牡蠣で丼がごった返しています。

ネギもいっぱいで真ん中には海苔も泳いでいます。

HorieYabu_005_org.jpg
もう、プリップリです・・・時価ですが。
しかも、こんなのが10個も・・・時価ですが。

もちろん牡蠣だけでなく、出汁も蕎麦も美味しいので
寒い冬には食べ終わるころには暑くなってしまいました。

HorieYabu_000_org.jpg
さて、気になる時価ですが・・・・・・・・・・・・750円

次は、かき丼 ですね!
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/11/30 21:00 ] お食事処 そば | TB(1) | CM(2)

ホントに980円でいいんですか?/カレーの木(滋賀:栗東)

先日のランチは Curry&Cafe カレーの木 です。

JR栗東駅から東へ徒歩9分のところにあります。

RittouCurryTree_003_org.jpg RittouCurryTree_004_org.jpg
盛り付けを見ても美味しそうなカレーだけで約30種類、
更に、5種類のベーグルサンドまでありますが・・・

RittouCurryTree_002_org2.jpg
今回はコレ!

ホントに980円?と疑ってしまいたくなる Time Set
しかも、ランチだけでなくディナーもいけるらしい。

RittouCurryTree_006_org.jpg
まずは、ナッツがたっぷりでクリーミーな フレッシュサラダ

RittouCurryTree_005_org.jpg
続いて、バター風味の温かくて甘めの クロワッサン
これはウマすぎるのでお替わりしたくなります!

RittouCurryTree_007_org.jpg
3種類から選べるメインは 野菜のハーモニーカレー

なんともカレーらしくない可愛らしくカラフルな盛り付けです。

一応、ハーフサイズカレーなのですが、これぐらいでレギュラーサイズと
しているお店もあるぐらいなので、ボリュームも悪くありません。

RittouCurryTree_008_org.jpg
お皿の縁には生クリーム、ライスの孤島には木イチゴやベリーと食べ方が
よくわからなかったので、カレーの合間のお口直しにはちょうどいい感じです。

RittouCurryTree_009_org.jpg
そして、最後は デザート3種盛り
(カフェオレのチーズケーキ、チョコレートフォンダント、アイスクリーム)
選べる5種類のドリンクから エスプレッソ

こんだけ、ぜ~んぶ含めて980円ですよ!
凄くないですか!?

RittouCurryTree_001_org.jpg RittouCurryTree_000_org.jpg
かといって、30種類も個性的なカレーがあれば、
他のお客さんを見ても誰もがこれを頼んでいるわけでもないようです。
関連記事
[ 2013/11/29 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

マスカルポーネのっけ!もちもちミートスパ/チポーラ(大阪:天神橋筋六丁目)

先日のランチは Cipolla(チポーラ) です。
天神橋筋六丁目駅から北東へ徒歩2分のところにあります。
以前行った オムライスの キッチンTomoya のすぐ近くの細い通りにあります。

Ten6Cipolla_001_org.jpg
カウンターに座るとメニューを渡されて、凄い早口で何か説明をしてくれます。
「おススメは、ミート・・・」はなんとか聞き取れました。

Ten6Cipolla_002_org.jpg
注文すると、まずお水と思って飲んだら 炭酸水
膝カックンぐらい不意を突かれてビックリ!!

Ten6Cipolla_003_org.jpg
ランチにはもれなく付いてくる サラダ

俺はウサギかぁ!っと思わせるようなサラダではなく
フライドオニオン?ナッツ?のドレッシングがメチャうまです。

Ten6Cipolla_004_org.jpg
「熱いのでお気を付けください」と気遣いの言葉もいただき
これもランチに付いてくる バケット

Ten6Cipolla_005_org.jpg
そして、おススメだという
チポーラ特製ミートソース 1,000円 + 大盛り(無料)

「チーズかけていいですか?」といいながら、チーズを削り、ふりかけてくれて粉雪が積もります。
「足りないようであれば、遠慮なく言ってください」と言ってくれたと思います・・・早口だったので・・・多分。

Ten6Cipolla_006_org.jpg
どっかーん!とマスカルポーネ

パスタはモッチモチ!
ミートソースもウマウマ!
チーズもタップリ!

Ten6Cipolla_000_org.jpg
注文するときに1,000円は高いかなぁと思いましたが、こんだけ立派なセットなら寧ろお得だと思います。
1Fはカウンター8席、テーブル2卓4席ですが、2Fには自慢のテラステーブルがあるそうで、
ちょっと覗いてみたくなりますね。
関連記事
[ 2013/11/28 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(0)

【紅葉狩り2013②】足利氏ゆかりの石龕寺で紅葉狩り(兵庫:丹波)

小野の prato cafe(プラートカフェ)でランチをした後
丹波の 石龕寺(せきがんじ) にやってきました。

1週前には武者行列が行われる「もみじ祭り」があったようですが
この日は少しの待ち時間で駐車場にも停めることができました。
DSCF5002_org.jpg
駐車場から山門に向かう間でも紅く染まっています。
DSCF5045_org.jpg
趣のある 山門
DSCF5010_org.jpg DSCF5011_org.jpg
そこには、国の重要文化財の仁王像 があり凄い迫力です。
DSCF5037_org.jpg
薬師堂(左)と 毘沙門堂(右)
DSCF5003_org.jpg
DSCF5033_org.jpg
奥の院に続く参道から見下せる紅葉
DSCF5025_org.jpg
県内最大といわれている廣葉杉(コウヨウザン)
DSCF5004_org.jpg
DSCF5017_org.jpg
DSCF5048_org.jpg
この後、円通寺・高源寺と丹波三山をまわりたかったところですが
日暮れ近いこともあり、おとなしく帰路につきました。
関連記事
[ 2013/11/27 21:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(0)

【紅葉狩り2013①】ツリーハウスのある湖畔カフェ/prato cafe(兵庫:小野)

先日のランチは prato cafe(プラート カフェ)です。
山陽自動車道「加古川北IC」から東へクルマで11分の鴨池(男池)前にあります。

ちょっと脇道を入ったところにあるので、あっちに行ったりこっちに行ったりと
道に迷いながら、なんとか11時半頃に到着。

OnoPrato_000_org.jpg
なんといってもツリーハウスが目立つので、後ろの建物も含めてデカいなぁ、と思ったら
お店は手前の3つの小さな小屋のようなところだけのようです。

OnoPrato_001_org.jpg
順番待ちで5番目くらいだったので、鴨池(男池)をのんびり散策。かなり気持ちのいい陽気です。

OnoPrato_002_org.jpg
名前通りにカモものんびり遊泳中です。
そんなこんなであっという間に1時間が過ぎようやくお呼び出しがあり

OnoPrato_003_org.jpg
特にツリーハウスなどのテーブル指定はしていなかったので、
暑くも寒くもないこの季節にはぴったりのテラス席に案内されました。
テーブルの中央はストーブで私たちが座ると薪をくべてくれました。

テーブル数の少ないこちらのお店では、この席を
真夏や真冬はどうするのか、少し気になりますが・・・

OnoPrato_012_org.jpg
定番メニュー以外に週末限定パスタもあり、どれも美味しそうなので、バラバラに頼んでシェアしました。

OnoPrato_006_org.jpg
まずは、マフィンセット

マフィンはレジ横の棚の11種類ぐらいから選べます。
でも売り切れゴメンの人気商品だけあって、残りは3種類・・・

OnoPrato_005_org.jpg OnoPrato_004_org.jpg
モカ・チーズ・ナッツ                     くるみ・メープルシロップ

もちろんホカホカで温かく、外はカリっと香ばしく、
中はフンワリ、表面だけでなく、内部にもくるみやナッツも入っています。

このシチュエーションで、このマフィンは優雅ですよ~!
あまりにも美味しいので娘の好きな食べ物にマフィンが加わったようです。

OnoPrato_007_org.jpg
次に、パニーニセット
こちらにもサラダと自家製スープがついて、またこのサツマイモのスープがメチャうまです。

OnoPrato_008_org.jpg
しかも一つはBLT、もう一つは挽き肉チーズ&カボチャと
2種類あって嬉しくなってしまいます。もちろん美味しいですよ。

OnoPrato_009_org.jpg
最後は、自家製ビーフカレー(季節の野菜トッピング)

ごはん&ルーを大盛りにしたので、お皿からあふれそうになってしまい
店員さんもかなり慎重に運んできてくれました。しかも重~い!

OnoPrato_010_org.jpg
よく煮込まれているのがわかる辛さ控えめなカレーで8種類もトッピングされるとキレイです。

OnoPrato_011_org.jpg
もちろん残り少ないマフィンを買って帰りましたよ~!
無農薬みかん、モカ・チーズ・ナッツ、ココア・バナナ

レンジで20秒、トースターで2~3分して、翌日のちょっと贅沢なモーニングになりました。

この後、1時間ほど北上して、丹波で紅葉狩り に行きました。
関連記事
[ 2013/11/26 21:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(0)

はじめ人間ゴンゴンゴーン/ギャートリブ(大阪:イオン大阪ドームシティ)

先日のディナーは
骨付きポークのレストラン ギャートリブ イオンモール大阪ドームシティ店 です。
京セラドーム大阪の隣りのイオンモール大阪ドームシティにあります。

GyatoribuAeonOsakaDome_001_org.jpg
丸太と緑で囲んだ原始的な外観、大きな石の看板と
『ギャート』リブ という店名とこのフォント・・・

GyatoribuAeonOsakaDome_010_org.jpg
そして壁一面のこんな絵を見てしまうと

はじめ人間 ゴンゴンゴーン ♪
石おのかついだ ゴンゴンゴーン ♪

と唄ってしまうアナタは40代以上!

GyatoribuAeonOsakaDome_002_org.jpg GyatoribuAeonOsakaDome_000_org.jpg
なんでも日本初の豚肉専門レストランだそうで
サラダ・カレー・ライス&パン・スープ・ソフトクリームにドリンクと
食べ放題のシステムで、今回はクーポンでやってきました。

GyatoribuAeonOsakaDome_003_org.jpg
注文してから肉を焼いているのが見えるオープンキッチンを眺めつつ
食べ放題という言葉に釣られて相変わらずとり過ぎてしまいます。

ちなみに、オレンジジュースのような飲み物はオランカ サプリメントドリンクで
11種類のビタミンが摂取できるそうなのですが、これが意外と美味しい!

GyatoribuAeonOsakaDome_004_org.jpg
そして、ミックスグリルA の登場

GyatoribuAeonOsakaDome_005_org.jpg
肉厚な 豚サーロインのグリル

GyatoribuAeonOsakaDome_007_org.jpg
ちょっと脂身が多いですけど、肉汁がジュワー!
ソースは5種類から選べて、醤油オニオンで。

ミックスグリルBだとポークハンバーグになります。

GyatoribuAeonOsakaDome_008_org.jpg
骨付きスペアリブのフライ

GyatoribuAeonOsakaDome_009_org.jpg
行儀よく手で持って、ガブッと!

3種類の味が選べて、ノーマルなプレーンで。

GyatoribuAeonOsakaDome_006_org.jpg
おまけに ミニグラタン まで。

GyatoribuAeonOsakaDome_011_org.jpg
デザートはアイスクリームを好きなように盛り付け。
ちょっと甘さは控えめです。

はじめ人間ギャートルズのようなマンモスの肉はおいてませんし
店員さんも、原始人のような服は着ていませんので悪しからず。
関連記事
[ 2013/11/25 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(2)

誤記じゃないですよ!カレーおやじ/ふじきち(兵庫:明石)

先日のランチは 手打ちうどん ふじきち です。
山陽本線「西新町駅」から西へ徒歩8分のところにあります。

AkashiFujikichi_002_org.jpg AkashiFujikichi_003_org.jpg
店頭の のぼり には カレーうどん
メニューの人気№1も カレーうどん
じゃあ、カレーうどん か ちょっとリッチに カツカレーうどん
といきたいところですが、読み間違いかと思うメニューが・・・

AkashiFujikichi_004_org.jpg
カレーおやじ
注文すると、厨房には「おやじ1」「おやじ2」と美味しそうには思えないオーダーが入ります。

AkashiFujikichi_005_org.jpg
フタを開けると、そこは煮えたぎったカレー地獄です。
中央には天かすとネギ、タマゴもあるようなのですくいあげてみると、

AkashiFujikichi_007_org.jpg
グツグツ過ぎて黄身も固まってました。

AkashiFujikichi_006_org.jpg
「よく混ぜてお召し上がりください」とのことなので
混ぜると、ご飯と鶏肉と、更に!刻みうどん が入っています!

辛さはそれほどありませんが、出汁がよく効いて、トロミもタップリで美味しいですよ!

定番のカレーうどんの後に、ご飯を投入した食べ方とは違った味わいです。

AkashiFujikichi_009_org.jpg AkashiFujikichi_008_org.jpg
ボリュームもメチャクチャあります。
でもこのボリュームに対して、サクラ漬け3切れはちょっと少ないような・・・

AkashiFujikichi_001_org.jpg AkashiFujikichi_000_org.jpg
次は、隣りのおばさんの食べてた バカデカイいなり寿司か
うどんの大盛りは3玉もあるらしいんで、大盛りカレーうどんかなぁ。
関連記事
[ 2013/11/24 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

肉汁あふれるハンバーグ/手づくりハンバーグの店 とくら(京都:桂)

先日のランチは 手づくりハンバーグの店 とくら 桂本店 です。
JR桂川駅から東へ徒歩14分の桂川街道沿いにあります。

新堀川店 には行ったことがあるので約7~8年振りになります。

TokuraKatsura_002_org.jpg
揚げ物とセットのお得な日替わりランチもありますが、がっつりハンバーグを食べたかったので・・・

TokuraKatsura_003_org.jpg
オリジナルハンバーグランチ(300g)

TokuraKatsura_004_org.jpg
この単品だとわかりませんが、隣りのおじさんの180gのハンバーグと比べると
300gは嬉しくなってしまうボリュームです。

さぁ、ここからお楽しみが始まりま~す!

TokuraKatsura_005_org.jpg
TokuraKatsura_006_org.jpg
中からドバドバドバッ~と肉汁があふれだします!

TokuraKatsura_007_org.jpg
ハンバーグ山が噴火して、火口には肉汁の池が出来上がりました。

TokuraKatsura_008_org.jpg
肉汁は山から流れ落ちて、隣りのサラダ畑も肉汁だらけにしてしまいます。

あぁ~肉汁もったいな~い!

味の感想は言うまでもないですけどね!

TokuraKatsura_000_org.jpg TokuraKatsura_001_org.jpg
味だけでなく見た目も楽しめるハンバーグなので
13時過ぎに行ってもお客さんが並んでいる大人気のお店でした。
関連記事
[ 2013/11/23 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(2)

『焼きたてパン』 に 『石窯焼きピッツァ』/おかやま工房 リエゾン(岡山:北長瀬)

先日のランチは おかやま工房 リエゾン です。

JR山陽本線「北長瀬駅」から南へ徒歩15分の岡山西バイパスから東へ2本入った通りにあります。

OkayamaLiaison_003_org.jpg OkayamaLiaison_002_org.jpg
パンの種類がメチャクチャ多くて、しかもどれも美味しそうで
お金と時間とお腹が許せるのであれば全部食べたいくらいで
店内を何周かして、迷って選んだのが・・・

OkayamaLiaison_004_org.jpg
厚焼きフレンチ 110円

分厚いでしょ~
立ってますよ~
家じゃこんな贅沢はできませんよ!

柔らかくて、甘くて、ウマ~い!!

OkayamaLiaison_005_org.jpg
カリカリチーズのリエゾン風パニーニ 280円

OkayamaLiaison_006_org.jpg
表面にはカリカリチーズで、中にはトローリチーズ。
トマトにベーコン・大葉とこれでもか!っていうぐらい希望を満たしてくれそうな人気商品です。

テラス席もいくつかあるので、イートインもできます。
ただお客さんと席との比率が合っていないので、混み合う時間は外した方がいいようです。

OkayamaLiaison_001_org.jpg
パンだけじゃなくて、本格石窯のナポリピッツァ工房も
併設しているので、もちろん食べますよ~!

OkayamaLiaison_007_org.jpg
なすとソーセージのミートッピッツァ 350円
しかもイートインするとソフトドリンクが無料になります!

OkayamaLiaison_008_org.jpg
カウンター越しに厨房の石窯も見えて、5分ほどで焼き上がって
これで350円凄~い!

しかもマルゲリータだったら250円です。

OkayamaLiaison_009_org.jpg
生地はモチモチ、チーズはトローリ、焼きたてアツアツ
う~ん、文句のつけようがない!

OkayamaLiaison_000_org.jpg
あぁ~近所に欲しい~!
関連記事
[ 2013/11/22 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(2)

冷やしぶっかけ+温玉とり天丼・・・おまけにカキフライ/情熱うどん はるりん(奈良:帯解)

クロスバイクで 奈良県庁展望台 に行ってから、高速餅つきの中谷堂
ぶと饅頭の萬々堂通則 によって、ランチは 情熱うどん はるりん です。

JR桜井線「帯解駅」から北西へ徒歩22分で イオンモール大和郡山から東へ約2kmのところにあります。

ObitokeHarurin_002_org.jpg
ざる担担は夜のみというのであれば、情熱うどん系列だと
ざるチャーシュー が食べたくなりますが、今の気分ではないしなぁ。
かといって、メニューにはピンとくるようなメニューがなかったので、本日のメニューを見ると・・・

ObitokeHarurin_003_org.jpg ObitokeHarurin_004_org.jpg
カキフライタルタルカレーうどん

『 カキフライ 』 ・ 『 タルタル 』 ・ 『 カレーうどん 』 と
美味しいワードの数珠つなぎメニューがあるじゃないですか!

しかし、今日はカレー気分でもなく、そして、とり天が食べたくなってきて・・・ということで

ObitokeHarurin_006_org.jpg
温玉とり天丼セット

と思いきや、やっぱり、この季節になると食べたくなるので

ObitokeHarurin_009_org.jpg
おまけで カキフライ(3個)
凄~い!豪華で!贅沢!・・・頼み過ぎ?

ObitokeHarurin_007_org.jpg
伸び~る弾力にチュルっとした喉越しはいいですねぇ。

ObitokeHarurin_008_org.jpg
揚げ立ての大きなとり天が3個、そして温玉。
温玉つぶして、とり天にからめて、ご飯と一緒に想像しただけでウマいですよね。

ObitokeHarurin_005_org.jpg
オマケと言っては失礼なカキフライ
今冬、初カキ です。

ObitokeHarurin_010_org.jpg
タルタルたっぷりつけて、カキフライ最高!

ObitokeHarurin_001_org.jpg ObitokeHarurin_000_org.jpg

何もかも美味しくいい食後だったんですけど・・・

隣りのカップルが生醤油うどんを食べながら
「この なまじょうゆ うどん 美味しいわぁ」と
何度も言ってたことばかりが、記憶に残ってしまいました。

ここから再び、ならクル を参考にして
九条ルート → 北下ツ道ルート → 物部ルート → せんとの道 → かぐや姫ルート
と乗り継いで穴虫峠を越えて帰りました。(ルートは こちら
関連記事
[ 2013/11/21 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(2)

春日大社が認めた『ぶと饅頭』/萬々堂通則(近鉄奈良)

奈良県庁屋上展望台 に行って、中谷堂で高速餅つき を見た後、
お土産を買うために 萬々堂通則 に寄りました。
近鉄奈良駅から南へ約5分の もちいどのセンター街 にあります。

NaraManmando_004_org.jpg NaraManmando_005_org.jpg
いかにも伝統がある和菓子屋さんなのでなんでもありますが
大阪ほんわかテレビの「地元菓子の達人がオススメする関西地域菓子」で
紹介されていた・・・

NaraManmando_000_org.jpg
ぶと饅頭(3個)
1個から販売しています。

NaraManmando_001_org.jpg
春日大社のお祭り・祭事のたびに神饌として『ぶと』が作られています。
これは遣唐使が中国から持ち帰ったと伝えられるお菓子で千年以上の歴史があるそうです。

そして、春日大社の許可を得て、アレンジして作り上げたのがぶと饅頭 になります。

NaraManmando_002_org.jpg
いわゆる 揚げまんじゅう で
グラニュー糖をまぶした皮はパリパリで
こし餡はほどよい甘さです。

NaraManmando_003_org.jpg
こんなに美味しいのなら、神饌の『ぶと』はもう一回り
大きいそうなので、実物大も食べたくなりますね。

次は、更に南下してイオンモール大和郡山近くの
情熱うどん はるりん でランチです。
関連記事
[ 2013/11/20 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

高速餅つきの出来たて よもぎ餅/中谷堂(近鉄奈良)

NaraNakatanidou_000_org.jpg
奈良県庁屋上展望台 のあと、猿沢池に自転車を停めて、
三条通りを通って、お土産を買いに、もちいどのセンター街 に行ってみると、

NaraNakatanidou_003_org.jpg
もの凄い人だかり!

NaraNakatanidou_001_org.jpg
威勢のいい掛け声とともに
テレビでもお馴染みの 中谷堂 の高速餅つきの実演中でした。

ちなみに、お店の方が手を挙げているのは、人が多過ぎて
「クルマの通行を邪魔しているので歩道に上がってくださ~い!」と叫んでいます。

NaraNakatanidou_002_org.jpg
写真だと高速さがまったく伝わらないので、動画で


NaraNakatanidou_005_org.jpg
出来上がると一斉にお客さんが並びだし、

NaraNakatanidou_004_org.jpg
1個130円の出来たて よもぎ餅 に群がります。

NaraNakatanidou_006_org.jpg
ビヨ~ンと伸びて、やわらか~く、ほどよい甘さで
更に餅は温かく、餡は冷たいという出来たてならではの食感は
片道40kmのポタリングで疲れた私を癒してくれます。

もちろん、出来たてじゃない よもぎ餅 も売ってますけど
お土産にすると出来たて感は味わえないのでやめときました。

次こそは、本来の目的だったお土産の 萬々堂通則のぶと饅頭 を買いに行きます。
関連記事
[ 2013/11/19 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(4)

【ポタ】奈良県庁屋上広場展望台

千本松大橋(めがね橋) 以来、約1ヶ月ぶりにポタってみました。
ならクル を参考にして、法隆寺あたりから富雄川沿いに『せんとの道』を
延々北上し、近鉄郡山駅前を通過して・・・
DSCF4873_org.jpg
ようやく、周辺は観光客でいっぱいの 奈良県庁 に到着!

bonbonnoさんの BUTU ROAD -仏道 -
紹介されていたのでやってきました。
DSCF4872_org.jpg DSCF4870_org.jpg
せんとくん と シカ がお出迎え。
まぁ、ホンモノのシカは向かいの公園にたくさんいますけどね。
DSCF4868_org.jpg
土日祝でも県庁の屋上広場は展望台として無料開放されていて
派手な広告のエレベーターで屋上まで上がります。
ちなみに6階建てなのでそれほど高いわけではありません。
DSCF4853_org.jpg
東には、大仏殿若草山
DSCF4857_org.jpg
大仏殿の向こうは 二月堂法華堂
DSCF4863_org.jpg
南は 興福寺五重の塔

更に、大和三山(天香久山・畝傍山・耳成山)も見えるはずなんですが
警備員さんのお話によるとこの日は天気が良すぎて靄って見えないそうです。
DSCF4848_org.jpg
はるか西には、生駒山
DSCF4864_org.jpg
そして、ズーーーーームすると
スーパーホテルの隣りにあるのが平城宮跡の 朱雀門
実際にはホテルと門は約1.7km離れてますけどね。
DSCF4849_org.jpg
そこから右にずーーーっと移動すると 大極殿
DSCF4859_org.jpg
意外にもたくさんの人が訪れていました。
ここに来ると誰もの第一声は「おぉー!」「わぁー!」「すごーい!」

この後、もちいどのセンター街中谷堂のよもぎ餅 を食べて、
萬々堂通則でぶと饅頭 を買って、
イオンモール大和郡山近くの 情熱うどん はるりん でランチ をして

往路と同じく ならクル を参考にして
九条ルート → 北下ツ道ルート → 物部ルート → せんとの道 → かぐや姫ルート
と乗り継いで穴虫峠を越えて大阪に入りましたが

しかーし!峠を越えてしばらくすると、久しぶりのポタリング&長距離ということも
あり両足のふくらはぎが交互につってしまい、誤魔化し労りなんとか帰宅できました。

NaraKentyou_Data_org.jpg
 地図は奈良県内のみですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:5時間20分
  距 離 :92.9km
    (2013年累計:1,068.4km/16日)
 最高速度:43.76km/h
 平均速度:17.38km/h

<↓クリックすると拡大します>
NaraKentyou_Route_org.jpg
関連記事
[ 2013/11/18 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(4)

創作沖縄家庭料理を隠れ家で/食楽きっちん ぱにぱに(大阪:堺,北花田)

先日のディナーは 食楽きっちん ぱにぱに です。
地下鉄御堂筋線「北花田駅」からも「新金岡駅」からも
徒歩12~3分のレインボー金岡店の少し東にあります。

SakaiPani2_000_org.jpg
今回は沖縄料理のクーポンなんですが、メニューを見ると和食・洋食に
こだわらない創作家庭料理で、キレイな女性二人でされているようです。

SakaiPani2_001_org.jpg
まずは、ミミガーポン酢
おっ!ウマいと思わず言ってしまったので今夜は期待できそうです。

SakaiPani2_002_org.jpg
もずくの天ぷら

今まで食べてきた もずくの天ぷら はほとんどが もずく でしたが
これは かき揚げ に もずく が入っているようなタイプです。
アツアツでフワッとして、玉子いっぱいの美味しい天ぷらです。

SakaiPani2_003_org.jpg
定番の ゴーヤちゃんぷるー

SakaiPani2_004_org.jpg
タコライス
ソースは自家製のようで(おそらく)初めて食べる優しいタコライスです。

SakaiPani2_005_org.jpg
別クーポンの ソーキそば
固めの縮れ麺にあっさりスープで、いかにも家庭料理って感じで安心できます。

クーポンはここまでで、何となく沖縄らしい料理をひと通り
食べたように思えますが、最後に追加でもう一品。

SakaiPani2_006_org.jpg
ゴーヤピザ
カリカリ生地に甘めの和風ソースとゴーヤの苦味で、メチャうまで最後にガツンときました。

SakaiPani2_008_org.jpg SakaiPani2_007_org.jpg
この近くの幹線は何度もクルマで通っていますが、初めて通るちょっと入った住宅街にある
隠れ家のようなお店で食べられる創作沖縄家庭料理でした。
関連記事
[ 2013/11/17 21:00 ] お食事処 沖縄(料理) | TB(0) | CM(0)

鯛ちくわ天と温泉たまごのぶっかけ に トッピングは 舞茸の天ぷら/うどん屋 きすけ(大阪:中津)

先日のディナーは うどん屋 きすけ です。

阪急梅田駅、地下鉄中津駅、中崎町駅からそれぞれ徒歩7~8分の
毎日放送(MBS)の新御堂筋を挟んだ反対側のちょっと東側にあります。

オープンが14時~という行けそうで行けない時間なので
私にとっては、必然と夜の訪問になってしまいます。

NakatsuKisuke_001_org.jpg
ここでは、やっぱり 鯛ちくわ天!
あとは、大盛りにするか、豊富なトッピングから舞茸かあげもちか
と独りで議論した結果・・・

NakatsuKisuke_002_org.jpg
鯛ちくわ天と温泉たまごのぶっかけ(冷) + 舞茸の天ぷら(3ヶ)

NakatsuKisuke_005_org.jpg
びよーんと伸びるうどん

NakatsuKisuke_003_org.jpg
サックサクの舞茸天

NakatsuKisuke_004_org.jpg
そして、鯛ちくわ天

上品で甘い感じで、こんなにちくわって美味しいのかって
思うぐらい、初めて食べたときはビックリしました。

NakatsuKisuke_006_org.jpg
意に反して温泉たまごが崩れてしまったので
すばやく、うどんに絡めて食べると更にウマぁ~!

NakatsuKisuke_000_org.jpg
これからは安易に大盛りにせずに、トッピングをして楽しんでみようと
今頃気付いた・・・私でした。
関連記事
[ 2013/11/16 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

ジャンボなお好み焼きとジャンボな焼きそば/ジャンボ(京都:等持院)

先日のディナーは ジャンボ です。
嵐電北野線「等持院駅」から南へ徒歩3分の「等持院南町」バス停前にあります。

Old Saltyの日々雑感 の たかのつめ さん に
ご紹介いただいたので行ってみました。

京都市内のお客さんのところで仕事が終わって、いくら人気店と言えども、
平日は並ぶことはないだろうと17時45分頃に行ってみると、
3~4卓が空いていたので余裕で座れました・・・
がしかし!直後にすぐに満席になり、3組ぐらいが待ち状態に!

TojiinJumbo_004_org.jpg
もちろん ジャンボ と ジャンボ で!

ちなみに隣りの若い女性二人もジャンボとジャンボ
⇒スムーズに減っているようです。

反対の隣りの若い男女4人組はジャンボ焼きそば×2+ジャンボお好み焼き×1
⇒かなり持て余しているようです。

TojiinJumbo_000_org.jpg
まずは、タマゴが4つも入ったお好み焼き玉を自分で混ぜてください、
ということなので、途中まで混ぜると仕上げは店員さんがやってくれます。

TojiinJumbo_001_org.jpg
後は見てるだけで、豚肉は生地に練りこまれているタイプです。

これだけだと何がジャンボかわからないと思うので・・・

TojiinJumbo_002_org.jpg
鉄板一面に広がるジャンボ焼きそばと並べるとこんな感じ。
これでも分かり難いのであれば・・・

TojiinJumbo_003_org.jpg
灰皿と並べてみました。
まさしくジャンボ!

TojiinJumbo_005_org.jpg TojiinJumbo_006_org.jpg
甘い・普通・辛いと選べるソースから普通のソースをかけてくれて
手際よくカツオ節を散らしてくれて

TojiinJumbo_007_org.jpg
ジャンボに完成!

何と入店してから15分後には食べられる状態になりました。
早~い!!

TojiinJumbo_009_org.jpg
まずは、ジャンボお好み焼き
面積は大きいですが、意外にも厚さは薄め

TojiinJumbo_010_org.jpg
だから、コッテリというよりもお好み焼きにしては
アッサリとオッサン二人でたいらげてしまいました。

ジャンボサイズだけでなく、お好み焼きとして美味しいです。

TojiinJumbo_008_org.jpg
こっちは、ジャンボ焼きそば

TojiinJumbo_011_org.jpg
自分で青海苔をサーッとふりかけて、更に美味しそうにさせて
やっぱりソースがくどくないないので、結構食べられるんですよね。
でも・・・なかなか減らないながらも美味しく完食。

TojiinJumbo_013_org.jpg TojiinJumbo_012_org.jpg
食べ終わったのが18時30分。
お好み焼き屋さんでこの回転は速いですね。
座敷のすぐ横では待っているお客さんもいるので、
ゆっくりせずにすぐに退散しました。

きっと休日だとこんなにスムーズにいかないんでしょうね。
関連記事
[ 2013/11/15 21:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(4)

マグロづくしランチ/しゃり家 魚蔵(大阪:貝塚)

先日のランチは しゃり家 魚蔵 です。

JR阪和線「東貝塚」駅から南へ徒歩7分 または
水間鉄道「石才」駅から東へ徒歩9分の府道30号線沿いにあります。

以前行った 心温まるうどん うつ輪 の少し南にあります。

KaizukaUozo_100_org.jpg
10種類以上もマグロ料理があるのに、奥さんはロコモコ丼にしたかったようですが、
「マグロ料理屋さんで何でロコモコやねん!」ということで別の料理にしましたが・・・

KaizukaUozo_108_org.jpg
まずは、私の4種類のマグロ料理がついた まぐろランチ

KaizukaUozo_103_org.jpg
まぐろフライ

KaizukaUozo_106_org.jpg
まぐろカルパッチョ

KaizukaUozo_105_org.jpg
赤身だけでなく中トロまで!ついている まぐろ刺身

KaizukaUozo_107_org.jpg
まぐろハンバーグ

つまりロコモコ丼のハンバーグはコレだったようで、そりゃそうですよね、
マグロ料理屋さんで牛肉ハンバーグは出ないですよね。

タイプの違う4種類のマグロ料理がついて、これで900円は凄くお得です!!

KaizukaUozo_101_org.jpg
そして奥さんの、こっちにも まぐろフライ がついた 三色まぐろ丼定食

KaizukaUozo_102_org.jpg
刺身 に やまかけ・タタキ鮪 と豪華でボリュームもたっぷり~

KaizukaUozo_104_org.jpg
最後は娘の ふわふわ卵ごはん(明太子)

明太子ご飯にふわふわ卵・レタスにマヨネーズとタコライス風です。
まぐろ とは関係ないですけど・・・

KaizukaUozo_110_org.jpg KaizukaUozo_109_org.jpg
この辺りをあんまり通ることはありませんが、なかなか いいお店を見つけてしまったようです。
関連記事
[ 2013/11/14 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

と~ろ~け~る~焼豚定食/コーさん(大阪:天下茶屋)

先日のランチは らーめん コーさん 天下茶屋店 です。

南海・地下鉄「天下茶屋駅」から東へ徒歩5分の松虫通りの1本北の通りにあります。
阪堺電軌阪堺線「北天下茶屋駅」・「聖天坂駅」からでも同じくらいの距離です。

KohsanTengachaya_002_org.jpg KohsanTengachaya_003_org.jpg
ラーメンからご飯もの・定食まで揃っています。
看板は『らーめん コーさん』なんですが、周りで麺類を食べている人はいません。
(・・・たまたまでしょうけど)

KohsanTengachaya_006_org2.jpg
名物だという 焼豚定食 800円

KohsanTengachaya_005_org2.jpg
ご飯を渡されるときに、「ご飯?」と疑問形で聞かれたので
意味が分からず「はい」と答えましたが、「これでいい?」という意味だったようです。
ちなみに 大盛り を頼んでいるわけではなく、普通がコレです。

KohsanTengachaya_007_org.jpg
タレは 甘め or サッパリ を聞かれるので、甘め、
辛子をどうするか聞かれるので、付けてください、と。

KohsanTengachaya_008_org.jpg
凄いでしょ!
口の中で溶けますよ!
食べても食べても減りませんよ!
しばらくチャーシューを見るのが嫌になりますよ!

ちなみに別の料理にチャーシューをトッピングする場合
100円になります・・・納得!

KohsanTengachaya_004_org2.jpg KohsanTengachaya_009_org2.jpg
カウンターに置かれているキムチは食べ放題
お味噌汁ではなく、味噌味の中華スープで、めちゃウマです。
KohsanTengachaya_001_org.jpg KohsanTengachaya_000_org.jpg
このチャーシューは平日だと少なくても20kg、休日だとその倍は出るそうです。

こうなると炙りチャーシューも食べたくなりますが、
このバラチャーシューは炙りには向いていないそうです。

ちなみに、お持ち帰りもできるそうですが、
柔らかすぎて家で切るのがかなり難しいので、
お店で切るほうがおススメだそうです。

隣りで食べていたお兄さんの唐揚定食もとんでもないことになっていました。

と~ろとろチャーシューが大好きな方は是非どうぞ!
関連記事
[ 2013/11/13 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(4)

東京‐岐阜Σ(シグマ)0秒の罠(小杉健治)

本日、読了。

小杉健治では8冊目。
DSCF3645_org.jpg
 <あらすじ>
 
  詐欺商法でのし上がった悪徳会社「シルクハウス」の会長・碓井宗晴が
 絞殺された。碓井と対立する同社専務・工藤博幸を捜査陣はマークし、
 殺人の動機をつかんだ。
  が、工藤には鉄壁のアリバイがあった!
  有罪を信じる沢月刑事は執念の末アリバイを破り、工藤を逮捕し、
 事件の舞台は法廷に…。さらに公判中、工藤は愛人・篠原紀絵の意外な
 証言で窮地に追い込まれる。
  若き美人弁護士・槙村ゆり子は工藤の無実を証明するため、検察側と
 真っ向から対決するが…。
  アリバイ崩しと緊迫の法廷シーンを見事に融合させ二転三転と息づまる
 展開のなかに秘められた真実とは?

東京‐岐阜Σ(シグマ)0秒の罠

<感想>

 日本の裁判は証拠裁判主義で『事実の認定は証拠による』が基本精神になっています。
 つまり、証拠があるから誰々は容疑者となり得る、ということです。

 しかし、この事件は殺された会長と対立する専務の工藤が怪しい、でも鉄壁のアリバイがある。それでも刑事の経験と勘からやっぱり怪しい、となり彼に似た人を見た、彼の筆跡に似ている、こうやればアリバイは崩れるはずと都合のいいように組み立てていくと証拠がないけど犯人になってしまうんです・・・あぁ怖い!

 前半はアリバイを崩そうとする刑事の執念(でも悪徳刑事じゃないです)で展開され、てっきり工藤が犯人なんだぁって思ってたら、後半の裁判で弁護士の槙村ゆり子が証拠不十分つまり『事実の認定は証拠による』を徹底的に突いていく やりとり は面白いです。

 一審で無罪にはなりますが、その後もう一捻りあって、最後の最後でようやく真実にたどり着くことができる作品になっています。


【小杉健治 読了リスト】
 原島弁護士の愛と悲しみ
 二重裁判
 死者の威嚇
 
 土俵を走る殺意
 夏井冬子の先端犯罪
 裁かれる判事
関連記事
[ 2013/11/12 21:00 ] 小杉健治 | TB(0) | CM(0)

お食事ご招待券で炭焼き俵ハンバーグ/寛屋(大阪:富田林)

先日のディナーは 寛屋 富田林店 です。
富田林の外環沿いで「緑ヶ丘」交差点の少し北にあります。
KanyaTondabayashi_300_org.jpg KanyaTondabayashi_301_org.jpg
年に一度のお誕生日1,500円お食事券が届いたので行ってみました。

KanyaTondabayashi_302_org.jpg KanyaTondabayashi_303_org.jpg
富田林店だけは何を頼んでも サラダバー・スープバー・スイーツバー・ごはんバー
が付いてくるので、娘にとってはこういうバイキング形式が嬉しいようです。

KanyaTondabayashi_304_org.jpg
コーンスープとポテトサラダと豆ばっかりのサラダ
そして、手前は 会員特典の梅ゼリー

KanyaTondabayashi_305_org.jpg
バイキングがあるので、メインのハンバーグは控えめに 炭焼き俵ハンバーグ(200g)
ちなみに、スモール(150g)・ビッグ(300g)やチーズやエッグなどのトッピングタイプもあります。

KanyaTondabayashi_306_org.jpg
店員さんが手際よく肉の塊のようなハンバーグをカットして、熱々の鉄板で仕上げてくれて

KanyaTondabayashi_307_org.jpg
ソースをかけると煙モウモウ・油バチバチになるので

KanyaTondabayashi_308_org.jpg
お客さんは、こんな感じでエプロンでブロックして静まるのを待ちます。

KanyaTondabayashi_310_org.jpg
そして・・・出来上がり!
選べるごはんは十穀米、スープバーのお味噌汁。

KanyaTondabayashi_309_org.jpg
肉!肉!肉!肉!
いつもよりニンニクの香りがいっぱいします。

KanyaTondabayashi_311_org.jpg
柚子胡椒とタレにつけて食べるとバカウマです。
もちろんご飯はお替わり、今度は麦飯で!

KanyaTondabayashi_312_org.jpg
杏仁豆腐・コーヒーゼリー・ぜんざい・抹茶ムース・わらびもち・ぶどうゼリー
デザートバーから全種類とってきましたぁ。

もちろん家族で分けて食べました・・・独り占めじゃないですよ!


☆今までの「寛屋」☆
炭焼き俵バーグセット
サラダバーになっていたハンバーグ屋さん
平日限定!俵バーグ全品半額フェア
ハンバーグ&クリームコロッケ
関連記事
[ 2013/11/11 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(2)

辛くなくても、白くても、これもカレー/yobareya(大阪:西大橋)

先日のランチは yobareya(ヨバレヤ) です。
地下鉄鶴見緑地線「西大橋」駅から北へ徒歩2分のなにわ筋の
1本東の通りにあるので、つまり新町のカレー激戦区にあります。
IMG_4249_org.jpg
メインの採光は入り口と窓だけで、室内には小さな電球が数個あり
やや暗い雰囲気ですが、(・・・行ったことないですけど)
ギリシャやイタリアなどの地中海とかをイメージしてそうなお店です。
IMG_4234_org.jpg IMG_4235_org.jpg
ETHNIC HERB(エスニックハーブベース)か
ORIENTAL KEEMA(オリエンタルキーマベース)からカレーを選びます。
IMG_4247_org.jpg
初挑戦の ホタテとじゃがいものエスニックハーブベースカレー

白いカレーと言えば、堺の MACH III(マッハスリー) しか
思い浮かびませんが、お店が違えど食べるのは初めてです。

嬉しいことに、ランチタイムサービスがあったので
ハーブライスをLサイズにしました。

他のお客さんが頼んでいるオーガニックハーブドリンクも
食前酒のようにグラスで運ばれてきていました。
ちょっと気になったので、次はそっちにしてみよう!
IMG_4246_org.jpg
スパイスというよりハーブの香りがいっぱいのマイルドなカレーです。
ココナッツが入っているので、やや甘めといった感じですね。
ちょっと硬めのライスとよく合って美味しいです。
IMG_4240_org.jpg
途中でレモンを絞るとさっぱりしたカレーに変身!
IMG_4233_org.jpg
ところでカレーの定義ってなんなんでしょう?

エスニックハーブとオリエンタルキーマの合いがけがあれば嬉しいですね。
関連記事
[ 2013/11/10 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

加古川名物!カツメシ/コーヒーハウス ロッキー(兵庫:加古川)

先日のランチは Coffee House Rocky(コーヒーハウス ロッキー) です。
加古川バイパスの「加古川六反田」交差点から北へクルマで3分のところにあります。

13時頃に行ってみるとほぼ満席!駐車場もいっぱい!

KakogawaRocky_000_org.jpg
喫茶店のランチなんで、各種定食やサンドイッチなどもありますが
ほぼ全員が頼んでいるだろうと思われるのが、加古川のご当地グルメ の カツメシ

KakogawaRocky_001_org.jpg
ということで、ビーフカツメシ(ロース)(大) 1,000円

KakogawaRocky_002_org.jpg
ちょっとお皿の向きが反対のような気もしますが・・・
福井のソースかつ丼でもなく
岡山のデミカツ丼でもなく
名古屋の味噌カツでもなく
お皿に盛られているのが加古川のカツメシです。

KakogawaRocky_003_org.jpg
付け合わせはもちろん茹でたキャベツ

KakogawaRocky_004_org.jpg
そしてビーフカツにはデミグラスソース

KakogawaRocky_005_org.jpg
これをお箸で食べます。
ビーフカツにデミグラスなので、想像通りのお味です。
そりゃぁ、美味しいですよ!

KakogawaRocky_007_org.jpg KakogawaRocky_006_org.jpg
かつめしマップ を見るとビーフだけ、ポークだけのお店の方が多いようです。
また、加古川駅前近くには かつめしの像 なるものもあるようです。
関連記事
[ 2013/11/09 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(4)

南大阪で さぬき名物!骨付鳥/鳥福(大阪狭山)

先日のランチは 鳥福 です。
南海高野線「金剛駅」から北へ徒歩4分のダイエーの東側にあります。

KongoTorifuku_001_org2.jpg
こちらは さぬき名物 の 骨付鳥 の専門店です。

うどん県に何度も行ってますが、うどんしか食べたことがなく
一鶴 が梅田・心斎橋にあっても行ったことがないので
初めての骨付鳥が南大阪のこちらのお店になってしまいました。

注文すると焼き上がりには15分かかります、とのこと。

KongoTorifuku_007_org2.jpg
鳥めしセット 1,000円

鳥めし・スープ・漬物・キャベツ、そして選べる骨付鳥は

KongoTorifuku_005_org2.jpg
鶏のスープで炊いて、とりそぼろに煮玉子
紅ショウガがいいアクセントになって美味しくて
ある意味、材料の組み合わせだけだと親子丼(親子鳥めし)、って言っていいかも。

KongoTorifuku_006_org2.jpg
親どり

ひなどりよりやや小さめで、身が引き締まっているのでハサミで切って食べて
スパイシーで噛み応えがあり、ウマ~い!
皿には大量の油がたまっているので、キャベツをつけて食べます。

KongoTorifuku_002_org2.jpg
娘は おむすびセット 900円

おむすび・スープ・漬物・キャベツ、そして選べる骨付鳥は ひな

KongoTorifuku_003_org2.jpg
ひなどり

親どりよりも大きく、比べると柔らかく食べやすく、
こちらの皿の油は、キャベツだけでなく、おむすびにもつけて食べます。

KongoTorifuku_004_org2.jpg
奥さんは 鶏カレー 700円

ポテトサラダが付いて、これもボリュームたっぷり!

KongoTorifuku_008_org2.jpg
食後のコーヒーは無料でセルフサービスになってます。

KongoTorifuku_000_org2.jpg
地鶏の水炊きもあるので、夜もよさそうですね。

こちらで骨付鳥を食べて、近くの 讃岐うどん いってつ で食べれば
プチ香川観光気分を味わえますよ!
関連記事
[ 2013/11/08 21:00 ] お食事処 | TB(1) | CM(2)

とろけたダブルチーズバーガー/ダイコクバーガー(京都:亀岡)

先日のランチは ダイコクバーガー です。
JR山陰本線「亀岡駅」から南東へ徒歩7分のところにあります。

ネットで調べてみると、ダイコクバーガーのある通りは、クニッテル通りという
変わった名前で、亀岡市と姉妹都市のオーストリアのクニッテルフェルト市が由来だそうで・・・。

KameokaDaikokuBurger_002_org.jpg KameokaDaikokuBurger_008_org.jpg
だからなのか店内はカラフルで吹き抜けやテラス席があったりとオシャレに仕上がってます。

KameokaDaikokuBurger_003_org.jpg
10種類以上のハンバーガーだけでなくカレーもあったりしますが、お店の人気№2だという
とろけたダブルチーズバーガー +Sセット(ソフトドリンク+切り立てポテト)

これだけだとよくわかりませんので、包装を開けますと・・・

KameokaDaikokuBurger_004_org.jpg
チェダーチーズがとろけて溢れてます。そして更に・・・

KameokaDaikokuBurger_005_org.jpg
バンズをのけると、今度はカマンベールチーズの巨大な塊が!

KameokaDaikokuBurger_006_org.jpg
柔らかいバンズにハンバーグ、そして2種類のチーズと、ウマウマ~

KameokaDaikokuBurger_007_org.jpg
ちょっと笑ってしまう 不揃いな 切り立てポテト

まぁ、よく言えばいろんな食感を楽しめるのかなと。

KameokaDaikokuBurger_000_org.jpg KameokaDaikokuBurger_001_org.jpg
他にもこだわりのコーヒーやスイーツもあったりして、カフェとしても使えるようですが、
BGMのボリュームをもう少し下げて、椅子を座り心地よくしてくれれば
開放的な店内なので長居してもいいかなぁと思えるお店でした。
関連記事
[ 2013/11/07 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(0)

チキンライスは三変化/堀内チキンライス(大阪:河堀口)

『河堀口』って何て読みか知ってます?
「こぼれぐち」って読むそうで、今まで「かわほりぐち」って読んでました。

その近鉄南大阪線「河堀口」駅から北へ徒歩歩2分の25号線沿いにある
堀内チキンライス でランチです。

ちなみに、こちらには寺田町駅や天王寺駅からでも5~10分で行けます。

HoriuchiChickenRice_011_org.jpg
店名からケチャップのチキンライス、オムライスを想像してしまいますが、

HoriuchiChickenRice_007_org.jpg HoriuchiChickenRice_008_org.jpg
ホントはチューリップハットのご夫婦が出迎えてくれる
東南アジアから沖縄料理まで提供しているお店なんです。

HoriuchiChickenRice_002_org.jpg
看板にもなっている
海南鶏飯(はいなんじーふぁん) 750円 + ご飯大盛り 50円

HoriuchiChickenRice_004_org.jpg
茹で蒸し鶏と鶏スープで炊いたジャスミンライスがセットの
チキンライスがベースになっていて、

HoriuchiChickenRice_003_org.jpg
タレが
3種類の唐辛子・生姜・醤油ダレ だと シンガポール の 海南鶏飯
辛い味噌タレ だと タイ の カオマンガイ
甘いナンプラーダレ だと ベトナム の コムガー
と三変化します。

HoriuchiChickenRice_001_org.jpg
食べ方は教えてくれますし、説明書きもあるので
お好みでタレを絡めてスプーンで食べてください、とのこと。

HoriuchiChickenRice_005_org.jpg
まず、ジャスミンライスだけで食べてちょっと塩味がしていい香りです。

生姜醤油がいい感じですね。
ちょっと飽きたころに辛い唐辛子で味を変えて
また、生姜醤油に戻って・・・

あっさりした鶏にジャスミンライス、これはいいですよ!

HoriuchiChickenRice_010_org.jpg HoriuchiChickenRice_009_org.jpg
お店の中はイラストがいっぱいです。
置いてあった あまから手帖 によると、ご主人は 元漫画家だそうです。

HoriuchiChickenRice_006_org.jpg HoriuchiChickenRice_000_org.jpg
美味しんぼの1巻が懐かしい~
第一話は「水と豆腐は旅をさせてはいけない!」だったような。
70巻ぐらいまで持ってたけど売ってしまったなぁ

堀チキではテイクアウトもやっているようですよ。
関連記事
[ 2013/11/06 21:00 ] お食事処 エスニック | TB(0) | CM(0)

【ちょっと地中海まで⑨】おはらい町・おかげ横丁で食べ歩き(三重:伊勢)

内宮 を参拝したあとは、仕方がないので
おはらい町・おかげ横丁 の誘惑に負けてあげましょう!

内宮に向かうときに、へんば餅の へんばや商店 がお休みなのは確認していたし
昨日、二見シーパラダイスで赤福ぜんざい&赤福餅 は食べたので、

Okageyokocho_004_org.jpg Okageyokocho_003_org.jpg
まずは、おかげ横丁の 若松屋 から

Okageyokocho_002_org.jpg
さぁ、どれを食べましょうか?

Okageyokocho_005_org.jpg
丸くてデカい ひりょうず

Okageyokocho_007_org.jpg
ひりょうず(飛竜頭)とは、がんもどき のことで
ひじき・しいたけ・にんじん・きくらげ・ごぼう・たけのこ・わかめ・枝豆・うずらの卵・豆腐
と具材もいっぱいで熱くてアフアフとバカウマです。

Okageyokocho_006_org.jpg
チーズ棒

Okageyokocho_008_org.jpg
揚げ立てなので、チーズがトロ~リ・・・メチャうま~!

Okageyokocho_009_org.jpg Okageyokocho_000_org.jpg
続いて、豚捨

Okageyokocho_013_org.jpg Okageyokocho_010_org.jpg
夕方だったので品数が少なくなっていて、コロッケ・牛カツ・ミンチカツから選んだのは・・・

Okageyokocho_011_org.jpg
やっぱり、コロッケ

Okageyokocho_012_org.jpg
思っていたよりも小ぶりですけど、アツアツで薄めの衣もサクサクです。

Okageyokocho_015_org.jpg Okageyokocho_014_org.jpg
おかげ横丁をひと周りして、帰ろうとしたら、おはらい町に美味しそうな看板を発見!
フランス料理 カンパーニュ です。

Okageyokocho_016_org.jpg
こちらも品薄で、ほとんど選択権はなく シュークリーム

Okageyokocho_017_org.jpg
皮はバリっとシッカリで、カスタードはギッシリで、ほどよい甘さで、これはウマい!

オマケで・・・

Okageyokocho_001_org.jpg
地下道には ハートストーン もありますよ!
(長崎の 眼鏡橋 にもありましたね)


ということで、高校生レストラン地中海村伊勢神宮(外宮内宮)
1泊2日の旅行は終了で~す。
関連記事
[ 2013/11/05 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(2)

【ちょっと地中海まで⑧】式年遷宮!外宮のあとは内宮へ(三重:伊勢)

外宮 を参拝したあとは、クルマで移動し 内宮 です。
こちらは少し遅めの時間もあってか渋滞もなく、すんなり停めることができました。

IsejinguNaiku_000_org.jpg
おはらい町・おかげ横丁 の誘惑という波状攻撃に耐えながら

IsejinguNaiku_001_org.jpg
宇治橋 に到着。内宮では右側を歩きます。

IsejinguNaiku_002_org.jpg
宇治橋からの 五十鈴川 です。
山本一力の いすゞ鳴る に登場したあの五十鈴川です。
今まで何回か見ている川ですけど、あの小説を読んだ後だと感慨深いものがあります。

IsejinguNaiku_003_org.jpg
外宮と同じく、手水舎 で、左手・右手と清め、左手にすくった水で口をすすぎ、左手を洗い流し

IsejinguNaiku_004_org.jpg
第一鳥居 をくぐって

IsejinguNaiku_005_org.jpg
そして、五十鈴川の御手洗場 でもう一度清めようと思ったら
前日の大雨で増水したために立ち入り禁止!う~ん残念!

IsejinguNaiku_006_org.jpg
御手洗場の奥にある滝祭神(たきまつりのかみ)でお参りし
そのまま第二鳥居とは違う雰囲気のある通りを進むと

IsejinguNaiku_007_org.jpg
誰かが内宮で最も美しいスポットです、と言っていた
風日祈宮(かざひのみのみや)橋
確かに宇治橋からとは違った趣です。

IsejinguNaiku_008_org.jpg
そして、皇室のご祖神の 天照大神(あまてらすおおみのかみ)
お祀りされている 御正殿 で、2拝2拍手1拝で、ご挨拶だけすませて

IsejinguNaiku_010_org.jpg
荒祭宮(あらまつりのみや) で個人的なお願いをします。

IsejinguNaiku_009_org.jpg
左には遷宮前の荒祭宮もあります。

IsejinguNaiku_011_org.jpg
御厩はお留守のようでしたが、
その近くには数羽のニワトリが放し飼いになっていました。
こちらは神の使いの 神鶏 だそうです。

外宮・内宮とお参りも無事終わったので、最後は おはらい町・おかげ横丁の誘惑 に負けてみます。
関連記事
[ 2013/11/04 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(4)

【ちょっと地中海まで⑦】式年遷宮!まずは外宮から(三重:伊勢)

ちとせ で伊勢うどんを食べた後、まずは 伊勢神宮の外宮 から。

IsejinguGeku_000_org.jpg
平日だったので空いていると思っていたら、さすが式年遷宮!駐車場に入るのに1時間かかってしまいました。

IsejinguGeku_001_org.jpg
外宮は左側通行なので、まずは表参道の 火除橋 を渡り

IsejinguGeku_002_org.jpg
手水舎 で、左手・右手と清め、左手にすくった水で口をすすぎ、左手を洗い流し

IsejinguGeku_003_org.jpg
有料のせんぐう館は素通りして、勾玉池 の舞楽の舞台をちょっと見て

IsejinguGeku_004_org.jpg
第一鳥居 をくぐると

IsejinguGeku_005_org.jpg
厳かな雰囲気になってきて

IsejinguGeku_006_org.jpg
第二鳥居 をくぐり、神楽殿を通り過ぎると

IsejinguGeku_007_org.jpg
遷宮される前の 御正殿 があり

IsejinguGeku_008_org.jpg
その隣にあるのが、先日、遷宮された 御正殿
衣食住、産業の守護神である 豊受大御神様(とようけだいじんぐう) がお祀りされています。

こちらでは御挨拶だけ済ませて

IsejinguGeku_009_org.jpg
石段を上がり、大行列を並び

IsejinguGeku_010_org.jpg
別宮の 多賀宮 で個人的なお願い事をします。

IsejinguGeku_011_org.jpg
その左には以前の多賀宮もあり、20年の年月を感じられます。

IsejinguGeku_012_org.jpg
裏参道の 御厩 には 英智(えみとも)号 がじっーとして威厳を
保っていたのですが、しばらく見惚れているとペロッとしたのでパチリっ!

次は、もちろん 内宮 です。
関連記事
[ 2013/11/03 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(2)

【ちょっと地中海まで⑥】柔らかモチモチ伊勢うどん/ちとせ(三重:伊勢)

地中海 から帰国したあと、和食が恋しいので ちとせ でランチです。
近鉄「宇治山田駅」から西へ徒歩2分のところにあります。

IseChitose_001_org.jpg
10種類ほどの伊勢うどんだけでなく、普通のうどんや丼ものもあったりします。

IseChitose_004_org.jpg
肉伊勢うどん

IseChitose_005_org.jpg
底からかき混ぜて
柔らかくモチモチなうどんと
見た目ほど濃くも辛くもないダシ風味の甘めのタレは
ベストマッチです。

IseChitose_003_org.jpg
奥さんの薄揚げ入りの名前通り きつね伊勢うどん

IseChitose_002_org.jpg
娘の 玉子入り伊勢うどん

半熟玉子が入っているので、いわゆる釜玉伊勢うどんで
玉子で醤油がまろやかになって、3品のなかではこれが一番ウマい!

IseChitose_006_org.jpg
どのうどんも食べ終わると真っ黒!

IseChitose_007_org.jpg IseChitose_000_org.jpg
讃岐うどんが全国区になったように、伊勢うどんもイケると思うんですけどねぇ。

この後、まずは 豊受大御神様(とようけだいじんぐう) に御挨拶に参ります。
関連記事
[ 2013/11/02 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(0)

【ちょっと地中海まで⑤】クラフト工房のあと、最後はカフェで/志摩地中海村(三重:志摩)

いつもは旅行に来ると早起きして自転車に乗ることにしているのですが
地中海レストランでの夕食 後、体調を崩して、お風呂も入らずに寝てしまい

PuebloamigoCafe_000_org.jpg

すっかり太陽が昇った頃に起きてしまったのでポタリングは中止に!
折角、自転車をクルマに積んでいったのに、こんな気持ち良さそうな場所で走りたかったなぁ~

PuebloamigoCafe_001_org.jpg
地中海レストランで朝食バイキングを食べ過ぎたあと、
宿泊プランに含まれていたクラフト工房で娘と奥さんでシェルトレイを作りました。

PuebloamigoCafe_002_org.jpg
ちなみに、貯金箱やウェルカムボード、鍋敷きなど何を作るのかは自分で選べます。

PuebloamigoCafe_003_org.jpg
その後、先にチェックアウトしてから、地中海村での最後はクラフト工房隣りのカフェで別れを惜しみます。

PuebloamigoCafe_005_org.jpg PuebloamigoCafe_004_org.jpg
写真以外にもオープンテラス席があったりケーキやトースト、カレーもあります。

PuebloamigoCafe_007_org.jpg PuebloamigoCafe_006_org.jpg
奥さんは パッションフルーツ&ブラッドオレンジの 地中海サンセット
ということは地中海サンライズもありますよ。

娘は 5種類の味が選べる イタリアンソーダ
マンゴー にしましたが、子どもの口には合わなかったようです。

PuebloamigoCafe_008_org.jpg
私は アフォガード
冷たいアイスクリームに温かいエスプレッソをかけると・・・

PuebloamigoCafe_009_org.jpg
こうなって、甘味と苦味がいい感じ~

PuebloamigoCafe_010_org.jpg
これで地中海から出国して、日本に帰国しますが
赤福じゃない 伊勢名物 を食べてから
ここまで来たら20年に一度の場所に行かないと・・・ね!
関連記事
[ 2013/11/01 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)