FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2013年07月
月別アーカイブ  [ 2013年07月 ] 

≪ 前月 |  2013年07月  | 翌月 ≫

裁かれる判事(小杉健治)

本日、読了。

小杉健治では7冊目。

文庫化で「越後出雲崎の女」から改題。


 <あらすじ>

  現職の判事・寺沢信秀が、担当中の被告人の妻・岩田歌江の
 殺人容疑で逮捕された。寺沢は歌江が殺害される直前、一緒に
 いるところを目撃されていた。
  だが、犯行時間には行きずりの赤いコートの女とホテルに
 いたのだった。無実を主張するが、目撃者の証言は寺沢に不利
 であった。
  寺沢を慕う義妹・杉原早紀子は、消えた謎の女を求めて越後
 出雲崎に旅立ち冤罪事件に挑む。


<感想>

 「越後出雲崎の女」という題名だと時刻表トリックっぽいですが、実は、法廷モノで現職の判事の寺沢が殺人容疑で逮捕され、被告として裁判を受けてしまいます。
 しかも、この寺沢がイメージ通りの判事で、融通が効かなくて堅物なんですよ。

 でもこの性格のおかげで、あっという間に小杉健治ワールドに惹きこまれてしまいます。
 なにしろ犯行時間に自分と一緒にいた謎の女が法廷でアリバイを証言しているのに「ホテルに一緒に行った女性は、この女性ではありません!」って自分にとって不利な発言をしてしまうんです。
 更に、被告なのに裁判官のように証人尋問までしてしまいます。

 そこから意外や意外な展開で真実にたどりつくことができ、小杉健治らしいオモシロい作品になっています。

 ちなみに裁判官を罷免するかどうかを弾劾裁判って言うんですよ。
 中学のときに習ったような記憶がありますね。


【小杉健治 読了リスト】
 原島弁護士の愛と悲しみ
 二重裁判
 死者の威嚇
 
 土俵を走る殺意
 夏井冬子の先端犯罪
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/07/31 21:00 ] 小杉健治 | TB(0) | CM(2)

適正価格HOWマッチ!? の 焼肉丼/おぼや(神戸:元町)

先日のランチは 海鮮丼の駅前生しらす丼 を食べようと思って
入口で店員さんに聞いてみると、この日は入荷がありません・・・と。

OboyaMotomachi_007_org.jpg OboyaMotomachi_006_org.jpg
だったら他の丼を食べればいいじゃないか!って思いますが
この日は、駅前では生しらす丼以外は興味がなかったので、
何も食べずに失礼し、さぁどうするかと・・・ふと見ると・・・
このお店の前に焼肉丼の看板がありました。

生しらすとは全く系統が違いますが、行ってみることに。

ということでランチは 精肉屋の焼肉丼 おぼや 元町店 です。
JR・阪神「元町駅」から北へ徒歩1分のところにあります。

OboyaMotomachi_001_org.jpg OboyaMotomachi_002_org.jpg
ホントは ゴロゴロにんにく豚丼 を食べたかったのですが
この後、仕事で失礼があってはならない人に会わなければならなかったので

ABCで木曜深夜に放送している ビーバップ!ハイヒール のなかで
たむけんが担当しているコーナーの 適正価格HOWマッチ!? に登場したことがあるという

OboyaMotomachi_004_org.jpg
おぼ丼 + おぼやミニ冷麺(ごはん大盛りセット)

ちなみに、適正価格HOWマッチ!?とは
門上武司など食に詳しい3名の価格選定委員が、看板メニューを価格を
聞かずに食べて予想価格を出し、その3名の平均額を「適正価格」とし、
お店の実際の価格がそれ以下なら「適正価格認定証」を発行し、
高ければその日から「適正価格」でメニュー提供しなければならない
というお店のプライドを賭けたコーナーです。

並盛りセット1,080円がこのコーナーによって910円に下げられてしまったようです。
ランチタイムはご飯大盛りは無料なので、更にお得になっています。

OboyaMotomachi_003_org.jpg
注文したらすぐに出てくるのかと思ったら、
注文が入ってから焼くので10分ほど待ちます。

甘めのタレがからんだ肉厚なバラ肉がウマ~い!
たまにお肉が薄すぎて物足りなくなるお店もあったりしますが
こちらでは期待以上に満足できます。

しかもタレはもっと辛くや甘くと調整ができたり、塩だれもあるそうです。

OboyaMotomachi_005_org.jpg
そして冷麺

麺のコシも充分にあり、甘めの焼肉とは対照的に
スッキリした美味しさで暑い夏にはピッタリです。

OboyaMotomachi_000_org.jpg
店内もキレイでサラリーマンだけでなく、女性だけでも気軽に入れるいい雰囲気のお店です。

じゃあ、個人的な適正価格HOWマッチ!?ですが
焼肉だろうと冷麺だろうと、ランチに1,000円を超えるのは
いかがなものかと思うので、910円はいい価格だと思います。

ただ、元町だともっといい立地で 海鮮丼の駅前えびす大黒
500円で満足させる丼を提供しているので、そちらを意識した
メニューがあれば、更に魅力あるお店になりそうです。
関連記事
[ 2013/07/30 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

店名がビミョーに違う姉妹店のクリーミー坦坦麺/京担(大阪:梅田,大阪駅前第3ビル)

先日のランチは 極旨担担麺専門店 京担 大阪駅前第3ビル店 です。
大阪駅前第3ビルのB2Fにあり、
向かいは サイゼリヤ で近くには とまとの里 信濃路 梅田店 があります。

KyotanUmeda_001_org.jpg
ランチだと白ごはんがサービスされるようですが
今回はクーポンなので関係なく、券売機を素通りして、印刷したクーポンを渡します。

このクーポンを買ったときからモヤモヤしたもんがあったんですが、
メニューをよくよく見るとわかりました。

どうやら店名は違いますが、前に同じくクーポンで食べた 担担 千本丸太町店
姉妹店のようです。名前がややこしい!
担担 千本丸太町店 と比べると、基本の「坦坦麺」は同じですが
飯類などのサイドメニューが違っています。

KyotanUmeda_004_org.jpg
担担麺(並)+ キムチャーめし 1,000円 ⇒ 500円

KyotanUmeda_002_org.jpg
ひと口食べてから「麺、硬め」って言うの忘れていたことに気づいてしまいました。
これはこれで美味しいんですよ、でも硬めが好みなもんで。

ごま風味いっぱいのクリーミーなスープで、
白ネギの下にはひき肉もたっぷりトッピングされています。
尖った辛さではなくまろやかなので、辛いものが苦手な人でも食べられそうです。

追加トッピングでネギ倍増(50円)もできるようで迷ってしまいますね。
無料なら絶対頼んでそうですけど。

KyotanUmeda_003_org.jpg
チャーシュー+キムチめし みたいに個別にトッピングされたものはありますが
予め細かく混ざっていると、キムチのなかにフワッとチャーシューが
顔を出すようで、ちょっと変わった食感になります。

KyotanUmeda_005_org.jpg
こちらのお店でも 唐辛子・XO醤・豆板醤 などをお好みで追加できますが
今日の気分は何も入れないのが合っていました。

KyotanUmeda_000_org.jpg
食べながらもこれの冷たいバージョンはどんなんだろうと
夏季限定の 冷やし担担麺 が凄く気になってしまいました。

ちなみに、京担 は 四条木屋町店高槻店 もあるそうです。
関連記事
[ 2013/07/29 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

パニーニランチって最高!/アル・アビス(大阪:梅田)

先日のランチは ANTICO CAFFE AL AVIS(アンティコ・カフェ・アル・アビス)
ハービスプラザエント店
です。
地下鉄「西梅田」駅から徒歩1分の劇団四季の大阪劇場のある
ハービスPLAZA ENTの地下2Fにあります。

AlAvisHerbis_001_org2.jpg AlAvisHerbis_000_org2.jpg
パニーニのランチが2種類とパスタランチがあり
パニーニはテイクアウトもできるようです。

AlAvisHerbis_002_org.jpg AlAvisHerbis_003_org.jpg
パニーニランチにすることは決めていましたが
A にするか ドルチェ をつけて B にするか迷いながら
セルフサービスの列に並んでいると
美味しそうなドルチェから目が離せなくなってしまったので

AlAvisHerbis_004_org.jpg
デザート付きの Bランチ

AlAvisHerbis_007_org.jpg
10種類ぐらいあるパニーニから一番人気だという スピナッチ

AlAvisHerbis_008_org.jpg
ほうれん草とキノコとカリカリベーコンが
ぎっしり詰まってマヨネーズで和えられて

メチャうまぁ~!

ゴマ入りのパンもいい食感です。

AlAvisHerbis_006_org.jpg
ボリューミーなサラダ

AlAvisHerbis_005_org.jpg
デザートは クリームブリュレ
ほろ苦いパリパリキャラメリゼがたまりません!

AlAvisHerbis_009_org2.jpg AlAvisHerbis_010_org2.jpg
ご想像通り、お店は女性でいっぱいですが、オッサンでも満足できるランチでした。
関連記事
[ 2013/07/28 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(2)

ラッキーデーの沖縄カレーそば定食/島人の台所 えなっく(大阪:長堀橋)

先日のランチは 島人の台所 えなっく です。
地下鉄「長堀橋駅」から北西に1本入った通りにあります。

NagahoribashiEnak_000_org.jpg
久しぶりに来たら、運よくほとんどのメニューが500円!
ウソかホントか本日のみらしい。

NagahoribashiEnak_001_org.jpg
沖縄カレーそば定食 850円 ⇒ 500円

麺が1.5倍、2倍でも同一料金ということで、もちろん 2倍!

NagahoribashiEnak_002_org.jpg
温かい沖縄そばに甘辛いドロッとしたカレーがたっぷり絡まって

うまぁっ~!

NagahoribashiEnak_003_org.jpg
なるべくカレーを残すように食べて、ごはんとオレンジ卵をぶち込んで
カレーライス で 2ndステージ スタート!

そりゃぁ、ウマくないわけがない!

NagahoribashiEnak_004_org.jpg
これが500円とは、ホントに ラッキーなランチでした。
関連記事
[ 2013/07/27 21:00 ] お食事処 沖縄(料理) | TB(0) | CM(2)

ボリュームも人気もある中華屋さん/中国料理 大幸(大阪:八尾,久宝寺口)

先日のランチは 中国料理 大幸 です。
近鉄大阪線「久宝寺口駅」の北側すぐのところにあります。

カメラ小僧るーしーず わーるど の カメラ小僧るーしー さんに
教えていただいたので行ってみました。

YaoDaiko_001_org.jpg
12時オープンのお店で12時10分に行ってみると、満席!
失礼ながら満席とは無縁っぽい店構えだったので、ちょっとビックリ!
「20分お待ちいただきますが・・・」
次の予定を考慮しても問題なさそうだったので、待つことに。
すると、次から次へとお客さんが入って来ます!
どんだけ人気があるんだ!

待っている間に、本日のランチ を注文しました。

YaoDaiko_002_org.jpg
カウンター席に座ると目の前で餃子を包んでいるのを見て
そう言えば、カメラ小僧るーしー さんはここの餃子がお気に入りと
言っていたことを思い出し、追加で注文。

YaoDaiko_003_org.jpg
まずは、焼き餃子(8個) 380円

「おっ、うまっ!」と思わず言ってしまうぐらいウマいです。
ほとんどのお客さんが注文していたので、人気があるのもわかります。
店員さんも、ひたすら餃子を包んでいました。

YaoDaiko_004_org.jpg
そして、本日のランチ 950円

もの凄いボリュームです!
ご飯が大中小から選べるので、パブロフの犬のように 大 と
言ってしまったことを後悔してしまいました。

YaoDaiko_006_org.jpg
とり唐揚(骨付)

パリパリのアツアツでウマウマです。
ビール好きの人にはたまらないんでしょうねぇ。
これも餃子同様、厨房では大量に揚げまくってました。

YaoDaiko_005_org.jpg
豚肉とザーサイ炒め

これが食べても食べても減らないんです。
でも中華にしては意外とアッサリした味付けなんで
最後まで美味しく食べることができます。

YaoDaiko_000_org.jpg
教えてもらわなければ、通ることもない場所なので
ブログをやっていて良かったと思えるいいお店でした。

次は、家族でシェアしていろんな料理を食べたいですね。
関連記事
[ 2013/07/26 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(2)

味見をさせてくれる 『じゃじゃめん』/華光軒(岡山駅前)

先日のランチは 華光軒(かこうけん) です。

OkayamaKakouken_006_org.jpg OkayamaKakouken_005_org.jpg
まず、お店が見つからな~い!
地図では岡山駅前商店街にあるはずなのに!な~い!
周辺を行ったり来たり、ウロチョロしてから
食べログで外観写真を見ると
『普通に歩いていると見つからない細い路地』 にあるらしい・・・
すると 尾道ラーメン みおか の横に細い路地があり、
どんどん進んでいくと、ありましたぁ~!
こんな場所わかるかっ!

OkayamaKakouken_000_org.jpg
ラーメン屋さんではなく中華料理屋さんのようですが
もちろん、名物の じゃじゃめん 800円 を注文。

OkayamaKakouken_001_org.jpg
すると、初訪問だということがバレてたようで
「辛さが0.5辛~3辛が通常料金で、普通が1辛です」と丁寧に説明してくれて
しばらくして小皿に0.5辛の餡を持ってきてくれて、

なんと!辛さの味見をさせてくれます。

それほど辛くなかったので、1辛にしました。

OkayamaKakouken_002_org.jpg
真っ赤な じゃじゃめん 登場!

こりゃ辛そうです。

OkayamaKakouken_003_org.jpg
いわゆる、ジャージャー麺ですけど何か違います。
肉味噌ではなく、エビチリの餡に近くタマネギたっぷりです。
餡の下にはキュウリ・モヤシ・麺が隠れています。

食べ始めは旨さを感じて、後半からじわじわと辛さが追っかけてきます。
食べ終わると「辛さは大丈夫でしたか?」と聞いてくれ、
すぐに水を追加してくれます。
ちょうどいい具合だったので、次は2辛かなぁ。

やっぱりこれは、『ジャージャー麺』 ではなく 『じゃじゃめん』 でした。

OkayamaKakouken_007_org.jpg OkayamaKakouken_004_org.jpg
桃太郎大通り側からは、ビックカメラの横の抜け道からでも入れるようです。

じゃじゃめん だけでなく、お店のおじちゃん・おばちゃんの
柔らかい雰囲気もあって、人気のあるお店でした。
関連記事
[ 2013/07/25 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

チャーハン + カツ + カレーは何?/キッチン・ゴン(京都:二条城前)

先日のランチは キッチン・ゴン です。

丸太町通りの2本北の下立売通りで、堀川通から西へ3分のところにあります。
地下鉄東西線「二条城前」駅からでも、烏丸線「丸太町」駅からでも15分かかります。
IMG_2372_org.jpg
カウンター席に着く前にスープが運ばれてきました。
隣の人のついでに持ってきたみたいです。

運ばれてくるタイミングはどうあれ、美味しいスープです。
IMG_2373_org.jpg IMG_2371_org.jpg
終日OKのランチもありますが、初めてだったのでやはり名物のアレにしました。
IMG_2374_org.jpg
ピネライス(ポーク) 850円 + 大盛り 100円
IMG_2376_org.jpg
大盛りなんで、さすがに小山が出来上がっています。
(こうでなくっちゃいけません)

薄味のチャーハンに辛さ控えめのカレーがかかっています。
きっとお互い喧嘩しないようにでしょう。

これは違和感なく、当たり前のように美味しく食べられます。

新潟では焼きそばにミートソースをかけて イタリアン というB級グルメがあるので
チャーハンにカレーをかけたものがお店オリジナルのピネライスになるのかと思ったら

チャーハン が ケチャップライス・ドライカレー・ガーリックライス に代わり
カレーソース が ハヤシソース になるバージョンもあるので、
ライスとソースの組み合わせではなく・・・
IMG_2377_org.jpg
薄いカツ のことを ピネ というらしいので、
カツ on the ライス で ピネライス みたいです。

ということは、ピネサンド や ピネ丼 なんてものもあるかも?
IMG_2369_org.jpg
食べ終わるとカレーライスを食べたような?カレーチャーハンを食べたような?
いえいえ違います・・・美味しいピネライスでした。
関連記事
[ 2013/07/24 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(2)

憎悪の化石(鮎川哲也)

本日、読了。

鮎川哲也では5冊目。

鬼貫警部シリーズでは4作目。

第13回日本探偵作家クラブ賞。


 <あらすじ>

  挙式を控えた岡崎エミ子が有楽劇場で突然亡くなってしまう。
 その三日後に、興信所調査員の湯田真壁という珍しい名前の男が
 熱海の旅館で殺された。
  駅前の駐輪場に預けた鞄から脅迫のネタらしき物品が発見されるに
 及んで、湯田の裏稼業が露顕する。弱みを握られていた人間の中に
 岡崎エミ子も含まれていた。、
  熱海署は弱みを握られていた人間に狙いを絞るが、十数名に及ぶ
 容疑者全員にアリバイが成立してしまう。
  振り出しに戻った事件を引き継いだ警視庁の鬼貫警部の突破口とは? 


 <感想>
 地味で地道ですけど、オモシロい!
 ケータイもインターネットもなく、ただひたすら容疑者に聞き込みをし、ちょっとした疑問を潰していく作業ばかりがまたイイですね!

 熱海署がお手上げになった事件を警視庁の鬼貫警部が引き継いだときには「待ってました!」と心の中で叫んでしまいました。

 火曜サスペンス劇場で大地康雄さんが主役の『刑事・鬼貫八郎』はずっと見ていたので、そのイメージが凄く合っているんですよね。
 でもドラマでは糖尿病なのに奥さんに隠れてコーヒーに何杯も砂糖を入れたり、アンパンやケーキを食べてばかりいた事件には関係ないシーンがいちばん印象に残っています。

 ちなみに、そういえば、そういう疑問てあるよなぁ、っていう時刻表トリックを使っていますので・・・お楽しみに。


【鮎川哲也 読了リスト】
 ペトロフ事件          鬼貫警部シリーズ1
 黒いトランク           鬼貫警部シリーズ2
 りら荘事件           名探偵・星影龍三シリーズ1
 黒い白鳥            鬼貫警部シリーズ3
                   第13回日本探偵作家クラブ賞
関連記事
[ 2013/07/23 21:00 ] 鮎川哲也 | TB(0) | CM(2)

とまとらーめん といえばコチラ!/とまとの里 信濃路(大阪:阿波座)

先日のディナーは とまとの里 信濃路 です。

地下鉄「阿波座」駅から徒歩3分の本町通りの北側にあります。

すぐ近くに中国大阪総領事館があって警察官があちこちに立っているので、
悪いことしていなくても、緊張しながら歩かなければならない場所です。

AwazaShinanoji_001_org.jpg
昔あった心斎橋店にも行ったことがあるので、今回で合わせて3回目で、多分10年ぶりくらいです。

AwazaShinanoji_004_org.jpg
今回はクーポンで 宝天麺(とまとら~めん) 840円 → 420円

AwazaShinanoji_005_org.jpg
初めて聞いたときにはラーメンにトマト?ってゲゲッ!って思いましたが、
いざ食べてみると、醤油スープに、とまと・チンゲン菜・セロリ に 豚肉と
とてもよく出来た組み合わせで美味しいんですよねぇ。

AwazaShinanoji_006_org.jpg
ストレート麺もよく合っています。

AwazaShinanoji_002_org.jpg AwazaShinanoji_007_org.jpg
替え玉もできますが、コチラではやはり 大ライス を頼んで、

AwazaShinanoji_008_org.jpg
即席リゾット風 で二度美味しい!

AwazaShinanoji_003_org.jpg AwazaShinanoji_000_org.jpg
ニンニクがたっぷり入っていますが 消臭グミ も売っているのでご心配なく。

私はトマト嫌いではないので気持ちはわかりませんが
トマト嫌いな人も、こんなに美味しいのならきっと食べられるのでは?
関連記事
[ 2013/07/22 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(4)

三度美味しい釜めんたいカルボ(割飯付)/三ツ島 真打(大阪:門真)

先日のディナーは 三ツ島 真打 です。

第二京阪「門真南IC」近くの「三ツ島東交差点」にあります。

更科から真打にリニューアルした頃にランチして以来なので久しぶりです。

KadomaShinuchi_002_org.jpg KadomaShinuchi_001_org.jpg
さぁ、定番のカレーにするか、ビッシバシも釜たまもイイなぁ。

KadomaShinuchi_003_org.jpg
迷って迷って、真打オリジナルの 釜めんたいカルボ(割飯付) 880円

KadomaShinuchi_004_org.jpg
美味しくないわけがないキレイな見栄えです。
これは二度ではなく三度美味しい食べ方があるので、その通りに。

KadomaShinuchi_005_org.jpg
よく混ぜてから、生醤油を少しかけて、カルボナーラ風に。
凄い弾力で、何もかもがうどんに絡みまくってます。
こりゃぁ、イタリア人もビックリ!

KadomaShinuchi_006_org.jpg
麺を食べ終えたら、ご飯を投入。
リゾットになるかと思いきや、超和風のおじやに。

KadomaShinuchi_007_org.jpg
最後は、ご飯を少し残して、おだし を投入!
これが めちゃウマっ!
最高の〆で、うどん1品で立派なコースになりました!

KadomaShinuchi_000_org.jpg
食べ終わった後に、しまったぁ!
鯛ちく天かとり天をトッピングするの忘れてたぁ!
関連記事
[ 2013/07/21 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(4)

名物!Pisaの焼きたてバケッ塔/ドルチェモスカート(兵庫:宝塚)

先日のディナーは ドルチェモスカート 宝塚中山寺店 です。
JR福知山線「中山寺」駅から南へ徒歩6分のところにあります。
DolcemoscatoTakarazuka_001_org.jpg DolcemoscatoTakarazuka_002_org.jpg
大人2人子ども1人でパスタもピザも食べたいしということでカンターレコースを、
子ども用のドリンクを別に頼もうとしたらサービスでつけてくれました。

DolcemoscatoTakarazuka_003_org.jpg
まずは、名物の Pisaの焼きたてバケッ塔

12種類のオリジナルバターから
博多明太子バター(左)と はちみつバター(右)

DolcemoscatoTakarazuka_004_org.jpg
1本30cmもあります!

明太子 も はちみつ もたっぷり塗られていてメチャうまで、
まだ1品目ですけど、気持ちもお腹も結構満足してしまいます。

DolcemoscatoTakarazuka_005_org.jpg
次に、16種類あるピッツァから ピッツァナポリターナ

DolcemoscatoTakarazuka_006_org.jpg
バジルとアンチョビがいいアクセントになっていて
テーブルにはタバスコがないので頼めば持ってきてくれます。

DolcemoscatoTakarazuka_007_org.jpg
そして、50種類ぐらいあるパスタから 厚切りベーコンの炭焼きカルボナーラ
予想通り美味しいですけど、無難すぎたので
どうせならもっと違ったものを頼んでよけばよかったとちょっと後悔・・・

しか~し!!

バケッ塔・ピッツァ・パスタの3品は、5分以内に出揃ってしまったので、
熱々の出来立てを食べたい私たちにとっては、少々慌ただしい食事でした。

DolcemoscatoTakarazuka_008_org.jpg DolcemoscatoTakarazuka_009_org.jpg
メニューにはデザートは10種類以上あるんですが
この日は3種類からの選択だったので
マンゴーのブランマンジェ(左)と マチェドニア(右)

さすがに、デザートは落ち着いて食べられます。

DolcemoscatoTakarazuka_010_org.jpg DolcemoscatoTakarazuka_000_org.jpg
店員さんもニコニコ・キビキビ・丁寧で、とっても気持ちよく過ごすことができるお店でした。

このお店の系列は南大阪にはないので、
久しぶりに羽曳野の マンジャパスタ に行きたくなりましたねぇ~。
関連記事
[ 2013/07/20 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(0)

ドライチキンキーマカレー/SIMBAカリー(大阪:心斎橋)

先日のディナーは Simbacurry(シンバカリー) です。

ShinsaibashiSimba_008_org.jpg ShinsaibashiSimba_000_org.jpg
地下鉄の心斎橋・なんば・四ツ橋から徒歩4~6分でまんだらけグランドカオスの向かいにあります。
でも、ビルの2Fで大々的に看板があるわけではないので、ちょっと注意が必要です。

ShinsaibashiSimba_002_org.jpg ShinsaibashiSimba_003_org.jpg
定番の野菜のみの SIMBAカレー・トマトチキンカレー・SIMBAスペシャルカレー
から何にしようかと考えていて、ふと、隣りのお兄さんが食べているカレーが
めちゃくちゃ美味しそうで、黒板メニューを見てみると、それがあったので・・・

ShinsaibashiSimba_004_org.jpg
ドライチキンキーマカレー 850円 + 大盛り 100円

辛さは 普通・ちょい辛・辛口・大辛・激辛 と選べて、おススメの 辛口 で。

ShinsaibashiSimba_005_org.jpg
中央のライス島にはドライチキンキーマが盛られ、ゴマ・ネギが振りかけられています。

ShinsaibashiSimba_006_org.jpg
そして、周りにはトマトの酸味の効いたひよこ豆の入ったサラサラカレー

それぞれにカレーを食べても美味しいですけど
両方を合わせて食べるとスパイシーのなかにも酸味も加わり

めちゃウマァ~!

ShinsaibashiSimba_007_org.jpg
食べているときはそれほどでもなかったんですけど
食べ終わるともう口の中はヒーヒーハーハー!

このカレーの食後は +200円で アイス豆乳チャイ がよく合います!
ちなみに、ホットもOKです。

ShinsaibashiSimba_001_org2.jpg
 隠れ家のような場所にあり、 店内はレゲエっぽい音楽が流れて、
 窓から見える雑多なアメ村の景色が、なんとなく日本っぽくなく
 このカレーにはピッタリでした。
関連記事
[ 2013/07/19 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

ひや(ダシ)ひや(うどん)(あつあつ)天ぷらセット/白庵(大阪:神崎川)

先日のランチは 讃岐うどん 白庵 です。

阪急神戸線「神崎川」駅の東側徒歩1分のところにあります。

移転前の日本橋にある頃も行ったことがないので初めての訪問になります。
IMG_4201_org.jpg IMG_4202_org.jpg
なんとなく周りのお客さんの注文を聞いていると
とり天ぶっかけセット を頼んでいる人が多いようですが
人気ナンバー1だという・・・
IMG_4204_org.jpg
ひやひや天ぷらセット 950円 + 大盛り 100円

この名前だと 『冷めた天ぷら』のセット のようですが、正確には
ひや(ダシ)ひや(うどん)(あつあつ)天ぷらセット
になります。
IMG_4206_org.jpg
まずは、ひやひや

噛んで噛んで噛んで食べるような極太うどん に いりこの効いた出汁

もう、ウマウマです。

薬味はネギ&生姜ですけど、何も入れなかった方がいいかも・・・
IMG_4208_org.jpg
選べるセットごはんは かやくご飯
白ごはんも選べます。

美味しいですよ、でも麺を大盛りにしてしまったので
ちょっと余計だったかも・・・

セットご飯を断っていたお客さんが何人かいたので
今になってその気持ちがわかったようです。
IMG_4209_org.jpg
そして、天ぷら

まずは正面からバーン!
舞茸・半熟タマゴ・海苔・獅子唐・大葉・茄子
IMG_4211_org.jpg
そして後からドーン!
カボチャ・竹輪

揚げ立てですよ!
アツアツですよ!
美味しいですよ!
抹茶塩で食べますよ!

でも、これは・・・多過ぎるでしょ!
ご飯無し or うどん並 がお腹にはいいようですね。
IMG_4200_org.jpg
12時前には満席になり、帰るころには外にも並んでいました。

美味しいし、接客もいいし、店内もキレイし・・・
何も文句のつけようがないお店でした。
関連記事
[ 2013/07/18 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

幕末銃姫伝 ― 京の風 会津の花(藤本ひとみ)

本日、読了。

藤本ひとみでは1冊目。


 <あらすじ>

  戊辰戦争末期、自ら銃を取り大砲を指揮して戦った女性がいた
 ――激動の幕末を生き抜き、自らの手で未来を切り拓いた山本
 八重の前半生を描く。
  日本が激動した幕末。崩壊する会津藩。
  その城下にあって土魂を抱いて銃を取り、砲兵隊を指揮した
 二十四歳の若き八重。
  勝海舟、新選組の斎藤一と関わりながら動乱を生き抜いたその
 兄覚馬。
  日本の美しい四季を背景に、兄妹と家族の姿を浮かび上がらせ、
 戊辰戦争に新しい光を当てた歴史雄編。


<感想>
 私のこの時代の知識は中学生レベルで、授業よりも大河ドラマの 『新撰組!』 『篤姫』 『龍馬伝』 から得ることの方が多く、読みながらも正直なところ、よってたかって会津藩をここまで叩く必要があるのか?と。
 
 まぁ、タラレバですけど、もし会津藩も京都守護職にならなかったら、軍制改革を早くやっていれば、武士の魂に縛られなかったら、銃に対して槍で戦ったり、女性や子どもが戦いに参加することもなく、勝ち組で幕末を迎えることができたんだろうなぁ、と思います。

 大河の『八重の桜』は"ながら見"なので、物語で新しい人が出てくるたびに、梶原平馬は池内博之かぁ、林権助は風間杜夫かぁとスマホを開いてウィキペディアで確認しつつ電車で読んでいました。
 八重の兄の山本覚馬のことは今まで知らなかったんですけど、格好いいですねぇ!いや西島秀俊が格好いいのかも・・・
 幕末の舞台裏のような会津から見た戦いも、結構面白かったので、マジメにドラマを観とけばよかったぁ、とちょっと後悔しています。ただ、ドラマほど戦いのシーンは長くはないですけど。

 終章では、お前は生きていたのか!生きていてくれたのか!とホントに心から嬉しくなりますよ!

 でも何度もこの時代のことがドラマ化されていると"ながら見"の『八重の桜』で演じている役者よりも、過去の大河で演じている人の方が印象が強く、
 ◆西郷隆盛は、吉川晃司よりも『翔ぶが如く』の西田敏行。でも彼は今回は西郷頼母役で、ややこしい。
 ◆坂本龍馬は、『龍馬伝』の福山雅治よりも『仁』の内野聖陽。
 ◆近藤勇・土方歳三は、『新撰組!』の香取慎吾・山本耕史。
 ◆斉藤一は、降谷建志じゃなくて『新撰組!』のオダギリジョー。でも彼もまた、この後、新島襄役で登場するので、またまたややこしい!
 ◆佐久間象山は、奥田瑛二でしっくりくるんですが、勝海舟は、生瀬勝久ではなくて中村勘三郎。明るくて軽い感じがピッタリなんですけど、でも勘三郎は海舟を演じたことがないみたいなんですよね。なんで彼のイメージが残っているかわかりませんが。

 想像できて読みやすくなりますけど、頭の中がグチャグチャになりそうです。

 一旦物語は会津の落城で終わりますが、その後は 維新銃姫伝 - 会津の桜 京都の紅葉 に続きます。
[ 2013/07/17 21:00 ] 藤本ひとみ | TB(0) | CM(4)

沖縄料理を大阪市の福島駅前で/南国酒場 とぅーり(大阪:福島)

先日のディナーは 南国酒場 とぅーり です。
JR環状線「福島」駅から北へ徒歩2分のビルのB1Fにあります。
隣りは行列の絶えない ラーメン人生JET です。

FukushimaTouri_002_org2.jpg
今回は 7品+1ドリンク のクーポンです。
まずは沖縄らしいソフトドリンクを、っとメニューを見たところ
サンピン茶とゴーヤ茶ぐらいしかなかったので、仕方なくコーラとゆず茶。

FukushimaTouri_005_org.jpg FukushimaTouri_003_org.jpg
沖縄料理店なんで当然、内装は沖縄チックで沖縄民謡が流れています。

壁には様々な言葉を方言ではどのように言うのか一覧になっていて
左から『沖縄の方言』・『奄美大島の方言』・『鹿児島の方言』になっています。
例えば、「いらっしゃいませ」は
『めんそーれ』・『よーりー』・『おじゃったもんせ』です。へぇ~!

右の写真、これは何だかわかります?
呼び鈴なんです。
細い棒を持って、これを軸にして円筒をぐるぐる回すとカタカタカター
と音が鳴り、イケメンの店員さんが元気よく返事してやってきます。

ちなみに、こちらには0円メニューが3つもあります!
『カメラマン』・『笑顔』・『呼び鈴』

FukushimaTouri_006_org.jpg FukushimaTouri_007_org.jpg
では、ようやく料理の紹介を・・・

まずは、ジーマミー豆富・ミミガー
それに、島らっきょうの塩漬け・さつま揚げ・スクガラス豆富

どれも初めて食べるわけではないですが、
ジーマミー豆富はこんなにモッチリしているのか!
ミミガーってこんなにウマかったけ?・・・このお店は期待できそうです。

どうやら沖縄だけでなく、南国地方の料理もあるみたいです。

FukushimaTouri_008_org.jpg FukushimaTouri_009_org.jpg
薩摩地鶏のタタキ・海ぶどうのサラダ

海ぶどうがプチプチしてこんなに美味しいものだとは・・・
今まで食べていたものは何だったんでしょう?

FukushimaTouri_011_org.jpg
紅芋コロッケ

サクサクで ウッマぁ~!アッマぁ~!

あまりにも甘いのでこれはデザート?もう終わり?って勘違いしてしまいそうです。
でも砂糖は使っていないそうです。

FukushimaTouri_012_org.jpg FukushimaTouri_013_org.jpg
沖縄といえば ゴーヤちゃんぷるー
宮崎名物の とぅーり風チキン南蛮

FukushimaTouri_014_org.jpg
かまぼこがシーサーの ソーキそば

これでひと通り沖縄料理は食べたと思うところで、あと何品か聞いてみると
残るはデザートだけ、ということなので、
お腹にも余裕があるので、気になっていた何品か注文してみました。

FukushimaTouri_016_org.jpg FukushimaTouri_018_org.jpg
バカでかい スパムおにぎり
アツアツの もずくの天ぷら

FukushimaTouri_017_org.jpg
沖縄ナポリタン

つまり、沖縄そばを使ったナポリタンです。
静岡の富士市の つけナポリタン のように
ご当地グルメで出してもいいぐらいアリです!ウマいです!

FukushimaTouri_019_org.jpg
最後はクーポンについていた ちんすこうあいす

これが・・・超超超ウマぁ~!

あまりにも美味しいので、どこに売っているのか聞いたら
こっそりと・・・
雪塩ちんすこう 砕いて バニラアイス と混ぜたオリジナルアイス だそうで、
雪塩ちんすこうさえ手に入れれば誰でもできますよ、
とトップシークレットを教えてくれました。

ハーゲンダッツのクッキー&クリームの沖縄版のようです。

FukushimaTouri_001_org.jpg FukushimaTouri_000_org.jpg
全体的には上品な沖縄料理で、紅芋コロッケ・沖縄ナポリタン・ちんすこうあいす は超おススメです。
もし行けない方は、雪塩ちんすこうを手に入れてアイスに混ぜてみましょう。
関連記事
[ 2013/07/16 21:00 ] お食事処 沖縄(料理) | TB(0) | CM(4)

がっつりイタリアン/ラットンゾーロ ドーロ(京都:四条烏丸)

先日のランチは Lattonzolo D'oro(ラットンゾーロドーロ) です。

阪急「烏丸駅」(地下鉄「四条駅」)から烏丸通を南へ徒歩5分で、
高辻通の次の通りを東へ入ったところにあります。

4jokarasumaLattonzoloDoro_000_org.jpg
前菜のサイズだけでも3通りあり、
「前菜たくさん盛り合わせ」ってフレーズにも魅かれましたが、
やっぱりパスタを食べたかったので パスタランチ 1,000円 にしました。

4jokarasumaLattonzoloDoro_001_org.jpg
まずは、小さな前菜

わざわざ「小さな」と付けて遠慮しなくても、普通にボリュームがあります。
ひよこ豆・ズッキーニ・カボチャ・ミートボール です。

他の人を見ていると必ずしも同じ種類ではないようです。
これで 前菜たくさん盛り合わせ・普通の盛り合わせ だったらどうなることか。

4jokarasumaLattonzoloDoro_002_org.jpg
次に、自家製パン

5個もあり、ホカホカで柔らかいです。
バターとかがあれば嬉しかったですが、次のパスタソースで食べました。

女性などは、これを食べてしまうとデザートまで辿りつけないようで
食べずにお持ち帰りする人も多いようでした。

4jokarasumaLattonzoloDoro_003_org.jpg
そして、ホタテと九条ネギのスパゲッティーニ

ニンニクたっぷりのオイルパスタです。
何か違うなぁと思っていたらスプーンが無いことでした。

4jokarasumaLattonzoloDoro_004_org.jpg
最後は、デザート or コーヒー・紅茶・エスプレッソ・カプチーノ から選べて
いつもなら何も考えずにコーヒーなんですが、今回は デザート にしました。

まぁ、ジェラートかティラミスだろうなぁと思ってたら
パンナコッタ と 濃い牛乳のジェラート
何とも豪華です。

イタリアンでパスタを大盛りにせずに、
前菜からデザートまで付いてがっつり食べたのは初めてです。

4jokarasumaLattonzoloDoro_005_org.jpg
なかなか満足のいくランチでしたが、もうひとつの印象として 忙しない(せわしない)!
約30席ある店内を3人の従業員で切り盛りしています。
1人はパスタ専任。
残り2人で配膳、前菜・パン・デザート盛り付け、皿拭き、レジ を担当しています。
長~いキッチンを右から左へ、カウンター席の後を右から左へ、
手足が止まることなく動くので、
カウンターに座っていると、ちょっと落ち着かないかなぁ・・・。

でも観察していると・・・
洋食屋さんなどではメイン以外は予めトレイに準備しておいて
そのトレイがピラミッドのように積まれているお店もありますが
こちらでは、前菜・パン・デザートのどれも注文が入ってから盛り付けているので
手間がかかっているようでした・・・こういう理由なら、仕方がないかなぁ。
関連記事
[ 2013/07/15 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(2)

ドロ鶏パイタン(塩) & しゅうじ飯/熱鶏らーめん しゅうじ(大阪:寺田町)

先日のディナーは 熱鶏らーめん しゅうじ 寺田町店 です。
JR環状線「寺田町駅」から徒歩1分のところにあります。

TeradachoSyuji_000_org.jpg TeradachoSyuji_003_org.jpg
スープの粘度が50%, 75%, 100%のパイタンらーめんの他にもあっさり中華そばもあります。

TeradachoSyuji_004_org.jpg
粘度100%がどういうものか興味があったので
ドロ鶏パイタン(塩) 780円
にしました。醤油もあります。
運ばれたときにスープ表面がプルプルしているのにビックリ!
しかもチャーシュー・タマゴ・メンマ・ネギが

浮いてる~!

TeradachoSyuji_006_org.jpg
なんだこの麺との絡み具合はッ!
粘度は 無鉄砲一作 よりも濃厚ですけど、
胃への負担度は、思ったよりも全然軽いです。

TeradachoSyuji_007_org.jpg
ラーメンというよりも茶碗蒸しや呉汁のように感じるので
美味しいですけど、ラーメンを食べた感覚は薄いですね。

TeradachoSyuji_002_org.jpg TeradachoSyuji_001_org.jpg
さすがにこの状態で一杯は飽きるので、醤油用・塩用でいろんな調味料があります。
以前、道頓堀にあった 麺爺あぶら を思い出します。
個人的は ペッパーオイル(葱油) が好みですね。

TeradachoSyuji_005_org.jpg
鶏ガラとパイタンで炊いた しゅうじ飯 180円

ラーメン屋さんのスープで炊いたご飯は、あんまり美味しいと
思ったことないですけど、これは、バター風味で美味しいです。

TeradachoSyuji_008_org.jpg
駅から しゅうじ までのわずかな距離の間に
○寅 麺屋 山本流 ・ 甲州麺 寺田町店 ・ 麺屋わっしょい
と競合店のかなりの誘惑を跳ね除ける必要があるので、
これからも頑張って欲しいですね。
関連記事
[ 2013/07/14 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

大阪にも美味しいスープカレーがありました/幸象(大阪:あびこ)

先日のランチは スープカレー&ダイニング 幸象(saizo) です。
地下鉄御堂筋線「あびこ駅」から西へ徒歩5分のところにあります。

AbikoSaizo_001_org.jpg
カウンター4席、テーブル2卓8席のお店を女性お一人で切り盛りされているようです。
ランチでは3種類からスープカレーが選べてシフォンケーキを付けるかどうかのセットになります。

13時頃にお店に入ったら、チキンレッグは既に売り切れ!
しかも次に来たお客さんは「ご飯が無くなったのですみませ~ん」とお断り。
こんなことはタマタマです~、ということだそうです。

AbikoSaizo_002_org.jpg
柔らか牛筋のスープカレー 850円

サラダ が付きます。
普通でも辛いという方もいらっしゃいます、ということで 中辛 にしました。

AbikoSaizo_003_org.jpg
大根・カボチャ・ナス・ニンジン・ジャガイモ・
ブロッコリー・ピーマン
ゆでタマゴ が入っています。

はっきり言って めちゃウマ~

あぁ、北海道で食べたスープカレーが懐かしい~
と思わせてくれます。

大阪には美味しいスープカレーは無い!と思っていたので
嬉しい出会いです。ホントに嬉しい!

AbikoSaizo_004_org.jpg
しかも牛筋はこれでもかっ!っていうぐらい入っています。

AbikoSaizo_005_org.jpg
更に ソフトドリンク まで付いて 850円!
素晴らしい!

AbikoSaizo_000_org.jpg AbikoSaizo_006_org.jpg
名前通り店内は象だらけだゾウ!

夜は更に2種類のスープカレーが追加されて、
サイドメニューやアルコールも提供されるそうです。

確実に再訪アリです!
関連記事
[ 2013/07/13 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(14)

ミールス とは 南インドの定食のこと/亜州食堂 チョウク(大阪:福島)

先日のランチは 亜州食堂 チョウク です。
JR東西線「新福島」駅から南へ徒歩4分のなにわ筋の西の細い路地にあります。
移転した朝日放送(ABC)のちょっと西で関西電力病院のちょっと北です。
環状線「福島」駅からでも徒歩6分ぐらいです。
IMG_4352_org.jpg
インドや東南アジアの料理を提供しているお店で
ランチは毎日メニューが2種類、曜日ごとに決まっている日替わりが1種類あります。
こちらは前払い制になっています。
IMG_4358_org.jpg
南インドの定番メニューの
ベジタリアン ミールス 850円

ジャスミンライス にしたので+100円
プレートはバナナの葉を模しているのでイカにも!っていう雰囲気がありますね。

ちなみに夜だとノンベジタリアン ミールス や スペシャル ミールス もあるようです。
IMG_4356_org.jpg IMG_4357_org.jpg
ミールスの楽しみ方 通りに料理の確認をしつつ、さぁ挑戦!
IMG_4360_org.jpg IMG_4359_org.jpg
まずは、それぞれを一口ずつ試食してみると、まぁそれなりで。

じゃあ、手順通りに ダル(豆煮込み)ポリヤル(キャベツのココナッツ炒め)
サンバル(茄子・カボチャ・ニンジンの野菜煮込み)
ジャスミンライス の上で混ぜてみると、
IMG_4366_org.jpg
あら不思議!?

単品では冴えなかった料理たちが混ざると めちゃウマ ライス に大変身しました。

この野菜の内容は日によって違うそうです。
IMG_4367_org.jpg IMG_4362_org.jpg
そして、手順通りに ライタ(きゅうりと玉ねぎのヨーグルト和え)と混ぜるために
ご飯を一口よけておきました。
・・・ご飯とヨーグルトを混ぜる?
・・・うーん、どうしよう?
・・・あまり気がすすまない
折角なので混ぜて食べてみると、甘いヨーグルトを想像していましたが、
それとは違って、酸味の強いヨーグルトご飯になりました。
お茶碗一杯はいらないけど、〆ご飯でこれぐらいならちょうどいい感じです。

アチャール(インドのピクルス)はインドらしく激辛です。
デザートは バナナ、普段好んで食べませんが、この料理の後だと美味しく感じます。
IMG_4351_org.jpg
どうやら手で食べると-50円らしいので、次はコレですね。
関連記事
[ 2013/07/12 21:00 ] お食事処 エスニック | TB(0) | CM(2)

紅豚あぐー蒲焼丼/もも(大阪:本町)

先日のランチは 沖縄紅豚あぐー専門店 もも 大阪店 です。
地下鉄中央線「本町」駅から南へ徒歩4分のところにあります。

この辺りは久しぶりだったので、とりもつ・芋サラダ・卯の花・魚など好きな和風おかずが
選べる 花舎 に行こうとしたら閉店していて(・・・これはすごく残念)、
じゃあ、細カレーうどんの 一心 とも考えたけど、
気分はカレーでもうどんでもないなぁと思っていたら・・・

HonmachiMomo_000_org.jpg HonmachiMomo_001_org.jpg
あぐー豚専門店と気になる看板に立ち止まってしまいました。
本町から徒歩4分とはいえ、人も少ない通りでしかも地下1階となると
ちょっと躊躇してしまいますが、思い切って入ってみました。

店内はカウンター・テーブル・座敷とかなり広めです。

HonmachiMomo_002_org.jpg
ランチメニューと夜のメニューを見てみると、あぐー豚専門店といいながらも、
仙台の牛タン・近江のシャモ・北海道のタコ・宮崎の地鶏といろいろあります。

それでもやっぱり、あぐー豚料理が一番多いですが、
沖縄料理屋さんというわけではないようです。

HonmachiMomo_003_org.jpg
一番人気という 紅豚あぐー蒲焼丼 900円

宮崎駿の映画『紅の豚』のようですけど・・・
じゃあ「飛ばねぇ豚は、ただの豚だ。」は実は、『あぐー豚』だったのかも?

サラダ・小鉢・お漬物、とさらに味噌汁ではなく具が細かい豚汁がつきます。

店内では「かば」でオーダーが通るようです。

HonmachiMomo_004_org.jpg
短冊に切られた薄切りのあぐー豚が、ご飯を覆い尽くして、ご飯が見えませ~ん!・・・と言いたいところですが、
そこはちょっとサンプルの写真と違って、たっぷりタレのかかったご飯が丸見えです。

しかしながらも、頂上には温泉タマゴ、サイドには昆布と何とも美味しそうです。

ピリ辛のタレもかかって、美味しいですよ。
個人的には薄切りでもいいので、大きめの豚を噛み切るように
食べたいところですが。

HonmachiMomo_006_org.jpg
食後にはコーヒー・紅茶が選べ、暑かったのでアイスコーヒー

HonmachiMomo_005_org.jpg
「夏バテには気をつけて~」と女性店長に外まで見送っていただきました。
こういうことされると、また来ないとっ!って思ってしまうんですよね。
関連記事
[ 2013/07/11 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(2)

【映画】スタンリーのお弁当箱(Stanley Ka Dabba / Stanley's Tiffin Box)

きっと、うまくいく(All is well) に続いて、またもやインド映画を観てきました。
IMG_4447_org.jpg
 <あらすじ>
  いつも、クラスのみんなを笑わせているスタンリー
 (パルソー)だが、ある家庭の事情でお弁当を持って
 来れず、昼食の時間は一人ぼっちで水道の水を飲んで
 空腹をしのいでいる。
  見かねた友達は、自分たちのお弁当を少しずつ分けて
 あげることにした。しかし、その様子を見つけた食い意地
 の張った国語教師ヴァルマー(アモール・グプテ)も
 生徒たちのお弁当を狙っていたので、「お弁当を持って
 来れない奴は学校にくる資格がない!」とスタンリーを
 罵る。その言葉に激しく傷ついたスタンリーは次の日から
 学校に来なくなってしまった・・・
  なぜ、スタンリーはお弁当持って来ないのか?
  はたして、お弁当を持ってくるのだろうか?


<感想>
 インド映画でお馴染みのミュージカル風な演出がなかったり、土曜日の学校に生徒を登校させ、映画の撮影だと教えずに作りあげたちょっと変わった作品です。

 今日のおかずは何かなぁ?君のそれは何?ちょっと食べてみる?、更に早弁までしたりとお国が違ってもお弁当の時間は嬉しいようで、お弁当はカレーであったり、ナンやロティでやっぱりインド料理なんやぁと変な納得をしてしまいました。
 そういえば、中学のときに普通のお弁当箱にカレーライスを持ってきて冷たいまま食べてた子がいたなぁ、とか思い出したりと。

 事情があってお弁当のないスタンリーに、クラスの友達が少しずつ分けてくれるんですが、その中に裕福な家のアマン(ヌマーン)という少年がいます。一般的には、金持ち=根性悪い=悪役というお決まりの設定だと思うんですが、彼がいいヤツでお弁当はやっぱり豪華で、いいキャラクターなんです。(写真の後列の右側の少年)

 この彼の豪華なお弁当を奪う国語教師ヴァルマーと生徒たちの攻防が、一番盛り上がってました。

 結局は、スタンリーは両親が事故で亡くなったのでお弁当を持って来れなかったんですが、国語教師ヴァルマーは何故、自分のお弁当を持ってこずに、周りの先生や生徒のお弁当をたかっていたのかが理由がわからずに終わってしまったのが、ちょっと消化不良です。

 最後には、誰にも寂しさを見せずに人気者らしく「お母さんが作ってくれた」と嘘をついてスタンリーはお弁当を持ってきます。凄くいい顔してます。観ているこちらも良かった良かったと嬉しくなります。

 ネタバレですけど・・・。
 実際には、レストランを経営している厳しいおじさんに引き取られて、お弁当のことを言いだせなかったのを優しいコックがお店の余りものを持たせてくれるようになったのでお弁当が復活できました。
 それでも、残り物とはいえ、インドレストランの料理がお弁当になるなんて、羨ましいような・・・

 観終わった後、映画館の出口には映画で使われていたようなステンレス製の4段重ねのお弁当箱が売っていたので、思わず買いそうになってしまいましたが、よく考えたら使う機会が無さそうなんでやめときました。

 でも、一番のビックリは国語教師ヴァルマー(アモール・グプテ)がこの映画の監督で、しかもスタンリー(パルソー)と実の親子だったなんて!
 あんなカワイイ子が、あぁなっちゃうのかぁ~!・・・気になる方は検索してみてください。
関連記事
[ 2013/07/10 21:00 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

日本一分厚い半熟パンケーキ/スイーツ・オ・レ(大阪:心斎橋)

先日のおやつは スイーツ・オ・レ です。
地下鉄「心斎橋駅」から阪神高速高架下沿いに徒歩2分のところにあります。

ShinsaibashiSweetsOle_000_org.jpg
男のためのスイーツカフェ&バー というコンセプトのお店ですが
もちろん女性も大歓迎してくれます。
これはスイーツのメニューの一部ですが、お店のホームページ
スイーツメニューを見てください。




見ました?
なかなか魅力的ですよね!

でも今回はクーポンなんで・・・

ShinsaibashiSweetsOle_001_org.jpg
まずは、ウィンナーコーヒー

クーポンではビールでもOKです。
ここから少々・・・ではなくかな~り待ちます。
いろいろとタイミングが悪かったみたいです。

ShinsaibashiSweetsOle_002_org.jpg
長~~い間待って、ようやく登場!
日本一分厚い半熟パンケーキ

日本一かどうかは別にしてもお皿を揺らすとプルプルします。

ShinsaibashiSweetsOle_003_org.jpg
メープルシロップをかけて・・・

ShinsaibashiSweetsOle_004_org.jpg
生クリームと一緒に食べて
フワフワ、プルプル、トロ~リで

超~ウマ~~い!

こんなに美味しいものがこんなお値段で食べられるなんて~かなりお得です。
日本一ぶ厚い半熟パンケーキ + ドリンク 1,180円 → 590円

ShinsaibashiSweetsOle_005_org.jpg
スイーツだけでなく、ランチもやっているそうです。

呑めない私には関係ないですが、メニューには
各スイーツに合うお酒も一緒に紹介されているので
両方イケる方には2倍楽しめるお店だと思います。

でも、クーポンによると次回使えるドリンク無料券もくれるみたいだったんですが
バタバタしてたようだったので忘れたんでしょうね。
関連記事
[ 2013/07/09 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(6)

焼ききのこクリームスパゲッティ/t'n market(和歌山:宮前)

先日のランチは t'n market(ティンマーケット) です。
JR紀勢本線「宮前」駅から東へ徒歩5分のところにあります。
WakayamaTnmarket_100_org.jpg
こちらには和歌山に来ると時々お伺いしているのですが、
私にしては、珍しくいつも同じ lunch b.set 998円 を頼んでしまいます。

WakayamaTnmarket_101_org.jpg
本日のサンドイッチ を食べたいので、いつも b.set にします。

この日は 生ハム & チーズ & レタスフランスパン に挟んだ ホットサンド です。

いつも めちゃウマ なんです!

メインじゃないけど、これだけでも満足できます。

WakayamaTnmarket_103_org.jpg
選べるスパゲッティからは、いつも同じ 焼ききのこクリーム です。

WakayamaTnmarket_102_org.jpg
焼き揚げている エリンギ & シメジ が香ばしく

ニンニク風味のクリームスパゲッティとよく合って バリウマ なんです。

きっと他のスパゲッティも美味しいとは思いますが、これを外す勇気がないんです。

WakayamaTnmarket_104_org.jpg
食後は ホットコーヒー

WakayamaTnmarket_105_org.jpg
きっと、またココに来るとこれを頼んでしまうんでしょうねぇ。
関連記事
[ 2013/07/08 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(0)

ネギがどっさりの ネギビーフカレー/モジャカレー(大阪:心斎橋)

先日のディナーは ビッラルさんの特製カレー モジャカレー 心斎橋店 です。
地下鉄「心斎橋駅」から御堂筋を北上し、南船場3北 交差点を東へ、商店街を越えたところにあります。

MojacurryShinsaibashi_000_org.jpg
店頭にはインパクトのある大きな看板があります。
この方がビッラルさんなんでしょう・・・

MojacurryShinsaibashi_001_org.jpg MojacurryShinsaibashi_002_org.jpg
5種類のカレーだけでなく、辛さチャレンジしています。
食べるものは決めていたので・・・

MojacurryShinsaibashi_003_org.jpg
ネギビーフカレー 800円

並でもライス 330g、ルー 240g なのでかなりのボリュームです。

MojacurryShinsaibashi_005_org.jpg
ビーフカレーなのでルーと一緒に煮込まれているのかと思っていたら少し甘めの肉の山

MojacurryShinsaibashi_004_org.jpg
そして、カレーなのにネギの山

カレーを食べるときに経験したことのないシャキシャキした食感が楽しいです。
甘い肉ともよく合って美味しい日本風のカレーです。

MojacurryShinsaibashi_006_org.jpg
もし、他のお店でもネギトッピングがあるようであれば頼んでしまいそうで
家でも試せそうで、生タマネギならどうなるのかって考えてしまうカレーでした。
関連記事
[ 2013/07/07 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

カラアゲてんこ盛り・テンカラ定食/煌楽(大阪:本町)

先日のランチは 煌楽(きらく) です。

中央大通りと本町通りの間で、地下鉄「本町駅」から北東へ徒歩2分のところにあります。

HommachiKiraku_000_org2.jpg HommachiKiraku_001_org2.jpg
フライものばかりですが、働くサラリーマンにお腹いっぱいになってもらうための・・・
このフレーズは西中島の 一番どり でも見たんですけど、同じ系列なんですかねぇ?

HommachiKiraku_004_org2.jpg
テンカラ定食 800円

HommachiKiraku_003_org2.jpg
決してこれは大盛りではありません!

カラアゲ 10個だから テン(10)カラ(唐揚げ)なんですけど、たっぷり15個ぐらいあります。

HommachiKiraku_002_org.jpg

キャベツが見えないです!

揚げ立てで美味しいですよ!途中までは・・・

HommachiKiraku_005_org2.jpg
カウンターには七味・醤油・塩があるので、これで味を変えて何とか完食!
ちなみにマヨネーズ・おろしポンズが必要なら別料金になってしまいます。

HommachiKiraku_006_org2.jpg
こんな日は夕食が揚げ物でないことを願うばかりです・・・
関連記事
[ 2013/07/06 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

甘~い皿うどん/共平亭(大阪:中崎町)

先日のランチは 共平亭 です。
地下鉄「中崎町駅」から都島通を梅田方面へ進み、徒歩2分のところにあります。

NakazakichoKyoheitei_003_org.jpg
日替わりランチや定食ものはなく、メニューには中華屋さんらしい一品ものが
たくさんありますが、ほとんどのお客さんが ちゃんぽん or 皿うどん を頼みます。
私が居る間では、95%が皿うどん、4%がちゃんぽん、1%が他のものでした。

NakazakichoKyoheitei_001_org.jpg
皿うどん 820円

もの凄いボリュームです。お箸と並べてみました。
隣の人が頼んだ大盛りは更に凄いことになっていました。

NakazakichoKyoheitei_000_org.jpg
かなり粘度のある餡です。

NakazakichoKyoheitei_002_org.jpg
何も言わなければ、硬いの(揚げた細麺)になります。
柔らかいの って注文すれば、中華そば風の柔らかい麺になります。

食べると甘いので、今まで食べた皿うどんとはちょっと違いますがなかなか美味しいです。
辛子やお酢があるので最後まで飽きることなく食べることができます。

NakazakichoKyoheitei_004_org.jpg
ちゃんぽんもかなりのボリュームがあるようで、
運んでいるときの、おばあさんの手はプルプル震えているので危なっかしく
また、常連さんは慣れたもので、店員さんが何も言わなくても
勝手に相席して、「皿うどん、硬いの~」って注文して待っています。

注文されるのがこの2品ばっかりなので、
専門店にすればいいのに!って思ってしまうお店でした。

久しぶりに船場センタービル10号館の 幸梅軒 の皿うどんも食べたくなりました。
関連記事
[ 2013/07/05 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(2)

ローストビーフは満開です!/レッドロック(神戸:三宮)

先日のランチは レッドロック(Red Rock) です。
三宮駅から高架下を元町方面へ歩いて少しのところで
近くにはカツ丼の とんかつ七兵衛海鮮丼の駅前 があります。

3nomiyaRedRock_000_org2.jpg 3nomiyaRedRock_001_org2.jpg
ローストビーフ、ステーキ、ロコモコ、ハンバーグ、カレーと肉系の定食や丼から選べます。
周りの競合丼店に合わせてか、嬉しい安めの設定のようです。

3nomiyaRedRock_004_org.jpg
ローストビーフ丼(大) 790円

ローストビーフが満開です!

生たまご や マヨネーズを抜くこともできるそうです。
ちなみに並だと 590円 なんですよ!

3nomiyaRedRock_003_org.jpg
あまりにもキレイなんで、ちょっとリビングにでも飾っときましょうか!
ひょっとしてご飯が入ってないかも?・・・って思ったので

3nomiyaRedRock_005_org.jpg
ガッツリとローストビーフを持ち上げてみると
ちゃーんとタマゴ付きのご飯がありましたぁ~!

タレもたっぷりなので当然ながら・・・

ウマ~い! 安~い! 肉ばっかり~!

3nomiyaRedRock_002_org.jpg 3nomiyaRedRock_006_org.jpg
この美味しさでこのボリュームで・・・しかもこの価格!
なんなんだぁ!このお店は!と思いますよ!
関連記事
[ 2013/07/04 21:00 ] お食事処 | TB(1) | CM(4)

三色の家(陳舜臣)

本日、読了。

陳舜臣では2冊目。

『陶展文』シリーズの2作目。


 <あらすじ>

  ミナト神戸を舞台に展開する風味豊かな本格ミステリ!

  昭和八年、東京での留学生活を終え帰国の準備をしていた陶展文の元に、
 神戸で海産物問屋を営む友人・喬世修から一通 の手紙が届いた。
  その内容とは、中国から見たこともない怪しい異母兄がやって来た後に
 父が病死し、どうもその兄の真偽を観察してもらいたいという。

  展文は、彼の頼みで久しぶりに神戸の同順泰公司の三色に塗り分けられた
 建物を訪れる。やがて、そこで父の腹心だったコックが殺される事件が発生し、
 展文の推理が始まる。


<感想>

 前作「枯草の根」のストーリーはまったく覚えていませんが、読後にすっごく爽やか?鮮やか?スッキリ?のような気分だったようなことは覚えていて、それ以来なので5~6年ぶりの陳舜臣です。
 確か当時は映画「レッドクリフ」の三国志ブームだったので、陳舜臣の三国志を読もうかどうか迷ってたと思いますが、結局は漫画の横山光輝の「三国志」と「蒼天航路」だけ読んでブームが去りました。

 「枯草の根」は陶展文が50代ですが、今作は20代の青年時代の話なので、ちょっと記憶にある雰囲気とは違います。

 中国から見たこともない怪しい異母兄の素性や、喬世修の病死した父親が中国で強盗をした過去があるかもしれないという噂などストーリーを盛り上げる布石があったんですが、アッサリと流されてしまったので、ちょっと肩すかしをくらった感じです。

 変則的な密室殺人事件は起きますが、ミステリ小説というよりは昭和初期の神戸のノスタルジックな小説だと思った方がしっくりいきそうな作品です。

 ちなみに「三色」は事件とは何も関係ありませんので。

【陳舜臣 読了リスト】
 枯草の根               第7回江戸川乱歩賞
[ 2013/07/03 21:00 ] 陳舜臣 | TB(0) | CM(0)

マグロを食べ過ぎたらモン・サン=ミッシェルに着きました/海辺の茶屋 しづき(大阪:福島)

環状線「福島駅」から 売れても占い商店街(福島聖天通商店街)
西へ徒歩5分のところにある 海辺の茶屋 しづき での ランチ
良かったので、ディナーにも行ってみました。

FukushimaShizuki_103_org.jpg FukushimaShizuki_102_org.jpg
大変失礼ながら、場所も場所だし平日だったので必要ないだろうけど
念のため予約して行ったら、これが正解!
10席ほどのカウンターがほとんど埋まっていました。
しかも、後から後から来るお客さんは敢え無く退散していました。

FukushimaShizuki_104_org.jpg FukushimaShizuki_107_org.jpg
まずは、突出しの まぐろの南蛮漬け
みょうが甘酢漬け がなかったので、代わりに 手作りラッキョピチピチ熟女

FukushimaShizuki_105_org.jpg
そして、1つ目のメイン まぐろお刺身盛(中盛)

中央のゴマがかかっているのが なかおち
左のワサビが乗っっかてるのが あたま
中央後が しっぽ、右が えんがわ

FukushimaShizuki_106_org.jpg
とろけますよ!
夢心地ですよ!
たまりませんよ!

FukushimaShizuki_108_org.jpg
第二メインの 日替わりおまかせ焼き

左が カマ下、残りは 胸の谷間
ちょっとわかりにくですいけど、これもボリュームたっぷりです。

FukushimaShizuki_109_org.jpg
これは鬼おろしで食べます。

もう、めちゃウマ~~~~~~

FukushimaShizuki_110_org.jpg
こうなると白ごはんで!
脂もたっぷりで、お肉のようです。

普通はこれぐらいでお腹が満足してしまうそうですが、
トルコ風味のバリバリ小エビ盛りが気になったので
注文すると本日は入荷なし、ということで代わりに
4種類あるタマゴ料理から選んだのが・・・

FukushimaShizuki_111_org.jpg
旅に出た長男が熱く語るモンサンミッシェル風のチーズオムレツ(中)

名前、長っ!
デカッ!
食べてみると、外はカリカリ、中はフワフワ
チーズもたっぷりで ウマぁ~!

ちなみに、モン・サン=ミッシェル とはフランスの西海岸にある
小島で世界遺産に登録されています。
そこの修道院に行く巡礼者のための食事として、
ふわふわオムレツが名物になっているそうです。

しかしながら、味付けは塩味だけだそうなので、歩き疲れた巡礼者には、
いいのかもしれませんが、観光客にはお世辞にも
美味しいといえるものではないそうです。

そこで、これをテレビで観たご主人が毎日毎日タマゴ漬けになりながら
試行錯誤して作った逸品がコレです。
モン・サン=ミッシェルのオムレツを食べたことがある人によると
比べものにならないくらい美味しいそうです。

FukushimaShizuki_112_org.jpg
サービスの グレープフルーツ

FukushimaShizuki_101_org.jpg FukushimaShizuki_100_org.jpg
この日は台風が近かったこともあり、マグロの入荷がなかったそうで、予約したお客さんだけしか
対応できなかったようですので、やっぱり予約したほうがいいみたいです。

マグロ好きの人はもちろん
モン・サン=ミッシェルでオムレツを食べたことがある人も
満足できるお店でした。

☆今までの「海辺の茶屋 しづき」☆
 ・トロワサビのせ特上丼
関連記事
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10