おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2013年06月
月別アーカイブ  [ 2013年06月 ] 

≪ 前月 |  2013年06月  | 翌月 ≫

地下街はカレー激戦区/サヴォイ(SAVOY)(神戸:三宮)

三宮でランチだったのでハンバーガーを食べようと
S.B.DINER-KOBE に行くと、
たまたまこの日は 14:00~ の営業ということで退散・・・

こんなときにはセンタープラザに行けばなんとかなると思い
あまり来たことがないので、ブラブラと物色していると、
カレー屋がやたら多いことに気付き
聞いたことのある名前の サヴォイ(SAVOY) があったので入ってみました。

センタープラザ東館のB1Fにあります。
IMG_2037_org.jpg
何の予備知識も無く、やっぱりカツカレーかなぁとか考えながら入ってみると
単品勝負のお店のようです。

座ると、「サイズは?」
(「・・・何?サイズって?多分、ごはんの量のことなんだろう」) ←心の声
「大盛りで」
「はい、大盛り」
(「よかったぁ、正解みたい」) ←心の声
IMG_2033_org.jpg
ビーフカレー(大盛り) 650円

サラダが付きます。

少なめ、普通、大盛りとあり、
大盛りでもアップ料金はありませんでした
IMG_2034_org.jpg
ターメリックライスがキレイなコントラストです。

辛っ~!でもウマ~!

良く煮込まれたスパイシーなカレーです。
IMG_2035_org.jpg
カウンターには、自家製のニンジンのピクルス、キュウリのピクルスと
福神漬、ラッキョウと付け合わせが取り放題なので嬉しいです。
IMG_2039_org.jpg
カウンター10席で、更に座席の後ろの通路も狭いので
ゆっくり出来ませんが、お客さんの絶えないお店でした
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/06/30 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(4)

泉州産たまねぎのサラダハンバーグ & 大分県産「蘭王」のタマゴご飯/スタイリッシュグリル Tyu(大阪:心斎橋)

先日のランチは スタイリッシュグリル Tyu(テュ) です。

本町駅から南へ徒歩6分、心斎橋駅から北へ徒歩6分の博労町通りにあります。
斜め向かいは 宮崎郷土料理 どぎゃん です。

奥さんの友達から教えてもらったので行ってみました。

11時35分に行ってみると、L字型のカウンター7席しかない小さな店内にビックリ!
しかも座ったのが最後の1席!更にお客さん7席なのに従業員3名!
更に更に店内7席なのに、外のパイプ椅子の待合席は7脚!
ShinsaibashiTyu_000_org.jpg ShinsaibashiTyu_001_org.jpg
ハンバーグのメニュー裏面にはステーキもありますが、美味しそうなイラストのシェフのおすすめを注文。

ShinsaibashiTyu_002_org.jpg
小さなお店なのでカウンターとキッチンが凄く近く
女性シェフがペタペタとハンバーグの空気を抜いたり
ジュージューと焼いている姿を眺めながら、待つこと20分・・・

ShinsaibashiTyu_005_org.jpg
ようやく登場!

泉州産たまねぎのサラダハンバーグ & 大分県産「蘭王」のタマゴご飯

ご飯は無料で大・中・小から選べるので、やっぱり大!
白ごはんだと -70円 になります。

ちなみに、私は第一組だったので20分待ちましたが
第二組以降は、予め注文が通るので、座ったらいいタイミングで提供されていました。

ShinsaibashiTyu_003_org.jpg
スッキリしたコンソメスープ

ShinsaibashiTyu_006_org.jpg
下からモヤシ、ハンバーグ、大根おろし、タマネギ、青い葉っぱ
そして、プチトマト、更にワサビ添えまで!

素晴らしい!

ShinsaibashiTyu_007_org.jpg
ハンバーグは外かカリッと、肉汁ジュワーっと
それに 生たまねぎ もあって、もうバカウマぁ~!

天晴れ!

ShinsaibashiTyu_004_org.jpg
そして目玉焼きのせのタマゴご飯

ご飯はフワフワで黄身も濃くてハンバーグにも負けてませんよ!

満足じゃ!

ShinsaibashiTyu_008_org.jpg
お店は狭いのでお会計は外でします。
ちなみに、10歳未満の子どもはご遠慮して欲しいそうです。

夜もよさそうですけど、狭いお店なので、
下戸の私が行くと申し訳ないような・・・その分食べまくりますけど。
関連記事
[ 2013/06/29 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(2)

名代 あつもりそば/竹邑庵太郎敦盛(京都:丸太町)

先日のランチは 竹邑庵太郎敦盛(ちくゆうあんたろうあつもり) です。

MarutamachiAtsumori_010_org.jpg MarutamachiAtsumori_009_org.jpg
地下鉄烏丸線「丸太町駅」から烏丸通りを北上すると、
すぐに 竹邑庵太郎敦盛 の看板(写真左)が見えますので、
この細い路地を進んで、突き当りを右に曲がればあります(写真右)。

MarutamachiAtsumori_001_org.jpg
靴を脱いで急な狭い階段を上がって、座敷があるので適当に座ります。
すぐに 蕎麦湯 を持ってきてくれます。
どうやらお茶の代わりのようで、ちょっと嬉しい気分です。

MarutamachiAtsumori_000_org.jpg
あつもりそば 二斤 1,100円
を注文すると、お姉さんの流れるようなセリフが始まります・・・
「二斤だと二人前越えてますけど、いいですか?」
「お薬味にネギ・玉子・ワサビを付けてもいいですか?」
「熱いおそばで間違いないですか?」

どのお客さんも あつもりそば を注文していて
どの席からもこのやりとりが聞こえるので、覚えてしまいました。

MarutamachiAtsumori_002_org.jpg
まず、徳利には熱い出汁、二斤なので薬味の入ったお椀が二つ、
そしてお口直しに梅干しが運ばれてきます。

MarutamachiAtsumori_003_org.jpg
大量の九条ネギの下には玉子が隠れていて、ワサビも付いています。
「そばが来てから熱い出汁と混ぜてください」とのことなので、しばらく待ちます。

MarutamachiAtsumori_004_org.jpg
デカい年季が入った木箱が運ばれてきて、おぉ~!

MarutamachiAtsumori_005_org.jpg
蓋を開けるとモワぁ~と煙ではなく湯気が上がるので、
これまた、おぉ~!!
木箱じゃなくて玉手箱で浦島太郎になった気分です。
これで二斤あります。

MarutamachiAtsumori_007_org.jpg
湯気のカラクリは玉手箱の簀子の下にはお湯が張られていました。

MarutamachiAtsumori_006_org.jpg
あつもりそばは柔らかく、喉越しを楽しむというよりは、玉子と甘めの出汁を絡めながら
シャキシャキした九条ネギの食感と楽しむようなお蕎麦になってます。

二斤はボリュームたっぷりなので、最後は蕎麦湯と甘い出汁でほっこりと。

あつもりそば を食べると堺の ちく満 も久しぶりに食べたくなりました。

MarutamachiAtsumori_008_org.jpg
あつもり だから 敦盛(あつもり)なんですね。

でも敦盛と聞くと 戦国鍋TV の ミュージック トゥナイト で
信長と蘭丸 が歌っていた 敦盛2011 を思い出してしまいますね!


♪君だけだよ おらん 楽市楽座はノーサンキュー
君だけしか おらん 愛の敦盛 独占させて
ビリーブ
下天の内をくらぶれば夢幻のごとくなり 今宵2人でうつけよう~♪

近畿地方だとサンテレビの深夜に放送していたので
何のことか分からない人も多いでしょうね。
関連記事
[ 2013/06/28 21:00 ] お食事処 そば | TB(0) | CM(6)

藤井寺(ふじいでら)の葛井寺(ふじいでら)の葛餅/葵屋(大阪:藤井寺)

クロスバイクで 下赤阪の棚田 に行って、
南河内サイクルラインを北上した帰りに、 葵屋 に寄りました。

随分前に、旅とアートとグルメと の *yoshimin* さんに
教えていただいたお店にようやくの訪問になります。

FujiideraAoiya_000_org.jpg
近鉄南大阪線「藤井寺駅」から南東へ徒歩6分の南大門前にあって、これは葛井寺の本堂です。

FujiideraAoiya_005_org.jpg
店先に立つと、おじいさんが葛餅の紹介をだぁぁぁぁーとしてくれます。
ノーマルなタイプと小豆の炊き汁で色を付けたタイプの
2種類の葛餅の試食もさせてくれて、これが期待以上に美味しい!

そして、まただぁぁぁぁーと同じ話をしてくれます。

葛井寺の文字と紋を使っているので、保存料や防腐剤などは使えないが
70℃の環境下でも3ヶ月は保つそうです。(・・・メニューには2ヶ月って書いてますけど)
70℃というのは夏場の車内に置いていても大丈夫ということらしいです。

FujiideraAoiya_001_org2.jpg
ということでノーマルな 葛餅(小)

FujiideraAoiya_002_org2.jpg
早速冷やして

FujiideraAoiya_003_org2.jpg
説明書通りに、縁に沿ってフィルムを切って、適当に切り分けます。

FujiideraAoiya_004_org2.jpg
初めて葛餅を食べましたが、
何もつけずに、そのまま食べてもかなり美味しいです。
コシがあってスッキリとした美味しさです。

折角なので、きな粉と黒蜜をつけて食べると
コシのあるわらび餅のようになりますが、
個人的には何もつけない方が好みですね。

FujiideraAoiya_006_org.jpg
お土産に持って行くと、きっと喜ばれますよ!
ノーマルと小豆のハーフ&ハーフはないんですか?って聞くのを忘れてしまった!

ちなみにパッケージをみると商品は みどり製菓 で作られているようです。
関連記事
[ 2013/06/27 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(4)

【ポタ】下赤阪の棚田 & あじさい(大阪:千早赤阪村)

先週の 山田池公園の花しょうぶ に続いて、
今週は 大阪で唯一の村の千早赤阪村までポタってみました。

ちょっとした用事があって9時30分までに帰らなければならなかったので
逆算すると・・・朝6時にしゅっぱーつ!

ChihayaTanada_000_org.jpg
厄除けでお世話になった富田林の 瀧谷不動尊 の前を通って、
ここは ポタリングを始めた頃 に走っているので、この坂はなんなくクリア。

ChihayaTanada_001_org.jpg
道の駅「かなん」の前を通って、国道309号線から西へそれて千早赤阪村に入ります。

ここから少しずつ上り坂になってきて、千早赤阪村役場を通過し
ようやく、千早赤阪村中学校 に到着。ここが棚田への入り口になります。

この向かいには千早赤阪村農産物直売所があって、朝早くから多くの人で賑わっていました。

ChihayaTanada_002_org.jpg ChihayaTanada_003_org.jpg
坂を上がると校門です・・・勝手に入っていいのだろうか?と
躊躇してしまいますが、棚田の矢印標識があるので、お邪魔しま~す。

更に、校舎と校舎の間を通って・・・

ChihayaTanada_009_org.jpg
下赤阪の棚田 に到着!
おそらく、ちゃんと棚田を見たのは初めてかもしれません。
ここは日本の棚田百選になっています。

ChihayaTanada_004_org.jpg
案内板によると、ここは 楠木正成 によって築城された 赤阪城跡 だそうで
標高が185.7m。私の 旅レコ によると、191mなので、だいたい合っているようです。
これぐらいならクロスバイクでも苦にはなりませんでした。
ちなみに更に上ると 千早城跡 もあるようです。

ChihayaTanada_005_org.jpg
アジサイの遙か彼方にボンヤリ見えるのがPLの塔

ChihayaTanada_006_org.jpg
望遠を担いだカメラマンもチラホラと。

ChihayaTanada_008_org.jpg
アジサイの開花とはちょっとずれていたようで
同じ株のアジサイをあっちこっちから撮ってみました。

ChihayaTanada_007_org.jpg
黄金色の稲穂の季節もきれいなんでしょうね。
ChihayaTanada_Data_org.jpg
 地図は外環以東ですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:2時間12分
  距 離 :45.5km
    (2013年累計:872.4km/13日)
 最高速度:38.67km/h
 平均速度:20.63km/h

 帰りは、久しぶりに 南河内サイクルライン を走って
 みると、もの凄く快適で、貧脚な私もたくましくなったなぁ
 っと喜んで、家で走行データを見ると、棚田~川西大橋
 ~(南河内サイクルライン)~大正橋までは、ずーっと
 下りだったようです・・・

 そのあと、藤井寺(ふじいでら)にある葛井寺(ふじいでら)
 の 葵屋 に寄ってお土産を買って帰りました。
 無事、9時15分ぐらいに帰宅できました。

ChihayaTanada_Route_org.jpg
関連記事
[ 2013/06/26 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(4)

ニンニク入れまっか?濃厚味噌ラーメン/ラーメンは人生だ。(大阪:蒲生四丁目)

先日のディナーは ラーメンは人生だ。 です。
地下鉄「蒲生四丁目駅」から東へ徒歩5分の「今福西2」交差点にあります。

Gamo4RamenJinsei_000_org.jpg Gamo4RamenJinsei_002_org.jpg
ラーメンは 濃厚味噌 or 醤油 から選べます。

ヤサイ や ニンニクが無料って書いてあるっていうことはインスパイア系なんですが
「二郎」という文字はどこにもないので、何にインスパイアしているのかは不明のようです。

「味噌も「野菜マシ」が出来ますか?」って聞いてみると、
同じ質問を何度も何度も何度も何度もされているようで
若干呆れ気味に「そこに書いてあるでしょ!」って言われちゃいます。
つまり、「野菜増し」が出来るのは、醤油だけみたいです。

Gamo4RamenJinsei_003_org.jpg
「野菜増し」は出来ないけど 濃厚味噌ラーメン

Gamo4RamenJinsei_004_org.jpg
注文するときに ニンニク を聞かれますので、もちろんOK!
レンゲに入ってタップリ登場!
夜だったので気にせずドバーッと投入!

Gamo4RamenJinsei_005_org.jpg
がっしりした極太ストレート麺で、炒めた野菜もシャキシャキして
濃厚味噌とよく合ってかなり美味しいです。

Gamo4RamenJinsei_008_org.jpg
炙った肉厚チャーシューもなかなかです。

Gamo4RamenJinsei_006_org.jpg
Gamo4RamenJinsei_007_org.jpg Gamo4RamenJinsei_009_org.jpg
今回はクーポンで家族3人だったので、
更に券売機の2~4段目から1人1品オーダーすることができます。
コマチャー丼、ギョーザ(5個)、唐揚げ(5個)
まぁ、これはこれとして・・・

つまり、ラーメン+選べる1品 = 650円 でした。

Gamo4RamenJinsei_001_org.jpg
「ラーメン」「人生」という店名から 福島にあるお店 を連想して
しまいそうですけど、ラーメンの内容からは違うようです。
それでもガツンとくる美味しい味噌ラーメンでした。
関連記事
[ 2013/06/25 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

和牛肉汁つけ麺/讃岐うどん いってつ(大阪狭山)

先日のディナーは 讃岐うどん いってつ です。
南海高野線「金剛」駅から西へ徒歩15分の
国道309号線から少し西へ入ったところにあります。
DSCF3306_org.jpg IMG_4213_org.jpg
通常メニューには、今夜の気分に合いそうなうどんがなかったので
期間限定の壁メニューから・・・
DSCF3309_org.jpg
和牛肉汁つけ麺 950円 + 大盛(2玉) 150円

うどん、汁の器はいいとして、空っぽの器は何でしょう?
取り分け用かと勝手に判断して、娘に分けましたが・・・
一人でこんなに食べるヤツはいないだろうと思われたのかも?
DSCF3311_org.jpg
コシのある麺
2玉だとかなり豪快です。
DSCF3310_org.jpg
甘めの和牛肉汁
お肉もタマネギもたっぷり入っています。

あっさりしたすき焼き風でめちゃウマです。
DSCF3312_org.jpg
スダチでさっぱり、種が落ちないように茶漉し?の心遣い
大きな和牛肉汁には 『焼け石に水』 の小さなウズラの卵
DSCF3303_org.jpg DSCF3305_org.jpg
入ったときは満席で少し待ちましたが、食べている間に
一気にお客さんが居なくなったと思ったら、またいっぱいになった
やっぱり人気のあるお店でした。

☆今までの「讃岐うどん いってつ」☆
釜玉バターうどん
関連記事
[ 2013/06/24 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(6)

【映画】きっと、うまくいく(3 Idiots)

 話題作でありながら、小劇場のみで、しかも明るい時間帯の上映なので、行けそうにないなぁ、と思っていたら 梅田ガーデンシネマ で18時40分から上映することがわかったので、観てきました。

IMG_4349_org.jpg <あらすじ>

   エリート大学に合格した3人の新入生、ランチョー
 (アーミル・カーン)、ファルハーン(マドハヴァン)と
 ラージュー(シャルマン・ジョシ)は育った環境が違うが
 意気投合する。
  そのひとり、ランチョーは“超天才かバカ”といわれる
 自由人。「きっと、うまくいく(All is well)」というモットー
 のもと、異議があれば学長にすら物申し、好きなことに
 打ち込んでいた。
  3人は卒業目前で退学を言い渡されてしまうが、学長
 の娘の出産を助けたことにより、なんとか大学を卒業
 できた。しかし、ある日誰にも何も告げずランチョーは
 姿を消してしまう。
  そんな彼を探し10年前に交わした賭けの答えを出す
 ために、共に学んだ親友たちが彼を探す旅に出る。
  突然ランチョーが消えた理由とは?


<感想>

 世間では朝ドラの『あまちゃん』の「じぇじぇじぇ」が流行っていますが、この映画を観ると「All is well(うまーくいーく)」のフレーズが頭から離れなくなりますよ!

 この映画の基本は「インドの教育問題」という重いテーマになっています。
 インドではいい就職、いい結婚をするためには、大学でいい成績をおさめる必要があり、貧しい家庭で育つと家族の明るい将来の生活の期待を一身に集めるので、プレッシャーがすごく耐えきれなり、自殺する青年が多いそうです。

 そんなインド社会に対して、給料が少なくても好きな仕事をして幸せになろうよ!ってランチョーが登場します。

 コメディあり、ロマンスあり、ミステリーありで、もちろんインド映画なんで歌と踊りもあって、泣いて笑って、泣いて笑って、泣いて笑って、忙しくてお腹いっぱいになりました。
 無駄なシーンもないので3時間なんてあっという間ですよ。
 笑いもフフッやクスクスじゃなくて、観客は大爆笑の連続でした。

 後半のピア(カリーナー・カプール)の姉の出産シーンも、最後にようやく探し出したランチョーと出会うシーンも、今まで所々に撒いてきた小ネタをうまく組み合わせて、見事に仕上げているので、最後も爽快な気分になりました。

 ランチョーと出会ったメチャクチャきれいな湖のようなところはどこなんでしょうね。

 ちなみにランチョー(アーミル・カーン)はシャンプーハットのてつじ そのままで恋人のピア(カリーナー・カプール)はほとんどアンジェラ・アキです。

 困ったときには、 All is well(うまーくいーく) ですよ!



 次は、同じくインド映画のスタンリーのお弁当箱を観ようっと!
関連記事
[ 2013/06/23 21:00 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

成田山不動尊前の 餅パイ & 豆大福/菓匠 香月(大阪:寝屋川)

クロスバイクで 山田池公園の花しょうぶ園 に行った後に
菓匠 香月(こうづき) に寄りました。

NeyagawaKouzuki_013_org.jpg NeyagawaKouzuki_008_org.jpg
寝屋川の 成田山不動尊 の目の前にあります。

NeyagawaKouzuki_011_org2.jpg NeyagawaKouzuki_012_org2.jpg
商品の配列の仕方から、左側が名物で、右がそれ以外のようです。

NeyagawaKouzuki_002_org2.jpg NeyagawaKouzuki_003_org2.jpg
まずは、お店の看板商品の 餅パイ 189円/本 × 3本

5 or 6本だと専用箱に入れてくれますが、それ以下だとパックになります。

NeyagawaKouzuki_004_org.jpg
どうみても和菓子屋さんで買ったようには見えませんね。

NeyagawaKouzuki_005_org.jpg
サクサクのパイのなかには、粒餡と羽二重餅が入っています。

サックサクなのにモッチモチ、洋菓子っぽいのに和菓子のような・・・

バカウマ の 激ウマ の バリウマぁ~

NeyagawaKouzuki_000_org3.jpg NeyagawaKouzuki_001_org3.jpg
成田名物って書かれていたので、ついでに
豆大福 147円/個 × 3個

NeyagawaKouzuki_006_org.jpg
普通の大福っぽいですが・・・

NeyagawaKouzuki_007_org.jpg
開けても、そりゃ普通です。
でも、これも餅パイに負けず劣らず
バカウマですよ。

粒餡と羽二重餅は当然ですけど、周りの赤えんどう豆が
いいアクセントになっています。

NeyagawaKouzuki_010_org.jpg NeyagawaKouzuki_009_org.jpg
成田山不動尊に行ったついでに買うのではなくて
餅パイ・豆大福を買うついでに成田山不動尊に行ってもいいかも
しれませんね(バチあたりなっ!)

どちらもお土産にもらうとテンションあがりますよ!
関連記事
[ 2013/06/22 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(6)

【ポタ】花しょうぶ園/山田池公園(大阪:枚方)

ゴールデンウィークに 環状線一周 して以来、約1ヶ月半ぶりのポタリングです。
今回の目的地は枚方の山田池公園ですが、昨年は予定するたびに、
ことごとく雨のため断念していたので、1年越しの念願が叶ったポタリングになります。

自宅を出発して東高野街道を延々北上して、2時間半後に山田池公園に到着。

公園の西に自転車を停めて、花しょうぶ園のある東側まで園内を歩いて行くと
「花を持って帰るな!」「タケノコを勝手に掘るな!」「ネコに餌をあげるな!」
などの警告板の多さに・・・なんだココは!とちょっと興醒めしてしまいます。
DSCF3394_org.jpg DSCF3392_org.jpg
そんなことを思いつつも、花しょうぶ園に到着
ここにも駐輪場があったので、ちょっとがっくし!
DSCF3366_org.jpg
DSCF3368_org.jpg
想像していたよりも、広い敷地で開園直後ですけど、お客さんでいっぱいです。
DSCF3387_org.jpg
DSCF3372_org.jpg
種類も多く、なかなか壮観ですよ。
DSCF3362_org.jpg
園内がすごくキレイなのは、係の方が手入れされているからなんですね。
DSCF3360_org.jpg
DSCF3383_org.jpg
DSCF3378_org.jpg
片道45kmを自転車を漕いできた甲斐がありますね。
Yamadaike_Data_org.jpg
 帰りは、お土産に成田山不動尊前の
 菓匠 香月 に寄りました。

 地図は大和川以北ですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:4時間35分
  距 離 :88.7km
    (2013年累計:827.4km/12日)
 最高速度:34.30km/h
 平均速度:19.29km/h

その後、北河内サイクルラインを通って帰っていると、門真ぐらいで
雨が降りだし、八尾空港あたりまでずぶ濡れになりながら走ってました。

空梅雨なのに、こんなときに限って降るなんて!
Yamadaike_Route_org.jpg
関連記事
[ 2013/06/21 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(2)

【天空に乗って⑧】生麩まんじゅう『笹巻あんぷ』/麩善(和歌山:高野山)

森下商店でごま豆腐 を買ってから、次のお土産は 麩善 かるかや堂前店 です。

KoyasanFuzen_003_org.jpg KoyasanFuzen_002_org.jpg
森下商店から東へ徒歩7分の店名通り「苅萱堂前」バス停近くにあります。

KoyasanFuzen_000_org.jpg
これが 苅萱堂(かるかやどう)、ここにも こうやくん がいます。

KoyasanFuzen_001_org.jpg
今すぐにも食べたいし、お土産にもしたいし
ということであれば、通常品でいいそうです。

KoyasanFuzen_007_org2.jpg
笹巻あんぷ(5個入り)

家に帰ってから、冷凍庫に入れておけば
3ヶ月保存できて、自然解凍で食べるそうです。

壇上伽藍(だんじょうがらん) からバスに乗ってきた
みんなと奥の院の一の橋前で合流して・・・

KoyasanFuzen_004_org2.jpg
みんなに分けて、

KoyasanFuzen_005_org2.jpg
笹を開いて、

KoyasanFuzen_006_org2.jpg
もっちりとした生麩と軽い甘さのこし餡の組み合わせがいいですよねぇ。

この後、一の橋から表参道を歩いて御廟 に向かいました。
決して、笹巻あんぷ を食べながら歩いたわけじゃないですよ!

以上で、【天空に乗って高野山へ】は終了で~す。
関連記事
[ 2013/06/20 21:00 ] 旅行・おでかけ 和歌山 | TB(1) | CM(4)

【天空に乗って⑦】こちらの ごま豆腐 も大人気!/森下商店(和歌山:高野山)

お土産を買うために 壇上伽藍 でみんなとわかれて、
金剛峰寺を通って、まずは 森下商店 です。

KoyasanMorishita_000_org.jpg
金剛峰寺から東へ徒歩4分の「千手院橋」バス停 近くにあります。

KoyasanMorishita_001_org2.jpg
13時過ぎだと 生ごま豆腐 は売り切れだったので、
常温で2週間日持ちする真空パックの ごま豆腐 にしました。

KoyasanMorishita_002_org2.jpg
6個入りです。

意外と重いので、帰りがけに買いたかったのですが、この日の行程を考えると
営業時間中に寄れるかどうか微妙だったので先に買っときました。

これを5箱買って、持ったまま、奥の院の御廟まで歩いてたので我ながらようやるわぁ~!

KoyasanMorishita_003_org2.jpg
食べやすく1個ずつパックされています。

KoyasanMorishita_004_org2.jpg
早速、冷やしてから夕食に食べました。
濱田屋 ほど濃厚ではないですが、
この舌にまとわり付くような食感がいいですよねぇ!

でも、6個を家族3人で割ると・・・あと1個かぁ。
もう1箱買えばよかったかなぁ。

ここから東へ徒歩7分のところにある 麩善
次のお土産の 笹巻あんぷ を買いました。
関連記事
[ 2013/06/19 21:00 ] 旅行・おでかけ 和歌山 | TB(0) | CM(4)

【天空に乗って⑥】笹ずし & 玉子巻/小倉屋(和歌山:高野山)

大門 に行ったあと、小倉屋 大門店 に寄って 笹ずし を買いました。
ランチに つくも食堂で釜めし を食べたばかりなので、翌日の朝食用です。

大門からだと東へ徒歩6分の「愛宕谷」バス停前にあります。

KoyasanOguraya_001_org.jpg KoyasanOguraya_002_org.jpg
13時頃に行ってみると既に品薄でしたが・・・
KoyasanOguraya_007_org2.jpg KoyasanOguraya_006_org2.jpg
ギリギリ目的の 笹ずし、もう一つの名物だという 玉子巻 は買うことができました。
これだけだと5人の朝食には寂しすぎるので・・・
KoyasanOguraya_004_org2.jpg KoyasanOguraya_005_org2.jpg
笹ずし とくれば 柿の葉ずし ということで
橋本駅近くの ヤマトたなか で買って食べ比べてみました。

KoyasanOguraya_008_org2.jpg
朝からなんとも贅沢な!

左上:笹ずし(小倉屋)、右上:玉子焼き(小倉屋)
左下:柿の葉ずし(やまと)、右下:柿の葉ずし(たなか)

KoyasanOguraya_009_org.jpg
まずは、さけ

左から、小倉屋、やまと、たなか

正直に言いましょう!目を瞑って食べればどれも同じ!

KoyasanOguraya_010_org.jpg
次に、さば

左から、小倉屋、やまと、たなか

もう一度言いましょう!うーんわからん!

KoyasanOguraya_013_org2.jpg
ついでに、葉っぱ

左から、小倉屋、やまと、たなか

これは一目瞭然!
いちばん丁寧な包み方は やまと でした。

KoyasanOguraya_011_org.jpg
玉子巻 はちょっと甘め、

KoyasanOguraya_012_org.jpg
笹ずし の エビシイタケ
甘辛いエビの食感は楽しく、甘いシイタケは煮汁がたっぷりでどちらも美味しいですよ。

KoyasanOguraya_003_org.jpg KoyasanOguraya_000_org.jpg
あまり数量を作っていないそうなので、お早目にどうぞ!

ここから2分ほど歩いて、壇上伽藍(だんじょうがらん) に移動しました。
関連記事
[ 2013/06/18 21:00 ] 旅行・おでかけ 和歌山 | TB(1) | CM(2)

【天空に乗って⑤】高野山でのおやつは胡麻豆腐/濱田屋(和歌山:高野山)

奥の院 に行った後、バスで移動し、「小田原通り」バス停で降りて、
南へ徒歩2分のところにある 濱田屋 で休憩です。

KoyasanHamadaya_000_org.jpg
こちらには真空パックはなく、すべて生胡麻豆腐なので
その場で食べるか、保冷容器で持って帰って
翌日までに食べるしかない、という徹底ぶりです。

ちなみに、保冷容器を持参していない場合には容器を有料で販売してくれます。

KoyasanHamadaya_001_org.jpg
お土産用のごま豆腐は 森下商店 で買ったので
濱田屋さんでは店内で食べることにします・・・というか初めから決めてましたけど。
といってもテーブルやカウンターがあるわけではなく出窓っぽいところに腰かけて食べます。

KoyasanHamadaya_004_org.jpg
ノーマルな わさび添え

KoyasanHamadaya_005_org.jpg
デザート風な 和三盆添え

KoyasanHamadaya_006_org.jpg
土日限定の 抹茶胡麻豆腐(和三盆+ミルク)

生だからなのか、このお店だからなのか
濃厚なマッタリ感がすごく、めちゃウマです。

高野山で胡麻豆腐の味比べもいいかもしれませんね。

KoyasanHamadaya_003_org.jpg
また、ちょっと変わったお茶は徳島の 阿波晩茶 だそうです。

KoyasanHamadaya_002_org.jpg
店先では、胡麻豆腐に使用しているお水を飲むこともできます。

この後、バス → ケーブルカー → 普通の電車 で下山しました。

ちなみに往路復路とも 天空 を利用してしまうと
高野山上での滞在時間が最大3時間半ぐらいしかなくて、
あちこち行けませんので、ご注意を。

いつもクルマばかりですけど、こういう散策もいいもんですね。

明日からは、小倉屋の笹ずし森下商店のごま豆腐麩善の笹巻あんぷ
順番にアップしていきま~す。
関連記事
[ 2013/06/17 21:00 ] 旅行・おでかけ 和歌山 | TB(1) | CM(2)

【天空に乗って④】聖地・奥の院

壇上伽藍(だんじょうがらん) で みんな と別れて、
ひとりでお土産に 森下商店でごま豆腐麩善で笹巻あんぷ を買った後、
奥の院の 一の橋 でバスに乗ってきた みんな と合流しました。

KoyasanOkunoin_000_org.jpg
ここから 表参道 を通って2km先の 御廟 へボチボチ(墓地墓地)と歩きます。
↑ちなみに、母親から偶然出たダジャレです。

表参道を通ると戦国時代の武将たちに会うことができます。

KoyasanOkunoin_002_org.jpg
武田信玄勝頼墓所
近くに上杉謙信廟もあったんですけど撮り忘れましたぁ!

KoyasanOkunoin_003_org.jpg
弘法大師がちょっと休憩にと、腰を掛けた石であるという 大師の腰掛け石
もちろん、私も休憩。

KoyasanOkunoin_005_org.jpg
伊達正宗墓所

KoyasanOkunoin_006_org.jpg
石田三成墓所

KoyasanOkunoin_007_org.jpg
明智光秀墓所

KoyasanOkunoin_008_org.jpg
中の橋の横にある 姿見の井戸

井戸を覗いて自分の影が映らなければ、三年以内に死んでしまうという怖い言い伝えがあるんですが、
86歳の祖母が面白がって覗きこむと影が映ったそうなので、まだまだ元気なようです。
私も恐る恐る覗いてみると・・・まだ三年は大丈夫みたいでした。

KoyasanOkunoin_009_org.jpg KoyasanOkunoin_001_org.jpg
こんなかわいいお地蔵さんもたくさんいます。

KoyasanOkunoin_010_org.jpg
豊臣家墓所

KoyasanOkunoin_011_org.jpg
織田信長墓所

高野山にとっては憎き・信長とは何とも不思議ですが
たまたま説明していたおじさんによると最近見つかったそうです。

KoyasanOkunoin_004_org.jpg
外国人の団体さんも多く、ガイドさんが織田信長や明智光秀の前で
説明をして写真を撮っていましたが、海外でも有名なんでしょうか?

KoyasanOkunoin_012_org.jpg
御廟橋

ここから先は、写真撮影禁止・脱帽です。
写真撮影禁止は英語でも書いていますが、脱帽は漢字表記だけ。
でもガイドなしで来ていた欧米人は、なんとなく厳かな雰囲気を
読み取ったのか、途中からちゃんと帽子を脱いでいました。

この空気感は何とも言えませんねぇ。

私にとって空海といえば、高野山でも真言宗でもなくて
高橋克彦の 総門谷 なんですよねぇ。
だから、本読みましたよ!強いですね!シリーズはいつ終わるんですか?
って感じです・・・罰が当たりそうですね。

ふと、隣りを見ると Qさま でお馴染みのロバート・キャンベル東大教授がいました。
でも、この場所では写真も握手もサインも言えませんねぇ。
日本人よりも日本のことに詳しそうなので、この場の雰囲気にすごく合ってました。

KoyasanOkunoin_013_org.jpg
浅野内匠頭墓所

KoyasanOkunoin_014_org.jpg
帰りは、企業のお墓が並ぶ 裏参道 を通って終了。

次は、おやつに 濱田屋に生ゴマ豆腐 を食べにいきます。
関連記事
[ 2013/06/16 21:00 ] 旅行・おでかけ 和歌山 | TB(0) | CM(0)

【天空に乗って③】大門~壇上伽藍~金剛峯寺

今回は観光列車の 天空 で高野山までやってきたので、
KoyasanDaimon_000_org.jpg KoyasanDaimon_001_org.jpg
高野山内は 1日フリー乗車券 を買ってバスで移動します。
休日だと臨時バスが多いので、かなり便利に移動できます。

KoyasanDaimon_002_org.jpg
つくも食堂 で釜めしを食べた後、まずは 大門 です。
裏からみても厳かな感じがしますね。

KoyasanDaimon_009_org.jpg
もう、この大きさにビックリです!
門の下にいるのは アリ じゃないですよ ヒト ですよ!
何度も再建されて、これは約300年前に建てられたもので高さが25mもあります。

KoyasanDaimon_006_org.jpg KoyasanDaimon_005_org.jpg
金剛力士像 は、高さが約5.5mもあり、東大寺南大門の仁王像に次ぐ大きさだそうです。

KoyasanDaimon_004_org.jpg KoyasanDaimon_003_org.jpg
デッカイばかりじゃなくて、細かな細工も施されています。

KoyasanDaimon_007_org.jpg
麓の九度山町の慈尊院から始まる 高野山町石道 から続く
高野山の総門でもあるので、苦労して登ってきた人にもわかりやすく、ここが「山野高」ですよと!

KoyasanDaimon_008_org.jpg
その向かいには 高野町石道 の入り口があり、約22kmのハイキングコースになっています。

また、麓からここまでの高野山道路は日本の道100選に選ばれたり
大門からの眺めは、和歌山県朝日夕陽百選にも選ばれています。

大門から東へ6分ほど歩いて、小倉屋 で 笹ずし を買い、
更に2分ほど歩いて、次は 壇上伽藍(だんじょうがらん)です。

KoyasanDaimon_010_org.jpg
再来年(平成27年/2015年)の 高野山開創1200年
に向けて170年ぶりに 中門 を再建中です。

KoyasanDaimon_011_org.jpg
高野山の総本堂である 金堂

KoyasanDaimon_013_org.jpg
壇上伽藍のシンボル的な鮮やかな朱色の 根本大塔(多宝塔)
高さが50mもあります。

KoyasanDaimon_012_org.jpg
そして至るところに こうやくん!人気がでそうですね。
残念ながら動くこうやくんには会えませんでした。

KoyasanDaimon_014_org.jpg
ここからバスで 奥の院 まで行くのですが、そうすると営業時間の都合上、
買えないお土産が発生してしまうので、私だけ、お土産を買いながら、歩いて奥の院に向かいます。
ついでに 金剛峰寺 もパシャ!

森下商店でごま豆腐麩善で笹巻あんぷ を買い、奥の院の一の橋で皆と合流しました。

ちなみに、壇上伽藍から一の橋まで徒歩20分なので、たいした距離ではありませんよ!

さぁ、いよいよ 奥の院 です。
関連記事
[ 2013/06/15 21:00 ] 旅行・おでかけ 和歌山 | TB(0) | CM(0)

【天空に乗って②】地どり釜めし定食/つくも食堂(和歌山:高野山)

天空の乗って やって来た高野山でのランチは つくも食堂 です。
「大門」バス停から東へ徒歩1分のところにあります。

KoyasanTsukumo_003_org2.jpg KoyasanTsukumo_004_org.jpg
名物は釜めしですが、うどんや丼もあります。

KoyasanTsukumo_006_org2.jpg
地どり釜めし定食 1,400円
注文してから・・・5分ぐらいで運ばれてきました。

KoyasanTsukumo_007_org2.jpg
キレイな彩りで、まるで炊き立てのようです。

KoyasanTsukumo_010_org2.jpg
しかも、ちゃんとおこげまであります。
ちょっと水分が多めですけど、なかなか美味しいですよ。
しかもお茶碗にたっぷり3杯もあります。

KoyasanTsukumo_008_org.jpg
また、このお味噌汁も釜めしにピッタリの美味しさです。

KoyasanTsukumo_009_org2.jpg
高野山なんで ごま豆腐
ちょっとあっさりめですが、美味しいですよ!
でも、なぜ子どもの頃はこれが嫌いだったのか不思議ですね。
これはお土産に買わないと!

KoyasanTsukumo_005_org2.jpg
こっちは 山菜釜めし

KoyasanTsukumo_002_org2.jpg KoyasanTsukumo_012_org2.jpg
各テーブルにはラップが置いてあるので、そんな方は
自分でおにぎりにして持ち帰ることができます。

KoyasanTsukumo_011_org2.jpg
これは娘の 親子丼
かなり美味しかったようで、少しも分けてくれませんでした。

KoyasanTsukumo_001_org2.jpg KoyasanTsukumo_000_org2.jpg
お腹いっぱいになったので、次は、腹ごなしに、まずは すぐ近くの 大門 から散策します。
関連記事
[ 2013/06/14 21:00 ] 旅行・おでかけ 和歌山 | TB(0) | CM(0)

【天空に乗って①】跨ぐ。登る。渡る。望む。

「母の日のプレゼントは何がいい?」と聞いたところ
「天空に乗りたい」という答えが返ってきたので、
1ヶ月遅れですけど、弘法大師の眠る地へ行ってきました。

天空 とは、南海高野線の 和歌山県 橋本駅~極楽橋駅
走る観光列車で1日2往復しています。
ちなみに、予約は10日前からの電話予約のみで、座席指定はできませんので。

KoyasanTenku_000_org.jpg
今回はいろいろと事情があって、クルマで橋本駅まで行きました。
紀見峠を越えたあたりから意味不明の渋滞にひっかかり
乗車時間に間に合うかどうか微妙でしたが、なんとか到着。

まず、高野山までの乗車券を購入し、改札を通ります。
次に、天空の到着するホームで、予約番号を告げて、天空の乗車券を
購入します。既にホームはいっぱいのお客さんでした。

KoyasanTenku_001_org.jpg
お待たせ~と言っているような雰囲気で、格好よく 天空 がやってきました。

KoyasanTenku_008_org.jpg
前の2両は天空で、後ろ2両は通常の車両です。
(極楽橋駅での写真です)

KoyasanTenku_009_org.jpg
みんなが同じ西方向を向きながら座り、ボックス席や展望デッキもあります。
(極楽橋駅で清掃しているときの写真です)

では、しゅっぱ~つ!

KoyasanTenku_002_org.jpg
まずは 1つめの停車駅、学文路(かむろ)駅
昨年末にクロスバイクで紀見峠を越えて、すべらない砂
もらいに来たことを思い出します・・・甥っ子は無事高校に合格しました。

その後、停まるのは真田幸村が隠棲していたという 九度山(くどやま)駅 のみです。

KoyasanTenku_003_org.jpg
川を渡り

KoyasanTenku_004_org.jpg
23個もあるトンネルをくぐり
急勾配を登るのでレールをこするキーキー音を聞きながら

KoyasanTenku_005_org.jpg
座っているシートに モリアオガエル がいることに気づき

KoyasanTenku_006_org.jpg
どこまでいっても緑いっぱいの景色を眺めていると

KoyasanTenku_007_org.jpg KoyasanTenku_014_org.jpg
赤い橋・・・ 極楽橋 です。ここは標高535mです。

KoyasanTenku_010_org.jpg KoyasanTenku_011_org.jpg
ここから ケーブルカー に乗り換え、更に急斜面を登ります。

KoyasanTenku_013_org.jpg
とうとう 東京スカイツリー と同じ634mまでやってきました。

KoyasanTenku_012_org.jpg
ようやく、橋本駅から約45分かかって、標高867mの 高野山駅 に到着しました。

これで母の日のプレゼントの 『 天空に乗ること 』 は達成したので
早速下山しましたぁ・・・というのは、
もちろんウソでバスに乗り換えて、まずは ランチ です。
関連記事
[ 2013/06/13 21:00 ] 旅行・おでかけ 和歌山 | TB(0) | CM(0)

店名は「ぶたじる」ではなくて・・・/かどや(京都:西大路)

先日のランチは かどや です。
JR京都線「西大路駅」から南へ徒歩7分で、西大路九条交差点の少し西にあります。

NishiohjiKadoya_000_org.jpg
この豚に書かれた ぶたじる という目立つ文字。
どう見ても店名でしょう?・・・でも違うんです、
めし でも おかず でもなく かどや なんです。

NishiohjiKadoya_003_org.jpg NishiohjiKadoya_002_org.jpg
お店に入ったのがちょっと早くて11時過ぎで、
定食は麺類は11時30分から注文可能だそうで
おかずはガラスケース(写真左)から選びます。

NishiohjiKadoya_001_org.jpg
当然、ハンバーグ・とり肉てり焼もまだダメです。

このお店では、このご飯の並びを覚える必要があるようで
普通だと左から 大・中・小 ですけど 中・小・小々 なんです。
更に、メニューを見ると・・・

NishiohjiKadoya_004_org.jpg
めし 大 もあります!

NishiohjiKadoya_009_org.jpg
ということで全部で 1,250円

NishiohjiKadoya_006_org.jpg NishiohjiKadoya_007_org.jpg
ガラスケースから選んだ 玉子焼きシメサバ

値段は分からないです・・・まとめて 1,250円 って言われちゃったんで。

玉子焼きは電子レンジで温めてくれます。

期待通りの安心できる美味しさです。

NishiohjiKadoya_005_org.jpg
めし 中 220円

注文するときに 中 を頼むと、お姉さんが「中ってアレですよ?」と
サンプルの 中・小・小々 を指し、
「問題ないです」と言うと「よく食べるねぇ」と返してくれます。

他のお客さんでも同じやり取りをします。

NishiohjiKadoya_010_org.jpg
同僚が頼んだ 小々 と比べるとこんな感じ。
小々がお猪口ではなくて、普通のお茶碗です。

NishiohjiKadoya_008_org.jpg
ぶた汁 280円

これが 激ウマ~!

豚肉たっぷりの具だくさんで脂身もいい感じです。

NishiohjiKadoya_011_org.jpg
同僚が頼んだ ぶた汁 小 と比べてみました。
小 が普通サイズで 並 が 小どんぶり ぐらいあります。

久しぶりにがっつり食べました。
もし、めし 大 だったらどうなったことか・・・。

ぶた汁をメインに味わいたいのであれば、
めし 小々 + ぶた汁 小 + 生卵 でも充分満足できるお店だと思います。
関連記事
[ 2013/06/12 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(6)

個性的なお店でイタリアン/ボアボアボア(大阪:堺,三国ヶ丘)

先日のディナーは ビストロ ボアボアボア(Bois Bois Bois) です。
JR・南海「三国ヶ丘駅」から310号線を北西へ徒歩4分のところにあります。

この辺りはクルマでよく通りますが、三国ヶ丘駅近くでもこっち方面で営業しているお店が
あるとは思わなかったので、まったく気づくことはなかったお店です。

まず、店内に入ると、靴を脱ぎます。
まぁ、これはいいとして、更にスリッパに履き替えるんです。
どこかの家にお呼ばれしたような感じになります。

MikunigaokaBoisBoisBois_001_org.jpg
今回はクーポンだったので1ドリンク・デザートまで含めた12品のコースになっていて、
いつもはメンバー用のコースとして提供されているようです。

お酒を飲みながらゆっくりと出されるらしいのですが、子どもがいるということで、
早めのペースで出していただけることになりました。
1ドリンク付いているので、子ども用は別料金になり写真の料理は2人前になります。

MikunigaokaBoisBoisBois_002_org.jpg
上 : 天然酵母のパン
左 : ホタテのチーズパン粉焼き
右 : ゆで鶏のツナソース

MikunigaokaBoisBoisBois_003_org.jpg MikunigaokaBoisBoisBois_004_org.jpg
左 : 2種類のブルスケッタ
右 : 気まぐれサラダ

MikunigaokaBoisBoisBois_005_org.jpg
トマトソースをたっぷりと特製マルゲリータ

生地はモチモチで見た目以上にウマい!
ホントにトマトソースたっぷりでホールで欲しかったぁ。

MikunigaokaBoisBoisBois_006_org.jpg
ミートソース&ホワイトソースの生麺のラザニア

メチャ美味しいんですが、これだけとは殺生なぁ。

MikunigaokaBoisBoisBois_007_org.jpg
チキンと野菜のトマトソース煮込み

野菜もチキンもすごく柔らかく・・・

MikunigaokaBoisBoisBois_008_org.jpg
更にパンにスープをヒタヒタに浸み込ませてから
食べるとパンからスープがあふれてメチャウマ~!

MikunigaokaBoisBoisBois_009_org.jpg
生ハムと野菜のバーニャカウダーソースのパスタ

生ハムと一緒に食べると塩加減がいい具合になります。
このバーニャカウダーソースが抜群なので、最後の一滴までパンに浸けて食べました。

MikunigaokaBoisBoisBois_010_org.jpg
安納芋の焼きたてスィートポテトコーヒー

あんまりスィートポテトは食べないんですが、これはバカウマ~!

MikunigaokaBoisBoisBois_000_org.jpg
店内はロッジ風で壁・床・机・椅子など、すべてが木製で温かな
雰囲気になっていて、更にスリッパなんで、ゆっくりとくつろげます。

ホームページ を見ても個性的なマスターなので、
ハマれば通ってしまうようなお店でした。
ハマった・・・かも?
関連記事
[ 2013/06/11 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(2)

夜を急ぐ者よ(佐々木譲)

本日、読了。

佐々木譲では4冊目。

 <あらすじ>

  原口泰三。非合法組織に追われる彼は、嵐が接近する沖縄
 那覇港に降り立ち、追手の目から逃れるためにうらぶれた
 ホテルに投宿し、海外への逃亡を企てる。
  東恩納順子。ホテル経営責任者。以前は経営に情熱を燃やして
 いた彼女だったが、夫との死別で今は流されるままに生きている。
  泰三と順子は10年前、出会いから1週間だけ愛し合う仲だった。
  泰三が偶然、沖縄で泊まったホテルが順子の経営するホテル
 だったことから、交わることのなかった二人の人生が、緊迫した
 事態のなかで劇的に交錯していく。
  無事、海外へ逃亡できるのか!愛は復活するのか!


<感想>

 主人公の原口泰三のあらゆる肝心なところが伏せられたままストーリーが進んでいきます。
 一番重要なのが「どんな悪いことをして、追いかけられているのか?」

 泰三は極悪人でもテロリストでもなく、堅気でもヤクザでもないような、よくわからない職業なので、ひょっとしたら本人も分かっていないんじゃないかと疑ってしまうほどです。

 結局、理由は最後まで明かされることはなかったので、最悪な結末とともに何とも消化不良な気分です。

 代書屋の小谷のじいさん、仲介役で黒人との混血の日米康(ひめやす)はそれぞれ、東恩納家に義理があり、泰三を助けます。この二人が凄くキャラクターなんです。この二人を中心にした「逃がし屋」みたいなのがあれば面白そうです。


【佐々木譲 読了リスト】
 ベルリン飛行指令          第二次大戦三部作1
                      第7回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞二位
 エトロフ発緊急電          第二次大戦三部作2
                      第43回日本推理作家協会賞 長編部門
                      第3回山本周五郎賞
                      第8回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞
 五稜郭残党伝            蝦夷地三部作1
関連記事
[ 2013/06/10 21:00 ] 佐々木譲 | TB(0) | CM(4)

『千とせ』じゃないけど肉吸い定食/一富士食堂(大阪:東天満)

先日のランチは 一富士食堂 です。

繁盛亭 のある 大阪天満宮 からだと、
東へまっすぐ歩いた谷町筋の「東天満南」交差点にあります。

HigashiTenma1Fuji_005_org.jpg HigashiTenma1Fuji_006_org.jpg
食堂なんで、うどん・どんぶり・ラーメン・オムライス・定食と何でもあります。
ほとんどのお客さんが日替わり定食を頼んでいますが・・・

HigashiTenma1Fuji_001_org.jpg
肉吸い定食 830円

ご飯・漬物・小鉢(じゃこ大根おろし)が付きます。

HigashiTenma1Fuji_002_org.jpg
肉吸いとは、「肉うどんのうどん抜き」のことで吉本芸人の楽屋話とかで
よく話題になるのでお馴染みの料理です。

難波NGK近くの 千とせ が、その発祥のお店として有名ですが、
残念ながら、そのお店の前はよく通るにも関わらずまだ食べたことがありません。

つまり、お店は違いますが、初 『肉吸い』 です。

HigashiTenma1Fuji_004_org.jpg
「肉うどんのうどん抜き」なので具少なめで寂しい状態かと思っていたら、
半熟卵と大きな豆腐が5~6個となかなかのボリュームです。

更にネギと胡椒もたっぷりです。

ほほぉ~優しいうどん出汁だぁ~!
これは毎日食べても飽きませんわぁ。

HigashiTenma1Fuji_003_org.jpg
2種類の漬物もたっぷりで、意外とこれも嬉しく
こんなことなら ご飯大盛りで~ って言っときゃ良かったぁ。

HigashiTenma1Fuji_000_org.jpg
こういう食堂らしく
「日替わり味噌汁の代わりにラーメンでぇ~」
「日替わり味噌汁(小)でぇ~」
などメニューにないものでも注文できるようなので
次は、「肉吸い、うどん入りでぇ~」
関連記事
[ 2013/06/09 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

カレーうどんの〆は二種類楽しめます/朱虎(大阪:堺,深井)

本気うどん 釜しん 目当てで行ってみると、いつの間にか 朱虎(あかとら) に変わってました。
看板ではうどん屋さんのようで、元々うどんを食べるつもりだったので、ディナーに入ってみました。
どうやらゴールデンウィーク明けの5/7にオープンしたようです。

阪和道「堺IC」から泉北2号線を北へクルマで3分のところにあります。

SakaiAkatora_000_org2.jpg SakaiAkatora_001_org2.jpg
店外・店内・メニューをどう見てもカレーうどんが売りのようなので・・・

SakaiAkatora_004_org.jpg
やっぱり、カレーうどん 750円
白ごはん はサービスで付いてきます。

SakaiAkatora_005_org.jpg
ネギ・天かすが足りないようであれば追加できます。

SakaiAkatora_006_org.jpg
ドロドロ系の辛めのカレーで、なかなか美味しいです。

SakaiAkatora_007_org.jpg
うどんには珍しく、豚の角煮が入っていて、これがウマい!

SakaiAkatora_002_org2.jpg SakaiAkatora_003_org2.jpg
俺のこだわり食べ方 があるそうなので、従ってみることに・・・
なんと、テーブルに置いてあるのは冷水と温かいお茶だと思っていたら、ポットは 白だし でした。

SakaiAkatora_008_org.jpg
まずは、そのままのカレーを食べたかったので
お茶碗でカレーライス・・・これはお決まりの〆!

SakaiAkatora_009_org.jpg
そして、余ったルーに 白だし を追加して飲んでみると 和風カレー になります!
この変化の感じは、つけ麺の スープ割り のようです。

当然、和風のカレーライスでも食べました。

SakaiAkatora_010_org.jpg SakaiAkatora_011_org.jpg
出来立てホヤホヤのお店に何の情報もなく入りましたが
美味しいカレーうどんに出会えて、いいディナーになりました。
関連記事
[ 2013/06/08 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

長屋カフェでパンケーキ/juen(大阪:天神橋筋六丁目)

先日のおやつは juen(ジュエン) です。

「天神橋筋六丁目駅」から西へ徒歩2分、
または「中崎町駅」から北東へ徒歩4分のところにあります。

Ten6Juen_001_org.jpg
ハンバーガーやサンドイッチなど食事メニューもたくさんありますが・・・

Ten6Juen_002_org.jpg
お茶で寄ったので、まずは カフェオレ

Ten6Juen_003_org.jpg
そして、juen オリジナルパンケーキ 850円

パンケーキは3枚も付いていて、追加は200円/枚です。

これは付け合わせを、ベーコン or スパム or サラダ or フルーツ
から選べます。デザートのつもりで頼んだので
季節のフルーツと生クリーム にしました。

Ten6Juen_005_org.jpg
美味しい食べ方の手順通りに、
まずは、思い切ってクロスにカット!

Ten6Juen_004_org.jpg
メープルシロップを一気にドバッーっとかけます!

フワフワであま~くて・・あぁ美味しい~
フルーツや生クリームと食べると・・・またコリャ美味しい~

Ten6Juen_000_org.jpg
ゆっくり流れるような時間のなかで食べるパンケーキは格別です。

周りには長屋をリノベーションしたおしゃれなカフェや雑貨店が
立ち並んでいるので、歩くだけでも楽しくなるような界隈です。
関連記事
[ 2013/06/07 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(0)

おすすめ料理は特にありません、という人気の洋食屋さん/ゴメンネJIRO(大阪:天満)

先日のディナーは 洋食堂 ゴメンネJIRO(ジロー) です。

JR「天満駅」からも地下鉄「天神橋筋六丁目駅」からも
徒歩5分の天満市場の少し北にあります。

TenmaGomenneJiro_002_org.jpg
予約して店内に入ると「お好きな席にどうぞ」と、
隣りの人と間隔を空けていいものか迷っていると、
「すぐに満席になりますから、どちらでも」と。

決して愛想がいいとは言えない男性二人で切り盛りされていてかなり忙しそうです。
あまりにも忙しそうなので、注文するのも申し訳ないような感じですが
そういうタイプの人で、そういうシステムなんだぁ、とわりきれば、すぐに雰囲気に慣れていきます。

おすすめ料理は特にありません

と書いてある黒板からメニューを選び、かなりお安い設定になっています。

TenmaGomenneJiro_001_org.jpg
まずは、前菜盛り合わせ

ガーリックトースト・スモークサーモンとオニオン
カツオのタタキワサビソース

そして奥には とびっこがトッピングされたエビ?サラダ

これだけでも結構満足できてしまいます。

TenmaGomenneJiro_003_org.jpg
卵のクリームコロッケ

ちなみに料理はすべて出来上がったら厨房から、カウンター越しに無言で直接手渡しです。

TenmaGomenneJiro_004_org.jpg
白身魚のうにソース焼き

TenmaGomenneJiro_005_org.jpg
ちょっとエビフライ

ちょっとなのに3尾もありますよ!
しかもプリップリですよ!
更に280円なんですよ!

TenmaGomenneJiro_006_org.jpg
ホタテのガーリックバター焼き

TenmaGomenneJiro_008_org.jpg TenmaGomenneJiro_007_org.jpg
茄子と若鶏の生姜焼き

2個頼んだわけではなくて、アングルの違う写真を2枚載せてみました。

TenmaGomenneJiro_009_org.jpg
ジロー風牛タタキ

TenmaGomenneJiro_010_org.jpg TenmaGomenneJiro_011_org.jpg
具のないカレーライスも気になったんですけど 野菜カレーライス

これは2個頼んだわけではないですよ!

もう腹いっぱいです。
残念ながら、こちらにはデザートはありません・・・。

TenmaGomenneJiro_000_org.jpg
洋食屋さんのメニューが少しずつたくさん食べれるのはいいですね。
飲まなくても食事だけでも充分に対応できるお店でした。

やっぱり、私たちが座った後に、すぐに予約で満席になり、
飛び込みで入ってくるお客さんはことごとく撤退してました。
でも20時30分頃だと予約せずとも入れるお客さんもいたようです。

それよりも隣りの ミステリースポット は何なんでしょう?
関連記事
[ 2013/06/06 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

売れても占い商店街でトロワサビのせ特上丼/海辺の茶屋 しづき(大阪:福島)

FukushimaShizuki_008_org.jpg
JR福島駅から 売れても占い商店街 こと
福島聖天通商店街 を西へ徒歩5分のところにある・・・

FukushimaShizuki_007_org.jpg FukushimaShizuki_000_org.jpg
海辺の茶屋 しづき でランチです。

FukushimaShizuki_001_org.jpg
まぐろを使ったランチが5種類。
全部美味しそうなので、できれば全部食べたいですが、
そんなことはできないので、名物と書かかれている・・・

FukushimaShizuki_003_org.jpg
味噌汁・小鉢がついた トロワサビのせ特上丼 1,200円

FukushimaShizuki_002_org.jpg
拍手~!

ブラボー!

ワンダフルー!

FukushimaShizuki_004_org.jpg
酢飯の上に切り落としがてんこ盛り!

FukushimaShizuki_005_org.jpg
更にその上には、ワサビのせの大トロが!
醤油をつけずにそのまま食べてください、とのこと。

FukushimaShizuki_006_org.jpg
量もハンパない・・・酢飯じゃないですよ!
比率がおかしい!・・・嬉しいですけど。
酢飯とマグロがハーフ&ハーフになってます!

夜はもちろん、マグロメニューが充実していますけど、それ以外も魅力的です。
特に「おやじ」・「おばあちゃん」・「帰ってきた一人娘」・「旅に出た長男」
それぞれの名前がついた出汁巻・卵焼き・オムレツが気になりますね。

あと、キレイな奥さんの喋りが達者過ぎて、
常連さんとの会話で心の中で2回ほど爆笑してしまいました。

これは夜に来なきゃダメですねぇ。
関連記事
[ 2013/06/05 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(6)

雪蛍(大沢在昌)

本日、読了。

大沢在昌では17冊目。

新・佐久間公シリーズでは1作目。

 <あらすじ>

  薬物中毒者の相互更正補助施設「セイル・オフ」に、ホタルと
 いう名のあらゆる感情が「死んでいる男」が入所してきた。
 男と向き合おうとする佐久間公に、再び「探偵」としての依頼が
 なされる。女性実業家・小暮冴子が17歳の家出娘を捜して欲しい
 という。当然、ただの「家出」ではなかった。
  失踪人調査を再開した佐久間は、渋谷・六本木・新宿と娘の
 行方を追う先々でかつてのライバル岡江に出会う。更に大女優・
 ヤクザの絡む難題にハマってしまう。彼女はなぜ家出をしたのか?


<感想>

 久しぶりに読む佐久間公です・・・がほとんど設定を覚えていませんでしたが。

 佐久間公が薬物中毒患者と向かい会うとき、
 佐久間公が大女優や実業家と話し合うとき、
 佐久間公がヤクザと精神的に闘うとき、

 言葉や順序を間違わないように、相手の言葉と言葉の間の意味を読む姿勢に、読みながらも、どのシチュエーションでも、かなり緊張が伝わってきます。
 ですから700ページの文庫本ですが、緊張しながらストーリーに入っていったのであっという間に読んでしまいました。

 事件を解決することよりも、寧ろ、その過程において、失踪人調査という「探偵」をやめていた佐久間が、久しぶりの大仕事で自分の「生き方」「居場所」を見つけることができました。
 「探偵は職業でなく、生き方だ」通り、こちらの方がメインテーマのようでした。

 薬物中毒者の元ヤクザの谷口と佐久間公の心に残ったやりとりを1つ。
 手に負えないホタルを追い出そうとしている谷口に対して、佐久間が諭します。

 佐久間 「彼をここにあわないからといって追いだすのはとても簡単なんだ。簡単っていうことは・・・」
 谷 口 「俺たちが昔の暮らしに戻り、悪い癖をまた始めるのは簡単だ、あんたはそういいたいのだろ」
 谷 口 「あんたはいつも、俺たちを簡単じゃないほう、簡単じゃないほうにいけ、という」
 佐久間 「そうだね。でもそうやっていれば、簡単じゃないことを、そう思わずにやってのけられるようになる。それってすごいことだよ」

 いい言葉ですよね。

大沢在昌 読了リスト1
関連記事
[ 2013/06/04 21:00 ] 大沢在昌 | TB(0) | CM(2)

大沢在昌 読了リスト1

好きな作家のひとりです。ブログを始める前に読了した作品をまとめておきます。

感傷の街角                    佐久間公シリーズ 1(短編)
                           第1回小説推理新人賞
漂泊の街角                    佐久間公シリーズ 3(短編)
アルバイト探偵                  アルバイト探偵シリーズ1(短編)
追跡者の血統                  佐久間公シリーズ 4
アルバイト探偵Ⅱ 調毒師を捜せ       アルバイト探偵シリーズ2
女王陛下のアルバイト探偵          アルバイト探偵シリーズ3
不思議の国のアルバイト探偵         アルバイト探偵シリーズ4
氷の森
アルバイト探偵 拷問遊園地          アルバイト探偵シリーズ5
新宿鮫                       新宿鮫シリーズ1
                            第44回日本推理作家協会賞 長編部門
                            第12回吉川英治文学新人賞
                            第9回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞三位
新宿鮫2 毒猿                  新宿鮫シリーズ2
                            第10回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞三位
新宿鮫3 屍蘭                  新宿鮫シリーズ3
新宿鮫4 無間人形               新宿鮫シリーズ4
                            第110回直木賞
B・D・T―掟の街                 ケンヨヨギシリーズ1
新宿鮫5 炎蛹                  新宿鮫シリーズ5
天使の牙〈上〉〈下〉               明日香シリーズ1
関連記事
[ 2013/06/04 20:55 ] 大沢在昌 | TB(0) | CM(0)

玄米&雑穀米、それにグルテンカツ/mumokuteki cafe(京都:河原町)

先日のランチは mumokuteki cafe(ムモクテキカフェ) です。
阪急京都線「河原町駅」から御幸町通を北へ、徒歩4分のところにあります。

KawaramachiMumokuteki_006_org.jpg KawaramachiMumokuteki_007_org.jpg
1Fが Goods & Wear、2Fが cafe になっています。


KawaramachiMumokuteki_000_org.jpg KawaramachiMumokuteki_001_org.jpg
いつもは ガッツリ・コッテリ が合言葉のようになっているような当ブログですが
今回は オーガニック・ヘルシー という不慣れなお店に挑戦です。
豆腐ハンバーグは知っていても、おからあげ・グルテンカツ など初めて見るメニューもあります。

KawaramachiMumokuteki_002_org.jpg
グルテンカツプレート 1,050円

土日祝には、1,260円となるようです。

おそうざいが2品つきます。
この日は、大根・白菜・ジャガイモ・タマネギを炊いたものと
ジャガイモ・カボチャ・タマネギ・レンコンを炒めたものでした。

KawaramachiMumokuteki_003_org.jpg
ご飯は 玄米・雑穀米・ハーフ&ハーフ から選べるので、
欲張って ハーフ&ハーフ(左:玄米、右:雑穀米) にしました。
ちなみに、欲張らなくてもお替わりできます。

KawaramachiMumokuteki_004_org.jpg
メインの グルテンカツ
もちろん肉は使っていませんが、知らずに食べるとミンチカツにしか思えません。

KawaramachiMumokuteki_005_org.jpg
特製ハニートマト

ホントに甘くてデザートとしても十分OKです!

ご飯がお替わりできるので、男性でも満足できるボリュームになっています。
・・・でもやっぱり女子率の高いお店でした。

ちなみに毎週水曜日は LADY'S DAY で、カフェメニューが全品10%オフだそうです。
関連記事
[ 2013/06/03 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

平日限定!俵バーグ全品半額フェア/寛屋(大阪:堺,なかもず)

先日のディナーは、寛屋 堺百舌鳥店 です。
なかもず駅 から ときはま線 を南へ徒歩15分のところにあります。

KanyaSakai_000_org.jpg KanyaSakai_002_org.jpg
会員様限定感謝祭 平日限定 炭焼き俵バーグ オール半額フェア
をやっていて、しかも、開催期間も短く、バイキング形式の富田林店は
不可ということなので、こちらの堺百舌鳥店です。

こちらはステーキもやっていますが、今回はハンバーグ系のセットならなんでもOKということです。

まずは、会員特典の食前酒の 梅ゼリー
これがすごく美味しくて、ハンバーグが待ち遠しくなります。

KanyaSakai_004_org.jpg
しばらくして、木製の鉄板敷きが置かれます。

KanyaSakai_005_org.jpg
そして、熱々の鉄板で俵バーグが運ばれてきます。

KanyaSakai_006_org.jpg
店員さんが手際よく半分に割って、中に火を通してくれ
焼き加減を聞いてくれます。お店のおススメはミディアムレアで。

KanyaSakai_007_org.jpg
タレをかけると、大量の油がはじけるので、紙エプロンで防御してしばし待ちます。
その間に、いろいろと運んできてくれて・・・

KanyaSakai_008_org.jpg
炭焼き俵バーグセット ビッグ(320g) 1,780円 → 890円

ご飯は、白・麦・十穀米 から選べるので、まずは 十穀米 から。

KanyaSakai_010_org.jpg
もはやハンバーグというより、肉の塊です。
塩・胡椒以外はつなぎも入っていません。
ウマそうでしょう!
よだれがでるでしょう!

KanyaSakai_011_org.jpg
これを柚子胡椒につけて食べると超ウマぁ~!
ご飯はお替わり自由なので、次は麦米で。

KanyaSakai_003_org.jpg
娘の お子様セット
もちろん、これも半額で、ご飯は 麦米。

KanyaSakai_012_org.jpg KanyaSakai_001_org.jpg
他の店舗はわかりませんが、堺百舌鳥店のテーブルには
機械仕掛けの『ピンポーン!』がありません。
でも、定期的に店員さんが店内を巡回しているので、
お茶やお替わりなどスムーズに頼めることが非常に好感がもてますね。

そして、食前には温かいタオル、
食後には冷たいタオルを持ってきてくれるとは
何とも素晴らしい!

☆今までの「寛屋」☆
炭焼き俵バーグセット
サラダバーになっていたハンバーグ屋さん
関連記事
[ 2013/06/02 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム