FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2013年03月
月別アーカイブ  [ 2013年03月 ] 

≪ 前月 |  2013年03月  | 翌月 ≫

アンパンマンが出迎えてくれるラーメン屋さん/Noodle Style 是空(京都:今出川)

先日のランチは Noodle Style 是空 です。
地下鉄烏丸線「今出川駅」から今出川通りを西へ徒歩7分のところにあります。

ImadegawaZeku_000_org.jpg
アンパンマンが目印のかわいい店構えなので
ちょっと離れたところからだと子ども向けのお店のように見えます。

ImadegawaZeku_001_org.jpg
爽やかなお兄さんが接客してくれて、メニューの文字もどう見てもオシャレなカフェ風ですが、
でもラーメン屋さんなんです。しかも、ランチは17時までやってます!

ImadegawaZeku_002_org.jpg ImadegawaZeku_003_org.jpg
注文すると、ご飯用には 辛子高菜・しば漬け、からあげ用には 自家製タルタルソース
ラーメン用には辛くない カレーペースト・胡椒・コチュジャン
そしておススメらしい 生姜オイル を持ってきてくれるので、テーブルがかなり賑やかになります。

ImadegawaZeku_006_org.jpg
HARF COMBO Lunch 900円
メニュー通り書くと、HARF ですが もちろん HALF が正解です。

ImadegawaZeku_005_org.jpg
まったりした塩が強めのスープで、どこかのスープと似てるなぁと思い出そうとしましたが、結局わからず。
チャーシューではなく甘辛い豚肉で、こういうのもアリですね。

ImadegawaZeku_008_org.jpg
麺は沖縄そば?
もしそうなら、うどん やーん!とひとりで突っ込んでました。

麺もスープも変わってますけど、トータルでは美味しいラーメンです。
追加の調味料も試しましたが、何も入れないのが一番美味しかったです。

ImadegawaZeku_007_org.jpg
デカくて、熱い からあげ
これでハーフですって!

ImadegawaZeku_009_org.jpg
せっかくなんでタルタルソースをたっぷりつけて!
白ごはん と からあげ と 漬物だけでも全然満足できそうです。

ImadegawaZeku_010_org.jpg
更にデザートまでつきます。
抹茶アイス・りんごソルベ・柚子ソルベから選べますが
この日は イチゴソルベ があるということで、イチゴ。

これで 900円 はかなりお得ですねぇ。

ImadegawaZeku_011_org.jpg ImadegawaZeku_004_org.jpg
一乗寺の 高安 がプロデュースしているお店だそうで、高安で食べたことがないので、
どのあたりが似ているのかどうかはわかりませんが、カフェのような雰囲気や
ラーメンだけでなく からあげ や デザートまで含めて、好感の持てるお店でした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/03/31 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

【三重・愛知旅行記⑪】亀山みそ焼きうどん/亀八食堂(三重:亀山)

愛知県半田市の 博物館「酢の里」を見学した後、伊勢湾を一気にグルッと周って
ディナーは三重県亀山市の 亀八食堂 です。

亀山ICと亀山駅の間にあって、どちらからもクルマで5分のところにあります。

数年前に行ったことがあり、そのときのように順番待ちを覚悟して行ったら
運よく待たずに座敷に座ることができました。

KameyamaKame8_001_org.jpg
テーブルにはドーン!と大きな鉄板

KameyamaKame8_002_org.jpg
このお店のシステムを知っていることがあたり前のように
注文を取りに来てくれるので、予め調べておく必要があります。

大人2人+子ども1人 だったので

豚肉 x3 + ホルモンA(豚) x2
ごはん(中) x1 + ごはん(小) x1


ランチに南知多町の まるは食堂旅館 で食べすぎたので、ちょっと少なめにしときました。

KameyamaKame8_003_org.jpg
注文するとドカッと鉄板上に置いて行って、焼き方の説明はしてくれません。
キャベツ・モヤシはもれなくついてきて、中央の黒い塊が特製の味噌です。

「すぐ混ぜる」のか「ちょっと待つ」のか焼き方はあるようですが
味噌とお肉を鉄板から離してしばらく待ちます。

KameyamaKame8_005_org.jpg
皆で一気に混ぜます。混ぜます。混ぜます。混ぜます。

KameyamaKame8_006_org.jpg
鉄板一面に 味噌焼肉 の出来上がり~!

KameyamaKame8_007_org.jpg
お味噌でかなり濃厚ですが、ご飯と一緒に食べるとたまらなく美味しいです。

KameyamaKame8_004_org.jpg
特にこだわっているようでもない うどん玉 x2

KameyamaKame8_008_org.jpg
お肉と野菜を半分ぐらい食べたら、投入!
これもぐちゃぐちゃに混ぜます。

KameyamaKame8_009_org.jpg
味噌焼きうどん の完成!
もう腹いっぱい~!

KameyamaKame8_000_org.jpg
やっぱり、帰るときには大勢のお客さんが待っていました。
ちなみに特製味噌はレジで売っているので、家でも楽しむことができますよ。

これで、一泊二日の 三重・愛知旅行記 はおしまいで~す!
関連記事
[ 2013/03/30 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(2)

【三重・愛知旅行記⑩】博物館「酢の里」(愛知:半田)

ランチに南知多町の まるは食堂旅館 でジャンボエビフライを食べてから・・・

MizkanSunosato_000_org.jpg MizkanSunosato_001_org.jpg
まるは食堂旅館 から北へ3分ほどのところにある 豊浜魚ひろば には
美味しそうな干物がたくさんあったけど、ランチでお腹いっぱいだったので、
もうひとつ気乗りしないので何も買わず、

美浜町にある えびせんべいの里 本店 で工場見学をしたり、お腹いっぱいにもかかわらず、
試食のおせんべいを食べて、コーヒーを飲んだだけで、こちらでも何も買わず・・・

MizkanSunosato_002_org.jpg
やって来ました!半田市にある 博物館「酢の里」
お酢でお馴染みのミツカンがやっている日本で唯一のお酢の博物館です。
ちなみに事前予約が必要です。

MizkanSunosato_010_org.jpg MizkanSunosato_003_org.jpg
受付ロビーには、昔のお酢づくりのパノラマや
米酢・酒粕酢・リンゴ酢の香りを比べるコーナーがあったりします。
酒粕酢がちょっと香りがきついです。

MizkanSunosato_004_org.jpg
まず映像ホールで「お酢の魅力ある世界」というビデオを観たり
係のおじさんの お酢 や ミツカン の小ネタいっぱいの流暢な説明というか 漫談 を楽しめます。

覚えていることを少し・・・
ミツカンの売り上げに占めるお酢の割合は3割ほど。
「追いがつおつゆ」は僅差でシェア1位。
「におわなっとう」「金のつぶ」がヒットしたことでシェア2位になっているが、
納豆を発売して17年になるのに、それらがミツカンということは意外と知られていない。
どんな商品を作っても「酸っぱい」と勘違いされてしまう。

MizkanSunosato_005_org.jpg
ブルーベリー黒酢 を試飲させてくれます。
むせることなく飲みやすく美味しい。

MizkanSunosato_006_org.jpg
後半は、女性の担当者が「昔のお酢づくりゾーン」を案内してくれます。
元々造り酒屋で、捨てていた酒粕を利用して酒粕酢を作ったのが始まりだそうです。

MizkanSunosato_007_org.jpg MizkanSunosato_009_org.jpg
江戸時代の握り寿司は現代の2.5倍もあり米酢を使用していて
それを酒粕酢に変えたことで、あまりの美味しさに握り寿司ブームが起きたそうです。

実際に「酢酸発酵」させている容器も開けて見せてくれます。

MizkanSunosato_008_org.jpg
そして店名の由来・・・
「中野酢店」 だったのを縁起を担ぐために、左右対称の漢字の 「中埜」 にし
「すてん」 だと 「すってんてん」 を連想させてしまうので「なかのすみせ」 と呼ばせていたそうです。

更にお馴染みのマーク・・・
三はお酢の命の 味・きき・香り を表し
○は これらをまるくおさめる という意味になっています。
そして○は環状(かんじょう)です。
だから みっつ+かんじょう → ミツカン だそうです。

MizkanSunosato_011_org.jpg
「酢の里」の隣りにある 半田運河

見学としては1時間ほどで終了します(・・・何も貰えませんが)
おそらくこの博物館を出た誰もが

明日からお酢を飲もう! って思うはずです。

MizkanSunosato_012_org.jpg
酢の里から半田中央ICに行く途中にある 半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)
次の公開日はゴールデンウィークだそうです。

この後、一気に亀山まで移動して 亀八食堂 でディナーです。
関連記事
[ 2013/03/29 21:00 ] 旅行・おでかけ 愛知 | TB(0) | CM(2)

【三重・愛知旅行記⑨】ジャンボエビフライ/まるは食堂旅館(愛知:南知多町)

羽豆岬で絶景 を眺めてから、まるは食堂旅館 南知多豊浜本店 でちょっと早いランチです。

10時50分に行ってみると、同じタイミングで観光バスも到着。

すると男性が降りてくる人全員と両手で握手をしているので、手厚い迎え方をするお店やなぁ
と思いながら近づくと、私たちには素通り、あれれ?とバスを見てみると、
どうやら市議会議員の後援会のようでした・・・なるほど!

1Fの受け付けに行くと既に大勢の人が待っていたので、とりあえず名前を書くと、
2Fの受け付けでも名前を書くように勧められたので、上がってみると、
すんなり座敷に座ることができました。あの待っている人達は何だったんでしょう・・・?

MaruhaMinamiChita_000_org.jpg
2Fの座敷からも海が一望でき、景色もごちそうとはこういうことなのでしょうか。

MaruhaMinamiChita_003_org.jpg
私は2,000円、奥さんは1,500円のコース、娘はお子様ランチにしました。

MaruhaMinamiChita_004_org.jpg
2,000円のコースだけを紹介していきますと、まずは 小エビ塩茹で

MaruhaMinamiChita_006_org.jpg
歯応え抜群の ハマチのお刺身

MaruhaMinamiChita_005_org2.jpg MaruhaMinamiChita_011_org.jpg
自家製タルタルソース と めし・みそ汁・漬物

MaruhaMinamiChita_009_org.jpg
ジャジャーンと登場! エビフライ(2匹)

MaruhaMinamiChita_010_org.jpg
メチャクチャデカく、プリップリ!です。

写真を撮るのに娘に持ち上げてもらいましたが、重くて大変そうでした。

ちなみにエビフライの向こうでは奥さんがカニと格闘しています。

MaruhaMinamiChita_012_org.jpg
何かわからない 煮魚

これだけ大きなエビフライが2匹もついて、この価格ならかなりお得でしょう!

MaruhaMinamiChita_008_org.jpg
娘の お子様ランチ
こちらにもジャンボエブフライが付いています。

MaruhaMinamiChita_007_org.jpg
奥さんが頼んだ1,500円のコースの内容が、メニューには詳しく書かれていないので
カニがついて凄いなぁと思っていたら、お店の方が間違って、2,500円のコースのものを
持ってきてしまったようで、ちょっと得しました。

ちなみに2,000円と1,500円の違いは
エビフライ(2匹) → エビフライ(1匹)
小エビ塩茹で → 酢の物
のようです。

MaruhaMinamiChita_013_org.jpg
帰るころには、1Fも2Fも待っている人達で溢れていました。
早めに来て良かったぁ~

MaruhaMinamiChita_002_org.jpg MaruhaMinamiChita_001_org.jpg
大満足のランチを食べて、羽豆岬 に続いてテンションが上がった二人。
こちらのネコも、羽豆岬 のネコ同様、ヒトに慣れているのか全然逃げません。

このあと、豊浜魚ひろばえびせんべいの里 に行ってから 半田市 に向かいました。
関連記事
[ 2013/03/28 21:00 ] 旅行・おでかけ 愛知 | TB(0) | CM(2)

【三重・愛知旅行記⑧】知多半島最南端の羽豆岬

名古屋市内の コンパル でモーニングをしてから知多半島を南下しました。
名古屋には何度か来てますが、愛知県内では、
それ以外のところには行ったことがないので、人生初の知多半島です。

まず、ジャコデスジャコソフト を食べようとしたら
たまたま休憩中だったようで、今回はあきらめて、そのまま 羽豆(はず)岬 へ。

師崎港フェリーターミナルに着くと、予想外に人で溢れています。
どうやら、みんなフェリーで海を渡るようです。
そこの駐車場(50分無料)に停めて、羽豆岬の展望台に上がります。

ChitaHazumisaki_000_org.jpg
海側の登り口には2匹のネコが気持ちよさそうに日向ぼっこしています。

ChitaHazumisaki_001_org.jpg
近づいても微動だにしないので怪我をしているのかと思ったら
私たちが離れるとのんびりと歩いていました。

ChitaHazumisaki_002_org.jpg
階段を上がっていくと、羽豆神社の鳥居があり、これをくぐると・・・

ChitaHazumisaki_003_org.jpg
廃墟にしか見えない展望台があります。

ChitaHazumisaki_005_org.jpg
崩れやしないか若干疑いながら、上がってみると
素晴らしい景色がひろがります。これは、日間賀島

ChitaHazumisaki_004_org.jpg
おそらく志摩半島
この向こうの海底にたくさんのメタンハイドレートがあるはず。

ChitaHazumisaki_006_org.jpg
素晴らしい景色と気持ちいい気候のためにテンションがあがっている二人

ChitaHazumisaki_007_org.jpg
この羽豆岬はSKE48の曲にもなっているようで
youtubeで観てみるとこの展望台も登場しています。

ChitaHazumisaki_008_org.jpg
展望台を離れて、北(山側)へ歩いて行くと、まもなく完成予定の新しい展望台。
ふしぎな島のフローネ の ツリーハウス のようです。

ChitaHazumisaki_009_org.jpg
そこから全長800メートルある 恋のロマンスロード とも呼ばれている
天然記念物の ウバメガシ のトンネル遊歩道が続いています。
かなり長いので、どこまで続くのか不安になりますが、その先にはもう一つの登り口があります。

フェリーターミナルには、いっぱいの人ですが
展望台は静かなので、絶景をのんびり楽しむことができます。

このあと、ちょっと早いですが、まるは でランチです。
関連記事
[ 2013/03/27 21:00 ] 旅行・おでかけ 愛知 | TB(0) | CM(2)

【三重・愛知旅行記⑦】エビフライサンド & アイスコーヒー/コンパル(名古屋:国際センター)

2時間で名古屋市内観光 というポタリングをした後に
名古屋名物のモーニングは家族で、コンパル 国際センタービル店 です。

KonparuKokusaiCB_001_org.jpg
サンドイッチだけでも10種類以上あります。

KonparuKokusaiCB_003_org.jpg
朝からテーブルにこんなにサンドイッチが並んでいるとテンションがあがってしまいます。

KonparuKokusaiCB_004_org.jpg
エッグポテトサンド

KonparuKokusaiCB_005_org.jpg
名物の エビフライサンド

KonparuKokusaiCB_006_org.jpg
モーニングセットのハムエッグトーストを頼んだつもりが
良く似た名前の ハムエッグサンド
かなり割高になってしまいました。

どれも美味しいですが、やはりエビフライサンドがダントツです!

KonparuKokusaiCB_007_org.jpg
そして、もう一つの名物の アイスコーヒー
ホットコーヒーと氷?
何も知らないと完全に戸惑ってしまいますが・・・

KonparuKokusaiCB_002_org.jpg
テーブルにはちゃんと召し上がり方が説明されています。
まず、ホットコーヒーに砂糖を入れて、よく溶かします。

KonparuKokusaiCB_008_org.jpg
次に、氷の入ったグラスにコーヒーを移して、

KonparuKokusaiCB_009_org.jpg
クリームを入れて完成!

ちなみにアイスコーヒーに付いてくるホットコーヒーは
普通のホットコーヒーに比べて濃縮されているので、ひと回り小さいカップになっています。

KonparuKokusaiCB_000_org.jpg
モーニングセットじゃなかったので、朝から贅沢になってしまいましたが
せっかくの旅行なんで・・・まぁ・・・いいでしょう (^_^;

2日目の予定は、知多半島の羽豆岬 からなので一気に南下します。
関連記事
[ 2013/03/26 21:00 ] 旅行・おでかけ 愛知 | TB(0) | CM(6)

【三重・愛知旅行記⑥/輪行ポタ】2時間で名古屋市内観光

旅行の2日目。朝5時半前に起床してポタってみました。
家族との団体行動の時間に間に合うように、2時間で名古屋市内観光に挑戦です。

NagoyaKankoPotter_000_org.jpg
まずは、名鉄百貨店の身長6メートルの ナナちゃん
この日は、「女子高生」ナナちゃん でした。ここから北へ走ると・・・

NagoyaKankoPotter_001_org.jpg
ノリタケの森
朝早いので閉まってます。ここから東へ走ると・・・

NagoyaKankoPotter_002_org.jpg
天守閣を撮るスポットを探すのに一苦労した 名古屋城

NagoyaKankoPotter_003_org.jpg
次の目的地に行く前に偶然見つけた
名古屋市役所の 時計塔。ただいま6時9分です。
更に東へ走ると・・・

NagoyaKankoPotter_004_org.jpg
徳川美術館
こちらは朝早くても敷地内には入れました。更に更に東へ・・・

NagoyaKankoPotter_005_org.jpg
阪神にとっては鬼門の ナゴヤドーム
福留も加入して、何とかなるかもしれないので、呪いをかけときました。
ここから南へ・・・

NagoyaKankoPotter_006_org.jpg
桃巌寺の 名古屋大仏
全身が鮮やかな緑色なので、失礼ながらちょっと異様です。

NagoyaKankoPotter_007_org.jpg
桃巌寺からちょっと東にある 東山動植物園
ここから熱田神宮に向かうのですが、道が斜めにグネグネしているし
急なアップダウンも多くて、迷子になってしまいそうで、かなりロスタイム。

NagoyaKankoPotter_008_org.jpg
なんとか 熱田神宮 に到着。
境内は自転車乗り入れできないので本宮まで小走りしてお参り。
ここから北へ走り・・・

NagoyaKankoPotter_009_org.jpg
大須観音、ここに来るのは2回目。
ここから球体の 名古屋市科学館 の前を通って・・・

NagoyaKankoPotter_010_org.jpg
観覧車のある サンシャイン栄

NagoyaKankoPotter_011_org.jpg
そして、最後は 名古屋テレビ塔

こんな感じで走ってみると、大阪市も名古屋市も観光地としては
コレ!ってスポットがなく、個性的な食べ物がメインでしょうか。
どちらも似ているのかもしれませんね。
Nagoya_Data_org.jpg
 走行時間:1時間56分
  距 離 :36.1km
    (2013年累計:558.9km/8日)
 最高速度:37.57km/h
 平均速度:18.54km/h

  この後、ホテルに帰りました。

  ホントはシャワーを浴びてスッキリして
 から名古屋のモーニングを食べに行く
 予定でしたが、若干時間オーバーだった
 ので、そのまま モーニング を食べに
 行きました。

<↓クリックすると拡大します>
Nagoya_Route_org2.jpg
関連記事
[ 2013/03/25 21:00 ] 旅行・おでかけ 愛知 | TB(0) | CM(2)

【三重・愛知旅行記⑤】どっさり刻みネギの味噌かつ/らむちぃ(名古屋:栄)

なばなの里 ウィンターイルミネーション を 観てから
名古屋市内のホテルにチェックインすると、結構遅い時間。
早速ディナーですが、名古屋めしを食べなければいけないという使命
(・・・そんな使命はないですけど)
があるので、この時間で開いているお店を調べてみると
あんかけパスタ・味噌煮込みうどん・味噌カツ
家族にアンケートをとって、決まったのが 黒豚屋 らむちぃ

地下鉄「栄駅」から南へ徒歩5分のLACHICの南側にあります。

SakaeRamuchii_008_org.jpg
昼は定食、夜は御膳となっているようで、もちろん、私と奥さんは味噌かつ御膳ですが・・・

SakaeRamuchii_003_org.jpg
出てきたのが・・・何?
味噌かつ御膳(小) のはずですが・・・。

SakaeRamuchii_004_org.jpg
何?

SakaeRamuchii_005_org.jpg
横から見るとカツがチラッと。

SakaeRamuchii_006_org.jpg
味噌かつが埋もれてましたぁ。
味噌が濃厚ですけど、キャベツもネギもたっぷりなのでさっぱりといただけます。
頼んだのは小サイズですが、ネギの下は一面カツでボリュームたっぷりです。

キャベツやネギは基本的には味噌に絡めて食べるので、
テーブルにあるドレッシングを使いたい場合には少しずつかけてくださいとのこと。

ちなみに、ご飯・赤だし・キャベツはお替わり自由です。

SakaeRamuchii_007_org.jpg
デザートは ゆずシャーベット でスッキリと。
抹茶アイスも選べます。

SakaeRamuchii_002_org.jpg
娘は ミンチかつとオムレツ御膳

オムレツがフッワフワです。この御膳もボリュームがあり過ぎて、
当然ながら半分ぐらいは私が食べましたが・・・。

SakaeRamuchii_001_org.jpg SakaeRamuchii_000_org.jpg
普通のトンカツもいいですけど、味噌もいいですよね。

ネギもインパクトありましたけど、接客してくれたおばちゃんも凄く元気で
そっちの方が印象に残っているかも。
関連記事
[ 2013/03/24 21:00 ] 旅行・おでかけ 愛知 | TB(0) | CM(4)

【三重・愛知旅行記④】なばなの里 ウィンターイルミネーション(三重:長島)

鈴鹿の 中野製餅店アイスまんじゅう を食べてから
いよいよ今回の旅行のメインイベントの なばなの里 に行きました。

昨年、行ってすごく良かったので、2年連続です。

更に、2,000円で入場料すると1,000円が買物券として
キャッシュバックされるシステムも好きですけど・・・。
DSCF2361_org.jpg
今年は3月中旬だったので、気温もちょうどいい感じですが
梅のライトアップも楽しめる2度美味しい夜の鑑賞になりました。
DSCF2366_org.jpg
光の雲海
DSCF2390_org.jpg
梅の向こうにはUFO(アイランド富士)
DSCF2400_org.jpg
池に映るライトアップされた梅
DSCF2409_org.jpg
水上イルミネーション
DSCF2424_org.jpg
光の回廊「華回廊」
DSCF2441_org.jpg
大自然:朝焼けの富士山
DSCF2456_org.jpg
大自然:美しい「希望の虹」
DSCF2464_org.jpg
大自然:雄大な海(クジラ)
DSCF2473_org.jpg
ピンク色の桜並木のトンネル『河津桜(かわづさくら)』
DSCF2478_org.jpg
鏡池

もし来年も行くとしたら、この季節がいいでしょうね。

ちなみにキャッシュバックされたお買物券は、お土産として
試食でめちゃくちゃ美味しかった ごんぼうせんべい になりました。

この後、名古屋市内のホテルにチェックインしてから
ディナーは 名古屋めし を食べました。
関連記事
[ 2013/03/23 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(0)

【三重・愛知旅行記③】アイスまんじゅう/中野製餅店(三重:鈴鹿)

鈴鹿の森庭園 で梅を観てから、
イオン鈴鹿で時間調整を兼ねてのショッピングでプラプラして
おやつは 中野製餅店 です。
IMG_3113.jpg
普通の和菓子屋さんなのですが、名物は アイスまんじゅう だそうです。
アイスまんじゅう というものにまったく馴染みはありませんが
三重県では桑名の 寿恵広 が有名だそうで。
こちらには あん・抹茶・コーヒー・フルーツ・イチゴ
の5種類があります。
IMG_3118.jpg
あん・抹茶・イチゴ にしました。
IMG_3120.jpg
ずんぐりした変わった形です。
あん・抹茶の中は黒いので粒餡だとわかりましが、
イチゴの中は白いので練乳かと思ったら白餡でした。
IMG_3122.jpg
中は餡でいっぱいです。
でも冷たいので甘ったるくなく、さわやかに食べることができます。
あずきバーとはまた違って、こちらも美味しいです。
IMG_3116.jpg IMG_3115.jpg
三重県内には他にもアイスまんじゅうを作っているメーカーが
あるようなので、次は他のお店のアイスも食べてみたくなりますね。

この後、ようやく なばなの里 に向かいました。
関連記事
[ 2013/03/22 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(8)

【三重・愛知旅行記②】鈴鹿の森庭園(三重:鈴鹿)

ランチに 高虎ドッグ は食べたいし、
夜は なばなの里 ウィンターイルミネーション も観たいし
という欲望を叶えるためには、昼間の5~6時間を何をすればいいのか?

鈴鹿サーキット や ナガシパスパーランド という気分でもないし、
伊勢・鳥羽は方向が違うし、と悩んでいたところ・・・

おはよう朝日土曜日です で三重方面のバスツアーのレポートをやっていて、
今年からオープンしたという 鈴鹿の森庭園 の梅林の紹介していたので
季節的にギリギリ間に合うだろうということで 高虎ドッグ でランチをした後に行ってみました。

SuzukaNoMoriTeien_005_org.jpg
鈴鹿ICから北西へクルマで約10分のところにあり、園内は30分~60分ぐらいの広さです。

SuzukaNoMoriTeien_000_org.jpg
まず入るとこの枝垂れ梅が飛び込んできますので、
思わず、おおぉぉぉ~!と叫んでしまいます。

SuzukaNoMoriTeien_001_org.jpg

SuzukaNoMoriTeien_003_org.jpg SuzukaNoMoriTeien_004_org.jpg

SuzukaNoMoriTeien_006_org.jpg

SuzukaNoMoriTeien_002_org.jpg

SuzukaNoMoriTeien_007_org.jpg

SuzukaNoMoriTeien_008_org.jpg
ちょっと高台から、青空・遠くの山々と一緒に見渡すと、なかなかの絶景です。

おそらく、まだ庭園は完成途中のようで、これからどのように進化していくのか気になりますね?

この後、時間調整のためにイオン鈴鹿でショッピングしてから
三重県名物らしい? スイーツ で休憩です。
関連記事
[ 2013/03/21 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(0)

【三重・愛知旅行記①】野菜系・お惣菜系・スイーツ系ドッグ/高虎ドッグ(三重:津)

先週は なばなの里 ウィンターイルミネーション に行ってきました。
どうせならと、1泊して、
『 三重・名古屋 』 ではなく 『 三重・愛知 』 と旅行してきました。

まず、1日目のランチは 高虎ドッグ です。
JR紀勢本線「阿漕駅」から東へクルマで10分の 津ヨットハーバー にあります。

TsuTakatoraDog_000_org.jpg TsuTakatoraDog_001_org.jpg
昨年行った 鞍馬サンド の姉妹店だそうで、こちらはドッグサンド専門店になります。

私たちは、ほとんど並ぶことがなかったので、いきなりショーケースの前に立って
約50種類あるドッグサンドから選ぶことになりました。
どれもかなり美味しそうで、じっくり選びたいところですが、後ろに並んでいるお客さんの
無言のプレッシャーのなか直感で選ぶことになりました。

TsuTakatoraDog_002_org.jpg
お店は2Fにあり、どの席からも隣りのヨットハーバーを
眺めながら、ゆったりしたテーブルで食べることができます。

TsuTakatoraDog_009_org.jpg
スープやサラダの付いたランチセットもありましたが、
色んな種類のドッグサンドを食べたかったので、ドリンクだけにしました。
これで3人分で、高虎珈琲(ホットコーヒー)はお替わり自由です。

TsuTakatoraDog_005_org.jpg
ソフトパンを使用した野菜系のドッグサンドから
たっぷりベーコンのジャーマンポテトドッグ

TsuTakatoraDog_003_org.jpg
えびとアボガドのサラダドッグ

TsuTakatoraDog_006_org.jpg
鈴村家の手作りコロッケドッグ

TsuTakatoraDog_007_org.jpg
BBQソースの大きな鶏ささみカツドッグ

TsuTakatoraDog_004_org.jpg
スイーツ用にはタマゴをたっぷり使ったブリオッシュ系のパンを使用しているそうで
デザートもやっぱりドッグサンドで 季節限定 いちごドッグ

これを食べると鼻に生クリームが必ずつきますので、ご注意を!
3人ともつきました。

TsuTakatoraDog_008_org.jpg
キャラメルソース仕上げのプリンとバナナのドッグ

こちらも鼻にクリームがつきます!

TsuTakatoraDog_010_org.jpg
ドッグサンドだけで、サラダ~メイン~デザート を食べることができました。
お気に入りは ジャーマンポテトドッグ と いちごドッグ ですね!

食べながらテーブルのメニューを見るとアレにしときゃよかった
コレにしときゃよかったと後悔してしまうので、

こんなお店が近くに欲しい~!

この後、鈴鹿の森庭園 に梅を観に行きました。
関連記事
[ 2013/03/20 21:00 ] 旅行・おでかけ 三重 | TB(0) | CM(4)

5丁目ロール & マカロン/お菓子の国 ふ~ゆ(大阪:堺東)

休日にときどき通る近くでクーポンが出ていたので行ってきました。

SakaiHigashiFeuille_003_org.jpg
お菓子の国 ふ~ゆ

ナビに住所を入れて行ってみると、
かなりの住宅街で用事が無ければ絶対に通らない場所にあります。

場所は南海高野線「堺東駅」から南東へ徒歩7分で、三国丘高校の少し南です。

SakaiHigashiFeuille_004_org.jpg SakaiHigashiFeuille_005_org.jpg
ケーキから焼き菓子までいろいろとあります。

『お菓子教室』もやっているようで、買いに行ったときには
ちょうど生徒さん達が帰る頃でした。

SakaiHigashiFeuille_001_org.jpg
クーポンの商品は 五丁目ロール

長さは15cmほどで少し短め。
○○ロールはたくさんありますが、五丁目ロールとはミクロなネーミングです。
ちなみに住所は、堺市堺区榎元町5-4-2 です。

SakaiHigashiFeuille_002_org.jpg
かな~り、ふわふわでセロハンを剥がすときにも崩れてしまいそうです。
生クリームだけでなくプリンまでも入っているので、プリンの食感がオモシロく美味しいです。

SakaiHigashiFeuille_000_org.jpg
こちらもクーポンに付いている マカロン 3個

イチゴ・マロン・チョコと3種類の味があり、それぞれ可愛くデコレーションされています。

これで分かり難いお店の場所も覚えたので、プリンの食感が食べたくなったらいつでも行けそうです。
関連記事
[ 2013/03/19 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

怪しい場所すぎるパンケーキ屋さん/雪ノ下(大阪:梅田)

先日のおやつは 雪ノ下 です。

梅田の泉の広場から阪急東通り商店街に上がったあたりの
絶対に曲がらないような細く暗い路地の奥の奥の奥の非常に怪しい場所にあります。

ちなみに店頭・通路付近での写真撮影禁止です。

YukinositaUmedaHonten_003_org.jpg
ドアを開けるといきなり厨房で、1Fのカウンターの場合もあるようですが
そのまま靴を脱いで急な階段で2階以上にあがります。
2階は4畳半もないような部屋で3卓設けられています。

YukinositaUmedaHonten_002_org.jpg
紅茶が6種類、珈琲が5種類あり、今回は ヌワラエリヤ
スリランカのラバーズリープ茶園産だそうです。

YukinositaUmedaHonten_001_org.jpg
予約時に注文していた 国産苺のケーキ

YukinositaUmedaHonten_000_org.jpg
もう一つは 国産レモンのケーキ

スポンジは思ったよりもしっとり硬めで、聞いてみると毎月硬さを変えているそうです。
ホントかどうかはわかりませんが、焼いている人も飽きてくるので・・・らしいです。

温かさと冷たさと甘味と酸味と、そして隠れ家的な雰囲気も味わえるパンケーキ屋さんでした。

かき氷も美味しそうなので、夏にも行けますね!
関連記事
[ 2013/03/18 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(1) | CM(4)

お得すぎる竹コース12品/鮨うろこ(大阪:西天満)

先日のディナーは 鮨うろこ です。
地下鉄「南森町駅」から西へ徒歩4分の西天満交差点近くにあります。

NishiTenmaSushiUroko_000_org.jpg
予約するときにコースを指定しなければならないので
CP抜群の 竹コース にしました。ドリンクは別です。

今回は2人だったので、(1人前)と書いているのは同じものがもう一皿あります。

NishiTenmaSushiUroko_003_org2.jpg
付出しは マグロの角煮(1人前)

NishiTenmaSushiUroko_005_org2.jpg
茹でカニ

NishiTenmaSushiUroko_004_org.jpg
刺身盛り合わせ

サザエ・伊勢エビ・タイ・トロ・ハマチ・ホタテ・イカ・タイラ貝・タコと豪華で
サザエのコリコリ感、それぞれの身が締ってウマイウマイ!
NishiTenmaSushiUroko_007_org2.jpg NishiTenmaSushiUroko_009_org2.jpg
海老(2人前)、カンパチ(1人前)の焼き物

NishiTenmaSushiUroko_006_org2.jpg
サービスです、と持ってきてくれた 白子とフグのタタキ

まだまだ続きますよ~!

NishiTenmaSushiUroko_008_org2.jpg
アサリの酒蒸し

NishiTenmaSushiUroko_010_org2.jpg
鯛のアラ炊き

NishiTenmaSushiUroko_011_org.jpg
牡蠣やいろんな魚の入ったお鍋

この出汁がバカウマ~~!

NishiTenmaSushiUroko_012_org.jpg
4種のお寿司盛り合わせ

NishiTenmaSushiUroko_013_org2.jpg NishiTenmaSushiUroko_014_org2.jpg
伊勢エビのお味噌汁(1人前) と デザートは イチゴ
このイチゴがチョー甘い!
NishiTenmaSushiUroko_002_org.jpg NishiTenmaSushiUroko_001_org.jpg
こんだけ食べて3,500円ですからね!凄いですね!
日によって仕入れ内容が変わるので、行くたびにメニューも変わります。
だからまた行きたくなりますよね。

この日も満席でした。
あー腹いっぱい!
関連記事

一日分のお野菜たっぷり・玄米カレー/パプリカ食堂(大阪:堺東)

先日のランチは しぜんバル パプリカ食堂 です。

南海高野線「堺東」駅から徒歩3分で、銀座通り商店街内の
らららのらーめん一豚力 の横の細い路地を入った奥にあります。
向かいには 羊の家 があります。

フナエモン立呑温泉Blog で紹介されていたので行ってきました。
IMG_2872_org.jpg
ランチは3種類で、どれも野菜中心になっています。
いかにも女性好みのメニューなので、お客さんも女性が多いです。
IMG_2874_org.jpg
一日分のお野菜たっぷり・玄米カレー 800円

どこか で聞いたことがあるようなネーミングです・・・
IMG_2875_org.jpg
白米に比べて3倍の食物繊維が含まれているという 玄米
ちなみに白米と玄米のカロリーってほとんど一緒なんですよ。
IMG_2876_org.jpg
タマネギ・ジャガイモ・トマト・パプリカ・小松菜 と野菜たっぷりです。
肉系はありません。

400g もあるらしいです。

程よい辛さでスパイシーたっぷりで日本のカレーよりも
若干東南アジア系のテイストも入っているようです。
IMG_2877_org.jpg
結構なボリュームです。
厚生労働省では 野菜類を1日350g以上食べましょう と掲げているそうです。
IMG_2880_org.jpg IMG_2881_org.jpg
1日350gの野菜を食べるのも大変です。
たっぷりカレーを食べても、ヘルシーなランチでした。
関連記事
[ 2013/03/16 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

黄金チャーハン & パリパリ焼餃子/まこと屋(大阪:矢田)

先日のディナーは まこと屋 長居公園南店 です。
近鉄南大阪線「矢田駅」の西にある長居公園東筋沿いにあります。

MakotoyaNagai_100_org.jpg MakotoyaNagai_101_org.jpg
前回 同様、クーポンなんです・・・

MakotoyaNagai_102_org2.jpg
黄金チャーハン 3人前

MakotoyaNagai_103_org.jpg
メニューには 大阪一旨い と書いてますけど、
まぁ、食べる人によっては・・・きっとそうでしょう!
でもタマゴの味がよくしてなかなか美味しいですよ~。

MakotoyaNagai_105_org.jpg
パリパリ焼餃子 3人前

ちょっと大きめで中身もしっかり入っている美味しい餃子です。

黄金チャーハン + パリパリ焼餃子 = 400円 + 240円 = 640円 ⇒ 320円
なんでとってもお得なクーポンパワー!

MakotoyaNagai_104_org.jpg
これだけでも充分ですけど、ちょっと寂しかったので

台湾黒ゴマ坦々麺 690円

麺はストレート(細麺も選べます)、
硬さはカタ(バリカタ・普通:やわも選べます)
ネギは多めにして、1つを3人でシェアしました。

ウマ~い!

かなり辛いですけど、濃いだけの坦々麺ではなく、肉味噌たっぷりです。

MakotoyaNagai_106_org.jpg
お得なチャーハン・餃子セットを食べたことよりも
美味しい坦々麺にめぐり会うことができた収穫のあるディナーでした。
チェーン店でも侮れませんね!

☆今までの「まこと屋」☆
・牛醤ラーメン【全部のせ】
関連記事
[ 2013/03/15 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

中通商店街のはずれで焼肉/炭火焼肉 かんて(大阪:梅田)

先日のディナーは 炭火焼肉 かんて です。
都島通りの「堂山町」交差点の少し東にあります。

焼肉を食べることになって、店名は覚えてないけど以前に食べに行ったことのある
お店の場所に行くと焼肉屋があったので、入ってみました。
IMG_2298_org.jpg
メニューを見ると微かな記憶と違うような・・・ちょっとお高い?
お店が変わった?

今更帰るわけにはいかないので食べてみましょう・・・と。
IMG_2300_org.jpg IMG_2303_org.jpg
お通しの ポテトサラダ、お通しではない 白菜キムチ
IMG_2302_org.jpg
肉盛り合せ

カルビ・ハラミ・ロースなどいい具合の霜降り加減です。
IMG_2305_org.jpg
こんなの美味しいに決まってます!
IMG_2306_org.jpg
美味しそうな名前だけで注文した
クリームチーズチャンジャ

ひと口サイズの海苔とクリームチーズ・チャンジャが
うまく合って予想以上に美味しいです。
IMG_2307_org.jpg
忘れたころにようやく登場した
かんてのチヂミ

これがフワフワで抜群にウマい!
IMG_2308_org.jpg
サイドメニューまでも美味しいんですけど、
やっぱりちょっとお高めなので早々に退散しました。
関連記事
[ 2013/03/14 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

いすゞ鳴る(山本一力)

本日、読了。

山本一力では6冊目。


 <あらすじ>

  土佐からは奉納船を携え勢子船で伊勢参りに向かう荒くれ鯨漁師たち。

  安政の大地震の傷も癒えぬ江戸からは、豪商・伊勢屋の一行が
 七日船で伊勢を目指す。

  お伊勢参りという庶民の夢を先導する御師の見識と器量が人の
 縁を豊かに結んでゆく。「伊勢で出会う江戸のこどもは、いずれ土佐に
 来る」と土佐の御師・鯨慶の予言が成就する時、現れた景色とは・・・。


<感想>
 今回は、伊勢講(お伊勢参り)のお話です。

 庶民にとって一生に一度は行きたいお伊勢参りは知っていましたが、今回初めて知った存在は御師(おんし)。
 御師とは各地に居るようで、伊勢講のためのツアーコンダクターみたいなもんだろうと読み進んでいくと、それだけではないようで、もう一つの顔は霊能師だそうです。
 今まで読んできた山本一力作品では、リアリティのある庶民の職業が多かったのですが、霊能師はSFチックなんで、個人的にはワクワクさせないですねぇ。

 それでも土佐の鯨漁師・船大工、江戸では水売り・両替商の生活を知ることができたので、そのあたりは一力作品の楽しみではあります。

 伊勢には何回か行ったことありますけど、これほど重要なことであるならば、次に行くときには気持ちを改めた方がよさそうです。

 あと、相変わらず食べもののシーンが秀逸で、クジラがメチャクチャ美味しそうに書かれてます。子どもの頃は家でハリハリ鍋や鯨の竜田揚げとかありましたけど、最近では居酒屋の鯨ベーコンぐらい・・・いいなぁ。

 ちちみに「いすゞ」とは伊勢神宮内を流れる「五十鈴川」のことです。ウィキペディアによると「いすゞ自動車」もこの川が由来だそうです。


【山本一力 読了リスト】
 かんじき飛脚
 だいこん
 あかね空                    第126回直木賞
 深川駕籠                    深川駕籠シリーズ1
 欅しぐれ
関連記事
[ 2013/03/13 21:00 ] 山本一力 | TB(0) | CM(2)

あん食 & サンライス/トミーズ(神戸:魚崎)

クロスバイクで 六甲アイランド に行ったあとに、トミーズ 魚崎本店 に寄りました。
阪神「魚崎駅」から南東へ徒歩10分のところにあります。

TommysUozaki_007_org.jpg TommysUozaki_008_org.jpg
店舗は室内ではなく、工場の駐車場のようなところに
吹きっさらしの場所にあるので、ちょっとビックリ!

TommysUozaki_002_org.jpg
買ったのはもちろん! あん食 600円

最近、なにかのTV番組でこれを売っているスーパーもあるような
ことをやっていたのですが、番組名を思い出せず・・・

TommysUozaki_003_org.jpg
もう餡がはみだしています!
普通の食パンの1.5斤ぐらいあり、重さが850gとかなりズッシリしています。

TommysUozaki_004_org.jpg
きれいな餡のマーブル模様です。

TommysUozaki_005_org.jpg
軽くトーストして、マーガリンを塗って

幸せになるような美味しさです

休み明けの月曜日の朝のどんよりした気分でも
これを朝食にトーストで食べれば、そんな気分もぶっ飛んでしまいそうです。

TommysUozaki_000_org.jpg
サンライス 120円

TommysUozaki_001_org.jpg
神戸ではメロンパンではなく サンライズ といい、
更にこちらでは濁らずに サンライス というようです。

TommysUozaki_006_org.jpg
ホントはもう一つ、あん食をフレンチトーストにした
あんトースト も食べたかったんですよね。
三宮にもあるみたいなので、そっちで買ってみよーとっ!
関連記事
[ 2013/03/12 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(2)

滑蛋牛肉飯(牛肉と玉子のあんかけめし)/十二間楼(兵庫:神戸,青木)

クロスバイクで 六甲アイランド に行ったときに、十二間楼 でランチをしました。
阪神「青木駅」から十二間道路を北へ徒歩10分の、剱交差点近くにあります。

Oogi12kenro_001_org.jpg
麺類・飯類だけでも40種類もあり、迷ってしまいますが・・・

Oogi12kenro_002_org.jpg
このお店の名物だという 滑蛋牛肉飯(牛肉と玉子のあんかけめし) 700円

Oogi12kenro_003_org.jpg
タマゴはフワフワトロトロ、塩胡椒も少し感じつつ

ウマいです!かなりウマい!!

とくれば、こんなに美味しいのなら、他の料理も気になりだし、
お腹の具合だともう1人前はいけるだろうと、
メニューを見て選んでいたけど、どれも美味しそうに見えてきて・・・

そしたらお店のBGMがMBSラジオの それゆけ!メッセンジャー だという
ことに気付き、好きな番組なので、ついつい聞き入ってしまい・・・

メニューに集中できず・・・今回は遠慮しときました。

Oogi12kenro_000_org.jpg
近くにあれば、絶対にしょっちゅう通ってしまいますね。

やっぱり、もう一品頼んで、
ますます!ハイヒール まで聞いとけばよかったかなぁ。
関連記事
[ 2013/03/11 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

【輪行ポタ】長居~六甲アイランド~岡本梅林公園(兵庫:神戸)

先週末は車検だったので、いつもならクルマ屋さんで代車を借りるところですが
クリーニング屋さんのように朝出せば夕方には出来上がるそうで、
更に、家の用事が何もないということで、クルマに自転車を積んで、
長居公園近くのクルマ屋さんから六甲アイランドまでポタってました。

4ヶ月前に 神戸空港 まで走ったときには、往路は山の手を走り
あまりのアップダウンの多さに目的地に行くだけでヘタってしまったので、
今回は2号線を西へ西へ。

まずは、阪神「青木」駅近くの 十二間楼 でランチ。
DSCF2215_org.jpg DSCF2220_org.jpg
そこから少し走って、六甲ライナー「南魚崎」駅に到着。
駅南の運河を渡るには橋がないので、
このエレベーターで自転車を乗せて5Fまであがります。
自転車の定員は1台で、
私の自転車の場合は斜めに入れれば何とか入りました。
5Fに着いたら、橋を対岸まで走り、またエレベーターに乗って1Fまで下ります。
DSCF2223_org.jpg
つまり、南魚崎駅 と 現在地(東部第2工区出口) を行き交うには
このルートになります。結構利用している人は多いようでした。
DSCF2224_org.jpg DSCF2234_org.jpg
エレベーターから少し南へ走ると、六甲大橋 がありますので
ここから六甲アイランドへ渡ります。初上陸です。
DSCF2232_org.jpg
失礼ながら、六甲アイランドには工場しかないと思っていたので
マンションや学校があるとは知らず・・・
小雪舞い散る天候だったこともあり、非常に静かで
六甲アイランド南端の マリンパーク には誰もいません。

六甲アイランドを早々にあとにし、
阪神「魚崎」駅南の トミーズ でお土産を買い更に北上します。
DSCF2238_org.jpg
なかなかの急勾配を走って到着。
旅レコ によると、標高75m。
DSCF2241_org.jpg DSCF2243_org.jpg
3/2(1週間前)なので、まだまだ咲きはじめです。
DSCF2249_org.jpg
この写真だけを見ると満開のように見えますが・・・
DSCF2247_org.jpg
全体を見るとこんな感じです。
今週ぐらいはもっと咲いているんでしょうね。
でも素晴らしい眺望です。
RokkoIsland_Data_org.jpg
 地図は淀川以西ですが、
 走行履歴は、長居公園近くのクルマ屋
 さんが起着点ですのでデータは一致して
 いません。

 走行時間:5時間36分
  距 離 :100.2km
    (2013年累計:522.8km/7日)
 最高速度:32.47km/h
 平均速度:17.85km/h

 久しぶりの100km越えです。

 16時過ぎには車検も終了していました。 

<↓クリックすると拡大します>
RokkoIsland_Route_org.jpg

関連記事
[ 2013/03/10 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(4)

雰囲気も味もいい洋食屋さん/グリル家 Kutta(大阪:堺,白鷺)

先日のランチは グリル家 Kutta(クッタ) です。
南海高野線「白鷺駅」から大阪府立大学(310号線)に向かって徒歩5分のところにあります。

以前、奥さんがランチをして安くて美味しかったということで、やってきました。

ShirasagiKutta_000_org.jpg
ランチは7種類で600円~と嬉しい設定になっています。

店内はテーブル6卓、カウンター7席と外から見るよりもゆったりと広く
控えめなBGMも流れ、サラリーマンだけでなく、家族連れ・若い女性でも
気軽に入れるシックでオシャレな雰囲気になっています。

ShirasagiKutta_001_org.jpg
ほとんどのランチに付いている野菜がたっぷり入っいた コンソメスープ
飲んでいる間に、油で揚げている美味しそうな音が聞こえてきます。

ShirasagiKutta_004_org.jpg
もうそろそろ冬も終わりなので、やっぱり
カキフライ ~自家製タルタルソース~ 700円 + ご飯大盛り

ワンプレートになっていて、お箸でいただきます。
サラダの素揚げのレンコンがパリパリといい食感です。

ShirasagiKutta_005_org.jpg
カキフライは5個、自家製タルタルソースをたっぷりつけて、美味しくいただくことができます。

ShirasagiKutta_003_org.jpg
奥さんの 奥丹波鶏のから揚げ~南蛮風~ 700円
とってもジューシーでこちらもタルタルソースがたっぷり~!

ShirasagiKutta_002_org.jpg
娘の デミグラスハンバーグ 600円

非常に柔らかく、200グラムあるので結構なボリュームです。
娘はご飯を少な目にしてくれました。

どれも美味しかったのですが、
ハンバーグとから揚げが食べられる欲張りなセットや
ハンバーグに目玉焼きやチーズがトッピングできれば、
更に嬉しいですね。

ShirasagiKutta_006_org.jpg
+100円で食後は コーヒー でゆっくりと。

ShirasagiKutta_007_org.jpg
夜は洋食居酒屋のようでビール・ワイン・日本酒などのアルコールだけでなく
一品も300円~700円が中心で、たまごのクリームコロッケ・
丸ごとトマトのロースト・とろ~りチーズオムレツ
など
なかなか魅力的なメニューも多く、次は夜ですね!

オープンして間もないようで、ネットにお店の情報が無かったので載せておきます。

住所:堺市東区白鷺町1-16-15
TEL:072-249-4146
営業時間:11:30~14:00, 18:00~23:00
定休日:日曜
駐車場:無
関連記事
[ 2013/03/09 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

【千本鳥居を数えましょう③】伏見稲荷大社近くのおいもやさん/小西いも(京都:伏見稲荷)

まいこhaa-nバーガー から 伏見稲荷大社 まで歩いているときに、
美味しそうな おいも屋さん を見つけていたので
伏見稲荷大社のお参り が終わってから寄ってみました。

FushimiKonishi_005_org2.jpg
ほらっ!この店構えから美味しいオーラが出ているでしょ?
いなりのいもや ではなく こにしいも だそうです。

京阪本線「伏見稲荷駅」から、
神幸道(裏参道)に入る角を左折した徒歩4分のところにあります。

FushimiKonishi_006_org2.jpg
焼きいも・蒸しいも・大学いもから選べるようです。

FushimiKonishi_007_org2.jpg
全種類食べたくなります。

FushimiKonishi_001_org2.jpg
鳴門金時や安納芋もありましたが、食べたことのない
紅はるか の 焼きいも 320円(150円/100g)

蜜が溢れだしてくるので、ラップ包まれています。

FushimiKonishi_002_org2.jpg
持つとグチュグチュ~で柔らか~く、蜜で手がベトベト~

FushimiKonishi_003_org2.jpg
いも全体が蜜でできているかのような甘さです。
その甘さもクドクなく自然な甘さで、皮を剥かなくても食べられます。

FushimiKonishi_000_org2.jpg
大学いも 300円

FushimiKonishi_004_org2.jpg
表面が蜜でカリカリになったタイプではなく、蜜が芋に浸み込んでいます。
噛むとジュワーっと蜜が噴き出て口のなかに溢れてきます。

伏見稲荷駅からの参道からはちょっとだけ離れていますが
お参りのときには行ってみてはいかがでしょうか。
関連記事
[ 2013/03/08 21:00 ] 旅行・おでかけ 京都 | TB(0) | CM(2)

【千本鳥居を数えましょう②】お狐さまいっぱいの伏見稲荷大社(京都)

まいこhaa-nバーガー でランチしたあとに、伏見稲荷大社 に行ってみました。

FushimiInari_000_org.jpg
正面大鳥居(第二鳥居)の奥には豊臣秀吉の祈祷料で建立された 楼門
大社内は、稲荷大神さまのお力とご神徳をあらわす 朱色 だらけです。

FushimiInari_001_org.jpg FushimiInari_002_org.jpg
楼門の前の お狐さま
左側は、稲荷大神さまの宝物庫の を咥え、
右側は、御霊(みたま)を咥えています。

FushimiInari_003_org.jpg
重要文化財の 本殿。この隣りには撮影禁止の 神楽殿 があります。

FushimiInari_004_org.jpg
2時間ドラマでもお馴染みの 千本鳥居

向こうから船越英一郎や若林豪が歩いてきそうです。
娘が必死になって数えていましたが、奥社奉拝所までで456本だったみたいです。

FushimiInari_008_org.jpg
奥社奉拝所の右側にある おもかる石

灯篭の前で願い事をして石灯籠の空輪(頭)を持ち上げて、そのときに感じる重さが
自分が予想していた重さよりも軽ければ願いが叶い、重ければ叶わないという石です。
私の場合は・・・

FushimiInari_005_org.jpg
狛犬だけでなく、絵馬まで白キツネです。

FushimiInari_006_org.jpg FushimiInari_007_org.jpg
私が奥社奉拝所付近をまわっている間に、奥さんと娘がどんどん先に進んでしまい
やっと追いついたのが、第4チェックポイントの 瓢亭
何も考えずに進んでいたようで
「ここから頂上の一の峰まで40分かかるでぇ」と言うと
即答で「じゃあ、帰ろう」とあっさり下山。

FushimiInari_009_org.jpg
本殿から千本鳥居の脇道にいるお狐さま

二匹が勾玉を持っており、そこに丸い穴が開いており
その穴に石が通過すると願い事が叶うといわれているそうです。

FushimiInari_010_org.jpg
そして、第一鳥居の横にいる お狐さま
これだけ対じゃないし、何を咥えているんでしょう?

このあと、伏見稲荷大社に来る途中で気になっていた お芋屋さんのこにしいも に寄ってみました。
関連記事
[ 2013/03/07 21:00 ] 旅行・おでかけ 京都 | TB(0) | CM(0)

【千本鳥居を数えましょう①】舞妓はんのように白いハンバーガー/まいこhaa-nバーガー(京都:鳥羽街道)

いつもなら観光を目的にして、その近くでランチをするんですが
今回は、あんまり行くような場所じゃないけど、とりあえずクーポンだけ買っといて
そのお店を中心に観光してみようという変則的な”きっかけ”の一日でした。

MaikoHamburger_000_org.jpg MaikoHamburger_001_org.jpg
ということで、京阪本線「鳥羽街道駅」から東の通りを北へ4分のところにある
まいこhaa-nバーガー でランチです。

ところが12時過ぎに到着してみるとCLOSED!無休じゃなかったのか!?
でも店内には店員さんがいたので入ってみると
テイクアウトの大量注文が入ったので、店を閉めていたようです。
ちょっと提供が遅れますがどうぞ、ということで
遥々来たのに、今更帰るわけにはいかないので、入店。

MaikoHamburger_003_org.jpg
クーポンでは5種類のハンバーガー、6種類のドリンクから選べます。

MaikoHamburger_005_org.jpg MaikoHamburger_004_org.jpg
ドリンクは コーラ ×2 & オレンジサワー

クーポンだったからなのか、子どもが居たからなのかファミレスのようにオモチャをくれました。

MaikoHamburger_008_org.jpg
それほど待たずに登場!サルサバーガー

舞妓はんのように白いバンズで、柔らかそうに見えますが、思ったより硬めです。
京都牛を100&使用しているというパテは・・・普通です。
京都らしいところでは、レタスの他に九条ネギが少し挟まれているんですが
もっと入っていれば、食感と風味を味わうことができたんですけどねぇ。

MaikoHamburger_009_org.jpg MaikoHamburger_010_org.jpg
基本的には同じ構成でソースだけの違いで
テリヤキバーガー & タルタルバーガー

MaikoHamburger_006_org.jpg
3人前を1枚のお皿で提供されるとこんなことになってしまう フライドポテト

MaikoHamburger_007_org.jpg
チキンナゲット もとんでもないことに。

MaikoHamburger_002_org.jpg
お店のネーミングからだと観光客相手っぽいですが、場所柄そういうわけでもなく、
デリバリーもできてモーニングからハンバーガーもやっているようなお店でした。

関連記事
[ 2013/03/06 21:00 ] 旅行・おでかけ 京都 | TB(0) | CM(2)

お肉とブロッコリーのオイルベースソース スパゲティー/トラットリア パッパ(大阪:西大橋)

先日のランチは トラットリア パッパ(Trattoria Pappa) です。

地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋」駅からなにわ筋を北上し、
徒歩4分の信号を左折したところにあります。
IMG_2859_org.jpg
オーナーシェフがよくメディアに登場しているお店です。
店内はノリのいい音楽がガンガンかかり、
それに負けじと女性客のおしゃべりが飛び交って
非常に活気のある雰囲気に圧倒されてしまいます。
IMG_2860_org.jpg
本日のシェフの気まぐれ前菜

生野菜・生ハム・牡蠣&タコのフリット

まさか牡蠣が出てくるとは思わなかったのでちょっと嬉しい。しかも2個!
IMG_2861_org.jpg
バケット

このサイズのバスケットならもう一つぐらい入れてくれた方がいいかも・・・
IMG_2862_org.jpg
お肉とブロッコリーのオイルベースソース スパゲティー(大盛り)

Pranzo A 900円 + 大盛り 100円

写真では分かり難いですが、
隣りの女性の並盛りと比べてもすごいボリュームです。

ブロッコリー入りのパスタは何度も食べてますが、
こんなに粉々になったものは初めてです。
IMG_2869_org.jpg
メニューは「お肉」としか書いてなかったのですが、
選別してみるとベーコンなど3種類ありました。

超アツアツのパスタで美味しいですが、
バケットをソースに浸して食べると、メチャウマ~!
IMG_2871_org.jpg
こちらはイタリアンではなく魚屋だそうなので、夜の魚料理を食べてみたいですねぇ。
関連記事
[ 2013/03/05 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(0)

東京ラーメンストリートで特製まぜそば/ジャンクガレッジ(東京駅)


『のぼうの城』の地をたずねて シリーズ を無事終えたので、
新幹線に乗る前に東京駅でディナーです。

プロローグ(巣鴨の ファイト餃子・銀座の アメリカン)があったので、
エピローグになります。

東京ラーメンストリート六厘舎 に行ってみると凄い行列!
並んで待つほどの時間はなかったので、
第2候補だった ジャンクガレッジ にしました。
IMG_2845_org.jpg IMG_2854_org.jpg
まぜつけ という聞いたこともないメニューがあったけど売り切れだったので・・・
IMG_2849_org.jpg
特製まぜそば(並) 950円

食券を渡すときに、ニンニク・アブラ・チーズ のトッピングを
どうするか聞かれるので、ニンニクが少し気にはなりましたが
全部入りにしました。

ニンニクは別皿というのもありだそうです。
必要であれば紙エプロンを渡してくれます。
IMG_2852_org.jpg
まぜそばには
フライドオニオン・カツオブシ・モヤシ・キャベツ・
チーズ・卵黄・味玉・チャーシュー

IMG_2851_org.jpg
特製まぜそばにすると、
ベビースターラーメン・エビ辛マヨネーズ・辛味 がプラスされます。
IMG_2853_org.jpg
器の底からグッチャグチャに混ぜて食べます。
極太平麺がGOODです。
ガッツリジャンキーがたまりません!

隣りの席でニンニクを別皿にした学生の会話によると
ニンニクを入れた方が圧倒的にウマいそうです。
IMG_2846_org.jpg IMG_2857_org.jpg
ちなみに帰宅するとニンニク臭くて大ブーイングでした。
更に翌日になっても部屋から臭いが抜けなかったらしいです。
私は食べた張本人なので全くわかりませんでしたが・・・。

余談ですけど、
八重洲地下中央口前の 東京おかしランド には大阪の阪急百貨店にもある
ハッピーターンズ が期間限定で出店していて、こちらも凄い行列でした。

以上で、エピローグも含めて
『のぼうの城』の地をたずねて シリーズ は完全終了で~す。
自宅に帰ったのは21時で、楽しく忙しい一日でした。
関連記事
[ 2013/03/04 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

【『のぼうの城』の地をたずねて⑥】いがまんじゅう/木村屋製菓舗(埼玉:鴻巣)

十万石まんじゅう を買って、『のぼうの城』の地をたずねて シリーズの
すべての行程が終了しました。
そのまま帰りたいところですが、どうしても心残りがありました。

それは 一福 で買いそびれてしまった いがまんじゅう

急きょ調べてみたら、鴻巣駅前に 木村屋製菓舗 があったので
予定よりも早く終わったということもあり、3駅隣りの鴻巣駅で降りてみました。

KounosuKimuraya_003_org.jpg
JR鴻巣駅から北東へ徒歩3分のところにあります。

KounosuKimuraya_004_org.jpg

ところが・・・ガーン!売り切れ!

仕方がないのであきらめて帰ろうとしたら、
「駅の方に向かいますか?であれば駅前のショッピングモールでも
売っているので聞いてみますよ。いくつ必要ですか?」

矢継ぎ早に質問されたので、思わず
「3個」
するとすぐに電話してくれ
「3個取り置きしておいてください」
更に地図で丁寧にお店の場所まで説明していただき、
もう使うことはないだろうスタンプカードまでくれました。

「場所代の分だけ、こちらよりも気持ち小さいですけどねぇ」
と帰り際に言われ、どうやら木村屋が卸しているようです。

KounosuKimuraya_008_org.jpg KounosuKimuraya_005_org.jpg
ということで駅前にある エルミこうのすショッピングモール
フードコートにあったのが こうのすや
鴻巣のお土産や地元の野菜を売っているお店のようです。

KounosuKimuraya_006_org.jpg
10個も残ってましたぁ

KounosuKimuraya_000_org.jpg
いがまんじゅう 3個 360円

気持ち小さいと言われたけど、全然デカいです。
しかも 木村屋製菓舗 よりも5円安い!

KounosuKimuraya_001_org.jpg
直径5~6センチ、120gもあり、ズシリと重いです。
普通に考えれば、赤飯のおにぎりにしか見えませんねぇ。

KounosuKimuraya_002_org.jpg
ちょっと分かり難いですけど、中身は餡子ではなく、田舎まんじゅうです!
つまり、こし餡の入ったまんじゅうを赤飯で包んでいるわけです。
若干、餡の周りが白いのはそういうことです。

1個目を食べたときには、ふ~んって感じだったんですけど
2個目を食べると、あぁ、これは美味し~!と
ジワジワと良さが伝わってきました。

KounosuKimuraya_007_org.jpg
鴻巣はひな人形の街だそうで、ちょうど市役所で
『ひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇』 を展示していたんですが、
そこまで行く時間はさすがに無かったので断念しました。

これで、『のぼうの城』の地をたずねて シリーズは終了です。
風も強く、すっごく寒かったけど、
観たかったものが観れて食べたかったものが食べられたので
有意義な一日でした。

ということで、旅レコ で記録した正確な今回の旅の移動地図になります。
行田市内詳細バージョンは こちら

<↓クリックすると拡大します>
Nobou_Route2_org.jpg
この後、東京駅で夕食を食べて新幹線で帰阪しました。
それはエピローグとして明日、アップ します。
関連記事
[ 2013/03/03 21:00 ] 旅行・おでかけ 埼玉 | TB(0) | CM(8)

【『のぼうの城』の地をたずねて⑤】「のぼうの城」コラボ 十万石まんじゅう/十万石ふくさや(埼玉:行田)

行田市郷土博物館 を見学したあとに 十万石ふくさや 行田本店 に行きました。
秩父線「行田市」駅から徒歩4分で国道125号線沿いにあります。
10mangokuHonten_007_org.jpg 10mangokuHonten_008_org.jpg
埼玉県民なら知らない人はいないという 十万石まんじゅう
もちろん買う予定でしたが、今回の旅にぴったりの商品があるじゃないですかぁ!

10mangokuHonten_000_org.jpg
のぼうの城 五人衆(5個入) 550円

本の表紙と同じパッケージです。

10mangokuHonten_001_org.jpg
のぼうの城のパッケージをとると、棟方志功の十万石まんじゅうのデザインになります。

10mangokuHonten_002_org.jpg
十万石まんじゅうに のぼうの城 で活躍した
五人の焼印が入っています。左から

柴崎和泉守   (山口智充)
正木丹波守利英 (佐藤浩市)
成田長親    (野村萬斎)
甲斐姫     (榮倉奈々)
酒巻靭負    (成宮寛貴)

10mangokuHonten_003_org.jpg
もちろん食べるのは 甲斐姫

10mangokuHonten_004_org.jpg
こし餡の甘さは控えめでちょうどよく、
サイズも大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいサイズで
一度に続けて何個か食べてしまう お饅頭です。

きっと埼玉に住んでいると当たり前のように食べているんでしょうね。

10mangokuHonten_005_org.jpg 10mangokuHonten_006_org.jpg
じゃあ、大阪人にとってのソウルフードは何でしょうねぇ。
お好み焼き?たこ焼き?阪神百貨店のいか焼き?・・・というよりソース?

これが、旅レコ で記録した今回の旅の移動地図になります。

<↓クリックすると拡大します>

Nobou_Route_org2.jpg
以上で のぼうの城』の地をたずねて シリーズは終了です・・・
と言いたいところですが、心残りがあったので、もう一つ だけ!
関連記事
[ 2013/03/02 21:00 ] 旅行・おでかけ 埼玉 | TB(0) | CM(6)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02