おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2013年02月
月別アーカイブ  [ 2013年02月 ] 

≪ 前月 |  2013年02月  | 翌月 ≫

【『のぼうの城』の地をたずねて③】高源寺 & 行田市郷土博物館(埼玉:行田)

さきたま公園の 丸墓山古墳で石田三成の気分 になったあと
15分走って、正木丹波守利英(佐藤浩市)に会いに行きました。
DSCF2085_org.jpg
漆黒の魔人 こと 正木丹波守利英 は忍城での石田三成との戦いのあと
水攻め彼我戦没者の霊を弔わんと発心し、武士を捨て佐間の地に
高源寺 を建立しました。
DSCF2079_org.jpg
朱槍 を持っている 正木丹波守
格好いいですねぇ。
この朱槍は戦のあと 柴崎和泉守(山口智充)に渡してましたね。
DSCF2082_org.jpg
正木丹波守のお墓です。

じゃあ、夏八木勲が演じた和尚はどこのお寺の誰なんでしょう?

この後、自転車で8分のところにある かねつき堂 でランチをしました。
詳しくは別記事で。
DSCF2100_org.jpg DSCF2099_org.jpg
行田市役所行田市郷土博物館 のある通り(125号線)には
昔ながらの遊びに興じる童たちの 銅人形 が39基もあります。
鳥取県境港市の 水木しげるロード のようですね。
DSCF2087_org.jpg
忍城本丸跡地にある 行田市郷土博物館
これは隣接している 御三階櫓(ごさんかいやぐら)

残念ながら水攻めにあったときの櫓ではなく、
江戸時代のものを復元しているそうです。

内部は展示スペースになっていて、最上階(4階)は展望室です。
窓の格子が邪魔で、とっても見難いですけど、
ここから丸墓山古墳方面を見てみましたが、残念ながら分からず・・・
「丸墓山古墳はこっちですよ~」
ぐらいの案内が欲しかったですねぇ。
DSCF2093_org.jpg
後の藩主・松平忠雅(ただまさ)によって鋳造された
時刻を知らせる 時鐘(じしょう)
子の忠刻(ただとき)が父のために再鋳した本物は博物館のなかにあります。
DSCF2098_org.jpg
さて、入場料200円の郷土博物館ですが、館内は撮影禁止です。
名前の通り、行田市の古代~近世の歴史、特産品の足袋などが展示され
忍城・水攻めなどに関する展示はごく一部だけでした。

映画のメイキングビデオを流す とか 使われた小道具を展示するとか
あると嬉しかったんですけどねぇ。
IMG_2818_org.jpg
そんななかでも、参考になったのが、戦いのときの各武将の配置図です。

本丸から北東に1.2kmのところにある長野口を守ったのが
柴崎和泉守(山口智充)
本丸から南へ1.2kmのところにある下忍口を守ったのが
酒巻靭負(成宮寛貴)
本丸から南東へ1.2kmのところにある佐間口を守ったのが
正木丹波守利英(佐藤浩市)
くしくもこの佐間口にさっき行った高源寺があります。

そしてもう一つ、水攻めで浸水したときの石田堤内の水深がわかる地図。
これによると堀切橋付近が最も深かったようで、そこへの圧力がもっとも
大きかったので、決壊してしまったようです。
だから映画のように農民・かぞう(中尾明慶)が壊したわけではなく
地形の見誤りが原因だったそうです。
DSCF2078_org.jpg DSCF2101_org.jpg 
行田市のマンホールはやっぱり忍城

そして、行田は 埼玉県名称発祥の地 だそうで、
ちなみに、さっき行った さきたま古墳 は漢字では 埼玉古墳 と書きます。

以上で、『のぼうの城』の地をたずねて 歴史ふれあい編 は終了です。
明日からは グルメ編 になります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/28 21:00 ] 旅行・おでかけ 埼玉 | TB(0) | CM(4)

【『のぼうの城』の地をたずねて②】さきたま古墳公園(埼玉:行田)

石田堤史跡公園 から20分ほど走って、ちょっと寄り道。
鴻巣にある 一福 に行ってみると・・・
DSCF2048_org.jpg
なんと!お休み!
鴻巣名物の いがまんじゅう を買おうと思ってたのにぃ~残念・・・

気を取り直して、更に走ること20分。
次は行田市に戻って さきたま古墳公園 です。
DSCF2050_org.jpg
大小5つの古墳がありますが、今回は古墳見学ではないので
目的はただ一つ!
もちろん忍城水攻めのときに石田三成が陣を張った 丸墓山古墳
DSCF2054_org.jpg
奥に見える丸墓山古墳へ続く 桜並木 も実は 石田堤 の一部だそうです。
その証拠に周りの道よりも一段高くなっています。
DSCF2055_org.jpg DSCF2059_org.jpg
いよいよ直径105m、高さ19mの日本最大の円墳である丸墓山古墳にのぼります。
ちなみにこの階段は97段ありました・・・1回しかカウントしていないので多分。
DSCF2067_org.jpg
見えますかぁ?忍城!
では、ズームイン!
DSCF2066_org.jpg
ほらぁ見えたぁ!クレーンの向こうに忍城!

石田三成(上地雄輔)と同じ目線に立ちました!
想像していたより全然遠いです。

じゃあ映画のように、水攻めにあった成田長親(野村萬斎)が小舟にのって
丸墓山古墳に近づいて田楽踊りを踊ったのはどのあたりなんだろう?

それで、その彼を撃った大きな鉄砲の射程距離はどれくらいなんだろう?

などなど、いろんなことを考えてしまいます。

ちなみに私のように安物のコンパクトデジカメで
ズームしなくても肉眼でも見えますよ。
DSCF2072_org.jpg
頂上から桜並木(石田堤)を見るとこんな感じです。
DSCF2058_org.jpg
上空から見るとこんな形状です。
DSCF2076_org.jpg
古墳から公園内を忍城の方に進んで振り返ると
丸墓山古墳はこのように見えます。
きっと、成田長親(野村萬斎)もこんな風に見えたんでしょうねぇ。

次は、正木丹波守利英(佐藤浩市)に会いに行きます。
関連記事
[ 2013/02/27 21:00 ] 旅行・おでかけ 埼玉 | TB(0) | CM(0)

【『のぼうの城』の地をたずねて①】石田堤史跡公園(埼玉:鴻巣・行田)

「のぼうの城」の 映画 を観て 原作 を読んで、
機会があれば行きたかった埼玉県行田市。

急な東京への日帰り出張が出来たので、
自腹で1泊して、有給休暇をとって行ってきました。

つまり、昨夜の巣鴨の ファイト餃子
今朝の銀座の アメリカン はこのためのプロローグです。

ということで本日から、『のぼうの城』の地をたずねて シリーズです。

NobouIsidadutumi_000_org.jpg NobouIsidadutumi_001_org.jpg
通勤時間帯なのに都心から離れていく電車はガラガラで
有楽町から約70分・・・着きました~!
埼玉県行田市!10年ぶり3度目の埼玉県。

週間天気予報では降水確率50~70%で冷えると雪かもって言われてましたが
先日、三輪の大神神社 に行ったことでご利益があったのか
激寒の曇空ですけど、何とか傘のお世話にならずにすみそうです。

これが本日、お世話になるレンタサイクル1号。
駅前の観光案内所で無料で貸してくれます。

平日にスーツ&コート&革靴&黒カバン&ママチャリだったので
おそらく信用金庫の人にしか見えなかったと思います。

最近はクロスバイクにしか乗っていないのでその癖で、久しぶりにママチャリに
乗ったら、信号の度にサドルから降りてしまう自分に笑ってしまいました。

NobouIsidadutumi_002_org.jpg
走ること約25分で石田堤史跡公園南側の駐車場に到着。
ここから新幹線に向かっていくと、すぐに 石田堤 があります。

NobouIsidadutumi_003_org.jpg NobouIsidadutumi_004_org.jpg
更に進んで新幹線の手前には、石田堤の断面を見学できる施設があります。
ガラスの向こうには土層(レプリカ)があり、堤の外側から内側に向かって
斜めに盛られたことがわかるようになっています。

NobouIsidadutumi_005_org.jpg
施設の横の階段を上がると堤の頂上に出ます。
でも、柵があるので歩けません。歩きた~い!

NobouIsidadutumi_006_org.jpg
180度振り返って、新幹線高架下を見ると怪しげなゾーンがあります。

NobouIsidadutumi_007_org.jpg NobouIsidadutumi_010_org.jpg
堤に使った 土嚢(黄色い着色が安っぽい)には、
豊臣秀吉による兵糧攻め(2回)・水攻め(3回)の戦歴があり
10年間で5回もしているので、包囲作戦が好きだったんでしょうねぇ。

更に、各水攻めのときの人夫の賃金表がオモシロいです。

◆◇ 備中高松城の水攻めのとき ◇◆
土俵一俵に対して、銭百文 & 米一升

◆◇ 忍城の水攻めのとき ◇◆
昼は、銭六十文 & 米一升
夜は、銭百文 & 米一升

いつの時代も深夜手当があったんですね。

そして矢倉の下に入ると、大和田伸也さんが石田三成役で
忍城水攻めのシーンが再現されています。いい声です。

NobouIsidadutumi_008_org.jpg NobouIsidadutumi_009_org.jpg
◆◇ 丸墓山古墳の三成本陣から見る忍城 ◇◆
ホントに水に浮いているように見えます。

◆◇ 堤の決壊 ◇◆
折角の名シーンなのに、誰かが落書きしてるので興醒めです。

NobouIsidadutumi_011_org.jpg
この辺りで堤が決壊したという 堀切橋
ここを越えると行田市になります。

NobouIsidadutumi_012_org.jpg NobouIsidadutumi_013_org.jpg
越えるとまた石田堤が現れます。
いったいどこまで続くんでろうか?とワクワクしてると
少しだけだったので 石田堤碑 があるところでオシマイで少し拍子抜け~

現存している 石田堤 に関しては のぼうの城 をPRしている行田市よりも
隣りの鴻巣市の方が力が入っているようです。

このあと さきたま古墳公園(丸墓山古墳) に行く前にちょっと 寄り道 します。
関連記事
[ 2013/02/26 21:00 ] 旅行・おでかけ 埼玉 | TB(0) | CM(4)

圧巻!モーニングセット/喫茶 アメリカン(東京:東銀座)

先日のモーニングは 喫茶 アメリカン です。
「東銀座駅」から東へ徒歩2分のところにあります。

GinzaAmerican_001_org.jpg
ホントはボリュームの凄い タマゴサンド 目当てだったんですけど
モーニング時間はやっていないということで・・・

GinzaAmerican_002_org.jpg
モーニングセット 500円
ホットコーヒーもたっぷりでミルク(関西ではフレッシュ)も2個ついてます。

GinzaAmerican_003_org.jpg
分厚いトースト2枚

GinzaAmerican_005_org.jpg
いつもはジャムは食べないんですけど、たまには気分を変えて、ジャム&マーガリンで。

GinzaAmerican_004_org.jpg
そしてサブのハズなんですけど目立ち過ぎているサラダ!

GinzaAmerican_006_org.jpg
ハムの帽子をとってみると、下からレタスサラダ・マカロニサラダ・
ポテトサラダ・タマゴサラダ・そしてハムサラダの
なんと!サラダ5段重ね!
しかもうまい!
でも、食べても食べても減らない!

GinzaAmerican_007_org.jpg
そこで、5種類のサラダトーストにしちゃいました。
もうめちゃウマです。

それでもサラダは残ってますけど・・・。

ちなみに隣りの常連のおじいちゃんは
サラダもパンも普通サイズだったので、そういう頼み方もあるんでしょうねぇ。

GinzaAmerican_000_org.jpg
じゃあ、朝からお腹いっぱいになったので、
いざっ! 「のぼうの城」 のふるさとまで出陣!

明日からは 『のぼうの城』の地をたずねて シリーズです。
関連記事
[ 2013/02/25 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(2)

ホワイト餃子をファイト餃子で食べる(東京:庚申塚)

先日のディナーは ファイト餃子 です。
都電荒川線「庚申塚」駅から北西へ徒歩1分のところにあります。

昨夏、金沢の 第7ギョーザの店 でホワイト餃子を食べたときに
ボーノくん から都内でホワイト餃子を食べるなら、
こちらが人気があるみたいですよ、と
教えていただいたので、出張のついでに行ってみました。

FightGyoza_001_org.jpg
仕事が終わったのが18時50分!
営業時間は20時までとは知っていましたが、
じゃあ、ラストオーダーは?と思いつつ、到着したのが19時30分。

注文すると、焼き上がりには15分かかるそうで、
待っている間にラストーオーダー(7時45分)になりました。
セーフ!

FightGyoza_002_org.jpg
カウンターだったので厨房での
大量の油で焼き揚げている様子を見ているうちに
餃子15コ定食 960円 が登場!
ご飯・味噌汁・お新香がつきます。

FightGyoza_003_org.jpg
ホワイト餃子 15個は凄い迫力です。
この焼き上がりはたまりませんねぇ。
いつも食べるような餃子もそれはそれで美味しいですけど
やっぱりこのパン皮がいいんでしょうねぇ。

FightGyoza_000_org.jpg
夢中で一気に食べてしまったら、口の上皮がむけちゃいました。
大阪にあったらいいのになぁ~!
関連記事
[ 2013/02/24 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(8)

復活!焼きラーメン/純情屋(大阪狭山)

先日のランチは 純情屋 です。

310号線の「茱萸木南」交差点にあります。
IMG_2769_org.jpg
もちろん ラーメン・つけ麺がありますが、
先日、お店から 焼きラーメン が復活します、というメールが来ていました。

注文しようとしたところ、注意書きには
太めんは15分以上かかります。お断りすることもあります。

確かに数年前、焼きラーメンがあったころ、ランチの忙しい時間帯では
おっちゃんが焼きラーメンの注文を断っている場面を見たことを思い出しました。

念のため聞いてみると・・・OK!
IMG_2771_org.jpg
焼きラーメン(しょうゆ味)+大盛り

たっぷりの野菜にチャーシュー・メンマ、そして中央には温泉たまご
純情屋なんでやっぱり太麺!(細麺も選べます)
IMG_2773_org.jpg
焼きラーメンなんで、麺はちゃんと焼かれています。
この弾力のある太麺が、焼きラーメンに素晴らしく合っています。

しょうゆが香ばしく めちゃウマ~! です。
IMG_2776_org.jpg
ちなみにこの器は割り箸(約20cm)よりも大きく、しかも深いので
かなりのボリュームになります。
IMG_2770_org.jpg
奥さんが頼んだ 焼きラーメン(塩味あんかけ)+大盛り

こちらには竹輪がたっぷり入っています。
(しょうゆ味の方に入れ忘れたのかも・・・?)
IMG_2775_org.jpg
やっぱり純情屋のランチなので+50円で 半チャーハン

いつ食べてもパラパラで美味しいです。
DSCF1925_org2.jpg





約4ヶ月ぶりの訪問は、
クーポンが当たったからでしたぁ~

焼きラーメン(900円)
+大盛り(150円)
+半チャーハン(50円)
=1,100円

2人前 2,200円がクーポンで
1,200円になりましたぁ!


IMG_2767_org.jpg IMG_2777_org.jpg
他にも焼きラーメンには 塩味レモン風味・ソース味 があるので
また行く楽しみが増えましたね。

☆今までの「純情屋」☆
 ・担担つけめん&チャーハン
 ・黒ゴマ担担つけめん&チャーハン&特製ギョーザ
 ・カレーつけ麺
 ・チャーシュー丼&特製ギョーザ
 ・チャーハン&チャーシュー丼&特製ギョーザ
関連記事
[ 2013/02/23 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

出汁が美味しいカレーうどん/麺吉 どんどん(大阪:堺,深井)

先日のディナーは うどん工房 麺吉 どんどん です。
泉北高速「深井駅」から南西へ徒歩9分で、宮園温泉の向かいにあります。

FukaiDonDon_000_org.jpg
店名は うどん工房 ですが、そば もあるみたいで
麺類だけでなく、一品もの、定食といろいろと揃っています。

FukaiDonDon_001_org.jpg
今回はクーポンなので
カレーうどん + おにぎり 2個 + ソフトドリンク 520円
となっています。
家族3人分なので、コーラ × 2 + オレンジ × 1 です。

FukaiDonDon_002_org.jpg
おにぎり は こぶ・かつお・鮭 が選べるので各2個ずつにしました。
つまり、この写真のものが3セットあります。

FukaiDonDon_003_org.jpg
程よい辛さと軽いトロみのたっぷり張ったカレー出汁がめっちゃウマい!

FukaiDonDon_004_org.jpg
具材は薄揚げとネギだけですけど、これで 600円(通常) とはお安い!
あまりにも美味しいので出汁を飲み干すと腹パンパンなので
カレーうどん単品でも味ボリュームともに充分満足できます。

FukaiDonDon_005_org.jpg
ネットにあるお店の情報がどれが正しいのかわからないので、載せときます。

住   所 : 堺市中区深井沢町3178 
 T E L  : 072-276-7105
営業時間 : 11:00~14:00(L.O.), 17:00~翌4:00(L.O.)
 定休日  : 水曜日のランチ
 駐車場  : なし(向かいにコインパーキングあり)
関連記事
[ 2013/02/22 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(2)

臨機応変なコース料理/韓国家庭料理・鍋料理 宮(大阪:難波)

先日のディナーは 韓国家庭料理・鍋料理 宮 です。
BODYMAKER コロシアム(大阪府立体育館)の西側にあります。
IMG_2388_org.jpg
コース料理が2人前~ということであるならば、4人だったので、
Aコース(2人前)+ Bコース(2人前)でお願いしてみました。

すると座ったテーブルが狭かったので、
てっちゃん鍋はテーブルのコンロで食べられるけれども
豚カルビはテーブルで焼かずに厨房で焼いてきたものを持ってきます、
ということで良ければ・・・こだわっていないのでOK!

更にメニューを見ると、両コースとも
ジャガイモチヂミ・イカフェサラダ・チャンジャ・キムチ盛り合せ・ナムル盛り合せ
が共通で、同じものばかり食べるのは嫌なので
変更できるかお願いしたら、全然問題なくOKですよ、
でも厨房のおまかせになりますけど・・・もちろんOK!
IMG_2393_org.jpg IMG_2394_org.jpg
韓国料理ではお馴染みの小鉢たち
奥の左からそれぞれ コンニャクとごぼう・カボチャ・ナスの煮物

ちなみに小皿はこの3つだけで、これ以降は中皿・大皿ばっかりなので
かなりのボリュームになります。

左手前が解禁になって初めて食べる ユッケ、右手前が ナムル盛り合せ

そして、やっぱり キムチ盛り合せ
IMG_2397_org.jpg IMG_2395_org.jpg
イカフェ生センマイ

この時点でテーブルが皿だらけでいっぱい!
IMG_2396_org.jpg
1つ目のメインの てっちゃん鍋

出来上がりの写真を撮るのを忘れてしまいました。

ほどよい辛さでコクがありめちゃウマです!
2人前とは思えないボリュームです。
IMG_2407_org.jpg IMG_2408_org.jpg
鍋の〆は ご飯・乾麺・うどん から選べるということで 乾麺

追加した出汁のおかげか、今度は甘みが加わって、更に美味しくなります。

あまりにも美味しいので、今度は うどん を追加。
半透明のうどんで、1つの鍋で 3度美味しくいただけます。

最後に、ご飯という案もありましたが、まだまだ料理は続くのでやめときました。
IMG_2401_org.jpg
鉄板で出てきた 海鮮チヂミ

イカ・ニラたっぷりでモチモチして美味しいです。
IMG_2399_org.jpg
もう一つのメイン 豚カルビ

予定通り、厨房で焼いてきて持ってきてくれました。
骨付きのものもあって、歯で削ぐように食べます。
IMG_2402_org.jpg
ダメ押しで タコの炒め

タコはプリプリです。

これでようやく終了!もう食べられません!
IMG_2412_org.jpg
もちろん、好きなものを単品で注文することもできますけど
4人以上だとこんな注文の仕方をすれば、いろいろ楽しめるお店でした

関連記事
[ 2013/02/21 21:00 ] お食事処 韓国 | TB(0) | CM(2)

暖簾(山崎豊子)

本日、読了。

山崎豊子では4冊目。


 <あらすじ>

  淡路島から大阪から働くために出てきた吾平は、運よく船場の
 昆布屋で働くことになり、一介の丁稚から叩きあげ、苦労の末
 築いた店も長男・辰平も戦争で奪われ、振り出しに戻った。

  その吾平の跡を継いだのは戦争から帰ってきた次男・孝平で
 あった。孝平は、大学出のインテリ商人と笑われながら、徹底
 して商業モラルを守り、戦後の動乱期から高度成長期まで、
 独自の才覚で乗り越え、遂には本店の再興を成し遂げる。

  親子二代“暖簾(のれん)"に全力を傾ける不屈の気骨と大阪
 商人の姿を描く作者の処女作。


<感想>

 山崎豊子といえば、白い巨塔や沈まぬ太陽、運命の人のように事実を基にした壮大なストーリーが多いですが、初期には船場商人を主人公にしたサクセスストーリーが多いんです。
 この暖簾(のれん)はそんな彼女の最初の作品です。

 現在の船場は問屋街ですが、老舗が暖簾を守っているというイメージを感じることはありません。
 それは戦前の話で戦災により何もかも失った大阪は、中心地が難波・心斎橋に移り、生き抜くための闇市が横行していることで暖簾商売が成り立たなくなったのが原因だそうです。

 伝統を重んじるというより暖簾に固執してしまうと、老舗といえども没落してしまうなか、次男・孝平がゼロからのスタートになった浪花屋(昆布屋さん)を継いだことで、時代をよんで、商売手法を変え、最期には父・吾平の浪花屋を再興させてしまいます。

 暖簾なんて、弟子が修行明けにお店を出す暖簾分けぐらいのものだろうと思っていましたが、戦前は火事になれば真っ先に暖簾を持ち出したり、暖簾を担保に銀行からお金を借りることができるぐらい現代からは考えられないくらい大事なものだったそうです。

 主演・森繁久彌が吾平(父)・孝平(次男)の二役で映画化されているようです。
 ちょっと観てみたいですよね。

【山崎豊子 読了リスト】
花のれん           第39回直木賞
女系家族〈上〉〈下〉
ぼんち
関連記事
[ 2013/02/20 21:00 ] 山崎豊子 | TB(0) | CM(2)

「三輪福来」と書いて「みわふらい」と読みます/吉方庵(奈良:桜井)

クロスバイクで 三輪の大神神社 に行った帰りに、
吉方庵(きっぽうあん) 奈良桜井本店 に寄りました。

JR・近鉄「桜井駅」から北西へ徒歩10分で、桜井市民会館の少し西にあります。

SakuraiKippouan_008_org.jpg SakuraiKippouan_009_org.jpg
何を買おうか広い店内を見学していると、
看板商品の三輪福来(みわふらい)を試食させてくれ
更に熱いお茶まで出してくれました。
極寒だったので、これはありがたいっ!

SakuraiKippouan_000_org.jpg
試食したら凄く美味しかったので、人気№1,2の

三輪福来(みわふらい)(6個入り) 380円
いわれ 3個 105円×3

SakuraiKippouan_006_org.jpg
もちろん今朝、狭井神社の 薬井戸 で汲んできた 万病に効くという
ご神水 でコーヒーをいれてもらって一緒にいただきます。

SakuraiKippouan_003_org.jpg
6センチ四方の箱を開けると3.5センチの半球状の 三輪福来 がコロコロと出てきます。

SakuraiKippouan_004_org2.jpg
表面は揚げた三輪そうめんで覆われて、ハリネズミのようです。

SakuraiKippouan_005_org.jpg
あんドーナツのようですが、揚げたそうめんを噛むと
ポリポリ・サクサクとした食感がオモシロいです。

また、この三輪という土地柄にあったネーミングがいいですね!
古きをたずねて新しきを知る、って感じです。

SakuraiKippouan_001_org.jpg
そして直径5.5センチの いわれ
キレイですねぇ~

SakuraiKippouan_002_org.jpg
ひよ子まんじゅうのようですが、洋風の味がよくしたので
調べてみると生クリームがたっぷり入っているそうです。

お子様に人気!って書いてある通り、娘にはかなり美味しいらしく
大事そうに少しずつ食べてました。

SakuraiKippouan_007_org.jpg
他にもどら焼きや桜餅など美味しそうな商品があったので、
桜井にいいお店を見つけました!

この後、川西町の結崎まで走って、手づくりうどん 美ノ吉
幻の 結崎ネブカ のランチをしました。
関連記事
[ 2013/02/19 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(4)

幻の結崎ネブカの期間限定うどん/手づくりうどん 美ノ吉(奈良:結崎)

クロスバイクで 三輪の大神神社 に行った帰りに、手づくりうどん 美ノ吉 でランチをしました。
近鉄橿原線「結崎」駅前にあります。

YuuzakiMinokichi_001_org.jpg YuuzakiMinokichi_002_org.jpg
毎週土曜の夕方に宮川大輔がやっている 満点☆青空レストラン の昨年12月の放送で
柔らかくしなやかであるという特徴のために栽培や流通が難しいことから、衰退してしまった
大和の伝統野菜である 結崎(ゆうざき)ネブカ が復活したことをやっていました。

しかも、ある農家が自宅用だけにずっと作っていたおかげでホントに幻に
ならずにすんだという、深イイ話でした。
幻というからには食べるのは困難なのだろうなぁと思っていたら
奈良雑記 古き都の四方山の・・もっと見たい、食べたい!
紹介されていました。すると期間が9月~2月限定というじゃないですか!
ということで慌てて行ってきました。

ちなみに、ネットさんの もっと見たい、食べたい! とは順序が逆ですけど、
大神神社 → 手づくりうどん 美ノ吉 と同じようなコースになっちゃっています。

YuuzakiMinokichi_003_org.jpg
今回はどうせならと欲張って
左 : ネブカ丼       600円
右 : ネブカうどん(小) 550円

普通サイズのネブカうどんは600円です。
こんなセットは無いので、それぞれ単品注文になります。

YuuzakiMinokichi_005_org.jpg
結崎ネブカたっぷりの肉うどんです。
確かに甘いく、ネギ特有の臭さが全くありません。
麺もつるつるでうどんとしても美味しいです。

YuuzakiMinokichi_004_org.jpg
うどんと材料は変わりませんが、こちらも結崎ネブカだらけです。
普通だったら、他人丼って名前になっちゃいますね。

YuuzakiMinokichi_000_org.jpg
ネギ好きの私にとっては至福のひとときでした。
これで来年の9月まで心置きなく過ごせそうです。

YuuzakiMinokichi_006_org.jpg
念のため向かいにあるスーパーに寄ってみたら、ちゃんと売られていましたよ。
買おうと思いましたが、家に持って帰ると、きっと「ネギなんてどれでも一緒や~ん」
と身も蓋も無いようなことを奥さんが言いそうなのでやめときました。

関連記事
[ 2013/02/18 21:00 ] お食事処 うどん | TB(1) | CM(6)

【ポタ】最強パワースポット大神神社(奈良:三輪)

今朝はチョー寒いなか 大神(おおみわ)神社 までポタってみました。
朝7時頃に国道25号線の大阪と奈良の県境ぐらいにある
道路温度計を見ると -3℃  そりゃ指先もつま先も痛いはずで・・・

出発してから1時間程経って法隆寺駅のあたりでようやく、
家から持ってきた冷たいお茶を飲んでみると、
薄~く氷が張っていて、口の中がシャリシャリと・・・

Ohmiwa_000_org.jpg
そんなこんなで約2時間で 大神(おおみわ)神社に到着。
この 大鳥居 は昭和天皇ご親拝を記念して、昭和59年に建てられたそうです。

Ohmiwa_001_org.jpg
二の鳥居
ここから先は神聖な場所になります。
ちなみに自転車置き場はこの鳥居の前にあります。

Ohmiwa_002_org.jpg
周りの人に習って、鳥居の前で礼をして参道の左側を歩いて行きます。
なんとなく気が引き締まるような感じです。

Ohmiwa_003_org.jpg
祓戸(はらえど)神社 でお参りしてから
その先にある 夫婦岩

大物主大神(おおものぬしのおおかみ)と
活玉依姫(いくたまよりひめ)の恋物語の
ように二つの岩が寄り添っています。

縁結び・夫婦円満のご利益があるそうです。


Ohmiwa_004_org.jpg
お酒の神でもあるので 手水舎 の水口は酒樽にのっている蛇の口になっています。

Ohmiwa_005_org.jpg
拝殿前にある独特な形状の鳥居
2本の柱を大注連縄が渡しています。
狭井(さい)神社やくすりの道にも同じ鳥居がありました。

Ohmiwa_006_org.jpg
徳川家綱によって造営されたという 拝殿
大神神社のご神体は三輪山なので本殿がなく、この拝殿を通して三輪山を拝みます。

大物主大神は「因幡の白うさぎ」でうさぎを助けた神でもあります。
昨年、鳥取旅行したときに、輪行で 白兎神社 に行ったばかりなので、何か縁でもあったりして・・・。

この拝殿の奥に 三ツ鳥居 がありますが、拝観したければ申し込む必要があるようです。

Ohmiwa_007_org.jpg Ohmiwa_008_org.jpg
拝殿前にある 巳の神杉(みのかみすぎ)

大物主大神の化身の白蛇が棲んでいるご神木です。
蛇の好物である卵やお酒をお供えしている光景が境内の至ることろで見ることができます。

Ohmiwa_009_org.jpg Ohmiwa_010_org.jpg
大神神社と隣りにある薬の神様・狭井神社を結ぶ くすり道
参道の灯篭を見るとあらゆる国内の薬業メーカーが奉納していることがわかります。

Ohmiwa_011_org.jpg
狭井(さい)神社の奥にある 薬井戸

ご神水 と呼ばれ万病に効くとう薬水が湧き出る井戸があります。
コップが置いてあるのでその場でも飲めますが、ペットボトルやタンクで汲みに来ている人も多くいます。
涸れてしまうので大量に持ち帰らないでね、と注意書きもあるのでほどほどに。

Ohmiwa_012_org.jpg Ohmiwa_013_org.jpg
私のペットボトルには極寒でキンキンに冷えたお茶がいっぱい入っていましたが
この場で捨てるわけにもいかないので、一気飲みしたら、頭がキーン!となってしまいました。

空のペットボトルも持ってきていたので、帰りの水分補給用と家へのお土産です。

Ohmiwa_014_org.jpg
狭井神社の境内にある 神体山 への登拝口
今日は祈年祭だったので、年に数回あるお休みの日でした。

Ohmiwa_015_org.jpg
くすりの道をそれたところにある 大美和の杜展望台
それほど高くないので、期待せずに登ってみると、なかなかの絶景にビックリです。

Ohmiwa_Data_org.jpg
 地図は奈良県内のみですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:4時間33分
  距 離 :89.1km
    (2013年累計:422.6km/6日)
 最高速度:49.32km/h
 平均速度:19.58km/h

 この後、もう少し南にある 吉方庵 でお土産
 を買いました。
 更に、今回のもう一つのメインイベントで
 ある 手づくりうどん美ノ吉 でランチをして
 帰りました。


<↓クリックすると拡大します>
Ohmiwa_Route_org.jpg
関連記事
[ 2013/02/17 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(2)

いか墨ごろカレー/北新地 匠海(大阪:北新地)

先日のランチは 北新地 匠海(たくみ) です。
北新地の新地本通りで食道園の少し東のビルの2Fにあります。
IMG_2586_org.jpg
中華料理の 星華 に向かって歩いていたら
いか墨カレーだったら素通りしてたと思うんですが
ごろ って何?と気になって看板を見ると キモ(ワタ) のことらしく
それじゃあ、食べてみようと入ってみました。
IMG_2594_org.jpg
メニューは1種類なので いか墨ごろカレー 880円

ご飯の量と辛さを選べるので、大盛り(無料)と普通の辛さ にしました。

北新地といえば、ランチは統一価格であるかのように何でも1,000円ですが
こちらは880円!それだけでもちょっと嬉しい・・・
IMG_2593_org.jpg
運ばれてくると、イカの香りがプーンとします。
真っ黒です。
イカの身も細かく刻まれてたくさん入っています。
ルーの粒々しているのが全部イカです。

これはカレーではなく、いか墨ごろソースライス ですね。

でも・・・めっちゃウマ~

イカの身が細かいので、どこを食べてもイカの食感があり
香りを楽しむことができます。
IMG_2592_org.jpg
やっぱりカレーにはフライものが欲しくなるので、イカリング

アツアツです。タルタルソースでもカレーにつけても美味しいです。
IMG_2591_org.jpg
りんご酢がたっぷりかかった 有機野菜サラダ

ピクルス とともに口をサッパリさせるのに
ボリュームたっぷりでちょうどいいです。
IMG_2595_org.jpg
注文したときには、熱いお茶。カレーとともにお水。

食後には熱いお茶でほっこりできるので、カレー・フライ・サラダ・お茶と
よくまとまったセットだと思います。
IMG_2587_org.jpg IMG_2596_org.jpg
ランチがこんなにいいなら、夜のイカ料理はもっと凄いんでしょうねぇ。

関連記事
[ 2013/02/16 21:00 ] お食事処 カレー | TB(1) | CM(2)

ヘルシーなおかずいっぱいの日替わりランチ/Saffron Saffron(京都:四条烏丸)

先日のランチは 洋食と葡萄酒のお店 Saffron Saffron(サフラン サフラン)です。
地下鉄烏丸線「四条駅」 または 阪急京都線「烏丸駅」から徒歩1分の
東洞院仏光寺の南東角にあります。

4joSaffronSaffron_005_org.jpg
ハンバーグ・エビフライ・オムライス・カレーとなかなか美味しそうなメニューが多いですが、
メニューの説明書きによるとおかずが多いような、コレ!

4joSaffronSaffron_001_org.jpg
本日のランチセット 840円

メニュー通りに
ご飯・・・ある!
豚汁・・・ある!
メイン・・・ある!
おかず3品・・・ある!
サラダ・・・中央のポテトサラダのこと?
でもこれはおかず3品に含まれているので、1品忘れてる?
でもトレイのスペースに空きはないし・・・
店員さんに言うべきかどうか考えていると
メインに付いている野菜のことかっ!
と気付き(勝手に解釈して)、いざ実食!

4joSaffronSaffron_002_org.jpg
メインは 豚天の甘酢あんかけ

豚肉はほとんど脂身がなく、甘酢にも野菜がたっぷり入っていて
ボリュームはあるけどサッパリ美味しいです。

4joSaffronSaffron_004_org.jpg
おかず3品は
だし巻きのおろし明太子のせ
かぶらとワカメの和え物
ポテトサラダ


おかず3品といいながら、漬物・佃煮・大根おろし みたいな
お店もあったりするので、これは立派な3品です。

4joSaffronSaffron_003_org.jpg
そして、豚汁

ごま油の香ばしい風味がします。
柔らかい短冊切りの大根・人参、それにコンニャクと薄揚げ・・・?
豚肉が入っていない!・・・きっと何かの手違いでしょう、そう信じましょう。

4joSaffronSaffron_000_org.jpg
いつもはガッツリ・コテコテしたランチを好む私でも充分に満足できるお店でした。
これなら毎週でも通えそうです。
関連記事
[ 2013/02/15 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

鶏塩トマトつけ麺/竹麺亭(大阪:大阪狭山,滝谷)

先日のディナーは 竹麺亭 です。

南海高野線「滝谷駅」から約10分ほどの国道310号線沿いにあります。
近くにはサイゼリヤ・来来亭・王将などがありますが、断然人気のあるラーメン屋さんです。

OsakaSayamaChikumentei_001_org.jpg
魚介醤油つけ麺は食べたことがあるので

OsakaSayamaChikumentei_002_org.jpg
鶏塩トマトつけ麺 900円

200g、250g、300gまで同一料金なので、もちろん300gで。

OsakaSayamaChikumentei_003_org.jpg
シャキシャキしたネギがいいアクセントになっています。

OsakaSayamaChikumentei_004_org.jpg
そして、予想以上に熱くてビックリしてしまった つけ汁

トマト味たっぷりのように見るぐらい赤いですが、ほどよい酸味です。
ミンチもたっぷりで大きな鶏肉も入っていて、美味しいです。

もう、つけ麺というよりイタリアンなので
静岡の富士市のご当地グルメの つけナポリタン のように
イタリアンなネーミングにしちゃえばいいのに!って思ってしまいますね。

OsakaSayamaChikumentei_000_org.jpg
久しぶりに行くと、和え麺や限定の鶏ポタ麺みたいなものもあったので、今度はどっちかでしょうね!
関連記事
[ 2013/02/14 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

エキマルシェで一日分の野菜カレー/野菜を食べるカレー camp(大阪:梅田)

先日のランチは野菜を食べるカレー camp(キャンプ) エキマルシェ大阪店 です。

CampUmeda_007_org.jpg
毎週のように梅田には電車の乗り換えなどで来ますが、 初エキマルシェです。

昨年、池袋のエキナカ で食べてすごく美味しく、その後、大阪に出来て、
やったぁ~と思いつつも近くにあると、意外と行かないもので・・・ようやくです。

CampUmeda_002_org.jpg
やっぱり店内のインテリアも店員さんもキャンプスタイルで、
キャンプ用のマグカップに紙ナプキン入れは飯盒、お代わりのお水は水筒に入ってます。
楽しくなりますね~!

CampUmeda_001_org.jpg
1種類しかカレーがないと勝手に思っていたので、ちょっと迷いましたが、やっぱり・・・

CampUmeda_003_org.jpg
一日分の野菜カレー 990円 + 鶏手羽煮込のせ 150円 
を追加した 完全食セット

ライス大盛り 無料 + 辛さ(標準) 0円 にしました。

CampUmeda_005_org.jpg
スプーンはシャベル形!こだわってます!

CampUmeda_004_org.jpg
メニューを見ると

トマト・イエロートマト・レンコン・茄子・ししとう・カボチャ・じゃがいも・
しめじ・えのき・マイタケ・さつまいも・パプリカ・小松菜・合挽肉


池袋エキナカと若干違いますけど、季節よるんでしょうねぇ。

ドカッと野菜だけで350g以上もあります。

他のカレー屋さんの野菜カレーと何が違うんだろうと思いながら食べていると
すべての野菜がクタクタに煮込まれているわけではないんですけど、
生でもなく、いい食感を残したまま野菜を食べられることのようです。

これは マリネ野菜の蒸し炒め という調理法だそうです。

期待を裏切ることなく美味しいです!

そういえば、コチラには らっきょう や 福神漬 がありませんねぇ。

CampUmeda_008_org.jpg
こちらでも切手みたいなものをもらいました。
何枚か集めるとトッピングやドリンクが無料になるそうです。

池袋のときにも貰いましたが、来たくても来ぉへんなぁ
と思っていたので捨てちゃっていました・・・しまったぁ!

CampUmeda_000_org.jpg
次は違うカレーも食べてみたいですが、
向かいの だし茶漬け えん もすごく気になりますね。
確かここも大阪初上陸ですよね。

☆今までの「camp」☆
 ・一日分の野菜カレー
関連記事
[ 2013/02/13 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(6)

香ばしさのなかに甘さが光る 炙りみたらし/浪芳庵(大阪:大国町)

クロスバイクで 舞洲 に行った帰りに 浪芳庵(なみよしあん) 本店 に寄りました。

地下鉄「大国町駅」から北東へ徒歩5分の木津卸売市場と浪速区役所の間にあります。

NamiyoshianDaikokucho_005_org.jpg NamiyoshianDaikokucho_006_org.jpg
名物の あぶりみたらし、季節なんで いちご大福
他にもお餅の中に餡が入っている みたらしとろとろ
かりんとう饅頭の かりんと○、チョコレート大福の ちよこさん など
魅力的な商品が多く、今回はかなり迷いました。

NamiyoshianDaikokucho_000_org2.jpg
楽しみは後にとっておくことにして
名物の 炙りみたらし(5本入り) 473円

NamiyoshianDaikokucho_001_org.jpg
自転車だったので、餡がこぼれないように、ちょっと気を遣いながら走ったんですけど、
厳重に袋に包まれていました!しかも餡はタップリ~

NamiyoshianDaikokucho_002_org.jpg
炙り餅の長さは約8センチ

みたらし団子ってこんなに美味しかったっけって思うぐらい バカうま~

お餅は柔らかく、とろけるような食感です。
隣りのカフェだったら、炙りたてが食べられたので、
もっと美味しいんでしょうね。

NamiyoshianDaikokucho_003_org.jpg
美味しい餡がタップリ余ったので
田中清月堂のくるみ餅 のときと同様、白玉だんごを作ってみました。

NamiyoshianDaikokucho_004_org.jpg
次は併設しているカフェや囲炉裏スペースで、炙りたてを食べたり
今回買わなかった他の美味しそうなお菓子も食べまくりたいですね。
関連記事
[ 2013/02/12 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(4)

【ポタ】舞洲スラッジセンター & 大阪市環境局舞洲工場

今朝は舞洲までポタってみました。

Maishima_000_org.jpg
大阪城から中之島を通り抜けて、西へ西へ走って、大阪北港ヨットハーバー に到着。
ヨットの向こうに見える変わった塔が舞洲スラッジセンター、
その奥の塔が大阪市大阪市環境局舞洲工場。
いちばん手前にあるのが舞洲と結ぶ 常吉大橋 で、これから渡ります。

Maishima_007_org.jpg
舞洲、初上陸です。
橋を渡るとファンタジーな世界になります。
舞洲スラッジセンター とは 汚泥処理場 のことです。

大阪オリンピック誘致のためとは言え、汚泥処理場なのに過度に華やかな外観が
無駄な箱物行政の象徴的な建物ですがオーストリアの芸術家の
フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー が設計しています。(・・・誰かは知りませんが)

Maishima_001_org2.jpg
この煙突は高さ:約120m、直径:約14mもあります。

Maishima_002_org.jpg Maishima_003_org.jpg
外周は解放緑地となり遊歩道もあったりするので、派手ですけど雰囲気は悪くないです。
ただ近所に住宅があるわけでもなく、電車が通っているわけでもないので
気軽に行くような場所に無いのが残念ですね。

Maishima_006_org.jpg
すぐ南にあるのが、大阪市環境局舞洲工場 つまり ゴミ焼却場 です。
こちらもフンデルトヴァッサーの設計です。

Maishima_005_org.jpg Maishima_004_org.jpg
こちらの煙突の土台はかなり重厚に創られていて、細部まで拘っていることを感じられます。

Maishima_009_org.jpg Maishima_008_org.jpg
帰りの 此花大橋 から見て左は大阪市環境局舞洲工場、
右は舞洲スラッジセンターになります。
阪神高速からもよく見え、確かUSJよりも先に建設されたのでUSJと間違って来る人もいたとか・・・。

確かに「らしくない」建物ですけど、大阪「らしい」建物ではあるので
USJから此花大橋を渡れば、すぐのところにあって
楽しそうという意味では同じなので、ついでに行ってみてはいかがでしょうか。

Maishima_010_org.jpg
此花大橋を渡ると、人・自転車はこんな螺旋スロープで降ります。

Maishima_011_org.jpg Maishima_012_org.jpg
USJの前を通って、東へ東へ走り、阪神なんば線近くの 安治川トンネル
安治川を渡ります・・・というか、このエレベーターで川底まで降りて、
約80mの川底トンネルを歩いて対岸まで行き、再びエレベーターで地上に上がります。
無料ですがバイクは通行不可です。ちなみに階段で昇降することもできます。
Maishima_Data_org.jpg
 地図は大和川以北ですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:3時間51分
  距 離 :74.2km
    (2013年累計:333.5km/5日)
 最高速度:34.65km/h
 平均速度:19.27km/h

 今回は大国町の 浪芳庵 に寄ってお土産を
 買って帰りました。

<↓クリックすると拡大します>
Maishima_Route_org.jpg
関連記事
[ 2013/02/11 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(2)

デミかつ丼 & 支那そば/だてそば(岡山:岡電「県庁通り」)

先日のランチは だてそば です。

岡電「県庁通り駅から南へ徒歩3分のところにあります。
デミカツ丼で有名な やまと の前の通りを南へ徒歩4分のところでもあります。

OkayamaDatesoba_004_org.jpg OkayamaDatesoba_005_org.jpg
支那そばかつ丼 とオーソドックスなメニューのなかで
濁眼流スープ なんていう渡辺謙を思い出させて興味をそそられるものもあります。

支那そばとかつ丼の組み合わせが 並&小、小&並、小&小 とあり
選択しやすい定食になっています。今回は、かつ丼メインで食べたかったので・・・

OkayamaDatesoba_002_org.jpg
ちょっとお高いですけど かつ丼定食 1,200円

かつ丼メインのはずが、支那そばもデカ~い!

OkayamaDatesoba_003_org.jpg
普通のソースっぽいですけど、岡山なんでやっぱりデミグラスソースです。

OkayamaDatesoba_006_org.jpg
生卵をトッピングすると、メチャクチャうまそうじゃないですかぁ!
そして、やっぱり、アツアツで美味しい~!
やまと よりもこっちの方が好きですねぇ。

OkayamaDatesoba_001_org.jpg
真っ黒なスープですけど、全然あっさりしています。
おそらくこれだけだともの足りないかもしれませんけど
濃いソースかつ丼には中和する感じで合っています。
デカい!って思ったけど麺の量は小サイズになってました。

OkayamaDatesoba_000_org.jpg
やまと を食べたときには、ふ~ん!これがデミカツ丼かぁ、
という程度でしたが、同じ岡山名物デミカツ丼でもこんなに違うのであれば
ちょっと他のお店も覗いてみたくなりますねぇ。
関連記事
[ 2013/02/10 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(8)

【映画】ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(Life of Pi)

昨夜はレイトショーで ライフ・オブ・パイ(Life of Pi) を観てきました。
IMG_2693_org.jpg
 <あらすじ>

  インド人の少年パイ(スラージ・シャルマ)は、父親が
 経営する動物園で動物たちと触れ合いながら育つ。
  パイが16歳のとき一家はカナダへ移住するため動物
 たちを貨物船を乗せて太平洋上を航行中に、嵐に
 襲われ貨物船が難破してしまう。
  家族の中で唯一生き残ったパイが命からがら乗り
 込んだ小さな救命ボートには、シマウマ・オランウータン
 ・ハイエナ、そして体重200キロを超すベンガルトラが
 乗っていた。ほどなくシマウマたちが死んでいき、ボート
 にはパイとベンガルトラだけが残る。残り少ない非常食、
 肉親を失った絶望的な状況に加え、空腹のトラがパイの
 命を狙っていて……。


<感想>

 前置きの生い立ちや宗教的なちょっとダルい部分が終わってようやく漂流生活が始まってみると、家族を失い、獰猛な動物に脅えるような状況では人間と意志が通じ合うのはオランウータンだけなのかなぁと思ってしまいます。

 シマウマ・オランウータン・ハイエナが死にとうとうベンガルトラのリチャード・パーカーと二人になります。ここで彼がベジタリアンであることが効いてきて殺せないし見捨てられない。しかも彼のために魚を殺し、自分でも魚を食べるので、背に腹は変えられないんでしょうね。そこで神様に感謝しますが、宗教色の強いインド人だからさまになります。

 なんとかメキシコに漂着して227日も一緒に居たリチャード・パーカーが何事もなかったかのように振り返らずにジャングルに入ってしまったので、トラとは通じるものはないのか、トラは背中でしゃべるのか、照れ屋さんなのか、考えさせられます。ガオォーぐらい吠えてほしかったなぁ。

 日本人の保険屋さんの誘導で事件の内容を誰もが信じれるように動物から母親・コック・船員・仏教徒に置き換えた残酷な話の方がリアリティがあるので、実際はどっちなんだぁ!って思いますけど、動物であってほしいですね。
関連記事
[ 2013/02/09 21:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

550円とは思えない かき丼/お食事処 はつ平(神戸:湊川公園)

先日のランチは お食事処 はつ平 です。
湊川公園隣りのアーケードの新開地商店街の入り口にあります。

MinatogawaHatsuhei_004_org.jpg
新開地駅からだと新開地商店街のアーケードを北へくぐった終点にあります。
初めて来たのかなぁと思っていたら、随分前に グリル一平
マカロニ・イタリアン を食べたことを思い出しました。

商店街見学も兼ねながらプラプラ歩いてみると、全体的にお安い設定のようです。

MinatogawaHatsuhei_001_org.jpg
そして、はつ平 に到着。
やっぱり、新開地価格なんでしょうか。

お食事処なんでこれ以外にも、麺類・丼物から
ガラスケースに入ったお寿司まで何でもあるお店です。

私が居たときには、地元のおっちゃん率が非常に高かった店内でした。

MinatogawaHatsuhei_002_org.jpg
かき丼 (お吸い物・漬物つき) 550円

MinatogawaHatsuhei_003_org.jpg
蓋を開けるといい湯気がモワァとあがると
こりゃぁもう、誰が見ても美味しそうな かき丼 です。

大きな牡蠣が6個も入って、生ではなく、
かといって火が通り過ぎているわけでもない、いい食感です。

丼 も お吸い物 もちょっと濃い味付けですけど
この価格でこの牡蠣なら、まぁいいでしょう。

MinatogawaHatsuhei_000_org.jpg
隣りのおっちゃんが食べていたカキフライも
美味しそうだったので、次はコレですね。
関連記事
[ 2013/02/08 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

濃厚つけ麺よりも、ネギ飯/三田製麺所(大阪:難波)

先日のディナーは 三田製麺所 なんば店 です。
なんばオリエンタルホテルの向かいにあります。

大阪近辺に住んでいると 『さんだ』 と言ってしまいますが
本店が東京にあるお店なので 『みた』 です。

MitaSeimenjo_000_org.jpg
つけ麺・ごはんものだけでなく、別ページにはギョーザや唐揚げなどの一品料理もあります。

MitaSeimenjo_001_org.jpg
つけ麺(中) 700円

並(200g)、中(300g)、大(400g)が同一価格なので
にしたかったところですが にして代わりに ねぎ飯 150円

MitaSeimenjo_002_org.jpg
テカテカの太麺は硬さもいい感じです。

MitaSeimenjo_004_org.jpg
大きなチャーシューがゴロゴロ入ったつけ汁も
魚粉たっぷりの濃厚魚介味で麺によく絡みます。

美味しいですよ。

ただ・・・ただ・・・よくあるつけ麺なので、まぁこんなもんでしょう。

MitaSeimenjo_003_org.jpg
しいていうなら、生ネギ好きの私にとっては
ネギ臭たっぷりで、胡椒とダシのかかったネギ飯が嬉しい。

次に、ここに来ることがあれば、ネギ飯に豚キムチ・ギョーザってのもいいかも。

MitaSeimenjo_005_org.jpg
初めて、つけ麺を食べる人にとってはちょうどいいお店ではないでしょうか。
関連記事
[ 2013/02/07 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

日暮らし(宮部みゆき)

本日、読了。

宮部みゆきでは32冊目。

『ぼんくら』シリーズの2作目。


 <あらすじ>

  佐吉が人を殺めた疑いで捕えられた。しかも殺した相手は
 実の母・葵だという。
  生き別れた親子に何があったのか。
  葵殺しの裏に見え隠れするのは、二年前に鉄瓶長屋で起きた
 事件から尾を引く、大店湊屋のお家事情。
  絡まった心を解きほぐそうとする本所深川の同心・井筒平四郎。
  「叔父上、ここはひとつ白紙に戻してみてはいかがでしょう。」
  超美形の甥っ子・弓之助の推理が過去の隠し事の目くらましを
 晴らしていく。



 <感想>

 『ぼんくら』から一年後の話です。
 前作同様、何の関係もないような4つの短編から始まります。

 「おまんま」
     おでこ(三太郎)が鬱になり、得意の記憶術で扇子に
    似顔絵を描く絵師の殺人事件を解決することで自信を
    取り戻す。
 「嫌いの虫」
     鉄瓶長屋の元差配人の植木職人・佐吉と妻・お恵の話。
     からすの官九郎が死んじゃいます。
 「子盗り鬼」
     佐吉の母・葵が住み込みの女中・お六母子のストーカー
    を追い払う。


「なけなし三昧」
    お徳が住む長屋に美女のおみねが激安の惣菜屋を開く。
    しかし、おみねには裏事情があった。

 そして、これらの話が「日暮らし」とうまく絡んでいきます。
 『ぼんくら』を読了後うやむやだったことが次々に判明していくのでスッキリしていきます。
 佐吉の母・葵のその後の生活や鉄瓶長屋の差配人・久兵衛の現状など。

 読みながらも事件を解決しているというよりは、それぞれの人の悩みを解決しているなぁと思っていたら、実は細かくゆっくりと伏線を張っていて、一気に追い込んでいった最後は読みごたえがありました。

 次の『おまえさん』を読んでいないので、分かりませんが、湊屋・総右衛門は善人・悪人のどちらなんでしょうか?


宮部みゆき 読了リスト1
【宮部みゆき 読了リスト2】
 心とろかすような―マサの事件簿      元察犬「マサ」シリーズ2
 理由
 クロスファイア
 ぼんくら                      ぼんくらシリーズ1
 あやし~怪~
関連記事
[ 2013/02/06 21:00 ] 宮部みゆき | TB(0) | CM(0)

新町スフレ/Fun Space Cafe(大阪:西大橋)


先日のおやつは Fun Space Cafe(ファンスペースカフェ) です。

オリックス劇場(厚生年金会館)の東側にあるので、
本町・心斎橋・西大橋の各駅から行くことができます。

FunSpaceCafeShinmachi_006_org.jpg FunSpaceCafeShinmachi_005_org.jpg
ランチでもカフェでも使えますが・・・

FunSpaceCafeShinmachi_000_org.jpg
今回の目的は 新町スフレ・・・クーポンですが。

クーポンには1日5組限定と書いてあったので、
念のため問い合わせてみるとOKだそうで
予約もしていないのに席も確保していてくれました。

FunSpaceCafeShinmachi_002_org.jpg
クーポンにはワンドリンクが付き、8種類から選べます。
左 : カプチーノ
右 : グレープフルーツジュース
下 : キャラメルラテ

奥さんのカプチーノはかわいい猫の絵が描いてありますが、
私のキャラメルラテは、渦巻きなんで・・・バカボンのほっぺた?

FunSpaceCafeShinmachi_003_org.jpg
注文が入ってから焼くので15分待って 新町フスレ 登場!
器が熱いので気を付けてください、とのこと。

FunSpaceCafeShinmachi_004_org.jpg
ホイップを下に落として食べてください、ということで・・・。

あぁ~しあわせ~!

FunSpaceCafeShinmachi_001_org.jpg
カフェだからというだけでなく、店内の内装も凝っているので
興味津々でジロジロしてしまいます。
家で調べてみると、このカフェは 美想空間 というリフォーム会社の
大阪支社も兼ねているそうです・・・なるほど!
関連記事
[ 2013/02/05 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(4)

漁師の爆弾丼/火場焼 はまじま(大阪:北新地)

先日のランチは 火場焼 はまじま です。
北新地のANAホテルから川沿いに東に少し歩いたところにあります。

KitashinchiHamajima_006_org.jpg
メインは4種類の海鮮系のどんぶりですが、他にも、海女の海鮮丼と漁師の爆弾丼を
ミックスしたスーパー海鮮丼や鯖か鮭のハラスの焼魚もあります。

KitashinchiHamajima_001_org.jpg
ネーミングに魅かれて 漁師の爆弾丼(大) 1,200円

KitashinchiHamajima_002_org.jpg

ピッカピカのピッカピカ~

マグロ・カンパチ・タコ・タマゴと賽の目に切られ
更にたっぷりのイクラ、醤油で味付けされているので、

プリプリコリコリして 贅沢でウマァ~!

KitashinchiHamajima_000_org.jpg
更にカウンターにはこんな説明が・・・

KitashinchiHamajima_003_org2.jpg KitashinchiHamajima_004_org2.jpg
ということで具だくさんの お味噌汁めかぶ を投入して

KitashinchiHamajima_005_org2.jpg
漁師のめかぶ丼

めかぶのトロミで滑るように口に吸い込まれました。

KitashinchiHamajima_007_org2.jpg
次から次から入ってくるお客さんはほとんどが爆弾丼を頼んでいました。
関連記事
[ 2013/02/04 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

【おでかけ】ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(2013年2月)

年間パスポートが切れてしまうので、3連休の前に最後にもう1回行ってきました。

USJ201302_000_org.jpg USJ201302_001_org.jpg
外部駐車場にクルマを停めて、トイレを借りに途中の ホテル ユニバーサル ポート
寄ると、マリリン・モンローとバレンタインの撮影スポットがあったのでパシャ!
ちなみに、ベルボーイに撮ってもらったときの掛け声は「ハイ、ポート!」

USJ201302_002_org.jpg
この期間はハロウィンなのどの大きなイベントはやっていないので、お客さんは若干少なめのようです。

USJ201302_004_org.jpg USJ201302_003_org.jpg
USJにやって来た有名人の手形コーナーがあったので
奥さんが藤原紀香とキャメロン・ディアスと比べてみました。
どちらも若干大きいようです。

USJ201302_005_org.jpg
いつも混んでいるのであきらめていた初めて乗った
アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド
も、10分ほどだけ待つだけですみました。ラッキー!

USJ201302_006_org.jpg
絶叫系ではないですけど、3Dメガネをかけて、炎や水をかけられて、グルグル回って、
スパイダーマンが飛び出して、実際の映画のなかにいるようで、メチャクチャ面白い。

USJ201302_009_org.jpg
いつもタイミングが悪くて観ることができなかった ユニバーサル・モンスターライブ・ロックンロール・ショー
今回は1時間前に並んで待ちました。
ビートルジュースの軽快なしゃべりと客いじりで客席が充分に温まってから
ドラキュラ・狼男・フランケン達と歌とダンスのショーです。

写真は、ビートルジュースがYMCAを歌っているところ。
しゃべりだけでなく、歌もダンスも出来ます。

USJ201302_010_org.jpg
ピンクカフェ でちょっと休憩。
ピンク・マカロン・ホットチョコレート、ブラック・タピオカ・ラッシー、オレンジソルベ

USJ201302_011_org.jpg
ピンクカフェなどで何かを買うとSmoo・chuのフェイスシール交換券が貰えます。
園内にはこんな人たちがチラホラといます。

USJ201302_008_org.jpg USJ201302_012_org.jpg
エルモと写真撮ったり、空飛ぶスヌーピーに乗ったりして・・・

USJ201302_013_org.jpg
これでしばらくはUSJとはお別れになりそうです・・・。
関連記事
[ 2013/02/03 21:00 ] 旅行・おでかけ 大阪 | TB(0) | CM(2)

ピリ辛キーマカレー/楽酒楽肴 越冬(大阪:堺筋本町)

先日のランチは 楽酒楽肴 越冬(らくざけらくあて えっとう) です。

堺筋本町駅から本町通りを東へ、
松屋町筋の1本手前の通りを南に入ったところにあります。

RakuzakeEttoh_101_org.jpg
前回、食べた 塩麹鶏からあげ がすっごく美味しかったので
そのときに気になっていたメニューを食べに来ました。

RakuzakeEttoh_102_org2.jpg
ピリ辛キーマカレー(大盛り) 600円

ドンブリに盛られたカレーだけかと思っていたら、
味噌汁とおかず2品・漬物も付いていました

RakuzakeEttoh_103_org.jpg
ひき肉とグリンピースがたっぷりでちょっと和風っぽいキーマカレーで
ピリ辛というより、結構辛いです・・・でも美味しいです。

これで大盛りかぁ!と少なく見えましたが、
ルーもいっぱいで、かなりガッツリ食べられました。
ちなみに特盛りもありますよ。

RakuzakeEttoh_100_org.jpg
前回 も含めて、ココは何を食べても美味しいお店ということがわかりました。
今度は夜に行ってみたいですねぇ。

☆今までの「楽酒楽肴 越冬」☆
 ・塩麹 鶏のから揚げ定食
関連記事
[ 2013/02/02 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

フジヤマバーガー/ラコスバーガー(岡山:岡電「柳川」)

先日のランチは ラコスバーガー(RACCOS BURGER) です。
岡電「柳川」駅から南へ徒歩2分のところにあります。
IMG_1515_org.jpg
店名は『バーガー』ですが、ハンバーガーだけでなく
サンドイッチ・カレー・パスタとありランチにはお得なセットがあります。
セットにしたので・・・
IMG_1518_org.jpg
8種類ほどあるソフトドリンクから コーラ
IMG_1519_org.jpg
トマト・キャベツ・レタスの ミニサラダ

見た目ちょっと凝っただけのサラダにしか見えませんが
黒いドレッシングがかなり美味しく、
ハンバーガーにも期待を持たせてくれます。
IMG_1522_org.jpg
フジヤマバーガー ランチセットで 850円
IMG_1523_org.jpg
素揚げのレンコン・目玉焼き・和牛パテに自家製のテリヤキソースで

めっちゃウマっー!!

パテが胡椒が良く効いてスパイシ~でジュ~シ~
分厚いバンズがめっちゃフワフワ~

これは、かなり美味しいです。
IMG_1524_org.jpg
揚げたて ポテト もタップリで、
パプリカ・ニンジン・キュウリの ピクルス が付いています。
IMG_1513_org.jpg
アボガド・ディップの 『ワカモレバーガー』、
ベーコン・パテと肉肉しい 『BBQバーガー』や
ホットサンドも美味しそうなので、再訪ありでしょう

関連記事
[ 2013/02/01 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム