おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2013年01月
月別アーカイブ  [ 2013年01月 ] 

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

デミグラスソースオムライス&カニクリームコロッケ/オムライスあらき 1960(京都:伏見)

先日のランチは オムライスあらき 1960 です。
近鉄京都線「伏見駅」から南西へ徒歩3分のところにあります。

FushimiAraki_001_org.jpg
オムライスのサイズ、ソースの種類、トッピングを選ぶことができます。
でもオムライスセットにするとMサイズのオムライスしか選べないみたいです。

FushimiAraki_002_org.jpg
キャベツ・レタス・キュウリ・トマト・コーンにポテトサラダまで
付いてなかなか豪勢なセットの サラダ

FushimiAraki_003_org.jpg
オムライスセット 850円

FushimiAraki_004_org.jpg
こんもりした小山には粉チーズが降りかかっています。

FushimiAraki_005_org.jpg
デミグラスソース にしました。
ケチャップライスは水分が多めで、具材はタマネギとピーマン。
チキンがゴロゴロ入っていると嬉しかったのになぁ。

FushimiAraki_006_org.jpg
トッピングは手作りっぽい カニクリームコロッケ

FushimiAraki_000_org.jpg
改装されたようで爽やかな店内ですが、今はランチのみの営業だそうです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/01/31 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

御手洗潔のメロディ(島田荘司)

本日、読了。

島田荘司では32冊目。

御手洗シリーズの9作目。


 <あらすじ>

 御手洗の現在と過去、本格の未来を照射する短編集。

  【IgE】 「神の暗号だ!」消えた謎の美女と店で頻発する便器盗難
    事件。奇妙な出来事の想像を絶する接点。

  【SIVAD SELIM】 名探偵の秘めた素顔が深く心を打つ。

  【ボストン幽霊絵画事件】 看板に集中した弾痕。ハーヴァード
    大時代の天才的推理を発掘。

  【さらば遠い輝き】 松崎レオナがストックホルムの名探偵を想う。

<感想>
 
 大作が続いた御手洗潔シリーズのなかで、ホッとできる短編集です。

 【SIVAD SELIM】、【さらば遠い輝き】は珍しく事件が発生せず、御手洗の素顔が垣間見れる作品になっています。

 【SIVAD SELIM】はマイルス・デイヴィス(Miles Davis)を逆に綴っているとわかった途端に、私の頭の中では、Perfect Wayが流れ出してしまいました。
 しかも【さらば・・・】には松崎レオナの遠く離れた御手洗を想うストーリーで、御手洗は登場もしません。

 【IgE】、【ボストン幽霊絵画事件】は短編であっても、よく出来た展開でさすがだなぁと思わせてくれます。
 でも【ボストン・・・】は御手洗がハーヴァード大学生時代の話ですが、若いときでも御手洗は御手洗のままなんで、ちょっと安心しました。

 御手洗潔はかなり特異なキャラクターなので、こんな風に知られていない部分を小出しにしてくれると嬉しくなります。

島田荘司 読了リスト1
【島田荘司 読了リスト2】
 水晶のピラミッド     御手洗シリーズ5
 飛鳥のガラスの靴   吉敷竹史シリーズ13
 眩暈            御手洗シリーズ6
 アトポス          御手洗シリーズ7
 龍臥亭事件        御手洗シリーズ8
関連記事
[ 2013/01/30 21:00 ] 島田荘司 | TB(0) | CM(0)

鶏レバーとニラの香り炒めランチセット/LaLa Kitchen 1004 China Dining(大阪:堺筋本町)

久しぶりに ニュー上海天津あんかけ焼き飯 でも食べようと行ってみたら
あれ?お店が内ない?・・・でも代わりに違う中華屋さんがある?

Sakahon1004_000_org.jpg
まぁいっかぁということで、 LaLa Kitchen 1004 China Dining でランチです。
1004 = トウガラシ と読むそうです。

地下鉄「堺筋本町駅」の14番出口に直結しています。
ちなみにニュー上海は移転したみたいです。

Sakahon1004_003_org.jpg Sakahon1004_004_org.jpg
壁にはトウガラシの絵、テーブルにはてんこ盛りのトウガラシがあります。

Sakahon1004_001_org.jpg
日替り丼・麺が500円とリーズナブルですが、レバー好きの私の目を引いたのが

Sakahon1004_006_org.jpg
鶏レバーとニラの香り炒めランチセット 850円

揚げナス・海老シュウマイ・スープ
何故かメニューにない 杏仁豆腐 が付いています。

白ごはん・お粥はお替わり自由です。

Sakahon1004_007_org.jpg
油っこくなく美味しいです。

Sakahon1004_002_org.jpg
テーブルにある ザーサイ は食べ放題です。
ここまででボリュームたっぷりなので、必要ないのですが・・・

Sakahon1004_008_org.jpg
気になったので お粥 をお替わりしてしまいました。

Sakahon1004_005_org.jpg
唐辛子メーカー直営のお店だそうで
テーブルには店名通りにいろんな辛味調味料が置いてありますが
使うことなく・・・ごちそうさまぁ~!
関連記事
[ 2013/01/29 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

この味に勝る どら焼き があればご一報ください・・・/もぐらや(大阪:難波)

カキオコを食べに日生の お好み焼きカフェ 桜 に行ったときには、
実家の母親と祖母も一緒だったので、そのときに持っていった
お土産は お菓子と甘味喫茶 もぐらや で買いました。

NAMBAなんなんにあります。昔のなんなんタウンですね。

MogurayaNamba_009_org.jpg
みたらし団子・くるみ餅などがあり、イートインもできるお店です。
そのなかでも、いちばん宣伝されているのが・・・

MogurayaNamba_000_org2.jpg MogurayaNamba_001_org2.jpg
もの字焼き 10個入箱 1,050円
5個入箱、1個の単品売りもあります。

MogurayaNamba_008_org.jpg
お店にはこんな強気な文句が・・・

この味に勝る どら焼き があればご一報ください

わかりました!ではやってみましょう!

MogurayaNamba_003_org.jpg
数日前にお裾分けでもらった河内長野の 千慕里庵栗三笠(写真右)
今のところ、キング・オブ・どら焼き(三笠まんじゅう)です。
(・・・個人的に、でも賛同していただける方も多いはず)

MogurayaNamba_005_org.jpg
もの字焼き : 8.0cm × 8.5cm
栗 三 笠 : 7.5cm × 8.0cm

円形なのでこの計測方法もどうかと思いますが、もの字焼きがひと回り大きいです。
「も」の焼印が目印です。

MogurayaNamba_004_org.jpg
もの字焼き : 86g
栗 三 笠 : 95g

栗三笠の方が少し小さいですが、ちょっと重いです。

MogurayaNamba_006_org.jpg
栗の分だけ重たいのかもしれません・・・。

生地は、もの字焼きはフワッとして弾力があり、栗三笠はしっとりしています。

餡は、どちらも甘さ控えめですが、
水分の量がもの字焼きが栗三笠よりもほんの少し多いかなぁ、と感じます。

これは甲乙つけがたい!

どちらもめちゃめちゃ美味しい~

意識せずにそれぞれ単独で食べると見分けがつかないので
お正月の芸能人格付けチェックで出題されたら、
さすがの GACKT も間違えるでしょう!

ただ、もの字焼きはこの美味しさで105円なので、これは素晴らしい!

MogurayaNamba_007_org.jpg
もぐらやは、天下茶屋喜連瓜破 にもあるそうです。
どら焼きが好きな方は、どちらも食べてみてください。
関連記事
[ 2013/01/28 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

店構えだけで判断してはいけないお店のカキオコ/お好み焼きカフェ 桜(岡山:日生)

昨日のランチは お好み焼きカフェ 桜 です。

JR赤穂線「日生駅」から西へ徒歩15分の中国銀行の向かいにあります。
お店の少し東に4台分の駐車場もあります。

HinaseSakura_001_org.jpg HinaseSakura_012_org.jpg
お店の外観はどう見ても、喫茶店かスナックにしか見えないので
美味しそうな雰囲気が感じられません(・・・スミマセン)。
そんなお店ですが、以前期待せずに入ったみたら、
ビックリするぐらい美味しかったので、かなりハードルを上げての再訪になります。

HinaseSakura_002_org.jpg HinaseSakura_007_org.jpg
カキオコ以外にも、モダン焼き・焼きそば・焼きうどんなどもあり、
店内には、おすすめランキングも貼ってあります。

HinaseSakura_003_org.jpg
カキオコ(特盛)、ミックス焼き×2枚を焼いているところを撮らせてもらいました。
牡蠣はまず鉄板で焼くそうです。
牡蠣も海老もデカいでしょう!

HinaseSakura_004_org.jpg
カキオコ(特盛)!牡蠣のボリュームが凄いですよね!

HinaseSakura_005_org.jpg
カキオコが焼き上がる前に 牡蠣のおこげ を持ってきてくれます。
牡蠣の風味とエキスたっぷりの ふりかけ のようです。

HinaseSakura_009_org.jpg
左下が カキオコ(特盛)、上・右下が ミックス焼き

マヨネーズをつけるかどうかは聞いてくれ、
甘めのソースなので、辛さが欲しいときは一味をお好みで。

HinaseSakura_011_org.jpg
生地に山芋が入っている関西風のお好み焼きなので、ふっくらしています。
お好み焼きとしてもかなり美味しい~
そこにたっぷりの牡蠣が入っていて、美味しさが2倍にも3倍にもなります。

HinaseSakura_010_org.jpg
ソースを塗っても海老の姿がわかり、ミックスでも牡蠣は5~6個は入っています。

HinaseSakura_006_org.jpg HinaseSakura_008_org.jpg
これまたどちらも牡蠣たっぷりな カキの焼きそばカキの焼きうどん

HinaseSakura_000_org.jpg
ここまできたら、やっぱりどうしても気になっていた カキとネギの焼いたん

牡蠣のおこげがトッピングされていて、別皿でだされる塩ポン酢をかけて食べます。

これがネギと牡蠣の相性がバッチリでバカウマです!

皆で行って牡蠣が苦手な人がいても、普通のお好み焼きや焼きそばもあるので安心で
日生の有名なお店でわざわざ行列しなくても、かなり美味しいカキオコが食べられるお店です。

この後、五味の市 をプラプラしましたが
カキフライソフト は昨年食べたので、今回はパ~ス。
でも屋台の カキヤキ(蛸の代わりに牡蠣の入ったたこ焼き)は食べてもよかったかなぁ。
関連記事
[ 2013/01/27 21:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(4)

トンカツW & ポタージュスープ/ニューとん助(大阪:住之江公園)

先日のランチは 洋食専門店 ニューとん助 です。

SuminoeNewTonsuke_000_org.jpg
南海本線「住ノ江駅」から南西に歩いて約10分で
大通りから南に1本入ったちょっと分かり難いところにあります。

SuminoeNewTonsuke_001_org.jpg
11:01~14:00 と 2時間59分 しか営業していなくて
カウンターが12席だけのお店で、しかもランチセットはありません。

SuminoeNewTonsuke_002_org.jpg
ほとんどの人が注文している ポタージュスープ 300円

隣りのコップと比べてもわかるようにボリュームが凄いです。
注文が入ってからフライパンで仕上げています。

このスープが独特な味でニンニクたっぷりです。
うわぁ臭いがぁ、この後大変だぁと思ってしまいますが

そんなことはどうでもいいくらい、ウマい!クセになります!

SuminoeNewTonsuke_004_org.jpg
トンカツW 1,100円 + ライス(中) 200円

SuminoeNewTonsuke_003_org.jpg
ドーンと登場!

あまりの迫力に頼んだ自分でもちょっと・・・引いてしまいます。

SuminoeNewTonsuke_005_org.jpg
見た目を大きくみせるために、叩いて薄~く引き延ばしていることもありますが
めっちゃ肉厚です。

しかも超濃厚デミグラスソースがたっぷりで甘くて柔らかくて ウマ~い!

久しぶりに腹がはち切れそうになってしまいましたぁ

SuminoeNewTonsuke_007_org.jpg SuminoeNewTonsuke_006_org.jpg
合計で 1,600円 は高いですけど、それ以上に満足したランチでした

高齢のご夫婦が仲良く楽しそうにされているので
店内もすごくいい雰囲気になっています

アパートの1階をお邪魔しま~すと思いきって歩いて行くと、
裏口からも入ることができます。

SuminoeNewTonsuke_008_org.jpg
やっぱり気になるので、近くのコンビニで牛乳を買って
気休めに口臭予防しときました

いつもなら、家に帰るとニンニク臭で大ブーイングが起こるのですが、
こっちから白状するまで気付かなかったので効果はあるのかも・・・。
関連記事
[ 2013/01/26 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

特大ネギ穴子丼/えびす大黒(神戸:元町)

先日のランチは 魚河岸の居酒屋 えびす大黒 元町店 です。
元町駅から線路沿いを西に歩いてすぐの高架の南側にあります。

EbisuDaikokuMotomachi_001_org.jpg
500円で豪華な海鮮丼が食べられることで有名なお店です。

特大ネギ穴子丼 を注文すると
「今から揚げますのでしばらくお時間いただきます」と。

そして「150円アップで・・・いかがですか?」ってススメられたけど
最初から頼む気が無かったので、あまりよく聞かずに丁寧にお断りしました。

待っているときに、左隣りのお姉さんを見ると海鮮丼と普通のお味噌汁、
右隣りのおじさんを見ると海鮮丼と大きな器のお味噌汁・・・
ひょっとしてアップ料金とはこれのことか?

「すみませ~ん、150円アップして・・・」

「白子汁ですねぇ」

(白子汁だったのかぁ)←心の声

「お願いしま~す」


EbisuDaikokuMotomachi_003_org.jpg
登場! 特大ネギ穴子丼 500円 + 白子汁 150円

500円で丼・お味噌汁・小鉢・漬物が付きます。
この場合のお味噌汁は小鉢サイズです。

EbisuDaikokuMotomachi_004_org.jpg
特大ネギ穴子丼の特大とは穴子だけでなく、ネギにもかかっていました。
ごはんがまったく見えません・・・ネギしかないのかも?
正確には 特大穴子ネギまみれ丼 でしょうか。

当然、デカイ穴子はアッツアツです。
穴子だけだと重くて飽きてしまいそうですけどネギが中和してくれます。
私は生ネギ好きなのでかなり嬉しいネギの量ですけど
食後は穴子よりも印象も臭いもネギまみれになっちゃいます。

これで500円とは 素晴らしい!

EbisuDaikokuMotomachi_002_org.jpg
そして丼と同じサイズの 白子汁

EbisuDaikokuMotomachi_005_org.jpg
ちょっと塩が強いですけど、白子もタップリで美味しいです。
150円アップして良かったぁ

EbisuDaikokuMotomachi_000_org.jpg
12時頃に行くと既に行列が出来てましたけど、
回転が早いので待ち時間も少なくてすみます。
500円(正確には650円)で大満足のランチでしたぁ
関連記事
[ 2013/01/25 21:00 ] お食事処 和食 | TB(1) | CM(4)

豚カルビぽん酢定食/宮崎郷土料理 どぎゃん(大阪:心斎橋)

先日のランチは 宮崎郷土料理 どぎゃん です。

地下鉄本町駅と心斎橋駅のちょうど間の博労町通で御堂筋から東に2つめの角の2Fにあります。
安くて美味しいので昼も夜も何回か来たことがありますが、ブログを始めてからは初ランチです。

ShinsaibashiDogyan_006_org.jpg
豚肉・鶏肉・ラーメンとどの料理もかなり美味しそうですけど

ShinsaibashiDogyan_001_org.jpg
今回は食べたことない 豚カルビぽん酢定食 700円
ごはん・味噌汁・サラダがお替わり自由です!

ShinsaibashiDogyan_002_org2.jpg
茹でた 豚カルビ が写真に写っている以上にボリュームたっぷりです。
赤いウィンナー が付いているだけでちょっとウキウキしてしまいますよね?

ShinsaibashiDogyan_004_org.jpg
おろしポン酢で食べると、ジューシーで甘くて

美味し~!

茹でているのでしつこくなく、ごはんがススみます。

ShinsaibashiDogyan_003_org.jpg
12時までに入店すると、生卵 がサービスだそうです

ShinsaibashiDogyan_005_org.jpg
ということで、お替わりして タマゴかけごはん
豚カルビとよく合います!

ShinsaibashiDogyan_000_org.jpg
やっぱり、何を食べてもいつ来ても期待を裏切らないお店でした
関連記事
[ 2013/01/24 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

無事、これ名馬(宇江佐真理)

本日、読了。

宇江佐真理では1冊目。


 <あらすじ>

  愛称が『たろちゃん』の武家の長男・太郎左衛門は男の道を
 学ぶため、七歳で弟子入りしたのは、町火消 「は組」 の
 頭(かしら)の吉蔵だった。
  たろちゃんの男の道とは、
    ・夜は一人で厠に行けること
    ・青菜を嫌がらずに食べること
    ・道場の試合に負けても泣かないこと
  そんな少年は、火の手が上がれば、自分の命と意地をかけて
 火事場を収める火消たちの生き方に触れるうち、大人への一歩
 を踏み出していく…。

<感想>

 『たろちゃん』がいう男の道を読んだ瞬間に吹いてしまいました。(・・・電車のなかで)
 つまり、それぐらい弱虫というか意気地がない男の子なわけです。
 しかも、町火消のなかで荒々しく・喧嘩早く育つのかなぁと思ったら、のんびりスクスクと我が道を行くわけで。

 太郎左衛門の父・村椿五郎太が、「突出した才能がなくても、元気に育って、他人には優しく、平凡だが幸せな人生を送ってくれればいい」なんて 『 無事、これ名馬 』 のコメントは、子どもが無事に大きく育ったからこそ 『 後付けで 』 言えるんでしょうねぇ。

 現実には、勉強でもスポーツでも少しでも出来るような子どもになって、褒めてあげたり、一緒に喜びたいですから。


  息子に対してそのように考える村椿五郎太が結婚する前の
 話の連作短編集 春風ぞ吹く ― 代書屋五郎太参る
 面白そうです。

  それには、太郎左衛門を怒ってばかりいたヒステリックな
 母親・紀乃も許嫁として登場するらしいです。
  若い頃は優しかったんでしょうか?

関連記事
[ 2013/01/23 21:00 ] 宇江佐真理 | TB(0) | CM(0)

牡蠣の和風スパゲティ/西洋厨房 れんが亭(岡山駅西口)

先日のランチは 西洋厨房 れんが亭 です。
岡山駅西口の岡山国際交流センターの南西にあります。

OkayamaRengatei_000_org.jpg
以前に カツそば を食べた 浅月 の向かいにある 冨士屋 で中華そば を
食べようと向かっていると、パスタでもスパゲティでもない
カキの和風スパゲテー というメニューを発見! 
もうこの季節は「カキ」は殺し文句になっているので迷わず入店。

OkayamaRengatei_002_org.jpg
注文している間にテーブルに置いてある豪快な文字のめにゅうを開いてみると
洋食からパスタまでリーズナブルで揃って、しかもこの表紙と同じ字体なので
文字だけで美味しく見えてしまい、ランチに期待が高まります。

OkayamaRengatei_001_org.jpg
シャキシャキした食感の ミニサラダ
細かく刻まれたカブとカブの葉が入った カブのクリームスープ

どちらも期待以上に美味しく、ますますメインが楽しみになります。

OkayamaRengatei_003_org.jpg
カキの和風スパゲテー 800円 + 大盛り 200円

大きな牡蠣が5個も入っています。
玉ねぎ・トマト・ブロッコリーの茎は柔らかく煮込まれていて
白髪ネギはシャキシャキしたままなので、醤油ダシの味だけでなく
食感も楽しめるようになっています。

ちなみに大盛りは嬉しいボリュームになっています。

OkayamaRengatei_004_org.jpg
テーブル6席、カウンター3席の小さなお店を
一見、偏屈で寡黙そうにみえるマイク真木風の店主が一人で仕切っています。
でも実際には、メニューの説明も挨拶もしてくれる
(当たり前のことですけど、しないような雰囲気なもんで・・・スミマセン)
美味しい料理を提供してくれるマスターでした。
関連記事
[ 2013/01/22 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(2)

包む餅(くるむもち) が くるみ餅/田中清月堂(大阪:岸和田)

クロスバイクで 二色の浜公園 に行った帰りに 田中清月堂 に寄りました。

クルマで水間観音駅から東へ10分、和泉中央駅からだと南へ15分の
旧170号線の「内畑町」交差点のすぐ東にあります。

KishiwadaTanakaseigetsudo_005_org2.jpg
ひと通りの和菓子が揃っていますが、こちらの名物だという・・・

KishiwadaTanakaseigetsudo_000_org2.jpg
くるみ餅(5個入り) 500円

10個入り、15個入りもあります。

KishiwadaTanakaseigetsudo_001_org2.jpg
胡桃餅 → くるみ餅 ではなくて
包む餅(くるむもち) → くるみ餅 だそうです。

大阪でくるみ餅といえば堺の かん袋 のような緑色なので、
クリーム色にはちょっとビックリで、原料は大豆だそうです。

ちなみに消費期限は当日です。

KishiwadaTanakaseigetsudo_003_org2.jpg
1個がかなり大きく、一口で食べると大人の私でも
口の中がお餅でいっぱいになります。

見た目ほど甘ったるくなく・・・か~な~り~美味しい!

KishiwadaTanakaseigetsudo_002_org2.jpg
美味しい餡がたくさん余ってしまうので
同じ原料の きなこ を ご飯にのせてる人もいるので試してみました。
おはぎ のようになるので、これもありでしょう。

KishiwadaTanakaseigetsudo_004_org2.jpg
正月の余っているお餅でも良かったんですけど
自分で白玉だんごを作ってみて、自家製くるみ団子です。
予想通りの美味しさを再現!

それでも餡が余ったので、もう一回白玉だんご作ってしまいましたが・・・何度食べても美味しい!

KishiwadaTanakaseigetsudo_006_org2.jpg
外環沿いであれば目に付きますが、普段通らない旧170号線沿いにあります。
南大阪や和歌山に行くときには、少し道を変えて寄ってみてはいかがでしょうか。
関連記事
[ 2013/01/21 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

【ポタ】二色の浜公園(大阪:貝塚)

昨日は、二色の浜公園 までポタってみました。
DSCF1767_org.jpg
冬の早朝なんで、ジョギングしている人がチラホラとは居ますが、
バーベキュー・潮干狩り・もちろん海水浴をしている人なんていません。
静かなもんです。
DSCF1770_org.jpg
ただひとり日の丸のポールに結んでいるロープが
カタカタと騒がしいのみ。
DSCF1771_org.jpg
すぐ向こう(・・・といっても7km先ですが)に見えるのが、
りんくうゲートタワーホテル と スカイゲートブリッジR
DSCF1772_org.jpg
その先には関西空港
DSCF1775_org.jpg
誰もいないので、鳩たちも平和そうです。

ここから水間鉄道沿いに、以前 サイクルトレイン に乗った水間観音まで走って
旧170号の登り坂を走って、田中清月堂 に寄ってお土産を買って帰りました。
Nishikinohama_Data_org.jpg
 地図は泉北有料道路以南ですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:3時間20分
  距 離 :65.7km
    (2013年累計:259.3km/4日)
 最高速度:44.38km/h
 平均速度:19.63km/h

 ちなみに、田中清月堂の手前1.5km
 (上白原町あたり)が今回の最高標点
 (142m)でした。
 標高はグラフの青線です。


IMG_2567_org.jpg
今日は、なかなか気持ちよく走れたので、あとは帰るだけだと
快調に走っていたら、光明池を過ぎたあたりで突然パンク!
こんな長い釘が刺さっていました。
いつの間にか、チューブ交換も手慣れてしまったので
チャチャチャッと交換して帰りました。

<↓クリックすると拡大します>
Nishikinohama_Route_org.jpg

関連記事
[ 2013/01/20 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(0)

錦雲豚を食べつくせ!!/焼きとん屋 くうとん(大阪:堺東)

先日のディナーは 焼きとん屋 くうとん 堺店 です。

南海高野線「堺東駅」から堺市役所に向かって南下し、「新町」を東へ入った2つ目の筋にあります。
クーポンが出ていたので2人分購入して行ってきました。

KutonSakai_103_org.jpg KutonSakai_104_org.jpg
付き出しのキムチくうとんサラダ

KutonSakai_105_org.jpg
一人分とは思えない大きな器なのでつまようじと比べてみました。
レタス・トマトにナッツみたいなものが振りかけられてボリュームたっぷり!

KutonSakai_107_org.jpg
選べる1品から 錦雲豚の炙りユッケ(タレ)

牛肉でも怪しいのに豚肉でユッケ!

でも・・・めっちゃウマイ!

キムチと一緒に食べるとサイコー!

塩ユッケもあるらしいです。

KutonSakai_106_org.jpg
もう1品は 錦雲豚のタタキ

醤油+ワサビ or ポン酢+生姜 で食べてください、と説明してくれます。

下に敷いてあるタマネギと一緒に醤油+ワサビで食べるとウマ~イ!

このワサビが茎入りで風味豊かで美味しいです。

KutonSakai_108_org.jpg
焼き物は人気№1の 錦雲豚の極上バラ

KutonSakai_109_org.jpg
軽く炙って

KutonSakai_110_org.jpg
柚子こしょうとポン酢がおススメ!

ジューシーで甘くて、バカウマッ!

KutonSakai_111_org.jpg
錦雲豚のローストンテキ

KutonSakai_112_org.jpg
これはシンプルに塩コショウがオススメ!

軽~くトンカツ1枚分あるので、これを食べると結構腹に溜まります。

KutonSakai_113_org.jpg
中津(大分)の名物激うまとりからあげ(ハーフ)

サックサクしてジューシーで絶品です。
お持ち帰りも出来ます。

KutonSakai_114_org.jpg
腹いっぱいですけど、麺が食べたかったので
追加で頼んだ韓国のインスタントラーメンの 辛ラーメン

タマゴや肉がちゃんと入っています。
奥さんも娘も「もう食べられへ~ん」と言いながらも、
これは美味しそうに食べてました。

KutonSakai_115_org.jpg
お口直しのデザートは、ゆずシャーベット・キャラメルアイス
これで辛ラーメンの口内火事が鎮火できます。

KutonSakai_101_org.jpg KutonSakai_100_org.jpg
辛ラーメンを除いて、こんだけ付いていくらだと思いますか?
ひとり1,980円!ありがたやクーポン!

店内にはレトロな雰囲気になっていて、一風堂のすみれ September Love、
香坂みゆきのニュアンスしましょ 、ユニコーンの大迷惑など
懐かしい曲がかかりまくっています。


☆今までの「焼きとん屋 くうとん」☆
 錦雲豚づくし
関連記事
[ 2013/01/19 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(6)

ざるチャーシュー/情熱うどん 讃州(大阪:中津)

ディナーに うどん屋 きすけ に行ったら、運悪く臨時休業で
すっかり気持ちは 鯛ちくわ だったのにぃ~残念。
IMG_1358_org.jpg
ということで、うどん屋つながりで久しぶりに 情熱うどん 讃州 に行って行きました。

きすけ から新御堂筋を北へ歩いて約5分のところにあります。
IMG_1362_org.jpg IMG_1360_org.jpg
ぶっかけ・生醤油・釜玉・・・
IMG_1363_org.jpg IMG_1364_org.jpg
カレー・釜あげと何でもありますが、やっぱり讃州と言えば
IMG_1366_org.jpg
ざるチャーシュー 850円 + 2玉 100円

初めて食べたときには うどん の新しい食べ方にビックリしてしまいました。
IMG_1368_org.jpg
相変わらずキレイな盛り付けです
IMG_1369_org.jpg
やっぱり、ウマッー!

チャーシューもしっかり炙っていて、ウマー!

いつももう少し食べたいなぁと思うので、麺3玉とかないんかなぁ。
IMG_1365_org.jpg
この間 情熱うどん 荒木伝次郎 で食べた
ざる担担 も夜限定であったので、次はこれですねぇ!
関連記事
[ 2013/01/18 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

コーヒー&デザートまでついて1,000円のフレンチ/Le 日本食堂(大阪:堺筋本町)

先日のランチは Le 日本食堂 です。

地下鉄「堺筋本町駅」から、本町通りを東へ、阪神高速を過ぎたところにあります。

奥さんの友達から教えてもらったので行ってみました。

SakahonLeNihon_000_org.jpg
このお店の前は時々通りますが、まったく気付いていませんでした。
ましてや敷居の高そうなフレンチなんておそらく教えてもらわなければ入ることはなかったでしょう。

SakahonLeNihon_006_org.jpg
メニューの下には小さく

厨房から会計までひとりできりもりしています。
皆様のご協力に心より感謝します。


と、ふーんと思いつつ、お店のあるB1Fに降りていくと

SakahonLeNihon_001_org.jpg
えっー、20席ぐらいのお店をたったひとりで?
ちなみに、お客さんが誰もいないのは一番乗りだったからです。

SakahonLeNihon_002_org.jpg
何となく渋めのシェフを見ていると流れるような作業で、かなり早く、料理が出てきました。

本日のランチの
鶏のフリカッセ エストラゴン風味 800円

ご飯 or パン を選べて、ご飯にするとフレンチなのにお茶碗に入っています。

SakahonLeNihon_003_org.jpg
フリカッセエストラゴン も何のことやらわかりませんが、後で調べると、
"フリカッセ" は白い煮込み料理というフランスの家庭料理で
"エストラゴン"は西洋ヨモギ だそうで・・・

鶏は柔らかく、優しい味のクリームソースで美味しくいただけます。

付け合わせはインゲン、その後ろにはマッシュポテトがあります。

SakahonLeNihon_004_org.jpg
スープ もクリームです。

SakahonLeNihon_005_org.jpg
なんと、+200円すると
コーヒー + オレンジ果実入りクレムキャラメル
が付きます。

えー、200円でいいのかなぁっていうぐらい食後にピッタリのデザートで
更にコーヒーで満足ランチの余韻に浸ることができます。

食後に提供されるタイミングも図ったように見事です。
でも1本のスプーンをデザートもコーヒーも使ってください、と。

ひとりで仕切っているからこそ出来る価格なんでしょうねぇ!
これは再訪ありですね
関連記事
[ 2013/01/17 21:00 ] お食事処 フレンチ | TB(0) | CM(2)

仮面劇 ― MASQUE(折原一)

本日、読了。

折原一では15冊目。


 <あらすじ>

  <彼>は、保険金のために妻を殺そうと思っていた。
  もちろん、彼に疑いがかからず、事故死したように見せかける
 つもりである。妻には五千万円の生命保険を掛けていた。
 額としては、多すぎもせず、少なすぎもしない。
  さて、どのように料理するか。プランを練り始めた彼は、
 やがて妙案を思いついた。彼にはやりとげる自信があった。


 <感想>

 第一幕、トリカブトで妻を保険金目当てで殺し、愛人に罪をなすりつける「完全犯罪」。
 これだけだと、しょーもない2時間ドラマですけど、第二幕から折原ワールドに入ります。

 第二幕「殺人計画」が解決編。イニシャル『M』がキーワードなので、こっちが犯人だろうなぁと思いつつ、ひょっとしてそっち?実はこっち?と振り回されて、そっちが犯人かぁ・・・でもこのパターンだとどちらでも犯人になり得るよなぁ。折原一にしては詰めが甘いかも?

 そして、第三幕「悪の仮面」。誰が被害者で加害者なのかわからないストーリーで意外な結末になります。
 でも、誰が得をしたのかよくわからない後味のあまりよくない作品でした。


【折原一 読了リスト】
七つの棺 ― 密室殺人が多すぎる        黒星警部シリーズ1
倒錯の死角                      倒錯シリーズ1
鬼面村の殺人                     黒星警部シリーズ2
倒錯のロンド                      倒錯シリーズ2
灰色の仮面
覆面作家
異人たちの館
沈黙の教室                      教室シリーズ1
                              第48回日本推理作家協会賞長編賞
誘拐者                         者シリーズ1
「白鳥」の殺人
螺旋館の奇想                     奇想シリーズ1
猿島館の殺人 ― モンキー・パズル       黒星警部シリーズ3
黒衣の女

丹波家の殺人                     黒星警部シリーズ4
関連記事
[ 2013/01/16 21:00 ] 折原一 | TB(0) | CM(0)

窯火(とりたてのくり & ほりたてのいも)/プチ・フランス(大阪:茨木)

クロスバイクで鯖寿司自転車道を通って、さば処 十八里 で鯖寿司を買ってから
プチ・フランス 茨木舟木店 に寄りました。

阪急京都線「茨木市」駅から南東へ徒歩5分の「舟木町東」交差点にあります。
IMG_2496_org.jpg IMG_2498_org.jpg
ケーキから洋菓子まで何でもあって、
かなりの品数があり選ぶのに困ってしまいます。
安いものだとプチシュー(42円)なんてものもありました。
DSCF1721_org.jpg
上 : おてて       135円
左 : ほりたてのいも 158円
右 : とりたてのくり  158円
DSCF1719_org.jpg
ほりたてのいも/とりたてのくり はレンジで温めると
より一層美味しくなるそうなので
その通りチーン!(我が家はこんな音じゃないですけど)

どうでもいいことですけど、ほりたてのいも/とりたてのくり
ともにハライチのネタのフレーズっぽく読んでしまいませんか?
DSCF1742_org.jpg
とりたてのくり

丸ごとの栗を餡で包んでいて美味しく、
さくさくのパイとの組み合わせもいい食感です。
DSCF1743_org.jpg
ほりたてのいも

ペースト状にしたさつまいもタップリなんで
イモ好きには嬉しい一品です。
DSCF1739_org.jpg
おてて

いわゆるマドレーヌです。
上の2品が美味しかったので・・・まぁ普通です。
IMG_2499_org.jpg
他にも魅力的な商品が多かったので、
次はゆっくりと選んみたいですね。
関連記事
[ 2013/01/15 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

鯖寿司 & 焼き鯖寿司/さば処 十八里(大阪:茨木)

クロスバイクで堺~茨木まで 鯖寿司自転車道(そんな道はありませんので・・・)で、
鯖寿司を買いに行ったので、先日のディナーは さば処 十八里 です。
こちらはお持ち帰り専門店で、旧店名が さばや だそうです。

阪急京都線「茨木市駅」の西口から、西へ進み、1つ目の通りを右折して
本町ROSE街をしばらく行ったところにあります。

Ibaraki18ri_004_org.jpg Ibaraki18ri_005_org.jpg
一口に鯖寿司と言っても、焼き・炙り・並・上・特撰 といろいろとあるようです。
鯖寿司は高いイメージがありましたが、こちらでは嬉しい価格になっています。

Ibaraki18ri_000_org.jpg
左 : 焼き鯖寿司 750円
右 : 鯖寿司(並) 950円

Ibaraki18ri_002_org.jpg
上の小さめなのが焼き鯖寿司、下のピカピカが鯖寿司です。
どちらも予め切ってありました。

Ibaraki18ri_001_org2.jpg
凄い肉厚です!
ぎっしり詰まった酢飯で海苔・大葉・ガリを巻いています。

酢がきつくなく、いいバランスで めちゃウマ~!

Ibaraki18ri_003_org.jpg
こちらは焼き鯖寿司。縮んでますけど肉厚は変わらず。
しめ鯖が苦手な娘にとっては、こっちの方が食べやすかったようです。

Ibaraki18ri_006_org.jpg
特撰や炙りはまた違ってるんでしょうね、気になりますねぇ。
また片道44km走ってみますか!
関連記事
[ 2013/01/14 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(4)

【ポタ】鯖街道ならぬ鯖寿司自転車道

茨木に美味しい鯖寿司屋さんがあるということで
堺~茨木まで 鯖寿司自転車道(そんなものありませんが・・・)をポタってみました。
売り切れるのが早いそうなので、
10時のオープンに間に合うように7時に家をしゅっぱ~つ!
IMG_2488_org.jpg IMG_2490_org.jpg
景色もよく快適に走れる 毛馬桜之宮公園 を通過して
今年の秋には閉鎖される 赤川仮橋 から淀川を渡ります。

自転車では初めて走る摂津・茨木市をどんどん走って行くと・・・
IMG_2495_org.jpg
10時前に さば処 十八里(とはり)に到着!
旧店名が さばや らしいです。

さすがに、この時間にいけば無事買うことができました。
鯖寿司の記事は、明日のブログにて。

鯖寿司だけでも、お土産として充分なんですけど
カバンにちょっと余裕があったので、念のため調べておいた
プチ・フランス にも寄ってみました。
IMG_2500_org.jpg
安威川 沿いに進んでいくと、急に 舗装されていない道 が現れ、仕方なく歩くことに
すぐに終わるのかと思っていたら、なかなか終わらず、700~800mぐらい歩くと
ようやく舗装された道になり、ほっとしたら・・・
IMG_2502_org.jpg IMG_2501_org.jpg
新幹線公園 という初めて知る場所が登場しました!
今は見ることができない 初代新幹線0系
その後ろには 電気機関車(写真奥)が展示されています。
通過したときには誰も居ませんでしたが、
案内板を見ると月に2日は車両内部にも入ることができるようです。
Saba_Data_org.jpg
 地図は大和川以北ですが、走行履歴
 は自宅が起着点ですのでデータは
 一致していません。

 走行時間:4時間47分
  距 離 :88.3km
    (2013年累計:193.6km/3日)
 最高速度:33.40km/h
 平均速度:18.42km/h

鯖街道 の福井の小浜~京都までは 京は遠ても十八里 の通り約72kmですが
私の堺~茨木までの 鯖寿司自転車道 は44kmでしたぁ!
(生き帰りのルートが違いますけど)
Saba_Route_org2.jpg
関連記事
[ 2013/01/13 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(2)

ホントにこれが100円?と疑ってしまう「たこ焼き」/PAKU-PAKU【ラ・ムー】(大阪:堺,美原)

先日のおやつは PAKU-PAKU(ラ・ムー 堺美原店) です。
309号線の舟渡南交差点を東へ、美原高校の向かいにあります。

PakuPakuMihara_003_org.jpg PakuPakuMihara_004_org.jpg
ラ・ムー(LAMU)は岡山を中心として、大阪・兵庫・京都・奈良にも数店舗あり
コストコのディナーロールに激似の ホテルの朝食用ロールパン(298円)や
コロッケ 4個 88円、店内調理のドーナツ 50円 など
オリジナリティの商品もあるディスカウント・スーパーです。

PakuPakuMihara_007_org.jpg PakuPakuMihara_005_org.jpg
そのスーパーの店外にはファーストフード店の PAKU-PAKU があります。

PakuPakuMihara_006_org.jpg
メニューは たこ焼き・ソフトクリーム、一部の店舗には 焼きいも があったりします。
人気があるのは たこ焼き!
私が注文したときには20分待ち。しばらくすると30分待ちになりました。
店舗によっては整理券をもらえるので、その間に買い物でもしときます。

PakuPakuMihara_000_org.jpg
2個買いました。

PakuPakuMihara_001_org.jpg
たこ焼き(6個) 100円

直径4センチある大きめのたこ焼きです。
ちなみに マヨネーズ 10円(別料金)です。店舗によって異なるようです。
家で食べるので欲しければ、冷蔵庫から出しましょう。

PakuPakuMihara_002_org.jpg
ふわとろで、かなり美味しいです

これがホントに 100円?って思ってしまいます。

これを食べると6~8個300円~500円のたこ焼きを
食べるのがバカバカしくなってしまうでしょう。

騙されたと思って、一度お試しを!
関連記事
[ 2013/01/12 21:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(4)

手作りジャンボ餃子/ぺっちゃん(大阪:松原)

先日のディナーは 手作り餃子 ぺっちゃん です。

近鉄南大阪線「河内松原駅」から南へ徒歩20分で、松原南小学校の西側にあります。

2012年11月にオープンしたばかりで、カウンター5席だけの小さなお店です。

MatsubaraPechan_002_org.jpg
数種類の手作り餃子がメインで、ご飯もの・ラーメンの他に
裏面には唐揚げなどの一品ものもあります。

でも、今回はクーポンで来たので(またかっ!)あんまり関係ないです。
クーポン内容は、この通り

ミックス餃子(4種)5個
ネギチャーシューラーメン or レタス炒飯
生ビール(中ジョッキ)1杯 or ソフトドリンク

1,400円 ⇒ 500円

MatsubaraPechan_003_org.jpg
ビールが飲めないので 私は コーラ、娘は オレンジジュース

MatsubaraPechan_004_org.jpg
作っているときから、ニンニクのいい香りがしていた
ネギチャーシューラーメン

炒めたたっぷりのネギと短冊切りのチャーシューが入っています。
醤油ベースのさっぱりとしたスープでめちゃウマです。

MatsubaraPechan_005_org.jpg
ミックス餃子(4種)5個

迫力あるジャンボ餃子で、長さ8センチ、重さ38グラムもあるそうです。
写真ではわかりにくいので左端につまようじを置いてみました。

左から、焼きジャンボ餃子 2個 ・ 竹炭ジャンボ餃子 1個 ・ 
キムチジャンボ餃子 1個 ・ 大ぶり棒餃子 1個

こんなに大きいと肉汁もたっぷりで美味しいです。
なかでも棒餃子には春雨などが入っておもしろい食感になっています。

MatsubaraPechan_006_org.jpg
ひとつはラーメンの代わりに レタス炒飯 にしました。

タマゴとレタスだけのシンプルな炒飯です。
ご飯はパラパラであっさりした味付けでかなり美味しいです。

MatsubaraPechan_000_org.jpg
メニューに載っているなかで唯一食べてないのが 海老入り水餃子 だったので
1人前をテイクアウトしました。これは普通サイズです。

MatsubaraPechan_001_org.jpg
メニューを見てみると、クーポンがなくても
焼きジャンボ餃子×2人前+ライス で充分満足できそうです。
でも、残念ながらランチはやっていないようです。

今のところ、あんまり情報がないので載せときます。

住所:松原市岡4-1-69
TEL:072-334-5277
営業時間:15:00~22:00
定休日:不定休(但し、定休日は月曜日の場合が多い)
駐車場:なし
関連記事
[ 2013/01/11 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(2)

ボリュームたっぷりカキフライセット/グリル 北斗星(大阪:梅田,大阪駅前第2ビル)

先日のランチは グリル 北斗星 です。
大阪駅前第2ビルB1Fにあります。

UmedaHokutosei_001_org.jpg UmedaHokutosei_002_org.jpg
洋食屋さんなんで、もちろんハンバーグや海老フライはありますが、
今回はカキフライを食べに来ました。
牡蠣トルコライス もあって悩ましいところですが・・・

UmedaHokutosei_003_org.jpg
がっつりカキフライだけを食べたかったので、スープ・ライスが付いた
カキフライセット 8個 1,050円

UmedaHokutosei_004_org.jpg
まず、皿デカっ!

たっぷり敷かれたタルタルソースの上に、大きなカキフライが鎮座しています。
これだけ多いとさすがにレモンも2切れあります。
更にサラダもカキフライに対抗するかのように盛られています。

UmedaHokutosei_005_org.jpg
サクサクでクリーミーで美味しいです

見た目を裏切らない美味しさで、8個も食べられて満足のランチです。
・・・でも8個は・・・重い・・・

UmedaHokutosei_000_org.jpg
次は、牡蠣トルコライスですね。
関連記事
[ 2013/01/10 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

のぼうの城(和田竜)

本日、読了。

和田竜では1冊目。

 <あらすじ>

  戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条
 家に大軍を投じた。そのなかに支城、武州・忍城があった。
 周囲を湖で取り囲まれた「浮城」の異名を持つ難攻不落の城で
 ある。秀吉方約二万の大軍を指揮した石田三成の軍勢に対して、
 その数、僅か五百。
  城代・成田長親は、領民たちに木偶の坊から取った「のぼう様」
 などと呼ばれても泰然としている御仁。武・智・仁で統率する、
 従来の武将とはおよそ異なるが、なぜか領民の人心を掌握して
 いた。
  三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた
 和睦の姿勢を翻した長親は、正木丹波ら癖のある家臣らの強い
 支持を得て、忍城軍総大将としてついに立ちあがる。
  後に「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な戦い
 が、ついに幕を開ける。


 <感想>

  映画を観てから原作を読んでいるので、どうしても両者の違い
 を探してしまうんですが、あまりにも原作に忠実な映画だった
 ことに感心してしまいます。
  エンディングに安住アナが各武将のその後の人生をナレー
 ションしているんですが、その内容まで同じです。

  ですから映画ではわかりにくかった箇所の補足説明として
 読んだので、頭のなかで各俳優のセリフが流れる非常にわかり
 やすい解説本のような位置付けなってしまいました。

  映画では百姓の子どもに芦田愛菜ちゃんが出ていたので、
 またぁ人気とりに無理矢理キャラクター作って、セリフまで
 与えてぇ~!と思っていたら原作にもちゃんと登場して、
 しかもセリフまで同じ!

 更に、家老の酒巻靭負(成宮寛貴)が城主の娘・甲斐姫(榮倉奈々)に「酒巻靭負は姫に惚れております」と戦国時代に合わない寒いセリフ言うので興醒めするわぁって思っていたら、原作でも言っているのでびっくり!

 映画も原作もおススメの作品です。

[ 2013/01/09 21:00 ] 和田竜 | TB(0) | CM(2)

豚まぜそば半熟味玉入り/無鉄砲しゃばとん(奈良:西ノ京)

先日のランチは 無鉄砲しゃばとん です。

近鉄橿原線「西ノ京駅」から歩いて東へ、
世界遺産の薬師寺の前を通って約5分のところにあります。

Shabaton_001_org.jpg
無鉄砲グループの別ブランドで、
濃厚豚骨ではなく、豚出汁が中心になっています。

Shabaton_002_org.jpg
豚まぜそば半熟味玉入り 800円

仕事中なんでニンニク抜きにしました。

ちょっと変わったところでクルトンがトッピングされています。

さぁ、ごちゃごちゃに混ぜようとしたら・・・
かわいい店員さんが
「すいませ~ん、チャーシューのせるの忘れてましたぁ」と。

Shabaton_003_org.jpg
「お詫びに肉増しにしときましたぁ」

デフォルトでチャーシューがのっていることも知らず
チャーシューがのっていなかったことも気付いていなかったので
チャーシューが7枚もラッキー

Shabaton_004_org.jpg
底からごちゃごちゃに混ぜて、チャーシューをトッピングして
無鉄砲の濃厚豚骨のイメージが強いので、濃厚豚出汁かと思いきや

意外にもしっかりした醤油味で、ウマ~!

クルトンの歯ごたえがイイ

Shabaton_005_org.jpg
いくら美味しい まぜそば でも途中で飽きてしまうので
色々な調味料で試してみるとコショーが好みかなぁ。

Shabaton_000_org.jpg
帰り際も「チャーシュー忘れて、すみませんでしたぁ」と
丁寧に見送ってくれて・・・また来ま~す
関連記事
[ 2013/01/08 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

8bサンド/8b DOLCE(大阪:北堀江)

クロスバイクで 四天王寺 に行った帰りに 8b DOLCE 北堀江店 に寄りました。

地下鉄四ツ橋線「四ツ橋」駅の6番出口からすぐのところにあります。

四天王寺から家に帰る方向だと、あべのキューズモール店が近いんですけど
走る距離が短すぎたので、大回りして北堀江店にしてみました。

8bDolceKitaHorie_005_org.jpg 8bDolceKitaHorie_004_org.jpg
ダウンタウンの浜ちゃんと東野幸治がやっている ごぶごぶ(MBS)で 元日深夜に放送された
お正月SP 芸人おすすめスイーツ巡りかまぼこ板でレッツゴー で、吉本新喜劇座長の小籔千豊さんが
紹介した LE PINEAU(ル・ピノー)あかんポテト にしようとしたら、品切れ中らしいので
代わりに、テンダラーの白川さんが紹介していた、こちらの・・・

8bDolceKitaHorie_000_org.jpg
8b sand(エイトビーサンド) 1個 210円
同じものを3個買いましたが、他にも ベルギーショコラいちごミルク もあります。

8bDolceKitaHorie_001_org.jpg
直径7センチ、高さ5センチあります。

8bDolceKitaHorie_002_org.jpg
濃厚で甘すぎないクリームと弾力の強いブッセ生地で見た通り美味しいです。
ロールケーキのサンド版を食べているようです。

8bDolceKitaHorie_003_org.jpg
他にも ロールケーキ ・ チーズタルト ・ バウムクーヘン などがあり
北堀江店の2Fはランチもできるカフェになっているので、お店でゆっくりするのもいいですね。
関連記事
[ 2013/01/07 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

【ポタ】三社参りの最後は四天王寺

初詣に赤穂の 大石神社、姫路の 広峯神社 に行って、
初詣が二社だと気持ち悪いので
三社参りの風習はないですけど、四天王寺 までポタってみました。
DSCF1683_org.jpg DSCF1685_org.jpg
【左】日本三鳥居の石鳥居

【右】西大門
DSCF1688_org.jpg DSCF1686_org.jpg
【左】西大門にある 転法輪(てんぽうりん)
合掌し、「自浄其意(じじょうごい)」(心が清浄になりますように)
と唱えて、軽く右に回します。

【右】福をよぶ なでほてい尊
七福神の一人。
おなかや背中の黄金袋、手のひょうたんをなでるとご利益があります。
DSCF1711_org.jpg DSCF1713_org.jpg
【左】一回一誦(いっかいいっしょう)
一回まわすと、般若心経を一巻となえたことになります。

【右】木槌たたき
木槌で臼を3回たたき、その木槌で病の箇所を3回たたく、ということを
2回繰り返せば、病が治るといわれています。
DSCF1710_org.jpg DSCF1709_org.jpg
【左】大黒堂
大黒天・毘沙門天・弁財天の顔をもつ「三面大黒天」がご本尊。

【右】亀井堂
地下から湧き出る水で経木を流すと極楽浄土がかなうらしい。
ちなみに亀の形をした経木を流す場所は撮影禁止です。
DSCF1705_org.jpg DSCF1695_org.jpg
【左】五重塔
もっと近づきたい場合は有料です。

【右】北鐘堂
このお堂の鐘は極楽浄土まで届くといわれています。
DSCF1692_org.jpg DSCF1699_org.jpg
【左】六時礼讃堂石舞台
聖霊会舞楽大法要のときには、舞台上で舞楽が舞われます。

【右】六時礼讃堂にある おもかる地蔵
持ち上げて軽ければ諸願成就し、重ければ時期待つべし、と。

Shitennoji_Data_org.jpg
 地図は大和川以北ですが、走行履歴
 は自宅が起着点ですのでデータは
 一致していません。

 走行時間:2時間23分
  距 離 :48.3km
    (2013年累計:105.3km/2日)
 最高速度:29.08km/h
 平均速度:20.26km/h

このまま帰るとちょっと距離が物足りないので
大回りして、お土産は北堀江の 8b DOLCE にしました。
Shitennoji_Route_org2.jpg
関連記事
[ 2013/01/06 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(0)

カラフルタンブラー/ミスド グッズ

1年間コツコツと251ポイント貯めたのでミスドグッズに交換しました。
といってもほとんど100円セールのときしか買ってませんけど・・・
DSCF1596_org.jpg
150pt カラフルタンブラー(ブラウンxオレンジ)
DSCF1591_org.jpg
50pt ポン・デ・ライオン ガラス小皿(フレンチウーラー)
50pt ポン・デ・ライオン ガラス小皿(ポン・デ・ライオン)

また、1年間地道に貯めてみますかっ!
関連記事
[ 2013/01/05 21:00 ] おうち | TB(0) | CM(0)

大エビフライ & カキフライ/播磨の里(兵庫:相生)

おせちにも飽きた3日のランチは 播磨の里 相生店 です。

山陽自動車道「龍野西IC」から南へクルマで3分の国道2号線沿いにあります。
お店は相生店ですけど、住所はたつの市揖保川町にあります。

HarimanosatoAioi_001_org.jpg HarimanosatoAioi_010_org.jpg
メニューは和食から洋食まであるファミレスのようなお店ですが
地元の 坂越牡蠣(さこしかき) を使った限定メニューがあります。
ちなみに西播磨に3店舗あるお店です。

HarimanosatoAioi_004_org.jpg
大エビ & カキフライ定食

HarimanosatoAioi_005_org.jpg
なんでしょう!この嬉しくてタマらないコンビネーション!

HarimanosatoAioi_007_org.jpg
7~8cmはありそうな大きな カキフライ が3個。
揚げ立てアツアツでめちゃジューシーです。

HarimanosatoAioi_008_org.jpg
そして17~18cmはある 大エビフライ が2尾。
先から尾までぎっしり身が詰まっています。
ちなみに更に大きいジャンボエビフライもあります。

HarimanosatoAioi_006_org.jpg
カキフライ・大エビフライも凄いんですけど、もっとビックリするのがキャベツのボリューム!
後ろから見るとメイン料理が見えなくなってしまいます。
これを食べ切るだけでも一苦労です。

HarimanosatoAioi_009_org.jpg
奥さんの B定食 <<カキ>>
天ムス 2個・チキンミソカツ・カキフライ 2個 で デザートまでついてかなり豪華です。

HarimanosatoAioi_002_org.jpg
娘の お子様ランチ(おもちゃ付) 600円

HarimanosatoAioi_000_org.jpg
こちらのスーパーで牡蠣コーナーを見ると、
広島産と兵庫県の赤穂(坂越)・相生産が並んで売っています。

しかも、全国の生産量7割を誇る広島産よりも、赤穂(坂越)・相生産の方が値段が高く
味だけでなく身の大きさと火を通しても縮まないのが理由だそうです。

こちらに来られたら、地元産の牡蠣をいかがでしょうか?
関連記事
[ 2013/01/04 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(4)

【おでかけ】初詣/広峯神社(兵庫:姫路)

午前中に往復57kmを自転車で赤穂の 大石神社 に行ったばかりですけど
午後からはみんなで姫路の 広峯神社 に初詣に行きました。

HimejiHiromine_004_org.jpg
標高260mの広峰山の山頂にあって、いい見晴らしです。

HimejiHiromine_000_org.jpg
ほとんどの人がクルマで上がってきますが、
なかには徒歩や自転車に人たちもいます。
もちろん私はクルマですけど・・・。

HimejiHiromine_001_org.jpg
参道には来年の大河ドラマ・黒田官兵衛(岡田准一主演)ののぼりが立っていました。

黒田官兵衛といえば、人志松本の○○な話 で松ちゃんが熱く語っていたことと、
功名が辻 で 斉藤洋介 が演じていたことを思い出します。

そういえば、戦国鍋TV では
黒田官兵衛 & 竹中半兵衛 で B'z をもじったユニットが 兵衛'z(ベーズ) でしたね。



では、竹中半兵衛は誰が演じるんでしょうね?

HimejiHiromine_002_org.jpg
大石神社でもお参りしたけど、こちらでも念のためお参りしときました。

HimejiHiromine_003_org.jpg
日本酒が振る舞われていました。
係の人がいなかったので、飲み放題っぽい状態でした。
私は呑めないので関係ないですけど・・・
関連記事
[ 2013/01/03 21:00 ] 旅行・おでかけ 兵庫 | TB(0) | CM(0)

【輪行ポタ】赤穂城跡 & 大石神社(兵庫:赤穂)

実家に帰っていたので、赤穂城跡 & 大石神社までポタってみました。
朝6時に起きると真っ暗で、初めてライトを点けてみました。

県道5号線を西へ進み、千種川まできたら川沿いに南下します。
DSCF1665_org.jpg
約2時間走って、赤穂城跡 に到着。

ちなみに跡地なので、城内は短い通路だけで、通過しておしまいです。
DSCF1666_org.jpg DSCF1667_org.jpg
その隣にある 大石神社

参道には四十七義士像が並んでいます。
DSCF1669_org.jpg DSCF1668_org.jpg
大石内蔵助大石主税
DSCF1672_org.jpg DSCF1671_org.jpg
朝早かったので参拝者がまばらですが、
もう少し経ってくると駐車場に入るのも難儀するくらい、いっぱいになります。
DSCF1673_org.jpg
帰りは狭くて交通量の多い 高取峠 ではなく、坂越(さこし)港 を通りました。
お正月なんで大漁旗が掲げられています。
Ohishi_Data_org.jpg
 地図は相生市以西ですが、走行履歴
 は実家が起着点ですのでデータは
 一致していません。

 走行時間:2時間46分
  距 離 :57.0km
    (2013年累計:57.0km/1日)
 最高速度:42.69km/h
 平均速度:20.58km/h

<↓クリックすると拡大します>
Ohishi_Route_org.jpg

関連記事
[ 2013/01/02 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム