FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2012年12月
月別アーカイブ  [ 2012年12月 ] 

≪ 前月 |  2012年12月  | 翌月 ≫

【輪行ポタ】今年の最後は万博公園

今年最後のネタはこちら!

29日は奥さん姉妹が集まっていて、昼間の3時間ほど自由時間ということで
義姉宅から万博公園まで走ってみました。
IMG_2413_org.jpg IMG_2414_org.jpg
大阪市内を縦断し、大阪城 の横を通って、
毛馬桜之宮公園を通過して、毛馬水門 に到着。

ここに来たのは、今年の7月に 脱水症状 を起こしかけて以来です。
IMG_2415_org.jpg IMG_2417_org.jpg
ここから淀川沿いに走って、赤川仮橋 を渡ります。
残念ながら、おおさか東線 が整備されるので、
平成25年秋頃には閉鎖されてしまいます。
IMG_2418_org.jpg
それにしても淀川自転車道はこの 車止め(バイク止め) が邪魔ですねぇ。
ビンディングをつけて走ると毎度毎度外さないといけないので、
かな~り面倒くさいです。
IMG_2419_org.jpg
赤川仮橋を渡ったら、この煙突のところから
淀川を離れて北上するはずだったんですが
河川敷を走っていたために、土手に上がるチャンスがなくて、
かなりオーバーランしてしまいました。
IMG_2420_org.jpg
予定よりかなり遅れて、なんとか 万博公園 に到着。
ここから万博公園の外周を走る予定でしたが、
集合時間に間に合わなくなるので、断念。


いつもならあみだ筋・なにわ筋から南下するのですが、
ちょっとでも時間短縮しようと、御堂筋・堺筋付近を通ると
逆に人通りが多いし、信号多いし、ライト持っていってないし
結局、早かったのか遅かったのか、どっちでしょう?
Banpaku_Data_org.jpg
 地図は天王寺以北ですが、走行履歴
 は義姉宅が起着点ですのでデータは
 一致していません。

 走行時間:3時間4分
  距 離 :58.8km
    (2012年累計:1,980.0km/32日)
 最高速度:43.93km/h
 平均速度:19.17km/h

それにしても万博公園周辺って道が複雑すぎて、かなり走り難いですねぇ。
慣れるまで時間がかかりそうです。
Banpaku_Route_org.jpg
今年は、乗車するのに1ヶ月ぐらい間隔があくこともあったので
来年は週一で走れるようにしたいと思います。

以上で、今年のブログの更新は終了です。
1年間お付き合いいただき、ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

では、よいお年を!
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/12/31 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(2)

季節限定!かき土手鍋定食/新喜楽 東店((大阪:梅田,新梅田食道街)

先日のランチは 新喜楽 東店 です。
新梅田食道街にあります。

UmedaShinKiraku_006_org.jpg
以前に えび塩天丼 は食べたことがあるので、
人気のある かも鍋定食 を食べようと思っていたら・・・

UmedaShinKiraku_005_org.jpg
名前だけでも美味しそうな季節限定メニューがあるじゃないですかぁ!

UmedaShinKiraku_001_org.jpg
注文すると、誰もがこの配置でしばらく待ちます。
季節限定は少々お時間をいただきます、とのこと。
確かに、後から注文された人にどんどん追い抜かれていきます・・・ちょっと不安。

UmedaShinKiraku_002_org.jpg
ようやく登場!
かき土手鍋定食 880円

ご飯・小鉢(酢の物)・漬物が付きます。

UmedaShinKiraku_003_org.jpg
山椒のいい香りがし、牡蠣は8~10個ほど入ってます。
味噌がネギによくしみ込んで、柔らかく、めちゃウマです
タマゴが落とされているのも嬉しいですね。

UmedaShinKiraku_004_org.jpg
お箸でちまちま食べるのが面倒になったので
牡蠣とネギと味噌とご飯をレンゲですくって、かきこむように食べると、

もうタマりません

UmedaShinKiraku_000_org.jpg
身も心も温かくなるので、この冬は、あと何回か食べてもいいですね
関連記事
[ 2012/12/30 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

カレーにはやっぱりハチミツ!/カレー コンドル(大阪:西大橋,北堀江)

仕事から帰宅したときに、テレビから流れる不自然で不快でイライラさせるような
関西弁が流れていて、行ったことのある西宮北口の 番場亭 が紹介されていたので、
久しぶりに カレーつけそば を食べたいなぁ、と思いながら観ていました。

これは関ジャニ∞の『ありえへん∞世界』(テレビ大阪)という番組らしく、
不快な関西弁も「インチキ関西弁」といい演出のようです。

その番組で紹介されていたので、
ランチに カレー コンドル(curry condor) に行ってきました。

地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋駅」から南へすぐの、なにわ筋の1本東にあります。

KitahorieCondor_001_org.jpg
トッピングはこれ以外にもまだ数種類ありますが、番組で紹介されていた
チャーシュー を注文すると・・・売り切れぇ!テレビの影響かぁ~!

KitahorieCondor_004_org.jpg
代わりに注文したのが
カレーライス 600円 + トンカツ 200円

サラサラ系ですけど、野菜やフルーツが良く煮込まれたようなルーで
辛いけどフルーティでスパイシーと複雑なカレーです。

KitahorieCondor_003_org.jpg
トッピングスルト ルー&ライス オカワリ自由

と 『 ありえへん 』 システムになっているので・・・

KitahorieCondor_006_org.jpg
2杯目~
トッピングしたトンカツを半分残しておくと、
おかわりしたときに、キレイに盛り付けし直してくれます。

KitahorieCondor_002_org.jpg
更にカウンターに置かれている、中央が ハチミツ、右が カシューナッツオイル

ハチミツをかけると、子ども用の甘口カレーになるわけではなく、
辛いカレーを甘~くした大人のカレーです。

カシューナッツオイルは、ナッツの風味が効いて、また別物のコクのあるカレーに変わります。

KitahorieCondor_005_org.jpg
ニンジンが柔らか~い ピクルス が付いてきます。

KitahorieCondor_000_org.jpg
後から入ってくるほとんどのお客さんと店主の会話

客「チャーシュー」  店主「すいません、売り切れです」
客「チャーシュー」  店主「すいません、売り切れです」
客「チャーシュー」  店主「すいません、売り切れです」
客「チャーシュー」  店主「すいません、売り切れです」
客「チャーシュー」  店主「すいません、売り切れです」
関連記事
[ 2012/12/29 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

やっぱりデカネタ寿司/元祖ぶっちぎり寿司 魚心(大阪:梅田)

先日のディナーは 元祖ぶっちぎり寿司 魚心 梅田店 です。
梅田の東通り商店街にあります。

UoshinUmeda_002_org.jpg
垂れにぎり・こぼれにぎり・重ねにぎり・巴にぎり という
魚心四大作法があるデカネタ寿司でお馴染みのお店です。

UoshinUmeda_000_org.jpg
お通しの 数の子・・・これは普通盛りです。

UoshinUmeda_001_org.jpg
魚心の象徴的なメニューの いくら

これが こぼれにぎり

UoshinUmeda_004_org.jpg
もう一つの名物の 穴子

これが 巴にぎり

UoshinUmeda_007_org.jpg
もう一つ こぼれにぎりの とび子

UoshinUmeda_005_org.jpg
ネギどっさりの あじ

UoshinUmeda_006_org.jpg
いくらがのっかている とろサーモン

UoshinUmeda_003_org.jpg
シャリが見えない はまち

UoshinUmeda_008_org.jpg
ネタがデカいだけでなく美味しいので、とても人気のあるお店でした。
関連記事

辛味MAX味玉つけ麺を あつもり で/つけ麺屋 やすべえ(大阪:難波)

先日のディナーは つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店 です。
御堂筋の道頓堀橋北詰から東にすぐのところにあります。

YasubeeDoutonbori_110_org.jpg YasubeeDoutonbori_100_org.jpg
道頓堀店限定のトッピングクーポン券があったので、期限が切れる前に行ってみました。
でも注文したら、すぐにクーポン券を返してもらったので、何回でも使えたようです。

YasubeeDoutonbori_101_org.jpg
前回 は、焼肉マスター さんのおススメの 辛味ダブル だったので
今回は 辛味MAX に挑戦してみました。

YasubeeDoutonbori_102_org.jpg YasubeeDoutonbori_104_org.jpg
当然の如く いりごま 50円

麺がくるまで、スリスリすると、いい香りがしてくるので待ちます。(写真右が完成)

YasubeeDoutonbori_105_org.jpg
辛味つけ麺 720円 + 中盛 0円

目的の 辛味MAX 0円
クーポンで 味玉 0円
ひやもり・あつもり が選べたので あつもり

YasubeeDoutonbori_106_org.jpg

辛味MAX 真っ赤っか!

YasubeeDoutonbori_109_org.jpg
前回の辛味ダブルと比べると違いがよくわかります。

まずはそのまま麺をつけて食べてみると、
見た目通り口から火を噴きたくなります

YasubeeDoutonbori_103_org.jpg
このままでは、辛味ダブル用の配合だと辛味に負けてしまうので
前回とはちょっと変えながら
すった胡麻を全部ドバッーと入れて
これ以上辛さは不要なので黒胡椒は遠慮して
みじん切りの玉ネギを三杯入れて
削り節を三杯入れて
お酢を多めに三周すると

YasubeeDoutonbori_107_org.jpg
こんな感じ。
トッピングの味玉を浮かしてみました。

まだまだ辛いです、
しかも あつもり にしたので温かさで辛さが増幅されています

辛い酸っぱいのトムヤンクン風にしようと更にお酢を投入!
だいぶ和らぎました

YasubeeDoutonbori_108_org.jpg
温かいスープで割ると更に更に辛さが増し増し

やっぱり辛味ダブルがいい具合だということが証明されたディナーでした


☆今までの「やすべえ」☆
 ・辛味ダブル味玉チャーシューつけ麺
関連記事
[ 2012/12/27 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

認定?本町最強焼肉ランチ/たじま(大阪:本町)

先日のランチは 炭焼 水七輪焼肉匠 たじま です。
地下鉄「本町」駅から安土町通りを東へ徒歩3分のところにあります。

HommachiTajima_000_org2.jpg
ワンコイン500円ランチは本町近辺では驚くことではないですが
何と焼肉ランチが500円!もう躊躇なく入るしかありません。

HommachiTajima_001_org.jpg
500円ですけど、七輪で炭火です。

HommachiTajima_002_org.jpg
さぁ登場!ハプニングランチ 500円

500円ですけど、どんぶりサイズのご飯・味噌汁・焼き野菜・サラダ・漬物が付きます。

HommachiTajima_003_org.jpg
500円ですけど、バラ肉がたっぷり10枚以上盛り付けられています!!!

HommachiTajima_004_org.jpg
どう見ても500円ランチを食べている姿には見えませんが
普通に美味しい焼肉で、しかも腹いっぱいです。

HommachiTajima_005_org.jpg
更に、1月&2月には 俺の焼肉定食 という60分 肉・飯食べ放題 1,000円
をやっちゃうそうです。しかも終日OK!
こうなるとホンマに本町最強になってしまいますね!
関連記事
[ 2012/12/26 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

サンタさんから娘へのプレゼント/しゃべる地球儀

今朝起きてみると、娘のところにもサンタクロースが来てくれたようです。
DSCF1616_org2.jpg
なぜか しゃべるちきゅうぎ が欲しかったようです。
DSCF1628_org.jpg
これが しゃべる地球儀 の パーフェクトグローブ
DSCF1621_org.jpg DSCF1624_org.jpg
私が習ったころはソ連・チェコスロバキア・ユーゴスラビアだったので
xxxスタン や xxxニア はこんなところにあるんだぁ、って感じです。
DSCF1630_org.jpg
例えば、付属のパーフェクトペン(写真右手前のタッチペン)で 国歌 を押してから、
日本 を押すと 君が代 が流れるような仕組みになっています。

更にパーフェクトペンにUSBケーブルを接続すればインターネットから、
最新情報にアップデートもできるようになっています。
DSCF1633_org.jpg
更に更に前方のパネルを引き出すと、日本地図が登場し
各都道府県の情報もしゃべってくれるそうです。
IMG_2351_org.jpg
サンタさんが、おまけで付けてくれた 世界の国旗かるた

娘でなく私がしばらく遊んでしまいそうです。
関連記事
[ 2012/12/25 21:00 ] おうち | TB(0) | CM(0)

ありころーる/ありこるーじゅ(大阪:和泉中央)

クロスバイクで 河内長野から和泉中央 まで走ったときに
ケーキの店 ありこるーじゅ に寄りました。

泉北高速「和泉中央駅」から泉北1号線を更に南下し、
「唐国中交差点」を和泉府中方面へ700mのところにあります。

IzumiChuoHaricotRouge_004_org.jpg
7~8年前に何度か買ったことはあるのでそれ以来になります。
この時期なんで、当然クリスマス関係のケーキがたくさんおいてあります。

IzumiChuoHaricotRouge_000_org.jpg
何といっても ありこるーじゅ といえば ありころーる 650円
以前は500円だったので、この値段にビックリしていました。

IzumiChuoHaricotRouge_001_org.jpg
見た目は、ごく普通のロールケーキです。

IzumiChuoHaricotRouge_002_org2.jpg
長さ11cmとちょっと短めなんで、3~4人分でしょうか。

IzumiChuoHaricotRouge_003_org.jpg
でも食べると、ふんわり、しっとりしたきめ細かいスポンジと
甘すぎないクリームがよく合って、めちゃウマなんです

IzumiChuoHaricotRouge_005_org.jpg
久しぶりに食べてもやっぱり美味しいロールケーキでした。
ロングありころーる があれば嬉しいのなぁって思ってしまいます。
関連記事
[ 2012/12/24 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

【ポタ】河内長野~和泉中央

河内長野の ラブリーホール に頼まれごとがあり、
折角なんで自転車で行く予定にしていましたが
前日の夜に急にキャンセルになってしまいました。

でも今日の午前中は自転車に乗る気マンマンで、今更コースも考えられないので
何の用事もないですけど、予定通りラブリーホールまで行って、
和泉中央方面まで走ってみました。
IMG_2331_org.jpg IMG_2332_org.jpg
とりあえず河内長野駅近くのラブリーホールに意味なく到着。
ここから西高野街道を北上し、
ラーメンの 純情屋、インド料理の ハスノハナ あたりから
狭山ニュータウンに入ります。
IMG_2335_org.jpg
梅で有名な荒山(こうぜん)公園近くのコンビニで休憩していると
後輪が泡をふいているの発見。しかもプシューと音までしています。

でもタイヤの空気もまだ大丈夫っぽかったので気にせずそのまま走行しました。
家で履歴を調べてみると、この状態で25kmぐらい走ってました。
Lovely_Data_org.jpg
 地図は河内長野駅から泉北有料道路
 までですが、走行履歴は自宅が起着点
 ですのでデータは一致していません。

 走行時間:2時間35分
  距 離 :51.5km
    (2012年累計:1,921.2km/31日)
 最高速度:37.78km/h
 平均速度:19.86km/h

今回は和泉中央駅近くの ありこるーじゅ でロールケーキを買って帰りました。

<↓クリックすると拡大します>
Lovely_Route_org.jpg
関連記事
[ 2012/12/23 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(0)

クリスマスはインドカレー/ハスノハナ(大阪狭山)

先日のディナーは Indian Dining ハスノハナ です。

国道310号線の「茱萸木南」交差点を西へ向かい、
坂を上りきったスーパーコノミヤの向かいにあります。

ホントのクリスマスは家で食べるので、
クリスマスディナーと理由づけて、1週間ほど早く行ってみました。

ちなみに食べた料理はまったくクリスマスっぽくないです。

ディナーでも1,100円のセット~あり、しかも組み合わせが微妙で
ドリンクは付いているけどナンが小さいセットや
デザートが付いているけどドリンクがないセットなど悩ましいですが・・・

OsakaSayamaHasunohana_002_org.jpg
チーズナン・ポテトサグワラ(カレー)・サラダ・チキンティッカ がついた Bセット 1,200円

OsakaSayamaHasunohana_004_org.jpg
以前食べた SURAJチーズナン はナンの中にチーズを閉じ込めていますが、
こちらは、ナン全面を覆っている表面のテッカテカがチーズになります。
カレーをつけなくてもこれだけでメチャクチャ美味しいです。

OsakaSayamaHasunohana_003_org.jpg
ポテトサグワラ、つまりポテト入りほうれん草カレーです。
辛口にしましたが、ちょうどいい感じでナンとよく合います。

OsakaSayamaHasunohana_005_org.jpg OsakaSayamaHasunohana_007_org.jpg
意外や意外、日本風の サラダ・・・食べやすく美味しい。
特に驚くほどでもない チキンティッカ・・・普通に美味しい。

OsakaSayamaHasunohana_000_org.jpg
ドリンクが付いていないセットだったので、インドカレーにはやっぱり ラッシー
目一杯入っているので、抜き足差し足忍び足で持ってきてくれます。

OsakaSayamaHasunohana_008_org.jpg
クリスマスディナーと称しているので、ちょっと贅沢に
マトンシシカバーブー 700円

マトン独特の臭みが苦手な人は無理でしょうけど、私は美味しくいただけました。

OsakaSayamaHasunohana_001_org.jpg OsakaSayamaHasunohana_006_org.jpg
ナン(Sサイズ)・お子さまカレー・サラダ・手羽先 のついた
娘の チャイルドセット 750円

OsakaSayamaHasunohana_009_org.jpg
こちらは誰もがイメージするようなインドカレー屋さんではなく
おしゃれなカフェのようなお店で、ランチはいつもいっぱいです。

初めてディナーに行きましたが、ギリギリセーフで待つことなく座れました。
この味と雰囲気なら夜でも人気があるのがわかるようなお店でした。
関連記事
[ 2012/12/22 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

牡蠣とほうれん草のスパゲティ/バールワン(大阪:梅田,大阪駅前第2ビル)

先日のランチは BA-RU ONE(バールワン) です。
大阪駅前第2ビルB2Fにあります。

久しぶりに行ってみるとお店が拡張されていました。
IMG_2267_org.jpg
お手頃価格で10数種類のスパゲティがあり、
裏面にはコーヒー等が200円からあります。
IMG_2268_org.jpg IMG_2270_org.jpg
よくあるサラダっぽいですけど、真ん中にはサツマイモがのっています。

よくあるパンっぽいですけど、クルミパンとパンは
それぞれ軽くトーストされています。

どちらもちょっとしたことですけど、こういうのは大事ですよね。
IMG_2271_org.jpg
この季節にはやっぱり、
牡蠣とほうれん草のスパゲティ 800円 + 大盛り 150円

トマトとほうれん草で彩りが鮮やかで、
牡蠣3個とアサリ2個、今冬の初めての牡蠣です。

いつもはクリームソースけど、たまにはオイルソースでもいいですね。
IMG_2266_org.jpg
サラリーマンひとりでも気軽にランチできて
この価格とこの味なら毎日でも通えるようなお店でした。
IMG_2296_org.jpg
折角、駅前ビルまで来たので第4ビルの特設宝くじ売り場で
年末ジャンボを買って帰りました。
そして、これが私が手にするであろう6億円!
関連記事
[ 2012/12/21 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(0)

エビフライ&煮込みハンバーグ/stereo(大阪:谷町四丁目)

先日のランチは ステレオ(stereo) です。
地下鉄「谷町四丁目駅」から谷町筋を北へすぐのところにあります。

奥さんの友達から教えてもらったので行ってみました。

Tani4Stereo_001_org.jpg
人気の トルコライス は13時からだそうなので
ハンバーグミンチカツ にしようと思いながらメニューを見ていると・・・

Tani4Stereo_002_org.jpg
エビフライ&煮込みハンバーグ と嬉しい組み合わせだった
日替わりランチ 700円 にしました。

注文したら、すぐに出てきたので作り置き?って思ってたら
次の人も日替わりを頼むと厨房ではすぐに海老フライを揚げ始めました。
あまりにも手際が良すぎたので、勘違いでした。

Tani4Stereo_003_org.jpg
海老フライ にはタルタルソースをからめて
揚げたてサクサクでウマ~、しかも大きな海老が2尾も付いています。

キャベツの千切りとトマト更にハンバーグの後ろにはポテトサラダまで!

Tani4Stereo_004_org.jpg
煮込みハンバーグ は程よい柔らかさとジューシーさで何個でも食べられそうです。

Tani4Stereo_000_org.jpg
日替わりとはいえ、これで700円とはなかなかのコストパフォーマンスです。
食べ終わっても脂っこい感じがしません。

後は、+100円でもいいのでスープでもあればちょっと嬉しいなぁ。

次は、提供時間が厳しいけどトルコライスに挑戦したいですね。
関連記事
[ 2012/12/20 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(2)

相棒に気をつけろ(逢坂剛)

本日、読了。

逢坂剛では21冊目。

世間師シリーズでは1作目。


 <あらすじ>

  「いやはや、とんでもない女と組んだものだ」ハッタリと出任せ
 には俺も自信があるが、相方は一枚も二枚も上手。

  ヤクザの香典はパクるわ、地上げ屋の眼前でストリップショウを
 企むわ、欲深い奴らを手玉にとって涼しい顔。
  『四面堂遙』この女、タダモノではない…。
  要領よし、逃げ足早し、正義感少しあり、腕力なし。

  世渡り上手の世間師コンビが大活躍するウィットたっぷりの
 「いそがしい世間師」「痩せる女」「弦の嘆き」「八里の寝床」
 「弔いはおれがする」の5編からなる痛快短編集。



<感想>

 男女二人の世間師つまり詐欺師の話です。
 コン・ゲームなので古くはポールニューマンの「スティング」、ちょっと前だとジョージ・クルーニーの「オーシャンズ11」のシリーズですけどこの『相棒に気をつけろ』はスケールが小さいというか、かわいいというか、しょぼい。
 でも弱いものイジメではなく、悪人からお金をせしめるので、嫌みがないです。

 本名がわからないので自称『四面堂遙(しめんどうはるか)』は、とんでもなく図々しく度胸のある女性ですが、『禿鷹の夜』の禿富鷹秋(とくとみたかあき)よりも断然好感が持てます。

 彼女の見た目は、X-ファイルのスカリー役のジリアン・アンダーソン を太めにした感じらしいのですが、ちょっと顔が思い浮かばなかったので、個人的にはそのときの声優の戸田恵子だと思いながら読んでいました。ということは相手の男性は、風間杜夫(モルダーの声優)になってしまいますね。


  「弦の嘆き」には 岡坂神策シリーズの あでやかな落日
 で登場したギターショップ『モデラート』の塔野響子が登場
 します。
  ひとりの作家を読み続けていると、こんなシーンがあると
 嬉しくなりますよね。

  逢坂剛にしては、軽く読める作品でした。



逢坂剛 読了リスト1
【逢坂剛 読了リスト2】
 燃える地の果てに
 イベリアの雷鳴          イベリア・シリーズ1
 熱き血の誇り
 禿鷹の夜              禿鷹シリーズ1
 牙をむく都会            岡坂神策シリーズ7
関連記事
[ 2012/12/19 21:00 ] 逢坂剛 | TB(0) | CM(0)

まんまるドーム型チーズケーキ/卵菓 ハシタマ(和歌山:橋本)

クロスバイクで 学文路駅 へ行った帰りに
卵菓 ハシタマ(hashitama) に寄りました。

初芝橋本高校の近くで、葬儀場のTEAR橋本の隣にあります。

HashimotoHashitama_007_org.jpg
シュークリーム・プリン・カステラ・ロールケーキと手頃な価格で美味しそうなものが並んでいて、
形状のインパクトから こっこの宝物(チーズケーキ) 1,050円 を注文。

HashimotoHashitama_008_org2.jpg

なんとコチラでは試食があります。

左: 小峰台ロール(ロールケーキ)と 右: こっこの宝物(チーズケーキ)
更に、コーヒー まで出してくれます。

クロスバイクで 大阪→和歌山 の峠越えをして疲れ切って、
これからまた同じ峠を越えなければならない私にとっては
力を貰えたようなありがたいサービスです。

HashimotoHashitama_000_org2.jpg
かなり大きな箱でしたが、持参したエコバッグにギリギリ入り
気を付けながら自転車で紀見峠を越えて持ち帰りました。

さぁ、開けてみましょう!

やっぱり熊取町・北泉の ふわふわチーズケーキ事件 がトラウマになっており、
今回も柔らかいチーズケーキなので箱を開けるのが不安になります・・・

HashimotoHashitama_001_org2.jpg
まぁ~キレイなまんまるで!
ほとんど崩れずに持って帰ることができました

HashimotoHashitama_002_org2.jpg
ホントにまぁ~るいズコットチーズケーキで、直径20センチ、高さ9センチもあります。
見た目よりもずしりと重いので量ってみると630グラムもありました。

HashimotoHashitama_003_org2.jpg
切るときに耳を澄ますとミシミシ?シュワシュワ?ジリジリ?と泡がはじけるような音がして
ふんわりで軽く、そして濃厚で・・・もちろん美味しいです。

HashimotoHashitama_006_org.jpg
コーヒーなどのサービスもあり、朝早くてもどんどんお客さんが来ていました。

HashimotoHashitama_005_org.jpg HashimotoHashitama_004_org.jpg
同じ敷地内には、たまご販売のお店と玉子かけごはんのお店があって
なかでも、卵庵 では玉子かけごはんが食べ放題だそうで、
これはかなり気になるお店です。近々来てしまうかも・・・。
関連記事
[ 2012/12/18 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(2)

【ポタ】受験必勝!すべらない砂 を求めて~紀見峠越え(和歌山:学文路)

南海高野線には 学文路(かむろ) という駅が和歌山県橋本市にあります。

Kamuro_004_org.jpg Kamuro_003_org.jpg
駅名から 学問(文)の路に通じる ということで、
この時期になると南海電鉄から 学文路駅入場券 を販売しています。
内容は、入場券が5枚、つまり
ご(5) 枚入り 場券 文路駅 → ご入学 となるわけです。

更に学文路駅でこの入場券を提示すると すべらない砂 が貰えます。

私の甥っ子が高校受験なので、このすべらない砂を求めてポタってみました。

Kamuro_000_org.jpg Kamuro_005_org.jpg
河内長野から371号線(高野街道)を南下すれば、和歌山に行けますが
交通量がそこそこあるので、高野線沿いの脇道を進んでいきます。

橋本の柿 味は日本一 の看板のある 紀見トンネル が見えたら、
手前で右折してクルマがほとんど通らない 紀見峠(標高400m) を目指します。

意外にも苦労せずに紀見峠に到着!
きっと河内長野から緩い坂を延々上ってきたからでしょう。

ここから一気に紀の川まで下ります。
下りは快適なのはいいんですが、この長い坂を帰りは上ることになるので
爽快やら不安やら複雑な気分です。

Kamuro_006_org.jpg
あっという間に 学文路駅 に到着。

Kamuro_001_org.jpg Kamuro_002_org.jpg
窓口で入場券を提示すると、はいはいっ、て感じですぐに すべらない砂 を貰えます。
学文路天満宮でご祈祷を受けている砂だそうです。

Kamuro_007_org.jpg Kamuro_008_org.jpg
せっかくなんで 学文路天満宮 にも行ってみました。
名前が一緒なんでてっきり駅近くかと思ったら、2kmぐらい離れてました。

参道には奇妙にねじれた ネズの木 という天然記念物があり
学問の神・菅原道真公 という文字を見るだけでご利益がありそうです。

Kamuro_011_org.jpg Kamuro_009_org.jpg
本殿手前には左右に狛犬(阿と吽)がいて、
男性は右の狛犬(阿)の頭もなでてから祈願してください、と案内があります。

Kamuro_010_org.jpg
指示通りの作法でお参りして、あとはお土産を買って帰るだけです。
今回は、卵菓 ハシタマ で チーズケーキ を買いました。

kimitoge_Route_org.jpg
帰りは371号線(高野街道)を延々北上して、なんとか柱本交差点まではたどり着きました。
ここから最後の難関・紀見峠に向かいます。

坂は長~いし、疲れたので歩こうと考えると、以前に 加太の大川峠 を疲れたので私が歩いていると
颯爽と抜き去ったおじいちゃんの後姿が浮かんできてしまうので、もう少しあと少しと粘ってなんとか頂上に到着。

ここから河内長野駅近くまで駆け下ります。
コツコツ貯金したのに、一気に散財してしまう気分です。
Kamuro_Data_org.jpg
 地図は河内長野駅以南ですが、
 走行履歴は自宅が起着点ですので
 データは一致していません。

 走行時間:4時間42分
  距 離 :79.2km
    (2012年累計:1,869.7km/30日)
 最高速度:50.95km/h
 平均速度:16.83km/h

 往復ともほとんど同じルートで峠越えだったので、
 標高(青線)がきれいな線対称になってしまいました。

 そういえば、有栖川有栖の 海のある奈良に死す、って
 いう小説で学文路駅近くの人魚のミイラが登場していた
 と思うので、次来るときはそれでもいいかも。


ちなみに、帰宅してから衆議院議員選挙にちゃんと行きましたよ。

<↓クリックすると拡大します>
Kamuro_Route_org.jpg
関連記事
[ 2012/12/17 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(0)

【おでかけ】ユニバーサル・ワンダー・クリスマス/USJ

DSCF1499_org.jpg
ユニバーサル・ワンダー・クリスマス をやっているので、USJ に行ってきました。
のんびりと15時前に到着。
DSCF1509_org.jpg
スノーマン も登場する ハッピー・スノー・パーティ
パーティ中には雪に模した泡まで降ってきます。
DSCF1514_org.jpg
パーティ後にはいろんなキャラクターたちと自由に 写真撮影ができます。
DSCF1517_org.jpg
ほとんどのアトラクションは待ち時間が長いなかで、なぜか10分で乗れるというので
ジュラシック・パーク・ザ・ライド に行ってみると、何とかザウルスがいました。
子どもたちが葉っぱをあげると、食べてくれます。
ただ、夏に行った福井の 恐竜博物館 の圧倒的な迫力には程遠いです。
DSCF1519_org.jpg
このアトラクションは完全に濡れるので娘がフードを被ると
USJなのに ミニーマウス になってしまいました。
DSCF1520_org.jpg
真ん中ぐらいの席なのに、ずぶ濡れで
他のアトラクションに比べて空いている理由がわかったような気がします。
極寒にはちょっと厳しいようです。
DSCF1527_org.jpg
ちょうど隣にある ウォーターワールド が始まる時間だったので、そのまま移動。
悪役の ディーコン 登場で会場は大ブーイングで盛り上がります。
このショーのいいところは、アクションもそうですけど
ディーコンや前説のお兄さんたちの 客いじり ですねぇ!
DSCF1532_org.jpg
クライマックスの墜落した飛行機の爆破シーン
DSCF1542_org.jpg
その後、休憩でオニオンスープとホットチョコを飲んでいると、清掃のお姉さんが
「寒いですよねぇ、そんな皆さんには目がハートのキティちゃんのシールを
差し上げますので、温かくなってくださいね!
他のお兄さんお姉さんにも聞いてもらえると別のシートを貰えるかもしれませんよ」
とのこと。

そんなことやってるんだぁ~
DSCF1543_org.jpg
そろそろいい時間になってきました。
DSCF1549_org.jpg
寒いなか、ナイトショーの 天使のくれた奇跡Ⅱ が始まり
まだかまだかと待っているとショーの最後にようやくツリーが点灯!
点灯中は様々な色に変化していきます。

サクサクっと楽しめたんで滞在時間4時間ほどで帰っちゃいました。
関連記事
[ 2012/12/16 21:00 ] 旅行・おでかけ 大阪 | TB(0) | CM(0)

なんばCITYで BLTサンド/カフェ・ド・ミンガス(大阪:難波)

先日のランチは カフェ・ド・ミンガス(MINGUS) です。
なんばCITY本館のB2Fにあります。

本町の スリーチムニーズ で アメリカンクラブサンド を食べたブログを見た
奥さんから「このお店もええでぇ」とおススメされたので行ってみました。

NambaMingus_001_org.jpg NambaMingus_002_org.jpg
ランチは3種類あって、デザートも5種類から選べます。
おススメは BLTサンド 900円

NambaMingus_003_org.jpg
アイスコーヒースープ

コーヒーが出てきたあとに、
ホットミルクティーにしとけばポットで出てきたのにぃ!とちょっと後悔。

NambaMingus_004_org.jpg
BLTサンド

中央にはフライドポテトと小さなピクルスも付いています。
ベーコン・レタス・トマトと具材もたっぷりと挟んであって、
結構ボリュームもあります

NambaMingus_005_org.jpg
デザートまで付いて、カラメルとくるみのケーキ にしました。

NambaMingus_006_org.jpg NambaMingus_000_org.jpg
格好イイお店のコースター。

こんなに付いて難波で 900円 はなかなかのコストパフォーマンスです

関連記事
[ 2012/12/15 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(2)

水晶プレートでサムギョップサル/ど根性屋(大阪:あびこ)

またまたまたまたまたクーポンですけど・・・先日のディナーは 韓国風居酒屋 ど根性屋 です。
御堂筋線「あびこ駅」の南口を上がったところにあります。
AbikoDokonjoya_002_org.jpg AbikoDokonjoya_003_org.jpg
10席ほどあるカウンターは普通ですが、
右の写真のように、柱の右側が建物内で、柱の左側に置いてあるテーブルは外です。
でもビニールハウスのようにしっかり囲まれているので寒いことはありませんよ。

AbikoDokonjoya_001_org.jpg
テーブルにはドーンと水晶プレートがセッティングされています。
ホントにこれで焼けるのか若干疑ってしまいますが・・・

AbikoDokonjoya_004_org.jpg AbikoDokonjoya_005_org.jpg
生中 1杯が付いていますが、飲めないので マンゴーコーラ
韓国風の チョレギサラダ(写真は2人前)

AbikoDokonjoya_006_org.jpg
スンドゥブ(豆腐チゲ)(写真は1人前)

これは辛いだけでなくコクもあり、メチャクチャうまいです!

AbikoDokonjoya_007_org.jpg
こんなにウマいスンドゥブには 白ごはん
クーポンには白ごはんが付いていて、頼むタイミングはいつでもいいみたいでした。

AbikoDokonjoya_008_org.jpg
焼き立てアッツアツでモチモチの 海鮮チヂミ

AbikoDokonjoya_011_org.jpg
そしていよいよ サムギョップサル の登場!

豚三段バラ肉チシャ菜・エゴマ葉・キムチ
焼き野菜は タマネギピーマン

AbikoDokonjoya_009_org.jpg AbikoDokonjoya_010_org.jpg
テーブルにあった紙コップが気になっていたら、油受けでした。
水晶プレートには、ちゃんと穴が開いていて、プレートも傾いていました。

AbikoDokonjoya_013_org.jpg
傾斜の下流には野菜を、上流にはお肉をのせます。
水晶プレートでもしっかり、焦げて焼けていて、煙も出ません。

AbikoDokonjoya_012_org.jpg
薬味はゴマ油やコチュジャンも置いていますが
サムジャン というものを初めて見ました。
コチュジャンの辛さが無いバージョンのようなものです。

AbikoDokonjoya_014_org2.jpg
焼けた豚三段バラ肉にキムチ・サムジャンをのっけて、チシャ菜・エゴマ葉で包むと

肉汁がジュわっと、ウマ~~~い!

AbikoDokonjoya_015_org.jpg
しかも豚三段バラ肉は食べ放題なので、もちろん追加。
これで2人前(400g)です。

更に更にお肉は、豚三段バラ肉しかないですが
薄切りタイプと厚切りタイプと2種類用意されていて
違う食感を楽しめるようになっています。

素晴らしい!!

ちなみに、焼き野菜は食べ放題じゃないので追加料金が発生します。

AbikoDokonjoya_016_org.jpg
・・・戦いのあと。

AbikoDokonjoya_017_org.jpg
デザートは わらびもち(写真は1人前)

AbikoDokonjoya_000_org.jpg
いろんなチゲは通常メニューですが、サムギョップサルは土日限定のようです。

鍋を頼まなくても、単品メニューも豊富にあり、今日食べた限りでは味も期待できそうで、
更に安いのでまた来てもいいなぁ、というお店でした
関連記事
[ 2012/12/14 21:00 ] お食事処 韓国 | TB(0) | CM(2)

都会にある田舎で600円の さしみ定食/田舎茶屋(大阪:西天満)

先日のランチは 田舎茶屋 です。
西天満の大阪地方裁判所の少し北にあります。

NishitenmaInaka_000_org.jpg
ランチは4種類あり、すべて600円です。

NishitenmaInaka_003_org.jpg
さしみ定食 600円

ごはんはテンコ盛りです。(・・・頼んだわけじゃないですよ)

これで600円ですよ!

NishitenmaInaka_002_org.jpg
マグロ・ネギトロ・タコ・サザエ・カニ・ホタテ・タマゴ

ホントに600円ですよ!!

NishitenmaInaka_004_org.jpg NishitenmaInaka_005_org.jpg
アサリがたっぷり入った味噌汁、
でっかい小鉢(・・・小鉢ちゃうやん!)のおからとカボチャの煮物

もう1回言いますけど600円ですよ!!

NishitenmaInaka_001_org.jpg
ご飯は電子レンジでチーンと音を響かせて温めてますよ。
お茶は2Lのペットボトルで出てきますよ。
大根のけんは萎びてますよ。
おばちゃんはすごくフレンドリーですよ。
おしぼりは絞りが甘くてベトベトですよ。
田舎茶屋ですけど梅田(の外れ)ですよ。

でもいいんですよ・・・安くて美味しいんだから!
関連記事
[ 2012/12/13 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(4)

あやし~怪~(宮部みゆき)

本日、読了。

宮部みゆきでは31冊目。


 <あらすじ>

  「居眠り心中」、「影牢」、「布団部屋」、「梅の雨降る」、
 「安達家の鬼」、「女の首」、「時雨鬼」、「灰神楽」、
 「蜆塚(しじみづか)」の九編の短編からなるちょっと怖い
 江戸ふしぎ噺。



<感想>

 ”怖い”っていうので血みどろ世界かと思っていたら”物の怪”と人の心の闇・怨念・妬み・憎しみなどを絡めた宮部みゆきらしい作品集になっています。
 映像や漫画で見る直接的な怖さではなく、最後まで正体を明かさないパターンもあるので、却って想像力が膨らんで怖さが増してしまいます。

 口入屋が登場することが多いので、震える岩天狗風 の”お初”のようなキャラクターを口入屋にして連作短編集にしたほうがいいのに!って思っていたら、タイプは違うけど おそろしあんじゅう という三島屋変調百物語シリーズに続くようです。

 

宮部みゆき 読了リスト1
【宮部みゆき 読了リスト2】
 心とろかすような―マサの事件簿      元察犬「マサ」シリーズ2
 理由
 クロスファイア
 ぼんくら                      ぼんくらシリーズ1
関連記事
[ 2012/12/12 21:00 ] 宮部みゆき | TB(0) | CM(0)

カウンター6席のカレー屋さん/スパイスチャンバー(京都:四条烏丸)

先日のランチは スパイスチャンバー(SPICE CHAMBER) です。
四条烏丸交差点から南西に1本入ったところにあります。
IMG_1327_org.jpg
チキンカレーキーマカレー の2種類のみ。
ちょっとお高めかなぁ。

13時過ぎに行くと満席でしばらく待ってようやく入店できました。
カウンター6席のこじんまりとした・・・かわいい店内です。
次に目に留まるってしまうのが奥さん・・・キレイです!
IMG_1329_org.jpg
キャベツとニンジンのピクルス
IMG_1331_org.jpg
キーマカレー 950円

なかなかキレイな盛り付けで
赤と緑のパプリカ、中央にはカリカリ梅がトッピングされています。

まずひと口・・・これは美味しい!

食べていくと徐々に辛くなってきます
でも、この辛さは我慢するようなものではなく心地よい辛さです。

こんなに美味しくてこれぐらいの辛さなら大盛りにしとけばよかったなぁ

カレーを注文すると必ず 「ドリンクいかがですか」 とススメられます。
キレイな奥さんの誘惑に思わず頼んでしまいそうになりますが、
お高めカレーなので今回はパスしました。

でもメニューを見ると、アルコールからソフトドリンクまでいろいろありますが

コーヒー牛乳  200円
アイスコーヒー 300円


なんじゃコレ?
IMG_1332_org.jpg
隣りのおじさんが コーヒー牛乳 を頼んだので
お断りして撮らせてもらいました。
(自分で頼めよ!)

ビンでした・・・美味しそうです。
(じゃぁ、頼めよ!)

ということは、アイスコーヒーが気になるところですが。
(だから、頼めよ!)
IMG_1326_org.jpg
帰りにはお口直しに アメちゃん を貰えます。

食べ終わっても脂でギトギトした感じもなく、
口が火事になることもなく
満足感だけが残るカレー屋さんでした
関連記事
[ 2012/12/11 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(2)

窯焼きスフレパンケーキ/星乃珈琲店(大阪:松原)

先日のおやつは 星乃珈琲店 大阪松原店 です。

国道309号線沿いで らーめん恵比寿 の向かいにあります。

星乃珈琲店ドトールコーヒー洋麺屋 五右衛門 と同じ系列で
2011年から関東を中心に展開しています。
近畿圏には大阪松原・枚方・三宮とあり、最近梅田にもオープンしたようです。

HoshinoMatsubara_000_org2.jpg
カレー・ドリア・スパゲティ・ホットサンドなどランチでも使えますが
今回の目的は看板商品の スフレ を食べにやってきました。

HoshinoMatsubara_002_org2.jpg
星乃ブレンド珈琲・ホットミルクティー・オレンジジュース

HoshinoMatsubara_003_org.jpg
まずは、フレンチトースト

HoshinoMatsubara_004_org2.jpg
メープルシロップをたっぷりとたらして
ふっくらしたフレンチトーストとクリームとメープルを一緒に食べて

あぁ~しあわせ~

HoshinoMatsubara_005_org2.jpg
メニューには 焼き上がりまで20分程お待ち頂きます。 と書いてあるので
待つこと20分・・・ほど。ようやく登場!

スフレパンケーキダブル

シロップは メープル・ハチミツ・黒蜜 が選べて、やっぱり メープル

HoshinoMatsubara_006_org2.jpg
またもやメープルシロップをたっぷりたらして
意外にもナイフではサクっと切れて、でも食べるとフワフワで

あぁ~トレビア~ン

HoshinoMatsubara_001_org2.jpg
コメダ珈琲 と同様で、駐車場があるのでモーニングから
近所のママ友・おばちゃん達の溜まり場になりそうな雰囲気のお店です。

シロノワールと同じように時々食べたくなるようなスイーツでした。
関連記事
[ 2012/12/10 21:00 ] お食事処 カフェ | TB(0) | CM(6)

カツそば/浅月(岡山:岡山駅前)

先日のランチは 浅月 本店 です。
岡山駅西口の岡山国際交流センターの裏にあります。
OkayamaAsaduki_002_org.jpg OkayamaAsaduki_001_org.jpg
表の看板にもあり、お店の名物でもらしい
文字通りに縁起を担いで、受験でも試合前でもないですけど

OkayamaAsaduki_003_org.jpg
カツそば 850円

いわゆる 『とんかつラーメン』 です。

少し酸味のある豚骨醤油で、いつも濃いラーメンに慣れてしまっているので
ちょっと薄いかなぁと思いつつも、食べているうちに次第にこの味に慣れてきます。

OkayamaAsaduki_004_org.jpg
普通のデカイとんかつがスープを吸って美味しい~
でもね、ウマイんやけどなぁ、なんか違うなぁ、足りんなぁ

・・・う~ん・・・ピーン!

OkayamaAsaduki_005_org.jpg
そうだ!このスープには 白ごはん だぁ!
早速、追加注文。
ランチサービスなんで +50円

かつ・オン・ザ・ライス・・・こりゃいける!

スープ飲んでライス・・・ウマ~イ!

白ごはんと出会って コンプリート!

OkayamaAsaduki_000_org.jpg
どうせ安易な考えでラーメンに とんかつ を入れただけでしょ!って思ってましたけど、
食べ終わってみると、明日も食べてもいいかなぁと思うようなラーメンでした

向かいには、同じく老舗ラーメン屋さんの 冨士屋 があるので、今度はこっちにも行ってみよう。
関連記事
[ 2012/12/09 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(1) | CM(2)

【映画】のぼうの城

先月の アルゴ に続き、史実ものを観てきました。
IMG_2090_org.jpg
 <あらすじ>

  天下統一を目指す豊臣秀吉(市村正親)は最後の
 敵・北条家に大軍を投じていた。
  その支城には周囲を湖で囲まれ“浮き城”の異名を
 持つ武州・忍城(おしじょう)がある。秀吉は2万の
 軍勢で忍城を落とすよう、家臣・石田三成(上地雄輔)
 に命じる。
  その城には領民から“でくのぼう”を揶揄した
 “のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握
 する成田長親(野村萬斎)という城代がいた。
  将に求められる智も仁も勇もない、文字通りの
 “でくのぼう”のような男の長親は、その40分の1の
 軍勢で迎え討とうとする。

<感想>

 野村萬斎の怪演が光り、野村萬斎のためのような映画です。
 演技しているようで演技をしていないような、もう最高です。

 石田三成は切れ者のイメージがあったので、上地雄輔でいいのかなぁ、と思いながら観ていましたが、だんだんと結構ハマっているやん!と見なおしてしまいました。

 結局のところ、長親(ながちか)は民衆の心を惹きつける魅力はあったけども、軍略が優れていたわけではなく、秀吉の備中高松城の水攻めを真似て失敗した三成の戦略ミスだったような・・・

 現在では、残念ながら、忍城は時代とともに取り壊され、周囲の沼は埋め立てられ、水攻めの名残りの堤防『石田堤』の一部だけが残っているそうです。埼玉ですけど機会があれば、この堤を見て、更に石田三成が陣取った丸墓山古墳から忍城のあった場所を見下ろしてみたいものです。

 まずは、和田竜の原作を読まないと!
関連記事
[ 2012/12/08 21:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

とり天ぶっかけうどん/本格手打 たけうちうどん店(大阪:中津)

先日のランチは久しぶりに 本格手打 たけうちうどん店 です。

地下鉄『中津』駅から新御堂筋に向かって、
らーめん弥七 の行列の前を過ぎて、情熱うどん讃州 まで来たら
新御堂筋沿いに北に向かったところにあります。
IMG_1198_org.jpg
お得なお昼のセットメニューもありますが・・・
IMG_1195_org.jpg
おそらく、ほとんどの人が注文しているのだろうと思われるのが、こちらの
IMG_1196_org.jpg
とり天ぶっかけうどん(冷) 780円

ゴムのように長~~~く伸び~~~るうどん

サックサクでアッツアツでジューシーな 名物!とり天
しかもデカイ しかも 5個も

ちなみに、2個はサックサクのまま
3個はぶっかけダシを含ませて
食べるのが私流。

こちらのとり天ぶっかけうどんは 非の打ちどころがない!

IMG_1194_org.jpg
一度、大盛りを食べたことがありますが、
あやうくギブアップしてしまいそうなぐらい麺のボリュームがハンパないので、
こちらで大盛りは頼む方はご注意を
関連記事
[ 2012/12/07 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(2)

イベリコ豚の10二郎和え麺/拳10ラーメン(京都:西大路三条)

先日のランチは 拳10(こぶとん)ラーメン です。

嵐電「西大路三条駅」から三条通りを東へ、
三条御前交差点を南へ曲がったところにあります。

お店の近くまで行くと、かなり前に ラーメンこぶ志 の頃に来たことを思い出し、
狭いカウンターだけの店内は同じですが、外観はすっかり変わってました。

先日行った、拳ラーメン がこちらから丹波口に移転し、
こぶ志跡に、拳10をオープンさせたそうです。

Nihioji3joKobu10_001_org.jpg
拳ラーメン と同様、そそられるメニューが多いです。
『限定』という言葉に負けて・・・

Nihioji3joKobu10_002_org.jpg
レアチャーシューがキレイな11月限定の イベリコ豚の10二郎(トンジロー)和え麺 850円

Nihioji3joKobu10_003_org.jpg
作っていただいているときに、ニンニクチップはどうしますか? と聞かれたので
仕事中でしたが、今日は 『やっちゃえ!気分』 だったので、
お願いするとこんな感じに・・・ちょっと後悔。

Nihioji3joKobu10_004_org.jpg
レンゲとお箸で底からかき混ぜてください、とのこと。

かな~り濃い味のイメージで食べてみると、
意外や意外、すっごく和風を感じさせる味で美味しいです。

Nihioji3joKobu10_005_org.jpg
しかもレアチャ-シューだけでなく、
弾力のあるイベリコ豚がたくさん入っていて、嬉しくなります。

Nihioji3joKobu10_006_org.jpg
この美味しいタレだと、やっぱり 〆ご飯【のりご飯】 150円 を頼んでしまいました。

Nihioji3joKobu10_007_org.jpg
あおさ がいい風味になった イベリコ豚ご飯 の完成!

Nihioji3joKobu10_000_org.jpg
豚だけでなく鶏ベースのラーメンも始めているようです。

ちなみに“いべりこ”を“イベリコ”に文字変換しようとしたら
“伊部理子”となり、ひとりで笑ってしまいました。
必ずどこかにいらっしゃいますよね。
関連記事
[ 2012/12/06 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(3)

龍臥亭事件(島田荘司)

本日、読了。

島田荘司では31冊目。

御手洗シリーズの8作目。


 <あらすじ>

  御手洗潔が日本を去って一年半、横浜馬車道に住む御手洗
 の友人で推理作家の石岡のもとに、二宮佳世という若い女性
 が訪れ、「悪霊祓いに岡山県の山奥に一緒に行ってほしい」
 と言う。
  なんとその理由は、大きな樹の根もとに埋められた人間の
 手首を掘り出すためだった…。
  三月末、石岡と佳世は、霊の導くままに、姫新線の寂しい
 駅に降り、山中に分け入り、龍臥亭という奇怪な旅館にたどり
 着いた。
  これが、身の毛もよだつ、おぞましい、不可解な大量連続
 殺人事件に遭遇する幕開きだった。



 <感想>

  ここ最近の御手洗潔シリーズの通り、本筋の事件とは別に昔話
 のような長編物語が含まれています。
  龍臥亭で起こる連続殺人が小出しで、しかも複雑で多すぎる
 ので正直なところ、上巻は疑問が膨れるばかりでダルいです。

  ただこの連続殺人が戦前に起きた『津山事件』という実際の
 殺戮事件をモデルにして、犯人も同じ『都井睦雄』が登場し、
 200ページにも及ぶ彼の誕生から事件までのストーリーが生生しく、
 読み応えがあります。

  はっきり言って本筋よりも都井睦雄物語のほうが完成度が高い
 です。


 本筋のトリックよりも驚いたのが、御手洗潔シリーズといいながらも、彼が登場するのが電報と手紙だけで、助手の石岡が事件を解決してしまったことです。
 更にビックリしたのが、都井睦雄の血を引く『ミチ』という女性が、なんと加納通子、つまり別シリーズの主人公・吉敷竹史刑事の元妻です。
 最後の最後でこれが明かされたので、結局は犯人は誰やったっけ?と忘れてしまいそうになってしまいました。

島田荘司 読了リスト1
【島田荘司 読了リスト2】
 水晶のピラミッド     御手洗シリーズ5
 飛鳥のガラスの靴   吉敷竹史シリーズ13
 眩暈            御手洗シリーズ6
 アトポス          御手洗シリーズ7
関連記事
[ 2012/12/05 21:00 ] 島田荘司 | TB(0) | CM(0)

生・ブリュレバウムクーヘン/パティスリーブラザーズ(大阪:難波)

かなり前に放送された 今ちゃんの「実は・・・」(ABC)で

【週刊実は・・・】グルメ正直者の月亭八方をうならせろ!
メンバー推薦!ここぞ!という時の『勝負みやげ』は実は…


のコーナーで、吉本新喜劇座長の小藪千豊さんが
パティスリーブラザーズ生・ブリュレバウムクーヘン を紹介して
見事、八方さんが うまい! の札を挙げました。

そこで、七五三のときのお茶請けに買ってきました。

パティスリーブラザーズ なんばCITY店
なんばCITY 本館1Fの北口の宝くじ売り場の近くにあります。

PatisserieBrothersNamba_005_org.jpg
えびすロール というロールケーキが一番人気のようです。
他には四角い キューブシュークリーム-アン って変わったものまであります。
また、紹介されたときの 今ちゃんの「実は・・・」 もお店では流していました。

PatisserieBrothersNamba_000_org.jpg
生・ブリュレバウムクーヘン(Mサイズ) 1,575円

電車で買いに行ったので、何の問題もないはずですが
先日の北泉の ふわふわチーズケーキ事件 があるので
若干箱を開けるのが不安です・・・

PatisserieBrothersNamba_001_org.jpg
キレイですねぇ~!
中央にあるのはミルキーな生クリームです。

PatisserieBrothersNamba_002_org.jpg
ブラザーズバウムクーヘンにカソナード・メープルシュガー・シロップをブリュレしています。

PatisserieBrothersNamba_003_org.jpg
バウムクーヘンはしっとりしていて、ブリュレされている表面はカリカリで香ばしいです。

そりゃぁ、ウマいです!

PatisserieBrothersNamba_004_org.jpg
ちなみに消費期限は当日のみです。

こうなると、同じような マダムシンコマダムブリュレ
食べたことがないので、食べ比べたくなりますねぇ!
関連記事
[ 2012/12/04 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(4)

七五三は料理長おまかせコース/創作料理 靖浩(大阪:河内長野,千代田)

娘の七五三だったので、お食事会で 靖浩 に行きました。

南海高野線「千代田」駅から、西へ向かって長い坂を上がっていき
「貴望ヶ丘」を右折したところにあります。

以前にランチで 品数が多すぎる靖浩御膳 を食べにきたお店です。
つまり前回はこの日のための下見だったわけです。
お祝いなので、料理長おすすめコース(要予約)です。

KawachinaganoYasuhiro_101_org.jpg
まずは、マグロの佃煮・海老・玉子焼き・ホタテ・竹輪の 突き出し

KawachinaganoYasuhiro_102_org.jpg
次は、鯛・エンガワ・イカ・サーモン・シマアジ・中トロ・海老の お造り

KawachinaganoYasuhiro_103_org.jpg
そして、シシトウ・海老・レンコン・ナス・餅・紅イモの 吹き寄せ餡かけ

KawachinaganoYasuhiro_104_org.jpg
器はレンコンでもちろん食べられます。

KawachinaganoYasuhiro_105_org.jpg
カニみそたっぷりの カニの茶わん蒸し
さつま揚げ
鮭・シマアジの幽庵焼き

KawachinaganoYasuhiro_106_org.jpg
まだ続きます、鱈の白子の酢の物

KawachinaganoYasuhiro_107_org.jpg
だし焼きおにぎり

これで、だいたい皆ギブアップ!

KawachinaganoYasuhiro_108_org.jpg
最後に ロールケーキ

ギブアップした人の分も含めて、3個も食べてしまいました。

KawachinaganoYasuhiro_100_org.jpg
これで 2,500円なんで、なかなかのモンではないでしょうか。
父母たちにも評判は良かったようです。特に吹き寄せ餡かけが。

普段のランチでも、ちょっとしたお祝いでも使えるお店でした。

☆今までの「創作料理 靖浩」☆
 ・限定靖浩御膳
関連記事
[ 2012/12/03 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(2)

【津山・鳥取旅行記⑪】つくしんぼのウィンナー/ダイニングカフェ 新(鳥取:若桜)

津山・鳥取旅行記 の最後のネタはこちら!

鳥取から大阪に帰るには鳥取自動車道を通って佐用JCTから中国道が便利ですけど
若桜街道から戸倉峠を越えて山崎ICから中国道で帰ってみました。

理由は、大阪ほんわかテレビで紹介されていた
手づくりハム公房 つくしんぼ のウィンナーを食べてみたかったので、
その息子さんがやっている ダイニングカフェ 新(あらた) に行くためです。

WakasaArata_010_org.jpg WakasaArata_011_org.jpg
クルマは道の駅 若桜(わかさ) か 若桜鉄道の若桜駅に停めることができます。
若桜駅はレトロな雰囲気で、構内にはSL(C12)も展示されています。

WakasaArata_009_org.jpg
雰囲気のある通りを抜けて行くと・・・

WakasaArata_008_org.jpg WakasaArata_007_org.jpg
ダイニングカフェ 新(あらた) に到着。
古民家を改装しているようで、無料休憩所としても使えるそうです。

WakasaArata_002_org.jpg
ちゃんと、つくしんぼ のウィンナーも売っていました。

WakasaArata_000_org.jpg WakasaArata_001_org.jpg
メニューは写真以外にもたくさんあり、かなりこだわりがあるようです。

豚トロ角煮丼などでランチとしても使えますが、鯛喜 で海鮮丼を食べてきたので
今回はちょっと休憩ということで・・・

WakasaArata_003_org.jpg
チョコレートケーキと梨の ひとくちケーキセット

WakasaArata_004_org.jpg WakasaArata_006_org.jpg
ゆずティー/ホット珈琲

WakasaArata_005_org.jpg
そして、つくしんぼ ロングウィンナー3種盛り(マイルド・辛子入り・パセリ入り)

めっちゃジューシーで肉汁があふれてきます。

ちなみに、つくしんぼ の商品はネットでも買えますが1ヶ月待ちのようです。

お店の旦那さんも奥さんもいい感じの人で
旅先でちょっと寄り道してのんびりするにはぴったりのお店でした。

以上で 津山・鳥取旅行記 は終了で~す。
関連記事
[ 2012/12/02 21:00 ] 旅行・おでかけ 鳥取 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12