FC2ブログ

おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2012年11月
月別アーカイブ  [ 2012年11月 ] 

≪ 前月 |  2012年11月  | 翌月 ≫

【津山・鳥取旅行記⑨】予約必須の海鮮丼/鯛喜(鳥取:鳥取砂丘)

鳥取砂丘 に行った後のランチは 鯛喜 です。
鳥取砂丘 と 砂の美術館の間で、砂丘センター の リフト の下ぐらいにあります。

TottoriTaiki_005_org.jpg
ランチと称しながらも、時間は10時30分・・・当然、奥さんはブーイング!
でも11席しかない小さなお店で、更に予約優先。

じゃあ、予約すればいいじゃないか!って思いますが
訪れた日は観光客が少ないだろうと予想したんですけど
それでも、やっぱり不安だったので、この時間に行ってみました。

TottoriTaiki_001_org.jpg
入ってみると、ほぼ満席で、運よく空いていた3人席に座ることができました。

TottoriTaiki_003_org.jpg
海鮮丼 1,150円

TottoriTaiki_004_org.jpg
よくよく見てみると、メニューに書いてある

本日の海鮮丼の魚です

と魚が同じ並びになっています。時計回りに、

天然ぶり・いか・いさき・しめさば・鯛・
磯っ子・よこわ・かれい・かつお・たこ・ほたて


それぞれが一切れ、二切れ入っています。
当然ながら、ウマいに決まっています。

そのなかでも、しめさば が最高にウマい!

これなら しめさば丼 にしとけばよかったぁ~

TottoriTaiki_002_org.jpg
娘の ハーフ海鮮丼 580円

メニューにはないですけど、少食の方にはいいサイズです。
でも普通サイズと変わらず全然豪華です。

TottoriTaiki_000_org.jpg
食べている間でも断られているお客さんや、当日予約しているお客さんもいたので
やっぱり予約して方がいいみたいです。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/11/30 21:00 ] 旅行・おでかけ 鳥取 | TB(0) | CM(4)

【津山・鳥取旅行記⑧】鳥取砂丘

クロスバイクで 白兎神社 に行って、ホテルで朝食を食べた後、
旅行2日目の家族との観光は、鳥取砂丘 から。

TottoriSakyu_004_org.jpg
まだ朝早かったので人がまばらです。
それにしても、砂ばっかりでここは日本でしょうか?

TottoriSakyu_000_org.jpg
前々日、前日とも雨が降っていたそうで、オアシス にも水が溜まっています。

TottoriSakyu_001_org.jpg
馬の背 から見た日本海

TottoriSakyu_002_org.jpg
風紋 も見ることができました。

TottoriSakyu_003_org.jpg
砂漠で遭難して彷徨ったような足跡発見!
この人は無事でしょうか?

TottoriSakyu_005_org.jpg
ラクダに乗ろうと思ったら、(ラクダの背じゃなく料金が)予想以上に高いので
背景にして撮影してみました。

TottoriSakyu_006_org.jpg TottoriSakyu_007_org.jpg
鳥取砂丘パークインフォメーション内で 砂絵 を作りました。
材料は全部用意されていて、予約も不要なので、
子どもには、いい思い出だったようです。ちなみに100円です。
関連記事
[ 2012/11/29 21:00 ] 旅行・おでかけ 鳥取 | TB(0) | CM(0)

【津山・鳥取旅行記⑦/輪行ポタ】因幡の白うさぎ(鳥取)

旅行の2日目。朝6時前に起床してポタってみました。
鳥取駅から西へ西へ走って、
神話 『因幡の白うさぎ』 の舞台になっている 白兎神社 を目指します。

タイムリミットはホテルで家族と朝食を始める8時!

InabaUsagi_002_org.jpg
むかしむかし、淤岐ノ島(おきのしま) という小さな島に、
一匹の 白うさぎ が住んでいました。

InabaUsagi_000_org.jpg
白うさぎは海の向こうの因幡に行きたいと思っていました。
しかし、その間の海はとても自力では渡れません。

そこで、白うさぎは 和邇(ワニ)ザメ に言いました。

「ワニザメさん、僕たちの仲間と君たちの仲間とどちらが多いか比べてみようよ。
君たちは向こう岸まで海の上を並んでくれ。ぼくはその上を数えながら跳んで渡るから」

と提案し、ワニザメを因幡の国まで並べさせ、その上をピョンピョンと渡っていきました。

 その上を渡りきる前に白うさぎは「お前たちは私にだまされたのだよ」と言ってしまったため、
それを聞いた最後のワニザメが白うさぎを捕まえて、白うさぎの皮をはいでしまいました。

InabaUsagi_001_org.jpg
【白兎海岸】

皮をはがされた白うさぎ泣いていると、隣の因幡の国に 八上姫(ヤカミヒメ) という
美しい姫がいるという噂を聞きつけて、自分のお嫁さんにしようと、因幡の国に向かっている
大国主命(オオクニヌシノミコト) の兄神さまたちが通りかかり、
「海水を浴びて、太陽と風に当たるといいよ」
と言うので、白うさぎは教えられた通り海水を浴びると、ますます痛くなり
そして太陽と風に当てると、さらにもっと痛くなりました。

InabaUsagi_003_org.jpg
あまりの痛さに白うさぎが泣いていると、意地悪な兄神達の荷物を
全部持たされた大国主命が、兄神達から遅れて通りかかり、白うさぎに言いました。

InabaUsagi_006_org.jpg
【白うさぎが体を洗ったという御身洗池(不増不減の池)】

「まず川の真水で体の塩気を良く洗い、それから蒲の穂を散らした上に寝転がれば、きっと治るだろう」
白うさぎがその通りにすると、やがて痛みも消えて、全身に元通りの毛が生えてきました。

InabaUsagi_005_org.jpg
喜んだ白うさぎは「八上姫は意地悪な兄神さまではなく、あなたを選ぶでしょう」と言い、
自らが伝令の神となって、兄神さまたちの到着より前に、この事実を八神姫に伝えたのでした。

InabaUsagi_004_org.jpg
【白兎神社の参道にある砂像】

これを知らない兄神さまたちは、先を競って姫に結婚を申し込みましたが、
姫は「私はあなた方ではなく、大国主命の元へ嫁ぎます」と言い、兄神さまたちを追い返したのでした。

                           おしまい

Tottori_Data_org.jpg
 このあと白兎神社から、湖山池を
 半周して南端にある青島を一周
 してから帰りました。

 走行時間:1時間27分
  距 離 :31.6km
    (2012年累計:1,790.5km/29日)
 最高速度:36.34km/h
 平均速度:21.64km/h

 8時を少し過ぎて、ホテルに着くと
 待ちきれなかったようで、既に二人とも
 朝食を食べている最中でした。

<↓クリックすると拡大します>
Tottori_Route_org3.jpg
関連記事
[ 2012/11/28 21:00 ] 旅行・おでかけ 鳥取 | TB(0) | CM(0)

【津山・鳥取旅行記⑥】『鳥取カレー』ではなく『鳥取でカレー』/かるだもん(鳥取:鳥取)

鳥取でのディナーですが
やっぱり カニ!と言いたいところですが予算が合わないので却下。
じゃあ 海鮮系・・・明日のランチに予定しているので却下。
では鳥取B級グルメで
ホルそば(ホルモン焼きそば) はランチに津山で ホルモンうどん を食べたので却下。

最後は 鳥取カレー・・・何それ?って感じですけど
鳥取の一世帯あたりのカレールウの年間支出金額が全国一位らしく
鳥取の食材を使ったオリジナルカレーを『鳥取カレー』というそうです。
(ざっくりしすぎている定義のように思いますが)

鳥取カレー倶楽部 というものがあり、加盟店で調べてみると
場所や営業時間などが合わなかったので

『鳥取カレー』 ではなく 『鳥取でカレー』

にして カレー&アジア料理 かるだもん に行ってみました。

TottoriCardamon_000_org.jpg TottoriCardamon_001_org.jpg
20種類ほどのカレーだけでなく、トムヤンクンやミーゴレンなどアジア料理まであります。

TottoriCardamon_004_org.jpg
牛すじカレー(中) 880円
トッピングは ゆで玉子 70円

辛さは10辛(3辛まで無料)まで選べるので、2辛にしてみました。

スパイシーなサラサラカレーで、美味しいですよ!

ただ・・・びっくりするぐらい辛い!

TottoriCardamon_007_org.jpg
中和するために福神漬を食べまくり~!

TottoriCardamon_002_org.jpg
奥さんの カボチャカレー(中) 750円
1辛なので、ちょうどいい辛さで、カボチャはホクホクで美味しい!

TottoriCardamon_003_org.jpg
ココナッツミルクが入って甘~い娘の お子様カレー 500円

TottoriCardamon_005_org.jpg
拳大の唐揚げが6個も付いた名物だという 鳥の唐揚げ 500円

TottoriCardamon_006_org.jpg
これがですねぇ、かな~りウマい

ジューシーなエスニック風で食べたことがない味なので、店員さんに聞いてみると
タイから輸入しているコブミカンの葉を使っているそうです。

TottoriCardamon_008_org.jpg
夕方に とうふちくわの里 ちむら で試食をし過ぎて
更に中盛りでもかなりのボリュームだったので、3人とも腹がはち切れそうになってしまいました。

TottoriCardamon_009_org.jpg
旅行に来て、ディナーがカレーだとちょっと寂しかったので
コンビニスイーツを買って、ホテルで食べて〆ました。
・・・デザートは別腹です
関連記事
[ 2012/11/27 21:00 ] 旅行・おでかけ 鳥取 | TB(0) | CM(0)

【津山・鳥取旅行記⑤】とうふちくわの里 ちむら(鳥取:鳥取南IC)

智頭宿 から鳥取市街へ向かう途中で鳥取自動車道の鳥取南IC近くにある
とうふちくわの里 ちむら に寄りました。

ToufuchikuwaChimura_002_org.jpg ToufuchikuwaChimura_005_org.jpg
とうふちくわとは、江戸時代に質素な食生活を奨励されたことにより
贅沢な魚のすり身の代わりに豆腐を使ったちくわのことで
豆腐:魚のすり身 = 7:3 の割合で配合さているそうです。

入り口では、鼻がとうふちくわになっているビミョーな とうふちくわくん
出迎えてくれ、ガラス越しに工場を見学することができます。

ToufuchikuwaChimura_003_org2.jpg ToufuchikuwaChimura_004_org.jpg
店内には生姜味やカレー味などの とうふちくわ
タコ天やイカすみ天などの揚げたての 因幡揚(さつま揚げ)が
合わせて30種類ほどすべて試食できます・・・というか食べ放題です。

しかも 全部ウマい!

観光バスのおばちゃん軍団と鉢合わせしてしまったので、
特に揚げたての因幡揚は、取り合いの大人気でした。

更に無料のお茶まであるので、淡路島の たこせんべいの里 のようです。

ToufuchikuwaChimura_009_org2.jpg
それらの中から厳選に厳選した
上 : ねぎとうふ  160円
左 : いかっぴゃく 380円
右 : チーズ天   140円

ホントはもっと買いたかったんですが・・・奥さんに却下されてしまいました。

ToufuchikuwaChimura_000_org.jpg
家ではレンジで温めて食べました。

とうふちくわは『焼き』もありますが、柔らかさを楽しめる『蒸し』の方がいいですねぇ。
そのなかでも ねぎ入り がはいい香りです。

チーズ天 はチーズ風味ではなく、がっつりチーズが入っています。

そして、いかっぴゃく!イカがたっくさん入っていてスパイシーです。
すぐに売り切れてました。

ToufuchikuwaChimura_006_org.jpg ToufuchikuwaChimura_007_org.jpg
ふとBGMに耳を傾けると笛のいい音色がしています
階段の踊り場ででおじさんが笛を吹いていました。

しかも、その笛はとうふちくわ!その名も とうふるーと

奏者は イワミノフ・アナミール・アゾースキー さんでした。
生粋の日本人だそうで、岡山のちくわ笛で有名な 住宅正人 さんが師匠だそうです。

ToufuchikuwaChimura_008_org.jpg ToufuchikuwaChimura_001_org.jpg
若干、期待薄で行ったのですが、思わぬいい収穫のあったお店でした。
この後、夕食は 鳥取カレーではなく鳥取でカレー を食べました。
関連記事
[ 2012/11/26 21:00 ] 旅行・おでかけ 鳥取 | TB(0) | CM(4)

【津山・鳥取旅行記④】紅葉狩り & 杉玉(鳥取:智頭)

津山の つゝや五大北天まんじゅう を食べた後、鳥取に向かいました。
途中の智頭町にも紅葉スポットがあるということで寄ってみました。

ChizuKoyo_000_org.jpg
智頭宿特産村の無料駐車場で観光マップをもらって、テクテク歩いていくと
諏訪神社 の参道があるので、ここを登って行くと・・・

ChizuKoyo_001_org.jpg
鮮やかな別世界が広がります。

ChizuKoyo_002_org.jpg
紅葉の範囲は広くないですけど、居心地のいい空間です。

ChizuKoyo_003_org.jpg
ここから階段の上には、どんな世界が広がっているんだろう
とワクワクしながら上っていくと、おじいちゃん達のおしゃべり場でした。
・・・ちなみに、紅葉はありません。

ChizuKoyo_004_org.jpg
智頭町は江戸時代には参勤交代で栄えた鳥取藩最大の宿場町だそうで、
その智頭宿にあるメインスポットの 石谷家住宅・・・なんですけど、素通りしました。

ChizuKoyo_005_org.jpg
智頭町は杉の町なので、ほとんどの家の軒下に 杉玉 が吊るされていて、町のシンボルになっています。

ChizuKoyo_006_org.jpg
大きすぎて軒下には吊るすことができない 塩田屋旅館の杉玉

ChizuKoyo_007_org.jpg
諏訪酒造の真っ黒な杉玉

ChizuKoyo_008_org.jpg
杉玉だけでなく、フクロウの団体さんも止まっていました。

岡山から鳥取に向かう途中にあるので、休憩がてら気軽に散策するにはいい町でした。

次は とうふちくわ の試食をしまくりです。
関連記事
[ 2012/11/25 21:00 ] 旅行・おでかけ 鳥取 | TB(0) | CM(2)

【津山・鳥取旅行記③】五大北天まんじゅう/つゝや(岡山:津山)

紅葉狩りに 衆楽園(旧津山藩別邸庭園) に行った後、つゝや に寄りました。

衆楽園からクルマで北へ5分のところにあります。

TsuyamaTsutsuya_001_org.jpg
商品は 五大北天まんじゅう のみしかなく
10個~100個の箱買いしかないのかと思っていたら
レジに 『 1コ 50円 』 と書いてあったので、ちょっと安心。

TsuyamaTsutsuya_002_org2.jpg
五大北天まんじゅう 3個 150円

TsuyamaTsutsuya_003_org.jpg
かなり薄っぺら~い!!

きっと何も知らない人にあげたら、押し潰れたモノをくれやがってぇ!
って嫌な気分になるかもしれません。

TsuyamaTsutsuya_004_org.jpg
甘さ控えめの黒糖まんじゅうで軽~いです。美味しい~です。

TsuyamaTsutsuya_000_org.jpg
とっても美味しいので(・・・安いし)、会社へのお土産にしたかったところですが
賞味期限が短く、一泊旅行の初日に買うには厳しいので、
自分たちの おやつ だけにしときました。

次は、鳥取の 智頭での紅葉狩り&杉玉 です。
関連記事
[ 2012/11/24 21:00 ] 旅行・おでかけ 岡山 | TB(0) | CM(0)

【津山・鳥取旅行記②】紅葉狩り/津山城 & 衆楽園(岡山:津山)

よしむら でホルモンを食べた後、津山の2つの紅葉スポットに行ってみました。

TsuruyamaSyuraku_000_org.jpg
まずは、森蘭丸の弟の森忠政が築城したという 津山城(鶴山公園) です。
桜の名所としては有名だそうで、
下から備中櫓を見上げると桜の木が冬らしい姿になっています。

こんな寂しい景色を見てしまうと
入場料の300円を払うのも惜しくなってしまいますが、いざ出陣!

TsuruyamaSyuraku_001_org2.jpg
入城すると一部にはキレイな紅葉もあり、ちょっとホッとします。

TsuruyamaSyuraku_003_org.jpg
どんどん登っていくと、こんな大きなイチョウがあり、この迫力にはビックリ!

TsuruyamaSyuraku_002_org.jpg
イチョウの木の下には、お昼寝でもしたくなるような
黄金色のじゅうたんで敷き詰められています。

TsuruyamaSyuraku_004_org.jpg
帰り際には色とりどりの紅葉で思わずパチリッ!

次に、クルマで津山城(鶴山公園)の少し北にある
衆楽園(旧津山藩別邸庭園) に移動しました。こちらは無料です。

TsuruyamaSyuraku_005_org.jpg
まず入ると鮮やかな鏡面風景が広がります。

TsuruyamaSyuraku_007_org.jpg
こちらもキレイな紅葉が点在しています。

TsuruyamaSyuraku_006_org.jpg
津山城は黄金でしたが、こちらは真紅のじゅうたんです。

どちらも混雑することなく、のんびりと散策することができました。

この後は つゝや の 五大北天まんじゅう でおやつの時間です。
関連記事
[ 2012/11/23 21:00 ] 旅行・おでかけ 岡山 | TB(0) | CM(0)

【津山・鳥取旅行記①】ホルモンうどん/よしむら(岡山:津山)

鳥取の 砂の美術館 に行きたかったので、一泊二日で旅行してきました。

ホルモンうどんといえば、兵庫県の佐用町でもありますが、
こっちは食べたことがあるので、鳥取へはちょっと遠回りになりますが
行ったことのない岡山県の津山市でホルモンうどんを食べてみることにしました。

TsuyamaYoshimura_002_org.jpg
ということで一日目のランチは よしむら です。

津山ICから53号線を北上して1本なかに入ったところにあり、クルマで5分ほどです。

TsuyamaYoshimura_010_org.jpg TsuyamaYoshimura_003_org.jpg
お店入り口には「かきお好み始まりました」と、もうそんな季節ですね。
粉もんがいろいろとあるので、いろんなものを頼んでみました。

TsuyamaYoshimura_004_org.jpg
今冬初めての カキおこ 850円

TsuyamaYoshimura_005_org.jpg
大きなカキもあれば、小さなものもゴロゴロと入っています。
お好み焼きはトロ~ッとしたタイプで、かなり美味しいです。

TsuyamaYoshimura_006_org.jpg
ホルモンうどん 800円

TsuyamaYoshimura_007_org.jpg
いろんな部位のホルモンが入ってい、味噌ベースになっています。
ちょっと・・・うどんがモソモソしています。

TsuyamaYoshimura_009_org.jpg
味噌汁・漬物が付いた ホルモンチャーハン 750円

TsuyamaYoshimura_008_org.jpg
塩胡椒のみの味付けでかなりあっさりしていますが
味噌で炒めたホルモンとよくあっています。

個人的にはカキおこがお好み焼きとしても一番美味しかったです。
全体的にちょっと少な目ですねぇ。

TsuyamaYoshimura_000_org.jpg TsuyamaYoshimura_001_org.jpg
この後、津山市街地に向かうので、途中にある
B'zの稲葉さんの実家の イナバ化粧品店 の写真だけ撮っておきました。

次は、津山城(鶴山公園)&衆楽園(旧津山藩別邸庭園) で紅葉狩りです。
関連記事
[ 2012/11/22 21:00 ] 旅行・おでかけ 岡山 | TB(0) | CM(6)

汁なし担々麺 & 塩釜ユッケ丼/拳ラーメン(京都:丹波口)

先日のランチは 拳ラーメン です。

JR山陰本線「丹波口駅」から線路沿いに南へ徒歩9分の七条通りにあります。

ず~っと行きたかったのに、
中途半端な場所にあるためになかなか行けなかったお店です。

TambaguchiKobushi_001_org.jpg
個性的なメニューが多く目移りしてしまいますが、

TambaguchiKobushi_002_org.jpg
食べたくて仕方がなかった・・・
汁なし坦々麺 850円
塩釜ユッケ丼 350円

TambaguchiKobushi_003_org.jpg
ミンチ肉・カイワレ・紫タマネギ・ネギ・ナッツに唐辛子パウダー と楽しい盛り付け。

「よくかき混ぜてお召し上がりください」とのことなので、

TambaguchiKobushi_005_org.jpg
グチャグチャにして食べると

複雑に辛くてウマい!

山椒の強烈なパンチ!

クルミの食感が心地いい!


あぁ~待ち望んだ甲斐がありました。

TambaguchiKobushi_004_org.jpg
このチャーシュー、めちゃウマっ!

この弾力と食感はチャーシューでは初めてです。

この塩釜ユッケ丼の大盛りがあれば、これだけでも大満足できます。

TambaguchiKobushi_007_org.jpg
〆ご飯もありますけど、敢えて塩釜ユッケ丼のご飯を残して
たっぷり残った坦々麺の肉味噌と合わせて 肉味噌ご飯 で〆ました。

TambaguchiKobushi_006_org.jpg
塩釜ユッケ丼についていた 小さな木製のサジ?
あまりにも小さいので何に使うのでしょう?
よくわからなかったので、普通の赤いレンゲで食べました。

TambaguchiKobushi_000_org.jpg
他にも見たこともないメニューがたっくさんあるので、また来ま~す
関連記事
[ 2012/11/21 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

看板のないうどん屋さん/釜竹(大阪:羽曳野)

先日のランチは 釜竹(かまちく) です。
羽曳野の 大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター の近くに
ありますというか、あるはずというか・・・

HabikinoKamachiku_000_org.jpg
看板も暖簾も無いので知らないとたどり着けません。
お店の近くには駐車場があり、立派な看板があります。
そこを頼りに付近の

小さく 『商い中』

が見付かれば、そこがお店です。

HabikinoKamachiku_002_org.jpg
釜揚うどんざるうどん のみ

HabikinoKamachiku_001_org.jpg HabikinoKamachiku_003_org.jpg
薬味は ネギ・天かす・生姜・七味

徳利の 大きいのが釜揚用、小さいのがざる用のダシ

HabikinoKamachiku_005_org.jpg
釜揚うどん(大盛り) 850円

美しい~

HabikinoKamachiku_004_org.jpg
太打ざるうどん(大盛り) 900円

惚れ惚れします

HabikinoKamachiku_006_org.jpg
割り箸には 釜竹の焼き印

太めの麺はツルツルでコシ強め、うまいっ!

鰹のいい香りするダシも うまいっ!

薬味を入れて、ズズズっーと・・・うまいっ!

大盛りでもあっという間・・・特盛りが欲しい~!

シンプルでも充分に満足がいくひとときでした
関連記事
[ 2012/11/20 21:00 ] お食事処 うどん | TB(1) | CM(0)

厚切り炙りチャーシューのつけそば/田舎亭(京都:二条)

先日のランチタイムは京都の二条駅に居たので
久しぶりに 大鵬 で てりどん でも食べようかと考えていたら、
ふと「そういえば・・・二条と言えば何かあったような?」・・・

2joInakatei_000_org.jpg
二条駅の南にある京都三条会商店街に入って・・・

・・昼ごはんでっせェ~・・・
・・・炙り・・・そば・・・と

2joInakatei_001_org.jpg
徐々に思い出したのがこちらの 田舎亭 です。

2joInakatei_002_org.jpg
ありましたぁ!厚切り炙りチャーシューのつけそば!
大阪ほんわかテレビ のシールもありました。
鳥玉 もあるのかぁ・・・ちょっと迷って

2joInakatei_003_org.jpg
やっぱり 厚切り炙りチャーシューのつけそば 790円

店内で食べるのであれば2玉でも同じ料金・・・そんなときは、やっぱり 2玉!

2joInakatei_005_org.jpg
メニューの写真では大きな厚切り チャーシュー ですが
実際には短冊切りになってます・・・おそらく食べやすいようにしたのでしょう!
半熟玉子・もやし・ねぎ・薄揚げ など具だくさんです。

2joInakatei_004_org.jpg
細切りのそば。2玉なんで結構なボリュームです。

食べてみると、うま~い!

ピリ辛の鰹風味の つけだれ が そば にめっちゃ絡みます。
だから つけだれ が予想以上に減りが早い早い!

薄揚げはきつねうどん用のようで甘~く、
ピリ辛の つけだれ のなかでいいアクセントになっています

でも そば はちょっと柔らかく のび気味・・・

2joInakatei_006_org.jpg
おススメの食べ方では残った つけだれ をご飯にかけて
サラサラッ~と食べるらしいですが
つけだれ がほとんど無くなってしまったので、ドンブリ風にして〆ます。

美味しいです・・・でもサラサラッ~と食べたかったなぁ

もう~腹いっぱい!

メニューを見ると うどんは自家製 っぽいです

・・・なら・・・蕎麦は・・・納得!

今でも美味しいんですけど・・・

つけだれ をもう少し多くして
チャーシューをもっと炙って
そば がキュッと締まっていれば

もっともっと美味しくなる・・・はずです・・・惜しい~!
関連記事
[ 2012/11/19 21:00 ] お食事処 そば | TB(1) | CM(4)

超~こってりらーめん/一作(大阪:寝屋川)

先日のランチは らーめん一作 寝屋川店 です。
外環沿いの寝屋川警察署の前にあります。
IssakuNeyagawa_000_org.jpg IssakuNeyagawa_003_org2.jpg
久しぶりに来るとまたシステムが変わっているようで
今日のスープのこってり度や食券制が無くなっていました。

いろんな好みに対応できるように、こってり だけでなく、
あっさり 中華そば、その中間のWスープの あわせ もあって
も~っとこってり もあるようです。

IssakuNeyagawa_005_org.jpg
私にとってのここでの鉄板定食は ギョーザ定食 950円

IssakuNeyagawa_006_org.jpg
もちろん こってりらーめん
デフォルトだと見た目も地味で、そんなに美味しいわけでないです(・・・個人的にはですが)

IssakuNeyagawa_001_org.jpg IssakuNeyagawa_010_org.jpg
そこで、こちらでは各種薬味で自分のオリジナル味を作っていきます。
ピンクしょうが・辛しニンニク・辛しみそ・ごま・らーめんタレ


IssakuNeyagawa_002_org.jpg
更に 入れ放題の 刻みネギ

IssakuNeyagawa_007_org.jpg
私の調合はこんな感じで、辛しニンニク・辛しみそ をこれぐらい取ってスープに混ぜます。

IssakuNeyagawa_008_org.jpg
刻みネギ・ピンクしょうが を大量に投入します。
全体を混ぜて完成。

これを水も飲まずに一気に食べます

・・・ギョーザとごはんも食べながら。

IssakuNeyagawa_009_org.jpg
そして・・・スープまで完食

うまかったぁ~ 元気が出た~ような気がする~

・・・で水を飲みます。

このラーメンを食べるときは
カラダに悪そ~カロリー高そ~という声は聞き流します。

IssakuNeyagawa_004_org.jpg
また、しばらくするとなんとな~く食べたくなるんですよねぇ

関連記事
[ 2012/11/18 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

【映画】アルゴ

同じように史実を扱う作品ということで、『のぼうの城』と迷って『アルゴ』を観てきました。
IMG_1899_org.jpg
 <あらすじ>

  ホメイニーを指導者とするイラン革命のなか、
 前国王パーレビを「癌の治療」のためにアメリカは
 入国を許可した。ホメイニーが敵視する元国王を
 アメリカが受け入れたことで、1979年11月4日、
 イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ
 大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を
 取るという事件が起きる。
  パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ
 出してカナダ大使の私邸に潜伏する。
  イラン側は、渡米した前国王パーレビの引き渡しを
 要求する。

 大使館員の写真つき名簿は襲撃前にシュレッダーにかけていたが、名簿が復元されれば脱出者がばれ、捕まれば処刑されてしまう。国務省はCIAに、カナダ大使私邸の6人の救出作戦を要請する。
 人質奪還のプロのCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6名が過激派たちに発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断する。
 トニーは、前代未聞で大胆不敵、6人をニセ映画のロケハンに来たカナダの映画クルーに仕立て上げて出国させるという作戦を立案するが、それは無数の危険が伴う作戦だった。


IMG_1908_org.jpg
 <感想>

  ニセ映画を仕立てて人質を救うなんて、マンガの世界
 のようですが、30年前に実際にあった話とは驚きます。
 こういうのを、事実は小説より奇なりって言うんで
 しょうね。
  ニセ映画なのに、本物のプロデューサーとメイク
 アップアーティストと協力してポスター作って、
 大々的にマスコミまで読んで、台本の読み合わせまで
 して・・・そのSF映画のタイトルが『アルゴ』になります。
  最初から最後までずーっと緊張しっぱなしで観ること
 ができ、自分までもイランに居るように錯覚してしまい
 クライマックスの空港からの脱出シーンでは自分のこと
 のようでストーリーにシビれながらも、心から助かったぁ
 と思いました。


 エンドロール前にカーター元大統領の演説と人質達の写真が流れます。これが演じた俳優とソックリなので、細部までこだわっているのが伝わってきます。

 またまた知らなかったことですが、この事実は当時はカナダが人質を助けたことにしていて、事実が公表されたのは18年後のクリントン政権だとはこれまたビックリ!

 選挙のことしか考えていない某国の政治家達ならすぐに発表して、何もしていないのに自分の手柄にしてしまいそうですけど・・・。
関連記事
[ 2012/11/17 21:00 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

ママ(御飯)をカリ(借り)に行くほど美味しい/割烹 さかぐち(岡山:岡電「西大寺町」)

こちらの ネットさんのブログ で紹介されていた
岡山名物の ままかり が美味しそうだったので行ってきました。

頭の中で 「 割烹で ままかり を食べる 」 と考えながら進んで行き
地図通りに角を曲がると 割烹 ままかり がありました。
・・・こんな名前やったけ?
IMG_1781_org.jpg
ケータイで確かめると、目的のお店は 割烹 さかぐち のはず。
場所は合っているので名前変わった?
ふと、もう少し奥の斜め前を見ると・・・ありましたぁ!
IMG_1774_org.jpg
ということでランチは 割烹 さかぐち です。
IMG_1776_org.jpg
ランチは火・木・土しかやっていないので
『割烹』ということだけでなく、なかなかハードルが高いです。

ばら寿司にも ままかり が付いているみたいですが、
ままかり だけを食べたかったので
IMG_1778_org.jpg
ままかり寿しセット 1,050円

小鉢・お吸物・フルーツが付きます。
IMG_1779_org.jpg
きれいです。ピッカピカです。
小鉢などが付いているとはいえ、
105円の回転寿司に慣れてしまっている私にとっては
5貫で1,050円・・・う~ん、いいお値段です。
IMG_1780_org.jpg
もっと酸っぱいものだと思っていたら、
ほんのり酸っぱいというよりは、サッパリして美味しいです。
いくらでも食べられそうです。

久しぶりにボリュームよりも内容を重視したランチでした。
関連記事
[ 2012/11/16 21:00 ] お食事処 和食 | TB(1) | CM(8)

向井ベーコンのケチャップオムライス/ジャンジャンブル(大阪:高槻)

先日のランチは GinGemBre(ジャンジャンブル) です。

阪急京都線「高槻市」駅から線路沿いを京都方面に歩いて、
「八丁畷交番前」を少し過ぎて住宅街に入ります。

こんな住宅街にあるお店と言えば歯医者さんか
誰が買いに来るのかわからない洋服屋さんしかないだろう
って思っているとホントにあります。(・・・まぁそりゃそうですが

TakatsukiGinGemBre_005_org.jpg
ランチは2種類のオムライスだけです。
レギュラーメニューの
向井ベーコンのケチャップオムライス 950円 にしました。
ちなみに本日のおすすめオムライスは スパイシーミートオムライス でした。

TakatsukiGinGemBre_000_org.jpg
温かい コーンスープ と普通の サラダ を食べていると
一人のサラリーマンが入店してきました。

「いらっしゃいませ~ご予約いただいてますか?」
「いいえ」
「すみません、ご予約で満席なんですよ。」
「わかりました、出直します」
「またお願いしま~す」

・・・私の心の声・・・

『え~!ただいま11時40分!お客は俺一人!

テーブル8席カウンター2席空いてるのに予約で満席?

こんな場所にあるのに!なんなんだこのお店は!?

たまたま空いてた席に座れた俺はラッキーボーイ?』

TakatsukiGinGemBre_001_org.jpg
そこで オムライス 登場
デカっ
美しい~

TakatsukiGinGemBre_002_org.jpg
アングルを変えると小山のようにコンモリしてます。
よくある普通の薄いタマゴで包んだオムライスにしか見えませんが・・・

TakatsukiGinGemBre_003_org.jpg
スプーンを入れると

柔らかぁ~

ひと口食べると

うんまっ~!

トロトロ~!フワフワ~!

ベーコン、ゴロゴロ~!

店内にはビートルズのBGMが流れ
私のスプーンとお皿の当たる音
厨房の仕込みの音
と静かですが・・・
私の心の雄叫びだけは騒がしく・・・

うまいわぁ~、ホンマうまいわぁ~

こんなとき、もし俳優の佐藤隆太がグルメレポーターだったら
「マスター!シェフ~!うま~い!あなたは凄~い!」
って言いながら厨房に飛び込んで握手してハグするんやろうなぁ
と勝手に妄想しつつ・・・完食

TakatsukiGinGemBre_004_org.jpg
余韻に浸りながら アイスコーヒー を・・・

TakatsukiGinGemBre_006_org.jpg
たかがオムライスでしょ?ってナメてました。

小手先の変化球で美味しく見せているオムライスは食べたことがありますが
こんな真っ向ストレートで勝負されて

ノックアウト を喰らうのは初めてです。

更にかなりボリュームもあります

しかも接客も愛想良くて・・・
誰もいないのに予約で満席なのも納得
関連記事
[ 2012/11/15 21:00 ] お食事処 洋食 | TB(0) | CM(0)

欅しぐれ(山本一力)

本日、読了。

山本一力では5冊目。


 <あらすじ>

  深川の老舗大店・桔梗屋のあるじ太兵衛と賭場の貸元・
 霊巌寺の猪之吉は筆道稽古場で偶然に出会う。
  ひとの目利きに厳しい太兵衛は、猪之吉の人柄を感じ取り、
 一献お付き合い願いたいと申し出た。大店のあるじと貸元の、
 肚をわった五分の付き合いが始まった。
  そんなある日、油問屋・鎌倉屋鉦左衛門による桔梗屋の
 乗っ取りの企みが明らかになる。
  重い病を患う太兵衛は、桔梗屋の後見を猪之吉に託し、
 息を引き取る。やがて桔梗屋をめぐり、鎌倉屋の意を受けた
 乗っ取り屋・治作一味と、猪之吉一党との知力と死力を尽くした
 闘いが始まる。


<感想>

 今回は 『老舗大店のあるじ』 と 『賭場の貸元』 という住む世界が違う男の友情の物語です。

 ◆金があれば何でも叶うと思っている成金の油問屋・鎌倉屋鉦左衛門
 ◆脅かせば自分の意のままになると思っている騙り屋・治作
 ◆ひとの目利きに厳しく、奉公人を大切にする桔梗屋太兵衛
 ◆渡世人らしく強面で恐ろしいが人を惹き付ける魅力の貸元・猪之吉

とタイプは違いますが、それぞれが 『あるじ』 『かしら』 と人の上に立っています。
騙り屋(乗っ取り屋) VS 渡世人 なんで騙し騙され熱い攻防がありますが、お互いの一派の大きな違いは 『かしら』 の人徳です。

 象徴的なのが桔梗屋の頭取番頭の誠之助が 「かどわかし」 にあってどんなに痛めつけられても、太兵衛や猪之吉に絶対的な信頼を持っているので、桔梗屋の内情を白状しなかったがために、騙り屋の治作が悔しがっていたところです。羨ましがっていたようにも思えます。

 ◎誠之助が猪之吉が後見をするなら、辞めるといったときの猪之吉の熱い言葉
 ◎桔梗屋・内儀のしずが 「かどわかし」 にあった誠之助を助けて欲しいために言った大切に思う言葉
・・・電車内で読んでてもちょっとウルウルしてしまいます。

これも映像化して欲しいなぁ。またもや勝手にキャスティングすると
 桔梗屋太兵衛は、西田敏行
 貸元・猪之吉は、渡辺謙
 騙り屋・治作は、笹野高史
でいかがでしょう。


【山本一力 読了リスト】
 かんじき飛脚
 だいこん
 あかね空                    第126回直木賞
 深川駕籠                    深川駕籠シリーズ1
関連記事
[ 2012/11/14 21:00 ] 山本一力 | TB(0) | CM(0)

10種の海の幸の海鮮丼/丼姫(大阪:本町)

先日のランチは 丼姫 です。

地下鉄「本町」駅から御堂筋を北へ、
備後町通りを東へ、3つ目の通りを曲がったところにあります。

HonmachiDonburihime_001_org.jpg
マグロ を使ったいろんな丼があります。
店内に入るとシステムがよくわからないので、立っていると
レジで先払いして番号札をもらうようです。

注文すると
「ガリとワサビはどうしましょうか?」
「店内でお召し上がりですか?」

と聞かれるので、どちらも 「はい」 と頼んで席に着きます。

HonmachiDonburihime_002_org.jpg
ということで 姫丼 700円 + 大盛り 100円
赤だしがつきます。

HonmachiDonburihime_003_org.jpg
まず、ワサビを醤油で溶こうと思ったら、すでに醤油が付いているので
テーブルには置いてなく、ワサビを少しずつ付けて食べます。

10種程度の海の幸のトッピングらしいので、
サーモン・イカ・海老・タマゴ・タコ・サバ・アナゴ・マグロ系が何種類か・・・

HonmachiDonburihime_004_org.jpg
また、海鮮丼には珍しくネギが大量にトッピングされています。

ネギと海鮮とよく合います!

生ネギ好きにはタマリません。

ネタもいっぱい入って次から次から湧いて出てきます。

HonmachiDonburihime_000_org.jpg
ご飯が大盛りにしてはそれほど多くなかったのが残念ですが
この価格でこのネタなら、なかなかお得だと思います
関連記事
[ 2012/11/13 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(6)

錦市場 で 海老入りかき揚げ丼/いけまさ亭(京都:四条烏丸)

先日のランチは、京都の錦市場にある いけまさ亭 です。

NishikiIkemasa_005_org.jpg
錦市場にあることはわかっていても、具体的な場所は知らなかったので
観光客に交じって、いろんなお店をプラプラと見ながら到着。
まず、この暖簾をくぐります。

NishikiIkemasa_003_org.jpg
すると奥には、ドアがあります。
このドアが曲者なんです。
造りの雰囲気からして、引き戸だと思って左にスライドさせると動かず
ノブが無いのにまさかって疑いながら前に押す開き戸でした。

このトラップにほとんどのお客さんが引っ掛かります。
しかも引っ掛かるときの音が大きいので、
音が鳴ると、あぁ・・・あなたもそうなのね!

NishikiIkemasa_004_org.jpg
メニューは月替わりの おばんざい定食(1,800円) か かきあげ丼 のみ。

NishikiIkemasa_000_org.jpg
味噌汁・小鉢・漬物がついた 海老入りかき揚げ丼セット 850円

NishikiIkemasa_001_org.jpg
凄い迫力です。
ご飯が見えません。

NishikiIkemasa_002_org.jpg
持ち上げてみるとご飯と同じ厚みです。
さつまいも中心のかき揚げなので甘みがあって美味しいです。
かき揚げ丼ですが、かなりの『つゆだく』で、もう少し控えめの方がいいかも・・・

NishikiIkemasa_006_org.jpg
大盛りもできますが、普通盛りでも充分なボリュームで
かき揚げ好きにはタマラナイどんぶりでした。
関連記事
[ 2012/11/12 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(1)

ビジネス街の 『 ひつまぶし 』 は1,000円/大皿料理 さかな家(大阪:堺筋本町)

先日のランチは 大皿料理 さかな家 です。
堺筋通りの1本東で、中央大通りの1本南にあります。

SakahonSakanaya_001_org.jpg
魚料理がいろいろとありますが、高騰しているアレが
こちらではお手軽に食べられるということでやってきました。

SakahonSakanaya_002_org.jpg
ということで ひつまぶし 1,000円

うなぎ なんで注文してから30分ほど待ちます



なんてことはなく、すぐに出てきます。
そこは、うなぎ屋さんでもなく、サラリーマン相手のランチで、
1,000円のうなぎなんで、割り切って・・・

SakahonSakanaya_003_org.jpg
どんな うなぎ でもやっぱり美味しそうです。

SakahonSakanaya_004_org.jpg
一杯目はそのままで・・・

SakahonSakanaya_005_org.jpg
二杯目は薬味を入れて・・・

SakahonSakanaya_006_org.jpg
三杯目はお茶漬けで・・・

SakahonSakanaya_007_org.jpg
四杯目はご自由に・・・
ということで余った薬味とダシを全部いれちゃいましたぁ~

SakahonSakanaya_000_org.jpg
ちょっと贅沢をしたようなランチでした
関連記事
[ 2012/11/11 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

海老天ぶっかけ&かきあげ天ぶっかけ/心温まるうどん うつ輪(大阪:貝塚)

先日のディナーは 心温まるうどん うつ輪 です。
JR阪和線「東貝塚駅」から東へ徒歩8分のところにあります。

UtsuwaKaizuka_001_org.jpg
温かいうどん メニューもありますが

冷たいうどん から 特大海老2ひき という言葉にひっかかって

UtsuwaKaizuka_002_org.jpg
海老天ぶっかけうどん 1,000円 + 大盛 100円

UtsuwaKaizuka_005_org.jpg
サツマイモ・カボチャ・インゲン・レンコン の天ぷらと
・・・普通サイズの海老の天ぷら 2尾
サイズは期待外れですけど、揚げたてで上品なお味です。

しか~し、この麺! コシがあるというより硬~い!

悪い意味ではなく、今まで食べたことがない硬さで これは癖になる麺です。

UtsuwaKaizuka_003_org.jpg
奥さんの かきあげ天ぶっかけうどん 780円 + 大盛 100円

UtsuwaKaizuka_004_org.jpg
こちらも大きな上品な かきあげ でとっても美味しかったそうです。

UtsuwaKaizuka_000_org.jpg
でも、海老天ぶっかけ の1,000円はちょっと納得できないような・・・
大盛りにしても少なすぎるような・・・

麺はオモシロイのになぁ・・・
関連記事
[ 2012/11/10 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

杭全店1周年記念コース/トラットリア・イ・ポルチーニ(大阪:杭全)

トラットリア・イ・ポルチーニ が あびこ から 杭全(くまた)に移転して
1周年がたったということで、記念に ルクサ でクーポンを出したので行ってきました。

ちなみに料理名はご陽気なホールマネージャーのイタリア人のおじさんが
説明してくれているのですが、覚えきれなかったので、なんとなく・・・です。

KumataTrattoriaiporcini_101_org.jpg KumataTrattoriaiporcini_102_org2.jpg
基本的には グラスワイン(ハウスワイン) なんですが、アルコールが飲めないので
グレープフルーツジュース と ジンジャーエール に変更。

日替わりスープは カリフラワーとパプリカの冷製スープ

こりゃ ウマイ! 次からの料理に期待を持たせてくれます。
ちなみに温かいスープも選べます。

KumataTrattoriaiporcini_103_org.jpg
豪華に大皿で出てきた 前菜盛り合わせ(アンティパスト ミスト) は
オムレツ・自家製ローストビーフ・カボチャのオーブン焼き・野菜のソテー・ブルスケッタ

KumataTrattoriaiporcini_104_org.jpg
またまた大皿で出てきた リングイーネ・マーレ・エ・モンティ(山の幸・海の幸のトマトソース)

今日の料理でこれが ダントツ絶品! シーフードもたっぷり!
この段階でまぁまぁ お腹も膨れます。

KumataTrattoriaiporcini_105_org.jpg
次は 超デカイ マルゲリータ(ソーセージ・オニオン・コーン)

チーズたっぷりで香ばしく焼かれていて ウマ~い!

KumataTrattoriaiporcini_106_org.jpg
ペアセットなので 肉肉・魚魚・肉魚 と選べるようで
いろいろ食べたいので 肉魚 でお願いしました。

まずは魚の サーモンのクリームソース

KumataTrattoriaiporcini_107_org.jpg
次に肉の チキンカツレツ

ムネ肉なので意外に軽~くいただけます。

KumataTrattoriaiporcini_108_org.jpg KumataTrattoriaiporcini_109_org.jpg
ようやくデザート・・・これ以上ムリです、フルーツポンチ・レモンシャーベット添え
食後の コーヒー

KumataTrattoriaiporcini_100_org.jpg
こんだけ ぜ~んぶでナナなんと

二人で5,000円! おそるべしクーポン!

2周年、3周年もお願いしま~す

☆今までの「トラットリア・イ・ポルチーニ」☆
 ・クリスマス・ディナー
関連記事
[ 2012/11/09 21:00 ] お食事処 イタリアン | TB(0) | CM(2)

油そば(まぜそば)/麺屋 のりお(大阪:長堀橋)

先日のディナーは 麺屋 のりお 南船場店 です。
地下鉄「長堀橋駅」から堺筋を北上し、2つ目の交差点のあたりにあります。

NorioMinamisenba_002_org.jpg
ラーメン・つけ麺・油そばとあり、こうなると
いつもの如くやっぱり 油そば(まぜそば) 680円

定番の 醤油 or 珍しい を選べましたが、無難に 醤油 にしときました。

NorioMinamisenba_003_org.jpg
スープ付 と書いてあったのでスープ割りのことだと
思っていたら、お口直しの 鶏ガラ玉子スープ でした。

(↑この文章を書いた後に読み返してみたら小梅太夫みたいなフレーズ
だったのでそのまま残してみました。チックショー

NorioMinamisenba_004_org.jpg
カウンターには のりおのおいしい極意 油そば編 なる
食べ方が書いてあるので、その通りにしてみます。

食べたい気持ちを抑えて一心不乱に混ぜます。
もういいかなぁと思ったところで、更に2回混ぜるとこんな感じになります。

ようやくひと口 んまぁ~!

甘めのタレがちょうどいい感じになっています。

NorioMinamisenba_000_org.jpg NorioMinamisenba_001_org.jpg
いくら美味しくても、やっぱり飽きるので
酢・ラー油・キムチで味に変化を付けられるようになっています。
これはポイント高い

NorioMinamisenba_005_org.jpg
〆は スープ割り・雑炊・ラーメン と選べるようで
珍しいラーメンにしてみました。
といっても麺を少し残して、割り出しスープを注ぐだけですけど。

麺に絡んだタレがすべて流されてしまって麺に味が無くなってしまうので
普通の スープ割り がいいみたいです。

NorioMinamisenba_006_org.jpg
こんなに普通の油そばが美味しいのなら
塩味の油そば 特製エビ辛味 の入った ピリ辛油そば が気になりますねぇ。
関連記事
[ 2012/11/08 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(2)

丹波家の殺人(折原一)

本日、読了。

折原一では14冊目。

黒星警部シリーズでは4作目。


 <あらすじ>

  建設会社のワンマン会長・丹波竜造が伊豆沖でヨット航海中
 に遭難しながらも最期の遺書を書く。
  しかし、遺書も死体も発見されぬまま葬式が執り行われた。
  その後、古い遺書による遺産分割が発表され、取り分が最も
 多い長男が密室状況の仏間で不可解な死を遂げる。
  それは、これから一族の人々を襲う殺人劇の幕明けにすぎ
 なかった。
  遺産相続を巡る悲劇に、密室好きの黒星警部が挑む。


<感想>

 黒星警部はいつもほど鈍臭さが際立っておらず、フリーライターの葉山虹子も出て来ないのでちょっと寂しく、期待する折原一らしさがほとんどないフツーのミステリー小説でした。
 この普通らしさが折原一に騙されたのかなぁ。

 どうも彼には分かっていながらも騙されたいという欲望が強いですねぇ。

 しいて挙げるならば後妻の連れ子のリエが探偵役でしたが、途中でバカな孫の秋彦が実はイイ奴で探偵役に代わりそうになったので、ここで折原一の本領発揮かと思ったら・・・そうでもなく終了。

 折原一のことを何も知らずに読むとフツーに読めたんだと思います。


【折原一 読了リスト】
七つの棺 ― 密室殺人が多すぎる        黒星警部シリーズ1
倒錯の死角                      倒錯シリーズ1
鬼面村の殺人                     黒星警部シリーズ2
倒錯のロンド                      倒錯シリーズ2
灰色の仮面
覆面作家
異人たちの館
沈黙の教室                      教室シリーズ1
                              第48回日本推理作家協会賞長編賞
誘拐者                         者シリーズ1
「白鳥」の殺人
螺旋館の奇想                     奇想シリーズ1
猿島館の殺人 ― モンキー・パズル       黒星警部シリーズ3
黒衣の女
関連記事
[ 2012/11/07 21:00 ] 折原一 | TB(0) | CM(0)

絶品!ふわふわチーズケーキ・・・申し訳ない/北泉(大阪:熊取)

クロスバイクで 加太 に行った帰りに、お土産を買うために
【熊取駅の近くで『泉』がつく和菓子屋さん】
というあいまいなキーワードで探していたら発見!

いかにも和菓子屋さんという雰囲気のお店に入ると
チーズケーキを置いている様子が全くない!

「こりゃ間違えたな」と思いましたが、何も買わずに帰りにくかったので
『熊取名物』と書かれているお菓子を2個だけ買って、いそいそと退散。

間違えたお店の外で目的のお店をスマホで検索してみると、
ここから更に500m北に行ったところにあるらしい・・・

KumatoriHokusen_004_org2.jpg
しばらく走ると 銘菓創園 北泉 を発見!
ちょうど 『チーズケーキ焼けました』 の看板を出しているところでした。
今度は間違いな~い!

JR阪和線「熊取駅」から241号線を北へ徒歩10分のところにあります。

KumatoriHokusen_000_org2.jpg
ところが箱のサイズが 21cm x 21cm x 8cm と大きく持って来ていたエコバッグでは
サイズが合わず、水平に持って自転車では運ぶことができません。

仕方がないので自転車のハンドルの上に置いて手で支えながら、
歩道の段差で箱をひっくり返ったりしてしまいながらも、ノロノロと25kmを帰りました。

途中であまりにもダルイので、全部食べてしまおうかと何度思ったことか・・・

さぁ、家に帰り箱を開けてみると・・・

KumatoriHokusen_001_org2.jpg
ガーン

見るも無残な姿になっていました。
・・・キレイな形を知りたい方は他の方のブログ等でご確認くださいね。

KumatoriHokusen_002_org2.jpg
一応・・・チーズケーキ 1,200円

崩れても崩れなくても賞味期限は3日間です。

KumatoriHokusen_003_org2.jpg
切ってみるとフワフワです。

りくろーおじさんのチーズケーキに似ていますが、こちらのチーズケーキには
私の大嫌いな干しブドウが入っていないだけでも、かな~りポイントアップです。

形は悪いですけど、味は絶品です。

(形が悪いのは自業自得です

ちなみに チョコレートチーズケーキ もあり、今予約すると
受け渡しが2013年4月になるそうです。
関連記事
[ 2012/11/06 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(4)

しらす丼 & おく貝の焼き物/満幸商店(和歌山:加太)


クロスバイクで 加太 に行ったときのランチは 満幸商店 です。
淡嶋神社の境内にあります。

同じようなお店が3軒並んでいますが、一番人気のお店のようです。

淡嶋神社をブラブラ見た後、ランチには早いのでどうしようか迷いましたが
時間を潰すような場所もなさそうで・・・
お店に入ったのが10時20分。ほぼ満席で相席になりました。
私はちょっと早い昼ご飯ですけど、皆さんは何ご飯でしょう?

その後、10時30分頃に4人組が入ってくると
席が空いているのに満席で断られていましたので、
空いていたのは予約席みたいです。

KadaMankou_001_org4.jpg KadaMankou_002_org4.jpg
名物のしらす丼(ダブル)を注文すると、お店のお姉さんが
「初めての人はやめときっ、ノーマルの2.5倍あるよ。食べられる?
「多分」
「複数人数で取り分けるならいいけど、1人だと飽きるから」
「・・・」

相席のおじさんが食べているものが美味しそうだったので、
何を食べているのか聞いてみて、
「同じものください」

KadaMankou_005_org2.jpg
で運ばれてきたのが
しらす丼(ノーマル) 700円
おく貝の焼き物    500円

KadaMankou_006_org2.jpg
小どんぶりサイズです。

器のフチまで 白ごはん で埋まり、
盛り上がった山はぜ~んぶ しらす です。

凄い盛りの唐揚げをマウンテンって言ったりしますが

暖かい和歌山なのに スノーマウンテン です。

KadaMankou_004_org2.jpg
梅干しが浮かんだワサビ醤油を少しずつかけて食べます。

食べ難いんで、当然お皿にボロボロと しらす がコボれますけど・・・

しらす丼は予想範囲内で普通に美味しいですよ。

これぐらいのサイズでちょうどよかった(お姉さんの言う通り!)
やっぱり最後は飽きてきたので、梅干しを食べつつ完食できました。

KadaMankou_003_org2.jpg
おく貝 って何?
正体はわからなくても、焼き立てでめっちゃ美味しいです。

KadaMankou_007_org2.jpg
店先では おく貝 が売られていました。

KadaMankou_000_org2.jpg
しらす丼は季節がありそうですけど、年中販売しているそうです。

しかも加太の漁師は鯛は獲るけど しらす を獲らないそうで、縄張りの都合で
加太の漁場に入れない隣の漁港の漁師が獲ってくる しらす を使っているそうです。

今回はしらす丼目当てですが、メニューを見ると、和風の海鮮ものだけでなく
生うにの和風パスタ・海鮮クリームリゾット・うにトースト・クラムチャウダー
など、お店の雰囲気からは想像できないような美味しそうなものがあるので
また来たいと思わせてしまうお店でした
関連記事
[ 2012/11/05 21:00 ] お食事処 和食 | TB(1) | CM(8)

【ポタ】淡嶋神社(和歌山:加太)

先日、和歌山のお客さんから加太なら大きな峠を越えなくても行けますよ、
と教えていただいたので
今日は加太までポタってみました。自転車では初めての和歌山です。

折角、加太まで行くのでランチをしてもいいか、奥さんにお願いしたら
「土曜日に家のお手伝いをしたらOK」ということで前日は
窓ふきやら玄関の掃除を自分なりに頑張ってみました。

俺は小学生かっ!

Kada_000_org.jpg
家から延々南下してようやく とっとパーク小島 に到着。
いわゆる海釣り公園です。朝早いのに釣り人でいっぱいです。
やったー!和歌山やと思ったら、まだ大阪府岬町でした。

Kada_001_org.jpg Kada_002_org.jpg
しばらく進むと大川トンネルと大川峠の分岐に到着。
大川峠は車両通行止めですが、自転車と歩行者はOKだそうで
行きは大川トンネル、帰りは大川峠にしてみました。
すでに、ここは和歌山です。

Kada_003_org.jpg
トンネルを通過して更に進むとようやく加太の 淡嶋神社 に着きました。
こちらは人形供養で有名な神社で境内にはところ狭しと数々の人形が並んでいます。

Kada_010_org.jpg
子供たちが成長し端午の節句もしなくなったのでしょうね。

Kada_011_org.jpg
懐かしの鮭をくわえている熊も現代の家には不向きなんですね。

Kada_004_org.jpg
お面までもあります。

Kada_005_org.jpg
招き猫が要らなくなったお店はどうなったんでしょう?

Kada_006_org.jpg
ここは信楽ではありません。

Kada_007_org.jpg
市松人形の合唱隊
夜になったら髪が伸びそうですけど・・・

Kada_008_org.jpg
干支の置物には12年後はやってこなかったようです。

Kada_009_org.jpg
七福神も要らなくなるぐらい幸せなんでしょう。

淡嶋神社のあと、満幸商店で山盛りのしらす丼ランチ をして帰路につきました。

Kada_012_org.jpg
気が付けば1ヶ月ぶりのポタリングだったので、帰りは体力をかなり消耗しており
大川峠に入ったとたんに歩いてしまいました。

歩いていると後ろから70歳ぐらいのおじいちゃんが「こんにちは~」と
楽しそうにロードバイクで抜き去っていきました。

これはヤバい!と慌てて乗車して、おじいちゃんの背中を見ながら峠を目指しました。

頂上から遙か向こうに見えるのは淡路島ですね。

Kada_Data_org.jpg
 地図は貝塚市以南ですが、走行履歴は自宅が
 起着点ですのでデータは一致していません。

 走行時間:6時間43分
  距 離 :128.4km
    (2012年累計:1,758.9km/28日)
 最高速度:40.35km/h
 平均速度:19.09km/h

 今回のお土産は熊取の 北泉で超ふわふわチーズ
 ケーキ
にしました。

 ところがチーズケーキの箱が21cm x 21cm x 8cm と
 予想以上に大きく、お土産用に持って行っているエコ
 バッグには入るけど、水平を保つことができません。

 仕方がないので熊取から自宅までの25kmは箱を
 水平に支えながらのノロノロ走行でちっとも楽しく
 ありませんでした。

 支えることに夢中で疲れもどっかいってしまいましたが・・・

↓<クリックすると拡大します>
Kada_Route_org.jpg
それにしても鳥取ノ荘から深日までは26号線以外のルートはないんですかねぇ。
関連記事
[ 2012/11/04 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(2)

ゴーヤ&きのこ薬膳カレー の後は 香り豊かな アッサムミルクティ/森のらくだ(大阪:谷町四丁目)

先日のランチは 森のらくだ です。

地下鉄「谷町四丁目駅」から本町通りの1本北の通りを
マイドームおおさかに行く途中にあります。

まず、お水ではなく 冷たいアッサムティーを出していただけます。

ここからお店の こ・だ・わ・り が始まっています。

日替わりで きのこ と何かの野菜を組み合わせているようで
表の看板には だいこん でしたが、お店に入ると ゴーヤ に変更になっていました。

Tani4Morinorakuda_000_org.jpg
特に気にしないので ゴーヤ&きのこカレー に
Aセット(ミルクティ + おまかせプチデザート付き) 950円 にしました。

あまり辛くはない優しい味のカレーです。

ゴーヤも苦味を残しつつ大量に入っていて、いつもカレーを飲むように食べてしまう私にとっては
よく噛まないといけないので、薬膳だけでなくしっかり咀嚼までしないといけない
体にありがたいカレーになっています。

人参のサラダ (ピクルスの浅漬けみたいなもの) も体に良さそうです。

Tani4Morinorakuda_001_org.jpg
デザートは 紅茶のゼリー でシロップがかかっていて甘く美味しくいただけます。

Tani4Morinorakuda_002_org.jpg
最後に アッサムミルクティ

お鍋でコトコト煮込むようで、ロイヤルミルクティのようになっています。

これが・・・いいっ!

鼻から口から豊かな香りでいっぱいになります。
紅茶ってこんなに美味しいんだぁ~!って見直してしまいます。

Tani4Morinorakuda_003_org.jpg
最初から最後まですっごくこだわりを感じることができて
カレーを食べたはずなのに、食べ終わったあと、しばらくは紅茶のいい香りに包まれるお店でした。

ちなみにこちらの紅茶は仙台の GANESH(ガネッシュ) という紅茶メーカーのものだそうです。
関連記事
[ 2012/11/03 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

隠れ家すぎるお店・・・もつマニア丼/かしら屋(大阪:淀屋橋)

先日のランチは 朝挽き和豚専門店 かしら屋 です。

淀屋橋駅から御堂筋を南下し、道修町通りを東に少し入ったところにあります。

YodoyabashiKashiraya_005_org.jpg
モツ好きにはタマラないお店だと聞いたので
地図を見ながらやってきましたが、見当たらない・・・
あたりを一周してもやっぱりこのビルみたい・・・

YodoyabashiKashiraya_004_org.jpg
すると 90円 しか目立たない看板に小さく かしら屋 とあります。
このビルのようです。

YodoyabashiKashiraya_006_org.jpg
ビルの奥らしく、かなり長~~~~~い廊下です。
途中にお店が数軒ありますが、目的の かしら屋 は見当たらず・・・

YodoyabashiKashiraya_003_org.jpg
突きあたりのエレベーターまで来てしまいました
えぇ~ 無い ない NAI ・・・

YodoyabashiKashiraya_002_org.jpg
もう少しだけ進むと左手に更に細い廊下があり、
その奥にありましたぁ~かしら屋
・・・でも暖簾に小さく「かしら屋」と書いてあるだけです
隠れ家すぎるだろぉ
どんだけ恥ずかしがり屋やねん

YodoyabashiKashiraya_000_org.jpg
ランチは3種類ありますが、もちろん
もつマニア丼 680円(大盛り無料)
味噌汁・小鉢(ナスとシシトウの煮浸し)・生卵が付きます。

YodoyabashiKashiraya_001_org.jpg
卵の黄身分け器も付いていますが、もったいないので白身もかけちゃいます。
この光沢がたまらないですねぇ

もちろん うんまぁ~!

モツもいっぱい入って、これで600円は素晴らしい
関連記事
[ 2012/11/02 21:00 ] お食事処 | TB(0) | CM(0)

330gのメガバーグ カリー/いずみカリー(大阪:堺筋本町)

先日のランチは いずみカリー 堺筋本町店 です。

堺筋本町駅と本町駅の間で北久宝寺町通りにあり、
入口は通りから少し奥まったところにあります。

IzumiCurrySakahon_004_org.jpg IzumiCurrySakahon_000_org.jpg
野菜どっさり カリー と メガバーグ カリー を迷って
今日の気分は肉系だったので・・・

IzumiCurrySakahon_001_org.jpg
メガバーグ カリー 1,000円

IzumiCurrySakahon_002_org.jpg
330gのハンバーグは圧巻です

普通に親ガメ(ご飯)+子ガメ(ハンバーグ)のスタイルで
40歳の親が10歳の子どもを おんぶ しているのかと思ったら
70歳の親が40歳の子どもを おんぶ していて押し潰されそうです。

ハンバーグをトッピングしているつもりが、ご飯をトッピングしているようで・・・

見た目だけのインパクトではなく、カレーもハンバーグも

んまぁ~!

スパイスよりもコクを感じるそれほど辛くないルーと
味がしっかりついているハンバーグがよく合っています。

IzumiCurrySakahon_003_org.jpg
いつもはお客さんでいっぱいでなかなか入れないのですが、
今日はスンナリ入れてラッキーでした。次は 野菜どっさり カリー だぁ
関連記事
[ 2012/11/01 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - -