おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  2012年07月
月別アーカイブ  [ 2012年07月 ] 

≪ 前月 |  2012年07月  | 翌月 ≫

【ポタ】ちょっとだけ北大阪周遊自転車道と北河内サイクルライン

土曜日は朝4時半起きの深夜0時半帰宅の超ハードな日帰り出張でしたが
何が何でも日曜日は乗るぞ~
と気合が入っていたので、早起きして頑張ってみました。

今回は初めてインナーパンツを履いてみました。

Kitaosaka_000_org.jpg Kitaosaka_001_org.jpg
大阪市内をどんどん北上し、毛馬桜之宮公園を通り抜けます。
この公園はすでに北大阪周遊自転車道の一部になっています。
この公園は何度か通っていますが、川と緑で景色もよく走りやすいのでとってもいい感じです。
振り返って 大阪城 をパシリ

毛馬水門が見えると淀川にぶつかります。

Kitaosaka_002_org.jpg Kitaosaka_003_org.jpg
5月に走った赤川仮橋の下をくぐり、
中央環状線まで来たら、大日→門真→徳庵→鴫野→今里筋と辿りました。

といつもならこれで終わるんですが・・・・

猛暑だったので、いつもより多く水分補給をしていたのですが
残り約8kmぐらいで限界に達し降りてしまいました
近くに水道が無かったので、自販機で水を買い
タオルを濡らし頭全体を拭き、首に巻くことで
少し力が回復し、何とか帰宅することができました。

更に・・・玄関で左靴を脱いだら、左ふくらはぎをつって倒れてしまい ギャッー!
中途半端な体勢なので、右靴を脱ごうとしたら、右太もももつってしまい ギャッー!
動けなくなったので、奥さんに靴を脱がしてもらい、
濡れタオルを用意してもらってしばし休憩・・・

何とか立ち上がり、シャワーを浴びて
上半身裸でうつ伏せになり、扇風機にあたって体力が回復するまで仮眠していたところ

またもやギャッー!ギャッー!ギャッー!

ナント娘が保冷材を私の背中にのせて面白がっていました。
しかも定期的にのせる場所を変えるので、朦朧とした意識のなか
ギャッー!ギャッー!ギャッー!
と叫んでいたようです。

Kitaosaka_Data_org.jpg
 地図は国道25号線以北ですが、
 走行履歴は実家が起着点ですのでデータ
 は一致していません。

 走行時間:3時間29分
  距 離 :71.1km
    (2012年累計:1,114.0km/20日)
 最高速度:36.00km/h
 平均速度:20.37km/h

 今日のお土産は今里駅近くの ケンテル
 堂島ロールにも負けないと言われている
 ロールケーキにしてみました。

Kitaosaka_Route_org2.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/31 21:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(4)

トンペイモダン定食/鉄板焼き 海(大阪:堺筋本町)

先日のランチは「鉄板焼き 海」です。

本町駅と堺筋本町のちょうど間くらいで、
中央大通り南側沿いの「久太郎町2」にあるビルのB1Fにあります。
IMG_0162_org.jpg
粉もん系を中心としたメニューから「トンペイ定食」にしようと思いましたが
+30円するだけでモダンになるので・・・
IMG_0166_org2.jpg
トンペイモダン定食」 700円 にしました。
ごはん、味噌汁、漬物が付きます。
IMG_0167_org2.jpg
トンペイモダンだけでも充分なボリュームです。
食べやすいようにひと口サイズに切ってくれています。
お好み焼きのモダン焼きはよく食べますが、トンペイ焼きでは初めてです。

なるほど小麦粉を使わないこういう食べ方ありで、家でも試せそうです。
IMG_0163_org.jpg IMG_0165_org.jpg
こちらではナントお替わりのご飯は”おひつ”で持ってきてくれます
無くなったら、おひつのお替わりもしてくれます。
テーブルにはのり玉・鮭・ゴマ塩のふりかけも用意してくれているので
こうなると、お替わりしたくなくても、お替わりしてしまいました~
IMG_0161_org.jpg SBCA3076_org.jpg
いらっしゃいませ~」「ありがとうございま~す」など元気な掛け声で
店内は活気で溢れていて、お客さんでも溢れています

腹いっぱい食べて元気をもらいときには、オススメのお店です
関連記事
[ 2012/07/30 21:00 ] お食事処 粉もん | TB(0) | CM(0)

生茶ゼリイ[抹茶]/中村藤吉(京都駅)

ずーっと、ずーっと気になりつつもなかなか機会に恵まれず
ようやく夕方にJR京都駅に行くことがあったので、早速・・・中村藤吉 京都駅店 です。
JR京都駅西改札前の SUVACO(スバコ) の3Fにあります。

NakamuraTokichiKyotoST_000_org.jpg
店内に入らなくてもテイクアウト用のコーナーがあり、
お目当ての 生茶ゼリイ[抹茶] が積み上げられています。
これしか見てなかったので他に何があったか知りません・・・

NakamuraTokichiKyotoST_003_org.jpg
上から見ると、ゼリー・白玉・餡が見えます。
消費期限は4日でしょうか・・・つまり7/25に買いました。

NakamuraTokichiKyotoST_004_org.jpg
横から見ても3色

NakamuraTokichiKyotoST_005_org2.jpg
いよいよフタを開けます。
表面は透明なゼリーで覆われて、すっごくキレイです。

NakamuraTokichiKyotoST_006_org.jpg
抹茶ゼリイはプルプルして抹茶の香りがいっぱいです。
餡と一緒に食べると甘さと抹茶がいい感じで美味しい~
もっちりとした白玉と食べると食感が変わってまた美味しい~

NakamuraTokichiKyotoST_001_org.jpg
次は宇治本店だぁ~
関連記事
[ 2012/07/29 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

豆腐ばっかり定食/食事処 おかべ(岡山:岡電「城下」)

先日のランチは 食事処 おかべ です。
岡電「城下駅」と「県庁通り駅」の間にあります。

ShiroshitaOkabe_001_org.jpg
お豆腐屋さんが経営しているお店になります。
定食は2種類あって店名の おかべ定食 を注文。

ShiroshitaOkabe_002_org.jpg
まずは、冷奴・白和え・ご飯・味噌汁・漬物 を出され、旅館の朝ごはんのようです。

冷奴、デカっ! 白和えもウマっ!

ShiroshitaOkabe_003_org.jpg
しばらくして揚げたての 厚揚げ が登場
しかも 木綿 の2種類だそうです。

アッツアツウマ~い!

肉も魚もない定食ですけどご飯がすすんでしまうので、お替わりっ

ShiroshitaOkabe_004_org.jpg
左が厚揚げ用の出汁、右が冷奴用の醤油
ちなみに厚揚げ用の出汁はラップしたまま使ってください、と説明してくれます。

ShiroshitaOkabe_005_org.jpg ShiroshitaOkabe_000_org.jpg
お店は角にあって左がお豆腐屋さん、右がお食事処の入り口になります。

ボリュームが決して少ないわけではないですが、
ご高齢の女性 の方々までもお替わりをしてました。

美味しゅうございました

関連記事
[ 2012/07/28 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

活ぶりカマ塩焼定食/ほんまち屋(大阪:堺筋本町)

先日のランチは ほんまち屋 です。
地下鉄「堺筋本町」駅から堺筋を北上し、瓦町通りを右折したところにあります。
IMG_0204_org.jpg IMG_0208_org.jpg
魚にかなりこだわったような張り紙もあったりと
メニューを見ても美味しそうです。
何にしようか迷いながら入店。
IMG_0206_org.jpg
ところが・・・13時前だったこともあり、ほとんどが売り切れ
唯一残っていた「活ぶりカマ塩焼定食」 750円 を注文。

土鍋で炊いたというごはんとお味噌汁はお替わり自由です。
IMG_0207_org.jpg
カマは脂がのって美味しく、
見た目はシンプルな定食ですが、
カマの強めの塩加減でごはんがすすみます。
IMG_0205_org.jpg
これだけでも魚に期待が出来そうなお店なので、
今度は早く行って他のものも食べたいです。

関連記事
[ 2012/07/27 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

担々麺がサイコー!/迎日楽(大阪:あびこ)

先日のディナーは 迎日楽(えいにちらく) です。
御堂筋線「あびこ駅」から東へ徒歩3分のところにあります。

夜でも定食があってお得なお店ですが、今夜は単品で注文しました。
しかも ハーフ で頼める料理もあって少量でいろいろと楽しむことができます。

AbikoEinichiraku_002_org.jpg
肉団子の唐揚げ (ハーフ)

AbikoEinichiraku_003_org.jpg
小エビチリソース炒め(ハーフ)

AbikoEinichiraku_005_org.jpg AbikoEinichiraku_001_org.jpg
ヤキメシ & ヤキメシに付いてくる コーンスープ

AbikoEinichiraku_008_org.jpg
エビ入りゆば巻き

AbikoEinichiraku_004_org.jpg
エビ蒸し餃子
大人2人、子ども1人だったのでこのあたりまでは、
まだまだお腹に余裕がある感じでどれも美味しくいただけます。

AbikoEinichiraku_006_org.jpg
鶏のねぎカシューナッツ薄塩炒め

AbikoEinichiraku_007_org.jpg
ニラキモ炒め (ハーフ)

ちょうどいいぐらいの腹具合になって、
あとは”ごま団子”でも頼んで〆ようかなぁと思っていたら
先に頼んでいたはずの、麺2品が忘れたころに登場

AbikoEinichiraku_009_org.jpg
五目ヤキソバ

思ったほどコッテリしていないので、焼きそばもなんとかクリア
奥さんは担々麺に専念するために、これは早々に退散
娘はこれでギブアップ

AbikoEinichiraku_010_org.jpg
さして最後に 担々麺

まずスープを・・・ウマーい! いや かなりウマーい!!
これまで出てきた料理も普通以上に美味しかったけど、ダーンとレベルが上がります

レンゲですくうとミンチにパイコーとお肉がたっぷり入っていて専門店と全然勝負できる味です

願わくは空腹のときに食べたかったぁ

AbikoEinichiraku_011_org.jpg AbikoEinichiraku_000_org.jpg
食後に出していただいたジャスミン茶でほっこりできます。

以上、9品をはち切れそうなぐらい食べて、飲み物はお冷や(レモン水でした)でハウマッチ

これで約5,000円は安~い

次は 担々麺 を堪能してみたいと思います
関連記事
[ 2012/07/26 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

脂そば の後は チャーシュー丼 で/麺や 天啓(大阪:日本橋)

先日のディナーは 麺や 天啓 です。
日本橋駅から千日前通りを東へ、国立文楽劇場を過ぎた阪神高速の下にあります。

NipponbashiTenkei_001_org.jpg
注文したのは 脂そば (ミニライス付き) 780円

普通は油ですけど、この”脂”は初めてで
漢字のイメージだけだと動脈硬化になりそうで体に悪そうです。
実際にはピーナッツ油と背脂を使用しているみたいです。

NipponbashiTenkei_002_org.jpg
メンマ・キャベツ・モヤシ・チャーシュー・青ネギ・白ネギ・鰹節・背脂と
かなり具だくさんでインパクトはあります。

これをグッチャグチャに混ぜて・・・ちょっと硬めの麺が合ってウマ~い
大き目のキャベツが邪魔かなぁと思ったけど、これはこれでOKです

NipponbashiTenkei_003_org.jpg
ニンニク食べるラー油 を入れて、味を変えて更にウマ~い

NipponbashiTenkei_004_org.jpg
残しておいたチャーシューと器に残ったタレを白ごはんにかけて、
チャーシュー丼 にしておしま~い

NipponbashiTenkei_000_org.jpg
ちょっとしたことやけど サラダ玉ねぎフルーツ酢づけ は店員さんに言えば出してもらえるみたいですが、
私が居たときには明らかに客より店員の数が多いんだから、気を利かせたほうがええんちゃぁう

脂そばが美味しいだけにちょっと残念です。
関連記事
[ 2012/07/25 21:00 ] お食事処 ラーメン | TB(0) | CM(0)

写楽殺人事件(高橋克彦)

本日、読了。

高橋克彦では5冊目。

第29回江戸川乱歩賞



 <あらすじ>

 謎の絵師といわれた写楽は、一体何者なのか?大学助手の
 津田良平はある肉筆画集を手に入れ写楽の実体探査を行い、
 核心に迫ろうとするが連続殺人に巻込まれてしまう。


<感想>

北斎といえば葛飾、歌麿といえば喜多川、では写楽といえば?
東洲斎(とうしゅうさい)なんです・・・知りませんでした

しかも10ヶ月しか活動していなくて、忽然と姿を消して正体がわかっておらず、美術史家たちにとっては永遠の謎になっているんですって・・・知りませんでした

前半は、津田良平が古本市で秋田蘭画の肉筆画集を手に入れ、そこに「東洲斎写楽改近松昌栄」という書き込みを見付けて写楽のルーツを探ります。田沼意次、平賀源内、蔦屋重三郎、秋田藩などその当時の政治的な背景を絡めて東洲斎写楽=近松昌栄を立証していきます。
凄いじゃないかぁ高橋克彦こんな大発見を小説で発表してもいいのかぁと本気で信じてましたが・・・これも創作だそうです
でもそれぐらい説得力があります。

後半は、この説によって金・権力・名誉に目の眩んだ大学教授・研究者・画商が連続殺人事件を起こして通常のミステリー小説になります。

写楽の謎を解く内容だけでも読み応えのある一冊でした。

ちなみに、このシリーズは「北斎殺人事件」、「広重殺人事件」と続きます。

【高橋克彦 読了リスト】
 総門谷           第7回吉川英治文学新人賞
 総門谷R 阿黒編
 総門谷R 鵺(ぬえ)篇
 総門谷R 小町変妖篇
 総門谷R 白骨篇
関連記事
[ 2012/07/24 21:00 ] 高橋克彦 | TB(0) | CM(0)

旬野菜と豚軟骨カレー/カリー房 花(大阪:堺筋本町)

先日のランチは カリー房 花 です。
本町駅と堺筋本町の間で南久宝寺町の通りにあり、「南久宝寺町2」交差点の近くにあります。

SakahonCurryboHana_002_org.jpg
すべてのカレーには パンプキンスープポテトサラダ が付きます。

説明が無ければプリンにしか見えない冷製パンプキンスープは
なめらかで自然な甘味があってめっちゃ美味しい~

SakahonCurryboHana_001_org.jpg
ポテトサラダは人参が少し硬めでシャキシャキして面白い食感。
下に敷いてあるレタスも食べやすいように切り分けられて好印象

SakahonCurryboHana_000_org.jpg
そして、注文した 旬野菜と豚軟骨カレー 900円 の登場

トマト・ナス・オクラ・ブロッコリーなど野菜たっぷりの優しい味のカレーで、
スパイスも充分に感じられ十五穀米にもよく合います

かなりレベルの高いカレーです。素晴らしい

カレーを食べ終わった後に、残しておいたパンプキンスープと
ポテトサラダをお口直し代わりに食べて完璧なランチになりました
900円でこのクオリティであれば立派です

2種類のカレーを 合がけ にできるようなので、次はこれでしょう

SakahonCurryboHana_003_org.jpg
お店はサラリーマンがガツガツ・ガチャガチャ食べるのではなく、
おしゃれに食べられる雰囲気で、細かいところまで気遣いを感じられるようなお店でした
関連記事
[ 2012/07/23 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

夏休みに向けての・・・輪行準備

夏休みに家族旅行の予定があるので、
それに合わせて輪行できるように
道具を用意して輪行袋に収納する練習をしてみました。

過去2回の輪行(徳島姫路)は
前輪を外すだけの簡易的な分解でクルマに強引に積みましたが
今回は旅行する人数が多く、なるべくコンパクトにしたいので、
ちょっと本格的に・・・
IMG_0469_m_org.jpg IMG_0470_org.jpg
ネットで購入した OSTRICH(オーストリッチ) エンド金具 MTB用
同梱されている説明書だと機能も組み立て方もよくわからないので
こちらもいろんなネットを参考にして組み立ててみました。
これだけでも何をするものかイメージが湧いてきませんが・・・
IMG_0477_org.jpg IMG_0478_org.jpg
逆さまにして後輪だけを外します。
これはタイヤ交換をしたことがあるので、問題なし。
IMG_0479_m_org.jpg IMG_0481_org.jpg
前回の輪行のときに買っていたけど、使わなかった
OSTRICH(オーストリッチ) フリーカバー MTB用
を今回は装着します。
IMG_0480_org.jpg
エンド金具を後輪を外した位置に代わりに装着しますが、
正確な方向がよくわかりません。
とりあえず、こっちっぽいので、ココで固定してみます。
IMG_0487_org.jpg IMG_0488_org.jpg
サドルとエンド金具を支点にすると、
エンド金具の意味がはっきりするので、方向を微調整します。
プーリーケージが当たりそうで心配しましたがギリギリセーフです。
IMG_0471_m_org.jpg
軽量タイプの輪行袋の OSTRICH(オーストリッチ) L-100
を購入しました。
IMG_0473_org.jpg IMG_0482_org.jpg
袋を広げると結構な大きさになります。
中締めベルト3本、ショルダーベルト1本も付いています。
IMG_0484_org.jpg IMG_0489_org.jpg
輪行袋のなかにはサドルと金具の位置が書いてあるので
それに合わせて自転車をセッティングします。
IMG_0490_org.jpg IMG_0492_org.jpg
フレームの両側にタイヤを置き、
同梱されていた中締めベルトでタイヤとフレームの3ヶ所を固定します。
更にショルダーベルトも付けます。
 IMG_0493_org.jpg
これで完成です・・・たぶん
全部包んでしまうとパツンパツンなのでフォークだけ出してみました。
これでクルマにコンパクトに積めそうです・・・おそらく
何度か練習すれば時間も短縮出来そうです・・・maybe
  
関連記事
[ 2012/07/22 21:00 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

トロトロ玉子の きんしカレー/伊勢(大阪:南海堺駅前)

先日のランチは 喫茶&カレー 伊勢 です。
南海本線「堺」駅前にあります。

SakaiIse_004_org.jpg
休憩ならともかくランチに敢えて入ろうとは思わないような
ごく普通の店構えの喫茶店です。

SakaiIse_000_org.jpg
でも多数の雑誌で紹介されている堺では有名なカレー屋さんなんです。

SakaiIse_003_org.jpg
福神漬け、らっきょうの薬味をテーブルごとに持ってきてくれます。

SakaiIse_002_org.jpg
名物メニューは きんしカレー で2Lサイズの卵を3個使用して
バターライスを トロトロきんし卵 で包んでいます。
カレーは少し辛めですが、きんし卵と中和されていい感じになります

SakaiIse_001_org.jpg
奥さんの カツカレー は注文が入ってからカツを揚げます。
しかも、きんしカレーとは違ってこちらは甘めのカレーになっています

出来れば、こっちも辛口が良かったのですが、
そんなワガママが通るかどうか・・・は不明

深くコクがあって毎日食べても飽きないようなカレーでした
関連記事
[ 2012/07/21 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

特盛冷麺/冷麺処 伸(神戸:元町)

とっても暑い日だったので、ランチは 冷麺処 伸 です。
元町駅前の高架通りを東へ行って、センタープラザ西館の手前にあります。
SBCA3030_org.jpg SBCA3029_org.jpg
ピビンバやぼっかけ丼のセットにするか冷麺単品にするか迷ってしまいますが、
SBCA3028_org2.jpg
ノーマルに「冷麺」 800円 + 特盛 200円 にしました。

キムチ・薄~い茹で卵・塩もみキュウリ・白髪ネギ・トマト・薄~い茹で豚
トッピングされ、青ネギ・ゴマが散らされています。
ちょっと甘めのスープで焼肉屋さんで食べるものと少し違いますが、美味しいです

麺も弾力があり美味しいです
SBCA3027_org.jpg
ちょっと飽きてきたのでお酢を3周ほどかけ回して、いつものすっきりした感じになります
SBCA3025_org2.jpg
特盛ですが、見た目ちょっと少ないかなぁと思いつつも食べていると
意外と多いので、ドンブリの底を箸で突いてみると深い
横から見ると上げ底の部分にも溜まるようになるタイプでした。

ただ、麺が特盛ならトッピングも合わせてくれないと比率が
全然合っていないように思いました
SBCA3031_org2.jpg
これからの季節には、益々繁盛しそうなお店でした
関連記事
[ 2012/07/20 21:00 ] お食事処 韓国 | TB(0) | CM(0)

臨場(横山秀夫)

本日、読了。

横山秀夫では1冊目。


 <裏表紙から>

  臨場――警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に
 当たることをいう。捜査一課調査官・倉石義男は死者から
 のメッセージを的確に摑み取る。

  誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、また、
 殺人の見立てを「事件性なし」と覆してきた。
 人呼んで『終身検視官』――。

  組織に与せず、己の道を貫く男の生き様を、ストイックに
 描いた傑作警察小説。


<感想>

「赤い名詞」「眼前の密室」「鉢植えの女」「餞(はなむけ)」「声」「真夜中の調書」「黒星」「十七年蝉」の8編からなる短編集です。

ドラマの第一章・終章とも好きで全部観ていて、映画も公開中なので、随分前に原作を買っていたことを思い出し慌てて読んでみました。
感想というよりも、ドラマとここが同じ!違う!あぁこんな話あったぁ!と懐かしがっていた感じです。

検視官心得の一ノ瀬和之(渡辺大)が途中で捜査一課の刑事に移動し、代わりに”改心組”の永嶋武文(平山浩行)が検視補助官になったのは、てっきり大人の事情だと思っていたら、原作通りだったのは意外でした!

あと、小坂留美(松下由樹)と小松崎周一(伊武雅刀)が一話しか出てこないことにビックリ!

ちなみに「まだ、根こそぎ拾えてねぇ」よりも「俺のとは違うなぁ」のほうが好きなセリフです。
ちゃんと原作にも出てきます!

はやく映画を観に行かないとっ!
[ 2012/07/19 21:00 ] 横山秀夫 | TB(0) | CM(0)

天童よしみさん御用達の・・・/パティスリー マリエ エトワール(大阪:八尾)

本日2つ目のネタです。1つ目はコチラ

クロスバイクで 鶴見緑地 に行った帰りに パティスリー マリエ エトワール に寄りました。
JR大和路線「八尾駅」南の国道25号線の「太子堂」交差点の少し西にあります。

MarieEtoile_004_org.jpg
洋風いちご大福

MarieEtoile_005_org.jpg
スポンジの上に餡・イチゴ・生クリームと重ねられ求肥で包んでいて
しかもかなりデカイ!
甘酸っぱいだけでなく、生クリームで柔らかな食感になっています。

テレビで八尾出身の天童よしみさんが紹介したり、最近ではNHKでも紹介されているそうです。
ヤマザキパンの「雪苺娘」に似ているような・・・

MarieEtoile_002_org.jpg
シュークリーム

MarieEtoile_003_org.jpg
購入条件は「お持ち帰り1時間以内」で、保冷剤を入れてくれましたが
猛暑で家に帰ったら、すっかり変形してしまいました。

確か家に帰ったらすぐに冷凍してください(ひょっとしたら冷蔵だったかも)
だったので、とりあえず冷凍。

いい食感になって、美味しいです。

MarieEtoile_001_org.jpg
カスタードプリン
普通のプリンですが、娘はこれがいちばん美味しかったみたいです。

MarieEtoile_000_org.jpg
コチラは甘すぎない生クリームが特徴のようで美味しそうなロールケーキもあったので、
次は他のものも食べたいと思います。
関連記事
[ 2012/07/18 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

【ポタ】鶴見緑地

約1ヶ月ぶりの乗車です。
ホントは北河内サイクルラインに行こうかと思いましたが、
すると6時間コースになって、家の用事が出来なくなるので、
鶴見緑地までにしました。
IMG_0374_org.jpg
家を出発して1時間20分でようやく展望塔(いのちの塔)が見えました。
IMG_0377_org.jpg
国際庭園近くのゲートに咲いていた何か
IMG_0379_org.jpg
カリンです。
前日にシルシルミシルサンデーでロッテのカリンのど飴を紹介していたので・・・
カリンはそのままだと硬くて渋くて食べられたもんじゃないそうです。
IMG_0386_org.jpg
ようやく風車が見えました。
この辺りはキレイに何かが咲いています。
IMG_0387_org.jpg
その何か・・・
IMG_0390_org.jpg
風車近くに咲いているヒマワリ・・・これはわかります。
IMG_0378_org.jpg
昨日の奈良公園のマンホールは鹿でしたが、
鶴見緑地のマンホールは花博でした。
1990年だったんですねぇ。

Tsurumi_data_org.jpg
 地図は大和川以北ですが、
 走行履歴は実家が起着点ですのでデータ
 は一致していません。

 走行時間:2時間52分
  距 離 :62.2km
    (2012年累計:1,042.9km/19日)
 最高速度:36.34km/h
 平均速度:21.63km/h

 かなり暑かったので、この季節はこれ
 ぐらいの距離がちょうどいいようです。

 今日のお土産は天童よしみさん御用達の
 パティスリー マリエ エトワール
 にしてみました。


Tsurumi_Route_w_org.jpg

関連記事
[ 2012/07/18 18:00 ] 自転車 ポタリング | TB(0) | CM(0)

【鹿に会いに③】夜限定!ざる担担/情熱うどん 荒木伝二郎(奈良:田原本町)

奈良公園で鹿に会った 後、 情熱うどん 荒木伝次郎 でディナーです。
国道24号線の「千代南」交差点を西へ曲がってすぐのところにあります。

数年前に橿原の 情熱うどん 眞光 には行ったことがあり、
そのときに味はともかくファミレス的な雰囲気に、
拍子抜けしてしまって以来になります。
それから閉店・移転されたそうですので、こちらは初めてになります。
ArakiDenjiro_003_org.jpg
一番人気は ざるチャーシュー のようですが、
中津の 讃州 でも食べたことがあるので
夜限定!!数量限定!!の
ざる坦担 950円 + 大盛り 120円
にしました。
ArakiDenjiro_005_org.jpg
綺麗な盛り付けで、うどんもしっかりしています。
ArakiDenjiro_004_org.jpg
胡麻の香りがすっごくして ウマ~い!

更にトロトロチャーシュー半熟玉子も入っています。
それほど辛くはないです。
ArakiDenjiro_006_org.jpg
ご飯割付 でうどんを食べ終わる頃に持ってきてくれます。
ArakiDenjiro_007_org.jpg
ドーンとそのまま投入かなり汁ダクになります。

更に胡麻がの香りが強~くなって、もっと ウマ~く なります

もし単品で 担担+ご飯割付 があるのであればきっと頼みたくなるでしょう。
ArakiDenjiro_001_org.jpg
奥さんの頼んだ
情熱唐揚げぶっかけ~香味ネギソース~ 800円 + 大盛り 120円

ミニカツ丼 380円
ArakiDenjiro_002_org.jpg
油淋鶏 (ユーリンチー)みたいな感じですかねぇ
アッツアツの唐揚げと冷たいうどんがよくあいます。

それにしても この唐揚げはウマ過ぎる!!
ArakiDenjiro_000_org.jpg
18時のオープン直前に入ったらギリギリ座れてすぐに満席になり
行列ができる大人気のお店でした
関連記事
[ 2012/07/17 21:00 ] 旅行・おでかけ 奈良 | TB(0) | CM(0)

【鹿に会いに②】奈良公園

法隆寺の 若竹でランチ を食べた後、ベタな観光地ですけど、
久しぶりに 奈良公園 に行ってきました。
幸か不幸か、西日本では今年初めの猛暑日だったらしく奈良でも34℃もありました。
IMG_0339_org.jpg IMG_0342_org.jpg
興福寺の五重塔東金堂
IMG_0344_m_org.jpg
無料休憩所にいたせんとくん
観光客が代わる代わる写真を撮っていたのでまだまだ人気のようです。
IMG_0348_org.jpg IMG_0350_org.jpg
とんでもなくデカい大仏殿
正式名は東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)の奈良の大仏
IMG_0357_org.jpg
若草山まで足を延ばしましたが、料金を払うほどでもなかったので
柵の外からパチリ
IMGP2007_m_org.jpg IMGP2008_m_org.jpg
鹿に恐る恐るせんべいをあげている娘と
鹿にナンパされて喜んでいる奥さん
IMG_0358_org.jpg
奈良なんでマンホールまでも鹿でしたぁ

この後、またまた離れてますけど、 情熱うどん 荒木伝次郎 でディナーです。
関連記事
[ 2012/07/16 21:00 ] 旅行・おでかけ 奈良 | TB(0) | CM(0)

【鹿に会いに①】メンチカツ定食/若竹(奈良:斑鳩町,法隆寺)

先日のランチは 若竹 です。
JR大和路線「法隆寺駅」から北へ徒歩1分のところにあります。

Horyuji_Wakatake_004_org.jpg
一番人気の ミンチカツ定食 690円

Horyuji_Wakatake_001_org.jpg
最初にこのスープが運ばれてきたので、
上の全体写真では飲みかけになってしまっています
広義でいうポタージュスープですが、何なのかさっぱりわかりません。
例えるなら塩辛くてお粥のようです。

Horyuji_Wakatake_006_org.jpg
そしてゴルフボールよりも大きいミンチカツが5個も
美味しいですが、アツアツ感がなかったのがちょっと・・・。
ただ、ライスのボリューム多すぎ おかずとバランスよく食べるのも一苦労です。

Horyuji_Wakatake_002_org.jpg
エビフライ定食 800円

Horyuji_Wakatake_003_org.jpg
こっちは味噌汁でした。
開いた海老が3尾ついています・・・
ただ店内に貼っている雑誌で紹介されている記事の海老と形状が明らかに違う
記事ではデカくて開いていない立派な海老なのに
(↓理由は帰るときにわかりますが)

Horyuji_Wakatake_005_org.jpg
二番人気の チャンポン 580円

洋食屋なのにチャンポン しかも二番人気 さぞかし美味いんだろう・・・

野菜たっぷり 豚肉は宝探し状態 海鮮系無し・・・じゃくて真っ赤な桜エビだけ
ん~~こういうのもチャンポンなのでしょう・・・ただこれも塩っ辛い

Horyuji_Wakatake_008_org.jpg Horyuji_Wakatake_007_org.jpg
帰り際にショーケースを見るとエビフライ定食エビフライは海老の形状が違うようです。
であれば仕方がない・・・のかなぁ

Horyuji_Wakatake_000_org.jpg
それでも次から次からお客さんが来て、ほぼ満席状態だったので
頼むメニューを間違ったのかなぁ
安さとボリュームは間違いないですけどね

この後、ちょっと離れてますけど、奈良公園 まで行ってみました。

関連記事
[ 2012/07/15 21:00 ] 旅行・おでかけ 奈良 | TB(0) | CM(2)

ケンタ丼 & ケンタの焼き鳥丼/ケンタッキーフライドチキン(兵庫:西宮,甲子園)

昨日は今シーズン初めての甲子園
KoshienKFC_000_org.jpg
阪神 vs ヤクルト に行ってきました・・・がっ・・・
KoshienKFC_005_org.jpg
試合開始直前に 雨のため中止になってしまいましたぁ
これぐらいの雨だったら試合できそうやけど
9連戦やから中休みで中止にしたかったんかなぁ
KoshienKFC_002_org.jpg
それでも試合前に観戦用の食糧を甲子園駅前のダイエーで買って
更に米系だけは ケンタッキーフライドチキン 甲子園球場店 で買いました。
レフトスタンドの1Fにあります。
KoshienKFC_001_org.jpg
観戦はライトスダンドでしたけど、
わざわざレフトスタンドまで買いに行った理由はこれっ
甲子園店限定の ケンタ丼 と ケンタの焼き鳥丼 です。

でもケンタ丼は今年は西武ドームでも販売されているようです。
KoshienKFC_004_org2.jpg
ケンタ丼 700円

いつもとは違う鶏天風の骨なしチキンが2つ、シイタケ・シシトウ・サツマイモの
天ぷらがのっかり、ご飯には甘辛いタレがかかっていて
揚げ立てではないですけど、普通に美味しい丼です。
KoshienKFC_003_org2.jpg
ケンタの焼き鳥丼 700円

錦糸タマゴに焼き鳥がゴロゴロのっていて
この焼き鳥が予想以上に柔らかくて美味しいです。

ちなみに甲子園球場店限定なので、
甲子園駅前の阪神甲子園店・ダイエー甲子園店
には売っていないので悪しからず。
関連記事
[ 2012/07/14 21:00 ] お食事処 和食 | TB(0) | CM(0)

栗三笠といえば・・・千慕里庵(大阪:河内長野)

昨日、ちょっとしたおでかけで河内長野に行ったときに
河合寺 の アジサイ のことを思い出し、終わってるかなぁと思いつつも寄ってみました。

KawachinaganoChiborian_001_org.jpg
ピークは過ぎているようでしたが、たくさんのアジサイが咲いていました。
もう少し早ければ、もっとキレイだったのでしょうね。

KawachinaganoChiborian_002_org.jpg
少しですがキレイなアジサイも残っていました。

KawachinaganoChiborian_000_org.jpg
梅雨らしくカタツムリ もいました。

せっかくここまで来たので 千慕里庵 にも寄りました。
河内長野警察署の向かいにあります。

栗三笠といえば千慕里庵
千慕里庵といえば栗三笠


というかどうかは知りませんが、ここには
超おいしい栗三笠(関東風にいえば「どら焼き」)があります。

KawachinaganoChiborian_004_org2.jpg
残念ながら季節的なのか、夕方に行ったので時間的なのかわかりませんが、栗三笠はありませんでした。
そこで代わりに、こちらを買いました。
コーヒーぜんざい
白玉ぜんざい
生どら焼き


KawachinaganoChiborian_005_org.jpg
冷凍で売られていますが、自然解凍して食べます。
粒餡と生クリームが絶妙です。

KawachinaganoChiborian_006_org.jpg
底からコーヒーゼリー・粒餡・生クリーム・白玉と層になっています。
やっぱり餡です
これが甘すぎないので全体のバランスがいい感じになっています。

KawachinaganoChiborian_007_org.jpg
こっちは底から寒天・粒餡・白玉となっています。
この餡は素晴らしい

もっと甘くした~いという方のために追加のシロップも入れてくれています。

KawachinaganoChiborian_003_org.jpg
こうなると、やっぱりココの栗三笠が食べた~い
関連記事
[ 2012/07/13 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

牛バラ肉の煮込みカレー・半熟卵添え/ARISTA(岡山:備前西市)

13時過ぎに アプランドル に行ってみると、まだ数組待っていて、そこから更に待つ時間はなかったので、
どうしようかとランチ難民になりかけていたときに偶然見つけた ARISTA でランチです。

BizennhishiichiArista_000_org.jpg
オッサンが入るには躊躇していまいそうなオシャレなカフェですが、
周辺には選択肢がないので・・・いざ突撃

BizennhishiichiArista_001_org.jpg
高っ全部1,000円越えかぁ・・・
でも緑字デザなし(デザート不要)を見るとお手頃になるようです。

パスタにしたかったところですが、バジルソースには心揺れないので
CURRY LUNCH 牛バラ肉の煮込みカレー・半熟卵添え 840円 にしました。

BizennhishiichiArista_003_org.jpg
タイラギ貝のカルパッチョとサラダ
肉厚でシコシコとした食感で甘味があって・・・ウマっ!

BizennhishiichiArista_004_org.jpg
そしてサラダ用のパインとマンゴーのヨーグルトドレッシング
これがっ甘くて酸っぱくてウマ~い!
おそらく持ち帰り用に販売してたら、買っていたでしょう

BizennhishiichiArista_005_org.jpg
そして、牛バラ肉の煮込みカレー の登場

ポテト・半熟卵・クレソン・プチトマトと彩り鮮やかです。
ナス・アーモンド・福神漬と薬味が3種類もあります。

BizennhishiichiArista_007_org.jpg
いつも食べるカレーとは別物のようで、辛くはないですが、とってもマイルドなカレーです

BizennhishiichiArista_002_org.jpg
ドリンクバーは60分の制限付きですが、それなりに種類は揃っています。
オシャレに満足できるランチでしたぁ
関連記事
[ 2012/07/12 21:00 ] お食事処 カレー | TB(0) | CM(0)

猿島館の殺人 ― モンキー・パズル(折原一)

本日、読了。

折原一では12冊目。

黒星警部シリーズの3作目。
Orihara1Sarushima_org.jpg
<あらすじ>

  横須賀が近い東京湾に浮かぶ唯一の自然島・猿島。

  無人島であるはずのその島には猿谷家の人々の館があった。
  旅行誌の取材で島を訪れたフリーライター・葉山虹子は、
 本土へ帰る船に乗り遅れ、その館に迷いこむ。
  館主の藤吉郎が密室の書斎で不可解な死を遂げ、
 それを発端に、次々と変死事件が発生する。

  現場状況が示す犯人はなんと“猿”!折りしも、「脱獄犯?」を
 追って来た黒星警部とともに、虹子は一連の事件のからくりを
 解いていく。

猿島館の殺人―モンキー・パズル

<感想>
 猿島ってホントにあるんですね しかもレジャースポットで
 文庫のプロローグ前に猿島マップも実物と同じ(まぁそりゃそうですが)

 エドガー・アラン・ポーの モルグ街の殺人 のパロディらしいですが、読んだことがないので、残念ながら何をパロってるのかが全然わかんないです。

 非常に読みやすいですが、中途半端にユーモアにしているのでシラケてしまいますが、<どくしゃへの挑戦> から折原一らしいドンデン返しがあるので、まぁ良しとしましょう。

【折原一 読了リスト】
七つの棺 ― 密室殺人が多すぎる        黒星警部シリーズ1
倒錯の死角                      倒錯シリーズ1
鬼面村の殺人                     黒星警部シリーズ2
倒錯のロンド                      倒錯シリーズ2
灰色の仮面
覆面作家
異人たちの館
沈黙の教室                      教室シリーズ1
                              第48回日本推理作家協会賞長編賞
誘拐者                         者シリーズ1
「白鳥」の殺人
螺旋館の奇想                      奇想シリーズ1
関連記事
[ 2012/07/11 21:00 ] 折原一 | TB(0) | CM(0)

薬味たっぷり たぬき/釜揚げうどん 桂ちゃん(大阪:平野区長原)

先日のディナーは「釜揚げうどん 桂ちゃん」です。
地下鉄谷町線「長原」駅前にあります。

釜あげうどんしかないので、サイズを選ぶだけになります。
おたぬき(3玉)・たぬき(2玉)・豆だぬき(1.5玉)・豆だぬきの少なめ(1玉)

今回は、たぬき(2玉) 700円 にしました。
SBCA2964_org.jpg SBCA2963_org.jpg
まず、テーブルにたっぷりの
天かすネギ、それに自家製の佃煮(こんぶ・かつお)
が出されます。
SBCA2962_org.jpg
更に生姜も出され自分ですりおろします。
SBCA2958_org.jpg SBCA2961_org.jpg
うどんが茹で上がる頃に、熱々のダシがタップリと出されます。
これがめっちゃカツオのいい香りがします
SBCA2960_org2.jpg
そして、ようやくうどんの登場
モチモチでスルスルと喉越しもよく美味しいです

まず、薬味を入れずに食べ、
次に薬味を入れて別の味で楽しみ
佃煮で口直しをし、更に・・・
SBCA2959_org.jpg
テーブルの胡麻で味を変えることもできます。
最後に美味しいダシも飲み干してしまいました
SBCA2965_m_org2.jpg
麺は冷たい麺や、細麺を選ぶこともでき、ダシも冷たいタイプも選べます。
更には鴨汁もあります。

今までは、釜揚げうどんってどうだろうと思っていましたが、
考えを改めなければならない一食になりました
関連記事
[ 2012/07/10 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

ボリュームたっぷり中華/天天菜館(大阪:千鳥橋)

先日のランチは 天天菜館 です。
阪神なんば線「千鳥橋」駅前の北港通り沿いにあります。

TenTenSaiKan_008_org.jpg
奥さんの 唐揚げ定食 780円

唐揚げ・サラダ(オムレツ・焼売・ポテトサラダ)・ご飯・漬物
だけでも充分ですけど、更に・・・

TenTenSaiKan_003_org.jpg
スープ・杏仁豆腐 までついてきて
もの凄いボリューム

TenTenSaiKan_007_org.jpg
しかも、唐揚げは立派な マウンテン

TenTenSaiKan_006_org.jpg
娘の ラーメンセット 690円

ラーメン・半チャーハン・餃子とこちらもエライことに です。

TenTenSaiKan_004_org.jpg
看板の餃子もジューシーで美味しい~
こんなボリュームセットは当然娘には荷が重すぎるので私が大半処理しました。

TenTenSaiKan_002_org.jpg
私は、そしてオススメだという 麻婆丼 550円

他の料理と比べると少なめかと思いましたが、
イヤイヤことらも負けず劣らずたっぷり~!

山椒が強めでそれほど辛くはないので

TenTenSaiKan_001_org.jpg
そんなときにはテーブルには自家製ラー油がたっぷりあるのでどうぞ

TenTenSaiKan_000_org.jpg
他のテーブルを見てもボリュームに誰もがビックリしているようでした。
餃子をテイクアウトする人もいたので、やっぱり人気のようです。
関連記事
[ 2012/07/09 21:00 ] お食事処 中華 | TB(0) | CM(0)

昔ながらのパン屋さん/まるき製パン所(京都:大宮)

先日のランチは まるき製パン所 です。
阪急京都線「大宮」駅から南へ約8分のところにあります。
MarukiSeiPanjo_001_org.jpg
お店の看板商品の ハムロール 150円
MarukiSeiPanjo_000_org.jpg
ハムとぎっしりのキャベツだけというシンプルな組み合わせで
いつまでも飽きずに何本でも食べれそうです
MarukiSeiPanjo_003_org.jpg
ニューバード 150円
MarukiSeiPanjo_002_org.jpg
カレー味の揚げパンでソーセージが中に入っています。
揚げたてだったらもっと美味しいんだろうなぁと思います。
MarukiSeiPanjo_005_org.jpg
クリームチーズクロワッサン 150円
MarukiSeiPanjo_004_org.jpg
クリームチーズの少しある酸味がいい感じで軽~く食べられます。
MarukiSeiPanjo_006_org.jpg
店頭にはショーケースがデーンと構えてあって、
他にも焼きそばパンやカレーパンなど美味しそうなパンが
何種類も並んでいたので、また来たいと思います
関連記事
[ 2012/07/08 21:00 ] お食事処 パン | TB(0) | CM(4)

【映画】スノーホワイト

IMG_0219_org.jpg
<あらすじ>

 スノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、外見も心も
 美しいプリンセスとして育てられる。
 妻が亡くなり、傷心の王は新しい王妃としてラヴェンナ
 (シャーリーズ・セロン)を迎えるが、ラヴェンナ王妃に
 殺され国を乗っ取られてしまう。
 数年間の幽閉生活を送っていたスノーホワイトは
 ラヴェンナが自分の心臓を手にいれようと知り、闇の森
 へ逃げる。
 だが、スノーホワイトは危険をかわしながら、たくましく
 成長し、抵抗軍とともに女王に立ち向かう。

<感想>

グリム童話「白雪姫」をベースにしているので、当然お約束を期待してしまいます。

  「鏡よ鏡、世界で一番美しいのは誰ぁ~れ?」って王妃(継母)が言う
  ハイホーハイホーと小人が歌う
  白雪姫が毒リンゴを食べて死ぬ
  王子様のキスで白雪姫が生き返る

ビミョーに違うけどこれらのお約束が登場するので、ちょっと安心。
しかし全編を通してラヴェンナに国が支配されているので、暗~い重~い映像になってしまっています。

でも小人たち(・・・8人ですが)とともに、妖精の森で過ごすシーンは「もののけ姫」の世界そのままです。
しかもシシ神まで登場して、ビックリ

家に帰って、改めて子ども用の「しらゆきひめ」を読んでみると絵は明るいけど、内容は意外と暗い話なんで、であれば映画にもナットク

でもディズニー的に小人たちに「ハイホーハイホー」って楽しく歌って欲しかったなぁ。
関連記事
[ 2012/07/07 21:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

生麩の福福餅/みどりや総本舗(香川:丸亀)

うどん県でのお土産を買うために みどりや総本舗 に寄りました。
JR丸亀駅前のアーケード内にあります。

MarugameMidoriya_002_org.jpg
買ったのは、もちろん 福福餅(ふくぶくもち) 5個 525円

MarugameMidoriya_001_org.jpg
グルテンたっぷりのもっちもちの生麩でコシ餡を包んでいます。

MarugameMidoriya_000_org3.jpg
お饅頭では味わうことがない変わった食感と
上品な餡がすごく合っていて美味しい~

これなら5個じゃなくて10個にしとけばよかったぁ~
でも賞味期限が当日限りなんですよ~

MarugameMidoriya_003_org2.jpg
うどんだけでなくこんな美味しいものがあったなんてぇ 
もっと早く知りたかった~ 
関連記事
[ 2012/07/06 21:00 ] お食事処 スイーツ | TB(0) | CM(0)

肉ぶっかけうどん/手打うどん 三徳(香川:高松)


うどん県での仕事が終わってからの2回目 のランチは 手打うどん 三徳 です。

お店は16時までの営業で15時30分ぐらいに到着。

Takamatsu3toku_003_org.jpg
他のお店にはないようなメニューがたくさんありましたが、
冒険心が湧かなかったので写真が美味しそうだった 肉ぶっかけ(冷) 545円

お客さんもいなかったので、茹でるのに13分かかるそうですが
店内を散策しつつ待ちました。

こちらの麺は太めで程よい硬さでコシがあるタイプです。
肉も甘くうどんとよく絡んで美味しいです

Takamatsu3toku_004_org.jpg Takamatsu3toku_002_org.jpg
閉店間際でもお客さんが何組か入ってきたので、きっとお昼時は大盛況のお店なんでしょう。
このよく目立つ看板が目印になります。
看板と屋号からどうしても、難波の 三佳屋をイメージしてしまいますが。

Takamatsu3toku_000_org.jpg Takamatsu3toku_001_org.jpg
高松駅から帰ろうとしたら、そこは さぬきうどん駅でしたぁ
関連記事
[ 2012/07/05 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(1)

たこちく冷やかけうどん/SIRAKAWA(香川:三豊)


先日、久しぶりに仕事で うどん県 に行きました。
ということで1回目 のランチは SIRAKAWA です。

ちなみに SHIRAKAWA ではなく SIRAKAWA です。

SBCA2938_org2.jpg
注文したのは たこちく冷やかけうどん  430円

いつもなら、冷たいうどんならぶっかけにするところですが
メニューに「冷たいかけ」も出来ます とあったのでこれにしました。

SBCA2937_org2.jpg
麺を味わってくれ と言わんばかりのシンプルな盛り付けです。
少し細めの麺はつやつやで喉越しもよく美味しい~

SBCA2936_org2.jpg
そして、お店の名物の たこちく
注文が入ってから目の前で揚げてるのでアッツアツでウマ~い!

SBCA2940_org2.jpg
お店は幹線から見え難く奥まった場所にありますが、
そんなことは関係なくお客さんでいっぱいでしたぁ
関連記事
[ 2012/07/04 21:00 ] お食事処 うどん | TB(0) | CM(0)

だいこん(山本一力)

本日、読了。

山本一力では2冊目。


 <あらすじ>

   老中が田沼意次から松平定信に代わる頃の江戸・浅草で
  一膳飯屋「だいこん」を営む つばき とその家族の物語。

   腕のいい大工だが、博打好きでちょっと酒癖の悪い父・安治、
  貧しい暮らしのなかで夫を支える母・みのぶ、二人の妹さくらとかえで。

   飯炊きの技と抜きん出た商才、人を惹き付ける魅力を持ったつばきが、
  温かな家族や周囲の情深い人々の助けを借りながら、借金や洪水、
  火事などの困難を乗り越え店とともに成長していくサクセスストーリー。


<感想>

 かんじき飛脚 に続いてですが、これもオモシロイ 一気に読んでしまいます。

 あらゆる試練に遭いますが、そのたびにつばきの人を惹きつける魅力で助けてくれる人と出会ったり、商才を発揮して、状況が好転しどんどん大きく成長していきます。もう読んでいて気持ちいいです。

 大工、火の見番、仲士衆、古骨屋、魚屋、棒手振、ところてん屋、飴屋などたくさんの職業が登場しますが、誰もが自分の腕に自信を持って羨ましく思えます。

 つばきは小さい頃に飯屋を持つ夢を持ち17歳で店を構え、自分の意思を信じで貫き進んで行きますが、物語の後半でつばきがある大店のご隠居の菊之助と喧嘩をします。その場に居た弁当屋(元ところてん屋)の60歳を越えたおそめ達3人組の振る舞いや考え方を悟ったつばきがまだまだ自分は未熟者だと考え直して、菊之助に頭を下げるところはスーパーガールだったつばきが等身大の女性に思えて好きなシーンです。

 読み終わると、「あぁ だいこんご飯、味噌汁、イワシの煮付け、たくわんを食べた~い」ってきっと誰もが思うはずです。

 ちなみに深夜ドラマで小林薫が演じた 深夜食堂 にも行ってみたいです。


【山本一力 読了リスト】
 かんじき飛脚
関連記事
[ 2012/07/03 21:00 ] 山本一力 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム