おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  鹿児島

【南九州旅行記⑩】ゴツゴツ溶岩原の有村溶岩展望所(鹿児島:桜島)

黒神埋没鳥居 の向かいにある 椿の里で椿油のちゃんぽん
食べてから時計回りに桜島を10分ほど走ったところにあるのが
SakurajimaArimura_001_org.jpg SakurajimaArimura_002_org.jpg
有村溶岩展望所

日差しが強く、しかも陽を遮る場所も少ないので
クルマを降りたくもないのですが、折角ココまで来ているので
がんばって階段を上がります!

SakurajimaArimura_003_org.jpg
遊歩道はキレイに整備されていますが、周りは溶岩だらけ

SakurajimaArimura_004_org.jpg
大人の私よりも全然デカい!

SakurajimaArimura_005_org.jpg
残念ながら、振り向くと錦江湾は海と空の境目もわからないぐらい曇ってます。

SakurajimaArimura_007_org.jpg
遥か向こうには、唯一の日陰の展望台があります。

SakurajimaArimura_006_org.jpg
じゃあ、暑いのでオアシスを目指そう!

SakurajimaArimura_000_org.jpg
ギリギリ見えてる 桜島
ちなみに今回の旅行では、このときが一番見えた桜島でした。

SakurajimaArimura_008_org.jpg
溶岩原の緑色が場所によって違うのは、大正溶岩・昭和溶岩など
年代の違う溶岩の上に異なる植生によるからだそうです。

SakurajimaArimura_009_org.jpg
その後、クルマを降りることなく、高速道路の料金所のように
簡単な手続きを済ませ、桜島フェリー で鹿児島市内に向かいました。

次は、クレープの自動販売機で休憩です。
スポンサーサイト
[ 2017/08/21 23:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(0)

【南九州旅行記⑨】桜島の椿油を使ったチャンポン/椿の里(鹿児島:桜島)

黒神埋没鳥居 の見学が終わったのが11時20分。
SakurajimaTsubakinosato_000_org.jpg SakurajimaTsubakinosato_001_org.jpg
垂水の マミーズカフェ でおススメいただいた 椿の里 は鳥居の目の前にあります。

お店の情報を調べると11時30分にオープンのようですが
次の予定があるので、もしオープンが遅れるのであれば諦めようと思いながら
待っていると、11時30分になると同時に暖簾が出されました!

SakurajimaTsubakinosato_003_org.jpg
カウンター8席、座敷2卓のお店を女性お一人で切り盛りされているようで
メニューは椿ちゃんぽんのみ!

SakurajimaTsubakinosato_002_org.jpg
カウンターに座ったので目の前には 椿油 の瓶詰がドーン!

SakurajimaTsubakinosato_005_org.jpg
ちょっと気になったのが、ちゃんぽん しかないのにコショーの種類が多い!
更に、粉チーズまであります・・・合うのか?実はパスタもあるのか?

SakurajimaTsubakinosato_004_org.jpg
まずは、キュウリの漬物

ピリ辛で美味しいので思わず「ご飯ください」って言いたくなります。
でも、メニューは 椿ちゃんぽん のみ・・・

椿油のメチャクチャいい香りが店内に広がってきて・・・

SakurajimaTsubakinosato_006_org.jpg
椿ちゃんぽん

SakurajimaTsubakinosato_007_org.jpg
キャベツ・ピーマン・モヤシ・カイワレ・エビ と
とにかく具だくさんなのは嬉しいですが、
何よりも眼でも楽しめるカラフルな彩り!

SakurajimaTsubakinosato_008_org.jpg
濃厚なのにアッサリしてもたれないようなスープも美味しい!

ボリュームもあるので満足できます。
正直なところ、猛暑で食べたい料理ではなかったんですが
地元の方のおススメに従って正解でした。

SakurajimaTsubakinosato_009_org.jpg
そして、マミーズカフェ に紹介されてきたことを伝えると
サービスで イチゴのかき氷 をいただきました。

次は、桜島の溶岩展望所 です。
[ 2017/08/20 16:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(2)

【南九州旅行記⑧】103年前の桜島大噴火で埋没した鳥居(鹿児島:桜島)

垂水の マミーズカフェで あっちん を食べた後、いよいよ 桜島 に初上陸です。

SakurajimaTorii_000_org.jpg SakurajimaTorii_001_org.jpg
上陸して少し走ると 埋没鳥居の駐車場があり
親切にいろいろ説明が書いてあって100円のようです。

SakurajimaTorii_002_org.jpg
で矢印通りに進んで

SakurajimaTorii_003_org.jpg
80mほど歩くと

SakurajimaTorii_009_org.jpg
アスファルトで整備された駐車場があり
しかも無料!更にトイレ付!

SakurajimaTorii_004_org.jpg
と余談はココまでで、その向かいにあるのが 黒神埋没鳥居

あらら、見事に埋まってます。
地上には鳥居の1mが顔を出して2mが地下に埋まっているそうです。

SakurajimaTorii_005_org.jpg
1914年(大正3年)の桜島大噴火で埋没したそうです。

SakurajimaTorii_008_org.jpg
これは鳥居なので、黒神中学校の横の通路のような参道を進むと

SakurajimaTorii_006_org.jpg
本殿?がありまして
中を拝見させていただきますと・・・

SakurajimaTorii_007_org.jpg
物置のようになっているので、埋没鳥居だけを見れば充分のスポットのようです。

次は、マミーズカフェ でおススメいただいた 椿油ちゃんぽんです。
[ 2017/08/19 09:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(2)

【南九州旅行記⑦】焼き立てサツマイモにソフトクリームを乗せれば あっちん/マミーズカフェ(鹿児島:垂水)

都城の 関之尾滝 から桜島方面にレンタカーで1時間走ると 鹿児島県に入って
道の駅たるみず で休憩!とはならずに、事前に調べていたこの向かいにある
TarumizuMommy_000_org.jpg TarumizuMommy_004_org.jpg
赤い建物の マミーズカフェ(MOMMY'S CAFE) で休憩です。
TarumizuMommy_001_org.jpg TarumizuMommy_002_org.jpg
カレーも美味しいということだそうですが、食べたかったスイーツを注文します。

TarumizuMommy_003_org.jpg
小さなお店ではありますが、可愛く飾られてテーブルもちゃんとあります。

TarumizuMommy_005_org.jpg TarumizuMommy_006_org.jpg
マンゴーキッズシェイク
季節のみかんシェイク


TarumizuMommy_007_org.jpg
そして、あっちん

TarumizuMommy_008_org.jpg
焼き立てサツマイモにソフトクリームをタップリと乗せているので、
サツマイモの熱さとソフトクリームの冷たさ、それに2つの異なる甘さと
いいことだらけでメチャウマぁ~!!

ホームページによると 鹿児島弁の「アツアツちんたか(冷たい)」が由来だそうです。

店主のおキレイなマミーさんとお話ししたところ、「この後、桜島の黒神埋没鳥居に
行くのであれば、鳥居の前に椿油を使ったちゃんぽんのお店があるので、是非!」
ということなので、次は、黒神埋没鳥居・椿油ちゃんぽん です。
[ 2017/08/18 01:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(0)

【出張先にて】西郷隆盛像を見上げて見下ろして(鹿児島)

出張でやってきました鹿児島

KagoshimaSaigo_000_org.jpg
味もボリュームもCPも期待ハズレのランチはネタには出来ずに
仕事を済ませた後、ちょっと時間があったので 城山展望台 から
頭の隠れた 桜島 を眺めてみました。

KagoshimaSaigo_001_org.jpg
で、城山麓の 鹿児島市立美術館西郷隆盛像
上野とは違って犬のツンは横にはいません。

パシャパシャ写真を撮っていると変わったおじさんが
近寄ってきて西郷隆盛のことを熱く語り始めます・・・聞いてもいないのに

KagoshimaSaigo_004_org.jpg KagoshimaSaigo_005_org.jpg
話しの流れから隣りの雑居ビルに誘われると西郷隆盛像を展望できる K10カフェ
K10とは敬天愛人(けいてんあいじん)が由来なのでしょう・・・きっと。

カフェなんでフードやドリンクもありますが
そのおじさん(西郷隆盛の妻イトの実父岩山八郎太源直温の玄孫)の
説明が止まることなく延々続きます。

ちなみに、西郷隆盛の曾孫の西郷隆夫さんもいらっしゃって
他のお客さんの接客をしていました。神戸や梅田の大丸に勤めていたそうです。

KagoshimaSaigo_002_org.jpg
よく知られている西郷隆盛の顔は、実は本人ではなく
弟の西郷従道と従弟の大山巌の合成であることはよく知られていますが
数ある肖像画のなかでこの肥後直熊の絵が一番似ているらしいそうです。

KagoshimaSaigo_003_org.jpg
そして、カフェから見下ろす 西郷隆盛像
像の前にはネームプレート
これは天国の隆盛に見えるように上を向けている・・・とか。
[ 2015/11/06 21:00 ] 旅行・おでかけ 鹿児島 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム