おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  滋賀

【琵琶湖バレイのスイセン③】遊び疲れたあとはティラミスのクレープ/ルメルシエ(滋賀:大津,堅田)

琵琶湖バレイ から下山したら、甘くて冷たいモノが欲しくなったので
ミルクレープ&スイーツ ルメルシエ(Re Mercier) に寄りました。

KatataReMercier_000_org.jpg
ティラミスとミルクレープを融合させたティラミルが有名みたいですが
その場でお手軽に食べたかったので、クレープから選びまして・・・

KatataReMercier_004_org.jpg
一番人気の ティラミス

KatataReMercier_003_org2.jpg
娘は クリーム・パティシエール(左)
奥さんは ポム・メープル(右)

3人で店先のベンチに座って、美味しくいただきました。

ちなみに、こんなにあちこちでいろんなモノを食べているので
娘が初クレープだったことにビックリ!
KatataReMercier_002_org.jpg KatataReMercier_001_org.jpg
体力も少し回復できたので、あとは家を目指して南下しまて
琵琶湖バレイへお出かけの最後は アリオ八尾でローストビーフ丼 のディナーです。
スポンサーサイト
[ 2016/05/04 21:00 ] 旅行・おでかけ 滋賀 | TB(0) | CM(0)

【琵琶湖バレイのスイセン②】蓬莱山山頂と小女郎ヶ池のほとりで100円パンランチ

PetitBonheurKatata_000_org.jpg PetitBonheurKatata_001_org.jpg
琵琶湖バレイに行く前に 生鮮館げんさん 堅田店 内にある
プティボヌール(PETIT BONHEUR)堅田店 に寄ってランチを買います。
PetitBonheurKatata_003_org.jpg PetitBonheurKatata_002_org.jpg
ぷてぃぶらん(Petit Blanc) 系列のお店では、堺のでぃあふれんず
伏見の憩い家製パン瀬田のぷてぃぶらん に続いて4店目の訪問です。

スーパーの9時30分オープン直後に行ったのでちょっと商品は少なめ。

PetitBonheurKatata_004_org.jpg
とは言いながらも10個買いました。
100円パンのお店なので、全部で1,080円!やっぱり安~い!

PetitBonheurKatata_005_org.jpg
琵琶湖バレイのスイセンの丘 を登って疲れたので蓬莱山山頂で1回目のランチで
野菜たっぷりハムサンド

PetitBonheurKatata_006_org.jpg
小女郎ヶ池(こじょろがいけ)のほとりで2回目のランチで
フランスパンのサンドイッチの カスクート

PetitBonheurKatata_007_org.jpg
もちもちハイジのチーズフォンデュ

PetitBonheurKatata_009_org.jpg
蓬莱山山頂に戻ってきて、3回目のランチはデザート気分で甘い系
ねじりドーナツ☆シュガー

PetitBonheurKatata_008_org.jpg
さつまいもスティック

PetitBonheurKatata_010_org.jpg
アップルとチーズの・・・(失念)

ちなみに他に買ったのは、昔ながらのカツサンド・手作りたまごサンド・
アボガド&エビカツバーガー・フライドチキンのタルタルバーガー
ボローニャソーセージとチェダーチーズのサンド
でしたぁ。
ピンボケだったので載せられませんでしたぁ~

次は、堅田駅近くで クレープ を食べます。
[ 2016/05/03 21:00 ] 旅行・おでかけ 滋賀 | TB(0) | CM(0)

【琵琶湖バレイのスイセン①】30万球のスイセンの丘から小女郎ヶ池へ

ゴールデンウィークのおでかけ第一弾として 琵琶湖バレイ に行ってきました。
冬にも行ったことが無いので、初めての琵琶湖バレイがグリーンシーズンになっちゃいましたぁ。

家を7時30分に出発して、途中の プティボヌール(PETIT BONHEUR)堅田店
お昼ご飯用に100円パンを買ったら、特に渋滞につかまることもなく
BiwakoValley2016_010_org.jpg BiwakoValley2016_011_org.jpg
10時に琵琶湖バレイのロープウェイ山麓駅に到着。
「スイセンマンって何?」とは思いながらも抽選券を貰えます。

BiwakoValley2016_014_org.jpg
秒速12mの日本一速いロープウェイに乗ったら4分後に1,100mの山頂駅に到着。

BiwakoValley2016_001_org.jpg
ここが目的地ではなくて、向こうに見える蓬莱山頂までリフトに乗らずに目指します。
ちなみに、歩くのが辛い人は2本のリフトを乗り継げば楽々と登ることができます。
BiwakoValley2016_003_org.jpg BiwakoValley2016_002_org.jpg
そこまでは黙々と歩くのではなくて、大人も子どもも一緒に楽しめる無料の遊具が
いっぱいあって結構楽しめます・・・というか遊び過ぎてなかなか前に進めませ~ん。

BiwakoValley2016_004_org.jpg
遠くから見るとマバラだった 30万球のスイセンの丘 は近づくと満開!

BiwakoValley2016_000_org.jpg
振り返ると琵琶湖は遥か眼下に広がって最高の景色なんですけど
スイセンの丘から山頂までがメチャクチャしんどくて

BiwakoValley2016_005_org.jpg
ようやく、1174.3mの 蓬莱山山頂 に到着

BiwakoValley2016_009_org.jpg
山頂ではトンビがお出迎え。
予想以上に疲れたので、休憩を兼ねてちょっとだけランチ。

BiwakoValley2016_007_org.jpg
実はこの山頂も目的地ではなくて、更に尾根を進んで、
まだまだ見えない小女郎ヶ池を目指します。

BiwakoValley2016_006_org.jpg
右手には比良山系の山々

BiwakoValley2016_012_org.jpg
左手には琵琶湖を一望

BiwakoValley2016_008_org.jpg
「まだ~?まだ~?」と文句を言う娘を「もうすぐ、もうすぐ」と誤魔化しながら
30分ほど歩いて、ホントの目的地の標高1,060mの 小女郎ヶ池(こじょろがいけ) に到着。

説明看板によると、「雨ごいの池」として崇められているそうで
また、どこかで聞いたことがあるような悲哀伝説も語りつがれているらしい。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
昔、ふもとの南船路の里に久右衛門とお孝という夫婦がいました。
ある日お孝は、池のあたりへ薪を取りに来ていると、美しい青年
(実は池の主、大蛇の化身)に会いました。以来夜になると、
池に通うようになったお孝の行動に不審を持った久右衛門が、
ある夜あとをつけ、お孝が池に入るのを見て驚きました。
気付いたお孝はお詫びのしるしにと左目をくりとって夫に渡し、
「赤ん坊が乳を欲しがったら、これをしゃぶらせてほしい」と
言い残して池へ入ってしまいました。孝女郎が入った池だから孝女郎池、
それがいつしか小女郎ヶ池になったといわれています。
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


で、ここでも休憩を兼ねてちょっとだけランチ(2回目)

往路と同じ道を帰っているはずなのに、復路はスイスイと進めて
途中で遊具で遊んだりしながら、ロープウェイ山頂駅に戻ってきました。
14時の抽選会まであと30分ぐらいあって、
「まだかまだかスイセンマンはまだか」と首を長くして待っていたら

BiwakoValley2016_013_org.jpg
お腹に夢と希望が詰まってポッチャリした スイセンマン 登場!
また喋りが上手で抽選会の司会をしながら抽選会を盛り上げます。
ちなみに、商品は滋賀の名産や折り畳み自転車など・・・当たりませんでした。

BiwakoValley2016_015_org.jpg
帰りのロープウェイに乗っているとスイセンマンが見送ってくれましたぁ。

次は、山頂と小女郎ヶ池で食べた 100円パンのランチ 編です。
[ 2016/05/02 21:00 ] 旅行・おでかけ 滋賀 | TB(0) | CM(2)

【料亭麺屋と桃源郷美術館③】牧場で搾乳された生牛乳のジェラート/ジェラート工房うらら(滋賀:甲賀,甲南)

MIHO MUSEUM(ミホミュージアム) からクルマで東へ25分ほど走って

KougaNarita_007_org.jpg
成田ふれあい牧場 で休憩です。

KougaNarita_006_org.jpg
牧草が広がり、期待通りの牧場の景色なんですけど

KougaNarita_000_org.jpg KougaNarita_005_org.jpg
ちょっと角度を変えると新名神高速
藤棚の下には小さなプールに浮かぶ行き先のないボート

KougaNarita_013_org.jpg KougaNarita_008_org.jpg
そこの敷地内にある ジェラート工房うらら で休憩です。

KougaNarita_009_org.jpg
成田牧場で搾乳された生牛乳を使ったジェラートが
10種類あって、シングル/ダブルと選べます。

KougaNarita_010_org.jpg
私は季節限定の いちごみるく

イチゴの果肉が入ってミルクの味が、しっかりと感じながらもスッキリとして
陽気な牧場で食べると美味しさ倍増です!

KougaNarita_012_org.jpg KougaNarita_011_org.jpg
奥さんは メープルウォールナッツ
娘は オレンジヨーグルト

KougaNarita_001_org.jpg
牧場は無料開放されているので、ちょうど牛さんたちがお食事中

KougaNarita_004_org.jpg
両側でモクモクと食べている通路を歩くには威圧感が凄く
ウロチョロしたてら、牛さんのご機嫌を損ねたようで
娘が足に鼻水を飛ばされてしまい、かなりいい臭いがしてましたぁ~

KougaNarita_002_org.jpg
ウサギさんもお食事中

KougaNarita_003_org.jpg
あとは帰るだけなので寄り道して、ディナーは 大和郡山のゑびすやで天ぷら です。
[ 2015/05/02 21:00 ] 旅行・おでかけ 滋賀 | TB(0) | CM(2)

【料亭麺屋と桃源郷美術館②】トンネルを抜けると地中美術館/MIHO MUSEUM(滋賀:甲賀,信楽)

料亭の天下一品でラーメン を食べた後、クルマで山の中を25分ほど走ると

MihoMuseum_014_org.jpg
MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)
ここは駐車場近くでレストランのある レセプション棟

滋賀県の信楽の山奥なのに、こんなところにも中国人がいっぱい!
もっと他にも有名な観光地があるやろ~
MihoMuseum_001_org.jpg MihoMuseum_000_org.jpg
ここから美術館棟までは電気自動車(無料)にも乗れますが
天気もいいので、ピークの過ぎた桜咲く道を歩くことに。

MihoMuseum_002_org.jpg
緩い上り坂をしばらく歩くとトンネル

MihoMuseum_003_org.jpg
未知の世界への入り口っぽい雰囲気

MihoMuseum_004_org.jpg
金色のトンネルの向こうには何があるんでしょうか?

MihoMuseum_005_org.jpg
橋の向こうに建物発見!

MihoMuseum_006_org.jpg
これが 美術館棟

MihoMuseum_013_org.jpg
周りは緑で覆われて、他に人工的な建物は見えないので凄く小さい美術館と思いきや・・・・

MihoMuseum_009_org.jpg
ピラミッドを想像させるような開放的なロビー

MihoMuseum_008_org.jpg
正面にはテレビコマーシャルのような緑の山々の絶景

MihoMuseum_010_org.jpg
その先には カリヨン塔
実はココは神慈秀明会という宗教団体が一般公開している美術館だったんです。

MihoMuseum_007_org.jpg
島田荘司の小説の 水晶のピラミッド を思い出させるような空間です。

MihoMuseum_011_org.jpg
地上2階、地下1階で周りの景観を崩さないように
建物のほとんどを地中に埋めて桃源郷をイメージした美術館だそうです
・・・というような建設の様子をビデオで観ることができるので
個人的には美術品よりもコチラの方が興味深い。

当然ながら、美術品は撮影禁止です。

MihoMuseum_012_org.jpg
美術館棟から見たトンネル
電気自動車は7人乗りなので、またもや歩いて帰ります。

次は、成田ふれあい牧場でジェラート を食べに行きます。
[ 2015/05/01 21:00 ] 旅行・おでかけ 滋賀 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム