おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  沖縄

【冬の沖縄旅行記⑮】超人気の老舗ステーキ食堂/ジャッキー ステーキハウス(那覇:旭橋)

ようやく、この沖縄旅行記の最後のネタです。

中本鮮魚天ぷら店 でおやつを食べてから、安里駅近くのホテルに帰り少し休憩して
ホテルから国際通りをプラプラとお土産を物色しながら
「国際通りのお土産が一番安いやんけぇ~」と言って、徒歩30分で着いた・・・

AsahibashiJackSteak_000_org.jpg AsahibashiJackSteak_002_org.jpg
ジャッキー ステーキハウス (JACK'S STEAK HOUSE)

AsahibashiJackSteak_001_org.jpg
人気店なので、当然ながら行列。待ち順は10番目。
でも、やがて空席 の黄信号なので、もう少しで座れるだろうと

AsahibashiJackSteak_004_org.jpg AsahibashiJackSteak_005_org.jpg
待つこと25分で着席。
高級ステーキ屋さんというよりは、沖縄の大衆食堂。

AsahibashiJackSteak_003_org.jpg
中本鮮魚天ぷら店 でおやつを食べたのでみんなが
ステーキを食べるのはやめて、いろいろ頼んでみようと・・・

AsahibashiJackSteak_006_org.jpg
まず、スープとサラダ

とんこつスープのようなお粥のような何ともコメントしづらいスープと
ドレッシングだらけのサラダ・・・うーん、どちらも要らな~い!!

AsahibashiJackSteak_009_org.jpg
私の ニューヨーク ステーキ(Lサイズ)

あまりにも私の好みとかけ離れているスープは塩コショーで
整えて食べられる領域まで近づけてみました。

AsahibashiJackSteak_010_org.jpg
おススメのミディアムレア
こういうビジュアルは大好きです!

AsahibashiJackSteak_011_org.jpg
薄くて脂身もそこそこあるけど、安いんでいいかぁと思いつつ
ソースを付けて食べても美味しいですけど
塩だけで食べるのが一番美味しかったぁ~!

AsahibashiJackSteak_007_org.jpg
娘の ハンバーグ ステーキ

肉肉しいハンバーグはいいんですけど、付け合わせの
スパゲティーは良いところが見付かりませ~ん!!これも要らな~い!!

AsahibashiJackSteak_008_org.jpg
奥さんの ステーキサンド

お肉以外でこのお店の美味しいモノが見付かりましたぁ~
パンです!娘もハンバーグにパンを選んでましたが、フワフワしたパンが良かったので、
スープやスパゲティーが足を引っ張っていたのをチャラにしましょう。

帰る頃には、更に増えて20人ぐらい待っていましたが
やがて空席 の黄信号のままだったので、果たして機能しているのだろうか?

この後、国際通りで買い忘れたお土産を買いながらホテルまで30分歩きました。

旅行最終日(4日目)は帰るだけだったので、これで冬の沖縄旅行記はおしまいで~す。
スポンサーサイト
[ 2015/01/18 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(2)

【冬の沖縄旅行記⑭】猫に追いかけながら揚げ立て天ぷら/中本鮮魚店てんぷら店(南城:奥武島)

斎場御嶽(せーふぁうたき) から西へクルマで20分走ると

OuNakamoto_000_org.jpg
橋の向こうに見えるのは 奥武島(おうじま)

OuNakamoto_007_org.jpg OuNakamoto_008_org.jpg
橋を渡ったところにある 中本鮮魚店てんぷら店 でおやつです。
観光客だけでなく地元の人たちで行列が出来て、
それを虎視眈々と見つめているのが

OuNakamoto_001_org.jpg
猫!

OuNakamoto_003_org.jpg
ネコ!猫!ねこ!

OuNakamoto_009_org.jpg
全部!って言いたいところですが
おやつなので3人で3個だけに厳選しましょう。

OuNakamoto_002_org.jpg
ちょっとお店を覗くとサインだらけで、誰のかよくわからない中で
唯一分かりやすく示しているのが、先日亡くなられた 菅原文太 さん!

OuNakamoto_004_org.jpg
で、まずは あげパン(黒糖)

揚げ立てを出してくれるので、ちょっと待ちますが
これは激ウマ!熱々サクサクで甘さも絶妙!
また袋に落ちて溜まったカスを口に流し込むとタマラ~ン!

調子に乗って、奥武島の景色をバックに撮っていたら
ハーメルンの笛吹き男の如く、ニャーニャーと私の後ろにネコの大行列~
慌てて車内に避難して

OuNakamoto_005_org.jpg
沖縄と言えば もずくの天ぷら

OuNakamoto_006_org.jpg
前日に 金武(きん)町 に行ったときに食べ損ねたので、田イモ
これもウマウマ~!

もうちょっと買って、晩御飯にすることも考えてましたが
ここは我慢してホテルに帰って、ちょっと休憩してから、次は ステーキのディナー です。
[ 2015/01/17 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(0)

【冬の沖縄旅行記⑬】琉球王国最高の聖地”斎場御嶽”(南城市)

カフェくるくま でカレーと景色を堪能してから、ニライ橋・カナイ橋を渡って

Sefautaki_000_org.jpg
がんじゅう駅 南城

世界文化遺産の 斎場御嶽(せーふぁうたき) に行くとためには
ココに駐車して、入場券を買わなければならないのでやって来ました。

実は8年前にも来たことがあって、そのときには
斎場御嶽のすぐ近くに駐車で来て、入場無料だったんですけど・・・

Sefautaki_001_org.jpg
で、道の駅からテクテク歩いてようやく 斎場御嶽
この前に 緑の館 で2~3分ほどDVDで予習させてもらえます。

Sefautaki_002_org.jpg
いかにも雰囲気のありそうな緑の道を歩きますと

Sefautaki_003_org.jpg
御嶽内の参道入り口の 御門口(ウジョウグチ)

Sefautaki_004_org.jpg
ココに置いてある六個の 香炉 はこの先にある 拝所 の数を示していて、決して触ったらダメ!!

Sefautaki_005_org.jpg
参道を歩いて、初めにある拝所が
祭祀的な機能を持つ格式の高い場所の 大庫理(ウフグーイ)

Sefautaki_006_org.jpg
ココにも 香炉

Sefautaki_007_org.jpg
更に奥に進むと、国王のために食事を作る厨房を指し、
「豊穣の寄り満つる所」と理解された 寄満(ユインチ) 

ちょっと戻って、違う参道を進むと

Sefautaki_011_org.jpg
巨大な岩が迫る広い場所に着きます。

Sefautaki_008_org.jpg
二本の鍾乳石から滴り落ちる「聖なる水」を受ける
シキヨダユルアマダユル という壺

パワーが凄そうで近づくのもおこがましい。

Sefautaki_009_org2.jpg
そして、斎場御嶽と言えば、三角岩

大きな岩が二枚寄り添う姿に圧倒されて
聖地であることをを実感させられます。

Sefautaki_010_org.jpg
三角岩をくぐると、向こうに見えるのは 久高島

Sefautaki_012_org.jpg
がんじゅう駅に戻り、その奥にある 知念岬公園 からは
ニライ橋・カナイ橋 を一望できます。

次は、クルマで奥武島に渡って 中本鮮魚店の天ぷら です。
[ 2015/01/16 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(2)

【冬の沖縄旅行記⑫】太平洋を一望しながらタイ風カレー/カフェ くるくま(南城:知念)

ガンガラーの谷 で癒されて、クルマで東へ20分ほど走って
NanjoCurcuma_002_org.jpg NanjoCurcuma_004_org.jpg
クルマを停めたらすぐに店内かと思ったら、敷地が広くて
おみやげショップ、化石陳列エリアを抜けて、どこにあるんやぁ~
と言いながらようやく見付かった カフェ くるくま でランチです。

NanjoCurcuma_005_org.jpg NanjoCurcuma_006_org.jpg 
他のカレーやカレー以外のメニューがまだまだあるので、選ぶのも結構大変。
辛さのレベルが唐辛子の数で表記してあるので子どもでも安心です。

出てくるまでに、しばらく時間がかかるだろうと

NanjoCurcuma_000_org.jpg
広い庭で遊んだり

NanjoCurcuma_001_org.jpg
絶景を眺めていたら、思っていたより全然早く持ってきてくれた・・・

NanjoCurcuma_009_org.jpg
私の くるくまスペシャル

NanjoCurcuma_010_org.jpg
どれも同じように見えますが、左から
ポークカレー【5辛:辛口】、ビーフカレー【3辛:中辛】、チキンカレー【0辛:甘口】

NanjoCurcuma_012_org.jpg
まずは、甘口のチキンカレーから食べて、ウマ~!
コブミカンの葉の香りがいい感じです。
ビーフはちょうどいい辛さなんですけど、ポークには辛すぎて撃沈!

NanjoCurcuma_013_org.jpg
パリパリチキンも美味しくて

NanjoCurcuma_014_org.jpg
タピオカの甘いデザートでクールダウンして、素晴らしいスペシャルです。

NanjoCurcuma_008_org.jpg NanjoCurcuma_007_org.jpg
辛さも含めてカレーとしては、私と同じの
奥さんの なんくるビーフカレー
娘の チキンカレー

景色だけだと思っていたら、本格的なカレーをいただけるお店でした。

NanjoCurcuma_003_org.jpg
次は、ニライ橋・カナイ橋 を渡って、沖縄の聖地・斎場御嶽 へ向かいます。
[ 2015/01/15 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(0)

【冬の沖縄旅行記⑪】語りはじめた森の賢者 ガンガラーの谷(南城市)

沖縄旅行3日目は、ガンガラーの谷 からスタート。

Gangala_000_org.jpg
沖縄に何度か来てますが、ガンガラーの谷?って初耳で・・・
どうやら6年前に出来たそうで、場所は8年前に行ったことのある おきなわワールド の向かい。

Gangala_001_org2.jpg Gangala_002_org2.jpg
ツアーじゃないとガンガラーの谷には入れないので予約して
集合場所は ケイブカフェ(Cave Cafe) もちろん洞窟。

ガイドのお姉さんが「みなさん、どちらからお越しになりましたかぁ」とか
聞いたり、ツアーの説明をしてくれて、約30人でしゅっぱーつ!
ちなみに、1人ずつにサンピン茶入り水筒をくれます。

携帯はオフ!トイレは済ませておくこと!カメラ・ビデオは大歓迎です!

Gangala_003_org.jpg
まずは、さて何でしょう?
名前は クワズイモ・・・その名のごとく毒性があります。

Gangala_007_org.jpg
こうすればおわかりでしょう!トトロの傘だったんです!

Gangala_004_org.jpg Gangala_005_org.jpg
ここは イナグ洞

良縁や安産などを願う民間信仰の場所で、女性を意味してます・・・なぜ女性?

洞窟内は立ち入り禁止なので、ガイドさんが写真を見せてくれました。
おっぱい と お尻 に似た石があるそうで・・・

Gangala_006_org.jpg Gangala_008_org.jpg
その奥に見えるのは イキガ洞、こちらは男性だそうで。
1家族に1つカンテラが渡されて、ごつごつした洞窟にはいりますと

Gangala_009_org.jpg
まぁ、ご立派!・・・みんな、ペタペタと触ってお祈り

Gangala_010_org.jpg
崖から落ちてきた大きな岩を通路の左側の小さな岩が支えています。
よーく見てもらうと凄い光景です。

ちなみに、ガンガラーとは、その昔、大きな穴に向かって
石を放り投げていて、その跳ね返る音が「ガラガラ~、ガラガラ~」で ガンガラー

Gangala_011_org.jpg
ガンガラーの谷のシンボル 大主(ウフシュ)ガジュマル

Gangala_012_org.jpg
宮崎駿の映画に出てきそうです。
これは何かいるでしょう?いやいますよ!

Gangala_013_org.jpg
終点の 武芸洞

Gangala_014_org.jpg
ここは屋根もあり、入り口が双方にあるので風通しもよく
約2万年前に日本人のルーツと言われている 港川人(みなとがわじん) が住んでいたそうで
実際に、ココで棺に入った身長150cmの人骨が見付かったそうです。

Gangala_015_org.jpg
でこの洞窟を出ると 途中で登って展望した ツリーハウス があり
ココはどこだろう?と思うと道向かいの おきなわワールド でした。

次は、絶景を眺めながら カフェくるくま で カレーランチ です。
[ 2015/01/14 21:00 ] 旅行・おでかけ 沖縄 | TB(0) | CM(4)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム