おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  生島治郎

密室演技(生島治郎)

本日、読了。

生島治郎では6冊目。

志田司郎シリーズでは4作目。

IkushimaJiroMisshitsuengi_org.jpg
 <あらすじ>

  冷雨が降り続く底冷えのするある日、私立探偵・志田司郎の
 事務所に浅田美津代と名乗る妖艶な女性が現れた。
  夫が悪い女にひっかかり、そのヒモから二百万円の手切れ金を
 要求されているという。
  志田の役目は、その金を脅迫者に届けること。
  だが、簡単にみえるこの仕事には二重、三重の罠が張り巡ら
 されていた・・・

 など短編連作5編。

密室演技

<感想>

私立探偵の志田司郎とは
 ・儲からなくて
 ・タバコ臭くて
 ・いつも暇そうで
 ・事務所は埃だらけで
 ・元刑事で
 ・コーヒー飲んで
 ・昼寝して
とイメージ通りのベタな私立探偵なんです。
 更に、金欠のクセして、下らない見栄を張って依頼を断ったり、気に入らない依頼者だと目の前の法外な報酬に手をつけなかったりして、何のために探偵やっているんだぁ!ってツッコミたくなります。

 6つの短編には、不動産屋の社長夫人、覚醒剤中毒の俳優、覗き趣味のある推理小説家、全盛期を過ぎた歌手、風俗業を営む主婦、出所したばかりの老いぼれヤクザ と胡散臭い依頼人ばかりで、元刑事という特性を活かしてアッサリ解決して、これまたアッサリ犯人が認めてしまうアッサリした短編集です。

【生島治郎 読了リスト】
 黄土の奔流            黄土シリーズ1
 追いつめる             志田司郎シリーズ1
 あの墓を掘れ           志田司郎シリーズ2
 夢なきものの掟          黄土シリーズ2
 友よ、背を向けるな        志田司郎シリーズ3
スポンサーサイト
[ 2015/07/02 21:00 ] 生島治郎 | TB(0) | CM(0)

友よ、背を向けるな(生島治郎)

本日、読了。

生島治郎では5冊目。

志田司郎シリーズでは3作目。
TomoyoSewomukeruna_org.jpg

 <あらすじ>

  私立探偵・志田司郎のもとに老婦人・藤村琴の依頼が
 舞い込む。

  サンパウロで行方不明になった、息子・幹夫の捜索依頼
 だった。しかし、その直後より、志田の行く手を阻止するか
 のように脅迫者が暗躍しはじめる。
  どうも事件の背後には新興宗教の巨大組織が関与して
 いるらしい。
  やがて、依頼人とともにニューヨーク経由でブラジルに
 飛んだ志田に組織の巧妙な罠が待ち受けていた・・・

友よ、背を向けるな

<感想>

 ブラジルへ日系移民として渡って農場を経営している70歳を越えた藤村琴のキャラクターがストーリーをオモシロく はたまた ややこしくしてくれています。

 金持ちで強情で口が悪くて、用心のために拳銃を持ち歩いているけど、意外と面倒見が良く、頼りになるので、慕う人も多いおばあさんです。
 イメージは、映画『天空の城ラピュタ』の海賊の女傑ドーラ またはその声を担当した 初井言榮 がいいかもしれません。今なら、夏木マリでしょうか?

 新興宗教の妙霊講がブラジルでやっている麻薬の密輸や人身売買などの悪行を志田司郎が一歩一歩と黒幕に近づくのを、敵が妨害するというよくあるパターンなんで、おぉ、あと一歩でボス登場かぁ、というところで悪役幹部の小島を藤村琴が射殺してしまい、糸口が切れ・・・あれれ?

 急にトーンダウンしてサスペンスからホームドラマっぽくなって幹夫が失踪して理由ってそれ!?ウソでしょ!
 ネタバレですけど、理由は親子喧嘩。
 そのために何人も死んだり、ブラジルの留置所にぶち込まれたりしたのに~!?

 しかも幹夫が見付かったので、探偵の仕事は終了~ということで、黒幕のことは放ったらかし。

 サンパウロを舞台にして、安ホテルや留置所の悲惨さがおもしろく描かれているので、ゴール手前までは、楽しめる作品でした。


【生島治郎 読了リスト】
 黄土の奔流            黄土シリーズ1
 追いつめる             志田司郎シリーズ1
 あの墓を掘れ           志田司郎シリーズ2
 夢なきものの掟          黄土シリーズ2
[ 2014/10/08 21:00 ] 生島治郎 | TB(0) | CM(0)

夢なきものの掟(生島治郎)

本日、読了。

生島治郎では4冊目。

黄土シリーズでは2作目。


 <あらすじ>

  第二次世界大戦前の中国において政権奪取に向け対立する
 共産党と国民党。
  その狭間で利権保持の為に暗躍する列強各国。
  街には阿片中毒者が溢れ、その阿片で闇を牛耳る秘密結社・
 青幇(チンパン)―。
  この混沌の魔都・上海に紅真吾が再び姿を現した。
  かつて一攫千金を目論み、大陸浪人たちを率いて揚子江をさか
 のぼった紅は、多くの仲間と大金を失い地下に逃げ隠れた。
  その紅が、5年の時を経て現れたのは、友人の葉村が阿片に
 溺れ失踪したからだ。
  敵対しながらも生死を共にした葉村を捜し出すことは、紅に
 とっても己の存在を確認することなのだった…。
  緊迫した時代背景を舞台に、男の生き様を懸けた旅が今始まる。


<感想>

 黄土の奔流 から5年後のお話です。
 といっても、私も 黄土の奔流 を読んでから5年以上になるので、ちょうど物語と同じような時間が経ってしまっています。

 ちなみに、黄土の奔流 はこんなお話・・・

 第一次世界大戦が終わった中国で主人公・紅真吾が、ひと儲けするために、歯ブラシ用に豚の毛を仕入れに仲間達と揚子江をさかのぼり、盗賊などと戦う、といった内容で細かいことは覚えてませんけど、メチャクチャ面白かったことだけは印象に残っていました。

 で、夢なきものの掟 ですけど、
 日々の生活に困るぐらい落ちぶれた主人公の紅真吾が、「かつての相棒・葉宗明が行方不明になり、アヘン中毒になっているかもしれないので探しだして中毒から助けたい」と、これがストーリーの主題?弱くない?って思いながらも、紅真吾の中国の犯罪組織の青幇(チンパン)や日本の特務機関に対しての凄すぎる交渉力というかハッタリと強者が登場するたびにコテンパンにやっつけてしまう完全無欠のヒーローぶりには楽しませてもらえます。

 中盤になってようやく、青幇も特務機関も滅ぼして、中国人のために中国を取り戻すというホントの目的がわかったので、ウヤムヤがなくなり、紅真吾は上海生まれの日本人、葉宗明は日本名を葉村宗明といいハーフで微妙な立場の二人が誰にも縛られることなく、自分のルール(掟)で列強国が入り乱れる上海で生き抜いていくという 『夢なきものの掟』 という題名に、読了後なって納得できました。

 シリーズとしては、総統奪取上海カサブランカ と続きます。


【生島治郎 読了リスト】
 黄土の奔流            黄土シリーズ1
 追いつめる             志田司郎シリーズ1
 あの墓を掘れ           志田司郎シリーズ2
[ 2014/06/25 21:00 ] 生島治郎 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム