おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  新田次郎
カテゴリー  [ 新田次郎 ]

アラスカ物語(新田次郎)

本日、読了。

新田次郎では1冊目。

 <あらすじ>

  明治元年、宮城県石巻町に生まれた安田恭輔は15歳で両親を
 失い、5人の兄弟とも離れることに。
  外国航路の見習い船員となり、やがてアラスカのポイントバロー
 に留まった彼はエスキモーの女性・ネビロと結婚してアラスカ社会
 に融けこんでいく。
  食糧不足や疫病の流行で滅亡に瀕したエスキモーの一族を
 救出して、アラスカのモーゼと仰がれ、90歳で生涯を閉じるまで
 日本に帰ることのなかったフランク安田の波瀾の生涯。


<感想>

 フランク安田って知ってますか?

 アラスカで一番有名な日本人だそうです。

 随分前に放送されたABC朝日放送の ビーバップ!ハイヒール の人気企画の 『まだまだ日本人が知らない!【世界から愛されるニッポン人】』 で紹介されて、運よくブックオフの100円コーナーにあったので読んでみました。

 物語はメチャクチャ壮大で、信じられないような事が起きたり、歩いて長距離を移動したりするんですが、でもこれは史実なんです!普通の人の人生なんです!

 しかも脚色しまくりかと思ったら、日記・メモ・口承が残っているので、まんざら嘘でもないみたいで、これまたビックリ!

歩く距離がハンパなく
①米国沿岸警備船が氷原に閉じ込められたので、助けを求めるためにエスキモーの住むポイントバローまで、150マイル(241km)。
 (ちなみに新幹線だと東京から静岡県の掛川の少し向こうまで)
 しかも独りで、吹雪に何日も閉じ込められたりして、少ない食糧を持って。

②白人の乱獲で鯨が捕れなくなったので、新天地を求めて、ポイントバローからビーバーまで、直線距離だと670km。
 しかもブルックス山脈を越えます。もちろん歩いてですよ。
 (ちなみに新幹線だと東京から兵庫県の相生の少し向こうまで)

 おそらく地図だとこんな位置関係かと。
AlaskaStory_org.jpg

 出来事が多過ぎてまとまらないので、箇条書きにすると

◆エスキモーの奇妙な文化(奥さんを夜の相手に貸すなど)
◆海岸エスキモーと内陸エスキモーがいること
◆白人の有色人種に対する差別
◆白人の鯨などの乱獲
◆アラスカのゴールドラッシュ
◆インディアンとエスキモーの関係
◆移住したビーバー村を造ったのはフランク安田だということ
◆フランク安田以外にも2人日本人のジョージ大島・ジェームス・ミナノがいたこと
◆第二次世界大戦でのフランク安田も強制収容所にいたこと

まだまだあります。

 こんなテンコ盛りの物語を、1977年に主演:北大路欣也で映画化されているそうですが、2時間ぐらいでまとめるのは不可能なので、あんまり観たくないような。
 どうせなら、NHKに 坂の上の雲 のようにじっくり仕上げて欲しいですね。
 無理なら ジョバンニの島 のようにアニメでもいいですけど。

 あとがきの『アラスカ取材紀行』もなかなか読みごたえがあって、アラスカまでは難しそうなので、せめて石巻に行ってフランク安田に会ってみたいですね。
スポンサーサイト
[ 2014/05/26 21:00 ] 新田次郎 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム