おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  今野敏

イコン(今野敏)

本日、読了。

今野敏では5冊目。

安積班シリーズでは5作目で、神南署編では2作目。

 <あらすじ>

  マニアを熱狂させるバーチャル・アイドルの有森恵美。

  警視庁生活安全部少年課に所属する警察官宇津木真は、今話題の
 彼女のコンサートにいってみた。しかし、彼が遭遇したのは実に奇妙な
 コンサートだった。メインのアイドルの有森恵美が登場しないままステージが
 進んでいるのに、客は何も不満を訴えていないのだ。
  そして、演奏中突然発生した暴動の中で、一人の少年が刺殺された。

  現実主義者の刑事たちの前に、メディアと都市風俗の迷宮が待ち受けていた。

  仮想現実の世界で生まれたリアルな殺意の真相を探る。
  電脳メディアに宿る現代の「聖画」とは!?
  若者たちの神々は降臨するのか……。




<感想>

 イコンって何だと思いますか?

 不良中学生に手を焼いていた元中学教師が復習するというストーリーで進んでいったので『遺恨』だろうと思っていたら、イコンとは東方正教会で使われる宗教画のことで、現世と神の世界をつなぐ窓だと考えられているそうです。

 そして、皆さんお馴染みのパソコンのデスクトップにあるアイコンの語源はこのイコンだそうで、まさに現実とバーチャルな世界を結ぶ窓になっています。

 ということで、バーチャルな世界に存在する都市伝説のようなアイドル・有森恵美(有森也実と間違えそうですけど)を
中心として連続殺人事件が発生するんですけど、現実しか信じないおじさん刑事たちにこの存在を理解させる件(くだり)が笑えます。
 ザ・ベストテンからスター誕生、おニャン子クラブ、最後は千葉麗子まで登場して、今野敏はアイドルに詳しいなぁ、何者だ?って解説読むと元音楽プロデューサーらしい、なるほど!

 安積(佐々木蔵之介)が村雨(中村俊介)に気を遣いすぎたり、須田(塚地武雅)の評価が高過ぎたり、相変わらず心理描写がオモシロいんですけど、更に、速水(細川茂樹)の人間観察が的を得ているのが笑え、もっと言うとドラマのハンチョウそのままなのでもっと楽しめます。

 それにしても、蓬莱の次はバーチャルアイドルとは今野敏は守備範囲が広いなぁと思える作品でした。


【今野敏 読了リスト】
 二重標的(ダブルターゲット) - 東京ベイエリア分署
                         安積警部補シリーズ(ベイエリア分署)1
 虚構の標的(虚構の殺人者) - 東京ベイエリア分署
                         安積警部補シリーズ(ベイエリア分署)2
 硝子の殺人者―東京ベイエリア分署
                         安積警部補シリーズ(ベイエリア分署)3
 蓬莱                     安積警部補シリーズ(神南署)1
スポンサーサイト
[ 2015/02/17 21:00 ] 今野敏 | TB(0) | CM(0)

蓬莱(今野敏)

本日、読了。

今野敏では4冊目。

安積班シリーズでは4作目で、神南署編では1作目。


 <あらすじ>

  そのゲームには「日本」が封印されている!?

  製作スタッフですらその攻略に、はまってしまう人気沸騰の
 ゲームソフト『蓬莱』。

  これを開発した小さなソフトハウス会社のワタセ・ワークスは、
 パソコン版に続きスーパーファミコン版を計画した。

  しかし、ヤクザによる暴力によって恫喝され、更に力尽くで
 その発売を執拗に妨害する巨大な力が迫る…。

  そして、ゲームソフトに隠された、想像を絶する秘密とは?



<感想>

 蓬莱と聞くと「あるとき~ないとき~」の551の豚まんを思い浮かべてしまいますが、これは、かつてあった 『 シム・シティー 』 のような、ある土地に上陸してそこに国を造っていくシミュレーションゲームです。

 ちなみに蓬莱とは、中国で仙人が住んでいると伝えられている神聖な山で、、『 方丈 』 ・ 『 瀛州(えいしゅう) 』 とともに三神山と言われているそうです。

 そして今回キーとなるのは 『 徐福(じょふく) 』。
 さて、私は初めて聞きましたが 『 徐福 』 とは何?
 徐福とは、秦の始皇帝の方士(学者)で、始皇帝を騙して不老不死の薬を探してくると、日本にやってきて日本の北から南の各地で伝説が残る人物だそうです。

 ネタバレですけど、この 『 蓬莱 』 ・ 『 徐福 』 という伝説からシミュレーションゲームにして、国会議員による国家転覆テロまでよくストーリーが思いつくなぁ、と感心しつつも強引すぎるやろうとも思いますけど。

 今回の面白さは、ワタセ・ワークスの渡瀬の目線で刑事の安積を観察していること、そして、犯人逮捕は警察、ゲームの奥に隠された犯人の目的を探るのはプログラマーたちと餅は餅屋の役割分担ができていることです。

 それにしても、神南署に移って、登場したのは、安積・須田・黒木だけになりましたが、今回も安積の部下の須田(ドラマでは塚地武雅)が参謀として地味に活躍しているので是非、スピンオフでドラマ化して欲しいですね。


【今野敏 読了リスト】
 二重標的(ダブルターゲット) - 東京ベイエリア分署
                         安積警部補シリーズ(ベイエリア分署)1
 虚構の標的(虚構の殺人者) - 東京ベイエリア分署
                         安積警部補シリーズ(ベイエリア分署)2
 硝子の殺人者―東京ベイエリア分署
                         安積警部補シリーズ(ベイエリア分署)3
[ 2014/09/23 21:00 ] 今野敏 | TB(0) | CM(2)

硝子の殺人者 ― 東京ベイエリア分署(今野敏)

本日、読了。

今野敏では3冊目。

安積警部補(ベイエリア分署)シリーズでは3作目。



 <あらすじ>

  東京湾岸で乗用車の中からTV脚本家の絞殺死体が発見された。

  三田署の応援として東京湾臨海署(ベイエリア分署)の安積班の
 刑事たちも現場に駆けつける。
  三田署員だけでなく安積たちも目撃証言から事件の早期解決
 を確信していた。
  しかし、即刻逮捕された暴力団員は黙秘を続け、被害者との
 関係に新たな謎が―。
  華やかなTV業界に渦巻く麻薬犯罪に挑む刑事たち。


<感想>

 テレビドラマの『ハンチョウ』シリーズの原作になります。
 ホントは原作の感想を言いたいところですが、ドラマ『ハンチョウ』のキャスティングが原作に忠実すぎることに拍手を送りたくなります。

佐々木蔵之介 ← 安積警部補(ハンチョウ)
中村俊介 ← 村雨
塚地武雅 ← 須田
賀集利樹 ← 黒木
山口翔悟 ← 桜井
細川茂樹 ← 速水(交通課)
田山涼成 ← 町田課長(ドラマでは金子)
唐十郎 ← 石倉(鑑識課)

 残念ながら、黒谷友香は原作では桜井と同じような大橋という若手男性刑事になっていて、まぁこれは女性がいないと華やかさがないんで仕方がないでしょうね。

 村雨のクールさ、須田の体型とトボけているけど鋭い観察力、速水のいい意味で悪そうなところ、石倉の豪快さ、町田の口やかましさ、もちろん安積の冷静で熱いところ。

 読んでても各俳優がしゃべっているように聞こえるので、映像が思い浮かぶようで、安積が、部下たちが自分のこと、仕事のこと、事件関係者の証言などをどう思っているのかを読み取ろうとする心の中のセリフの場面が非常に多くてオモシロく、ハンチョウなら、いや佐々木蔵之介なら言いそう!

 ちなみに、安積はドラマでは「ハンチョウ」ですが、原作では「チョウさん」って呼ばれているので、「いかりや かぁ!」ってツッコんでしまいます。

 脇役も地味に活躍していているので、『巡査部長・須田』ってのもスペシャルドラマで観たいような気持ちになる原作でした。

 
 


【今野敏 読了リスト】
 二重標的(ダブルターゲット) - 東京ベイエリア分署
                         安積警部補シリーズ(ベイエリア分署)1
 虚構の標的(虚構の殺人者) - 東京ベイエリア分署
                         安積警部補シリーズ(ベイエリア分署)2
[ 2014/05/19 21:00 ] 今野敏 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム