おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  柄刀一

殺意は砂糖の右側に(柄刀一)

本日、読了。

柄刀一では4冊目。

天地龍之介シリーズ では1作目。


 <あらすじ>

  「10円玉を持っていないか」という不思議な言葉を残しクラブ経営者が撲殺された。
  被害者は麻薬取引の疑惑を持たれていたが、その右手にはなぜか1円硬貨と50円硬貨が
 握られていた…。
  小笠原諸島から初めて都会に出てきた純朴で愛すべき天地龍之介は、数々の奇妙な事件
 に遭遇する。
  料理コンテストや国際線の機上、はたまたフィリピンの田舎町で…。
  学究一筋の青春を送ってきた龍之介が、科学者並みの頭脳とちょっとズレた感性で事件の
 謎に挑戦する。
  果たしてIQ190の天才推理は。


<感想>

 主人公の天地龍之介のイメージとしては、東野圭吾のガリレオシリーズの湯川学。
 彼の傲慢さをなくして、年齢を若くして、世間の常識に疎くした感じでしょうか。

 設定もかなり変わっていて、小笠原諸島の小島で祖父の天地徳次郎博士と二人暮らししていて、徳次郎が死んだことにより、徳次郎の遺言で旧友の中畑保にお世話になるように言われたので、訪ねたら行方が分からないので、しばらく従兄弟の光章にお世話になるという・・・

 何が変わってるの?と思うでしょう?
 実は天地龍之介は28歳なんです!だったら自分で生活できるやろう!
 今まで働いてなかったのか?とツッコみどころ満載の設定です。

 そんな彼のIQは190の超超超天才です。
 中畑保を探すという大命題のもと龍之介の頭脳を駆使して様々な難事件を解決していくという連作短編集です。

 あとがきによると、文豪・芥川龍之介の養父は道章(みちあき)というそうで、それをもじって天地龍之介の従兄弟を光章(みつあき)にしているそうです。

 個人的にはストーリーよりも雑学をたくさん仕入れた作品です。

◆双子素数
 281 と 283、149 と 151 のように差が2しかない素数の並びのこと。

◆ポパイの年齢は34歳

◆ラストイン・ファーストアウト現象
 砂糖樽(シュガー・キャスク)とは、酒樽みたいな容器に砂糖を溜めておき、容器の底の穴から
 コーヒーなどに砂糖を直接入れる装置のこと。
 この容器の最上部にある砂糖は普通なら最後まで流れないと思うが、実は結構早い段階で流れて
 コーヒーに入れられてしまうような現象のことを言う。イメージは蟻地獄みたい。

◆ダイヤモンドはX線を透さない。

◆音の伝播速度は空気よりも水の方が速く更に金属の方が速い。
 空気:340m/s、水:1,500m/s、金属:5,000m/s

などなど・・・結局のところ、フィリピンまで行ったのに中畑さんには出会えなかったので、まだまだ続くシリーズのようです。


【柄刀一 読了リスト】
 3000年の密室
 ifの迷宮
 アリア系銀河鉄道     三月宇佐見のお茶の会シリーズ1
スポンサーサイト
[ 2015/02/10 21:00 ] 柄刀一 | TB(0) | CM(0)

アリア系銀河鉄道(柄刀一)

本日、読了。

柄刀一では3冊目。

三月宇佐見のお茶の会シリーズ では1作目。


 <あらすじ>

  紅茶を深く愛する科学者、宇佐見護博士の前に、突然、
 人語を話す白猫が現れた。
  それは、博士の時空を超える旅の始まりだった!

  言語の創始に関わる世界ではバベルの塔?に登り、
 二億年前の地球ではノアの方舟に乗り、銀河鉄道で
 星空を巡る…
  そこで出合う数々の謎を、博士が解き明かしてゆく。

  美しき幻想と、卓越した論理の奇跡的な結婚!
  詩情溢れる連作ミステリ。


<感想>

 ウサギじゃなくて宇佐美博士、時計兎じゃなくて時計猫 と出てきたので 辻真先の アリスの国の殺人 に続いて、2冊連続で 『不思議の国のアリス』 かぁとちょっとビックリのようなウンザリのような・・・

 宇佐美博士がミステリアスな異次元の世界に飛ばされてしまうという特異体質で各世界で謎を解くだけでなく、その世界があまりにもファンタジックでロマンチックな作品で、しかもこの1冊の構成までちょっと変わっています。

◆言語と密室のコンポジション
  思い描いたことが実体化してしまう言語の創始に関わる世界のベテルの塔で起こる殺人事件。なんと、アリスも登場します!

◆ノアの隣
  ノアの方舟が航海する二億年前の地球では、大型模型の方舟がギリギリ納まる部屋で洪水で部屋が浸水したあと方舟が180度反転してしまう不思議。

◆探偵の匣
  被害者であり、証人であり、探偵であり、犯人である多重人格の探偵の不可思議なストーリーで、解説 と あとがき を読まないと何のことやらわかりません。

◆アリア系銀河鉄道
 『銀河鉄道の夜』をモチーフとして時空を超えて、殺人事件と脱獄事件を解いているはずなんですけど、解説 と あとがき を読むと、実は・・・

とココまでは、連作短編で、不思議で壮大なので、何度も何度も読み返してなんとかついていけてるつもりでいます。

そして、ここから

◎『言語と密室のコンポジション』の解説を 佳多山大地
◎『ノアの隣』の解説を 二階堂黎人
◎『探偵の匣』の解説を 福井健太
◎『アリア系銀河鉄道』の解説を 巽昌章

と4人がそれぞれの短編の解説をして、疑問点がところどころ晴れて

次は、ボーナストラックの

◆アリスのドア
 小さな扉が4つしかない石で囲まれた部屋から宇佐美博士がどうやって脱出するか?

でまたもや、なんだこの話?って変な世界に惹き込まれて

◎あとがき
◎プラス文庫版あとがき

と作者の柄刀一が残りの疑問点を補足してくれて、ようやく

◎太田忠司の解説

と本編と解説が入り乱れて、なんとか私も柄刀一の時空を超えた世界からようやく解放されました。
 でも、やっぱりウンチクが多いなぁ、今回は解説までも。


【柄刀一 読了リスト】
 3000年の密室
 ifの迷宮
[ 2014/09/18 21:00 ] 柄刀一 | TB(0) | CM(0)

ifの迷宮(柄刀一)

本日、読了。

柄刀一では2冊目。


 <あらすじ>

  もし、とっくに死んだはずの人物の遺伝子と同じ遺伝子をもつ
 死体が別の殺人現場から発見されたら!?

  遺伝子治療や体細胞移植を手がける最先端医療企業SOMON
 (宗門)グループ。
  その中枢を担う旧家の宗門家で、顔と手足が焼かれた若い女性
 の死体が発見された。
  更にこの旧家の近くから2年前に埋められた男性の死体も発見
 され、19年前に死んだはずの別の男性とDNAが一致してしまう。

  現場のDNA鑑定が示したのは、“死者の甦り”という肯きがたい
 事実だった。


<感想>

 最近、話題のDNA鑑定のお話です。
 でも15年前の作品なので、便乗しているわけではないです。

 文庫で570ページで前半の300ページまでは、3つの殺人事件が起きて捜査しながらも、遺伝子や出生前診断、骨髄移植、障害者問題などの説明が多いので、かなりウンザリでした。

 と思っていたら、巻末の宮部みゆきの解説によると柄刀一は自分の作品を『情報うんちく系のミステリー』と言っているそうで、これには納得!

 遺伝子を扱う事件だとトリックは奇想天外で、そんなんあり?のパターンを想像していたのですが、なかなか前半の『うんちく』が活かされたトリックで、へぇーそうなんやぁ、とスッキリできました。

 ネタバレですけど、骨髄移植とは正常な血を造る工場を移植することで、ドナーと移植された人のDNAは一致するけど、遺伝子は一致しない・・・ややこしいですけど『うんちく』を読むと理解できます。

 あと、事件を解くのが1人の優秀な刑事でも探偵でもないことで、警部補の宍倉、同僚刑事で妊娠中の朝岡百合絵、その旦那で生化学研究員の真一が、遺伝子の謎・密室の謎などを担当するので、ドラマ化したらトリプル主演になるなぁ、って思ってしまいます。

 どちらにしても、読了後は非常に興味深くなってしまう『情報うんちく系のミステリー』です。


【柄刀一 読了リスト】
 3000年の密室
[ 2014/05/03 21:00 ] 柄刀一 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム