おさとうのタナボタ

自転車を中心にしたブログにするつもりが、食べものネタがメインになってしまいました。
おさとうのタナボタ TOP  >  志水辰夫

こっちは渤海(志水辰夫)

本日、読了。

志水辰夫では8冊目。


 <あらすじ>

  「ソ連領沿海州に住んどる超能力者を、ひそかにワシントンに連行して
 欲しいんやけど」CIA関西支部の秘密依頼を受けたのはサギ師の岩内亮。
  はりきった彼は美人局の美女や頼りにならない部下、そしてなぜか怪犬
 一匹を連れて勇躍ソ連に向かった。

  乗るはイカ釣り船。

  帰りがけにうまく船を沈めて、保険金をだまし取ろうという作戦だが…。



<感想>

 あっちが上海 の続編です・・・といっても内容を覚えてませんが、今までのところ志水辰夫にハズレはないのできっとオモシロかったんでしょう。

 さて、渤海(ぼっかい)ってどこにあるんでしょうか?
 中国と朝鮮半島に囲まれているのが黄海(こうかい)、その奥の中国の天津市があるのが渤海(海域)なんですけど、この話ではソ連が舞台になっています。
 今から1000年以上前に日本海沿岸の北朝鮮からロシアにかけて渤海国というのがあったそうで、しかも、渤海国は渤海(海域)には面していないそうです。
 ちょっと違いますけど、北海道にある北広島市、東京都にある東久留米市みたいにちょっとややこしい。

 まず、『はじめてお読みになる方へ』という長い前置きというか言い訳。

 あなたは偉い。たが相当もの好きだ。
 難産の末に世に出たものの一度もスポットライトを浴びることなく、いつの間にやら忘れさられた。

 と酷評された作品のようで、かなり自虐しています。

 でも、志水辰夫はオモシロいに決まっている!設定も興味深いし!表紙のトボけた犬も憎めないし!とかなり期待しながら読んだところ、筑波能朋(チクバノトモ)、常盤兼成(トキワカネナリ)など登場人物全員がフザケタ名前で読み難く、くだらな過ぎるギャグのオンパレードで、ストーリーが全く頭に入らず、酷評された理由が良くわかりました。

 ストーリーのパターンや雰囲気は山田孝之主演のドラマ 『 勇者ヨシヒコ 』 に似ているので、あの緩い低予算深夜ドラマ風に映像化されれば、丁度ハマりそうな酷い作品でした。

 


【志水辰夫 読了リスト】
 飢えて狼
 裂けて海峡          第2回日本冒険小説協会大賞 優秀賞
 あっちが上海
 尋ねて雪か
 背いて故郷          第39回日本推理作家協会賞 長編部門
                   第4回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞
 狼でもなく
 オンリィ・イエスタデイ    あっちが上海の続編
スポンサーサイト
[ 2015/01/27 21:00 ] 志水辰夫 | TB(0) | CM(2)

オンリィ・イエスタデイ(志水辰夫)

本日、読了。

志水辰夫では7冊目。


 <あらすじ>

  冷たい雨の夜だった、池内峻介は傷ついた女を拾った。
  彼女は江田美也子。

  公にされてはならぬ情報を握っており、政治家から追われて
 いるという。
  男と女による風変わりな物語が幕を開ける。
  冒頭は喜劇であり、やがて悲劇へとその名を変えた。

  権力をめぐる暗闇が出会うはずもなかった二人を引き寄せた
 とき、運命の歯車は軋みながら廻りはじめる―。


<感想>

 偶然、雨の日にズブ濡れの女性を助けてしまい、一緒に追手から逃げ惑う最も不運な男ジョン・マクレーンのダイ・ハードのようなアクション・ストーリーかと思いきや、80ページあたりの5章でカラクリが徐々に明かされ世の中ってコワぁ~い!

 ナント!『北風と太陽』のように、追手が北風の如く力まかせに女性を監禁して白状させようとしていたが、どうにもならないので、ワザと逃がして峻介を太陽役にさせて助けさせて吐かせようとさせてます。
 しかも、峻介ってアウトドア用品のアドバイザーでありながらも、ヒモなんで女性の気持ちを操るのに打ってつけ!

 お前は誰だ?職業は何?秘密って何?

 敵対しあう政治家やけど、スキャンダルをばらすのではなく、首根っこをおさえるため。
 それに群がる政治屋も、政治家の秘書も、誰も信じられず全員真っ黒!

 作者のあとがきによると、かなりお気に入りの作品なんだけども、世間の評価がイマイチなことに不満があるようです。まぁ、そんなことは誰にでもありますね。


【志水辰夫 読了リスト】
 飢えて狼
 裂けて海峡          第2回日本冒険小説協会大賞 優秀賞
 あっちが上海
 尋ねて雪か
 背いて故郷          第39回日本推理作家協会賞 長編部門
                   第4回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞
 狼でもなく
[ 2014/08/05 21:00 ] 志水辰夫 | TB(0) | CM(0)

狼でもなく(志水辰夫)

本日、読了。

志水辰夫では6冊目。

 
 <あらすじ>

  東京近郊にある共同農場の農場長・尾関譲に、ベトナム人の
 ロアンから電話があった。
  「ウォーリスに狙われているので助けてほしい」という。
  ベトナム戦争当時、三人はCIAの現地工作員としての知り合い
 だった。そして、尾関は、過去のシガラミから逃れられず、
 指定された都心のホテルに向かった―。

  何かを忘れたくて、何かからそらして生きてきたこの十年間を
 振り返りながら。
  過去を忘却の淵に沈めてきた男が、今、再び過酷で非情な
 世界に舞い戻る。

<感想>

 前半は地味で、盛り上がるようで盛り上がらない超低空飛行のモチベーションで、我慢して読み続けなければなりません。

 主人公の尾関譲を含めて登場人物がCIA関係なので、人物背景や人間関係など隠し事が多いなかを読んでいくと、モヤモヤ感が徐々に溜まって、もう爆発寸前という感じになっていきます。
 でもコレは、尾関譲が、ベトナム人のロアンの電話で呼び出されて、正体不明の人物がどんどん現れて、殴られて、監禁されて、何の事件に巻き込まれたかも分からずに、耐えて耐えている姿とある意味同じかもしれません。

 しかしながら、目的がベトナム戦争でアメリカ軍が置いていった隠し資産を強奪すること、ホントの黒幕はCIA時代に師と仰ぐ人物と、事件が解明し出すと一気にストーリーが盛り上がって、やっぱり志水辰夫!って感じでホッ!


【志水辰夫 読了リスト】
 飢えて狼
 裂けて海峡          第2回日本冒険小説協会大賞 優秀賞
 あっちが上海
 尋ねて雪か
 背いて故郷          第39回日本推理作家協会賞 長編部門
                   第4回日本冒険小説協会大賞 日本軍大賞
[ 2014/04/01 21:00 ] 志水辰夫 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ

openclose

お食事処(地域別)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
ブロとも申請フォーム